オーソリティ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
オーソリティ
オーソリティ
オーソリティ
オーソリティ
オーソリティ
写真一覧
現役 牡4 鹿毛 2017年2月12日生
調教師木村哲也(美浦)
馬主有限会社 シルクレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績11戦[5-2-1-3]
総賞金35,310万円
収得賞金16,200万円
英字表記Authority
血統 オルフェーヴル
血統 ][ 産駒 ]
ステイゴールド
オリエンタルアート
ロザリンド
血統 ][ 産駒 ]
シンボリクリスエス
シーザリオ
兄弟 アーデンフォレストアルドゥエンナ
前走 2021/11/28 ジャパンカップ G1
次走予定

オーソリティの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
21/11/28 東京 12 ジャパンC G1 芝2400 18477.132** 牡4 57.0 C.ルメー木村哲也 520
(+2)
2.25.0 0.334.4⑤④⑤コントレイル
21/11/07 東京 11 アルゼンチン G2 芝2500 156103.011** 牡4 57.5 C.ルメー木村哲也 518
(+12)
2.32.4 -0.433.9マイネルウィルトス
21/05/02 阪神 11 天皇賞(春) G1 芝3200 1781712.2610** 牡4 58.0 川田将雅木村哲也 506
(-4)
3.16.7 2.038.4⑪⑪⑩⑦ワールドプレミア
21/02/20 東京 11 ダイヤモンド G3 芝3400 16232.912** 牡4 56.0 川田将雅木村哲也 510
(-4)
3.31.2 0.034.8グロンディオーズ
20/12/27 中山 11 有馬記念 G1 芝2500 1661220.3714** 牡3 55.0 川田将雅木村哲也 514
(+2)
2.37.0 2.038.2クロノジェネシス
20/11/08 東京 11 アルゼンチン G2 芝2500 188185.331** 牡3 54.0 C.ルメー木村哲也 512
(+12)
2.31.6 -0.234.4ラストドラフト
20/05/02 東京 11 青葉賞 G2 芝2400 18234.331** 牡3 56.0 L.ヒュー木村哲也 500
(-6)
2.23.0 -0.034.1⑤⑤⑧⑥ヴァルコス
20/03/08 中山 11 ディープ記念 G2 芝2000 118103.933** 牡3 56.0 L.ヒュー木村哲也 506
(-2)
2.03.3 0.436.9⑤⑤サトノフラッグ
19/12/28 中山 11 ホープフルS G1 芝2000 137117.245** 牡2 55.0 池添謙一木村哲也 508
(+10)
2.02.2 0.836.3⑧⑧⑧④コントレイル
19/09/22 中山 8 芙蓉S OP 芝2000 6442.011** 牡2 54.0 池添謙一木村哲也 498
(+4)
2.02.9 -0.433.8④④ウインカーネリアン
19/07/07 函館 5 2歳新馬 芝1800 10661.311** 牡2 54.0 池添謙一木村哲也 494
(--)
1.54.9 -0.035.4④④④ブラックホール

オーソリティの関連ニュース

【ステイヤーズ】レース展望

2021年11月29日(月) 15:55

 今年最後の開催を迎える中山では、土曜にステイヤーズS(4日、GII、芝3600メートル)が行われる。JRA平地重賞最長距離を誇る名物マラソンレースで、今年もスタミナ自慢が集結した。

 史上6頭目の連覇を狙うのがオセアグレイト(美浦・菊川正達厩舎、牡5歳)だ。昨年1月にオープン入りし、続くダイヤモンドSで3着と好走。暮れのステイヤーズSでは初騎乗だった横山典弘騎手が見事にスタミナを引き出し、重賞初制覇を飾った。今年は天皇賞・春13着など強敵相手に苦戦しているが、前走の京都大賞典では0秒4差6着と差のないレースをしており、再び長距離適性の高さを見せつける可能性は十分だ。

 カウディーリョ(美浦・堀宣行厩舎、牡5歳)は母ディアデラノビアが重賞3勝で、兄姉にも重賞ウイナーがいる良血。長期休養から今年の夏に復帰すると、3戦目の丹頂S(札幌芝2600メートル)でオープン初勝利を挙げた。先行してひと伸びするレースぶりに安定感を増しており、重賞でも素質は見劣らない。

 アイアンバローズ(栗東・上村洋行厩舎、牡4歳)は前走のアルゼンチン共和国杯で6着。勝ったオーソリティには突き放されたが、2着からは0秒3差と離されておらず、秋3戦目でまだ上積みも見込める。

 トーセンカンビーナ(美浦・加藤征弘厩舎、牡5歳)はアルゼンチン共和国杯アイアンバローズとハナ差の7着。昨年の阪神大賞典で2着と長距離適性は高く、距離延長を味方に浮上を狙う。

 ボスジラ(美浦・国枝栄厩舎、牡5歳)は昨年のステイヤーズSで0秒7差6着。前走のアルゼンチン共和国杯では逃げる形になり15着と崩れたが、本来の好位粘り込みで上位進出を目指す。

 セダブリランテス(美浦・手塚貴久厩舎、牡7歳)は2017年ラジオNIKKEI賞、18年中山金杯と重賞2勝の実績を誇る。体質が弱く休養が多いが、前走の産経賞オールカマー(15着)を叩いて上昇ムード。半兄モンドインテロが19年にこのレースを勝っており、兄弟制覇を目指す。

 青葉賞2着の実績があるヴァルコス(栗東・友道康夫厩舎、牡4歳)、準オープン馬だが、19年菊花賞ワールドプレミアの0秒3差4着に好走した実績があるディバインフォース(栗東・寺島良厩舎、牡5歳)なども侮れない。

ステイヤーズSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【祐一独占手記】コントレイル有終V「あふれ出た涙は頑張りに感動したから」 2021年11月29日(月) 05:00

 コントレイルは強いんだ!! ジャパンCが28日、東京競馬場で行われ、1番人気で昨年の無敗の3冠馬コントレイル(栗東・矢作芳人厩舎、牡4歳)が、GI5勝目で有終の美を飾った。福永祐一騎手(44)=栗東・フリー=が、涙のラストランに懸けていた思いを、独占手記として寄せた。

 ◇

 ゴールした直後は心が震えました。自然と叫んでいました。レース後にあふれ出た涙は、苦しいときを乗り越えて、引退レースで勝ち切ったコントレイルの頑張りに感動したからです。

 無敗の3冠馬の名誉を守るためには勝つしかない。コントレイルの頑張りに応えるためにはいい騎乗をするしかない。プレッシャーではなく、使命感のようなものを感じていました。本当にコントレイルは強いんだ-。みなさんに知っていただきたかったことを証明できました。

 適距離ではない3000メートルの菊花賞で死力を尽くした後、昨年のジャパンCにタフなローテーションで臨んだことで、競馬に対してネガティブな感情を持ったように感じました。そのことが今年に入ってゲート内での駐立の悪さに影響しましたが、最後にそれを乗り越えてくれました。スタートを決めて非常にいいポジションを取れたので、向こう正面に入ってからはいつ追い出すかだけを考えていました。あとはコントレイルを信じること。それ以外にしたことはありません。

 無敗の3冠馬ディープインパクトの産駒で、初めて誕生した無敗の3冠馬。スピード、切れ、パワー、器用さ、勝負根性…。競走馬として非凡な能力を兼ね備えていますが、決してそれだけで偉業を達成したわけではありません。体がまだ出来上がっていなかった2歳時はモタれる面があって、GI初勝利を挙げたホープフルSでは、首を上下ではなく、回しながら走っていました。

 ホープフルS後に放牧先の大山ヒルズで右にモタれる面などバランスを修正してもらえたのが大きかったです。担当の金羅助手も熱心に、継続的に取り組んでくれて、走り方がとても良くなりました。学習能力の高さもコントレイルの長所ですね。

 「この馬のことは任せた!!」という声をかけていただいた、オーナーブリーダー・ノースヒルズの前田幸治代表。騎手が調教に携わることを受け入れてくれた矢作調教師、厩舎スタッフ。また、放牧先の大山ヒルズにもレースで感じたことを伝え、みんなが力を合わせて課題修正に取り組めたことはとても大きいですね。脚元の不安があって育成時に半年間、調教をできなかったように、決して順調ではなかったですからね。ノースヒルズグループ、矢作厩舎だったからこそ、ここまでこられたことは間違いありません。ホースマンとして得難い経験をさせてもらいました。

 父子で無敗の3冠を達成した流れを後世に伝えられるのはコントレイルだけで、競馬の歴史に必要な種牡馬になると確信しています。また彼の子に関わることを楽しみに、頑張っていきたいと思います。(JRA騎手)

★28日東京12R「ジャパンC」の着順&払戻金はこちら

福永祐一(ふくなが・ゆういち) 1976(昭和51)年12月9日生まれ、44歳。滋賀県出身。栗東・北橋厩舎所属で96年3月にデビューし、同年53勝で最多勝利新人騎手。99年桜花賞プリモディーネ)でGI初制覇。2011、13年にJRAリーディング獲得。28日現在、JRA通算2514勝。重賞はGI32勝を含む157勝。160センチ、52キロ。競馬開催日に本紙でコラム「新ユーイチが行く」を連載中。

ジャパンCのVTR…アリストテレスが逃げる予想外の展開の中、福永騎手とコントレイルは中団で折り合った。向こう正面に入ると、キセキが後方から進出して先頭に立ち、一気にペースが速くなったが、慌てることなく直線で外に持ち出してスパート。内で粘るシャフリヤールを残り200メートル付近で振り切ると、先に抜け出したオーソリティも難なくかわし、2馬身差の完勝で有終の美を飾った。ゴール後、福永騎手は馬上で涙を流し、日本ダービーのときと同様、スタンドに向けて深々と一礼した。

★GI完全制覇へ残り6つ…現在24レース行われているJRAのGIのうち、福永騎手はジャパンCで18レースを制覇。完全制覇に向けて、残るは大阪杯ヴィクトリアマイル宝塚記念マイルCS、チャンピオンズC、有馬記念の6レースとなる。完全制覇に最も近いのが武豊騎手で残りは朝日杯FSホープフルSの2レース。他ではルメール騎手が4レース、M・デムーロ騎手は5レースを残している。

[もっと見る]

【ジャパンC】3番人気オーソリティは2馬身差2着 2021年11月29日(月) 04:56

 3番人気のオーソリティは2馬身差の2着。直線半ばで一旦先頭に立ったが、ラスト1ハロンで脚いろが鈍ってしまった。ルメール騎手は「完璧なレースができた。馬は精いっぱい頑張ってくれましたが、坂を上ったところで疲れてしまいました。コントレイルはめちゃくちゃ強い」と勝ち馬をたたえた。木村調教師は「スローペースでもしっかりコントロールできていた。最後、脚が鈍ったところだけ前走と違いました」と振り返った。

★28日東京12R「ジャパンC」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【ジャパンC】オーソリティは一旦先頭も突き放され2着 ルメール「コントレイルはめちゃくちゃ強い」 2021年11月28日() 19:04

 11月28日の東京12Rで行われた第41回ジャパンカップ(3歳以上オープン、GI、芝2400メートル、定量、18頭立て、1着賞金=3億円)は、福永祐一騎手の1番人気コントレイル(牡4歳、栗東・矢作芳人厩舎)が中団追走から直線で鋭く弾けて快勝。史上初の4世代ダービー馬対決を制し、GI5勝目を挙げて有終の美を飾った。タイムは2分24秒7(良)。

 同レース連覇がかかるC.ルメール騎手のオーソリティ(3番人気)は、好スタートから先団にとりつき、道中は4番手を追走。3コーナー過ぎから徐々に押し上げ2番手で直線をむかえると一気の抜け出しで先頭へ。そのまま押し切りをはかったものの、残り200メートル地点で勝ち馬に並ばれ、最後は2馬身突き放され2着に敗れた。

 ◆C.ルメール騎手「完璧なレースができた。馬は精いっぱい頑張ってくれましたが、坂を上ったところで疲れてしまいました。コントレイルはめちゃくちゃ強い」

★28日東京12R「ジャパンC」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【ジャパンC】3冠馬の意地とプライド!コントレイルがGI5勝目で有終V 2021年11月28日() 15:45

 11月28日の東京12Rで行われた第41回ジャパンカップ(3歳以上オープン、GI、芝2400メートル、定量、18頭立て、1着賞金=3億円)は、福永祐一騎手の1番人気コントレイル(牡4歳、栗東・矢作芳人厩舎)が中団追走から直線で鋭く弾けて快勝。史上初の4世代ダービー馬対決を制し、GI5勝目を挙げて有終の美を飾った。また、ディープインパクト産駒の牡馬による初の同レース制覇で1着賞金3億円を獲得し、ゼンノロブロイ(11億1560万8000円)を抜き、JRA獲得賞金で歴代トップ10入りを果たした。タイムは2分24秒7(良)。

 2馬身差の2着には好位から抜け出しをはかったC.ルメール騎手のオーソリティ(3番人気)、今年のダービー馬で世代交代を狙った川田将雅騎手のシャフリヤール(2番人気)は、先団5番手を追走から直線追いすがるも、2着から1馬身半遅れた3着に敗れた。

 ◆福永騎手(1着 コントレイル)「本当に立派な走りをしてくれました。感動しました。今日は非常にいいポジションで競馬できたし、あとは馬を信じる以外、何もしてないです。デビュー前から今日まで、不安を抱えながらずっと走ってきたけど、乗り越えて完ぺきな走りをしてくれました。素晴らしい馬と巡り合えて感謝しかないです」

 ジャパンCを勝ったコントレイルは、父ディープインパクト、母ロードクロサイト、母の父Unbridled’s Songという血統。北海道新冠町・(株)ノースヒルズの生産馬で、馬主は前田晋二氏。通算成績は11戦8勝。重賞は19年東スポ杯2歳S(GIII)、ホープフルS(GI)、20年皐月賞(GI)、日本ダービー(GI)、神戸新聞杯(GII)、菊花賞(GI)に次いで7勝目。ジャパンCは矢作芳人調教師、福永祐一騎手ともに初勝利。

★【ジャパンC】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【ジャパンカップ】入線速報(東京競馬場) 2021年11月28日() 15:45

東京12R・ジャパンカップ(5回東京8日目 東京競馬場  芝・左2400m サラ系3歳以上オープン)は、1番手2番コントレイル(単勝1.6倍/1番人気)、2番手7番オーソリティ(単勝7.1倍/3番人気)、3番手4番シャフリヤール(単勝3.7倍/2番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連2-7(5.3倍) 馬単2-7(6.7倍) 3連複2-4-7(5.1倍) 3連単2-7-4(17.8倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2021112805050812
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

⇒もっと見る

オーソリティの関連コラム

閲覧 1,294ビュー コメント 0 ナイス 9



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


11月28日(日) 東京12R 第41回ジャパンカップ(3歳以上G1・芝2400m)

【登録頭数:21頭(外国馬3頭)】(フルゲート:18頭)※今年のジャパンカップは第12Rです。


コントレイル(A)中4週
休み明けの前走時は、乗り込み量が多くパドックでも太め感はなくかなり良い仕上がりだった。この中間もレース1週間後には乗り出していて、1週前追い切りの動きも素軽さがあって良い動きだった。休み明けの前走時にしっかり乗り込まれていたので反動はなく、上積みが期待できそう。

シャフリヤール(B)中8週
この中間を見ると、4週前の動きは硬さが感じられたが、1週前には併せて先着を果たし終いの伸びも上々の内容を披露した。

カレンブーケドール(-)中4週 ※脚部不安のため出走回避

キセキ(C)中6週
当初はアルゼンチン共和国杯を使うプランもあり、その1週前追い切りがかなり良い動きで、そこを使っていた方が良かったかもしれない。使われて良くなってくる馬で、目標が中途半端に変わったためか、先週(1週前追い切り)ではジョッキーの手が激しく動くも、伸び脚は物足りず。

ユーバーレーベン(C)中5週
秋華賞からの中5週で、乗り込み量は豊富。ただ、1週前追い切り(計測不能)では、終い伸びきれず外の2頭に突き離されていて、動きを見るに変わり身が感じられない。

ワグネリアン(D)中4週
前走時は良い仕上がりだったが、この中間は乗り込み量が少なく1週前追い切りも軽めという内容。友道厩舎本来の調教内容とは程遠い印象で、プラスになる要素がない。

マカヒキ(B)中6週
前走京都大賞典で久しぶりの勝利。この中間も乗り込み量は豊富で、1週前追い切りでも終い追われるとしぶとく喰らいついてみせた。遅れたとはいえ内容的には悪くなく、出来自体は引き続き良さそう。

アリストテレス(A)中6週
前走時の追い切りでは終いの伸びがやや足りない感じに見えたが、この中間の1週前追い切りでは手応えに余裕があり一度使われての上積みが期待できそう。

オーソリティ(A)中2週
昨年は有馬記念に向かったが、今年は中2週でこちらに。休み明けの前走時はパドックでは+12キロも太め感はなく好仕上りをアピールしていた。そのレース後の翌週土曜には坂路で時計を出し始めていて、疲れはない。この中間も1週前には単走馬なりで追われ、滑らかな走りで跳びも大きく、休み明けを使われて状態はさらに上向き。

モズベッロ(B)中3週
前走時はCWでの調整と普段とは違う調教内容だったが、この中間は坂路に戻して時計もしっかり出るようになってきた。映像がなかったので動きは見られなかったが、少なくともここ2戦よりは良くなっているはず。

ユーキャンスマイル(B)中3週
昨年よりは1週余裕があるので追い切り本数は2本多い。映像はなかったが坂路、CWと時計は優秀で出来は良さそう。

シャドウディーヴァ(B)中5週
この中間も1週前に坂路で好時計が出ていて好調キープ。相手は強くなるが出来は変わらず順調。

サンレイポケット(B)中3週
ここ2戦の追い切りではともに重さの残る走りに見えたが、1週前追い切りでは先行したこともあるのか前走時よりも動きが軽くなった感じ。

ムイトオブリガード(C)中3週
秋2戦を使われて追い切りの時計は良くなってきているが、1週前追い切りの動きを見るとまだ終い伸びきれていない。

ロードマイウェイ(D)中2週
前走時のパドックではある程度仕上がっている感じだった。馬体重はこれ以上減らしたくなく輸送もあるので、強めに追えないのかもしれない。


<外国馬>

グランドグローリー(C)中7週
これまでイタリアのレースには出走したことがあるが、日本までの長距離輸送は初めてで調整には不安あり。レースまでに速い追い切りができるかどうか。

ジャパン(B)中2週
前走から中2週での遠征も、ブルームと一緒なので精神的な不安はなさそう。前走直線に向くところで前が壁になりブレーキをかける場面があったので、4着でもまともに走っていたらブルームとの差はそれほどなかったハズ。

ブルーム(B)中2週
前走初めてのアメリカ遠征で2着に好走と、中2週での輸送も問題なさそう。その前走は、早め先頭もゴール前で甘くなったところを見ると、脚の使いどころが鍵になりそう。


<除外対象馬>

ウインドジャマー(B)中6週
前走で3勝クラスを勝って一気の相手強化。間隔は空いているので乗り込み豊富で南Wでも好時計が出ていて、出来自体は良さそう。

ゴーフォザサミット(C)6ヶ月半
休み明けで乗り込み豊富も、終いの時計がややかかっていていきなりはどうか。

トラストケンシン(B)中4週
使われつつ馬体が増えており、この中間も1週前には坂路で併せて先着と状態は良さそう。


※このコラムからの推奨馬は、オーソリティコントレイルアリストテレスの3頭をあげておきます。



◇今回は、ジャパンカップ編でした。
今年はコロナ過ではあるものの、外国馬3頭が出走します。1頭でも多くの外国馬が出走してくれることは良いことだと思います。ジャパンブルームは、日本人関係の外国馬とはいえA.オブライエン厩舎の2頭で、このようなヨーロッパの一流厩舎の馬が毎年出走してくれるようになるだけでも意義のあること。そして、このパイプをしっかりと繋いでおくことは、今後のジャパンカップの盛り上げのために重要になってくると感じています。日本馬が海外のレースに出走して馬券も買えるようになった今、それらのレースに出走してきた外国馬が一堂に会して対決するレースがジャパンカップであってほしいものです。

ジャパンカップ出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2021年11月21日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2021年11月21日号】特選重賞データ分析編(281)~2021年ジャパンカップ
閲覧 1,462ビュー コメント 0 ナイス 2



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 ロンジン賞 ジャパンカップ 2021年11月28日(日) 東京芝2400m


<ピックアップデータ>

【馬齢別成績(2009年以降)】
○5歳以下 [12-12-10-108](3着内率23.9%)
×6歳以上 [0-0-2-56](3着内率3.4%)

 長期間に渡り好走馬の傾向が変わっていないレース。馬齢別成績を見ると、6歳以上の馬はあまり上位に食い込めていません。5歳以下の比較的若い馬を重視すべきでしょう。

主な「○」該当馬→オーソリティ・ブルーム
主な「×」該当馬→キセキマカヒキユーキャンスマイルワグネリアン


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【向かい風データ】

×「“東京・京都、かつG1のレース”において3着以内となった経験がない」馬は2009年以降[0-1-0-90](3着内率1.1%)
主な該当馬→オーソリティ・ブルーム

[もっと見る]

2021年11月12日(金) 10:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(11/6~11/7) 田口啄麻プロ、V5達成の岡村信将プロなどが週末プラス10万オーバーを記録
閲覧 162ビュー コメント 0 ナイス 1



6(土)に行われたG2京王杯2歳S、G3ファンタジーS、7(日)のG2アルゼンチン共和国杯、G3みやこSほか様々な的中がマークされた先週。
好成績を収めた注目プロ予想家をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →田口啄麻プロ
6(土)に福島1R2歳未勝利トモノボーイ福島12R飯坂温泉特別オリンピックデイなどの的中を披露すると、7(日)も東京1R2歳未勝利阪神1R2歳未勝利などの的中をマーク! 土日2日間トータル回収率128%、収支20万2000円プラスで終えています。
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
6(土)は、東京2R2歳未勝利を、「安定性では勝ちまで視野に入れてのレディナビゲーターロジレットは一度使われての上昇が大きく、単勝で狙いたいところだが、それでもレディナビゲーターが上回ってくる可能性が低いとも言えず」との見立てで◎○馬連1点勝負的中、さらにG3ファンタジーSで「スーパーホース候補生。期待値は恐ろしく高い」とした◎ウォーターナビレラなどを仕留め快勝。続く31(日)には、東京9R百日草特別◎○的中、勝負予想G2アルゼンチン共和国杯オーソリティ的中(「完全な格上馬で、ハンデもむしろ恵まれているぐらいなので、この馬を避けての勝ち筋があるとは思えないところ」)、福島12R三陸特別ウシュバテソーロ的中などで、連日のプラス収支を記録。週末トータルでは回収率125%、収支12万8000円プラスをマークし、5週連続週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →にしのけいごプロ
先週は、6(土)G2京王杯2歳Sで3連複×◎○的中計5万7390円払戻し(1,082%回収)をマーク。7(日)は勝負予想福島12R三陸特別、同阪神12R3歳以上2勝クラスなどを仕留め、週末2日間トータルプラス(回収率102%)を計上しています。3週連続週末プラスを達成。
 
 
 
この他にも、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(164%)、【U指数】3連単プリンスプロ(128%)、ジョアプロ(118%)、ゼット1号プロ(115%)、【U指数】3連複プリンセスプロ(110%)、エース1号プロ(103%)が回収率100%超をマークしています。
 
 
今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2021年10月31日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2021年10月31日号】特選重賞データ分析編(278)~2021年アルゼンチン共和国杯
閲覧 1,625ビュー コメント 0 ナイス 3



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 アルゼンチン共和国杯 2021年11月07日(日) 東京芝2500m


<ピックアップデータ>

【“同年、かつJRAのレース”において1着となった経験の有無別成績(2014年以降)】
○あり [6-5-7-41](3着内率30.5%)
×なし [1-2-0-48](3着内率5.9%)

 年明け以降の戦績がポイント。2014年以降の3着以内馬21頭中18頭は、同年にJRAのレースを勝ち切っている馬でした。今年はこの条件をクリアしている馬がそれほど多くないので、しっかりチェックしておきましょう。

主な「○」該当馬→アイアンバローズマイネルウィルトス
主な「×」該当馬→アイスバブルオーソリティキセキキングオブコージ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「出走数が15戦以下」の馬は2014年以降[6-2-5-13](3着内率50.0%)
主な該当馬→アイアンバローズオーソリティキングオブコージ

[もっと見る]

2021年4月28日(水) 19:05 くりーく
くりーくの中間調教チェック 天皇賞(春)2021 
閲覧 1,843ビュー コメント 0 ナイス 7



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


5月2日(日) 阪神11R 第163回天皇賞(春)(4歳以上G1・芝3200m)

【登録頭数:17頭】(フルゲート:18頭)


<優先出走馬>

ウインマリリン(C)中4週 阪神芝0.0.0.1
前走時は追い切りの動きも素軽く、馬体も絞れて好仕上がりだった。今回は輸送もあり、これ以上馬体は減らしたくない中でのやや控えめな調整。1週前追い切りでは併走相手に手応えで見劣っており、前走からの上積みまでは期待できないか。

ディープボンド(A)中5週 阪神芝1.1.0.0
跳びが大きく、終い首が高くなりがちな馬だが、1週前追い切りでは今回も好時計で先着。これまで以上に力強く前に伸びる感じで、かなり良い動きを披露してきた。パドックでテンションが上がるタイプなので、無観客で行われることはプラスになりそう。


<賞金上位馬>

カレンブーケドール(D)中4週 阪神芝0.0.0.0
前走時は久しぶりに南Wで調整されていたが、この中間は坂路での調整に戻ってしまった。南Wで調整されている時のほうが好成績に結びついているイメージがあり、この中間の坂路時計を見ても自身としては平凡レベルの内容で、良かった頃の勢いは感じられない。

アリストテレス(A)中5週 阪神芝0.3.0.1
前走時も追い切りの動きは悪くなかったが、ルメール騎手が追い切りに騎乗していなかったためか、レースで集中力を欠くところが多かった。直接的に結果に影響したかは分からないが、気になった部分であることは事実。この中間は、ルメール騎手が2週前、1週前と追い切りに跨り、動きを見ても集中力のある走りを見せている。長距離戦に向けての調整として、良い内容。

オーソリティ(B)中9週 阪神芝0.0.0.0
走りを見ると左回りのほうがスムーズな印象があり右回りは気になるが、初の関西への長距離輸送を克服できれば。1週前追い切りの動きからも、直線の伸び脚良好で出来の良さが伝わってくる。

ワールドプレミア(B)中4週 阪神芝0.1.1.0
長期休養明けを使われつつ出来は良くなっている感じ。1週前はまだ重いという感触は残すものの、初騎乗の福永騎手を背に折り合いがついた動きを見せていて悪い印象はない。ここ2戦はパドックでも落ち着いていて、無観客で行われる点はこの馬にもプラスに。

ユーキャンスマイル(A)中5週 阪神芝1.2.0.1
長距離実績があり、阪神内回りでは3戦して3連対でこのコースが最も向いている馬。1週前追い切りでは、いつもより内目を回っているので時計も速くなっているが、ビッシリ追われて終いしっかり先着と、直前リハを控えての動きとしては文句なし。

マカヒキ(D)5ヶ月 阪神芝0.0.0.4
1週前は、先着こそ果たしているが、終いに首が上がり脚も上がり気味で出来自体物足りず。それ以前に、ジャパンCからの休み明けで、芝3200m戦は普通に考えて厳しい。

オセアグレイト(A)中4週 阪神芝0.0.0.0
休み明けの前走を使われて状態は上向き。1週前追い切りでは、外ラチ沿いを抜群の伸び脚で駆け抜け、内の併走馬2頭とは動きが違った。

ディアスティマ(C)中8週 阪神芝1.0.1.0
この中間も前走同様に坂路で追われて時計も優秀。ただ、1週前の動きを見ると終いの伸び脚がもう少しほしい感じ。

ゴースト(C)中5週 阪神芝2.0.0.2
乗り込み豊富で1週前に長めから強めに追われている。ただ、動きはやや重めで少し物足りない感じ。

ナムラドノヴァン(B)中5週 阪神芝0.0.1.2
この中間、1週前追い切りでは併せて遅れているものの動き自体は悪くない。近走3000m級で差のない競馬が続いており、最終追い切りでの動きが軽くなれば好勝負が期待できそう。

メイショウテンゲン(B)中5週 阪神芝1.0.2.2
前走時の追い切りでは動きが良くなっていて、ここにきて状態が上がってきている。1週前追い切りからも、首を使った走りに戻ってきている様が見てとれ、出来引き続き良好。

ジャコマル(C)中4週 阪神芝0.0.0.2
この中間も追い切りの時計は良くも悪くも変わらず。状態は特に悪くなさそうではあるが、走りが硬く、そのあたりが変わってこないともうひとつ上のステージでは厳しいか。

ディバインフォース(B)中1週 阪神芝2.2.0.1
阪神は向いているが、今回中1週でこの中間は軽めの調整。近走は詰めて使われていて、前走時のパドックでは馬体が仕上がっていた印象を受けた。どれだけ今の状態をキープできるかが鍵になってくる。

メロディーレーン(E)中2週 阪神芝2.0.1.6
かなり小柄な牝馬で、(そのキャラもあって)人気先行する馬。中2週で臨む今年は、前走時のパドックでイレ込んでいた点も含め、特にプラスになる材料はない。

シロニイ(C)中5週 阪神芝0.0.0.4
併せ馬では遅れることの多い馬。動きを見ると、白い馬なのでバネがあるように感じてしまうが、終いに首が上がり気味で伸び脚は物足りない。


このコラムからの推奨馬はディープボンドユーキャンスマイルアリストテレスオセアグレイトの4頭をあげておきます。


◇今回は天皇賞(春)編でした。
毎年のように当コラムで、近年の天皇賞(春)菊花賞は長距離戦とはいえスタミナよりも折り合いが重要ということを書いてきました。それは、3コーナーに下り坂のある独特のコース形態の京都競馬場で行われるが故の見解。
そして、周知の通り、今年は阪神競馬場に舞台を移して行われます。阪神競馬場で行われるとなれば、当然話は少し変わってきます。阪神芝3200mに最も近い条件で行われている阪神大賞典のレース内容を見ていると、大前提として折り合いはもちろんのこと、スタミナもかなり重要になっている印象があります。そういった意味からすると、今年の天皇賞(春)は、ステイヤーにとってビワハヤヒデの勝利した1994年以来およそ四半世紀ぶりに訪れる、またとないG1制覇のチャンスなのかもしれません。


天皇賞(春)出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2020年12月25日(金) 21:30 くりーく
くりーくの中間調教チェック 有馬記念2020
閲覧 2,015ビュー コメント 0 ナイス 9



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


12月27日(日) 中山11R 第65回有馬記念(3歳以上G1・芝2500m)

【登録頭数:23頭】(フルゲート:16頭)


<ファン投票上位馬>

クロノジェネシス(B)中7週
秋初戦の天皇賞(秋)では、パドックでうるさい面を見せていてそのあたりは気になったが、仕上がり自体は良さそうだった。間隔が詰まるよりは空いたほうが良いところのある馬。秋2戦目となるが、中7週と間隔も十分で、2週前、1週前と長めから追い切られていて今回も仕上りは良さそう。1週前の動きにも手応えに余裕が感じられた。ただ、欲を言えば、宝塚記念前の直線に向くまでの勢いと終いの伸びが見られれば、といった感じ。

ラッキーライラック(C)中5週
前からそうだが、追い切りでは硬い走りをする馬でなかなか良い感じがしない。この中間も、追われてからの硬さがみられ、直線に向く時の手応えも前走時のほうが良かったように見えた。

フィエールマン(B)中7週
中7週だが、この馬としてはこれまでで最も間隔が詰まっての出走。1週前追い切りは、珍しく単走なのかと思ったが、映像を見ると併走馬が直線でついてこれず独走する形で併せ馬にならなかっただけ。舌を出しながら走ってはいたが、1週前にビッシリとできているので出来は悪くない。

キセキ(A)中3週
前走時は、しっかりと乗り込まれていて天皇賞(秋)当時よりかなり良くなっていた。それでも、パドックでは力強さはあったもののまだお腹のあたりに少し余裕が感じられ、まだ絞れそうな印象も。この中間は、中3週となり1週前追い切りではCWを単走で追われている。この馬の良い時の、首が前に出て前脚が真っ直ぐ前に伸びる走りと、気合いが乗っている様子が見受けられた。前走からさらに良くなった感じ。出遅れの不安はある馬だが、角居調教師最後の有馬記念となる今回、ビッシリと仕上げてくるハズでその点でも不気味。

ワールドプレミア(C)中3週
前走が長期休養明けも、馬体はマイナス体重と予想以上に仕上げてきていた印象だった。ただ、坂路中心の追い切りでCW中心の友道厩舎の馬とすれば、少し無理したところもあったのかもしれない。今回は反動が出るか、上積みがあるか気になるところだが、1週前追い切りをCWで行っている点からは、これまでの調教内容に戻ったと良いほうに考えて良さそう。あとは、(パドックでテンションが高くなる馬なので)最終追い切りは強く追いたくはないがそれで仕上がるのか、という部分が難しいところ。

ブラストワンピース(D)中7週
この中間も、追い切りの時計は特に悪くない。ただ、若い頃に見せた前脚が高く上がって力強く書き込むグラスワンダーのような走りができていない。1週前追い切りの動きを見ても、先着してはいるものの併走相手のほうが手応えは良く、前脚が上がっていないので迫力なく映った。あとは、今年好成績の横山武騎手がどう乗るかに希望を託すしかなさそう。

ユーキャンスマイル(B)中3週
秋2戦は相性の良い左回りで結果が出ていない。パドックでもここ2戦は良い時のような張りがない感じにも見えた。ただこの中間は、日、水、日とCWでの併せ馬を3本。1週前追い切りでは力強い動きを披露し、叩き3戦目で状態は良くなってきているように感じる。

カレンブーケドール(B)中3週
前走時は調教の時計や動きが物足りなかったものの、レースでは3着争いに加わり、しぶとさを見せて大崩れのないところを見せてくれた。この中間は、中3週と間隔は詰まるが1週前追い切りでは坂路で良い動きを披露し、前走時よりも良くなっている印象を受けた。

ラヴズオンリーユー(B)中5週
エリザベス女王杯では◎にした馬。前走後はジャパンカップ、香港と候補はあったが、結局ここまで待っての出走となり、乗り込み量も豊富。前走までは坂井瑠騎手が調教で跨ることが多かったが、この中間は調教助手が騎乗して調整されており、何かを修正してきているのかもしれない。動きも良く、前走から引き続きの好状態で出走できそう。


<以下、賞金上位馬>

サラキア(B)中5週
同期のアーモンドアイラッキーライラックとは少し力量差のあった馬だが、今秋は調子が良いようで、エリザベス女王杯ではラッキーライラックと差のない競馬と、勢いを感じる。今回はさらに相手が強くなるが、引き続き調子良好の感。好走も期待できそう。

オーソリティ(C)中6週
骨折明けの前走を勝利して2連勝。この中間も2週前、1週前と併せ馬で先着しているが、動きを見ると右回りの追い切りだと終いの伸びが物足りない印象を受ける。左回りのほうが向いているのかもしれない。

ペルシアンナイト(D)中4週
2000mでは皐月賞大阪杯札幌記念と2着の実績はあるが、勝ち鞍は1800mまで。このぐらいの距離が今は良いというよりは、得意の距離では歯が立たなくなってこちらの距離に回ってきたというような感も受ける。ただ、そう簡単に勝ち負けできるというほど、こちらはこちらでレベルは低くないし、特に強調するほどのこの中間でもない。

バビット(C)中8週
菊花賞時は、距離を意識したのか1週前追いをCWに変えてきていた。今回は、中8週と間隔を十分にとってのこれまで通りの調整。坂路で乗り込まれ、1週前も坂路でというメニューに戻している。ただ、動きを見ると、時計ほど伸びている感じはなく、この相手でこの走りだと物足りない感じがする。

モズベッロ(D)6ヶ月
3着に好走した宝塚記念からの休み明け。坂路で乗り込まれているものの時計は平凡で、併せ馬でも遅れが続きと、状態は戻っていない印象。

オセアグレイト(B)中2週
追い切りでは速い時計の出るタイプではないが、動きに柔らかさがあって良い走りをする馬。この中間も、間隔は詰っているが1週前の金曜日に追い切られて前走時並みの時計をマーク。調子は維持できていそう。

クレッシェンドラヴ(D)中3週
前走は相手も強かったが、あまり使われてこなかった左回りも響いた印象。調教での時計も物足りなかった。この中間も大きく変わった感じはなく、ここも相手が強いので厳しそう。


このコラムからの推奨馬は、キセキフィエールマンクロノジェネシスユーキャンスマイルの4頭をあげておきます。



◇今回は有馬記念編でした。
毎年、年末のコラムや、笠松で開催しているウマニティ杯くりーく賞などで「来年も無事に競馬が開催されることを願い」という言葉を使ってきていましたが、今年ほどこの言葉が重く感じた年はなかったのではないでしょうか。何よりも1年間、毎週途切れることなく競馬が開催されたことに感謝したいと思います。緊急事態宣言があり、様々な競技が開催できなくなっていた中でも、競馬がスポーツと娯楽を提供し、税収も確保してきたことは、非常に大きな意味があったと思っています。ずっと思っていることですが、今年改めて、30数年前に数あるエンタメの中から競馬をチョイスした自分の目も間違っていなかったと、そんな風にも感じています。
そんな中で行われる今年の有馬記念ですが、ジャパンカップに出走した3冠馬3頭の出走がないことこそ少し残念ですが、楽しみなメンバー構成で行われます。年末のお祭りでもある有馬記念は、ぜひともたくさんの人たちに馬券を買って楽しんでもらい、少しでも売上が伸び、コロナ禍のなか頑張ってくれている人たちのために税金を使ってもらえればと思ったりもしています。
今年は短期免許の外国人ジョッキーも不在で、日本のジョッキーにとってもアピールするチャンスでもあります。馬も人も、来年に向けて素晴らしいレースをしてほしいと期待しています。そして、こういう状況下、ある意味“ひとつの奇跡”として繰り広げられる2020年の有馬記念を、この目に焼きつけたいと思っています。
まだまだ先の見えない世の中が続いていくことと思いますが、まずは健康に気をつけて医療現場に負担をかけないようにして、それぞれができることをできる範囲で行っていきましょう!

それでは次回、第5回ウマニティ杯くりーく賞編(予定)でお会いしましょう。

有馬記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

⇒もっと見る

オーソリティの口コミ


口コミ一覧
閲覧 64ビュー コメント 0 ナイス 6

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

もう、12月(師走)ですか?1年が、“アッ”と言う間に過ぎて逝きますね?
しかし、ポジティブに考えれば、まだ29日もあります。
年内に出来ることは、済ませたい!

とりあえず年賀状から始めましょうか?

【週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数分析篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ分析篇)
木曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
金曜日 : 検討中??(具体的には?? 予定は未定)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

*各曜日の予想を週末の重賞レース“総合分析”予想のみに絞り込みます。

※引き続き「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【“総合分析”予想 第11期最終結果】
第11期(11/6~11/28)8日間(京王杯2歳S~京阪杯)13戦

最終週末は、当てる事ができたのか!?

土曜、G3京都2歳Sでは、8番ジャスティンロックに注目!
馬連( 5-8 ) 
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

土曜「G3京都2歳S」で注目したジャスティンロック(5人気)は、3コーナー後方2番手から外を進出し、直線で逃げ粘るビーアストニッシド(9人気)と、好位から脚を伸ばしたフィデル(2人気)との競り合いを制して優勝。1/2馬身差の2着にビーアストニッシド、さらにハナ差の3着にフィデルが入り、波乱決着?? もう1頭トゥデイイズザデイ(1人気)はスタート悪く後方追走から直線で一気に突き抜けて優勝…のはずが、6着までが精一杯…残念。   当然ながら馬券はハズレ…(ノД`)・゜・。
反省点として、相手馬の選択!? 2着入線のビーアストニッシドは、完全にノーマーク…反省。3着入線のフィデルは、3番手評価(個人的な見解)だけに…微妙。単勝(910円)/複勝(200円)で狙うレースだったのか??


日曜、G1ジャパンカップでは、7番オーソリティに注目!
馬連( 7-2,4,9 ) 
結果は、的中!(馬連530円)

日曜「G1ジャパンカップ」で注目したオーソリティ(3人気)は、スタート良く先行5番手追走から直線で一気に突き抜けて優勝…のはずが、中団でレースを進めたコントレイル(1人気)、直線で馬場の真ん中から突き抜け、一旦は抜け出していたオーソリティを2馬身差突き放して優勝。さらに1.1/2馬身差の3着にシャフリヤール(2人気)が入り本命決着!? 馬券は馬連的中! 反省点として、馬券種(買い方)の選択?? 勝手な推測だが、周知のようにコントレイルは福永騎手、ではシャフリヤールとオーソリティに誰が騎乗するのか? 2頭共にノーザンファーム生産馬だけに、最優先でルメール騎手に決定権があるはず? シャフリヤールを捨て、オーソリティを選択した時点で、2着内(連対)は約束されていたはず? 何故、1点勝負をしなかったのか…残念。


日曜、G3京阪杯では、6番シヴァージに注目!
馬連・ワイド( 6-7,16 ) 
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「G3京阪杯」で注目したシヴァージ(1人気)は、先団後方追走から直線で一気に突き抜けて優勝…のはずが、最後の伸びを欠き6着。レースは、後方1~2番手でレースを進めたエイティーンガール(10人気)が、直線で大外から一気に各馬を差し切り、2着のタイセイビジョン(3人気)に1馬身差をつけ優勝。さらにクビ差の3着にファストフォース(6人気)が入り波乱決着?? 当然ながら馬券はハズレ…(ノД`)・゜・。 反省点として、軸馬選択の失敗!? ついでに馬券種の選択?? 荒れる傾向が強いレースだけに、先行馬vs差し馬のどちらかに絞るべきだった。馬券種も、単勝/複勝での勝負で良かったはず…反省。


【第11期 総 評】
最終週末、3戦2敗1分…みたいな感じ。 最後に一発逆転を妄想してしまい、結果を導き出せず終了…反省。今11期は、本命レースを当てているだけで、ほぼ儲けが無い状態を繰り返し、終わってみればマイナス収支…残念。来期12期(12/4~12/28)9日間(ステイヤーズS~ホープフルS)11戦で、今年の競馬も終了する。最後ぐらいはハッピーエンド!! 頑張ります。


【重賞レースの馬番コンピ 回 顧 篇】
(京都2歳S)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数1位"
*無条件
該当馬=1位(5番トゥデイイズザデイ)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。(6着)


(ジャパンカップ)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数5位"
*無条件
該当馬=5位(14番ユーバーレーベン)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。(6着)


(京阪杯)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数7位"
*無条件
該当馬=7位(9番ミッキーブリランテ)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。(11着)


【重賞レースの馬番コンピポイント篇】
(ステイヤーズS)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数4位"

*無条件
過去10年内(1-3-1-5/10)
勝率10%/連対率40%/複勝率50%/的中率50%/回収率115%
近5年内 (0-1-0-4/5)
勝率0%/連対率20%/複勝率20%/的中率20%/回収率28%

近年、低迷した成績だけに、今年こそは期待大!?


(チャレンジC)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数2位"

*無条件
過去10年内(5-1-0-4/10)
勝率50%/連対率60%/複勝率60%/的中率60%/回収率89%
近5年内 (3-1-0-1/5)
勝率60%/連対率80%/複勝率80%/的中率80%/回収率118%

4年連続連対中だけに、今年は期待薄!?


(チャンピオンズC)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数4位"

*無条件
過去10年内(1-2-2-5/10)
勝率10%/連対率30%/複勝率50%/的中率50%/回収率147%
近5年内 (1-1-1-2/5)
勝率20%/連対率40%/複勝率60%/的中率60%/回収率168%

昨年(2着)馬券に絡んでいるだけに、今年は期待薄!?


詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

 競馬戦略研究所所長 2021年11月30日(火) 21:26
重賞回顧 ジャパンカップ
閲覧 39ビュー コメント 0 ナイス 4

今年も見ごたえのある一戦となりました。逃げるとみられていたキセキが出遅れる展開となり、こうなると騎手の駆け引きが面白いレースとなります。横山武騎手はアリストテレスのスタミナを信じて逃げの手に出ると、横山典騎手のシャドウディーヴァと戸崎騎手のワグネリアンが先行策を取り、人気馬の不発を狙う作戦に見えました。向こう正面からキセキが捲って先頭に立っても他馬は直線に向く迄動く気配はなし。直線に向くと人気馬の中で先に動いたのはルメール騎手のオーソリティ。コントレイルを待つ川田騎手のシャフリヤールはワンテンポ仕掛けが遅れる。直線中ほどでやっと福永騎手のコントレイルのエンジンが掛かるとあとはコントレイルのワンマンショーになりました。オッズ的には3強対決の様相でしたが、結果は楽勝。これで引退はもったいないですが、次世代に期待したいと思います。オーソリティは間違いなく本物になってきました。所長◎のシャフリヤールは1コーナーの不利が痛かった(シャドウディーヴァ号の騎手横山典弘は,1コーナーで内側に斜行したことについて過怠金50,000円。)それでも今年の3歳馬のレベルの高さを証明してくれました。今回の時計のレースなら疲れは残らないはずで、是非、有馬に出走して欲しいところです。

[もっと見る]

 すといっくま 2021年11月29日(月) 10:45
世代間のバランス
閲覧 219ビュー コメント 0 ナイス 9

ジャパンカップは、今年の秋古馬G1の流れから

 1着:4歳(コントレイル?)
 2着:5歳以上(海外馬は3頭とも5歳なのでワンチャンあるか?)
 3着:3歳(馬券外の可能性もあり)

と、予想しましたが結果は・・・

 1着:コントレイル(4歳)
 2着:オーソリティ(4歳)
 3着:シャフリヤール(3歳)

2着も4歳だったのは意外でしたが、概ね想定内の結果となりました。
(逆にチャンピオンズカップが予想しやすくなりましたね)
これで、各世代の馬券内回数は

 3歳:3回
 4歳:3回
 5歳:2回
 6歳以上:1回

となった為、クロノジェネシスが有馬記念を勝利すると想定するなら
チャンピンオンズカップは、6歳以上の馬が少なくとも1頭は馬券になる可能性が高くなりました。

本当に上手いことバランスとってきますね。

[もっと見る]

⇒もっと見る

オーソリティの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
2:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年11月8日() 01:44:09
スガダ、骨折明け、陣営弱気、
ニゲ、買い要素無し、人気だと妙味無し、
1:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年11月6日(金) 01:34:56
jp、3歳の複勝率100%

オーソリティの写真

オーソリティの厩舎情報 VIP

2021年11月28日ジャパンカップ G12着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

オーソリティの取材メモ VIP

2021年11月28日 ジャパンカップ G1 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。