会員登録はこちら
フェブラリーステークス G1   日程:2020年2月23日()  東京/ダート1600m

フェブラリーSのニュース&コラム

フェブラリーSと同条件を得意とするプロ予想家

東京・ダート・中距離の過去5シーズンの成績を集計して回収率100%以上の予想家をピックアップ!
勝率(通算):プラス収支の的中レースのみを集計した的中率
的中オッズ:的中した買い目1点あたりの平均オッズ


フェブラリーS過去10年の結果

2019年2月17日() 東京競馬場/ダ1600m 天候: 馬場:
1着 インティ 武豊 1:35.6 2.6倍 107.3
2着 ゴールドドリーム C.ルメール クビ 3.0倍 107.3
3着 ユラノト 福永祐一 31.6倍 103.9
2018年2月18日() 東京競馬場/ダ1600m 天候: 馬場:
2017年2月19日() 東京競馬場/ダ1600m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

フェブラリーSのデータ分析とレース傾向

コース図東京ダート1600m

JRAのダートG1は年2レース施行だが、もうひとつのチャンピオンズCとの間隔は2カ月半で距離差も200m。そのため中間に交流G1やステップレースが組まれているものの、直行組の活躍が目立つようになってきた。これに対し東京大賞典や川崎記念を使われた組は、一気の距離短縮への対応がカギとなることや、1月に1800mのG2東海Sが行われるようになったことで、以前ほどの活躍が見られなくなった。混戦気味の年は、東京コース適性を考慮し前走根岸S組の上位進出にも注意したい。舞台となる東京ダ1600mは2コーナーからのスタートで芝部分を約150m走り、さらに3コーナーまで600m以上ある、スピードに乗りやすいレイアウト。長さ500mの最後の直線には急坂もあるためスピード一辺倒では乗りきれない。パワータイプの馬には少々忙しいコースである。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

フェブラリーSステップレース

2020年2月2日() 東京競馬場/ダ1400m
天候: 馬場:
1着 11 モズアスコット C.ルメール 1:22.7 9.9倍 105.1
2着 5 コパノキッキング O.マーフィー 1 1/4 1.9倍 104.0
3着 7 スマートアヴァロン 石橋脩 39.0倍 102.9
4着 15 ダノンフェイス 田辺裕信 3/4 11.8倍 102.3
5着 6 ワイドファラオ 福永祐一 アタマ 10.1倍 102.3
2020年1月26日() 京都競馬場/ダ1800m
天候: 馬場:
1着 7 エアアルマス 松山弘平 1:50.2 3.8倍 103.5
2着 15 ヴェンジェンス 幸英明 1/2 6.4倍 103.0
3着 13 インティ 武豊 1/2 2.3倍 102.6
4着 3 アングライフェン M.デムーロ 12.9倍 100.5
5着 14 キングズガード 秋山真一郎 アタマ 16.0倍 100.5
2019年12月1日() 中京競馬場/ダ1800m
天候: 馬場:
1着 5 クリソベリル 川田将雅 1:48.5 4.4倍 108.1
2着 11 ゴールドドリーム C.ルメール クビ 3.5倍 108.1
3着 4 インティ 武豊 1 1/4 4.7倍 107.3
4着 3 チュウワウィザード 福永祐一 1/2 6.7倍 106.9
5着 12 キングズガード 秋山真一郎 1 3/4 181.9倍⑬ 105.6

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

フェブラリーSの歴史と概要


2014、15年の優勝馬コパノリッキー

JRAのG1開幕戦。パワーあふれる古馬たちが、冬の府中でダート最強の座を競い合う。G1昇格3年目の第16回(1999年)は岩手のメイセイオペラが日本競馬史上初めて「地方競馬所属のまま中央G1制覇」を決める感動の勝利。第19回(2002年)は前年の天皇賞(秋)香港カップを制したアグネスデジタルが勝ち、芝・ダートを問わないオールラウンダーぶりを見せつけた。連覇を果たしたのはコパノリッキーただ1頭(第31~32回、2014~2015年)。第31回は出走馬中最低となる16番人気での勝利、第32回は圧倒的1番人気での勝利という、珍しい連覇となった。ほかにも過去の優勝馬欄には、第20回(2003年)のゴールドアリュール、第23回(2006年)のカネヒキリ、第25回(2008年)のヴァーミリアン、第27回(2010年)のエスポワールシチー、第28回(2011年)のトランセンドなど、その時代を代表するダート王たちが名を連ねている。

▼2011年トランセンド。スタートから逃げるとフリオーソ以下を退けGI2勝目をあげた。

歴史と概要をもっと見る >

フェブラリーS昨年のBIGヒット予想家

去年のフェブラリーSを見事的中させた予想家です。
今年もBIGヒットが期待される予想家の無料予想を枠順確定から発走直前まで続々と公開します!
無料予想は 会員登録(無料)するだけでご覧頂けます。

今すぐ会員登録(無料)する!

2019年02月17日(日) 15:39更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv 113 
6,620円 662,000円
Lv 118 
6,620円 152,260円
Lv 84 

6,620円
2,310円
77,750円
Lv 96 

6,620円
2,310円
77,750円
Lv 105 
760円 76,000円
Lv 83 
750円 75,000円
Lv 108 

2,310円
1,100円
67,150円
Lv 84 

750円
430円
59,000円
Lv 95 
1,100円 55,000円
Lv 80 

6,620円
2,310円
54,630円
Lv 96 
6,620円 52,960円
Lv 92 
6,620円 52,960円
Lv 97 
6,620円 52,960円
Lv 91 
6,620円 46,340円
Lv 91 
2,310円 46,200円
Lv 104 
2,310円 46,200円
Lv 94 
2,310円 46,200円
Lv 96 
430円 43,000円
Lv 105 
410円 41,000円
Lv 106 
6,620円 39,720円

フェブラリーSの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2020年2月22日(
ダイヤモンドS  G3
京都牝馬ステークス  G3
2020年2月23日(
フェブラリーS  G1
小倉大賞典  G3

競馬番組表

2020年2月22日(
1回東京7日目
2回京都7日目
1回小倉11日目
2020年2月23日(
1回東京8日目
2回京都8日目
1回小倉12日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
90,211万円
2 オジュウチョウサン 牡9
66,681万円
3 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
4 マカヒキ 牡7
56,210万円
5 キセキ 牡6
55,914万円
6 ワグネリアン 牡5
49,274万円
7 サートゥルナーリア 牡4
43,273万円
8 フィエールマン 牡5
42,004万円
9 サングレーザー 牡6
41,309万円
10 ゴールドドリーム 牡7
40,700万円
» もっと見る

3歳
1 サリオス 牡3
11,145万円
2 コントレイル 牡3
11,127万円
3 レシステンシア 牝3
10,271万円
4 タイセイビジョン 牡3
8,586万円
5 マイラプソディ 牡3
6,216万円
6 サンクテュエール 牝3
5,746万円
7 ダーリントンホール 牡3
5,574万円
8 コルテジア 牡3
5,555万円
9 ミヤマザクラ 牝3
5,468万円
10 マイネルグリット 牡3
5,467万円
» もっと見る