会員登録はこちら
フェブラリーS G1   日程:2018年2月18日() 15:40 東京/ダート1600m

レース結果

フェブラリーS G1

2018年2月18日() 東京/ダート1600m/16頭

本賞金:10,000万 4,000万 2,500万 1,500万 1,000万


レコード:1分33秒8
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 6 12

ノンコノユメ

セ6 57.0 内田博幸  加藤征弘 450(-6) 1.36.0 10.7 4
2 7 14

ゴールドドリーム

牡5 57.0 R.ムーア  平田修 524(-14) 1.36.0 クビ 2.1 1
3 3 6

インカンテーション

牡8 57.0 三浦皇成  羽月友彦 512(+5) 1.36.1 クビ 20.0 6
ラップタイム 12.2-10.7-11.2-11.7-12.5-12.6-12.3-12.8
前半 12.2-22.9-34.1-45.8-58.3
後半 61.9-50.2-37.7-25.1-12.8

■払戻金

単勝 12 1,070円 4番人気
複勝 12 280円 4番人気
14 130円 1番人気
6 350円 6番人気
枠連 6-7 870円 3番人気
馬連 12-14 1,140円 3番人気
ワイド 12-14 520円 4番人気
6-12 2,620円 28番人気
6-14 720円 8番人気
馬単 12-14 3,530円 13番人気
3連複 6-12-14 6,540円 20番人気
3連単 12-14-6 41,560円 125番人気

フェブラリーSのニュース&コラム

【フェブラリー】ノンコ夢叶えたJRA・GI初V!
 第35回フェブラリーステークス(18日、東京11R、GI、4歳上オープン国際(指)、定量、ダ1600メートル、1着本賞金1億円=出走16頭)今年最初のJRA・GIは、内田博幸騎乗の4番人気ノンコノユメがゴール前の激戦を制し、JRA・GI初制覇。関東馬は1998年グルメフロンティア以来、20年ぶりの勝利となった。タイム1分36秒0(良)。連覇を狙った1番人気のゴールドドリームはクビ差の2着に敗れた。 ゴール前、王者を追い詰めるジョッキーと馬の迫力に、スタンドがどよめいた。3頭の激しい攻防。大外のノンコノユメが、昨年の覇者ゴールドドリームをクビ差かわしてゴールした。大歓声に包まれたウイニングランで、内田騎手も思わずガッツポーズだ。 「やっぱり騎手っていいですね。大レースになればなるほど騎手しか味わえない余韻がある。これを味わっちゃうとね」 2014年にヴィクトリアマイルをヴィルシーナで勝って以来3年9カ月、43戦ぶりのGIタイトルにジョッキーも感慨深い表情をみせた。 スタートしてすぐ後方に下げて馬群の外へ。内田騎手は「コーナーであまり外を回すのはロス。でもスタート直後の直線ならロスはないから。3コーナーまで砂をかぶせないように」誘導した。3~4コーナーで目前にいるゴールドドリームがスッと前にいくと、離されずに食らい付いて直線へ。大外に持ち出してノンコの持ち味、爆発的な末脚を引き出した。 「あそこまできたら勝ってくれ、と願うしかない。神様と馬頼み。GIを勝つのは簡単なことじゃない。馬が勝てない時期も必死にケアしたスタッフに感謝です」 ジョッキーが話すように、ノンコノユメも勝てない時期が続いた。3歳時に交流GIジャパンダートダービーを制したが、その後は激しい気性が災いした。陣営は4歳夏に去勢を決断したが、その後も勝てず、GIでは9連敗。「去勢して批判もされました。でも根岸Sで復活してフェブラリーSも勝てた。ホッとしましたね」。加藤征調教師は初めてのJRA・GIに安堵(あんど)の笑みを浮かべる。 セン馬のため種牡馬になることはかなわない。今後は国内戦が濃厚だが、この勝利で米GIブリーダーズCクラシック(11月3日、チャーチルダウンズ、ダ2000メートル)の優先出走権を手に入れた。「それは興味がありますね」と調教師。ジョッキーも「乗せてもらえるなら僕もうれしいし、勉強します」と前向きだ。念願のタイトルを手にしたノンコノ“夢”は、世界にも広がっていく。 (柴田章利)★18日東京11R「フェブラリーS」の着順&払戻金はこちら
2018年2月19日(月) 05:06

 1,291

【フェブラリー】山田オーナー「また駄目かと…」
 第35回フェブラリーステークス(18日、東京11R、GI、4歳上オープン国際(指)、定量、ダ1600メートル、1着本賞金1億円=出走16頭)クビ、クビの大接戦を制しての美酒。馬主になって22年目にしてのJRA・GI初制覇にもハラハラドキドキはしなかったそうだ。山田和正オーナー(70)=(株)ライフ白銅取締役=は、ゴール前の叩き合いには「また駄目かってね、だから」と言ってはにかんだ。半ば諦め気味だったのもやむを得まい。 しかし、勝利の女神はほほ笑んでくれた。この日は長女・のどかさん(40)と応援。母ノンコの名前は、のどかさんが幼い頃に呼ばれていた愛称に由来。その子に夢を託してノンコノユメと名付けた。のどかさんは「3歳のいい頃の走りが戻ってきていたので、やってくれると思っていましたので、“やった”って叫びました。ようやく父の夢がかなって本当に良かった」と頬を紅潮させた。 共有オーナーであり生産者の社台ファームの吉田照哉代表と山田オーナーは、慶応高校、大学でのクラスメート。吉田代表は「蹄(ひづめ)が悪く、それをかばって背、腰まで痛がって。1年間ぐらいしっかりケアしたのが、この結果につながったんでしょう」と話した。★18日東京11R「フェブラリーS」の着順&払戻金はこちら
2018年2月19日(月) 05:05

 1,715

【フェブラリー】レースを終えて…関係者談話
 ◆戸崎騎手(サンライズノヴァ4着) 「うまく流れに乗れたが、遅いペースの方が脚がたまってよかったかも」 ◆幸騎手(レッツゴードンキ5着) 「直線に向いて反応してくれたので“いいかも”と思ったが、最後は同じ脚いろになった」 ◆藤岡佑騎手(キングズガード6着) 「スタートはポコッと出たので後方から。本当はもう一列前で直線は内に行きたかったが、ノンコノユメの外を回ったぶん、きつくなった」 ◆田辺騎手(メイショウスミトモ7着) 「前半からペースが流れていたし、勝ち負けには遠かったが、最後まで頑張って走っていますよ」 ◆ミナリク騎手(サウンドトゥルー8着) 「今は1600メートルだと忙しいけど、最後まで一生懸命走ってくれた」 ◆武豊騎手(アウォーディー9着) 「馬の状態はよかったけど、内枠で気をつかっていた。直線で外に出した方がよかったかも。距離が敗因ではない」 ◆ルメール騎手(ベストウォーリア10着) 「ちょうどいいポジションでマイペースで進めたが、直線は反応できなかった」 ◆福永騎手(ケイティブレイブ11着) 「息を入れたいときに外から来られてオーバーペースになり、最後は失速してしまった」 ◆石橋騎手(ノボバカラ13着) 「ペースが速くて4番手から。最後まで頑張っていたし、自分の形ならもっとやれるはず」 ◆岩田騎手(ロンドンタウン14着) 「直線に入って余力がなかった」 ◆真島大騎手(ララベル15着) 「中央のペースが速くて、戸惑っていた」 ◆庄野調教師(ニシケンモノノフ16着) 「自分の形で競馬は作れたが、距離が長かったかな」★18日東京11R「フェブラリーS」の着順&払戻金はこちら
2018年2月19日(月) 05:04

 1,782

【フェブラリー】目野師、有終飾れず…ブレイブ11着
 第35回フェブラリーステークス(18日、東京11R、GI、4歳上オープン国際(指)、定量、ダ1600メートル、1着本賞金1億円=出走16頭)5番人気ケイティブレイブは(2)番枠から果敢に先手を主張し、2番手を進んだが直線で失速して11着に敗れた。今月末で定年を迎える目野調教師はラストGIを白星で飾れず、「あれだけ(ペースが)速くなるとね。逃げられなかった。途中までよく見えたんだけど。最後だったからね…。これが競馬だね」と肩を落としていた。★18日東京11R「フェブラリーS」の着順&払戻金はこちら
2018年2月19日(月) 05:04

 812

フェブラリーSのニュースをもっと見る >

【フェブラリー】インカンテーション軽快な動き
 東京大賞典7着から挑むインカンテーションは、CWコースで単走。ゴール前で仕掛けられると、軽快なフットワークで6ハロン83秒3-12秒7をマークした。 「先週で仕上げたつもりなので、きょうはサラッとやりました。申し分ない動きでしたね」と、騎乗した羽月調教師は納得の表情を見せる。明け8歳を迎えたが、「心身ともに衰えた感じはありません。コーナーが2回のマイルは一番合っていると思います」と、好相性の舞台で一発を狙っている。★フェブラリーSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年2月15日(木) 12:01

 1,639

【フェブラリー】ニシケンモノノフ、力強い脚さばき
 2走前のJBCスプリントで交流GIを制覇したニシケンモノノフは、坂路で一杯に追われて、4ハロン52秒4-12秒5を計時。力強い脚さばきで駆け上がった。 「しまいだけしっかりやって、スムーズに動けていた」と庄野調教師は合格点を与えた。久々の芝だった前走のシルクロードS(15着)を除けば、ダート戦では抜群の安定感を誇っている。「昨年(5着)も最後までよく辛抱していたし、枠や展開や馬場状態などがかみ合えば」と期待を込める。★フェブラリーSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年2月15日(木) 12:01

 1,294

【フェブラリー】ノンコ悲願Vへ「外枠がほしい」内田騎手
 前哨戦の根岸Sで、内田博幸騎手(47)は初コンビのノンコノユメを見事、完全復活のレコードVに導いた。豪脚自慢のパートナーと挑む’18GI開幕戦「第35回フェブラリーS」。自身も’14ヴィクトリアマイル(ヴィルシーナ)以来、久々のJRA・GI表彰台へ集中力を高めている。 --初タッグの根岸Sは見事なレコードV 内田博幸騎手「厩舎から状態はいいと聞いていたし、実際にけいこで乗って、かなりいいと感じていた。それでもあれだけの脚を使ってレコード勝ちとは、乗った自分が一番ビックリした」 --身上の末脚を生かし切れた 「外枠でスタートは互角に出たが、自然と後方に下がる形に。直線はサンライズノヴァに離されないようにと仕掛けたけど、並ぶと気をつかったのか、なかなか抜こうとしなくて焦ったけどね」 --14日の追い切りはWコースで5F67秒8 「前走同様に、いい動きだった。前の併せ馬を追走する気迫は前回より良かった。間隔がないなかでも、いい方向にもってこれていると思う」 --同じ東京だが、1F延びてマイルになる 「最初の芝スタートがカギになる。3コーナーまで馬群に離れずについて行きたいけど、前々に出していってもストレスになるから、そこが難しい。道悪じゃなくても走っているし、馬場状態は特に気にしていない」 --勝てば、ノンコは悲願のJRA・GI初制覇(交流GIは15年ジャパンDD優勝) 「根岸Sは外枠を引いたことも含めて、神がかり的にこの馬にすべてが向いてくれた。GIを勝つには、まずそういうものが必要だからね。能力は十分あるから頑張りたい。ぜひ外枠がほしい」(夕刊フジ)★フェブラリーSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年2月15日(木) 11:26

 1,814

【フェブラリー】レッツゴードンキ快走12秒4
 阪急杯との両にらみだった芝ダート兼用のレッツゴードンキは、ダートGIを選択した。ダートはこれまで一昨年の交流GI・JBCレディスクラシック(川崎、1600メートル)の1戦のみだが、ホワイトフーガの小差2着と適性は十分にある。 最終追いは、栗東坂路で前半からフルスロットル。グイグイとスピードを上げながら、ラスト1Fも12秒4で踏ん張るあたりはさすがGIホース(15年桜花賞)だ。 「休み明けなので、ある程度テンから飛ばしていった。この馬らしいしっかりとした動き。これで仕上がるはず」と、西原助手のジャッジも上々だった。鞍上は幸騎手に決定。ホッコータルマエ(14年チャンピオンズCなど)とダートの一時代を築いた手腕にも期待できそうだ。(夕刊フジ)★フェブラリーSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年2月15日(木) 11:26

 1,239

フェブラリーSの直前追い切り情報をもっと見る >

フェブラリーSの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

2月18日 15:40更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv121 
6,540円 58,860円
Lv117 
41,560円 41,560円
Lv116 
350円 7,000円
Lv116 

6,540円
1,140円
82,300円
Lv114 
130円 130円

的中情報をもっと見る >

フェブラリーS過去10年の結果

2017年2月19日() 東京競馬場/ダ1600m 天候: 馬場:
2016年2月21日() 東京競馬場/ダ1600m 天候: 馬場:
1着 モーニン M.デムーロ 1:34.0 5.1倍 103.6
2着 ノンコノユメ C.ルメール 1 1/4 2.4倍 102.6
3着 アスカノロマン 太宰啓介 アタマ 18.1倍 102.6
2015年2月22日() 東京競馬場/ダ1600m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

フェブラリーSのデータ分析とレース傾向

コース図東京ダート1600m

JRAのダートG1は年2レース施行だが、もうひとつのチャンピオンズCとの間隔は2カ月半で距離差も200m。そのため中間に交流G1やステップレースが組まれているものの、直行組の活躍が目立つようになってきた。これに対し東京大賞典や川崎記念を使われた組は、一気の距離短縮への対応がカギとなることや、1月に1800mのG2東海Sが行われるようになったことで、以前ほどの活躍が見られなくなった。特に近年はダート戦線で抜けた馬がいないこともあり、この傾向が顕著になっている。混戦気味の年は、東京コース適性を考慮し前走根岸S組の上位進出にも注意したい。舞台となる東京ダ1600mは2コーナーからのスタートで芝部分を約150m走り、さらに3コーナーまで600m以上ある、スピードに乗りやすいレイアウト。長さ500mの最後の直線には急坂もあるためスピード一辺倒では乗りきれない。パワータイプの馬には少々忙しいコースである。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

フェブラリーSステップレース

2018年1月28日() 東京競馬場/ダ1400m
天候: 馬場:
1着 14 ノンコノユメ 内田博幸 1:21.5 10.5倍 104.7
2着 8 サンライズノヴァ 戸崎圭太 ハナ 3.0倍 104.7
3着 6 カフジテイク 福永祐一 2 1/2 3.9倍 102.5
4着 4 マッチレスヒーロー 吉田隼人 3/4 78.7倍 101.9
5着 12 ブルドッグボス 岩田康誠 2 1/2 8.3倍 99.7
2018年1月21日() 中京競馬場/ダ1800m
天候: 馬場:
1着 8 テイエムジンソク 古川吉洋 1:51.8 1.3倍 103.5
2着 6 コスモカナディアン 丹内祐次 3/4 100.7倍⑬ 103.1
3着 3 モルトベーネ 秋山真一郎 22.7倍 98.9
4着 5 サンマルデューク 岡田祥嗣 クビ 164.1倍⑭ 98.9
5着 15 クインズサターン 池添謙一 クビ 17.5倍 98.4
2017年12月3日() 中京競馬場/ダ1800m
天候: 馬場:
1着 9 ゴールドドリーム R.ムーア 1:50.1 13.0倍 105.8
2着 13 テイエムジンソク 古川吉洋 クビ 4.8倍 105.8
3着 1 コパノリッキー 田辺裕信 クビ 13.2倍 105.4
4着 2 ケイティブレイブ 福永祐一 1 1/4 6.6倍 104.5
5着 11 アウォーディー 武豊 1/2 7.3倍 104.1

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

フェブラリーSの歴史と概要


2014、15年の優勝馬コパノリッキー

JRAのG1開幕戦。パワーあふれる古馬たちが、冬の府中でダート最強の座を競い合う。G1昇格3年目の第16回(1999年)は岩手のメイセイオペラが日本競馬史上初めて「地方競馬所属のまま中央G1制覇」を決める感動の勝利。第19回(2002年)は前年の天皇賞(秋)香港カップを制したアグネスデジタルが勝ち、芝・ダートを問わないオールラウンダーぶりを見せつけた。連覇を果たしたのはコパノリッキーただ1頭(第31~32回、2014~2015年)。第31回は出走馬中最低となる16番人気での勝利、第32回は圧倒的1番人気での勝利という、珍しい連覇となった。ほかにも過去の優勝馬欄には、第20回(2003年)のゴールドアリュール、第23回(2006年)のカネヒキリ、第25回(2008年)のヴァーミリアン、第27回(2010年)のエスポワールシチー、第28回(2011年)のトランセンドなど、その時代を代表するダート王たちが名を連ねている。

▼2011年トランセンド。スタートから逃げるとフリオーソ以下を退けGI2勝目をあげた。

歴史と概要をもっと見る >

フェブラリーSの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年6月24日(
宝塚記念 G1

競馬番組表

2018年6月23日(
1回函館3日目
3回東京7日目
3回阪神7日目
2018年6月24日(
1回函館4日目
3回東京8日目
3回阪神8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る