プリンシアコメータ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
プリンシアコメータ
プリンシアコメータ
プリンシアコメータ
写真一覧
現役 牝7 黒鹿毛 2013年3月7日生
調教師矢野英一(美浦)
馬主芳川 貴行
生産者ベルモントファーム
生産地新冠町
戦績32戦[7-7-3-15]
総賞金7,360万円
収得賞金8,000万円
英字表記Princia Cometa
血統 スパイキュール
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
クラフテイワイフ
ベルモントフェリス
血統 ][ 産駒 ]
アジュディケーティング
マチス
兄弟 ベルモントホウオウベルモントレーサー
前走 2020/05/10 ブリリアントS (L)
次走予定

プリンシアコメータの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/05/10 東京 10 ブリリアント (L) ダ2100 165910.066** 牝7 55.0 武豊矢野英一490(-3)2.11.0 0.937.5エルデュクラージュ
20/03/05 川崎 11 エンプレス杯 G2 ダ2100 13--------4** 牝7 56.0 岩田康誠矢野英一493(--)2.17.9 1.0----アンデスクイーン
19/12/11 船橋 11 クイーン賞 G3 ダ1800 12--------2** 牝6 56.0 岩田康誠矢野英一491(--)1.54.1 0.5----クレイジーアクセル
19/10/03 大井 11 レディスプレ G2 ダ1800 12--------10** 牝6 56.0 岩田康誠矢野英一490(--)1.55.0 1.8----アンデスクイーン
19/08/15 門別 11 ブリーダーズ G3 ダ2000 11--------2** 牝6 57.0 岩田康誠矢野英一484(--)2.06.3 0.1----アンデスクイーン
19/05/05 東京 10 ブリリアント (L) ダ2100 164711.982** 牝6 55.0 岩田康誠矢野英一488(0)2.08.2 0.136.4アングライフェン
19/02/27 川崎 11 エンプレス杯 G2 ダ2100 13--------1** 牝6 56.0 岩田康誠矢野英一488(--)2.15.3 -0.4----ブランシェクール
18/12/12 船橋 11 クイーン賞 G3 ダ1800 11--------10** 牝5 56.0 C.デムー矢野英一506(--)1.56.3 3.6----アイアンテーラー
18/11/04 京都 12 JBCレディ Jpn1 ダ1800 165107.2410** 牝5 55.0 武豊矢野英一488(-4)1.52.6 2.239.6④④アンジュデジール
18/10/11 大井 11 レディスプレ G2 ダ1800 14--------1** 牝5 55.0 J.モレイ矢野英一492(--)1.53.9 -0.0----ブランシェクール
18/08/16 門別 11 ブリーダーズ G3 ダ2000 15--------2** 牝5 56.0 戸崎圭太矢野英一486(--)2.06.4 0.8----ラビットラン
18/05/19 京都 11 平安S G3 ダ1900 1661188.0911** 牝5 54.0 岩田康誠矢野英一482(-6)1.58.8 1.538.4サンライズソア
18/02/28 川崎 11 エンプレス杯 G2 ダ2100 11--------2** 牝5 55.0 岩田康誠矢野英一488(--)2.16.5 0.2----アンジュデジール
18/01/24 大井 11 TCK女王盃 G3 ダ1800 14--------6** 牝5 55.0 横山典弘矢野英一495(--)1.55.4 1.5----ミッシングリンク
17/12/06 船橋 11 クイーン賞 G3 ダ1800 9--------1** 牝4 55.0 岩田康誠矢野英一489(--)1.51.8 -0.6----アンジュデジール
17/11/03 大井 7 JBCレディ G1 ダ1800 15--------2** 牝4 55.0 武豊矢野英一489(--)1.54.2 0.0----ララベル
17/10/15 東京 10 赤富士S 1600万下 ダ2100 16233.714** 牝4 54.0 石橋脩矢野英一484(+6)2.08.7 0.237.4⑨⑨⑨⑪モンドアルジェンテ
17/06/10 東京 10 八王子特別 1000万下 ダ2100 158151.811** 牝4 55.0 横山典弘矢野英一478(+8)2.11.6 -0.837.9ピアシングステア
17/05/21 東京 12 丹沢S 1600万下 ダ2100 108105.542** 牝4 55.0 横山典弘矢野英一470(-4)2.10.8 0.037.2スリータイタン
17/04/29 東京 10 春光S 1600万下 ダ2100 1681628.094** 牝4 52.0 横山典弘矢野英一474(+6)2.11.9 0.039.4デビルズハーツ

⇒もっと見る


プリンシアコメータの関連ニュース

【エンプレス杯】レース展望

2020年3月4日(水) 13:46

 5日(木)に、川崎競馬場で伝統の交流重賞・第66回エンプレス杯(交流GII、4歳以上オープン、牝馬、別定、ダート・左2100メートル)が行われる。ここがラストランとなる予定のアンデスクイーン、昨年に続く連覇を狙うプリンシアコメータなど、例年以上に豪華なメンバーが揃った一戦を展望する。



★重賞2勝の実績をもつアンデスクイーンが引退レースに挑む



 11年連続で勝利しているJRA勢は、参戦5頭すべてが重賞ウイナーという豪華ラインナップ。中でも注目を集めるのは、昨夏にブリーダーズゴールドC(交流GIII)、レディスプレリュード(交流GII)を連勝した実績があり、今年の初戦となったTCK女王盃(交流GIII)もマドラスチェックのハナ差2着に善戦しているアンデスクイーン(栗東・西園正都厩舎、6歳)だろう。



 管理する西園正都師は「前走は最後にクビの上げ下げで惜しい2着だったが、いったんは前に出ているし、3着馬は突き放して力は示した。その後も順調にきているし、ここでも地力は上位。力さえ出せればチャンスは十分ある。引退レースなので、なんとか有終の美を飾らせてあげたい」と語る。



 全7勝を右回りコースで挙げており、左回りでは9戦して2着2回に甘んじている点は気になるところだが、6歳を迎えた今でも牝馬同士なら力上位なのは前走で証明済み。引き続きC.ルメール騎手とのコンビで挑む最後の大舞台で、どのような走りを見せてくれるか注目だ。



★昨年の覇者プリンシアコメータが史上7頭目の連覇を狙う



 65年という長い歴史があるエンプレス杯で連覇を果たしたのは、ホクトベガ(95、96年)、ファストフレンド(99、00年)、アムールブリエ(15、16年)など6頭。昨年の覇者プリンシアコメータ(美浦・矢野英一厩舎、7歳)が、それに続く史上7頭目の快挙を狙って登場する。



 今年で7歳を迎えたが、昨年末のクイーン賞(交流GIII)でも2着に好走しており、今回も人気を分け合うであろうアンデスクイーンラインカリーナにも先着している。力の衰えは全く感じられず元気いっぱいで、十分に連覇に手が届く位置にいると言っていいだろう。



 矢野英一師は「距離が延びたほうがいいタイプなので、前走後はここを目標に調整してきました。調教もしっかりできているし、(2月)26日の動きも良かったので、あとは直前にサラッとやれば十分でしょう。すんなり行ければハナでもいいし、他に行く馬がいれば2番手でも大丈夫。リズム良く走れるかどうかですね」と見通しを語る。



 内に先手を奪いそうなクレイジーアクセルがおり、外枠からラインカリーナやサルサディオーネが好ポジションを確保しにくることが予想されるだけに、レース序盤の立ち回りがカギになりそうだが、スムーズに走って力を出し切れれば快挙達成の可能性が見えてきそうだ。



★重賞Vがある舞台で完全復活を目指すラインカリーナ



 今回と同じ川崎2100mが舞台の関東オークス(交流GII)を逃げ切った実績があるラインカリーナ(美浦・武藤善則厩舎、4歳)だが、その関東オークスを最後に勝利から遠ざかっている。



 デビューから一度も掲示板を外したことがなく、今年に入ってからもクイーン賞3着、佐賀記念4着(ともに交流GIII)と相変わらずの堅実さを見せているだけに、勝利から遠ざかっているとはいえ、このメンバーに入っても十分に勝ち負けできる力を持っていると評価していい一頭。



 先行馬が多数いるだけに序盤のポジション争いがカギとなりそうで、武藤善則師も「前走は牡馬が相手だったし、佐賀の馬場も合っていなかった感じ。それを考えればよく頑張ってくれたと思います。川崎の2100mは勝っているコースなので不安はないし、ベストはハナを切る形なので、同型馬との兼ね合いがどうかでしょう」と語っている。



 逃げることができなくても大きく崩れたことはなく、早めにまくられた佐賀記念でも最後までしぶとく粘っていたが、やはりベストパフォーマンスを発揮できるのは“先手必勝”の形に持ち込めた時。外枠を引いただけに難しい立ち回りを強いられることになりそうだが、抜群の安定感を武器に上位進出を目指したい。



★芝重賞Vがあるパッシングスルーが初のダート戦出走



 昨秋に芝2000mの紫苑S(GIII)で重賞初制覇を果たし、秋華賞(GI)に駒を進めたパッシングスルー(美浦・黒岩陽一厩舎、4歳)が、南関東の名手・森泰斗騎手を新コンビに迎え、初のダート戦に挑む。



 母の父がクロフネ、兄姉もダートでの勝利があり、血統的には“いきなり”があっても不思議ではない。「前走もすごくいい状態で出せましたが、荒れた馬場で力を出し切れませんでした。その後の回復が思った以上に早かったので、ダートにチャレンジするいいタイミングだと考えてここへ。適性に関しては未知数ですが、血統的にはこなせていいと思います」と黒岩陽一師も期待する。



 重賞Vを決めて以降は秋華賞10着、愛知杯7着と苦戦が続いているが、ガラッと条件が変わるここが、完全復活への足掛かりになるか注目したいところだ。



★地元のクレイジーアクセルが強力なJRA勢を迎え撃つ



 昨年末のクイーン賞(交流GIII)を2馬身1/2差で圧勝。2019年のNARグランプリ最優秀4歳以上牝馬を受賞したクレイジーアクセル(大井・渡邉和雄厩舎、5歳)が、再度のJRA勢撃破を狙っている。



 年明け初戦となったTCK女王盃(交流GIII)は他馬に絡まれ11着に敗れたが、管理する渡邉和雄師は「走り慣れた距離とコースだし、自分のペースで行ければ違うはず」と前を向く。“逃げてこそ”の馬だけに、絶好の内枠を利してマイペースに持ち込み、前走から一変した走りを披露するチャンスがありそうだ。



 同じ大井からの参戦となるサルサディオーネ(大井・堀千亜樹厩舎、6歳)も、JRA所属時に3度の重賞2着があり、一昨年のこのレースでも3着に善戦している実力馬。前走の報知グランプリカップ(SIII)で待望の重賞初制覇を飾り、勢いを十分につけてJRA勢に挑む。

【クイーン賞(Jpn3)(指定交流)3上牝馬オープン】(船橋)~クレイジーアクセルが優勝 2019年12月11日(水) 21:14

11日、船橋競馬場の第11Rに行われた第65回 クイーン賞(Jpn3)(指定交流)3上牝馬オープン(ダート 左1800m サラブレッド系3才以上 ハンデ)は吉原寛人騎手騎乗の4番人気・1番クレイジーアクセル(牝4)が優勝した。
勝ちタイムは1分53秒6(稍重)。さらに21/2馬身差の2着に3番人気・10番プリンシアコメータ牝6)、そこから1/2馬身差の3着に2番人気・7番ラインカリーナ牝3)が入った。
クレイジーアクセルは、父ロージズインメイ、母ベアフルート、母の父サクラバクシンオーという血統で渡邉和雄厩舎の所属馬。生産は新冠郡新冠町・川上牧場。馬主は市原高一。通算成績は20戦7勝。
クイーン賞(Jpn3)(指定交流)3上牝馬オープン」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【クイーン賞】払い戻し&全着順 2019年12月11日(水) 20:33

 12月11日の船橋11Rで行われた第65回クイーン賞(3歳以上牝馬、交流GIII、ダート・左1800メートル、12頭立て、1着賞金=2100万円)の払い戻しと全着順が、以下のとおり確定した。



単勝1 780円



複勝1  190円10 140円7  130円



枠連複1-7 1,730円



枠連単1-7 3,180円



馬連複1-10 1,980円



馬連単1-10 4,780円



ワイド1-10 470円1-7  370円7-10 280円



三連複1-7-10 1,580円



三連単1-10-7 16,750円



(左から)着順 馬名 所属 1着 クレイジーアクセル 大井 2着 プリンシアコメータ JRA 3着 ラインカリーナ   JRA 4着 ミッシングリンク  浦和 5着 アンデスクイーン  JRA 6着 ナムラメルシー   大井 7着 アルティマウェポン 北海道 8着 オルキスリアン   船橋 9着 スターレーン    兵庫10着 トーセンガーネット JRA11着 ナムラアヴィ    浦和12着 ナラ        笠松

[もっと見る]

【クイーン賞】大井所属クレイジーアクセルが逃走V 2019年12月11日(水) 20:32

 12月11日の船橋11Rで行われた第65回クイーン賞(3歳以上牝馬、交流GIII、ダート・左1800メートル、12頭立て、1着賞金=2100万円)は、吉原寛人騎手騎乗の4番人気クレイジーアクセル(牝4歳、大井・渡邉和雄厩舎)が逃げ切り勝ち。タイムは1分53秒6(稍重)。

 2馬身半差の2着には3番手追走から流れ込んだプリンシアコメータ(3番人気、JRA)、さらに半馬身差遅れた3着に2番手から粘ったラインカリーナ(2番人気、JRA)。1番人気のアンデスクイーン(JRA)は中団追走から直線大外を追い込んで5着。

 クイーン賞を勝ったクレイジーアクセルは、父ロージズインメイ、母ベアフルート、母の父サクラバクシンオーという血統。北海道新冠町・川上牧場の生産馬で、馬主は市原高一氏。通算成績は20戦7勝。交流重賞初制覇。

 ◆吉原寛人騎手(1着 クレイジーアクセル)「ホント、一生懸命走ってくれました。直線長かったですけど。枠順もよかった(1番枠)し、レース前に直前に雨が降って、内が軽い馬場になっていたので行くしかないと。作戦は単純だったんですけど、ゲートだけ気をつけてしっかり出てくれました。向こう正面でも並びに来る感じだったんですけど、ペースを上げて、緩まないように、クレイジーの得意なレースに持ち込もうと。うまく52キロも生かしてくれましたし、結果を出すことができてよかったと思います」



★【クイーン賞】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【クイーン賞】レース展望 2019年12月10日(火) 10:02

 11日(水)に船橋競馬場で、第65回クイーン賞(交流GIII、3歳以上オープン、牝馬、ハンデ、ダート・左1800メートル)が行われる。2019年の牝馬ダート路線を締めくくる交流重賞だけに、来年を占う上でもしっかりチェックしておきたい一戦だ。



★目下の勢い、実績、ともに申し分なし!アンデスクイーン



 昨年までは目立った実績がなかったものの、5歳となった今年に入ってからブリーダーズゴールドC(交流GIII)、レディスプレリュード(交流GII)と2つの牝馬重賞を獲得しており、目下の勢い、実績、ともに申し分ないアンデスクイーン(栗東・西園正都厩舎、5歳)に注目が集まりそう。



 前走のJBCクラシックは8着大敗という結果に終わってしまったものの、牡馬の一線級が相手だったことを考えれば仕方のないところ。牝馬限定戦に戻る上に、近走不振馬が多いメンバー構成なら、順当に巻き返してくる可能性が高いのではないか。



 一昨年のクイーン賞で6着に敗れており、前走のJBCクラシックでも見せ場なし。見方によっては左回りはマイナス要素とみることもできるが、そこは新コンビを組む“天才”マーフィー騎手の手綱捌きにも期待したい。



★本来の先行策で見直したい2年前の覇者プリンシアコメータ



 一昨年のクイーン賞を圧勝しており、交流重賞3勝と今回のメンバーに入れば上位の実績を持っているプリンシアコメータ(美浦・矢野英一厩舎、6歳)も、力通りの決着なら上位争いに加わってくる可能性がある一頭といえる。



 前走のレディスプレリュード(交流GII)は見せ場なく10着に大敗しているが、不慣れな中団からの競馬を余儀なくされて本来の力を出し切れなかっただけ。元々が“上位か大敗か”と成績にムラがあるタイプだけに、必要以上に悲観することはないのではないか。



 6歳となった今年もエンプレス杯(交流GII)を制しており、年齢による衰えも皆無。JBCには参戦しなかったものの、この中間は11月上旬から1カ月以上かけて入念に乗り込まれているように、態勢は万全だ。



★3歳馬のラインカリーナが古馬の厚い壁を打ち破るか



 クイーン賞は2010~12年(ミラクルレジェンド、クラーベセクレタ、レッドクラウディア)に3年連続で勝利を果たすなど“3歳馬”による制覇が珍しくない。今年はJRA・地方で計3頭の3歳馬が出走予定だが、その中で最も上位進出の可能性が高いのはラインカリーナ(美浦・武藤善則厩舎、3歳)ではないだろうか。



 初の古馬挑戦となった2走前のブリーダーズゴールドC(交流GIII)では、果敢に逃げて勝ち馬のアンデスクイーンから1/2+ハナ差の3着に善戦。前走は牡馬が相手の太秦S(オープン特別)に出走して4着と、古馬相手にも悪くない走りが続いている。



 同型馬が内枠にいることで近走のような逃げの形に持ち込めないことが予想されるが、好位からでも力を出せるタイプだけに、大きな問題にはならないだろう。デビューから一度も掲示板を外していない堅実な走りを、ここでもしっかり見せてもらいたいところだ。



★ダート路線に戻って見直したいトーセンガーネット



 南関東の浦和競馬でデビューし、桜花賞(SI)、東京プリンセス賞(SI)と南関東牝馬二冠を制覇。史上2頭目の三冠がかかった関東オークス(交流GII)ではJRA所属馬の壁に跳ね返されたものの3着と、JRA勢を相手にしても通用する力を持っているところを見せたトーセンガーネット(美浦・小笠倫弘厩舎、3歳)。



 JRAに移籍後の2戦は紫苑S(GIII)13着、福島記念(GIII)14着と大敗が続いているが、ともに芝の重賞に挑戦してのものだけに参考外と考えていい。ダート路線に戻れば近走のようなことはないはず。



 2歳時に牡馬を相手にした平和賞(SII)で、のちの東京ダービー馬であるヒカリオーソの2着に好走しているだけに、船橋コースも歓迎材料と言っていいだろう。52キロの軽ハンデも有利で、上位進出が十分に考えられそうだ。



★最内枠に入り展開のカギを握るクレイジーアクセル



 4頭のJRA勢を迎え撃つ地元の南関東勢は、大井・浦和から各2頭、船橋から1頭の計5頭が参戦する。中でも最内枠に入ったクレイジーアクセル(大井・渡邉和雄厩舎、4歳)は、常にハナを譲らない姿勢で結果を出しているだけに、今回も外枠勢の先行を許すわけにはいかないだろう。



 JRA勢を相手にした交流重賞でも、3歳時に関東オークス(交流GII)3着があり、前走のレディスプレリュード(交流GII)も見せ場十分の4着に粘っている。相手が楽になり、52キロのハンデも恵まれた印象を受けるだけに、マイペースの逃げ残りが考えられそうだ。



 JBCレディスクラシック(交流GI)で5着に善戦したミッシングリンク(浦和・小久保智厩舎、5歳)も、JRA所属時に交流重賞を制した実績があるだけに、復調気配の今なら見せ場がありそう。



 ホッカイドウ競馬から1頭で果敢に挑戦するアルティマウェポン(北海道・林和弘厩舎、6歳)は、昨年のレディスプレリュード(交流GII)で3着したことがある。51キロの最軽ハンデでもあり、展開次第では出番があっても良さそうだ。

[もっと見る]

【クイーン賞】JRAの出走予定馬発表 2019年11月24日() 17:14

 12月11日に船橋競馬場で行われるクイーン賞のJRA出走予定馬および補欠馬が24日、次の通り発表された。

 「第65回クイーン賞」(船橋競馬場、交流GIII、3歳上牝馬オープン、ダート・左1800メートル)

 【JRAの出走予定馬】4頭アンデスクイーン(牝5歳、栗東・西園正都厩舎、騎手未定)トーセンガーネット(牝3歳、美浦・小笠倫弘厩舎、騎手未定)プリンシアコメータ(牝6歳、美浦・矢野英一厩舎、岩田康誠騎手)ラインカリーナ(牝3歳、美浦・武藤善則厩舎、武藤雅騎手)

 【JRA所属の補欠馬】5頭(補欠順位順)1.クルークハイト2.メモリーコウ3.ラビットラン4.サルサディオーネ5.マリームーン

[もっと見る]

⇒もっと見る

プリンシアコメータの関連コラム

閲覧 941ビュー コメント 1 ナイス 5

 今年で66回目を迎えるエンプレス杯は、数ある牝馬限定ダートグレードの中でも、もっとも歴史があるレース。かつては砂の女王決定戦の位置付けで、地方競馬のグレード制導入元年(1995年)には、ホクトベガが歴史的大差勝ちを収めたこともありました。しかし、2011年のJBCレディスクラシックの創設や牝馬限定のダートグレードの充実により、ここ数年はレベルが低下。TCK女王盃などのG3と横並びのようなレースとなっています。

 TCK女王盃と横並びのようなレースですから、当然、前走TCK女王盃の連対馬が優勢の傾向。JBCレディスクラシックが創設された2011年以降(2012年は、積雪のため開催中止)のこのレースでの成績は、【3・1・3・2】。1着の該当馬は、2011年のラヴェリータ、2014年のワイルドフラッパー、2017年のワンミリオンス。2着の該当馬は、2017年のリンダリンダ。3着の該当馬は、2011年のミラクルレジェンド、2019年のビスカリア

 4着以下だった馬は、2015年のアクティビューティ(4着)と2018年のミッシングリンク(6着)ですが、この2頭には前年のダートグレードで勝っていないという共通項がありました。前年のダートグレードで優勝の実績があるか、ワイルドフラッパーやワンミリオンスのように4戦連続連対しているタイプは信頼してもいいでしょう。

 しかし、最有力は、前年の中央のダ1700m以上の古馬オープン特別で3着以内の実績がある馬。このタイプの過去10年の成績は、【2・0・0・0】。該当馬は、2011年のラヴェリータ、2014年のワイルドフラッパー。遡れば2008年にサヨナラとニシノナースコールがワン、ツーを決め、2009年にはニシノナースコールが優勝しているものの、近年は牝馬限定のダートグレードの充実により、中央のオープン特別を経由する馬は滅多にいません。しかし、出走していればかなり有力でしょう。

 次いで有力なのは、前年のJBCレディスクラシックの連対馬。JBCレディスクラシックが創設された、翌年の2012年以降のこのレースでの成績は【1・2・0・0】。1着の該当馬は、2012年のミラクルレジェンド(1着)。2着の該当馬は、2014年のアクティビューティ、2018年のプリンシアコメータ。牡馬トップクラスが相手のフェブラリーSに目もくれず、ここに出走してくる馬も信頼できることになります。

 逆に、一番の穴メーカーは、今回と同距離コースのロジータ記念の連対馬です。ロジ―タ記念は地方の3歳牝馬トップクラスが集う南重賞ですが、2009年には前年のロジータ記念の優勝馬シスターエレキングがこのレースで6番人気で2着入線し、馬連2万1810円、3連単19万180円の高配当を演出したことがありました。また、2013年、2017年も前年のロジ―タ記念の連対馬エミーズパラダイスやリンダリンダが2着入線しています。

 なぜ、ロジータ記念の連対馬が地味に活躍するのかというと、コース経験の他、4歳馬は斤量54㎏も出走できるメリットがあるからでしょう。ただし、前記した3頭とも4コーナー2番手より前から粘った馬たちでした。前がバテたところを差して勝った昨年のクロスウィンドのようなタイプは、通用していないのでご注意を!!


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 ・前年の中央のダ1700m以上の古馬オープン特別で3着以内の実績馬。
 ・前年のJBCレディスクラシックの連対馬。
 ・前走のTCK女王盃で連対した馬。
  (前年にダートグレード勝ちの実績があるか、4戦連続連対していることが条件)

 ●穴馬候補。
 ・前年のロジ―タ記念の連対馬。
  (4コーナー2番手以内から連対した馬が対象)

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!


登録済みの方はこちらからログイン

2020年1月21日(火) 17:10 山崎エリカ
【山崎エリカのダートグレード攻略】~TCK女王盃2020~
閲覧 1,368ビュー コメント 0 ナイス 5

 年明け最初のダートグレードは、牝馬限定戦でお馴染みのTCK女王盃。この時期は女王クラスの馬が引退して繁殖入りしたり、休養していることも少なくないため、年によってレベルに差が生じます。女王クラスの馬が出走していればそれらが勝ち負けすることが多く、出走していなければ新興勢力や地方馬が馬券圏内に突入して波乱になることもあります。

 まず、最有力は前年のJBCレディスクラシックの優勝馬で、JBCレディスクラシックが創設された2011年翌年以降の、このレースでの成績は【2・0・1・1】。1着ではなかったのは、2016年のホワイトフーガ(3着)と2018年のララベル(5着)。両方馬ともJBCレディスクラシックからの直行馬で、休養明けでした。逆に優勝した2014年のメーデイア、2015年のサンビスタJBCレディスクラシック後にチャンピオンズカップを使われていました。つまり、休養明けでなければ信用できることになります。

 また、前々走で2勝クラスを制し、前走で3勝クラスを連対していた馬も有力で、過去10年のこのレースでの成績は【2・0・1・0】。1着の該当馬は、2013年のメーデイア、2017年のワンミリオンス。3着の該当馬は、2015年のソーミラキュラスですが、この年は前記のサンビスタが出走していた年でした。

 一方、前年のJBCレディスクラシックの2着馬の成績は一気に下がり、これまでに連対したことはありません。2014年のアクティビューティ、2015年のトロワボヌール、2017年のプリンシアコメータともに4着以下に敗れています。また、昨年のラビットランも3着でした。ラビットランこそこのレース直行でしたが、4着以下に敗れた3頭の共通項は、前走のクイーン賞が初重賞制覇だったこと。


 クイーン賞はハンデ戦のため、それまでに重賞勝ちの実績のない馬が目標にすることが多いレース。やや実力不足の馬が、前走を目標にしたことによる反動で、新興勢力に屈する結果となっているよう。実際にJBCレディスクラシックの2着馬ばかりではなく、クイーン賞優勝馬のこのレースでの成績は、過去10年で連対ゼロです。

 しかし、このレースはクイーン賞の凡退馬がよく穴を開けています。クイーン賞で初重賞制覇を果たした馬が本来の走りが見せられない上に、このレースは体を絞るのに苦労する冬場の時期に行われていることもあり、12月以降のレース不出走馬の実績馬も苦戦しているからでしょう。

 2013年は前走クイーン賞8着のアクティビューティが8番人気でこのレース2着。同馬は2015年のクイーン賞でも2着で、このレースでは5番人気ながら2着と好走しています。さらに2016年は前走のクイーン賞で4着だったパワースポットが、このレースで4番人気で2着。2017年に前走のクイーン賞で4着だったリンダリンダも、このレースで7番人気ながら2着に巻き返しています。

 ただし、クイーン賞凡退馬をやみくもに狙っても馬券に繋がらないのも事実。リンダリンダは地方馬ですが、アクティビューティやパワースポットには中央所属馬で、3勝クラス勝ちの実績がありました。

 また、地方馬は、斤量54kg~55kgの4歳馬の活躍が目立ちます。過去10年で地方馬で連対したのは、2012年のハルサンサン(1着)、2017年のリンダリンダ(2着)、そして昨年はマルカンセンサーが2着にに入線しアドバルーンを打ち上げました。ハルサンサンもリンダリンダも地方の最強3歳牝馬決定戦の前年のロジータ記念の連対馬ですが、マルカンセンサーは南関東のC1クラスの馬でしたから驚きです。マルカンセンサーは内々が極端に伸びる馬場だったにせよ、勢いある4歳馬は、ちょっとしたことで重賞の壁を突破することもあることを忘れずにいたほうがいいでしょう。

 さらに前年の12月にレースを使われていることが有利であることを示すように、地方勢では前走で東京シンデレラマイルに出走していた馬の一発が目立ちます。2010年の3着馬コスモプリズム(6番人気)、2012年の優勝馬ハルサンサン(7番人気)2017年の2着馬リンダリンダ(7番人気)、2018年のラインハート(6番人気)、遡れば2009年の3着馬パノラマビューティ(5番人気)もそう。

 コスモプリズムやラインハートは、4着以下に敗れていますが、もともとの実績から東京シンデレラマイルでは1番人気に支持された馬。ハルサンサンやリンダリンダは、東京シンデレラマイルで連対していました。東京シンデレラマイルで1番人気に支持された馬か連対馬はヒモ加えてみると、思わぬ高配当がGETできるかもしれません。


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 ・前年のJBCレディスクラシックの優勝馬。
  (前走でチャンピオンズカップに出走していることが条件)
 ・前々走で1勝クラスを制し、前走で2勝クラスを連対していた馬。

 ●穴馬候補
 ・前走、クイーン賞に出走して2着以下に敗れたもともとの実績馬。
 (中央馬は3勝クラス勝ちの実績馬、地方馬はロジータ記念の連対馬が活躍)
 ・前年のロジータ記念の連対馬。
 ・前走の東京シンデレラマイルで1番人気に支持された馬か、連対馬。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!

[もっと見る]

2019年11月3日() 01:00 山崎エリカ
【山崎エリカのダートグレード攻略】~JBCレディスクラシック2019~
閲覧 947ビュー コメント 0 ナイス 5

 2011年に創設されて今年で9年目となる「JBCレディスクラシック」は、今年は浦和が舞台。「この日、今まで見たことのない浦和になる」というキャッチフレーズどおり、見たことないほどの人で賑わうことでしょう。浦和になったことで、まさかのJBCスプリントと同距離1400mで行われることになります。もともと距離の長短を視野に入れたデータ作りはしていますが、本来であればスプリントに出走するはずのスプリント路線馬は警戒したほうがいいでしょう。

 まず、このレースの上位馬に求められるのは、実績と順調さ。同年の夏を完全休養させなかった馬が活躍しています。夏のスパーキングレディーカップブリーダーズゴールドカップのどちらかで勝利し、前哨戦のレディスプレリュードでも連対した馬のこのレースでの成績は、【3・1・1・0】。1着の該当馬は、2013年のメーデイア、2014年のサンビスタ、2016年のホワイトフーガ。2着の該当馬は、2011年のラヴェリータ。3着の該当馬は、2015年のトロワボヌールです。

 また、穴馬候補は、前走のレディスプレリュードを休養明けで凡退した馬です。2018年の優勝馬ララベル、昨年の優勝馬アンジュデジール、2012年の2着馬クラーベセクレタ、2011年の3着馬カラフルデイズともにレディスプレリュードで4着以下に敗れた馬です。2012年度は金沢の1500m戦で行われたこともあり、メンバーが手薄。クラーベセクレタこそ2番人気でしたが、ララベルは5番人気、アンジュデジールは6番人気、カラフルデイズは7番人気でした。これらの共通項は、同年のダートグレードで連対実績があることです。

 さらにこのレースが1600m以下で行われた場合には、前走でそれよりも短い距離を使われていた馬が穴を開けています。2016年の2着馬レッツゴードンキ、3着馬トーセンセラヴィ、そして2013年の3着馬キモンレッドもこのパターン。キモンレッドこそ、前走中央のオープンで3着と好走していたため3番人気でしたが、レッツゴードンキは5番人気、トーセンセラヴィは6番人気でした。

 逆に距離が長い場合には、1800mよりも長い距離を使われていた馬が穴メーカーになるでしょう。1800m戦は、スピードで押し切れるような距離ではありません。前走で1600m以下のレースに出走していた馬は、1頭も馬券に絡んでいません。2017年に前走2100m戦を使われていたプリンシアコメータが4番人気で2着と好走したのも、まさにそういう傾向からでしょう。

 他では、芝のグレードレースで優勝実績のある今回が初ダートの馬でしょう。本来、初ダートの馬は不利ですが、2016年にレッツゴードンキが穴を開けているように、そういうタイプはポテンシャルの高さで突破してくることがあります。人気がないならば、警戒したほうが良さそうです。


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 ・同年のスパーキングレディーカップブリーダーズゴールドカップのどちらかで優勝し、前哨戦のレディスプレリュードでも連対した馬。

 ●穴馬候補
 ・前走のレディスプレリュードを休養明けで4着以下に凡退した馬。
 (同年のダートグレードで連対実績があることが条件)
 ・JBCレディスクラシックが1600以下の場合は、前走でそれ以下の距離を使われていた馬。1800mの場合は、前走でそれよりも長い距離を使われていた馬。
 ・芝のグレードレースを優勝した実績がある、今回が初ダートの馬。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!

[もっと見る]

2019年10月2日(水) 12:30 山崎エリカ
【山崎エリカのダートグレード攻略】~レディスプレリュード2019年~
閲覧 790ビュー コメント 0 ナイス 6

『Road to JBC』の最終戦は、古馬牝馬限定戦のレディスプレリュード。このレースは、プレリュード(前奏曲)の名のとおり、JBCレディスクラシックの前哨戦。2011年にJBCレディスクラシック新設とともに、TCKディスタフを格上げし、名称変更して行われるようになりました。

 また、このレースは、7月のスパーキングレディーカップから始まる、牝馬限定の世代別ポイント制シリーズ『グランダムジャパン』の最終戦。グランダムジャパンを制すれば、JBCクラシック3着賞金以上のボーナス賞金1000万円を手にすることができます。つまり、地方トップクラスの牝馬は、中央のトップクラスが相手のJBCクラシックよりもここを大目標に出走してくることが多いということ。

 2016年のこのレースは、2着同着という珍しい結果でしたが、その2着馬の1頭が兵庫所属のトーコーヴィーナス(9番人気)でした。そのトーコーヴィーナスはどういう馬だったのかというと、グランダムジャパン対象レースの兵庫サマークイーン賞・2着、読売レディス杯・1着、秋桜賞・1着という実績馬。このレースで他の地方馬に先着し、3着以内に入れば優勝確定という状況でした。

 つまり、グランダムジャパンの対象レースを勝ち上がってきた地方馬は、このレースで穴メーカーになるということ。その対象レースは、ダートグレードのスパーキングレディーカップブリーダーズGC以外では、ノースクイーンC、兵庫サマークイーン賞、読売レディス杯、ビューチフルドリーマーC、秋桜賞の5レースになります。

 2011年に7番人気のエーシンクールディ(愛知)が3着入線したこともありましたが、この馬も兵庫サマークイーン賞、読売レディス杯、秋桜賞を制した実績馬でした。特に東海地区は、牝馬の番組が充実しており、それを求めて東海地区に所属する牝馬が多いので要注意。対象レースを複数勝っているような馬は、ヒモ穴の資格はあるでしょう。

 逆に本命候補に推せる馬は、同年8月のブリーダーズGCの連対馬ですが、同レースの優勝馬には、アムールブリエのような長距離指向の強い馬もいます。そこで過去1年以内にダ1600m~1900mのJRAのオープンかグレードレースの優勝歴があることが条件で調べると、ブリーダーズGCが牝馬限定戦に生まれ変わった2014年以降の成績は、【4・2・0・0】とこれまでは完璧。昨年もこの条件を満たしたプリンシアコメータが優勝しています。

 さらに同年7月のスパーキングレディ―カップの連対馬で、過去1年以内にダ1700m~2000mのJRAのオープンかグレードレースの優勝歴があることが条件で調べると、こちらも【3・1・0・0】と連対率100%。明らかな短距離馬以外は通用していました。つまり、ダ1800m適性のあるスパーキングレディ―カップの連対馬やブリーダーズGCの連対馬は、この舞台で信頼できることになります。

 他では、前年のJBCレディスクラシックの連対馬も活躍。JBCレディスクラシックが新設された、翌年2012年以降のこのレースでの成績は【3・3・0・2】。4着以下が2頭…このデータは、そこまで良くないと感じる人もいるかもしれません。しかし、4着以下に敗れたのは、2013年のクラーベセクレタ、2014年のアクティビューティの2頭で、この2頭が連対した年は、前年のJBCレディスクラシックがダ1500m~1600mで行われていた年です。

 前年のJBCレディスクラシックがダ1800mで行われた年は、翌年に繋がることが多く、2012年のミラクルレジェンド、2015年のサンビスタがこのレースを優勝。2014年のトロワボヌールや2016年のホワイトフーガも2着と好走しています。前年のレディスクラシックの連対馬は、今回が始動戦になることが多いですが、ダ1800mの前年のJBCクラシックの連対馬は警戒したほうがいいでしょう。

 まとめると、古馬牝馬路線は、短距離馬も中距離馬も長距離馬も「牝馬限定戦」というくくりでごちゃまぜに使われることが多いもの。短距離馬のホワイトフーガと中距離馬のサンビスタと長距離馬のアムールブリエが一緒に戦うこともあるのですから、ある意味、不思議な世界です。

 もちろん、中距離馬よりも短距離馬のほうが明確に強い場合は距離の壁は越えられますが、力量関係が互角の場合は適性が左右するものです。つまり、レディスプレリュードは中距離戦である以上、最低限の中距離実績を持った馬を狙いましょうという話です。一度、カテゴリー化してあげると、それそれの距離条件で点数が絞りやすくなります。


 ●本命候補
 ・同年のブリーダーズGCの連対馬。
  (過去1年以内にダ1600m~1900mのJRAのオープンかグレードレースの優勝歴があることが条件)
 ・同年のスパーキングレディーカップの連対馬。
  (過去1年以内にダ1700m~2000mのJRAのオープンかグレードレースの優勝歴があることが条件)
 ・前年のJBCレディスクラシックの連対馬。
  (前年のJBCレディスクラシックがダ1800mで行われていることが条件)

 ●穴馬候補
 ・ノースクイーンC、兵庫サマークイーン賞、読売レディス杯、ビューチフルドリーマーC、秋桜賞の5レースのうち、2レース以上勝利している地方馬。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!

[もっと見る]

2019年8月14日(水) 15:30 山崎エリカ
【山崎エリカのダートグレード攻略】~ブリーダーズゴールドカップ2019~
閲覧 742ビュー コメント 0 ナイス 6

 伝統の帝王賞に次ぐ、長い歴史を持つブリーダーズゴールドカップも今年で牝馬限定戦に生まれ変わって6年目。このレースは2013年まで牡馬混合のG2で行われていましたが、南関東を始めとする本州地区からの参戦がほとんどなく、晩年は出走馬が6頭、8頭……という状況。メンバーが集まらないという問題を抱えていました。

 そこで牝馬の交流重賞路線が7月のスパーキングレディーカップから10月のレディスプレリュードまで行われないことに目をつけて、牝馬限定のG3として、装いを新たにしました。佐賀ヴィーナスカップから始まるグランダムジャパンの古馬シーズン・第5戦に組み込むことで、盛り上げる目的もあったのでしょう。

 しかし、それでも本州地区からの参戦がほとんどなく、中央勢の独壇場。過去5年で地方馬が馬券に絡んだことは1度もありません。夏場のこの時期は、実績馬は秋のJBCレディスクラシックに向けて放牧に出されていることも多く、前年のJBCレディスクラシックで活躍した実績馬が出走してくることは多くもありませんが、出走してくれば当然有力。

 前年のJBCレディスクラシックで連対した馬のこのレースでの成績は、過去5年で【0・2・0・0】。2着の該当馬は、2015年のサンビスタと昨年のプリンシアコメータ。実績馬にとっては、あくまでもこの先のJBCレディスクラシックが目標ではありますが、地力の違いでここも通用しているようです。

 次いで有力なのは、同年のエンプレス杯で3着以内だった馬。それらの成績は過去5年で【3・2・0・0】。1着の該当馬は、2014年のサンビスタ、2015年-2016年のアムールブリエ。2着の該当馬は、2014年のワイルドフラッパー、昨年のプリンシアコメータブリーダーズゴールドカップエンプレス杯と同じ中距離戦のG2だけのことはあって、ここでも期待に応えられているようです。

 他に有力なのはそもそも実力が違う、過去1年以内に牡馬相手のダートグレードで3着以内の実績のある馬でしょう。前年の名古屋グランクリを優勝した2016年アムールブリエは、このレースで問答無用の圧勝を飾りました。また、2014年のワイルドフラッパーも昨年のクイーンマンボも、前走の平安Sで3着、2着でした。

 最後に穴パターンを推奨すると、2017年の優勝馬マイティティー(6番人気)や2014年の3着馬マーチャンテイマー(4番人気)のように、休養明けの前走でJRAの牡馬相手のオープン以上で戦って大敗した馬たち。

 マイティティーは前走の大沼Sで14着大敗、マーチャンテイマーは前走のプロキーンSで15着大敗していましたが、休養前には1600万下を優勝した実績がありました。もともと強かった馬が、休養明けをひと叩きされて変わり身を見せたパターンです。そういう馬は、一発を警戒したほうがいいでしょう。


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 ・前年のJBCレディスクラシック連対馬。
 ・同年のエンプレス杯で3着以内だった馬。
 ・過去1年以内に、牡馬相手のダートグレードで3着以内の実績がある馬。

 ●穴馬候補
 ・休養明けの前走で牡馬オープン以上で戦って、2桁着順に敗れた馬。
  (休養前に1600万下勝ちの実績があることが条件)

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!

[もっと見る]

2019年2月26日(火) 15:25 山崎エリカ
【山崎エリカのダートグレード攻略】~エンプレス杯(キヨフジ記念)2019~
閲覧 1,136ビュー コメント 0 ナイス 8

 今年で65回目を迎えるエンプレス杯は、数ある牝馬限定ダートグレードの中でも、もっとも歴史があるレース。かつては砂の女王決定戦の位置付けで、地方競馬のグレード制導入元年(1995年)には、ホクトベガが歴史的大差勝ちを収めたこともありました。しかし、2011年のJBCレディスクラシックの創設や牝馬限定のダートグレードの充実により、ここ数年はレベルが低下。TCK女王盃などのG3と横並びのようなレースとなっています。

 TCK女王盃と横並びのようなレースですから、当然、前走TCK女王盃の連対馬が優勢の傾向。JBCレディスクラシックが創設された2011年以降(2012年は、積雪のため開催中止)のこのレースでの成績は、【3・1・1・2】。1着の該当馬は、2011年のラヴェリータ、2017年のワイルドフラッパー、2017年ワンミリオンス。2着の該当馬は、2017年のリンダリンダ。3着の該当馬は、2011年のミラクルレジェンド。

 4着以下だった馬は、2015年のアクティビューティ(4着)と2018年のミッシングリンク(6着)ですが、この2頭には前年のダートグレードで勝っていないという共通項がありました。前年のダートグレードで優勝の実績があるか、ワイルドフラッパーやワンミリオンスのように4戦連続連対しているタイプは信頼してもいいでしょう。

 しかし、最有力は、前年の中央のダ1700m以上の古馬オープン特別で3着以内の実績がある馬。このタイプの過去10年の成績は、【4・1・0・0】。1着の該当馬は、2008年のサヨウナラ、2009年のニシノナースコール、2011年のラヴェリータ、2014年のワイルドフラッパー。2着の該当馬は、2008年のニシノナースコール。近年は牝馬限定のダートグレードの充実により、中央のオープン特別を経由する馬は滅多にいませんが、出走していれば積極的に狙えます。

 次いで有力なのは、前年のJBCレディスクラシックの連対馬。JBCレディスクラシックが創設された、翌年の2012年以降のこのレースでの成績は【1・2・0・0】。1着の該当馬は、2012年のミラクルレジェンド(1着)。2着の該当馬は、2014年のアクティビューティ(2着)、2018年のプリンシアコメータ(2着)。牡馬トップクラスが相手のフェブラリーSに目もくれず、ここに出走してくる馬も信頼できることになります。

 逆に、一番の穴メーカーは、今回と同距離コースのロジータ記念の連対馬です。ロジ―タ記念は地方の3歳牝馬トップクラスが集う重賞ですが、2009年には前年のロジータ記念の優勝馬シスターエレキングがこのレースで6番人気で2着入線し、馬連2万1810円、3連単19万180円の高配当を演出したことがありました。また、2013年、2017年も前年のロジ―タ記念の連対馬エミーズパラダイスやリンダリンダが2着入線しています。

 なぜ、ロジータ記念の連対馬が地味に活躍するのかというと、コース経験の他、4歳馬は斤量54㎏も出走できるメリットがあるからでしょう。ただし、前記した3頭とも4コーナー2番手より前から粘った馬たちでした。前がバテたところを差して勝った2009年のタカヒロチャームのようなタイプは通用しないのでご注意を!


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 ・前年の中央のダ1700m以上の古馬オープン特別で3着以内の実績馬。
 ・前年のJBCレディスクラシックで連対した馬。
 ・前走のTCK女王盃で連対した馬。
  (前年にダートグレード勝ちの実績のない馬を除く)

 ●穴馬候補。
 ・前年のロジ―タ記念の連対馬。
 (4コーナー2番手よりも前から押し切っている馬が対象)

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!

[もっと見る]

⇒もっと見る

プリンシアコメータの口コミ


口コミ一覧

恥ずかしい馬予想2020.05.10[結果]

 DEEB 2020年5月10日() 18:01

閲覧 150ビュー コメント 0 ナイス 8

東京10R ブリリアントステークス (L) 4歳以上オープン(国際)[指定]
◎16 マスターフェンサー…2着
○ 4 エルデュクラージュ…1着
▲ 9 プリンシアコメータ…6着
△ 5 ジョーダンキング…9着
× 2 アングライフェン…14着
[結果:アタリ○ 馬連 4-16 1,300円]

東京11R NHKマイルカップ GⅠ 3歳オープン(国際)牡・牝(指定)
◎ 2 タイセイビジョン…4着
○17 ☆サトノインプレッサ…13着
▲ 4 プリンスリターン…15着
△18 ウイングレイテスト…7着
× 3 ☆レシステンシア…2着
× 5 ☆シャインガーネット…6着
[結果:アタリ△ 複勝 3 180円]

京都10R 橘ステークス (L) 3歳オープン(国際)
◎ 4 ヴェスターヴァルト…3着
○ 2 ジュンライトボルト…2着
▲ 9 カリオストロ…1着
[結果:アタリ○ 馬連 2-9 1,530円 ワイド 2-9 500円・2-4 350円]

京都11R 鞍馬ステークス 4歳以上オープン(国際)
◎11 ★エイティーンガール…3着
○ 8 トゥラヴェスーラ…2着
▲ 7 タイセイアベニール…1着
△ 4 ニシノラッシュ…5着
× 9 ☆トウショウピスト…4着
[結果:アタリ△ 複勝 11 120円、ワイド 7-8 280円]

新潟 1R 3歳未勝利牝[指定]
◎12 ★シェーン…2着
○ 3 ワンダーシエンプロ…3着
▲ 5 フルールエトワール…8着
△ 6 メイショウトラヒメ…5着
×14 ストリートピアノ…4着
[結果:アタリ△ 複勝 12 120円]

新潟 8R 4歳以上1勝クラス牝[指定]
◎11 ウインメルシー…1着
○12 アグリューム…4着
×13 ☆エピックガール…5着
[結果:ハズレ×]

新潟11R 新潟大賞典 GⅢ 4歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 7 ブラヴァス…4着
○ 4 インビジブルレイズ…5着
▲ 6 レッドガラン…6着
△ 2 エアウィンザー10…着
× 5 カツジ…11着
☆16 ブラックスピネル…9着
[結果:ハズレ×]

新潟12R五泉特別 4歳以上1勝クラス(混合)[指定]
◎10 ジョニーズララバイ…2着
○ 2 フクノナルボンヌ…7着
▲13 ☆クーファウェヌス…3着
△ 3 メイショウウチデ…15着
×15 サンドスピーダー…6着
[結果:アタリ△ 複勝 13 180円、ワイド 10-13 470円]

京都に行きたいですね。
淀に。
さて、今日はどこで競馬を聴こうかな。

[今日の結果:8戦2勝2敗4分]
家で、テレビとラジオで競馬参戦でした。

 DEEB 2020年5月10日() 09:33
恥ずかしい馬予想2020.05.10
閲覧 437ビュー コメント 0 ナイス 3

趣味が競馬です。へたくそです。当たりません…。
恥ずかしい予想を…記録用に書きます。
今日も競馬を楽しみましょう。

東京10R ブリリアントステークス (L) 4歳以上オープン(国際)[指定]
◎16 マスターフェンサー
○ 4 エルデュクラージュ
▲ 9 プリンシアコメータ
△ 5 ジョーダンキング
× 2 アングライフェン

東京11R NHKマイルカップ GⅠ 3歳オープン(国際)牡・牝(指定)
◎ 2 タイセイビジョン
○17 ☆サトノインプレッサ
▲ 4 プリンスリターン
△18 ウイングレイテスト
× 3 ☆レシステンシア
× 5 ☆シャインガーネット

京都10R 橘ステークス (L) 3歳オープン(国際)
◎ 4 ヴェスターヴァルト
○ 2 ジュンライトボルト
▲ 9 カリオストロ

京都11R 鞍馬ステークス 4歳以上オープン(国際)
◎11 ★エイティーンガール
○ 8 トゥラヴェスーラ
▲ 7 タイセイアベニール
△ 4 ニシノラッシュ
× 9 ☆トウショウピスト

新潟 1R 3歳未勝利牝[指定]
◎12 ★シェーン
○ 3 ワンダーシエンプロ
▲ 5 フルールエトワール
△ 6 メイショウトラヒメ
×14 ストリートピアノ

新潟 8R 4歳以上1勝クラス牝[指定]
◎11 ウインメルシー
○12 アグリューム
×13 ☆エピックガール

新潟11R 新潟大賞典 GⅢ 4歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 7 ブラヴァス
○ 4 インビジブルレイズ
▲ 6 レッドガラン
△ 2 エアウィンザー
× 5 カツジ
☆16 ブラックスピネル

新潟12R五泉特別 4歳以上1勝クラス(混合)[指定]
◎10 ジョニーズララバイ
○ 2 フクノナルボンヌ
▲13 ☆クーファウェヌス
△ 3 メイショウウチデ
×15 サンドスピーダー

京都に行きたいですね。
淀に。
さて、今日はどこで競馬を聴こうかな。

[もっと見る]

 しんすけ48 2020年5月10日() 07:11
上賀茂ステークス&緑風ステークス&ブリリアントステークス
閲覧 92ビュー コメント 0 ナイス 32

おっは~♪

今日は5鞍で勝負!

昨日は余計な一鞍追加してしまった挙句のノーホーラで焼き鳥状態。

今日こそは当てないと干上がってしまいますよ。

京都9R 上賀茂ステークス

◎④クレスコブレイブ
△③タマモアポローン
△⑦アイファーキングズ
△⑧スマートフルーレ
△⑭サンライズセナ
△⑮ウインユニファイド

馬連④ー③・⑦・⑧・⑭・⑮への5点。

前走は左回りと時計が早すぎたかな?2走前の昇級初戦は離されたけど良績無い阪神で4着。
京都で良馬場なら一発無いかな?

東京9R 緑風ステークス

◎⑩ベイビーステップ
△②サトノラディウス
△⑥ヒシゲッコウ
△⑦マイネルカレッツァ
△⑬ブラックプラチナム
△⑭ミッキーバード

馬連⑩ー②・⑥・⑦・⑬・⑭への5点。

府中の二四への条件替わりは好材料っス!春先に調子上げるタイプでもあるしね。

東京10R ブリリアントステークス

◎⑮メイプルブラザー
△②アングライフェン
△④エルデュクラージュ
△⑤ジョーダンキング
△⑨プリンシアコメータ
△⑩サトノティターン

馬連⑮ー②・④・⑤・⑨・⑩への5点。

4走前に2着した同条件。出来も良さそうなんで一発無いかな?

今日はここまでよ。

早速購入して来まーす!

[もっと見る]

⇒もっと見る

プリンシアコメータの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

プリンシアコメータの写真

プリンシアコメータ
プリンシアコメータ
プリンシアコメータ

プリンシアコメータの厩舎情報 VIP

2020年5月10日ブリリアントS (L)6着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

プリンシアコメータの取材メモ VIP

2020年5月10日 ブリリアントS (L) 6着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。