今週の重賞レース

2022年12月10日( 中日新聞杯 G3
2022年12月11日( カペラS G3 阪神ジュベナイルF G1

京都大賞典 G2

日程:2022年10月10日() 15:35 阪神/芝2400m
ウマニティ会員登録(無料)



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 B タイム 着差 オッズ 人気 上がり
3F
通過順
1 6 10

ヴェラアズール

牡5 56.0 松山弘平  渡辺薫彦 518(+8) 2.24.3 7.4 2 33.2 ⑩⑩⑪⑩
2 2 2

ボッケリーニ

牡6 57.0 浜中俊  池江泰寿 472(+8) 2.24.7 2 1/2 3.2 1 33.8 ⑤⑤⑥⑦
3 7 11

ウインマイティー

牝5 54.0 和田竜二  五十嵐忠 486(+2) B 2.24.9 1 1/4 7.8 3 34.0 ⑦⑦⑧⑦
4 3 4

ヒンドゥタイムズ

セ6 56.0 団野大成  斉藤崇史 470(+8) 2.25.0 3/4 10.9 5 34.3 ⑦⑦⑥④
5 5 8

ディアスティマ

牡5 56.0 北村友一  高野友和 486(-2) B 2.25.1 1/2 16.4 9 34.6 ②②②②
6 4 6

アイアンバローズ

牡5 56.0 岩田望来  上村洋行 508(+16) 2.25.2 クビ 12.9 7 34.3 ⑦⑨⑧⑦
7 8 13

ディバインフォース

牡6 57.0 池添謙一  寺島良 466(0) 2.25.2 ハナ 54.9 14 33.7 ⑭⑬⑫⑬
8 5 7

キングオブドラゴン

牡5 56.0 川田将雅  矢作芳人 496(-6) 2.25.2 アタマ 21.0 11 34.6 ④④④④
9 4 5

レッドガラン

牡7 56.0 岩田康誠  安田隆行 514(-4) 2.25.3 3/4 28.3 13 34.1 ⑪⑩⑫⑩
10 8 14

ディアマンミノル

牡5 56.0 荻野極  本田優 468(0) 2.25.4 3/4 12.6 6 33.9 ⑬⑬⑫⑬
11 3 3

アリストテレス

牡5 56.0 鮫島克駿  音無秀孝 478(-10) 2.25.6 3/4 10.4 4 34.9 ⑤⑤④④
12 1 1

アフリカンゴールド

セ7 57.0 国分恭介  西園正都 474(+6) 2.26.1 25.6 12 35.6 ③③②②
13 6 9

ユニコーンライオン

牡6 56.0 坂井瑠星  矢作芳人 532(+4) 2.26.4 17.8 10 36.0 ①①①①
14 7 12

マイネルファンロン

牡7 56.0 M.デムー  手塚貴久 466(-8) 2.26.6 1 1/4 13.0 8 35.4 ⑫⑫⑩⑩
ラップタイム 12.1 - 11.2 - 12.5 - 12.6 - 12.3 - 12.8 - 12.6 - 12.4 - 11.9 - 11.3 - 10.9 - 11.7
前半 12.1 - 23.3 - 35.8 - 48.4 - 60.7
後半 58.2 - 45.8 - 33.9 - 22.6 - 11.7

■払戻金

単勝 10 740円 2番人気
複勝 10 230円 2番人気
2 140円 1番人気
11 230円 3番人気
枠連 2-6 960円 3番人気
馬連 2-10 1,250円 1番人気
ワイド 2-10 510円 1番人気
10-11 1,170円 9番人気
2-11 560円 2番人気
馬単 10-2 2,890円 6番人気
3連複 2-10-11 3,000円 1番人気
3連単 10-2-11 14,890円 7番人気

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:344,840人(12月08日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

厩舎
の話

【京都大賞典2022特集】アリストテレス「態勢は整ったかと思う」 マイネルファンロン「使った方が良さそう」

【京都大賞典2022特集】アリストテレス「態勢は整ったかと思う」 マイネルファンロン「使った方が良さそう」

アイアンバローズ・上村師「やるごとに動きは良くなっている」

アフリカンゴールド・西園正師「2、3番手でも問題はない。自分の形ならしぶといからね」

アリストテレス・鮫島駿騎手「間隔はあいていますが(態勢は)整ったかなと思います」

ウインマイティー・和田竜騎手「条件は問わない。ゲートを決めたい」

ヴェラアズール・渡辺師「今回も自分の競馬でどこまで」

キングオブドラゴン・柿﨑助手「中1週ですが元気いっぱい」

ディアスティマ・高野師「いつも通りでやりすぎないように。状態に変化はない」

ディアマンミノル荻野極騎手「雰囲気は良くて落ち着いています」

ディバインフォース・寺島師「外回りの末脚勝負なら競馬になる」

ヒンドゥタイムズ・斉藤崇師「去勢効果があって引っ掛かる感じもなくなりました」

マイネルファンロン・手塚師「休み明け。使った方が良さそう」

ユニコーンライオン・安藤助手「集中させるために併せ馬をやりました。自分の競馬ができれば」

レッドガラン・安田隆師「2400メートルの距離がどうか」

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

データ
予想

【京都大賞典2022特集】5項目で減点なしはアイアンバローズ、ヴェラアズール、ウインマイティーの3頭

【馬齢】

2012年以降(2020年以前は京都芝2400mで施行)の1~3着馬の馬齢をみると、4歳から8歳までの範囲。ただし、7~8歳の2着連対圏入りは、G1で2着以内の連対歴を持っていた馬に限られる。そのあたりには配慮が必要だろう。

(減点対象馬)
①アフリカンゴールド ⑤レッドガラン ⑫マイネルファンロン

【所属】

2012年以降の所属別成績は、栗東【9.9.9.87】、美浦【1.1.1.13】。連対率の面では大差ない。一方で、後者の2着連対圏入りは、近2走内に1着経験があった馬に限定される。勝ち星から遠ざかっている関東馬は強調しづらい。

(減点対象馬)
⑫マイネルファンロン

【前走着順】

前走の着順に関してはG1なら不問。G1組以外の場合はG2が8着、G3であれば7着、非重賞は5着が最低ライン。2012年以降、前走非G1組で複勝圏に入った全馬がこの条件をクリアしていた。

(減点対象馬)
③アリストテレス ⑤レッドガラン ⑦キングオブドラゴン ⑨ユニコーンライオン ⑭ディアマンミノル

【前走馬体重】

2012年以降の1~2着馬20頭のうち、19頭は前走の馬体重が470キロ以上だった。例外の1頭はG1ウイナー。前走の馬体重が470キロ未満、なおかつG1未勝利の馬は狙いにくい感を受ける。

(減点対象馬)
①アフリカンゴールド ②ボッケリーニ ④ヒンドゥタイムズ ⑬ディバインフォース ⑭ディアマンミノル

【休養明け】

2012年以降の3着以内馬延べ30頭は、いずれも同年の3月以降に1戦以上を消化していた。前走が同年の2月以前という馬は、疑ってかかったほうがよさそうだ。

(減点対象馬)
⑧ディアスティマ

【データ予想からの注目馬】
上記5項目で減点がないのは、⑥アイアンバローズ、⑩ヴェラアズール、⑪ウインマイティーの3頭。

最上位は⑥アイアンバローズとする。2012年以降、前走宝塚記念組は【5.2.6.11】。そのなかでも、5歳馬は【4.0.2.1】と好走(3着以内)確率が非常に高い。注目に値する存在だ。

過去10年【2.2.2.10】の前走が非G1戦、かつ上がり3ハロン最速馬に該当する、⑩ヴェラアズールを2番手評価。当該距離のG1で3着の好走実績を持つ、⑪ウインマイティーもぞんざいには扱えないだろう。

<注目馬>
アイアンバローズ ⑩ヴェラアズール ⑪ウインマイティー

このレースの傾向やデータをもっと見る

U指数
予想

【京都大賞典2022特集】G1馬不在の大混戦の主役を務めるのは充実期にあるボッケリーニ!

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

3連単181万馬券が飛び出した2019年のように時に波乱は起こるが、全体を通して見れば平穏に収まりやすいレースで、人気サイドは比較的安定している(2020年は1~3番人気の3頭が3着以内を独占)。U指数的に信頼度が高いのは指数101以上をマークしているG1馬で、過去には2018年1着のサトノダイヤモンド(102.3)、2020年2着のキセキ(102.3)といった面々が存在感を示してきた。

ただし、今年はG1馬の出走がなく、指数が100を超える馬もいない低レベルの一戦。該当馬がいないため、それに準ずる実績・指数を持つ馬に高い評価を与えたい。

まずは1位にランクされている②ボッケリーニ(99.4)。G2で3→2→1着という近走内容は際立っており、阪神コースにも実績がある。ここも大崩れはないと考えるのが妥当といえよう。

次いで、昨年のこのレースの2着馬で、G1連対歴を持つ4位③アリストテレス(97.5)。順調さを欠いた春とは違い、今回は調整がうまくいっている印象で、昨年同様の走りに期待できる。

以下、阪神巧者で去勢明けの前走でしっかり結果を残した2位④ヒンドゥタイムズ(98.5)、芝路線転向後の成績が非常に安定している5位⑩ヴェラアズール(97.2)の名前を挙げておきたい。

【U指数予想からの注目馬】
ボッケリーニ ③アリストテレス ④ヒンドゥタイムズ ⑩ヴェラアズール

出走予定馬のU指数をチェックする

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:344,840人(12月08日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

血統
予想

【京都大賞典2022特集】代替開催された昨年はディープインパクトの血を引く馬が上位を独占

【京都大賞典2022特集】代替開催された昨年はディープインパクトの血を引く馬が上位を独占

今年も京都競馬場整備工事に伴う開催日割の変更があり、京都大賞典は昨年に続いて阪神芝2400mに舞台を移して行われることになる。なお、昨年はディープインパクト産駒の9番人気マカヒキが勝ち、16年ニエル賞以来となる約5年1か月ぶりの勝利を飾ることになった。

昨年は2着にエピファネイア産駒のアリストテレス、3着にルーラーシップ産駒のキセキが入線していたが、2頭は母の父がディープインパクトという共通点も持つ。つまり、1~3着馬のいずれもが父または母の父にディープインパクトを配されていたということになる。

なお、阪神芝2400mにおける種牡馬成績を17年以降で見てみると、17勝を挙げるディープインパクトがトップとなり、次点で10勝のルーラーシップが続く。一方、エピファネイア、ワークフォースの2頭が、勝率、連対率、複勝率のすべてにおいてディープインパクトを上回っていることも併せて覚えておきたい。

アリストテレスは、父エピファネイア×母ブルーダイアモンド(母の父ディープインパクト)。父は同じ阪神芝2400mで施行された13年神戸新聞杯の勝ち馬で、本馬においては伯父リンカーンが05年京都大賞典の勝ち馬でもある。1番人気の支持を集めた昨年はハナ差2着の惜敗に泣いたが、ゴール寸前まで勝ったと思わせる申し分のないレース運びだった。前走は中間に外傷を負う不運もあり、うまく立て直せていれば上位争い可能だろう。

ヒンドゥタイムズは、父ハービンジャー×母マハーバーラタ(母の父ディープインパクト)。同産駒は京都芝2400m開催時ながら「1-1-0-0」と底を見せておらず、19年1着ドレッドノータスは11番人気という下馬評を覆す走りで勝利をつかんだ。本馬においては昨年の2・3着馬と同じ母の父であることも強調しやすく、そもそも阪神では「3-1-1-0」と馬券圏外に敗れていない巧者でもある。前走は去勢明け緒戦で2着とあれば、今回も楽しみは大きい。

ディアスティマは、父ディープインパクト×母スウィートリーズン(母の父ストリートセンス)。今回のメンバーでは唯一となるディープインパクト産駒。両前の種子骨じん帯炎により約1年2か月ぶりのレースとなるが、休養前には札幌日経オープンを勝ち、天皇賞(春)でも逃げて6着と力のあるところを見せていた。5歳とはいえキャリアは浅く、調教でも久々を感じさせない動きを披露。レース勘が鈍っていなければ、脚質的にも侮れない存在だ。

【血統予想からの注目馬】
アリストテレス ④ヒンドゥタイムズ ⑧ディアスティマ

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

乗り変わり
勝負度

【京都大賞典2022特集】再結成したコンビが昨年の失敗を糧にリベンジを図る!

【京都大賞典2022特集】再結成したコンビが昨年の失敗を糧にリベンジを図る!

編集部(以下、編) さぁ、3日間開催の最終日です。最高のかたちで締めくくりましょう。

新良(以下、新) 狙うは的中ラッシュですね。3週連続プラスで終えられるように、全力を尽くします。

編 よろしくお願いします。この最終日に組まれている重賞は京都大賞典です。期待できそうな乗り替わり馬はいますか?

新 いますよ。馬券的にも面白い存在になってくれそうです。

編 それは楽しみです。ズバリ、どの馬ですか?

新 石橋脩騎手から岩田望来騎手に乗り替わる⑥アイアンバローズです。

編 ここ5戦は石橋騎手が連続して騎乗していましたが、以前乗っていた岩田望騎手騎手に手綱が戻るかたちになりましたね。

新 はい。昨年のこのレース以来です。

編 その際は3番人気で12着という結果でしたが……。

新 ピンポイントで見れば、感心できない騎乗でした。アイアンバローズにしては後ろすぎる位置取りで、良さが出せませんでしたね。おそらく、岩田望騎手は反省していると思います。

編 再びチャンスを与えてくれた陣営のためにも、今度は失敗できないという思いが強いと?

新 それはおおいにあるでしょう。この馬にはテン乗りのときに勝った経験がありますので、相性は悪くないはず。先行策でうまくいきましたからね。馬の持ち味もわかっていると思います。

編 岩田望騎手は成功体験も失敗体験も、どちらも積んでいるわけですね。

新 その通りです。だから、今回は後方待機策をとることはないでしょう。同じことをくり返さないように、どうアジャストしてくるかに注目です。

編 阪神芝2400mというコースは良さそうですか?

新 岩田望騎手は2019年以降、15.4%というメンバー中上位の勝率を記録しています。この馬とのコンビで勝利したときと同じ舞台ですので、まったく心配はいりません。

編 馬の評価もお聞かせください。

新 なにより、芝2400m巧者という点に魅力を感じます。過去に8回走って、3勝、2着2回、3着1回と超安定。着外の2回は昨年の京都大賞典を含め、後方待機で良さが出なかったレースですので、岩田望騎手が同じ失敗をしなければ大崩れはないでしょう。

編 馬柱を見ると、ステイヤーズSと阪神大賞典の2着があり、長丁場に強い印象を受けますが、じつは2400mもどんと来いなんですね。

新 そうなんですよ。今回は距離が短いと思われて、馬券的に敬遠されるといいんですけどね。

編 3年前には11番人気のドレッドノータスが勝ち、昨年はマカヒキが復活Vを果たしました。意外性のある馬が勝ちやすいレースです。

新 ボッケリーニが人気の中心になりそうですが、レース傾向的にも断然の存在とはいえないですよね。

編 加えて、今年はG1馬が1頭もいませんので、例年以上にどの馬にもチャンスがありそうです。

新 アイアンバローズは58キロで2回走ったあと、今回は56キロですから、パフォーマンスの向上に期待できます。十分にアリだと思いますよ。

編 あとは岩田望騎手に託すだけですね。

新 はい。中団より前目でレースを進めて、上位争いに加わってくれることに期待しましょう。

【乗り変わり勝負度からの注目馬】
アイアンバローズ

過去10年の結果

【京都大賞典2022特集】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2021年10月10日() 阪神/芝2400m
天候:晴 馬場:
京都大賞典2021
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 8 マカヒキ 藤岡康太 2:24.5 32.1 9 35.9 99.6
2 9 アリストテレス M.デムーロ 2:24.5 ハナ 3.6 1 36.1 99.6
3 11 キセキ 和田竜二 2:24.6 1/2 7.4 4 36.4 99.1
4 10 ディアマンミノル 荻野極 2:24.8 1 1/4 40.4 11 35.6 98.1
5 13 ロードマイウェイ 松山弘平 2:24.8 クビ 43.1 12 36.1 98.1
2020年10月11日() 京都/芝2400m
天候:晴 馬場:稍重
京都大賞典2020
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 13 グローリーヴェイズ 川田将雅 2:25.6 6.2 3 34.5 104.9
2 2 キセキ 浜中俊 2:25.7 3/4 3.5 1 34.3 104.4
3 17 キングオブコージ 横山典弘 2:25.9 5.2 2 34.4 103.5
4 3 シルヴァンシャー 北村友一 2:25.9 クビ 13.6 8 34.6 103.5
5 6 ステイフーリッシュ 藤岡佑介 2:26.0 1/2 7.3 4 35.2 103.0
2019年10月6日() 京都/芝2400m
天候:晴 馬場:
京都大賞典2019
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 7 ドレッドノータス 坂井瑠星 2:23.5 90.7 11 34.9 105.1
2 14 ダンビュライト 松若風馬 2:23.7 1 1/4 17.4 6 35.4 104.2
3 6 シルヴァンシャー 浜中俊 2:23.8 3/4 14.3 5 35.1 103.7
4 1 ノーブルマーズ 高倉稜 2:24.0 1 1/4 8.6 4 35.3 102.7
5 4 エタリオウ 横山典弘 2:24.1 1/2 5.3 2 34.8 102.2

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【京都大賞典2022特集】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2016年の優勝馬キタサンブラック
2016年の優勝馬キタサンブラック

天皇賞(秋)エリザベス女王杯ジャパンカップを目指すトップホースが集う一戦で、第12回(1977年)のテンポイント、第24~25回(1989~1990年)連覇のスーパークリーク、第26、28回(1991、1993年)で2勝のメジロマックイーン、第35~36回(2000~2001年)連覇のテイエムオペラオー、第51回(2016年)のキタサンブラックなど、過去の勝ち馬には日本競馬史を彩る数多くの名馬の顔ぶれが並ぶ。1番人気が強いレースとしても有名で、武豊騎手がスーパークリーク(2回)、メジロマックイーンに跨り、第24~26回を1番人気で3連覇した。

歴史と概要をもっと見る

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:344,840人(12月08日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

京都大賞典特集 バックナンバー

トップへ