エフフォーリア(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
エフフォーリア
エフフォーリア
エフフォーリア
写真一覧
現役 牡3 鹿毛 2018年3月10日生
調教師鹿戸雄一(美浦)
馬主有限会社 キャロットファーム
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 4戦[4-0-0-0]
総賞金19,214万円
収得賞金8,300万円
英字表記Efforia
血統 エピファネイア
血統 ][ 産駒 ]
シンボリクリスエス
シーザリオ
ケイティーズハート
血統 ][ 産駒 ]
ハーツクライ
ケイティーズファースト
兄弟 リオハ
前走 2021/04/18 皐月賞 G1
次走予定

エフフォーリアの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
21/04/18 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 16473.721** 牡3 57.0 横山武史鹿戸雄一504(-10)2.00.6 -0.536.7④④④タイトルホルダー
21/02/14 東京 11 共同通信杯 G3 芝1800 12676.841** 牡3 56.0 横山武史鹿戸雄一514(+4)1.47.6 -0.433.4ヴィクティファルス
20/11/08 東京 9 百日草特別 1勝クラス 芝2000 8663.521** 牡2 55.0 横山武史鹿戸雄一510(-6)2.02.3 -0.233.4④④④レインフロムヘヴン
20/08/23 札幌 5 2歳新馬 芝2000 7661.411** 牡2 54.0 横山武史鹿戸雄一516(--)2.03.3 -0.135.7エスコバル

エフフォーリアの関連ニュース

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は京都新聞杯・U指数予想をお届けします!


U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

2018年2着のアドマイヤアルバ(12位、11番人気)や2019年1着のレッドジェニアル(10位、11番人気)のような例があるので、決して順当傾向にあるとは言い切れないレースだが、過去5年間は必ずU指数5位以内の馬が馬券圏内に入っており、2016年、2017年は上位3着を独占している。基本的に、指数上位勢を信頼するスタイルで臨めば問題ない。とりわけ、指数90以上の馬の安定感は際立っているので、該当馬がいたら必ず押さえておくべきだろう。

軸候補として中心視できるのは、1位にランクされている④ルペルカーリア(90.1)。キャリア3戦ながら高評価の目安となる指数90を上回っており、ハイレベルだった前走の毎日杯で4着に好走している実績も光る。母シーザリオという血統背景からも伸びしろはありそうで、あっさりがあってもなんら不思議ではない。

対抗格となるのは、エフフォーリアダノンザキッドなどの強敵相手にもまれてきた2位の②ヴェローチェオロ(89.6)。次いで、前走で今回と同じ中京芝2200mの大寒桜賞を勝っている4位の⑧マカオンドール(87.7)。最後に、今年の土曜重賞で圧倒的な存在感を誇っている川田騎手が跨る7位の⑩レッドジェネシス(86.7)まで押さえておく。



【U指数予想からの注目馬】
ルペルカーリア ②ヴェローチェオロ ⑧マカオンドール ⑩レッドジェネシス

【私のチェックポイント】ランドオブリバティ能力全開 2021年5月7日(金) 05:00

 NHKマイルCの4日目は東京の三浦なぎさ記者が、スプリングS7着からの巻き返しを図るランドオブリバティに注目。デビュー初のマイル戦に向けてどのような対策を講じているのか、陣営を直撃した。

 本日は「俺の」ではなく、「私の」チェックポイント。前日のシュネルマイスターと同じく、距離短縮組のランドオブリバティを取り上げます。

 1800メートルだった前走のスプリングSは、2番人気に支持されながら7着。鹿戸調教師は「脚を取られるくらい悪い馬場がこたえた。折り合いも難しく、力を出し切れなかった」と決して力負けではないことを強調しています。レースでいかに能力を出し切るか、その鍵は、折り合い面が握っているといってもいいでしょう。

 そこで注目したのがハミ。デビュー3戦は、折り合いの向上が期待できる「トライアビット」を使用していました。ところがホープフルSで逸走したため、今年初戦のきさらぎ賞からはモタれたりヨレたりする馬に効果的な「ジェーンビット」に変更。ただ、このハミは、トライアビットに比べて掛かり癖のある馬を制御しにくくなるという難点もあります。今回、陣営が下した判断は「トライアビット」への再変更。逸走するような不安が解消されたことの証しであり、より能力を引き出せる形で本番に臨めるとみていいと思います。

 最終追い切りでは初コンビの石橋騎手が手綱を取り、美浦Wコースで5ハロン67秒6-12秒5を馬なりでマーク。3頭併せの真ん中からしっかりと脚を伸ばしました。「初めて乗る騎手で口向きがどうか心配だったが、問題ないね」とトレーナーも納得。ハミを戻した効果がうかがえました。

 もう一つ気になるのが初のマイル戦。この点に関しても「問題ない。距離が短くなれば折り合いをつけるのが楽になると思うし、むしろレースはしやすそう」とトレーナーは意に介していません。別表のように芝マイル未経験馬の好走例も十分。現状のランドにとってはプラス材料です。

 ハミ変更と距離短縮で反撃態勢は整いました。無敗で今年の皐月賞を制した僚馬エフフォーリアと「同じくらい動けると思う」とトレーナーが高く評価する素質馬。近走の結果に惑わされることなく、ここは印を付けようと考えています。(三浦なぎさ)

 ★トライアビット…ハミ(馬の口に含ませる、主に金属製の道具)の一種。オーストラリア発祥で、リングの上部が水平になっているのが特徴。口に均一に当たり、きつくならないことで馬がリラックスして走れる。また、騎乗者の指示が伝わりやすく、レース中の折り合い向上効果が期待できる。



NHKマイルCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

エフフォーリア無敗の2冠制覇に向けて13日帰厩 2021年5月6日(木) 04:44

 皐月賞優勝後、ノーザンファーム天栄(福島県)へ放牧に出されているエフフォーリア(美・鹿戸、牡3)は、13日に美浦へ帰厩し、無敗の2冠制覇が懸かる日本ダービーへ向けて本格的な調整を開始する。

[もっと見る]

無傷4連勝エフフォーリア、横山武と頂点へ 2021年5月3日(月) 12:09

 中央競馬のクラシックレースは牡馬の皐月賞エフフォーリア、牝馬の桜花賞ソダシが制し、それぞれ土つかずで“第1冠”を手に入れた。昨年は牡馬コントレイル、牝馬デアリングタクトと無敗の3冠馬が誕生。今年の2頭も続くのか、それとも…。23日のオークス、30日の日本ダービーから目が離せない。

 新馬戦から無傷4連勝で皐月賞馬に輝いたエフフォーリアが、春2冠制覇へ視界良好だ。

 第1冠はスタートを決めて4番手につけると直線で内を突いて抜け出し、後続に3馬身の決定的な差をつけて圧勝。強さばかりが際立った。

 舞台は中山芝2000メートルから東京芝2400メートルに替わるが、共同通信杯を快勝しており、コース適性は高い。父エピファネイアはこの舞台でジャパンCを勝ち、ダービー2着と血統的にもこなす下地は十分だ。

 デビューからコンビを組む横山武騎手は「2400メートルは初めてになるので折り合いはカギですが、皐月賞はお客さんの前でもどっしりしていました。この雰囲気で臨めれば」とパートナーを信頼し、鹿戸調教師も「府中のほうが強いと思っています」と好感触だ。

 2着タイトルホルダー皐月賞&ダービー馬ドゥラメンテの産駒。距離には対応できそうだが、エフフォーリアに3馬身と水をあけられた。

 最強のライバルは牝馬かもしれない。桜花賞でクビ差2着のサトノレイナスが名手ルメールとダービーへ果敢に参戦。桜花賞は大外(18)番枠から外を回らされるロスの大きい競馬だったが、メンバー最速となる上がり3F32秒9でソダシに迫った。父ディープインパクト譲りの末脚は直線の長い東京で脅威となる。勝てば、牝馬のダービー制覇は07年ウオッカ以来14年ぶりの快挙だ。

 3着ステラヴェローチェ、4着アドマイヤハダル、5着ヨーホーレイクまでが優先出走権を獲得したが、毎日杯をレコード勝ちしたシャフリヤールも魅力十分。本番と同じ舞台で行われるTR青葉賞の勝ち馬にも警戒したい。(夕刊フジ)

[もっと見る]

【天皇賞・春】GI“女性上位”の流れに乗って68年ぶり春天女王へ!ウインマリリン牡馬一蹴だ 2021年5月1日() 11:17

 昨年からGIシリーズで顕著な“女性上位”の流れ。伝統の春の盾でも牝馬旋風が吹き荒れる。充実一途の◎ウインマリリンが牡馬を蹴散らして戴冠だ。

 昨年以降の牡牝混合平地GI22レースで、牝馬は【10・6・4・33】、連対率30・2%をマーク。今春の大阪杯では4歳牝馬レイパパレが同期の3冠牡馬コントレイルなどを破って、無傷6連勝でGI制覇を果たした。調教技術の進歩によって牡馬顔負けのフィジカルを身につけた牝馬が軽い斤量で出走してくるのだから、有利なのは当然。春天では1953年レダのあと牝馬の優勝はないが、歴史の壁を打ち破る下準備は整っている。

 マリリンは3歳時の実績からいえばレイパパレより格上の存在だ。昨春はサンスポ賞フローラSを制し、オークスでも0秒1差2着。前走・日経賞は好位からの横綱相撲で牡馬を相手に堂々と勝ち切った。中山の急坂を克服したことは、似たコースレイアウトの今回につながるはずだ。

 「前走は枠順や馬場などすべてがうまく噛み合ったけど、馬体に迫力が出て力をつけている。ムダのない走りをするし、3200メートルも十分に守備範囲」と手塚調教師。フィエールマンの連覇に続く3連勝へ、その言葉には説得力がある。

 横山武騎手はエフフォーリアで臨んだ皐月賞でGI初制覇。22歳の若武者は、「気持ち的に難しいところはあるけど、勝負根性が備わった、いい馬。スタミナは問題ないので、折り合いさえうまくいけば」とGI連勝を狙う。あいにくの外枠になったが、1周目は外回りでスタンド前の直線が長いため、内に潜りこむチャンスはある。短い最後の直線で立ち回りのうまさを最大限に生かせれば、68年ぶりの春天女王が誕生する。

 “究極の3連単”はマリリンを1着に固定。GIで2着3回の“善戦レディー”カレンブーケドールを2、3着に置いた12点で勝負だ。(夕刊フジ)



天皇賞・春の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【青葉賞】ノーズブリッジ仕上がり&折り合いOK 2021年4月30日(金) 12:08

 ノースブリッジは2戦2勝で葉牡丹賞を4馬身差V。モーリス産駒だが2000メートルを使われてきたように、やや長めの距離での大成が見込まれている。

 「成長期に1カ月ほど休んだ影響がないわけはないけど、乗り出してからは順調だし、気のいいタイプで馬は仕上がっている。折り合いは大丈夫だし、何とか権利を取りたい」と奥村武調教師。ダービーでエフフォーリアに挑むのなら、やはり無敗のまま通過しておきたい。(夕刊フジ)

青葉賞の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

エフフォーリアの関連コラム

閲覧 1,504ビュー コメント 0 ナイス 3



天皇賞(春)ワールドプレミアが制覇。最終的には3番人気だったが、本来であれば1番人気になっていたような馬だろう。不正受給の件で多少心証が悪かったと推測できるが、もちろん馬には罪がなく、結果的にオッズは美味しくなった。

あくまでも予想はフラットに…という意味では買い時だったのかもしれない。

~同期のキズナエピファネイアの比較

その天皇賞(春)で1番人気の支持を集めたのはディープボンドキズナ産駒初のG1勝利が懸かっていたが、残念ながら2着止まりだった。

同産駒のこれまでの重賞クラス別成績は以下の通り。(※データはいずれも先週終了時点)

G3(5-0-5-36)
G2(4-2-1-14)
G1(0-2-1-25)

G1ではマルターズディオサの阪神JF2着、ファインルージュ桜花賞3着、そして今回のディープボンド天皇賞(春)2着とあと一歩勝ち切れていない。逆にG2~G3では強く、G1前のトライアルでは数多くの活躍馬を輩出している。前述のG1好走馬3頭も、直近のレースではすべて勝利して挑んでいた。

これは偶然ではなく、キズナ産駒は好位抜け出しの正攻法の競馬が得意で、よく言えば素直、悪く言えば大物感に欠ける面があるためだ。実際過去の重賞で追い込みによる馬券圏内は2000年の京成杯を制したクリスタルブラックのみで、多くが逃げ~好位抜け出し。スローになりやすく90点の競馬で勝てるトライアルはそれで通用するが、120点の競馬を必要とされる本番になると、何かにやられる…というのがこれまでのパターンになっている。

ちなみに、現役時代も、そして種牡馬としても同期となるエピファネイア産駒の重賞クラス別成績は以下の通り。

G3(1-1-5-23)
G2(1-3-2-9)
G1(4-2-1-3)

キズナ産駒とはまるで逆の傾向で、G1で圧倒的な強さを示している。もちろんこれは無敗の3冠馬デアリングタクトの成績が多く含まれているのは確かだが、それ以外にもエフフォーリア皐月賞制覇他、オーソクレースアリストテレスといった面々がG1で好走している。一方で相手が弱いはずのG2やG3では勝ち切れず、とりわけG3では1番人気馬4頭が出走し未勝利。デアリングタクト金鯱賞で取りこぼしたのも傾向通りだったのかもしれない。

キズナ産駒とエピファネイア産駒の大きな違いは折り合い面。比較的素直で操縦しやすいタイプが多いキズナ産駒と比べると、エピファネイア産駒は父同様に折り合いが難しい印象がある。それだけ聞くと良くないことのようだが、逆に言えば、難しさを抱えながら結果を出しているともいえるわけで、だからこそハマれば大一番で激走するスケールの大きさがある。

さて、そんな中で今週末のNHKマイルカップにはキズナ産駒のバスラットレオンニュージーランドトロフィーを制して挑む。バスラットレオンも同産駒らしい先行馬で、前走も逃げ切り勝ち。これまでの傾向通りならば、2~3着まで…ということになるが、手薄な印象もするメンバー構成だけに、今回は果たしてどうだろうか。

なお、念のため補足しておくと今後キズナ産駒をG1で軽視せよということではない。データは所詮データでしかないので、その中身を精査することに意味がある。

~NHKマイルカップの注目馬

というわけで、今週末はNHKマイルカップ。注目馬を一頭を挙げておきたい。

ソングライン

桜花賞でも注目したが道中メイケイエールが掛かり気味で暴走したあおりを受ける不利を受け万事休す。2走前の紅梅ステークスの勝利内容はさらに上のクラスでも…と思わせたものだっただけに、前走が実力ではないはずだ。ちなみに本馬もキズナ産駒。同産駒らしい操縦性の高さも備えた差し馬なので、混戦の今年は出番もあるはずだ。

※NHKマイルカップの最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2021年4月23日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】無敗の3冠すら見据えられる完勝/マイラーズカップ展望
閲覧 1,057ビュー コメント 0 ナイス 1



混戦の皐月賞は終わってみればワンサイドゲームだった。勝ったのはエフフォーリア。1コーナーまでにサッとインの好位を取ると、直線は馬群の内を選択し、あとは抜け出すだけ。3馬身差の完勝で、今年も無敗の2冠馬誕生を予感させた。

「多頭数のレースを経験していないこと」

を不安要素とした当方の見立てはまったく外れており、むしろその能力の高さをまざまざと見せつけられた。順調なら2冠はもちろん、その先、2年連続無敗の3冠すら見えて来る素晴らしい内容だった。逆に期待した◎ダノンザキッドは良いところなく失速。ピリピリした面が出て来ており距離が延びて良いかは微妙。ダービーに向けてはかなり厳しくなった。

横山武史騎手の素晴らしさ

それにしても、クラシック挑戦で即答えを出した横山武史騎手は素晴らしい。同騎手の良さはかねてから再三書いて来たが、今回も1コーナーまでの位置の取り方が良い。

昨年『競馬記者では絶対に書けない騎手の取扱説明書』を書いたときにも指摘したのだが、現在のような派手な活躍をする前から、随所に試行錯誤や工夫が見られ、ブレイクの予感をさせていた。

例えば2019年の函館記念アーバンキッドで参戦したこのレースでは外枠からインに突っ込み、ロスのない競馬。9着に敗れたとはいえ、工夫もなく回って来る騎手も多い中で光るものが見られたし、レース全体の構造を考えられる騎手という印象を残した。2020年の中山金杯でもマイネルハニーで参戦し、13番人気で5着と健闘。騎手の意図次第で工夫の余地がある小回りでの一連の騎乗は伸びしろを感じさせるものだった。

当時書籍の中では、

「現状は平場が中心ですが、例えばローカル2000m重賞や中距離のハンデ戦などで一撃がありそうな予感がします。これから数年でさらに名前が売れそうな予感がするので、ネームヴァリューのない今のうちに、手の内に入れておきたいジョッキーの一人です」

と書いたのだが、数年どころかたった1年あまりで、それもローカル2000m重賞どころか、クラシックの2000mを勝ってしまったのだから、こちらの予想をはるかに上回るスピードで成長している。

馬券的にはもはや妙味が薄れている横山武史騎手だが、伸びて来る騎手は必ずその前から光るものを見せているので、第2の横山武史を探すつもりで若手騎手の騎乗を常に見ておきたい。今年はルーキー騎手たちの活躍も目立つので、近いうちに若手の中で伸びそうな騎手をピックアップしてどこかでご紹介しようと思っている。

~マイラーズカップの注目馬

さて、今週はマイラーズカップが行われる。近年は京都開幕週だったが、今年は久々に阪神に戻って来る。ココでは注目馬を2頭挙げておきたい。

エアロロノア

まずは上がり馬のエアロロノア。3連勝という戦績からも人気になりそうだが、内容も優秀。前走はクラス上位のノルカソルカが完全にマイペースで逃げ切る大勢だったが、その流れを外から地力で差し切ったのだから評価できる。着差は僅かでも完勝と言える内容で、折り合いなどを考えればクラスが上がるのも問題ない。今年は比較的手薄な印象もあるメンバーなので、いきなりの重賞挑戦でも通用しそうだ。

ラセット

伏兵で怖いのはラセット。とにかく溜めれば強烈な決め手を使う馬で、道中ヘタに脚を使わないことがポイント。陣営もその特徴は既に把握しているようで、今回は手の合う秋山騎手に再度依頼してきた。同騎手とのコンビではこれまで(0-3-0-1)。たった一度の馬券圏外は完全な先行イン有利競馬だった昨秋中山の京成杯AHでのもので、得意の阪神1600mなら心配はない。荒れて来た馬場も追い風で、再び末脚がハマる可能性もありそうだ。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2021年4月16日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】例え距離が延びても器用なソダシは有利/大混戦の皐月賞
閲覧 1,641ビュー コメント 0 ナイス 2



桜花賞阪神ジュベナイルフィリーズからの直行2頭のワンツーフィニッシュ。休み明けの馬が好走するシーンもすっかり見慣れたものになったが、改めて時代の変化を実感させられる一戦となった。

ソダシは好位から安定した立ち回りで抜け出し。追い込んできたサトノレイナスの勢いが良かったため、距離が延びたら逆転…と思いたいが、案外この差は大きい気もする。苦しい競馬で差を詰めて来たサトノレイナスは当然オークスでも有力。だが、逆にソダシが一見恵まれる競馬ができるのはそれだけレースセンスが良く前で流れに乗れるからでもあり、器用さという点で一日の長がある。距離延長大歓迎というタイプではないが、折り合いにも不安がなく、順調ならこちらもオークスでは有力だろう。

負けた組の中では、馬体の維持がカギにはなりそうだが距離延長歓迎の5着アールドヴィーヴル。穴っぽいところでは9着に敗れたが、距離が延びて良さそうなホウオウイクセルには改めて期待したい。

~低調なトライアル戦線の中で唯一水準級なのは…

それにしてもクラシックの出走馬を見ていると、本当に直行組が増えた。このことによって、予想する上では少々悩みが増える。比較が難しくなるだめだ。桜花賞で馬券のキモになったのは3着のファインルージュ。こちらはフェアリーSからの直行ローテだったが、同レースはあまりクラシックに繋がるイメージがなく、その印象もあり8番人気という評価にとどまっていた。先週は主流路線のチューリップ賞のレベルが高くないことを当コラムで指摘したが、今週末の皐月賞においても、トライアルのレベルを考えるのは重要になりそうだ。

今年の各レースのメンバーレベルを振り返ると、まず低レベル戦だったのは京成杯グラティアスが無敗で制したこのレースは、実質的に少しレベルの高い1勝クラス程度のメンバー構成だった。2着タイムトゥヘヴンはその後マイル重賞で好走したが、全体としては低調だった。

スプリングSも未勝利勝ち直後のボーデンが人気を集めたように、全体のレベルは高くなかった。勝ったヴィクティファルスは距離が延びて良さそうだし、2着アサマノイタズラは引き続き人気もなさそうだが、メンバーレベルを考えると積極的に買いたいとまでは言いづらい。

数々の名馬を輩出してきた弥生賞も、今年は低レベル戦。ダノンザキッドの出走こそあったが、その他はマイル路線から距離を延ばしてきたシュネルマイスターがいたくらいで、1勝クラスの馬も多数含まれる10頭立てのレース。近年はかつてほど地位が高くなくなっているが、今年もその傾向通り。タイトルホルダーが逃げ切ったレース内容も単調なもので、差し損ねた感のあるダノンザキッドは見直しが可能だろうが、それでも大きくプッシュできるかというと微妙なところだ。

ラーゴムが制したきさらぎ賞も同様で、レース内容自体も少頭数で単調なもの。好位から押し切ったラーゴムは今の荒れ馬場への適性は高そうだが、果たしていきなりのG1でどうだろうか。

その中で唯一水準のメンバーレベルにあり、当方配信の競馬ノートでも水準を意味する【C】ランクを付けたのが共同通信杯。勝ったエフフォーリアは直行となるが、2着ヴィクティファルス、3着シャフリヤールがその後重賞を制したのも納得といえば納得。

無敗でこのレースを制したエフフォーリアは、そういう意味では有力ということになるが…。そのエフフォーリアにしても気掛かりな点がひとつ。それは多頭数のレースを経験していないことだ。今は重賞が増えた上に直行組も増えたので、そもそも多頭数になる2歳戦は少なくそのこと自体は馬のせいではないのだが、揉まれた経験のなさというのはタフな馬場で行われる多頭数の皐月賞では少し不安になる。

皐月賞の注目馬

というわけで、考えれば考えるほどあまり買いたい馬がいない皐月賞なのだが…。

個人的な期待は、ダノンザキッド

弥生賞のレベルが高くないと言いつつ推奨するのか! という感じだが、その弥生賞はタイトルホルダーの楽逃げで単なる立ち回り戦。ホープフルSに続いてズブさを見せたダノンザキッドは差し遅れて敗れてしまったが、今回は開催終盤のタフな馬場。前走のようにただの立ち回り戦になる可能性は低く、改めて期待したい。ある程度出して行ってくれる川田騎手も、先行馬が少ないメンバー構成においてはプラス材料だろう。

もっともそうは言っても、あまり積極的に買いたいという感じでもないし、勝ち切るかと問われれば微妙な気がするのも正直なところで、安定感はあるが2~3着の可能性の方が高いような気も…。混戦模様の一戦なので、買い方も工夫して狙ってみたい。

最後にもう一つ気になるのは週末の天気。またしても中山競馬場は雨予報が出ており、今の馬場に雨が降るとタフな馬場になる可能性が高そう。内枠の先行馬は不利になり、隊列次第では中枠の差し馬、外枠の好位差し馬あたりが有利になりそうだ。枠順を眺め、気象予報を気にしつつ結論を出すことになりそうだ。

皐月賞の最終本命は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2021年4月15日(木) 17:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 皐月賞2021 
閲覧 1,662ビュー コメント 0 ナイス 6



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


4月18日(日) 中山11R 第81回皐月賞(3歳G1・芝2000m)


<優先出走馬>

アサマノイタズラ(B)中3週
追い切りでもパドックでもまだ余裕がある印象で、ほとんど差のないレースぶりで2着してみせた前走。この中間も嶋田騎手が1週前追い切りに騎乗しての調整。動きに関しては力強さがあり、上積みが感じられる。

アドマイヤハダル(A)中3週
ここ3戦すべて◎にしているくらい、毎回のように調教内容が良い馬。この中間も2週前が坂路、1週前がCWを長めから併せて先着。動きに関してはやや重さも垣間見えるが、しっかりと先着していてこの時点でもだいぶ仕上がっている感じ。

ヴィクティファルス(A)中3週
この中間は、これまでの3戦同様に1週前にはCWを長めから。好時計が出ており、動きを見ても力強さがあり出来は引き続き良さそう。

シュヴァリエローズ(A)中3週
1週前追い切りでは3頭併せの外に併せて先着。追われてから迫力のある走りで抜群の伸び脚を見せていて、好調そのもののデキ。

タイトルホルダー(B)中5週
休み明けの前走時も太め感はなくスッキリした感じで仕上りは良かった。この中間も乗り込み量豊富で、1週前追い切りで見せた伸び脚は前走並みに好印象。

ダノンザキッド(B)中5週
休み明けの前走を使われ、この中間の動きからは行きたがる面が収まり気味で落ち着きが窺える。ただ、悪く言えばおとなし過ぎといった感じで、迫力という点では物足りなく映った。


<以下、賞金上位順>

ステラヴェローチェ(C)中8週
この中間、吉田隼騎手が毎週のように追い切りに騎乗しての入念な乗り込み。ただ、先週のソダシのような好内容とまでは行かず、坂路での動きを見るとまだ終いの伸び脚が良い時のそれには及んでいない印象。

ラーゴム(D)中9週
追い切りの動きが物足りず評価を下げてしまった前走。この中間の追い切りの動きを見ても力強さはなく、多少動きは良化するもまだまだ物足りなさが残る。

エフフォーリア(B)中8週
前走時は最終追い切りでグーンと良くなっていたこの馬。この中間は、トレセンでの乗り込み量が少なく、ギリギリまで牧場で調整されていた感じ。2週前、1週前はまだ凄みを感じるほどの動きではないが、スッと楽に先着しており出来は悪くなさそう。今回も前走時のように最終追い切りで迫力が感じられれば、前走以上の走りにも期待がもてる。

グラティアス(B)3ヶ月
前走時も3ヶ月ぶりで今回も3ヶ月ぶりのレースとなるが、1週前追い切りではデムーロ騎手を背に楽に先着しており、重め感もなく仕上がり良好。最終追い切りもあるので、さらに良くなりそうな感じもある。

レッドベルオーブ(B)4ヶ月
休み明けだが、トレセンでも1ヶ月以上乗り込まれて調整されている。映像がないので動きに関しては何とも言えないが、これまでと同じコースでも外めを回っての好時計なので悪くない仕上がりに映る。

ディープモンスター(B)中6週
この中間もこれまで同様に1週前はCWを長めから併せ馬で追い切られている。調教内容で特に気になるところはなく、調子落ちはなさそう。

ヨーホーレイク(B)中9週
この中間も乗り込み量は豊富。1週前追い切りは、追い出されての反応が鈍く、抜け出して先着するまでに時間がかかっていた。

ワールドリバイバル(D)中3週
この中間は中3週で2週前は軽めの調整で1週前はこれまで通りCWを長めから併せ馬で追い切られて先着。動きを見ると大きな馬の割に硬さがある感じで、伸び脚は物足りない。

イルーシヴパンサー(E)中3週
前走時当コラムで推奨した1頭で、人気薄で4着に健闘。ただこの中間は、1週前追い切りができていない時点で上積みはなさそう。

ルーパステソーロ(E)中2週
かなり大きな馬で、使い込まれているがここ2戦とも追い切りでは目立つ時計が出ていない。中2週のこの中間も、坂路での時計は物足りず能力的にも状態的にも物足りなさが残る。


このコラムからの推奨馬はヴィクティファルスシュヴァリエローズアドマイヤハダルの3頭をあげておきます。



◇今回は皐月賞編でした。
今週の14日(水)には門別で早くも2歳戦がスタートしました。地方競馬の2歳戦において、他地区出走時にも、毎年仕上がりの早さで好成績を残している門別所属馬たちですが、近年はJRA馬相手ではなかなか活躍することができていません(血統の良い馬や素質の高そうな馬たちは、最初からJRAに所属してしまうので仕方がないところだとは思いますが)。そして、近頃ではJRA所属馬も、6月の1600m戦や1800m戦で十分強い勝ち方ができるほどしっかり仕上がっているので、レースがないだけで育成自体は昔に比べると、だいぶ早い時期から行われるようになっているのだと感じています。
地方競馬は、2歳戦が早く始まる割に短距離戦がほとんどなので、早い時期からもう少し長めのレースを増やしてみたらどうかと思います。それと、今後はJRAのクラシックを目指すという意味で、地方競馬においても芝向きの馬が活躍できるようなレース体系(盛岡の芝コースをさらに活用する等)を地方競馬全体で作っていく試みなんかもありかもしれません。そういった路線を目指す馬は調教内容もこれまでと変わってくると思いますし、今の育成技術の向上や外厩施設を使うなどすれば早い時期に長めの距離でも戦える馬も出てくるのではないでしょうか。近年売り上げが伸びている地方競馬なので、地方競馬所属馬専用トレセンを作るくらい強い馬作りに資金を回しても良いかもしれませんね。
日本の馬は海外でも勝ち負けできるくらい強くなりましたが、今の日本の競馬に足りないのが地方競馬所属馬のレベルアップ。先に挙げたような背景から、今のままでは、地方所属馬とJRA所属馬の力の差はさらに広がっていってしまいそうです。1頭でも2頭でも、JRA所属馬に対抗できる馬がクラシックに出走してくるだけで競馬は盛り上がります。そんな馬の出現を期待しながら、今年も2歳戦を楽しみたいと思っています。

皐月賞出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

エフフォーリアの口コミ


口コミ一覧

ε-(‐ω‐;)

 マリー(marie 2021年5月9日() 16:36

閲覧 61ビュー コメント 2 ナイス 15

フー何も言えねぇ、、、そんな心境です。

久し振りにエルカスティージョの岩田騎手に激怒してしまいました。


確かに躓いたりとか、ラストのもたれとかありますが、それでも道中無理してでももう少し前へ行くべき、、、。
どんどん置かれていって、最後方とは…。トホホ、、。(T-T)

取り敢えず岩田さんには、もう乗ってもらいたくない。

今回のレースで感じたのは、やはり心持ち1,400mは忙しいかもしれませんね。
現時点ではマイル前後がベストかも、、、。
あと、、これはまだ見極める必要はあるが、右回りの方がベストかもしれません、、。

私、カナロア産駒は基本右回りの方が上手いと思ってて、距離も2,000mまでというのが基本ベースの考え方です。
もちろんアーモンドアイのような規格外のもいますが、それは絶対的な能力でカバーできることで本質はそうじゃないかな?と、、、。

一度、仕切り直しでしょうが、大事ないようなら夏は北海道でやってもらいたい。
1~2勝はポンポンと勝てるイメージです。
ルメさんでも武史クンでも、、、。


ただ、、、その後にもっと可哀そうな不幸が起きました。
NHKマイルのバスラッドレオンです。

活躍するのが当たり前のノーザン系クラブでも大手クラブでもないし、広尾さんにしては過去最高に期待できる馬では…?
ここも勝ち負けを本気で期待できただけに力負けじゃないこういう結果は、関係者の皆さんも会員さんたちも無念だと思います。

馬に問題なければ、、、怒りの日本ダービー電撃参戦…ないですかね?


エフフォーリアの日本ダービーが近付くにつれて、ドキドキしてくる。
やっぱり相手は他馬ではなく、自分自身かもしれません、、。

もっといえば「運」というどうもできない部分もあるかもしれません、、。
私は相手どういうより、とにかく8枠(ピンク)に入るのが一番怖い。(。>д

 お美沙@爆益舎 2021年5月9日() 10:16
◎ヴェイルネビュラ~ピンクカメオの夢再び・・ 
閲覧 74ビュー コメント 0 ナイス 19

恋も涙も相場の波間に捨てた私ですが、世間との関わりが全くないのか?と言われれば、残念ながらそうではありません。
昨日はどうしても断れない野暮用のため競馬はお休み。

本日は元通りの完全無欠のガチヒキコ状態に戻りましたので、東京 中京 新潟の全36レースの馬券を購入しました。

東京はルメールの人気馬を徹底的に切り捨て・・
新潟は女性騎手騎乗馬を徹底的に消しマクっての全レース参戦であります。


ではNHKマイルカップの予想

◆東京11R NHKマイルカップ(GⅠ)


このレース・・・個人的にはピンクカメオが波乱を呼んだ2007年しか印象に無い!
あの時のピンクカメオの前走は桜花賞・・・18頭立ての14着でした。
「競馬なんてもんは展開のアヤ次第でどんな馬でも勝つ!」
このことを改めて痛感させられたレースでした。


折しも先週の春天は馬連3桁という吐き気のするような低配当レースになりました。
今回こそは天地ひっくり返るようなメガ配当キボンヌです。

◎ヴェイルネビュラ
スッポンポンの人気薄です。
こんな馬を軸に馬券買ってるのは私くらいなものでしょう・・。

しかし新馬勝ち直後に挑んだ百日草特別ではあのエフフォーリアを抑えて1番人気に推された馬です。
道悪競馬になった前走のスプリングSですがラストはそれなりに伸びており決して悲観する内容ではなかった。
父系からして良の府中マイルでこその馬だと思ってます。

馬連 軸⑪
全てが大万馬券ですので、ここはルメールのシュネルマイスターも切らずに押さえておきました。

[もっと見る]

 しんすけ49 2021年5月8日() 07:51
京都新聞杯
閲覧 116ビュー コメント 0 ナイス 17

おっは~♪

現在が稍重だけど最終的には良馬場になるかな?

時計面はどうなるのかな?

東上最終便にしてはと言う面子なんで意外な結果も有り得る?

中京11R 京都新聞杯

◎②ヴェローチェオロ
〇⑨ゲヴィナー
△①ワイドエンペラー
△④ルペルカーリア
△⑧マカオンドール

枠連②ー④と馬連②ー①・⑧・⑨への4点。
三連複②・⑨ー①・④・⑧への3点。

前走は辛勝だったけど遊んでたみたいなんで見た目より余力あったみたい。オープンで2着した舞台。
エフフォーリアやダノンザキッドやディープモンスターと戦って来たんでここでも通用しないかな?
横典乗せてた位に素質を期待しているお馬さんだしね。

最後はプリンシパルステークスを買うか?どうか?

買うとしたら本命はバジオウの予定なんで奇しくも購入3レースの本命が②になるね(^^♪

[もっと見る]

⇒もっと見る

エフフォーリアの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  HELPRO   フォロワー:0人 2021年2月14日() 16:01:12
親のお陰が勝つのを見せられも何の感情も湧かない。
恥ずかしくないのか?ヤラセ息子に勝たれて?
何が腕だよ。仕込みボケ息子の癖に!!!

エフフォーリアの写真

エフフォーリア
エフフォーリア
エフフォーリア

エフフォーリアの厩舎情報 VIP

2021年4月18日皐月賞 G11着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

エフフォーリアの取材メモ VIP

2021年4月18日 皐月賞 G1 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。