ライラック(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
ライラック
ライラック
ライラック
ライラック
ライラック
ライラック
写真一覧
現役 牝3 鹿毛 2019年4月28日生
調教師相沢郁(美浦)
馬主芹澤 精一
生産者杵臼牧場
生産地浦河町
戦績 5戦[2-0-0-3]
総賞金4,457万円
収得賞金2,250万円
英字表記Lilac
血統 オルフェーヴル
血統 ][ 産駒 ]
ステイゴールド
オリエンタルアート
ヴィーヴァブーケ
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
ブルーリッジリバー
兄弟 ブラックホールミラクルブラッド
市場価格
前走 2022/05/22 優駿牝馬 G1
次走予定

ライラックの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
22/05/22 東京 11 優駿牝馬 G1 芝2400 1861242.41211** 牝3 55.0 横山和生相沢郁 426
(0)
2.25.4 1.534.5⑮⑮⑮⑮スターズオンアース
22/04/10 阪神 11 桜花賞 G1 芝1600 1851022.41016** 牝3 55.0 福永祐一相沢郁 426
(+6)
1.34.0 1.134.1⑯⑰スターズオンアース
22/01/10 中山 11 フェアリーS G3 芝1600 16487.151** 牝3 54.0 M.デムー相沢郁 420
(-4)
1.35.2 -0.134.7⑯⑨⑩スターズオンアース
21/11/27 阪神 11 京都2歳S G3 芝2000 10666.048** 牝2 54.0 M.デムー相沢郁 424
(-10)
2.04.5 1.236.5⑤⑤⑤ジャスティンロック
21/10/16 東京 5 2歳新馬 芝1800 18482.711** 牝2 54.0 M.デムー相沢郁 434
(--)
1.50.1 -0.233.9④⑤エピファニー

ライラックの関連ニュース

◆高倉騎手(ピンハイ4着)「どこかで内にもぐりこめればと思っていたのですが、一番いいポジションで運べました。折り合いが抜群で、収穫が多いレースでした」

◆戸崎騎手(プレサージュリフト5着)「二の脚がついたので、スムーズにいい位置が取れました。最後はジリジリとした伸びだったので、距離もあるのかもしれませんが、最後まで頑張ってくれました」

◆池添騎手(ルージュエヴァイユ6着)「勝負どころで仕掛けたときの反応がいまひとつで、トモ(後肢)もバラバラでした。それでも最後は来ているように、いいものは持っています」

◆川田騎手(アートハウス7着)「調教の段階からバランスの難しさを露呈していましたが、その通りの競馬だったと思います。きょうできる精一杯の走りをしてくれたと思います」

◆三浦騎手(ニシノラブウインク8着)「直線で一度、スッと後ろを離すところを見せてくれたし、強い相手とこの距離でよく頑張ってくれました」

◆福永騎手(エリカヴィータ9着)「外からプレッシャーをかけられる位置になり、直線では余力がありませんでした。先々は間違いなくGⅠを勝てるレベルになると思います」

◆吉田隼騎手(ベルクレスタ10着)「リズムは良かったのですが…。距離的なものがあるのか、勝負どころで勝ち馬に離されてしまいました。まだこれからの馬です」

◆横山和騎手(ライラック11着)「落ち着きがあって雰囲気も良かったが、あれだけゲートで待たされては厳しかったですね。現状の走りだと距離も長かったかもしれません」

武豊騎手(ウォーターナビレラ13着)「ゲートでかなり待たされて突進してしまいました。桜花賞のデキが良すぎたので、結果的にはその反動もあったかもしれません」

◆松岡騎手(シーグラス14着)「タフなレースになりましたし、もう少し体力がついてほしいですね。これから良くなると思います」

◆野中騎手(ラブパイロー15着)「できれば(ハナに)行きたかったが、いいところにはつけられました。現状の競馬はできたと思います」

吉田豊騎手(パーソナルハイ16着)「いい位置で運ぶことができました。いいリズムで走りながらも勝負どころで反応できなかったので、距離が少し長かったかもしれません」

【回収率予報ニュース! 2022/5/22(日)版】オークス、韋駄天Sほか 2022年5月22日() 09:27



皆さん、こんにちは。ウマニティ編集部です。本日は【回収率予報ニュース!2022/5/22(日)版】をお届けします。

登場してもらうのは、本年プロ予想家デビューし活躍中の回収率予報官プロ。その名の通り、回収率を予測(予報)するという予想スタイルの中枢を担う「予測回収率」にまつわる「危険馬」「穴馬」の紹介を当欄では行っていただきます。


≪2022/5/22(日) 買ってはいけないオークス、韋駄天Sほか≫

「買ってはいけない」とは・・・予測回収率が低く、文字通り馬券購入の際には避けることをおすすめする馬。
なお、予測回収率が高い馬は「プロ予想MAX」提供予想の「一言コメント」および「コメント」欄に記載しています。

メインレースの予測回収率が低い馬です。
馬券購入の際には避けることをおすすめします。

■新潟11R 芝1000m 4歳上オープン 15:20 韋駄天ステークス
 ② 60% 53.1倍(14) イーサンパンサー
 ⑦ 50% 119.5倍(16) トウショウピスト
 ⑧ 60% 43.6倍(11) アンコールプリュ
 ⑨ 50% 53.3倍(15) ファンタジステラ
 ⑩ 50% 46.5倍(13) ダイメイフジ
 ⑪ 60% 19.3倍(7) ビリーバー

■中京11R ダート1400m 4歳上3勝クラス 15:30 大垣ステークス
 ⑨ 50% 24.7倍(13) アメリカンファクト
 ⑮ 60% 44.9倍(15) フォルツァエフ
 ⑯ 50% 43.5倍(14) ドラグーンシチー

■東京11R 芝2400m 3歳オープン 15:40 G1オークス
 ⑦ 60% 115.5倍(17) ホウオウバニラ
 ⑩ 60% 126.3倍(18) ラブパイロー
 ⑫ 50% 35.7倍(13) ライラック
 ⑭ 50% 88.5倍(16) シーグラス
 ⑮ 60% 29.5倍(11) ピンハイ

・買ってはいけない 各レースの人気馬

各レースの出走馬で、単勝オッズ6.0以下かつ予測回収率60%以下の一覧です。

中京02R ⑫ 60% 3.7倍(1) レディベル
新潟03R ② 60% 3.1倍(1) ベニッシモ
東京05R ② 60% 4.6倍(2) ヴァンダービルト
中京06R ③ 60% 5.6倍(3) キュートヴィラン
新潟12R ⑯ 50% 5.8倍(1) トーカイキング

※表は左から、レース、馬番、予測回収率、単勝オッズ、人気順、馬名です。
※オッズはデータ作成の前日夜時点のものです。
※オッズや人気順が変わっても予測回収率は変わりません。
※回収率予報の説明や使い方はこちら
 https://note.com/hrrf


≪2022/5/22(日) 単勝万馬券を狙え≫

「単勝万馬券を狙え」では、予測回収率90%以上の中で最もオッズの高い馬をご紹介いたします。単勝以外の券種でも、この馬を絡めるとオトクですよ。

東京02R ⑭ 90% 126.1倍(14) ナックメジャー

※左から、レース、馬番、予測回収率、単勝オッズ、人気順、馬名です。
※オッズはデータ作成時点のものです。
※オッズや人気順が変わっても予測回収率は変わりません。
※回収率予報の説明や使い方はこちら
 https://note.com/hrrf

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】オークス2022 大久保先生、ナイツ・土屋さんほか多数!競馬大好き芸能人・著名人がガチ予想! 2022年5月22日() 05:30

※当欄ではオークスについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑥サークルオブライフ
○⑱スターズオンアース
▲⑪ベルクレスタ
△①ウォーターナビレラ
△③アートハウス
△⑬パーソナルハイ

【土屋伸之(ナイツ)】
◎④ルージュエヴァイユ
馬連流し
④-②③⑥⑧⑨⑪⑬⑭⑯⑱

【徳光和夫】
3連複ボックス
ルージュエヴァイユ
サークルオブライフ
ナミュール
パーソナルハイ
ピンハイ
スターズオンアース
ワイド流し
⑥-④⑤⑨⑪⑭⑯⑰⑱





【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎⑮ピンハイ
複勝


【キャプテン渡辺】
◎⑬パーソナルハイ
単勝

馬連流し・ワイド流し
⑬-⑥⑱
3連単フォーメーション
⑥→⑬→①④⑤⑨⑱
⑬→⑥⑱→⑥⑱
3連単
⑥→⑱→⑬

【DAIGO】
◎⑱スターズオンアース
ワイド
⑥-⑱
③-⑱
⑬-⑱

【粗品(霜降り明星)】
◎⑧ナミュール
3連単フォーメーション
⑧→①③④⑥⑨⑪⑭⑯⑱→①③④⑥⑨⑪⑬⑭⑮⑯⑱





【林修】
注目馬
サークルオブライフ

【ゴルゴ松本(TIM)】
◎⑥サークルオブライフ
ワイド
⑥-⑨
⑥-⑱
⑥-⑩
⑥-⑬
⑤-⑥
⑥-⑰
ワイドボックス
サウンドビバーチェ
エリカヴィータ
ラブパイロー
パーソナルハイ
ニシノラブウインク
スターズオンアース

【レッド吉田(TIM)】
◎⑧ナミュール
3連複2頭軸流し
⑧-⑥-①②③⑨⑪⑫⑬⑭⑮⑯⑱

【長岡一也】
◎⑥サークルオブライフ
○③アートハウス
▲⑧ナミュール
△①ウォーターナビレラ
△②スタニングローズ
△⑨エリカヴィータ
△⑱スターズオンアース

【杉本清】
◎⑥サークルオブライフ
○⑱スターズオンアース
▲①ウォーターナビレラ
☆⑨エリカヴィータ
△②スタニングローズ
△③アートハウス
△⑧ナミュール

【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑮ピンハイ
○⑥サークルオブライフ
▲⑬パーソナルハイ
△③アートハウス
△⑱スターズオンアース
△⑨エリカヴィータ
△④ルージュエヴァイユ
3連単1頭軸流しマルチ
⑮→③④⑥⑨⑬⑱





【田中将大(東北楽天ゴールデンイーグルス)】
◎⑥サークルオブライフ

【増沢末夫(元JRA調教師)】
◎⑱スターズオンアース

【中村均(元JRA調教師)】
◎③アートハウス
○⑱スターズオンアース
▲⑥サークルオブライフ
☆②スタニングローズ
△①ウォーターナビレラ
△⑨エリカヴィータ
△⑬パーソナルハイ
△⑮ピンハイ

【小原伊佐美(元JRA調教師)】
◎③アートハウス

【田原成貴(元JRA調教師)】
◎⑧ナミュール
○⑥サークルオブライフ
▲③アートハウス
△⑯プレサージュリフト
△⑱スターズオンアース
△⑨エリカヴィータ
△⑬パーソナルハイ

【細江純子(元JRA騎手)】
注目馬
ウォーターナビレラ
サークルオブライフ
スターズオンアース

【佐藤哲三(元JRA騎手)】
◎⑪ベルクレスタ

【谷中公一(元JRA調教助手)】
◎⑧ナミュール

【東信二(元JRA騎手)】
◎⑥サークルオブライフ

【吉沢宗一(元JRA騎手)】
◎③アートハウス





【橋本マナミ】
◎⑱スターズオンアース
○⑥サークルオブライフ
▲⑨エリカヴィータ
☆③アートハウス
△①ウォーターナビレラ
△②スタニングローズ
△⑧ナミュール
△⑫ライラック

【酒井一圭(純烈)】
◎③アートハウス
3連複ボックス
アートハウス
サークルオブライフ
ナミュール
パーソナルハイ
ニシノラブウインク
スターズオンアース

【横山ルリカ】
◎⑥サークルオブライフ

【黒澤ゆりか】
◎⑥サークルオブライフ
○⑱スターズオンアース
▲⑨エリカヴィータ
△①ウォーターナビレラ
△⑪ベルクレスタ

【神部美咲】
◎⑧ナミュール
馬連ボックス
スタニングローズ
サークルオブライフ
ナミュール
エリカヴィータ
パーソナルハイ

【旭堂南鷹】
◎②スタニングローズ
○⑥サークルオブライフ
▲③アートハウス
△⑫ライラック
△④ルージュエヴァイユ

【稲富菜穂】
◎①ウォーターナビレラ
○⑱スターズオンアース
▲⑨エリカヴィータ
△⑧ナミュール
△⑥サークルオブライフ
△②スタニングローズ
△⑮ピンハイ

【やべきょうすけ】
◎①ウォーターナビレラ
○⑱スターズオンアース
▲⑥サークルオブライフ
△③アートハウス
△⑧ナミュール
△⑨エリカヴィータ
△⑪ベルクレスタ

【小木茂光】
◎①ウォーターナビレラ
3連単フォーメーション
①②⑯→①②③④⑤⑥⑧⑨⑪⑯⑱→①②⑯

【津田麻莉奈】
◎⑥サークルオブライフ

【駒場孝(ミルクボーイ)】
◎⑪ベルクレスタ

【内海崇(ミルクボーイ)】
◎④ルージュエヴァイユ

【安田和博(デンジャラス)】
◎①ウォーターナビレラ
○⑨エリカヴィータ
▲⑱スターズオンアース
△③アートハウス
△⑥サークルオブライフ
△⑧ナミュール
△⑯プレサージュリフト

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎⑯プレサージュリフト
○⑨エリカヴィータ
▲⑫ライラック
☆⑥サークルオブライフ
△⑧ナミュール
△⑬パーソナルハイ
△⑱スターズオンアース

【土井よしお(ワンダラーズ)】
◎⑱スターズオンアース
○⑨エリカヴィータ
▲⑥サークルオブライフ
△③アートハウス
△⑪ベルクレスタ
△⑮ピンハイ
△⑯プレサージュリフト

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎⑪ベルクレスタ
馬単流し
⑪→②③④⑥⑧⑨⑯⑱
3連単フォーメーション
②③⑥⑧⑨⑯→⑪→①②③④⑥⑧⑨⑬⑯⑱
②③⑥⑧⑨⑯→①②③④⑥⑧⑨⑬⑯⑱→⑪

【ギャロップ林】
◎⑪ベルクレスタ
単勝

3連複フォーメーション
⑪-③⑥⑧⑯-②③④⑥⑧⑨⑮⑯⑱

【恋さん(シャンプーハット)】
◎⑪ベルクレスタ
3連単2頭軸流しマルチ
⑪→③→①②⑥⑧⑨⑯⑰⑱

【てつじ(シャンプーハット)】
◎⑬パーソナルハイ
3連単2頭軸流しマルチ
⑬→⑥→①③④⑧⑨⑪⑯⑱

【浅越ゴエ】
◎⑪ベルクレスタ
ワイド流し
⑪-④⑥⑨
3連単1頭軸流しマルチ
⑪→④⑥⑧⑨⑱

【月亭八光】
◎⑱スターズオンアース
3連単フォーメーション
⑱→①②③⑥⑧⑨⑯→①②③④⑥⑦⑧⑨⑬⑭⑮⑯
⑦⑧⑪→⑱→①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯⑰
3連複
②-③-⑧
①-③-⑨
⑦-⑧-⑪

【岩部彰(ミサイルマン)】
◎⑨エリカヴィータ
3連単2頭軸流しマルチ
⑨→⑥→③④⑧⑪⑯⑱
⑨→⑥→①②⑤⑦⑩⑫⑬⑭⑮⑰
3連単ボックス
①⑨③
③⑤⑩

【西代洋(ミサイルマン)】
◎⑪ベルクレスタ
3連単2頭軸流しマルチ
⑪→③→①②④⑥⑧⑨⑬⑯⑱

【下田真生(コウテイ)】
◎①ウォーターナビレラ
3連単フォーメーション
③⑧⑨⑱→①→⑮⑯
3連単
⑥→①→⑯

【九条ジョー(コウテイ)】
◎③アートハウス
複勝


【岡野陽一】
◎⑧ナミュール
○③アートハウス
▲④ルージュエヴァイユ
△⑥サークルオブライフ
△⑨エリカヴィータ
△⑯プレサージュリフト
△⑱スターズオンアース

【船山陽司】
◎⑪ベルクレスタ

【篠原梨菜】
◎⑱スターズオンアース

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑥サークルオブライフ

【大島麻衣】
◎⑱スターズオンアース

【熊崎晴香(SKE48)】
◎⑱スターズオンアース
○③アートハウス
▲⑧ナミュール
△⑥サークルオブライフ
△⑪ベルクレスタ
△⑰ニシノラブウインク
△⑯プレサージュリフト

【高見奈央】
◎⑨エリカヴィータ
○⑱スターズオンアース
▲⑧ナミュール
△⑥サークルオブライフ
△⑮ピンハイ

【皆藤愛子】
◎③アートハウス

【高田秋】
◎③アートハウス

【原奈津子】
◎④ルージュエヴァイユ
○③アートハウス
▲⑱スターズオンアース

【神谷由香】
◎⑱スターズオンアース
○⑥サークルオブライフ
▲①ウォーターナビレラ
△⑧ナミュール
☆③アートハウス

【ほのか】
◎①ウォーターナビレラ
○⑧ナミュール
▲⑮ピンハイ
☆⑯プレサージュリフト
△②スタニングローズ
△⑫ライラック

【熊切あさ美】
馬連ボックス
ウォーターナビレラ
アートハウス
サークルオブライフ
プレサージュリフト
スターズオンアース

【守永真彩】
◎⑧ナミュール
3連複フォーメーション
⑧-④⑥-①③④⑥⑨⑪⑬⑮⑯⑱

【天童なこ】
◎⑨エリカヴィータ
○④ルージュエヴァイユ
▲⑥サークルオブライフ
☆⑧ナミュール
△③アートハウス
△⑱スターズオンアース
△①ウォーターナビレラ
△②スタニングローズ
△⑪ベルクレスタ
△⑯プレサージュリフト





ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【オークス】ZBAT!イチ推し 2022年5月22日() 04:50

⑥サークルオブライフ

桜花賞4着の雪辱を樫の舞台で果たしたい!! 阪神JFの勝ち馬は、美浦南の角馬場で僚馬エリカヴィータなどと一緒に準備運動をしてから坂路1本(4ハロン66秒9-16秒0)を気持ちよく駆け上がった。テンションが上がることもなく、どっしりと構えて雰囲気は最高潮に達している。

最終調整を見届けた国枝調教師は、「落ち着きがあっていい感じだし、全然問題はないね。普段と変わらないのがいいんじゃないかな。もともと完成度の高い馬だけど、精神的にも肉体的にもタフだからね。2400メートルの距離も大丈夫だと思います」と悔いのない仕上げに自信をのぞかせる。アパパネアーモンドアイに次ぐ、3度目のオークス制覇に向けて視界良好だ。

④ルージュエヴァイユ

美浦北C(ダート)コースでキャンターを1周。リラックスした走りで順調さをアピールした。「落ち着きがあって、バランス良く動けていましたね。まだ先がある馬ですが、だいぶ力はつけてきましたし、前走以上の走りを期待しています」と酒井助手は決戦を楽しみに待つ。

⑥ナミュール

桜花賞10着からの失地回復を期し、午後3時27分に東京競馬場に到着した。「両脚を上げて発進するので、どうしてもスタートがワンタイミング遅くなりますが、東京なら少しくらい遅れても大丈夫でしょう。(桜花賞とは)馬体に込められたエネルギー値が違います」と高野調教師。

⑨エリカヴィータ

美浦坂路を4ハロン69秒8-16秒5でサーッと駆け上がって息を整えた。前走から中3週になるが、気配を見る限りは反動よりも上積みの方が大きい。「(金曜に)ゲートの確認も行ったので大丈夫だと思う。準備はできたかなという感じですね」と国枝調教師は上位進出をもくろむ。

⑪ベルクレスタ

桜花賞7着からの巻き返しを狙うドゥラメンテ産駒は、午後3時29分に東京競馬場入り。半姉アドマイヤリード同様、東京でGⅠ制覇を狙う。「前走は直線でスムーズさを欠く場面がありましたからね。もったいなかった。すんなり運んで展開が向いてくれれば」と野本厩務員。

⑫ライラック

フェアリーSの覇者は美浦坂路でゆったりとしたキャンターで1本(4ハロン70秒1-18秒1)駆け上がった。420キロ台と小ぶりながらも力強さが伝わってくる走りだった。「普段通りに変わりなく来ている。持っているポテンシャルを全部出し切ってくれれば…」と三尾助手。

⑬パーソナルハイ

ただ一頭のディープインパクト産駒は、午後3時46分に決戦の地に到着した。サンスポ賞フローラS2着からの戴冠を目指す。「ハナに行ったときの方が結果が出ていますからね。中間も(ゲートの)駐立は練習して準備はしています。距離は延びても問題ないと思う」と福岡助手。

⑯プレサージュリフト

クイーンCの勝ち馬は美浦南Wコースを1周(4ハロン72秒1―16秒2)。なめらかなフットワークで駆け抜けて体調面に不安はない。「中間は大きなフットワークで走り出せるように心がけてきました。距離は3歳のこの時期の競馬であれば、こなしてほしいところです」と太田助手。

⑱スターズオンアース

桜花賞馬は美浦南の角馬場からダートコースに移動して軽めのキャンターを1周。どっしりと落ち着きがあって雰囲気は文句なしだ。「体調を整える程度でしたが、体をしっかりと使っていい感じ。馬が自信を持っているようで気持ちにゆとりがあるのはいいですね」と佐藤助手。

[もっと見る]

【オークス】前走後の談話 2022年5月22日() 04:50

ウォーターナビレラ「全てうまくいった。悔いのないレースができた」(武豊騎手=桜花賞2着)

スタニングローズ「(直線で)動き切ってしまってからは大丈夫な雰囲気が出ました」(川田騎手=フラワーC1着)

アートハウス「いいリズムで走っていましたし、いい経験になったと思います」(川田騎手=忘れな草賞1着)

ルージュエヴァイユ「届かなかったが、力は見せてくれた」(戸崎騎手=サンスポ賞フローラS5着)

サウンドビバーチェ「自分のタイミングでギアを上げていけた」(石橋騎手=チューリップ賞4着)

サークルオブライフ「外枠はきつかった。外から一頭だけよく伸びている」(Mデムーロ騎手=桜花賞4着)

ホウオウバニラ「直線の動きは前走よりも良かった」(横山和騎手=サンスポ賞フローラS7着)

ナミュール「スタートが課題なので、大外枠はいいと思っていたが…」(横山武騎手=桜花賞10着)

エリカヴィータ「マイルよりも距離があった方がいいパフォーマンスができる」(田辺騎手=サンスポ賞フローラS1着)

ラブパイロー「湿った馬場もプラスだったと思う」(野中騎手=ミモザ賞1着)

ベルクレスタ「伸びてはいるけど、前の馬も止まらなかった」(吉田隼騎手=桜花賞7着)

ライラック「スタートで終わった。最悪のタイミングでゲートが開いた」(福永騎手=桜花賞16着)

パーソナルハイ「自分の競馬はできたと思う。中1週でもよく走ってくれた」(吉田豊騎手=サンスポ賞フローラS2着)

ピンハイ「最後はスムーズさを欠いた」(高倉騎手=桜花賞5着)

プレサージュリフト「相変わらずスタートが遅いし、ペースも遅かった」(戸崎騎手=桜花賞11着)

ニシノラブウインク「距離を延長しても良さそう」(三浦騎手=フラワーC2着)

スターズオンアース「気持ちを切らさずに動き切ってくれました」(川田騎手=桜花賞1着)

[もっと見る]

【ROBOTIPの勝率予測】オークス2022 騎手重視予測の劉備は勝率1位のアートハウスから勝負 2022年5月21日() 12:00

こんにちは。ウマニティのROBOTIP開発プロジェクトメンバーの劉備です。
日曜重賞のオークス(G1)は、わたくし劉備が担当させていただきます。

わたくし劉備ROBOTIP設定は騎手を重視しますので「競走馬」30%、「騎手」70%を基本ベースとしています。適性については、レース条件に応じて、騎手の「距離」、「トラック」、「周回方向」、「G前の坂の有無」の各適性を配合していきます。補正は、レース条件に関係なく「斤量」「調教評価」の2点を補正ONにします。
これが劉備のROBOTIP設定の基本方針となります。

さて、今回の東京芝2400m戦はスピード・スタミナ・瞬発力の3つが要求されるタフなコース。ここはそんな舞台を考慮して、距離適性50%、トラック適性20%、周回方向適性10%、G前の坂の有無適性20%のセッティングといたしました。

この設定によって算出された勝率予測は以下の通りとなります。

劉備ROBOTIPが弾き出したオークス全馬の勝率
(順位・馬番・馬名・勝率)

1 ③アートハウス    16.82%
2 ⑥サークルオブライフ 10.22%
3 ⑧ナミュール     9.81%
4 ①ウォーターナビレラ 7.43%
5 ⑱スターズオンアース 7.10%
6 ④ルージュエヴァイユ 6.89%
7 ②スタニングローズ  6.71%
8 ⑨エリカヴィータ   6.59%
9 ⑯プレサージュリフト 6.05%
10 ⑰ニシノラブウインク 4.59%
11 ⑦ホウオウバニラ   3.99%
12 ⑪ベルクレスタ    3.83%
13 ⑤サウンドビバーチェ 2.99%
14 ⑮ピンハイ      2.42%
15 ⑫ライラック     2.16%
16 ⑬パーソナルハイ   1.27%
17 ⑭シーグラス     0.73%
18 ⑩ラブパイロー    0.40%

ROBOTIPの基本的な考え方は、平均勝率(18頭立ての場合は5.56%)を上回る馬のみを馬券対象としますので、今回のオークスでは上位9頭までが対象馬となります。
勝率の差で隊列を組むと以下の並びになります。

③>>⑥⑧>①⑱④②⑨⑯

ご覧の通り、③アートハウスが2位に6.6差を付けて勝率1位と相成りました。鞍上の川田将雅騎手は今年の東京・芝で連対率41%と好成績を残しておりますので、勝率予測からは狙い目のコンビとなりますね。馬券はアートハウスから2、3位への馬単と、馬券対象馬9頭の隊列順3連単、計10,000円(14点)で勝負いたします。

【劉備のオークス勝負馬券】
馬単
③→⑥
2,000円
③→⑧
800円

3連単フォーメーション
③→⑥⑧→①②④⑨⑯⑱
12点×各600円=7,200円

**************************************
ROBOTIPは自分の競馬予想理論に従って6つの能力指数(競走馬・騎手・血統・調教師・馬主・生産者)と、5つの適性(距離・トラック・馬場状態・周回方向・G前の坂)を自由に配合して出走馬の勝率を予測するロボットです。
ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)すると無料でご利用頂けます。
⇒詳しくはこちらへ!
**************************************

[もっと見る]

⇒もっと見る

ライラックの関連コラム

閲覧 1,621ビュー コメント 0 ナイス 7



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



5月22日(日) 東京11R 第83回オークス優駿牝馬)(3歳G1・牝馬・芝2400m)

【登録頭数:21頭】(フルゲート:18頭)


<前走:桜花賞出走馬>(中5週)
スターズオンアース(1着、470kg(-4kg))<B>【優先出走馬】
この中間もいつも通り南Wでの調整。近走レースで騎手がコロコロ乗り替わっているところは気になるが、追い切りではここ2戦同様に杉原騎手が追い切りに騎乗してスムーズな走りを見せている。左回りのほうが行きたがる感じが少なく、時計も優秀で併せ馬でも先着と調整過程に問題はなさそう。

ウォーターナビレラ(2着、464kg(-14kg))<C>【優先出走馬】
前走はこれまでと違い直前も強めに追ってきて勝負気配があり、馬体重こそ大きく減っていたが太め感はなく仕上がりも良かった。この中間は、1週前に武豊騎手が騎乗して併せ馬で追われるも手応え抜群の併走相手に何とか併入と、動きに関して物足りない印象を受けた。

サークルオブライフ(4着、482kg(+6kg))<B>【優先出走馬】
この中間は日曜日も長めから速い時計を出していて、前走時以上の入念な乗り込み。1週前も南Wで好時計が出ており、久しぶりの関東での競馬で巻き返しに期待がもてる仕上り。

ピンハイ(5着、406kg(-8kg))<B>【優先出走馬】
前走は勝ち馬と同じような位置取りから、直線同じような伸び脚を見せての5着と予想以上に能力は高い。小柄な馬で乗り込み量は少ないが、1週前追い切りでは前半かなり遅いペースで行きたがるところを抑えつつ先着と、仕上がりは良く映る。長く良い脚を使うというよりは切れる脚がある馬で、距離延長での折り合いと終いの脚の使いどころが鍵になりそう。

ベルクレスタ(7着、460kg(-4kg))<A>【収得賞金順(⑦)】
ここ2戦は調教での遅れが多かったが、この中間は2週前、1週前と好時計で先着。動きを見ても、1週前は内を回ったとはいえ手応えに余裕のある先着で、やっと良い出来に戻ってきた感じ。

ナミュール(10着、426kg(-4kg))<A>【収得賞金順(①)】
この中間も牧場でギリギリまで調整しての帰厩。1週前追い切りでは坂路で抜群の伸び脚を見せていて、出来自体は今回も悪くない。2戦2勝の左回りで巻き返しが期待できそう。

プレサージュリフト(11着、460kg(-4kg))<B>【収得賞金順(③)】
この中間乗り込み量は少ないものの前走時よりも内容良化。1週前追い切りではスッと反応良く伸び、日曜日にも坂路でかなり速い時計を出している。関東での競馬はプラスになる。

ライラック(16着、426kg(+6kg))<D>【収得賞金順(③)】
1週前追い切りでは鞍上の手が激しく動いていたが、持ったままの併走馬に先着できず。走りに力強さもない。




<前走:フローラS出走馬>(中3週)
エリカヴィータ(1着、442kg(+4kg))<B>【優先出走馬】
1週前は南Wで追われる。首が高い走りだが力強さがあり、前走の反動は感じず。

パーソナルハイ(2着、456kg(-2kg))<D>【優先出走馬】
今年に入って3戦と使い詰めできている。この中間は坂路での時計が平凡で、終い伸びきれず。

シンシアウィッシュ(3着、428kg(-4kg))<D>【抽選対象馬(1/4頭)】
小柄で体重が減り続けている。この中間は軽めの調整となっていて上積みはなさそう。

ルージュエヴァイユ(5着、444kg(-6kg))<B>【収得賞金順(⑧)】
中3週もこの中間も週2本速い時計を出していて調整は順調。ただ走りが硬く、力強さがない。

ホウオウバニラ(7着、416kg(-10kg))<D>【抽選対象馬(1/4頭)】
小柄な馬が前走でさらに大きく馬体が減ってしまった。軽めの調整となった1週前追い切りでは、伸び脚も甘く映った。




<前走:フラワーC出走馬>(中8週)
スタニングローズ(1着、474kg(-2kg))<A>【収得賞金順(②)】
2歳時は重賞でも好走するも勝ち切れないレースが続いたが、今年に入ってからはキッチリと2連勝。賞金加算に成功し、前走から無理せずここを目標に順調な調整。坂路でも好時計が出ていて、良好な仕上がり。

ニシノラブウインク(2着、462kg(+6kg))<A>【収得賞金順(⑥)】
この中間、南Wで長めから好時計が出ていて前走以上の内容。1週前追い切りでも無理なく終い好時計と上積みが窺える。



<前走:その他のレース出走馬>
アートハウス(忘れな草賞:1着、474kg(+10kg)中5週)<A>【収得賞金順(⑤)】
2走前は乗り込み本数も少なくマイナス体重で馬体も緩かったが、前走時は乗り込み豊富でプラス体重も馬体が締まっていてデキがかなり違った。この中間も2週前、1週前とCWを長めから好時計マークと引き続きデキ良好。大外の内に併せて終いの抜群の伸び脚をアピールした1週前追い切りの動きからは前走以上を窺わせる。

シーグラス(忘れな草賞:6着、412kg(±0kg)中5週)<C>【収得賞金順(⑧)】
この中間は馬なりで軽めの調整。強めに追えないのは、今回は関東圏での競馬ということもあって馬体を減らしたくないところもあるのではないか。1週前追い切りは動き自体は悪くないものだったが。

コントディヴェール(スイートピーS:2着、464kg(-2kg)中2週)<C>【抽選対象馬(1/4頭)】
3戦連続関東圏での競馬で、今回も中2週で輸送を控える。調整は難しそうだが、1週前にしっかりと時計を出しており、タフなところはあるようで調子落ちは思ったほど見受けられなかった。

サウンドビバーチェチューリップ賞:4着、474kg(±0kg)中10週)<B>【収得賞金順(⑧)】
チューリップ賞から間隔が空いた割には乗り込み量は少ない。動きを見ても特に目立つところはないが、キッチリ先着を果たしていて出来自体は上々。この中間は坂路中心からCW中心の調整に変えてきているくらいなので、距離を意識しているところはありそう。

ラブパイロー(ミモザ賞:1着、474kg(+2kg)中7週)<D>【収得賞金順(⑧)】
前走から中7週となるが目立つ時計はなく、1週前の南Wでの追い切りも平凡な時計。

ルージュリナージュ(ミモザ賞:3着、424kg(-6kg)中7週)<D>【抽選対象馬(1/4頭)】
前走から間隔が空いたが、小柄な馬で乗り込み量は少なく、この中間は強めの追い切りがない。


※今回このコラムでの中間の状態からの推奨馬は、スタニングローズアートハウスベルクレスタナミュールニシノラブウインクの5頭をあげておきます。



◇今回はオークス編でした。
時が過ぎていくのは早いもので、エリンコートが勝ったオークスから11年になります。そのとき生後3ヶ月半で初めて競馬場に行った長男も、小学6年生となりますのでそれだけ自分も歳をとったことになります。当時、競馬場の馬主席に招待してくださった本人が所有するエリンコートが勝利し、馬券も大当たりして、口取りにも参加させてもらえて、あの日の『奇跡』はこれだけ時間が過ぎた今でも鮮明に記憶に残っています。そして、その1年前にあの場所でその馬主さんとお話する機会がなければ、予想家くりーくは存在していなかったかもしれません。現在はコロナで自由に行動できませんしリモートで済んでしまうことも多くありますが、行動してその場所に行って目の前で会話することで得るものは計り知れません。ですので、これからもできる限り動き回って、いろんな場所に現れたいと思っています。



オークス出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2022年4月7日(木) 09:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 桜花賞2022 
閲覧 2,081ビュー コメント 0 ナイス 12



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



4月10日(日)阪神11R 第82回桜花賞(3歳G1・牝馬・芝1600m)


【登録頭数:22頭】(フルゲート:18頭)


<前走:阪神JF、フェアリーS 出走馬>

ラブリイユアアイズ(阪神JF2着 428kg(-10kg)4ヵ月)<C>【収得賞金順②】
馬体が減り続けていて、乗っている調教助手がかなり大きく見えるくらい小柄に映ったのが前走時。それでも、走りはしっかりしていて動きは良かった。この中間はトライアルを使わず本番に直行のため乗り込み量は豊富。ただ1週前の追い切りの動きを見ると体重の軽い坂井騎手が騎乗しているにも関わらず、動きが重く見えた。

ライラック(フェアリーS1着 420kg(-4kg)3ヶ月)<B>【収得賞金順④】
2走前にも関西へ輸送していて馬体が大きく減っていて今回も減る懸念はあるが、そのあたりが考慮され間隔を空けているぶん、乗り込み量豊富。1週前には終い強めに追われて伸び脚も良く、出来は悪くない。




<前走:チューリップ賞 出走馬>(中4週)

ナミュール(1着、430kg(±0kg))<A>【優先出走馬】
前走時の追い切りでもそうだったが、迫力満点の動きをする馬でこの中間も1週前追い切りで見せた動きは抜群だった。あとは馬体もそれほど大きくはないので、大きく馬体が減らなければ。

ピンハイ(2着 414kg(-6kg))<C>【優先出走馬】
小柄な馬でこれ以上馬体は減らしたくない。この中間は、1週前追い切りでは終い行きたがる面を見せていて不満の残る動き。

サークルオブライフ(3着 476kg(-2kg))<A>【優先出走馬】
前走時はこれまで追い切りに乗ったことのないデムーロ騎手が騎乗しての最終追い切りで、少しコントロールができていなかった。この中間は中4週でも乗り込み豊富で、1週前追い切りでは併走相手を抜かせないようなしぶとい動きを披露。名牝を何頭も送り出してきた国枝厩舎だけに、ここはキッチリ仕上げてきた印象を受ける。

ウォーターナビレラ(6着 478kg(+8kg))<B>【収得賞金順①】
最終追い切りは軽めの調整で出走してくる馬。それだけに、1週前追い切りが出来を左右するが、前走時よりも終いの伸び脚が良く、叩き2戦目での上積みはありそう。




<前走:フィリーズレビュー 出走馬>(中3週)

サブライムアンセム(1着 476kg(-2kg))<B>【優先出走馬】
追い切りでは時計も速く、迫力のある動きを見せる馬だが、パドックではうるさい面を見せるので気性的にこの距離は向かない感じがある。1週前追い切りの動きもかなり良く、出来自体は悪くなさそうではあるが。

ナムラクレア(2着 466kg(+12kg))<C>【優先出走馬】
前走時、そして今回と距離を意識してなのか、1週前追い切りをCWに変えてきた。坂路でも速い時計の出る馬なのでCWでもかなり速い時計が出ているが、本質的に短距離のほうが向いていることには変わりない感じがする。

アネゴハダ(3着 438kg(-6kg))<D>【優先出走馬】
使い詰めできており、前走時のパドックでもトモが寂しく、馬体はこれ以上減らしたくないところだろう。坂路では速い時計が出るタイプで、マイルは長い印象。




<前走:アネモネS 出走馬>(中3週)

クロスマジェスティ(1着 470kg(+2kg))<D>【優先出走馬】
1週前追い切りでは計測不能で時計は確認できず。動きを見ると、前走時のような素軽さと伸びが感じられず物足りないものだった。前走時のパドックでもテンションが高く、今回初めての長距離輸送も控えているのでプラスになる材料が少ない。

ラズベリームース(2着 500kg(+16kg))<B>【優先出走馬】
休み明けの前走では馬体が16kg増えていたが、パドックでは太め感はなく成長分として考えても良さそう。追い切りの時計も引き続き良く、上積みに期待。

アリシアン(6着 484kg(-4kg))<D>【抽選対象馬(2/6頭)】
前走のパドックではうるさい面を見せていた馬で、この中間は軽めの調整。長距離輸送も経験がなく、上積みは見込めそうにない。


<前走:クイーンC 出走馬>(中7週)

プレサージュリフト(1着 464kg(+12kg))<C>【収得賞金順③】
馬体が大きく増えていた前走から中7週でここを迎える。牧場でも調整されていたとは思うが、輸送を控えた状態での1週前追い切りがそれほど強いものではなかった点が案外。内にササる面を意識してということだったのかもしれないが、前走好走の反動が気になる。

スターズオンアース(2着 474kg(±0kg))<A>【収得賞金順⑤】
追い切りでは遅れたことがない馬で、この中間も2週前、1週前と併せて先着。1週前の動きも抑えきれないくらい気合いが入っていて走りも力強く、出来は引き続き良さそう。

ベルクレスタ(3着 464kg(-2kg))<C>【収得賞金順⑧】
この中間乗り込み量は豊富も、1週前追い切りでは引っ張ったままの併走相手についていくのがやっとの内容。前走時の調教でも遅れが多く、2歳時のような勢いが感じられない。




<前走:その他のレース出走馬>

アルーリングウェイ(エルフィンS1着 454kg(-4kg)中8週)<A>【収得賞金順⑥】
エルフィンSから間隔も十分あり、この中間の乗り込み量は豊富。1週前の動きを見ても坂路で抜群の伸び脚を見せていて出来は前走以上。

フォラブリューテ(紅梅S1着 440kg(+2kg)3ヶ月)<C>【収得賞金順⑦】
前走から間隔が空いている割に牧場から戻すのが遅い感じ。1週前の動きを見ても、前走時の終いの伸びと比べ、モタモタ、フラフラした感じで動きに鋭さがない。

カフジテトラゴン(1勝クラス6着 450kg(±0kg)中2週)<D>【抽選対象馬(2/6頭)】
1週前追い切りでは坂路で好時計をマークしたが、走りに力強さがない。

カランセ(ミモザ賞5着、462kg(-12kg)中1週)<D>【抽選対象馬(2/6頭)】
前走休み明けで大きく馬体を減らし、そこからの中1週で輸送もあるとなると、上積みできる時間がない。

グランスラムアスク(1勝クラス1着 452kg(-6kg)中3週)<D>【抽選対象馬(2/6頭)】
休み明けの前走時も乗り込み量は少なく、この中間も追い切り時計に良化窺えず。叩き2戦目でも上積みは薄い。

パーソナルハイ(フラワーC6着 464kg(+2kg)中2週)<B>【抽選対象馬(2/6頭)】
休み明けの前走時は、追い切りで好時計が出ていた。この中間も、中2週となるが先週の金曜日に坂路でかなり速い時計が出せていて、叩き2戦目での上積みが期待できそう。

ビジン(未勝利1着 458kg(+2kg)中8週)<E>【抽選対象馬(2/6頭)】
前走から間隔が空いている割に、乗り込み量が少なすぎる。今週出走する馬の調整ではない。



※今回このコラムでの中間の状態からの推奨馬は、ナミュールサークルオブライフスターズオンアースアルーリングウェイの4頭をあげておきます。



◇今回は、桜花賞編でした。
近年の競馬では、アーモンドアイリスグラシューラヴズオンリーユーなど海外でも活躍できる牝馬が多く誕生しています。
「使われ方」の性差を考えた場合、クラシック路線だけみても、牡馬は賞金を加算したら無理せず皐月賞に直行したり、皐月賞もパスしてダービー一本に絞ったりと、有力馬がトライアルを使ってくる印象があまりありません。一方で、牝馬は2歳で阪神ジュベナイルフィリーズを目指し、3歳になれば有力馬はチューリップ賞か桜花賞に直行、という馬が依然として多いように思います。チューリップ賞で有力馬同士の直接対決が見られることも多く、関東馬であれば輸送を経験することによってたとえ負けても精神的に強くなっていくのだと思います。牡馬は引退後に種牡馬になるためあまり成績を汚したくないというのも分かるところなのですが、リスグラシューラヴズオンリーユーのように海外で活躍できる馬を作るには、若い時期に様々な経験を積み、強くしていくという考えを持たなければならないのではと感じてしまいます。そうでなければ、凱旋門賞を勝てる牡馬は出てこないのではないかと思いますし、ファンの立場からしても半年に1回しかレースに出てこないような馬よりは、1~2ヶ月に1回は競馬場で走ってくれる馬の方が愛着も生まれます。強い馬でも負けることはありますし、そこから復活して強い競馬も見せてくれるからドラマが生まれるのだと思います。完璧を求めるよりも経験を積み強くなっていく――そういう姿をこれからたくさん見せていってもらえればと願っています。

桜花賞出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2022年1月14日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】出遅れてマクる”デムスペ”連続炸裂は好調の証/京成杯展望
閲覧 2,042ビュー コメント 0 ナイス 1



バカンス明けでまだ眠っているルメール騎手と比べ、年明けからデムーロ騎手が目立っている。月曜のフェアリーSではライラックに騎乗し、お得意のマクリ戦法で外から差し切りを決めた。

先月の阪神JFをサークルオブライフで制すると、翌週にはミスニューヨークターコイズSを制覇、そして今回はライラックフェアリーSを制覇と、短期間で重賞3勝の固め打ち。地方にはなるが東京大賞典ではオメガパフュームで4連覇の偉業を達成しており、好調期に突入しているとみて良さそうだ。

~デムーロ騎手はむしろ出遅れた方が良い

筆者はしばしば、「デムーロ騎手は出遅れた方が良い」と言うのだが、別に冗談ではなく本当の話。デムーロ騎手がなぜよく出遅れるのかはわからないが、本来であればネガティブな出遅れも、デムーロ騎手にとっては決して悪い話ではない。

なぜなら、デムーロ騎手は馬群の中ではなく、オープンなスペースで馬と呼吸を合わせるのが得意だからだ。したがって、(特に内枠で)キレイにスタートを決めてしまうと馬群の中に入ることになってしまい、上手くコンタクトを取れない。一方で、出遅れることにより馬群に入らず、スタートから上手く馬との呼吸を整えることができる。前半でリラックスできるので、後半の伸びに繋がる。

こんなジョッキーは他にはいないのでかなり特殊ではあるのだが、実際ミスニューヨークライラックの2頭で、中山マイル戦としてはかなり非常識と思える最後方から外を押し上げる競馬で重賞を2勝。人馬一体というか、馬と友達という感じのデムーロ騎手の騎乗ぶりは、JRAの中では唯一無二と言える。

なお、月曜日は他のレースでも連続で馬券に絡んでおり、フェアリーSを含め6戦して5回馬券圏内。

1レースのレオンラファールでは、スタートで立ち遅れて呼吸を整えると、そこからマクって4角先頭から押し切り、5番人気1着。5レースのルールオブルーラーこそスタートを決めて内枠を生かし8番人気3着と好走したが、10レースの迎春Sではやはりスタートで行き脚がつかず後方からの競馬となり外から押し上げて3着。11レースは前述通りライラックで最後方からマクって重賞制覇。最終レースのコスモアディラートでも、やはり出遅れ。4コーナーで一気に動く得意パターンで3着を確保した。

いわば出遅れて外から動くデムーロスペシャル。これがよくハマるときは「好調のデムーロ騎手」と判断して良い。デムーロ騎手は好不調が割とハッキリとした、バイオリズム重視ジョッキー。見極めが大事になるので、今は買いの時期とみて良さそうだ。

(各騎手の詳細な特徴については『競馬記者では絶対に書けない騎手の取扱説明書』をご覧下さい)

京成杯の注目馬

最後はいつも通り今週末の注目馬で締めたい。今回は京成杯からこの馬を。

テンダンス和田竜二騎手)

前走の東スポ杯ではスローの好位から上手く立ち回って3着を確保。東スポ杯は勝ったイクイノックス他比較的メンバーが揃っており、5着だったレッドベルアームが先週のシンザン記念で3着と好走、テンダンスの走りも評価して良い。半兄はカデナで、本馬も器用さを感じるので中山2000m替わりも問題ない。位置を取りに行く和田騎手も中山2000mにおいてはプラスで、引き続き好勝負になるはずだ。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

ライラックの口コミ


口コミ一覧
閲覧 318ビュー コメント 0 ナイス 5

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

今週末は競馬の祭典!! 『東京優駿~日本ダービー』
2019年に生産された7522頭の頂点を決める大決戦!!
世代トップに輝くのは、どの馬なのか!?

その攻略法のひとつとして、『皐月賞3着内の馬or皐月賞5番人気以内の馬』に注目。
今年出走メンバーで該当するのは、
皐月賞1~3着
ジオグリフ、イクイノックス、ドウデュース
皐月賞1~5番人気
ドウデュース、ダノンベルーガ、イクイノックス、キラーアビリティ、ジオグリフ

まとめると 
ジオグリフ、イクイノックス、ドウデュース、ダノンベルーガ、キラーアビリティ 以上の5頭。

また、穴馬として皐月賞以外『前走、4角5番手以内の馬』にも注目。
(当日の枠順が馬番7番以内に限る)
プリンシパルS1着セイウンハーデス(4角3番手)
毎日杯1着ピースオブエイト(4角1番手) 
青葉賞1着プラダリア(4角5番手)
青葉賞2着ロードレゼル(4角2番手)以上4頭。

ちなみに、昨年のダービー優勝馬シャフリヤール(毎日杯1着 4角4番手)は、馬番10番(微妙にハズレ)でした。2着エフフォーリア(皐月賞1着)、3着ステラヴェローチェ(皐月賞3着)でした。

【週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数20年分)
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数分析篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ分析篇)
木曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
金曜日 : お休み
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

※引き続き「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【“総合分析”予想 第5期途中経過】
第5期(4月23日~5月29日)12日間(福島牝馬S~目黒記念)15戦

週末は、当てる事ができたのか!?

土曜、G3平安Sでは、11番サンダーブリッツに注目!
ワイド(4-11)・複勝(11番サンダーブリッツ) 
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

土曜「平安S」で注目したサンダーブリッツ(8人気)は、スタート直後躓き後方追走のまま内側から直線で一気に抜け出して優勝…のはずが、普段の伸びを欠き馬群に沈み込み9着惨敗…残念。レースは、好位のインでレースを進めたテーオーケインズ(1人気)が、先に抜け出したケイアイパープル(7人気)を直線半ばで交わして2.1/2馬身差をつけ優勝。さらに2.1/2馬身差の3着にメイショウハリオ(3人気)が入りほぼ本命決着!! 当然ながら馬券はハズレ…(ノД`)・゜・。 反省点として、軸馬選択の失敗!? 結果論になるが、ハイブリッド新聞の指数(1位テーオーケインズ=1着、2位メイショウハリオ=3着、3位ケイアイパープル=2着)を信頼すれば…残念。
 
日曜、G1 優駿牝馬~オークスでは、3番アートハウスに注目!
ワイド(3-4)・複勝(3番アートハウス) 
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「優駿牝馬~オークス」で注目したアートハウス(2人気)は、スタート良く先行3番手追走のまま直線で一気に抜け出して優勝…のはずが、最後の伸びを欠き馬群に沈み込み7着惨敗…残念。レースは、中団でレースを進めたスターズオンアース(3人気)が、直線で外から前の各馬を差し切り、その内から伸びたスタニングローズ(10人気)に1.1/4馬身差をつけ優勝。さらに1.1/4馬身差の3着にナミュール(4人気)が入り、中波乱決着!?  当然ながら馬券はハズレ…(ノД`)・゜・。 反省点として、軸馬選択の失敗!? っていうより、予想そのものが間違い…反省。混戦模様になれば、やっぱりルメール騎手!! 相手馬も重賞勝ち馬に絞り込むと5頭(スタニングローズ、ナミュール、エリカヴィータ、ライラック、プレサージュリフト)…残念。
 

【短 評】
先週末、2戦2敗…惨敗みたいな感じ。結果から検証すると、無駄なことばかりに時間を費やしていることがわかる。以前にもカキコしたが、『競馬は、当ててナンボ!!』(個人的な見解)だけに、ここまでの成績不振は落ち込む。それも、複勝(3着以内馬)が当たらない…反省。今週末、3戦(葵S、東京優駿、目黒記念)すべて当てて、今期を終わりたい。頑張ります。


【重賞レースの馬番コンピ 回 顧 篇】
(平安S)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数2位"
2番オーヴェルニュが該当=結果6着ハズレ…(ノД`)・゜・。

(優駿牝馬~オークス)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数1位"
6番サークルオブライフが該当=結果12着ハズレ…(ノД`)・゜・。

【重賞レースの馬番コンピポイント篇】
(葵ステークス)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数2位"

*無条件
過去10年内(3-0-2-5/10)
勝率30%/連対率30%/複勝率50%/単勝回収値168/複勝回収値104
近5年内 (2-0-1-2/5)
勝率40%/連対率40%/複勝率60%/単勝回収値192/複勝回収値116

昨年(16着)外れているだけに、今年は期待大!?


(東京優駿~日本ダービー)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数3位"

*無条件
過去10年内(1-3-2-4/10)
勝率10%/連対率40%/複勝率60%/単勝回収値125/複勝回収値160
近5年内 (1-1-0-3/5)
勝率20%/連対率40%/複勝率40%/単勝回収値250/複勝回収値124

条件にしなかったが、指数値60以上が狙い目!?
2年連続(59以下)外れているだけに、今年は期待大!?


(目黒記念)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数3位"

*無条件
過去10年内(3-0-1-6/10)
勝率30%/連対率30%/複勝率40%/単勝回収値224/複勝回収値103
近5年内 (1-0-0-4/5)
勝率20%/連対率20%/複勝率20%/単勝回収値146/複勝回収値48

条件にしなかったが、指数値60以上が狙い目!?
2年連続(59以下)外れているだけに、今年は期待大!?


詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

 佐藤洋一郎 2022年5月22日() 11:22
 樫の森の青(静)嵐 クワイエットストーム 
閲覧 248ビュー コメント 0 ナイス 9

 
 「樫の森」に7万観衆の絶叫と悲鳴が渦巻き、当事者も予想者も
我が身のつたなさ、不明さに、なすすべもなく立ちすくむ…といっ
た悪夢から目覚めた。
 
 スピリッツを控え、オークスのデンマ(出馬表)を凝視しつつ爆
睡してトイレに立った金曜日早朝(4時過ぎ)だった。
 
 その夢は、サンスポに拾われる2年前(1968年)にスクープ
した、レース史上2番目の高配当の記憶に刺激されたのかもしれな
い。贔屓にしていた抽選馬◎ルピナスとサンスポ4歳牝馬S(フロ
ーラS)を大敗した▲スズガーベラとの⑥⑥67・3倍(16頭8
、6人気)がツボにはまった。
 
 ルピナスの相手にガーベラを選んだのは、花と花の花馬券を当て
込んだ(それもあったが)からではない。ガーベラのトライアルの
敗因がフケ(発情)だったというサンスポの記事を読んで、起死回
生の一変、劇的な巻き返しがあるぞ!!と直感した。

 ルピナスの6年前のオーハヤブサ・ファラディバ(8、15人気
)の①⑥69・2倍(これが最高)も⑥枠で、その前の11年、後
の5年あわせて16年で7回も⑥枠が絡んでいたし、オーハヤブサ
以前では25回の④④、ルピナスの2年後のケイサンタ・ジュピッ
クの④④(82・1倍=最高)、35回トウコウエルザ(9人気)
スピードシンザン(15人気=G1初の初ブリンカー入着馬)⑤⑤
78・5倍(予想的中!)のゾロ目ゲットで「牝馬のゾロ目」とい
う穴馬券格言を上場したのも思い出した。

 今年、フケなどの体調異変、前哨戦での入れ込みや出遅れなどの
メンタル異常が解消してのリベンジがあるとすれば…④ルージュエ
ヴァイユ⑧ナミュール⑫ライラック⑯プレサージュリフト…あたり
と目星をつけていた。
 
 が、ケンタッキーダービーのような単勝万馬券(現地オッズでは
最低人気の105倍超)、3連単7桁の超一発!を狙うなら、フル
ゲート20頭には入れなかった補欠の繰り上がり(21)リッチス
トライク(サンスポの前日予想では「補欠★21」で送稿したが掲
載せれなかった)と同類のX馬で帯封を鷲掴みすることができるか
もしれない。いや、それをひっ掴んでやる!

 補欠の段階での前出し予想だったウマニティでは、当日とっさに
★を打ち、その★リッチストライクに近走で2度先着していた【◎
】⑨ディズザボム(9着)との⑨(21)ワイド1000円を押さ
えただけだった。

 日曜日早朝、グリーンチャンネルの前で⑨の単複を握りしめて絶
叫!(即パットだから手の内になにもなかったが)し、何事かと飛
び起きてきた家人に、バカタレ! カンタンにとれた百万馬券を買
いそこねたんだよ、クソッタレぇ~!!

 ウェスタン・ダービーとはシステム的に少々異なるが、18頭枠
の最後のⅠ枠を引き当てた補欠馬3頭のなかの幸運児ラッキーガー
ルこそ、頭さえ入ればどんな狭いところでも突き抜けて弾け跳んだ
ミスターシービーやリッチストライク(最速の直線で前が詰まり、
ほぼ直角に右折してゴールを突き抜けたゴムマリ=Mr.CBのような
パフォーマンスを見よ)の再来、再現なのだ。

 そうしたパフォーマンスは、やはり416キロのちびっ娘だった
ネエネが、4年前の5月22日に、勝ち馬とはコンマ1秒差(クビ
・半馬身)3着で樫の森のスタンドを絶叫と悲鳴で炎上させたのだ
よ。妹よ…。

[もっと見る]

 赤萬坊 2022年5月22日() 09:19
オークス(優駿牝馬)おおざっぱ予想
閲覧 336ビュー コメント 0 ナイス 4

◎9 エリカヴィータ
◯6 サークルオブライフ
▲18 スターズオンアース
△1 ウォーターナビレラ
△3 ルージュエヴァイユ
△16 プレサージュリフト
※12 ライラック

◎エリカヴィータはウマニティPOG馬なので本命です!
予想は巡り巡ってシンプルに。
桜花賞上位馬1.6.18とフローラS組3.9と東京重賞勝ち馬16です

ナミュールは馬体戻すのに大変そうでパス、アートハウスは何かと経験不足なのと川田騎手のコメントは微妙なのでパス、パーソナルハイは今年4戦目でしんどそうでパス、ベルクレスタはアールドヴィーヴルっぽくて善戦(掲示板)までそうでパス、スタニングローズはオークス実績ないフラワーC組なのでパス

そんな感じで残った上記馬達です
単勝9
三連複BOX→1.3.6.9.16.18
と最後に東京1800mで勝ち鞍がある重賞ホース、ライラックの複勝だけ買っておこうかな( ̄人 ̄)アタレヨー

[もっと見る]

⇒もっと見る

ライラックの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  塩兄   フォロワー:0人 2022年1月20日(木) 10:34:56
フェアリーS お見事。東京○阪神×中山○。ウメノファイバー思い出します。相沢厩舎さん、今年は期待しています。

ライラックの写真

ライラックの厩舎情報 VIP

2022年5月22日優駿牝馬 G111着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ライラックの取材メモ VIP

2022年5月22日 優駿牝馬 G1 11着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。