会員登録はこちら
阪神大賞典 G2   日程:2019年3月17日() 15:35 阪神/芝3000m

レース結果

阪神大賞典 G2

2019年3月17日() 阪神/芝3000m/11頭

本賞金:6,700万 2,700万 1,700万 1,000万 670万


レコード:3分02秒5
天候:
馬場:稍重



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 8 10

シャケトラ

牡6 57.0 戸崎圭太  角居勝彦 518(-4) 3.06.5 2.2 1
2 6 7

カフジプリンス

牡6 56.0 中谷雄太  矢作芳人 528(-4) 3.07.3 20.3 6
3 1 1

ロードヴァンドール

牡6 56.0 横山典弘  昆貢 498(-2) 3.07.7 2 1/2 41.2 10
ラップタイム 12.7 - 10.8 - 11.4 - 12.1 - 12.3 - 12.9 - 12.0 - 13.0 - 12.7 - 13.0 - 13.0 - 12.6 - 12.5 - 12.1 - 13.4
前半 12.7 - 23.5 - 34.9 - 47.0 - 59.3
後半 63.6 - 50.6 - 38.0 - 25.5 - 13.4

■払戻金

単勝 10 220円 1番人気
複勝 10 140円 1番人気
7 390円 6番人気
1 820円 10番人気
枠連 6-8 980円 5番人気
馬連 7-10 2,700円 10番人気
ワイド 7-10 960円 10番人気
1-10 1,710円 23番人気
1-7 7,500円 44番人気
馬単 10-7 3,830円 13番人気
3連複 1-7-10 27,560円 77番人気
3連単 10-7-1 87,820円 255番人気

阪神大賞典のニュース&コラム

【次は買い】阪神大賞典3着・ロードヴァンドール
★阪神大賞典・10番人気3着 《レース》入れ代わり立ち代わりの厳しい展開。しかも馬場の悪い状況下で、前半1000メートルが1分を切るシビアな流れ。ハナを奪えず、2コーナー過ぎで先頭に立つ“特異”なレース運びだったことを考えると、相当に強い競馬だ。 《次走ポイント》 昨年の日経新春杯2着など、もともと能力のある馬。「やっと状態が上向いてきた。よく頑張ってくれている。またこれからだよ」と、横山典騎手は復調気配を感じさせる走りに笑顔を見せた。次走以降もすんなりとマイペースで進められれば出番があっていい。(大阪サンスポ・宇恵)★17日阪神11R「阪神大賞典」の着順&払戻金はこちら
2019年3月18日(月) 11:24

 712

【阪神大賞典】シャケトラ圧勝劇!戸崎「強かったです」
 阪神大賞典が17日、阪神競馬場で11頭によって争われ、戸崎騎乗で1番人気のシャケトラが、能力の違いを見せつけて5馬身差の圧勝。長期休養明けから重賞連勝を飾り、次は優先出走権を得た天皇賞・春(4月28日、京都、GI、芝3200メートル)でビッグタイトルを狙う。2着は6番人気のカフジプリンス、3着は10番人気のロードヴァンドールが入った。 距離の壁をあっさり乗り越えた。シャケトラが圧巻のパフォーマンスで重賞連勝。曇天の空とは対照的に、戸崎騎手は晴れやかな表情で振り返った。 「強かったです!! 追い切りに乗っていい馬だと感じていたので、自信を持って乗りました。十分に折り合いがついて、追ってからもしっかりしていました」 1000メートル通過が59秒3とよどみない流れの前半は後方待機。だが、2周目に入ってペースが落ちると、向こう正面で一気に2番手まで進出する。楽な手応えで直線に向いて早々と先頭に立ち、脚があがったライバルたちを尻目に5馬身差をつけてゴール板を駆け抜けた。左第3中手骨骨折による1年1カ月の休養明けだった前走のAJCCに続いてGII戦を連勝。これまで長距離戦は2017年の天皇賞・春で9着と実績がなかったが、雌伏のときを経て長丁場にも対応できる力をつけていることを示した。 これがJRA通算700勝のメモリアルVとなった角居調教師は、収穫十分の好内容に目を細めた。「距離は未知数でしたが、しっかり我慢して上手に走ってくれた。いい形で天皇賞に向かうことを目標にここを使ったので、次はそうなると思います」と力を込めた。 1998年にメジロブライト、99年にはスペシャルウィークがAJCC、阪神大賞典を連勝し、天皇賞・春を優勝。“Vローテ”を踏襲する6歳馬への楽しみは膨らむばかりで、戸崎騎手は「距離は大丈夫でした。天皇賞でもと思います」と結んだ。 風雨が強まった表彰式が終わると、ターフには鮮やかな虹がかかった。まるで苦難を乗り越えたシャケトラの輝かしい未来を予見するように--。(川端亮平)★17日阪神11R「阪神大賞典」の着順&払戻金はこちらシャケトラ 父マンハッタンカフェ、母サマーハ、母の父シングスピール。青鹿毛の牡6歳。栗東・角居勝彦厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は金子真人ホールディングス(株)。戦績は13戦6勝。獲得賞金2億7512万5000円。重賞は2017年GII日経賞、19年GIIAJCCに次いで3勝目。阪神大賞典は角居勝彦調教師、戸崎圭太騎手ともに初勝利。馬名は「イタリアの幻のデザートワイン」
2019年3月18日(月) 05:08

 1,794

【阪神大賞典】カフジプリンス2着、格上挑戦で好走
 カフジプリンスがしぶとい走りで2着に食い込んだ。前半はリズム重視で運び力を温存。ジワジワとポジションを上げながら3、4コーナーで進出して、2着争いを制した。格上挑戦とすれば、上々の内容だろう。 中谷騎手は「長丁場は合っていますね。リラックスして走ってくれました。きょうは相手が強すぎただけです。長丁場なら大きいところに行ける馬だと思います」と高く評価した。★17日阪神11R「阪神大賞典」の着順&払戻金はこちら
2019年3月18日(月) 05:07

 606

【阪神大賞典】10番人気粘走!ロードヴァンドール3着
 力を再認識させる3着だ。近走は不振だったロードヴァンドールが、10番人気の低評価に反発。2番手から2コーナー過ぎて先頭に立つと、最後までしぶとい走りで、復調をアピールした。横山典騎手は「やっと状態が上向いてきた。よく頑張ってくれている。また、これからだよ」と前を向いた。★17日阪神11R「阪神大賞典」の着順&払戻金はこちら
2019年3月18日(月) 05:07

 513

阪神大賞典のニュースをもっと見る >

【阪神大賞典】厩舎の話
 アドマイヤエイカン・須貝調教師「前走は疲れがあったか。立ち回りひとつで好勝負になる」 ヴォージュ・西村調教師「しまい重点。同型との兼ね合いがカギだ」 カフジプリンス・武村助手「デキはいい。スタミナ勝負になれば」 ケントオー・西橋調教師「前2走もそれほど負けていない。堅実に走る」 コルコバード・木村調教師「状態は上々。距離はあったほうがいい」 サイモンラムセス・梅田調教師「3000メートルは大丈夫。56キロがどうか」 シャケトラ・辻野助手「前走より悪いところはない。前半をうまく乗り切れば距離はこなせる」 ステイインシアトル・池江調教師「股関節はもう大丈夫。上積みもあるけど、距離は長いね」 ソールインパクト・戸田調教師「体調はいい。うまく立ち回れれば」 リッジマン・庄野調教師「先週に長めからやっている。天皇賞に向け、いい競馬をしてほしい」 ロードヴァンドール・昆調教師「筋肉が戻った。長丁場の消耗戦なら」(夕刊フジ)★阪神大賞典の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年3月14日(木) 11:31

 1,634

【阪神大賞典】シャケトラ、心技体整った!
 阪神大賞典の追い切りが13日、東西トレセンで行われた。栗東では、AJCCで復活Vを飾ったシャケトラがCWコースでの3頭併せで同入。重賞連勝へ好仕上がりを印象づけた。アドマイヤエイカンがCWコースでラスト1ハロン11秒9をマークし、最高の調教評価『S』となった。 心技体、全てが整った。1年以上の長期休養明けだった前走のAJCCを快勝したシャケトラが、本番さながらの3頭併せ。5、6馬身ほど追走から馬なりで併入に持ち込み、重賞連勝へ準備万端をアピールした。 「動きもよかったですし、気持ちもしっかりと出ていた。体もシャープになっていますし、いい状態でレースに向かえそうです」 手綱を取った辻野助手が好感触を伝えた。朝一番のCWコースに朝日を浴びながら登場。僚馬バリオラージュ(500万下)、ショパン(1000万下)を小気味いいリズムで追いかけた。4コーナーで内に進路を取って一気に差を詰めると、力強い前脚のさばきで馬体を並べてフィニッシュ。6ハロン84秒5と全体時計こそ控えめだが、ラスト1ハロンは11秒7とさすがの反応を見せつけた。 1週前の6日にCWコースで一杯に追われて3馬身先着しており、この日は感触を確かめる程度。それでも「気持ちで走る馬なので、負けん気を出してくれるかも確認したかった。しっかりと(気持ちを)出してくれましたね」という意図通り、闘志に点火したのは間違いない。 前走のAJCCは長期休養明けでもあり、中間の調整は簡単ではなかった。「探り探りでやっていた部分もあった」と振り返るが、一度使われたことで「調整もやりやすいですし、良化具合も今回は早かったですね」と上積みは計り知れない。 3000メートル超えの距離は2年前の天皇賞・春(9着)以来2度目と、長距離実績の不足は否めない。「今回(の鍵)は距離に尽きるかなと思います」という助手は「いかに前半でごまかしながら気持ちを温存できるか。クリアできれば、次の天皇賞・春にもつながりますからね」と期待をこめた。 デビュー6戦目で日経賞を制した天才肌。骨折で、遠回りはしたが、前走の復活劇をみても、秘める才能は一級品だろう。まずは前哨戦で春の盾にふさわしい能力を証明する。(山口大輝)★阪神大賞典の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年3月14日(木) 05:13

 1,455

【阪神大賞典】エイカン一変!CW11秒9
 アドマイヤエイカンは、CWコースで一杯に追われて6ハロン82秒2-11秒9をマークし、スワーヴアラミス(1000万下)に1馬身先着。万葉S7着から一変を予感させる動きで、調教評価は『S』となった。 須貝調教師は「よかったね。しまい重点で、いかせなくてもいいと思っていたけど順調にきている。前走は休み明け3戦目(前々走のステイヤーズS2着)の疲れもあったかな。リフレッシュに出して状態よく帰ってきた」と状態に胸を張った。★阪神大賞典の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年3月14日(木) 05:12

 1,367

【阪神大賞典】リッジマン、久々でも万全
 ステイヤーズS勝ち馬リッジマンはCWコースで単走追い。体全体を使ったフォームを披露し、馬なりで4ハロン51秒2-12秒4をマークした。 庄野調教師は「先週は長めからしっかりとやったので、今週は半マイルだけでいいかなと。手脚をしっかりと伸ばして走れていたし、追うごとに良くなってきました」と休み明けでも万全。「心肺能力は高いものがあるし、いつも調教後にすぐ息が入る。春は天皇賞が目標になるので、そこに向けていいレースをしたい」と意気込んだ。★阪神大賞典の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年3月14日(木) 05:12

 1,087

阪神大賞典の直前追い切り情報をもっと見る >

プロ予想家の的中情報


阪神大賞典の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

3月17日 15:34更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv113 
960円 96,000円
Lv111 
2,700円 2,700円
Lv110 
220円 6,600円
Lv109 

1,710円
140円
15,570円
Lv108 
140円 140円

的中情報をもっと見る >

阪神大賞典過去10年の結果

2018年3月18日() 阪神競馬場/芝3000m 天候: 馬場:
1着 レインボーライン 岩田康誠 3:03.6 5.6倍 105.1
2着 サトノクロニクル 川田将雅 1 1/4 6.3倍 104.3
3着 クリンチャー 武豊 1 1/2 1.9倍 103.6
2017年3月19日() 阪神競馬場/芝3000m 天候: 馬場:
2016年3月20日() 阪神競馬場/芝3000m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

阪神大賞典のデータ分析とレース傾向

コース図阪神芝3000m

仁川を舞台に行われる名物G2である。コース改修後の2007年以降を振り返ると、ローテについては前走有馬記念が最有力ステップ。なかでも、有馬記念で5番人気以内に支持されていた馬は【3.3.2.1】と、非常に優秀な成績を残している。唯一圏外に沈んだスクリーンヒーロー(2009年4着)は関東馬。関西馬で条件を満たす場合は、逆らわないほうが賢明だ。有馬記念組のみならず、前走の人気は当レースの攻略ポイントのひとつで、連対馬24頭中、実に20頭が前走5番人気以内馬。2014年2着のアドマイヤラクティ(前走3番人気11着)のように一変もあるので要注意と言えよう。レースが行われる阪神3000mは、たんたんとした流れになるケースがほとんどで、決め手勝負になりやすい。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

阪神大賞典の歴史と概要


2013、14,15年の優勝馬ゴールドシップ

春の天皇賞に直結する最重要ステップレースで、長距離戦を得意とする古馬一線級が集結する。第36回(1988年)のタマモクロス、第39~40回(1991~1992年)2連覇のメジロマックイーン、第45回(1997年)のマヤノトップガン、第46回(1998年)のメジロブライト、第47回(1999年)のスペシャルウィーク、第54回(2006年)のディープインパクト、第56回(2008年)のアドマイヤジュピタ、第63回(2015年)のゴールドシップなど、ここと春の天皇賞を連勝した馬は数知れず。ナリタブライアンマヤノトップガンが壮絶なマッチレースを繰り広げた第44回(1996年)は競馬ファンの間では“伝説の名勝負”として語り草となっている。

歴史と概要をもっと見る >

阪神大賞典の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年10月19日(
富士ステークス  G3
2019年10月20日(
菊花賞  G1

競馬番組表

2019年10月19日(
3回新潟3日目
4回東京6日目
4回京都6日目
2019年10月20日(
3回新潟4日目
4回東京7日目
4回京都7日目
2019年10月21日(月)
4回東京4日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
88,155万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 サートゥルナーリア 牡3
31,176万円
2 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
3 クロノジェネシス 牝3
24,993万円
4 ダノンキングリー 牡3
24,181万円
5 ダノンファンタジー 牝3
23,621万円
6 グランアレグリア 牝3
19,878万円
7 ヴェロックス 牡3
18,521万円
8 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
9 リオンリオン 牡3
13,748万円
10 カレンブーケドール 牝3
13,594万円
» もっと見る