会員登録はこちら
エリザベス女王杯 G1   日程:2018年11月11日() 15:40 京都/芝2200m

レース結果

エリザベス女王杯 G1

2018年11月11日() 京都/芝2200m/17頭

本賞金:10,500万 4,200万 2,600万 1,600万 1,050万


レコード:2分10秒0
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 6 12

リスグラシュー

牝4 56.0 J.モレイ  矢作芳人 462(+2) 2.13.1 4.7 3
2 5 9

クロコスミア

牝5 56.0 岩田康誠  西浦勝一 436(+4) 2.13.1 クビ 41.8 9
3 4 7

モズカッチャン

牝4 56.0 M.デムー  鮫島一歩 490(+6) 2.13.6 3.6 1
ラップタイム 12.3 - 11.2 - 12.9 - 12.7 - 12.3 - 12.5 - 12.5 - 12.0 - 11.6 - 11.4 - 11.7
前半 12.3 - 23.5 - 36.4 - 49.1 - 61.4
後半 59.2 - 46.7 - 34.7 - 23.1 - 11.7

■払戻金

単勝 12 470円 3番人気
複勝 12 170円 3番人気
9 570円 9番人気
7 150円 1番人気
枠連 5-6 7,480円 20番人気
馬連 9-12 9,800円 23番人気
ワイド 9-12 2,630円 26番人気
7-12 360円 1番人気
7-9 1,590円 17番人気
馬単 12-9 12,450円 34番人気
3連複 7-9-12 8,660円 27番人気
3連単 12-9-7 56,370円 174番人気

エリザベス女王杯のニュース&コラム

【東西現場記者走る】アスコット、春秋統一イケる!
 東西サンスポ記者が1週間の密着取材で勝ち馬を探るGI連載。マイルチャンピオンシップは、大阪サンスポの渡部陽之助記者(39)が担当する。2日目は春秋マイルGI制覇を狙う安田記念勝ち馬モズアスコット陣営を直撃。デキは急上昇で、エリザベス女王杯を制したリスグラシューに続いて、矢作厩舎の2週連続GI勝利は十分にありそうだ。 月曜夜は取材用の自転車に油を差してメンテナンス。週末までスムーズにトレセン内を移動できるように準備した。全休日明けの火曜は、連闘で安田記念を制したモズアスコットに注目。同一年ではモーリス以来、史上7頭目となる春秋マイルGI制覇がかかる。約5カ月ぶりのスワンS2着を叩いて、状態が気になるところだ。 まず坂路に向かうと、首尾よく矢作調教師を発見。声をかけると、力強い言葉が返ってきた。 「金曜(9日)の動きを見れば、明らかに使って良くなっているね。前走はモタれていたし、休み明けという感じ。使って反応も良くなっているし前回とは全然違うよ」 9日は、坂路で一杯に追われて4ハロン51秒1-12秒2と抜群の動き。力強い脚さばきが目を引いた。14日の最終追いについては「しまいに仕掛ける程度で大丈夫でしょう」。戦闘態勢は、ほぼ整っているようだ。 父が欧州GI10勝の名馬フランケルとあって「種牡馬のオファーも来ている」と明かしたトレーナー。さらに勲章を積み重ねておきたい思いは強いはずだ。 坂路で調教師の取材を終え、快適にペダルをこいで矢作厩舎へ。担当の玉井助手を直撃した。 「(9日は)すごい動きでしたね。次の日からペロッとカイバを食べていたし、体調にも余裕があるんでしょう」と上昇ムードを証言。いつもは追い切るとガタッと来て、カイバを食べさせるのに苦労するというが、今はそんな心配も無用。頼もしい限りだ。 今回の舞台、京都芝・外1600メートルの持ち時計1分31秒5(今年のマイラーズC2着)は、メンバー最速。「坂の下りを含めて、舞台に関しては問題ないでしょう」と同助手は太鼓判。京都芝は【1・3・0・0】と好相性だけに自信を持って臨めそうだ。 モズの近くの馬房では、2日前にエリザベス女王杯を制したリスグラシューがリラックスしていた。 「こちらも続きたいですね」と玉井助手は目を輝かせた。勢いのある厩舎に、上昇曲線を描くモズアスコット。本命候補として、最後まで迷いそうだ。(渡部陽之助)★マイルCSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年11月14日(水) 05:10 NEW!

 921

エリザベス女王杯2着クロコスミアが香港ヴァーズへ
 エリザベス女王杯で2年連続2着だったクロコスミア(栗・西浦、牝5)が、香港ヴァーズ(12月9日、シャティン、GI、芝2400メートル)に挑むことが13日、明らかになった。西浦調教師は招待の受諾を表明し「選ばれて良かったです。2400メートルは守備範囲だと思いますし、うまく自分のペースで運べればチャンスはあると思います」と話した。鞍上は引き続き岩田騎手。★クロコスミアの競走成績はこちら
2018年11月14日(水) 05:04 NEW!

 113

リス、エリザベス女王杯Vから一夜明け次走は香港か有馬
 11日のエリザベス女王杯でGI初制覇を飾ったリスグラシュー(栗・矢作、牝4)は、一夜明けた12日、栗東トレセンの自厩舎で激闘の疲れを癒やした。「馬運車の中で見ていたけれど、出た位置でじっとして、直線でいい脚を使っていたので『勝った』と思いました。家に帰ってから泣きたかったけど、しんどくてそれどころじゃなかった」と北口厩務員は苦笑い。今後は、香港国際競走(12月9日、シャティン)や有馬記念(同23日、中山、GI、芝2500メートル)を視野に入れる。「レース後も馬は元気です。これからもああいう競馬をしてくれれば」と期待を込めた。★リスグラシューの競走成績はこちら
2018年11月13日(火) 05:01

 251

【次は買い】エリザベス女王杯5着ノームコア
 エリザベス女王杯・2番人気5着 《レース》好位は取れたが外めの(13)番枠が災いして、前に壁を作れなかった。勝負どころの反応も今ひとつながら、3着争いに加われたのは能力の高さだろう。 《次走ポイント》「ペースが遅かった。折り合いはついたが、外々を回らされて直線もあまり反応できなかった。それでも最後にもうひと伸びした」とルメール騎手。初の古馬との対戦は苦い内容に終わったが、「まだ3歳。これから力をつけていくよ」と言うとおり未来は明るい。ベストはマイルから2000メートルと思われ、来春のヴィクトリアマイルに向けて牝馬G戦線の中心的存在となっていく。 (夕刊フジ・水谷)★11日京都11R「エリザベス女王杯」の着順&払戻金はこちら
2018年11月12日(月) 11:37

 609

エリザベス女王杯のニュースをもっと見る >

【エリザベス杯】リス“銀”返上へ仕上がり絶好!モレイラ自信
 3歳馬&古馬による統一女王決定戦「第43回エリザベス女王杯」で、リスグラシューが悲願のGI制覇を狙う。7度挑戦して2着が4回。何が何でもビッグタイトルを手中に収めたい陣営は、鞍上にジョアン・モレイラ騎手(35)を指名した。シルバーコレクターを返上し、ゴールドメダリストへ-。“マジックマン”に手応えを聞いた。 --坂路の最終追い切りで、余力十分にリーゼントロックを大きく突き放した ジョアン・モレイラ騎手「調教で初めて乗ったが、行きっぷりが良く、前向きで走りたい気持ちがいっぱいあった。元気だし、仕上がりがすごく良さそう。レースで乗るのが楽しみだね」 --京都外回り2200メートルの印象は 「京都は日本の競馬場で一番トリッキーだと思う。直線が長く、強い馬が勝つのでフェアなコース形態だとは思うが、(3コーナーの)坂の下りで自然とペースが速くなるから、そのへんを計算して動かないようにしないといけない。それと、4コーナーにある生け垣を気にして馬が集中力を欠くケースがあるからね」 --今回、この馬で挑むにあたって一番のポイントは 「馬のコンディションには自信があるから、最も大事になるのは折り合いだろうね。道中でリラックスして走らせることができれば、しまいはいい脚を使える馬だと思う」 --金曜日の京都は雨予報だが、馬場状態は 「一般的に雨はネガティブなファクターになるけど、初めての騎乗になるので、この馬にとってどう出るかは分からない。ただ、フェアな競馬になるように、馬場は悪くならないほうがいいね」(夕刊フジ)★エリザベス女王杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年11月8日(木) 11:27

 1,904

【エリザベス杯】厩舎の話
 アドマイヤリード・藤岡康騎手「気持ちがゆったりしてきた。距離延長がいいほうに出ないか」 ヴァフラーム・川又騎手「この馬なりに良くなっている。前走は渋った馬場も合っていた」 エテルナミノル・鈴木助手「相変わらず動きはいい。鞍上もこの馬のことを分かっている」 カンタービレ・辻野助手「反応が良く、前走と同じ感じで出走できそう。1F延びるが、成長した姿を見せてほしい」 クロコスミア・西浦調教師「使うごとに良くなっている。すんなり行ければ持ち味が生きる。スムーズな競馬を」 コルコバード・木村調教師「1週前を攻められた。難しい面もあるが、能力を生かし切れれば」 スマートレイアー・武豊騎手「昨年、京都大賞典を勝っている。コース相性はいい」 ノームコア・萩原調教師「春からの成長を感じた。古馬との力関係がカギだが、コースや距離は特に気にしていない」 ハッピーユニバンス・松若騎手「反応が良く、動きも上々。乗りやすいので距離も大丈夫」 プリメラアスール・鈴木孝調教師「マイルだと息が入らない。コーナー4つのこの距離が合う」 フロンテアクイーン・佐藤助手「具合はいいし、成長した今なら2200メートルも大丈夫。このメンバーでも差はない」 ミスパンテール・昆調教師「前走でスイッチが入ってしまった。どれだけ落ち着かせられるか」 モズカッチャン・鮫島調教師「軽い熱発で府中牝馬Sを回避した影響はまったくない。パワフルな体になってきている」 リスグラシュー・宮内助手「これだけ時計が出たのは具合がいいから。モレイラ騎手には新しい面を引き出してほしい」 レイホーロマンス・橋田調教師「状態は良さそう。相手強化で斤量も増えるが、頑張りたい」 レッドジェノヴァ・鈴木助手「先週しっかりやり、いい意味でピリッとしてきた。気持ちと体のバランスが取れてきた」 ワンブレスアウェイ・古賀慎調教師「調教はやるだけ動く。競馬が上手になっているし、掛からないので距離は大丈夫」(夕刊フジ)★エリザベス女王杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年11月8日(木) 11:26

 2,135

【エリザベス杯】カッチャン、連覇へデキ最高!
 牝馬の頂上決戦、エリザベス女王杯の追い切りが7日、滋賀・栗東トレセンで行われた。連覇を狙うモズカッチャン(栗東・鮫島一歩厩舎、牝4歳)は、坂路の併せ馬で確かな伸びを見せて先着。サンケイスポーツ調教評価は最高の『S』となった。精神面が成長した今なら、休養明けでも心配無用。史上4頭目の連覇に向けて戦闘モードに入った。 連覇に向けて気配上々だ。まぶしい朝日を浴びたモズカッチャンが力強い脚さばきで登坂。活気あふれる併せ馬に、鮫島調教師は満足げにうなずいた。 「動きは文句なしでしたね。以前は幼くて能力だけで勝っていたけど、付くべきところに筋肉が付いて、本当のアスリートになってきた」 タガノディアマンテ(2歳未勝利)を前に置き、序盤は折り合いに専念。直線に向くと、抑えきれない手応えで並びかけた。軽く促されるとさらにギアを上げ、4ハロン54秒4-12秒5で3馬身先着。全体時計は控えめだったが、余力十分にフィニッシュ。1週前の10月31日に坂路の併せ馬で一杯に追われて負荷をかけられており、態勢は整った。 ひと叩きする予定だった府中牝馬Sを発熱でレース当週になって見送り。それでも1週間後には坂路入りを再開し、週2本ペースで追い切りを消化してきただけに師は「熱発の影響は全くない」と断言する。 約3カ月ぶりのぶっつけ本番にも不安はない。昨春は年明け5戦目のオークスで2着。秋も使われながら良化し、叩き3走目のこの舞台でGI初Vという叩き良化型だった。だが、今年は3カ月ぶりだった京都記念で牡馬の一線級を相手に見せ場十分の4着。ドバイ遠征以来4カ月半ぶりだった前走の札幌記念では、最後方からメンバー最速の末脚で追い込んでタイム差なしの3着。休み明けでも力を発揮できるようになっている。 担当の古川助手は「スイッチがすぐ入るようになった。休み明けでもイレ込まず、オンオフの切り替えがしっかりできるようになった」と以前との違いを証言。さらに「札幌記念のときはおとなしかったけど、いい意味でのうるささが出て、気合が乗っているのはいい傾向。今年一番のデキで、去年と遜色ない」と好気配を伝える。 「一番いい舞台。連覇を狙えるのは唯一ですから」と鮫島師が力を込めれば、追い切りには騎乗しなかったM・デムーロ騎手も「簡単じゃないけど、もちろん連覇したいね」と白い歯を見せた。過去に連覇を飾ったのはメジロドーベル、アドマイヤグルーヴ、スノーフェアリーの3頭。1年ぶりの勝利を飾り、モズカッチャンが名牝の仲間入りを果たす。 (川端亮平)★勝って香港へ モズカッチャンは12月9日に香港・シャティン競馬場で行われる香港国際競走に登録しているが、7日に第1希望で登録していた香港ヴァーズ(GI、芝2400メートル)の招待状が陣営に届いた。招待受諾の判断は、エリザベス女王杯の結果を受けて決められる。★エリザベス女王杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年11月8日(木) 05:12

 1,922

【エリザベス杯】モズカッチャン・ミルコトーク
 --前走(タイム差なし3着)を振り返って 「届かなくて残念だったけど、すごくいい脚を使ってくれた。最後までスペースがなくてツイてなかった。相手もすごく強かったですね」 --昨年と比べて、何が違うのか 「オトナになりましたね。スタートから(スピードが乗るまで)時間がかかるけど、長くいい脚を使えるようになった」 --京都芝外回り2200メートルの舞台設定は 「内回りでも外回りでも上手に走れる。まじめなので、どこでも頑張ってくれる。レースは枠順とペース次第です」 --弟のC・デムーロ騎手(エリザベス女王杯ではカンタービレに騎乗)も来日中 「敵なので、そんなに話していない(笑)。2人ともいい脚を使う馬なのでいい対決だと思います」★ミルコは3連覇 ミルコ・デムーロ騎手は2016年クイーンズリング、17年モズカッチャンでエリザベス女王杯を制しており、同一GI3連覇がかかる。騎手の同一GI3連覇以上は天皇賞・秋(1949~51年)の保田隆芳、皐月賞(58~60年)の渡辺正人、オークス(72~74年)の嶋田功、天皇賞・春(89~92年)の武豊、エリザベス女王杯(2001~04年)の武豊、有馬記念(02~04年)のオリビエ・ペリエの6例があり、武豊騎手はともに4連覇。★エリザベス女王杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年11月8日(木) 05:11

 2,195

エリザベス女王杯の直前追い切り情報をもっと見る >

エリザベス女王杯の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

11月11日 15:38更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv115 
8,660円 86,600円
Lv114 
150円 7,500円
Lv108 
360円 36,000円
Lv107 
470円 32,900円
Lv107 
150円 15,000円

的中情報をもっと見る >

エリザベス女王杯過去10年の結果

2017年11月12日() 京都競馬場/芝2200m 天候: 馬場:
1着 モズカッチャン M.デムーロ 2:14.3 7.7倍 103.1
2着 クロコスミア 和田竜二 クビ 26.4倍 103.1
3着 ミッキークイーン 浜中俊 アタマ 7.2倍 103.1
2016年11月13日() 京都競馬場/芝2200m 天候: 馬場:
2015年11月15日() 京都競馬場/芝2200m 天候: 馬場:稍重

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

エリザベス女王杯のデータ分析とレース傾向

コース図京都芝2200m

3歳馬と古馬が集う唯一の牝馬限定G1。舞台となる京都競馬場の芝外回り2200mは、スタンド前からスタートして最初のコーナーまでの距離が約400mと十分にあり、最後の直線も約400mと長く、紛れの少ないコースである。しかし、3コーナーを回ると上り、4コーナーにかけては下りがある特殊な形態のためかリピーターの好走が多く、2007年以降だけでも、フサイチパンドラ、スノーフェアリー、アパパネ、ラキシス、ヌーヴォレコルト、ミッキークイーンが2年連続して馬券に絡んでいる。また、コース実績と中距離実績も重要。2007年以降、2008年の3歳馬リトルアマポーラを除く、すべての勝ち馬に京都芝もしくは2000m以上の勝ち鞍があった。2着連対馬まで範囲を広げるとややハードルは低くなるが、それでも2000m以上の連対経験は不可欠。リトルアマポーラを除く、すべての連対馬が条件を満たしている。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

エリザベス女王杯ステップレース

秋華賞   G1 
2018年10月14日() 京都競馬場/芝2000m
天候: 馬場:
1着 11 アーモンドアイ C.ルメール 1:58.5 1.3倍 98.5
2着 13 ミッキーチャーム 川田将雅 1 1/2 15.6倍 97.3
3着 2 カンタービレ 武豊 14.0倍 96.2
4着 5 サラキア 池添謙一 3/4 14.3倍 95.6
5着 1 ラテュロス 秋山真一郎 ハナ 156.8倍⑬ 95.6
2018年10月13日() 東京競馬場/芝1800m
天候: 馬場:
1着 4 ディアドラ C.ルメール 1:44.7 2.3倍 101.1
2着 10 リスグラシュー M.デムーロ クビ 3.0倍 101.1
3着 2 フロンテアクイーン 蛯名正義 1/2 21.5倍 100.4
4着 6 ジュールポレール 幸英明 1 1/4 11.8倍 99.1
5着 1 クロコスミア 岩田康誠 1 1/4 16.3倍 97.7
2018年10月8日() 京都競馬場/芝2400m
天候: 馬場:
1着 2 サトノダイヤモンド 川田将雅 2:25.4 2.3倍 100.5
2着 4 レッドジェノヴァ 池添謙一 1/2 12.9倍 100.0
3着 5 アルバート J.モレイラ 1 3/4 12.7倍 98.5
4着 8 シュヴァルグラン 福永祐一 2.2倍 97.5
5着 3 ブレスジャーニー 和田竜二 3/4 26.1倍 97.0
2018年9月23日() 中山競馬場/芝2200m
天候: 馬場:
1着 7 レイデオロ C.ルメール 2:11.2 2.0倍 101.0
2着 1 アルアイン 北村友一 クビ 5.0倍 101.0
3着 2 ダンビュライト 武豊 3.8倍 98.4
4着 11 エアアンセム 田辺裕信 クビ 17.0倍 97.8
5着 6 ショウナンバッハ 三浦皇成 アタマ 108.7倍⑨ 97.8
2018年8月19日() 札幌競馬場/芝2000m
天候: 馬場:稍重
1着 2 サングレーザー 福永祐一 2:01.1 5.2倍 103.5
2着 5 マカヒキ C.ルメール ハナ 4.3倍 103.5
3着 15 モズカッチャン M.デムーロ アタマ 6.9倍 103.5
4着 12 サウンズオブアース 藤岡佑介 3/4 70.4倍 102.9
5着 10 スティッフェリオ 丸山元気 1 3/4 57.5倍 101.2

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

エリザベス女王杯の歴史と概要


2009年優勝馬 クィーンスプマンテ

秋の最強牝馬決定戦。牝馬三冠路線を戦ってきた3歳世代と、中距離に実績を残す古馬牝馬が鎬を削る。クィーンスプマンテテイエムプリキュア、大逃げを打った伏兵2頭の「行った行った」で決まり、単勝1.6倍の二冠牝馬ブエナビスタが3着に敗れた第34回(2009年)は伝説として語り継がれる。第35回(2010年)は、同年の英オークス、愛オークスを勝ったスノーフェアリーが来日し、次元の違う脚を披露して圧勝。翌年の第36回も再び鬼脚を繰り出して連覇を果たし、競馬界を震撼させた。第26回(2001年)は1-3着馬の着差がハナ、ハナの大激戦。勝ったのはドバイワールドカップ2着以来、7カ月半ぶりの出走となったトゥザヴィクトリー。熱狂的なファンが多かった同馬のG1初制覇に、京都競馬場が沸いた。

▼ハナ、ハナの大激戦となった2001年。7カ月半ぶり出走のトゥザヴィクトリーが制した。

歴史と概要をもっと見る >

エリザベス女王杯の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年11月17日(
東京スポーツ杯2歳S  G3
2018年11月18日(
マイルチャンピオンS  G1

競馬番組表

2018年11月17日(
3回福島5日目
5回東京5日目
5回京都5日目
2018年11月18日(
3回福島6日目
5回東京6日目
5回京都6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
88,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
86,512万円
3 レイデオロ 牡4
73,559万円
4 オジュウチョウサン 牡7
55,899万円
5 サトノクラウン 牡6
48,604万円
6 マカヒキ 牡5
48,298万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 ファインニードル 牡5
47,828万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
41,720万円
2 ワグネリアン 牡3
36,086万円
3 エポカドーロ 牡3
27,016万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 フィエールマン 牡3
17,886万円
6 ケイアイノーテック 牡3
17,668万円
7 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
8 ステルヴィオ 牡3
16,395万円
9 エタリオウ 牡3
14,754万円
10 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
» もっと見る