エフフォーリア(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
エフフォーリア
エフフォーリア
エフフォーリア
エフフォーリア
エフフォーリア
エフフォーリア
エフフォーリア
エフフォーリア
エフフォーリア
写真一覧
現役 牡4 鹿毛 2018年3月10日生
調教師鹿戸雄一(美浦)
馬主有限会社 キャロットファーム
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 9戦[6-1-0-2]
総賞金73,663万円
収得賞金34,800万円
英字表記Efforia
血統 エピファネイア
血統 ][ 産駒 ]
シンボリクリスエス
シーザリオ
ケイティーズハート
血統 ][ 産駒 ]
ハーツクライ
ケイティーズファースト
兄弟 ヴァンガーズハートリオハ
市場価格
前走 2022/06/26 宝塚記念 G1
次走予定

エフフォーリアの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
22/06/26 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 18243.316** 牡4 58.0 横山武史鹿戸雄一B 520
(-2)
2.10.6 0.936.2⑨⑧⑧⑩タイトルホルダー
22/04/03 阪神 11 大阪杯 G1 芝2000 16361.519** 牡4 57.0 横山武史鹿戸雄一 522
(+6)
1.59.1 0.735.5⑨⑧⑧⑩ポタジェ
21/12/26 中山 11 有馬記念 G1 芝2500 165102.111** 牡3 55.0 横山武史鹿戸雄一 516
(+2)
2.32.0 -0.135.9⑨⑨⑧⑤ディープボンド
21/10/31 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 16353.431** 牡3 56.0 横山武史鹿戸雄一 514
(+4)
1.57.9 -0.133.2⑥⑥⑥コントレイル
21/05/30 東京 11 東京優駿 G1 芝2400 17111.712** 牡3 57.0 横山武史鹿戸雄一 510
(+6)
2.22.5 0.033.4④⑨⑨シャフリヤール
21/04/18 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 16473.721** 牡3 57.0 横山武史鹿戸雄一 504
(-10)
2.00.6 -0.536.7④④④タイトルホルダー
21/02/14 東京 11 共同通信杯 G3 芝1800 12676.841** 牡3 56.0 横山武史鹿戸雄一 514
(+4)
1.47.6 -0.433.4ヴィクティファルス
20/11/08 東京 9 百日草特別 1勝クラス 芝2000 8663.521** 牡2 55.0 横山武史鹿戸雄一 510
(-6)
2.02.3 -0.233.4④④④レインフロムヘヴン
20/08/23 札幌 5 2歳新馬 芝2000 7661.411** 牡2 54.0 横山武史鹿戸雄一 516
(--)
2.03.3 -0.135.7エスコバル

エフフォーリアの関連ニュース

JRAは1日、第67回有馬記念(12月25日、中山、GⅠ、芝2500メートル)のファン投票第2回中間発表を行った。順位は前回とほぼ変わらず、1位は今年の天皇賞・春宝塚記念を制したタイトルホルダー(美浦・栗田徹厩舎、牡4歳)。27万1769票を集めた。昨年の覇者エフフォーリア(美浦・鹿戸雄一厩舎、牡4歳)=22万1162票、秋の天皇賞を制したイクイノックス(美浦・木村哲也厩舎、牡3歳)=21万8054票と続き、関東馬が上位を独占。ファン投票は4日まで受け付けており、最終結果発表は8日に行われる。

エフフォーリアが有馬記念に向けて帰厩 2022年11月30日(水) 16:44

宝塚記念6着後に放牧へ出ていたエフフォーリア(美・鹿戸、牡4)が有馬記念(12月25日、中山、GⅠ、芝2500メートル)を目指し、30日に美浦トレセンへ帰厩した。「暑いのが苦手かもしれないし、夏に北海道で休養できたのは良かったと思う。背丈が伸びて、ひと回り大きく見えるし、迫力があるね。何より元気が良く、気持ちがフレッシュな状態で帰ってきてくれたのがいいね」と鹿戸調教師。活気が戻った昨年の年度代表馬が年末のグランプリで復権を狙う。

[もっと見る]

エフフォーリアが30日に美浦に帰厩 有馬記念に向けて本格始動 2022年11月29日(火) 17:02

宝塚記念6着後、休養していた昨年の年度代表馬エフフォーリア(美・鹿戸、牡4)は、30日に放牧先の福島・ノーザンファーム天栄から美浦トレセンに帰厩。目標の有馬記念(12月25日、中山、GⅠ、芝2500メートル)へ向けて本格的な調教に入る。牧場でも順調に乗り込まれており、鹿戸調教師は「すごくフレッシュで、いい状態で戻ってくる。背丈も伸び、パワーアップしている。現在540キロ(前走時520キロ)ぐらいあり、10キロ程度増えてレースを迎えられそう」と話した。

[もっと見る]

【逃げ馬の作る展開から勝ち馬を見極める】ジャパンC2022 シャフリヤールVSダノンベルーガ!ユニコーンライオンのペースで本領を発揮するのは? 2022年11月26日() 17:00

人気の中心は天皇賞(秋)からステップする2頭。過去の逃げ馬の傾向と、今年の逃げ馬が作るペースを予測したうえで、人気2頭を分析し、勝ち馬を見極めたい。

過去10年のジャパンCで逃げた馬の成績は【1-1-1-7】。2016年にキタサンブラックが勝ち鞍を挙げているものの、基本的に苦戦傾向にあるとみていい。

今年は福島記念で久々に逃げ切りを決めたユニコーンライオンが参戦する。矢作調教師が逃げると宣言しており、ほかに行きたい馬もいないだけにすんなり先手。

ユニコーンライオンがスローで逃げれば瞬発力勝負、飛ばして逃げるならそこそこ上がりのかかる消耗戦を想定できる。

同厩舎のパンサラッサが秋の天皇賞で大逃げから大健闘したため、ハイラップで飛ばしていくケースもないとはいえない。

ただ、適性距離に近かったパンサラッサとちがい、ユニコーンライオンに2400mは長いため、道中はペースを落とすと考えたい。

前半のスローによって、全体時計もそれほど速くならないと考えれば、持ち時計はそれほど気にする必要はなく、道中消耗少なく脚を溜め、直線で瞬発力を活かせるかが重要になる。

今回人気を背負うシャフリヤールの鞍上C.デムーロ騎手は、前半位置を取り、早仕掛けする騎乗の目立つ騎手。

天皇賞(秋)でも勝ち馬イクイノックスと3着馬ダノンベルーガが、道中2桁位置取りでじっくりと脚を溜めたのに対し、ジャックドールの後ろにつけ、直線の伸びは案外に終わった。

福永騎手騎乗の日本ダービーエフフォーリアを射程に入れつつ脚を溜めて差し切ったように、前半無理に出していかず、控える競馬が合うとみている。外枠に入り、2ハロン延長の今回、鞍上がどう乗るかが鍵になる。

もう一頭のダノンベルーガは、1人気を背負った日本ダービーで4着と敗れており、ピッチ走法で走る馬なので距離延長は歓迎とはいえない。

また、間隔の詰まったローテも気にあるところで、中間それほど強い調教していないなかで、馬体重が減っているのも気になるところ。

ただ、天皇賞(秋)で上がり32秒台の脚を使ったのは、勝ち馬イクイノックスとこの馬だけであり、距離延長でも同様の決め手を使えるなら当然勝ち負けになる。

シャフリヤール天皇賞(秋)は5着に終わったものの、藤原厩舎の叩き2戦目で上積みは大きい。早い段階から秋の最大目標をジャパンCに置いており、負けられない一戦。

前述したとおり、無理に出して行くとしまいが甘くなるので、前走同様の競馬なら競り負ける可能性は出るものの、軸として信頼したい。

ヴェラアズール。前走の京都大賞典を上がり3ハロン最速33秒2の脚で完勝。元々ダート馬だけに底力の要求されるコースは強い。軽い芝で究極のキレ勝負になったときどうかも、好枠にR.ムーア騎手なら期待できる。

▲ヴェルトライゼンテ。一昨年の日本ダービーコントレイルの3着。それほどキレるイメージはなかったものの、長期休養明けの鳴尾記念で33秒7の脚を使い差し切り勝ち。D.レーン騎手に戻り、瞬発力を引き出せるようなら怖い存在。

以下、ダノンベルーガハーツイストワールテーオーロイヤルまで。

(文・垣本大樹)

[もっと見る]

有馬記念ファン投票第1回中間発表 1位はタイトルホルダー 2022年11月24日(木) 16:31

JRAは24日、第67回有馬記念(12月25日、中山、GⅠ、芝2500メートル)のファン投票第1回中間発表を行った。1位は今年の天皇賞・春宝塚記念を制したタイトルホルダー(美浦・栗田徹厩舎、牡4歳)で15万7329票を獲得。2位は昨年の有馬記念優勝馬エフフォーリア(美浦・鹿戸雄一厩舎、牡4歳)で12万7957票。3位は今秋の天皇賞・秋でGⅠ初制覇を果たしたイクイノックス(美浦・木村哲也厩舎、牡3歳)で12万6406票。4位に今年の日本ダービードウデュース(栗東・友道康夫厩舎、牡3歳)が11万4370票で続いた。

有効投票数は177万891票。得票数上位100頭はJRAホームページ(https://www.jra.go.jp/news/202211/112406.html)で確認できる。最終結果発表は12月8日。投票は12月4日まで受付中。特設サイト(https://arimafan-vote.com/)から投票可能で豪華賞品も抽選で当たる。

[もっと見る]

【3歳以上次走報】エフフォーリアは有馬記念に向けて来週帰厩予定 2022年11月23日(水) 22:38

★美浦・鹿戸雄一厩舎は次の通り。宝塚記念6着エフフォーリア(牡4歳)は有馬記念(12月25日、中山、GⅠ、芝2500メートル)出走に向けて来週、美浦に帰厩予定。毎日王冠7着キングストンボーイ(牡4歳)はディセンバーS(12月18日、中山、L、芝1800メートル)で復帰。オーロC4着ルッジェーロ(騸7歳)はタンザナイトS(12月17日、阪神、OP、芝1200メートル)へ。レッドヴェイロン(牡7歳)は師走S(12月10日、中山、L、ダ1800メートル)。

秋華賞14着エリカヴィータ(美浦・国枝栄厩舎、牝3歳)はターコイズS(12月17日、中山、GⅢ、芝1600メートル)でリベンジを図る。僚馬で札幌記念10着ハヤヤッコ(牡6歳)は中日新聞杯(12月10日、中京、GⅢ、芝2000メートル)へ。

エリザベス女王杯8着ルビーカサブランカ(栗東・須貝尚介厩舎、牝5歳)は、チャレンジC(12月3日、阪神、GⅢ、芝2000メートル)へ。同レースを予定しているヒンドゥタイムズ(栗東・斉藤崇史厩舎、騸6歳)はC・デムーロ騎手が騎乗停止のため武豊騎手とのコンビで向かう。

アルゼンチン共和国杯4着カントル(栗東・藤原英昭厩舎、牡6歳)は、中日新聞杯(12月10日、中京、GⅢ、芝2000メートル)へ。同8着キラーアビリティ(栗東・斉藤崇史厩舎、牡3歳)は、中日新聞杯で引き続きC・デムーロ騎手とコンビを組む。

★晩秋S勝ちのディクテオン(栗東・吉岡辰弥厩舎、牡4歳)は東海S(1月22日、中京、GⅡ、ダ1800メートル)を本線にする。

★紅葉S勝ちのウイングレイテスト(美浦・畠山吉宏厩舎、牡5歳)はディセンバーSで連勝を狙う。

★カシオペアS5着ヴィクティファルス(栗東・池添学厩舎、牡4歳)はディセンバーS(12月18日、中山、L、芝1800メートル)を目指す。

★福島民友C5着オセアダイナスティ(美浦・加藤征弘厩舎、牡4歳)は、師走S(12月10日、中山、L、ダ1800メートル)へ。同11着エマージングロール(栗東・橋口慎介厩舎、牡4歳)は門司S(1月15日、小倉、OP、ダ1700メートル)が候補に。

★銀嶺S勝ちゴールドパラディン(栗東・吉岡辰弥厩舎、牡5歳)は、幸騎手でコールドムーンS(12月18日、中京、OP、ダ1400メートル)へ。

中山GJ2着以降、休養しているブラゾンダムール(栗東・松永幹夫厩舎、牡7歳)は、中山大障害(12月24日、中山、J・GⅠ、芝4100メートル)で復帰予定。秋陽ジャンプS2着ニシノデイジー(美浦・高木登厩舎、牡6歳)も同レースへ。

[もっと見る]

⇒もっと見る

エフフォーリアの関連コラム

閲覧 1,324ビュー コメント 0 ナイス 3


天皇賞(秋)イクイノックスが直線鋭く伸びて勝利。昨年のエフフォーリアに続いて今年も3歳馬が制した。この現象はもちろん3歳勢が一定のレベルにあることもひとつだが、もうひとつは、そもそも有力3歳馬の参戦が増えていることもある。したがって、3歳馬が天皇賞(秋)で走った=世代レベルが高いというわけではなく、そもそも3歳馬が走りやすいレースに3歳馬が出走してくるようになったということだろう。

そして、勝ち馬と同等かそれ以上に観客を沸かせたのが2着のパンサラッサ。24年前のサイレンススズカを彷彿とさせるような逃げで、直線も貯金を生かして粘り込んだ。パンサラッサ札幌記念2着からの参戦だったが、今回は7番人気と低評価。東京芝の差し傾向も気になり個人的にも消してしまったが、結果的には人気の盲点になっていた。

先週の競馬からはもう一つ、土曜日に行われたスワンSの話もしておきたい。注目は3着のルプリュフォール。といっても馬ではなく、武豊騎手だ。武豊騎手はこの秋の重賞で2度目の2ケタ人気での穴。

神戸新聞杯 ヤマニンゼスト 12番人気2着
スワンS ルプリュフォール 11番人気3着

最近の武豊騎手は、人気薄の差し馬に騎乗すると腹を括って馬群を突く、あるいは思い切って溜めてくることが多い。もともと技術的には日本でもトップクラスなのは今でも変わらないので、こういった「決め打ちの武豊」的な穴好走は今後増えて行くかもしれない。この原稿を書いている最中、ちょうどJBCクラシックでもクリノドラゴンであとひと息の4着(8番人気)に追い込んで来ていた。

かつては武豊騎手を穴で買えるなど想像もしなかったが、新しいパターンに注目したい。

みやこS展望

では、いつも通り最後は週末の注目馬で締めたい。今週末はみやこステークスが行われる。注目はこの馬。

ハピ横山典弘騎手)

オメガパフュームが当然期待を集めるだろうが、馬券的に面白そうな注目馬はハピ。前走のシリウスSでは初の古馬相手ながら内を突いて2着と健闘。横山典騎手も初騎乗ながら手の内に入れていた。同騎手は継続騎乗で馬とフィットしていくのがパターンで、本馬とも2度目のコンビでさらなる上積みがありそう。先行勢が揃ったことで展開利もありそうだし、ダート3歳勢のレベルの高さを考えても、引き続きチャンス大だろう。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2022年6月23日(木) 13:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 宝塚記念2022  
閲覧 2,389ビュー コメント 0 ナイス 11



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



6月26日(日)阪神11R 第63回宝塚記念(3歳以上G1・芝2200m)


【登録頭数:20頭】(フルゲート:18頭)


<前走:大阪杯出走馬>(3ヶ月)
ポタジェ(1着、468kg(+2kg))<C>【優先出走馬(ファン投票4位)】
休み明けで乗り込み豊富。1週前追い切りの動きを見ると力強い走りで迫力もあるが、終い重心が高くなり伸びきれず。

アリーヴォ(3着、500kg(-2kg))<C>【優先出走馬(ファン投票26位)】
この中間はこれまでの追い切りと比べると時計がかかっている感じあり。大きな馬で太め残りが心配。

ヒシイグアス(4着、494kg(+9kg))<A>【優先出走馬(ファン投票23位)】
この中間は3週連続レーン騎手が騎乗しての調整。動きも素軽く終いの伸びも良好で、出来は前走以上。

アフリカンゴールド(7着、468kg(±0kg))<C>【賞金上位馬④】
この中間もCWで前走時と変わらない時計が出ていて調子は良さそうだが、元々硬さのある動きをする馬で先行勢も揃っていて、これまで以上の出来でないと厳しい。

エフフォーリア(9着、522kg(+6kg))<C>【優先出走馬(ファン投票2位)】
この中間は、日曜日に坂路で追っていたところを南Wに変え、乗り込み不足を解消する内容に変えてきた。ただ、左にモタれたり手応えもイマイチで、何よりも迫力が感じられない。

キングオブコージ(11着、506kg(+10kg))<B>【賞金上位馬③】
前走時も乗り込まれていたが、馬体を絞れず太め残り。乗り込み量は今回も豊富で、併せ馬の本数を増やしてきた。1週前追い切りでは、坂路馬なり調整で時計平凡も、重め感なく、動きも素軽く仕上りは良さそう。

ウインマリリン(16着、462kg(-10kg))<B>【賞金上位馬②】
前走時は休み明けでも馬体が減っていて、パドックではトモが寂しく元気もなかった。この中間も南Wでの調整だが、動きも良くなり終いの伸びにも良化が窺え、上積みが感じられる。





<前走:天皇賞(春)出走馬>(中7週)
タイトルホルダー(1着、474kg(-2kg))<A>【優先出走馬(ファン投票1位)】
今年3戦目で、この中間も南Wで好時計をマーク。1週前追い切りの映像からも、左回りということもあってコーナリングもスムーズで、集中した走りで順調ムードが漂う。

ディープボンド(2着、504kg(-6kg))<AA>【優先出走馬(ファン投票8位)】
大きな馬の叩き3戦目で、この中間も乗り込み豊富で坂路、CWと好時計を連発。1週前追い切りの動きを見ても、直線に向く時の手応えが抜群で、追われてからの伸び脚も重め感がなく素軽くなった印象を受ける。それでいて重心は高くならず力強さを伝えていて、近走の中ではベストの状態で出走できそう。

ヒートオンビート(4着、478kg(-2kg))<B>【除外対象馬】
この中間は2週前、1週前と好時計が出ており、併せ馬でも先着をはたすなど前走時よりも好印象。除外対象馬だが仕上がりは良く、出来は前走以上。

アイアンバローズ(5着、496kg(-2kg))<B>【賞金上位馬⑧】
前走時はCWでの時計は特に変わらなかったものの、坂路での時計がかかっていた。この中間は日曜日の坂路での時計もしっかり出ていて、好走時の出来に近い内容だった。

マイネルファンロン(6着、478kg(-12kg))<B>【賞金上位馬⑤】
休み明けの前走時は、追われて終い伸びる追い切り内容だったが、今回の1週前追い切りでは自分から走っていくスピード感があった。気持ちの面での変わり身が感じられる内容。

メロディーレーン(9着、352kg(+6kg))<B>【優先出走馬(ファン投票17位)】
かなり小柄な牝馬で、これまであまり高評価を与えたことのない馬。ただこの中間は、CW、坂路とこれまで見たことのないような好時計が出ていて、一変の状況。1週前追い切りでも、ジョッキー騎乗とはいえ終いしっかり伸びて先着していて、前走とは明らかに出来が異なる。他馬との比較では水準に近づいたくらいの評価だが、この馬自身としては近走では一番の出来に近い。





<前走:その他のレース>
デアリングタクトヴィクトリアマイル:6着、486kg(+22kg)中5週)<C>【優先出走馬(ファン投票7位)】
休み明けの前走時は+22キロ。中間の追い切りの動きは予想以上に良いものだったが、パドックではお腹のあたりに余分な肉がだいぶ残っている感じに映った。この中間は2週前(坂路)と1週前(CW)の動きを見るに、足先だけで走っている感じで力強さや迫力が感じられない。反動が出ているのか、ガラッと良くなった感じがない。

パンサラッサドバイターフ:1着、3ヶ月)<B>【優先出走馬(ファン投票15位)】
距離を意識してなのか、1週前はCWを長めからの追い切り。有馬記念の時も同じような追い切りだったが、今回のほうが走りに余裕があり終いの伸びも良かった。連勝しているだけあって、馬も成長している感じ。

オーソリティドバイシーマクラシック:3着、3ヶ月)<B>【優先出走馬(ファン投票25位)】
1週前追い切りはやや気追い気味にも見える動きだったが、坂路、南Wと好時計が出ていて出来は良さそう。あとは関西への輸送と右回りでの競馬を克服できるか。

ステイフーリッシュ(ドバイゴールドカップ:1着、3ヶ月)<D>【賞金上位馬①】
海外で2連勝しての帰国初戦。この中間の乗り込み量は少なく、1週前追い切りでは同様に海外帰りのパンサラッサと併せて直線で離されてしまった。出来自体に不安あり。

グロリアムンディ(アンタレスS:2着、496kg(-8kg)中9週)<C>【賞金上位馬⑦】
調教駆けする馬で、この中間も好時計で先着していて動きも良く出来は良さそう。ただ、芝では1勝クラスを勝てなかった馬で決め手もなく、一気の相手強化に対応できるかは疑問。

ギベオン鳴尾記念:4着、508kg(+4kg)中2週)<B>【賞金上位馬⑥】
休み明けの前走時は、追い切りでの動きも良く、パドックでもスッキリした感じで太め感はなく好仕上りだった。この中間は間隔が詰まっているが、先週CWで好時計をマークするなど叩き2戦目での上積みも期待できそう。

サンレイポケット鳴尾記念:3着、480kg(±0kg)中2週)<B>【除外対象馬】
除外対象馬だが、休み明けの前走時に坂路で良い動きを見せていて、この中間も1週前に好時計と上積みが窺える。





※今回このコラムでの中間の状態からの推奨馬は、ディープボンドタイトルホルダーヒシイグアスの3頭をあげておきます。



◇今回は、宝塚記念編でした。
宝塚記念というと、出走予定だったスーパークリークが回避して1強になったオグリキャップオサイチジョージに敗れた第31回。なかなかG1を勝てなかったメジロライアンが、同期のメジロマックイーンを負かしてG1初勝利を飾った第32回。天皇賞(春)3連覇をライスシャワーに阻止されたメジロマックイーンが、キッチリ人気に応えて強い競馬を見せた第34回。スペシャルウィークステイゴールドを、直線並ぶ間もなく突き放し圧倒的な強さでグラスワンダーが制した第40回あたりが印象に残っています。
昔の宝塚記念は頭数もそれほど揃わず、断然人気馬が強い競馬を見せるか、2強、3強対決というレースが多かった印象がありますが、近年は頭数、海外遠征明けでの出走、牝馬の活躍なども増え、昔とは様相がだいぶ変わった感じがします。その一方で、春の天皇賞から参戦してくる王道組に元気がないようなところもあり、その路線から確固たる主役級が出てくると宝塚記念はもっと盛り上がるのではないかと思います。今年は菊花賞天皇賞(春)の勝ち馬が海外出走組を迎え撃つ形になりますので、面白いレースになりそうです。




🎤あなたの夢はエフフォーリアタイトルホルダーかそれともデアリングタクトか。私の夢は・・・です。


宝塚記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2022年6月19日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2022年06月19日号】特選重賞データ分析編(311)~2022年宝塚記念
閲覧 2,908ビュー コメント 0 ナイス 5



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 宝塚記念 2022年06月26日(日) 阪神芝2200m内


<ピックアップデータ>

【前走の着順別成績(2012年以降)】
○3着以内 [5-5-7-43](3着内率28.3%)
×4着以下 [5-5-3-69](3着内率15.9%)

 基本的に前走好走馬が強いレース。前走の着順が4着以下、かつ前走の距離が1800~2500mだった馬は2012年以降[1-1-0-45](3着内率4.3%)と苦戦していました。1マイル戦や天皇賞(春)を経由してきた馬でない限り、大敗直後の馬は強調できません。

主な「○」該当馬→ステイフーリッシュディープボンド
主な「×」該当馬→エフフォーリアキングオブコージデアリングタクトヒシイグアス


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“同年、かつJRA、かつ重賞のレース”において2着以内となった経験がある」馬は2012年以降[8-6-7-52](3着内率28.8%)
主な該当馬→キングオブコージディープボンド

[もっと見る]

2022年5月27日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】ファン心理の逆を突かれたオークスの結末/日本ダービー展望
閲覧 1,868ビュー コメント 0 ナイス 2



オークススターズオンアースが中団から堂々の差し切り。桜花賞に続いての2冠制覇となった。

スターズオンアースは、デビュー2戦目で1番人気の支持に応え初勝利を挙げると、以後は赤松賞→フェアリーSクイーンCまで4戦連続で1番人気。しかし、勝ち切れずに迎えた桜花賞は7番人気、今回のオークスも3番人気だった。デアリングタクト以来2年ぶりの2冠を達成したスターズオンアースは、恐らく順調なら秋は秋華賞で3冠に挑むことになる。今度は堂々の1番人気で迎えるのか、それとも再び人気の面では他の馬に譲ることになるのか…。

人気という点では、2着に入ったスタニングローズについても少し触れておきたい。スタニングローズフラワーCを制し、オークスでレーン騎手が騎乗するとの一報を聞いたとき、

「これは危険な人気馬になるかもしれない」

というのが正直な感想だった。レーン騎手自身やや早仕掛けの傾向があり、距離延長に加えて少し掛かる面もあるスタニングローズとの相性は微妙に感じられたからだ。ところが、フタを開けてみればなんと10番人気。レーン騎手が来日後イマイチ乗り切れていないこともありファン心理として買い控えが起こったのかもしれない。後になって考えれば、前走重賞を勝ったノーザンファーム生産馬にレーン騎手が騎乗したにも関わらず10番人気などというシチュエーションはそうそう起こることではなかったかもしれない。

近走成績が良いにも関わらず買い控えられた2頭がワンツーを決めた一方、桜花賞で「いかにも」な負け方をしたサークルオブライフは、結果的に負けて強しとしてオークスでは桜花賞以上に支持を集めたが12着に惨敗。もちろんレース前のアレコレで気性面の課題を露呈したのもあるかもしれないが、それも含めて馬の能力。やや過大評価になってしまったのかもしれない。

個人的に期待した◎ベルクレスタも、直線は力負けという内容だった。終わってみればいろいろ頭を捻った層がまんまとその罠にハマり、シンプルに考えた層が的中できた、そんなオークスだった。競馬予想は期待値のゲームでもあるので、個人的にも今回は中途半端なところを狙ってしまったという反省の残る一戦だった。

では、今回も先週の競馬から次走狙えそうな馬を一頭挙げておきたい。

【次走狙い馬】シェイリーン(日曜東京5レース・3歳1勝クラス/3着)

最内枠で包まれつつの追走で直線は一旦下がることになったが、そこからスペースができると再び加速して伸びて来た。気性的に包まれると良くないようで、ルメール騎手も「キックバックが苦手」とコメント。今回は最内枠が敗因とみていいだろう。それでも最後伸びて来て馬券圏内確保は性能の高さの証明で、引き続き東京ダートなら安定◎。中~外枠ならば信頼度はより高まる。

日本ダービー展望

では、いつも通り週末の注目馬で締めたい。今週末はいよいよ日本ダービー。昨年は久々に内枠有利ではなく、むしろ中~外枠の差し馬の決め手が生きた一戦。最内枠から2着に突っ込んだエフフォーリアは、素直に負けて強しといえる内容だった。

今年はどんな馬場状態になるかだが、ひとつ確実に言えることは皐月賞は「外有利」の馬場だったということ。その観点から行けば、皐月賞で内を通った馬の巻き返しに期待したくなる。ベタなところならダノンベルーガとなるが、ひと捻り加えてこの馬から。

キラーアビリティ横山武史騎手騎手)

狙いたいのはキラーアビリティホープフルSからのぶっつけローテで期待された皐月賞は、不利な内枠に加えてスタートで出遅れ、直線もインを突く形で悪いところがすべて出た一戦。大敗もノーカウントでOKだろう。横山武史騎手は春G1前半で期待に応えられないシーンも目立ったが、高松宮記念で人気を裏切ったレシステンシア桜花賞で人気を裏切ったナミュールともに次走で巻き返している。キラーアビリティも、人気が落ちそうな今回は巻き返しが怖い。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2022年4月8日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】積み重ねた実績がアテにならない内回り戦/桜花賞展望
閲覧 1,976ビュー コメント 0 ナイス 2



大阪杯高松宮記念に続いての波乱の結末。勝ったのは金鯱賞4着から巻き返したポタジェ。2強と目されたエフフォーリアジャックドールはともに馬券にも絡めない惨敗だった。

勝ったポタジェは重賞に挑戦するようになってからなかなか勝ち切れないレースが続いていたが、持ち味の立ち回りの上手さとしぶとさを最大限に生かした。ディープ産駒ながらキレ味で勝負するタイプではなく、内回りで淀みなく流れたこともプラスに働いた。

2着レイパパレは昨年の覇者で適性の高さは証明済み、3着アリーヴォも小倉のタフな小回り戦を制して参戦してきた馬だった。

基本的に日本のビッグレースは東京や京都外回り、阪神外回りといった直線まで脚を溜めて瞬発力を競う舞台で行われる。だからこそ、そういった舞台で輝けない馬たちが、内回りの持久力戦で巻き返す。

…と終わってみれば何でも言えるだろうという話なのだが、競馬は基本的に同じことの繰り返し。あのアーモンドアイキタサンブラックコントレイルがキャリアの中で数少ない大凡走をしたのも小回りの持久力戦だった。次回同じことが起こった時にはキッチリとモノにできるようにしたい。

ニュージーランドTも外枠や差し勢の一発に注意

先週は土曜日に行われたダービー卿CTも大波乱。こちらも馬場が荒れて来た中山で差しが届くレースになったことが波乱の要因。中山芝1600mというと基本的には内枠先行が有利な立ち回り戦になりがちだが、連続開催に加えて逃げ先行馬が揃ったことで今回は差し馬が台頭。道中後方集団にいた11番人気のタイムトゥヘヴン、12番人気のフォルコメンが直線で伸びて来た。

今開催の中山芝重賞は、芝1800mの中山牝馬Sも大波乱。この時は大外枠のクリノプレミアムが外から差し切り勝ち。通常のイメージとは逆の馬が走るとき、配当も大きくなる。今週末もダービー卿CTと同じ中山芝1600mのニュージーランドTが控えている。Bコース2週目で馬場の損耗もより大きくなる可能性が高く、従来の内枠先行イメージとは異なる狙いをすることが穴馬券を手にする第一歩かもしれない。

では、今回も先週の競馬から次走狙えそうな馬を一頭挙げておきたい。

【次走狙い馬】キタノセレナード(日曜阪神1レース・3歳未勝利/2着)

ベタな狙いではあるが…馬場状態を考えると差しは楽ではなかったが、地力で外から伸びて来た。1800mなら常に安定した末脚出せるので引き続き有力。次走も連複軸は手堅い。馬場次第では2~3着付けで勝負しても面白いタイプ。

桜花賞展望

さて、今週末はいよいよクラシック第一弾・桜花賞。今年の牝馬は大混戦模様で直行組やトライアル組など様々な路線から有力馬が参戦するので、予想をする側は腕の見せ所となりそうだ。というわけで、今回も注目馬を一頭挙げてみたい。

ウォーターナビレラ武豊騎手)

注目はウォーターナビレラ。前走のチューリップ賞では5着に敗れているが、直線は行くところ行くところで前が塞がり追い出しに入れない不利が大きかった。もともと好スタートからサッと好位に取り付けるセンスが武器で、多頭数の大舞台でその立ち回りの上手さは大きなアドバンテージになる。スパッと切れる脚があるわけではないので勝ち切れるかどうかはともかくとして、連複軸としてなら大いに期待できる。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2022年4月1日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】2022年中京ダートの振り返り&馬塲傾向/大阪杯展望
閲覧 1,581ビュー コメント 0 ナイス 3



高松宮記念は7番人気のナランフレグが勝利。3着には17番人気のキルロードが入り、3連単は3年前の449万に続き、278万の大波乱となった。

ナランフレグの鞍上は丸田恭介騎手。丸田騎手は個人的にかなりお気に入りジョッキーの一人で、これまでも何度も馬券でお世話になっている。とにかく脚を溜めるのが上手く、今回のように自在に馬群を捌くことも可能。大舞台で有力馬に乗る機会は多くないが、馬の能力+αを引き出せる隠れた名手だ。ナランフレグのG1制覇は、丸田騎手を信じて乗せ続けた陣営の力も大きかったように思う。馬券は残念ながら外れてしまったが、ゴール後の涙にはこちらもウルっと来た。久々に感動のレースだった。

~覚えておきたい中京ダートの傾向

高松宮記念を終え、これで年明けから少しの休みを挟んで続いて来た中京開催はひとまず終了。改めて振り返りということで、今回は顕著な傾向が出ていたダートを少し振り返っておきたい。

よく見ている方ならご存じだと思うが、今年の中京ダートは総じて外有利傾向が続いていた。通常だとインを突いた組、逃げた組の活躍が目立つのだが、今年はむしろ逆。直線でのスピードが生きるシーンも多く、重賞・東海ステークスでもスワーヴアラミスの差しが届いた。

実際年明けから高松宮記念週終了までの中京ダートの枠別成績を見ると、勝率・連対率は8枠がトップ、複勝率も6枠に次いで8枠が2番目に良い。

とりわけコース取りの補正がしづらい短距離戦に限ると傾向は顕著で、中京ダート1200m~1400mに限定すると、1枠と8枠の差が非常に大きいことがわかる。

・2022年 中京ダート1200m&1400m枠別成績

1枠 勝率 6.7% 連対率 7.6% 複勝率 13.3%
8枠 勝率 10.2% 連対率 19.7% 複勝率 26.8%

ご覧の通り、連対率と複勝率はダブルスコア以上の差がついている。したがって今後馬柱を見る際には、ザックリ言うと中京ダートの内枠での戦績は見直し可能、逆に外枠での戦績は多少枠の恩恵があったとみることができる。過去の有利不利を記憶しておくだけでも予想をする上ではかなり優位に立てるので、ぜひ覚えておきたい。

では、先週の競馬から次走狙えそうな馬を今回も一頭挙げておきたい。

【次走狙い馬】メモリーエフェクト(土曜阪神10レース・天神橋特別/1着)

好位から楽に抜け出し完勝。これで8戦連続馬券圏内が示す通り、とにかくレースセンスが高く逃げても控えても問題ないのは強み。渋った馬場も馬群も苦にせず、順調に使えればクラスの壁はない。次走も軸でOK。

大阪杯展望

さて、引き続きG1戦線が続く。今週末は大阪杯エフフォーリアvsジャックドールの対決に注目が集まるが、今回は2頭以外から、この馬。

ステラリア福永祐一騎手)

久々だった前走は外枠のロスも大きくほぼ何もできずに終了、ノーカウントでOK。もともと叩き良化型で、久々をひと叩きされた効果は大きそうだ。阪神芝二千は忘れな草賞を制した舞台で、昨年のエリザベス女王杯では不利がありながらも最後押し上げて2着と能力の高さを示した。エフフォーリアは格上としてそれ以外はそこまで強力なメンツではないので、一発があっても驚けない。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

⇒もっと見る

エフフォーリアの口コミ


口コミ一覧

エルカスティージョ

 マリー(marie 2022年12月1日(木) 23:58

閲覧 33ビュー コメント 0 ナイス 5

キャロから引退の報告書は届いたものの、その後無事に繁殖入りできたのであろうか…?

仮にもオープン入りしたクラブ馬ですし、売却されてしまうってことはないと思いますが、、、。(; ̄ー ̄A


私が今、社台SSで注目している種牡馬は、、、。

アドマイヤマーズ
エピファネイア
オルフェーヴル
キズナ
キタサンブラック
コントレイル
シスキン
スワーヴリチャード
ドレフォン
ブリックスアンドモルタル
マインドユアビスケッツ
モーリス
リアルスティール

あたりなのですが、どの馬との配合も良さそうで…有効なインブリードが期待できる種牡馬も多数でした。

特に将来的にはエフフォーリアとの配合で仔馬が誕生し募集されれば、こんな嬉しいことはありませんね。(^3^)/

 アルピニスタ 2022年12月1日(木) 11:55
アスクビクターモア! 有馬見送り!
閲覧 66ビュー コメント 0 ナイス 8

出てきてほしかったのですが!

馬にとっては!
少し休んだ方が!
良いと思います!

来年に向けて!
好発進してもらいたい!

エフフォーリアは!
どうでも良い!

[もっと見る]

 アルピニスタ 2022年12月1日(木) 09:46
今年のシーズンを振り返ってみる!
閲覧 68ビュー コメント 0 ナイス 12

今年もあと一か月!
今年の G 1を振り返ってみると!
春シーズンは!
ボロボロでした!
特に!
今年の有力馬と!
思われていた馬が!
惨敗 エフフォーリア
これでは!
競馬で勝てるはずがない!


今年最後の 有馬記念は!
私の心の中で 決めていた!
馬を 狙いたい!

[もっと見る]

⇒もっと見る

エフフォーリアの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
2:
  HELPRO   フォロワー:0人 2022年4月3日() 15:51:31
見事に波乱。やはり親お陰人間には自己の技術力に欠ける事を証明。これを機により本物の鞍上に乗り変えるべし。日本人、それも縁故人間にはヤラセ以外に何も出来ない未熟者たち!
1:
  HELPRO   フォロワー:0人 2021年2月14日() 16:01:12
親のお陰が勝つのを見せられも何の感情も湧かない。
恥ずかしくないのか?ヤラセ息子に勝たれて?
何が腕だよ。仕込みボケ息子の癖に!!!

エフフォーリアの写真

エフフォーリアの厩舎情報 VIP

2022年6月26日宝塚記念 G16着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

エフフォーリアの取材メモ VIP

2022年6月26日 宝塚記念 G1 6着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。