レッツゴードンキ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
レッツゴードンキ
レッツゴードンキ
レッツゴードンキ
レッツゴードンキ
レッツゴードンキ
レッツゴードンキ
レッツゴードンキ
写真一覧
現役 牝7 栗毛 2012年4月6日生
調教師梅田智之(栗東)
馬主廣崎利洋HD 株式会社
生産者清水牧場
生産地平取町
戦績33戦[3-8-5-17]
総賞金44,173万円
収得賞金13,460万円
英字表記Let's Go Donki
血統 キングカメハメハ
血統 ][ 産駒 ]
Kingmambo
マンファス
マルトク
血統 ][ 産駒 ]
マーベラスサンデー
エリットビーナス
兄弟 マルトクスパートローゼンハイン
前走 2019/05/12 ヴィクトリアマイル G1
次走予定 2019/09/29 スプリンターズS G1

レッツゴードンキの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/05/12 東京 11 ヴィクトリア G1 芝1600 1871441.01310** 牝7 55.0 岩田康誠梅田智之502(-2)1.31.2 0.733.2⑯⑮ノームコア
19/03/24 中京 11 高松宮記念 G1 芝1200 18489.856** 牝7 55.0 岩田康誠梅田智之504(-2)1.07.6 0.333.3⑮⑭ミスターメロディ
19/02/24 阪神 11 阪急杯 G3 芝1400 18116.042** 牝7 54.0 岩田康誠梅田智之506(+4)1.20.5 0.234.6スマートオーディン
18/11/04 京都 10 JBCスプリ Jpn1 ダ1200 167136.425** 牝6 55.0 岩田康誠梅田智之502(+12)1.11.0 0.636.0⑪⑪グレイスフルリープ
18/09/30 中山 11 スプリンター G1 芝1200 1651011.845** 牝6 55.0 岩田康誠梅田智之490(-8)1.08.6 0.334.3⑬⑪ファインニードル
18/08/26 札幌 11 キーンランド G3 芝1200 16364.125** 牝6 55.0 岩田康誠梅田智之498(+2)1.10.2 0.835.5⑨⑨ナックビーナス
18/05/13 東京 11 ヴィクトリア G1 芝1600 181111.766** 牝6 55.0 岩田康誠梅田智之496(-4)1.32.7 0.433.9⑥⑥ジュールポレール
18/03/25 中京 11 高松宮記念 G1 芝1200 18486.332** 牝6 55.0 岩田康誠梅田智之500(+8)1.08.5 0.034.6⑧⑥ファインニードル
18/02/18 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 1671351.0105** 牝6 55.0 幸英明梅田智之492(+4)1.36.7 0.737.0⑩⑪ノンコノユメ
17/12/10 香港 5 香港スプリン G1 芝1200 13--------6** 牝5 55.5 岩田康誠梅田智之488(--)1.08.9 0.5----ミスタースタニング
17/10/28 京都 11 毎日スワンS G2 芝1400 18123.213** 牝5 54.0 岩田康誠梅田智之510(+14)1.22.7 0.335.5⑦⑤サングレーザー
17/10/01 中山 11 スプリンター G1 芝1200 161210.852** 牝5 55.0 岩田康誠梅田智之496(0)1.07.6 0.033.1⑨⑦レッドファルクス
17/05/14 東京 11 ヴィクトリア G1 芝1600 177147.9311** 牝5 55.0 岩田康誠梅田智之496(-10)1.34.6 0.734.2④⑥アドマイヤリード
17/03/26 中京 11 高松宮記念 G1 芝1200 18235.122** 牝5 55.0 岩田康誠梅田智之506(+4)1.08.9 0.233.9⑬⑫セイウンコウセイ
17/02/18 京都 11 京都牝馬S G3 芝1400 185103.011** 牝5 55.0 岩田康誠梅田智之502(+10)1.22.5 -0.334.0⑫⑦ワンスインナムーン
16/12/17 中山 11 ターコイズS G 芝1600 1671311.162** 牝4 56.5 岩田康誠梅田智之492(+11)1.33.8 0.234.1⑭⑯⑯マジックタイム
16/11/03 川崎 9 JBCレディ G1 ダ1600 13--------2** 牝4 55.0 岩田康誠梅田智之481(--)1.41.5 0.2----ホワイトフーガ
16/10/02 中山 11 スプリンター G1 芝1200 1661219.779** 牝4 55.0 岩田康誠梅田智之478(+2)1.07.8 0.232.9⑮⑬レッドファルクス
16/08/28 札幌 11 キーンランド G3 芝1200 147127.433** 牝4 55.0 岩田康誠梅田智之476(0)1.08.7 0.233.9⑦⑧ブランボヌール
16/06/19 函館 11 函館SS G3 芝1200 16118.173** 牝4 54.0 吉田隼人梅田智之476(0)1.08.0 0.234.0⑦⑦ソルヴェイグ

⇒もっと見る


レッツゴードンキの関連ニュース

 デスク 16日は東西で重賞ウイナーを姉に持つ良血が初陣を飾ったな。デビューが決まっている注目どころの情報を頼むわ。じゃあ、美浦から。

 漆山 サクラヴァルールが、10月5日東京の新馬戦(芝1600メートル)を横山典騎手で予定しています。

 デスク 2013年のGIII・フラワーCを勝ったサクラプレジールの初子やな。

 漆山 母も管理していた尾関調教師は「黒くてしっかりした馬体をしているところは似ていますね。母も新馬からスッと動けましたから」と好発進を願っています。

 デスク 米GI5勝の名牝、シルヴァービュレットデイの孫のデビューは決まったか?

 漆山 スリジエですね。こちらは28日中山の新馬戦(芝1600メートル)でベールを脱ぎます。「いいものを持っていてスピードもある」と、奥村武調教師は期待しています。

 川端 栗東には来週のスプリンターズSに出走するレッツゴードンキの半妹エイカイクイーン、ファンタジストの全妹ボンボヤージが入厩しています。

 デスク 18日に2頭そろってゲート試験に合格しているな。

 川端 耳が早いですねえ。梅田調教師は「レースは調教の負荷を上げてからの様子を見て決めるけど、2頭とも短いところになるだろうね」と。初陣が決まればまた報告します。

 デスク 17年の阪神JFを勝ったラッキーライラックの妹はどうなったんや?

 川端 ルリエーヴルはゲート試験合格後、成長を促すために放牧へ出ました。松永幹調教師は「繊細なところがあって、もう少し体力もついてくれれば」と。12月の阪神開催でのデビューになりそうです。 =終わり

【スプリンターズステークス】特別登録馬2019年9月16日(月) 17:30

[もっと見る]

【ヴィクトリア】レースを終えて…関係者談話 2019年5月13日(月) 05:04

 ◆菊沢師(アエロリット5着)「自分の競馬はできて、時計的にも頑張っている。ためて逃げても5着に残れたかわからないし、今回の競馬が刺激になってくれると思う」

 ◆川島騎手(ミエノサクシード6着)「周りが速いので、腹をくくってポジションを下げて内を進んだ。高速決着でも頑張ってくれた」

 ◆田辺騎手(サウンドキアラ7着)「中団から外を回る指示だった。格上挑戦で頑張っている」

 ◆川田騎手(ミッキーチャーム8着)「輸送をクリアして、いい状態で競馬に向かえましたが、あまりにも時計が速かったです」

 ◆武豊騎手(ソウルスターリング9着)「雰囲気や道中の感じはよかったが、時計が速すぎた。でも、復調の兆しは見えてきた」

 ◆岩田康騎手(レッツゴードンキ10着)「折り合い重視で、前回よりも力みなく走れていた。頑張っています」

 ◆北村友騎手(レッドオルガ11着)「時計が速くて道中タメがつくれず、直線に向いて余力がなかった」

 ◆柴田善騎手(デンコウアンジュ12着) 「状態はすごくよかったが、時計が速すぎたよ」

 ◆内田騎手(サトノワルキューレ13着) 「時計が速い。最後はジリジリ来ているけどね」

 ◆坂井騎手(アマルフィコースト14着) 「道中はリズムよく走れていたが、時計が速かった」

 ◆三浦騎手(フロンテアクイーン15着) 「外枠でこのペースについていくのが精いっぱいでした」

 ◆中谷騎手(ワントゥワン16着) 「時計が速すぎて、脚がたまるところがなかった」

 ◆秋山騎手(メイショウオワラ17着) 「時計が速すぎて追走でいっぱいでした」

 ◆M・デムーロ騎手(カンタービレ18着) 「いいところで競馬できたが、直線は走りがバラバラだった」

★12日東京11R「ヴィクトリアM」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【ヴィクトリア】4年連続参戦レッツゴードンキは10着 岩田康「折り合い重視の競馬」2019年5月12日() 19:52

 5月12日の東京11Rで行われた第14回ヴィクトリアマイル(GI、4歳以上オープン、芝1600メートル、牝馬、18頭立て、1着賞金=1億500万円)は、中団待機策に出たダミアン・レーン騎手騎乗の5番人気ノームコア(4歳、美浦・萩原清厩舎)が逃げるアエロリットをゴール前でかわすと外から襲いかかったプリモシーンをクビ差抑えて快勝した。タイム1分30秒5(良)はレコード。

 15年の桜花賞馬でヴィクトリアマイル4年連続参戦となるレッツゴードンキは、後方から直線馬場の真ん中を追い込むも10着に敗れた。

 岩田康誠騎手「折り合い重視の競馬を。後方からでも力みはなくいい感じで走れていたし、しまいも脚は使ってくれましたからね」



★【ヴィクトリアM】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】ヴィクトリアマイル 爆問・田中さん、霜降り明星ほか多数!競馬大好き芸能人・著名人がファイナルジャッジ!2019年5月12日() 09:40

※当欄ではヴィクトリアマイルについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。




【田中裕二(爆笑問題)】
◎④ノームコア
○⑬サトノワルキューレ
▲⑥ラッキーライラック
△⑨プリモシーン
△②レッドオルガ
△③クロコスミア
△⑯ソウルスターリング
馬連1頭軸流し・3連単1頭軸流しマルチ
④→②③⑥⑨⑬⑯

【霜降り明星・粗品】
◎⑮カンタービレ
3連単2頭軸流しマルチ
⑮→②→①④⑥⑦⑨⑪⑭

【霜降り明星・せいや】
◎⑧デンコウアンジュ
複勝


【小嶋陽菜(こじはる)】
◎②レッドオルガ
3連単ボックス
レッドオルガ
クロコスミア
ノームコア
ミッキーチャーム
フロンテアクイーン

【DAIGO】
◎⑦ミッキーチャーム
ワイド
⑦→⑥ラッキーライラック
ワイドフォーメーション
④⑮→④⑥⑦⑮

【徳光和夫】
3連複ボックス
レッドオルガ
ラッキーライラック
ミッキーチャーム
ワントゥワン
サトノワルキューレ
ソウルスターリング
ワイド1頭軸流し
⑫→②④⑤⑥⑧⑪⑮⑱

【杉本清】
◎⑥ラッキーライラック

【ゴルゴ松本(TIM)】
◎⑪アエロリット

【レッド吉田(TIM)】
◎②レッドオルガ
ワイド1頭軸流し
②→⑩⑬⑰
ワイド
②→③
②→⑱

【松田丈志(オリンピック競泳メダリスト)】
◎⑨プリモシーン

【林修】
注目馬
レッドオルガ

【さゆりんご(松村沙友理・乃木坂46)】
◎⑦ミッキーチャーム
3連単
⑦→⑱→④
⑦→⑧→①
⑦→②→⑫
⑦→⑪→⑧
⑦→⑭→②
⑦→⑬→⑭
⑦→⑬→⑧
⑦→⑨→①
⑦→⑫→⑩
⑦→④→⑯

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑥ラッキーライラック
○②レッドオルガ
▲⑪アエロリット
△⑧デンコウアンジュ
△⑩ミエノサクシード
△⑱フロンテアクイーン

【橋本マナミ】
◎②レッドオルガ

【稲富菜穂】
◎⑭レッツゴードンキ
○⑥ラッキーライラック
▲⑪アエロリット
△⑨プリモシーン
△⑧デンコウアンジュ
△⑦ミッキーチャーム

【やべきょうすけ】
◎⑥ラッキーライラック
○⑨プリモシーン
▲④ノームコア
△①アマルフィコースト
△②レッドオルガ
△⑪アエロリット
△⑮カンタービレ

【小木茂光】
注目馬
レッドオルガ
デンコウアンジュ
アエロリット
3連単フォーメーション
②⑧⑪→①②④⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑭⑮⑱→②⑧⑪

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎⑧デンコウアンジュ
ワイド
⑧→⑥ラッキーライラック

【キャプテン渡辺】
◎⑱フロンテアクイーン
ワイド・馬連
⑱→⑧デンコウアンジュ

【土屋伸之(ナイツ)】
◎②レッドオルガ
○⑨プリモシーン
▲⑪アエロリット
△④ノームコア
△⑥ラッキーライラック
△⑬サトノワルキューレ
△⑯ソウルスターリング

【安田和博(デンジャラス)】
◎②レッドオルガ
○⑪アエロリット
▲⑨プリモシーン
△③クロコスミア
△⑥ラッキーライラック
△⑦ミッキーチャーム
△⑧デンコウアンジュ
3連単フォーメーション
②→⑦⑨⑪→③⑥⑦⑧⑨⑪
⑦⑨⑪→②→③⑥⑦⑧⑨⑪

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎④ノームコア
○⑬サトノワルキューレ
▲⑮カンタービレ
△①アマルフィコースト
△③クロコスミア
△⑥ラッキーライラック
△⑦ミッキーチャーム
△⑱フロンテアクイーン
3連複フォーメーション
④⑬⑮→④⑬⑮→①②③④⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯⑰⑱
3連単フォーメーション
④→⑬⑮→①②③⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯⑰⑱
④→①②③⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯⑰⑱→⑬⑮
⑬⑮→④→①②③⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯⑰⑱
①②③⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯⑰⑱→④→⑬⑮
⑥⑦→⑥⑦→①②③④⑤⑧⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯⑰⑱

【土井よしお(ワンダラーズ)】
◎②レッドオルガ
○⑥ラッキーライラック
▲⑨プリモシーン
△⑦ミッキーチャーム
△⑧デンコウアンジュ
△⑮カンタービレ
△⑱フロンテアクイーン

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎⑨プリモシーン
3連単フォーメーション
①②③④⑥⑦⑬⑮⑱→⑨→①②③④⑥⑦⑧⑩⑪⑬⑭⑮⑯⑱
①②③④⑥⑦⑬⑮⑱→①②③④⑥⑦⑧⑩⑪⑬⑭⑮⑯⑱→⑨
②④→⑨→①②③④⑥
②④→①②③④⑥→⑨

【こいで(シャンプーハット)】
◎⑦ミッキーチャーム
3連単2頭軸流しマルチ
⑦→③→④⑥⑪

【てつじ(シャンプーハット)】
◎⑬サトノワルキューレ
3連単2頭軸流しマルチ
⑬→⑦→②③④⑥⑨⑪⑮⑱
3連単1頭軸流しマルチ
⑬→②⑥⑦
3連単ボックス
ラッキーライラック
ミッキーチャーム
サトノワルキューレ

【浅越ゴエ】
◎⑨プリモシーン
3連単2頭軸流しマルチ
⑨→②→①③④⑤⑥⑦⑧⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯⑰⑱

【船山陽司】
◎⑱フロンテアクイーン

【上村彩子】
◎⑪アエロリット

【曽田麻衣子】
◎⑪アエロリット
3連複1頭軸流し
⑪→②⑥⑦⑧⑨⑫⑮
ワイド1頭軸流し
⑧⑧デンコウアンジュ→⑥⑪

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑥ラッキーライラック

【大島麻衣】
◎⑥ラッキーライラック

【熊崎晴香(SKE48)】
◎⑧デンコウアンジュ

【祥子】
◎⑪アエロリット

【高見侑里】
◎④ノームコア

【高田秋】
◎②レッドオルガ

【守永真彩】
◎②レッドオルガ
3連複1頭軸流し
②→④⑥⑨⑪⑮⑱

【目黒貴子】
◎⑥ラッキーライラック

【天童なこ】
◎⑨プリモシーン



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【U指数的分析の結論!】ヴィクトリアマイル U指数攻略がフィットするレース!低指数馬同士の組み合わせは控えるべき!2019年5月12日() 09:35

G1開催週に公開されるコラム「U指数的分析」の内容をもとに、ピックアップした条件に合致する馬や買い目を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2012年以降の結果をもとに検証



<ポイント①>
毎年のように荒れているが、指数上位馬が人気薄というケースが多く、U指数攻略がフィットするレース。指数1~5位の単勝回収率227.1%、複勝回収率128.9%。

1位→⑪アエロリット
2位→⑭レッツゴードンキ
3位→⑨プリモシーン
4位→⑥ラッキーライラック
5位→⑩ミエノサクシード

<ポイント②>
低指数馬の台頭が多いためバッサリ切るのは危険だが、指数95.5未満の馬が2頭以上絡んだ年はない。低指数馬同士の2連勝馬券、低指数馬を2頭以上含む組み合わせの3連勝の馬券購入は控えるべき。

指数95.5未満

メイショウオワラ
ミッキーチャーム

<ポイント③>
指数順にバランスよく馬券に絡むのがこのレースの特徴。指数1~2位+指数3~5位+指数6位以下という組み合わせの3連複フォーメーションを購入した際の回収率は5418.8%。18番人気で3着に激走した2015年のミナレットが数字を引き上げていることは明白だが、この年を除いても回収率は142.1%と優秀。

指数1~2位+指数3~5位+指数6位以下の3連複フォーメーション買い目

⑪⑭+⑥⑨⑩+①②③④⑤⑦⑧⑫⑬⑮⑯⑰⑱



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

レッツゴードンキの関連コラム

閲覧 858ビュー コメント 0 ナイス 8



先週は、12(日)に東京競馬場でG1ヴィクトリアマイルが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1ヴィクトリアマイルは、1番人気に単勝4.3倍でラッキーライラック、2番人気アエロリット(単勝5.8倍)、3番人気レッドオルガ(同6.1倍)、4番人気プリモシーン(同6.4倍)、5番人気ノームコア(同9.4倍)、6番人気ミッキーチャーム(同9.7倍)と、6頭が単勝4~10倍内にひしめく大混戦様相。
スタートは速くなく押して出していった2番人気アエロリットが、内の4頭ほどを交わしてハナへ。軽快に飛ばしていくアエロリットに、アマルフィコーストミッキーチャームと続き、クロコスミアソウルスターリングラッキーライラックレッドオルガカンタービレノームコアフロンテアクイーンプリモシーンメイショウオワラデンコウアンジュサウンドキアラミエノサクシードレッツゴードンキサトノワルキューレと続き、最後方にポツンとワントゥワンの態勢で全18頭が3コーナーへ。
高速馬場とはいえ、それを差し引いても軽快なペースで後続に3馬身ほどの差をつけるアエロリットは、ここからほとんど緩めないまま直線を迎えるペースで運び、タイトな流れを演出。
2、3番手のミッキーチャームアマルフィコーストが追撃を開始しますが、前を行くアエロリットよりも先に苦しくなる展開。代わって、馬場の3分どころからラッキーライラックが鋭伸し、直後の外を通ってはノームコアも伸びて迫ります。残り1Fでさすがに先頭キープが苦しくなったアエロリットを、ラッキーライラックノームコアに、さらに大外からはプリモシーンも加わって一気に交わしていくと、内を盛り返してはクロコスミアも迫るゴール手前50m。決着時計は1分30秒台に突入するという、この超高速決着を、ラスト半馬身ほど抜け出して制したのは、D.レーン騎手騎乗のノームコアでした。上がり最速で迫った、クビ差2着プリモシーン以下を競り下し、G1初制覇を飾っています。また鞍上のD.レーン騎手にとっても、嬉しいJRA初G1タイトル奪取となっています。プリモシーンから、1/2馬身差の3着には11番人気クロコスミアが入っています。
公認プロ予想家では、覆面ドクター・英プロnigeプロスガダイプロシムーンプロ馬っしぐらプロら計6名が的中をマークしています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
11(土)は新潟11Rで▲◎○的中を披露。また、12(日)は東京2Rベルゲンハーバー京都4Rでの◎○△的中などで、大幅プラスを達成。週間トータルでは、回収率トップの180%をマーク!3週連続プラス収支を記録しています。また、最新の予想家ランキングでは、不動の首位スガダイプロから1位の座を奪い、こちらもトップに立っています。
 
☆☆☆注目プロ →はははふほほほプロ
11(土)は京都6R10Rでの5レース連続的中など、好調予想を連発し大幅プラスを記録。12(日)には新潟6Rトラストシンゲン(単勝36.3倍)、新潟9Rモンアムール(単勝102.8倍)などの本命的中を披露し、連日のプラス収支を達成しました。週間トータル回収率135%、収支はトップの25万8,970円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
11(土)新潟10Rでの◎ファストアズエバー的中、12(日)京都11Rの◎ノボバカラ的中などで、先週もプラス収支をマーク。5週連続週末プラスを達成しています。
 
 
 
この他にも、奥野憲一プロ(158%)、金子京介プロ(126%)、ろいすプロ(120%)、ジョアプロ(115%)、くりーくプロ(111%)らが、週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2019年5月9日(木) 13:30 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2019ヴィクトリアマイル
閲覧 1,805ビュー コメント 0 ナイス 11



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。

5月12日(日) 東京11R 第14回ヴィクトリアマイル(4歳以上G1・牝馬・芝1600m)

【登録頭数:19頭】(フルゲート:18頭)


<優先出走馬>

デンコウアンジュ(C)中2週
前走で久しぶりの重賞勝ち。パドックでは落ち着きもありドッシリとした感じで、かなり出来は良さそうだった。今回は中2週となり間隔も詰っているので軽めの調整だが、前走時の感じからは大きく調子を落とすということはなさそう。

ミッキーチャーム(B)中4週
休み明けの中山牝馬Sではパドックでウルサイ面を見せていたが、前走時は落ち着きもあり馬体重も増えていて良い状態だったのではないかと思う。今回は、休み明け3戦目で前走時にほぼ馬もできていたので、無理にビシビシやる必要はなさそう。関東への輸送もあるので、最終追い切りは馬なりでテンションを上げないような調整が理想的。


<以下、賞金上位馬>

レッツゴードンキ(B)中6週
この中間もいつも通り乗り込まれていて2週前、1週前と坂路で好時計。1週前にはいつものように岩田騎手が追い切りに騎乗して好時計を出していて、引き続き調子は良さそう。

クロコスミア(B)中4週
中山牝馬S、阪神牝馬Sと休み明けの2戦ともにパドックでは良く見せており、この中間も1週前に坂路で好時計が出ていて調子は良さそう。最終追い切りも馬なりで良い動きなら、十分力は出せそう。

ソウルスターリング(C)7ヶ月
休養明けでのレースとなり、2ヶ月ほど前から乗り込まれてきているが、1週前追い切りの動きを見ると馬が小さく見えて、物足りない動きに見えた。牧場である程度仕上げて来る時代だが、トップクラスの藤沢厩舎がどんな感じで仕上げてくるか、最終追い切りの動きには注目したい。

フロンテアクイーン(A)中8週
前走の中山牝馬Sの時にも◎にしたくらい、調教の動きが良かった馬。この中間もしっかりと乗り込まれていて、1週前には南Wを三浦皇成騎手騎乗で追い切られ、内めを回ったとはいえ手応え良く馬なりで先着。パドックでテンションが高くなる馬なので、馬なりで楽に先着できたことはプラスになりそう。

カンタービレ(A)中4週
休み明けの前走時は、追い切りでは併走馬を突き放して先着とかなり仕上がりは良かった。この中間も、1週前追い切りでは楽に先着していて、一度使われての上積みがありそう。

ワントゥワン(C)中4週
昨夏の良い頃に比べると、調教での時計が物足りない印象で、1週前追い切りでもビッシリ追われてわずかに先着と、この辺りにも動きが重い感じを残す。

ノームコア(A)中8週
ここ2戦と比べても坂路、南Wでの時計が出ていて1週前追い切りでは楽に併走相手を突き放し調子は良さそう。1週前に併せ馬で強く追っているので、直前はそんなに強くやらなくても良さそう。

レッドオルガ(C)中4週
いつもと同じで1週前にジョッキーが騎乗して併せ馬で強めに追われている。ただ、走りやすそうな馬場の割に重心が高く、併走相手の手応えと比べても物足りない動きに見えた。

ミエノサクシード(D)中4週
前走時は中間の坂路、CWで好時計が出ていたが、この中間は間の日曜坂路での時計が物足りず、前走ほどの出来ではなさそう。

キャナルストリート(B)3ヶ月
この中間はいつもの1週前追い切りと比べるとかなり良い時計が出ていて、休み明けにしては仕上がりは良さそう。ただこのレースは回避して、土曜の京王杯SCに出走予定。

メイショウオワラ(E)中2週
今回は間隔も詰っているので軽めの調整だが、良い時は坂路で好時計が出ており今回は物足りず。

サトノワルキューレ(C)中4週
休み明けを2回使われているが、その2回ともに1週前追い切りのコースが違っていて、今回も前回とは違いCWを併せ馬で調整。併走相手の手応えがかなり良かったので目立たないが、それでも休み明けを2度使われて前走時よりは良くなっている様子がうかがえる。

アマルフィコースト(D)中4週
この2戦人気薄で好走しているが、坂路でかなり良い時計が出ていたので調子自体が良かったと思う。今回は、1週前追い切りをCWに変えてきた点は気になる。


<以下、除外対象馬>

サウンドキアラ(D)中2週
1月から5戦使われてきていて、今回は中2週で1週前の速い時計は無し。これまでペースの緩いレースばかりが多く、一気の相手強化で厳しいレースになるとどうか。


※なお、ラッキーライラックアエロリットプリモシーンの3頭に関してはプロ予想最前線ニュースにてコメントしておりますのでそちらの公開をお待ち下さい(金曜夜公開予定)。


◇今回はヴィクトリアマイル編でした。
JRAのレースも、毎週予想をしていると運が味方してくれる時と、ソッポを向いてしまう時があるもの。特に運が味方してくれない時というのは、印象に残ることが多いものです。
先行している馬が粘って粘って最後差されることもあれば、凄い勢いで追い込んできたと思ったら差し届かず。2頭の首の上げ下げになればハナ差競り負けと、長く競馬をしているとこのようなことが続くなんてシーンにもしばしば遭遇します。個人的に、そんな時はどうしようもないと諦めるしかないと思っているのですが、ただ私の場合は地方競馬も予想するので、そちらに救いの手があったりもします( ^^) 
JRAの調子が悪いと平日の地方競馬が調子良かったり、またその逆パターンも。今は海外競馬の馬券も発売するようになっていますし、ウマニティでは香港競馬の予想もすることができます。同じ競馬であってもそれぞれ違う視点で予想するため、自分の中でモードを切り替えてそれぞれの予想をしているようなところがあって、引きずっているとモードが切り替わらないので気持ちの切り替えはかなり早い方だと思っています。
それでもどうしてもJRAがメインになってしまいますが、平日の1Rから地方競馬で配当は安くても予想した馬が予想通り走ってくれれば嬉しいものですし、ナイター競馬の最終Rで高配当が当たれば何か得した気分にもなります。先日の香港クイーンエリザベス2世カップでも、その日のJRAの予想が振るわなかったなかでの最後の最後に予想通りの的中と、しっかり予想していればどこかの女神が微笑んでくれるものだなぁと痛感してしまいました。
負けている時こそ勉強できる時だと思っているので、その時に何をしたかが何日後であったり何週間後の的中を呼び込む力になるのだと思います。

それでは次回、オークス編でお会いしましょう。


ヴィクトリアマイル出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2019年5月9日(木) 10:00 覆面ドクター・英
ヴィクトリアマイル2019
閲覧 2,066ビュー コメント 0 ナイス 12



GWは、10連出勤も早めに帰れるので、遠出は出来ませんでしたが(したくない・・・^^;)、競馬もやれたし、子供たちとも外で遊べて、いい時間が過ごせました。NHKマイルCは、グランアレグリアの前が開かずに外に外に行った挙句に、直線でよれて接触もあり、正直ルメール騎手らしからぬ残念騎乗でした。多少ハイペースでも、内から早めスパートの形が外から差すより良かったと思いますが......。割と人気薄に本命を打っての2着続きから、人気馬に本命打って凡走ときていますので、今週末は巻き返したいところです。日本での馬券発売もあったケンタッキーダービーは、本命を打った1番人気馬が降着になりましたが、どっちみちヒモ抜けだったので、運を使い果たさず逆にラッキーくらいに割り切っています(笑)

ヴィクトリアマイルも14回目になるというのに、やはりいまいちG1としてピンときていないのは、安田記念と違って、道中スロー気味だったりして前が残って荒れたりもあり、難しく、大儲けした思い出が無いからかもしれませんね。そろそろ大当たりしないと。

それでは恒例の全頭診断へ。


<全頭診断>
1番人気想定 ラッキーライラック中山記念では古馬の牡馬と一緒に2着と好走したこともあり、前哨戦の阪神牝馬Sで1番人気の支持を集めたが結果は8着と裏切った。アーモンドアイが居なければ5連勝で桜花賞馬となっていたであろう馬だが、瞬発力はイマイチで直線の長いコースは正直あまり向かなそう。人気考えると消して妙味か。今後活躍の場はローカル牝馬中距離重賞では(馬格があって、母方はダート血統でもあり、ダートの鬼の可能性もあるが)。

2番人気想定 アエロリット:東京1600~1800mが最も得意な条件で、海外帰りの疲れも無さそう。今年もそれなりにやれて良い。横山典騎手に戻るのも良さそう。ただ瞬発力は無く、スローからの瞬発力勝負になると分が悪い。自らが鍵を握る道中の流れひとつか。

3番人気想定 ミッキーチャーム:昨秋は逃げて秋華賞2着、そして前哨戦の阪神牝馬Sは先行からの勝利と、逃げても、逃げなくても勝負強いタイプだが、輸送が苦手で中山牝馬Sでは入れ込んで惨敗した。関東圏のこのレースも消して妙味か(先週、同じ理由で軽視のカテドラルは、苦手な輸送を克服してしまったが)。

4番人気想定 レッドオルガ:2月の東京新聞杯で今回と同条件の東京マイルで2着し、母エリモピクシーの仔は皆この条件得意と良いのだが、今回それなりに人気もしそうで妙味はあまり無いか。

5番人気想定 プリモシーン:中山マイルのダービー卿CTでは2着だったが、昨夏の関屋記念を鋭く差し切っており、左回りで直線長いマイル戦ならここでも頭まである楽しみな一頭。

6番人気想定 ソウルスターリング:6戦5勝でオークスを制したあたりまでがピークで、秋に毎日王冠で暴走逃げで沈没して以降、気持ちが切れたのか能力を出せなくなった。もう繁殖で期待でいいのでは。

7番人気想定 ノームコア:前がドン詰まりで1番人気7着だった中山牝馬Sからの参戦だが、人気落とすここは逆に狙い目かも。昨秋のエリザベス女王杯で2番人気だったように実力はある馬。

8番人気想定 デンコウアンジュ:福島牝馬Sを制して6歳でも元気。同じメイショウサムソン産駒フロンテアクイーンとともに、春の直線の短い福島と中山の牝馬重賞Vと活躍。ただ両頭ともに、直線の長い東京でもそれなりにやれるタイプで、ヒモにはありなタイプ。

9番人気想定 カンタービレ:昨秋の秋華賞で3着の後はエリザベス女王杯6着、前哨戦ともいえる阪神牝馬S6着と結果が出ていない。成長力がいまひとつなのかもしれないが、着順ほど内容は悪くなく、それなりにやれても良い。

10番人気以下想定
レッツゴードンキヴィクトリアマイルに4度目の出場となるこの馬だが、10着、11着、6着と結果は出ていない。力は落ちていないがもっとスプリント路線に絞って使った方がいいのでは。

フロンテアクイーン:一昨年の年末から牝馬重賞でずっと活躍してきている馬で、中山牝馬S勝ちでの臨戦となる。昨秋の府中牝馬Sで3着と、東京マイルも平気で、ヒモにはありか。

アマルフィコースト:準オープンで2~3着4回の後に、牝馬重賞でも3着、2着と人気薄で頑張り、しかも前走の2着は実績の乏しかったマイルの阪神牝馬Sでのもので更に前進をみせている。こちらも、ヒモにはありなタイプでは。

クロコスミア:一昨年秋の府中牝馬Sで、今回と同条件の東京マイル勝ちの後は勝ち星は無いが、そう力は落ちておらず、ヒモにはありでは。

サトノワルキューレ:昨年のこの時期はフローラSを豪快な末脚で差し切って、オークスでも3番人気に推されたが、3月の金鯱賞も阪神牝馬Sも惨敗。成長力がいまひとつなのか、体調がすぐれないのか、狙いにくい。

サウンドキアラ:1000万下での5回の2着、3着の後にようやく勝ち上がってきたが、こういう惜敗タイプは強い相手にも食らいつける可能性もある。ただ、まだ一線級とは差があるのでは。

ミエノサクシード:6歳牝馬だが能力はあまり下がっていないようで、今年はマイルのG3とG2で人気薄で3着と頑張っている。頭は無くてもヒモにはありなタイプか。

ワントゥワン:昨秋は3戦連続G3で2着と活躍したが、力がさすがに落ちてきたのか前走はビリ。そろそろ繁殖入りの時期なのでは。

キャナルストリート:牝馬重賞で活躍したブロードストリートの半妹。1400m実績ばかりで、非根幹距離向きのマンハッタンカフェ産駒だけに、東京マイルで激走というのはいまひとつピンと来ない。

メイショウオワラ:11頭立ての10番人気で準オープンを勝ち上がったが、オープンでは2戦ともに通用せず掲示板外。それまでも人気薄での勝ち星が多いのだが、さすがにここでの大金星は無いのでは。


<まとめ>
有力:プリモシーンアエロリット

人気で危険:ラッキーライラックミッキーチャームレッドオルガソウルスターリング

ヒモ穴に:ノームコアデンコウアンジュカンタービレフロンテアクイーンアマルフィコーストクロコスミアミエノサクシード

[もっと見る]

2019年4月5日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】2週連続でG1は内枠決着!枠順から見た桜花賞展望
閲覧 1,367ビュー コメント 0 ナイス 4

先週の大阪杯は豪華メンバーが揃った一戦となったが、制したのは9番人気のアルアインだった。好スタートを決めると内枠を生かして道中はラチ沿いを追走、直線もインを突く競馬で、1番人気ブラストワンピースが外を回したのとは対象的なコース取りが光った。

2着には2番手追走のキセキ、3着には2番枠のワグネリアン、4着にも最内枠のマカヒキが突っ込み、上位4着までの馬番3→6→2→1と完全なる内枠決着。高松宮記念に続いて、枠順が明暗を分けた一戦だった。


~内枠不利、中・外枠有利が顕著な近年の桜花賞

さて、そうなると俄然気になるのが桜花賞の枠順だろう。というのも、桜花賞は多くのG1の中でも特に枠の影響を受けやすい一戦だからである。

とはいっても内枠有利ではなく、中~外枠有利の傾向が顕著だ。現在のコースで行われるようになった2007年以降、桜花賞の枠順別成績は以下の通りである。

1~2枠(0-1-2-43)
4~5枠(6-2-4-35)
7~8枠(5-6-4-37)

ご覧いただければお分かりの通り、明らかに内枠は不利、中~外枠の方がよく馬券に絡んでいる。

1~2枠で馬券に絡んだのは以下の3頭である。

2007年 カタマチボタン(7番人気3着)
2015年 コンテッサトゥーレ(8番人気3着)
2018年 ラッキーライラック(1番人気2着)

このうち2007年のカタマチボタンはまだ内も良かった改装初年度、2015年は逃げたレッツゴードンキが5F通過62秒5という超スローに落とした年、そして昨年のラッキーライラックは単勝1.8倍の断然人気馬だった。

したがって、1~2枠は超スローにでもならない限りなかなか出番がない、またあるとしても2~3着までというのが過去の傾向なのである。

だが、困ったことに今年は1~2枠に悩ましい有力どころが入った印象だ。最内枠には上位人気が予想されるシェーングランツ、そして2枠4番にも人気の一角を占めるだろうクロノジェネシスが入った。過去の傾向通りならばこれらの馬たちのアタマはナシとなるのだが…。


~順当に予想すればダノンファンタジービーチサンバは有力

というわけで、今年の桜花賞、過去の傾向通りならば7枠15番に入ったダノンファンタジー、7枠14番に入ったビーチサンバはかなり有力ということになる。ダノンファンタジーは2歳女王にして王道トライアルのチューリップ賞も完勝。川田騎手ならば確実に位置を取ってくれそうだし、ビーチサンバ桜花賞と相性抜群の福永騎手が騎乗、レースぶりにも安定感がある。

あとはよほど内が伸びるような馬場にならないか、あるいは極端なスローにならないか。その点については改めて週末の馬場、そして出走メンバーのコメントなどを見て判断したい。競馬予想は様々な要素を考え出走馬を比較することも大事だが、過去の傾向や枠順からシンプルに選んだ方がスンナリ当たることも多い。

私事になるが、2月まで好調だった馬券の調子が3月以降急降下している。運気を変えるためにも、今週に関しては素直に過去傾向にしたがう予定だ。

桜花賞の最終結論は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開します。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。2018年12月14日には最新刊『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)をリリース。

[もっと見る]

2019年3月29日(金) 10:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(3/23~3/24)山崎エリカプロがG1高松宮記念◎ミスターメロディ-△セイウンコウセイで的中!
閲覧 1,277ビュー コメント 0 ナイス 16



先週は、24(日)に中京競馬場でG1高松宮記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1高松宮記念は、単勝2.5倍の1番人気にダノンスマッシュ、以下2番人気モズスーパーフレア(単勝4.1倍)、3番人気ミスターメロディ(同7.8倍)、4番人気ロジクライ(同9.2倍)、5番人気レッツゴードンキ(同9.8倍)と、上位5頭が単勝ひとケタ台で続く状況。
迎えたスタート。好発を決めてまず出を窺うセイウンコウセイに、ラブカンプーが競り掛ける序盤の先手争い。近走よりも主導権を握るのに時間を要した格好の2番人気モズスーパーフレアは、3番手となってこれを追います。3コーナーまでかかってようやく先頭に立ったモズスーパーフレアが、2番手ラブカンプーに対し2馬身ほどリードを築き始めると、以下はセイウンコウセイダノンスマッシュナックビーナスアレスバローズミスターメロディティーハーフペイシャフェリシタダイメイフジラインスピリットショウナンアンセムロジクライデアレガーロレッツゴードンキスノードラゴンダイメイプリンセスヒルノデイバローの態勢で、4コーナーを回って直線勝負へ。
先頭で粘り込みを目論むモズスーパーフレアでしたが、手応えが悪くすぐに後続に並び掛けられる展開。ここで代わって先頭は、12番人気のセイウンコウセイ。外からは1番人気ダノンスマッシュ、内を捌いてはミスターメロディラインスピリットショウナンアンセムティーハーフレッツゴードンキといったところが、これを追って残り300mを通過。これらの中から、ミスターメロディが、セイウンコウセイの内を通って勢いよく並び掛け、さらに内を突いては17番人気ショウナンアンセムも目立つ伸び脚で3番手へと浮上。外から迫るダノンスマッシュも懸命に内の3頭を追いますが、なかなか差を詰め切れず。
結局、内3頭による叩き合いから、残り100m手前で抜け出したミスターメロディが制して初G1V。春のスプリント王に輝いています。1/2馬身差の2着にセイウンコウセイが入り、アタマ差の3着にショウナンアンセムが入っています。
公認プロ予想家では、山崎エリカプロ田口啄麻プロジョアプロマカロニスタンダーズプロ豚ミンCプロ蒼馬久一郎プロら計6名が的中をマークしています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
24(日)G1高松宮記念を◎ミスターメロディ-△セイウンコウセイで的中!馬連305.3倍的中、計168,650円の払戻しに成功しています。週間トータルでは、回収率190%をマーク。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
23(土)の中京1Rで○◎▲的中の好発進。同日阪神10RG2日経、また24(日)には中京9R中山10R阪神12Rなどの活躍を披露!週末トータルでは回収率106%の好成績をマークし、前週・前々週に続きこれで3週連続週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
23(土)阪神2R中京3R中山7R中京9R中山12Rなどで高精度予想を連発。24(日)も中山1Rでの○◎▲3連複190.2倍、馬単106.8倍ほか計8万1,600円払戻しなどの活躍を披露しました。土日トータル回収率143%、収支14万7,700円プラスをマークし、2週連続の週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
23(土)阪神9Rでパーフェクト予想を披露!◎フェアリーポルカサムシングジャストビックピクチャー的中で、一撃76万2,800円払戻しのホームランとなりました。週間トータルでは回収率105%を達成しています。
 
 
 
この他にも、おかべプロ(185%←2週連続週末プラス)、豚ミンCプロ(146%)、馬っしぐらプロ(141%)、ゼット1号プロ(133%)、マカロニスタンダーズプロ(126%)、蒼馬久一郎プロ(125%)、【U指数】3連複プリンセスプロ(108%)、ース1号プロ(100%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2019年3月27日(水) 16:00 覆面ドクター・英
大阪杯2019
閲覧 1,778ビュー コメント 0 ナイス 11



高松宮記念は大荒れで難しかったですね。まず、肝心の軸ダノンスマッシュが思ったより伸びず。逃げられないと脆い可能性が高いとふんだ2番人気モズスーパーフレアの評価を下げたり、もうレッツゴードンキナックビーナスの高齢牝馬は要らないのでは、というところまでは間違ってはいなかったと思うのですが......。それに、2~3着の人気薄馬は、セイウンコウセイはG1馬だけに激走まだしも、ショウナンアンセムは難しかったですねぇ。後付けなら、マイルで惨敗していた馬が、前走の1200mでもたつかず高い適性を示していたとも言えるのですが。3連単449万馬券、とりたいものです。

気を取り直して、今週は大阪杯。こちらは一転して15頭中8頭がG1馬という、どこからでも狙えそうなレースで、難しい半面、馬券的には非常に面白そうでもあります。G1昇格自体どうだろうと当初思っていましたが、春の天皇賞は長すぎるし、宝塚記念の時期は暑すぎるということもあり、中距離の強豪が集結して、G1昇格は良かったんだろうなあと思います。昔の秋の天皇賞がこんな感じで、ステイヤーからマイラーまで強豪が集結してワクワクするレースだったので、それに近いのかもしれません。

それでは恒例の全頭診断を。


<全頭診断>
1番人気想定 ブラストワンピース:ダービーで本命を打って裏切られ、有馬記念で評価を下げて来る、というように私自身とも相性が悪いし、騎乗も難しい馬だと思われる巨漢馬。ただ、実力があるのは確か。一方で、1番人気でドンと来い、というタイプでもない気もするし、最終的に軸に据えるかどうかは個人個人の好き好きでは?(私自身も悩ましいところ)。ムラ馬×ムラな騎手(池添騎手)だけに、ホームランか三振かというタイプ。

2番人気想定 キセキ:極悪馬場の菊花賞勝ち後は、海外遠征も含め疲れがあったのか、低迷が続いたが、昨秋は逃げて強い競馬を見せた。有馬記念は5着に沈んだが、アーモンドアイとの激闘のJCの影響か、距離が長かったか。菊花賞馬とはいえ、ステイヤーというより中距離馬と思われ、ここも凄味を増した川田騎手の逃げ切りあるのでは、との印象も。ただ、調教の動きがいまひとつで、昨秋ほどのデキにはないのかも。

3番人気想定 ワグネリアン:ダービーと神戸新聞杯を制してから半年以上の休み明けとなるし、ディープインパクト産駒らしく鋭い末脚が身上で、取りこぼした二度が中山ということもあり、今回の阪神内回りでどうか。天候的に渋ったりすることの多いこの時期向きでもないか。この世代の牡馬もレベル微妙でもある。

4番人気想定 ペルシアンナイト:マイルCS勝ち馬だが、本質的には中距離馬だとみており、その意味で本命を打った金鯱賞の4着は物足りない結果。デムーロ騎手は、馬場悪化を敗因にあげていたが、そもそもマイルCSは渋った馬場を味方に勝った馬。力や気力がちょっと落ちてきている可能性もありそう。

5番人気想定 ステルヴィオ:昨秋のマイルCS馬でデビューから30kg近く馬体を増やして強くなってきた。先行力もあり、頭まででなくても、安定して上位に来るだけの力は持っているのでは。

6番人気想定 サングレーザー:昨夏は札幌記念マカヒキを封じたり、秋の天皇賞ではレイデオロの2着と、トップレベルにいることを証明した。G1で3着、5着、2着、4着(香港)と、そろそろ勝ってもおかしくはないが、ピーク過ぎた可能性もありそう。

7番人気想定 エアウィンザー:全15戦中13戦で1番人気となり、昨年5月から12月まで4連勝して、3月の金鯱賞でも1番人気3着と上り馬として臨む今回。前走の敗戦で人気を落とすようなら楽しみでもあるのだが、なんせこの一族はトライアルなど前哨戦では強く、G1ではイマイチという血統。この馬もここではやはり一歩足りず、という可能性も大いにありそう。

8番人気想定 アルアイン:約2年前に皐月賞を制して以降、上位には来るが勝ち切れない状況が続いている。勝ち切れてないディープインパクト産駒が、いきなり大舞台で勝つというパターンはあまり無く、ここも惜敗止まりでは。

9番人気想定 エポカドーロオルフェーヴル産駒の皐月賞馬で、ダービー2着以降はイマイチな状況。舞台としてはぴったりそうだが、成長力がいまひとつな可能性もありそうとみている。

10番人気以下想定
ステイフーリッシュ:昨年の京都新聞杯勝ち馬で今年も中山金杯2着、京都記念2着と好調ではあるが、藤岡佑騎手が騎乗停止という点をみても運が無い印象。昨年12月の同舞台のチャレンジCでは今回出てくるエアウィンザーに4馬身半ちぎられており、力的に圏内に居るがそう強調できるほどでもないか。

ダンビュライト京都記念を勝っての臨戦となるが、昨年もAJCCを勝っているように2200mの適性は高い。阪神でさほど実績が無いように、広々した競馬場向きで、阪神内回り向きではないのでは。

マカヒキ:もうちょっと頑張ってくれないとダービー馬の権威が失墜しかねない状況だが、ディープインパクト産駒らしい瞬発力型で、エアレーションやシャタリングなどを行いフカフカした馬場造るようになった今の時代が合っていないのかもしれない。

スティッフェリオ福島記念と休みを挟んでの小倉記念勝ち馬で、小回り2000mは得意。人気はなくとも、十分圏内で妙味的にはかなりあるのでは。

ムイトオブリガード:およそ1年前の昨年2月にはまだ500万下にいて、ダートから芝に路線を変えたばかりだったが、そこから1年間で4勝して、G2アルゼンチン共和国杯で2着するまでに急上昇をみせた。ただ、ステイヤー寄りでここはちょっと忙しいのでは。

アクションスターアグネスタキオン産駒の最後の現役馬で頑張って欲しいが、15頭中、唯一圏外の馬と言えるのでは。



<まとめ>
大混戦の一戦で、恐らく最低人気のアクションスター以外はそれなりにやれていい馬が集結した。先にも書いたが、どこから入るかは好き好きで、何でもありの一戦では。


有力:キセキブラストワンピースステルヴィオペルシアンナイト

人気薄で楽しみ:スティッフェリオアルアインステイフーリッシュエアウィンザー

[もっと見る]

⇒もっと見る

レッツゴードンキの口コミ


口コミ一覧
閲覧 72ビュー コメント 1 ナイス 11

セントウル 登録15頭

阪神開幕週、武豊鞍上でマテラスカイが参戦し、逃げ先行有利な展開になりそう。ミスターメロディの連対は堅くなり、逆に実力G1クラスのタワーオブロンドンは届かない可能性が高くなった。

○はシュウジ、久々の56kgで阪神であれば先行から粘れそう。ただし頭はなく2/3着。

▲は逃げ馬マテラスカイ、武豊のペース配分で勝ちきってしまう可能性も。

カナロア産駒は割引、52kgイベリスが一番手。
ハーツクライ産駒牝馬ペイシャフェリシタもシュウジ同等。
バクシンオー系牝馬ラブカンプーも54kgなら見限れない。

後方勢では、△タワーオブロンドン以外は厳しい競馬になりそう。アンヴァル、ファンタジスト、ダイメイプリンセスは少し前からいければ馬券になる可能性あり。

逃げ
▲56マテラスカイ 武豊

番手
×54ラブカンプー
△52イベリス

先行 中心はここ
◎58ミスターメロディ
△54ペイシャフェリシタ
○56シュウジ

差し
×54ダイメイプリンセス
×54アンヴァル
×54ファンタジスト
△57タワーオブロンドン
54タマモブリリアン
56キングハート
56カイザーメランジェ

追込
57モーニン
56キャプテンペリー


7歳 1頭
57 モーニン 父外国
追込、サングレーザーより上がり速くない

6歳 6頭
56キャプテンペリー 父クロフネ
追込、新馬戦1200圧勝でもそれ以来

56キングハート 父マッテルゼ
阪神は1400で1走のみ

○56シュウジ 父キンシャサ
好位差し、阪神は56kgで阪神カップ勝ちあり、56kgなら差はない

×54牝ダイメイプリンセス 父ヘイロー
初阪神、差し、ダイアナヘイローは阪神1400で重賞2勝、当馬も中山走るので問題なしだが後方からになりそう

54牝タマモブリリアン 父ダンス
差し、阪神向かず

△54牝ペイシャフェリシタ 父ハーツ
好位差し、阪神も走る、阪神短距離は初、56kgシュージと同等

5歳 1頭
▲56マテラスカイ 父外国
逃げ、不良ダートは滅法強い、芝は京王2歳9着以来だが、武豊騎乗なら侮れない

4歳 5頭
◎58ミスターメロディ 父外国
先行、G1馬だが激流になると追込馬に差されるが芝で差せなかったのは阪神カップの逃げ馬ダイアナヘイロー武豊、阪急杯での先行レッツゴードンキ岩田と逃げダイアナヘイロー武豊のみ、マテラスカイが武豊で開幕週なら堅軸

△57タワーオブロンドン 父外国
差し、マイル以外では馬券圏外なし、朝日杯1/2/4着馬はG1馬、5着はダノンスマッシュ、武豊がマテラスカイ騎乗なら差せない展開になりそう

56カイザーメランジェ 父オリオン
自在、中山阪神洋芝コースは合うが

×54牝ラブカンプー 父カンプ
番手、逃げ馬ペース次第、血統から54kgだと見限れない

×54牝アンヴァル 父カナロア
差し、安定、好位取れるか、坂のあるコース割引

3歳 2頭
×54ファンタジスト 父カナロア
叩き2戦目、先行できるのか後方からか、先行してディアンドルに新馬戦勝ち、カナロア産駒割引、小倉2歳、京王2歳勝ち

△52牝イベリス カナロア
逃げ番手、休み明け、アーリントン勝ち、52kgは有利

 ミラクルジョージ 2019年5月13日(月) 21:22
◎ スリーマキシマム激走!
閲覧 49ビュー コメント 0 ナイス 7

今週のスマッシュヒット(単勝オッズ10倍以上)

2019年5月11日(土)

2019年5月12日(日)
新潟 6R ◎ グッドヘルスバイオ 3着 (単勝オッズ 24.4倍)
新潟 7R ◎ ノーブルアース   2着 (単勝オッズ 15.1倍)
新潟11R ◎ スリーマキシマム  1着 (単勝オッズ 11.1倍)
京都 9R ◎ サトノプライム   1着 (単勝オッズ 12.3倍)
京都10R ◎ レノーア      3着 (単勝オッズ 28.8倍)

土日回収率:61.5%
 
ご参考<<重賞成績>>
 京王杯スプリングC
  △〇◎ 3連複 3,780円的中
 京都ハイジャンプ
  ◎ タマモプラネット 4着
 ヴィクトリアマイル
  ◎ レッツゴードンキ 10着(単勝オッズ41.0倍)
  × クロコスミア   3着 (単勝オッズ30.8倍)
 

[もっと見る]

 あらすぺ 2019年5月12日() 22:31
ヴィクトリマイルの覚え書き 
閲覧 83ビュー コメント 0 ナイス 4

先ほどただの愚痴を投稿しましたが、来年愚痴らなくていいように覚書を残しておこうと思います。
みなさんの役に立てばいいのですが。

私の予想では、◎レッドオルガ、○ラッキーライラック、後はたくさん印を打ってしまいましたがだいたい同じような評価でした。

ここから注目した馬についての短評です。
◎レッドオルガ … 残り200mぐらいで、ミッキーチャームとソウルスターリングに前を阻まれ終了。手ごたえはよくスムーズなら上位入線できていた。真ん中ぐらいの枠なら良かったかも。

○ラッキーライラック … よく頑張りました。府中のコースはきついのかもしれません。

クロコスミア … よくねばった。去年のエリザベス女王杯でタイム差なしの2着に入っただけはある。

ノームコア … 先行馬なのか差し馬なのか分からなかったが、レーン機種が両方の良いところを引き出し見事に勝利。去年のエリザベス女王杯では5位。実力はあった。

ミッキーチャーム … 鞍上が川田騎手でなかったら馬券に入れなかった。残り200mぐらいで失速。直線が長いコースより小回りコースが合う。札幌のクイーンカップあたりにでてきそう。

デンコウアンジュ … 小回りのほうがよさそう。レッドオルガの失速の影響を受けているようにも見える。

プリモシーン … 去年のNHKマイルカップ5着のあと関屋記念を勝っているが51キロだったので評価しなかった。その後は中山を2回好走しているので中山のほうが向いているのかと思っていたが2着になるとは。

アエロリット … 去年は一戦級の牡馬と互角にやりあった強い馬。海外帰りの休み明けを考慮すれば5着は妥当。

サトノワルキューレ … 大穴をあけるとすればこいつと思っていたが後ろすぎて届かず、末脚も不発。展開が向かなかった。

レッツゴードンキ … サトノワルキューレと同じ。年齢的にもきついかな。

カンタービレ … 直線途中までプリモシーンより前を走っていたのに失速。故障でなければいいが。

以上を踏まえて来年の対策を考えます。
① 去年のエリザベス女王杯で上位に入っている馬をチェック。
② 阪神牝馬Sの上位馬をチェック。
③ 差し馬の取り扱いに注意。内枠だと詰まる恐れがあり外枠だと届かない恐れが。先行馬がベター。
④ 去年NHKマイルカップで好走していればまた走るかも。来年グランアレグリアが出てくれば有力候補。

どうでしょうか。
信じるも信じないもあなた次第です(笑)。すみません。

[もっと見る]

⇒もっと見る

レッツゴードンキの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  ヨッシー   フォロワー:3人 2015年9月21日(月) 23:16:16
9/20次走注意

レッツゴードンキの写真

レッツゴードンキの厩舎情報 VIP

2019年5月12日ヴィクトリアマイル G110着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

レッツゴードンキの取材メモ VIP

2019年5月12日 ヴィクトリアマイル G1 10着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。