会員登録はこちら
ユニコーンステークス G3   日程:2018年6月17日() 15:45 東京/ダート1600m

レース結果

ユニコーンステークス G3

2018年6月17日() 東京/ダート1600m/16頭

本賞金:3,500万 1,400万 880万 530万 350万


レコード:1分33秒8
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 7 14

ルヴァンスレーヴ

牡3 56.0 M.デムー  萩原清 488(-8) 1.35.0 2.3 1
2 3 5

グレートタイム

牡3 56.0 C.ルメー  藤原英昭 470(-2) 1.35.6 3 1/2 5.5 3
3 6 12

エングローサー

牡3 56.0 田中勝春  清水久詞 480(+4) 1.35.6 アタマ 34.4 7
ラップタイム 12.2 - 10.8 - 11.8 - 12.3 - 12.3 - 11.9 - 11.5 - 12.2
前半 12.2 - 23.0 - 34.8 - 47.1 - 59.4
後半 60.2 - 47.9 - 35.6 - 23.7 - 12.2

■払戻金

単勝 14 230円 1番人気
複勝 14 120円 1番人気
5 190円 3番人気
12 580円 8番人気
枠連 3-7 620円 2番人気
馬連 5-14 740円 2番人気
ワイド 5-14 330円 2番人気
12-14 1,420円 13番人気
5-12 2,870円 28番人気
馬単 14-5 1,040円 2番人気
3連複 5-12-14 7,550円 21番人気
3連単 14-5-12 22,430円 56番人気

ユニコーンステークスのニュース&コラム

【ユニコーンS】ミルコ絶賛!ルヴァンスレーヴ圧勝
 第23回ユニコーンステークス17日、東京11R、GIII、3歳オープン国際(指)、別定、ダ1600メートル、1着本賞金3500万円 =出走16頭)ミルコ・デムーロ騎乗で1番人気のルヴァンスレーヴが、中団から直線で抜け出して3馬身半差の楽勝。JRA重賞初制覇となった。タイム1分35秒0(重)はレースレコード。交流GI全日本2歳優駿の覇者は、このあとジャパンダートダービー(7月11日、大井、交流GI、ダ2000メートル)を目標にしていく。2着は3番人気のグレートタイム。 力が違った。3歳ダート界の頂点がくっきりとみえる走りを府中のダートでまざまざと見せつけた。コンビを組んで4戦4勝のM・デムーロ騎手が、こぼれんばかりの笑みで相棒を絶賛した。 「ずっと手応えがよく、素晴らしい馬。マイルは1回走ったことがあるし、芝スタートも経験していたから気にしなかったね。直線は最後まで馬なりで伸びました。勝つ気持ちが大きい馬です」 スタートはひと息で後方から。それでも、4コーナーでは4番手まで押し上げ、馬なりで直線に入る。鞍上が軽くゴーサインを出すと、楽々と先頭に立ち、残り200メートルからは独壇場。悠々と上がり最速タイ(35秒2)をマークし、2着馬に3馬身1/2差をつけた。勝ちタイム1分35秒0(重)は、従来のレースレコード(2008年ユビキタス)を0秒1更新した。 今後はジャパンダートダービーを視野に調整される。トレーナーは「距離は延びても大丈夫」と初の2000メートルにも自信の表情をみせる。ここには前走の伏竜S(2着)で、デビュー4戦目にして初めて先着されたドンフォルティスが参戦を表明。対戦成績1勝1敗のライバルと激突する。 ユニコーンSは過去の勝ち馬にカネヒキリ、ゴールドドリームなど、のちのチャンピオンが並ぶダートの登竜門。今回の圧勝劇からもルヴァンスレーヴが過去の名馬にヒケを取らないポテンシャルを秘めているのは確か。まずは、3歳ダート界の頂点へ-。ライバルをなぎ倒し、砂の名馬への道を歩んでいく。(山川洋暁)★17日東京11R「ユニコーンS」の着順&払戻金はこちらルヴァンスレーヴ 父シンボリクリスエス、母マエストラーレ、母の父ネオユニヴァース。鹿毛の牡3歳。美浦・萩原清厩舎所属。北海道白老町・(有)社台コーポレーション白老ファームの生産馬。馬主は(株)G1レーシング。戦績5戦4勝(うち地方1戦1勝)。獲得賞金9508万4000円(うち地方3500万円)。重賞は2017年交流GI全日本2歳優駿に次いで2勝目。ユニコーンSは萩原清調教師、ミルコ・デムーロ騎手ともに初勝利。馬名は「風立ちぬ(フランス語)」。
2018年6月18日(月) 05:06

 1,086

【ユニコーンS】直線のロス響き…グリム無念9着
 第23回ユニコーンステークス17日、東京11R、GIII、3歳オープン国際(指)、別定、ダ1600メートル、1着本賞金3500万円 =出走16頭)2番人気のグリムは消化不良の9着。道中は好位の5番手でリズムよく走っていたが、直線で進路がふさがり、外から押し込められるロスが響いた。「直線はグチャグチャでスペースがなくて…。馬はよくなっていたんですが…」と川田騎手は肩を落とす。野中調教師も「直線で何度もブレーキがかかって、不完全燃焼だった」と悔しさをにじませた。★17日東京11R「ユニコーンS」の着順&払戻金はこちら
2018年6月18日(月) 05:05

 628

【ユニコーンS】ルメールが称賛、グレート2着
 第23回ユニコーンステークス17日、東京11R、GIII、3歳オープン国際(指)、別定、ダ1600メートル、1着本賞金3500万円 =出走16頭)3番人気グレートタイムが2着争いを制した。前半は行き脚がつかなかったが、中団でじっと我慢。直線で進路を外に切り替えると、残り200メートルからしぶとく伸びてエングローサーを頭差で抑えた。「1600メートルは短いが、ペースが速くないので楽に流れに乗れた。ミルコの馬はGIホースで強いが、この馬も最後はしっかりと脚を使っているし、能力は高いよ」とルメール騎手は今後の成長に期待していた。★17日東京11R「ユニコーンS」の着順&払戻金はこちら
2018年6月18日(月) 05:05

 515

【ユニコーンS】レースを終えて…関係者談話
 ◆田中勝騎手(エングローサー3着) 「勝った馬は(力が抜けていて)仕方ないけど、直線半ばで2着馬に前をカットされたのが痛かった」 ◆柴田大騎手(ホウショウナウ4着) 「最初は少し一生懸命だったが、その後はうまく息を入れて、最後もひと踏ん張りしてくれた」 ◆江田照騎手(セイウンクールガイ5着) 「内枠なので行くしかないと思っていた。真面目に走るようになり、かわされてからも頑張っている」 ◆津村騎手(トキノパイレーツ6着) 「少し出負けしたが、馬群では掛かるぐらいの勢い。いつもと違う形の競馬だったが、頑張ってくれた」 ◆藤田騎手(ミックベンハー11着) 「ゲートはポンと出たが、そこから物見して進んでいけなかった。最後はジリジリ伸びています」★17日東京11R「ユニコーンS」の着順&払戻金はこちら
2018年6月18日(月) 05:04

 748

ユニコーンステークスのニュースをもっと見る >

【ユニコーンS】厩舎の話
イダペガサス・高柳瑞調教師「成長段階だが、だいぶ良くなっている」エピックアン・大和田調教師「順調に調整できた。併せる形が理想」エングローサー・清水久調教師「馬なりでサラッと。マイルはいい」グリム・野中調教師「センスがいい。ここへきて力をつけてきた」グレートタイム・藤原英調教師「2走前は連闘。今回は順調にきた」コスモロブロイ・伊藤伸調教師「元気があるし、仕上がりはいい」ザイオン・相沢調教師「動きは良かった。差しがはまる展開になれば」セイウンクールガイ・奥平調教師「芝スタートで先行力を生かしたい」ソウルセイバー・白倉助手「好調維持。ただ、相手が強くなるから…」タイセイアベニール・西村調教師「前走はよく追い上げた。前めなら」ダンケシェーン・藤野助手「前走もいい伸び。しまいの脚は持っている」トキノパイレーツ・相沢調教師「ダートでは安定。ビッシリ仕上げた」バイラ・江口助手「前走よりデキは上向いた」ハーベストムーン・西谷助手「状態はいい。自分のリズムで行ければ」プロスパラスデイス・藤野助手「前走は楽勝。このコースは合う」ベストマイウェイ・古川助手「上々の動き。直線の長いコースは合う」ホウショウナウ・河内調教師「使った上積みはある。センスも十分」ミックベンハー・畠山調教師「予定どおり。スムーズなら格好はつく」リョーノテソーロ・武井調教師「反応は鋭かった。力を出せる状態だ」ルヴァンスレーヴ・Mデムーロ騎手「ゲートは遅いが、すごい脚を使う」ルッジェーロ・柴田善騎手「動きはいい。どんなレースでもできそう」レピアーウィット・森助手「距離は大丈夫。能力もヒケを取らない」★ユニコーンSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年6月14日(木) 12:00

 1,039

【調教ズームイン】宇恵注目のバイラ 坂路で切れた
★ユニコーンS 小気味のいいフットワークから、好調が伝わってきた。バイラは坂路で最終追い。4ハロン54秒4の平凡な時計を忘れさせる弾むような脚取りで、直線の急勾配を駆け上がってきた。 デビュー当初から坂路調教で目立つ動きを示したことはない。12秒1、12秒2といった速い上がり時計をマークしたことも、当然ない。今回のラスト1ハロン12秒5の数字は、この馬としては上々といえる。それも余力を残した態勢だった。馬場状態の違いはあるだろうが、前走時が坂路4ハロン56秒4だったことを考えれば、2秒も全体のタイムを短縮。中6週ほどレース間隔があいているが、状態は前走時よりもアップしていると感じさせる。 レースを経験しながら確実に地力を強化。さらに今度の気配の良さがあれば、期待を抱いてもいいだろう。★ユニコーンSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年6月14日(木) 11:59

 741

【ユニコーンS】ダートでもミルコ!ルヴァンと再びコンビ
 ユニコーンステークスの追い切りが13日、東西トレセンで行われた。美浦では交流GI全日本2歳優駿を勝ったルヴァンスレーヴが意欲的な併せ馬。古馬オープンに遅れはしたものの、体調の良さをアピールした。今回はリーディングトップを走るミルコ・デムーロ騎手(39)と再コンビ。ダートでも勝ち星を量産する名手を背にJRA重賞初制覇を決める。 反撃へ、容赦はしない。GI全日本2歳優駿の覇者、ルヴァンスレーヴはWコースで古馬オープンのミッキージョイを2馬身追いかける意欲的な併せ馬。攻め駆けする歴戦のパートナーに追いつけなかったものの、6ハロン82秒8、3ハロン38秒8-12秒9の優秀なタイムで、半馬身差に食い下がった。 「動きは良かった。いつもと同じ攻め過程で調整ができたし、前回と変わらない状態にある。前走は勝った馬が強かったが内容は悪くなかった。1度しか走っていない東京の適性は分からないが、いい結果を出せるように努めていきたい」 見届けた萩原調教師が冷静に“いつもの”デキをアピールする。その前走・伏竜SはドンフォルティスにV4の夢を阻まれたが、キャリア初の右回りで戸惑う面があった上に、1000メートル通過65秒3のスローペースも不運だった。最強のライバル・ドンが不在の今回、得意のマイル戦に戻れば巻き返しは既定路線と言っても過言ではない。 「地方のGI(全日本2歳優駿)はすごくいい勝ち方で、ケンタッキーダービーもいけると思ったんだ」 今回、2戦ぶりに手綱が戻るM・デムーロ騎手も、相棒の大いなる可能性を最大限のリップサービスで伝える。先週までJRA75勝は全国リーディング首位。芝はもちろん、今年はダートでも勝ち星を量産しており、31勝は2位の田辺騎手(28勝)に3勝差をつける文句なしの“砂王”だ。地元イタリアをはじめ、欧州では根付いていないダート競馬で勝つ術を、すっかり自分のものにした青い目の二刀流。今回、そのまなざしは表彰台しか見ていない。 「(自分が乗っていない)前走は体が太かったし、よく見えなかった。ゲートは遅いけど、ヨーイドンですごい脚を使うし、パワーもあるのがいいところ。この馬でまた重賞を勝ちたい」 V請負人が、砂の逸材を再びV軌道に呼び戻す。 (内海裕介)★馬名の意味 ルヴァンスレーヴ(le vent se leve)はフランス語で「風立ちぬ」。★ユニコーンSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年6月14日(木) 05:08

 1,091

【ユニコーンS】ハーベストムーン、馬なり12秒8
 凰雛(ほうすう)S1着から挑むハーベストムーンは、坂路で鮫島駿騎手(実戦は戸崎騎手)を背に併せ馬。馬なりだったが力強いストライドで1馬身先着し、4ハロン58秒5-12秒8をマークした。鞍上は「日曜にしっかり時計(同51秒6)を出していますし、サラッとやりました。いい雰囲気で、集中して走っていましたよ」と納得の表情。続けて「扱いやすい馬ですからね。状態もいいですよ」と好感触を伝えた。★ユニコーンSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年6月14日(木) 05:07

 611

ユニコーンステークスの直前追い切り情報をもっと見る >

ユニコーンステークスの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

6月17日 15:44更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv122 
190円 1,900円
Lv114 
190円 9,500円
Lv113 
7,550円 30,200円
Lv110 
22,430円 22,430円
Lv108 
1,420円 46,860円

的中情報をもっと見る >

ユニコーンステークス過去10年の結果

2017年6月18日() 東京競馬場/ダ1600m 天候: 馬場:
2016年6月19日() 東京競馬場/ダ1600m 天候: 馬場:
2015年6月21日() 東京競馬場/ダ1600m 天候: 馬場:稍重
1着 ノンコノユメ C.ルメール 1:35.9 4.6倍 96.7
2着 ノボバカラ 北村宏司 2 1/2 63.8倍 94.8
3着 アルタイル 松岡正海 2 1/2 9.3倍 92.9

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

ユニコーンステークスのデータ分析とレース傾向

コース図東京ダート1600m

開催が2週繰り下がった2013年以降の前走オープン・重賞1着馬は1勝、2着2回、3着2回。2015年にノンコノユメが青竜ステークスからの連勝を決めているものの、それ以外は取りこぼしが目立っている。一方、2013年以降の勝ち馬5頭には東京ダート1600mでの勝利経験があった。前走ステップ・着順に関係なくコース実績を重視したほうがよさそうだ。東京ダート1600mは2コーナーのポケットから芝を150mほど走り、ダートに入って最初のコーナーまでさらに500m弱直線が続くレイアウト。そのため前半からスピードに乗りやすいコースであり、2013年以降の3着以内馬16頭(3着同着を含む)中14頭には芝戦もしくは芝スタートのダート戦での勝利経験があった。なお、該当しなかった2014年3着のバンズームは芝戦で3度の2着経験、2015年3着のアルタイルは芝スタートのダート戦で2着が2度あったことを補足しておく。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

ユニコーンステークスの歴史と概要


2016年の優勝馬ゴールドドリーム

JRA初の4歳(現3歳)限定ダート重賞として誕生し、歴代のダート王者たちが熱戦を繰り広げてきた。第2回(1997年)のタイキシャトル、第5回(2000年)のアグネスデジタル、第10回(2005年)のカネヒキリといった歴史的名馬クラスが多数優勝しており、近年も第20回(2015年)を勝ったノンコノユメ、第21回(2016年)の覇者ゴールドドリームが、その後にG1を制している。第7回(2002年)は地方船橋所属のヒミツヘイキが中央勢を一蹴し、ファンをアッと驚かせた。

歴史と概要をもっと見る >

ユニコーンステークスの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年9月29日(
シリウスステークス G3
2018年9月30日(
スプリンターズS G1

競馬番組表

2018年9月29日(
4回中山8日目
4回阪神8日目
2018年9月30日(
4回中山9日目
4回阪神9日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 レイデオロ 牡4
58,278万円
5 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 マカヒキ 牡5
48,298万円
8 スマートレイアー 牝8
47,984万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 ワグネリアン 牡3
36,086万円
2 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
3 エポカドーロ 牡3
27,016万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
8 リリーノーブル 牝3
13,810万円
9 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
10 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
» もっと見る