ステルヴィオ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
ステルヴィオ
ステルヴィオ
ステルヴィオ
ステルヴィオ
写真一覧
現役 牡3 鹿毛 2015年1月15日生
調教師木村哲也(美浦)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 8戦[3-3-0-2]
総賞金16,395万円
収得賞金7,300万円
英字表記Stelvio
血統 ロードカナロア
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
レディブラッサム
ラルケット
血統 ][ 産駒 ]
ファルブラヴ
アズサユミ
兄弟 ボルゲーゼカルナローリ
前走 2018/10/07 毎日王冠 G2
次走予定

ステルヴィオの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/10/07 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 13455.332** 牡3 55.0 C.ルメー木村哲也468(+6)1.44.7 0.233.2⑥⑧⑧アエロリット
18/05/27 東京 10 東京優駿 G1 芝2400 1871516.568** 牡3 57.0 C.ルメー木村哲也462(+2)2.24.0 0.433.9⑮⑯⑬⑫ワグネリアン
18/04/15 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 168153.724** 牡3 57.0 C.ルメー木村哲也460(-6)2.01.4 0.634.8⑭⑭⑭⑬エポカドーロ
18/03/18 中山 11 スプリングS G2 芝1800 13682.311** 牡3 56.0 C.ルメー木村哲也466(+6)1.48.1 -0.034.1⑧⑧⑦⑥エポカドーロ
17/12/17 阪神 11 朝日杯FS G1 芝1600 165105.332** 牡2 55.0 C.デムー木村哲也460(+4)1.33.9 0.633.8⑫⑩ダノンプレミアム
17/10/07 東京 11 サウジRC G3 芝1600 188162.612** 牡2 55.0 C.ルメー木村哲也456(-2)1.33.3 0.333.5⑭⑯ダノンプレミアム
17/08/12 札幌 10 コスモス賞 OP 芝1800 11661.311** 牡2 54.0 C.ルメー木村哲也458(-4)1.51.3 -0.035.8⑥⑧⑦ミスマンマミーア
17/06/04 東京 5 2歳新馬 芝1600 16363.721** 牡2 54.0 C.ルメー木村哲也462(--)1.34.8 -0.334.2④④サトノオンリーワン

ステルヴィオの関連ニュース

 しの 史上5頭目の3冠牝馬が誕生するのか、楽しみですね。

 東京サンスポ・柴田 アーモンドアイは美浦坂路で4F49秒7の一番時計。まったくの馬なりだったんで、時計がモニターに出た瞬間、思わず「そんなに速いの!」と声が出たくらい。

 大王 あのブエナビスタも3着と取りこぼした直線の短い京都内回り。でも後方一気だった桜花賞と違い、オークスは好位から抜け出して圧勝した。自在性が増しているから対応できるよ。

 柴田 先週のWコース6F82秒5の動きも良かった。とにかく順調にきたので、ぶっつけでも態勢は整っている。逆らわないほうがいいね。

 しの ちょっと別格って感じね。

 大王 逆転を狙いたいラッキーライラックローズSを使えなかったうえ、乗り慣れた石橋騎手がケガで乗り替わり。

 しの 流れは良くないけど、春よりもかなり背が高くなった印象。見た目に成長は感じますね。

 水谷 「放牧からボリュームアップして帰ってきた」と松永幹調教師。逆転するには「アーモンドアイより前めの競馬をしなければ。内回りで立ち回りのうまさを最大限に生かしたい」やて。

 大阪サンスポ・長田 けいこはCWコースでシャープな伸び。併走馬を並ぶ間もなく置き去りにする力強い走りでした。

 しの 重要ステップの紫苑S組は上位2頭が回避。なら、ローズS組に期待。Vのカンタービレオークス13着ですが、距離が合わなかったみたい。この舞台で武豊騎手なら、アーモンドとの差は縮められそう。

 長田 2着サラキアもCWコースでうなるような手応え。ラスト1F11秒6で抜群でした。

 水谷 「夏から実が入った感じ。春に無理をさせなくて良かった」と池添学調教師。小倉勝ちがあるから、内回りの適性を強調しとったで。

 大王 阪神JF桜花賞で4着のトーセンブレスローズSでシンガリ負け…。どうやらフケの影響があったみたいだ。

 東京サンスポ・漆山 紫苑S組も足しておこう。4着パイオニアバイオは、追い切りで力強い伸び脚。母アニメイトバイオは10年にアパパネが3冠を達成したときの2着だから歴史は繰り返す? 柴田善騎手は「前よりもパワーアップ。反応が全然違う」って。

 大王 上がり馬ならミッキーチャームだ。北海道での3連勝が圧勝だったし、力は通用しそう。

 漆山 マイルだけど、古馬を相手に関屋記念を勝ったプリモシーンも。ただ木村調教師は、「今までよりも器用に立ち回らないと競走に参加するのは厳しい」と、内回りをポイントにあげてた。

 しの ところで水谷さんは?

 水谷 言いたいことは分かるで。確かに先週は穴党としては反則技…。

 しの 3番人気ステルヴィオに◎打って、勝つならまだしも2着で馬プレVってのはね。

 水谷 まあ、流れは悪くないやろ。このリズムで暮れまで、な。

 しの 平場予想の好調ぶりを、メーンでも発揮してくださいね!



(夕刊フジ)



秋華賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

毎日王冠2着ステルヴィオ、マイルCSへ 2018年10月11日(木) 05:00

 毎日王冠2着のステルヴィオ(美・木村、牡3)は、福島・ノーザンファーム天栄への短期放牧を挟んでマイルCS(11月18日、京都、GI、芝1600メートル)を目指すことが分かった。同馬が所属するサンデーサラブレッドクラブのホームページ上で10日に発表された。

ステルヴィオの競走成績はこちら

[もっと見る]

【毎日王冠】アエロ、盤石V!影をも踏ませぬ逃走 2018年10月8日(月) 05:03

 第69回毎日王冠(7日、東京11R、GII、3歳上オープン国際(指)、別定、芝1800メートル、1着本賞金6700万円、1着馬に天皇賞・秋の優先出走権=出走13頭)ジョアン・モレイラ騎乗で1番人気のアエロリットが先手を奪ってそのまま押し切り、3度目の重賞V。レコードに0秒3差と迫る1分44秒5(良)の好タイムだった。優先出走権を獲得した天皇賞・秋への出走は流動的。1馬身1/4差の2着は3番人気のステルヴィオで、さらにクビ差の3着が6番人気のキセキだった。

 夏に逆戻りしたような陽気のもと、芦毛の紅一点が“マジックマン”に導かれて躍動した。モレイラ騎手が手綱をとったアエロリットが、タフな東京芝1800メートルで影をも踏ませぬ独壇場。華麗な逃亡劇で押し切った。

 「初めて日本でGIIを勝てて本当にうれしい。僕にとってアエロリットは特別な馬になりました」

 1年半ぶりに訪れた東京であっさりと自身初のJRA・GII勝ちを決めた殊勲の鞍上が、優勝インタビューで“スペシャルフィリー(特別な牝馬)”という言葉を並べる。前日の9Rで日本で初めての騎乗停止処分を受けたが、集中力は途切れず、レースでは素晴らしいロケットスタート。「正直、先行する予定はなかった」と打ち明けたが、ペースを判断してアドバンテージを奪い、開幕週の絶好馬場でそれを生かし切った。

 「馬体も、ファイティングスピリットも素晴らしく、間違いなくまたGIを取れる馬だと思います。僕自身、日本で長く乗れるよう努力しているところで、木曜日の(騎手免許1次試験の)合格発表が待ち遠しい」

 相棒の頑張りとポテンシャルをたたえつつ、自身の奮闘ぶりも笑顔でアピールした。強豪牡馬を向こうに回しての1番人気に見事に応え、菊沢調教師もひと安心だ。

 「直線が本当に長く感じました。今まで携わってくれた人たちのおかげで、本当にいい方向に成長してくれた。今日はモレイラ騎手と気分良さそうに走ってくれました」

 春はGIで2戦続けて落鉄のアクシデント。そこで今回は前脚にエクイロックス(接着装蹄)を施す特別仕様で登場した。「今日は落鉄も大丈夫でしたね。もう完成の域にあると思うし、あとはとにかく無事にいってくれれば」。完成期を迎えた頼もしい愛馬を誇らしげに見つめた。

 名手も太鼓判を押す次走のGI挑戦はマイルCS(11月18日、京都、GI、芝1600メートル)が濃厚。鞍上は未定だが、一段と輝きを増したモノクロームの男勝りが、秋のターフを熱く盛り上げることは間違いなさそうだ。(内海裕介)

★7日東京11R「毎日王冠」の着順&払戻金はこちら

アエロリット 父クロフネ、母アステリックス、母の父ネオユニヴァース。芦毛の牝4歳。美浦・菊沢隆徳厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)サンデーレーシング。戦績12戦4勝。獲得賞金3億3802万円。重賞は2017年GI・NHKマイル、GIIIクイーンSに次いで3勝目。毎日王冠菊沢隆徳調教師、ジョアン・モレイラ騎手ともに初勝利。馬名は「隕石(フランス語)」。

[もっと見る]

【毎日王冠】ステルヴィオ、力示した2着 2018年10月8日(月) 05:02

 第69回毎日王冠(7日、東京11R、GII、3歳上オープン国際(指)、別定、芝1800メートル、1着本賞金6700万円、1着馬に天皇賞・秋の優先出走権=出走13頭)ステルヴィオは課題のスタートを決めて中団につけると、メンバー中最速となる上がり3ハロン33秒2の鋭い脚を発揮。激しい2着争いを制して、実力の一端を示した。

 「いい競馬でした。休んでリフレッシュしたことで、速い脚を使ってくれた。勝った馬は強かったので仕方ない。この馬もGIレベルです」と、ルメール騎手は相棒の能力を再認識していた。木村調教師は「よく頑張ったと思います」と語るにとどめ、次走は未定。

★7日東京11R「毎日王冠」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【毎日王冠】ステルヴィオが2着 ルメール「勝った馬は強かったので仕方ない」 2018年10月7日() 18:36

 10月7日の東京11Rで行われた第69回毎日王冠(3歳以上オープン、GII、芝1800メートル、別定、13頭立て、1着賞金=6700万円)は、ジョアン・モレイラ騎手騎乗の1番人気アエロリット(牝4歳、美浦・菊沢隆徳厩舎)が堂々の逃げ切り勝ち。勝ちタイムは1分44秒5(良)。



 日本ダービー以来の復帰戦となったC.ルメール騎手騎乗の3歳馬ステルヴィオ(3番人気)が、道中は中団に待機すると、最後の直線で上がり3ハロン最速となる33秒2の脚で鋭く伸びて2着に食い込んだ。



 C.ルメール騎手「いい競馬でした。休んでリフレッシュしたことで、速い脚を使ってくれました。勝った馬は強かったので仕方ないですね。この馬も(能力は)GIレベルです」



★【毎日王冠】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【毎日王冠】モレイラの逃げでアエロリットが牡馬を一蹴 2018年10月7日() 15:55

 10月7日の東京11Rで行われた第69回毎日王冠(3歳以上オープン、GII、芝1800メートル、別定、13頭立て、1着賞金=6700万円)は、ジョアン・モレイラ騎手騎乗の1番人気アエロリット(牝4歳、美浦・菊沢隆徳厩舎)が堂々の逃げ切り勝ち。天皇賞・秋(28日、東京、GI、芝2000メートル)の優先出走権を獲得した。1分44秒5(良)の勝ちタイムはレコードにコンマ3秒差という優秀さ。

 1馬身1/4差の2着には中団追走から外めを追い込んだC.ルメール騎乗の3歳馬ステルヴィオ(3番人気)、さらにクビ差遅れた3着に2番手からキセキ(6番人気)が粘り込んだ。

 アエロリットは絶好のスタート。向こう正面でも引く姿勢は見せず淡々と先頭を走る。直線入り口で再加速し、モレイラ騎手が右ステッキを1発、2発、後続を突き放してゴール前で、もう2発。一度も馬体を並ばせることなく、上がりを33秒8でまとめて牡馬を一蹴した。

 毎日王冠を勝ったアエロリットは、父クロフネ、母アステリックス、母の父ネオユニヴァースという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)サンデーレーシング。通算成績は12戦4勝。重賞は2017年NHKマイル・GI、クイーンS・GIIIに次いで3勝目。毎日王冠菊沢隆徳調教師、ジョアン・モレイラ騎手ともに初勝利。

 ◆ジョアン・モレイラ騎手(1着 アエロリット)「逃げる予定はなかったけど、ペースを判断してあの形に。先頭に立ってリラックスして走れたし、最後もしっかり反応してくれた。初めてGIIを勝てて僕にとっても特別な馬になったし、間違いなくまたGIを獲れると思います」



★【毎日王冠】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ステルヴィオの関連コラム

閲覧 334ビュー コメント 1 ナイス 7



先週は、6(土)に東京競馬場でG3サウジアラビアRC、7(日)に東京競馬場でG2毎日王冠、8(祝月)には京都競馬場でG2京都大賞典がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3サウジアラビアRCは、単勝1.3倍の圧倒的1番人気に支持されたグランアレグリアが出遅れて最後方から。後れを挽回しようと外を回って進出すると、アタマを上げてやや掛かり気味に中団へ。ここから徐々になだめながら引き続きポジションを上げていき、3コーナーまでには先頭のトーラスジェミニから1馬身差の2番手をキープします。2番人気シャドウエンペラー、3番人気ドラウプニルの2頭は後方からの追走となって直線へ。ほとんど追うところなく残り400m過ぎでグランアレグリアが単独先頭へ。後続勢からは、懸命に追われてアマーティシャドウエンペラーといったところが内を伸びて追撃を見せますが、差は詰まるどころか広がる一方。ここでようやくムチが入り本格的に追い出されたグランアレグリアに、他馬が付け入る隙はなく......。結局、3馬身1/2差をつけてグランアレグリアが圧勝。無傷の重賞初制覇を飾っています。2着には7番人気ドゴールが入り、そこから1馬身差の3着には4番人気アマーティが入っています。
公認プロ予想家では、☆まんでがんプロ伊吹雅也プロマカロニスタンダーズプロ金子京介プロ西野圭吾プロら計15名が的中しています
 
G2毎日王冠は、好スタートを決めた1番人気アエロリットがそのまま先頭に立って、前半4F47.3秒(推定)のマイペースで運びます。2番手にはインから積極策のキセキ。中団に、2番人気サトノアーサー、3番人気ステルヴィオの人気どころが位置し、手ごろな頭数でもやや縦長の隊列となって4コーナーへ。徐々に2番手からキセキがプレッシャーをかけ始め、2頭の直後にステファノスレアリスタと続き、直線を迎えます。先頭のアエロリットは、鞍上が後続を確認するように振り返ってから満を持しての追い出し。内を通って、キセキステファノスが併せ馬でこれを追いますが、その差はなかなか詰まらず。逆に、後続からケイアイノーテックステルヴィオの3歳勢が追い上げを見せて、2~3着争いに顔を覗かせます。外からまとめて交わして2番手浮上のステルヴィオの伸びが目立つゴール直前でしたが、アエロリットをとらえるまでは至らず。詰め寄られそうで詰め寄られず、そこから盛り返してまた突き放しの競馬で、結局スタートから1度も先頭を譲らなかったアエロリットが快勝。重賞3勝目をあげています。1馬身1/4差の2着にステルヴィオ。さらにそこからクビ差の3着には、ステファノスとの頭の上げ下げの接戦をものにした6番人気キセキが入っています。
公認プロ予想家では、西野圭吾プロ☆まんでがんプロKOMプロ導師嵐山プロ岡村信将プロスガダイプロサラマッポプロ奥野憲一プロら計15名が的中しています
 
G2京都大賞典は、G1馬シュヴァルグラン(1番人気/単勝2.2倍)、サトノダイヤモンド(2番人気/単勝2.3倍)の2頭による競演に注目が集まる中、各馬一斉のスタート。大外からウインテンダネスがハナを奪って、前半1000mを61.2(秒)で通過。そのスローな流れの中でも、2番手以下は10馬身以上離れた位置を追走する形となり大逃げの構図でレースは展開していきます。シュヴァルグランはその2番手グループ集団の中団、その直後にサトノダイヤモンドが続きます。3コーナーで徐々に、先頭ウインテンダネスと2番手スマートレイアーの差が詰まり、連れて外を通ってシュヴァルグランも3、4番手まで浮上。サトノダイヤモンドアルバートといったところも外を回して先団を窺い、4コーナーを回って直線へ。ここで抜群の伸びを見せたのはサトノダイヤモンド。勢いのままに直線半ばで完全に抜け出した後は、やや後続に詰められるシーンもあったものの1/2馬身差を保ち先頭でゴール。復活を印象付ける重賞6勝目をあげています。2着にはインから縫うように伸びてサトノダイヤモンドに迫った4番人気レッドジェノヴァが入り、そこから1馬身3/4馬身差の3着に外を伸びた3番人気アルバートと入っています。アルバートに最後に交わされたシュヴァルグランは4着に終わっています。
公認プロ予想家では、蒼馬久一郎プロ馬っしぐらプロスガダイプロら計7名が的中しています
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →サウスプロ
先週は、6(土)の京都10R、7(日)東京2R、8(祝月)東京2Rなどで的中を積み重ねると、東京8Rでは52万7,400円払戻しのホームランを披露!週間トータルでは、回収率165%、収支46万9,110円トップ成績を達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
6(土)京都10R、7(日)G2毎日王冠、8(祝月)京都1Rなど、3日間ともに随所に好調予想を披露!3日連続プラス収支を達成しています。週間トータル成績では、的中率47%、回収率120%の高水準をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →豚ミンCプロ
6(土)の京都12Rでの◎デンコウケンジャ的中、7(日)G2毎日王冠(◎キセキ)、京都6R(▲サンマルペンダント)などの的中を披露した先週。8(祝月)東京12Rでは週間プラスを決める一撃◎ヴィジョンオブラヴからの11万1,930円払戻しを決め、週末トータル回収率111%で終えています。
 
☆☆☆注目プロ →西野圭吾プロ
7(日)のG2毎日王冠を◎○△で的中し、101,700円の払戻しをマーク!他にも、8(祝月)京都1Rでの▲セロシア-◎タニノマイカ的中など活躍を披露しました。週末3日間のトータルでは、回収112%を達成しています。
 
 
 
この他にも、“帰ってきた”凄馬勝子プロ(143%)、シムーンプロ(116%)、きいいろプロ(109%)、馬侑迦プロ(104%←2週連続週末プラス)、おかべプロ(104%←3週連続週末プラス)、ース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(103%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2018年10月3日(水) 18:30 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2018毎日王冠&京都大賞典編
閲覧 1,490ビュー コメント 0 ナイス 13



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。


10月7日(日) 東京11R 第69回毎日王冠(G2、3歳以上、芝1800m)

サウンズオブアース(C)
前走時は中間の調教内容が良かったものの、最終追い切りの動きが物足りず評価を下げてしまったが4着に好走。結果的に1週前、最終追い切りと併せ馬で先着していたので状態は悪くはなかったのだと思う。この中間は2週前に併せ馬で遅れていて1週前も時計がかかる馬場とはいえこの馬としては物足りない時計で、前走と比べると状態面での不安は残る。

ケイアイノーテック(E)
新馬戦こそ勝っているが本質的に使われて良くなる馬。休み明けでも調教で時計の出る馬だが、この中間はこの馬としてはかなり物足りない時計で、この調教内容だと最終追い切りで時計が出ても割引は必要。

アエロリット(C)
関東圏でのレースや滞在競馬では好走する馬で、今回は東京でのレースなので調整はしやすい。ただ、基本的に馬なりの追い切りが中心の馬。1週前に強く追われた新馬戦、フェアリーSヴィクトリアマイルの3戦は太め残りの心配があった時で、今回も1週前の追い切りで強めに追ってきている点が気掛かり。陣営としてはやや余裕のある馬体だということを意識しているのではないかと思う。

キセキ(E)
菊花賞以来凡走が続いているが、好走していた時にはCWで3F37秒台や1F11秒台の時計を出していて、近走は平均的な時計ばかり。この中間も目を引くような良い時計は出ておらず、変わり身が見込める気配はない。

ステファノス(C)
この中間は乗り込み量も多く、内容的にも時計的にも特に悪い感じはない。近走は道悪では勝ち馬から離されているが、馬場が良い時はそれほど大きくは負けていないので、乗り方ひとつで差は詰まる可能性がありそう。

ステルヴィオ(B)
皐月賞、ダービーと、道悪にスローペースと特殊なレースになった上に、この馬には距離も長かったのではないかと思う。今回はレースが流れそうな点が魅力。状態面に関してもこの中間は乗り込み量も多く速い時計が出ていて、良い状態で出走できるのではないかと思う。

スズカデヴィアス(E)
前走時もそうだったが、この中間も調教で時計の出る馬としてはかなり物足りない時計。栗東に戻っても調教面で変わってきている感じがなく、今回も状態面での不安は残る。

カツジ(A)
休み明けだが、この中間はかなりしっかり乗り込まれて時計も優秀。もともと時計の出る馬で、CWを中心にこれまでと同じように速い時計が出ていて、2週前追い切りでは併せて先着と仕上がりも良さそう。

サトノアーサー(A)
この中間は3週前、2週前、1週前とCWを長めから追われ好時計と、仕上りは良さそう。ここ2戦は今回と同じコースでのレースを経験して好走しており、相手が強くなっても好走が期待できそう。

サンマルティン(D)
もともとトレセンで乗り込んで出走する馬ではないが、この相手でこの調教内容だと厳しいだろう。

ダイワキャグニー(C)
昨年も出走していて、逃げたソウルスターリンングに絡んでいって4着。この中間は乗り込んではいるものの併せ馬での追い切りが少なく、時計もかかり気味で物足りない調教内容。

レアリスタ(D)
休み明けの前走時は併せ馬でも2週連続先着していて、状態面は良さそうだったがレースでは凡走。この中間は前走時との比較で物足りない内容、時計で、変わり身は感じられない。

アクションスター(F)
休み明けで乗り込んではいるものの調教での時計も物足りず、変わり身は見られない。距離短縮も特にこの馬に向いている感じはなく厳しい。


10月8日(祝月) 京都11R 第53回京都大賞典(G2、3歳以上、芝・外2400m)

シュヴァルグラン(A)
昨年と同様にこのレースから始動。もともとそれほど調教で時計の出る馬ではないが、この中間は乗り込み量も豊富で併せ馬では2週前、1週前と先着を果たした。遅れていない点は良い材料。

サトノダイヤモンド(B)
今年に入ってからこの馬としてはかなり物足りない結果が続いているが、前走の宝塚記念時の追い切りではほぼこれまでの調教内容に戻っていた。あとはキッカケさえ掴めればというところで、だいぶ戻ってきているのではないかと思う。この中間も2週前、1週前と併せ馬で一杯に追われて先着していて、内容的には気になるところはない。最終追い切りを馬なりで楽に先着できるくらいの内容になってくれば、良い頃の走りがまた見られそう。

スマートレイアー(B)
昨年は武豊騎手の好騎乗もあり1着。この中間も1週前に一杯に追われて先着していて、調教駆けタイプという点を差し引いても状態面は良さそう。あとは、昨年以上の好騎乗がないと能力的に勝ち負けまでは厳しいであろう相手関係が課題。

アルバート(C)
ここ3戦は関西圏での競馬で、調教では良い時計が出ていたものの結果はついてこなかった。今回も関西圏での競馬で、調教では先着しているものの、ここを叩いて関東圏の長距離戦で狙ったほうが良さそう。

ウインテンダネス(D)
2連勝中も休み明けの実績がなく、関西馬でありながら京都、阪神、小倉では3着にもきたことがない。9連対中7連対が左回りで、右回りは福島での2勝のみと条件的にも厳しそう。状態面に関しても、好走時は直前馬なりの時が多く、使われてある程度馬ができている時のほうが走るのかもしれない。

パフォーマプロミス(B)
前走時は追い切りの動きは悪くなかったが、結果的に伸びきれず9着。この中間も2週前、1週前と併せ馬で好時計が出ており、乗り込み量も多めと、休みを挟んだが引き続き仕上がりは良さそう。

レッドジェノヴァ(B)
長距離戦で実績を残してきている上がり馬。調教面に関しては、特に速い時計が出るタイプではなく目立つところはないのだが、この中間も約1ヶ月間しっかりと乗り込まれていてる。順調に調整されているといった感じ。

モンドインテロ(D)
この中間は牧場で乗り込まれていた模様で、時計は1週前の南Wでの併せ馬1本のみとなっている。京都芝2400mでの好走実績はあるが、下級条件2戦と重賞3着で、その時にはもっと乗り込んでいた。さすがにもう少し乗り込みたい感じで、しかも相手が強くなる今回は厳しそう。

ケントオー(D)
マイルで好走していた馬だが、ここ1年は中距離路線を使われ成績はイマイチ。今回は芝2400mと初めての距離だが、調教内容に関して特にガラリ一変といった感じがないことからも変わり身はなさそう。

ブレスジャーニー(C)
1週前追い切りはCWを長めから好時計が出ていて悪くない内容。もともとそれほど乗り込んで出走する馬ではないが、やれば速い時計が出るタイプでもあり、もう1本長めから時計を出すくらいの余裕は欲しい。

プラチナムバレット(D)
競走中止後の一戦で、1週前の時計はあまり出ていない。併せ馬での遅れも気になる。

【地方馬1頭】
サンエイゴールド(D)
盛岡の芝では実績を残している馬だが、JRAでは実績がなく今回は前走からの間隔も詰まる。その上、京都への長距離輸送もあり、これまで以上に厳しい状況でのレースとなるので、プラス材料はほとんど見当たらない。



◇今回は毎日王冠京都大賞典編でした。
先週は台風の影響で、日曜日の阪神開催が最終的に火曜日に開催されるということで関係者の方々は慌ただしく大変な週だったと思います。特に、当初は翌日にスライドして行われる予定だった代替開催の再中止が発表された月曜は、競走馬を競馬場に輸送できないとの理由での中止で、いろいろと考えさせられるところがありました。普段当たり前のように競馬場で馬が走っていること、それはトレセンから馬を無事に送り届けてくれている方々がいるからこそできることなんだなあと、改めて実感を覚えた次第です。
話は前後しますが、そんな競走馬の輸送に携わっている方に先日たまたまお話を伺う機会があったので、今回はそこで聞いてきた話を少々。その方とは、栗東トレセンの近くにある乗馬苑で毎年行われている『馬に親しむ日』というイベントでお会いしました。馬運者ドライバーによる案内役を馬運車展示コーナーで務められていたその方は、関東と関西では馬運車の会社が違って形態も全く違うこと、どこの競馬場に行くためにはどこの道を通って行くのかといったことに始まり、競走馬輸送に関わるかなり踏み込んだ内容まで教えてくださいました。その1つ、馬ごとの輸送条件については、各厩舎に馬運車運営会社の営業マンが各馬を輸送する時の条件などを収集に伺い、それがデータとして保管されていて、この厩舎のこの馬はこういった条件で輸送するようになどの細かい情報が蓄積されているとのこと。ただ馬を乗せて競馬場に運んでいるのではなく、1頭1頭が最良の状態で競馬場に到着できるように、レースで結果を出せるようにと、こちらが思う以上に気を遣って輸送していることが伝わってきた瞬間でした。あとは、今の競走馬は基本的に何度か競馬を使えば馬がレースだと分かり、馬も輸送に慣れてくるといったことなんかもお聞きしつつ、非常に有意義な時間を過ごさせて頂きました。
他にも予想の際に役立ちそうな情報もいくつか聞くこともでき、輸送に関して今まではブラックボックスだった部分だけにクリアになってなんだかスッキリした気分になりました。何から何まで丁寧に教えていただき、本当にありがとうございました。この場をお借りして御礼申し上げます。
そして、今度高速道路や競馬場の近くで馬運車を見かけたら少し違った目線で、無事に競馬場、トレセンに送り届けてくださいと手を振りたいと思っています。皆さんもぜひ、競馬界を陰で支えてくれているこうした人たちの活躍にも目を向けていただき、馬には変わらずの大声の声援を、馬運車には心のエールを送っていただけたらと思います。
今週末も3日間開催が控えている中、次の台風が週末に日本に接近しそうな感じもあります。自然が相手なのでどうしようもないのは分かっていても、いろいろな苦労を知った後だけに何とかならないものかと考えてしまいます。とにかく馬も、それに関わる人も、みな安全に順調にレースを迎えられるよう、そして開催の無事を祈るばかりです。

それでは次回、菊花賞編(予定)でお会いしましょう。

毎日王冠京都大賞典出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2018年8月7日(火) 18:13 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2018) ~第7回 U指数から見る注目馬~
閲覧 1,170ビュー コメント 0 ナイス 6

今シーズン最初のJRA重賞、7月22日の函館2歳ステークス(2歳G3・函館芝1200m)を制したのはアスターペガサス(R Heat Lightningの2016)でした。また、7月21日の中京2歳ステークス(2歳オープン・中京芝1600m)ではアドマイヤマーズ(ヴィアメディチの2016)が、8月4日のダリア賞(2歳オープン)ではアウィルアウェイ(ウィルパワーの2016)がそれぞれ2勝目をマーク。8月26日の新潟2歳ステークス(2歳G3・新潟芝1600m外)、9月1日の札幌2歳ステークス(2歳G3・札幌芝1800m)、9月2日の小倉2歳ステークス(2歳G3・小倉芝1200m)に出走を予定している馬のラインナップも固まりつつあります。この他にも評判馬や良血馬のデビューが相次いでいて、少しずつプレイヤーごとの明暗が分かれているところです。

 ただ、私がこの時期に再三繰り返している通り、最終的な順位を左右するようなビッグレースが行われるのはまだまだ先。G1、G2、G3、オープンの各ワールドはこれからも仮想オーナー募集枠が解放されていきますから、たとえ出遅れているとしても悲観する必要はまったくありません。今後は人気と将来性の兼ね合いが入札のポイントになってくるでしょう。

 今回は、これからラインナップを充実させていこうと考えている皆さんの参考としていただくべく、ウマニティ独自のスピード指数「U指数(結果U指数)」をベースに、既出走馬のパフォーマンスをランキング化してみました。

 まずは単純な「U指数」のトップ10をご覧ください(8月5日終了時点。以下同)。

●07月21日 中京09R 中京2歳S 芝1600m アドマイヤマーズ 88.0
●07月21日 中京01R ダ1200m アールロッソ 87.6
●07月21日 中京01R ダ1200m デターミネーション 87.0
●07月14日 函館01R ダ1000m デンバーテソーロ 86.9
●08月05日 小倉01R 芝1200m ルチアーナミノル 86.5
●07月22日 函館11R 函館2歳S 芝1200m アスターペガサス 85.9
●07月22日 函館11R 函館2歳S 芝1200m ラブミーファイン 85.9
●06月03日 東京05R 芝1600m グランアレグリア 85.6
●08月04日 小倉02R 芝1800m ヤマニンマヒア 85.6
●07月07日 中京01R 芝1200m セプタリアン 85.4

 函館2歳ステークスのアスターペガサスよりも高いU指数をマークした馬は5頭います。特に中京2歳ステークスでアドマイヤマーズが記録した88.0は、芝を使った馬の中だと頭ひとつ抜けた高水準です。父のダイワメジャーはもともとPOG期間中の成績が優秀な種牡馬であり、母のヴィアメディチも現役時代にリューリー賞(仏G3)などを勝っている実績馬。少なくともマイル路線ならかなりの活躍を期待できそうですし、クラシック戦線で主役を張る可能性もあるんじゃないでしょうか。

 もっとも、「U指数」は格の高いレースほど高い数値が出やすい指標。また、新馬よりも未勝利の方が、早い時期のレースよりも遅い時期のレースの方が、それぞれ高い数値になりがちです。

 各馬の特性を正確に把握するべく、カテゴリー別に作成したランキングもご覧いただきましょう。新馬、かつ芝のレースに限定した「U指数」のトップ10は下記の通りでした。

●06月03日 東京05R 芝1600m グランアレグリア 85.6
●07月28日 新潟05R 芝1400m グレイシア 84.7
●06月03日 東京05R 芝1600m ダノンファンタジー 83.4
●06月03日 阪神05R 芝1400m シングルアップ 82.5
●07月22日 函館05R 芝1800m ウィクトーリア 81.5
●08月04日 札幌05R 芝1200m アドレ 81.2
●06月17日 函館05R 芝1200m ナンヨーイザヨイ 81.1
●06月23日 阪神05R 芝1200m ジャカランダシティ 81.0
●06月24日 阪神05R 芝1800m ブレイキングドーン 81.0
●06月16日 函館05R 芝1000m ウインスピリタス 80.8

 昨年もこの時期に同様のランキングを作成しましたが、新馬、かつ芝のレースに限定した「U指数」のトップはステルヴィオ(ラルケットの2015)、2位はダノンプレミアム(インディアナギャルの2015)。皆さんもご存じの通り、この2頭は後に朝日杯フューチュリティステークスでワンツーフィニッシュを決めています。今年はグランアレグリア(タピッツフライの2016)、グレイシアクーデグレイスの2016)と、牝馬が上位を占める結果に。しばらくはこの2頭が最優秀2歳牝馬争いを引っ張っていくことになるかもしれません。

 未勝利、かつ芝のレースに限定した「U指数」のトップ10は下記の通り。

●08月05日 小倉01R 芝1200m ルチアーナミノル 86.5
●08月04日 小倉02R 芝1800m ヤマニンマヒア 85.6
●07月07日 中京01R 芝1200m セプタリアン 85.4
●07月28日 札幌01R 芝1800m コントラチェック 85.2
●08月04日 小倉02R 芝1800m ミヤケ 84.3
●06月30日 函館01R 芝1200m カルリーノ 83.5
●07月29日 札幌01R 芝1200m キタイ 83.1
●08月04日 新潟02R 芝1000m クロムウェル 82.5
●08月04日 新潟02R 芝1000m フレンドリボン 82.5
●08月04日 新潟02R 芝1000m シャウエン 82.5

 このうちコントラチェック(リッチダンサーの2016)、ヤマニンマヒア(ヤマニンカルフールの2016)はディープインパクト産駒です。どちらも2戦目であっさりと勝ち上がりましたし、デビュー戦の勝ち馬はいずれも既にオープンクラスのレースで連対を果たしている馬。今後も引き続き注目しておくべきでしょう。

 新馬、かつダートのレースに限定した「U指数」のトップ10はこちら。

●06月30日 福島06R ダ1150m ホールドユアハンド 81.4
●07月14日 福島06R ダ1150m ジョウラン 80.7
●07月07日 函館06R ダ1000m ヒストリコ 80.5
●06月16日 阪神05R ダ1200m チュウワフライヤー 79.4
●06月16日 阪神05R ダ1200m アールロッソ 79.4
●06月16日 東京05R ダ1400m ラインカリーナ 79.3
●07月14日 福島06R ダ1150m アンジェリーブル 79.3
●07月29日 札幌06R ダ1700m リープリングスター 79.1
●07月29日 札幌06R ダ1700m モーンストルム 79.1
●07月29日 札幌06R ダ1700m フクノワイルド 78.2

 未勝利、かつダートのレースに限定した「U指数」のトップ10は下記の通りとなっています。

●07月21日 中京01R ダ1200m アールロッソ 87.6
●07月21日 中京01R ダ1200m デターミネーション 87.0
●07月14日 函館01R ダ1000m デンバーテソーロ 86.9
●07月08日 福島01R ダ1150m ニシノコトダマ 83.0
●07月08日 福島01R ダ1150m アンビル 83.0
●08月04日 札幌01R ダ1000m スマートスリロス 82.9
●07月08日 福島01R ダ1150m グレートデー 82.3
●07月14日 函館01R ダ1000m スマートスリロス 81.3
●07月08日 福島01R ダ1150m エリーバラード 79.5
●07月08日 福島01R ダ1150m ウィローグラウス 79.5

 ちなみに、昨年はドンフォルティス(グロッタアズーラの2015)がダートの未勝利で高いU指数をマークしていました。POG期間中にかなりの賞金を獲得する馬がいるでしょうから、こちらの各馬にもぜひ注目してみてください。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる騎手大全 2017秋~2018』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG 2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

2018年5月30日(水) 18:40 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(5/26~5/27)日本ダービー的中くりーくプロを筆頭に、スガダイプロら計13名がトータルプラス!
閲覧 1,052ビュー コメント 0 ナイス 7



先週は、27(日)に東京競馬場でG1日本ダービーが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1日本ダービーは、皐月賞回避から仕切り直しの一戦となったダノンプレミアムが単勝2.1倍で1番人気の支持。以下、2番人気ブラストワンピースが同4.6倍、3番人気キタノコマンドールが同8.0倍、10倍台にエポカドーロワグネリアンステルヴィオの3頭が続く形で発走を迎えます。
上位人気勢では、ブラストワンピースがやや出遅れる中、先手争いはエポカドーロが制して1コーナーへ。ジェネラーレウーノダノンプレミアムテーオーエナジーコズミックフォースワグネリアンゴーフォザサミットサンリヴァルあたりも差なく続き、中団以降にブラストワンピースステイフーリッシュタイムフライヤージャンダルムオウケンムーングレイルキタノコマンドールステルヴィオエタリオウの追走。最後方はアドマイヤアルバで、一団馬群は少しずつ縦長になりながら向こう正面へ。
エポカドーロジェネラーレウーノを前に置き、鞍上がなだめながら追走のダノンプレミアムはここでようやく少し落ち着きを見せますが、後方ではこの日の馬場にしてはスローな流れにやや掛かり気味の馬もチラホラ。前半1000mを60.8秒(推定)で通過すると、3コーナーにかけて徐々に好位勢が前へのプレッシャーを強めるようにして3コーナーに突入していきます。外を回ってコズミックフォースエポカドーロジェネラーレウーノの2頭に並び掛け、背後からはワグネリアンも早めのスパート。インの4番手あたりをキープしてはダノンプレミアムの態勢で4コーナーを回って、大歓声の直線へ。
エポカドーロが渋太く先頭をキープするなか、コズミックフォースワグネリアンが外から襲い掛かり、最内を突くダノンプレミアムも徐々にエンジンを点火。2列目からはブラストワンピースも外に持ち出されてスパートを開始し、ゴーフォザサミットも末脚に賭けます。しかし、この日の馬場も相まって、内を行く早め抜け出しのエポカドーロコズミックフォースワグネリアンダノンプレミアムの4頭との差はなかなか縮まらず、むしろ広がっていく展開。ゴール手前100mでようやく後方勢も差を詰めてきますが、時すでに遅し。結局、内4頭による長い叩き合いを制した5番人気ワグネリアンが、最内でゴール直前まで食い下がったエポカドーロを差し切って優勝。嬉しいG1初制覇を日本ダービーの大舞台であげ、鞍上・福永祐一騎手も日本ダービー初制覇を飾っています。1/2馬身差2着の4番人気エポカドーロから、クビ差の3着には16番人気のコズミックフォースが粘りこんでいます。1番人気ダノンプレミアムは前との差を最後まで詰め切れず6着敗退。
公認プロ予想家では、はははふほほほプロくりーくプロエース1号プロの3名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
27(日)のG1日本ダービーでは◎ワグネリアンの予想を披露し単勝を的中。この他にも高精度で的中を散りばめた先週は、週末トータル回収率212%のトップ成績をマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →ジョアプロ
26(土)の京都6Rで◎デルマカルヴァドス(単勝26.6倍)的中計16万4,000円払戻しのスマッシュヒットをマーク!東京4R京都9R京都10R、27(日)京都8Rなどで好調予想を披露した先週は、週末トータル回収率166%、収支14万6,640円プラスを達成しています!
 
☆☆☆注目プロ →きいいろプロ
26(土)の東京6Rで◎○▲3連複86.8倍1点的中を含む計14万2,000円払戻しのパーフェクト予想を披露すると、京都12Rでは18万4,300円払戻しのスマッシュヒットをマーク!週末トータル回収率137%、収支17万7,850円プラスの好成績で終えています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
26(土)京都12Rの◎ヒップホップスワンや、27(日)京都8Rの◎サイモンラムセスなどで好調予想を披露すると、G2目黒記念も◎ウインテンダネスで的中!週末トータルでは回収率123%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →はははふほほほプロ
26(土)は東京4Rなどで的中を披露すると、この日の京都12R、翌27(日)の東京5R京都9Rと勝負レースをことごとく的中。締めくくりにG1日本ダービー(◎ワグネリアン)、G2目黒記念(◎ノーブルマーズ)の重賞連続ゲットを達成し連日のプラス収支を確定!週末トータルでは回収率112%を達成しています。
 
 
この他にも、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(145%←3週連続週末プラス)、馬侑迦プロ(127%)、☆まんでがんプロ(117%)、KOMプロ(116%←2週連続週末プラス)、ゼット1号プロ(112%)、豚ミンCプロ(112%)、エース1号プロ(102%)、西野圭吾プロ(100%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2018年5月27日() 12:30 ROBOTIPプロジェクトチーム
~重賞予想~かんたん予想ロボット『ROBOTIP』(日本ダービー G1)
閲覧 801ビュー コメント 0 ナイス 0



みなさんこんにちは!ROBOTIPプロジェクトチームです。当コラムはウマニティが開発した新サービス『ROBOTIP(予想ロボット)』の重賞予想&運用レポートをお届けしています!

※新予想ツール『ROBOTIP』とは?・・・誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットを作ることが出来るサービスです。「U指数」をベースにした6つの能力指数と5つの適性を自由に配合してあなただけの最強ロボットを完成させましょう!詳しくはコチラ

では早速ですが、本日は『日本ダービー G1』のロボ予想をお届けしたいと思います。予想ロボットは競走馬重視・血統重視・騎手重視の3体です。まずは、各ロボのセッティングをご確認ください。





それでは1体目、競走馬ロボの印(勝率)、買い目を見てみましょう!

【競走馬ロボ】

<勝率&印>



<買い目>




本命は◎ワグネリアンで勝率17.2%と出ています。2位以下には少し開きがある、という状況のようですね。


続いて血統ロボです。下記の勝率&印、買い目画像をご覧ください。

【血統ロボ】

<勝率&印>



<買い目>




こちらも◎ワグネリアンで、さらに勝率を上げ19.6%のトップ。他では、こちらも穴馬としてグレイルが上位評価の一頭となっているようですね。


最後に騎手ロボです。下記の勝率&印、買い目画像をご覧ください。

【騎手ロボ】

<勝率&印>



<買い目>




騎手ロボも◎ワグネリアン。勝率は今回の中では最も低い16.7%ではありますが、2番手以下に少し差をつけている状況は変わらず。2位に今回始めて、▲ダノンプレミアムを逆転して○ステルヴィオが浮上してきています。


【まとめ】
今回は、全ロボ◎ワグネリアンで一致見解に。個人的には、思っていた以上に2番手との差があるなという印象。やはり、何と言ってもこの枠が大きなポイントのこの馬ですが、鞍上がどう乗るかに注目して見守りたいと思います。あとは、グレイルステルヴィオにも期待といったところでしょうか。今からレースが楽しみです(^^♪


--『ROBOTIP』--
「ロボットの便利さ」と「自分で予想する楽しさ」を兼ね備えた、新聞とも従来の競馬ソフトとも異なる、まったく新しい競馬予想ツール。誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットが作成可能です!ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)するだけでご利用いただけます!

○ウマニティ会員登録はこちらからどうぞ

[もっと見る]

2018年5月23日(水) 12:45 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2018日本ダービー編
閲覧 1,567ビュー コメント 0 ナイス 12



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。


日本ダービー>フルゲート:18頭

【優先出走馬】

エポカドーロ(B)
デビューからの3戦は見た目にも馬体に余裕がある感じで、2走前のスプリングS時にやっと体が締まって良く見えたくらい。能力的には予想以上にかなりの力を秘めていると思われ、何より先行してしぶといところはかなりの武器になるのではないか。最終追い切りもこれまでのようにCWで前走時のような追い切りができれば、今回も好走が期待できそう。

サンリヴァル(B)
前走の皐月賞では最終追い切りでも置かれることなく楽に先着していて、レースでも馬体が絞れ良い状態に仕上がっていた。坂路では時計の出る馬なので、このくらいは動いて当たり前という時計で、動きに関しても大きく変わった感じはしない今回だが、前走並みには映った。調子落ちなく状態をキープできている。

ジェネラーレウーノ(A)
前走時は休み明けだったが最終追い切りの動きが抜群に良く(A評価)、押さえることができた。この中間は2週前、1週前、日曜日と好時計連発で、一度叩かれてさらに良くなっている印象。動きに関しても、今回の1週前追い切りは皐月賞時の1週前より断然動けており、上積みがかなり見込めるのではないか。

ステルヴィオ(B)
ここ2戦の内容を見ると、距離が延びることがマイナスになりそうな感じ。特に前走の皐月賞は、パドックでもうるさい面がまた出てしまい、2000m戦でかなりタフな馬場でも直線で伸びてきていて、馬場が向かなかったというよりは距離が向かなかったと言ったほうが良い内容だった。ただローテーション的に無理がなく、この中間は調教の内容も良い。出来は良好とみて良さそうで、あとはルメール騎手がどう乗るかにかかっていると思います。

ゴーフォザサミット(D)
前走時は調教の時点からかなり勢いを感じて◎にした馬だったが、今回の1週前追い切りは単走で軽めと、動きを見ても前走の疲れがまだ取れていない感じ。あと1週でどこまで戻るか、1週前の時点では前走以上の出来は厳しそう。

エタリオウ(D)
今回は中3週での出走になるが、いつも通り1週前にはCWでの併せ馬を消化していて調教内容に関しては予定通り。ただ、馬体重が減り続けていることと、ここ2戦パドックでうるさい面が強く出てしまっていることは気になる。また輸送もあるので、状態面の上積みは厳しそう。

コズミックフォース(E)
すみれSから2ヶ月ちょっと間隔が空いた前走だったが、関東圏の競馬の割には2kgしか馬体が戻っていなくトモが寂しく見えました。あの馬体で権利獲りのために思いっきり走ったうえに間隔がない今回、正直馬体を維持するのが精一杯だと思います。


【以下、収得賞金順】

タイムフライヤー(B)
この中間も乗り込み豊富で前走時と同じような調整過程だが、1週前の追い切りでは先着していて、今回は出来が良さそうな感じに見えた。

ワグネリアン(A)
前走の皐月賞では予想外の大敗だったが、パドックでは落ち着いて歩くことができていて、レースでも折り合いがしっかりついていた。この馬には収穫のあったレースだったと思っている。馬場もかなり悪く、直線で伸びないと分かったところで無理せず追うのを止めていたことや、調教内容を見ても、前走は陣営にとってはダービーに向けての試走だったとみて良いのではないか。とにかく、この馬に関しては予定通り順調に調整されていることが一番。ローテーションもすべて1ヶ月以上の間隔で使われ、その分しっかり乗り込まれていて、これまですべてのレースで2週前、1週前とCWを長めから強めに追い切られていてきている。この中間ももちろん2週前、1週前と3頭併せでビッシリ追われていて、目標のレースに向けて仕上がっている感じ。

ジャンダルム(B)
この馬も弥生賞→皐月賞というローテーションで使われていて、順調に調整されている。距離の不安はかなりあるが、出来に関しては問題なく、ダービーを一番勝っているジョッキーがどう乗ってくるかがポイント。

ステイフーリッシュ(C)
前走は馬体が増えていたというよりは減っていた馬体が戻ったとみたほうが良さそうで、パドックを見てもお腹のあたりは細く見えた。今回は輸送もあるのであまり強くはやれないと思うし、その辺りがポイントになりそう。馬体は減らしたくない、というのが実情だろう。

オウケンムーン(C)
2週前、1週前と長めから乗られていて、順調に調整されている。ただ1週前追い切りの動きを見ると、最後に首が上がる感じで伸びきれていない。やや物足りない印象。

テーオーエナジー(C)
調教ではかなり走るので能力はかなりある馬だと思うが血統、走り方と明らかにダート馬で、さすがにここでは厳しそう。

グレイル(C)
この中間も時計は出ているが、1週前追い切りを見るとまだ首が高くなる感じで伸びきれていない。この点が変わってこないと厳しいかもしれない。

アドマイヤアルバ(B)
1週前追い切りの動きは前走以上。強い馬と走っても、弱い馬と走っても常に堅実に走る馬で、好調丸山騎手騎乗。この相手でも意外と堅実に走るかもしれない。


【以下、除外対象馬】

アイトーン(B)
この中間もかなりしっかり乗り込まれていて、出走態勢はできている感じ。出来に関しては前走以上かも。

リョーノテソーロ(D)
坂路で時計が出ていて悪くはないが、前走時にも距離が長いのではと思っていた馬で、さらに距離延長ではどう考えてもプラスの要素なし。

ケイティクレバー(E)
ここ2戦悪くない出来も、結果出ず。ここはローテーションがきつく好走は厳しそう。


なお、ダノンプレミアムキタノコマンドールブラストワンピースに関してはシューナカコラムでコメントしていますのでそちらをご覧下さい。


※ダービーへ繋がる各レースのおさらいは、こちらのバックナンバーを参考にして下さい。
◇2017朝日杯フューチュリティS編→こちら 
◇2017ホープフルS編→こちら
◇2018弥生賞&チューリップ賞編→こちら
◇2018フジテレビ賞スプリングS&阪神大賞典編→こちら
◇2018皐月賞編→こちら
◇2018青葉賞編→こちら
◇2018NHKマイルC&京都新聞杯編→こちら


◇今回は東京優駿日本ダービー)編でした。
毎年ダービーが近づくと、ダービーとは何が凄いのかと聞かれたり考えたりすることが多くなるのですが、30年近く競馬を観てきて凄いことは分かっていても具体的に何と答えて良いか、ハッキリした答えが出せてないというのが本音です。ただ、ダービーの何が凄いのか考えていると、すごくドキドキしてきたり緊張してきたりと、他のレースではありえない気持ちになるということが事実としてあります。もしかしたら、“それ”が私にとっての体に染みついている、ダービーの重みなのかもしれません。現代はなかなかストレスの溜まる世の中ですが、競馬に関わる人たちにとってはこの競馬界は夢の持てる世界。オーナーも調教師も生産者もジョッキーも厩務員の方々も、競馬関係の仕事をしている人たち、そして馬券を買っているあなたも、みんなにとって夢の持てる世界であり、その中にいられることは大変幸せなことだと思います。そして、今年はどんな人たちが夢をかなえることができるのか、ドキドキしながら東京競馬場で観戦してきたいと思っています。あ!その前に、ダービー前日には、ウマニティ主催の『競馬好き飲み会』もありますね。参加される方は、そちらでもぜひ一緒に楽しみましょう!
最後に、皆さんの夢が叶いますように!!それでは良いダービーを☆彡

それでは次回宝塚記念編でお会いしましょう。


日本ダービー出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。

※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ステルヴィオの口コミ


口コミ一覧
閲覧 243ビュー コメント 0 ナイス 8

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

街路樹の葉も日ごとに赤や黄色に彩りを増しています。やっと、秋らしく涼しくなってきました。少し先ですが、23日(火)は霜降に入り、いよいよ紅葉がピークを迎え始めそうです!?

我が家の懐は、大型台風が通り過ぎて逝きました…。(>_

 やすの競馬総合病院 2018年10月8日(月) 21:43
毎日王冠・京都大賞典・サウジアラビアRC・オパールS・グ...
閲覧 26ビュー コメント 0 ナイス 1

☆サウジアラビアRCの結果☆
ブログ収支は、-1000Pでした。

実際の馬券も、馬連 2-4を買いましたがハズレ・・・。
ブービー人気の7番人気馬ドゴールに2着にこられて、1・3着で馬連外れちゃいました。
出走馬のキャリアが浅く伸びしろいっぱいなんで、こういう下位人気馬の激走なんかもあるから、自信ない予想の時は今回みたいに投資を少なくしておいて正解だったかもしれませんね。

出走馬達へのコメント
1着グランアレグリア
4ヶ月ぶりで+18kgという仕上がり状態で、出遅れたり、道中折り合いを欠いたりしながらも3馬身半差をつけて1着なんで、少なくとも今回の出走馬達とは能力差がかなりありました。
3馬身半差の着差以上の強さを感じさせる内容で勝ってたし、このまま順調にいけば阪神JFや来年のクラシック戦線で上位人気の1頭になれるような存在だと思うんで、今後の活躍が楽しみです。

--------------------------------------------------------------------------------
☆オパールSの結果☆
ブログ収支は、-3000Pでした。

実際の馬券も、単勝 13・17・18を買いましたがハズレ・・・。
こんな難しいレースは全然当たる気がしないんで、3・9・11番人気馬の単勝3点を買ったんですが、勝ったのは8番人気で最軽量ハンデ50kgのアンヴァルでした。
穴馬狙いの作戦は良かったけど、穴馬を見分ける視力が足りませんでしたね~。
あと、18頭立てで単勝3点買うと、6分の1の確率で当たるんですが、ぼくには6分の1を掴んで引きよせるような運の腕力も足りてませんでした(笑)

出走馬達へのコメント
1着アンヴァル
重賞の1200mで強い馬相手に戦ってきて今回は相手関係がかなり楽になってるのに斤量が50kgとか、
祖母がアルーリングアクト、母がアルーリングボイスで、父がロードカナロアって血統なんで、そりゃ短距離で走りますよね~。
などなど、レース見た後でなら勝因をいくつか言えますけど・・・。
レース前は近走の内容や脚質的に斤量50kgでも勝ちはないな~と消しちゃってました。

--------------------------------------------------------------------------------
☆毎日王冠の結果☆
ブログ収支は、-3000Pでした。

実際の馬券も、ワイド 7-2・5を買いましたがハズレ・・・。
ダイワキャグニーには文句なしの条件だと思ったんで3着以内ならいけるかな~と期待してたんですけど、先着された6頭がGIで好走してる馬達だったんで、GI好走実績あるような馬達相手だと分が悪かったのかな~?
ワイドでダメだったら、予想としては言い訳の余地もなく完敗って感じです。

出走馬達へのコメント
1着アエロリット
メンバー的に先行有利の流れになるのが見え見えでしたけど、開幕週の良馬場であれだけ主導権握らせてもらえるマイペース逃げができたのはおいしすぎましたね~。
どうぞ勝ってください的な状況が揃い過ぎてたとはいえ、4ヶ月ぶりでも逃げて上がり3F33.8でまとめてしっかり勝ち切ったのはさすがでした。

2着ステルヴィオ
メンバー中最速の上がり3F33.2で差してきたけど、器用に立ち回れるタイプじゃないんで展開やいろんな要素で着順が左右されちゃいますね~。
ただ、あの先行勢有利な流れの中を2着まで詰めてきたのは能力ある証拠だと思うし、1600m~2000m付近なら強い馬相手でもやれそうっていうのがわかっただけでも収穫あったかな。

3着キセキ
好位からの競馬ができたのも収穫やし、このメンバーで58kg背負って3着なら復活の兆しが見えた気がします。

4着ステファノス
7歳ですけど、2000m付近のレースは得意ですね~。

5着ケイアイノーテック
休み明けとはいえ、ステファノスとの1馬身差を見ると、今後は重賞の善戦マンになっていくのかな~というニオイが少し漂ってました。

--------------------------------------------------------------------------------
☆京都大賞典の結果☆
ブログ収支は、-3000Pでした。

実際の馬券も、馬連 2-8を買いましたがハズレ・・・。
4コーナーの雰囲気では当たったかな?と思ったんですが、結果は1着、4着・・・。
GI見据えた状態での休み明けとはいえ、シュヴァルグランこのメンバーで4着は勘弁してよ~と言いたくなりました。

出走馬達へのコメント
1着サトノダイヤモンド
まだまだ手放しで喜べるような内容の勝利ではないかもしれませんが・・・。
好きな馬が久しぶりに勝ってくれてめちゃめちゃうれしかったです。
ここを使ったことでさらに上昇してくると思うんで、GIの舞台で高いパフォーマンスで勝って完全復活してほしいです。

2着レッドジェノヴァ
1000万下、1600万下を連勝してる勢いがあるとはいえ、このメンバー相手で2着は驚きました。
父シンボリクリスエス、母父 ホワイトマズルという渋い血統やし、戦績見てもスタミナ・パワー・持久力が持ち味っぽい馬なんで、タフな競馬になったらもっと持ち味が出せそうです。

4着シュヴァルグラン
直線での伸びなさが、休み明けの仕上がり状態だけが原因だったらいいんですけど、6歳秋だけに衰えもあったのかな?と少し気になります。

--------------------------------------------------------------------------------
☆グリーンチャンネルCの結果☆
ブログ収支は、-3000Pでした。

実際の馬券も、単勝8・9・16を買いましたがハズレ・・・。
ぼくには難しすぎて手に負えないレースなので、おいしそうなオッズになりそうな馬の単勝を3点買ってみたんですが、終わってみれば断トツの1番人気馬が1着という結果でしたね~。

出走馬達へのコメント
1着サンライズノヴァ
単勝1.6倍の断トツ1番人気でしたが、
大きく出遅れて、単勝馬券購入者を顔面蒼白状態にさせてからのメンバー中最速の上がり3F35.4で1着は笑いました。
自分の馬券買ってくれた人達の心をもてあそぶなんてなかなかのワルですね~(笑)

--------------------------------------------------------------------------------
☆ころがし馬券大会(日曜日の結果報告)☆
投資1000Pが0Pになっちゃいました。

--------------------------------------------------------------------------------
☆ブログ企画の参加者大歓迎!!☆
超おいしい馬券大会
・1日1レース限定
・投資額、馬券の種類、買い目の点数ともに自由で無制限
・余裕があれば買い目に加えて合計ポイントの記載もお願いします
・1年間で回収率の1番高い人が優勝

ころがし馬券大会
・最初は1000Pスタート
・毎回全額使いきる
・馬券の種類、買い目の点数、レース数ともに自由で無制限
・1年間で1番高いポイントまでころがせた人が優勝

どの企画も、
枠順発表からレースの発走予定時間の1分前までコメント欄にて受け付けております。

ルールの詳細や買い目の書き方は、左側のメニュー欄のルールのリンクをご覧ください。
買い目は、コメント欄に書いてくださればOKです。

参加者は誰でも大歓迎ですし、気が向いた時だけの参加も全然OKな自由すぎる環境なので、常連の方も初めての方もお気軽にご参加ください。

このブログは、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」のバックアップ用として内容を転載しているだけなので、ブログ上の買い目、ブログ上の年間の収支、複勝ころがしなど、いろいろな記録については、このブログの転載元である、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」に書いてあるので、よろしかったらご覧く ださい。

アドレスは、http://blog.livedoor.jp/yasu05impact/です。
ツイッターは、https://twitter.com/yasukeibasougouです。

また、コメントなども本家ブログの方に書いていただけると返事が書きやすいのでありがたいです。

--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
南部杯で3歳馬のルヴァンスレーヴがゴールドドリームを負かして1着でしたね~。

最近の3歳勢は伸び悩む馬が多かったけど、今年の秋は期待できそうですね。

[もっと見る]

 DEEB 2018年10月8日(月) 08:54
恥ずかしい馬予想2018.10.07[結果]
閲覧 19ビュー コメント 0 ナイス 3

東京11R 毎日王冠 GⅡ 3歳以上オープン(国際)(指定)
◎ 9 ★アエロリット…1着
○ 4 サトノアーサー …6着
▲ 5 ステルヴィオ…2着
△ 1 キセキ…3着
× 7 ダイワキャグニー …7着
[結果:アタリ○ 単勝9 230円、複勝9 130円、馬単9→5 1,060円、ワイド1-9 780円]

京都 2R 2歳未勝利牝[指定]
◎ 6 トロイメント…4着
○ 7 ノーブルスコア…1着
▲ 9 マルモネオフォース…2着
×12 ☆ユーフォニー …11着
[結果:アタリ○ 馬連7-9 870円]

京都 4R 障害3歳以上オープン(混合)
◎ 2 ヤマニンシルフ…3着
○ 6 ウインレーベン…5着
▲ 1 ミヤジタイガ…1着
△ 5 ユウキビバワンダー …2着
× 7 ☆メイショウグジョウ…4着
[結果:ハズレ×]

京都 6R 3歳以上500万下牝[指定]
◎13 ★ゼットパール…13着
○ 2 カクテルドレス…2着
▲ 4 タッチアコード…13着
△ 9 メイショウヒボタン…3着
× 6 ラタンドレス…6着
[結果:ハズレ×]

京都 7R 3歳以上500万下[指定]
◎ 2 アタミ…5着
○12 ゲキリン…10着
× 5 ☆タラニス…6着
[結果:ハズレ×]

京都 9R りんどう賞 2歳500万下(混合)牝(特指)
◎ 5 アカネサス…4着
○10 リゲイン…9着
▲ 6 ローゼンクリーガー …2着
△ 3 プールヴィル…1着
× 7 ファルトレク…6着
[結果:ハズレ×]

京都10R 清滝特別 3歳以上1000万下(混合)[指定]
◎ 7 キボウノダイチ…3着
○ 5 ジークカイザー…2着
▲ 1 ミヤジユウダイ…7着
△ 8 アグネスフォルテ…1着
× 2 ビービーブレスユー …8着
[結果:アタリ△ ワイド7-8 210円]

京都11R 夕刊フジ杯オパールステークス 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 8 モズスーパーフレア…3着
○ 1 セカンドテーブル…18着
▲13 トゥラヴェスーラ…11着
△14 ☆グレイトチャーター …2着
×16 ☆エントリーチケット…16着
☆ 5 ユキノアイオロス…8着
[結果:アタリ○ 複勝14 270円、ワイド8-14 680円]

京都12R 3歳以上1000万下(混合)[指定]
◎ 9 トワイライトタイム…2着
○ 6 ☆ベストマイウェイ…8着
▲ 7 テイエムディラン…5着
△ 2 シースプラッシュ…11着
×14 ☆ビッグアイランド…1着
[結果:アタリ○ 複勝14 140円、馬連9-14 760円]

三連休の中日。
競馬は、三連戦の2戦目ですね。
今日は、朝から淀に入ってきます。
指定席で昼寝しながら競馬します。

[今日の結果:9戦4勝4敗1分]
なぜだか、勝ちました。
プラスで、ビール代とラーメン代が出ました。
指定席代には届きませんでした。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ステルヴィオの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ステルヴィオの写真

ステルヴィオの厩舎情報 VIP

2018年10月7日毎日王冠 G22着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ステルヴィオの取材メモ VIP

2018年10月7日 毎日王冠 G2 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。