会員登録はこちら
朝日杯フューチュリティS G1   日程:2018年12月16日()  阪神/芝1600m

朝日杯フューチュリティSのニュース&コラム

【2歳次走報】マイネルサーパス、朝日杯FSへ
 ★きんもくせい特別をレコード勝ちのマイネルサーパス(美・高木、牡)は、朝日杯FS(12月16日、阪神、GI、芝1600メートル)へ。 ★百日草特別2着のボスジラ(美・国枝、牡)は、葉牡丹賞(12月1日、中山、500万下、芝2000メートル)か、ホープフルS(12月28日、中山、GI、芝2000メートル)へ。
2018年11月8日(木) 05:00

 196

Vなら史上初!牝馬グランアレグリア、朝日杯挑戦へ
 新馬-サウジアラビアロイヤルCを連勝したグランアレグリア(美・藤沢和、牝2)が、朝日杯FS(12月16日、阪神、GI、芝1600メートル)に挑戦する意向があることが31日、わかった。 牝馬同士の阪神JF(12月9日、阪神、GI、芝1600メートル)と同日の香港国際競走で、主戦のルメール騎手がディアドラ(香港カップ)、モズアスコット(香港マイル)に騎乗するため、1週後の牡馬相手のGIに挑む可能性が浮上。藤沢和調教師は「牝馬で繊細な面があるので同じジョッキーに続けて乗ってもらう方がいい」と理由を明かした。 1991年に阪神3歳牝馬S(現阪神JF)が牝馬限定GIとして創設されて以降、前身の朝日杯3歳S時代も含めて、朝日杯FSを牝馬が制した例はない。新たな歴史を作れるか注目される。
2018年11月1日(木) 05:04

 454

グランアレグリアが朝日杯FS挑戦へ
 新馬-サウジアラビアロイヤルCを連勝したグランアレグリア(美浦・藤沢和雄厩舎、牝2歳)が、朝日杯フューチュリティS(12月16日、阪神、GI、芝1600メートル)に挑戦する意向があることが31日、わかった。 牝馬同士の阪神ジュベナイルフィリーズ(12月9日、阪神、GI、芝1600メートル)と同日の香港国際競走で、主戦のルメール騎手がディアドラ(香港カップ)、モズアスコット(香港マイル)に騎乗するため、1週後の牡馬相手のGIに挑む可能性が浮上。藤沢和調教師は「牝馬で繊細な面があるので同じジョッキーに続けて乗ってもらう方がいい」と理由を明かした。 1991年に阪神3歳牝馬S(現阪神JF)が牝馬限定GIとして創設されて以降、前身の朝日杯3歳S時代も含めて、朝日杯FSを牝馬が制した例はない。新たな歴史を作れるか注目される。★グランアレグリアの競走成績はこちら
2018年10月31日(水) 19:42

 445

【菊花賞】フィエール、最少キャリア4戦目で菊の大輪
 第79回菊花賞(21日、京都11R、GI、3歳オープン国際(指)、セン馬不可、馬齢、芝・外3000メートル、1着本賞金1億2000万円 =出走18頭)史上最少キャリアで見事に菊の大輪を射貫いた。デビュー4戦目でGI初挑戦となった7番人気フィエールマンが、メンバー最速タイの上がり3ハロン33秒9の末脚で、2着エタリオウをハナ差下してV。関東馬は17年ぶりの優勝となった。タイム3分6秒1(良)。次走は未定も、体調次第で有馬記念(12月23日、中山、GI、芝2500メートル)の可能性もありそうだ。 あまたの不利なデータを、自慢の末脚で打ち砕いた。GI初挑戦のフィエールマンが、最後の直線で馬群を割って驚異の加速力を披露。先に抜け出した2着馬エタリオウをはじめ、春のクラシック組を封じ込め、最少キャリアとなるデビュー4戦目での菊戴冠だ。 「直線で少し狭くなって抜け出すのに時間がかかったけど、抜けたときがすごくいい反応、切れ味だった。よく届いてくれたね。正直、負けたと思って、ゴール後にミルコに『おめでとうございます』と声をかけたんだ。ごめんね、ミルコ」 初コンビで歴史的な勝利へ導いたルメール騎手が頬を紅潮させる。M・デムーロ騎乗のエタリオウをわずか15センチ差で抑え、前週の秋華賞に続くGI制覇。JRA重賞も騎乗機会4連勝と絶好調だ。 思いも寄らぬ好スタートに鞍上はプランを変更した。「普段はスタートが遅いので後ろの位置だろうと考えていたけど、全く違うものに。でもスローな流れでちょうど良かった。完璧」。中団で前を射程に入れながら追走し、直線も狭いスペースから抜け出した。キャリア3戦とは思えぬ横綱相撲に「エムバペも19歳でワールドチャンピオンになった。経験が少なくても能力があれば勝てるんだ」。サッカーで母国フランスの10番を背負い、ロシアW杯制覇に導いた超新星になぞらえて相棒をたたえた。 関東馬にとっては、2001年マンハッタンカフェ以来17年ぶりの菊制覇。手塚調教師も誇らしげな表情だ。 「パドックの気配が桜花賞を勝ったときのアユサンみたいだった。馬の雰囲気は4戦で一番」 キャリアの少なさ、1800メートルのみの距離経験、休養明けなど厳しい条件がそろっていても能力には自信を持っていた。「勝てると思っていた。いつもより帰りの新幹線の時間を1時間遅らせていたんだ」と笑いながら明かす。 一戦ごとの消耗が大きいため、次走は様子を見てから決められるが、オーナーサイドは体調次第で有馬記念参戦も視野に入れている。 長丁場でも父ディープインパクト譲りの異次元の脚を見せつけたフィエールマン。淀のまぶしい西日が、歴史を塗り替えた“気高く、勇ましい”馬名の通りの勝者を照らしていた。 (板津雄志)★21日京都11R「菊花賞」の着順&払戻金はこちら★入場&売り上げアップ 悪天候だった昨年の菊花賞と違い、好天に恵まれた21日の京都競馬場の入場人員は5万5059人で、前年比177・1%と大幅増。菊花賞の売り上げも184億4690万9600円で、同120・1%とアップした。今年の平地GIの売り上げは15レース中、フェブラリーS、大阪杯、皐月賞、天皇賞・春、宝塚記念以外の10レースが前年を上回っている。★アラカルト ◆最少キャリア&久々 フィエールマンは3戦2勝での挑戦で優勝。これは1946年アヅマライ(菊花賞前まで5戦2勝)、87年サクラスターオー(同5戦3勝)を更新する最少キャリアV。また、ラジオNIKKEI賞2着以来3カ月半ぶりの出走だったが、休み明けでの菊花賞制覇は皐月賞優勝以来6カ月半ぶりだったサクラスターオー以来。 ◆クリストフ・ルメール騎手 JRA・GIは19勝目で歴代10位。13日の府中牝馬S(ディアドラ)→14日の秋華賞(アーモンドアイ)→20日の富士S(ロジクライ)→菊花賞と重賞騎乗機会4連勝となった。最多は武豊騎手が98年に達成した6連勝。 ◆手塚貴久調教師 JRA・GIは11年朝日杯FS(アルフレード)、13年桜花賞(アユサン)、同朝日杯FS(アジアエクスプレス)に次ぐ4勝目。 ◆ディープインパクト産駒 菊花賞は16年サトノダイヤモンド以来の2勝目でJRA・GIは44勝目。 ◆ハナ差の決着 09年1着スリーロールス、2着フォゲッタブル以来の5度目。フィエールマン 父ディープインパクト、母リュヌドール、母の父グリーンチューン。鹿毛の牡3歳。美浦・手塚貴久厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)サンデーレーシング。戦績4戦3勝。獲得賞金1億7885万9000円。重賞初勝利。菊花賞は手塚貴久調教師は初勝利、クリストフ・ルメール騎手は2016年サトノダイヤモンドに次いで2勝目。馬名は「気高く、勇ましく(音楽用語)」。
2018年10月22日(月) 05:07

 1,230

朝日杯フューチュリティSのニュースをもっと見る >

ただ今の時間は追い切り情報はありません。

※更新時間の目安は水曜日05:00頃となります。
(年始やG1レースで異なる場合があります)

まだコラムはありません。
予想家コラムは
レース開催週の月曜日より順次公開されます

朝日杯フューチュリティS過去10年の結果

2017年12月17日() 阪神競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
2016年12月18日() 阪神競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
2015年12月20日() 阪神競馬場/芝1600m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

朝日杯フューチュリティSのデータ分析とレース傾向

コース図阪神芝1600m

2014年に中山から阪神に舞台を移した2歳G1レースだが、この時期のマイルG1であることに変わりはなく、中山開催時と比較して出走メンバーの質に大きな変化は見られない。強いて変わった点を挙げるならば、京都2000mの新馬戦を勝ち上がり、2戦目で当レースを制した2015年の優勝馬リオンディーズのようなタイプは、中山開催時であればその大半が朝日杯を見送っていたということ。おそらく「阪神外回りだからこそ」使ってきたのだろう。今後、同じようなケースが増える可能性もあり、押さえておきたいポイントのひとつである。レースが行われる阪神外回り1600mは、直線が長く急坂もあるため、高い瞬発力を求められる。速い上がりを確実に使えそうな馬を優先してチョイスしたい。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

朝日杯フューチュリティSステップレース

2018年11月17日() 東京競馬場/芝1800m
天候: 馬場:
1着 2 ニシノデイジー 勝浦正樹 1:46.6 38.4倍
2着 4 アガラス W.ビュイック ハナ 34.8倍
3着 5 ヴァンドギャルド C.デムーロ アタマ 7.9倍
4着 7 ヴェロックス C.ルメール ハナ 3.7倍
5着 9 ダノンラスター J.モレイラ 1 3/4 18.7倍
2018年11月10日() 京都競馬場/芝1600m
天候: 馬場:
1着 3 アドマイヤマーズ M.デムーロ 1:35.4 1.8倍 95.6
2着 7 メイショウショウブ 池添謙一 3/4 33.1倍 94.9
3着 9 ハッピーアワー 秋山真一郎 2 1/2 16.4倍 91.9
4着 8 ダノンジャスティス 川田将雅 1 3/4 3.9倍 89.6
5着 4 ドナウデルタ J.モレイラ ハナ 5.4倍 89.6
2018年11月3日() 東京競馬場/芝1400m
天候: 馬場:
1着 1 ファンタジスト 武豊 1:24.7 3.7倍 90.0
2着 5 アウィルアウェイ M.デムーロ ハナ 1.7倍 90.0
3着 6 カルリーノ 三浦皇成 25.7倍 87.4
4着 3 ココフィーユ 戸崎圭太 クビ 20.5倍 87.4
5着 7 アスターペガサス 福永祐一 クビ 6.4倍 86.6

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

朝日杯フューチュリティSの歴史と概要


2015年の優勝馬リオンディーズ

2歳牡馬・牝馬がマイルの舞台で、スピードと切れ味の完成度を競い合う。第45回(1993年)はナリタブライアンが、第49回(1997年)はグラスワンダーが、それぞれその後の活躍を約束する圧勝劇を演じている。第58回(2006年)はドリームジャーニーが豪快な末脚を繰り出して快勝。のちに有馬記念を勝つことになる同馬が、中山競馬場との相性の良さを早くも見せつけた。第67回(2015年)は、新馬戦を勝ったばかりの1勝馬リオンディーズが、断然人気のエアスピネルを差し切って勝利を飾り、このレースに勝てば「JRA平地G1完全制覇」(当時)だったエアスピネル鞍上・武豊の夢を打ち砕いた。

▼2015年はリオンディーズが勝利。エアスピネル鞍上・武豊の”JRA平地G1完全制覇”(当時)の夢を打ち砕いた。

歴史と概要をもっと見る >

朝日杯フューチュリティS昨年のBIGヒット予想家

去年の朝日杯フューチュリティSを見事的中させた予想家です。
今年もBIGヒットが期待される予想家の無料予想を枠順確定から発走直前まで続々と公開します!
無料予想は 会員登録(無料)するだけでご覧頂けます。

今すぐ会員登録(無料)する!

2017年12月17日(日) 16:18更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv 93 
2,630円 131,500円
Lv 89 
2,630円 131,500円
Lv 98 
700円 70,000円
Lv 97 
700円 70,000円
Lv 82 
700円 70,000円
 
700円 70,000円
Lv 96 
2,630円 65,750円
Lv 101 
700円 63,000円
Lv 102 
550円 55,000円
Lv 85 
550円 55,000円
Lv 100 

2,630円
550円
53,200円
Lv 103 
2,630円 52,600円
Lv 92 
2,630円 52,600円
Lv 98 
2,630円 47,340円
Lv 104 
550円 45,100円
Lv 92 

2,630円
700円
44,950円
Lv 92 
550円 44,000円
Lv 80 
550円 44,000円
 
550円 44,000円
Lv 81 
2,630円 42,080円

朝日杯フューチュリティSの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年11月17日(
東京スポーツ杯2歳S  G3
2018年11月18日(
マイルチャンピオンS  G1

競馬番組表

2018年11月17日(
3回福島5日目
5回東京5日目
5回京都5日目
2018年11月18日(
3回福島6日目
5回東京6日目
5回京都6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
88,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
86,512万円
3 レイデオロ 牡4
73,559万円
4 オジュウチョウサン 牡7
55,899万円
5 サトノクラウン 牡6
48,604万円
6 マカヒキ 牡5
48,298万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 ファインニードル 牡5
47,828万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
41,720万円
2 ワグネリアン 牡3
36,086万円
3 エポカドーロ 牡3
27,016万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 フィエールマン 牡3
17,886万円
6 ケイアイノーテック 牡3
17,668万円
7 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
8 ステルヴィオ 牡3
16,395万円
9 エタリオウ 牡3
14,754万円
10 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
» もっと見る