タイトルホルダー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡2 鹿毛 2018年2月10日生
調教師栗田徹(美浦)
馬主山田 弘
生産者岡田スタツド
生産地新ひだか町
戦績 2戦[1-1-0-0]
総賞金2,010万円
収得賞金1,000万円
英字表記Titleholder
血統 ドゥラメンテ
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
アドマイヤグルーヴ
メーヴェ
血統 ][ 産駒 ]
Motivator
Top Table
兄弟 メロディーレーン
前走 2020/11/23 東京スポーツ杯2歳S G3
次走予定

タイトルホルダーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/11/23 東京 11 東スポ2歳S G3 芝1800 102216.652** 牡2 55.0 戸崎圭太栗田徹470(-2)1.47.7 0.233.9ダノンザキッド
20/10/04 中山 5 2歳新馬 芝1800 14452.311** 牡2 55.0 戸崎圭太栗田徹472(--)1.51.4 -0.235.9ノーダブルディップ

タイトルホルダーの関連ニュース

 ★東スポ杯2歳S1着ダノンザキッド(栗・安田隆、牡)、2着タイトルホルダー(美・栗田、牡)は、ホープフルS(12月26日、中山、GI、芝2000メートル)を視野に入れる。23日東京の未勝利戦(芝2000メートル)を圧勝したサトノフォーチュン(美・国枝、牡)も同レースに登録する可能性がある。

 ★21日東京の1勝クラス(芝1400メートル)を勝ったニシノアジャスト(美・小手川、牡)は、中京2歳S(12月19日、中京、OP、芝1200メートル)へ。

 ★21日東京の未勝利戦(ダ1300メートル)を圧勝したサトノムスタング(美・大和田、牡)は、2月7日東京の1勝クラス(ダ1400メートル)へ。

 ★アルテミスS3着テンハッピーローズ(栗・高柳大、牝)はフェアリーS(1月11日、中山、GIII、芝1200メートル)に参戦予定。僚馬でファンタジーS3着ラヴケリー(牝)は、適鞍の黒松賞(12月12日、中山、1勝クラス、芝1200メートル)へ。

 ★10月24日東京の新馬戦(芝2000メートル)勝ちのグラティアス(美・加藤征、牡)は1月5日中山の1勝クラス(芝2000メートル)か、京成杯(同17日、中山、GIII、芝2000メートル)へ。同厩舎で14日東京の新馬戦(芝1800メートル)勝ちのアンダープロット(牡)はセントポーリア賞(1月31日、東京、1勝クラス、芝1800メートル)か共同通信杯(2月14日、東京、GIII、芝1800メートル)へ。

 ★赤松賞3着アオイゴールド(美・和田雄、牝)は、阪神JF(12月13日、阪神、GI、芝1600メートル)を予定。

 ★福島2歳S4着フォドラ(栗・牧浦、牝)は中京2歳Sが目標。僚馬で10月31日東京の新馬戦(ダ1400メートル)を勝ったマーチリリー(牝)は寒椿賞(12月20日、中京、1勝クラス、ダ1400メートル)へ。

 ★もちの木賞2着ダノンハーロック(栗・音無、牡)、23日東京の未勝利戦(ダ1600メートル)勝ちのデルマジゾウ(美・小野、牡)は、12月13日中山の1勝クラス(ダ1800メートル)を予定。

 ★芙蓉S4着ヴィゴーレ(栗・松永幹、牡)は、葉牡丹賞(12月5日、中山、1勝クラス、芝2000メートル)へ。

 ★秋明菊賞2着グランデフィオーレ(栗・藤岡、牝)は、つわぶき賞(12月13日、中京、1勝クラス、芝1400メートル)へ。

【東スポ2歳S】ダノンザキッド夢広がる初重賞 2020年11月24日(火) 04:51

 東スポ杯2歳Sが23日、東京競馬場で10頭によって争われ、川田騎乗で断然人気のダノンザキッドが好位から抜け出して、新馬戦に次ぐ連勝を飾った。2着には5番人気のタイトルホルダー

 ◇

 1番人気のダノンザキッドが、直線で肩ムチを入れた程度で抜け出した。2011年に4着だった父のリベンジを果たし、昨年のコントレイルなど、過去24回の勝ち馬のうち半数の12頭がのちにGIホースとなっている出世レースを制した。

 「体が増えていた(プラス24キロ)こと、テンションが高かったことを踏まえて乗りました。前半は力みながらでしたが、よく我慢してくれました」と、初コンビで重賞初勝利に導いた川田騎手は語った。

 一昨年のセレクトセール当歳競りで、1億円で落札された素質馬。「調教で時計は出ていましたが、乗り味が素晴らしいというわけではなかったので、どれくらい走れるのかを競馬で楽しみにしていました。こういう勝ち方はしてくれましたが、まだ課題ばかりですし、これからさらに良くなっていくのは間違いないと思います」と鞍上が語れば、安田隆調教師も「完成されていないので、さらなる飛躍を期待したいですね」と新馬、重賞連勝に目を細めた。

 次走はホープフルS(12月26日、中山、GI、芝2000メートル)の予定。「これから先、この馬らしく成長をして、その結果、昨年の(勝ち馬)コントレイルのようになってくれることを期待しています」とジョッキーはまとめた。(柴田章利)

ダノンザキッド 父ジャスタウェイ、母エピックラヴ、母の父ダンシリ。鹿毛の牡2歳。栗東・安田隆行厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(株)ダノックス。戦績2戦2勝。獲得賞金4035万円。重賞は初勝利。東スポ杯2歳Sは安田隆行調教師、川田将雅騎手ともに初勝利。馬名は「冠名+人名愛称」。

東京スポーツ杯2歳Sの着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【東スポ2歳S】タイトルホルダーが粘り見せ2着 2020年11月24日(火) 04:50

 好スタートから2番手を進んだ5番人気のタイトルホルダーが、直線でも粘って1馬身1/4差の2着。しっかりと賞金を加算した。戸崎騎手は「返し馬から気が入ってレースでもハミが抜けなかったが、それでも能力は示したのでこれからが楽しみ」と今後の活躍に期待を寄せた。

東京スポーツ杯2歳Sの着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【東スポ2歳S】超軽量牝馬の弟タイトルホルダーが2着 戸崎「これからが楽しみ」 2020年11月23日(月) 19:08

 11月23日の東京11Rで行われた第25回東京スポーツ杯2歳ステークス(2歳オープン、馬齢、GIII、芝1800メートル、10頭立て、1着賞金=3300万円)は、川田将雅騎手騎乗で断然の1番人気に支持されたダノンザキッド(牡、栗東・安田隆行厩舎)が直線一気に抜け出してゴール。デビュー2連勝で重賞初制覇を果たした。タイムは1分47秒5(良)。



 超軽量牝馬メロディーレーンの半弟タイトルホルダーは、勢いよくゲートを出るとしばらくハナに立つも、レインフロムヘヴンに譲って大きく離れた2番手を追走。直線は比較的馬場の良いところを通って長くいい脚を使い、ダノンザキッドに並びかけられても必死に抵抗したが、最後は1馬身1/4突き放されてしまった。



 ◆戸崎圭太騎手「追い切りは良かったけど、きょうは返し馬から気が入っており、レースではむきになってハミが抜けなかったですね。それでも、これだけの能力を持っていることを示してくれました。これからが楽しみですね」



★【東スポ杯2歳S】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【東スポ2歳S】ダノンザキッドが出世レース制しデビュー2連勝! 2020年11月23日(月) 15:35

 11月23日の東京11Rで行われた第25回東京スポーツ杯2歳ステークス(2歳オープン、馬齢、GIII、芝1800メートル、10頭立て、1着賞金=3300万円)は、川田将雅騎手騎乗の1番人気ダノンザキッド(牡、栗東・安田隆行厩舎)が好スタートを決めると道中は3番手を追走。直線に入ると、躍動感たっぷりに坂を駆け上がり豪快に突き抜けて先頭でゴール。多くのGI馬を輩出している出世レースを制し、デビュー2連勝で重賞初制覇を果たした。タイムは1分47秒5(良)。



 1馬身1/4差の2着にはタイトルホルダー(5番人気)、さらに3/4差遅れた3着にジュンブルースカイ(3番人気)が入った。



 東スポ杯2歳Sを勝ったダノンザキッドは、父ジャスタウェイ、母エピックラヴ、母の父Dansiliという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(株)ダノックス。通算成績は2戦2勝。重賞は初制覇。東スポ杯2歳Sは管理する安田隆行調教師、騎乗した川田将雅騎手ともに初勝利。



 ◆川田将雅騎手(1着 ダノンザキッド) 「体が増えていた(プラス24キロ)こと、テンションが高かったことを踏まえて乗りました。前半は力みながらでしたが、よく我慢してくれましたし、いい内容で直線に向かえました。調教で時計は出ていましたが、乗り味が素晴らしいというわけではなかったですし、こういう勝ち方はしてくれましたが、まだ課題ばかりです。これから先、この馬らしい成長をして、その結果、コントレイルのようになってくれることを期待しています」



★【東スポ杯2歳S】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【東京スポーツ杯2歳ステークス】入線速報(東京競馬場) 2020年11月23日(月) 15:31

東京11R・東京スポーツ杯2歳ステークス(5回東京7日目 東京競馬場  芝・左1800m サラ系2歳オープン)は、1番手3番ダノンザキッド(単勝1.7倍/1番人気)、2番手2番タイトルホルダー(単勝16.6倍/5番人気)、3番手10番ジュンブルースカイ(単勝8.8倍/3番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連2-3(13.3倍) 馬単3-2(15.8倍) 3連複2-3-10(21.7倍) 3連単3-2-10(70.8倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2020112305050711
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

⇒もっと見る

タイトルホルダーの関連コラム

閲覧 1,288ビュー コメント 0 ナイス 9



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


11月23日(月)東京11R 第25回東京スポーツ杯2歳S(2歳G3・芝1800m)

【登録頭数:10頭】(フルゲート:18頭)


ヴェローチェオロ(D)中1週
新馬戦の後に連闘して、その後は月1ペースで使われてきて今回中1週となるだけに、疲れか気になるところ。日曜日に速い時計を出していないので、無理して使ってくることもなさそうだが。

ジュンブルースカイ(D)中2週
新馬戦前はそこそこの時計が出ていたが前走、この中間と好調子と言えるほどの時計は出ていない。

タイトルホルダー(C)中6週
この中間も週2回時計を出して入念な乗り込み。1週前にも南Wで好時計をマークしていて引き続き調子は良さそう。

ダノンザキッド(A)5ヶ月
新馬戦でも◎にした馬で、休み明けで迎えるここも2週前、1週前とCWを長めから好時計が出ていて、前走並みに良い状態に仕上げてきている感じ。前回、今回の調教内容を見るに、大物感のある馬。

ドゥラヴェルデ(B)4ヶ月
大きな馬だが、前走(新馬戦)ではかなり乗り込まれていて太め感もなく、しっかり仕上げられてのデビュー勝ち。休み明けのこの中間は、前走時ほどではないが1週前に強めに追われて好時計をマーク。仕上りは良さそう。

プラチナトレジャー(A)中5週
約3ヶ月ぶりでの未勝利勝ちを果たした前走時も、調教、パドックとまだ物足りなさの残る内容だった。この中間、併せ馬で入念な乗り込みというのは同様だが、先行しての終いの時計が全体的に良くなっており、休み明けを一度使われての上積みが感じられる。

モメントグスタール(C)中9週
間隔の空いたこの中間、乗り込み量は豊富も特に変わり身を感じる調教内容でもない。

モリノカンナチャン(F)中2週
前走時は、調教時計が新馬戦前の良い頃と比べて物足りず、パドックでもイレ込んでいて良いところがなかった。この中間も間隔が詰まり、1週前も坂路で軽めの内容でガラッと変わる感じはない。

レインフロムヘヴン(B)中1週
前走時は坂路で好タイム2本、パドックでも新馬戦時よりも馬体が締った印象があり、上積みが感じられた。この中間は中1週で軽めの調整。使われてさらに良くなってきそうな感じもあるため、直前の追い切りには注目したい。

トーセンジャック(D)連闘
転入初戦の前走時は、追い切り本数も少なく時計も平凡で、馬体重も+17キロと特に良いところはなかった。連闘の今回は先週よりは良くなりそうだが、前走時の調教内容からだとガラリ一変までは厳しそう。


このコラムからの推奨馬はダノンザキッドプラチナトレジャーの2頭をあげておきます。

※そして、今週日曜日に行われるマイルCS出走予定馬の中からは、レシステンシアサリオスの2頭を調教注目馬としてピックアップしておきます。


◇今回は東京スポーツ杯2歳S編でした。
先週に引き続き今週も、2歳重賞の東京スポーツ杯2歳Sが行われます。過去10年の勝ち馬の中から3頭のダービー馬を送り出しているレースで、昨年も3冠馬コントレイルが強い競馬で勝利しています。今年も大物感のある馬が出走してくる予定で、来年のクラシックに期待が持てるような走りを見せてもらいたいものです。

それでは次回、ジャパンカップ編(予定)でお会いしましょう。

※東京スポーツ杯2歳S出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

タイトルホルダーの口コミ


口コミ一覧
閲覧 79ビュー コメント 0 ナイス 7

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

本年も押し詰まってまいりました。
今年は、この時期としては暖かく、競馬日和が続いていましたが、
今週始めから真冬並みの寒波襲来!?

我が懐も、寒波に襲われ始めて、このまま停滞するのか?心配です…。 

<寒波(カンパ)とは?>
寒波は、主として冬期、広い地域に2〜3日、またはそれ以上にわたって顕著な気温の低下をもたらすような寒気が到来すること。

【リニューアル週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数分析篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ分析篇)
木曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
木曜日 : 週末の重賞(刻を見極めるラップ篇)
金曜日 : 週末の重賞(過去ラップ分析篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

*各曜日の予想を週末の重賞レース“総合分析”予想のみに絞り込みます。
木曜インパクトデータを止めて重賞レース回顧(日記)へ変更
金曜重賞レース回顧(日記)から有力馬ラップ分析へ変更
ハイブリッド指数予想を止めて重賞レース“総合分析”予想へ変更

※引き続き「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【“総合分析”予想 第11期途中経過】
第11期(11月7日~11月29日)8日間(京王杯2歳S~京阪杯)13戦

週末は、当てる事ができたのか!?

日曜、G1マイルチャンピオンシップでは、7番アドマイヤマーズ軸で勝負!
ワイド(7-2,6,14,16)  馬連(4-7)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「マイルチャンピオンシップ」の軸馬アドマイヤマーズ、先行3番手追走のまま直線で一気に突き抜けて優勝…のはずが、3着入線。優勝グランアレグリア、2着インディチャンプで本命決着! 反省点として、馬券種の選択!? 優勝したグランアレグリア中心に馬券は売れ、低配当になっていた。理想的な買い方として、元騎手佐藤哲三氏が1点(4-8)で馬連・ワイド馬券を当てていたことから、まず当ててナンボ! 仮にワイド馬券(4-7 320円)1点なら…残念。



月曜、G3東京スポーツ杯2歳Sでは、10番ジュンブルースカイ軸で勝負!
馬連(10 -1,3)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

月曜「東京スポーツ杯2歳S」の軸馬ジュンブルースカイ、中団追走のまま直線で一気に突き抜けて優勝…のはずが、伸びてはいるが3着入線まで…。優勝ダノンザキッド、2着タイトルホルダー。反省点として、馬券種の選択!? 優勝したダノンザキッド中心に馬券は売れ、低配当になっていた。前日の「マイルCS」をすっかり忘れ…残念。


週末、2戦2敗…完敗。2レース共に、軸馬3着入線。本命戦だけに、当てることだけに集中すれば必然的に馬券はワイド馬券に絞れる。儲けることも大事だが、当ててナンボの世界!! 



過去10年のレース傾向(1番人気の信頼度)
【着別度数】単勝回収率/複勝回収率
京都2歳S=阪神(芝)2000=【2-2-1-1】71%/100%
ジャパンC=東京(芝)2400=【3-2-2-3】73%/86%
京阪杯=阪神(芝)1200=【2-2-0-6】50%/61%

【ラップ分析試行錯誤中】
【ラップ分析実戦 結果検証篇】
<G1 マイルCS (タイム1分32秒0)の回顧>
LAP(前半 3F34.9秒)
LAP(後半 3F33.5秒)
グランアレグリア(1着)騎手のコメント
「すごく良いスタートを切って、良いポジションがとれました。スタートしてすぐ落ち着きましたし、ずっとリラックスして冷静に走れました。4コーナーまではすごく良いレースができましたね。直線で前が少し狭くなりましたが、それも競馬です。他のジョッキーも1番人気のこの馬をマークしてきて、良いタイミングで外へ行けず、我慢しなくてはいけませんでした。でも、いい瞬発力を見せてくれました。ラスト150mで広いスペースに出して、良い脚を使って、インディチャンプを交わしてくれました。彼女の強さを見せてくれました。素晴らしい馬です。まだ4歳ですし、大人になって落ち着きも出たので、乗りやすくなりました。彼女のパワーを全部使えるようになりましたから、来年も楽しみです」

<重賞ラップ分析実戦篇>
ジャパンC 東京(芝)2400㍍(3歳以上OP)
<傾 向>
基本的にはかなり順当決着傾向が強いレース&コースで、勝つのは上位人気馬である場合がほとんど。
<ポイント>
日本競馬史上最多の芝G1 8勝を誇るアーモンドアイ、無敗の三冠馬コントレイル、無傷で牝馬三冠を制したデアリングタクトという、歴史に名を刻んだ3頭が競演するドリームマッチ。
<注目馬>
デアリングタクト(牝3、美浦)
斤量53㌔で出走できる3歳牝馬で、いまだ無敗という底知れない強さは大きな魅力。

【重賞レースの馬番コンピポイント篇】
(京都2歳S)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数3~4位"

ただし、指数値64~62のみ。
過去10年内(2-1-2-1/6)
勝率33%/連対率50%/複勝率83%/回収率140%
近5年内 (2-1-2-0/5)
勝率40%/連対率60%/複勝率100%/回収率168%

ただ、3年連続出現しているだけに、今年は期待薄!?

(ジャパンC)
注目(複勝)したのは、"馬番コンピ指数5位"

過去10年内(2-2-0-6/10)
勝率20%/連対率40%/複勝率40%/回収率82%
近5年内 (2-2-0-1/5)
勝率40%/連対率80%/複勝率80%/回収率164%

16年から継続して馬券に絡んでいる為、今年は期待薄!?

(京阪杯)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数6~7位"

ただし、指数値56~54のみ。
過去10年内(1-1-4-4/10)
勝率10%/連対率20%/複勝率60%/回収率233%
近5年内 (1-1-2-3/7)
勝率14%/連対率28%/複勝率57%/回収率174%

昨年、6位55(3着)-7位54(1着)
共に出現しているだけに、今年は期待薄!?

詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

 グラニースミス 2020年11月24日(火) 09:42
よーく見れば… 先週の競馬 
閲覧 305ビュー コメント 10 ナイス 125

土曜の会議
「いちじで終わろう」と聞こえたから、
午後から帰宅して競馬 → ボロ負け
でも実は「しちじで終わろう」だったらしく、
ふたりの誰かさんが仲良く怒っていたらしい(笑)
よーく聞いておけば、土曜の負けはなかったなぁ~

第37回 マイルチャンピオンシップ GⅠ
レース直前に気が付いた
グランアレグリア 4歳牝馬 55kg
サリオス 3歳牡馬 56kg
よーく見ればグランアレグリアは、安田記念を56kgで1着なら恵まれているかもなぁと思った。

【JRA HP出走馬情報の結果】
サリオス5着、グランアレグリア1着、インディチャンプ2着、アドマイヤマーズ3着
レシステンシア8着、ヴァンドギャルド6着、ラウダシオン15着、サウンドキアラ10着
1~3着掲載されていました。

グランアレグリアの今年GⅠ出走は、4戦4連対
高松宮記念 昨年11,000万 → 今年13,000万
安田記念 昨年11,000万 → 今年13,000万
スプリンターズS 昨年11,000万 → 今年13,000万
マイルCS 昨年11,000万 → 今年13,000万
よーく見れば、連対したレースは、すべて賞金増額されたものだった。

第25回 東京スポーツ杯2歳S GⅢ
よーく見れば、ダノンザキッド 唯一の6月デビューが勝った → 仕上がり早いってことか…

【JRA HP出走馬情報の結果】
ダノンザキッド1着、ジュンブルースカイ3着、タイトルホルダー2着、ドゥラヴェルデ6着
プラチナトレジャー4着、モメントグスタール9着、モリノカンナチャン7着、レインフロムヘヴン8着
1~3着掲載されていました。

昨日の最終阪神12R は3着が3頭同着の珍事
よーく見ても判別不能だったんですねぇ

よーく見る事を大切ですねぇ(^^♪

では

[もっと見る]

 ちびざる 2020年11月23日(月) 16:53
【GⅢ】東京スポーツ杯2歳ステークスの結果
閲覧 48ビュー コメント 0 ナイス 9


1着:③ダノンザキッド
2着:②タイトルホルダー
3着:⑩ジュンブルースカイ



私の◎にした③ダノンザキッドは1着でした。
2着の②タイトルホルダーは無印
3着の⑩ジュンブルースカイは▲


でした。

買い目は
馬連流し
③→①⑩⑧
でしたので、予想は、ハズレました。_| ̄|○



 まずはに③ダノンザキッドに関して。
スタートは、悪くはなかったと思います。
掛かりそうになったので一旦、川田騎手が手綱を絞りました。
道中は、離れた3番手を追走。
勝負所でも慌てずに楽に3番手を追走し直線へ。
直線では、馬場の真ん中を坂上まで併走も
その後はムチも入れず手綱をシゴクだけで突き放し1着でゴール。
楽勝でしたね。
プラス24キロも関係なかったですね。
成長分だったってことですね。
上がり三ハロンも最速の33.5秒と切れる脚があるのも
見せてくれました。
好位につけてこの瞬発力を見せられては、お手上げですね。┐(´д`)┌ヤレヤレ
来年が楽しみですね。


2着の②タイトルホルダーについて
スタートは良かったですね。
ハナに行きそうになりましたが、レインフロムヘヴンが行ってくれたので
楽に2番手を確保が出来ました。
道中は離れた2番手を追走。
勝負所で後ろから来る馬を引きつけて直線へ。
直線では、引き付けた分、脚が溜まっていました。
直線半ばで一旦先頭に立ちましたが、勝ち馬の決め手屈した形になりました。
この2着は収穫の2着だったと思います。
逃げなくても結果が出たのは大きいですね。
クラシックが楽しみになりました。


的中された方々、おめでとうございます

[もっと見る]

⇒もっと見る

タイトルホルダーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
2:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年11月23日(月) 00:26:13
水、穴
1:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年11月19日(木) 02:28:02
ヒデ、△前走は展開と相手に恵まれ

タイトルホルダーの写真

投稿写真はありません。

タイトルホルダーの厩舎情報 VIP

2020年11月23日東京スポーツ杯2歳S G32着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

タイトルホルダーの取材メモ VIP

2020年11月23日 東京スポーツ杯2歳S G3 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。