モズアスコット(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
モズアスコット
モズアスコット
モズアスコット
モズアスコット
モズアスコット
モズアスコット
モズアスコット
モズアスコット
写真一覧
現役 牡5 栗毛 2014年3月31日生
調教師矢作芳人(栗東)
馬主株式会社 キャピタル・システム
生産者Summer Wind Farm
生産地
戦績19戦[5-5-0-9]
総賞金26,973万円
収得賞金10,100万円
英字表記Mozu Ascot
血統 Frankel
血統 ][ 産駒 ]
Galileo
Kind
India
血統 ][ 産駒 ]
Hennessy
Misty Hour
兄弟
前走 2019/11/17 マイルチャンピオンS G1
次走予定

モズアスコットの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/11/17 京都 11 マイルCS G1 芝1600 1761219.9714** 牡5 57.0 和田竜二矢作芳人498(0)1.34.2 1.234.8⑧⑦インディチャンプ
19/10/26 京都 11 毎日スワンS G2 芝1400 185104.422** 牡5 57.0 岩田康誠矢作芳人498(0)1.21.3 0.033.8⑩⑨ダイアトニック
19/10/06 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 1081022.556** 牡5 57.0 内田博幸矢作芳人498(+10)1.45.0 0.634.0⑦⑨⑨ダノンキングリー
19/06/02 東京 11 安田記念 G1 芝1600 164735.476** 牡5 58.0 坂井瑠星矢作芳人488(-8)1.31.2 0.333.1⑥⑥インディチャンプ
19/04/21 京都 11 マイラーズC G2 芝1600 10449.937** 牡5 58.0 C.ルメー矢作芳人496(+15)1.33.6 1.032.8⑥⑥ダノンプレミアム
18/12/09 香港 7 香港マイル G1 芝1600 14--------7** 牡4 57.0 C.ルメー矢作芳人481(--)1.34.3 0.8----ビューティージェネレーション
18/11/18 京都 11 マイルCS G1 芝1600 18483.4113** 牡4 57.0 C.ルメー矢作芳人494(+2)1.33.8 0.533.9⑫⑫ステルヴィオ
18/10/27 京都 11 毎日スワンS G2 芝1400 118101.312** 牡4 58.0 C.ルメー矢作芳人492(+10)1.21.5 0.034.5⑦⑧ロードクエスト
18/06/03 東京 11 安田記念 G1 芝1600 1651015.791** 牡4 58.0 C.ルメー矢作芳人482(-6)1.31.3 -0.033.3⑪⑫アエロリット
18/05/27 京都 10 安土城S OP 芝1400 17111.512** 牡4 56.5 坂井瑠星矢作芳人488(+2)1.20.7 0.032.9⑩⑪ダイメイフジ
18/04/22 京都 11 マイラーズC G2 芝1600 14693.522** 牡4 56.0 C.ルメー矢作芳人486(-2)1.31.5 0.234.2サングレーザー
18/02/25 阪神 11 阪急杯 G3 芝1400 188172.612** 牡4 56.0 C.ルメー矢作芳人488(+2)1.20.1 0.033.7⑪⑪ダイアナヘイロー
17/12/23 阪神 11 阪神カップ G2 芝1400 18473.214** 牡3 56.0 C.デムー矢作芳人486(-2)1.19.9 0.434.3⑧⑦イスラボニータ
17/11/26 京都 10 渡月橋S 1600万下 芝1400 158151.911** 牡3 55.0 吉原寛人矢作芳人488(0)1.21.5 -0.334.2⑦⑧クライムメジャー
17/11/11 東京 10 三鷹特別 1000万下 芝1400 15351.511** 牡3 56.0 C.ルメー矢作芳人488(+2)1.20.4 -0.233.7⑦⑥バリス
17/09/24 阪神 7 3歳以上500万下 芝1600 188173.721** 牡3 55.0 C.ルメー矢作芳人486(+8)1.32.7 -0.633.9⑤⑥キャスパリーグ
17/07/16 中京 2 3歳未勝利 芝1600 16363.321** 牡3 56.0 内田博幸矢作芳人478(-8)1.34.6 -0.334.3⑬⑦④トルネードアレイ
17/06/24 阪神 6 3歳未勝利 芝1800 18362.114** 牡3 56.0 武豊矢作芳人486(+2)1.46.9 0.234.2⑥④キャンディストーム
17/06/10 阪神 6 3歳未勝利 芝2000 16472.614** 牡3 56.0 武豊矢作芳人484(--)2.00.6 0.035.9⑯⑯⑭⑫アドマイヤアロー

モズアスコットの関連ニュース

 ★チャンピオンズC3着インティ(栗・野中、牡5)は、フェブラリーS(2月23日、東京、GI、ダ1600メートル)を目標にする。6着オメガパフューム(栗・安田翔、牡4)は、M・デムーロ騎手で東京大賞典(29日、大井、交流GI、ダ2000メートル)に向かう。

 ★マイルCS14着モズアスコット(栗・矢作、牡5)は、根岸S(2月2日、東京、GIII、ダ1400メートル)からフェブラリーSでダートに初参戦。その後は、ドンカスターマイル(4月4日、ランドウィック、豪GI、芝1600メートル)を目指す。また、ジャパンC8着ムイトオブリガード(栗・角田、牡5)は、豪GIのタンクレッドS(3月28日、ローズヒルガーデンズ、芝2400メートル)を目標にする。

 ★マイルCS16着アルアイン(栗・池江、牡5)は、松山騎手で有馬記念へ。



インティの競走成績はこちら

【マイルCS】レースを終えて…関係者談話 2019年11月18日(月) 05:04

 ◆田中勝騎手(マイスタイル4着)「メンバー的にハナに押し出されるのはわかっていた。直線もいい感じだったので、ラストで併せる形になっていればもっと踏ん張れたと思う」

 ◆武豊騎手(カテドラル6着)「ゲートもうまく出て折り合いもついた。ゴール前で少し不利を受けたが、最後もすごい伸び。走るね」

 ◆藤岡佑騎手(クリノガウディー7着)「緩い流れを想定していましたし、勝ちを意識できるポジションで運べました。最後は、瞬発力の差で離されました」

 ◆松岡騎手(グァンチャーレ8着)「予定通りの競馬ができました。折り合いもよかった。ただ、安田記念の状態と比べると。この後、良くなりそうな感じ」

 ◆岩田望騎手(レッドオルガ9着)「行き脚もついて、いい位置も取れました。初のGI騎乗も楽しむことができました」

 ◆スミヨン騎手(ダイアトニック10着)「外枠になって外をつく形。ただ、明らかに伸びが足りなかったのは距離なのか、疲れなのか…」

 ◆ビュイック騎手(プリモシーン11着)「勝ち馬を目の前に見てスムーズ運べていたが、4コーナーでごちゃついたのが痛かった」

 ◆幸騎手(タイムトリップ12着)「展開的に後方からでは厳しかった。流れが向けばもっとやれる力はある」

 ◆藤岡康騎手(フィアーノロマーノ13着)「2番手で折り合って4コーナーでも一瞬グッと来たが、直線で一気に後続に飲み込まれました」

 ◆和田騎手(モズアスコット14着)「なし崩し的に外を回る形になってしまって、脚を使えず申し訳なかった」

 ◆ルメール騎手(レイエンダ15着)「馬のコンディションは良さそうだったが、スローで後ろからの競馬になって苦しかった」

 ◆ムーア騎手(アルアイン16着)「スタートして、もう少し前で競馬がしたかった。今回はマイルは忙しかった」

 ◆石川騎手(エメラルファイト17着)「流れには乗れましたが、最後は力尽きました。初めてノメる感じになって、GIのメンバーで苦しかったのかな」



★17日京都11R「マイルCS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】マイルCS2019 こじはる、五輪メダリストほか多数!競馬大好き芸能人・著名人がファイナルジャッジ! 2019年11月17日() 09:50

※当欄ではマイルCSについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。




【小嶋陽菜(こじはる)】
◎①ダノンキングリー
3連単1頭軸流しマルチ
①→④⑦⑩⑭⑰

【松田丈志(オリンピック競泳メダリスト)】
◎⑤インディチャンプ

【DAIGO】
◎⑭ダノンプレミアム
ワイド1頭軸流し
⑭-①⑮

【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑮ダイアトニック
○①ダノンキングリー
▲⑭ダノンプレミアム
△⑤インディチャンプ
△②グァンチャーレ
△⑦ペルシアンナイト
△⑪カテドラル
馬連1頭軸流し・3連単1頭軸流しマルチ
⑮→①②⑤⑦⑪⑭

【徳光和夫】
3連単ボックス
グァンチャーレ
インディチャンプ
プリモシーン
クリノガウディー
モズアスコット
ワイド1頭軸流し
⑤-①②⑦⑧⑩⑫⑭⑮

【杉本清】
◎⑰レイエンダ

【ゴルゴ松本(TIM)】
◎⑩アルアイン
ワイド1頭軸流し
⑩-③⑤⑥⑨⑭

【林修】
注目馬
ダノンキングリー

【さゆりんご(松村沙友理・乃木坂46)】
◎⑭ダノンプレミアム
馬連1頭軸流し
⑭-②⑮

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑮ダイアトニック
○⑭ダノンプレミアム
▲⑤インディチャンプ
△①ダノンキングリー
△②グァンチャーレ
△⑪カテドラル
△⑰レイエンダ

【増沢末夫(元JRA調教師)】
◎①ダノンキングリー

【谷中公一(元JRA調教助手)】
◎⑭ダノンプレミアム

【東信二(元JRA騎手)】
◎⑭ダノンプレミアム

【橋本マナミ】
◎⑦ペルシアンナイト

【横山ルリカ】
◎⑤インディチャンプ

【稲富菜穂】
◎⑤インディチャンプ
○⑮ダイアトニック
▲⑫モズアスコット
△①ダノンキングリー
△⑩アルアイン
△⑭ダノンプレミアム

【やべきょうすけ】
◎①ダノンキングリー
○⑤インディチャンプ
▲⑭ダノンプレミアム
△③マイスタイル
△⑦ペルシアンナイト
△⑧プリモシーン
△⑰レイエンダ

【小木茂光】
注目馬
アルアイン
インディチャンプ
ダノンキングリー
3連単フォーメーション
①⑤⑩→①③④⑤⑦⑩⑫⑭⑮⑰→①⑤⑩

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎②グァンチャーレ

【キャプテン渡辺】
◎⑨クリノガウディー

【土屋伸之(ナイツ)】
◎⑩アルアイン
○⑭ダノンプレミアム
▲⑨クリノガウディー
△①ダノンキングリー
△②グァンチャーレ
△⑤インディチャンプ
△⑦ペルシアンナイト

【安田和博(デンジャラス)】
◎①ダノンキングリー
○⑭ダノンプレミアム
▲⑮ダイアトニック
△③マイスタイル
△⑤インディチャンプ
△⑦ペルシアンナイト
△⑩アルアイン

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎⑭ダノンプレミアム
○①ダノンキングリー
▲⑮ダイアトニック
☆⑫モズアスコット
△④レッドオルガ
△⑥フィアーノロマーノ
△⑧プリモシーン
3連単フォーメーション
⑭→①→④⑥⑧⑫⑮
⑭→④⑥⑧⑫⑮→①
⑭→①⑧⑫⑮→①⑧⑫⑮

【土井よしお(ワンダラーズ)】
◎⑭ダノンプレミアム
○⑤インディチャンプ
▲②グァンチャーレ
△①ダノンキングリー
△③マイスタイル
△⑫モズアスコット
△⑮ダイアトニック

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎⑫モズアスコット
単勝

3連単フォーメーション
①⑤⑨⑩⑪⑭⑮→⑫→①②③⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑭⑮⑰
①⑤⑨⑩⑪⑭⑮→①②③⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑭⑮⑰→⑫

【ギャロップ林】
◎⑤インディチャンプ
3連単フォーメーション
⑤⑭→⑤⑭→①③④⑧⑨⑪⑫⑮⑰

【こいで(シャンプーハット)】
◎⑧プリモシーン
3連単2頭軸流しマルチ
⑧→①→②⑤⑦⑨⑩⑫⑭⑮

【てつじ(シャンプーハット)】
◎⑧プリモシーン
複勝

3連単2頭軸流しマルチ
⑧→③→①⑤⑦⑩⑪⑫⑭⑮⑰

【浅越ゴエ】
◎⑭ダノンプレミアム
3連単フォーメーション
⑭→①⑧⑩→①③⑧⑩
①⑩→⑭→①③⑧⑩

【盛山晋太郎(見取り図)】
◎⑦ペルシアンナイト
馬連1頭軸流し
⑦-①②③⑧⑨⑪⑫⑮
3連複2頭軸流し
⑦-⑭-①②③⑤⑧⑨⑩⑪⑮

【リリー(見取り図)】
◎⑦ペルシアンナイト
3連複1頭軸流し
⑦-①②③⑤⑧⑨⑭⑮⑰

【船山陽司】
◎⑦ペルシアンナイト

【上村彩子】
◎⑮ダイアトニック

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎①ダノンキングリー

【大島麻衣】
◎⑭ダノンプレミアム

【熊崎晴香(SKE48)】
◎⑫モズアスコット
○①ダノンキングリー
▲⑭ダノンプレミアム
△⑪カテドラル
△⑩アルアイン
△⑤インディチャンプ

【祥子】
◎⑭ダノンプレミアム

【高見侑里】
◎⑭ダノンプレミアム

【高田秋】
◎⑭ダノンプレミアム

【ほのか】
◎⑭ダノンプレミアム
単勝

馬連1頭軸流し
⑭-①⑦⑨⑩⑫⑮⑯
3連単
⑭→⑦→⑯

【守永真彩】
◎⑦ペルシアンナイト
3連複フォーメーション
⑦-①⑭⑮-①②③⑤⑩⑫⑭⑮⑰

【天童なこ】
◎⑤インディチャンプ

【目黒貴子】
◎⑭ダノンプレミアム



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【U指数的分析の結論!】マイルCS2019 指数100以上を徹底マーク!低指数の4歳以上は苦戦必至!  2019年11月17日() 09:40

G1開催週に公開されるコラム「U指数的分析」の内容をもとに、ピックアップした条件に合致する馬や買い目を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2012年以降の結果をもとに検証



<ポイント①>
U指数上位が優勢で、とりわけ4歳以上の古馬は指数99.0以上が必要。指数99.0未満の4歳以上馬は【0.0.0.42】。高指数の出にくい3歳馬はその限りではないが、指数99.0に満たない4歳以上馬は苦戦必至。

指数99.0に満たない4歳以上

レッドオルガ
フィアーノロマーノ
アルアイン
タイムトリップ
レイエンダ

<ポイント②>
U指数100.0以上が他を圧倒しており、2012年以降の単勝回収率は100.5%。指数100.0以上かつ2位以内に限定すると単勝回収率は170.0%。

指数100.0以上

マイスタイル
インディチャンプ
モズアスコット
ダノンプレミアム
ダイアトニック

指数100.0以上かつ2位以内

マイスタイル
モズアスコット

<ポイント③>
上位好走馬のほとんどが10位以内で、5位以内の2頭と6~10位の1頭で決まるケースが多い。1~5位+1~5位+6~10位という組み合わせの3連複フォーメーションを購入した際の回収率は127.2%。

1~5位+1~5位+6~10位の3連複フォーメーション買い目

③⑤⑫⑭⑮-③⑤⑫⑭⑮-①②⑦⑧⑩



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【斬って捨てる!】マイルCS2019 前走大敗馬の深追いは禁物!前走の単勝人気も切り口のひとつ! 2019年11月17日() 09:35

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、マイルCSの近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
前走G1優勝馬あるいは前年のマイルCSで3着以内に入っていた馬を除くと、6歳以上馬の連対例はなし(2008年以降)

グァンチャーレ

G1で2着以内の経験がある馬を除くと、3歳馬の連対例は皆無(2008年以降)

カテドラル
エメラルファイト

前走1着馬を除くと、牝馬の連対例はゼロ(2008年以降)

レッドオルガ
プリモシーン

前走が2ケタ着順だった馬の好走例はみられない(2008年以降)

フィアーノロマーノ
プリモシーン
アルアイン

前走でスワンSに出走していた美浦所属馬の好走例はゼロ(2008年以降)

タイムトリップ

前走1秒0以上敗退馬の好走例は皆無(2008年以降)

フィアーノロマーノ
プリモシーン
アルアイン

前走1着馬を除くと、前年のマイルCSに出走かつ馬券に絡めなかった馬の好走例はみられない(2008年以降)

モズアスコット

前走で府中牝馬Sまたは毎日王冠に出走し、複勝圏を逃した馬の連対例はゼロ(2008年以降)

ペルシアンナイト
プリモシーン

【人気】
前走G2~G3格のレースに出走し、そのレースで5番人気以下だった馬の連対例は皆無(2008年以降)

クリノガウディー
カテドラル
タイムトリップ
エメラルファイト

【枠順】
馬番枠6番、9番、14番の好走例はみられない(2008年以降)

フィアーノロマーノ
クリノガウディー
ダノンプレミアム

馬番枠3番、15番の連対例はゼロ(2008年以降)

マイスタイル
ダイアトニック

【血統】
キングマンボを経由しない父ミスプロ系の連対例は皆無(2008年以降)

タイムトリップ

父、母父ともにヘイルトゥリーズン系種牡馬という馬の好走例はみられない(2008年以降)

グァンチャーレ
クリノガウディー
ダノンプレミアム

サンデーサイレンスの直仔種牡馬を母父に持つ馬の好走例は皆無(2008年以降)

エメラルファイト


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
ダノンキングリー
インディチャンプ
レイエンダ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【マイルCS】最新ナマ情報 2019年11月17日() 05:05

◆輸送も順調に〔1〕ダノンキングリー

 3度目の挑戦でGI初制覇を狙うディープインパクト産駒は、午後0時43分に決戦の地へ到着。イレ込む様子はなく、馬房でもリラックスした姿が印象的だ。「普段と変わらない所要時間で無事に到着しました。いつもと変わりない状態です。いいレースをしてほしいですね」と萩原調教師は期待感をにじませた。

◆鞍上に託した〔2〕グァンチャーレ

 安田記念4着馬は坂路で15-15程度の調整(4ハロン62秒5)。「いつも通りの調整です。枠順はいいところだと思います。あとはジョッキー(松岡騎手)に任せるだけです」。北出調教師は前向きにまとめた。

◆前走同様順調〔3〕マイスタイル

 ゆったりとしたペースで坂路(4ハロン75秒0)を駆け上がった。佐藤調教厩務員は「前回も良かったし、そんなに変わってはいないけど、順調にきたね。前回の競馬が今回につながるようならね」と胸の内を明かした。

◆「極限」仕上げ〔4〕レッドオルガ

 CWコースを周回して最終調整を終えた。田中大助手は気配の良さに満足げ。「いい感じです。仕上げはバッチリ。攻めてきましたし、極限といえる仕上がりですよ」とハイトーンで答えた。

◆音無師は満足〔5〕インディチャンプ

 春のマイル王者は坂路で4ハロン66秒0。落ち着いた姿で急勾配を駆け上がった。音無調教師は「順調にきましたし、見た目も前回より締まっている。いいですよ。レースで瞬発力を発揮できれば」と楽しみにする。

◆状態に手応え〔6〕フィアーノロマーノ

 坂路をキャンター(4ハロン67秒4)で流した。「状態は言うことないです。与えられた枠で頑張るだけですが、偶数番は良かったですね。右回りは合っていますので」と高野調教師は語った。

チャンスある〔7〕ペルシアンナイト

 一昨年の覇者は坂路4ハロン60秒9-14秒6。「最後の1ハロンで15秒を切る、いつものウチの調整です。順調にきましたね。京都は相性がいいコースですし、立ち回り次第でチャンスがあると思います」と兼武助手。

◆「中間攻めた」〔8〕プリモシーン

 騎手&厩舎の連覇へ、午後0時43分に到着。楠助手は「(2走前に)栗東滞在も経験してタフになった。精神的にドッシリし、以前と違い絞りにくくなったけど、前走を踏まえて中間は攻めた。外回りはいいし、右回りの方が走りの質がいい」と、前走1番人気15着からの巻き返しを期す。

◆精神面で成長〔9〕クリノガウディー

 CWをキャンターで周回した。「最終追い後も変わりなくきましたね。以前よりも落ち着きがあり、精神面の成長を感じます。プラス体重で出られそうです」と藤沢則調教師は気配の良さを告げた。

◆ムーアに託す〔10〕アルアイン

 春の大阪杯の覇者は、坂路でラスト1ハロン14秒0と脚を伸ばした。兼武助手は「前回は輸送で思いのほか体が減りましたが、今回はプラス体重で出走できると思います。あとは鞍上(ムーア騎手)に託します」と話した。

◆最終追い良し〔11〕カテドラル

 坂路で4ハロン63秒9-14秒7をマーク。軽くしまいを伸ばした「最終追い切りの後もいい感じ。状態は前回よりもいいと思いますよ。あとはジョッキーに任せるだけです」。大下助手は武豊騎手の手腕に期待した。

◆状態“完成形”〔12〕モズアスコット

 坂路で4ハロン64秒9と軽めのキャンターで駆け上がった。玉井助手は「追い切り後も変わりなくきました。状態は前回から良くなっていますよ。ようやく馬が完成された感じです」と目を細めた。

◆一発虎視眈々〔13〕タイムトリップ

 今年8戦目のタフネスは午後0時45分に到着。浅野助手は「何度も京都は来ているし、いつもと変わらない。最近は涼しくなって具合がいい。しまいはしっかりと脚を使ってくれる馬。時計がかかればなおいい」と一発を狙う。

◆「状態はいい」〔14〕ダノンプレミアム

 前売りで1番人気に推されたディープ産駒は、CWを軽快なキャンターで周回。最終追い後も順調だ。「中間はうまく調整してこられました。前回よりも状態はいいと思いますね。マイル戦ですし、京都も合うので」と中内田調教師は期待する。

◆上積み実感!!〔16〕エメラルファイト

 ただ一頭の芦毛は午後0時29分に京都入りし、馬房で落ち着いた様子。佐藤美厩務員は「輸送は無事にクリア。雰囲気もいい。1回使って内面的に上積みを感じる。体形的にもマイルはベスト。挑戦者としてどこまでやれるか」と期待する。

◆初B着に期待〔17〕レイエンダ

 ダービー馬の全弟は先陣を切って午後0時4分に到着。本間助手は「道中はおとなしかった。体は前走と同じか少しプラスになると思う。兄(レイデオロ)と比べて気性が幼く、リズムを崩すとやめる面がある。(初B着は)チークピーシズでもかなり集中力が出たので、同じくらい効くのでは」と能力全開を望む。



マイルCSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

モズアスコットの関連コラム

閲覧 2,188ビュー コメント 0 ナイス 10

エリザベス女王杯は、ある程度予測してはいましたが、乗り替わったスミヨン騎手がラッキーライラックの能力をしっかり引き出して、最内をついて突き抜け、圧勝という結果でした。スノーフェアリーでムーア騎手に二度やられたように、何で内を掬うのが有利な京都で最内ズコーンとやられるのかなあ?と正直思ってしまいますが、それをきっちりやってのけるのが世界トップレベルの騎手たちということなんでしょうね。父オルフェーヴルの評価が下がっている状況下、ラッキーライラックの頑張りは親孝行だし、凱旋門賞オルフェーヴルで勝ち切れなかったスミヨン騎手も嬉しそうでしたね。


それでは恒例の全頭診断へ

<全頭診断>
1番人気想定 ダノンプレミアム安田記念は脚元がゴトゴトしての最下位に終わり、その後休み明けの天皇賞・秋の走りを見てからここで狙おうと思っていたのですが......。秋初戦からいきなり走っちゃいましたね。ただ、得意のマイルで、調教の動きからも順調で当然最有力。

2番人気想定 ダノンキングリー皐月賞3着、ダービーで2着、秋初戦の毎日王冠では複数の古馬G1馬相手に最後方からずばっと差し切り勝ちと、斤量差は減るがまだまだ伸び盛り。昔は、高額な良血馬を次々落札するも、不発弾ばかりつかまされてきた印象(笑)のダノン軍団だが、最近は好成績の馬が多くなり、同馬主同士での争いも更に増えていくのだろう。

3番人気想定 インディチャンプ安田記念を制した春のマイル王は、毎日王冠をそれなりの3着と叩いての参戦。安田記念は色々うまく行き過ぎての戴冠(要は福永騎手の好騎乗)でもあり、実力上位グループに居るがそう突き抜けた強さではない。

4番人気想定 アルアイン:大外だったり、速い時計での決着だったり向かない材料はあったにせよ、物足りない秋の天皇賞14着。昨年のこのレースは惜しい3着だったが、ちょっと力が落ちてきている印象で、堅実だった馬が崩れ出すとなかなか立ち直らないもの

5番人気想定 ダイアトニック:前哨戦のスワンSで1番人気に応えて鋭く差し切ったが、1400mベストな感があり、引き続きスミヨン騎手の騎乗で人気になりそうなだけに悩ましいところ。

6番人気想定 ペルシアンナイト:昨年のこのレースでの2着以降は馬券圏内無しで、ピークを過ぎており、今回は相手が特に弱くないので引き続き買わない予定(というか、衰えたと指摘して私自身も買わずにここまで来れている以上、恐らく引退までもう買わない)。

7番人気想定 レイエンダ新潟記念を使ったのは正直イマイチかと思ったが、母父シンボリクリスエスだけに叩いて上昇するロベルト系というあたりを意識してのローテなのかもしれない。また、前走レース後のスミヨン騎手はもう1Fあった方がいいというコメント出しているが、この数十年、何でもマイラーに作ってくる感のある藤沢和厩舎だけに、ここら辺りがストライクゾーンで、激走あるかも。

8番人気想定 モズアスコット:昨年は連闘で安田記念を制覇したり、1番人気でマイルCS惨敗したりと激動の一年。明け5歳となった今年正直パッとしない状況で、調子を崩したフランケル産駒は狙いにくいというのが定説となってしまっているところも、この馬に関してはあり。ただ、前走のスワンSは瞬発力負けであり、今回瞬発力頼りでない鞍上・和田騎手に乗り替わってくるようなので、やれる可能性は十分ある。

9番人気想定 プリモシーン:鋭い末脚で活躍してきたが、秋初戦の府中牝馬Sで1番人気でブービー15着と大凡走。過去最高馬体重もあったが、闘争心が失せ、もう繁殖入りしたい心境なのでは。これまでの実績から、ガラリ一変ももちろんあっておかしくないのだが、牝馬の不可解な負け方の後というのは、巻き返しをあまり期待できないもの。

10番人気以下想定
マイスタイル:田中勝騎手と函館記念を楽逃げで制し、距離短縮のスワンSでも3着と好走した。ただG1でこの騎手を買おうとは全く思わない。私が競馬を始めた30年前くらいは、岡部ラインの「乗れる若手」だったのだが(笑)

グァンチャーレ:オープン特別が主戦場で長く活躍してきていて、たまに重賞で2着や3着に来るキャラ。前走は不利があったとはいえ、G1では要らない。

カテドラル:3歳馬でアーリントンC2着、NHKマイルC3着とこの世代のマイル路線では、頑張っているのだが、相手に恵まれた感もあり、激走はあまり期待できない。

クリノガウディー:朝日杯FSでアドマイヤマーズの2着、今夏の中京記念でも2着とそれなりの力はあるようだが、安定感が無く凡走も多い。ただ調教の動きは良く、いい波が来ているのかもしれない。

レッドオルガ:母エリモピクシーだけに春のヴィクトリアマイルでは血統から3番人気となったが11着と惨敗し、まあそんなものかなと思ったら、秋になり富士S3着とやはり東京マイルが向く血統であることを示した。ただ、京都マイル向きかというとそうでもないのでは。

フィアーノロマーノ:春はダービー卿CT勝ちの巨漢馬。瞬発力は劣るが、京都で内枠でも引いて先行できたらしぶといかも。

エメラルファイト:3歳馬で春には10番人気でスプリングSを勝ってしまったが、ダービー12着、秋になり富士S7着と、まだこれから強くなっていく馬で現時点では厳しいのでは

タイムトリップ:古馬になってからはオープン実績ゼロで、距離ももっと短いほうが良い。


<まとめ>
有力:ダノンプレミアムダノンキングリーレイエンダ

ヒモに:インディチャンプモズアスコットダイアトニック

穴で:クリノガウディーフィアーノロマーノ


登録済みの方はこちらからログイン

2019年10月2日(水) 19:05 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2019毎日王冠
閲覧 993ビュー コメント 0 ナイス 6



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はAA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



10月6日(日) 東京11R 第70回毎日王冠(3歳以上G2・芝1800m)


【登録頭数:10頭】(フルゲート:18頭)

インディチャンプ(C)4ヵ月
安田記念からの休み明けになるが、どちらかというと休み明けを使われてからの方が調教は走る馬で、この中間も坂路では終いの時計がかかっていて2週前、1週前と併せ馬では遅れている。調教で遅れているからといって走らない訳ではないが、調教で好時計が出ている時の方がレースでもしっかり走るところがあり、今回は本番前の叩き台といった感じがある。

アエロリット(AA)4ヵ月
昨年の勝ち馬で、今年も安田記念以来の休み明けとなるがほぼ同じような時期からトレセンで時計を出している。1週前追い切りの動きを見ると、昨年のような重たい感じはなく素軽さがあり、今年の方が断然良い動きに見えた。

ペルシアンナイト(B)中6週
昨年までは富士Sを休み明けに使っていたが、今年は8月に札幌記念を使って毎日王冠というローテーションで使ってきた。叩き2戦目ということで、1週前追い切りの動きを見ると行きっぷりがかなり良い感じで、仕掛けられてからの反応も良好。ただテンションがかなり高い様子だったので、残り1週で落ち着かせたいところはある。

ダノンキングリー(D)4ヵ月半
ダービー以来の休み明け。春と比べると早めにトレセンへ戻し、乗り込み本数が多い。ただ1週前追い切りの動きを見ると、終い一杯に追われても伸びきれず重い感じで、春の好走時のようなスピード感はまだない。

モズアスコット(B)4ヵ月
安田記念以来の休み明けではあるが、昨年のスワンS時よりは時計が出ている印象で仕上りは良さそう。

ケイアイノーテック(D)4ヵ月
こちらも安田記念以来の休み明けとなり、もともと坂路で好時計の出る馬にしては2週前、1週前とCWでの追い切りで時計は平凡。動きを見ても首が上がり気味で、なかなか良い時の走りが戻ってこない。

ギベオン(B)4ヵ月
鳴尾記念以来の休み明け。乗り込み豊富で2週前、1週前とCWで好時計が出ていて、仕上りは良さそう。

マイネルファンロン(C)3ヵ月
もともとトレセンでは本数は少なめでレースに使ってくる馬だが、今回はそれにしても坂路での乗り込み本数が少ないように思う。

ランフォザローゼス(E)中2週
今回は叩き3戦目も中2週で前走が大きく変わった感じもなく、上積みよりもローテーションがきついだけで終わってしまいそう。


<地方馬>
ハッピーグリン(C)中2週
休み明けの札幌日経オープンではクビ差の2着だったが前走の門別戦では凡走。どちらかというと、芝でも力のいる馬場向きで春の東京開催のような速い時計の馬場だと厳しい感じもある。



◇今回は毎日王冠編でした。
毎日王冠といえば、オグリキャップイナリワンの火花の散るような追い比べの第40回も印象深いレースでしたが、何と言ってもサイレンススズカが勝利した第49回が一番思い出に残っているレースです。
あの日は東京競馬場に観戦に行っていたのですが、G1並みに混み合っており、競馬場の雰囲気もいつもと違っていました。
それだけ多くの人たちがサイレンススズカグラスワンダーエルコンドルパサーの対決を楽しみにしていたのだと思います。
そんな東京競馬場で、とても印象に残っているシーンがあります。
それは、本馬場入場をしたサイレンススズカ武豊騎手が超満員の外ラチ沿いをゆっくりスタート地点に向かっていった場面。
まるで今日観にきてくれた人たちにゆっくりサイレンススズカを見てもらいたいと言わんばかりの粋な計らいに、スタート前とは思えない光景にこれは相当な自信があるのではないかと、サイレンススズカの勝利を確信したものでした。
このようなファンサービスができるからこそ、今でも日本の競馬の顔と言えば『武豊』なのだと思います。
今年の凱旋門賞の騎乗馬も直前で決まり、日本代表としてエネイブルを苦しめる競馬を期待したいと思います。

それでは次回、菊花賞編(予定)でお会いしましょう。


毎日王冠出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2019年6月6日(木) 15:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(6/1~6/2)G1安田記念 nigeプロが◎○▲パーフェクト的中! 週間回収率トップはあおまるプロ!
閲覧 1,185ビュー コメント 0 ナイス 9



先週は、2(日)に東京競馬場でG1安田記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1安田記念は、1番人気に単勝1.7倍でアーモンドアイ、2番人気に同3.2倍でダノンプレミアム。以下は、大きく離れて同12.5倍の3番人気にアエロリット、4番人気インディチャンプ(同19.2倍)、5番人気ステルヴィオ(同21.4倍)と、2強オッズを形成し発走の時を迎えます。
注目のスタートは、内の各馬が好発を決めて前へ。そしてその後に問題のシーン。大外枠から出を窺ったロジクライが内にヨレて、ダノンプレミアムアーモンドアイペルシアンナイトロードクエストといったところまでが影響を受ける一幕が発生。この人気馬を巻き込んでのアクシデントに、2週連続でスタート直後の悲鳴に包まれる東京競馬場。落馬こそなかったものの、人気2頭を含む外枠勢はこれにより後方からの競馬を余儀なくされます。
先手争いは、グァンチャーレを押して交わしていったアエロリットが制してハナへ。2番手グァンチャーレに次いで、インディチャンプが3番手。以下は、ロジクライサングレーザーモズアスコットロードクエストエントシャイデンフィアーノロマーノサクラアンプルールと中団にかけて追走。直後の11~12番手あたりにダノンプレミアムアーモンドアイと、人気2頭は後方集団の一角まで挽回。ケイアイノーテックスマートオーディンステルヴィオ、最後方にペルシアンナイトとなって、3コーナーを目指します。
前半4Fを45.8秒(推定)で通過するアエロリット。2番手でマークするグァンチャーレ以下は、2~3馬身ほど離れて続く態勢でコーナーリング。アーモンドアイダノンプレミアムは、後方集団のまま外目を回す形となって、直線勝負に賭けます。
迎えた直線、依然逃げるアエロリットまでは10馬身ほどの差がある中で、早々に追い出されるダノンプレミアムと、まだほぼ持ったままのアーモンドアイ。前では、徐々にアエロリットを目がけグァンチャーレが差を詰め、その直後にはロジクライの外に持ち出してロードクエストも早めのスパートで前を追います。残り300mを過ぎると、さらに後ろから4番人気インディチャンプが脚を伸ばし始め、連れてモズアスコットも併せ馬の形で進出。その頃、ダノンプレミアムが馬群に沈んでいく一方で、アーモンドアイモズアスコットの外へ舵を切り、ここでようやくファンの心配を期待に変えるスパートを開始します。残り150mでモズアスコット、残り100mでグァンチャーレと馬体を並べ、さらに表彰台の最上段を目指して突き進むアーモンドアイ。決死の追い上げは、ゴール直前まで続いたものの、先んじて内を抜け出していたアエロリットインディチャンプの内2頭との差はあまりにも大きく。結局、3番人気アエロリットをゴール直前でクビ差封じた4番人気インディチャンプが優勝。アーモンドアイは、2着アエロリットからハナ差3着に終わっています。
公認プロ予想家では、nigeプロ導師嵐山プロジョアプロら計4名が的中をマークしています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →新参者プロ
1(土)こそ苦戦するも、2(日)に大幅プラスとなった先週。まず、阪神1Rを◎○△で仕留めると、東京9Rで○◎▲的中を披露し、30万9,100円のスマッシュヒットを記録しました。これにより、週間回収率119%を達成し、3週連続週末プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →あおまるプロ
先週は、1(土)阪神7Rカフジロッソ的中での50万9,000円払戻しのビッグヒットを筆頭に、阪神10Rなどの的中を記録。土日2日間トータル成績で、回収率207%、収支31万8,000円のトップに立っています。
 
☆☆☆注目プロ →nigeプロ
2(日)G1安田記念では、◎インディチャンプアエロリットアーモンドアイのパーフェクト予想を披露! 10万420円払戻しのスマッシュヒットをマークし、週間回収率188%で終えています。「ダート専門」といえど、この春G1戦線で存在感をアピールし、芝回収率308.2%を達成中のnigeプロからますます目が離せません。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
1(土)は東京5Rなどで的中をマーク。2(日)も、新馬戦東京5Rなどで活躍を披露すると、東京9Rでは、◎アンネリース(単勝39.4倍)○コーカスバイオスパークのパーフェクト的中を達成! 単勝、馬連、馬単、3連複を総獲りで、しめて140,140円を払戻しています。週末トータルでは、回収率122%を達成しています。
 
 
 
この他にも、KOMプロ(120%)、馬侑迦プロ(113%←3週連続週末プラス)、夢月プロ(104%)、シムーンプロ(110%)らが、週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2019年6月2日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/安田記念 G1(スガダイプロ)
閲覧 1,480ビュー コメント 0 ナイス 1

東京5週連続G1の掉尾を飾る安田記念。豪華メンバー集結で盛り上がるこの大注目の一戦を予想してくれるのは、ウマニティ公認プロ予想家のスガダイプロです。ウマニティが誇る常勝のカリスマは、ここまでNHKマイルC、ヴィクトリアマイル日本ダービーを的中と絶好調。ここもしっかり仕留めて”準パーフェクト”を達成してもらいましょう。

本命は⑭アーモンドアイ、対抗は⑮ダノンプレミアム。「どちらも非の打ちどころのない戦績で、舞台適性、状態面にも不安がない。ともに不利を受けにくい外枠を引き、紛れる可能性は低そう。おそらく、両馬の個体としての能力はほぼ互角だが、斤量が軽いぶん前者がやや優勢と評価した」と結論付けました。単穴は「坂路で猛時計を出し、きっちり体を絞ってきた昨年の覇者」⑦モズアスコット。以下、⑩、②、④、⑤の順に押さえ、馬券は3連複2頭軸流し⑭⑮→②④⑤⑦⑩で勝負します。本レース以外のスガダイプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください。
(ウマニティ編集長・岡田大)


------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ(関東版)競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢30名超のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

2019年5月31日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】今も生きる格言”ダービーは運の良い馬が勝つ”/安田記念の展望
閲覧 1,679ビュー コメント 0 ナイス 4

無敗のサートゥルナーリアが断然の人気を集めた今年の日本ダービーだったが、あっと驚くジャイアントキリングが起こった。

勝ったのは12番人気のロジャーバローズ。最内枠を利して道中はスンナリと2番手を確保すると、4コーナーではサートゥルナーリアヴェロックスといった人気馬が外から必死に追い上げる中で悠々とインを確保。直線は早めの抜け出しから粘り込み、ダノンキングリーの追撃をクビ差しのいだ。

振り返れば近年のダービーは”内枠有利”が定番。過去10年で1枠1番の馬はこれで3勝、2着2回、3着1回。

・過去10年の1枠1番の馬の成績

2010年 エイシンフラッシュ 7番人気1着
2011年 ウインバリアシオン 10番人気2着
2012年 スピルバーグ 9番人気14着
2013年 キズナ 1番人気1着
2014年 サウンズオブアース 11番人気11着
2015年 サトノラーゼン 5番人気2着
2016年 ディーマジェスティ 1番人気3着
2017年 ダンビュライト 7番人気6着
2018年 ダノンプレミアム 1番人気6着
2019年 ロジャーバローズ 12番人気1着

ご覧の通り、その中には今年のロジャーバローズ以外にも、2010年・7番人気1着のエイシンフラッシュ、2011年・10番人気2着のウインバリアシオンなど人気薄も含まれている。

平たく言えば、「何も考えず1枠1番の馬を軸にすれば過去10年で6度も馬券に絡んでいた」わけで、改めて枠順の力恐るべしというところか。もちろん出馬表を前にしたら実際のところそうも単純に予想を組み立てることはできないのだが、複雑怪奇な現代競馬だからこそ、時にシンプルに見定めることも重要なのだと改めて感じさせられる一戦でもあった。

馬場は天気の気まぐれゆえの生き物、枠順は運だが、その運や気まぐれが時として大きな影響を与えるのが競馬というギャンブルなのだろう。

ダービーは運が良い馬が勝つ、という格言は実に示唆に富んでいる。


〜今年の2強はともに崩れることは考えにくい

さて、今週末は安田記念ドバイターフを制したあとこちらに矛先を向けて来たアーモンドアイ、クラシックはほぼ棒に振ったものの復帰後2連勝と再び勢いが出て来たダノンプレミアム、この2頭の一騎打ちムードだ。

2強対決、というと競馬においては危ういケースも多いが、今年に関して言えば両馬ともに死角は少ない。というのも、ともにレースセンスの良さ、器用さを備えているからだ。

アーモンドアイはデビュー戦で2着に敗れて以降負けていないが、それは能力も去ることながら身のこなしが柔らかく馬群も苦にしないセンスの良さゆえでもある。

ダノンプレミアムも同様で、スタートを決めてスッと好位で流れに乗れるためレースぶりに安定感がある。さすがにダービーの2400mは距離が長かったが、マイルならば折り合いに気を遣うこともないだろう。

というわけで2頭を無理に嫌う必要はないというのが現時点での結論。その中でも個人的な注目はダノンプレミアム。ややゲートに不安があるアーモンドアイと比較すると、こちらは確実に2〜3番手で流れに乗れる強みがあり、多頭数のG1、とりわけ逃げ先行馬が多くない今年のメンバー構成の中では有利に働くのではないか。

いずれにしても、2強がともに好走するとしてももう一席を考えなくてはならないのが現代競馬。人気の面では昨年の2着のアエロリット、昨秋のマイルCSを制したステルヴィオ、当舞台の重賞を制しているインディチャンプだろうが、アエロリットは前走逃げの手に出たことが今回にどう影響を与えるだろうか。多少乗り難しいタイプでもあるだけに、得意舞台とは言え課題も多い。この3頭なら適距離に戻るステルヴィオ、折り合い次第のインディチャンプに分がありそう。

その他で注目はマイルに戻るサングレーザー。前走はいかにもミナリク騎手と手が合わなかった印象で、2000mをこなしているとはいえやはりベストは1600mだろう。昨年の安田記念では福永騎手が強気に出過ぎた感もあるので、今回は溜める形で折り合えればひと泡吹かすシーンがありそうだ。

もう一頭挙げるならロジクライだろうか。ここのところ短距離を使われているが、やはり忙しい1200mや1400mよりも流れに乗りやすいマイルがベストだろう。当舞台では昨年の富士Sを制しており、先行勢がさほど多くない組み合わせでもあるので、上手く前で流れに乗りたい。

昨年の覇者モズアスコットも注目を集めそうだが、近走は精彩を欠いており、フランケル産駒はソウルスターリングやミスエルテなど、一度ダメになると復調に手間取るケースが多く不安の方が大きい。

ペルシアンナイトもマイルG1での実績は豊富だが、近走を見ている限りやや全盛期を過ぎた印象がある。昨年のマイルCSにしても多少不利がありながらもこの馬としては上手く捌いて来れた感もあり、今の東京への適性も微妙だ。

というわけで、2強を軸に、ベタに行くならステルヴィオインディチャンプ、少し捻るならサングレーザーロジクライあたりを考えている。3連複にするのか、あるいは2強のどちらかをアタマに固定した3連単にするのか、買い方も問われそうな一戦だ。



安田記念の最終結論は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開します。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。2018年12月14日には最新刊『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)をリリース。

[もっと見る]

2019年5月31日(金) 13:00 覆面ドクター・英
安田記念2019
閲覧 2,342ビュー コメント 0 ナイス 17

ダービーは荒れましたねえ。競馬に絶対は無いと、ライトなファンの方々もそう思ったんじゃないでしょうか。ゲートで立ち上がり出遅れると、力断然でも厳しいものです。勝ったロジャーバローズは有利な最内枠で、先行力があり、血統的にもディープインパクト産駒で母はジェンティルドンナと似た血統と、3着くらいはありかと思ってましたが......。レース中に娘たちに、「大逃げの後ろの離れた2番手は有利なんだよ」などと話してたら、あれよあれよと(笑) ちょっと最後まで粘ったのにはびっくりでした。輸送に弱くイレ込むので、騒がしいダービーデーは向かないとして、ちょっと迷った末にヒモに入れなかったのは失敗でした。来年以降も、やはり内目の枠は要注意ですね。分かっちゃいても、逃げ争いで今年は、あまりメリット無いかなあとしてしまいましたが、大失敗でした。3連単マルチで拾えた馬券でした。私は、ウマニティでもコラム連載されているTAROさんのファンで、長年ブログをチェックし、メルマガ購読もしているのですが(レース回顧や分析が好きです)、最後にロジャーバローズを穴推奨であげていたのはさすがでした(枠順確定した瞬間にもう自分の予想がしたいので、他の予想家の方を含めて他人の予想を見にいっている時間はなく、パクリ予想はないのでご心配無くw)。本命を打ったヴェロックスがどうにかサートゥルナーリアに先着してくれるんじゃないか、というところは合っているのですが、位置取りの問題で前に2頭いました((+_+))

それでは、安田記念へ。今年は例年に比べ豪華なメンバーとなりそうです。特にアーモンドアイの参戦は正直、意外でした。そして体調の整わなかった(距離も合わなかった可能性もある)ダービーを取りこぼした以外は、7戦6勝と強さを見せるダノンプレミアム。さらにこの2頭のG1馬に加え、マイルのG1馬であるペルシアンナイトモズアスコットステルヴィオや、マイルG1好走歴のあるアエロリットサングレーザーなど、楽しみなレースとなりそうです。私自身も得意としているレースで、基本的に西田式スピード指数とかで育った世代の人は、芝マイル戦やダート戦が得意なものですが、ポイントは同じマイルでもマイルCSとは質の違う競馬になるという点。東京マイルならではの予想で、ガツンと当てたいものです。


恒例の全頭診断へ

1番人気想定 アーモンドアイ:昨秋のJCも驚異的な時計で強さを見せつけた、現役最強馬と言っていい存在であるが、安田記念は数少ない「向かない条件」のレースだと私は思う。当然、能力最上位だけに展開が向かなくてもそれなりに上位に来れるだろうが、使い分けとか、鞍上の問題とか色々な要素が絡んでいるにしても、ここを使うという選択は、正直失敗じゃないかと思っている。サートゥルナーリアで「ここは通過点」とダービーで言ってしまって、運を逃した先週同様に。今年、アーモンドアイが取りこぼすとしたらここでは。一本調子のローエングリン産駒が行って粘れるコースだけに、もう少し距離があって、のんびり追走して、切れ味を生かせる競馬の方が断然良い。

2番人気想定 ダノンプレミアム:前走マイラーズCは2着がオープン特別で好走を繰り返すグァンチャーレだけにレベルが大したことないにしても、その前の金鯱賞は強かった。ダービーで負けて以来だったが、単に早熟のスピード馬でないことを示す圧勝で、着差はそれほどつかなかったが強い競馬だった。先行力があり、今の東京の内有利な馬場も問題なし。

3番人気想定 アエロリット:驚異的な粘りを見せる逃げ馬は、充実期間が過ぎると急にしぼんでしまうもので、衰えを感じるここ数走からは消す予定。

4番人気想定 ステルヴィオ:昨秋のマイルCSは5番人気ながらビュイック騎手の好騎乗もあって悲願のG1制覇となったが、前走大阪杯はビリ。距離だけでなく丸山騎手がノド鳴りのコメントも出しており、距離短縮でも東京の長い直線は辛く、消す予定。ノド鳴り馬には東京の長い直線きつい。手術後に狙う予定。余談だが、私も喘息持ちでリレーの選手として走っていた小学校6年間、いつも70mくらいで限界が来て100mはもたなかった、という......。

5番人気想定 インディチャンプ:同コースの東京新聞杯勝ち馬だが、ゲートも悪いし、先頭に立つとソラを使ったりと、気性面に難ありのタイプ。実際、前走後も気性面へのコメントを福永騎手が出している。ポテンシャルは高いし、左回り向きなのだろうが、色々なことがかみあわないと実力を出せないタイプで、大一番でそう重視する必要は無いか。

6番人気想定 サングレーザー:本質的には少し長いかなあという昨秋の天皇賞でも2着し、香港遠征でも2000mで4着と頑張ったが、大阪杯は海外遠征疲れや鞍上ミナリク騎手とも合わなかったのか12着と惨敗。栗東坂路で50秒台の時計がまだ出るように衰えは少ない。得意のマイルに戻して岩田騎手に乗り替わって、激走を期待できる楽しみな一頭。

7番人気想定 ペルシアンナイト:昨秋のマイルCSの2着馬だが金鯱賞4着、大阪杯11着と衰えを感じさせる現況。道悪で好走していたのに、馬場が合わなかったというコメント出たりしているが、やはり衰えてきている印象で、デムーロ騎手騎乗だけに余分に人気にもなりそうで、消して妙味か。

8番人気想定 モズアスコット:昨年の安田記念を連闘で制したのだが、その前週にオープン特別を取りこぼした坂井騎手が今回は騎乗。オーストラリア修業を含め、昨年の赤っ恥から成長した姿を見せるチャンスで、人気もそうでもなく気楽に頑張って欲しい。将来を背負っていく逸材だと私自身は思っているし、矢作調教師も、愛情を持って育てているので、是非それに応えてもらいたい。父親の坂井英騎手も全盛期に中央に来ていたら結構活躍したであろう騎手で、親と同じ職業というのは10馬身くらいリードしているのでは?(笑)(私自身は、サラリーマン家庭の3番仔で、親が医者の人が非常に多い業界で何とか頑張っています(^^;)。

9番人気想定 ロジクライ:昨秋の富士Sで同条件のレースを2馬身差で圧勝したのだが、その後はもうちょっとやれるんじゃないかと毎度期待してイマイチなまま。6歳でもうピークは過ぎていそうで、マイルより1400mの方がマシな現状では、今更の激走は期待薄か。

10番人気以下想定
グァンチャーレスクリーンヒーロー×ディアブロで、これだけ長く稼いでくれている馬主孝行な馬だが、オープン特別向きで、大一番でどうこういうタイプでない。

スマートオーディン阪急杯を強烈な末脚で差し切って、本命を打った京王杯SCは4番人気7着といまひとつ。ただ3年前は毎日杯京都新聞杯勝ちと、距離とか条件の問題でなく、気分ひとつという馬のよう(ちなみにダービーでも5番人気6着とマカヒキから0.5秒しか負けていない)。ヒモには面白いタイプでは。

ケイアイノーテック:NHKマイルCを6番人気で藤岡佑騎手の好騎乗もあり差し切ったが、その後はさっぱりな成績。ただ、衰えたわけでないことからも、得意の条件で十分巻き返しはあり得る。ヒモにはいいのでは。

フィアーノロマーノ:一応トライアルとも言えるダービー卿CT勝ち馬で、社台Gのやや試験的な感じで買ってくる吉田和美さん名義の馬だが、ジリジリ強くなってきており、人気はないがヒモにはいいのでは。

エントシャイデン:2月に準オープンを勝ったのだがオープンでは重賞にしても5着、11着と壁に当たっており、ここで買う必要はなさそう。

サクラアンプルール:一昨年の札幌記念Vが最後の勝ち星で、上のサクラメガワンダー同様中距離で切れ味を生かすタイプで安田記念適性は高くない。

ロードクエスト:昨秋のスワンS勝ちが最後の勝利で、マイルより1400m向きでここで特に狙えるタイプでない。


<まとめ>
有力:ダノンプレミアムアーモンドアイ

人気で危険:アエロリットステルヴィオペルシアンナイト

ヒモに:サングレーザーモズアスコットスマートオーディンケイアイノーテックフィアーノロマーノ

[もっと見る]

⇒もっと見る

モズアスコットの口コミ


口コミ一覧
閲覧 35ビュー コメント 0 ナイス 8

昨年の安田記念覇者であるモズアスコット!

来年は根岸SからフェブラリーSへとダート戦からの始動となるそうです!

その後は順当ならオーストラリアのG1へ☆

まずはダート適正があるか注目ですね♪

 パトラッシュ 2019年11月22日(金) 08:59
ジャパンカップのU指数分析は?マイルCSの結果は?
閲覧 594ビュー コメント 0 ナイス 7

まず、先週お約束したマイルチャンピオンシップの分析からです。

◎ 的中しています。
これらの馬は、全く上位に来ていません。

4歳以上、指数99以下は消し
アルアイン
タイムトリップ
フイアーノロマーノ
レイエンダ
レッドオルガ


△ それなりに検討していますが、頭には来れてません。ただし的中していれば、結構な配当ということで何年か買い続けると、良いことがあるかも?

指数100以上かつ2位以内に限定すると単勝回収率は170.0%
モズアスコット 1位
マイスタイル  2位

△これも的中していますが、買う点数が多いので、効率的かと言えば×
これも何年か買い続けることが条件?
上位好走馬のほとんどが10位以内で、5位以内の2頭と6~10位の1頭で決まるケースが多い。1~5位+1~5位+6~10位という組み合わせの3連複フォーメーション

モズアスコット
マイスタイル
インディチャンプ
ダイアトニック
ダノンプレミアム


モズアスコット
マイスタイル
インディチャンプ
ダイアトニック
ダノンプレミアム

ペルシアンナイト
グアンチャーレ
ダノンキングリー
プリモシーン
※ 第10位は、4歳以上98.3のアルアイン、3歳で最上位97.3のクリノガウディーを入れるか、9位までにするか?


さて、ジャパンカップですが


<ポイント①>
・ヒモ荒れはあるが、勝ち切れるのは上位人気で、2012年以降はすべて5番人気以内が勝利。U指数も5位以内が堅実で、5番人気以内かつU指数5位以内の馬の単勝回収率は162.2%。

指数1位 スワーヴリチャード
指数2位 シュバルグラン
指数3位 レイデオロ
指数4位 ワグネリアン
指数5位 ユーキャンスマイル

ということで、私の本命シュバルグランを除く4頭を買いということですね。

<ポイント②>
・信頼できる5番人気以内かつU指数5位以内の馬を1着固定にして馬単総流しで購入した際の回収率は107.4%。近年ほぼ用なし状態の外国馬を買い目から除くと回収率は138.4%。
4×13=52通りで、元が取れてるみたい。結構な穴馬がヒモには来てるってことですね。

<ポイント③>
・高指数の出にくい3歳馬を除くと、2012年以降で馬券になった馬はすべて指数98.5以上。2着連対にハードルを上げると指数99以上。指数99未満の古馬は【0.0.3.24】。上位人気の該当例はほぼないが、指数98.5に満たない古馬ならびに外国馬を外せば購入対象をかなり絞り込める。

指数98.5に満たない古馬

ダイワギャグニー
ジナンボー
タイセイトレイル
ウインテンダネス

穴っぽい馬もほぼ用無し、という結果になりました。

統計的な結果なんで、何年か買い続けることが必要かも。

[もっと見る]

 Haya 2019年11月22日(金) 07:00
【~術はある~】(2019.11.22.)(京都2歳S、ジャパンカップ... 
閲覧 394ビュー コメント 0 ナイス 2

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

今週は、今秋初の寒波による影響で、一気に"冬の寒さ"に!?
それまでの暖かさは何処へ?
確かに、本日は二十四節気の一つ「小雪(しょうせつ)」になり、冬の到来を目前に感じますね!

まぁ、我が家の懐は、年中凍りついていますけどね…??

<小雪(しょうせつ)とは?>
市街地にはまだ本格的な降雪はなく、高い山などでは白いもの が見え始めるといった冬の到来を目前に感じる、立冬の後の時期。わずかながら雪が降り始めるころ。

【週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数活用術予想篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ活用術予想篇)
木曜日 : 週末の重賞(インパクトデータ活用術予想篇)
金曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(ハイブリッド指数活用術予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(ハイブリッド指数活用術予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

水曜TARGET frontier JVから血統データへ変更。
木曜インパクトデータをアップデート。

※「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【活用術予想 第11期 途中経過】
第11期(11月2日~24日)8日間(京王杯2歳S~ジャパンC:全13戦)

週末は、当てる事ができたのか!?

土曜、G3東京スポーツ杯2歳Sでは、2頭を推奨。
(コントレイル、ラインベック)
馬番コンピの予想では、(6⇒5,1,3,2,8)狙いを参考にして、
5番アルジャンナ軸で勝負!
馬連(5⇒2,6)3連複(2-5-6)
結果は、的中!(馬連360円)

土曜「東京スポーツ杯2歳S」の軸馬アルジャンナは、直線で弾けて優勝…のはずが2着入線。優勝したコントレイルが、規格外の強さ!とりあえず、馬券は的中!元返し…残念。反省点として、馬券種の選択?馬連2点までは良かったが、残り3連複1点が余分だった。出走頭数が少ないときは、買い目を絞るべきと反省。


日曜、G1マイルチャンピオンシップでは、7頭を推奨。
(インディチャンプ、ダイアトニック、ダノンキングリー、
ダノンプレミアム、マイスタイル、モズアスコット、レイエンダ)
馬番コンピの予想では、(14,1,5,12)ボックス狙いを参考にして、
5番インディチャンプ軸で勝負!
3連複(5,14⇒1,3,7,10,11)
結果は、的中!(3連複3200円)

日曜「マイルチャンピオンシップ」の軸馬インディチャンプは、直線で弾けて優勝!もう1頭の軸馬ダノンプレミアムは、何とか2着死守。3着にペルシアンナイトが入線して馬券は的中!反省点として、メンタルが弱すぎて不完全燃焼?優勝したインディチャンプの追切VTRを見る限り、素人目からしても超抜群!久々に確信していただけに、もう少し自信を持つべきだった。ちなみに、もう1頭のダノンプレミアムの追切は及第点。


【先週ブログのなかで推奨した結果】
東京スポーツ杯2歳S=コントレイル(1着)、ラインベック(3着)

マイルチャンピオンシップ=インディチャンプ(1着)、ダイアトニック(10着)、ダノンキングリー(5着)、
ダノンプレミアム(2着)、マイスタイル(4着)、モズアスコット(14着)、レイエンダ(15着)

【今週の重賞データ 検証&有力馬】

【京都2歳S】(芝2000㍍戦)(2歳オープン馬齢)
【好走データ篇】【プラスデータ】
①前走距離(芝18~2000㍍)
②前走馬体重(460~519㌔)
③前走着順&着差(3着以内かつ着差0.5秒以内)

今年出走予定馬で検証(項目順に該当外馬を消去)
①該当外:インザムード、ヴァルナ
②該当外:ジャストナウ、トウカイデュエル、ミヤマザクラ
③該当外:ショウナンバレリオ


【該当馬のみ検証】
1⃣(芝)18~2000㍍戦実績(連対率/複勝率)
2⃣右回り(芝)実績(連対率/複勝率)

ヒシタイザン  1⃣(0-0-1-0)0%/100%  2⃣(0-1-0-0)100%/100%
マイラプソディ  1⃣(2-0-0-0)100%/100%  2⃣(1-0-0-0)100%/100%
ロールオブサンダー  1⃣(2-0-0-0)100%/100%  2⃣(1-0-0-0)100%/100%

【京都2歳Sの有力馬】
ヒシタイザン、マイラプソディ、ロールオブサンダー


【ジャパンカップ】(芝2400㍍戦)(3歳以上オープン定量)
【好走データ篇】【プラスデータ】
①馬齢(3~5歳中心)
②ローテーション(中4~9週以内)
③前走クラス(G2戦以上)
④前走着順(5着以内)

今年出走予定馬で検証(項目順に該当外馬を消去)
①該当外:ウインテンダネス、シュヴァルグラン、マカヒキ、ルックトゥワイス
②該当外:ジナンボー、タイセイトレイル、ムイトオブリガード、ラヴズオンリーユー
③該当外:ダイワキャグニー
④該当外:スワーヴリチャード


【該当馬のみ検証】
1⃣(芝)2400㍍以上戦実績(連対率/複勝率)
2⃣東京競馬場(芝)実績(連対率/複勝率)

エタリオウ  1⃣(0-6-0-2)75%/75%  2⃣(0-1-0-1)50%/50%
カレンブーケドール  1⃣(0-1-0-0)100%/100%  2⃣(1-2-1-1)60%/80%
ダンビュライト  1⃣(0-1-0-3)25%/25%  2⃣(0-1-0-1)50%/50%  
*共に50%以下の為、消し
ユーキャンスマイル  1⃣(0-1-1-0)50%/100%  2⃣(1-0-0-1)50%/50%
レイデオロ  1⃣(2-2-0-2)67%/67%  2⃣(3-1-0-0)100%/100%
ワグネリアン  1⃣(2-0-0-0)100%/100%  2⃣(2-0-0-1)67%/67%

【ジャパンカップの有力馬】
エタリオウ、カレンブーケドール、ユーキャンスマイル、レイデオロ、ワグネリアン
 

【京阪杯】(芝1200㍍戦)(3歳以上オープン定量)
【好走データ篇】【プラスデータ】
①馬齢(3~6歳中心)
②ローテーション(中3~9週以内)
③前走人気&着順&着差(9番人気以内かつ9着以内かつ着差0.5秒以内)

今年出走予定馬で検証(項目順に該当外馬を消去)
①該当外:アポロノシンザン、エメラルエナジー、ダイシンバルカン、パラダイスガーデン、フミノムーン、(除外対象馬:ニシノラッシュ)
②該当外:ダイメイフジ、ナックビーナス、ライトオンキュー
③該当外:エントリーチケット、ビップライブリー、ファンタジスト、ラブカンプー、リナーテ

【該当馬のみ検証】
1⃣(芝)1200㍍戦実績(連対率/複勝率)
2⃣京都競馬場(芝)実績(連対率/複勝率)

アイラブテーラー  1⃣(1-0-0-0)100%/100%  2⃣(2-0-0-0)100%/100%
アウィルアウェイ  1⃣(2-0-1-1)50%/75%  2⃣(1-0-1-0)50%/100%
エイシンデネブ  1⃣(4-1-0-4)56%/56%  2⃣(0-1-0-0)100%/100%
カラクレナイ  1⃣(1-1-2-5)22%/44%  2⃣(1-1-2-8)17%/33%
*共に50%以下の為、消し
モズスーパーフレア  1⃣(6-2-1-4)62%/69%  2⃣(0-0-1-2)0%/33%

【京阪杯の有力馬】
アイラブテーラー、アウィルアウェイ、エイシンデネブ、モズスーパーフレア


【今週の有力馬】
京都2歳S=ヒシタイザン、マイラプソディ、ロールオブサンダー

ジャパンC=エタリオウ、カレンブーケドール、ユーキャンスマイル、レイデオロ、ワグネリアン

京阪杯=アイラブテーラー、アウィルアウェイ、エイシンデネブ、モズスーパーフレア


過去10年のレース傾向(1番人気の信頼度)
京都2歳S=京都(芝)2000㍍=C(71)中枠有利
ジャパンC=東京(芝)2000㍍=A(79)内枠有利
京阪杯=京都(芝)1200㍍=C(73)内枠有利

【日刊馬番コンピ指数活用術予想 結果報告】
(東京スポーツ杯2歳S)
【馬連】で
馬番コンピ指数2位から
指数2位から
指数1、3~6位までの5頭へ流して5点。
(6⇒5,1,3,2,8)
結果 6⇒5⇒1
指数2位⇒1位⇒3位
結果は、的中…トリガミ。(馬連360円)

(マイルチャンピオンシップ)
【馬連】で
馬番コンピ指数1~4位までの4頭ボックス 6点。
(14,1,5,12)BOX
結果 5⇒14⇒7
指数3位⇒1位⇒5位
結果は、的中!(馬連840円)


【今週末の重賞レースの馬番コンピ指数活用術予想篇】

(京都2歳S)
【馬連】で
馬番コンピ指数1~4位までの4頭ボックス 6点。

(ジャパンカップ)
【馬連】で
馬番コンピ指数2~7位までの6頭ボックス 15点。


(京阪杯)
【単勝】で
馬番コンピ指数2、3位の2点。


詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

[もっと見る]

⇒もっと見る

モズアスコットの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  おかき   フォロワー:0人 2017年7月16日() 16:38:43
強い マイルなら

モズアスコットの写真

モズアスコットの厩舎情報 VIP

2019年11月17日マイルチャンピオンS G114着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

モズアスコットの取材メモ VIP

2019年11月17日 マイルチャンピオンS G1 14着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。