ヴェラアズール(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ヴェラアズール
ヴェラアズール
ヴェラアズール
ヴェラアズール
ヴェラアズール
写真一覧
現役 牡5 青毛 2017年1月19日生
調教師渡辺薫彦(栗東)
馬主有限会社 キャロットファーム
生産者(有)社台コーポレーション白老ファーム
生産地白老町
戦績22戦[6-4-5-7]
総賞金54,968万円
収得賞金25,750万円
英字表記Vela Azul
血統 エイシンフラッシュ
血統 ][ 産駒 ]
King's Best
ムーンレディ
ヴェラブランカ
血統 ][ 産駒 ]
クロフネ
アドマイヤサンデー
兄弟 テイクザヘルムシルバーコンパス
市場価格
前走 2022/11/27 ジャパンカップ G1
次走予定

ヴェラアズールの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
22/11/27 東京 12 ジャパンC G1 芝2400 18364.531** 牡5 57.0 R.ムーア渡辺薫彦 518
(0)
2.23.7 -0.133.7⑪⑨⑩⑩シャフリヤール
22/10/10 阪神 11 京都大賞典 G2 芝2400 146107.421** 牡5 56.0 松山弘平渡辺薫彦 518
(+8)
2.24.3 -0.433.2⑩⑩⑪⑩ボッケリーニ
22/06/11 東京 11 ジューンS 3勝クラス 芝2400 15592.511** 牡5 56.0 C.ルメー渡辺薫彦 510
(-2)
2.25.7 -0.333.9⑨⑧⑧⑥ブレークアップ
22/05/14 東京 10 緑風S 3勝クラス 芝2400 128116.043** 牡5 57.0 戸崎圭太渡辺薫彦 512
(-2)
2.24.4 0.133.8⑩⑪⑪⑪アルビージャ
22/04/17 中山 12 サンシャイン 3勝クラス 芝2500 13575.333** 牡5 55.0 岩田望来渡辺薫彦 514
(-2)
2.33.2 0.434.0⑫⑫⑫⑦パラダイスリーフ
22/03/19 阪神 9 淡路特別 2勝クラス 芝2600 9117.941** 牡5 55.0 岩田望来渡辺薫彦 516
(+10)
2.38.4 -0.134.8⑥⑦⑦⑥プレイリードリーム
22/01/09 中京 9 濃尾特別 2勝クラス ダ1800 154626.277** 牡5 57.0 松若風馬渡辺薫彦 506
(-4)
1.54.3 1.136.6⑦⑦⑧⑧レプンカムイ
21/12/18 阪神 9 赤穂特別 2勝クラス ダ1800 145719.443** 牡4 57.0 松若風馬渡辺薫彦 510
(-4)
1.52.2 0.136.4⑧⑧⑧⑧ナリタフォルテ
21/11/27 阪神 8 3歳以上2勝クラス ダ1800 165931.386** 牡4 57.0 鮫島克駿渡辺薫彦 514
(-2)
1.54.3 1.138.6⑧⑧⑧⑦ホールシバン
21/10/30 東京 9 伊勢佐木特別 2勝クラス ダ2100 147125.839** 牡4 55.0 C.ルメー渡辺薫彦 516
(+14)
2.12.7 1.638.7バイシュラバナ
21/06/27 阪神 12 リボン賞 2勝クラス ダ1800 13114.624** 牡4 57.0 C.ルメー渡辺薫彦 502
(-8)
1.52.4 0.537.6⑧⑧⑦④ジュディッタ
21/06/13 東京 9 八王子特別 2勝クラス ダ2100 161215.763** 牡4 57.0 C.ルメー渡辺薫彦 510
(+4)
2.11.4 0.637.5リキサンダイオー
21/04/10 新潟 11 福島中央TV 2勝クラス ダ1800 14224.9313** 牡4 57.0 鮫島克駿渡辺薫彦B 506
(+4)
1.54.4 2.039.6④④④④ヴィアメント
21/03/20 中京 12 矢作川特別 2勝クラス ダ1800 166112.8110** 牡4 55.0 福永祐一渡辺薫彦B 502
(-2)
1.55.0 1.339.2⑨⑨⑦⑦ダノングリスター
21/01/10 中京 7 4歳以上1勝クラス ダ1900 14332.921** 牡4 56.0 福永祐一渡辺薫彦B 504
(+2)
2.01.3 -0.637.2メイショウコジョウ
20/12/19 阪神 8 3歳以上1勝クラス ダ2000 11792.612** 牡3 56.0 福永祐一渡辺薫彦 502
(-4)
2.08.4 0.237.0⑥⑥⑤ヴァーダイト
20/11/23 阪神 8 3歳以上1勝クラス ダ2000 10115.524** 牡3 55.0 福永祐一渡辺薫彦 506
(0)
2.08.7 0.337.5⑥⑥⑤④ロードセッション
20/06/28 阪神 2 3歳未勝利 ダ1800 16351.611** 牡3 56.0 D.レーン渡辺薫彦 506
(-10)
1.53.8 -0.238.2⑥⑥④⑤クールシャイン
20/06/13 阪神 3 3歳未勝利 ダ1800 167142.723** 牡3 56.0 福永祐一渡辺薫彦 516
(+4)
1.52.1 0.337.7⑥⑥⑤⑤メイショウカズサ
20/05/31 京都 2 3歳未勝利 ダ1800 16471.612** 牡3 56.0 幸英明渡辺薫彦 512
(-4)
1.54.1 0.439.0カネコメノボル

⇒もっと見る


ヴェラアズールの関連ニュース


当企画のコンセプトにつきましては、コチラにてご確認ください。今週も“勝ち逃げ馬券師”新良武志氏に、注目の乗り替わりをピックアップしてもらいます。
※データは2019年以降の結果をもとに集計


編集部(以下、編) 土曜日版の当コーナーで、短期免許の外国人騎手の活躍がG1に集中していることを挙げられていました。

新良(以下、新) しかも、乗り替わりで結果を残す外国人騎手が多いです。

編 先週のジャパンカップは、新良さんが推奨したヴェルトライゼンデのレーン騎手が4番人気3着、ヴェラアズールのムーア騎手が3番人気1着。2着のシャフリヤールは乗り替わりではありませんでしたが、鞍上はC.デムーロ騎手。この結果が象徴していますね。

新 東京競馬場に国際厩舎が新設されて検疫のハードルが下がり、外国馬のチャンスが増すという見解もありましたが、蓋を開けて見れば、1~5番人気の日本馬が掲示板を独占し、そのほとんどの鞍上に外国人騎手がいるという構図。騎手予想をする立場からすると、ある意味衝撃的な結果でした。

編 日本馬の強さと、外国人騎手のうまさが、同時に際立つことになったとということですね。

新 その通りです。これで3週連続、外国人騎手によるG1勝利。やはり、騎手の腕は重要であるということを、改めて思い知らされる格好になっています。

編 日本人騎手も一時よりはレベルアップしたと感じた時期もありましたが……。

新 コロナ禍で短期免許の外国人騎手が来日しなくなり、お手本や刺激を失ったことで、全体的に日本人騎手の腕が落ちたのかもしれません。トップの川田将雅騎手も、このところ精彩を欠いていますしね。

編 となると今週も狙いが外国人騎手ということに?

新 自ずとそうなります。チャンピオンズカップで狙うのは、福永祐一騎手からムーア騎手に乗り替わる①グロリアムンディです。

編 腕は文句なしですし、ジャパンカップに勝った勢いもあります。なんだか、神様のように思えてきますね(笑)。

新 ヴェラアズールは、芝路線に転向してから覚醒した馬。そしてグロリアムンディは、ダート路線に転向してから覚醒しつつある馬。そんな共通点もありますので、よけいに期待したくなりますよね。

編 ムーア騎手は5年前に、ゴールドドリームでこのレースを制した実績があります。

新 ムーア騎手クラスになると、過去実績のようなものを持ち出す必要はないでしょう。コースについても、なんら不安はありません。

編 そうなると、あとは馬がこのメンバー相手にどこまでやれるかですが……。

新 ダートに矛先を変えてから4連勝し、初重賞のアンタレスSではオメガパフュームの2着。負けて強しの競馬でしたので、ダートでトップクラスの能力を持っていることは明らかです。

編 もちろん、前走の宝塚記念は度外視して……。

新 構いません。ノーカウントでOK。一連の走りを見る限り、この馬は芝よりもダートがベターです。

編 まだ4歳馬ですし、さらなる上昇が見込めそうですね。

新 1枠1番という絶好枠を引き当てた点も大きいです。チャンピオンズC創設以来、まだ勝ち馬は出ていませんが、上位好走馬は何頭も出ています。ムーア騎手ならインで包まれてタイトな競馬を強いられても、うまく捌いてくれるでしょう。

編 展開も向きそうでしょうか?

新 クラウンプライドノットゥルノテーオーケインズら先行勢に人気馬が集まっていて、そのすぐ後ろにつけられる枠順とメンバー構成になりました。

編 つまり、前がけん制し合ってくれれば、さらにチャンスは大きくなるということですね。

新 その通りです。弱い先行馬がいませんので、直線で前が詰まる可能性も低いのではないでしょうか。最内枠が、確実に追い風になると思います。

編 あとはどこまで人気を集めるかですが……。

新 ムーア人気で過剰に売れてしまうでしょうが、それでも強気に買うべきです。できればアタマを取ってもらいましょう。


★その他の注目乗り替わり★
阪神9R ③ミルトクレイモー永島まなみ岩田望来
中山11R ⑦ロードベイリーフ西村淳也M.デムーロ
阪神11R ③サンライズラポール石川裕紀人北村友一


【プロフィール】
新良武志(しんら・たけし)
かつてはどこにでもいる競馬ファンの1人だったが、データベースソフト【TARGET】との出合いを経て、眠っていた馬券師としての素質が開花。騎手・種牡馬にウマニティU指数を組み合わせた独自のデータ活用術を考案し、常勝スタイルを確立させる。2015年秋にメディアデビュー。雑誌、WEBを中心に精力的に予想家活動を行っている。著書に『毎日コツコツ勝ち逃げリーマン馬券術』(ベストセラーズ)、『ジョッキー未来予測2019』(秀和システム)。

【チャンピオンズC 俺のチェックポイント】ダート転向ジュンライトボルト 長田記者が好走の要因探った 2022年12月1日(木) 04:59

チャンピオンズCの「俺のチェックポイント」3日目は、大阪サンスポの長田良三記者が、シリウスSを勝ったジュンライトボルトに注目した。ダートでは3戦2勝、2着1回と安定した走りを披露。砂に転じて堅実に走る理由などを探った。



先週のジャパンCはダートから芝に転向して6戦目のヴェラアズールが、GⅠ初制覇を成し遂げた。今週も同じように、路線を変更して勢いに乗る馬がいる。ダートに転じて3戦3連対のジュンライトボルトだ。まずは、最終追い切りの動きを注視した。

栗東角馬場で体をほぐしてから、DPコースへ。序盤はゆったりとした脚取りで進んでいき、直線に向くと軽快なフットワークでグンと加速。ゴール前で仕掛けられるとラスト1ハロン10秒9としっかり伸びて、全体時計も6ハロン82秒1でまとめた。見守った友道調教師は「しまいだけ反応を見るような感じでやりました。いい感じで走っていましたね」と納得の表情だ。動きに躍動感が見られ、2カ月ぶりの実戦でも仕上がりに抜かりはなさそうだ。

デビュー22戦目の3走前、ジュライS(2着)で芝からダートにシフト。なぜ砂路線を歩んだのか? 大江助手は「芝だとしまいが甘くなってしまうので」と返答。陣営はもともとダート戦線を歩ませたい考えもあったが、芝でオープンまで上がってきたことを受け、なかなか使えずにいたのだ。

前走のシリウスSでは勝負どころからポジションを上げ、力強い伸びを見せて重賞初制覇。ダートでは3戦2勝、2着1回と崩れていない。友道調教師は「ダートに替わると3、4コーナーで上がっていくスピードが違う。他の馬にはないと思う。ダートであれだけスッと上がっていけないからね」と評価。もともと右回りだとモタれる癖があり、「左回りなら手前の替え方がスムーズ。体に幅が出て、距離的にも中京の1800メートルはいいと思う。初めてのGⅠ挑戦だけど、チャンスはあると思う」とトレーナーは結んだ。

テーオーケインズとは未対戦で、未知の魅力があるキングカメハメハ産駒。木曜の枠順発表、展開も踏まえた上で、本命にすることも検討したい。

[もっと見る]

ジャパンCを制したヴェラアズールは有馬記念を視野に 2022年11月30日(水) 18:12

ジャパンCでGⅠ初制覇を飾ったヴェラアズール(栗・渡辺、牡5)は、有馬記念(25日、中山、GI、芝2500メートル)を視野に入れていることが30日、分かった。所有するキャロットクラブがホームページで発表した。渡辺調教師は「レースも強かったし、うまく乗ってくれました。レース後も馬の状態は問題ありません。前向きに検討したいです」と語った。同馬は同日、滋賀県のノーザンファームしがらきへ放牧に出ている。

[もっと見る]

【チャンピオンズC プレビュートーク】ジュンライトボルト砂で覚醒か テーオーケインズ格で圧倒か 2022年11月29日(火) 11:45

村瀬 ジャパンC、お見事でした。

南 ◎ヴェラアズールはホンマ、1週前の段階からムードが最高潮やった。ムーアJの腕込みでええ競馬やった。

村瀬 ボクの◎ダノンベルーガは5着。うーん、距離なのかなあ。

南 どうやろな。本格化は来年やろから。

村瀬 馬券プレは片山さんも的中ですね。ボクも巻き返さなきゃ。

南 ワシは2週連続、狙うで。

村瀬 さ、今週はダートチャンプ決定戦。1強ムードのような感じもありますが…。

南 そんなことないで。ワシは超新星◎ジュンライトボルトでいく手もあるんやないかと思う。

村瀬 おお。すごいですね。

南 攻めてるわけやない。2番人気はこの馬ちゃうか。

村瀬 そうかもしれませんね。ダートに替わって②①①着の快進撃。芝で甘かったのが一変しました。

南 初戦の福島では落鉄もあって2着やったけど、左回りに替わって完全に開花した。友道師は「左回りが良かったのか、特に前走の3コーナーから上がっていくときの感じは芝では見られなかったもの。メンバーは強いが、楽しみはある」と手応え十分。「攻めでそれほど動かないタイプ。その割に1週前は動いたほうだと思う」ゆうて状態面にも太鼓判や。

村瀬 前走から100メートル短縮しての9ハロンも歓迎だろうし、石川Jとも手が合う印象。自信を持って乗ってくるでしょう。

南 あとは〝格〟みたいなのがどうか。〝砂のヴェラアズール〟になれるかやけど、ダートの場合、芝より下克上が難しい面があるから。

村瀬 格でいけば断然、◎テーオーケインズでしょう。去年のこのGⅠではJBCクラシック4着から一変して6馬身差のワンサイドV。

南 当時はJBCが金沢やったからな。

村瀬 今年は盛岡で2馬身半差の完勝を飾ってここに向かいます。同じローテーションだし、一見、隙がなさそうですけどね。

南 1週前を終えて高柳大師は「(松山)ジョッキーに感触を確かめてもらった。しっかりやったし、これで変わってくると思う」と。ただ、まだちょっと余裕があるように見える。1強と呼べるほど盤石かというと、そうでもない雰囲気なんや。

村瀬 そうなんですね。ただ、前走のレース直後の松山Jは〝まだ良くなる余地はある〟みたいなトーンでしたよね。1週前にスイッチを入れて、当週にもう1本やれば態勢は整いそうですけどね。

南 追い切りに注目やな。で、3番手はグロリアムンディ。ダートではここまで【4・1・0・0】で、負けたんはオメガパフュームだけやからな。まだ底が見えない。

村瀬 もうちょっと距離があれば主役の座まで狙えると思うんですけど、1800メートルでも十分チャンスはあるでしょうね。

南 大久保師は「宝塚記念は馬場がもっと荒れると思って使ったんだが…。ダートでは強い競馬を続けている。気のいい馬だし、休み明けでも当週でしっかり仕上がると思う」ゆうとった。

村瀬 僚馬のハピは若さを武器に立ち向かう感じですかね。

南 「前走はスムーズじゃなかった。前が開いていればまた違ったかもしれない。中京ではいい走りができるし、上積みもある。楽しみ」とトレーナー。

村瀬 なるほど。レースの主導権を握りそうなJBCクラシック2着のクラウンプライド、自在性のあるジャパンダートダービーノットゥルノと合わせて3歳勢のチャレンジは興味深いですね。

南 中京だと崩れないオーヴェルニュはルメールJとのコンビ。出遅れた前走で予期せぬ差し切りゆう収穫を得たサンライズホープもおる。

村瀬 関東馬はゼロか…。追い切り速報、大変ですけど、よろしくお願いしますね。

南 特にテーオーケインズやな。1倍台までありそうな主役やし、しっかり見て伝えるわ。(夕刊フジ)

[もっと見る]

【ジャパンC】GⅠ初制覇のヴェラアズールが栗東に凱旋 樫原助手「脚元は大丈夫そうです」 2022年11月28日(月) 14:37

鋭い差し脚でジャパンCを制したヴェラアズール(栗・渡辺、牡5)は28日、栗東トレセンの自厩舎で元気な姿をみせた。3月に芝に転向してから、破竹の勢いで頂点に上り詰めたパートナーに、担当の樫原助手は満面の笑みだった。

--レースはどこで観戦したのか

「ゲートまでついて行ったので、歩きながらモニターで見ていました。『詰まったらあかんな』と思いながら見ていました。ムーア騎手には『ハミをかむところがあり、引っ張ると頭を上げる』と伝えておきました」

--ハードな戦いだったが、レース後の様子は

「(28日の午前)0時を過ぎてから栗東に到着しましたが、変わりありません。レースはゴチャついたけど、脚元は大丈夫そうです」

--もともと芝向きだと思っていた?

「走るかどうかは別にして、芝を試してみたいという気持ちはありました。乗った人の感触も同じでしたからね」

--エイシンフラッシュ産駒として初めてのGI優勝だった

「レース後は(父を管理していた)藤原厩舎のスタッフの方から『フラッシュの子で勝ってくれてありがとう』と声をかけてもらいました。負けている(同厩舎所属のシャフリヤールは2着)のにありがたいことです」

--今後の予定は?

「まだ聞いていませんが、いつものパターンなら一旦放牧ということになると思います。これを第一歩に、渡辺厩舎もさらに活躍できるようになるといいですね」

[もっと見る]

【ジャパンC】我慢が結実…ヴェラアズール戴冠 渡辺師は7年目で初GI 2022年11月28日(月) 08:23

27日の東京12Rで行われたジャパンカップ(GI、芝2400メートル)は、3番人気のヴェラアズールが中団からゴール前で馬群を縫うように抜け出し、GⅠ初挑戦でV。3月にダートから芝に転向して6戦目で一気に頂点に上り詰めた。鞍上のライアン・ムーア騎手(39)=イギリス=は2019年の朝日杯フューチュリティS(サリオス)以来、JRAでのGⅠ・9勝目。渡辺薫彦調教師(47)=栗東=は、騎手から調教師に転身して開業7年目で悲願のGⅠ初勝利となった。2着は1番人気のシャフリヤール。3着には4番人気ヴェルトライゼンデが入った。



世界よ見てくれ、これが〝日本代表〟の強さだ! 青いサムライの末脚に、府中の杜に戻ってきた5万超の大観衆が酔いしれた。スペイン語で「青い帆」を意味するヴェラアズールが3連勝でGⅠ初挑戦V。並み居るGⅠ馬を打ち破り、ムーア騎手は右手をこめかみにあてる得意の敬礼ポーズで静かにほほ笑んだ。

「直線で何度も行き場がなくなって心配したが、(馬群を)上手に縫って走ってきた。最後は鋭い脚でゴールを切れた。大変優秀な馬です」

前半1000メートル通過61秒1のスローペース。18頭は団子状態で進み、内に包まれて身動きが取れない。しかし、名手はどこまでも冷静だった。内にできた僅かなスペースを見逃さずに飛び込むと、自慢のシュートが火を吹いた。メンバー最速タイの上がり3ハロン33秒7でシャフリヤールヴェルトライゼンデの間を割り、栄光のフィニッシュを決めた。

「やばい、やばい…」。出迎えた渡辺調教師の目には光るものがあった。ジョッキーから転身し、開業7年目でつかんだ初GⅠタイトルだ。1999年の日本ダービーでは1番人気のナリタトップロードでクビ差2着に惜敗。当時24歳の若武者は人目もはばからずに号泣した。「いいことも悪いこともあったけど、調教師冥利に尽きます。やっていてよかったと思いました」。23年の時が流れ、悔し涙はうれし涙へと変わった。

馬自身も苦労を重ねた末の戴冠だ。1歳秋に左後肢を骨折し、その後も左前脚に骨瘤が出るなどトラブル続き。「芝向きと考えていたけど、(現役を)長く続けるにはダートからと思った」とトレーナー。5歳春にしてようやく芝へゴーサインを出すと、6戦4勝で一気に頂点に上り詰めた。体質が強化されるのをじっくりと待った陣営の我慢が結実した。

次走は未定だが、指揮官が「一戦ごとに想像を超えた走りを見せてくれる。まだまだ楽しみ」と言えば、鞍上も「ジャパンCを勝ったということは最高峰のレースを勝ったということ。年齢を重ねてさらに強くなってくると思う」と太鼓判。底知れない強さを誇る令和の昇り竜は、今後もスーパーゴールを量産していく。(漆山貴禎)

ヴェラアズール 父エイシンフラッシュ、母ヴェラブランカ、母の父クロフネ。青毛の牡5歳。栗東・渡辺薫彦厩舎所属。北海道白老町・(有)社台コーポレーション白老ファームの生産馬。馬主は(有)キャロットファーム。戦績22戦6勝。獲得賞金5億4968万円。重賞は2022年GⅡ京都大賞典に次いで2勝目。ジャパンC渡辺薫彦調教師が初勝利、ライアン・ムーア騎手は13年ジェンティルドンナに次いで2勝目。馬名は「青い帆(スペイン語)。母名より連想」。

◆ジャパンCアラカルト

■日本馬の勝利 2006年のディープインパクトから17連勝中。

■ライアン・ムーア騎手 JRA・GⅠは19年朝日杯FSサリオス)以来で、通算9勝目。JRA重賞は通算17勝目。

■馬主・(有)キャロットファーム JRA・GⅠは通算31勝目。JRA重賞は通算128勝目。

■生産者・(有)社台コーポレーション白老ファーム(社台ファーム白老、白老ファーム名義を含む) JRA・GⅠは通算26勝目。JRA重賞は通算126勝目。

■外国人騎手の1~4着 1982年以来で、通算3回目。



ジャパンCの売り上げは211億9667万3600円で前年比98.6%とダウン。入場者数は5万3559人(うち有料入場5万2267人)で同530.3%だった。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ヴェラアズールの関連コラム

閲覧 1,109ビュー コメント 0 ナイス 5


本題に入る前に、2年半ぶりに新刊が出ますのでよろしくお願いいたします。

→『馬券力の正体 収支の8割は予想力以外で決まる

こうすれば当たる! というようなものではなく、

「どの馬を買うか」

という予想ではなく、それ以外のことを考える重要性について書いています。よろしくお願いいたします。

本題へ。

ジャパンカップヴェラアズールが直線馬群を捌いて抜け出して勝利。見事G1初挑戦初制覇を飾った。道中はユニコーンライオンが予想通りに馬群を引っ張ったものの、スローペースで一団になったために直線は瞬発力に加えて渋滞を抜け出す力も問われた。

こうなると欧州騎手は強い。もともと欧州の中長距離路線はほとんどスロー。加えて馬群が密集するのも日常茶飯事で、馬体をぶつけ合いながら伸びてくることも珍しくない。いつも通り早仕掛けで末脚を失った川田騎手&ダノンベルーガを格好の目標に据えた外国人騎手の独壇場だった。

さて、今回は少しオッズの話をしたい。ジャパンカップでは金曜発売があったが、ではその段階でどれくらい馬券が売れているかという話である。というのも、金曜段階のオッズを見て、

「○○が人気し過ぎ」

というような話をよく耳にするからである。もちろん数字を見れば実際に気になるものなのだが、結論から先に書いてしまうと金曜段階のオッズ、あるいは平場の前日オッズなどはほぼ気にすることはない。それよりも自分なりのツールでオッズを推定することが大切になる。

参考までにジャパンカップが金曜段階でどれくらい売れていたかを見てみたい。以下は最終的な総売り上げと、金曜23時58分段階の票数の差である。ここでは単勝と馬連を見てみたい。

ジャパンカップの単勝総売り上げ票数

12223124票

→金曜23時58分時点の売り上げ票数

634431票

以上を計算すると、金曜の段階で、634431÷12223124=0.0519...

であるから、全体の5%強ほどが売れているということである。逆に言えば残りの約95%弱はまだ売れていないということでもあり、この段階でオッズを語ることがさほど意味がないことがわかる。

もっとも、単勝は比較的早い段階で票数が集まりやすい傾向にあるので、これをさらに馬連で見てみる。

ジャパンカップの馬連の総売り上げ票数

27307833票

→金曜23時58分時点の売り上げ票数

107514票

計算すると、107514÷27307833=0.0039...

ということで、なんと全体のわずか0.4%ほどしか売れていない。これは総売り上げの約250分の1である。

以上から考えるに、

「前々日オッズで一喜一憂することはあまり意味がない」

といえるのではないだろうか?

これは平場における前日オッズも同様で、例えばジャパンカップデーの東京1レースが前日23時58分段階でどれくらい売れていたかというと…

単勝総売り上げ 428659票
前日23時58分時点 18497票

となり、全体の約4.3%。前日の単勝オッズを見ていろいろと語ったところで、その後に20倍以上の売り上げがあると考えると、実はあまり意味がないことがわかる。

ちなみに東京1レースは9時31分発走だったが、その11分前の9時20分段階での単勝の売り上げ票数は、162640。これは全体の約38%となる。つまりラスト10分あまりで60%以上の売り上げがあるとわかる。普段平場を買っていると、

「直前でオッズが動きすぎ」

と感じるかもしれないが、3分の2近くが本馬場入場が始まった後に売れているのだから、動くのは当然なのである。

このことからの教訓は、オッズを読むことの大切さである。目に見える数字に一喜一憂したところで、大半は直前で売れてオッズが大きく変わるのだから、むしろどうなるかを予想する方が良い。

また、券種ごとにオッズを見ることも大切である。ジャパンカップヴェラアズールは何度か1番人気になったが、馬連や3連複などは一貫してシャフリヤールダノンベルーガに続く3番人気に留まっていた。

現代競馬は予想力も大事だが、こういったオッズをどう見るかも勝つためには重要になる。

チャンピオンズカップ展望

では、いつも通り最後は週末の注目馬で締めたい。今週末はチャンピオンズカップ。注目馬はコチラ。

ジュンライトボルト石川裕紀人騎手)

注目はジュンライトボルト石川裕紀人騎手。
友道厩舎にしては珍しいダート馬。ダート転向後まだ3戦という新興勢力だが、その3戦がいずれも好内容で、芝時代と変わらぬ立ち回りの上手さを見せている。前走のシリウスSもやや早仕掛け気味だったが、ハピの追撃を封じる完勝。好位から運べるレースぶりには安定感があり、今年の相手関係ならば即通用しても驚けない。外国人騎手やトップジョッキーが集まるG1において石川騎手というのも妙味が増しそうだ。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

栃木県出身、競馬予想家。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。『競馬記者では絶対に書けない騎手の取扱説明書』(ガイドワークス)など著書多数。最新刊は『馬券力の正体 収支の8割は予想力以外で決まる』(オーパーツ・パブリッシング)。


登録済みの方はこちらからログイン

2022年11月24日(木) 10:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック ジャパンカップ2022
閲覧 1,634ビュー コメント 0 ナイス 5



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



11月27日(日)東京12R 第42回ジャパンカップ(3歳以上G1・芝2400m)
ジャパンカップは第12Rです。

【登録頭数:23頭(外国馬6頭)】(フルゲート:18頭)


<前走:天皇賞(秋)出走馬>(中3週)

ダノンベルーガ(3着、500kg(+6kg))<A>
前走の天皇賞(秋)時は、大柄な馬の休み明けらしく追い切りでモタモタしているようなところがあり、好評価にはしなかった。ただ、乗り込み量は豊富で、無理に馬を追い込むことをしていなかったので見た目以上に仕上がりは良かったのかもしれない。パドックではまだ余裕がある馬体だったので、100%に近い状態ではなかったとは思うが直線しっかり追い込んでの3着は能力の高さ。前走時にしっかり乗り込まれ、この中間には坂路にも入れての調整。1週前追い切りでは、ムーア騎手騎乗でダービーの1週前のように無理に馬を追い込むことはせず、馬なりで相手に併せていく内容と、理想的に状態を上げきている印象。前走からの上積みに十分期待が持てそう。

シャフリヤール(5着、456kg(前々走海外出走))<C>
前走時のパドックでは、馬体は仕上がっていたもののややテンション高さが感じられた。今回、芝コースでの1週前追い切りでもかなり行きたがる面を見せていて、不安が残る。今回は強力な逃げ馬もいないので、もう少しリラックスして走れていないと、レースでの折り合い面が心配に。

カラテ(6着、528kg(-4kg))<D>
かなり大きな馬だが、前走時のパドックでは太め感なく馬体はできていた感じだった。今回、距離延長で追い切りでは行きたがるところを押さえ込んでの調整となっているが、首が高くなってしまい走りに余裕がない。日曜日の坂路での時計も良い時には好時計が出ていたが、ここ2戦は平凡な時計で。

ユーバーレーベン(8着、476kg(-22kg))<C>
前走時は大きく馬体が減っていたが、通常に戻ってきた感じ。ただ、追い切りで強めに追われていることが多かったので当日のパドックではかなりテンションが高かった。この中間も1週前に強めに追われているので、直前は馬なりでの調整が理想的だが。




<前走:京都大賞典出走馬>(中6週)

ヴェラアズール(1着、518kg(+8kg))<B>
大型馬の休み明けで迎えた前走時のパドックでは、馬体こそ増えていたがそれほど太め感はなくドッシリと構えている感じだった。この中間も2週前、1週前とCWで好時計が出ていて、大きく良くなったという印象は受けないものの上積みは窺える。

ボッケリーニ(2着、472kg(+8kg))<D>
休み明けの前走時のパドックでは肩の出が硬く感じた。この中間、1週前追い切りでもモタモタした感じがあり、物足りない動きだった。




<前走:その他のレース出走馬>

デアリングタクトエリザベス女王杯:6着、486kg(+2kg)中1週)<C>
前走時は追い切りの動き、パドックでの馬の様子と決して悪くはなかった。ここ2戦は前半から力みがあり、その分終いの伸び切れなさにつながっている感じで、ペースが速くなって気分よく追走できれば直線の伸びも変わってきそう。

ユニコーンライオン福島記念:1着、530kg(-2kg)中1週)<B>
福島記念からの中1週でこの中間は軽めの調整。前走時のパドックでは、硬い感じも太め感はなく良い仕上りだった。

ハーツイストワールアルゼンチン共和国杯:2着、478kg(+4kg)中2週)<B>
この中間は、間隔が詰まっているため軽めの調整。前走時に目を向けると、追い切りは坂路で平凡な時計も動き自体悪く見せず、パドックではトモの筋肉こそ寂しく映ったが毛艶はかなり冴え、出来良く見せていた。

テーオーロイヤルアルゼンチン共和国杯:6着、458kg(-2kg)中2週)<C>
前走時の追い切りでは、モタれる面を見せていて終いの時計もかかっていた。こちらもこの中間は軽めの調整。坂路、CWと速い時計の出る馬なので、休み明け3戦目でどこまで上がってくるか。

ヴェルトライゼンデオールカマー:7着、494kg(-2kg)中8週)<B>
前走時も坂路で好時計が出ていたが、当時は走りやすそうな馬場で時計ほど伸びている感じはなかった。この中間は、乗り込み量も多く、1週前追い切りではジョッキー騎乗で終いの伸びも良好。変わり身が期待できそう。

シャドウディーヴァ(府中牝馬S:7着、486kg(±0kg)中5週)<D>
前走時の追い切りでは、重心が高く首も上がっている感じだった。この中間も、乗り込み少なく坂路での時計も平凡と評価しづらい。

トラストケンシン(オクトーバーS:11着、468kg(+4kg)中5週)<D>
この中間乗り込み量は多いが、併走遅れ、坂路での時計も平凡と大きな変わり身なし。

リッジマン(桂樹杯:7着、475kg(+7kg)中10週)<E>
JRA所属時は重賞勝ちもあったが、前走盛岡の芝でのレースで凡走と昔の勢いはない。


<外国招待馬>

オネスト(凱旋門賞:10着、中7週)<B>
終いの脚を活かす馬だが切れるという馬でもなく、スローの切れ脚勝負になると厳しそう。ただ、ルメール騎手が騎乗予定で日本の馬場、レースにあった乗り方をしてくる可能性もあり注意は必要。

グランドグローリー(凱旋門賞:5着、中7週)<C>
昨年好走してその後も好成績の1年だったが、日本のレースでは昨年以上は期待できそうもない。

シムカミル(ニエル賞:1着、中10週)<C>
ニエル賞ではドウデュースに先着も、フラつく場面もあり東京の馬場ではもっと甘くなりそう。

テュネス(バイエルン大賞:1着、中2週)<A>
デビュー戦で敗れているが、2戦目から5連勝。今年3戦は長距離のレースを使い、6馬身、8馬身、10馬身とタフな馬場を重い斤量を背負って先行しての圧勝続き。ヨーロッパでももっともタフな馬が多いドイツの馬で、日本馬に一番足りないものを持っており能力はかなり高そう。来年のヨーロッパでは、大きなレースをいくつか勝つ馬になっているか。今回のジャパンカップに関しては、馬場が向くかどうかに焦点が集まっているが、これだけ圧勝できる馬なので未知の魅力のほうが勝るとの印象。


<出走回避馬>
ブルーム、マジカルラグーン、ウインマリリンウインマイティーゴールドスミス


※今回このコラムでの中間の状態からの推奨馬は、ダノンベルーガ、テュネス、ヴェラアズールの3頭をあげておきます。


◇今回は、ジャパンカップ編でした。
ジャパンカップ過去10年の連対馬は関西馬15頭に関東馬5頭。それらの馬の調教内容を見てみると、連対した5頭の関東馬はカレンブーケドールの1週前追い切りが坂路だった以外、すべて南Wでの追い切りでした。その南Wでの追い切りも、1回目にアーモンドアイが勝った時の最終追い切りが終い仕掛けられていたのみで、あとは1週前、最終追い切りいずれも馬なりという調整過程。関東馬に関しては、休み明け2戦目で中間に南Wで追われ、そこで馬なりで好時計をマークというのが理想的な調教パターンと言えそうです。
そして、連対馬の多くを占める関西馬に関しては、坂路、CWが半分くらいずつではあるものの、勝利した8頭だけに絞ると坂路での追い切り6頭、CWでの追い切り2頭と、坂路調教馬の活躍が目立っています。ただ、坂路での追い切りも一杯に追われた馬はなく、馬なりもしくは終い仕掛けられて伸ばす内容となっています。関西馬に関しては、天皇賞(秋)同様に輸送を控えているため1週前までに仕上げておき、直前は馬なりもしくは軽く終いを伸ばす程度の調整というのが理想的なようです。
最後に近年不振が続く外国招待馬に関しては、シンプルに日本で追い切られている本数が多いか強めに追われて好時計をマークしている馬が好走しています。東京競馬場に検疫用の厩舎ができたことで、今年から来日後に東京での調整が可能に。追い切りの本数が多く好時計の出ている馬に関しては、注意が必要かもしれません。


※ジャパンC出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2022年11月20日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2022年11月20日号】特選重賞データ分析編(333)~2022年ジャパンカップ
閲覧 1,704ビュー コメント 0 ナイス 5



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 ジャパンカップ 2022年11月27日(日) 東京芝2400m


<ピックアップデータ>

【“前年以降、かつ東京、かつG1のレース”において3着以内となった経験の有無別成績(2017年以降)】
○あり [5-4-5-10](3着内率58.3%)
×なし [0-1-0-54](3着内率1.8%)

 コース適性が最大のポイント。2017年以降の3着以内馬15頭中14頭は、前年以降に東京のG1で3着以内となった経験がある馬でした。今年はこの条件をクリアしている馬が極端に少ないため、ある程度は柔軟に評価したいところ。それでも、中山・阪神のレースやローカル場のレースがベストと思しき馬は疑ってかかるべきでしょう。

主な「○」該当馬→シャフリヤールユーバーレーベン
主な「×」該当馬→ヴェラアズールデアリングタクトハーツイストワールボッケリーニ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【向かい風データ】

×「“同年4月以降、かつJRA、かつ出走頭数が12頭以上、かつG1・G2のレース”において3着以内となった経験がない」馬は2017年以降[0-0-1-44](3着内率2.2%)
主な該当馬→シャフリヤールユーバーレーベン

[もっと見る]

2022年10月14日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】G1を超えるG2も今は昔/秋華賞展望
閲覧 1,985ビュー コメント 0 ナイス 3


3日間開催では東西で毎日王冠京都大賞典のG2が行われた。

この2レースはかつて「G1を超えるG2」と言われて盛り上がったこともあったものだが、近年はやや存在感が希薄になっている。それは直行ローテの馬が増えたためで、一流馬は天皇賞(秋)が使い始めの一戦、そこからジャパンカップ有馬記念、あるいは香港へ、というのが主流になっている。

もちろん直行が増えた理由はひとつではない。仕上げ技術の向上により以前のようにトライアルを使うことが一般的でなくなったのもあるし、G1の賞金が高額になり、そこで勝ち負けできる馬はG2に出走するメリットがあまりなくなった…ということもあるだろう。

参考までに、例えばテイエムオペラオーが走っていた2000年と比較すると、秋G1の賞金は以下のように変化している。

天皇賞(秋)ジャパンカップ有馬記念の賞金推移(2000年→2022年)

天皇賞(秋)  1億3200万円 →2億円
ジャパンカップ 2億5000万円 →4億円
有馬記念    1億8000万円 →4億円

ご覧の通り軒並み賞金は上がっており、とりわけ有馬記念などは倍以上になっている。その間、G2の賞金はほとんど変わっていないのだから、当然有力馬はこれまで以上にG1重視のローテを組む方が合理的だ。

…いきなりお金の話を始めてどうしたのかと思われるかもしれないが、そういう視点で先週のG2を見直すと、やはり「G1を超えるG2」というような認識を改めなくてはならないように思う。

サリオスが勝った毎日王冠は確かに豪華メンバーではあったが、それでは秋G1で即通用するかというと実は相手関係からも怪しい面がある、それは京都大賞典上位組に関しても同様だ。

参考までに過去5年の両レースの勝ち馬を並べてみる。

毎日王冠過去の過去5年の勝ち馬

2017年 リアルスティール 
2018年 アエロリット
2019年 ダノンキングリー
2020年 サリオス
2021年 シュネルマイスター

京都大賞典の過去5年の勝ち馬

2017年 スマートレイアー 
2018年 サトノダイヤモンド
2019年 ドレッドノータス
2020年 グローリーヴェイズ
2021年 マカヒキ

上記の馬たちがその後の秋G1でどうだったのかというと…実は国内G1で馬券圏内に好走したのは昨年のシュネルマイスター(マイルCS2着)のみ。むしろ負けた組の中からシュヴァルグランインディチャンプキセキなど、秋G1での好走馬が出ている。

つまり、これらのレースで好走しているようでは、秋G1に余力を残せないか、あるいは毎日王冠の場合1800mに適性を見せすぎている。むしろ、何らかの理由で負けているくらいの馬の方が、まだ今後巻き返しの期待をできるということになる。

今年は毎日王冠から、3着のダノンザキッド、6着のポタジェ京都大賞典からはボッケリーニあたりを巻き返し候補として覚えておきたい。いずれにしても、かつてほどレベルの高いレースではなくなっており、だからこそジャスティンカフェヴェラアズールのような上がり馬を狙う…というのが両レースのトレンドなのかもしれない。この傾向は来年まで覚えておきたい。

秋華賞展望

では、いつも通り最後は週末の注目馬で締めたい。今週末は3歳牝馬の3冠レース最終戦、秋華賞が行われる。注目馬はコチラ。

アートハウス川田将雅騎手)

前哨戦のローズSは好位から抜け出し完勝。春のオークスは不発に終わっただけに改めてのG1挑戦となるが、今回のポイントはなんといっても、

「阪神芝2000mの川田」

は買い。川田騎手は阪神芝2000mの鬼で、2020年以降を見ても、川田騎手×阪神芝2000mは複勝率7割超、ほとんどが人気馬騎乗ながら複勝回収値も100円超。
アートハウスはスタートを決めて器用に立ち回れるので、人馬ともに期待大。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2020年6月12日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2020年06月12日
閲覧 2,799ビュー コメント 0 ナイス 6

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2020年6月13日()の凄馬!>
超凄馬
東京7R 3歳未勝利
レッドラルジュ(+3.6)

超凄馬
函館1R 3歳未勝利
メイショウミモザ(+3.1)

超凄馬
阪神8R 3歳以上500万以下
キングリスティア(+3.1)

超凄馬
阪神3R 3歳未勝利
ヴェラアズール(+2.7)

超凄馬
函館10R 駒ケ岳特別
ディーグランデ(+2.0)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率69%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2020年6月14日、集計数:38,466レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は、ウマニティ会員登録(無料) することで受信できます。
凄馬メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<凄馬メール受信設定の仕方>
こちら から、ウマニティ会員登録を行ってください。
仮登録メール受信→確認リンク押下→登録完了メール受信、の手順で会員登録は完了です。
②ウマニティにログインし、各種メール設定 より、凄馬メール受信をオンに設定する。

日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

[もっと見る]

2020年4月10日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2020年04月10日
閲覧 1,947ビュー コメント 0 ナイス 2

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2020年4月11日()の凄馬!>
極凄馬
中山3R 3歳未勝利
ダイシンウィット(+6.0)

超凄馬
中山2R 3歳未勝利
プントファイヤー(+3.8)

超凄馬
福島2R 3歳未勝利
スターオブフォース(+3.7)

超凄馬
阪神7R 4歳以上500万以下
グランデストラーダ(+3.5)

超凄馬
中山1R 3歳未勝利
ショウナンバービー(+3.2)

超凄馬
福島5R 障害4歳以上オープン
アサクサゲンキ(+3.1)

超凄馬
福島10R ひめさゆり賞
レザネフォール(+2.7)

超凄馬
阪神2R 3歳未勝利
ヴェラアズール(+2.4)

超凄馬
中山6R 3歳500万以下
ヴァンタブラック(+2.1)

超凄馬
中山11R ニュージーランドT G2
シーズンズギフト(+2.1)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率69%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2020年4月12日、集計数:37,874レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は、ウマニティ会員登録(無料) することで受信できます。
凄馬メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<凄馬メール受信設定の仕方>
こちら から、ウマニティ会員登録を行ってください。
仮登録メール受信→確認リンク押下→登録完了メール受信、の手順で会員登録は完了です。
②ウマニティにログインし、各種メール設定 より、凄馬メール受信をオンに設定する。

日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

[もっと見る]

ヴェラアズールの口コミ


口コミ一覧
閲覧 665ビュー コメント 0 ナイス 18

外人騎手で盛り上がっていますが
ダートの場合は、日本人にもチャンスがある
気がするのは私だけではないはず🌻♪

天皇賞・秋
イクイノックス 1人気
【ルメール】

エリザベス女王杯
ジェラルディーナ 4人気
【Cデムーロ】

マイルCS
セリフォス 6人気
【レーン】

ジャパンカップ
ヴェラアズール 3人気
【ムーア】

チャンピオンズカップ
?????

どうなると思いますか?


ムーアかな💦

 競馬戦略研究所所長 2022年12月2日(金) 07:27
重症回顧 ジャパンカップ
閲覧 46ビュー コメント 0 ナイス 2

2022年11月27日 東京 12R ジャパンカップ(G1)

◎:3枠 6番 ヴェラアズール

◯:7枠 14番 ダノンベルーガ
△:1枠 1番 シムカミル
△:3枠 5番 グランドグローリー
△:4枠 8番 デアリングタクト
-----------------------------------
馬券  :単勝 450円 的中
購入金額:3,000円
馬/組番:◎
◎ (6)
3,000円
-----------------------------------
馬券  :単勝
購入金額:3,000円
馬/組番:◯
◯ (14)
3,000円
-----------------------------------
馬券  :馬単
買い方 :1着ながし(マルチ)
購入金額:8,000円
1着:◎(6)
相手:◯, △(14, 1, 5, 8)
各1,000円(合計 8,000円)
-----------------------------------
馬券  :3連単
買い方 :ボックス
購入金額:6,000円
馬/組番:60組
◎, ◯, △(6, 14, 1, 5, 8)
各100円(合計 6,000円)



終わってみれば1番人気から5番人気が掲示板という順当な結果に終わりました。その中で勝ったのは所長◎のヴェラアズール。思ったよりもペースが上がらず、直線中程を過ぎても団子状態。この中でも進路を求めてインを選択したムーア騎手の作戦が成功。最後はしっかり4分の3馬身抜け出しました。芝に変更後6戦目でのG1制覇。今後も期待大です。

 2着には一旦勝ったかに見えたシャフリヤールダノンベルーガに致命的なふりを被らせてCデムーロ騎手は騎乗停止となりましたが、人馬とも頑張ったと思います。

 3着は最内をついて伸びてきたヴェルトライゼンデ。レーン騎手は府中で乗ると威力倍増。来週からは中山となりますが、高額レースで騎乗する馬は全て注意したいです。馬も2000M前後がベストのようで、G1をいつでも取れる馬に成長しました。

[もっと見る]

 競馬が大好き(複勝男 2022年12月2日(金) 00:41
チャレンジカップ
閲覧 86ビュー コメント 0 ナイス 5

チャレンジカップ

12月3日 土 阪神競馬場 右回り Bコース
芝2000M GⅢ 3歳以上 

過去5年
サンデーサイレンス系     4-2-2  5頭
ミスタープロスペクター系   1-2-1  5頭
ノーザンダンサー系      0-1-2  3頭
ナスルーラ系         0-0-0  1頭 計14頭

このレースの傾向として(競馬ブック参考)10年分で(距離が変わってますが)
〇 芝1800M以上1勝以上
〇 阪神芝で勝利あり
〇 前走菊花賞
〇 中3~8週が成績が優秀
〇 3歳
〇 前走OP以上からは既に重賞馬券内あるか重賞1回だけ経験か

出走馬の個人的な評価

ソーヴァリアント 競馬ブック印◎○▲◬合計ポイント 24ポイント
(去年勝っているし力的1つ上と思っているが、故障が多いし前走は心房細動だったし、上手くはいっていない馬。ルメール騎手はこの馬で去年勝っているので、まぁ馬に問題なければ今回楽勝もあるので。)

サンレイポケット 17.5ポイント
(今年は結局連対できていないので、去年よりは衰えが少しあるのかも。右回りだといい脚は使ってくるけど成績は落ちているのも気掛かり。差しが効く馬場と展開で上手くいけばチャンスはある馬。)

ヒンドゥタイムズ 12ポイント
(前走京都大賞典4着で見せ場はあったので勝ち馬はヴェラアズールということでこの馬もまだまだ見限れない馬の1頭。今回は武豊騎手になるし距離短縮でも個人的に期待はしている。出来落ちがなければ。)

ルビーカサブランカ 5.5ポイント
(牡馬相手になるが叩き2走目でもなるし、出来が上がっていれば今の馬場も合うと思うので、1発は期待していいが、差し馬なので展開が向くかどうかですね。)

エヒト 4.5ポイント
(前走は新潟コースで参考外でその前の七夕賞の内容がいいのでそれぐらいの競馬が出来れば、ソーヴァリアントに対抗できそうと思っている。あとは休み明けなので状態がカギと56kgなので七夕賞は54kg。)

ビーアストニッシド 4.5ポイント
(データ的には狙いたいけど秋2戦は1秒以上負けているので魅力さほどないと思う。個人的には距離短縮で単騎逃げが出来れば十分チャンスは出てくるかなと思っているが。)

ブラヴァス 3.5ポイント
(OP4着続きで今回重賞で相手強化できついけど、休養前よりは立ち直ってきているので今回はムーア騎手なので1発期待はされていると思う。)

エアファンディタ 3ポイント
(前走のOP4着で33.2の脚を使ったのでここでも差し脚は通用しそうと思っている。距離延長はマイナスとは思えないけど、コーナー4つで不安はあると思う。)

レッドベルオーブ 2.5ポイント
(今回距離延長になるので前走の逃げではスタミナが心配となるけど、コーナー4つで上手く息を入れることが出来ればチャンスは前回の毎日王冠より上がるはず。)

二ホンピロスクーロ 0ポイント
(昇級初戦ですが一気に上がって来た馬でもないので、相手強化で辛いと思っている。逃げたいですが同型がいるのでちょっと厳しいかもしれないですね。)

メイショウテンゲン 0ポイント
(長期休養明けで楽ではないかなと思っているので、)

ディアマンミノル 0ポイント
(状態は良さそうなので穴馬候補ではあるかなと思うんですが、距離短縮してGⅢになるので阪神も勝利しているから不気味なんですが人気はないですね。2000Mでは分が悪いという評価になってますね。)

パトリック 0ポイント
(前走は後ろからいきすぎたかもしれないので自分の位置取りでレースが出来ればいいんですが、相手も強いし楽ではなさそう。阪神コースは久しぶりで変わり身があるかも。)

タイセイモンストル 0ポイント
(ここ2戦は2600Mなので今回の距離短縮なら力が通用してもいいかもしれませんね。良馬場の2000Mでこの相手レベルでは未知数なので。)

[もっと見る]

⇒もっと見る

ヴェラアズールの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ヴェラアズールの写真

ヴェラアズールの厩舎情報 VIP

2022年11月27日ジャパンカップ G11着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ヴェラアズールの取材メモ VIP

2022年11月27日 ジャパンカップ G1 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。