ドリームジャーニー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  鹿毛 2004年2月24日生
調教師池江泰寿(栗東)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者(有)社台コーポレーション白老ファーム
生産地白老町
戦績31戦[9-3-5-14]
総賞金84,797万円
収得賞金30,350万円
英字表記Dream Journey
血統 ステイゴールド
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
オリエンタルアート
血統 ][ 産駒 ]
メジロマックイーン
エレクトロアート
兄弟 オルフェーヴルリヤンドファミユ
前走 2011/06/26 宝塚記念 G1
次走予定

ドリームジャーニーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
11/06/26 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 1651015.6710** 牡7 58.0 池添謙一池江泰寿 424
(-18)
2.11.5 1.435.4⑭⑮⑯⑮アーネストリー
11/04/03 阪神 11 産経大阪杯 G2 芝2000 15475.549** 牡7 58.0 池添謙一池江泰寿 442
(+8)
1.58.9 1.134.9⑬⑬⑬⑫ヒルノダムール
10/12/26 中山 10 有馬記念 G1 芝2500 1661212.1413** 牡6 57.0 池添謙一池江泰寿 434
(+12)
2.33.8 1.234.7⑬⑬⑬⑬ヴィクトワールピサ
10/09/26 中山 11 オールカマー G2 芝2200 10332.412** 牡6 59.0 池添謙一池江泰寿 422
(-6)
2.11.4 0.034.5⑧⑧⑥⑥シンゲン
10/06/27 阪神 10 宝塚記念 G1 芝2200 188187.844** 牡6 58.0 池添謙一池江泰寿 428
(-6)
2.13.3 0.335.9⑪⑪⑫⑫ナカヤマフェスタ
10/04/04 阪神 10 産経大阪杯 G2 芝2000 12681.213** 牡6 59.0 池添謙一池江泰寿 434
(-4)
1.59.6 0.134.6⑪⑩⑪⑧テイエムアンコール
10/02/20 京都 11 京都記念 G2 芝2200 13573.523** 牡6 59.0 池添謙一池江泰寿 438
(+12)
2.14.7 0.333.3⑧⑧⑦⑥ブエナビスタ
09/12/27 中山 10 有馬記念 G1 芝2500 16594.021** 牡5 57.0 池添謙一池江泰寿 426
(+4)
2.30.0 -0.135.2⑮⑮⑭⑧ブエナビスタ
09/11/01 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 1861210.746** 牡5 58.0 池添謙一池江泰寿 422
(0)
1.58.0 0.833.4⑰⑮⑭カンパニー
09/09/27 中山 11 オールカマー G2 芝2200 15592.612** 牡5 59.0 池添謙一池江泰寿 422
(-2)
2.11.7 0.333.6⑦⑧⑦⑥マツリダゴッホ
09/06/28 阪神 10 宝塚記念 G1 芝2200 14697.121** 牡5 58.0 池添謙一池江泰寿 424
(-2)
2.11.3 -0.334.3⑨⑩⑩⑩サクラメガワンダー
09/05/03 京都 10 天皇賞(春) G1 芝3200 186128.653** 牡5 58.0 池添謙一池江泰寿 426
(-2)
3.14.7 0.334.9⑫⑫⑪⑦マイネルキッツ
09/04/05 阪神 10 産経大阪杯 G2 芝2000 12686.931** 牡5 57.0 池添謙一池江泰寿 428
(0)
1.59.7 -0.034.0⑧⑧⑦⑥ディープスカイ
09/03/01 中山 11 中山記念 G2 芝1800 10556.242** 牡5 57.0 池添謙一池江泰寿 428
(-6)
1.49.2 0.034.2⑨⑦⑧⑦カンパニー
09/01/25 中山 11 AJCC G2 芝2200 137113.218** 牡5 57.0 池添謙一池江泰寿 434
(+4)
2.15.2 1.335.8⑬⑫⑩⑩ネヴァブション
08/12/28 中山 10 有馬記念 G1 芝2500 1471124.174** 牡4 57.0 池添謙一池江泰寿 430
(+10)
2.31.9 0.435.9⑪⑬⑬⑨ダイワスカーレット
08/11/02 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 1781714.6410** 牡4 58.0 池添謙一池江泰寿 420
(+6)
1.58.0 0.834.2⑰⑰⑯ウオッカ
08/09/15 阪神 10 朝日CC G3 芝2000 13571.711** 牡4 57.0 池添謙一池江泰寿 414
(-8)
1.58.5 -0.134.2⑪⑨⑥⑤トーホウアラン
08/08/03 小倉 10 小倉記念 G3 芝2000 15234.221** 牡4 57.0 池添謙一池江泰寿 422
(+8)
1.57.9 -0.534.4⑫⑫⑫ダイシングロウ
08/06/08 東京 11 安田記念 G1 芝1600 1881842.31110** 牡4 58.0 池添謙一池江泰寿 414
(-12)
1.33.9 1.234.3⑰⑯ウオッカ

⇒もっと見る


ドリームジャーニーの関連ニュース

究極の〝遅咲きホース〟トゥラヴェスーラが、重賞初制覇をGⅠの晴れ舞台で果たす。

2走前の京王杯SCでは上がり3ハロン32秒5の鬼脚でクビ差2着に突っ込み、前走・阪急杯は9カ月半ぶりで22キロ増ながら上がり最速で再びクビ差2着。3歳時に葵Sで2着に入るなど早い段階から重賞戦線で活躍してきたが、7歳を迎えての活躍は今が旬と思えるものだ。

「(馬体増は)しっかりカイバを食べて、調教もこなしてのもの。太め感はなかった。腰回りに筋肉がついて馬体が充実してきた。完成形に入ってきたね」と、岩倉厩務員は声を弾ませる。過去に1年以上の休養があったことで、まだ心身ともフレッシュな状態。過去10年で7歳以上の日本馬は【0・0・0・48】と大苦戦しているが、このデキなら〝年齢の壁〟を打ち破ることは十分に可能だ。

週末の空模様もプラスに働くはずだ。中京は土曜午後から本格的な雨になる見込みで、馬場悪化は避けられない。ドリームジャーニー産駒は道悪に強く、芝の重・不良では通算連対率26・4%と良馬場(同13・7%)に比べて格段に好走確率が高くなる。本馬も重馬場で行われた昨年の当レースで4着に駆けており、よりパワーアップした今年は勝ち負けを期待していい。また、母系をたどれば母の全姉アストンマーチャンは不良で行われた07年スプリンターズSを逃げ切っている。まさに〝恵みの雨〟といえそうだ。

16日には坂路で自己最速タイの4ハロン51秒1をマークし、「毛ヅヤも良くなって調子は上がっています。(無理に使わず)7歳まで待ったかいがありました」と、高橋康調教師は自信を深めている。直線外のビクトリーロードを一気差しだ。

〝究極の3連単〟はトゥラを1着に固定。芝1400メートル以下では連対を外していないレシステンシアを2、3着に据えた12点で勝負する。(夕刊フジ)

【血統アナリシス】ダイヤモンドS2022 トニービンやステイゴールド、ダンスインザダークのスタミナに注目 2022年2月18日(金) 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はダイヤモンドステークス2022・血統予想をお届けします!

昨年はルーラーシップ産駒の7番人気グロンディオーズ勝ち、3着にはハーツクライ産駒の2番人気ポンデザールが入線。2頭の種牡馬には母の父トニービンという共通点があり、これは17年の勝ち馬アルバート(父アドマイヤドン)にも当てはまる血統配置となる。

また、一昨年は最低人気のミライヘノツバサが単勝325.5倍で勝利する大波乱となったが、同馬の勝利によってドリームジャーニーは種牡馬としてのJRA重賞初制覇も達成。ステイゴールドに所縁ある馬の好走は多く、16年には直仔トゥインクルが勝利しており、近親フェイムゲームは14・15・18年と同一重賞3勝の偉業を果たした。ほか、父として3勝(05年ウイングランツ、06年マッキーマックス、10年フォゲッタブル)、母の父として2勝(17年アルバート、19年ユーキャンスマイル)を挙げるダンスインザダークも存在感を放つ。

ヴァルコスは、父ノヴェリスト×母ランズエッジ(母の父ダンスインザダーク)。ブラックタイドディープインパクトの甥にあたる血統。母の父が共通する馬として17年アルバート、19年ユーキャンスマイルを挙げられるが、過去の該当馬はその2頭に限られるため、2戦2勝と底を見せていないことになる。本馬は昨年2着のオーソリティとは20年青葉賞でクビ差。長期休養明け3戦目となるため、変わり身にも期待したい頃合いだろう。

ランフォザローゼスは、父キングカメハメハ×母ラストグルーヴ(母の父ディープインパクト×)。アドマイヤグルーヴフォゲッタブルルーラーシップの甥、ドゥラメンテの従弟にあたる血統。伯父フォゲッタブルは10年ダイヤモンドSの勝ち馬で、伯父ルーラーシップも昨年の勝ち馬を出した勢いがある。名牝エアグルーヴを介してトニービンの血を引く血統構成は興味深く、定年を迎える藤沢厩舎の管理馬という意味でも注目したい。

ヴェローチェオロは、父ゴールドシップ×母プレシャスライフ(母の父タイキシャトル)。従姉にトレンドハンター、近親にサークルオブライフがいる血統。父はステイゴールドの後継種牡馬となるが、直近2年で母の父メジロマックイーンまで共通するドリームジャーニーオルフェーヴルの産駒が連対していることを強調しやすい。本馬においては2走前の菊花賞が2着馬と0秒3差。レースぶりからも長丁場のスタミナ勝負は歓迎だろう。


【血統予想からの注目馬】
ヴァルコス ⑭ランフォザローゼス ⑦ヴェローチェオロ

[もっと見る]

【秋華賞】桜と樫の女王が激突する牝馬3冠レース最終戦の注目点はこちら! 2021年10月13日(水) 12:46

★古馬相手の札幌記念を制しての参戦 JRA・GI3勝目を狙う桜花賞馬ソダシ



 桜花賞ソダシ(栗東・須貝尚介厩舎)が、3つ目のGIタイトルを狙う。同馬の通算成績は7戦6勝で、阪神JF桜花賞を含む重賞5勝を挙げている。ソダシは古馬との初対戦となった前走の札幌記念ではラヴズオンリーユーペルシアンナイトブラストワンピースといった古馬のGIホースを破って勝利を挙げているが、同世代の牝馬が相手となる秋華賞で JRA・GI3勝目を挙げることができるかどうか。なお、今年の秋華賞は1996年の創設以来、初めて阪神競馬場で実施される。ソダシはこれまでのGI2勝を阪神で挙げているが、阪神でGI3勝を挙げれば、グレード制が導入された1984年以降、ラッキーライラック以来2頭目となる。



★JRA重賞での通算勝率は.500をマーク ソダシの“須貝尚介調教師&吉田隼人騎手”コンビ



 ソダシ(栗東・須貝尚介厩舎)には、デビュー以来すべてのレースで吉田隼人騎手が騎乗して通算7戦6勝という成績を挙げており、秋華賞でも同騎手が騎乗する予定。“須貝尚介調教師&吉田隼人騎手”のコンビは、10月11日現在、JRA通算101戦17勝(勝率.168)で、JRA重賞では14戦7勝、勝率.500という好成績をマークしている。須貝調教師、吉田隼人騎手ともに秋華賞初制覇がかかるが、ソダシ阪神JF桜花賞に続くJRA・GI3勝目を挙げることができるかどうか。なお、吉田隼人騎手の兄・吉田豊騎手は1997年に秋華賞を制しており、Vなら、「武豊(兄)=武幸四郎(弟)」兄弟以来、2組目の秋華賞兄弟制覇となる。



★3歳GI完全制覇がかかるM・デムーロ騎手 オークスユーバーレーベンに騎乗予定



 M・デムーロ騎手は、現在JRAで実施されている3歳限定のGI競走7レースのうち6レースを制しており、秋華賞を勝てば武豊騎手、福永祐一騎手、C・ルメール騎手に続く4人目の3歳GI完全制覇となる。同騎手は今年の秋華賞ではオークスユーバーレーベン(美浦・手塚貴久厩舎)に騎乗する予定だが、同レース初勝利を挙げることができるだろうか。なお、ユーバーレーベンオークス以来、中146日での出走となるが、秋華賞では2018年アーモンドアイ、2019年クロノジェネシス、2020年デアリングタクトオークス以来の出走となった馬が3年連続で勝利を挙げている。



桜花賞馬VSオークス馬の対戦は6年ぶり ソダシユーバーレーベンが5回目の対戦



 桜花賞ソダシ(栗東・須貝尚介厩舎)とオークスユーバーレーベン(美浦・手塚貴久厩舎)は、秋華賞が5回目の対戦となる。過去4回の対戦成績はソダシが3勝1敗でリードしているが、今回はどちらに軍配があがるだろうか。なお、秋華賞での桜花賞馬とオークス馬の対戦は2015年以来6年ぶりとなる。ちなみに、3歳牝馬限定戦として実施されていた1995年までのエリザベス女王杯および秋華賞における「桜花賞馬VSオークス馬」は13勝6敗で桜花賞馬がリードしている。



 ユーバーレーベンは父ゴールドシップ、母マイネテレジアという血統で、同馬のオークスでの勝利がゴールドシップ産駒初のJRA・GI制覇となった。ゴールドシップは現役時代、阪神競馬場で歴代最多の重賞6勝を挙げているが、同産駒の阪神での重賞勝利はまだない。ユーバーレーベン阪神JF3着以来、2回目の阪神での出走となるが、父が好成績を挙げた阪神で2つ目のGIタイトルを手にすることができるかどうか。Vなら、手塚調教師は秋華賞初制覇となる。



★芝2000メートル戦を連勝して参戦、ローズSの覇者アンドヴァラナウト



 ローズSを制したアンドヴァラナウト(栗東・池添学厩舎)は、秋華賞が初のGI出走となる。同馬は昨年11月21日に阪神でデビュー(2着)したが、2歳時は2戦のみで休養に入り、デビューから5カ月後の4月25日(阪神)に初勝利を挙げた。その後、同馬は昇級初戦となった1勝クラスで2着となり、出雲崎特別(1勝クラス)、ローズSと芝2000メートル戦を連勝して秋華賞に駒を進めてきた。アンドヴァラナウトはデビュー以来6戦3勝、2着3回で連対率100%と堅実な成績を残しているが、初の大舞台でどのような走りを見せるだろうか。なお、同馬にはデビュー以来すべてのレースで手綱を取っている福永祐一騎手が引き続き騎乗する予定。



★JRA・GI通算20勝がかかる国枝栄調教師 母子制覇狙うアカイトリノムスメを登録



 国枝栄調教師(美浦)は、グレード制が導入された1984年以降で4人目のJRA・GI通算20勝まであと1勝に迫っている。同調教師は歴代最多タイの秋華賞2勝をマークしており、今年の同レースには、桜花賞4着、オークス2着のアカイトリノムスメを登録しているが、歴代単独トップとなる秋華賞3勝目を挙げることができるかどうか。



 アカイトリノムスメは父ディープインパクト、母アパパネという血統で、母のアパパネは国枝調教師が管理し、2010年の牝馬3冠馬となった。アカイトリノムスメ桜花賞が0.2秒差の4着、オークスが1馬身差の2着と牝馬クラシックではあと一歩のところで勝利を逃したが、牝馬3冠最終戦の秋華賞で母子制覇を遂げることができるかどうか。同馬には戸崎圭太騎手が騎乗する予定。



★2戦2勝のC・ルメール騎手とのコンビ復活 紫苑Sを制したファインルージュ



 紫苑S勝ち馬ファインルージュ(美浦・岩戸孝樹厩舎)は、C・ルメール騎手とのコンビで秋華賞に出走する予定。同馬は重賞初制覇となったフェアリーSではルメール騎手が騎乗していたが、その後の3戦は福永祐一騎手とコンビを組み桜花賞3着、オークス11着、紫苑S1着という成績を挙げている。ファインルージュとルメール騎手のコンビはこれまで2戦2勝だが、4戦ぶりにコンビ復活となる秋華賞でGI初制覇を遂げることができるかどうか。



 なお、ルメール騎手はこれまでにJRA・GI39勝を挙げており、秋華賞を勝てばグレード制が導入された1984年以降、武豊騎手に続く2人目のJRA・GI通算40勝となる。ルメール騎手は今年のJRA・GIで4勝、2着4回(勝率.333、連対率.667)という成績を挙げているが、今年5度目のJRA・GI制覇を遂げることができるかどうか。



★連覇を狙う松山弘平騎手 1勝馬アールドヴィーヴルに騎乗予定



 昨年の秋華賞デアリングタクトとのコンビで制した松山弘平騎手は、アールドヴィーヴル(栗東・今野貞一厩舎)に騎乗する予定。アールドヴィーヴルはデビューから5戦1勝という成績だが、新馬戦(京都)1着の後は、すべて重賞に出走してクイーンC2着、桜花賞5着、オークス5着、ローズS3着といずれも 5着以内に入っている。同馬が勝てば史上初となる1勝馬の秋華賞制覇、松山騎手は史上4人目の秋華賞連覇ジョッキーとなるが、アールドヴィーヴルは待望の2勝目を秋華賞で挙げることができるかどうか。



★トライアル2着のエイシンヒテンスルーセブンシーズ 父に初のGIタイトルを贈ることができるか



 ローズS2着のエイシンヒテン(栗東・渡辺薫彦厩舎)は父エイシンヒカリ、母エイシンサンバレーという血統で、エイシンヒカリ産駒初のJRA・GI制覇がかかる。同馬はエイシンヒカリ産駒のJRA初勝利を挙げた馬で、前走のローズSでは逃げて2着に入っている。エイシンヒテンは通算11戦2勝という成績で、登録馬中最多のキャリアを誇るが、豊富なキャリアを生かしてGIタイトルを奪取することができるかどうか。同馬には松若風馬騎手が騎乗する予定。



 また、紫苑S2着のスルーセブンシーズ(美浦・尾関知人厩舎)は父ドリームジャーニー、母マイティースルーという血統で、ドリームジャーニー産駒初のJRA・GI制覇がかかる。ドリームジャーニー産駒は、血統登録頭数が毎年40頭以下とそれほど多くなく、2018年生まれで血統登録されたドリームジャーニー産駒は14頭となっている。スルーセブンシーズは芝2000メートル戦で3戦1勝、2着1回、3着1回という成績を残しているが、同距離で実施される秋華賞でどのような走りを見せるだろうか。なお、同馬には大野拓弥騎手が騎乗する予定。



★今年は阪神芝2000メートルが舞台 好成績を挙げる騎手、調教師に注目



 今年の秋華賞は1996年の創設以来初めて阪神芝2000メートルを舞台に争われる。過去5年の阪神芝2000メートル戦の騎手成績を見ると、28勝を挙げる川田将雅騎手が1位で、2位は武豊騎手、3位はM・デムーロ騎手となっている。秋華賞では、川田騎手がサルファーコスモス(栗東・中内田充正厩舎)、武豊騎手がステラリア(栗東・斉藤崇史厩舎)、M・デムーロ騎手がユーバーレーベン(美浦・手塚貴久厩舎)に騎乗予定だが、好成績を挙げる舞台でどのような騎乗を見せるだろうか(※10月13日現在、サルファーコスモスステラリアは抽選対象)。



 また、過去5年の阪神芝2000メートルの調教師成績では16勝を挙げる友道康夫調教師(栗東)が1位となっている。同調教師は紫苑S3着のミスフィガロ秋華賞に登録している。同馬は過去5年の阪神芝2000メートルの種牡馬成績で1位のディープインパクト産駒で、2018年のダービー馬ワグネリアンの全妹だが、兄に続いてGIを制すことができるかどうか。



秋華賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載



秋華賞】レース展望

[もっと見る]

【乗り替わり勝負度チェック!】紫苑S 妙味大の乗り替わりで好配当ゲットをもくろむ! 2021年9月10日(金) 15:00



当企画のコンセプトにつきましては、コチラにてご確認ください。今週も“勝ち逃げ馬券師”新良武志氏に、注目の乗り替わりをピックアップしてもらいます。
※データは2018年以降の結果をもとに集計


編集部(以下、編) 先週は小倉2歳Sでナムラクレアを的中させました。4番人気で好配当を演出しています。

新良(以下、新) ただ、他がイマイチでしたから………。

編 それでも、日曜日は単勝回収率160.0%をマークしています。今週から秋競馬も始まりますし、さらにギアを上げていきましょう!

新 はい。秋競馬もよろしくお願いします。

編 それでは、早速まいりましょう。土曜日はどのレースを攻略していきましょうか?

新 中山メインの紫苑Sを狙っていきたいと思います。

編 ズバリ、注目はどの馬でしょうか?

新 戸崎圭太騎手から大野拓弥騎手に乗り替わりとなる、①スルーセブンシーズに注目しています。

編 戸崎騎手から大野騎手ですか!? 鞍上強化とは思えないのですが……。

新 その通りです。この乗り替わりは鞍上強化ではありません。かといって、鞍上弱化でもないんです。

編 どのあたりが推奨ポイントになるのでしょうか?

新 18年以降の当該コース成績は、戸崎騎手が勝率11.4%、勝利数9。大野騎手は勝率8.2%、勝利数8となっています。中山芝2000mに限れば、両者の力量はほぼ互角と言ってもいいでしょう。

編 なるほど。

新 大野騎手に乗り替わることで、きっと競馬ファンには甘く見られますよね。騎手の実力に大きな差がないのに、妙味が生まれる。そこを狙おうと思っています。

編 同じ程度の力なら、旨味があるほうが良いに決まっていますからね。

新 騎手で予想する以上、人気騎手ばかり買っていたのでは収支が追い付かなくなります。こういった少しの差を突いて、好配当を狙わないといけないんです。

編 確かにそうですよね。C.ルメール騎手だけ買っていても儲かりません。では、今回騎乗するスルーセブンシーズについてはいかがでしょうか。

新 この馬は昨年同時期の中山新馬戦を勝ち上がり、2勝目も中山で挙げてオークスまで駒を進めました。

編 2走前に今回と同じ舞台のミモザ賞を勝っているんですね。それは心強い。

新 オークスこそ9着に敗れましたが、今回のメンバーだと⑬ハギノピリナオークス3着)に次ぐ2番手の着順です。夏場を休養という名の育成期間に充て、成長して戻って来てくれれば、一気にパフォーマンスを上げてきてもおかしくありません。

編 中山しか好走経験がない馬です。東京、それもG1だったことを考えればオークスは大健闘でしたね。

新 あとは、スルーセブンシーズの血統にも注目ですね。

編 ドリームジャーニー産駒ということでしょうか?

新 確かにドリームジャーニー産駒も、小回り巧者が多い印象があります。ですが、それ以上に目を引くのはスルーセブンシーズの姉ですね。2つ年上のパッシングスルーが19年の紫苑S勝ち馬なんです。

編 おお、本当ですね!お姉さんも中山や福島で結果を残していました。

新 秋のトライアルレースは、どうしても夏の上がり馬に目がいきがちなのですが、終わってみれば春と勢力図は変わらなかった、なんてことはよくありますよね。スルーセブンシーズは鞍上よし、中山適性よし、血統よし。あとは順調に成長していれば、文句なしでしょう。

編 人気の盲点になりそうな馬ですから、配当妙味も期待できそうですね。楽しみになってきました。

新 穴ならスルーセブンシーズ。馬券には忘れず組み込みたいですね。


★その他の注目乗り替わり★
中山9R ①ハイアムズビーチ (北村宏司→C.ルメール)
中京11R ⑯アイオライト (戸崎圭太川田将雅)
中京12R ⑪ラインガルーダ (幸英明小沢大仁)


【プロフィール】
新良武志(しんら・たけし)
かつてはどこにでもいる競馬ファンの1人だったが、データベースソフト【TARGET】との出合いを経て、眠っていた馬券師としての素質が開花。騎手・種牡馬にウマニティU指数を組み合わせた独自のデータ活用術を考案し、常勝スタイルを確立させる。2015年秋にメディアデビュー。雑誌、WEBを中心に精力的に予想家活動を行っている。著書に『毎日コツコツ勝ち逃げリーマン馬券術』(ベストセラーズ)、『ジョッキー未来予測2019』(秀和システム)。
最新情報は『“新良式”データ馬券ブログ』で公開中

[もっと見る]

【血統アナリシス】京都新聞杯2021 抜群のコース成績を誇るルーラーシップ、ドリームジャーニー&オルフェーヴル全兄弟も重賞で存在感を放つ 2021年5月7日(金) 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は京都新聞杯・血統予想をお届けします!


今年は京都競馬場整備工事に伴う開催日割の変更があり、京都新聞杯は中京芝2200mに舞台を移して施行される。なお、同様に当該コースで代替開催された20年神戸新聞杯ディープインパクト産駒の1番人気コントレイル、21年日経新春杯オルフェーヴル産駒の7番人気ショウリュウイクゾが勝利していた。

また、直近3年以内の種牡馬成績ではルーラーシップ「7-7-3-24」とディープインパクト「7-6-4-48」が7勝ずつで並ぶが、好走率や回収率の観点からはルーラーシップが圧倒している。


ワイドエンペラーは、父ルーラーシップ×母アンフィルージュ(母の父アグネスタキオン)。サンリヴァルやヴァンケドミンゴの全弟にあたる血統で、2代母ウメノファイバーは99年優駿牝馬など重賞を3勝。当該コースで父ルーラーシップは出走するメンバーの種牡馬のなかで最高勝率を記録しており、20年神戸新聞杯でも14番人気のロバートソンキーが3着と大駆けしていたことは記憶に新しい。本馬も前走大寒桜賞ではスタートで躓く後手を踏みながらも勝ち馬から0秒2差。コース適性は示せているので、スムーズに運べれば更なる前進も可能だろう。

ゲヴィナーは、父オルフェーヴル×母カウアイレーン(母の父キングカメハメハ)。18年に京都新聞杯を制したステイフーリッシュの半弟となるが、同馬がステイゴールド産駒であることを踏まえれば、オルフェーヴル産駒の本馬は3/4弟とも言えるだろう。なお、父オルフェーヴル×母の父キングカメハメハという血統構成は、21年日経新春杯を勝ったショウリュウイクゾと同じ。ほか、20年神戸新聞杯ではドリームジャーニー(=オルフェーヴルの全兄)産駒のヴェルトライゼンデが2着に好走していたので、この全兄弟の産駒には今後も注目すべき価値がありそうだ。

マカオンドールは、父ゴールドシップ×母ミリオンウィッシーズ(母の父Darshaan)。バゴやMaxiosの甥にあたる血統で、母ミリオンウィッシーズはフランスで3勝。本馬は前走大寒桜賞で重い馬場を物ともせず抜群の手応えで快勝していたが、中京競馬場に対する適性には馬場不問で目を見張るものがあり、200m短い芝2000mでも当時の2歳コースレコードで勝利している実績を持つ。ゴールドシップ産駒らしく長くいい脚を使える反面、瞬発力勝負では分が悪いところがあるので、ここも臆せずに積極的な立ち回りができれば。

【血統予想からの注目馬】
ワイドエンペラー ⑨ゲヴィナー ⑧マカオンドール

[もっと見る]

【血統アナリシス】ダイヤモンドステークス2021 昨年はドリームジャーニー&オルフェーヴル 全兄弟の産駒が1・3着 2021年2月15日(月) 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はダイヤモンドステークス2021・血統予想をお届けします!


昨年は最低人気のミライヘノツバサが単勝325.5倍で勝利する大波乱となったが、同馬の勝利によってドリームジャーニーは種牡馬としてのJRA重賞初制覇を達成。なお、3着にもオルフェーヴル(=ドリームジャーニーの全弟)産駒のオセアグレイトが入線していた。ステイゴールドに所縁ある血統の好走は多く、16年に直仔トゥインクルが勝利するほか、近親フェイムゲームは14・15・18年と3勝の偉業を成し遂げている。

また、父として3勝(05年ウイングランツ、06年マッキーマックス、10年フォゲッタブル)、母の父として2勝(17年アルバート、19年ユーキャンスマイル)を挙げるダンスインザダークも存在感を放つ。

オーソリティは、父オルフェーヴル×母ロザリンド(母の父シンボリクリスエス)。エピファネイアリオンディーズサートゥルナーリアの甥にあたる血統で、2代母シーザリオは05年オークスなど重賞3勝。本馬は好相性を示すステイゴールドの直系で、東京は2戦2勝(20年青葉賞-G2、20年アルゼンチン共和国杯-G2)の実績を持つ。母ロザリンドはエピファネイアの全妹にあたり、不良馬場の菊花賞-G1を制した伯父の実績からスタミナ勝負にも不安はなく、近親の成績を踏まえれば広いコースでこそのタイプだろう。

ヒュミドールは、父オルフェーヴル×母アヴェクトワ(母の父チチカステナンゴ)。ロンググレイスやロングシンホニーが出たスイーブに遡る牝系で、2代母キストゥヘヴンは06年桜花賞など重賞4勝。本馬もステイゴールドの直系であることを強調しやすく、父系や母系、血統構成からはスタミナ勝負でこそ真価を発揮するイメージが描ける。それだけにスローペースの前残りになってしまった前走は消化不良の一戦で、今回は仕切り直しの一戦として改めて注目してみたい。

ブラックマジックは、父ディープインパクト×母ナイトマジック(母の父Sholokhov)。フォイヤーヴェルクの全弟で、母ナイトマジックは10年バーデン大賞-独G1など重賞5勝。牝系はノヴェリストやPakistan Starが出たNigeriaに遡る。本馬は晩成型のドイツ血統らしい成長曲線を描いており、ゆったり走れる長丁場も歓迎のタイプだろう。過去にディープインパクト産駒として連対した2頭とは、母系にSadler's Wells(=Fairy King)の血を引く点で共通する。

(文・シンヤカズヒロ)


【血統予想からの注目馬】
オーソリティ ヒュミドール ブラックマジック

[もっと見る]

⇒もっと見る

ドリームジャーニーの関連コラム

閲覧 40,591ビュー コメント 0 ナイス 3



「完璧な配合」をまた攻めてみます。

完璧な配合とは、面白い配合と見事な配合が同時に成立したもの。『ダビスタ(セガサターン版)』から存在していますが、当初は特別な呼び名はなく、両方成立していても片方だけ(優先順位の高い見事な配合のほうだけ)コメントされる……というものでした。

これが『ダビスタ64』になると「見事に面白い」とコメントされるようになります。『ダビスタアドバンス』では「これはもしかして!!!」といわくありげなコメントをされます。そして『ダビスタ04』からは「完璧な配合」という名前になりました。


▲『ダビスタアドバンス』の見事な配合+面白い配合。



いずれにしても、単に面白い配合と見事な配合の効果を併せ持つだけで、ニトロ指数全盛の過去のシリーズでは重要視されない存在でした。

それが『ダビマス』では何かありそうな感じがします。そこで、完璧な配合の実例をまたひとつ紹介します。



初代でできる強力な配合

配合はドリームジャーニー×メゾンフォルティー。ドリームジャーニーは★4の種牡馬、メゾンフォルティーはイベント「名牝ブルードメアセール」で登場した繁殖牝馬です。

うちの牧場ではドリームジャーニーはまだ入手できていないので、友人の牧場のデータをお借りしました。





この組み合わせは、完璧な配合+底力クロス1本が成立します。

従来どおりであれば、見事な配合の効果で底力クロスが増幅され、面白い配合の効果で根性が底上げされる……つまり根性のみが補強される配合ということになります。

実際に生まれた仔の能力を以下にまとめました。左から順にスピード、スタミナ、根性、気性、体質の解析評価です。

B A B C C
B C B B B
B C B B C
B C B C B
B C B C B
B C B C B
B C B C C
B C C C B
B C C C C
B C C C C
B C C D C
B D B C C
C C B C B

根性だけでなく、スピードとスタミナもかなり高めです。

ドリームジャーニーは距離適性が長めで、母メゾンフォルティーは最高額クラスのスタミナ型牝馬だから、スタミナが全体的に高いのはわかります。

が、スピードは能力アップ要素がないのにほぼB以上という結果に。ちなみにメゾンフォルティーに他の種牡馬を付けても、そうそうスピードBは出ませんでした。

完璧な配合によって何らかの底上げがされている……と見ていいかもしれません。


▲スタミナがAまで跳ねた産駒も……!



★ダビスタ名人・横井顕もリアルタイムで遊んでいる「ダービースタリオン マスターズ」をいますぐダウンロード →
iOS版 / Android版




○執筆者プロフィール
横井 顕(よこい・けん)
 ゲームが趣味かつ仕事のフリーライター。1994年に『ダービースタリオンⅡ』の公式全国大会で優勝し、以後ゲーム攻略記事に携わる。『ダービースタリオンⅢ全書』(アスキー出版)、『ダービースタリオン96全書』(アスペクト)など90年代の作品から、最近の『ダービースタリオンGOLD全書』(KADOKAWA)まで、シリーズ全般の攻略記事を執筆。現在は最新作『ダービースタリオンマスターズ』をプレイし、本サイトで攻略コラムを公開中。


登録済みの方はこちらからログイン

2013年6月19日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 ~第241話宝塚記念(謎解き編)~
閲覧 502ビュー コメント 0 ナイス 7

第241話 「宝塚記念


08年 35.5-62.5-37.3 =2.15.3 ▼ 1±0△7 平坦戦 重
09年 34.7-61.4-35.2 =2.11.3 ▼ 6△2△3 瞬発戦
10年 34.8-61.7-36.5 =2.13.0 △ 2▼2△6 平坦戦 稍重
11年 33.6-61.3-35.2 =2.10.1 ▼ 5△2△3 瞬発戦
12年 34.3-61.3-35.3 =2.10.9 ▼10±0△5 瞬発戦

コース適性【瞬5平4消1】という通りで過去5年では瞬発戦3回、平坦戦2回となっています。
そしてその傾向通り瞬発力+底力というのが宝塚記念を制する上で重要なファクターになるのは間違いありません。
グランプリレースですから。
テン速く上がり掛かる展開がスタンダードで勝ち馬の上がりは35秒前後で、ハイペースでも粘りこめる先行馬か3~4コーナーを上手く回ってこれる機動力のある差し馬が有利だと思われます。
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
エイシンデピュティ 【瞬3平8消1】
ドリームジャーニー 【瞬7平1消0】
ナカヤマフェスタ  【瞬4平1消0】
アーネストリー   【瞬4平6消0】
オルフェーヴル   【瞬6平4消0】
2着馬
メイショウサムソン 【瞬9平6消0】
サクラメガワンダー 【瞬10平0消0】
ブエナビスタ    【瞬5平4消0】
ブエナビスタ    【瞬8平5消1】
ルーラーシップ   【瞬6平3消0】

ラップギアの適性よりも2着馬の名前を見渡すと「外回り向きの馬は2着止まりなんだなぁ」と感じたのが第一印象。
勝ち馬ではドリームジャーニーナカヤマフェスタの平坦戦実績が不足している様に見えますがドリームジャーニーは戦績が内回りコース>外回りコースという馬。
ナカヤマフェスタは外回りコースでも勝利はしていますが勝利した最も格の高かったレースがセントライト記念の▼1△3△2という平坦戦でした。
ラップギアの数値だけで絞り込むのは厳しいかもしれません。
とにかく外回り向きの馬は2着までと思って予想するのがベターな気がします。

今年は登録12頭ですがオルフェーヴルは回避なのでフルメンバーでも11頭と少頭数のレースになりそうです。
中心となるのは3強と言われるゴールドシップジェンティルドンナフェノーメノの3頭。
この3頭の取捨選択がポイントになるはず。

ゴールドシップ
皐月賞有馬記念を勝っていますが機動力に長けた馬ではなくスタミナと持続脚で大マクリを決めてきた馬。
テンの脚がないので毎回後方の位置になるのがマイナスで春天ではまさに展開負けとなって結果でしょう。
例年の傾向からすれば適性としては2着候補。
しかし、開催後半で外差し馬場になる可能性が高いし週末は雨が降り続く天気予報でその点はプラス材料。

ジェンティルドンナ
桜花賞オークス、JCを勝利しているので外回り向きの馬と言えるかもしれませんがレース振りを見るとあまりそういう印象はしません。
この馬の最大の特徴は▼10を超えるような大きな加速力。
秋華賞もJCも平坦戦となっていますが逃げた馬と2番手の馬は4コーナーでは大きく離れていたレースでジェンティルドンナの上がりは33.1秒と32.8秒というもの。
11~12秒台から一気に10秒台のラップが刻める馬なのだと思われます。
結論を言ってしまうとこの馬が本命。
こういう脚が使える馬は宝塚の舞台は最適だと思います。
課題はドバイ帰りということだけ。
不良馬場は新馬戦で負けていますが前走のドバイでは勝ち時計が2.27.7と掛かるレースを2着してるのでパワーは兼備されているはず。

フェノーメノ
3歳の春までは戦績的にも東京>中山という馬でしたがステイゴールド産駒らしく秋以降パワーUPしたのでしょう。
春さっぱりだった中山コースのセントライト記念を快勝すると秋天2着、そして春天勝利とGⅠ馬の仲間入りとなりました。
3歳秋以降、位置取りも前に付けれるようになったのもパワーUPした証だと思います。
器用に立ち回れる馬というイメージでどちらかといえばジェンティルドンナに近いタイプに感じます。
蛯名Jがジェンティルドンナの方を気にするのか?ゴールドシップの方を気にするのか?というのもポイントになりそう。


「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
ジェンティルドンナゴールドシップフェノーメノ
ゴールドシップが4角でマクリかかったところでジェンティルドンナが加速力で突き放す、というレース展望と予想します。
3強の1角を崩すとすれば重不良1-0-0-0でAJCCの勝ち馬ダノンバラードぐらいか。
トーセンラーはコース替わりはマイナスとみます。


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2013年3月27日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 ~第229話大阪杯(謎解き編)~
閲覧 763ビュー コメント 0 ナイス 6

第229話 「大阪杯


08年 35.5-48.4-34.8 =1.58.7 ▼5△1△ 1 瞬発戦
09年 36.0-48.9-34.8 =1.59.7 ▼2▼7△ 5 瞬発戦
10年 36.0-48.1-35.4 =1.59.5 ▼1△2△ 5 平坦戦
11年 35.8-46.7-35.3 =1.57.8 ▼3△5△ 4 平坦戦
12年 39.1-51.1-35.3 =2.05.5 ▼4▼7△10 瞬発戦 稍

ラスト4F目→3F目は過去5年全て加速が生じる瞬発戦か平坦戦というレース傾向。
ここは4コーナー区間なので(当たり前かもしれませんが)内回り向きの機動力があった方がベターでしょう。
とはいえ多くのGⅠクラスの馬がステップレースとして出走しているので外回り向きの馬でも十分勝ち負けしています。
「叩きレース」という意味合いが強いのでテンから飛ばすことはあまりなく基本後傾ラップで若干前有利となっています。
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
ダイワスカーレット 【瞬8平1消0】
ドリームジャーニー 【瞬6平1消0】
テイエムアンコール 【瞬7平4消1】
ヒルノダムール   【瞬3平4消0】
ショウナンマイティ 【瞬4平1消0】
2着馬
エイシンデピュティ 【瞬2平7消1】
ディープスカイ   【瞬7平3消0】
ゴールデンダリア  【瞬5平1消0】
ダークシャドウ   【瞬4平0消0】
フェデラリスト   【瞬2平2消1】

瞬発戦実績が重要という傾向です。
但し、出走馬の大半はこのタイプになってしまうかも…。
ということなのでこのレースは馬の適性だけで予想するのは困難と思われます。
偏りのあるデータがいくつかあるのでまずはそこをチェックします。

【枠順別成績】
1~4枠 0-0-2-21 勝率 0.0% 連対率 0.0% 複勝率 8.7%
5~8枠 5-5-3-26 勝率12.8% 連対率25.6% 複勝率33.3%

とにかく外枠有利です。
毎年大阪杯の週からA→Bコースに変わります。
内回りコースを1周ちょっと走るコースレイアウトで外の馬場の方が使われていない分走りやすいのだと思われます。
過去10年で見ても4枠より内で勝利したのは07年のメイショウサムソンしかいません。

【斤量別成績】
57kg以下 5-4-1-36 勝率11.1% 連対率20.0% 複勝率22.2%
58kg以上 0-1-4-11 勝率 0.0% 連対率 6.3% 複勝率31.3%

斤量が58kg以上は実績馬ということなのですが3着が多いため複勝率は高くなっていますが実はあまり勝ちきれていません。
58kg以上だった16頭のうち11頭は休養明けだったというのも敗因の一つでやはりGⅠ前の一叩きという意味合いが強いのでしょう。
過去10年で見ても58kg以上の馬は2-3-6-20となっていてやはりイマイチです。
ここで注目なのは年齢です。

【斤量58kg以上だった馬の年齢別成績】
4歳   2-2-2- 4 勝率20.0% 連対率40.0% 複勝率60.0%
5歳以上 0-1-0-16 勝率 0.0% 連対率 5.9% 複勝率 5.9%

馬の成長度からすればピーク中であろう4歳馬は58kg以上でも問題ないが5歳以上となると割り引きが必要でしょう。
ちなみに5歳馬以上唯一の連対馬は03年のマグナーテン(出走時7歳)で暮れのJCを4着、前走AJCCを1番人気1着という晩成馬なのでレアケースかもしれません(晩成タイプは注意)

【前走クラス別成績】
GⅠ~GⅡ 4-3-5-18 勝率13.3% 連対率23.3% 複勝率66.7%
GⅢ以下  1-2-0-29 勝率 0.3% 連対率 9.4% 複勝率 9.4%

実績馬の成績がイマイチとはいえ流石に別定GⅡのレースだけに格はソコソコあった方がベターという傾向で前走GⅡ以上のクラス出走の方が優秀です。

これらをまとめると、瞬発タイプ、斤量が57kg以下(4歳馬を除く)、前走GⅡ以上、という馬は
アスカクリチャンショウナンマイティダークシャドウローズキングダムヴィルシーナ
の5頭です。
オルフェーヴルの名前がありませんが過去の傾向からすれば「あって2着」となっています。
規格外の馬なのは確かなので流石に無印はどうかなぁ。
が、その昔01年のこのレースで前年無敗を通したテイエムオペラオーが5歳になった初戦、単勝1.3倍の圧倒的人気に支持されながら4着に敗退しトーホウドリームエアシャカールで大波乱(馬連38.890円)となったケースもあります。
オルフェ、いつ消すか?今ごにょごにょ…(圧倒的な人気馬なので大きな声ではちょっと)
内回り2000mは初めての出走ですがドリームジャーニーの下だけあって適性的には全く問題はないと思います。
オルフェーヴルはギャンブル的には消しなんですが以後のGⅠでの盛り上がりを考えると勝ってゴールドシップと対戦させたいですよねぇ。

穴は上記にも名前が挙がったアスカクリチャン
このレースは血統的には母父ノーザンテースト系が多く馬券になっています。
ノーザンテーストでなくてもノーザンダンサー系を含む血統の馬が多いですし2度馬券になっているドリームジャーニーはノーザンテーストの4×3なんです。
つまりオルフェーヴルも同じなんですけど…。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
オルフェーヴルヴィルシーナダークシャドウ
このレース連対経験があるショウナンマイティダークシャドウですが基本的には外回り向きの馬だと思うので評価を下げました。
ヴィルシーナは自由自在な馬で内回り向きの機動力があります。
でも個人的にはなんとなくこの手の馬には一度横山Jに騎乗してもらいたいなぁと感じます。
もちろん内田Jが下手という訳ではないのですが、優等生のこの子には熱血教師のウチパクさんよりも人当たりのいいノリさんが担任の方がいいんじゃないかと(>あくまでイメージです)

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2011年6月26日() 20:56 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 ~第122話宝塚記念(解決編)~
閲覧 631ビュー コメント 0 ナイス 4

12.3-10.5-10.8-12.7-12.4-12.1-12.1-12.0-11.5-11.7-12.0 =2.10.1
(33.6-61.3-35.2) ▼5△2△3 瞬発戦

これといった逃げ馬不在のメンバーでしたが和田J佐藤哲Jが1&2枠で前に行ける馬に乗ってるんだからやっぱりスローってことはありませんでしたね。
というぐらい厳しいレース展開。
テン、中、終い、どれを取っても速い時計でレコード決着も納得のレース内容。
(但し、今週の阪神の芝は高速馬場となっていたので時計が速いのは当たり前といえば当たり前かもしれません)

とにかくペースが速く、それでいて溜める区間が全くない展開だったので追走スピード(地脚)がない馬はノーチャンスだったでしょう。
このファクターで最上位評価だったのが勝利したアーネストリー
それが遺憾なく発揮できたレースで、その象徴と言えるのが4コーナー回っての▼5の加速。
ハイペースで走って来てのこの数字はかなり凄いです。
この加速で後続を突き放した時点で勝負ありでしたね。
秋はどこに向かうのか?秋天か?海外か?
個人的には昨年出走出来なかった有馬記念には元気な姿を見せてほしいと思います。

今年はグラスワンダーの仔がスペシャルウィークの仔に勝った宝塚記念となりました。
こういう結果を見ると時代は変わっても宝塚記念は宝塚記念なんだなぁと思いましたね。

ブエナビスタは昨年同様2着。
というかJCで降着になってからはどうにも歯がゆい結果が続きます。
能力の衰えが囁かれ始め馬体重も+12kgと何となく凡走の気配があった今回のレースでしたがなんのなんの。
いつも通りのブエナビスタでした。
内回りは未勝利戦以外勝ったことがない馬(=不得意なコース)なのでこのレース2着とはいえ現状は全く問題ないと思えます。
昨年の有馬記念を見ているかの様な追い上げで、あの位置から2着まで突っ込んで来るんだから流石だなぁと。

3着はエイシンフラッシュ
完敗の3着でした。
どうしてもあと一歩届かないレースが続きますが、まだまだ4歳馬。
今後もチャンスはあるでしょう。
昨年の秋はイマイチの状態だったので今年の春の様な状態で秋の府中に挑んで欲しいと思います。

2番人気のルーラーシップは5着。
出遅れも確かに痛かったですが逆に言えばこれのおかげで4コーナーでは外に出すことが出来た訳でマイナスばかりではなかったはず。
ブエナビスタよりも不得意なコースでこのメンバーでこの速いペースになってしまうと4コーナーでマクルことすら出来ず完敗も仕方なしといったところだと思います。
秋の府中なら主役をはれるはずです。

私の夢だったドリームジャーニーは10着と惨敗。
今回で引退のようです。
私の予想は外れましたが、結果的に引退レースでドリームジャーニーを無印にしなくて良かったと思います。
ドリームジャーニーお疲れ様、バトンは弟へ。
こういうのも競馬なんですよね。
引退記念に画像を貼り付けておこう。


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2011年6月25日() 07:00 【U指数】3連複プリンセス
【宝塚記念】いよいよ夏のグランプリレースです!
閲覧 449ビュー コメント 0 ナイス 3

みなさん、おはようございます!
すっかり蒸し暑くなりましたが、暑さに負けずに今週も元気に頑張りましょう♪

さて、AMラジオ1242ニッポン放送の看板番組「徳光和夫 とくモリ!歌謡サタデー」の番組内で、毎週土曜日、午前7時の時報を合図にスタートする人気コーナー「勝負一発、徳さんの夢プレゼント」は聴いてくれてるよね!?

このコーナーは、番組中で発表した徳光さんか私、三連複プリンセスの予想が的中すれば、獲得払戻金の全額が1名にプレゼントされる超おトクな企画ですので、ぜひ毎週チェックしてくださいね!

そうそう、春の天皇賞では、私、3連複プリンセスの3連複が的中して、番組の視聴者に12万7650円をプレゼントしたんですよ!

でも先週のマーメイドS予想では、13番人気の3着馬が抜けていたので外れてしまいました・・・(涙)
今週の宝塚記念は雪辱を期してがんばります!

ちなみに、番組では、徳光さんが、いつも3連単のボックスで穴馬6頭を選んで、1点100円で120点の馬券を買います。

私はいつものようにU指数の高い6頭から3連複ボックスで。番組向けに1点500円で20点、全部で1万円の馬券を買っちゃいます!

どちらが的中しても好配当がプレゼントできそうですよね♪


では、今週のグランプリレース・宝塚記念の予想を発表します!


■6月27日(日)阪神競馬場
11R 第52回 宝塚記念 GI
芝・右 2200m サラ系3歳以上オープン (国際)(指定) 定量

=====================
3連複プリンセスの勝負予想!
======================
阪神競馬場で行われる夏のグランプリレースに豪華なメンバーが揃いました。
今年は年度代表馬の女傑ブエナビスタVS4歳世代という図式と言われていますが、ウマニティのU指数では、指数1番手のブエナビスタから6番手のアーネストリーまでの指数差が僅か「2.0」ですので、それほど実力差はないようです。
確かに4歳勢はハイレベルですが、古豪ドリームジャーニーの復活劇、5度の骨折を克服した不屈のシンゲンの頑張りにも期待したいです。


(予想印・馬名・U指数)
◎ 8番ブエナビスタ 102.9
○10番ドリームジャーニー 102.0
▲ 3番ルーラーシップ 101.8
△14番トゥザグローリー 101.1
△12番シンゲン 101.0
△ 2番アーネストリー 100.9

(夢馬券)
3連複6頭ボックス

2、3、8、10、12、14

(各500円×20点=合計10,000円)



一方、大穴予想・徳光さんの買い目は、
いつもの通り3連単6頭ボックスです!

=====================
大穴予想 徳光さんの勝負一発予想!
======================

(夢馬券)
3連単6頭ボックス

【ユミリーさんのアドバイスを聴いて急きょ徳光さんが変更!!】


1、4、7、9、11、14


(120点×各100円)

買い目合計=12,000円


徳光さんの特大の一発がでるといいですね!

[もっと見る]

2011年6月22日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 ~第121話宝塚記念(謎解き編)~
閲覧 711ビュー コメント 0 ナイス 6

第121話 「宝塚記念

07年 33.5-62.0-36.9 =2.12.4 ▼7▼1△2 瞬発戦 稍重
08年 35.5-62.5-37.3 =2.15.3 ▼1±0△7 平坦戦 重
09年 34.7-61.4-35.2 =2.11.3 ▼6△2△3 瞬発戦
10年 34.8-61.7-36.5 =2.13.0 △2▼2△6 平坦戦 稍重

良馬場開催が09年だけとなっていて梅雨時でもありタフな馬場になるケースが多いのがこのレース。
良馬場の09年以外の上がりを見ると全て36秒以上掛かっています。
この数字だけ見てもこのレースのタフさが分かるでしょう。
今年も雨予報となっていて例年通りとなりそうです。
良馬場となれば若干瞬発力が問われることになりますが稍重以上に馬場が渋った場合は「底力」が最重要ファクターとなるでしょう。

簡単な目安とすれば阪神内回りor中山の中距離重賞実績がある馬が狙い目となります。
有馬記念は長距離ですがレースランク上とみてここに入れます)

(Aランク)
ドリームジャーニー 宝塚記念1着、有馬記念1着、大阪杯1着
(Bランク)
ブエナビスタ 宝塚記念2着、有馬記念2着
アンライバルド 皐月賞1着
(Cランク)
アーネストリー 宝塚記念3着
エイシンフラッシュ 皐月賞3着、大阪杯3着、京成杯1着
トゥザグローリー 有馬記念3着
(Dランク)
シンゲン オールカマー1着
トーセンジョーダン AJCC1着

ランクは私が勝手に決めました。
「ブエナvs強力4歳勢」という構図になりそうな今年の宝塚記念ですが、適性とすればやはりドリームジャーニー
4歳勢の中でも最も宝塚向きだと思われたヴィクトワールピサとヒルノダムルールが共に出走して来ないという状況なのでドリームジャーニーが割って入ってくる可能性はあると思います。
脚部不安があってコース追い切りが出来ず、前走は過去最も重い442kgという馬体重でした。
当日420kg台まで絞れてくれば勝負可能とみます。

ルーラーシップの名前がここにはありませんが外回り向きの馬で阪神芝22コースは割引が必要でしょう。
・・・なんだけど、前走の圧倒的パフォーマンスを見てしまうと適性を跳ね返して勝利してしまうという可能性も否定できません。

さて、今年の春シリーズを振り返ってみるとなんだかんだ言ってポイントとなるのが大阪杯だった気がします
レコード決着となった今年の大阪杯ですがいわゆる出世レースで、1着3着のヒルノダムールエイシンフラッシュは次走春天でワンツー。
2着ダークシャドウエプソムCを圧勝などなど多くの馬が好走しています。
出走馬の次走の成績が今のところ3-3-1-5で勝率25%、連対率50%という数字。
ドリームジャーニーも実は大阪杯出走組。
元々阪神内回り中距離重賞ということで関連性も高いレースですしね。

・・・ということで(>無理やりこじつけでは?)
「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
ドリームジャーニールーラーシップエイシンフラッシュ

あなたのそして私の夢が走っています。
あなたの夢はブエナかルーラーか。
私の夢はドリームジャーニーです。

正直不安要素は他にもあります。
でも、いーんです。
だって宝塚記念なんだから。


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ドリームジャーニーの口コミ


口コミ一覧
閲覧 212ビュー コメント 0 ナイス 17

開発画面に今は亡きステイゴールドが種牡馬リストにいる😭キズナいるからオルフェーヴルやゴールドシップも種牡馬にいるはず。ステイゴールドのインブリードができる。ドリームジャーニーはいるかなあ、ダビスタは種牡馬めっちゃいるゲームだからドリームジャーニーもいるはずなんだが。それなら全兄弟インブリードも出来るしなあ

 ネアルコとハイペリオ 2020年9月3日(木) 22:27
リヤンドファミユ産駒が初勝利
閲覧 163ビュー コメント 2 ナイス 12

ドリームジャーニーやオルフェーヴルの全弟のリヤンドファミユの産駒が初勝利。ビューチーセダンは園田2Rで後方から異常な末脚と異常な頭の下げ方で勝利しました。この頭の下げ方は理想の走り方じゃないかな、あからさまに目立っててかっこいい

是非リヤンドファミユも種牡馬頑張ってもらっていずれオルフェーヴル、ドリームジャーニー、リヤンドファミユの全兄弟インブリードの馬が走るのを期待している

[もっと見る]

 ネアルコとハイペリオ 2020年2月22日() 16:02
ミライヘノツバサ応援馬券買ってたんですが
閲覧 243ビュー コメント 1 ナイス 11

残念ながら応援馬券といってもオルフェーヴルの兄のドリームジャーニーだから買ったってだけで、オルフェーヴル産駒が出てたからミライヘノツバサは2,3着にしか買ってなかったわけです。正直長距離の実績無かったし怪我してから全然ダメだったから驚きだし、やっぱりドリームジャーニー産駒は優秀。是非とも後継種牡馬になって欲しいもんだぜ

[もっと見る]

⇒もっと見る

ドリームジャーニーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  ふくふくたんたん   フォロワー:0人 2010年12月20日(月) 20:15:53
頑張りましたね!ありがとうございました!!

ドリームジャーニーの写真

投稿写真はありません。

ドリームジャーニーの厩舎情報 VIP

2011年6月26日宝塚記念 G110着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ドリームジャーニーの取材メモ VIP

2011年6月26日 宝塚記念 G1 10着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。