会員登録はこちら
桜花賞 G1   日程:2019年4月7日()  阪神/芝1600m

桜花賞のニュース&コラム

【高松宮記念】レースの注目点
★京阪杯→シルクロードSを連勝 “スプリント王”襲名なるか、ダノンスマッシュ 京阪杯(GIII)→シルクロードS(GIII)を連勝したダノンスマッシュ(牡4、栗東・安田隆行厩舎)が、勢いそのままにスプリント界の頂点を狙う。 同馬は、2017年9月の新馬戦(芝1400m)から昨年5月のNHKマイルC(GI・芝1600m)までは、芝1400~1600m戦に出走していたが、初の芝1200m戦出走となった昨年7月の函館日刊スポーツ杯(1600万下)で勝利を挙げてからは一貫して芝1200m戦に出走しており、同距離では4戦3勝、2着1回という成績を残している。 ダノンスマッシュの父ロードカナロアは、2011年に3歳で京阪杯を勝ち、4歳初戦のシルクロードSで重賞を連勝して高松宮記念に駒を進めたものの、3着に敗れている。同馬はその後、5歳時に出走した高松宮記念を含む国内外のGIで6勝を挙げJRA顕彰馬にも選出されたが、ダノンスマッシュは父を超える4歳で高松宮記念を制し“スプリント王”の座に就くことができるだろうか。 なお、ダノンスマッシュを管理する安田隆行調教師は、カレンチャン、ロードカナロアで高松宮記念2勝を挙げており、VならGI昇格以降の同レースで単独トップの3勝目となる。★JRA・GI初制覇を狙う北村友一騎手 (株)ダノックス所有馬は早くも今年重賞5勝 ダノンスマッシュ(牡4、栗東・安田隆行厩舎)に騎乗予定の北村友一騎手は、2006年のデビュー以来初のJRA・GI制覇を狙っている。昨年、同騎手はJRAで90勝を挙げリーディング6位に躍進。今年も3月11日時点でリーディング9位の18勝を挙げている。北村騎手は、45回目のJRA・GI挑戦で、悲願の初勝利を挙げることができるだろうか。 また、ダノンスマッシュを所有する(株)ダノックスは3月11日時点で今年のJRA重賞5勝を挙げており、馬主別のJRA勝利数でトップとなっている。同馬主は、2017年朝日杯FS(ダノンプレミアム)、2018年阪神JF(ダノンファンタジー)で2年連続JRA・GI制覇を遂げているが、今年もGIタイトルを手にすることができるだろうか。★2年連続2着のレッツゴードンキ 2015年桜花賞以来のGI制覇なるか 2015年の桜花賞馬レッツゴードンキ(牝7、栗東・梅田智之厩舎)は、4年連続の高松宮記念参戦となる。同馬は4歳以降、短距離戦を中心に出走しており、高松宮記念では2016年8着、2017年2着、2018年2着という成績を残している。 レッツゴードンキは2015年の桜花賞以来となるGI制覇がかかっており、Vならグレード制を導入した1984年以降で最長間隔(3年11カ月11日)でのGI勝利となる。レッツゴードンキは、今年初戦の阪急杯(GIII)では2着に入っているが、4年連続での参戦となる高松宮記念で久しぶりにGIタイトルを手にすることができるだろうか。なお、7歳牝馬がJRA・GIを勝てば、2016年のヴィクトリアマイル(ストレイトガール)以来、グレード制が導入された1984年以降で2頭目の快挙となる。★オーシャンSを制したモズスーパーフレア 50歳を迎えた武豊騎手とのコンビで参戦 高松宮記念は、激しい先行争いが繰り広げられることが多く、GIに昇格した1996年以降、逃げ切り勝ちを決めたのは2002年ショウナンカンプ、2009年ローレルゲレイロの2頭だけとなっている。今年はオーシャンS(GIII)で逃げ切り勝ちを決めたモズスーパーフレア(牝4、栗東・音無秀孝厩舎)、オーシャンS2着馬で昨年のキーンランドC(GIII)を逃げ切ったナックビーナス(牝6、美浦・杉浦宏昭厩舎)などが登録しているが、今年、レースの主導権を握るのはどの馬だろうか。 モズスーパーフレアに騎乗予定の武豊騎手は、3月15日に50歳の誕生日を迎えた。同騎手は先月のフェブラリーS(GI)をインティで制しているが、50代最初のGIを勝利して今年のGI開幕2連勝を飾ることができるだろうか。Vなら、高松宮記念がGIとなった1996年以降では、岡部幸雄元騎手の記録(48歳6か月18日)を上回る最年長勝利となる。★初の芝1200m戦に挑む重賞ウイナー2頭 ミスターメロディ&ロジクライ ミスターメロディ(牡4、栗東・藤原英昭厩舎)、ロジクライ(牡6、栗東・須貝尚介厩舎)は、今回が初めての芝1200m戦出走となる。ミスターメロディは、前走の阪急杯(GIII)では1番人気に支持され7着だったが、ファルコンS(GIII)1着、阪神C(GII)2着と芝1400mの重賞で好走している。 また、ロジクライはシンザン記念(GIII)、富士S(GIII)と芝1600mの重賞2勝を挙げており、初の芝1400m戦出走となった前走の阪急杯では3着に入っている。さて、2頭は初の芝1200m戦でGIタイトルを手にすることができるだろうか。なお、ミスターメロディには福永祐一騎手、ロジクライにはC.ルメール騎手が騎乗予定となっている。★高松宮記念連覇を狙う川田将雅騎手 今年はアレスバローズに騎乗予定 昨年の高松宮記念をファインニードルで制した川田将雅騎手は、今年、アレスバローズ(牡7、栗東・角田晃一厩舎)とのコンビで連覇を狙う。同騎手は、昨年、JRAで実施された芝1200mの重賞に5回騎乗して全勝し、CBC賞(GIII)ではアレスバローズを初の重賞勝利に導いている。アレスバローズはその後、北九州記念(GIII)を制してサマースプリントシリーズのチャンピオンに輝いたが、川田騎手は同馬にGIタイトルをプレゼントすることができるだろうか。 Vなら、川田騎手はGIに昇格した1996年以降では初の高松宮記念連覇となり、2014年から続く連続年JRA・GI勝利を「6年」に伸ばす。また、アレスバローズが勝てば、ディープインパクト産駒初の“スプリントGI”制覇となる。
2019年3月18日(月) 18:52

 989

【フラワーC】コントラチェック重賞初V!オークス直行も
 フラワーCが16日、中山競馬場で13頭によって争われ、丸山騎乗で2番人気のコントラチェックが悠々と逃げ切って重賞初勝利。2014年のバウンスシャッセに続く姉妹制覇を成し遂げた。今後は桜花賞に向かわず、オークス(5月19日、東京、GI、芝2400メートル)直行の公算が大きい。2馬身半差の2着が1番人気のエールヴォアだった。 フェアリーSを2秒2も上回るタイムで逃げ切った菜の花賞に続き、コントラチェックが圧巻の逃走劇を披露した。丸山騎手の率直な感想が、その強さを物語る。 「僕はただ乗っているだけ。これまで重賞を何度か勝たせてもらいましたが、一番楽でした」 ロケットスタートを切り、同型の機先を制して先頭へ。直線に向くと後続へのリードを一気に広げた。激しい2着争いを尻目に、ノーステッキで2馬身半差の大楽勝。タイム1分47秒4(良)は従来の記録を1秒3も上回るレースレコードだ。 「他に行く馬がいれば2、3番手に控えて…と思っていたけれど、スピードが全然違った。このスピードで行って最後にギアが上がる。いい馬です」。騎乗停止中のルメール騎手の代打を無事に務めた鞍上は、賛辞を惜しまなかった。 レース後に藤沢和調教師とオーナーサイドが協議。中2週となる桜花賞は回避し、オークスへ向かう公算が大きくなった。その場合はルメール騎手に手綱が戻る見込みだ。 この勝利で、2014年の当レースVなど重賞3勝を挙げた半姉バウンスシャッセ、京王杯SC優勝の半兄ムーンクエイクに続く、3きょうだい重賞制覇を達成。今度は兄姉が届いていないGIの頂点へチャレンジする。 (漆山貴禎)コントラチェック 父ディープインパクト、母リッチダンサー、母の父ホーリング。黒鹿毛の牝3歳。美浦・藤沢和雄厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)キャロットファーム。戦績5戦3勝。獲得賞金5655万9000円。重賞初勝利。フラワーCは藤沢和雄調教師が2004年ダンスインザムード、14年バウンスシャッセに次いで3勝目。丸山元気騎手は初勝利。馬名は「ダンスステップの一種。母名より連想」。
2019年3月17日() 05:05

 330

【3歳次走報】プールヴィル、桜花賞へ向かう
 ★フィリーズR1着同着プールヴィル(栗・庄野、牝)、5着メイショウケイメイ(栗・南井、牝)、7着アウィルアウェイ(栗・高野、牝)は桜花賞(4月7日、阪神、GI、芝1600メートル)へ向かう。6着ラミエル(栗・橋口、牝)は葵S(5月25日、京都、格付け未定重賞、芝1200メートル)へ。17着ココフィーユ(美・斎藤誠、牝)はニュージーランドT(4月6日、中山、GII、芝1600メートル)に向かう。同レースにはきさらぎ賞7着アガラス(美・古賀慎、牡)も参戦。
2019年3月14日(木) 05:00

 174

【めざせクラシック】ケイデンスコール、毎日杯で復帰
 デスク 来週23日の毎日杯(阪神、GIII、芝1800メートル)は、新潟2歳Sの覇者ケイデンスコールが参戦。皐月賞TRではないけど、見逃せないな。 宇恵 前走の朝日杯FS13着は、急仕上げが敗因です。「前回は調整不足の面がありましたが、今回はいいですよ。体に張りがありますし、調教の動きもいい」と安田隆調教師。結果次第で皐月賞挑戦の可能性も…。 デスク 一変の走りを期待したいな。他に有力馬はいるかな? 宇恵 ランスオブプラーナも注目を集めそう。前走のアルメリア賞を危なげなく逃げ切りました。古川助手は「前回からまた馬が良くなっている感じ。ゲートセンスがいいし、追ってからしっかりと伸びる。今回も楽しみ」と期待しています。 デスク 美浦からの報告は? 内海 キャリア2戦目のアネモネSで2着だったレッドアステルは、桜花賞(4月7日、阪神、GI、芝1600メートル)に向かうことが決まりました。国枝調教師は「賞金が加算されなかったので(優先出走権を使わない場合に)他だと500万下になるからな」と話していました。 デスク 馬体重は4キロ減の424キロ。これ以上は減らしたくないだろうな。 内海 小柄なので、ひとまず馬体維持につとめるみたいです。あと、フィリーズR10着のホウオウカトリーヌは栗東滞在で桜花賞に挑戦します。★ケイデンスコールの競走成績はこちら
2019年3月13日(水) 05:02

 681

桜花賞のニュースをもっと見る >

ただ今の時間は追い切り情報はありません。

※更新時間の目安は水曜日05:00頃となります。
(年始やG1レースで異なる場合があります)

桜花賞過去10年の結果

2018年4月8日() 阪神競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
2017年4月9日() 阪神競馬場/芝1600m 天候: 馬場:稍重
2016年4月10日() 阪神競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 ジュエラー M.デムーロ 1:33.4 5.0倍 98.1
2着 シンハライト 池添謙一 ハナ 4.9倍 98.1
3着 アットザシーサイド 福永祐一 1 3/4 36.9倍 95.8

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

桜花賞のデータ分析とレース傾向

コース図阪神芝1600m

牝馬クラシック第一弾。外回りコースに移行した2007年以降、9頭の優勝馬を送り出している前走チューリップ賞組が最有力ステップだが、チューリップ賞1~2着馬の成績は【5.3.2.12】。大半の馬が上位人気馬であることを勘案すれば、信頼度&配当妙味は「並以下」と言わざるを得ない。対照的にチューリップ賞で1~2番人気に支持されていた馬は、前走着順にかかわらず、【7.6.2.5】という高値安定の成績を残している。つまり、前走着順よりも前走人気のほうが桜花賞の成績に直結しやすいということである。レースの行われる阪神外回り芝1600mは、高低差が大きいゆえに、キレとスピードだけではなく、タフさも要求されるコースである。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

桜花賞ステップレース

2019年3月16日() 中山競馬場/芝1800m
天候: 馬場:
1着 4 コントラチェック 丸山元気 1:47.4 2.8倍 97.1
2着 7 エールヴォア M.デムーロ 2 1/2 2.3倍 94.5
3着 10 ランブリングアレー 浜中俊 ハナ 17.3倍 94.5
4着 2 シャドウディーヴァ 岩田康誠 1 3/4 9.9倍 92.5
5着 8 ジョディー 吉田豊 1 1/4 29.4倍 91.2
2019年3月10日() 阪神競馬場/芝1400m
天候: 馬場:稍重
1着 1 ノーワン 坂井瑠星 1:22.0 46.3倍 92.0
1着 6 プールヴィル 秋山真一郎 1:22.0 6.3倍 92.0
3着 15 ジュランビル 松若風馬 1/2 13.1倍 91.1
4着 10 イベリス 浜中俊 アタマ 18.6倍 91.1
5着 9 メイショウケイメイ 古川吉洋 3/4 12.4倍 90.2
2019年3月10日() 中山競馬場/芝1600m
天候: 馬場:
1着 12 ルガールカルム 三浦皇成 1:34.4 3.5倍 93.3
2着 13 レッドアステル 戸崎圭太 3/4 6.3倍 92.6
3着 10 ユナカイト 津村明秀 6.9倍 90.3
4着 11 スマイルスター 松山弘平 1 3/4 52.9倍 88.0
5着 15 ネリッサ 石川裕紀人 ハナ 42.3倍 88.0
2019年3月2日() 阪神競馬場/芝1600m
天候: 馬場:
1着 1 ダノンファンタジー 川田将雅 1:34.1 1.3倍 93.9
2着 13 シゲルピンクダイヤ 和田竜二 17.2倍 92.4
3着 7 ノーブルスコア 福永祐一 ハナ 34.1倍 92.4
4着 12 ドナウデルタ 北村友一 アタマ 26.0倍 92.4
5着 6 シェーングランツ 武豊 1 3/4 4.5倍 90.1
2019年2月11日() 東京競馬場/芝1600m
天候: 馬場:
1着 9 クロノジェネシス 北村友一 1:34.2 2.1倍 91.1
2着 6 ビーチサンバ 福永祐一 クビ 3.2倍 91.1
3着 4 ジョディー 武藤雅 1/2 28.4倍 90.3
4着 7 カレンブーケドール 戸崎圭太 クビ 8.5倍 89.6
5着 2 レッドベルディエス F.ブロンデル 1 3/4 12.8倍 87.3

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

桜花賞の歴史と概要


2016年の優勝馬ジュエラー

皐月賞東京優駿日本ダービー)、菊花賞優駿牝馬オークス)とともに“3歳クラシック”の一角を成すレースであり、牝馬3冠の1冠目に数えられる。仕上がりの早さとスピード能力が問われる一戦で、過去に多くの快速牝馬たちが栄冠を勝ち取ってきた。この桜花賞、約1カ月半後に開催されるオークス、秋に行われる秋華賞(このレースはクラシック外)の3タイトルをものにし“牝馬3冠”の称号を手にしたのは、メジロラモーヌ(1986年)、スティルインラブ(2003年)、アパパネ(2010年)、ジェンティルドンナ(2012年)の4頭が存在する。第35回(1975年)は単勝支持率88%で1.1倍の断然人気を集めたテスコガビーが、2着に1.9秒という桜花賞史上最大着差をつけて勝利。この圧勝劇は、実況を担当した関西テレビの杉本清アナウンサーの「後ろからはなんにも来ない」という名調子とともに、今も語り草となっている。第50回(1990年)の勝ち馬アグネスフローラ、第53回(1993年)の勝ち馬ベガは、繁殖にあがってからも優秀な産駒を輩出し、G1ホースの母となった。阪神競馬場が改修されて直線距離が延びてからは鮮烈な追い込み勝ちも見られるようになり、第69回(2009年)のブエナビスタ、第74回(2014年)のハープスター、第76回(2016年)のジュエラーらが、目の覚めるような直線一気を決めて先頭でゴール板を駆け抜けている。

▼2014年のハープスターは最後方から直線で他の17頭をごぼう抜きし優勝。

歴史と概要をもっと見る >

桜花賞昨年のBIGヒット予想家

去年の桜花賞を見事的中させた予想家です。
今年もBIGヒットが期待される予想家の無料予想を枠順確定から発走直前まで続々と公開します!
無料予想は 会員登録(無料)するだけでご覧頂けます。

今すぐ会員登録(無料)する!

2018年04月08日(日) 15:39更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv 96 
3,780円 113,400円
Lv 94 
3,780円 94,500円
Lv 80 
3,780円 94,500円
Lv 96 
830円 83,000円
Lv 98 
3,780円 75,600円
Lv 82 

3,780円
430円
64,500円
Lv 88 

3,780円
990円
59,430円
Lv 100 

830円
480円
55,000円
Lv 101 
830円 49,800円
Lv 108 
990円 49,500円
Lv 101 
990円 49,500円
Lv 108 
480円 48,000円
Lv 100 
480円 48,000円
Lv 92 
830円 41,500円
Lv 91 
830円 41,500円
Lv 107 
390円 39,000円
Lv 96 
390円 39,000円
Lv 95 
390円 39,000円
Lv 86 
390円 39,000円
Lv 84 
390円 39,000円

桜花賞の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年3月23日(
日経賞  G2
毎日杯  G3
2019年3月24日(
マーチステークス  G3
高松宮記念  G1

競馬番組表

2019年3月23日(
3回中山1日目
2回中京5日目
2回阪神1日目
2019年3月24日(
3回中山2日目
2回中京6日目
2回阪神2日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
85,655万円
3 アーモンドアイ 牝4
72,022万円
4 オジュウチョウサン 牡8
60,042万円
5 スワーヴリチャード 牡5
54,977万円
6 マカヒキ 牡6
49,910万円
7 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
8 レッツゴードンキ 牝7
44,174万円
9 ブラストワンピース 牡4
43,851万円
10 リスグラシュー 牝5
43,142万円
» もっと見る

3歳
1 ダノンファンタジー 牝3
15,637万円
2 アドマイヤマーズ 牡3
14,762万円
3 ファンタジスト 牡3
11,012万円
4 ニシノデイジー 牡3
9,910万円
5 サートゥルナーリア 牡3
9,414万円
6 クロノジェネシス 牝3
8,492万円
7 エメラルファイト 牡3
8,123万円
8 ハッピーアワー 牡3
7,799万円
9 メイショウテンゲン 牡3
6,961万円
10 プールヴィル 牝3
6,826万円
» もっと見る