ジャスティンパレス(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ジャスティンパレス
ジャスティンパレス
ジャスティンパレス
ジャスティンパレス
ジャスティンパレス
ジャスティンパレス
ジャスティンパレス
ジャスティンパレス
ジャスティンパレス
ジャスティンパレス
ジャスティンパレス
写真一覧
現役 牡5 青鹿毛 2019年4月12日生
調教師杉山晴紀(栗東)
馬主三木 正浩
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績13戦[5-2-2-4]
総賞金65,387万円
収得賞金23,750万円
英字表記Justin Palace
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
パレスルーマー
血統 ][ 産駒 ]
Royal Anthem
Whisperifyoudare
兄弟 アイアンバローズダノングレーター
市場価格2億900万円(2020セレクトセール)
前走 2023/12/24 有馬記念 G1
次走予定

ジャスティンパレスの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
23/12/24 中山 11 有馬記念 G1 芝2500 165103.614** 牡4 58.0 横山武史杉山晴紀 474
(+6)
2.31.2 0.334.4⑯⑯⑫⑨ドウデュース
23/10/29 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 116635.162** 牡4 58.0 横山武史杉山晴紀 468
(-2)
1.55.6 0.433.7⑩⑩⑩イクイノックス
23/06/25 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 17598.523** 牡4 58.0 鮫島克駿杉山晴紀 470
(-2)
2.11.4 0.235.1⑫⑬⑪⑨イクイノックス
23/04/30 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 17114.321** 牡4 58.0 C.ルメー杉山晴紀 472
(0)
3.16.1 -0.434.9⑧⑦⑦④ディープボンド
23/03/19 阪神 11 阪神大賞典 G2 芝3000 14333.121** 牡4 57.0 C.ルメー杉山晴紀 472
(+16)
3.06.1 -0.334.2ボルドグフーシュ
22/12/25 中山 11 有馬記念 G1 芝2500 1651018.977** 牡3 55.0 T.マーカ杉山晴紀 456
(+4)
2.33.5 1.136.6④⑤イクイノックス
22/10/23 阪神 11 菊花賞 G1 芝3000 188179.743** 牡3 57.0 鮫島克駿杉山晴紀 452
(0)
3.02.5 0.136.5⑧⑥⑥④アスクビクターモア
22/09/25 中京 11 神戸新聞杯 G2 芝2200 174711.051** 牡3 56.0 鮫島克駿杉山晴紀 452
(+4)
2.11.1 -0.634.4④⑤④ヤマニンゼスト
22/05/29 東京 11 東京優駿 G1 芝2400 185943.1109** 牡3 57.0 M.デムー杉山晴紀 448
(-10)
2.23.2 1.335.4⑥⑧⑧⑧ドウデュース
22/04/17 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 1851020.999** 牡3 57.0 M.デムー杉山晴紀 458
(+8)
2.00.5 0.834.5⑰⑰⑭⑫ジオグリフ
21/12/28 中山 11 ホープフルS G1 芝2000 15588.842** 牡2 55.0 C.デムー杉山晴紀 450
(0)
2.00.8 0.235.7⑤⑤⑤⑤キラーアビリティ
21/11/14 阪神 9 黄菊賞 1勝クラス 芝2000 6111.911** 牡2 55.0 C.ルメー杉山晴紀 450
(+6)
2.03.3 -0.134.6メイショウゲキリン
21/09/12 中京 5 2歳新馬 芝2000 5441.511** 牡2 54.0 C.ルメー杉山晴紀 444
(--)
2.02.3 -0.334.3アカデミー

ジャスティンパレスの関連ニュース

JRAは8日、ドバイワールドカップデー(3月30日、メイダン)の招待を同日付で受諾した栗東所属馬を発表した。

▽ドバイワールドC(GⅠ、ダ2000メートル)デルマソトガケ(栗・音無、牡4)

ドバイシーマクラシック(GⅠ、芝2410メートル)ジャスティンパレス(栗・杉山晴、牡5)、リバティアイランド(栗・中内田、牝4)

ドバイターフ(GⅠ、芝1800メートル)ドウデュース(栗・友道、牡5)

ドバイゴールデンシャヒーン(GⅠ、ダ1200メートル)リメイク(栗・新谷、牡5)

▽UAEダービー(GⅡ、ダ1900メートル)サトノフェニックス(栗・西園正、牡3)

▽ゴドルフィンマイル(GⅡ、ダ1600メートル)ケイアイドリー(栗・村山、牡7)、バスラットレオン(栗・矢作、牡6)

▽ドバイゴールドC(GⅡ、芝3200メートル)アイアンバローズ(栗・上村、牡7)、ブレークアップ(栗・森田、牡6)

ジャスティンパレスがドバイシーマクラシックの招待を受諾 初めての海外遠征へ 2024年2月8日(木) 10:25

有馬記念4着ジャスティンパレス(栗・杉山晴、牡5)にドバイシーマクラシック(3月30日、メイダン、GI、芝2410メートル)の招待が届き、受諾したことが8日、わかった。

杉山晴調教師は「受諾しました。順調に調整できています。(帰厩は)再来週ぐらいになるかな、と思います」と説明。現在はノーザンファームしがらきで調整中。昨年の天皇賞・春を制したこの馬にとって初めての海外遠征となる。

[もっと見る]

【きさらぎ賞】先週東西重賞制覇の杉山晴師 今週はジャスティンアースで2週連続重賞Vだ 2024年2月2日(金) 05:00

先週日曜日に東西重賞制覇を決め、全国リーディング単独トップにも立った杉山晴紀調教師(42)=栗。2週連続重賞Vを目指して、きさらぎ賞にジャスティンアースを送り込む。今回と同舞台の未勝利戦を快勝し、2カ月半の休養で馬体が成長。クラシック登竜門を制し、厩舎の勢いをさらに加速させる。

最高の流れに乗って、ジャスティンアースもクラシックへと向かわせたい。先週日曜日に東西重賞を制した杉山晴調教師が、意気込みを語った。

「幼さは残っていますが、持っているものはすごくいいです。期待していいほどのポテンシャルは秘めています」

昨年はJRAで55勝を挙げて、開業8年目で初の全国リーディングを獲得。ジャスティンパレス天皇賞・春も制し、重賞4勝を挙げた。

今年に入っても勢いは止まらず、先週はシルクロードSルガル根岸Sエンペラーワケアで勝ち、計3勝を積み上げて今年8勝として早くもリーディングトップに立った。「オーナーの理解があってスムーズに(馬を)回せているおかげ。数字に固執せず、いい状態で一頭一頭を競馬場に送り出したい。その積み重ねが年末につながると思います」と話す。

ジャスティンアースは厩舎の次代のエース候補だ。新馬戦は3着に敗れるも2、4、5着馬がその後、勝ち上がったハイレベルな一戦だった。前走は2番手で折り合って、メンバー最速の上がり3ハロン34秒5の末脚で突き抜けた。「スピードに乗っていましたし、しまいもしっかり伸びてくれました」と評価する。

前走後は放牧に出したことでパワーアップ。「もともとスラッとしていて、ちょっと非力なイメージでしたが、体重が増えて馬っぷりが良くなりました」と目を丸くする。1月31日の栗東坂路での最終追い切りは、初めてラスト1ハロン12秒を切る11秒8(4ハロン53秒8)をマーク。「前走以上の走りを見せてくれるのではないかと思います」と期待を寄せる。

舞台は快勝した前走と同じ。厩舎に2週連続での重賞タイトルをもたらし、クラシックへと向かう。(増本隆一朗)

■杉山晴厩舎の今週の出走馬

<土曜・東京>

9Rアスティスプマンテ

クランフォード

10Rシャドウフューリー

<土曜・小倉>

4Rベレヌス

12Rステラポイント

<日曜・京都>

8Rリミットバスター

11Rジャスティンアース

<日曜・東京>

12Rエランティス

(A=単有望、B=連候補、C=微妙。評価は担当記者)

[もっと見る]

ジャスティンパレスがドバイシーマCに登録 杉山晴紀師「候補のひとつ」 2024年1月17日(水) 15:20

昨年の天皇賞・春を制したジャスティンパレス(栗・杉山晴、牡5)は、ドバイシーマクラシック(3月30日、メイダン、GⅠ、芝2410メートル)に登録することが17日、分かった。

杉山晴調教師は「いろいろな候補のひとつとして、シーマクラシックに登録します」と話した。前走の有馬記念4着後はノーザンファームしがらき(滋賀県)に放牧に出ている。

[もっと見る]

【レースV職人 豚ミンCの爆穴はコレ!】中山金杯2024 年明け初戦は混戦模様! 高配当の立役者となる2頭とは? 2024年1月4日(木) 10:00


これまで幾度となく大穴を本命にし、的中を重ねてきたレースV職人・豚ミンCプロが週末重賞の爆穴候補を推奨する当連載! 今週の日刊スポーツ賞中山金杯にもぜひご注目ください。それでは早速、豚ミンCプロから届いた先週の振り返りと今週の見解を確認しましょう。


有馬記念の振り返り】
大混戦模様だった有馬記念。大方の予想どおり単勝10倍以下が7頭と、あまり見たことがないオッズのレースで、多くの方が迷うことになったと思います。そのなかで勝ったのは武Jに手綱が戻った2番人気ドウデュース。結局、武Jがすべてを持っていきましたという結果でしたね。そしてこの馬に関しては私のコラムを読んでくれている人なら分かると思いますが、さんざん書いてきたとおりの結果。あれだけ、距離とかではなく直線が短いコースが合うイメージと書いてきましたからね。『マイラーっぽい馬体』とか、『距離がもう少し短いほうがいい』などをよく見かけましたが、そういうことではないというのがある程度証明できたのではないでしょうか。たまに『距離をこなせるマイラー』とかも見ますが、なんですかそれ(笑)? タイミング的に、天皇賞秋の頃に直線が短いほうがいいと書くことになりましたが、SNSなどを見るとそういうこと(小回りとかではなく直線が短いということ)を書いていた人は私が知る限り見かけず。今回の勝利でどれだけ言う人が出てくるか楽しみです(笑)。まぁどちらかというと、小回りがいいと言う人は増えそうですがね。次走どこを使うか分かりませんが、いくら直線が短いコースがいいと言っても基本能力が高いので、長いコースがまったくダメではなく、乗り方ひとつと流れ次第ではチャンスがあるはずです。頑張って欲しいですね。あと武Jだから勝ったと思われていそうですが、おそらくこのコースだと戸崎Jでも十分可能性があったと個人的には思っています。それとジョッキーカメラを見て分かったのが、この馬の強さは、ものすごい集中力も備えているからということも分かりました。

2着だったスターズオンアースは話題の16番からのスタート。スタートしてルメールJがどうするか注目だったと思いますが、ポジションを取りにいきましたね。スッと好位に付けてさすがルメールJと言われそうですが、私はほかの先行勢がひどすぎだと思いましたね……。アイアンバローズは何がなんでもの姿勢はないし、2番手に付けれそうだったハーバーもどうぞどうぞという感じで……。岩田望Jに関してはあそこで張れるようになればG1制覇も近いと思います。それでもルメールJの力もあっての立ち回りなので、そこはさすがと言っておきます。でももったいなかったのは3角でのラチへの接触。あそこでスピード落ちましたよね。あれがなければもっと際どかったかもしれません。

もう1頭8枠に入った牝馬。3番人気だったスルーセブンシーズは最初のスタンド前までかかって外々を回ってしまい、その時点でほぼ終了でした。シュトラウスの記事の時にも触れましたが、乗っていたのは池添J。こうなるのは予想の範囲内とは言えるので、分かっていた人はそれを込みで買っているはずで仕方ないかなと。それでも直線では地味にずっといるんですよね。ああなったら普通は最下位とかになっても不思議ではないので、あれで着差が1秒もないのは相当力ある証拠です。きっちり後ろで溜めることができていたら、凱旋門賞宝塚記念の時のすごい脚をきっと見せてくれていたことでしょう。もうこれで引退になってしまうんですかね? 欲を言えばあと1回大きいレースで走るところを見たいですね (→後日、故障により登録抹消。※12月24日本稿執筆)。

3着だったタイトルホルダーは今の力を出し切りました。有馬記念は今回3着したとはいえ、過去の成績は悪く、やはりよくないんでしょうかね。というのも、衰えなのか時期的なものなのか分かりませんが、以前のこの馬なら押し切っていたと思います。勝つことはできませんでしたが、無事引退レースを終えてよかったです。お疲れ様でした。1番人気で4着だったジャスティンパレスは出遅れが痛かったですね。位置的に宝塚記念のような競馬になりましたが、そのレースを考えればドウデュースより早く踏んでいったほうがよかったと思います。それを思えば、宝塚記念で乗っていた鮫島克Jなら分かっていたはずなので、最低でも3着はあったかもしれません。鮫島克Jを信じなかった陣営のミスと私は考えています。5着だったシャフリヤール。この馬が来るときはいつもその時にあった流れにハマって恵まれているんですよね。ダービーしかりドバイSCしかり。土曜日の競馬を見てこの枠ならもしかするかもと思って、急遽プロ出馬表にコメントしましたが、やはり内枠では好走しました。ほぼ完璧な立ち回りだったので、ここまでが精一杯だったということでしょう。

あとは3歳牡馬2頭。ソールオリエンスは1番枠と川田Jということもあり、普段と違って内で我慢する競馬を選択。有馬記念で最後方まで下げて外を回すと言うのは厳しいですしね。結果は残念でしたが、今後のためになる競馬だったと思います。タスティエーラは直線の不利がなければもう少し上位ではありました。4角での反応がスムーズなら不利を受けなかったと思うのですが、ムーアJもどこかイマイチでしたし、馬の力も少し足りなかったことが原因だったかなと思います。それでも3着はあってもよかった内容。3歳のレベルがどうこう言われそうですが、十分通用する内容だったと思います。成長したら来年はかなり期待できる内容でした。

注目馬で◎にもしたライラックはまぁこんなものかと。今後おそらくポツポツと馬券にはなると思うので、人気がないところで当てることができたらいいかなと思っています。

大混戦で馬券的にも面白かった有馬記念。結果的にも点数を多く買えば当たっただろうレースでしたが、私のスタイル的にこういう時こそ資金が少ない方々のために、少点数でいいのを当てなければまったく意味ないですよね(^_^;)。多くの方が少ない資金のはずなので、点数が多かったら参考にもならないというが昔からの考えですからね。「荒れても、これだけ買えば誰でも当たるじゃん」と言われないように、2024年も少ない点数である程度の配当を当てられるように精進していきたいと思います (一応、有馬記念はショボく当たっていますが……。)。


【中山金杯の見解】
新年一発目の重賞ということもあり、競馬をやる人ならまず当てたいなと思っているレースではないでしょうか。昔なら『金』に関係ある名前が来たりなんてよくありましたが、いつの間にかそんなことはなくなってしまいましたね(^_^;)。

さて、レースに関してですが、昨年は勝ち馬が4角外を回ってきたので多少ロスがあってもいいと思ってしまいそうですが、上位に来た馬たちのほとんどは道中ロスなく乗っていた馬たち。なので、まずは今年も「内枠有利」と見立ててと思いましたが、一応ほかの年を確認してみると、そこまで傾向がはっきりしているというわけではなかったんですよね……。比較的外を回らされた馬も普通に来ていたりと。ただ、28日の競馬を見ても、24年1回中山の始まりはほぼフラットな馬場で考えているので、やはり距離ロスはできるだけ避けたいところ。そういった競馬ができる馬を買うことができればいいですね。

次は登録馬から見ていきたいと思いますが、さすが金杯のメンバーですね。どれが人気になるかさっぱり分からないですよ(笑)。とりあえず前走の成績から人気上位確実なのはエピファニーでしょうか。前走は距離ロスなく乗った馬が上位に来たレースでもありますが、この馬は終始外々を回って見せ場たっぷりでした。この馬のいいところは一瞬の脚。内で溜めることができれば、その脚を発揮できますから、内枠を引けばよほど団子でない限り馬群を捌いて来られるはずです。ただ、外枠を引いた時はかなりマイナス。かなりかかる馬なので前走みたいなことになるのが想像できますね。何回も乗っている騎手ならまだなんとかなるとも思いますが、想定の騎手を見ると、ピーヒュレク? ん? 誰ですか? ビュイックの間違いかと思いましたが、ピーヒュレクで合っているんですね(笑)。まぁどうであれ、テン乗りで外枠ではかなり難しい馬なので、内枠必須と見ています。

続いての馬は、といきたいところですが、有馬記念より人気が割れそうなメンバーで難しいので、早速注目馬に移りたいと思います。


以上、先週の振り返りとレース見解でした。有馬記念ドウデュースの復活でしたね。このコラムでは、度々「短い直線で」というお話がありました。確認されていた方は的中されましたでしょうか。はい、私は外しました……。さて、中山金杯は有馬記念以上に混戦模様。爆穴に指名される馬は、どの馬なのでしょう?


※以下、注目馬は出走確定前に選定している為、当日上位人気になる可能性、出走取り消しの可能性がございます。又、枠が確定してから見直す場合もある為、注目馬に挙げていない人気薄をプロ予想MAXで本命にする可能性もございます。


■注目馬①サトノエルドール
前走は道中ロスなく、いい感じで回ってきましたが、直線では狭くなった部分があり、もったいない競馬になってしまいました。それでも立て直してからはまた伸びてきたので、あそこがスムーズだったらやはり馬券圏内でもおかしくなかったと思います。今回は中山の2000mになりますが、走り慣れていて勝っている舞台でもあります。前走と同じように乗ってスムーズに競馬ができれば、今度は馬券になってもいいかもしれません。

■注目馬②クリノプレミアム
昨年の中山金杯で◎にした馬です。一昨年の中山牝馬Sはひどい立ち回りで勝ったので、金杯でも乗り方次第でやれると思ったのですが、直線だけミスってしまいましてねぇ……。普通に捌けていれば勝っていたレースでした。中山は得意のはずなので、前走の負けでさらに人気が落ちるようなら面白い1頭だと思っています。ただ、昨年の金杯はデムーロJというのもよかったので、松岡Jではあまり強気になれず、私のなかでは内枠に入ることが必須。その絶対条件が叶って、なんとか買ってもいいレベル、という感じです。


以上、豚ミンCプロの注目馬とコメントをお届けしました。中山金杯はサトノエルドールクリノプレミアム、2頭の推奨でした。ひとまず、クリノプレミアムには内枠を引いてほしいですね。混戦ですから、的中すればいいお年玉になりそうです。


(文・垣本大樹)

ーーーーー【豚ミンC・的中ハイライト】ーーーーー


【プロ出馬表ハイライト】
■24(日)阪神4R 2歳新馬

ワキノノーブル(3人気7.5倍⇒1着)


豚ミンCプロのプロ出馬表「有利不利プロファイル」は豚ミンCプロのレースコメント、ひと言コメントに加え、すべての馬の過去走を含めた有利不利メモが閲覧できます。またプロ予想MAXではオッズの関係で非公開となっているレースもプロ出馬表で特別公開されています!「レースVTRを見たいけどチェックする時間がない」「レースVTRをどう見たらいいか分からない」そんなあなたに打ってつけの出馬表です!



【プロ予想MAXハイライト】
■28(木)中山10R ベストウィッシュC

9番人気◎ケイアイメープルの単勝16.8倍を600円で、10,080円の払い戻し! 回収率504%!


自分で予想する時間がない!という方には豚ミンCプロの最終結論が1レースごとに購入できるプロ予想MAXがおすすめです!毎年当たり前のように年間プラスを達成する豚ミンCプロの予想精度をご体感ください!(出馬表確定前は前週ページに遷移します。)




豚ミンCプロフィール】
ウマニティ公認プロ予想家。毎年当たり前のように年間プラスを達成する圧巻の予想精度を誇る。レースリプレイを見直し、各馬の基本能力を見抜く。そのうえで、条件が合い、妙味のある馬を狙い撃つ。具体的には、馬場状態・展開・騎手を見て自分が思っているよりオッズが付くようなら「買い」と判断し、その馬の馬券を買うというスタンスで、特に騎手に関してはかなり重点をおいている。

[もっと見る]

【JRAリーディング】トレーナー部門は56勝の杉山晴調教師が初の頂点奪取 2023年12月31日() 14:58

地方、海外勝ちも対象になるトレーナー部門は、開業8年目で42歳の杉山晴紀調教師が56勝(JRA55勝、地方1勝)で初めての首位。勝ち星では矢作調教師(JRA51勝、地方3勝、海外2勝)と同じだったが、2着の差(杉山晴49回、矢作42回)で振り切った。

GⅠもジャスティンパレス天皇賞・春を勝つなど重賞4勝。杉山晴調教師は「まだまだ足りないところもあります。さらに結果が出せるように頑張っていきます」と謙虚に2024年を見据える。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ジャスティンパレスの関連コラム

閲覧 2,042ビュー コメント 0 ナイス 2


有馬記念武豊騎手騎乗のドウデュースが、鮮やかに差し切り勝ち。スタートは決して良くなかったものの、その後はじっくり溜めて、3コーナーから徐々に進出。直線は粘るタイトルホルダースターズオンアースを測ったように差し切った。

期待した◎タイトルホルダーも、絶好枠を生かしての逃げ。4コーナーでは後続を突き放し、直線もギリギリ一杯まで粘り込んだ。引退レースでの見事な3着激走だった。

また、勝ち切れなかったとはいえ大外枠の不利を克服して2着に粘ったスターズオンアース&ルメール騎手も素晴らしかった。とにかくゲートに集中し、トップスタートからスッと2番手を確保すると、そこからはいつも通りの運び。道中はスムーズにリラックスさせ、直線も最後まで持たせた。惜しむらくは2週目の3コーナー入り口で内ラチに接触したことで少しリズムを崩してしまったこと。あそこがなければもっと際どかったかもしれない。以前より器用さも出て来ており、今後もコースや距離を問わず走れそうで、崩れるイメージはあまりわかない。とにかく順調に使えれば2024年も大いに活躍に期待ができるだろう。

4着ジャスティンパレスは、中山のコーナー適性があまりない中でもよく追い込んできた。最後の脚は目立っており、得意の京都の長丁場なら改めて期待大。天皇賞(春)は順調に行けば勝ち負け濃厚だろう。

今年は3歳勢の出番はなかったが、タスティエーラは再三不利を受けながらもラストで伸びて来ており、改めて地力の高さを印象付けた。こちらは父同様に宝塚記念か、あるいは気は早いが暮れの香港ヴァーズあたりが最も合いそうだ。スタミナ豊富なので、天皇賞(春)でも十分に好勝負可能だろう。以前から申し上げている通り、外国人騎手が合うタイプだ。

それにしても、天皇賞(秋)直前にケガをしてしばらく戦線を離れながらも、暮れに戻って来てグランプリを勝つのだから、武豊騎手はすごい。

ドウデュースも私も帰ってきました」

という第一声で思い出したのは、2013年の日本ダービーキズナで制した後のインタビューだ。当時の武豊騎手は落馬の影響などもあり長きに渡る不振にあえいでいたが、そんな状況からの復活を遂げたのが、あのダービーだったように思う。当時もレース後のインタビューで同じように、「帰ってきました」と口にしていた。

ドウデュース自身もこれで完全復活。順調なら来年は再度秋のフランスの大舞台に挑むことになるのかもしれない。今からその瞬間を楽しみに待ちたい。3歳時とは違い、馬体を見ても明らかにパワーをつけた今なら、また異なる結果がもたらされる可能性もありそうだ。

~ホープフルSの注目馬は?~

さて、最後はホープフルSの注目馬で締めたい。注目はこの馬。

レガレイラ(ルメール騎手)

注目はレガレイラ&ルメール騎手。とにかく追ってからグッとギアが入る走りが素晴らしく、牝馬同士のスローの決め手比べよりは、牡馬相手でも暮れの中山のタフな馬場のほうが合いそうなタイプ。前走は究極の上がりのレースになり、位置取り負けしただけ。中山芝2000mなら巻き返せるとみる。抽選対象(11/14)だったが突破をはたし出走が叶ったここは有力だろう。

……というわけで、いよいよホープフルSで2023年の中央競馬は終わり。そして、2018年10月より続いて来た本コラムも今回でひと区切り、ラストとなります。5年間、テーマもすべて自分自身で決め、本当に好きなように書かせていただきました。一度も途切れずに続けられたことは自信になりましたし、今後もこれまで通りコツコツ続けて行く選択肢もあったのですが、自分自身のさらなる成長のために、キリの良いところでひと区切りとさせていただきました。今までお付き合いいただいた皆様、本当にありがとうございました。何か一つでも、お役に立てたなら幸いです。またどこかでお会いしましょう。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

栃木県出身、競馬予想家。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。『競馬記者では絶対に書けない騎手の取扱説明書』(ガイドワークス)など著書多数。最新刊は『馬券力の正体 収支の8割は予想力以外で決まる』(オーパーツ・パブリッシング)。


登録済みの方はこちらからログイン

2023年12月21日(木) 11:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 有馬記念2023
閲覧 1,725ビュー コメント 0 ナイス 2



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


12月24日(日)中山11R 第68回有馬記念(3歳以上G1・芝2500m)

🏇『過去5年の成績(2018年~2022年)』は👉こちら👈
🎯12月21日(木)17時~『有馬記念公開抽選』は👉こちら👈

【登録頭数:20頭】(フルゲート:16頭)


<前走:ジャパンカップ 東京芝2400m(レース映像)> 中3週

スターズオンアース(3着 496kg(+12kg))<B>
🏇『前走の追い切り
前走は天皇賞(秋)回避明け&休み明けで、最終追い切りまでビッシリ追っていたので太め残り懸念から軽視。ただ実際にはプラス体重でもそれほど太い感じには見えず、仕上がりは良かった。この中間は前走の反動が出るのではないかと気になっていたが、1週前追い切りでは3頭併せの内で力強く先着していて疲れはなさそう。ただ右回りは前半の行きっぷりが悪くなるので、そのあたりはポイントになりそう。

ドウデュース(4着 504kg(-8kg))<A>
🏇『前走の追い切り
天皇賞(秋)ジャパンカップと秋2戦を使われてきて、前走時も良化気配を感じさせていたが、この中間の1週前追い切りでは頭の位置が低くなって首が前に出る走りに変わり、前走時からの上積みに期待できそうな気配。他にも、追い切りに入る時の一歩目がスッと流れるようにスムーズになっているように見えた。馬の出来が良くなってきたことと、武豊騎手との相性の良さがマッチした感じで、前走からのさらなる上積みに期待。

タイトルホルダー(4着 476kg(+4kg))<B>
🏇『前走の追い切り
⛑『前走のジョッキーカメラ
前走はオールカマーから間隔が空いていたこともあってか、動きこそ良く見せていたように思うが、1週前、最終追い切りと併せ馬での追い切りで叩き台という印象だった。この中間は、単走追いで好時計を出すこの馬の好調子時のパターンできており、引退レースに向けて調子を上げてきている模様。

ディープボンド(10着 494kg(-14kg))<D>
🏇『前走の追い切り
今年で3年連続の出走となり2年前には2着に好走しているが、年々追い切りの動きがズブくなっている。この中間の1週前追い切りも、若い頃に比べると走る気持ちが感じられない動きだった。


<前走:菊花賞 京都芝3000m(レース映像)> 中8週

タスティエーラ(2着 480kg(+2kg))<A>
🏇『前走の追い切り
⛑『前走のジョッキーカメラ
ダービーからの休み明けで臨んだ菊花賞だったが、入念な乗り込みで当日のパドックでもスッキリとしていて仕上がりは良かった。この中間も前走時以上の入念な乗り込みで、2週前、1週前と南Wで好時計で先着しており、あいだの日曜日にも3週連続坂路で速めの時計をマーク。かなりの上積みが窺える。

ソールオリエンス(3着 464kg(+4kg))<A>
🏇『前走の追い切り
今回は春のクラシックほどの人気にはならないと思われるが、条件も鞍上もプラス材料で思い切ったレースができそうな点も強みになる。切れる脚のある馬で仕掛けどころが難しいところはあると思うが、調教内容を見ても併せ馬で遅れることはなく、終いの時計もしっかり出ていて末脚が切れる。


<前走:エリザベス女王杯 京都芝2200m(レース映像)> 中5週

ハーパー(3着 484kg(+4kg))<B>
🏇『前走の追い切り
秋に入って馬体が大きく増えており、前走時もさらに増えていたが、パドックでは太め感はなく春からの成長分と言って良さそう。前走時は坂路での調整のみだったが、この中間は本来のCW中心の調教内容に戻っており、1週前追い切りでは同厩舎のドウデュースとの併せ馬を消化。動きはやや見劣ったもののしぶとく喰らい付いていて前走以上の動き。

ライラック(4着 442kg(-6kg))<D>
🏇『前走の追い切り
牝馬限定なら好走するが、今年の春3戦のように牡馬相手だとやや力が足りない面がある馬。この中間の追い切りでは、1週前に好時計が出ていて併走馬を突き放しているが、内ラチ沿いを走ってのもので直線の走りも前走時のほうが迫力があった印象。やや物足りない動きに見えた。


<前走:京都大賞典 京都芝2400m(レース映像)> 中10週

プラダリア(1着 470kg(+6kg))<B>
🏇『前走の追い切り
京都大賞典から少し間隔が空いているが、前走時のように1週前、最終追い切りと強めに追われた時は好走する馬で、1週前は気合乗りも良く終い追われてしっかり伸びて状態は良さそう。輸送はあるものの最終追い切りもCWを長めから強めに追われたほうがこの馬の好走パターンに当てはまる。最終追い切りにも注目したい。

ブローザホーン(中止 414kg(-8kg))<C> ※除外対象馬
🏇『前走の追い切り
前走(競走中止)から間隔を空けて、この中間南Wを馬なりで長め4本。かなり小柄な馬なので本数は足りているが、時計はそれほど目立たず。


<前走:アルゼンチン共和国杯 東京芝2500m(レース映像)> 中6週

ヒートオンビート(3着 476kg(-8kg))<B>
🏇『前走の追い切り
毎回パドックでは小気味良い動きで良く見せる馬。この中間もかなり乗り込まれていて、1週前追い切りではいつも通り3頭併せの内に併せて動きも前走時並みに良い。好調キープ。

ディアスティマ(13着 488kg(+4kg))<E> ※除外対象馬
🏇『前走の追い切り
休み明けの前走を一度使われたが、この中間の追い切りでは時計平凡で併走遅れが続き、調子が上がってきていない印象を受ける。


<前走:その他のレース出走馬>

スルーセブンシーズ凱旋門賞:4着 芝2400m 3ヶ月)<A>
🏇『前走の追い切り
⛑『前走のジョッキーカメラ
凱旋門賞からの休み明けだが、入念な乗り込みで2週前、1週前には南Wで好時計。1週前の動きを見ても、宝塚記念の時よりもハードに追われていて状態面はかなり良さそう。

シャフリヤール(BCターフ:3着 芝2400m 中6週)<C>
🏇『前走の追い切り
🏇『12月6日香港での追い切り
BCターフ後に、有馬記念ではなく香港ヴァーズ出走を選択している時点で、中山2500mに関して何らかの不安要素があってのこと。状態面に関しても、香港での取り消し後のバタバタや、米国遠征から約1ヶ月半ほど坂路やCWなどトレセンでの調整ができていない点もマイナス材料になる。

ウインマリリン(BCフィリー&メアターフ 芝2400m 中6週)<D>
🏇『前走の追い切り
米国から帰国後、美浦で調整されているが、1週前追い切りは舌を出して走っていて動きも重く、伸び脚平凡といった様子。

ジャスティンパレス天皇賞(秋):2着 芝2000m 468kg(-2kg) 中7週)<B>
🏇『前走の追い切り
1週前にCWで強めに追われる馬で、休み明けの前走時はモタモタした動きであまりよく見えなかった。この中間の1週前追い切りでは重め感が解消し、直線でも一気に突き放してみせた。出来は前走以上。

アイアンバローズステイヤーズS:1着 芝3600m 504kg(-10kg) 中2週)<C>
🏇『前走の追い切り
2走前の京都大賞典の時は、追い切りでもパドックでもうるさい面を見せていて集中力を欠いていたが、前走時は坂路での調教中心に変えてきたことも手伝ってか追い切りの動きもパドックも集中していた様子で、好仕上がり。この中間も坂路での調整が続けられているが、1週前追切は終いに頭が上がり気味で、前走時の仕上がりには及ばない動きだった。

ホウオウエミーズ福島記念:1着 芝2000m 450kg(±0kg) 中5週)<B>
🏇『前走の追い切り
前走時の追い切りでもかなりの動きを見せていたが、この中間の1週前追い切りでも強めに追われて伸び脚上々で、出来は引き続き良さそう。

マテンロウレオ(チャレンジC:5着 芝2000m 484kg(+14kg) 中2週)<C> ※除外対象馬
追い切りでは速い時計が出る馬だが、1週前追い切りの映像からは力みがあって押さえが効かず、走り過ぎてしまっている感じあり。

ドゥラエレーデ ※出走回避


※今回このコラムでの中間の状態からの推奨馬は、タスティエーラソールオリエンスドウデューススルーセブンシーズの4頭をあげておきます。


◇今回は有馬記念編でした。
12月に入っても暖かい日が多く、例年だとキリの影響で動きがしっかり確認できないことがある有馬記念の追い切りも、今年はそんな気配もないのかななどと思っていたら1週前に一気の冷え込み。何とか冬を間に合わせたような形で、急な季節の変化に人間の体もついていかなくてはならず、体調管理には気をつけて週末の有馬記念に臨みたいところですね。人が大変なら馬も大変、気を遣うこともこれまで以上にあると思います。今年最後の大一番で余力がどれだけ残っているかも重要なレースでもありますので、例年以上に状態面のチェックはしっかり行っていきたいと思います。
過去5年の連対馬の調教内容は、「最終追い切り=馬なり」の馬が7頭とまず目立つところ。ただ、間隔を空けて臨んだ馬は最終追い切り等で強めに追ってきていた馬も多く、昨年の勝ち馬イクイノックスもほぼ馬なりの調整だったものの、1週前の日曜日だけは坂路で一杯に追われていました。1週前か最終追い切りで強めの追い切りを消化できるだけの状態にあるという点は、過去5年の連対馬に共通しているところで、今年もそのあたりは一つのポイントとなりそうです。
毎年いろいろなドラマが生まれる有馬記念。混戦模様の今年は一体どんな結末を迎えるのでしょうか。暗いニュースが多い世の中ですが、大谷選手や阪神タイガースに続き最後は競馬が盛り上げて、明るい話題を届けてもらいたいですね。

有馬記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2023年11月4日() 10:00 TARO
【TAROの競馬研究室】晴れればルメ馬場、雨降れば危ルメ馬場の東京芝/みやこステークス展望
閲覧 1,144ビュー コメント 0 ナイス 2


注目された天皇賞(秋)イクイノックスが圧勝。ジャックドールのハイペース逃げにも動じることなく、スッと手応え良く3番手につけ、直線は悠々と抜け出すだけ。ゲートで遅れた後方待機組が2~3着に突っ込んできたのをみても展開は厳しかったが、ただ一頭レベルが違った。これで昨年の天皇賞(秋)から、海外を含めてG1・5連勝。まさに向かうところ敵なし。

もっとも、2着以下も注目馬多数。2着ジャスティンパレスはスピード競馬にも対応。展開が向いたにしても中身の濃い競馬だった。距離が延びるジャパンカップではさらに差が詰まる可能性もある。

3着プログノーシスは位置取りこそハマったが少し仕掛けが早かった。タイプ的にはマイルCSで見たいが、連戦で使えるタイプの厩舎ではないだけにどうだろうか。距離は2000mが限界か。逆に有馬記念あたりも良さそうだが、そうなると騎手を選ぶことにもなる。現実的ではないか。

5着ガイアフォースも強気に攻めていって能力を証明した。こちらはマイルCSなら有力。京都外回りは合う。

惨敗組の中ではドウデュース。良くも悪くもマッチョになってきており、3歳時のような溜めて鋭く伸びるタイプではなくなっている。ジャパンカップで期待したいところだが、今回の内容を見る限り、仮に武豊騎手に手綱が戻ってもどうかなというのが正直なところ。有馬記念、あるいはマイルで再び見たい気もする。

ジャックドールはレースを盛り上げる逃げを打ったが、一度でいいから外国人騎手で見てみたい。香港カップなら有力では。

ちなみにルメール騎手は今年の秋開催の東京芝で12勝。複勝率は73%と、いい馬に乗っているにしても、それを上回る圧倒ぶりだ。

今の東京芝はルメール騎手のスタイルに極めて合っていることも大きい。乾いて差しが届く「ルメ馬場」が続くならば、人気でも嫌ってはいけないか。

ちなみに秋の東京開催、唯一良馬場ではなかった10/9(月)は、ルメール騎手(0-1-1-3)と不発。雨が降ってタフな馬場になると切れ味をそがれるので、一転して「危ルメ馬場」にになる。ルメール騎手の人気馬を素直に信じるかどうかは、空模様次第ということになる。

それでは最後に今週末の注目馬を。

~今週末の注目馬~

今週はみやこステークスから。

ワールドタキオン斎藤新騎手)

注目はワールドタキオン斎藤新騎手。
前走のエルムSは、好スタートから好位追走、逃げ馬が早々にバテたことで早めに動かされる形で厳しい流れだったが、それでも最後は地力で2着に粘り通す強い内容。出戻り後はずっと好内容を続けており、重賞でも安定して走れそうだ。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

栃木県出身、競馬予想家。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。『競馬記者では絶対に書けない騎手の取扱説明書』(ガイドワークス)など著書多数。最新刊は『馬券力の正体 収支の8割は予想力以外で決まる』(オーパーツ・パブリッシング)。

[もっと見る]

2023年10月25日(水) 16:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 天皇賞(秋)2023
閲覧 1,491ビュー コメント 0 ナイス 4



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



10月29日(日) 東京11R 第168回天皇賞(秋)(3歳以上G1・芝2000m)

【登録頭数:13頭】(フルゲート:18頭)


<前走:宝塚記念 阪神芝2200m(レース映像)> 4ヶ月

イクイノックス(1着 492kg(海外競馬出走))<A>
☆『前走の追い切り
昨年はダービーからの休み明けだったが、今年は宝塚記念からの休み明けで迎える。この中間の追い切りの本数はほぼ同じだが、今年のほうが2週前には長めから速い時計を出している。大目標はジャパンカップになると思うが、ここでも世界チャンピオンとして負けられないデキで出走してくることになりそう。

ジャスティンパレス(3着 492kg(-2kg))<B>
☆『前走の追い切り
前走の宝塚記念では3着に敗れたものの、春は安定した内容のレースができた。そこからの休み明けで、この中間はこれまでと同じような乗り込み量で順調に調整されている。ただ1週前追い切りの動きを見ると、いつもと比べるとズブい感じが強くやや重め残りの印象を受けた。


<前走:札幌記念 札幌芝2000m(レース映像)> 中9週

プログノーシス(1着 476kg(+2kg))<A>
☆『前走の追い切り
この中間も坂路で乗り始めて、2週前、1週前とCWを長めからという、これまで同様の調整内容で順調さがうかがえる。川田騎手が騎乗しての1週前追い切りでは、馬なりも迫力のある走りで楽に先着と、前走以上に調子を上げてきている感じあり。

ダノンベルーガ(4着 508kg(海外競馬出走))<B>
☆『前走の追い切り
前走は休み明けで苦手な右回り参戦。追い切りでの動きもあまりよく見えなかった。今年は一度使われていることもあり、1週前追い切りでは強めには追っていたものの直線スッと前に出ると一気に突き放して先着の好内容を披露してきた。昨年の1週前が、古馬1勝クラスを相手に前に出るのにモタモタしていたところがあったことを思うと、叩き2戦目で反応も良く昨年よりも好状態で臨める見込み。

ヒシイグアス(5着 502kg(+16kg))<C>
☆『前走の追い切り
前走時のパドックでは緩さがあり、太め残りの馬体だった。この中間、1週前追い切りでは併せ馬の内でモタモタした様子で先着できず、良くなるには時間がかかりそう。

ジャックドール(6着 516kg(+8kg))<B>
☆『前走の追い切り
昨年と同じローテーションで、この中間の調整内容も1週早く乗り出している点以外は内容的にも同等。1週前追い切りの動きを見ると、昨年はのんびりした感じがあったが今年は気合乗りがかなり良く、出来に関しては今年のほうが上か。


<前走:オールカマー 中山芝2200m(レース映像)> 中4週

ガイアフォース(5着 490kg(-2kg))<A>
☆『前走の追い切り
春はマイル戦を2回走ってともに差のない競馬だったが、直線での伸び脚とゴール後の余力などを見ると明らかに距離不足。休み明けの前走時に関しては、マイナス体重だったがお腹の辺りに緩さがあり、直線伸びきれなかったのはそのあたりが影響したかもしれない。デビュー前からすべて坂路で時計を出してきた馬だが、この中間は初めてCWで追い切られて3頭併せの外を先着。休み明けを一度使われての上積みに期待がもてる内容だった。

ノースブリッジ(7着 500kg(+12kg))<C>
☆『前走の追い切り
前走時はパドックでかなりイレ込んでいて、その影響はかなりあったはず。毎回パドックでは一番後ろを周回するので気性的な難しさはありそう。近走は休み明けで使われることが多く、これまでは1週前に強めに追っていることが多かったが、今回は馬なりでの調整となっている。前走からの上積みは見込める。

エヒト(11着 466kg(-6kg))<C>
七夕賞から月1ペースで使われてきて、この中間も坂路での調整。1週前に強めに追われマークした時計も、森厩舎の馬でこれくらいならザラというもので、それほど高い評価は与えられない。

アサマノイタズラ(14着 510kg(-8kg))※出走回避予定


<前走:その他のレース出走馬>

ドウデュース京都記念:1着 芝2200m 508kg(海外競馬出走) 8ヶ月半)<B>
☆『前走の追い切り
早い段階でここを復帰初戦の目標と定め調整されてきていて、かなりの乗り込み量。1週前には武豊騎手が騎乗しての追い切りで、一杯に追われて力強い走りで先着。京都記念の時よりも馬体が増えていそうだが、その分パワーが増している印象を受けた。

スターズオンアースヴィクトリアマイル:3着 芝1600m 484kg(±0kg) 5ヶ月半)※出走回避予定

アドマイヤハダル毎日王冠:4着 芝1800m 488kg(-6kg) 中2週)<B>
☆『前走の追い切り
前走の毎日王冠では、ゴール前での追い比べでわずかに及ばなかったが差のない4着と好走。この中間も、1週前に馬なりで先着と引き続き出来は良さそう。ただ前走の内容を見ると、長く良い脚を使うというよりは、一瞬の切れる脚を使うタイプで東京では仕掛けるタイミングがかなり難しい。


※今回このコラムでの中間の状態からの推奨馬は、イクイノックスプログノーシスダノンベルーガガイアフォースの4頭をあげておきます。


🏇『過去5年のダイジェスト


◇今回は天皇賞(秋)編でした。
今年で168回となる天皇賞(秋)。記念の『第100回』からしっかり競馬を観るようになって、春秋合わせて68回も天皇賞を観ていることになり、時間が過ぎて行くのは早いものだと感じます。それと同時に、最初にしっかり観たレースということで何か初心に戻る気持ちにもなるレースでもあります。長く競馬を見ていると忘れていく記憶も多くなってきているのも事実ではありますが、最初に観ていた頃の記憶はなかなか消えることはなく、それだけ強烈なものとして脳に刻まれているのかもしれません。今年は11頭と少頭数でのレースになりそうですが、あの時も14頭と少ない頭数で不利な大外枠から先行したスーパークリークが早めに抜け出して後続の追撃を押し切る内容での勝利。
今年も好メンバーが揃いました。脳に刻まれるような、記憶に残るレースになることを期待しています。


天皇賞(秋)出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2023年6月30日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】スルーセブンシーズは凱旋門賞で観たい/ラジオNIKKEI賞展望
閲覧 1,238ビュー コメント 0 ナイス 2


春のグランプリ、宝塚記念イクイノックスが大外から豪快に差し切って勝利。単勝1.3倍の断然の支持に応えた。

正直なところ人気を見たときにはさすがに少々被りすぎだなと感じたが、終わってみれば期待に違わぬ貫禄の勝利。広い東京コースの決め手比べでも、2500mや2200mのロングスパートでもキッチリと差し切るのだから真のチャンピオンといって間違いない。

惜しかったのは2着スルーセブンシーズ。完璧な運びで直線に向いたが、最後切り替えたところが惜しかった。それでも好騎乗があってこその2着。池添騎手は阪神芝2200mの仕掛けどころを心得ている。3着ジャスティンパレスは少しズブさを見せたあたり久々の中距離のペースに戸惑った印象もあったが、底力で伸びて来た。4着のジェラルディーナは早仕掛けでラストは脚が上がったが、それでも地力の高さを見せた。

上位勢はそれぞれ能力の高さを示した好レースだった。

イクイノックスは恐らく国内専念となりジャパンカップが大目標になりそう。一方、タフな馬場も馬群も苦にせず、精神力も強いスルーセブンシーズには、是非凱旋門賞を目指してほしい。エルコンドルパサーナカヤマフェスタオルフェーヴルが掴み損ねた栄光を、今度こそ手にするチャンスがあるかもしれない。

それでは最後に先週からの狙い馬と、今週末の注目馬を。

【次走狙い馬】ジューンオレンジ 6/25(日)函館10R 1番人気5着

完全な先行イン有利競馬の立ち回り戦になってしまい道中外を回した組や外枠勢には出番がなかった。その中でもラストはよく伸びて地力の高さは示した。順調なら次走はさらに開催が進んだ函館か、あるいはコーナーをゆったり回れる札幌になる可能性が高く条件好転、巻き返し濃厚。

~今週末の注目馬~

今週はラジオNIKKEI賞から。

グラニット嶋田純次騎手)

注目はグラニット嶋田純次騎手。
基本的には小回り向きのスピードと立ち回りが生きるレースで、過去5年のうち4年で逃げた伏兵馬が馬券圏内に好走中。となれば、やはり狙いはグラニット。同じ小回り1800mのスプリングS4着の実績は上位。最終週で距離も長かった皐月賞は度外視し、巻き返しを狙いたい。


※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

栃木県出身、競馬予想家。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。『競馬記者では絶対に書けない騎手の取扱説明書』(ガイドワークス)など著書多数。最新刊は『馬券力の正体 収支の8割は予想力以外で決まる』(オーパーツ・パブリッシング)。

[もっと見る]

2023年6月22日(木) 10:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 宝塚記念2023
閲覧 1,683ビュー コメント 0 ナイス 5



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


6月25日(日)阪神11R 第64回宝塚記念(3歳以上G1・芝2200m)


【登録頭数:20頭】(フルゲート:18頭)

<休み明けでの出走>

イクイノックス(ドバイSC:1着(海外)3ヶ月)<B> <優先出走馬(ファン投票)>
この中間は早めに栗東へ移動して滞在での調整。右回りでの追い切りもあるが、この馬としては力みがあり終いの伸び脚が物足りなくも見える。

ヴェラアズール(ドバイWC:13着(海外)3ヶ月)<C> <優先出走馬(ファン投票)>
海外帰りの休み明け。この中間乗り込み量は豊富も、1週前追い切りを見ると良い時のような前進気勢があまり感じられない。時計は出ているが終いの伸び脚は平凡。

ジオグリフ(ドバイWC:11着(海外)3ヶ月)<B>
この馬も早めに栗東へ移動しての調整で、CW、坂路と好時計が出ていて順調な仕上がり。1週前の動きを見ると、重め感はないがもう少し気合乗りがほしい感じ。

スルーセブンシーズ(中山牝馬S:1着、448kg(+4kg)3ヶ月半)<A>
中山牝馬Sからの休み明けで、こちらも栗東に移動しての調整。デビューから休み休み使われ、馬体も増えてきている馬だが、1週前は強めに追われて力強い動きを披露と、ここも仕上がりは良さそう。


<前走:天皇賞(春)出走馬>(中7週)

ジャスティンパレス(1着、472kg(±0kg))<C> <優先出走馬(ファン投票)>
この中間もこれまでと同じように1週前に併せ馬で強めに追われた。ただ、持ったままの併走相手に追って追って何とか先着という内容で、もともとスッと反応できる馬ではないものの今回はズブさが目立ち、重め感あり。

ディープボンド(2着、504kg(-10kg))<A> <優先出走馬(ファン投票)>
前走は10キロ減で仕上がりが良かったがパドックではかなりうるさかった。この中間は、1週前までに坂路、CWで強め3本と昨年とほぼ同様の内容だが、さらに動きが良化し前走以上のデキで臨めそう。

ブレークアップ(4着、496kg(+2kg))<C>
土曜追いの厩舎で、3週連続CWで速いタイムを計時。ただ、前走時と比べると坂路での時計が平凡。

アスクビクターモア(11着、482kg(±0kg))<A> <優先出走馬(ファン投票)>
この春3戦目となるが、この中間は南Wでの追い切りプラス2歳時以来のプール調教も取り入れられての入念な乗り込み。1週前追い切りでは前走時のような前半手控えた内容ではなく、気分良く走らせて直線もかなりハードに追うという、迷いなく思い切りの良さを感じさせるスパーリングを敢行している。


<前走:香港QE2世C出走馬>(中7週)

ダノンザキッド(5着(海外))<C> <優先出走馬(ファン投票)>
この中間は坂路での時計が平凡。CWでの追い切りの動きを見ても、前半は首が上がってしまい走る気持ちが伝わってこない。

ジェラルディーナ(6着(海外))<C> <優先出走馬(ファン投票)>
この中間は1週前に強めに追われて本来の調整内容。ただ動きを見ると、重心が高めでやや力みがある点で、良い時と比べると少々物足りない。


<前走:鳴尾記念出走馬>(中2週)

ボッケリーニ(1着、468kg(+2kg))<C>
前走時は追い切りの動きも良く好仕上がりだったが、今回はあまり実績のない中2週での出走。日曜に坂路で時計が出ているが軽めの調整で、上積みまではどうか。

モズベッロ(6着、496kg(+4kg))<B>
3年前に3着の好走実績があり、中2週のこの中間も軽めの調整ではあるものの良い時の動きに近づいてきている。近走は詰めてレースを使えていることからも、出来の良さが感じられる。

カラテ(9着、538kg(+4kg))<C> <優先出走馬(ファン投票)>
この中間も坂路での調整でガラッと良くなった感じはないが、大きな馬で力強さはあり調子落ちはなさそう。


<前走:その他のレース出走馬>

ユニコーンライオン(豪州QES:5着(海外)中10週)<D>
前走からの乗り込み量は少ない。1週前の動きを見ても、好調時のような鞍上がハミにぶら下がる感じがなく、長手綱で押しても伸びきれず重い動き。

ドゥラエレーデ日本ダービー:中止、512kg 中3週)<B> <優先出走馬(ファン投票)>
前走落馬競走中止のためここに出走してきた。中3週になるが、休み明けの前走を使われて1週前には日曜、水曜とかなり良い時計をマーク。出来自体は良さそう。

プラダリア目黒記念:5着、464kg(+4kg)中3週)<D>
休み明けの前走時は、パドックでは緩さが残っているように見せていた。この中間も坂路では速い時計が出ておらず、変わり身はあまり感じられない。

ライラック目黒記念:9着、438kg(+4kg)中3週)<B> <優先出走馬(ファン投票)>
1週前は、前走時よりも手応えに余裕が窺え、終いの動きも好反応だった。

ウインマイティーブローザホーンミクソロジーの3頭は出走回避の予定。


※今回このコラムでの中間の状態からの推奨馬は、アスクビクターモアディープボンドスルーセブンシーズの3頭をあげておきます。


◇今回は宝塚記念編でした。
早いものでJRA春G1も最終戦の宝塚記念を迎えることになります。今年はこのコラムで推奨した馬たち(日本ダービータスティエーラオークスハーパードゥーラ/天皇賞春:ディープボンドシルヴァーソニック......)が好成績を残していて、少しでも的中のヒントとして参考になっていたら嬉しい限りです。
このコラムで推奨した馬たちが好走するということは、1週前までにどれだけ状態を仕上げられているかが重要になっていることの表れでもあると思っています。JRAでもレースの週になれば、参考レースや調教VTRなどを提供していますが1週前追い切りの映像などは探しにいかなければなかなか見られない状況にあります。そのあたり、当コラムの役割であり価値ととらえ、これからも皆さまの参考となるよう心掛けてやっていきますので、どうぞよろしくお願いします。


宝塚記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ジャスティンパレスの口コミ


口コミ一覧
閲覧 61ビュー コメント 0 ナイス 3

昨年の天皇賞春勝ち馬

ジャスティンパレスの

次走はドバイSCになりました


天皇賞春を連覇したフィエールマンの

種牡馬としての待遇を考えると

連覇する意味はなさそうで

ドバイで2.3着でも種牡馬としては価値が高そう

リバティアイランド、スターズオンアース

シャフリヤール、オーギュストロダンなど

相手は強いが頑張ってほしい

鞍上は誰になるのやら

 競馬戦略研究所所長 2024年1月2日(火) 08:25
中央競馬リーディング回顧
閲覧 68ビュー コメント 0 ナイス 2

昨年はルメール騎手がリーディングに返り咲きました。
ただ2位の川田騎手の騎乗数が495回に対してルメール騎手は666回。約170回騎乗が低くて差は14勝。各自狙っているものが違っていたようです。トップ2が今年も連対率4割超えで、3着内率も5割超え。勝率含め地殻変動がない限り、来年もこの二人を中心に回っていきそうです。


リーディングトレーナーは杉山調教師。ジャスティンパレスでG1も制覇し文句なしの成績だと思います。内容からは勝率2割、連対率3割、3着内率4割を超えた中内田、木村の両調教師も誇れる成績です。また年々成績を上げている上村調教師は昨年はダービーで大金星を逸しましたが、昨年末も同馬主の期待馬がデビュー勝ち。今年も注目です。


所長としては今年こそ、三浦皇成騎手、津村騎手にはG1を獲って欲しい。若手では永島騎手、佐々木騎手が今年キャリアハイとなれば、面白いと思っています。
トレーナーとしては何と言っても福永調教師がどのような成績を残せるかが注目です。

[もっと見る]

 需給 2023年12月31日() 07:53
感謝しながらの競馬予想
閲覧 113ビュー コメント 0 ナイス 12

おはようございます。

今日は大晦日。
今年の競馬の成績を去年との比較で振り返ろうと思います。

まずは練習で予想してきた地方競馬です。

地方競馬は全くお金を賭けず、馬券の買い方を学ぶ場として活用しています。
2023年は970R予想し、-186,710円、回収率は74%、平均的中配当1659円、的中率33%。
2022年は1,917R1予想し、-135,140円、回収率は65%、平均的中配当642円、的中率21%でした。

練習とはいえ、回収率がアップしました。


次に実戦用の中央競馬です。

馬券購入は100円単位と少額ですが予想通りに馬券を購入してきました。

2023年は、789R予想し、-23,760円、回収率は88%、平均的中配当692円、的中率31%。
2022年は、1,238R予想し、-86,550円、回収率は77%、平均的中配当627円、的中率24%でした。

的中率が30%を超え、回収率は+11%と増えました。

まだまだ目標の100%には及びません。
複式馬券での的中率は30%あったので、軸(枠)の的中が40%くらい。
60%は軸枠を外していました。

年後半から枠連2・3点予想に加え、単勝、複勝、ワイドなどいろんな馬券種の買い方も学び始めました。

有馬記念は1レースに2100円も賭けた勝負レースでした。
ジャスティンパレスを軸馬にしましたが4着。

4着までの馬は全て印を付けましたが、軸馬を外しました。
ドウデュースかタイトルホルダーは予想をもう少し思考を変えれば軸にできたと思います。
有馬記念を含め今年競馬予想で学んだことは、

・失うことを畏れない(自分の直感を信じる)
・1レースに大きな金額を賭けない(競馬に絶対はない)
・1番人気馬の取捨選択をよく考える(実績に捉われない)

来年の予想方針は、
・軸馬を見るのに、馬の成績(能力)に加え、騎手・調教師・生産者の連対率(環境)、馬の枠順・脚質(条件)を考慮する
・単勝、複勝、ワイドを組み合わせて的中率と回収率を上げる
・消し馬の的中精度も上げる

今年は13大会中、回収率100%を超えた大会は約半分の7回。昨年は13大会中たった1回。
来年こそは全大会の回収率100%以上を目指して楽しく予想していきます。
集中して時間を忘れられる競馬予想に感謝です。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ジャスティンパレスの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
3:
  HELPRO   フォロワー:2人 2023年12月24日() 16:01:28
思わぬ人気に推されても是が横山武史の真の実力。いい気になって荻野に迷惑掛けた癖に謝りもしない常識外れの馬鹿息子。和生に先着されたの当然の事。お前は第2の三浦皇成確定だ。親お陰のド下手野郎が徐々に見切られていく屈辱を味わうが良い。、、、典弘、てめえの躾がなって無いんだよ。富雄に謝れボンクラ親父が!
2:
  HELPRO   フォロワー:2人 2023年10月29日() 15:52:03
武史、お前とことん最低人間だ。ガイアフォースに先導させて意図的に穴目を作って貰って2着を取るなど全く自分の力じゃないだろ!
横山典弘、全部お前の責任。武史の実力は女子レベル。きっと途轍もないしっぺ返しが来るぞ。その時を思い知れクソカス親子が!
1:
  HELPRO   フォロワー:2人 2023年6月25日() 15:49:21
杉山師はツイてない。こんなボンクラ鞍上に春天馬を任せたのだから。やっぱり佐賀のボンクラは生涯ボンクラ。全部親の指導が悪い。腹切れバカ親!

ジャスティンパレスの写真

ジャスティンパレスの厩舎情報 VIP

2023年12月24日有馬記念 G14着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ジャスティンパレスの取材メモ VIP

2023年12月24日 有馬記念 G1 4着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。