今週の重賞レース

2024年5月25日() 葵S G3
2024年5月26日() 目黒記念 G2 日本ダービー G1

ユニコーンS G3

日程:2024年4月27日() 15:35 京都/ダート1900m
ウマニティ会員登録(無料)



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 B タイム 着差 オッズ 人気 上がり
3F
通過順
1 3 5

ラムジェット

牡3 57.0 三浦皇成  佐々木晶 500(0) 1.58.6 7.3 3 37.6 ⑫⑫⑦④
2 5 9

サトノエピック

牡3 57.0 横山和生  国枝栄 522(-2) 1.59.0 2 1/2 10.6 5 38.0 ⑥⑦⑦⑥
3 2 4

ミッキーファイト

牡3 57.0 戸崎圭太  田中博康 540(-4) 1.59.3 1 3/4 2.8 1 38.5 ⑥⑤⑤⑥
4 3 6

サンライズソレイユ

牡3 57.0 田口貫太  矢作芳人 506(+2) 1.59.6 1 3/4 127.2 12 38.1 ⑭⑭⑫⑪
5 6 12

ムルソー

牡3 57.0 川田将雅  斉藤崇史 502(-2) 1.59.9 2.9 2 39.2 ③③②②
6 8 15

アラレタバシル

牡3 57.0 野中悠太  根本康広 440(-4) 2.00.2 1 3/4 15.2 6 38.6 ⑬⑬⑫⑬
7 8 16

ハーバーライト

牡3 57.0 和田竜二  高橋義忠 516(-4) 2.00.4 3/4 39.1 9 39.3 ⑧⑧⑨⑨
8 1 2

ノットイナフ

牡3 57.0 幸英明  浜田多実 470(0) 2.00.6 179.4 14 38.5 ⑯⑮⑮⑮
9 5 10

エイカイソウル

牡3 57.0 坂井瑠星  藤原英昭 470(+4) 2.00.7 1/2 36.0 8 38.6 ⑮⑮⑮⑮
10 1 1

スナークラファエロ

牡3 57.0 小沢大仁  野中賢二 474(0) B 2.00.8 1/2 50.2 10 40.1 ③③⑤⑥
11 7 14

ピュアキアン

牡3 57.0 吉田豊  竹内正洋 506(-2) 2.01.0 144.0 13 40.3 ③⑤②④
12 7 13

カゼノランナー

牡3 57.0 藤岡佑介  松永幹夫 512(-4) 2.01.0 クビ 10.6 4 40.5 ①①①①
13 2 3

マルチャレアル

牡3 57.0 団野大成  斉藤崇史 486(-10) 2.01.4 51.3 11 40.0 ⑪⑪⑪⑩
14 6 11

クロドラバール

牡3 57.0 西村淳也  杉山晴紀 514(0) 2.01.9 189.3 15 41.3 ②②②②
15 4 7

ゼンダンスカイ

牡3 57.0 菱田裕二  角田晃一 454(0) 2.02.4 330.2 16 41.0 ⑧⑧⑫⑬
16 4 8

ラオラシオン

牡3 57.0 岩田望来  斎藤誠 484(-2) 2.02.6 1 1/4 23.3 7 41.3 ⑩⑩⑨⑪
ラップタイム 7.0 - 10.7 - 11.8 - 13.1 - 12.7 - 12.6 - 12.6 - 12.6 - 12.8 - 12.7
前半 7.0 - 17.7 - 29.5 - 42.6 - 55.3
後半 63.3 - 50.7 - 38.1 - 25.5 - 12.7

■払戻金

単勝 5 730円 3番人気
複勝 5 200円 3番人気
9 250円 4番人気
4 130円 1番人気
枠連 3-5 2,320円 10番人気
馬連 5-9 3,530円 12番人気
ワイド 5-9 1,170円 11番人気
4-5 500円 2番人気
4-9 510円 3番人気
馬単 5-9 6,800円 22番人気
3連複 4-5-9 3,350円 6番人気
3連単 5-9-4 25,330円 64番人気

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:367,727人(05月20日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

厩舎
の話

【ユニコーンS2024特集】ムルソー「いい意味で現状を維持」 ミッキーファイト「まだ体に緩さはあるが、能力で勝ってきた」

【ユニコーンS2024特集】ムルソー「いい意味で現状を維持」 ミッキーファイト「まだ体に緩さはあるが、能力で勝ってきた」

アラレタバシル・根本師「脚質を含めて展開に左右されるが、まだダートでは底を見せていない部分がある」

サンライズソレイユ・矢作師「調教は動いている。しまいの伸びが足りないので、距離は延びる方がいい」

スナークラファエロ・野中師「動きは相変わらずいい。これからの馬だが、ブリンカーをつけてからは行きっぷりが良くなった」

ノットイナフ・浜田師「先行馬がそろったが、スタミナのあるところに期待する」

ピュアキアン・竹内師「集中力が増すようチークピーシズ着用で臨む。長距離輸送は問題なく、カイ食いもいい」

マルチャレアル・斉藤崇師「1週前にしっかりしたのでサラッとした。ワンターンより、ひと回りするコースがいい」

ミッキーファイト・田中博師「まだ体に緩さはあるが、ここまでは能力で勝ってくれた。相手は強くなるが楽しみはある」

ムルソー・斉藤崇師「いい意味で現状を維持している。気性は幼いが、ダートに替わってからの2戦が好内容」

ラオラシオン斎藤誠師「時計はまずまずだけど、動きは良かった。思い通りの成長曲線を描けている」

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

データ
予想

【ユニコーンS2024特集】オールクリアは、ラオラシオン、ラムジェット、マルチャレアルなど計5頭

【前走場所】

2014年以降(すべて東京ダート1600mで施行)の1~3着馬30頭の前走使用場所を大まかに分けると、東京、中山、京都、阪神、地方、海外の6パターンに集約される。JRA・ローカル場からの臨戦馬は、疑ってかかったほうがよさそうだ。

(減点対象馬)
①スナークラファエロ ⑬カゼノランナー

【前走着順】

2014年以降の1~3着馬30頭のうち、27頭が前走5着以内からの臨戦馬。例外3頭はいずれも、JRA・OPクラスのレースで5着以内の善戦・好走経験があった。それ相当の実績を欠くうえに、前走で掲示板外に敗れている馬は過信禁物とみるべきだろう。

(減点対象馬)
②ノットイナフ ⑯ハーバーライト

【前走人気】

2014年以降、前走がJRAの条件クラス以下、かつ単勝6番人気以下だった馬が、当レースで2着連対圏を確保したケースはゼロとなっている。該当馬は評価を控えめにしたい。

(減点対象馬)
①スナークラファエロ ⑦ゼンダンスカイ ⑪クロドラバール

【前走馬体重】

2014年以降、前走が国内戦、かつ前走の馬体重が480キロ未満だった馬が、当レースで2着連対圏を確保した事例は7頭。その7頭はいずれも、OPクラス3着以内からの参戦馬だった。前走海外組が不在の今年は、馬格のある馬ならびに、OPクラス好走直後の馬を重視すべきだろう。

(減点対象馬)
①スナークラファエロ ②ノットイナフ ⑦ゼンダンスカイ ⑩エイカイソウル

【近走人気】

2014年以降、近2走とも国内戦に出走、かつ近2走ともに単勝6番人気以下だった馬が、当レースで連対(2着以内)を果たした事例は皆無となっている。低評価続きの馬が、首位争いを演じるのは難しいようだ。

(減点対象馬)
②ノットイナフ ⑪クロドラバール

【OPクラス出走歴】

2014年以降の1~2着馬20頭はいずれも、JRA重賞か地方交流重賞、もしくはJRAのOP特別での出走歴があった。軸馬を選定する際、気にとめておきたい傾向といえよう。

(減点対象馬)
①スナークラファエロ ④ミッキーファイト ⑦ゼンダンスカイ ⑨サトノエピック ⑩エイカイソウル ⑪クロドラバール ⑫ムルソー ⑬カゼノランナー ⑭ピュアキアン

【データ予想からの注目馬】
上記6項目で減点がないのは、③マルチャレアル、⑤ラムジェット、⑥サンライズソレイユ、⑧ラオラシオン、⑮アラレタバシルの5頭。

ラオラシオンを1番手に挙げたい。2014年以降、前走JRA・OP特別組は【6.8.5.55】。そのうち、前走で単勝2番人気以内の高支持を集めていた馬は【4.3.2.12】と、上々の成績を残している。要注目の1頭だ。

出走メンバー唯一のOPクラス勝ち馬である、⑤ラムジェットも上位評価に値する存在。以下、③マルチャレアル、⑥サンライズソレイユ、⑮アラレタバシルらが続く。

<注目馬>
ラオラシオン ⑤ラムジェット ③マルチャレアル ⑥サンライズソレイユ ⑮アラレタバシル

このレースの傾向やデータをもっと見る

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:367,727人(05月20日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

U指数
予想

【ユニコーンS2024特集】レース条件大幅変更を受けて今年はU指数順にそのまま推奨!

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

ダート路線の大幅改革により、6月の東京ダ1600m戦から4月の京都ダ1900m戦にレース条件が変更されたユニコーンS。従来通り3歳限定のG3ながら、まったく別もののレースになってしまったので、過去の傾向はほとんど参考にならないだろう。昨年までは二桁順位の激走の多いU指数泣かせのレースだったが、もしかしたらこの条件変更によって指数がうまく機能するようになるかもしれない。ひとまず今年は、U指数上位順に注目馬をピックアップするスタンスで臨もうと思う。

1位⑬カゼノランナー(94.2)は、初ダートとなった前走を逃げて上がり最速でまとめ、後続に6馬身差をつけるという圧巻のパフォーマンスを披露。ダート適性は文句なしで、連勝があってもなんら驚けない。

2位⑫ムルソー(93.4)は、芝のデビュー戦で大敗を喫するも、戦いの場をダートに移してからは2戦2勝。ともに大きな着差をつけての圧勝劇で、京都ダ1900mを勝っている点もプラスに評価できる。

3位⑤ラムジェット(92.8)は、寒椿賞とヒヤシンスSを連勝中。いずれも上がり最速の切れ味を見せての強い競馬で、3連勝に期待がかかる。

4位①スナークラファエロ(91.0)も、ムルソー同様に芝の新馬戦敗退後にダート路線に転じて2戦2勝。まだ底を見せておらず、ここもあっさり突破する可能性は十分にある。

以上の4頭を素直に上位評価したい。

【U指数予想からの注目馬】
カゼノランナー ⑫ムルソー ⑮ラムジェット ①スナークラファエロ

出走予定馬のU指数をチェックする

血統
予想

【ユニコーンS2024特集】ゴールドアリュールやヘニーヒューズが好相性、コース実績からはドレフォンに注目

【ユニコーンS2024特集】ゴールドアリュールやヘニーヒューズが好相性、コース実績からはドレフォンに注目

データは中山ダート1800mや東京ダート1600mで行われていた2023年以前のもの。種牡馬としてはゴールドアリュールが最多となる3勝(2014年レッドアルヴィス、2016年ゴールドドリーム、2017年サンライズノヴァ)を記録し、その後継にあたるエスポワールシチーも2022年の勝ち馬ペイシャエスを出すなど、ゴールドアリュール系としても存在感を示していた。

ほか、近年はヘニーヒューズ産駒が人気不問で上位を賑わす傾向にあり、2019年1着ワイドファラオ、2021年3着ケイアイロベージ、2022年2着セキフウ、2023年1着ペリエールと2019年以降で2勝、目下3年連続で馬券に絡む活躍を見せている。また、ペリエールの母の父に配されたフジキセキも、母の父として【1.1.1.0】、種牡馬としても【2.0.0.3】と特筆に値する成績を残している。

ラムジェットは、父マジェスティックウォリアー×母ネフェルティティ(母の父ゴールドアリュール)。2代母ラヴェリータはダートグレード競走を7勝した女傑で、引退レースとなった11年ジャパンカップダートでも4着となった実績を持つ。本馬は直系でこそないものの母の父にレース相性のいい血脈を持ち、今年のメンバーで唯一のゴールドアリュール内包馬としても注目だろう。この父系らしい緩慢さがあるので、初距離でも楽しみはある。

ミッキーファイトは、父ドレフォン×母スペシャルグルーヴ(母の父スペシャルウィーク)。施行場が京都ダート1900mに変わることに重きを置いた場合、直近5年の当該コースで最多勝を誇るドレフォン産駒は注目の存在。本馬においては22年チャンピオンズカップを勝ったジュンライトボルトの半弟という肩書きも申し分なく、同馬は1900mの22年シリウスSで重賞初制覇を飾っていたことも心強い。持ち時計の観点からも勝ち負け必至だろう。

ハーバーライトは、父ドレフォン×母カールファターレ(母の父キングカメハメハ)。前述のとおり、当該コースの種牡馬実績からも軽視できず、自身も京都ダート1900mで2戦2勝と底を見せていない戦歴が光る。また、上記ミッキーファイトは同産駒であるほか、ダイナカールを牝祖とする遠縁でもあり、父系と牝系の双方が共通することからも揃えて評価したいタイプとなる。なお、同じ「父×母の父」からはジオグリフやデシエルトが出た。

【血統予想からの注目馬】
ラムジェット ④ミッキーファイト ⑯ハーバーライト

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

過去10年の結果

【ユニコーンS2024特集】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2023年6月18日() 東京/ダ1600m
天候:晴 馬場:
ユニコーンステークス2023
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 3 ペリエール C.ルメール 1:35.0 2.8 1 36.1 97.6
2 7 サンライズジーク 三浦皇成 1:35.5 23.6 7 36.8 95.2
3 13 ブライアンセンス 横山武史 1:35.7 1 1/4 3.1 2 36.2 94.2
4 15 メイショウモズ 戸崎圭太 1:35.7 クビ 84.8 11 35.5 94.2
5 9 グレートサンドシー 川田将雅 1:35.7 アタマ 4.1 3 36.2 94.2
2022年6月19日() 東京/ダ1600m
天候:晴 馬場:
ユニコーンステークス2022
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 5 ペイシャエス 菅原明良 1:35.2 20.1 7 36.4 96.9
2 2 セキフウ M.デムーロ 1:35.2 クビ 24.4 9 35.5 96.9
3 12 バトルクライ 戸崎圭太 1:35.3 クビ 21.8 8 35.8 96.5
4 11 ヴァルツァーシャル 三浦皇成 1:35.3 クビ 14.8 6 35.4 96.5
5 15 タイセイディバイン 松若風馬 1:35.4 3/4 40.5 11 36.8 96.0
2021年6月20日() 東京/ダ1600m
天候:曇 馬場:
ユニコーンステークス2021
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 2 スマッシャー 坂井瑠星 1:34.4 13.4 7 35.4 97.5
2 15 サヴァ 石川裕紀人 1:34.5 79.0 14 36.2 97.0
3 7 ケイアイロベージ 三浦皇成 1:34.7 5.4 3 35.5 96.0
4 16 ルーチェドーロ 戸崎圭太 1:35.1 2 1/2 4.7 2 36.2 94.1
5 6 クリーンスレイト 田辺裕信 1:35.3 7.6 4 35.7 93.1

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【ユニコーンS2024特集】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2020年の優勝馬カフェファラオ
2020年の優勝馬カフェファラオ

JRA初の4歳(現在の3歳)限定ダート重賞として誕生し、のちに歴代のダート王者となる馬たちが熱戦を繰り広げてきた。第2回(1997年)のタイキシャトル、第5回(2000年)のアグネスデジタル、第10回(2005年)のカネヒキリといった歴史的名馬クラスが多数優勝しており、その後も第20回(2015年)のノンコノユメ、第21回(2016年)のゴールドドリーム、第25回(2020年)カフェファラオといった勝ち馬が、古馬G1を制する躍進を遂げている。第7回(2002年)は地方船橋所属のヒミツヘイキが中央勢を一蹴し、多くの競馬ファンをアッと驚かせた。2024年には東京ダービーの前哨戦として大幅にリニューアルを果たし、京都ダート1900mの舞台で新たな歴史を歩み始めている。

歴史と概要をもっと見る

ユニコーンS特集 バックナンバー

トップへ