エアスピネル(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
エアスピネル
エアスピネル
エアスピネル
エアスピネル
エアスピネル
エアスピネル
エアスピネル
エアスピネル
エアスピネル
エアスピネル
エアスピネル
写真一覧
現役 牡9 栗毛 2013年2月10日生
調教師笹田和秀(栗東)
馬主株式会社 ラッキーフィールド
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績32戦[4-7-5-16]
総賞金44,765万円
収得賞金11,515万円
英字表記Air Spinel
血統 キングカメハメハ
血統 ][ 産駒 ]
Kingmambo
マンファス
エアメサイア
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
エアデジャヴー
兄弟 エアウィンザーエアワンピース
市場価格
前走 2022/06/01 さきたま杯 G2
次走予定

エアスピネルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
22/06/01 浦和 11 さきたま杯 G2 ダ1400 11--------4** 牡9 56.0 M.デムー笹田和秀 483
(--)
1.25.5 0.2----サルサディオーネ
22/05/05 船橋 11 かしわ記念 G1 ダ1600 14--------5** 牡9 57.0 M.デムー笹田和秀 484
(--)
1.41.0 2.1----ショウナンナデシコ
22/02/20 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 1681617.989** 牡9 57.0 M.デムー笹田和秀 490
(+4)
1.35.0 1.234.9⑬⑫カフェファラオ
21/12/05 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 163543.3119** 牡8 57.0 藤岡康太笹田和秀 486
(+4)
1.51.4 1.737.1⑧⑧⑦⑧テーオーケインズ
21/11/13 東京 11 武蔵野S G3 ダ1600 167146.422** 牡8 56.0 田辺裕信笹田和秀 482
(+1)
1.35.2 0.236.5⑤⑤ソリストサンダー
21/10/11 盛岡 11 MCS南部杯 G1 ダ1600 16--------6** 牡8 57.0 鮫島克駿笹田和秀 481
(--)
1.35.9 0.6----アルクトス
21/06/03 浦和 11 さきたま杯 G2 ダ1400 12--------2** 牡8 56.0 鮫島克駿笹田和秀 479
(--)
1.25.0 0.1----アルクトス
21/04/25 阪神 11 マイラーズC G2 芝1600 16127.148** 牡8 56.0 鮫島克駿笹田和秀 488
(0)
1.31.9 0.534.2⑧⑧ケイデンスコール
21/02/21 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 1651028.092** 牡8 57.0 鮫島克駿笹田和秀 488
(-4)
1.34.5 0.135.2⑩⑨カフェファラオ
20/12/06 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 163691.0127** 牡7 57.0 福永祐一笹田和秀 492
(-2)
1.50.2 0.936.6⑬⑬⑬⑫チュウワウィザード
20/11/14 東京 11 武蔵野S G3 ダ1600 164718.083** 牡7 56.0 三浦皇成笹田和秀 494
(+6)
1.35.3 0.336.1⑦⑥サンライズノヴァ
20/08/09 札幌 11 エルムS G3 ダ1700 14226.337** 牡7 56.0 武豊笹田和秀 488
(0)
1.44.1 0.736.5④⑥⑥⑥タイムフライヤー
20/07/12 阪神 11 プロキオンS G3 ダ1400 1661121.782** 牡7 56.0 鮫島克駿笹田和秀 488
(+2)
1.22.1 0.335.3⑦⑥サンライズノヴァ
19/07/14 函館 11 函館記念 G3 芝2000 168167.0413** 牡6 58.0 福永祐一笹田和秀 486
(+10)
2.01.1 1.536.2⑥⑥⑤⑥マイスタイル
18/11/18 京都 11 マイルCS G1 芝1600 1871416.1710** 牡5 57.0 福永祐一笹田和秀 476
(-2)
1.33.7 0.434.1⑩⑦ステルヴィオ
18/10/20 東京 11 富士S G3 芝1600 18364.114** 牡5 57.0 福永祐一笹田和秀 478
(0)
1.32.1 0.433.9④⑥ロジクライ
18/04/22 京都 11 マイラーズC G2 芝1600 14342.913** 牡5 56.0 武豊笹田和秀 478
(-2)
1.31.6 0.333.9⑦⑤サングレーザー
17/11/19 京都 11 マイルCS G1 芝1600 186114.222** 牡4 57.0 R.ムーア笹田和秀 480
(+4)
1.33.8 0.034.6⑦⑥ペルシアンナイト
17/10/21 東京 11 富士S G3 芝1600 15463.911** 牡4 57.0 武豊笹田和秀 476
(-4)
1.34.8 -0.335.0イスラボニータ
17/08/20 札幌 11 札幌記念 G2 芝2000 138133.925** 牡4 57.0 C.ルメー笹田和秀 480
(+4)
2.00.8 0.435.7サクラアンプルール

⇒もっと見る


エアスピネルの関連ニュース

★2冠牝馬スターズオンアース(美浦・高柳瑞厩舎、牝3歳)は術後の経過が順調なため宮城県の山元トレーニングセンターに放牧へ。オークス後に両前脚の第一指骨を剥離骨折していることが判明し、2日に骨片摘出手術が行われていた。

★3連勝でかしわ記念を制したショウナンナデシコ(栗東・須貝厩舎、牝5歳)は帝王賞には向かわず、スパーキングレディーC(7月6日、川崎、JpnⅢ、ダート1600メートル)に目標を切り替える。僚馬のドライゼ(牝3歳)はレーン騎手で関東オークス(15日、川崎、JpnⅡ、ダート2100メートル)に繰り上がり出走する。

さきたま杯4着エアスピネル(栗東・笹田厩舎、牡9歳)は、放牧をはさんで南部杯(10月10日、盛岡、JpnI、ダート1600メートル)を予定。

★北海道スプリントC3着リュウノユキナ(美浦・小野厩舎、牡7歳)は、クラスターC(8月16日、盛岡、JpnⅢ、ダート1200メートル)で連覇を目指す。

安田記念8着イルーシヴパンサー(美浦・久保田厩舎、牡4歳)は、放牧を挟んで関屋記念(8月14日、新潟、GⅢ、芝1600メートル)が視野に。

鳴尾記念9着ヤシャマル(美浦・尾形厩舎、牡5歳)は、新潟記念(9月4日、新潟、GⅢ、芝2000メートル)、丹頂S(9月4日、札幌、芝2600メートル)などが視野に。

★鞍馬S5着グルーヴィット(栗東・松永幹厩舎、牡6歳)は、今週の三宮Sを見送って青函S(25日、函館、オープン、芝1200メートル)を目標にする。バレンタインS13着シーズンズギフト(美浦・黒岩厩舎、牝5歳)も同レースへ。

★安土城S4着リレーションシップ(栗東・須貝厩舎、牡5歳)は戸崎騎手でパラダイスS(26日、東京、L、芝1400メートル)を目指す。15着ヴェスターヴァルト(美浦・加藤征厩舎、セン馬5歳)、福島牝馬S13着サンクテュエール(美浦・田中博厩舎、牝5歳)、六甲S12着レッドサイオン(美浦・蛯名正厩舎、セン馬6歳)も同レースへ。

★オアシスS16着ハーメティキスト(美浦・木村厩舎、牡6歳)は巴賞(7月3日、函館、オープン、芝1800メートル)に向かう。

【古馬次走報】アルクトスはゴドルフィンマイルが視野 2022年2月23日(水) 04:52

 ★フェブラリーS7着アルクトス(美・栗田、牡7)は、招待されたゴドルフィンマイル(3月26日、メイダン、GII、ダ1600メートル)が視野に。「1週間様子をみて問題なければ受諾する用意はある」と栗田調教師。9着エアスピネル(栗・笹田、牡9)は、かしわ記念(5月5日、船橋、JpnI、ダ1600メートル)を視野。11着インティ(栗・野中、牡8)も状態を見て同レースあたりを視野に入れる。

 ★京都牝馬S1着ロータスランド(栗・辻野、牝5)は、ヴィクトリアマイル(5月15日、東京、GI、芝1600メートル)を目標にどこかで1走挟む予定。12着ジュランビル(栗・寺島、牝6)は中山牝馬S(3月12日、中山、GIII、芝1800メートル)へ向かう。

 ★ダイヤモンドS3着トーセンカンビーナ(美・加藤征、牡6)、12着ゴースト(栗・橋口、セン6)、万葉S4着マンオブスピリット(栗・斉藤崇、セン5)は、阪神大賞典(3月20日、阪神、GII、芝3000メートル)を視野入れる。ダイヤモンドS13着メロディーレーン(栗・森田、牝6)も、オーナーサイドの意向で同レースに。

 ★武庫川Sを勝ってオープン入りしたシャーレイポピー(栗・石坂、牝4)は、サンスポ杯阪神牝馬S(4月9日、阪神、GII、芝1600メートル)へ。

 ★佐賀記念3着メイショウカズサ(栗・安達、牡5)は、ダイオライト記念(3月23日、船橋、JpnII、ダ2400メートル)を視野に入れる。

 ★小倉大賞典12着トップウイナー(栗・鈴木孝、牡6)は、コーラルS(4月2日、阪神、L、ダ1400メートル)で砂に戻す。

 ★大和S3着ロイヤルパールス(栗・池添兼、牡7)は、ポラリスS(3月12日、阪神、OP、ダ1400メートル)へ向かう。7着スマートアルタイル(栗・小崎、牡7)は、千葉S(3月20日、中山、OP、ダ1200メートル)へ。

 ★アルデバランS2着ニューモニュメント(栗・小崎、牡6)は、名古屋城S(3月21日、中京、OP、ダ1800メートル)へ向かう。鞍上は引き続き武豊騎手。

 ★関門橋S3着アイコンテーラー(栗・河内、牝4)は、大阪城S(3月6日、阪神、L、芝1800メートル)へ。

[もっと見る]

【フェブラリー】レースを終えて…関係者談話 2022年2月21日(月) 04:55

 ◆戸崎騎手(ソリストサンダー4着)「追走のリズムは良かったです。外を回る形でも勝ち馬を見ながら進められて、速い時計でも頑張ってくれました」

 ◆横山武騎手(タイムフライヤー5着)「立ち回りや内容は良かったと思います。現状のパフォーマンスは出してくれました」

 ◆田辺騎手(アルクトス7着)「内枠でもそつなく流れに乗れました。現状の力は出し切っています。自分のリズムで運べないと厳しいですね」

 ◆松若騎手(サンライズノヴァ8着)「もう少しペースが流れてほしかったです。この馬自身の脚は使ってくれています」

 ◆M・デムーロ騎手(エアスピネル9着)「上がりが速すぎて瞬発力が求められるレースだったので、枠も厳しかったです」

 ◆御神本騎手(ミューチャリー10着)「前半で力みが出ていたし、周りを気にするので外に出せなかったのが痛かったです」

 ◆武豊騎手(インティ11着)「スタートが速くなくなっていて、いけないのは仕方ないですが、道中で掛かったのが余計でした」

 ◆大野騎手(サンライズホープ12着)「もう少し時計がかかってほしかったです。馬の感じは良かったです」

 ◆松田騎手(スワーヴアラミス13着)「ゲートは出たけど芝で置いていかれました。パサパサして時計がかかるほうがいいですね。悔しいです」

 ◆ルメール騎手(テオレーマ14着)「いつも後ろからの馬。スローペースでこの馬場だと後ろからは来られないですね」

 ◆三浦騎手(ダイワキャグニー15着)「ダート2戦目で速い決着の中、最後までよく頑張ってくれています」

 ◆菅原明騎手(ケイティブレイブ16着)「年齢の部分もあるのか、最後、苦しくなるとフワッとしてしまう感じでした」

★20日東京11R「フェブラリーS」の着順&払い戻しはこちら

[もっと見る]

【フェブラリー】昨年2着のエアスピネルは9着 Mデムーロ「時計が速すぎました」 2022年2月20日() 18:44

 2月20日の東京11Rで行われた第39回フェブラリーステークス(4歳以上オープン、定量、GI、ダート1600メートル、16頭立て、1着賞金=1億2000万円)は、福永祐一騎手の2番人気カフェファラオ(牡5歳、美浦・堀宣行厩舎)が好位追走から直線で堂々と抜け出し勝利。2014・15年のコパノリッキー以来、史上2頭目の連覇を達成した。タイムは1分33秒8(重)のコースレコードタイ。

 昨年2着のエアスピネルは、大外枠からゲートを出ると後方3番手を追走。前が止まらない展開の中、直線で脚を伸ばしたが9着までが精いっぱいだった。

 ◆M・デムーロ騎手「時計が速すぎました。上がりも速すぎて、瞬発力を求められるレースでしたね。枠が厳しく、伸びてはいるのですがジリジリで…。状態は良く感じたので残念です」

★20日東京11R「フェブラリーS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】フェブラリーS2022 徳光和夫さん、ナイツ・土屋さんなど多士済々!競馬大好き芸能人・著名人がファイナルジャッジ! 2022年2月20日() 05:30


※当欄ではフェブラリーステークスについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【徳光和夫】
3連複ボックス
アルクトス
カフェファラオ
サンライズノヴァ
スワーヴアラミス
ミューチャリー
テイエムサウスダン
ワイド流し
⑮-①③⑤⑥⑧⑩⑫⑯

【土屋伸之(ナイツ)】
◎⑯エアスピネル
馬連流し
⑯-④⑤⑥⑧⑨⑪⑫⑬⑭⑮

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑥カフェファラオ
○⑬ソリストサンダー
▲⑤レッドルゼル
△③インティ
△④アルクトス
△⑪ソダシ

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎⑮テイエムサウスダン
複勝


【キャプテン渡辺】
◎③インティ
馬連流し・ワイド流し
③-①⑤
3連単ボックス
①③⑤

【DAIGO】
◎⑤レッドルゼル
ワイド
⑤-⑥
③-⑤
④-⑤

【粗品(霜降り明星)】
◎⑯エアスピネル
馬連流し
⑯-③④⑤⑥⑧⑩⑬⑮

【林修】
注目馬
ソリストサンダー

【ゴルゴ松本(TIM)】
◎⑮テイエムサウスダン
ワイド流し
⑮-②③④⑦⑫

【レッド吉田(TIM)】
◎⑬ソリストサンダー
単勝・複勝


【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑧サンライズノヴァ
○④アルクトス
▲⑬ソリストサンダー
△⑥カフェファラオ
△③インティ
△⑤レッドルゼル
△②ダイワキャグニー
3連単1頭軸流しマルチ
⑧→②③④⑤⑥⑬

【杉本清】
◎⑥カフェファラオ
○⑬ソリストサンダー
▲⑮テイエムサウスダン
☆⑤レッドルゼル
△④アルクトス
△⑦タイムフライヤー

【松田丈志(オリンピック競泳メダリスト)】
◎⑮テイエムサウスダン

【増沢末夫(元JRA調教師)】
◎⑤レッドルゼル

【中村均(元JRA調教師)】
◎⑥カフェファラオ
○⑤レッドルゼル
▲⑪ソダシ
☆⑬ソリストサンダー
△④アルクトス
△⑨サンライズホープ
△⑮テイエムサウスダン
△⑯エアスピネル

【小原伊佐美(元JRA調教師)】
◎⑥カフェファラオ

【田原成貴(元JRA調教師)】
◎⑤レッドルゼル
○④アルクトス
▲⑬ソリストサンダー
△⑥カフェファラオ
△⑮テイエムサウスダン
△③インティ
△⑩スワーヴアラミス

【細江純子(元JRA騎手)】
注目馬
ミューチャリー
インティ
アルクトス

【谷中公一(元JRA調教助手)】
◎⑬ソリストサンダー

【東信二(元JRA騎手)】
◎③インティ

【吉沢宗一(元JRA騎手)】
◎⑮テイエムサウスダン

【橋本マナミ】
◎⑤レッドルゼル
○⑮テイエムサウスダン
▲⑥カフェファラオ
☆⑪ソダシ
△④アルクトス
△⑩スワーヴアラミス
△⑬ソリストサンダー

【酒井一圭(純烈)】
◎⑥カフェファラオ

【横山ルリカ】
◎⑪ソダシ

【神部美咲】
◎⑥カフェファラオ
馬連流し
⑥-③④⑤⑧⑪⑫⑬⑭⑮⑯

【旭堂南鷹】
◎⑥カフェファラオ
○③インティ
▲⑦タイムフライヤー
△⑧サンライズノヴァ
△⑬ソリストサンダー

【稲富菜穂】
◎③インティ
○⑮テイエムサウスダン
▲⑥カフェファラオ
△⑤レッドルゼル
△④アルクトス
△⑫ミューチャリー

【やべきょうすけ】
◎⑤レッドルゼル
○⑯エアスピネル
▲⑥カフェファラオ
△③インティ
△④アルクトス
△⑩スワーヴアラミス
△⑬ソリストサンダー

【小木茂光】
◎③インティ
3連単フォーメーション
③④⑧→①③④⑤⑥⑧⑬⑮⑯→③④⑧

【津田麻莉奈】
◎⑤レッドルゼル

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑯エアスピネル
○⑥カフェファラオ
▲⑤レッドルゼル
△⑨サンライズホープ

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎⑧サンライズノヴァ
○⑤レッドルゼル
▲⑬ソリストサンダー
☆⑯エアスピネル
△④アルクトス
△⑥カフェファラオ
△⑩スワーヴアラミス

【土井よしお(ワンダラーズ)】
◎⑮テイエムサウスダン
○④アルクトス
▲⑤レッドルゼル
△③インティ
△⑥カフェファラオ
△⑩スワーヴアラミス
△⑬ソリストサンダー

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎⑬ソリストサンダー
3連単フォーメーション
①③④⑤⑥⑧⑯→⑬→①③④⑤⑥⑧⑩⑪⑮⑯
①③④⑤⑥⑧⑯→①③④⑤⑥⑧⑩⑪⑮⑯→⑬
馬単流し
⑬→①③④⑤⑥⑧⑯

【ギャロップ林】
◎⑩スワーヴアラミス
単勝

馬連流し
⑩-④⑤⑥⑬⑮⑯
ワイド流し
⑩-⑬⑯

【恋さん(シャンプーハット)】
◎⑬ソリストサンダー
3連単2頭軸流しマルチ
⑬→③→②④⑤⑥⑧⑩⑮⑯

【てつじ(シャンプーハット)】
◎②ダイワキャグニー
単勝

3連単2頭軸流しマルチ
②→⑥→④⑤⑧⑩⑪⑬⑮⑯

【浅越ゴエ】
◎⑬ソリストサンダー
3連単2頭軸流しマルチ
⑬→④→②③⑥⑩⑪⑯
⑬→⑥→②③④⑩⑪⑯
⑬→⑪→②③④⑥⑩⑯

【月亭八光】
◎⑥カフェファラオ
3連単フォーメーション
⑥→①③⑤⑪→①②③④⑤⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯
①③⑤⑪→⑥→①②③④⑤⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯

【岩部彰(ミサイルマン)】
◎⑬ソリストサンダー
馬単
⑬→⑩スワーヴアラミス
⑩→⑬
3連単フォーメーション
⑩⑬→①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑪⑫⑭⑮⑯→⑩⑬
①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑪⑫⑭⑮⑯→⑩⑬→⑩⑬
3連単ボックス
①⑨③
③⑤⑩

【西代洋(ミサイルマン)】
◎①テオレーマ
3連単2頭軸流しマルチ
①→⑥→②③④⑤⑦⑧⑩⑪⑬⑮

【下田真生(コウテイ)】
◎⑯エアスピネル
3連単フォーメーション
①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮→⑯→④⑬
④→①②③⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮→⑯

【九条ジョー(コウテイ)】
◎⑪ソダシ
複勝


【岡野陽一】
◎⑨サンライズホープ
○⑮テイエムサウスダン
▲⑤レッドルゼル
△①テオレーマ
△⑥カフェファラオ
△⑪ソダシ
△⑬ソリストサンダー

【船山陽司】
◎⑩スワーヴアラミス

【上村彩子】
◎⑥カフェファラオ

【曽田麻衣子】
◎④アルクトス

【小泉恵未】
◎⑥カフェファラオ

【大島麻衣】
◎⑮テイエムサウスダン

【熊崎晴香(SKE48)】
◎⑤レッドルゼル
○⑫ミューチャリー
▲③インティ
△④アルクトス
△⑥カフェファラオ
△⑨サンライズホープ

【皆藤愛子】
◎⑪ソダシ

【高田秋】
◎⑯エアスピネル

【原奈津子】
◎⑥カフェファラオ
○⑯エアスピネル
▲③インティ

【ほのか】
◎⑤レッドルゼル
○⑥カフェファラオ
▲⑯エアスピネル
☆⑬ソリストサンダー
△④アルクトス
△⑩スワーヴアラミス

【守永真彩】
◎⑫ミューチャリー
3連複フォーメーション
④⑫⑮-④⑫⑮-①③④⑤⑥⑪⑫⑬⑮

【天童なこ】
◎⑮テイエムサウスダン
○⑬ソリストサンダー
▲④アルクトス
☆⑩スワーヴアラミス
△⑥カフェファラオ
△①テオレーマ
△③インティ
△⑤レッドルゼル
△⑯エアスピネル
△⑪ソダシ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【フェブラリー】直前気配 2022年2月20日() 04:49

(1)テオレーマ 昨年のJBCレディスクラシック勝ち馬は、午後3時56分に現地へ到着。渡辺厩務員は「後ろから行くし、戦法は決まっていますから。ルメール騎手に任せます」と語った。

(2)ダイワキャグニー 美浦北の角馬場で体をほぐしてから坂路を1ハロン16秒台で1本。気負う面もなく気配は良好だ。「具合がいいし、落ち着きがあって(体調面は)言うことなし」と菊沢調教師。

(3)インティ このレース2勝目を狙う8歳馬は、午後3時40分に東京競馬場に到着。野中調教師は「(馬体重は)前走よりちょっとマイナスぐらいかな。予定通りです」とうなずいた。

(4)アルクトス 土曜輸送で午前6時37分に東京競馬場に到着。「輸送時間が短いのでイレ込むこともなく問題ありませんね。いい意味で変わりなく、いつも通りです」と岩田助手。

(5)レッドルゼル 午後3時37分に決戦の地へ。中央GI初制覇へ向け、安田隆調教師は「寒い時期はこの馬にとっていい。(馬体重は)多少、プラスになると思います」と話した。

(6)カフェファラオ 美浦坂路1本から南B(ダート)コースを半周して本番に備えた。体の張りも上々で力を出せる仕上がりだ。「自分の能力を出し切ってくれれば」と堀調教師は力を込める。

(7)タイムフライヤー 2017年のホープフルS勝ち馬は、午前10時53分に東京競馬場入り。橋口調教師は「本当に順調にきた。うちに(転厩して)きて一番の状態で出せる」と力を込めた。

(8)サンライズノヴァ 5年連続参戦の8歳馬は、午後3時47分に現地に到着。音無調教師は「追い切りを重ねて(状態は)良くなっている。年齢は感じないし、展開が向けば」と願いを込めた。

(9)サンライズホープ 昨年のシリウスS勝ち馬は、午前10時53分に決戦の地に着いた。羽月調教師は「自分の競馬ができるかどうか。(大野騎手への)乗り替わりに不安はありません」と話した。

(10)スワーヴアラミス 金曜に東京入り。土曜は馬場入りせず調整を終えた。調教後馬体重は18キロ増だったが、須貝調教師は「そういう心配は感じていません。今は本当に動けている」と話した。

(11)ソダシ 昨年の最優秀3歳牝馬は午後3時24分に、一昨年のアルテミスSを勝った東京競馬場に着いた。須貝調教師は「チャカつかず、落ち着いていて、雰囲気はいいですよ」と語った。17日発表の調教後馬体重は前走から10キロ増の480キロだったが、「成長という面はあるだろうし、いい傾向じゃないですかね」とパワーアップを強調した。

(13)ソリストサンダー 昨年の武蔵野S勝ち馬は、午後3時14分に東京競馬場に着いた。平助手は「冬場は調子がいい。長くいい脚を使うので、直線の長い東京は合っていると思う」と力を込めた。

(14)ケイティブレイブ 美浦北Bコースでじっくりとキャンターを1周半。「順調に調整できて雰囲気もいい。この枠なら一発が狙えるし、あとは集中して走ってくれれば…」と清水英調教師。

(15)テイエムサウスダン 重賞5勝馬は午後4時に東京競馬場へ到着した。飯田雄調教師は「変わりなくきている。前走の直線の伸びを見れば1600メートルもこなせると思う」と距離克服に期待する。

(16)エアスピネル 昨年の2着馬は午後3時56分に府中に到着。「(脚抜きのいい馬場でも)スピードに対応できる。ミルコ(デムーロ騎手)がうまく乗ってくれれば」と笹田調教師。

フェブラリーSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

エアスピネルの関連コラム

閲覧 1,229ビュー コメント 0 ナイス 5

 JBCスプリントが1400mで行われる年もあるが、さきたま杯は古馬1400m戦では最高クラスで唯一のJpnIIとなる。このためかしわ記念の上位馬の出走が目立ち、稀にフェブラリーSの連対馬もこの距離を求めて出走してくることもある。

 東京スプリントかきつばた記念の上位馬も出走してくるが、格上の同年のかしわ記念の上位馬が有力。かしわ記念帝王賞のステップレースのため、優勝馬がここへ出走してきたことはないが、2~3着馬がここへ出走してくることは度々あり、それらのこのレースでの過去10年の成績は【1・2・1・0】と複勝率100%である。

 1着の該当馬は、2016年のソルテ。2着の該当馬は、2016年のベストウォーリア、2017年のモーニン。3着の該当馬は、2014年のセイクエイムズン。ただし、さきたま杯がJpnIIに格上げされた2011年に同年のかしわ記念の2着馬ラヴェリータが4着に敗れている。前記の3着以内馬がそれまでにダ1400m以下のダートグレードで連対実績があったのに対して、ラヴェリータはなかったことから、「ダ1400mで連対実績があることが条件」で、かしわ記念の3着以内馬を中心視したい。

 また、同年のかしわ記念の4~5着馬も有力で、過去10年のこのレースでの成績は【1・0・5・1】。1着の該当馬は、2013年テスタマッタ。3着の該当馬は、2013年のセイクリムズン、2017年-2018年のベストウォーリア、2019年のキタサンミカヅキ、2021年のワイドファラオ。2014年のゴールスキーこそ4着に敗れているが、3連系の馬券を購入するのであれば、買い目には加えたい馬である。

 さらに同年のフェブラリーSの連対馬のこのレース出走は、過去10年では2017年のベストウォーリアと2021年のエアスピネル2頭のみだが、ベストウォーリアは3着、エアスピネルは2着に善戦している。これらもかしわ記念の3着以内馬と同様、中心視したい。

 その他に前年のJBCスプリント以来の別定戦となるために、好メンバーが集う傾向がある同年の黒船賞の優勝馬も有力で、このレースでの過去10年の成績は【1・2・1・0】。2019年にのサクセスエナジー2着以外に、2012年~2014年にかけてセイクリムズンが1~3着と好走している。

 前年のJBCスプリントの連対馬も活躍しており、過去10年のこのレースでの成績は【1・0・4・1】。1着の該当馬は2012年のセイクリムズン。3着の該当馬は、2014年のセイクリムズン、2016年のベストウォーリア、2017年のドリームバレンチノ、2019年のキタサンミカヅキだ。

 唯一の4着以下は、2016年のコーリンベリーで8着。コーリンベリーは逃げ馬。逃げ馬は連続好走が難しく、実際に前走の東京スプリントで逃げて3着以内だった馬は、コーリンベリーの他、2012年のスターボードは9着、2018年のグレイスフルリープは4着、2020年のジャスティンも4着と敗れている。東京スプリントで逃げ切り勝ちを収めた馬は、さきたま杯で狙い下げると当時に、それ以外に前年のJBCスプリント3着以内馬を狙いたいもの。

 さて、最後に穴パターンを紹介しよう。さきたま杯は過去10年で6番人気以下の地方馬4頭3着以内に好走しているが、そのうち3頭が今回のレースで4角先頭馬だった。該当馬は2013年のナイキマドリード(7番人気・3着)、2014年のトキノエクセレント(7番人気・2着)、2020年のノブワイルド(6人気・3着である)。浦和コースは最後の直線が短く、差し、追い込み馬は不利。逃げ馬、マクリ馬が有利なので、早めに動ける地方馬は警戒したい。


 まとめるとこうなる!
 
 ●本命候補
 ・同年のかしわ記念で3着以内だった馬。
  (1400m戦以下のダートグレードで連対実績があることが条件)
 ・同年のフェブラリーSの連対馬。
 ・同年の黒船賞の優勝馬
 ・前年のJBCスプリントの連対馬。
 ・同年のかしわ記念の4~5着馬。


 ●穴馬候補
 ・今回で4角先頭が狙える、地方の逃げ馬、マクリ馬。


登録済みの方はこちらからログイン

2022年2月16日(水) 19:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック フェブラリーS2022 
閲覧 1,304ビュー コメント 0 ナイス 7



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



2月20日(日) 東京11R 第39回フェブラリーS(4歳以上G1・ダート1600m)

【登録頭数:24頭】(フルゲートト:16頭)


<優先出走馬>

スワーヴアラミス(前走492kg(+6kg)、中3週)<D>
前走Vも昨春から使い詰めで、マイル戦も今回が初めて。この中間、2週前1週前とCWを長めから追われているが、1週前の動きを見ると終い脚が上がり気味で、前走時のような勢いがない。

テイエムサウスダン(前走554kg(+10kg)、中2週)<B>
大型馬で前走時(+10kg)のパドックでは腹周りに余裕がある感じだった。この中間は1週前の金曜日に坂路で追われて終い好時計も、切れすぎるところがありマイル実績もなく距離の面で不安は残る。


<賞金上位馬>

テーオーケインズ ※出走回避予定

ソダシ(前走470kg(-4kg)、中10週)<B>
乗り込み豊富も、追い切りでは好時計の出る馬が、1週前追い切りでは仕掛けられてからの反応が遅い印象の動き。物足りなさが残る。

ケイティブレイブ(前走537kg(+11kg)、中2週)<D>
川崎記念から間隔が詰まっており、日曜日に坂路で追われたが併走遅れで時計も平凡。

マルシュロレーヌ ※出走回避予定

アルクトス(前走544kg(-1kg)、4ヵ月半)<C>
休み明け。この中間は、1週前追い切り(南W)では直線でステッキが何度も入りと、反応が良くない。暖かい時期のようには馬体が絞れてきていないのかもしれない。

ミューチャリー(前走466kg(+6kg)、中7週)<C>
この中間は速い時計で3本追い切られている。1週前追い切りでは先着をはたしてきたが、この馬にとしては時計が遅い。

レッドルゼル(前走488kg(+2kg)、3ヶ月半)<A>
今年は休み明けでの参戦となるが、鉄砲駆けするタイプで問題はない。坂路で好時計の出る馬で、1週前追い切りでは重心が低い走りで抜群の伸び脚を披露。出来はかなり良さそうで、昨年以上の走りも期待できそう。

カフェファラオ(前走520kg(-4kg)、中10週)<B>
追い切りの時計は、自動計測になっているので昨年よりもかなり速い今回。その動きからも、昨年の勝ち馬が前走を一度使われて良化してきたという印象を受ける。

エアスピネル(前走486kg(+4kg)、中10週)<B>
乗り込み豊富で坂路で好時計。1週前追い切りでも、デムーロ騎手が騎乗して上々の動きをアピールしている。

サンライズノヴァ(前走527kg(-7kg)、中7週)<A>
この中間は2週前、1週前と併せ馬で先着。動きを見ても終いグッとひと伸びしてみせており、昨年よりは出来は良さそう。

テオレーマ(前走472kg(-4kg)、中3週)<A>
ここ3戦レースを使われるごとに体重が減っている点は気がかりだが、それでも中3週と間隔が詰まっている中で1週前追い切りでは終いしっかり伸びて併せて先着を決めてきた。引き続き調子は良さそう。

ソリストサンダー(前走488kg(+4kg)、中2週)<B>
前走時のパドックでは腹周りに余裕を感じさせていたので、前走を一度使われて馬体が締まってくれば上積みを期待できそう。

インティ(前走516kg(-10kg)、中10週)<B>
この中間も乗り込み豊富。1週前追い切りは武豊騎手が騎乗して気分良さそうに馬なりでの調整となったが、やや硬さはあるものの前走時よりも動きは良い。

ダイワキャグニー(前走500kg(+8kg)、中6週)<C>
この中間、1週前追い切りでは南Bコースで追われ好時計で先着。ただ、内めを回ってのもので時計はそれほど目立つ部類でもない。


<除外対象馬>

サンライズホープ(前走552kg(-2kg)、中3週)<B>
前走時は追い切り内容好感で◎にしたが、ゴール前でのもうひと伸びが足りなかった。大型馬でこの中間も追い切りで好時計が出ているあたりからは上積みが見込めそうだが、距離短縮がポイントになりそう。長めの距離の方が良い印象はぬぐえない。

タイムフライヤー(前走480kg(+4kg)、中2週)<C>
休み明けの前走時は、追い切りでは良い動きを見せていたがレースでは物足りない内容。この中間は軽めの調整となっていて、上積みはありそうだが大きな変わり身まではどうか。

アナザートゥルース(前走479kg(-3kg)、中7週)<C>
この中間の追い切り時計を見ると、いつもよりも時計がかかっていてやや物足りない感じあり。

タガノビューティー(前走518kg(-4kg)、中2週)<C>
この中間は間隔が詰まっていて軽めの調整。そもそも大柄な馬が強めに追われていない点はマイナス材料。

ブルベアイリーデ(前走488kg(+6kg)、中3週)<C>
1週前追い切りでは、走りやすそうな馬場も時計平凡。

カデナ(前走494kg(+16kg)、中3週)<B>
1週前追い切りでは時計は平凡も重心が低い走りで力強さがあり、前走からの上積みがありそう。

クロパラントゥ(前走522kg(-2kg)、連闘)<E>
乗り込み豊富でしっかり乗りこまれ臨んだ先週大敗。

ゲンパチフォルツァ(前走522kg(+8kg)、連闘)<E>
先週出走も見せ場なし。


※今回のこのコラムからの推奨馬は、レッドルゼルテオレーマサンライズノヴァの3頭をあげておきます。


<東京ダート1600mVR動画>



◇今回は、フェブラリーS編でした。
今年最初のJRAでのG1レースが行われます。トップクラスの馬たちがサウジカップやドバイワールドカップに向かうため、やや寂しいメンバー構成となってしまいました。この時期にこの距離となると、チャンピオンズ_Cのように豪華メンバーになることはなかなか難しそうですが、南部杯、武蔵野S、東海Sあたりのステップレースを中心にこの路線の底上げ、充実を図っていけばダートのマイル路線の頂点としてもう少し盛り上がり方も違ってくるのかもしれません。

フェブラリーステークス出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2022年1月4日(火) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】さらなる飛躍に期待したい2人の騎手/京都金杯の穴馬
閲覧 1,070ビュー コメント 0 ナイス 2



あけましておめでとうございます。本年も騎手や馬場など、競馬予想とその周囲にまつわる事象を幅広く見つめ、わかりやすくお伝えしていければと考えております。よろしくお願いいたします。

年末最後の大一番・ホープフルSキラーアビリティが勝利。最後の3日間は油断騎乗もあった横山武史騎手だが、その後は有馬記念ホープフルSを連勝、ラストレースとなる立志Sも制し通算300勝のオマケもついた。

2着ジャスティンパレスはセンスの良さが際立っている。そして最終的に本命にした3着ラーグルフは丸田騎手が絶妙なコース取りで持ってきた印象。ただ全体のレベルはあまり高くなく、皐月賞にかろうじて繋がる可能性はあるが、サートゥルナーリアコントレイルタイトルホルダーのような大物はいなかったように思う。まだまだ他の路線から有力馬が出てきそうだ。

~2022年、さらなる飛躍に期待できる騎手

さて、今回は一年のスタートということで2022年、飛躍を期待できる騎手を簡単な特徴とともに挙げてみたい。

昨年ブレイクしたのはなんとしても横山武史騎手。本コラムでもブレイク前から再三にわたり取り上げて来たので全く驚きはないが、今年も引き続き注目。とりわけ芝中距離以上でのコース取りの上手さや戦略性の高さは一枚抜きんでた存在になりつつある。

他の騎手の中で今年注目したいのは…

鮫島克駿騎手

まずは鮫島駿騎手。昨年は69勝を挙げステップアップしたが、今年はさらなるキャリアハイの更新に期待できそうだ。もともと当たりの柔らかさとセンスは感じる騎手だったが、加えて最近は臨機応変な戦略、馬場読み力も上がっている。たびたび見せる新潟直線コースでの絶妙なコース取りも見所があった。エアスピネルではフェブラリーS2着と健闘したし、サンレイポケットとのコンビでは馬券圏内には及ばずも天皇賞(秋)ジャパンカップでともに4着と見せ場を作った。今年は年間100勝に近づき、G1での活躍も期待したい。特に開催後半の荒れ馬場では馬場読み力が生きる。

団野大成騎手

昨年はショウリュウイクゾディアンドルでの重賞制覇など上級条件での活躍も目立つようになってきた。勝ち星だけ見れば62勝から54勝と減らしているが、海外遠征で不在の期間があったことや減量特典がなくなったことなどを考えれば上々の成績で、ラブリイユアアイズとのコンビではG1でも穴をあけた。先行、差しともに自在な戦略を取れるのが強みで、今のところ人気もそこそこ程度。もともとセンスのある騎手で向上心も高いので、今年もまだまだ買い優勢だろう。思い切りが良いので、特に乗り替わりでの一発に注意したい。昨年の重賞2勝もともに初騎乗だった。

~京都金杯の注目馬

最後はいつも通り今週末の注目馬で締めたい。今回は京都金杯からこの馬を。

バスラットレオン坂井瑠星騎手)

NHKマイルCでも3番人気の支持を集めた実力馬だが、そこで落馬して以降はリズムが崩れたのか凡走続き。ただ展開不向きやダートなど敗因はハッキリしており、流れさえ向けばいつでも巻き返せる実力馬。今回も先行勢が揃ったのは気掛かりだが、急坂向きのパワータイプで中京コースに替わるのはプラス。当舞台では昨年冬にシンザン記念3着の実績もあり、立ち回りひとつで好走可能とみる。明け4歳はレベルが高いと言われているが、実際は牝馬やダートはレベルが低く、もっともレベルが高いのは短距離路線。かつてはその路線の主役級だった本馬の秘める実力は侮れない。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2021年11月28日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2021年11月28日号】特選重賞データ分析編(282)~2021年チャンピオンズカップ
閲覧 1,703ビュー コメント 0 ナイス 3



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 チャンピオンズカップ 2021年12月05日(日) 中京ダ1800m


<ピックアップデータ>

【前走の条件別成績(2014年以降)】
×JRA [0-4-4-56](3着内率12.5%)
○地方 [7-3-3-28](3着内率31.7%)
×外国 [0-0-0-4](3着内率0.0%)

 前走で地方のダートグレード競走を使っていた馬が中心。JRAのレースを経由してきた馬は過信禁物と見るべきでしょう。ちなみに、前走の条件がJRA、かつ前走の4コーナー通過順が3番手以下だった馬は2014年以降[0-2-1-49](3着内率5.8%)。みやこステークスや武蔵野ステークスで先行できなかった馬は、思い切って評価を下げるべきかもしれません。

主な「○」該当馬→ケイティブレイブテーオーケインズ
主な「×」該当馬→エアスピネルカフェファラオサンライズホープメイショウハリオ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“JRA、かつダ、かつG1のレース”において4着以内となった経験がある」馬は2014年以降[5-2-6-33](3着内率28.3%)
主な該当馬→エアスピネルカフェファラオケイティブレイブ

[もっと見る]

2021年11月12日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2021年11月12日
閲覧 1,525ビュー コメント 0 ナイス 2

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2021年11月13日()の凄馬!>
極凄馬
阪神1R 2歳未勝利
タマモエース(+4.9)

極凄馬
福島9R 3歳以上500万以下
リノ(+4.8)

極凄馬
東京1R 2歳未勝利
リバーサルバレット(+4.0)

超凄馬
福島2R 2歳未勝利
サクラトップラン(+3.3)

超凄馬
東京11R 東京中日S杯武蔵野S G3
エアスピネル(+3.1)

超凄馬
阪神3R 2歳未勝利
ジャングロ(+2.8)

超凄馬
福島1R 2歳未勝利
メイショウキッド(+2.2)

超凄馬
東京9R オキザリス賞
コンクパール(+2.2)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率68%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2021年11月14日、集計数:42,855レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は、ウマニティ会員登録(無料) することで受信できます。
凄馬メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<凄馬メール受信設定の仕方>
こちら から、ウマニティ会員登録を行ってください。
仮登録メール受信→確認リンク押下→登録完了メール受信、の手順で会員登録は完了です。
②ウマニティにログインし、各種メール設定 より、凄馬メール受信をオンに設定する。

日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

[もっと見る]

2021年2月26日(金) 16:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(2/20~2/21) nigeプロがG1フェブラリーS 30万5130円払戻し! シムーンプロは土曜東京4R▲ハコダテブショウ◎マイグレーション的中!
閲覧 824ビュー コメント 0 ナイス 3

21(日)に行われたG1フェブラリーSほか様々な的中がマークされた先週。
好成績を収めた注目プロ予想家をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →nigeプロ
G1フェブラリーSでは、「これだけもまれたら嫌なのが印象付けられているので人気が下がる。正直、世間に言われているほどもまれてサッパリとは思っていない。チャンピオンズC当時に、積極的に狙うなら来年のフェブラリーS、とした通り狙う」と評した◎カフェファラオから3連単300円分を的中。しめて30万5130円払戻しのスマッシュヒットをマークしました。G3京都牝馬Sでも◎▲的中を記録した先週は、土日2日間トータル回収率345%、収支23万7330円プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
大波乱決着となった20(土)の東京4R3歳1勝クラスで、「前走はチグハグな競馬。変わり身があってもいい」とした◎マイグレーション(単勝188.0倍)から▲ハコダテブショウ(同53.3倍)との馬連218,040円馬券を的中。計40万6250円を払戻す(8125%回収)圧巻の一撃をマーク! 21(日)のG1フェブラリーS小倉5R3歳未勝利阪神12R4歳以上1勝クラスなどでも好調予想を披露した先週は、土日2日間トータル回収率236%、収支31万4370円の大幅プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
20(土)の2重賞をG3京都牝馬SイベリスG3ダイヤモンドSグロンディオーズで的中。他にも、21(日)小倉2R3歳未勝利クインズセージ、同阪神11R大和S◎○的中、G1フェブラリーS○◎的中などの活躍ぶり。土日2日間ともにプラスで終え、週間回収率148%、的中率40%、収支10万7450円のハイパフォーマンスを記録。2週連続週末プラスとしています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
先週は、20(土)G3京都牝馬Sでの○イベリスギルデッドミラーブランノワール的中や、21(日)阪神3R3歳未勝利的中、東京3R3歳新馬的中、阪神10R斑鳩S的中などでヒットを連発。そして迎えたG1フェブラリーSでは、「一番良い頃と遜色ない出来。元々涼しい冬場の方がパフォーマンスを上げていた馬でもあり、今年のメンバーならば勝ち負けまで意識して良い」とした◎エアスピネルから、3連複含め計94,680円払戻しをマーク。週間トータル回収率131%、収支11万3680円プラスを達成しています。
 
 
 
この他にも、セイリュウ1号プロ(181%)、いっくんプロ(165%)、織本一極プロ(123%)、導師嵐山プロ(113%)、岡村信将プロ(110%)、ゼット1号プロ(105%)、エース2号【予想MC限定】プロ(102%)らがプラス収支をマークしています。
 
 
 
今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

エアスピネルの口コミ


口コミ一覧
閲覧 105ビュー コメント 0 ナイス 8

【展開の鍵馬】

逃げに拘りたいサルサディオーネが果たして1400Mで先手を奪えるのかが焦点も、どうしても逃げなくては勝負にならない馬、途中からでも行く事が予想される。

問題は番手でも競馬ができるヘリオスとシャマルの出方、武豊鞍上のヘリオスはサルサを行かせて後方に睨みを効かす、そんな競馬をしてくると読むと後方勢の末脚に出番はなさそうで、展開からは、好位競馬ができそうな馬に注視すべきか。



【見解・最終予想】

◎ヘリオス セ6 武豊

イグナイター不在なら死角の最も少ない同馬を中心視して良いでしょう、サルサディオーネを行かせて好位競馬が出来る展開利も見込めます、ただ勝ち味に遅い部分もあり単系勝負は厳しいでしょうが、連軸としての本命。

○ティーズダンク 牡5 和田譲

マイルでも守備範囲であるが、ベストは良馬場の1400M、オーバルスプリントではテイエムサウスダンに迫った実績もある、好位からの競馬も出来、人気の盲点という要素もあるなら狙って妙味。

△サクセスエナジー 牡8 松山

揉まれ込むと良くない同馬にとってこの外枠は好材料、黒船賞で、

ヘリオスと0.1差の競馬なら衰えはまだ心配せずとも良いでしょう。

安定感の無い馬で軸になどできはしないが、能力の高さは上位、

コース・距離適性からも、馬券からは外せない。

△エアスピネル 牡9 Mデムーロ

かしわ記念⑤着は、内枠先行馬の競馬になってしまい、ある意味、仕方のない敗戦、9歳馬となり、やや衰えはあるものの、この相手なら能力はまだまだ上位、ミルコの出遅れが心配で軸にはしにくいが、

上位評価をしておきたい。

×ルーチェドーロ 牡4 御神本

東京スプリントで、シャマルにつけられた4馬身差をどうみるかだが、

相手の得意なスプリント戦、今回は同馬にとってプラスとなりそうな1400Mなら、条件良化として圏内も。

×サルサディオーネ 牝8 矢野貴

展開の鍵馬でも紹介したように、途中からでも先手を奪いに行く競馬をしてくるだろう、ヘリオス・シャマルが楽に行かせてくれれば、距離短縮でも逃げ残りは期待できる、逆に距離不足から先手を奪えなければ惨敗・・・。



危シャマル 牡4 川須

前走の東京スプリントは見事も、緩い流れで好位から競馬が出来た展開利も多分に感じたのも事実、初めての1400M戦で相手も数段に強化と条件は悪くなっている、今後重賞路線で活躍する試金石の一戦の割に、想定②人気・・・、危険視するならこの馬だろう。

 競馬が大好き(複勝男 2022年5月31日(火) 02:42
さきたま杯
閲覧 200ビュー コメント 0 ナイス 6

さきたま杯

6月1日 水曜日 浦和競馬場 左回り 発送17時45分
ダート1400M JpnⅡ 4歳以上 

過去10年
サンデーサイレンス系     6-4-2 6頭
ヘイルトゥリーズン系     2-0-1 0頭
ノーザンダンサー系      1-2-4 0頭
ナスルーラ系         1-2-1 1頭
ニアークティック系      0-1-1 0頭
ミスタープロスペクター系   0-1-1 4頭 計11頭

出走馬の個人的な評価

ヘリオス 競馬ブック印◎○▲◬合計ポイント 11.5ポイント
(2着が続いているので何とかしたいところ。今回も同じ距離で小回りも問題ないし継続騎乗なので崩れるイメージはないしイグナイターとテイエムサウスダンもいないので)

エアスピネル 8.5ポイント
(ここ2戦より相手は弱くなるし距離短縮も問題ないと思う。浦和コースも去年2着なので問題もなし。ただここ3戦相手が強いと言っても1秒以上負けているのでそこが気掛かり)

ティーズダンク 8ポイント
(地元ではこれになるので。距離実績も高いはずだし相手強化ですが、地元の利を生かせるコースで期待したい。差し馬と思うので展開も向いてくれれば)

ルーチェドーロ 7.5ポイント
(1400Mならもう少し前から競馬は出来るはずなので、左回りと相手強化でどうか?距離延長は大丈夫だけど中央馬相手だと少し劣るかなと思ってますが)

シャマル 5ポイント
(前走で地方の馬場は問題なかったが今回は小回りで距離延長でどうなるか?血統では問題ないと思うけど馬が踏ん張れるかですね)

サルサディオーネ 3ポイント
(距離短縮で逃げれるかどうか?3kg減になるのはプラスと思うし、交流レースの経験値では1番なのでここであっさり勝利でも不思議ではないが)

サクセスエナジー 2ポイント
(距離延長はプラスでベストと思うから巻き返しはあると思うが前走1秒以上負けているのが不安ですね。外枠で揉まれないはずなので今回は力を出せるはず。前走は最内枠なので)

バーナードループ 0ポイント
(転厩初戦でどうか?復帰してから成績が全く良くないので、きっかけになるかどうかですね)

ウインハイラント 0ポイント
(他地区からで前走は勝っているが今回はかなり相手強化になっているので、逃げれるかどうかもしんどいかなと)

[もっと見る]

 赤萬坊 2022年5月5日(木) 12:13
かしわ記念 おおざっぱ予想
閲覧 265ビュー コメント 0 ナイス 6

ん〜なかなか当たらないなぁ難しいぜ、地方競馬

◎14 インティ
◯1 ショウナンナデシコ
▲13 エアスピネル
△3 テイエムサウスダン
△4 タイムフライヤー

単勝14
三連複BOX→1.3.4.13.14

武豊GW地方重賞3連続2着か?

[もっと見る]

⇒もっと見る

エアスピネルの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
5:
  fc0703d559   フォロワー:6人 2020年8月9日() 08:45:23
郎、消し、前走足抜きの良い馬場、展開に恵まれ、相手強化、人気し過ぎ
4:
  fc0703d559   フォロワー:6人 2020年8月9日() 04:03:33
リスマ、消し、前回やや重、今回良
3:
  fc0703d559   フォロワー:6人 2020年8月8日() 22:47:06
アンカツ、13 1 2 10 11.12.5

⇒もっと見る

エアスピネルの写真

エアスピネルの厩舎情報 VIP

2022年2月20日フェブラリーS G19着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

エアスピネルの取材メモ VIP

2022年2月20日 フェブラリーS G1 9着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。