会員登録はこちら
京都大賞典 G2   日程:2018年10月8日() 15:35 京都/芝2400m

レース結果

京都大賞典 G2

2018年10月8日() 京都/芝2400m/11頭

本賞金:6,700万 2,700万 1,700万 1,000万 670万


レコード:2分22秒6
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 2 2

サトノダイヤモンド

牡5 57.0 川田将雅  池江泰寿 512(+4) 2.25.4 2.3 2
2 4 4

レッドジェノヴァ

牝4 54.0 池添謙一  小島茂之 486(0) 2.25.5 1/2 12.9 4
3 5 5

アルバート

牡7 57.0 J.モレイ  堀宣行 478(-2) 2.25.8 1 3/4 12.7 3
ラップタイム 12.9 - 11.1 - 11.7 - 12.7 - 12.8 - 12.3 - 12.2 - 12.6 - 12.0 - 12.1 - 11.2 - 11.8
前半 12.9 - 24.0 - 35.7 - 48.4 - 61.2
後半 59.7 - 47.1 - 35.1 - 23.0 - 11.8

■払戻金

単勝 2 230円 2番人気
複勝 2 160円 2番人気
4 340円 4番人気
5 340円 3番人気
枠連 2-4 1,830円 8番人気
馬連 2-4 1,730円 7番人気
ワイド 2-4 640円 8番人気
2-5 600円 7番人気
4-5 1,540円 15番人気
馬単 2-4 2,400円 8番人気
3連複 2-4-5 5,900円 19番人気
3連単 2-4-5 19,420円 56番人気

京都大賞典のニュース&コラム

【古馬次走報】レッツゴードンキ、香港スプリントに登録
 ★京都大賞典2着レッドジェノヴァ(美・小島、牝4)は、栗東に滞在して、エリザベス女王杯(11月11日、京都、GI、芝2200メートル)に向けて調整される。7着ケントオー(栗・西橋、牡6)は、福島記念(11月11日、福島、GIII、芝2000メートル)へ。9着モンドインテロ(美・手塚、牡6)はステイヤーズS(12月1日、中山、GII、芝3600メートル)へ。11着プラチナムバレット(栗・河内、牡4)は、カシオペアS(28日、京都、OP、芝1800メートル)とアンドロメダS(11月17日、京都、OP、芝2000メートル)の両にらみ。 ★毎日王冠5着ケイアイノーテック(栗・平田、牡3)は、天皇賞・秋かマイルCSの二択。12着カツジ(栗・池添兼、牡3)はマイルCSへ。 ★南部杯2着ゴールドドリーム(栗・平田、牡5)は、チャンピオンズC(12月2日、中京、GI、ダ1800メートル)に向かう。3着メイショウウタゲ(栗・安達、牡7)は、武蔵野S(11月10日、東京、GIII、ダ1600メートル)へ。4着ノンコノユメ(美・加藤征、セン6)、5着オールブラッシュ(栗・村山、牡6)は、JBCクラシック(11月4日、京都、交流GI、ダ1900メートル)へ。 ★スプリンターズS5着レッツゴードンキ(栗・梅田、牝6)は、香港スプリント(12月9日、シャティン、香港GI、芝1200メートル)に登録する。スワンS(27日、京都、GII、芝1400メートル)、JBCスプリント(11月4日、京都、交流GI、ダ1200メートル)も視野に入れる。 ★オパールSを勝ったアンヴァル(栗・藤岡、牝3)、4着カラクレナイ(栗・松下、牝4)は京阪杯(11月25日、京都、GIII、芝1200メートル)に向かう。5着エントリーチケット(栗・宮、牝4)は、オーロC(11月11日、東京、OP、芝1400メートル)へ。14着ゴールドクイーン(栗・坂口、牝3)は、室町S(20日、京都、OP、ダ1200メートル)へ。 ★グリーンチャンネルCを勝ったサンライズノヴァ(栗・音無、牡4)、6着モルトベーネ(栗・松永昌、牡6)は、武蔵野Sに向かう。同4着ブルミラコロ(栗・大久保、牡6)は室町Sへ。7着ハヤブサマカオー(栗・寺島、牡3)は、放牧を挟んでギャラクシーS(12月23日、阪神、OP、ダ1400メートル)へ。 ★六社Sを勝ってオープン入りのムイトオブリガード(栗・角田、牡4)は、アルゼンチン共和国杯(11月4日、東京、GII、芝2500メートル)に向かう。京都大賞典を感冒で取り消したパフォーマプロミス(栗・藤原英、牡6)も同レースへ。 ★道頓堀Sを勝ったサフランハート(栗・北出、牡5)はスワンSへ。 ★小倉記念4着のレイホーロマンス(栗・橋田、牝5)はエリザベス女王杯へ。 ★福島テレビOP4着以来のゲッカコウ(美・高橋博、牝5)は、カシオペアSで復帰する。
2018年10月11日(木) 12:15

 620

【京都大賞典】復活!これぞダイヤの輝き
 第53回京都大賞典(8日、京都11R、GII、3歳上オープン国際(指)、別定、芝・外2400メートル、1着本賞金6700万円、1着馬に天皇賞・秋の優先出走権 =出走11頭)川田将雅騎乗で2番人気のサトノダイヤモンドが直線で早めに先頭に立ち、昨年の阪神大賞典以来となる復活Vを飾った。タイム2分25秒4(良)。天皇賞・秋の優先出走権を獲得したが、当初の予定通りジャパンC(11月25日、東京、GI、芝2400メートル)を目指す。1番人気のシュヴァルグランは4着に終わった。 鮮やかな復活劇だ。汗ばむ陽気のもと、GI2勝馬サトノダイヤモンドが、1年半ぶりにその強さを誇示。初コンビの川田騎手も安堵(あんど)の表情で切り出した。 「これだけの馬ですから、復活してくれることが競馬界において一番盛り上がりますからね。何とか無事に勝つことができてよかったです」 ウインテンダネスが引き離す展開のなか、じっくりと中団で折り合いに専念。勝負どころから徐々に進出し、シュヴァルグランの外に並びかけていく。残り300メートル付近で先頭に立つと、最後はレッドジェノヴァの追撃を振り切った。「道中も、後ろから迫ってきたときも、ずっとハラハラしていました」。昨年の阪神大賞典以来の勝利に、池江調教師も胸をなで下ろした。 この中間は川田騎手が調教に騎乗。「左トモ(後肢)が踏ん張りきれない」というジョッキーの指摘を受け、調整面で工夫した。「右手前になるとストライドが落ちてしまうので、左トモをうまく使えるようにやってくれた。効果もあったと思う」とトレーナーは川田騎手の調教技術を評価する。 次走はジャパンCを目指す予定。「いい時の姿に戻したい。まだまだ良くなる余地は残しているからね」と、池江調教師は勝利の余韻に浸ることなく気を引き締めた。再び輝きを放つために、さらなる上昇カーブを描いていく。 (長田良三)
2018年10月9日(火) 05:07

 1,478

【京都大賞典】シュヴァルグラン、直線伸びず4着
 第53回京都大賞典(8日、京都11R、GII、3歳上オープン国際(指)、別定、芝・外2400メートル、1着本賞金6700万円、1着馬に天皇賞・秋の優先出走権 =出走11頭)昨年のジャパンC勝ち馬で、今春の天皇賞2着以来のシュヴァルグランは4着。好位から進めたが、直線は伸び切れなかった。福永騎手は「いい感じでレースを運べたんですが、勝ち馬にぴったりとマークされて狙われていた。ラストはかわされてからも踏ん張ってはいるんですが…。残念です」と肩を落とした。友道調教師は「久々で力んで走っていた。予定通り、ジャパンCへ向かいます」と語った。鞍上は昨年と同じくボウマン騎手の予定。
2018年10月9日(火) 05:06

 816

【京都大賞典】レースを終えて…関係者談話
 ◆池添騎手(レッドジェノヴァ2着) 「4コーナーで下がってくる馬がいて、ブレーキをかけたのがもったいなかった」 ◆モレイラ騎手(アルバート3着) 「しっかりと走ってくれました。長い距離が向いていますね」 ◆和田騎手(ブレスジャーニー5着) 「モタれる面はなかったけど、ゲートを出なかったのがね」 ◆菱田騎手(ウインテンダネス6着) 「もう少し4コーナーで後ろを離しておきたかった」 ◆小牧騎手(ケントオー7着) 「少し力んでいた。久々でもあったから」 ◆浜中騎手(スマートレイアー8着) 「引っ掛かりました。うまく乗れなかった」 ◆松山騎手(モンドインテロ9着) 「もう1列前のポジションが取れれば」 ◆幸騎手(プラチナムバレット11着) 「かわされてハミを取らなくなってしまった」
2018年10月9日(火) 05:06

 908

京都大賞典のニュースをもっと見る >

【京都大賞典】サトノダイヤモンド復調11秒4!
 復権を期した宝塚記念は6着。早めに動いて失速したサトノダイヤモンドに、「いいころなら踏ん張っていたかも」と池江調教師。秋初戦は絶対に巻き返したい。 栗東CWコースで3頭併せ。最後方から楽に追走し、内に入った直線でラスト1F11秒4のフィニッシュを決めた。中ソーグリッタリングに半馬身、外クライムメジャーに1馬身先着と、手応えは上々だ。「京都と相性はいいし、外回りの2400メートルはいい。いいところを見せてほしい」と復活Vへ力が入る。(夕刊フジ)★京都大賞典の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年10月4日(木) 11:54

 1,015

【京都大賞典】シュヴァルグラン気合の併せ馬
 天皇賞・春2着以来のジャパンC馬シュヴァルグランは、栗東坂路でユーキャンスマイルをやや追いかける流れ。残り2Fで馬体を合わせ、ラスト1Fだけ気合をつけられると、しっかりした脚取りで併入した。 「休み明けなので、当週でも少し気合を乗せたくて坂路で併せた。先週も動いたし、ちょうどいい。昨年(3着)と同じような状態だ。体は先週の段階でできたし、あとは気持ちの問題」と友道調教師。貫禄Vとなるか。(夕刊フジ)★京都大賞典の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年10月4日(木) 11:53

 719

【京都大賞典】ウインテンダネス、力強い動き
 5月の目黒記念で重賞タイトルを手にしたウインテンダネスが、CWコースでパワフルな動きを見せた。僚馬を3馬身追走して、4コーナーで内から馬体を並べかける。直線で鞍上が追い出すと、重心の低いフォームで伸びて、ラスト1ハロン12秒2(6ハロン81秒0)をマーク。貫禄の1馬身先着を果たした。4カ月半ぶりになるが、3週連続で騎乗した菱田騎手は「少しずつ上向いてきました。このひと追いでさらに上向いてくれれば」と、着実な上昇度を感じ取っていた。★木曜追い 京都大賞典の水曜追いはウインテンダネス1頭で、サトノダイヤモンド、シュヴァルグランなどその他の馬は4日に追い切る予定。★京都大賞典の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年10月4日(木) 05:05

 725

【京都大賞典】ウインテンダネス1馬身先着
 緑風S→目黒記念を連勝中のウインテンダネスは、栗東CWコースで内から一杯に追われ(6F80秒8-64秒9-50秒1-37秒1-12秒1)、馬なりのテイエムチェロキー(古馬1000万下)に1馬身先着した。 「前に馬を置いて我慢をさせて、直線をしっかりと指示した。息の入りはいいし、動きは悪くない。ジャパンCか、アルゼンチン共和国杯につなげたい」と、杉山調教師はV3を期待していた。(夕刊フジ)★京都大賞典の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年10月3日(水) 11:20

 661

京都大賞典の直前追い切り情報をもっと見る >

プロ予想家の的中情報


京都大賞典の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

10月8日 15:34更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv115 
160円 8,000円
Lv105 
160円 16,000円
Lv105 
5,900円 11,800円
Lv104 
5,900円 29,500円
Lv103 
1,730円 69,200円

的中情報をもっと見る >

京都大賞典過去10年の結果

2017年10月9日() 京都競馬場/芝2400m 天候: 馬場:
2016年10月10日() 京都競馬場/芝2400m 天候: 馬場:
2015年10月12日() 京都競馬場/芝2400m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

京都大賞典のデータ分析とレース傾向

コース図京都芝2400m

有利不利の比較的少ない京都芝2400mを舞台に行われる、天皇賞(秋)、ジャパンCの前哨戦として位置づけられているレース。しかしながら、天皇賞(秋)を目指して出走する馬は減ってきており、レースレベルは年々下降線をたどっている。それでも「格」は重要で、2007年以降の連対馬を見ると、前走G1を使っていた馬が半数を占める。なかでも注目したいのは、G1凡走組だ。2013年の1着馬ヒットザターゲット(11番人気・前走宝塚記念11着)など、前走G1で掲示板を外した馬が毎年のように複勝圏内へ食い込んできている。また、菊花賞や京都記念、日経新春杯など、同じ京都外回りの重賞で好走歴を持つ馬の激走もしばしば見られ、該当馬に対する警戒は怠れない。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

京都大賞典の歴史と概要


2016年の優勝馬キタサンブラック

天皇賞(秋)エリザベス女王杯ジャパンカップを目指すトップホースが集う一戦で、第12回(1977年)のテンポイント、第24~25回(1989~1990年)連覇のスーパークリーク、第26、28回(1991、1993年)で2勝のメジロマックイーン、第35~36回(2000~2001年)連覇のテイエムオペラオー、第51回(2016年)のキタサンブラックなど、過去の勝ち馬には日本競馬史を彩る数多くの名馬の顔ぶれが並ぶ。1番人気が強いレースとしても有名で、武豊騎手がスーパークリーク(2回)、メジロマックイーンに跨り、第24~26回を1番人気で3連覇した。

歴史と概要をもっと見る >

京都大賞典の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年12月15日(
ターコイズステークス  G3
2018年12月16日(
朝日フューチュリティ  G1

競馬番組表

2018年12月15日(
5回中山5日目
4回中京5日目
5回阪神5日目
2018年12月16日(
5回中山6日目
4回中京6日目
5回阪神6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
92,522万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
86,512万円
3 レイデオロ 牡4
73,559万円
4 オジュウチョウサン 牡7
55,899万円
5 スワーヴリチャード 牡4
54,047万円
6 マカヒキ 牡5
48,298万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 ファインニードル 牡5
47,828万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
72,022万円
2 ワグネリアン 牡3
36,086万円
3 ステルヴィオ 牡3
27,773万円
4 エポカドーロ 牡3
27,016万円
5 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
6 フィエールマン 牡3
17,886万円
7 ケイアイノーテック 牡3
17,668万円
8 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
9 ルヴァンスレーヴ 牡3
16,344万円
10 エタリオウ 牡3
14,754万円
» もっと見る