ランブリングアレー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牝3 黒鹿毛 2016年3月24日生
調教師友道康夫(栗東)
馬主有限会社 社台レースホース
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績 6戦[1-2-1-2]
総賞金2,592万円
収得賞金400万円
英字表記Rambling Alley
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
ブルーミングアレー
血統 ][ 産駒 ]
シンボリクリスエス
プリンセスオリビア
兄弟 スヴァルナフロレットアレー
前走 2019/11/16 3歳以上1勝クラス
次走予定

ランブリングアレーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/11/16 京都 7 3歳以上1勝クラス 芝1600 185103.1210** 牝3 54.0 藤岡康太友道康夫470(+2)1.34.9 0.935.7⑥④ハッシュゴーゴー
19/10/26 京都 7 3歳以上1勝クラス 芝2000 9893.522** 牝3 53.0 藤岡康太友道康夫468(+2)2.02.5 0.435.9プライドランド
19/04/07 阪神 9 忘れな草賞 (L) 芝2000 9663.924** 牝3 54.0 浜中俊友道康夫466(-4)2.01.2 0.635.5ラヴズオンリーユー
19/03/16 中山 11 フラワーC G3 芝1800 1371017.353** 牝3 54.0 浜中俊友道康夫470(+6)1.47.8 0.434.4コントラチェック
18/11/25 京都 9 白菊賞 500万下 芝1600 9225.932** 牝2 54.0 浜中俊友道康夫464(+6)1.33.9 0.334.3⑤④ラヴズオンリーユー
18/10/06 京都 5 2歳新馬 芝1600 13567.831** 牝2 54.0 浜中俊友道康夫458(--)1.37.3 -0.033.9⑤⑥アルポルト

ランブリングアレーの関連ニュース



競馬予想SNSウマニティが誇る『競馬プロ予想MAX』所属の精鋭チームが、今週行われるオークスの出走予定馬のなかから、有力視されている3頭について真剣ジャッジ。“馬券のプロ”たちが、馬券上の扱いも含め各馬の特性・能力などについて語っていきます。

先週行われたG1ヴィクトリアマイル編では、4番人気2着のプリモシーンに対する『追って伸びるタイプで東京コース適性は高い。関屋記念以来の適性のある舞台替わりで、今回は久しぶりに本来の力を発揮できそう』(サラマッポプロ)とのコメントや、『レースの傾向からは強調しづらい。大きく人気を落とすようならば話は別だが......』(伊吹雅也プロ)との1番人気4着敗退のラッキーライラックへの注目見解などをご紹介。今週も、人気馬の取捨検討に、波乱度チェックに、プロ予想家たちの見解をお役立てください!!



ラヴズオンリーユー
 シムーン 無敗の実績に加えG1級の血統馬で人気しそうですね。前走は接触もあり折り合いを欠くところが見られましたが完勝。能力はクラシックに相応しいものを備えていると感じます。ただ、2400mとなるとその折り合い面と、スタートが悪い点が課題ですね。デビュー戦は好位のインで掛かるような面は見せず上手な競馬が出来ていましたから、壁を作って脚を溜める形が理想になってくるかと思います。前半がスムーズなら上位争いでしょう。

 岡村信将 2015年のオークス馬・ミッキークイーンを彷彿とさせるような、絵に描いたような『遅れて来た大物』ですね。デビューから3戦のラップは、すべて過去のオークス馬と比較しても遜色のない物だと思います。さすがリアルスティールの全妹。ただ、常にテンションが高い馬で、2戦目以降は行きたがる素振りを見せているのは多少気がかりです。掛かる気性は高性能の証明でもあるのですが、折り合いを欠いて伸びあぐねる可能性もあるということ。直近では桜花賞でのダノンファンタジーがそうでした。

 伊吹雅也 例年のオークスとはまったく違ったレースにでもならない限り、上位争いに食い込むのは難しいと思いますよ。“前年12月以降、かつ東京・京都・阪神、かつ1600m以上、かつ重賞のレース”において連対経験のない馬は2014年以降[0-0-2-54](複勝率3.6%)。好走馬の大半は、阪神ジュベナイルフィリーズ以降に中山以外の重賞で連対したことのある馬です。そもそも“JRAの重賞”において5着以内となった経験がない馬は2012年以降[0-0-0-29](複勝率0.0%)、2009年以降[1-0-0-43](複勝率2.3%)。エリンコート(2011年1着)のような例もなくはないのですが、シルシを回すほどの魅力は感じません。

 スガダイ 前走の忘れな草賞も鮮やかな勝利だったけどね。相手はかなり弱かった。2番人気だったランブリングアレーが初ブリンカーだったんだけど、これが裏目に出て自滅する形。余計に楽なレースになった。負かした相手が弱いからって、ラヴズオンリーユー自身が弱いってことにはならないんだけど、厳しいレースを経験していないのは事実。良血馬だし、1週前の追い切りの動きは本当に素晴らしかった。可能性は感じる馬だけど、強気に狙えるって程ではないね。かなり人気も集めるようだし。あと、この馬にとって一番の課題は輸送だな。かなり細身の馬だから、輸送で馬体を減らすようだと厳しいだろうね。この馬から買おうと思っている人は、最低でも当日の馬体重はチェックしたほうがいいと思うよ。



オークス(2)コントラチェック編 に続く



●今回登場のプロ予想家陣紹介
スガダイプロ・・・ウマニティ「プロ予想MAX」No.1予想家。タイム理論(主にオリジナルのスピード指数)と血統をベースに、調教や展開などあらゆるファクターをそこに加味し総合的に判断して結論を出すスタイルで「プロ予想MAX」のエースとして活躍中。
岡村信将プロ・・・フリーランス競馬ライター。『ラップギア』と『瞬発指数』を構築し、2008年には単行本『タイム理論の新革命・ラップギア』の発刊に至る。ウマニティでは創設当初の2007年より公認プロ予想家初期メンバーとして活躍中。
伊吹雅也プロ・・・競馬評論家。JRA(日本中央競馬会)の公式ホームページ内「今週の注目レース」にて“データ分析”のコーナーを担当しているほか、さまざまなメディアを舞台に活動。主な著作に『WIN5攻略全書 回収率150%超! "ミスターWIN5"のマインドセット』、『コース別 本当に儲かる騎手大全』シリーズ(いずれもガイドワークス)など。ウマニティにおいてはコラム「伊吹雅也のピックアップ競馬データ」(毎週月曜、水曜、木曜公開)を連載中。
シムーンプロ・・・以前勤務していた育成牧場時代の騎乗経験で培った感覚をフルに生かし、過去のレース映像から、馬の性格や適性、騎手の騎乗技術、レース中の有利不利などを徹底的に検証する予想スタイルで活躍中。2011年に実馬券収支約1千万円のプラス計上するなど、その素晴らしい成績からウマニティ予想コロシアムにおいて多くのファンを獲得。2011年10月にプロデビューに至る。



Presented by 『競馬プロ予想MAX



ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢33名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

【フラワーC】レースを終えて…関係者談話 2019年3月17日() 05:04

 ◆浜中騎手(ランブリングアレー3着) 「もともとコーナーで外へ張ったり、もったいないところはあったけれど、2着馬との差はわずかしかなかったからね…」

 ◆岩田康騎手(シャドウディーヴァ4着) 「3~4角で馬場の悪いところでもノメらなかったし、直線も内からよく伸びている」

 ◆吉田豊騎手(ジョディー5着) 「2番手でも問題なく、早めの競馬を心掛けた。コーナー4つでも上手に競馬ができていた」

[もっと見る]

【フラワーC】ランブリングアレーは惜しくも3着 浜中「もったいないところはあったけど…」 2019年3月16日() 18:38

 3月16日の中山11Rで行われた第33回フラワーカップ(GIII、3歳オープン、牝馬、芝1800メートル、別定、13頭立て、1着賞金=3500万円)は、丸山元気騎手騎乗の2番人気コントラチェック(牝3歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が逃げ切って重賞初制覇。勝ちタイムは1分47秒4(良)。



 浜中俊騎手騎乗で5番人気のランブリングアレーは、好スタートからすんなり好位に取り付き、最後の直線で2番手までポジションを上げるも、ゴール寸前で人気のエールヴォアに差され3着止まり。2着にはわずかハナ差及ばず、本賞金を加算することはできなかった。



 浜中俊騎手「もともとコーナーで外へ張ったり、もったいないところはあったけど、2着馬との差は僅かしかなかったからね」

★【フラワーC】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【フラワーC】コントラチェックが姉妹制覇!逃げ切って重賞初V 2019年3月16日() 15:57

 3月16日の中山11Rで行われた第33回フラワーカップ(GIII、3歳オープン、牝馬、芝1800メートル、別定、13頭立て、1着賞金=3500万円)は、丸山元気騎手騎乗の2番人気コントラチェック(牝3歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が逃げ切って重賞初制覇。楽にハナに立ち直線は後続を突き放す強い競馬、それでいて手応えはまだまだ余裕たっぷり。勝ちタイムの1分47秒4(良)は中山開催でのフラワーCのレースレコード(従来のレースレコードは2017年ファンディーナの1分48秒7)。

 2馬身半差の2着には好位から外めを伸びたエールヴォア(1番人気)、さらにハナ差遅れた3着に先行粘ったランブリングアレー(5番人気)。

 フラワーCを勝ったコントラチェックは、父ディープインパクト、母リッチダンサー、母の父ホーリングという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)キャロットファーム。通算成績は5戦3勝。重賞初制覇。フラワーCは、藤沢和雄調教師は2004年ダンスインザムード、2014年バウンスシャッセコントラチェックの半姉)に次いで3勝目、丸山元気騎手は初優勝。

 ◆丸山元気騎手(1着 コントラチェック)「他に行く馬がいれば2、3番手に控えてと思っていましたが、スピードが違いました。これだけのスピードがあって、最後にまたギアが上がる。ボクはただ乗っているだけ。これまで何度か重賞を勝たせてもらいましたが、一番楽でした」



★【フラワーカップ】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【フラワーカップ】入線速報(中山競馬場)2019年3月16日() 15:48

中山11R・フラワーカップ(2回中山7日目 中山競馬場  芝・右1800m サラ系3歳オープン)は、1番手4番コントラチェック(単勝2.8倍/2番人気)、2番手7番エールヴォア(単勝2.3倍/1番人気)、3番手10番ランブリングアレー(単勝17.3倍/5番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連4-7(3.4倍) 馬単4-7(7.0倍) 3連複4-7-10(14.0倍) 3連単4-7-10(48.5倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2019031606020711
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

【斬って捨てる!】フラワーカップ 前走逃げて敗れた馬の深追いは危険!前走の出走頭数もポイントのひとつ!2019年3月16日() 11:30

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、フラワーカップの近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。


【全般】
前走5着以下敗退、かつ栗東所属馬の連対例は皆無(2009年以降)

フラル

前走がタイム差なしの惜敗だった馬の好走例はみられない(2009年以降)

ミモザイエロー

キャリア5戦以上、かつ前走未勝利戦出走馬の連対例はゼロ(2009年以降)

レオンドーロ

前走1着馬を除くと、前走で12頭立て以下のレースに出走していた馬の連対例は皆無(2009年以降)

シャドウディーヴァ
ミモザイエロー
ジョディー
ランブリングアレー
ルタンブル
フラル

【人気】
単勝オッズ帯20.0~29.9倍の好走例はみられない(2009年以降)
※11時00分現在の単勝オッズ20.0~29.9倍

ミモザイエロー
ジョディー
アイリスフィール

13番人気以下の連対例はゼロ(2009年以降)
※11時00分現在の13番人気以下

フラル

【脚質】
前走1着馬を除くと、前走の4角通過順が1番手だった馬の好走例は皆無

ジョディー
ルタンブル

【枠順】
馬番枠2番の好走例はゼロ(2009年以降)

シャドウディーヴァ

馬番枠8番の連対例は皆無(2009年以降)

ジョディー

【血統】
前走3着以下敗退、かつノーザンファーム生産馬の連対例はゼロ(2009年以降)

シャドウディーヴァ
エフティイーリス
ジョディー

ハービンジャー産駒、ならびにハーツクライ産駒の連対例は皆無(産駒初出走以降)

シャドウディーヴァ
アイリスフィール


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
メイショウハナグシ
コントラチェック
マルーンベルズ
エールヴォア



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

ランブリングアレーの関連コラム

閲覧 696ビュー コメント 0 ナイス 6



先週は、16(土)に中山競馬場でG3フラワーC、中京競馬場でG3ファルコンSが、17(日)に阪神競馬場でG2阪神大賞典、中山競馬場でG2スプリングSがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3フラワーCは、ポンと好発を決めた2番人気コントラチェックが逃げて前半1000mを1分00秒5(推定)で通過する流れ。終始3馬身ほど後続に差をつけて運び、2番手ジョディーから後ろもややバラけた縦長の隊列のまま3~4コーナーへと突入。3番手に浮上したランブリングアレージョディーに徐々にプレッシャーをかけ始め、後続からは1番人気エールヴォアが4番手まで押し上げ直線入り口を迎えます。“一人旅”が続くコントラチェックは5馬身ほどのリードを築き、依然ほぼ持ったままの楽な手応え。ジョディーを交わし2番手ランブリングアレー、3番手エールヴォアが、独走状態のコントラチェックを目標に離れた位置から追いますが、遠く及ばず。文字通り、影をも踏ませぬ逃走劇で残り50m以上を流して駆け抜けたコントラチェックが、2馬身1/2差を付けて圧勝。最後に、ハナ差交わして2着に入った1番人気エールヴォアまでが、桜花賞出走権を獲得(1着コントラチェックは、同レースを回避しオークスに直行する公算)
公認プロ予想家では、スガダイプロ夢月プロジョアプロ霧プロろいすプロおかべプロら計17名が的中をマークしています。
 
G3ファルコンSは、スタークォーツが主導権。1馬身差の2番手ジャカランダシティ以下、ほぼひと塊の態勢で直線を向きます。4番手からインにこだわってローゼンクリーガー、さらに内ラチ沿いを突いてショウナンタイガ、さらには外から1番人気ヴァッシュモンといったところが先頭のスタークォーツに並び掛け、直線半ばを通過。内でこれら4~5頭が雁行状態で進む隊列に豪脚一閃で迫ったのは、3番人気グルーヴィット、4番人気ハッピーアワーの2頭。まず、グルーヴィットが先に先頭を窺う勢いで内の各馬に並び掛けると、さらに外からハッピーアワーが迫ります。エンジンが掛かってから、一瞬にしてグルーヴィットをとらえ馬体を並べるハッピーアワーに対し、内のグルーヴィットももうひと伸びでこれに応戦しますが、勢いで勝った外ハッピーアワーに軍配。3/4馬身差を付けて、初重賞制覇&厩舎初重賞Vをあげています。
公認プロ予想家では、きいいろプロ霧プロら計4名が的中をマークしています。
 
G2阪神大賞典は、サイモンラムセスが2周目手前まで引っ張り、そこからロードヴァンドールが代わって先頭に立ってレースを引っ張る展開。2頭の差も徐々に拡がり始め、ロードヴァンドールが離しての逃げに変わると、3番手以下の一団馬群後方から外を通って1番人気シャケトラ、3番人気コルコバードあたりが進出を開始。3コーナーを回って一気に単独2番手まで押し上げたシャケトラが、手応えよく4コーナーを通過し一気に先頭へ。交わされたロードヴァンドールや、追い上げたカフジプリンスら後続勢をみるみる突き放していくと、最後は5馬身差をつけて悠々ゴール。力の違いを見せつける格好で単勝2.2倍の支持に応えたシャケトラが、重賞連勝でG2・3勝目をあげています。
公認プロ予想家では、伊吹雅也プロ佐藤洋一郎プロスガダイプロはははふほほほプロら計9名が的中をマークしています。
 
G2スプリングSは、5~6頭横並びの中から内枠を利して1コーナーまでにクリノガウディーが単独先頭に立ってレースメイク。前半800mを47.9秒(推定)の淡々としたラップで運ぶと、先頭をキープしたまま3コーナーを通過していきます。1番人気ファンタジストは中団外目、2番人気ロジャーバローズはインの先団、3番人気ヒシイグアスクリノガウディーをがっちりマークの2番手キープで直線へ。その2番手ヒシイグアスのすぐ外を通って、ディキシーナイトエメラルファイトと5枠2頭が伸びて迫ると、徐々に大外からはファンタジストも差を詰める展開。内食い下がる、クリノガウディーヒシイグアスに、ディキシーナイトエメラルファイトと4頭横並びでの叩き合いがしばし続く中、坂を駆け上がったところで10番人気エメラルファイトがこの争いから敢然と抜け出し、最後はアタマ差V。上がり最速で最後詰め寄ったファンタジストと、7番人気ディキシーナイトまでの3頭が皐月賞切符を手中にしています。
公認プロ予想家では、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ導師嵐山プロマカロニスタンダーズプロ山崎エリカプロら12名が的中をマークしています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →田口啄麻プロ
16(土)阪神2Rでの◎タゴム(単勝28.5倍)的中を皮切りに、阪神9R中山10R(11万7,000円払戻し)、阪神12Rなどで好配当をマーク!翌17(日)は、中山1Rタイムリメンバード(単勝24.1倍)的中からの中山8Rまでの中山“連チャン”モード(うち6Rのみ不的中)や、阪神4Rエピローグ的中など大暴れ。極めつけは、勝負予想中京9Rでの◎エミーリオ(単勝35.0倍)的中、単勝&馬単計10万3,640円払戻しのスマッシュヒット!2日連続プラス収支達成の先週は、トータル回収率149%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →伊吹雅也プロ
先週は、17(日)中山10Rでの3連複141.1倍的中に成功すると、G2阪神大賞典では◎○本線で仕留めるスマッシュヒットを披露!3連複275.6倍を400円分的中し、11万240円の払戻を記録しています。週間トタールでは、回収率153%を達成。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
16(土)は、阪神9Rでの○◎△的中、中山10R△◎○的中、G3フラワーC的中、阪神12R◎▲△的中などの活躍でプラス収支を達成。17(日)は、阪神4RG2阪神大賞典阪神12Rなどの活躍を披露し、連日のプラス収支を達成。週末トータルで、的中率50%、回収率136%、収支80,210円プラスの好成績をマークし、2週連続回収率130%台を記録しています。
 
 
 
この他にも、おかべプロ(296%)、マカロニスタンダーズプロ(140%)、霧プロ(121%)、ろいすプロ(118%←3週連続週末プラス)、【U指数】馬単マスタープロ(113%)、ジョアプロ(101%)、岡村信将プロ(101%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

ランブリングアレーの口コミ


口コミ一覧
閲覧 117ビュー コメント 2 ナイス 20

ウマニティPOGの23週目の入開札を前に、今週は3頭を入れ替える荒治療を行ったのでまずはその経緯から。

話は先々週に遡る。
10月17日付けでファシネイティングが抹消されたことを受けて未出走馬の入れ替えをする決心はしたんです。
で、返却券を2枚買って「ノーザン」と検索して残っている馬を探したところ、リストアップしたのが堀厩舎のマルボルクと加藤征厩舎のディヴィニティでした。

ところが18日の朝はバタバタしている中で出社して気がつけば午前9時を過ぎておりました。
じゃあ来週…と意気込んで迎えた25日は朝から土砂降りの雨で仕事の準備が大変で入札どころではなく…という状況で。

で、この時に、21日の新馬戦を除外されたディヴィニティは天皇賞デーの牝馬限定の新馬戦に出走するものだとばかり思っていたので「既走馬は指名しない」というマイルールを設定している自分には縁がなかったと思い込んでおりました。
だがしかし。天皇賞の日に競馬新聞を広げて件の新馬戦の出馬表を見てみるとフルゲートなのにディヴィニティの名前がありません。恥ずかしながらそこで除外になっていたことを知りました。

その一方で「11月3日の2000mを石橋脩騎手で」という情報を見かけていたマルボルクは28日になって放牧に出ていることを知ります。結果的に焦って入札しなくてよかったということになるのですが、せっかく堀厩舎にヤマを張っていたのだから、まだ残っている堀厩舎の馬はいないかしら?と検索してみたところ引っ掛かったのがオルテール。
プロフィールを見ると「吉田和美さん所有の南半球産の牡馬」。それが堀厩舎なんでしょ。激アツやないかい!と前のめりになりながら、一応、調教をチェック。31日にウッドで併せ馬をやっていればこれはデビューに向けて動いているな、ということで入札決定。

というわけで今週は2頭に入札する予定で準備を進めていたところ、ヴェニュセマースにトラブル発生。なにやら脚が腫れたとかで年内デビューが難しいとのことで、それなら一気に3枚替えてしまえということで木曜日の夜は更なる新馬探しに躍起になっておりました。その中から急遽のリストアップになったのが日曜日の京都でデビューするルドヴィコ。まあ理由は新馬戦にスミヨンが乗る、それだけなんですけどね。

まあこんな流れで3枚替えを敢行。首尾良く3頭共に無風で獲得できました。

【out】
プチジュラシック
ヴェニュセマース
ギミーシェルターの2017

【in】
ディヴィニティ
オルテール
ルドヴィコ

ちなみにプチジュラシックは母がヒストリックレディなのでベガとかハープスターの一族になるのですけど、この一族って「賞味期限が短い」のよね。ゲート試験には合格していたけど、その後4ヶ月音沙汰なし。脚下に不安を抱える馬の多い一族でもあるので、もうリリースする時期よね。


というわけで今週のPOG戦線は3頭が出走することになりました。

【出走】
・11月2日 東京5R
△ディヴィニティ(田辺裕信騎手)

土曜日の東京の新馬戦でディヴィニティがデビューします。

【ディヴィニティ】
9. 7 美浦 プール
9. 8 美浦 プール
助 手 9.11 美南 坂重 2 回-59.9-44.8-29.7-14.7 馬ナリ余力
セレーネグランツ(新馬)馬ナリを0.1秒追走同入
9.12 美浦 プール
助 手 9.16 美南 坂不 2 回-60.6-45.9-31.0-14.9 馬ナリ余力
9.18 美浦 プール
助 手 9.19 美南 坂重 2 回-56.9-42.2-28.1-13.9 馬ナリ余力
セレーネグランツ(新馬)馬ナリと同入
9.24 美浦 プール
助 手 9.25 美南 坂良 2 回-54.1-39.4-26.2-13.1 馬ナリ余力
オリオンパッチ(古2勝)馬ナリを0.7秒追走同入
9.27 美浦 プール
助 手 10. 2 美南 坂良 2 回-54.0-39.4-25.7-12.9 馬ナリ余力
アドマイヤアリエル(二未勝)馬ナリに0.6秒先行同入
助 手 10. 6 美南 坂良 2 回-60.3-44.9-30.2-14.7 馬ナリ余力
助 手 10. 9 美南 坂良 2 回-53.3-38.3-25.1-12.6 馬ナリ余力
フローラルパーク(古1勝)馬ナリと同入
助 手 10.14 美南 W稍 56.2-41.4-13.5 [6] 馬ナリ余力
リフトトゥヘヴン(古3勝)馬ナリの内0.4秒追走同入
助 手 10.17 美南 坂良 2 回-53.2-38.2-25.0-12.7 一杯に追う
ラティーンセイル(古1勝)強めを0.8秒追走同入
10.18 美浦 プール
助 手 10.23 美南 坂稍 2 回-53.4-39.0-25.7-12.8 馬ナリ余力
ラティーンセイル(古1勝)馬ナリに0.2秒先行0.4秒先着
10.24 美浦 プール
田 辺 10.30 美南 坂重 2 回-54.7-40.1-26.4-13.5 馬ナリ余力
ラティーンセイル(古1勝)一杯に0.4秒先行0.1秒先着

ずいぶんミッチリと攻めを積んでいたのね。
この分だと勝っても負けても放牧だろうな。
ならば勝たないとね。
相手はルメールと北村宏でしょうか。

正直、ヴェロックスの半妹というのは先週まで知らなかったのですけど、よくこの馬残っていたね。
馬主さんはJRA未勝利なんだけどこれまでは3歳馬を2頭持っていただけみたいだから気にしなくてもいいんじゃないかな。



・11月3日 京都6R
△ルドヴィコ(クリストフ・スミヨン騎手)

(調教は追記します)

先述したように指名理由は「スミヨンが新馬戦に乗るから」。
後は血統的にブルーメンブラッドの孫になる点とトーセンラー産駒だからザダルっぽいイメージで。
そしてセレクト1歳セール欠場→吉田和美さんという“ワケあり物件”というのもポイント高いw


・11月3日 福島9R きんせんか賞
△エバービクトリアス(菅原明良騎手)

福島のきんせんか賞にエバービクトリアスが出走します。

【エバービクトリアス】
助 手 ◇ 栗東 坂良 1 回-53.2-38.5-24.7-12.4 一杯に追う
荻野琢 10.17 栗東 CW良 84.2-68.7-53.8-39.4-12.7 [4] 馬ナリ余力
トップオブメジャー(古1勝)馬ナリの内2.0秒先行0.1秒先着
10.18 栗東 プール 2周
助 手 10.20 栗東 坂重 1 回-56.5-40.9-26.6-13.4 馬ナリ余力
荻野琢 10.23 栗東 CW良 87.5-69.9-54.3-39.9-12.0 [9] 一杯に追う
ランブリングアレー(古1勝)馬ナリの外0.3秒先行クビ先着
10.24 栗東 プール 2周
助 手 10.27 栗東 坂稍 1 回-62.0-44.7-29.3-14.0 馬ナリ余力
助 手 10.30 栗東 CW稍 82.8-67.1-52.6-39.4-13.4 [8] 一杯に追う
ポタジェ(二1勝)馬ナリの外0.3秒先行1.1秒遅れ

調教は動きませんね(苦笑)
で、このレース。自分のイメージではコメート・ロードリベラル・マイネルサーパスと非社台の馬が強いイメージがあったのだけど、ケルフロイデ・レーツェルとキャロット勢(=ノーザン)も勝っているのね。それならエバービクトリアスもチャンスはあるかな。

個人的には「1勝クラスで入着を重ねながらウロウロしてくれればいい」と思ってはいたのですけど、タレント揃いの友道勢の中では使い分けに苦労している部分はあるかと思いますから、それなら勝って自身の地位を向上させた方がいいのかな?とも思っています。
3着以内でOkとは思っていますけど、うっかり勝ってホープフルSでもいいかという気持ちもゼロではありませんw


【調教】

【スタインウェイ】
助 手 ■ 美南 W良 67.6-53.2-39.4-12.8 [5] 馬ナリ余力
助 手 10.30 美南 芝稍 42.7-13.3 [3] 馬ナリ余力

【テルヌーラ】
助 手 8.21 美南 坂稍 1 回-62.5-45.2-29.4-14.0 馬ナリ余力
助 手 8.28 美南 芝稍 61.3-45.4-15.4 [2] 馬ナリ余力
助 手 10.20 美南 坂重 1 回-63.7-46.1-30.3-14.7 馬ナリ余力
大 塚 10.23 美南 W稍 71.8-56.5-42.3-13.5 [4] 馬ナリ余力
助 手 10.27 美南 坂重 1 回-57.1-42.3-27.7-13.7 馬ナリ余力
助 手 10.30 美南 芝稍 69.3-54.9-40.3-12.7 [2] 馬ナリ余力
ロードスラッシュ(二未勝)馬ナリの内0.6秒追走4F併同入

【イグニタス】
助 手 9. 6 栗東 E良 13.8-14.1 ゲート強め
助 手 9.13 栗東 坂良 1 回-64.3-46.3-29.7-14.3 馬ナリ余力
ウォルフライエ(新馬)馬ナリと同入
助 手 9.16 栗東 坂良 1 回-59.5-43.0-27.6-13.7 馬ナリ余力
ウォルフライエ(新馬)馬ナリと同入
助 手 9.19 栗東 坂良 1 回-55.6-40.9-26.8-13.4 一杯に追う
ウォルフライエ(新馬)馬ナリを0.1秒追走0.4秒遅れ
助 手 9.22 栗東 坂良 1 回-56.1-40.8-26.2-13.1 末一杯追う
ウォルフライエ(新馬)馬ナリと同入
助 手 10.24 栗東 CW重 54.7-39.6-12.7 [8] 強めに追う
アルジャンナ(二1勝)一杯の内0.2秒遅れ
助 手 10.27 栗東 坂稍 1 回-57.1-41.3-26.7-13.3 馬ナリ余力
シロニイ(古3勝)馬ナリを0.1秒追走0.1秒遅れ
水 口 10.30 栗東 CW稍 83.7-68.3-53.5-39.5-13.2 [8] 一杯に追う
クロシェット(新馬)馬ナリの外0.5秒遅れ

【サイクロトロン】
松 若 ■ 栗東 坂良 1 回-53.1-38.4-24.7-12.5 馬ナリ余力
助 手 10.24 栗東 芝稍 82.8-66.0-51.8-38.1-12.2 [3] 強め余力
ケイマーダ(新馬)強めの外同入
助 手 10.27 栗東 坂稍 1 回-56.5-41.5-27.1-13.8 馬ナリ余力
助 手 10.30 栗東 坂稍 1 回-52.4-38.6-25.6-13.1 一杯に追う
フランツ(古オープン)馬ナリを0.1秒追走同入

【ジュビリーヘッド】
斎 藤 ◇ 栗東 芝良 84.3-66.9-51.5-37.2-11.4 [4] 馬ナリ余力
斎 藤 10.23 栗東 坂良 1 回-54.6-39.1-25.8-13.3 馬ナリ余力
助 手 10.27 栗東 坂稍 1 回-58.8-42.1-27.3-13.4 馬ナリ余力
鮫島駿 10.30 栗東 坂稍 1 回-53.8-38.5-24.6-12.1 一杯に追う

【フランジヴェント】
助 手 ◇ 札幌 ダ良 70.4-53.6-38.4-12.7 [8] G前仕掛け
原田和 ■ 札幌 ダ良 69.3-53.8-39.3-12.6 [7] 強めに追う
助 手 10.31 美南 W良 69.6-53.9-39.8-12.9 [4] 馬ナリ余力

【ラインベック】
助 手 ◇ 栗東 坂良 1 回-53.7-39.1-25.1-12.6 馬ナリ余力
7.21 栗東 プール 1周
10.14 栗東 プール 2周
10.16 栗東 プール 3周
助 手 10.17 栗東 CW良 82.7-66.7-51.6-37.5-12.2 [4] 一杯に追う
エカテリンブルク(二1勝)強めの内0.5秒追走0.1秒遅れ
10.18 栗東 プール 1周
10.19 栗東 プール 2周
10.20 栗東 プール 3周
10.22 栗東 プール 1周
10.23 栗東 プール 1周
助 手 10.24 栗東 CW重 86.6-69.4-53.3-38.7-11.7 [6] 強めに追う
アドマイヤポラリス(古1勝)馬ナリの外0.7秒先行同入
10.25 栗東 プール 2周
10.26 栗東 プール 2周
助 手 10.27 栗東 CW稍 58.0-43.4-13.2 [5] 馬ナリ余力
アイワナトラスト(新馬)強めの内0.3秒追走3F併同入
10.27 栗東 プール 2周
10.29 栗東 プール 2周
10.30 栗東 プール 1周
助 手 10.31 栗東 CW良 86.0-69.1-53.3-38.8-12.4 [5] 馬ナリ余力
スノートレイン(新馬)一杯の内0.7秒追走同入

【ナオミラフィネ】
助 手 ◇ 栗東 坂良 1 回-57.8-42.5-27.6-13.5 強めに追う
助 手 10.27 栗東 坂稍 1 回-60.2-44.4-29.1-14.7 馬ナリ余力
斎 藤 10.31 栗東 坂良 1 回-53.5-38.8-24.8-12.2 一杯に追う
サンサルドス(古1勝)一杯を1.0秒追走0.6秒先着

【オルテール】
助 手 10.27 美南 坂重 1 回-58.4-42.4-27.5-13.4 馬ナリ余力
助 手 10.31 美南 W良 68.4-52.5-38.5-12.5 [7] 馬ナリ余力
ヴィクターバローズ(二未勝)馬ナリの内0.4秒追走同入


【在厩】
☆ラインベック(7月20日の中京2歳Sを快勝→11月16日の東京スポーツ杯2歳Sへ)
△カーフライターク(10月27日の京都の1勝クラスは3着)
△ジュビリーヘッド(8月17日の新馬戦を勝利→11月17日の秋明菊賞へ)
△ナオミラフィネ(9月29日の未勝利戦は2着)
△フランジヴェント(11月17日の東京1400mの未勝利戦へ)
△ステージアクトレス(9月16日の未勝利戦は6着)
△スタインウェイ(10月21日の未勝利戦は4着→11月9or10日のダート1600mの未勝利戦へ)
☆サイクロトロン(8月4日の未勝利戦は11着)
△テルヌーラ(11月17日の東京2000mの新馬戦を丸山元気騎手で予定)
☆イグニタス(11月17日の東京2000mの新馬戦を石橋脩騎手で予定)
△オルテール(10月23日にゲート試験に合格)


【放牧】
△クラシックココア(10月5日の新馬戦を快勝)
△ビップリバプール(9月28日の未勝利戦は11着)
△グラマラスマリー(10月27日の未勝利戦は11着)
△スピッツェンバーグ(10月15日の新馬戦は7着)
☆アドマイヤヴェラ(6月9日の新馬戦は競走除外)


補強のお陰もあって一気に在厩馬が増えました。
そして未勝利戦を勝ち上がれそうな馬も戻ってきて陣容は厚みが増しております。

在厩組はみんな頑張って1勝ずつ上積みしていってほしいですね。
そして指名者の財布を潤しておくれ(切実)

 藤沢雄二 2019年10月27日() 09:50
自己条件ならなんとかしないと!~POG第22節~
閲覧 47ビュー コメント 0 ナイス 14

今週のPOG戦線は2頭が出走します。

【出走】
・10月27日 新潟1R
△グラマラスマリー(菱田裕二騎手)

新潟の牝馬限定の未勝利戦にグラマラスマリーが出走します。

【グラマラスマリー】
助 手 ■ 栗東 CW良 86.6-69.3-54.3-40.2-13.3 [7] 馬ナリ余力
助 手 10.14 栗東 CW稍 72.8-55.8-41.1-15.2 [4] 馬ナリ余力
助 手 10.17 栗東 坂良 1 回-58.7-43.3-28.3-14.2 馬ナリ余力
助 手 10.20 栗東 坂重 1 回-58.1-42.7-28.3-14.6 馬ナリ余力
助 手 10.23 栗東 CW良 88.8-72.0-56.1-41.6-12.1 [9] 馬ナリ余力

新潟の1400mとはまたいい番組を見つけてきたな、というのが第一印象。
そもそも前走の敗戦は距離よりも10日競馬の方に原因があると思っているので決して力負けではないと思っている。
まあ距離短縮自体も歓迎ではあるのだけど、新馬戦の勝ち馬は3連勝で小倉2歳Sを制したマイネルグリット。その2着馬も先週のアイビーS2着のクリスティとレベルの高い一戦で0.2秒差、しかも直線では不利があったわけで、その比較でいけば能力的にはヒケを取らない。
調教は軽めだけど千田厩舎はそんなに速い時計を出す印象はないし、23日の追い切りで終いが12.1秒なら今回は格好はつけてくれるとは思っています。


・10月27日 京都6R
△カーフライターク(岩田望来騎手)

京都の1勝クラスにカーフライタークが出走します。

【カーフライターク】
助 手 ◇ 栗東 坂良 2 回-53.4-38.9-25.7-12.7 末一杯追う
助 手 ■ 栗東 坂良 2 回-54.4-39.4-25.5-12.3 末強め追う
助 手 10.10 栗東 坂良 2 回-56.2-40.9-26.7-12.9 馬ナリ余力
助 手 10.14 栗東 坂稍 2 回-58.9-42.9-27.3-13.1 馬ナリ余力
アウステルリッツ(古1勝)馬ナリを0.1秒追走同入
助 手 10.17 栗東 坂良 2 回-54.3-39.4-25.5-12.6 一杯に追う
助 手 10.20 栗東 坂重 2 回-58.1-41.6-26.7-12.9 馬ナリ余力
助 手 10.23 栗東 坂良 2 回-53.6-39.3-25.7-13.0 一杯に追う
リャスナ(古1勝)一杯に0.4秒先行0.2秒遅れ

調教の数字的には終いが掛かり気味でパッとしない印象ですけど17日の時計は悪くないので順調に来ているとは思っています。
まあ良くも悪くもエピファネイア産駒の特長を引き継いでいるみたいで、ききょうSなんて6頭立てなのに1番枠で揉まれて不発。しかも1400mと非根幹距離が苦手という産駒傾向がモロに出た感じです。
で、今回は願ってもない7頭立ての7番枠。そして減量の岩田君を起用なら「後先考えずに逃げてこい!」というメッセージが込められている気がします。

ウマフレさんの出資馬の直接対決になっているので大きな声では言えませんが、馬券的には絶好の狙い目だと思っています。昨日、重賞を勝った人と今日GⅠを勝つ予定の人なんだから1勝クラスぐらい紙のオーナー譲ってくださいw


【調教】

【エバービクトリアス】
助 手 ◇ 栗東 坂良 1 回-53.2-38.5-24.7-12.4 一杯に追う
荻野琢 10.17 栗東 CW良 84.2-68.7-53.8-39.4-12.7 [4] 馬ナリ余力
トップオブメジャー(古1勝)馬ナリの内2.0秒先行0.1秒先着
助 手 10.20 栗東 坂重 1 回-56.5-40.9-26.6-13.4 馬ナリ余力
荻野琢 10.23 栗東 CW良 87.5-69.9-54.3-39.9-12.0 [9] 一杯に追う
ランブリングアレー(古1勝)馬ナリの外0.3秒先行クビ先着

【テルヌーラ】
助 手 8.21 美南 坂稍 1 回-62.5-45.2-29.4-14.0 馬ナリ余力
助 手 8.28 美南 芝稍 61.3-45.4-15.4 [2] 馬ナリ余力
助 手 10.20 美南 坂重 1 回-63.7-46.1-30.3-14.7 馬ナリ余力
大 塚 10.23 美南 W良 71.8-56.5-42.3-13.5 [4] 馬ナリ余力

【ジュビリーヘッド】
斎 藤 ◇ 栗東 芝良 84.3-66.9-51.5-37.2-11.4 [4] 馬ナリ余力
斎 藤 10.23 栗東 坂良 1 回-54.6-39.1-25.8-13.3 馬ナリ余力

【ラインベック】
助 手 ◇ 栗東 坂良 1 回-53.7-39.1-25.1-12.6 馬ナリ余力
7.21 栗東 プール 1周
10.14 栗東 プール 2周
10.16 栗東 プール 3周
助 手 10.17 栗東 CW良 82.7-66.7-51.6-37.5-12.2 [4] 一杯に追う
エカテリンブルク(二1勝)強めの内0.5秒追走0.1秒遅れ
10.18 栗東 プール 1周
10.19 栗東 プール 2周
10.20 栗東 プール 3周
10.22 栗東 プール 1周
10.23 栗東 プール 1周
助 手 10.24 栗東 CW重 86.6-69.4-53.3-38.7-11.7 [6] 強めに追う
アドマイヤポラリス(古1勝)馬ナリの外0.7秒先行同入

【イグニタス】
助 手 9. 6 栗東 E良 13.8-14.1 ゲート強め
助 手 9.13 栗東 坂良 1 回-64.3-46.3-29.7-14.3 馬ナリ余力
ウォルフライエ(新馬)馬ナリと同入
助 手 9.16 栗東 坂良 1 回-59.5-43.0-27.6-13.7 馬ナリ余力
ウォルフライエ(新馬)馬ナリと同入
助 手 9.19 栗東 坂良 1 回-55.6-40.9-26.8-13.4 一杯に追う
ウォルフライエ(新馬)馬ナリを0.1秒追走0.4秒遅れ
助 手 9.22 栗東 坂良 1 回-56.1-40.8-26.2-13.1 末一杯追う
ウォルフライエ(新馬)馬ナリと同入
助 手 10.24 栗東 CW重 54.7-39.6-12.7 [8] 強めに追う
アルジャンナ(二1勝)一杯の内0.2秒遅れ

【サイクロトロン】
松 若 ■ 栗東 坂良 1 回-53.1-38.4-24.7-12.5 馬ナリ余力
助 手 10.24 栗東 芝稍 82.8-66.0-51.8-38.1-12.2 [3] 強め余力
ケイマーダ(新馬)強めの外同入

【在厩】
△エバービクトリアス(9月21日の新馬戦を勝利→11月3日のきんもくせい特別へ)
☆ラインベック(7月20日の中京2歳Sを快勝→11月16日の東京スポーツ杯2歳Sへ)
△ジュビリーヘッド(8月17日の新馬戦を勝利→11月17日の秋明菊賞へ)
△スタインウェイ(10月21日の未勝利戦は4着)
☆サイクロトロン(8月4日の未勝利戦は11着)
△テルヌーラ(8月23日にゲート試験に合格→11月17日の東京2000mの新馬戦を予定)
☆イグニタス(11月17日の東京2000mの新馬戦を石橋脩騎手で予定)

【放牧】
△クラシックココア(10月5日の新馬戦を快勝)
△ナオミラフィネ(9月29日の未勝利戦は2着)
△フランジヴェント(9月1日の未勝利戦は4着)
△ステージアクトレス(9月16日の未勝利戦は6着)
△ビップリバプール(9月28日の未勝利戦は11着)
△スピッツェンバーグ(10月15日の新馬戦は7着)
☆アドマイヤヴェラ(6月9日の新馬戦は競走除外)
△ヴェニュセマース(デビュー予定を撤回してノーザンFしがらき→北海道に放牧)
△プチジュラシック(6月7日にゲート試験に合格)

【抹消】
△ファシネイティング(新しい馬主さんになって笠松・後藤厩舎に)

【未入厩】
☆ギミーシェルターの2017(社台ファーム)

今週も金曜日の朝にバタバタしていたら入札に参加できなくて狙っていた馬が今週の新馬戦でデビューしてしまったので考え直しが必要になりました。
とりあえず来週は入札に参加できればいいな。

[もっと見る]

 ブルー☆ギラヴァンツ 2019年4月6日() 21:23
4/7 単複王 No. 39 桜花賞 
閲覧 225ビュー コメント 0 ナイス 1

こんばんは明日4/7単複王です
No.227 阪神 8レース 天王寺特別(1000万下) ◎ テイエムグッドマン ◯ アメリカンファクト
No.228 阪神 9レース 忘れな草賞(L) ◎ ラヴズオンリーユー ◯ ランブリングアレー
No.229 阪神 10レース 大阪―ハンブルクC(1600万下) ◎ トゥザクラウン ◯ ハウメア
No.230 阪神 11レース 桜花賞(G1) ◎ ダノンファンタジー ◯ グランアレグリア
No.231 阪神 12レース 梅田S(1600万下) ◎ リテラルフォース ◯ グレートタイム
No.232 中山 9レース デイジー賞(500万下) ◎ アイリスフィール ◯ グレイスアン
No.233 中山 10レース 隅田川特別(1000万下) ◎ ミッキーボニータ ◯ アイスフィヨルド
No.234 中山 11レース 春雷S(L) ◎ リョーノテソーロ ◯ レジーナフォルテ
No.235 福島 10レース ひうちがだけ特別(500万下) ◎ ニッポンテイオー ◯ ミレフォリウム
No.236 福島 11レース 米沢特別(1000万下) ◎ アポロテネシー ◯ ダノンプレシャス
No.237 福島 12レース 喜多方特別(500万下) ◎ バリンジャー ◯ コスモペリドット
つづいて
No. 39 桜花賞 ◎ ダノンファンタジー ○ グランアレグリア △ クロノジェネシス ☆ シェーングランツ アウィルアウェイ
https://youtu.be/Iup4k6kEZmQ
よろしくおねがいします

[もっと見る]

⇒もっと見る

ランブリングアレーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ランブリングアレーの写真

ランブリングアレー

ランブリングアレーの厩舎情報 VIP

2019年11月16日3歳以上1勝クラス10着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ランブリングアレーの取材メモ VIP

2019年11月16日 3歳以上1勝クラス 10着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。