会員登録はこちら
エリザベス女王杯 G1   日程:2019年11月10日()  京都/芝2200m

エリザベス女王杯のニュース&コラム

【宝塚記念】紅一点リスグラシューがレーン・マジックでGI2勝目!
 6月23日の阪神11Rで行われた第60回宝塚記念(3歳以上オープン、GI、芝2200メートル、定量、12頭立て、1着賞金=1億5000万円)は、ダミアン・レーン騎手騎乗の3番人気で紅一点のリスグラシュー(牝5歳、栗東・矢作芳人厩舎)が、逃げた1番人気のキセキを2番手マークからゴール前抜け出し、昨秋のエリザベス女王杯に続くGI制覇を果たした。宝塚記念の牝馬による優勝はエイトクラウン、スイープトウショウ、マリアライトに次ぐ史上4頭目。タイムは2分10秒8(良)。 3馬身差の2着にはキセキ、さらに2馬身差遅れた3着にスワーヴリチャード(6番人気)が続いた。 宝塚記念を勝ったリスグラシューは、父ハーツクライ、母リリサイド、母の父アメリカンポストという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)キャロットファーム。通算成績は20戦5勝。重賞は2016年アルテミスS・GIII、18年東京新聞杯・GIII、エリザベス女王杯・GIに次いで4勝目。宝塚記念は、矢作芳人調教師、ダミアン・レーン騎手ともに初優勝。 ◆ダミアン・レーン騎手「スタートが良く、先頭に立つか悩んだが、(2番手で)そのままで大丈夫だと思ったし、結果的に良かった。直線、後方に強い馬がいたけど手応えが良かったので自信がありました。このような大きなレースに参加できて感謝しています。ありがとうございます。また来ます」★【宝塚記念】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2019年6月23日() 15:49

 1,743

【東西現場記者走る】5歳“女盛り”リスグラシュー
 1週間の密着取材でGIの勝ち馬を探し出す好評企画『東西現場記者走る』。宝塚記念は大阪サンスポ・山口大輝記者(27)が担当する。5日目は紅一点のリスグラシューに注目した。香港からの帰国初戦だが、充実期を迎え体調は万全。心身ともに成長も遂げ、牡馬を蹴散らしても不思議ではない。 金曜朝の取材に向かおうと、自転車にまたがると“ガタン”。お尻に伝わる嫌な衝撃…。後輪がまさかのパンクだ。修理に持っていくと、タイヤごと交換で4300円の手痛い出費となった。宝塚記念を的中させて、取り返すしかない。 紅一点のリスグラシューに注目した。過去10年のこのレースで牝馬はのべ19頭が出走し、勝ち馬はマリアライト1頭だけだが、2着3回3着4回と好走。回収率も単勝132%、複勝223%で妙味十分だ。前述のマリアライトとは、エリザベス女王杯を制した翌年にこのレースに出走という共通点もある。 この日は、4ハロン63秒1-15秒3で登坂。モニター越しでも“走る気満々”といったフットワークで好感を持った。タイミングを見計らい矢作厩舎へ。手綱を取った岡助手を直撃だ。 「いい気合乗りでしたね。それでいて、気負ったような感じもなかった。疲れどころか、(前走の)香港と比べてもよくなっていると思います」 近5走はGI3戦を含め、全て重賞で【1・3・1・0】の安定感。5歳を迎え、まさに今が充実期といった印象だ。「付くべきところに肉が付いていい馬になった。トモ(後肢)がしっかりしてきた」と成長ぶりに目を細める。GI8勝のうち5勝が4歳以上というハーツクライ産駒らしい成長曲線といえよう。 木曜に発表された調教後馬体重は、前走から14キロ増の472キロ。その点を担当者の北口厩務員に聞くと、「阪神でも輸送で減る馬やから、460キロ前半で出られると思うよ」と意に介していなかった。エリザベス女王杯制覇時の462キロと同じぐらいの数字になれば、気にする必要はなさそうだ。「今は500キロぐらいの牡馬にまざっても見劣りしないぐらいの体やね」と笑顔で続けた。 土曜日は栗東取材から阪神競馬場に移動し、レイデオロなど関東馬を待ち構える。残す時間もあとわずか。自転車の調子も万全になり、最後まで突っ走るのみだ。 (山口大輝)★現場記者走るとは 2014年の春に始まったGI限定の連載企画。東西サンスポの精鋭記者がトレセンで1週間の密着取材を行い、勝ち馬に迫る。結論を出すのはレース当日の日曜付のサンスポ紙面。山口記者は前回、天皇賞・春を担当し、◎グローリーヴェイズが2着。1着●(=二重△)フィエールマンとの馬連で3万5600円の的中馬券を読者に贈っている。
2019年6月22日() 05:02

 2,354

ただ今の時間は追い切り情報はありません。

※更新時間の目安は水曜日05:00頃となります。
(年始やG1レースで異なる場合があります)

まだコラムはありません。
予想家コラムは
レース開催週の月曜日より順次公開されます

エリザベス女王杯過去10年の結果

2018年11月11日() 京都競馬場/芝2200m 天候: 馬場:
2017年11月12日() 京都競馬場/芝2200m 天候: 馬場:
1着 モズカッチャン M.デムーロ 2:14.3 7.7倍 103.1
2着 クロコスミア 和田竜二 クビ 26.4倍 103.1
3着 ミッキークイーン 浜中俊 アタマ 7.2倍 103.1
2016年11月13日() 京都競馬場/芝2200m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

エリザベス女王杯のデータ分析とレース傾向

コース図京都芝2200m

3歳馬と古馬が集う唯一の牝馬限定G1。舞台となる京都競馬場の芝外回り2200mは、スタンド前からスタートして最初のコーナーまでの距離が約400mと十分にあり、最後の直線も約400mと長く、紛れの少ないコースである。しかし、3コーナーを回ると上り、4コーナーにかけては下りがある特殊な形態のためかリピーターの好走が多く、2007年以降だけでも、フサイチパンドラ、スノーフェアリー、アパパネ、ラキシス、ヌーヴォレコルト、ミッキークイーン、クロコスミア、モズカッチャンが2年連続して馬券に絡んでいる。また、コース実績と中距離実績も重要。2007年以降、2008年の3歳馬リトルアマポーラ、4回のG1連対実績を持つ2018年のリスグラシューを除く、すべての勝ち馬に京都芝もしくは2000m以上の勝ち鞍があった。2着連対馬まで範囲を広げるとややハードルは低くなるが、それでも2000m以上の連対経験は不可欠。リトルアマポーラを除く、すべての連対馬が条件を満たしている。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

エリザベス女王杯ステップレース

2019年10月14日() 東京競馬場/芝1800m
秋華賞   G1 
2019年10月13日() 京都競馬場/芝2000m
2019年10月6日() 京都競馬場/芝2400m
2019年9月22日() 中山競馬場/芝2200m
2019年8月18日() 札幌競馬場/芝2000m
あと29日

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

エリザベス女王杯の歴史と概要


2009年優勝馬 クィーンスプマンテ

秋の最強牝馬決定戦。牝馬三冠路線を戦ってきた3歳世代と、中距離に実績を残す古馬牝馬が鎬を削る。クィーンスプマンテテイエムプリキュア、大逃げを打った伏兵2頭の「行った行った」で決まり、単勝1.6倍の二冠牝馬ブエナビスタが3着に敗れた第34回(2009年)は伝説として語り継がれる。第35回(2010年)は、同年の英オークス、愛オークスを勝ったスノーフェアリーが来日し、次元の違う脚を披露して圧勝。翌年の第36回も再び鬼脚を繰り出して連覇を果たし、競馬界を震撼させた。第26回(2001年)は1-3着馬の着差がハナ、ハナの大激戦。勝ったのはドバイワールドカップ2着以来、7カ月半ぶりの出走となったトゥザヴィクトリー。熱狂的なファンが多かった同馬のG1初制覇に、京都競馬場が沸いた。

▼ハナ、ハナの大激戦となった2001年。7カ月半ぶり出走のトゥザヴィクトリーが制した。

歴史と概要をもっと見る >

エリザベス女王杯昨年のBIGヒット予想家

去年のエリザベス女王杯を見事的中させた予想家です。
今年もBIGヒットが期待される予想家の無料予想を枠順確定から発走直前まで続々と公開します!
無料予想は 会員登録(無料)するだけでご覧頂けます。

今すぐ会員登録(無料)する!

2018年11月11日(日) 15:38更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv 102 

56,370円
2,630円
774,100円
Lv 98 
56,370円 450,960円
Lv 86 

8,660円
1,590円
358,750円
Lv 86 
56,370円 281,850円
Lv 89 
2,630円 263,000円
Lv 84 

9,800円
9,800円
245,000円
Lv 106 
56,370円 225,480円
Lv 80 

12,450円
12,450円
199,520円
Lv 109 
9,800円 196,000円
Lv 126 
56,370円 169,110円
Lv 80 
56,370円 169,110円
Lv 99 

56,370円
12,450円
164,420円
Lv 97 

56,370円
56,370円
149,660円
Lv 96 

9,800円
9,800円
148,820円
Lv 101 

9,800円
7,480円
123,800円
Lv 80 
8,660円 121,240円
Lv 83 
56,370円 112,740円
Lv 100 

7,480円
2,630円
112,500円
Lv 109 
12,450円 99,600円
Lv 106 
9,800円 98,000円

エリザベス女王杯の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年7月21日(
トヨタ賞中京記念  G3
函館2歳ステークス  G3

競馬番組表

2019年7月20日(
2回函館5日目
2回福島7日目
3回中京7日目
2019年7月21日(
2回函館6日目
2回福島8日目
3回中京8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
87,155万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
2 ロジャーバローズ 牡3
26,876万円
3 サートゥルナーリア 牡3
25,716万円
4 グランアレグリア 牝3
19,878万円
5 ダノンファンタジー 牝3
18,337万円
6 ダノンキングリー 牡3
17,411万円
7 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
8 ヴェロックス 牡3
16,304万円
9 クロノジェネシス 牝3
14,611万円
10 ニシノデイジー 牡3
11,910万円
» もっと見る