会員登録はこちら
桜花賞 G1   日程:2018年4月8日() 15:40 阪神/芝1600m

レース結果

桜花賞 G1

2018年4月8日() 阪神/芝1600m/18頭

本賞金:10,500万 4,200万 2,600万 1,600万 1,050万


レコード:1分31秒9
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 7 13

アーモンドアイ

牝3 55.0 C.ルメー  国枝栄 462(-2) 1.33.1 3.9 2
2 1 1

ラッキーライラック

牝3 55.0 石橋脩  松永幹夫 488(-6) 1.33.4 1 3/4 1.8 1
3 5 9

リリーノーブル

牝3 55.0 川田将雅  藤岡健一 498(0) 1.33.5 1/2 7.4 3
ラップタイム 12.3 - 10.7 - 11.5 - 12.1 - 12.1 - 11.5 - 11.3 - 11.6
前半 12.3 - 23.0 - 34.5 - 46.6 - 58.7
後半 58.6 - 46.5 - 34.4 - 22.9 - 11.6

■払戻金

単勝 13 390円 2番人気
複勝 13 140円 2番人気
1 110円 1番人気
9 140円 3番人気
枠連 1-7 380円 1番人気
馬連 1-13 480円 1番人気
ワイド 1-13 230円 1番人気
9-13 430円 4番人気
1-9 230円 2番人気
馬単 13-1 990円 3番人気
3連複 1-9-13 830円 1番人気
3連単 13-1-9 3,780円 4番人気

桜花賞のニュース&コラム

【ZBAT!ピックアップデータ】皐月賞
 皐月賞の枠順が12日、JRAから発表された。前走・共同通信杯Vから直行するオウケンムーンは、〔5〕枠(9)番に決定。先週の桜花賞をアーモンドアイで制した国枝栄調教師(62)は、77年ぶり2人目の「同一年の桜花賞&皐月賞制覇」の快挙に挑む。 不動の主役となるはずだったダノンプレミアムの回避で、混戦ムードのクラシック初戦。桜花賞をアーモンドアイで制した国枝調教師は、牡馬クラシック初Vへ、オウケンムーンを送り込む。 「みなさん、密かに狙っているのではないでしょうかね。自然体で、淡々といきますよ」 同一年の桜花賞&皐月賞制覇を達成すれば、1941年の田中和一郎元調教師以来、77年ぶり2人目の快挙。GI12勝を誇る東の名伯楽は、自信を秘めたようにニヤリと笑った。オウケンムーンは、前走の共同通信杯を正攻法の競馬で差し切って重賞初制覇。もっか3連勝とノリノリだ。 前走後は、本番に直行するローテーションを選択。指揮官が「ギシギシいかなくても走るから」と意図を語った余裕のある臨戦過程は、3カ月ぶりのぶっつけ本番で桜花賞を制したアーモンドアイに重なる。しかも2012年ゴールドシップ、14年イスラボニータ、15年ドゥラメンテ、16年ディーマジェスティと「共同通信杯からの直行」は最近6年で4勝を挙げているVローテだ。 舞台替わりに問題はない。2走前に同舞台で500万下戦を勝っており、トレーナーは「立ち回りは上手だからね。中山でそこは強みになるはず」と歓迎する。この日決まった枠順は〔5〕枠(9)番。レース当日は雨予報で、開催最終週で荒れている内側の馬場は、雨の影響で悪化するのは必至。馬場を選びながら運べる真ん中の枠番は、プラスに働きそうだ。 「(道悪は)そんなに苦にしないと思う。新馬戦(4着)は稍重で負けているけど、あのときは力がつききっていなかった。ジョッキーが馬場を見ながらいいところを選んでくれると思う」 ローテよし、枠よし、そして厩舎の勢いは最高によし。混戦を断って1冠目を奪い取り、堂々と“王権”を確立する。★皐月賞の枠順はこちら 調教タイムも掲載
2018年4月13日(金) 12:04

 2,964

【3歳次走報】ラッキーライラック、オークスへ
 ★桜花賞2着のラッキーライラック(栗・松永幹、牝)は、引き続き石橋騎手でオークス(5月20日、東京、GI、芝2400メートル)へ。栗東・藤岡厩舎の桜花賞組は、3着リリーノーブル(牝)、9着ツヅミモン(牝)は、オークス。17着アンヴァル(牝)は、新設重賞の葵S(5月26日、京都、芝1200メートル)へ。桜花賞4着トーセンブレス(美・加藤征、牝)は、オークスを視野。 ★ニュージーランドT2着ケイアイノーテック(栗・平田、牡)は、NHKマイルC(5月6日、東京、GI、芝1600メートル)で武豊騎手と新コンビを組む。8着リョーノテソーロ(美・武井、牡)も、同レースへ。 ★忘れな草賞3着ゴージャスランチ(美・鹿戸、牝)、8着ランドネ(栗・角居、牝)は、スイートピーS(29日、東京、OP、芝1800メートル)へ。
2018年4月12日(木) 05:01

 783

【皐月賞】主役の座奪う!ムーン、ローテ最高
 アーモンドアイで桜花賞を制した国枝厩舎が、今週はオウケンムーンで皐月賞に挑む。調教師の同一年の桜花賞、皐月賞制覇は1941年に田中和一郎調教師(皐月賞セントライト、桜花賞ブランドソール)が達成してからなく、77年ぶりの快挙となるか。共同通信杯からのローテーションも過去6年で4勝と、データも後押しする。 美浦トレセンで桜花賞Vの祝福の声をあちこちからかけられる国枝調教師は、牡馬クラシックにも泰然自若に構えている。 「自然体で、淡々といきますよ」 オウケンムーンは昨年8月の新馬戦こそ4着に敗れたが、その後に3連勝。前走の共同通信杯では、好位の5番手から上がり3ハロン33秒5の末脚を繰り出して差し切る強い内容だった。「調教ではアーモンドアイにあっさり負けるほど動かないけど、競馬に行くとやってくれる。お金になることがわかっているのかな」とトレーナーは笑わせる。 共同通信杯から直行した馬は、過去6年で4勝。勝ち馬に限ると1年おきに勝っていて、「じゃあ、今年は勝つ番か。それはいいねえ」とご機嫌に。約2カ月の休み明けも、「ギシギシいかなくても走るから、このローテにした」と、賞金に余裕ができたことでゆとりを持って仕上げてきた。先週はWコースで6ハロン81秒1-13秒3の好時計を馬なりでマーク。「今週はもうサッとやればいい」と態勢に不安はなく、黄金ローテが味方になりそうだ。 父オウケンブルースリの産駒は数が少なく、現3歳世代は8頭しかJRAの登録がない。国枝師は「トニービン、ジャングルポケットとくる血統で首が高めで走る。でも前脚のさばきが軽いところがいい」と分析する。 GI12勝の名トレーナーもまだ牡馬クラシックには縁がない。「取れるときには取っておきたいからね。頑張ってほしい」と期待する。オウケンムーンで、2週連続クラシックVの快挙を狙う。 (柴田章利)★皐月賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年4月11日(水) 05:05

 2,460

アーモンド、美浦に凱旋 次走に国枝師「オークスじゃないかな」
 桜花賞を楽勝したアーモンドアイ(美・国枝、牝3)が10日、阪神競馬場から美浦トレセンに帰厩した。担当の根岸調教助手は「都内で少し混雑しましたが、スムーズに着きました。レース翌日も阪神競馬場に残ったし、ほとんど疲れもなかったです」と、安心した表情を見せた。 肩ムチ程度で差し切ったレースを振り返って国枝調教師は「そうあってほしい、と思っていた通りの走りだったね。余計なことをしないし、ゴールに向かって一生懸命なところがいい」と、改めて強さに感嘆。今後については「状態をよく見てオーナーと相談することになるけど、桜花賞でも(後方に)置かれるぐらいだし、折り合いも問題ないから2400メートルは大丈夫だと思う」と話す。 ダービーの可能性については、「今週中にも話し合うことになるけど、クラブの会員さんの馬だしオークスなんじゃないかな」と話した。ダービーに出走となれば、クラシック登録がないため、追加登録料200万円を支払うことになる。★アーモンドアイの競走成績はこちら
2018年4月11日(水) 05:01

 921

桜花賞のニュースをもっと見る >

【桜花賞】レッドサクヤ、脚取り力強く11秒7
 エルフィンS勝ちのレッドサクヤはCWコースで5ハロン67秒1-11秒7。直線で一杯に追われると馬体を沈め、力強い脚取りが目を引いた。「いい動きだったね。成長度では(僚馬の)フィニフティよりも高く、能力的に遜色ない」と藤原英調教師は高評価。管理馬でヴィクトリアMを制したエイジアンウインズの半妹で「血統的な能力は秘めている。あとは枠や馬場をみて作戦を練りたい」と好勝負を見据えた。★桜花賞Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年4月5日(木) 12:04

 1,926

【桜花賞】マウレア軽快に伸び半馬身先着
 13年アユサンとの姉妹制覇を狙うマウレアは、姉同様にチューリップ賞後は栗東で調整してきた。武豊騎手が跨り、CWコースでヤングマンパワーを3馬身追走。直線で内から馬体を合わせて、ラスト1Fで仕掛けられると12秒1で軽快に伸び、半馬身先着した。 「カリカリしたタイプと聞いていたけど、乗りやすかった。前半から相手が速いペースで行っていたからね。ラストはしっかり伸びてきた」と、武騎手は好感触だ。 「精神的に図太いので先週、今週と牡の古馬を相手にこれだけできる。サラッとやるとレースでもサラッと走ってしまうところがあるからね。カイバも食べて、毛ヅヤも良くなった」と手塚調教師。阪神JF(3着)、チューリップ賞(2着)とラッキーライラックには完敗しているが、栗東効果で逆転を狙う。(夕刊フジ)★桜花賞Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年4月5日(木) 10:52

 1,463

【桜花賞】厩舎の話
 アマルフィコースト・牧田調教師「もともと能力は高い。前走の落馬で負った外傷は大丈夫」 アンヴァル・藤岡調教師「シルエットがふっくら。スタートが速くスピードは一級品だ」 アンコールプリュ・藤岡康騎手「テンションが上がらないように単走。切れ味が武器だ」 アーモンドアイ・ルメール騎手「GIはトップコンディションが必要。反応はとてもいい」 コーディエライト・佐々木調教師「前走はテンションが高かった。落ち着きが出てきた」 スカーレットカラー・高橋亮調教師「動きは変わらずいい。暖かくなって気配は上向き」 ツヅミモン・藤岡調教師「間隔を空けて疲れを取り、先週あたりから良くなってきた」 デルニエオール・池江調教師「距離はギリギリ。テンションは高いけど、それも個性だね」 トーセンブレス・加藤征調教師「息づかいは良く、ちょうどいい感じ。雰囲気もいい」 ハーレムライン・大野騎手「先週よりピリッとしてきて競馬モードに入っている。十分に仕上がった」 フィニフティ・藤原英調教師「完成度はともかく能力は高い。東京の前走はいい経験になった」 プリモシーン・木村調教師「いい勝負根性があるから、いつもいい競馬をしてくれる」 リバティハイツ・北村友騎手「コントロールが利き反応もいい。センスがいいので好位で」 リリーノーブル・藤岡調教師「絶対能力は高く扱いやすい。使って気持ちに余裕が出た」 レッドサクヤ・藤原英調教師「能力は遜色ない。完成度ならフィニフティよりも高い」 レッドレグナント・大竹調教師「今週は息を整える程度。流れ次第でうまく立ち回れれば」(夕刊フジ)★桜花賞Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年4月5日(木) 10:51

 2,827

【東西現場記者走る】ブレス&プリモ、打倒ラッキー!
 1週間の密着取材でGIの勝ち馬を探る『東西現場記者走る』。桜花賞は大阪サンスポの山口大輝記者(26)が、2歳女王ラッキーライラックを撃破できる馬を探す。3日目は、回避馬が出たおかげで抽選なしで出走が決まったトーセンブレスと、母が豪GI4勝馬という良血のディープインパクト産駒プリモシーンに注目。どちらの陣営も好感触で、美浦へ潜入取材を敢行したかいがあった。 美浦で迎える追い切り日。気合を入れて寮を出ると、思わぬ光景に出ばなをくじかれた。なんと、辺り一面が霧に包まれて真っ白。調教スタンドからも、各馬の動きは全く見えない。 せっかく来たのに“五里霧中”か…と肩を落としていると、モルトアレグロが鼻出血で回避との一報。これで抽選対象だった3頭が全て出走できることになった。3分の2の抽選を控えていた陣営は、一気に視界良好となった。 その1頭が美浦のトーセンブレスだ。前走のフラワーCでは上がり最速(3ハロン34秒6)で2着を確保。前々走の阪神JF(4着)でもラッキーライラックとともに最速の上がり3ハロン33秒7と、末脚は一級品だ。 加藤征調教師に声をかけようとすると「いやー、もう君に一生懸命話しても、無駄だということが分かったからね」とジャブを放たれてギクッ!! 前回の密着を担当したフェブラリーSで、指揮官からノンコノユメの好感触をつかんだが本命を打てず、見事に同馬がV。しっかりと予想をチェックされていたわけだ。 とはいえ、トレーナーは笑顔。「前走は、ようやく(出走に)間に合ったという状態だった。比べれば雲泥の差」と上昇ムード。この日はWコースを馬なりで「息遣いもよくちょうどいい感じ。雰囲気はいいよ」と順調そのもののようだ。 もう1頭気になっていたのが、良血のプリモシーンだ。前走のフェアリーSで重賞初V。2走前の未勝利戦も、後にクイーンCを勝つテトラドラクマとの叩き合いを制したように、かなりの実力の持ち主だ。 追い切りは、霧が晴れだしたWコースで3頭併せ。内を回り、中の僚馬に1馬身、外に2馬身先着と状態は良さそうだ。この馬の武器を聞くと「勝負根性はありますね。いつもいい競馬をしてくれます」と木村調教師は手応えを感じている様子だ。 取材を終えて栗東へ移動。東奔西走の1週間だが、的中への近道だと思えばつらくはない。後半は栗東から、打倒ラッキーライラックの可能性を探っていきたい。★桜花賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年4月5日(木) 05:08

 2,451

桜花賞の直前追い切り情報をもっと見る >

桜花賞の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

4月8日 15:39更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv117 
830円 23,240円
Lv115 
3,780円 22,680円
Lv114 
140円 1,400円
Lv114 
110円 110円
Lv109 

3,780円
3,780円
15,120円

的中情報をもっと見る >

桜花賞過去10年の結果

2017年4月9日() 阪神競馬場/芝1600m 天候: 馬場:稍重
2016年4月10日() 阪神競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 ジュエラー M.デムーロ 1:33.4 5.0倍 98.1
2着 シンハライト 池添謙一 ハナ 4.9倍 98.1
3着 アットザシーサイド 福永祐一 1 3/4 36.9倍 95.8
2015年4月12日() 阪神競馬場/芝1600m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

桜花賞のデータ分析とレース傾向

コース図阪神芝1600m

牝馬クラシック第一弾。外回りコースに移行した2007年以降、9頭の優勝馬を送り出している前走チューリップ賞組が最有力ステップだが、チューリップ賞1~2着馬の成績は【5.2.2.11】。大半の馬が上位人気馬であることを勘案すれば、信頼度&配当妙味は「並以下」と言わざるを得ない。対照的にチューリップ賞で1~2番人気に支持されていた馬は、前走着順にかかわらず、【7.5.1.5】という高値安定の成績を残している。つまり、前走着順よりも前走人気のほうが桜花賞の成績に直結しやすいということである。レースの行われる阪神外回り芝1600mは、高低差が大きいゆえに、キレとスピードだけではなく、タフさも要求されるコースである。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

桜花賞ステップレース

2018年3月17日() 中山競馬場/芝1800m
天候: 馬場:
1着 10 カンタービレ M.デムーロ 1:49.2 3.4倍 92.9
2着 9 トーセンブレス 柴田善臣 クビ 6.8倍 92.9
3着 3 ノームコア 北村宏司 7.4倍 90.9
4着 7 ウスベニノキミ 内田博幸 1/2 45.8倍 90.2
5着 12 ファストライフ 大野拓弥 1/2 47.5倍 89.6
2018年3月11日() 阪神競馬場/芝1400m
天候: 馬場:
1着 10 リバティハイツ 北村友一 1:21.5 22.3倍 90.3
2着 9 アンコールプリュ 藤岡康太 1/2 4.4倍 89.4
3着 2 デルニエオール 岩田康誠 クビ 9.4倍 89.4
4着 1 アンヴァル 藤岡佑介 ハナ 5.6倍 89.4
5着 16 ギンコイエレジー 古川吉洋 クビ 97.5倍 88.5
2018年3月11日() 中山競馬場/芝1600m
天候: 馬場:稍重
1着 5 ハーレムライン 大野拓弥 1:35.5 2.7倍 92.0
2着 1 レッドレグナント 戸崎圭太 1 1/2 3.9倍 90.5
3着 2 ノーブルアース 内田博幸 13.2倍 88.2
4着 6 ダンシングチコ 丸田恭介 1 1/4 30.5倍 86.7
5着 12 プリンセスノンコ F.ミナリク 1 1/2 8.9倍 85.2
2018年3月3日() 阪神競馬場/芝1600m
天候: 馬場:
1着 5 ラッキーライラック 石橋脩 1:33.4 1.8倍 94.5
2着 4 マウレア 武豊 7.7倍 92.2
3着 9 リリーノーブル 川田将雅 クビ 2.9倍 91.4
4着 10 サラキア 池添謙一 10.9倍 89.2
5着 6 レッドランディーニ 浜中俊 クビ 97.3倍 89.2
2018年2月12日(月) 東京競馬場/芝1600m
天候: 馬場:
1着 6 テトラドラクマ 田辺裕信 1:33.7 5.6倍 95.1
2着 2 フィニフティ 川田将雅 3/4 11.8倍 94.3
3着 9 アルーシャ C.ルメール 1 3/4 12.9倍 92.0
4着 14 オハナ 石橋脩 クビ 12.7倍 92.0
5着 10 マウレア 戸崎圭太 1/2 2.4倍 91.3

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

桜花賞の歴史と概要


2016年の優勝馬ジュエラー

皐月賞東京優駿日本ダービー)、菊花賞優駿牝馬オークス)とともに“3歳クラシック”の一角を成すレースであり、牝馬3冠の1冠目に数えられる。仕上がりの早さとスピード能力が問われる一戦で、過去に多くの快速牝馬たちが栄冠を勝ち取ってきた。この桜花賞、約1カ月半後に開催されるオークス、秋に行われる秋華賞(このレースはクラシック外)の3タイトルをものにし“牝馬3冠”の称号を手にしたのは、メジロラモーヌ(1986年)、スティルインラブ(2003年)、アパパネ(2010年)、ジェンティルドンナ(2012年)の4頭が存在する。第35回(1975年)は単勝支持率88%で1.1倍の断然人気を集めたテスコガビーが、2着に1.9秒という桜花賞史上最大着差をつけて勝利。この圧勝劇は、実況を担当した関西テレビの杉本清アナウンサーの「後ろからはなんにも来ない」という名調子とともに、今も語り草となっている。第50回(1990年)の勝ち馬アグネスフローラ、第53回(1993年)の勝ち馬ベガは、繁殖にあがってからも優秀な産駒を輩出し、G1ホースの母となった。阪神競馬場が改修されて直線距離が延びてからは鮮烈な追い込み勝ちも見られるようになり、第69回(2009年)のブエナビスタ、第74回(2014年)のハープスター、第76回(2016年)のジュエラーらが、目の覚めるような直線一気を決めて先頭でゴール板を駆け抜けている。

▼2014年のハープスターは最後方から直線で他の17頭をごぼう抜きし優勝。

歴史と概要をもっと見る >

桜花賞の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年9月23日(
産経賞オールカマー G2
神戸新聞杯 G2

競馬番組表

2018年9月22日(
4回中山6日目
4回阪神6日目
2018年9月23日(
4回中山7日目
4回阪神7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 マカヒキ 牡5
48,298万円
8 スマートレイアー 牝8
47,984万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
8 リリーノーブル 牝3
13,810万円
9 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
10 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
» もっと見る