ドリームジャーニー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  鹿毛 2004年2月24日生
調教師池江泰寿(栗東)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者(有)社台コーポレーション白老ファーム
生産地白老町
戦績31戦[9-3-5-14]
総賞金84,797万円
収得賞金30,350万円
英字表記Dream Journey
血統 ステイゴールド
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
オリエンタルアート
血統 ][ 産駒 ]
メジロマックイーン
エレクトロアート
兄弟 オルフェーヴルリヤンドファミユ
前走 2011/06/26 宝塚記念 G1
次走予定

ドリームジャーニーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
11/06/26 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 1651015.6710** 牡7 58.0 池添謙一池江泰寿424(-18)2.11.5 1.435.4⑭⑮⑯⑮アーネストリー
11/04/03 阪神 11 産経大阪杯 G2 芝2000 15475.549** 牡7 58.0 池添謙一池江泰寿442(+8)1.58.9 1.134.9⑬⑬⑬⑫ヒルノダムール
10/12/26 中山 10 有馬記念 G1 芝2500 1661212.1413** 牡6 57.0 池添謙一池江泰寿434(+12)2.33.8 1.234.7⑬⑬⑬⑬ヴィクトワールピサ
10/09/26 中山 11 オールカマー G2 芝2200 10332.412** 牡6 59.0 池添謙一池江泰寿422(-6)2.11.4 0.034.5⑧⑧⑥⑥シンゲン
10/06/27 阪神 10 宝塚記念 G1 芝2200 188187.844** 牡6 58.0 池添謙一池江泰寿428(-6)2.13.3 0.335.9⑪⑪⑫⑫ナカヤマフェスタ
10/04/04 阪神 10 産経大阪杯 G2 芝2000 12681.213** 牡6 59.0 池添謙一池江泰寿434(-4)1.59.6 0.134.6⑪⑩⑪⑧テイエムアンコール
10/02/20 京都 11 京都記念 G2 芝2200 13573.523** 牡6 59.0 池添謙一池江泰寿438(+12)2.14.7 0.333.3⑧⑧⑦⑥ブエナビスタ
09/12/27 中山 10 有馬記念 G1 芝2500 16594.021** 牡5 57.0 池添謙一池江泰寿426(+4)2.30.0 -0.135.2⑮⑮⑭⑧ブエナビスタ
09/11/01 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 1861210.746** 牡5 58.0 池添謙一池江泰寿422(0)1.58.0 0.833.4⑰⑮⑭カンパニー
09/09/27 中山 11 オールカマー G2 芝2200 15592.612** 牡5 59.0 池添謙一池江泰寿422(-2)2.11.7 0.333.6⑦⑧⑦⑥マツリダゴッホ
09/06/28 阪神 10 宝塚記念 G1 芝2200 14697.121** 牡5 58.0 池添謙一池江泰寿424(-2)2.11.3 -0.334.3⑨⑩⑩⑩サクラメガワンダー
09/05/03 京都 10 天皇賞(春) G1 芝3200 186128.653** 牡5 58.0 池添謙一池江泰寿426(-2)3.14.7 0.334.9⑫⑫⑪⑦マイネルキッツ
09/04/05 阪神 10 産経大阪杯 G2 芝2000 12686.931** 牡5 57.0 池添謙一池江泰寿428(0)1.59.7 -0.034.0⑧⑧⑦⑥ディープスカイ
09/03/01 中山 11 中山記念 G2 芝1800 10556.242** 牡5 57.0 池添謙一池江泰寿428(-6)1.49.2 0.034.2⑨⑦⑧⑦カンパニー
09/01/25 中山 11 AJCC G2 芝2200 137113.218** 牡5 57.0 池添謙一池江泰寿434(+4)2.15.2 1.335.8⑬⑫⑩⑩ネヴァブション
08/12/28 中山 10 有馬記念 G1 芝2500 1471124.174** 牡4 57.0 池添謙一池江泰寿430(+10)2.31.9 0.435.9⑪⑬⑬⑨ダイワスカーレット
08/11/02 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 1781714.6410** 牡4 58.0 池添謙一池江泰寿420(+6)1.58.0 0.834.2⑰⑰⑯ウオッカ
08/09/15 阪神 10 朝日CC G3 芝2000 13571.711** 牡4 57.0 池添謙一池江泰寿414(-8)1.58.5 -0.134.2⑪⑨⑥⑤トーホウアラン
08/08/03 小倉 10 小倉記念 G3 芝2000 15234.221** 牡4 57.0 池添謙一池江泰寿422(+8)1.57.9 -0.534.4⑫⑫⑫ダイシングロウ
08/06/08 東京 11 安田記念 G1 芝1600 1881842.31110** 牡4 58.0 池添謙一池江泰寿414(-12)1.33.9 1.234.3⑰⑯ウオッカ

⇒もっと見る


ドリームジャーニーの関連ニュース

 フィリーズレビュー桜花賞の権利取りに挑むのが、全兄に三冠馬オルフェーヴルなどを持つ良血デルニエオールだ。前走で500万下を勝ったばかりだが、秘めている素質は一級品。この馬を出産した後に死んだ母オリエンタルアートに、繁殖牝馬として最多に並ぶ重賞17勝目を送るべく、全力投球でトライアルに臨む。

 ぴかぴかの良血馬が、桜花賞トライアルでひと足早く開花しようとしている。三冠馬オルフェーヴルやGI3勝馬ドリームジャーニーを全兄に持つデルニエオール。勢いに乗っての参戦だ。

 「能力の高さを感じるし、見た目も似ている。(追い切りも)いつも通りいい動きでした」

 兄2頭も管理した池江調教師が目を細める。良くも悪くも兄に似た面の持ち主。「悪い部分も似ています。気性の心配はありますから」と池江師は苦笑いも浮かべたが、能力は非凡だ。昨年9月阪神の新馬戦で鮮やかな差し切り勝ち。2戦目の白菊賞こそ4着に敗れたものの、前走の500万下を快勝して、重賞に駒を進めてきた。

 ドリームジャーニーの7勝、オルフェーヴルの9勝に加え、今回白星を挙げれば母オリエンタルアートの産駒はJRA重賞17勝目。ビワハヤヒデ、三冠馬ナリタブライアンの母パシフィカス産駒の史上最多記録に肩を並べる。偉大な母はデルニエオールを出産後に死んでしまっただけに、最後の産駒にかかる期待は大きい。

 「晩成タイプかもしれないけど、(能力は)今年の3歳牝馬の中ではトップクラスだと思っています」

 この血統を知り尽くしたトレーナーの言葉からも、期待の大きさが伝わる。ドリームジャーニーは2歳チャンピオンに輝いたが、本格化したのは古馬になってから。一方のオルフェーヴルも、素質を持て余して3歳の年明けまでは不安定な面が多かった。類いまれな成長力がこの血統の持ち味だ。今度は、妹が壁を突き破る番。桜花賞の切符を最高の形で手に入れ、偉大な母を日本一へと押し上げる。(山口大輝)

フィリーズレビューの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

【AJCC】ミライヘノツバサ飛躍の舞台 2017年1月18日(水) 05:05

 中山の日曜メインは伝統の古馬重賞アメリカジョッキークラブカップ(GII、芝2200メートル)。実績馬と上がり馬がぶつかる好カードとなったが、注目は中山芝2200メートルで3戦全勝と抜群の適性を誇るミライヘノツバサだ。ハイレベルな4歳世代の上がり馬で、管理する伊藤大士調教師(44)と、同馬の父ドリームジャーニーには重賞初Vがかかっている。

 4歳を迎えて本格化の予感だ。ミライヘノツバサ菊花賞13着以来だった前走の迎春S(1600万下)を2馬身差で圧勝。勢いそのままに重賞初制覇を狙う。

 「まだパドックでもうるさいし、手前も替えない幼さがあるんだけど、そのあたりに伸びしろを感じる。去年、皐月賞(12着)、菊花賞を使わせてもらったことが生きていると思う」

 伊藤大調教師が笑顔でうなずく。菊花賞有馬記念を制したサトノダイヤモンドをはじめ、17日の日経新春杯でも1、2、4、5着に入るなどハイレベルな4歳世代。そのトップクラスと戦ってきた経験が、地力強化につながってきた。

 その前走ではハイペースで飛ばす逃げ馬を早めに捕まえに行きながら、最後まで後続を寄せ付けない完璧な内容。「難しい展開だったけど、内田さんがこの馬を手の内に入れているのでしょう。時計も上がりも良かったと思う」とトレーナーは競馬ぶりを高く評価する。16キロ増で502キロだった馬体についても「減ったものが戻った感じ。本当はもう少し欲しいね」とさらなる成長を見込んでいるほどだ。

 今回も前走と同じ中山芝2200メートル。3戦3勝と抜群の相性を誇る舞台で、期待は高まるばかりだ。「(父が)ステイゴールドの血統だから、中山のこの条件が合うのかもしれないね」と指揮官も舞台適性の高さを感じている。

 開業9年目で迎えたJRA重賞初制覇のチャンスにも、伊藤大師は「地道に行きますから」と自然体を崩さない。勝てば父ドリームジャーニーにとっても初の重賞タイトル。充実一途の4歳馬ミライヘノツバサが明るい未来へ大きく羽ばたく。(板津雄志)

AJCCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【2歳新馬】ジェベルムーサの弟アルカサルがV 2015年12月12日() 12:22

 12日の中山5R2歳新馬(芝1800メートル)は、田辺裕信騎手騎乗の2番人気アルカサル(牡、美浦・大竹正博厩舎)が道中早めに動いて直線の競り合いを制し、デビュー勝ちを飾った。タイムは1分52秒6(良)。

 人気のポンテファブリチオが先手を取り、コスモリンクスが2番手。3番手にウインラングロワが続き、序盤はかなりのスローペースとなる。この流れを踏まえて、向こう正面で中団の外にいたアルカサルが早めに進出。3コーナーを回ったところで前の2頭に並びかけた。その直後にマヤノピナクルも接近して直線へ。先に抜け出したアルカサルと外から迫るマヤノピナクルが3番手以下を離して叩き合いを演じたが、最後までアルカサルは先頭を譲ることなく、クビ差で新馬勝ちを決めた。2着は3番人気のマヤノピナクルで、新種牡馬ドリームジャーニー産駒のワンツーフィニッシュ。さらに2馬身1/2差の3着には5番人気のスイートメモリーズが入っている。

 アルカサルは、父ドリームジャーニー、母アビラ、母の父Rock of Gibraltarという血統。半兄ジェベルムーサはGIIIエルムSの勝ち馬。祖母Animatriceは仏GIIマルレ賞の勝ち馬。

 田辺騎手は「まだ体が緩くて、新馬向きじゃないかも…と思っていました。スローペースで早めに先行集団に取りついて、(後続馬に)抜かされる気はしませんでしたね。ダートでもよさそうなので、いろんな選択肢がありそうです」と完成途上での新馬勝ちに幅広い可能性を感じている様子だった。

★12日中山5R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【ベゴニア賞】ニシノジャーニーが差し切り勝ち 2015年11月29日() 13:25

 29日の東京7Rベゴニア賞(2歳500万下、芝1600メートル)は、アンドレアシュ・シュタルケ騎手騎乗の8番人気ニシノジャーニー(牡、美浦・根本康広厩舎)が差し切って快勝。新種牡馬ドリームジャーニー産駒として初のオープン馬となった。タイムは1分34秒0(良)。

 マイネルハニーがダッシュ良く先手を取り、よどみないペースでの逃げ。離れた2番手にティソーナがつけて、ファジーネーブルもその後ろに続く。人気のルノートルもレース中盤から徐々に前との差を詰めて3番手まで進出した。マイネルハニーは快調に逃げて直線に向いても後続とのリードを保っていたが、坂を上がったところで外から2頭が猛追。2番手からティソーナも迫ってきたが、そのさらに後ろからグイグイ伸びてきたニシノジャーニーがまとめて2頭をかわし、鮮やかな差し切り勝ちを演じた。1/2馬身差の2着が3番人気のティソーナ。さらに1馬身1/4差の3着が2番人気のマイネルハニーだった。

 ニシノジャーニーは、父ドリームジャーニー、母ピュアーフレーム、母の父Silver Deputyという血統。通算成績は4戦2勝となった。

 シュタルケ騎手は「スタートが良く、折り合いがついて中団で流れに乗れました。この馬のリズムで脚をためて、いい内容でしたね。モタれる癖を事前に聞いていたので、内でうまく矯正できました。体は小さいですが、いい切れ味を持っていますね」と父譲りの小柄な体と抜群の決め手を評価していた。

[もっと見る]

【新種牡馬連載(8)】ドリームジャーニー 2015年7月20日(月) 12:15

(1)競走成績 日本で2~7歳時に31戦9勝。新馬-芙蓉Sと連勝し、東スポ杯2歳S3着を挟んで臨んだ朝日杯フューチュリティSを鮮やかに差し切り勝ち。最優秀2歳馬に輝いた。3歳時は神戸新聞杯を制したものの、3冠レースでは8、5、5着と壁にはね返され、その後もやや低迷したが、4歳夏の小倉記念Vをきっかけに復調。この年は重賞2勝を挙げ、有馬記念でも4着に食い込んだ。5歳時はその末脚にますます磨きがかかり、産経大阪杯を勝ち、天皇賞・春3着を経て臨んだ宝塚記念で2度目のGI制覇。暮れの有馬記念でも先に抜け出したブエナビスタを豪快に差し切り、春秋グランプリ制覇を成し遂げた。勝ち星はこれが最後となったが、小柄な体で7歳春まで走り続けるタフな競走生活を送っている。

(2)血統 父ステイゴールド、母の父メジロマックイーンという“黄金配合”の先駆けとなったが、この馬のデビュー段階では、決して目立つ血統馬ではなかった。しかし、今となっては全弟オルフェーヴルの輝かしい競走成績や、同じ配合を持つゴールドシップの活躍もあり、高評価の対象となっている。成長力に富む配合で、気難しさを内包するのは否めないが、スケールの大きさには太鼓判を押せる血統構成だ。

(3)適性診断 文句なしに芝の中長距離向き。繁殖牝馬の質によっては早い時期からの活躍も見込めるが、基本的には2歳戦には不向きで3歳春以降、古馬になってさらに成長していくタイプが多く出るだろう。本馬自身、440キロに達したのは7歳になってからの1度だけ。小柄な馬体だったこともあり大きな故障はなかったが、ダートが向くことは考えにくい。活躍の場は中央競馬が大半となりそうだ。

(4)初年度産駒 中京の新馬戦で鮮烈な勝ち方を演じたエスティタート(栗東・松永幹夫厩舎、牝)は注目の的。兄フラガラッハが重賞2勝という血統背景もさることながら、初戦で見せた父譲りの決め手は大いに注目されるところだ。その一戦を含め、ここまでにデビューした4頭のうち3頭は新馬戦で掲示板を確保している。晩成タイプという基本的な指向を考えれば上々の滑り出しといえるだろう。他にもジェベルムーサの弟アルカサル(美浦・大竹正博厩舎)は期待される存在。初年度産駒は決して多くないが、今後その注目度が急上昇する可能性は十分にある。ちなみに、本稿の段階で地方競馬に馬名登録されている馬は1頭もない。これもまた、小柄で、極上の切れ味を武器にしたドリームジャーニーらしさといえるだろう。

[もっと見る]

【2歳新馬】良血エスティタートが父の産駒初V! 2015年7月5日() 13:02

 5日の中京6R2歳新馬(芝1400メートル、牝馬限定)は、武豊騎手騎乗の1番人気エスティタート(栗東・松永幹夫厩舎)が直線狭くなるシーンがありながらも、最後は力の違いを見せつける内容で完勝。新種牡馬ドリームジャーニー産駒としてJRA初勝利をマークした。タイムは1分24秒7(重)。

 ブンブンブラウが先手を取ってマイペースの逃げを打つ。エキドナが2番手に続き、イイデシロが3番手を追走。人気のエスティタートは4番手でインを進んだ。淡々とした流れのままブンブンブラウが先頭で直線へ。エスティタートはインから抜け出しを図るが、前と外に馬がいて、なかなか出られない形となる。しかし、スペースを見つけるとあっさりと抜け出し、逃げるブンブンブラウを楽々ととらえてV。着差以上の楽な内容で、素質の高さを強くアピールした。3/4馬身差の2着は7番人気のブンブンブラウ。さらに1馬身1/2差の3着が5番人気のエキドナだった。

 エスティタートは、父ドリームジャーニー、母スキッフル、母の父トニービンという血統。兄フラガラッハ中京記念を2勝している。現役時代に有馬記念宝塚記念、朝日杯フューチュリティSを制した父ドリームジャーニーにとっては産駒のJRA初勝利となった。

 武豊騎手は「調教は動いていましたが、実戦へ行ってどうかと思っていました。ちゃんと走ってくれましたね。この血統なのでイレ込みを心配していましたが、思いのほか大丈夫でした。きょうは最後だけ本気で走っています。小さいけど良い走りをしますね」と着差以上の強い勝ち方を見せたパートナーを高く評価していた。

★5日中京6R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

ドリームジャーニーの関連コラム

閲覧 34,231ビュー コメント 0 ナイス 3



「完璧な配合」をまた攻めてみます。

完璧な配合とは、面白い配合と見事な配合が同時に成立したもの。『ダビスタ(セガサターン版)』から存在していますが、当初は特別な呼び名はなく、両方成立していても片方だけ(優先順位の高い見事な配合のほうだけ)コメントされる……というものでした。

これが『ダビスタ64』になると「見事に面白い」とコメントされるようになります。『ダビスタアドバンス』では「これはもしかして!!!」といわくありげなコメントをされます。そして『ダビスタ04』からは「完璧な配合」という名前になりました。


▲『ダビスタアドバンス』の見事な配合+面白い配合。



いずれにしても、単に面白い配合と見事な配合の効果を併せ持つだけで、ニトロ指数全盛の過去のシリーズでは重要視されない存在でした。

それが『ダビマス』では何かありそうな感じがします。そこで、完璧な配合の実例をまたひとつ紹介します。



初代でできる強力な配合

配合はドリームジャーニー×メゾンフォルティー。ドリームジャーニーは★4の種牡馬、メゾンフォルティーはイベント「名牝ブルードメアセール」で登場した繁殖牝馬です。

うちの牧場ではドリームジャーニーはまだ入手できていないので、友人の牧場のデータをお借りしました。





この組み合わせは、完璧な配合+底力クロス1本が成立します。

従来どおりであれば、見事な配合の効果で底力クロスが増幅され、面白い配合の効果で根性が底上げされる……つまり根性のみが補強される配合ということになります。

実際に生まれた仔の能力を以下にまとめました。左から順にスピード、スタミナ、根性、気性、体質の解析評価です。

B A B C C
B C B B B
B C B B C
B C B C B
B C B C B
B C B C B
B C B C C
B C C C B
B C C C C
B C C C C
B C C D C
B D B C C
C C B C B

根性だけでなく、スピードとスタミナもかなり高めです。

ドリームジャーニーは距離適性が長めで、母メゾンフォルティーは最高額クラスのスタミナ型牝馬だから、スタミナが全体的に高いのはわかります。

が、スピードは能力アップ要素がないのにほぼB以上という結果に。ちなみにメゾンフォルティーに他の種牡馬を付けても、そうそうスピードBは出ませんでした。

完璧な配合によって何らかの底上げがされている……と見ていいかもしれません。


▲スタミナがAまで跳ねた産駒も……!



★ダビスタ名人・横井顕もリアルタイムで遊んでいる「ダービースタリオン マスターズ」をいますぐダウンロード →
iOS版 / Android版




○執筆者プロフィール
横井 顕(よこい・けん)
 ゲームが趣味かつ仕事のフリーライター。1994年に『ダービースタリオンⅡ』の公式全国大会で優勝し、以後ゲーム攻略記事に携わる。『ダービースタリオンⅢ全書』(アスキー出版)、『ダービースタリオン96全書』(アスペクト)など90年代の作品から、最近の『ダービースタリオンGOLD全書』(KADOKAWA)まで、シリーズ全般の攻略記事を執筆。現在は最新作『ダービースタリオンマスターズ』をプレイし、本サイトで攻略コラムを公開中。


登録済みの方はこちらからログイン

2013年6月19日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 ~第241話宝塚記念(謎解き編)~
閲覧 285ビュー コメント 0 ナイス 7

第241話 「宝塚記念


08年 35.5-62.5-37.3 =2.15.3 ▼ 1±0△7 平坦戦 重
09年 34.7-61.4-35.2 =2.11.3 ▼ 6△2△3 瞬発戦
10年 34.8-61.7-36.5 =2.13.0 △ 2▼2△6 平坦戦 稍重
11年 33.6-61.3-35.2 =2.10.1 ▼ 5△2△3 瞬発戦
12年 34.3-61.3-35.3 =2.10.9 ▼10±0△5 瞬発戦

コース適性【瞬5平4消1】という通りで過去5年では瞬発戦3回、平坦戦2回となっています。
そしてその傾向通り瞬発力+底力というのが宝塚記念を制する上で重要なファクターになるのは間違いありません。
グランプリレースですから。
テン速く上がり掛かる展開がスタンダードで勝ち馬の上がりは35秒前後で、ハイペースでも粘りこめる先行馬か3~4コーナーを上手く回ってこれる機動力のある差し馬が有利だと思われます。
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
エイシンデピュティ 【瞬3平8消1】
ドリームジャーニー 【瞬7平1消0】
ナカヤマフェスタ  【瞬4平1消0】
アーネストリー   【瞬4平6消0】
オルフェーヴル   【瞬6平4消0】
2着馬
メイショウサムソン 【瞬9平6消0】
サクラメガワンダー 【瞬10平0消0】
ブエナビスタ    【瞬5平4消0】
ブエナビスタ    【瞬8平5消1】
ルーラーシップ   【瞬6平3消0】

ラップギアの適性よりも2着馬の名前を見渡すと「外回り向きの馬は2着止まりなんだなぁ」と感じたのが第一印象。
勝ち馬ではドリームジャーニーナカヤマフェスタの平坦戦実績が不足している様に見えますがドリームジャーニーは戦績が内回りコース>外回りコースという馬。
ナカヤマフェスタは外回りコースでも勝利はしていますが勝利した最も格の高かったレースがセントライト記念の▼1△3△2という平坦戦でした。
ラップギアの数値だけで絞り込むのは厳しいかもしれません。
とにかく外回り向きの馬は2着までと思って予想するのがベターな気がします。

今年は登録12頭ですがオルフェーヴルは回避なのでフルメンバーでも11頭と少頭数のレースになりそうです。
中心となるのは3強と言われるゴールドシップジェンティルドンナフェノーメノの3頭。
この3頭の取捨選択がポイントになるはず。

ゴールドシップ
皐月賞有馬記念を勝っていますが機動力に長けた馬ではなくスタミナと持続脚で大マクリを決めてきた馬。
テンの脚がないので毎回後方の位置になるのがマイナスで春天ではまさに展開負けとなって結果でしょう。
例年の傾向からすれば適性としては2着候補。
しかし、開催後半で外差し馬場になる可能性が高いし週末は雨が降り続く天気予報でその点はプラス材料。

ジェンティルドンナ
桜花賞オークス、JCを勝利しているので外回り向きの馬と言えるかもしれませんがレース振りを見るとあまりそういう印象はしません。
この馬の最大の特徴は▼10を超えるような大きな加速力。
秋華賞もJCも平坦戦となっていますが逃げた馬と2番手の馬は4コーナーでは大きく離れていたレースでジェンティルドンナの上がりは33.1秒と32.8秒というもの。
11~12秒台から一気に10秒台のラップが刻める馬なのだと思われます。
結論を言ってしまうとこの馬が本命。
こういう脚が使える馬は宝塚の舞台は最適だと思います。
課題はドバイ帰りということだけ。
不良馬場は新馬戦で負けていますが前走のドバイでは勝ち時計が2.27.7と掛かるレースを2着してるのでパワーは兼備されているはず。

フェノーメノ
3歳の春までは戦績的にも東京>中山という馬でしたがステイゴールド産駒らしく秋以降パワーUPしたのでしょう。
春さっぱりだった中山コースのセントライト記念を快勝すると秋天2着、そして春天勝利とGⅠ馬の仲間入りとなりました。
3歳秋以降、位置取りも前に付けれるようになったのもパワーUPした証だと思います。
器用に立ち回れる馬というイメージでどちらかといえばジェンティルドンナに近いタイプに感じます。
蛯名Jがジェンティルドンナの方を気にするのか?ゴールドシップの方を気にするのか?というのもポイントになりそう。


「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
ジェンティルドンナゴールドシップフェノーメノ
ゴールドシップが4角でマクリかかったところでジェンティルドンナが加速力で突き放す、というレース展望と予想します。
3強の1角を崩すとすれば重不良1-0-0-0でAJCCの勝ち馬ダノンバラードぐらいか。
トーセンラーはコース替わりはマイナスとみます。


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2013年3月27日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 ~第229話大阪杯(謎解き編)~
閲覧 277ビュー コメント 0 ナイス 6

第229話 「大阪杯


08年 35.5-48.4-34.8 =1.58.7 ▼5△1△ 1 瞬発戦
09年 36.0-48.9-34.8 =1.59.7 ▼2▼7△ 5 瞬発戦
10年 36.0-48.1-35.4 =1.59.5 ▼1△2△ 5 平坦戦
11年 35.8-46.7-35.3 =1.57.8 ▼3△5△ 4 平坦戦
12年 39.1-51.1-35.3 =2.05.5 ▼4▼7△10 瞬発戦 稍

ラスト4F目→3F目は過去5年全て加速が生じる瞬発戦か平坦戦というレース傾向。
ここは4コーナー区間なので(当たり前かもしれませんが)内回り向きの機動力があった方がベターでしょう。
とはいえ多くのGⅠクラスの馬がステップレースとして出走しているので外回り向きの馬でも十分勝ち負けしています。
「叩きレース」という意味合いが強いのでテンから飛ばすことはあまりなく基本後傾ラップで若干前有利となっています。
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
ダイワスカーレット 【瞬8平1消0】
ドリームジャーニー 【瞬6平1消0】
テイエムアンコール 【瞬7平4消1】
ヒルノダムール   【瞬3平4消0】
ショウナンマイティ 【瞬4平1消0】
2着馬
エイシンデピュティ 【瞬2平7消1】
ディープスカイ   【瞬7平3消0】
ゴールデンダリア  【瞬5平1消0】
ダークシャドウ   【瞬4平0消0】
フェデラリスト   【瞬2平2消1】

瞬発戦実績が重要という傾向です。
但し、出走馬の大半はこのタイプになってしまうかも…。
ということなのでこのレースは馬の適性だけで予想するのは困難と思われます。
偏りのあるデータがいくつかあるのでまずはそこをチェックします。

【枠順別成績】
1~4枠 0-0-2-21 勝率 0.0% 連対率 0.0% 複勝率 8.7%
5~8枠 5-5-3-26 勝率12.8% 連対率25.6% 複勝率33.3%

とにかく外枠有利です。
毎年大阪杯の週からA→Bコースに変わります。
内回りコースを1周ちょっと走るコースレイアウトで外の馬場の方が使われていない分走りやすいのだと思われます。
過去10年で見ても4枠より内で勝利したのは07年のメイショウサムソンしかいません。

【斤量別成績】
57kg以下 5-4-1-36 勝率11.1% 連対率20.0% 複勝率22.2%
58kg以上 0-1-4-11 勝率 0.0% 連対率 6.3% 複勝率31.3%

斤量が58kg以上は実績馬ということなのですが3着が多いため複勝率は高くなっていますが実はあまり勝ちきれていません。
58kg以上だった16頭のうち11頭は休養明けだったというのも敗因の一つでやはりGⅠ前の一叩きという意味合いが強いのでしょう。
過去10年で見ても58kg以上の馬は2-3-6-20となっていてやはりイマイチです。
ここで注目なのは年齢です。

【斤量58kg以上だった馬の年齢別成績】
4歳   2-2-2- 4 勝率20.0% 連対率40.0% 複勝率60.0%
5歳以上 0-1-0-16 勝率 0.0% 連対率 5.9% 複勝率 5.9%

馬の成長度からすればピーク中であろう4歳馬は58kg以上でも問題ないが5歳以上となると割り引きが必要でしょう。
ちなみに5歳馬以上唯一の連対馬は03年のマグナーテン(出走時7歳)で暮れのJCを4着、前走AJCCを1番人気1着という晩成馬なのでレアケースかもしれません(晩成タイプは注意)

【前走クラス別成績】
GⅠ~GⅡ 4-3-5-18 勝率13.3% 連対率23.3% 複勝率66.7%
GⅢ以下  1-2-0-29 勝率 0.3% 連対率 9.4% 複勝率 9.4%

実績馬の成績がイマイチとはいえ流石に別定GⅡのレースだけに格はソコソコあった方がベターという傾向で前走GⅡ以上のクラス出走の方が優秀です。

これらをまとめると、瞬発タイプ、斤量が57kg以下(4歳馬を除く)、前走GⅡ以上、という馬は
アスカクリチャンショウナンマイティダークシャドウローズキングダムヴィルシーナ
の5頭です。
オルフェーヴルの名前がありませんが過去の傾向からすれば「あって2着」となっています。
規格外の馬なのは確かなので流石に無印はどうかなぁ。
が、その昔01年のこのレースで前年無敗を通したテイエムオペラオーが5歳になった初戦、単勝1.3倍の圧倒的人気に支持されながら4着に敗退しトーホウドリームエアシャカールで大波乱(馬連38.890円)となったケースもあります。
オルフェ、いつ消すか?今ごにょごにょ…(圧倒的な人気馬なので大きな声ではちょっと)
内回り2000mは初めての出走ですがドリームジャーニーの下だけあって適性的には全く問題はないと思います。
オルフェーヴルはギャンブル的には消しなんですが以後のGⅠでの盛り上がりを考えると勝ってゴールドシップと対戦させたいですよねぇ。

穴は上記にも名前が挙がったアスカクリチャン
このレースは血統的には母父ノーザンテースト系が多く馬券になっています。
ノーザンテーストでなくてもノーザンダンサー系を含む血統の馬が多いですし2度馬券になっているドリームジャーニーはノーザンテーストの4×3なんです。
つまりオルフェーヴルも同じなんですけど…。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
オルフェーヴルヴィルシーナダークシャドウ
このレース連対経験があるショウナンマイティダークシャドウですが基本的には外回り向きの馬だと思うので評価を下げました。
ヴィルシーナは自由自在な馬で内回り向きの機動力があります。
でも個人的にはなんとなくこの手の馬には一度横山Jに騎乗してもらいたいなぁと感じます。
もちろん内田Jが下手という訳ではないのですが、優等生のこの子には熱血教師のウチパクさんよりも人当たりのいいノリさんが担任の方がいいんじゃないかと(>あくまでイメージです)

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2011年6月26日() 20:56 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 ~第122話宝塚記念(解決編)~
閲覧 309ビュー コメント 0 ナイス 4

12.3-10.5-10.8-12.7-12.4-12.1-12.1-12.0-11.5-11.7-12.0 =2.10.1
(33.6-61.3-35.2) ▼5△2△3 瞬発戦

これといった逃げ馬不在のメンバーでしたが和田J佐藤哲Jが1&2枠で前に行ける馬に乗ってるんだからやっぱりスローってことはありませんでしたね。
というぐらい厳しいレース展開。
テン、中、終い、どれを取っても速い時計でレコード決着も納得のレース内容。
(但し、今週の阪神の芝は高速馬場となっていたので時計が速いのは当たり前といえば当たり前かもしれません)

とにかくペースが速く、それでいて溜める区間が全くない展開だったので追走スピード(地脚)がない馬はノーチャンスだったでしょう。
このファクターで最上位評価だったのが勝利したアーネストリー
それが遺憾なく発揮できたレースで、その象徴と言えるのが4コーナー回っての▼5の加速。
ハイペースで走って来てのこの数字はかなり凄いです。
この加速で後続を突き放した時点で勝負ありでしたね。
秋はどこに向かうのか?秋天か?海外か?
個人的には昨年出走出来なかった有馬記念には元気な姿を見せてほしいと思います。

今年はグラスワンダーの仔がスペシャルウィークの仔に勝った宝塚記念となりました。
こういう結果を見ると時代は変わっても宝塚記念は宝塚記念なんだなぁと思いましたね。

ブエナビスタは昨年同様2着。
というかJCで降着になってからはどうにも歯がゆい結果が続きます。
能力の衰えが囁かれ始め馬体重も+12kgと何となく凡走の気配があった今回のレースでしたがなんのなんの。
いつも通りのブエナビスタでした。
内回りは未勝利戦以外勝ったことがない馬(=不得意なコース)なのでこのレース2着とはいえ現状は全く問題ないと思えます。
昨年の有馬記念を見ているかの様な追い上げで、あの位置から2着まで突っ込んで来るんだから流石だなぁと。

3着はエイシンフラッシュ
完敗の3着でした。
どうしてもあと一歩届かないレースが続きますが、まだまだ4歳馬。
今後もチャンスはあるでしょう。
昨年の秋はイマイチの状態だったので今年の春の様な状態で秋の府中に挑んで欲しいと思います。

2番人気のルーラーシップは5着。
出遅れも確かに痛かったですが逆に言えばこれのおかげで4コーナーでは外に出すことが出来た訳でマイナスばかりではなかったはず。
ブエナビスタよりも不得意なコースでこのメンバーでこの速いペースになってしまうと4コーナーでマクルことすら出来ず完敗も仕方なしといったところだと思います。
秋の府中なら主役をはれるはずです。

私の夢だったドリームジャーニーは10着と惨敗。
今回で引退のようです。
私の予想は外れましたが、結果的に引退レースでドリームジャーニーを無印にしなくて良かったと思います。
ドリームジャーニーお疲れ様、バトンは弟へ。
こういうのも競馬なんですよね。
引退記念に画像を貼り付けておこう。


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2011年6月25日() 07:00 【U指数】3連複プリンセス
【宝塚記念】いよいよ夏のグランプリレースです!
閲覧 241ビュー コメント 0 ナイス 3

みなさん、おはようございます!
すっかり蒸し暑くなりましたが、暑さに負けずに今週も元気に頑張りましょう♪

さて、AMラジオ1242ニッポン放送の看板番組「徳光和夫 とくモリ!歌謡サタデー」の番組内で、毎週土曜日、午前7時の時報を合図にスタートする人気コーナー「勝負一発、徳さんの夢プレゼント」は聴いてくれてるよね!?

このコーナーは、番組中で発表した徳光さんか私、三連複プリンセスの予想が的中すれば、獲得払戻金の全額が1名にプレゼントされる超おトクな企画ですので、ぜひ毎週チェックしてくださいね!

そうそう、春の天皇賞では、私、3連複プリンセスの3連複が的中して、番組の視聴者に12万7650円をプレゼントしたんですよ!

でも先週のマーメイドS予想では、13番人気の3着馬が抜けていたので外れてしまいました・・・(涙)
今週の宝塚記念は雪辱を期してがんばります!

ちなみに、番組では、徳光さんが、いつも3連単のボックスで穴馬6頭を選んで、1点100円で120点の馬券を買います。

私はいつものようにU指数の高い6頭から3連複ボックスで。番組向けに1点500円で20点、全部で1万円の馬券を買っちゃいます!

どちらが的中しても好配当がプレゼントできそうですよね♪


では、今週のグランプリレース・宝塚記念の予想を発表します!


■6月27日(日)阪神競馬場
11R 第52回 宝塚記念 GI
芝・右 2200m サラ系3歳以上オープン (国際)(指定) 定量

=====================
3連複プリンセスの勝負予想!
======================
阪神競馬場で行われる夏のグランプリレースに豪華なメンバーが揃いました。
今年は年度代表馬の女傑ブエナビスタVS4歳世代という図式と言われていますが、ウマニティのU指数では、指数1番手のブエナビスタから6番手のアーネストリーまでの指数差が僅か「2.0」ですので、それほど実力差はないようです。
確かに4歳勢はハイレベルですが、古豪ドリームジャーニーの復活劇、5度の骨折を克服した不屈のシンゲンの頑張りにも期待したいです。


(予想印・馬名・U指数)
◎ 8番ブエナビスタ 102.9
○10番ドリームジャーニー 102.0
▲ 3番ルーラーシップ 101.8
△14番トゥザグローリー 101.1
△12番シンゲン 101.0
△ 2番アーネストリー 100.9

(夢馬券)
3連複6頭ボックス

2、3、8、10、12、14

(各500円×20点=合計10,000円)



一方、大穴予想・徳光さんの買い目は、
いつもの通り3連単6頭ボックスです!

=====================
大穴予想 徳光さんの勝負一発予想!
======================

(夢馬券)
3連単6頭ボックス

【ユミリーさんのアドバイスを聴いて急きょ徳光さんが変更!!】


1、4、7、9、11、14


(120点×各100円)

買い目合計=12,000円


徳光さんの特大の一発がでるといいですね!

[もっと見る]

2011年6月22日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 ~第121話宝塚記念(謎解き編)~
閲覧 365ビュー コメント 0 ナイス 6

第121話 「宝塚記念

07年 33.5-62.0-36.9 =2.12.4 ▼7▼1△2 瞬発戦 稍重
08年 35.5-62.5-37.3 =2.15.3 ▼1±0△7 平坦戦 重
09年 34.7-61.4-35.2 =2.11.3 ▼6△2△3 瞬発戦
10年 34.8-61.7-36.5 =2.13.0 △2▼2△6 平坦戦 稍重

良馬場開催が09年だけとなっていて梅雨時でもありタフな馬場になるケースが多いのがこのレース。
良馬場の09年以外の上がりを見ると全て36秒以上掛かっています。
この数字だけ見てもこのレースのタフさが分かるでしょう。
今年も雨予報となっていて例年通りとなりそうです。
良馬場となれば若干瞬発力が問われることになりますが稍重以上に馬場が渋った場合は「底力」が最重要ファクターとなるでしょう。

簡単な目安とすれば阪神内回りor中山の中距離重賞実績がある馬が狙い目となります。
有馬記念は長距離ですがレースランク上とみてここに入れます)

(Aランク)
ドリームジャーニー 宝塚記念1着、有馬記念1着、大阪杯1着
(Bランク)
ブエナビスタ 宝塚記念2着、有馬記念2着
アンライバルド 皐月賞1着
(Cランク)
アーネストリー 宝塚記念3着
エイシンフラッシュ 皐月賞3着、大阪杯3着、京成杯1着
トゥザグローリー 有馬記念3着
(Dランク)
シンゲン オールカマー1着
トーセンジョーダン AJCC1着

ランクは私が勝手に決めました。
「ブエナvs強力4歳勢」という構図になりそうな今年の宝塚記念ですが、適性とすればやはりドリームジャーニー
4歳勢の中でも最も宝塚向きだと思われたヴィクトワールピサとヒルノダムルールが共に出走して来ないという状況なのでドリームジャーニーが割って入ってくる可能性はあると思います。
脚部不安があってコース追い切りが出来ず、前走は過去最も重い442kgという馬体重でした。
当日420kg台まで絞れてくれば勝負可能とみます。

ルーラーシップの名前がここにはありませんが外回り向きの馬で阪神芝22コースは割引が必要でしょう。
・・・なんだけど、前走の圧倒的パフォーマンスを見てしまうと適性を跳ね返して勝利してしまうという可能性も否定できません。

さて、今年の春シリーズを振り返ってみるとなんだかんだ言ってポイントとなるのが大阪杯だった気がします
レコード決着となった今年の大阪杯ですがいわゆる出世レースで、1着3着のヒルノダムールエイシンフラッシュは次走春天でワンツー。
2着ダークシャドウエプソムCを圧勝などなど多くの馬が好走しています。
出走馬の次走の成績が今のところ3-3-1-5で勝率25%、連対率50%という数字。
ドリームジャーニーも実は大阪杯出走組。
元々阪神内回り中距離重賞ということで関連性も高いレースですしね。

・・・ということで(>無理やりこじつけでは?)
「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
ドリームジャーニールーラーシップエイシンフラッシュ

あなたのそして私の夢が走っています。
あなたの夢はブエナかルーラーか。
私の夢はドリームジャーニーです。

正直不安要素は他にもあります。
でも、いーんです。
だって宝塚記念なんだから。


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ドリームジャーニーの口コミ


口コミ一覧

池おめ。1100勝!

 tntn 2018年8月28日(火) 00:47

閲覧 157ビュー コメント 45 ナイス 230

**********************************
土曜朝から1番人気に騎乗して勝利するなど。。。
珍しい新潟参戦の池添ジョッキーは違ってた。
まるで水を得た魚。。。池で泳ぐ元気な謙一!ヾ(ーー )

1100勝に5勝としながら、参戦した新潟競馬場。
ずっと乗っていた札幌開催では。。。
2勝どまり。。。期待した馬でもコケる感じのイメージしかなかった。

ただ、土曜に3勝して1098として
日曜2Rで2番人気で勝利して、1099!

--------------------

続く3レース。6枠11番ルソンデュレーヴに騎乗。
2番手でびったり追走。直線で前にでますが、外から石川騎手鞍上カエデが前に。。。
ただ粘り盛り返し、クビ差先着!

11番で1100勝。。。どかで聞いたよな。。。ヾ(ーー )JRA

--------------------

インタビューでは、豊会長の言葉。。。国内4,000勝の味!ヾ(ーー )

「「まだうまくなりたい」あの人が言うのだから、それ以上に強いを思いを持たねば!」

その他。。。騎手としての葛藤と喜びが入り混じる。。。

あと新潟で重賞を勝っていないことに触れ「さっさと決めます!」と。。。来週決める!ヾ(ーー )

--------------------

これまで21年間。一線で活躍!
G1勝利も22個を数えます!
また。。。
「この人にこの馬あり」と言いますが。。。たくさん名馬に乗ってます。

デュランダル
スイープトウショウ
ドリームジャーニー
オルフェーヴル
ショウナンパンドラ
シンハライト

などなど。。。
ドリームジャーニーでは、クラシック3冠を達成!

--------------------
おめでとうございま~す!ヽ(^o^)丿

来週も新潟の池で泳ぐ元気な謙ちゃんに、ご注目!ヾ(ーー )

***********

菜七おめ。記録更新!

https://umanity.jp/home/view_diary.php?id=e34951eeb1&owner_id=4a85df85ef

**********************************

 ユウキ先生 2016年12月23日(金) 20:45
☆有馬記念パート9(ヤマカツエース・グランプリ男を背に!)☆
閲覧 88ビュー コメント 0 ナイス 3

これまで4つの重賞を制している馬☆

ヤマカツエース♪

ニュージーランドT・福島記念・中山金杯・金鯱賞!!

今回も鞍上には心強いジョッキーが(^^♪

池添騎手~~~

これまでグランプリと言われる宝塚記念と有馬記念を計6勝もしています♪

スイープトウショウでの宝塚記念☆

ドリームジャーニーでの宝塚記念☆

ドリームジャーニーでの有馬記念☆

オルフェーヴルでの宝塚記念☆

オルフェーヴルでの有馬記念×2回☆

『グランプリ男を背に』今年は下剋上を虎視眈々と狙っています(*^-^*)

[もっと見る]

 グリーンセンスセラ 2016年11月11日(金) 03:05
レインボーラインもジャパンカップ 
閲覧 142ビュー コメント 0 ナイス 2

3歳最強の「オールラウンダー」レインボーラインもジャパンカップ参戦! 父の「鬼門」となる舞台で、鍵となるのは「鞍上」?━Gambling Journal ギャンブルジャーナル /2016年11月10日 19時04分00秒
http://biz-journal.jp/gj/2016/11/post_1766.html

 すでにディーマジェスティ(牡3 美浦・二ノ宮厩舎)、ビッシュ(牝3 美浦・鹿戸厩舎)と2頭の3歳馬が出走を予定している27日のジャパンカップ(G1)。ここへきて、さらに有力な3歳馬が出走を表明した。

 その名はレインボーライン(牡3 栗東・浅見厩舎)。今年のNHKマイルC3着、札幌記念3着、菊花賞2着と距離場所問わず活躍する世代最高レベルのオールラウンダーである。

 前走菊花賞では後方から一気の末脚で他馬をごぼう抜き。別次元の脚を使った勝ち馬サトノダイヤモンドには届かなかったが、うまくインでレースを進めたエアスピネルはきっちりと差し切るあたり、どのような状況でも結果を残す能力は誰もが知るところ。

 ただ、どの状況でも結果を残せる分、「最適距離」というのが未だに不明確なのも同馬である。マイルで好走、長距離でも好走となれば、ベストが中長距離の2400m、という見方はさすがに安易かもしれない。

 レインボーラインはステイゴールドの産駒である。ステイゴールドといえばオルフェーヴルにゴールドシップ、フェノーメノにドリームジャーニーと一流の名馬を多数輩出したスーパーサイアーだが、「東京2400m」でいえば、G1勝利したのはオルフェーヴルの日本ダービーのみ。ゴールドシップやドリームジャーニーはこの舞台を大の苦手としており、フェノーメノも3歳時以外は良積を残せてはいない。ステイゴールド産駒にとってはいわば「鬼門」である。産駒の傾向からすれば有馬記念を選択する方が無難に思えるが、陣営はジャパンカップ挑戦を選択した。

 レインボーラインにとっては、ここで好走、勝利でもすれば当然ながら一気に全世代のトップに躍り出る。一気のスターダムを狙うその心意気は応援したくもなるというもの。すでに人気騎手の騎乗馬はほぼ決定しており、これまで騎乗していた福永祐一騎手もシュヴァルグラン(牡4 栗東・友道厩舎)への騎乗が決定している。誰が騎乗するかも重要なところだ。

 ディーマジェスティにレインボーラインと、3歳世代の有力馬がジャパンカップ参戦することとなった。果たして古馬との実力差は。11月末が早くも待ち遠しい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ドリームジャーニーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  ふくふくたんたん   フォロワー:0人 2010年12月20日(月) 20:15:53
頑張りましたね!ありがとうございました!!

ドリームジャーニーの写真

投稿写真はありません。

ドリームジャーニーの厩舎情報 VIP

2011年6月26日宝塚記念 G110着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ドリームジャーニーの取材メモ VIP

2011年6月26日 宝塚記念 G1 10着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。