サンライズノヴァ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
サンライズノヴァ
サンライズノヴァ
サンライズノヴァ
サンライズノヴァ
サンライズノヴァ
サンライズノヴァ
サンライズノヴァ
サンライズノヴァ
サンライズノヴァ
写真一覧
現役 牡7 栗毛 2014年4月9日生
調教師音無秀孝(栗東)
馬主松岡 隆雄
生産者ヤナガワ牧場
生産地日高町
戦績31戦[10-5-3-13]
総賞金33,458万円
収得賞金12,550万円
英字表記Sunrise Nova
血統 ゴールドアリュール
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ニキーヤ
ブライトサファイヤ
血統 ][ 産駒 ]
サンダーガルチ
リアルサファイヤ
兄弟 ピクシーサンライズマイヨヴェール
前走 2020/12/06 チャンピオンズカップ G1
次走予定

サンライズノヴァの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/12/06 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 164822.9612** 牡6 57.0 松若風馬音無秀孝534(+4)1.50.9 1.637.0⑭⑮⑮⑮チュウワウィザード
20/11/14 東京 11 武蔵野S G3 ダ1600 16365.131** 牡6 58.0 松若風馬音無秀孝530(+1)1.35.0 -0.135.4⑬⑫ソリストサンダー
20/10/12 盛岡 11 MCS南部杯 G1 ダ1600 16--------4** 牡6 57.0 松若風馬音無秀孝529(--)1.33.1 0.4----アルクトス
20/07/12 阪神 11 プロキオンS G3 ダ1400 163611.051** 牡6 59.0 松若風馬音無秀孝530(+1)1.21.8 -0.334.4⑭⑨エアスピネル
20/05/05 船橋 11 かしわ記念 G1 ダ1600 7--------3** 牡6 57.0 武豊音無秀孝529(--)1.39.3 0.7----ワイドファラオ
20/02/23 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 16596.833** 牡6 57.0 松山弘平音無秀孝534(+10)1.35.8 0.635.3⑫⑬モズアスコット
19/11/09 東京 11 武蔵野S G3 ダ1600 1661110.035** 牡5 59.0 森泰斗音無秀孝524(-10)1.35.2 0.636.5ワンダーリーデル
19/10/14 盛岡 11 MCS南部杯 G1 ダ1600 16--------1** 牡5 57.0 吉原寛人音無秀孝534(--)1.34.2 -0.3----アルクトス
19/07/07 中京 11 プロキオンS G3 ダ1400 153511.364** 牡5 57.0 松若風馬音無秀孝534(-6)1.21.7 0.535.4⑬⑫アルクトス
19/05/29 浦和 11 さきたま杯 G2 ダ1400 12--------4** 牡5 56.0 戸崎圭太音無秀孝540(--)1.26.4 1.1----ウインムート
19/02/17 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 145716.767** 牡5 57.0 戸崎圭太音無秀孝546(+6)1.36.9 1.335.7⑩⑩インティ
19/01/27 東京 11 根岸S G3 ダ1400 166122.518** 牡5 57.0 戸崎圭太音無秀孝540(+2)1.24.6 1.136.2⑫⑩コパノキッキング
18/12/02 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 154710.056** 牡4 57.0 戸崎圭太音無秀孝538(+4)1.51.2 1.135.8⑬⑬⑬⑬ルヴァンスレーヴ
18/11/10 東京 11 武蔵野S G3 ダ1600 16242.911** 牡4 56.0 戸崎圭太音無秀孝534(0)1.34.7 -0.234.8⑭⑫クインズサターン
18/10/08 東京 11 グリーンCC OP ダ1400 16471.611** 牡4 57.0 戸崎圭太音無秀孝534(+4)1.23.4 -0.135.4⑮⑭ナムラミラクル
18/06/09 東京 11 アハルテケS OP ダ1600 16482.111** 牡4 57.5 戸崎圭太音無秀孝530(-6)1.35.3 -0.135.6⑫⑫サンライズメジャー
18/05/26 東京 11 欅ステークス OP ダ1400 16231.812** 牡4 58.0 戸崎圭太音無秀孝536(+10)1.24.1 0.334.4⑮⑭ドリームキラリ
18/04/21 東京 11 オアシスS OP ダ1600 16231.812** 牡4 58.0 戸崎圭太音無秀孝526(-10)1.36.7 0.035.2⑬⑪ルグランフリソン
18/02/18 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 168167.134** 牡4 57.0 戸崎圭太音無秀孝536(+4)1.36.6 0.637.0⑨⑧ノンコノユメ
18/01/28 東京 11 根岸S G3 ダ1400 14583.012** 牡4 56.0 戸崎圭太音無秀孝532(0)1.21.5 0.034.6⑩⑩ノンコノユメ

⇒もっと見る


サンライズノヴァの関連ニュース

 ★格上挑戦した日経新春杯で重賞初Vを飾ったショウリュウイクゾ(栗・佐々木、牡5)はレース直後に参戦を示唆していた京都記念(2月14日、阪神、GII、芝2200メートル)ではなく、阪神大賞典(3月21日、阪神、GII、芝3000メートル)を目指す。2着ミスマンマミーア(栗・寺島、牝6)はダイヤモンドS(2月20日、東京、GIII、芝3400メートル)へ。

 ★チャンピオンズC12着サンライズノヴァ(栗・音無、牡7)は参戦を検討していた根岸S(31日、東京、GIII、ダ1400メートル)を使わず、フェブラリーS(2月21日、東京、GI、ダ1600メートル)へ直行。門司Sを勝ったソリストサンダー(栗・高柳大、牡6)も同レースに挑戦する。

 ★レパードS優勝馬で武蔵野S11着後、戦列を離れているケンシンコウ(美・小西、牡4)は、体調が整わないため目指していた根岸Sを回避する。

 ★カーバンクルS2着ダイメイフジ(栗・森田、牡7)は夕刊フジ賞オーシャンS(3月6日、中山、GIII、芝1200メートル)が目標。シルクロードS(31日、中京、GIII、芝1200メートル)に登録するが、使うかは未定。3着エレナアヴァンティ(美・宗像、牝4)は春雷S(4月11日、中山、L、芝1200メートル)へ。6着カイザーメランジェ(美・中野、牡6)はシルクロードSに向かう。

 ★日経新春杯12着ダイワキャグニー(美・菊沢、セン7)は状態次第だが、東京新聞杯(2月7日、東京、GIII、芝1600メートル)が視野に。

【古馬次走報】モズスーパーフレアは高松宮記念連覇へ 2021年1月4日(月) 04:49

 ★ドバイ遠征を視野に入れていた音無厩舎2騎は国内路線に切り替える。JBCスプリント4着モズスーパーフレア(牝6)は高松宮記念(3月28日、中京、GI、芝1200メートル)連覇を目標に、シルクロードS(31日、中京、GIII、芝1200メートル)でひと叩きするかどうかを検討中。チャンピオンズC12着サンライズノヴァ(牡7)はフェブラリーS(2月21日、東京、GI、ダ1600メートル)を目標に、根岸S(31日、東京、GIII、ダ1400メートル)を使うかどうかを検討中。

 ★セントウルS17着セイウンコウセイ(美・上原、牡8)はシルクロードSで戦列に戻り、高松宮記念を目指す。

 ★昨年の阪急杯1着以降休養しているベストアクター(美・鹿戸、セン7)は宮城県の山元トレセンで調整中。連覇が懸かる阪急杯(2月28日、阪神、GIII、芝1400メートル)での復帰を目指す。

 ★中日新聞杯を勝ったボッケリーニ(栗・池江、牡5)は小倉大賞典(2月21日、小倉、GIII、芝1800メートル)に向かう。僚馬でアンドロメダS2着クラージュゲリエ(牡5)は日経新春杯(17日、中京、GII、芝2200メートル)へ。秋華賞11着アブレイズ(牝4)は愛知杯(16日、中京、GIII、芝2000メートル)へ。

 ★ディセンバーS1着トーラスジェミニ(美・小桧山、牡5)は、引き続き吉田豊騎手で小倉大賞典へ。

 ★ギャラクシーS5着ロジクライ(栗・須貝、牡8)はすばるS(11日、中京、L、ダ1400メートル)へ。僚馬で8着シュウジ(牡8)はジャニュアリーS(17日、中山、OP、ダ1200メートル)へ。15着メイショウテンスイ(栗・南井、牡4)は根岸Sへ。

 ★京都金杯を除外になったセラピア(栗・藤岡、牝5)は、ニューイヤーS(9日、中山、L、芝1600メートル)へ。

 ★キャピタルS6着トライン(栗・浜田、牡6)は東京新聞杯(2月7日、東京、GIII、芝1600メートル)か洛陽S(2月13日、阪神、L、芝1600メートル)へ。

 ★有馬記念8着クレッシェンドラヴ(美・林、牡7)はきょう4日、福島県のテンコー・トレセンへ放牧に出される。

 ★阪神C15着キングハート(美・星野、牡8)は、カーバンクルS(16日、中山、芝1200メートル)に向かう。

モズスーパーフレアの競走成績はこちら

[もっと見る]

【古馬次走報】モズスーパーフレアはドバイ遠征を視野 2020年12月31日(木) 04:50

 ★高松宮記念勝ちでJBCスプリント4着後、休養しているモズスーパーフレア(栗・音無、牝5)は、ドバイゴールデンシャヒーン(3月27日、メイダン、GI、ダ1200メートル)に登録する。僚馬でチャンピオンズC12着サンライズノヴァ(牡6)は、フェブラリーS(2月21日、東京、GI、ダ1600メートル)から、ゴドルフィンマイル(3月27日、メイダン、GII、ダ1600メートル)に進む予定。



モズスーパーフレアの競走成績はこちら

[もっと見る]

【古馬次走報】インティ、サンライズノヴァはフェブラリーSを目標に 2020年12月9日(水) 04:54

 ★チャンピオンズC2着ゴールドドリーム(栗・平田、牡7)は、フェブラリーS(2月21日、東京、GI、ダ1600メートル)を目標にするが、体調次第では東京大賞典(29日、大井、GI、ダ2000メートル)も視野に入れる。3着インティ(栗・野中、牡6)は、フェブラリーSを目標に、ステップに東海S(1月24日、中京、GII、ダ1800メートル)あたりを視野に入れる。11着クリンチャー(栗・宮本、牡6)は、東京大賞典を視野。12着サンライズノヴァ(栗・音無、牡6)は、フェブラリーSを見据える。

 ★ジャパンC7着ミッキースワロー(美・菊沢、牡6)は引き続き戸崎騎手で有馬記念(27日、中山、GI、芝2500メートル)へ。アルゼンチン共和国杯3着サンアップルトン(美・中野、牡4)は有馬記念を目指すが、主戦の柴田善騎手が落馬負傷で戦列を離れているため蛯名騎手と新コンビを組む。除外の場合はAJCC(1月24日、中山、GII、芝2200メートル)へ。

 ★ステイヤーズSを制したオセアグレイト(美・菊川、牡4)の次走は1週間程度様子を見てから決まる模様。5着ヒュミドール(美・小手川、セン4)は来年は天皇賞・春(5月2日、阪神、GI、芝3200メートル)を目指すが、6着ボスジラ(美・国枝、牡4)とともにダイヤモンドS(2月20日、東京、GIII、芝3400メートル)が視野に。15着ルミナスウォリアー(美・萱野、牡9)はポルックスS(1月10日、中山、OP、ダ1800メートル)が有力。

 ★チャレンジC8着ロードクエスト(美・小島、牡7)は中山金杯(1月5日、中山、GIII、芝2000メートル)へ。

 

[もっと見る]

【チャンピオン】レースを終えて…関係者談話 2020年12月7日(月) 04:54

 ◆ルメール騎手(カフェファラオ6着)「向こう正面で忙しくなったときに加速できなかった。3歳だし、まだこれから」

 ◆福永騎手(エアスピネル7着)「内で脚をためて、最後はじりじりと伸びた。マイルの方がベター」

 ◆藤岡佑騎手(タイムフライヤー8着)「折り合って中団を追走し、4コーナーまではイメージどおりだったけど、直線で伸び切れず」

 ◆田辺騎手(アルクトス9着)「想定の位置で運べたが、勝負に行った分、余計に止まった」

 ◆松山騎手(エアアルマス10着)「リズム良く、砂もかぶらずに運べたが、手前を替えませんでした。そのへんは左回りの影響かも」

 ◆三浦騎手(クリンチャー11着)「リズム良く運べたけど、4コーナーで手応えが怪しくなった」

 ◆松若騎手(サンライズノヴァ12着)「1800メートルのコーナー4つで力んでいました。最後の反応が鈍かったのは、距離かもしれません」

 ◆M・デムーロ騎手(アナザートゥルース13着)「3~4コーナーでペースが上がったときに砂をかぶって嫌がった」

 ◆藤岡康騎手(サトノティターン14着)「気持ちの面なのか、スタートから進んでいかず、エンジンがかからないまま終わりました」

 ◆高倉騎手(メイショウワザシ15着)「外のエアアルマスに出られてひるみ、思ったほど行けませんでした」

 ◆亀田騎手(ヨシオ16着)「前々で3コーナーまで食らいつきましたが、そこから一杯になりました」



★6日中京11R「チャンピオンズC」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】チャンピオンズカップ2020 徳光和夫さん、ナイツ・土屋さんほか多数!競馬大好き芸能人・著名人がガチ予想! 2020年12月6日() 05:30


※当欄ではチャンピオンズカップについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【徳光和夫】
3連単ボックス
ゴールドドリーム
エアアルマス
アルクトス
チュウワウィザード
クリソベリル
ワイド流し
カフェファラオ-②④⑥⑨⑪⑫⑭⑮

【土屋伸之(ナイツ)】
◎②ゴールドドリーム
馬連
②-⑮クリソベリル
馬連流し
②-①⑤⑥⑦⑧⑪

【田中将大(マー君・MLB投手)】
◎⑮クリソベリル
○⑧サンライズノヴァ
▲⑪チュウワウィザード
△⑤クリンチャー
△⑬インティ

【DAIGO】
◎⑮クリソベリル
ワイド
⑪-⑮
⑨-⑬

【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑥エアスピネル
○⑮クリソベリル
▲⑦カフェファラオ
△④エアアルマス
△⑪チュウワウィザード
△⑧サンライズノヴァ
△⑤クリンチャー
3連単1頭軸流しマルチ
⑥→④⑤⑦⑧⑪⑮

【杉本清】
◎⑮クリソベリル
○⑤クリンチャー
▲⑦カフェファラオ
☆⑪チュウワウィザード
△①タイムフライヤー
△②ゴールドドリーム
△⑧サンライズノヴァ
△⑨アルクトス

【ゴルゴ松本(TIM)】
◎①タイムフライヤー
○②ゴールドドリーム
▲⑤クリンチャー
△③メイショウワザシ
△⑫モズアスコット

【林修】
注目馬
クリソベリル

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑮クリソベリル
○⑪チュウワウィザード
▲②ゴールドドリーム
△①タイムフライヤー
△⑦カフェファラオ
△⑩アナザートゥルース
△⑬インティ

【増沢末夫(元JRA調教師)】
◎⑮クリソベリル

【中村均(元JRA調教師)】
◎⑮クリソベリル

【小原伊佐美(元JRA調教師)】
◎⑮クリソベリル

【細江純子(元JRA騎手)】
◎⑮クリソベリル

【谷中公一(元JRA調教助手)】
◎⑮クリソベリル

【東信二(元JRA騎手)】
◎⑮クリソベリル

【吉沢宗一(元JRA騎手)】
◎⑮クリソベリル

【橋本マナミ】
◎⑮クリソベリル
ワイド流し
⑮-⑪⑬

【渡辺舞】
◎⑪チュウワウィザード
○⑮クリソベリル
▲⑤クリンチャー
△②ゴールドドリーム
☆⑧サンライズノヴァ

【横山ルリカ】
◎⑮クリソベリル

【黒澤ゆりか】
◎⑮クリソベリル
○⑦カフェファラオ
▲⑪チュウワウィザード
△②ゴールドドリーム
△⑧サンライズノヴァ

【神部美咲】
◎⑮クリソベリル
3連単1着軸流し
⑮→⑤⑦⑨⑪⑫

【旭堂南鷹】
◎②ゴールドドリーム

【嵐(横浜銀蝿)】
◎⑪チュウワウィザード

【稲富菜穂】
◎⑮クリソベリル
○⑬インティ
▲②ゴールドドリーム
△⑦カフェファラオ
△⑤クリンチャー

【やべきょうすけ】
◎⑦カフェファラオ
○⑮クリソベリル
▲②ゴールドドリーム
△⑤クリンチャー
△⑥エアスピネル
△⑪チュウワウィザード
△⑬インティ

【小木茂光】
注目馬
クリンチャー
3連単フォーメーション
②⑤⑮→①②④⑤⑦⑧⑩⑪⑫⑮→②⑤⑮

【津田麻莉奈】
◎⑮クリソベリル

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎⑪チュウワウィザード
単勝


【キャプテン渡辺】
◎①タイムフライヤー
単勝・複勝

馬連・ワイド
①-⑪チュウワウィザード

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑮クリソベリル
○②ゴールドドリーム
▲①タイムフライヤー
△④エアアルマス
△⑤クリンチャー
△⑦カフェファラオ

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎⑪チュウワウィザード
○②ゴールドドリーム
▲⑮クリソベリル
☆⑩アナザートゥルース
△⑬インティ
△①タイムフライヤー
△⑨アルクトス
△⑤クリンチャー

【土井よしお(ワンダラーズ)】
◎⑮クリソベリル
○⑧サンライズノヴァ
▲⑨アルクトス
△②ゴールドドリーム
△⑤クリンチャー
△⑦カフェファラオ
△⑪チュウワウィザード

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎⑧サンライズノヴァ
3連単フォーメーション
⑮→⑧→①⑤⑨⑩⑪
⑮→①⑤⑨⑩⑪→⑧
①⑤⑨⑩⑪→⑧→①④⑤⑥⑦⑨⑩⑪⑮
①⑤⑨⑩⑪→①④⑤⑥⑦⑨⑩⑪⑮→⑧

【ギャロップ林】
◎⑫モズアスコット
複勝

馬単
クリソベリル→⑫

【こいで(シャンプーハット)】
◎⑪チュウワウィザード
3連単フォーメーション
⑮→②⑤⑥⑦⑧→⑪

【てつじ(シャンプーハット)】
◎⑥エアスピネル
3連単ボックス
エアスピネル
カフェファラオ
クリソベリル

【浅越ゴエ】
◎②ゴールドドリーム
ワイド
②-⑧サンライズノヴァ
3連単1頭軸流しマルチ
②→⑧⑨⑩⑪⑮

【盛山晋太郎(見取り図)】
◎⑪チュウワウィザード
3連単2頭軸流しマルチ
⑪→⑮→①②④⑥⑦⑧⑨⑫

【リリー(見取り図)】
◎⑮クリソベリル
3連単1着軸流し
⑮→②④⑤⑨⑩⑪

【岡野陽一】
◎⑤クリンチャー
○⑮クリソベリル
▲⑦カフェファラオ
△⑧サンライズノヴァ
△⑪チュウワウィザード
△⑫モズアスコット
△⑬インティ

【船山陽司】
◎①タイムフライヤー

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑮クリソベリル

【大島麻衣】
◎⑮クリソベリル

【熊崎晴香(SKE48)】
◎⑩アナザートゥルース
○⑮クリソベリル
▲⑦カフェファラオ
△①タイムフライヤー
△⑤クリンチャー
△⑪チュウワウィザード

【高見奈央】
◎⑦カフェファラオ
○⑮クリソベリル
▲⑨アルクトス
△⑫モズアスコット
☆⑬インティ

【皆藤愛子】
◎⑮クリソベリル

【高田秋】
◎⑮クリソベリル

【神谷由香】
◎⑮クリソベリル
○⑬インティ
▲⑦カフェファラオ
△⑧サンライズノヴァ
☆①タイムフライヤー

【小宮有紗】
◎⑮クリソベリル

【大原優乃】
◎⑮クリソベリル

【えなこ】
◎⑮クリソベリル

【ほのか】
◎⑮クリソベリル
○⑪チュウワウィザード
▲⑧サンライズノヴァ
注②ゴールドドリーム
△④エアアルマス
△⑩アナザートゥルース
△⑬インティ

【守永真彩】
◎⑦カフェファラオ
3連複フォーメーション
⑦-②⑮-①②⑧⑩⑪⑬⑮

【天童なこ】
◎①タイムフライヤー

【目黒貴子】
◎⑮クリソベリル



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

サンライズノヴァの関連コラム

閲覧 1,922ビュー コメント 0 ナイス 8

JCは1番人気、2番人気、3番人気という、配当的にはかなり安い決着でしたが、見ごたえのあるレースでした。アーモンドアイはやはり特別に強いですね。天皇賞(秋)よりむしろ楽勝でした。今週も確固たる中心馬がいて、1番人気の連勝は続きそうです。


<全頭診断>
1番人気想定 クリソベリル:9戦8勝で、日本では全勝のダート界ではアーモンドアイのようにすごい馬。体調的にはイマイチなのかなあと思っていても勝ち切ってしまう勝負根性があり、今回は調整も順調。人気馬が勝つこの秋の流れ通り、あっさりこの相手なら勝つのでは。人気過ぎるが逆らうのはまずそう。

2番人気想定 カフェファラオ:5戦4勝の3歳馬で、ルメール騎手が乗ってくる将来のスター候補。唯一敗れたJDDは、もまれたのも距離も夜で暗いのも良くなかったか。その時に敗れたのは同じ父のダノンファラオで、父アメリカンファラオは米国の馬で過去最高レイティングの位置づけの種牡馬。エンパイアメーカー系だけに気難しさや、もまれた時の問題はあり、且つちょっとまだ人気先行だけに、3着の馬券を多めに買う予定。

3番人気想定 チュウワウィザード:昨年のこのレースは5番人気4着。相当強い馬なのだが、今年は川崎記念、帝王賞JBCクラシックと中央で全く使ってないので、地味な印象をもたれているのでは。こちら2着の馬券を多く買う予定。     

4番人気想定 サンライズノヴァ:東京に良績が集中していて、距離も1400~1600mが良いいのだが、一昨年6着だったこのレースも適性はそこそこありそう。衰えもあまり無いようで、前走武蔵野Sのような末脚を使うことができれば楽しみ。

5番人気想定 クリンチャー:芝ステイヤー路線からダート路線に転向して息を吹き返した感じで、(めっきり減ってしまった)父ディープスカイ産駒でアグネスタキオン系だけにダートがいいというのは織り込み済み。前走のみやこSは早仕掛けからスタミナ生かす好騎乗だったが、疲れが残りそうな内容。川田騎手から三浦騎手に替わるということもあり、評価を下げたい。

6番人気想定 ゴールドドリーム:今年はサウジCで6着、平安S3着、南部杯6着と結果がでていないが、調教ではCWで64秒台が出ているようにまだそう衰えていない印象。家族+準家族でのハワイツアー実現の立役者でもあり、恩義のある馬だけにえこひいきしないほうがいい立場だが、好走は可能とみている。

7番人気想定 インティ:昨年のフェブラリーSまでは7連勝と凄かったが、今年のフェブラリーS14着、南部杯9着とすっかり輝きを失ってしまった。馬具を工夫してきたりするようだが、それでも激走は期待薄。

8番人気想定 モズアスコット:今年2月の根岸SとフェブラリーS連勝と高いダート適性も示したが、前哨戦の武蔵野Sは2番人気で7着と結果出せず。このレースで引退のようだが、調教の動きもいまひとつで、フランケルの後継種牡馬としての引退後に期待したほうが良いか。

9番人気想定 エアアルマス:1月の東海S勝ち後は骨折で9ヶ月半空いたが、前哨戦でみやこSを使えたのは大きい。レースは4着に負けたが、使って動きが良化しており、穴で楽しみな存在。

10番人気以下想定
アルクトス:昨年南部杯2着以来の好走という前走の南部杯Vだったが、色々うまくいった面もあり。中京1800mに替わっての連続好走は難しそう。

タイムフライヤー:2歳時にはホープフルS勝ちをおさめた芝G1馬でありつつ、ダート路線で活躍。今年の北海道シリーズではマリーンSとエルムSで連勝をはたした。ただ、前哨戦の武蔵野Sでマイナス14キロで1番人気5着と凡走しており、昨年8着だったこのレースへの適性も含めイマイチでは。

エアスピネル:芝のマイル重賞勝ち馬がダートに矛先を転じ、7月のプロキオンS2着、(エルムS7着を挟み)武蔵野S3着と結果を出してきている。ただ7歳秋だけに、更なる上積みはないか。

アナザートゥルース:中央重賞でも交流重賞でもそこそこやれる馬主孝行な馬だが、このレベルになるとちょっときつい。

サトノティターン:ダートのステイヤーで東京2100mでも短いくらいで、この条件は正直忙しい。

メイショウワザシ:オープン特別での2着までしか連対実績は無く、重賞未勝利の身ではG1で好走は難しい。

ヨシオ:JCでは合わない芝で4秒ほど14着から離された断然ビリと惨敗。そこからの連闘だが、得意のダートでもそう強い馬ではなく要らない。


<まとめ>
最有力:クリソベリル

ヒモに:チュウワウィザードカフェファラオサンライズノヴァ

穴で:ゴールドドリームクリンチャー


登録済みの方はこちらからログイン

2020年11月29日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年11月29日号】特選重賞データ分析編(230)~2020年チャンピオンズカップ~
閲覧 1,748ビュー コメント 0 ナイス 2



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 チャンピオンズカップ 2020年12月06日(日) 中京ダ1800m


<ピックアップデータ>

【前走の条件別成績(2015年以降)】
○“国内、かつG1・G2のレース” [5-2-3-24](3着内率29.4%)
ד国内、かつG1・G2のレース”以外 [0-3-2-38](3着内率11.6%)

 2014年のホッコータルマエを含め、チャンピオンズカップの名称で施行されるようになってからの優勝馬は、前走の条件が“国内、かつG1・G2のレース”だった馬ばかり。古馬ダート戦線の実績馬は大半が地方のダートグレード競走を主戦場としているわけですし、武蔵野ステークス組やみやこステークス組を信頼し過ぎないよう心掛けるべきでしょう。

主な「○」該当馬→インティクリソベリルゴールドドリーム
主な「×」該当馬→カフェファラオクリンチャーサンライズノヴァ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の着順が3着以内」だった馬は2015年以降[4-4-3-31](3着内率26.2%)
主な該当馬→カフェファラオクリソベリルクリンチャーサンライズノヴァ

[もっと見る]

2020年7月17日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】長い梅雨で活躍目立つ「雨のウチパク」/函館記念展望
閲覧 1,365ビュー コメント 0 ナイス 1

先週は東西で2つの重賞が行われた。

西のプロキオンSではサンライズノヴァが鮮やかな差し切り勝ち。土曜日から阪神のダートは外が良く伸びていたが、日曜も傾向が継続し、メインも外枠勢や外を回した組が有利な決着となった。

ダートのバイアスは見た目でわかりづらい分、馬券的には美味しいケースが多い。手前みそになるが、私の本命もダート適性を見込んでいた外枠の◎エアスピネル。鮫島駿騎手らしい柔らかい当たりの騎乗で、外から伸びて来た。3着ヤマニンアンプリメも8枠16番を生かした外枠先行。3連複は14万馬券と、なかなかの高配当となった。



〜梅雨入りとともに大活躍の内田騎手

一方、夏の福島名物・七夕賞を制したのはクレッシェンドラヴ。内田博騎手は前週のバビットに続き、2週連続の福島重賞制覇。先月のエプソムCに続いて短期間で3つの重賞を固め打ちしたことになる。

この梅雨時に内田騎手が重賞戦線で活躍しているのは偶然ではない。かつて荒れ馬場の皐月賞ゴールドシップに騎乗し”インマクリ”を決めたように、タフな馬場をノメらせず走らせられるのが内田騎手の長所。そこは地方仕込みの技術なのだろう。荒れ馬場になりやすい梅雨時の開催は同騎手にとっては得意シーズンだ。ちなみにダイワキャグニーで制したエプソムCは不良、バビットで制したラジオNIKKEI賞はやや重、そして先週のクレッシェンドラヴで制した七夕賞は重馬場だった。

なお、古い話ではあるが初のJRA・G1制覇だった2007年のNHKマイルC(ピンクカメオ)はやや重、2度目のJRA・G1制覇となった2008年の宝塚記念エイシンデピュティ)は重馬場。内田博幸には、芝の塊が飛び散るような馬場が良く似合っている。

内田騎手に限らず、騎手にはそれぞれ馬場の得手不得手がある。高速馬場が得意な騎手、荒れた馬場が得意な騎手、ダートの方が成績が良い騎手など、レースを観ているといろいろな傾向が見えて来る。宣伝で恐縮だが、4月に発売した『競馬記者では絶対に書けない騎手の取扱説明書』では、そういった騎手ごとの特徴を書いているので、興味のある方はぜひ手に取ってほしい。


〜9年連続3連複万馬券継続中、函館記念の穴馬

さて、今週末は函館最終週を飾るハンデ重賞・函館記念が行われる。過去10年で1番人気は1勝、2着1回のみという波乱の重賞で、ここのところ9年連続で3連複から万馬券になっている。思い切って穴馬を狙って良い、穴党向きの一戦だ。

ここでは注目の穴馬を2頭挙げてみたい。

ベストアプローチ
実に2年2か月ぶりの出走となった前走の巴賞がなかなか見どころのある内容。着順こそ6着と振るわなかったが、トーラスジェミニが逃げ切る完全な立ち回り戦を4コーナーで動いて最後まで脚を使えていた。距離延長は間違いなくプラスで、頻繁に穴をあける巴賞敗戦組。叩いた上積みがあれば通用の余地があるはず。荒れて来ている馬場も向きそうだ。

バイオスパーク
前走の都大路Sは最後差されたもののコース取りを考えれば上々といえる2着。レースぶりに安定感があるため派手さはないが器用なタイプで函館の2000mは合いそう。荒れ馬場も苦にしないので、上手く立ち回れればチャンスもある。

いずれにしても波乱必至のレースなので、あまり弱気にならず思い切って攻めて行きたい一戦だ。

※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2020年4月30日(木) 14:45 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2020天皇賞(春)
閲覧 2,124ビュー コメント 0 ナイス 9



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


5月3日(日) 京都11R 第161回天皇賞(春)(4歳以上G1・芝3200m)

【登録頭数:16頭】(フルゲート:18頭)


【優先出走馬】

ミッキースワロー(B)中4週
この中間も2週前、1週前と南Wで時計を出していて、いつもよりも外を回って追い切られている。1週前追い切りでは、終い強めに追われると前にグッと伸びる感じがあって、前走時のような馬体が起きてしまう走りと比べると見た目はかなり良い。あとは関西への輸送があるので、大きく馬体が減らなければ。

ユーキャンスマイル(A)中5週
休み明けの前走時の調教は、重苦しい印象の動きで評価を下げたが、前走を一度使われて良化した印象。この中間、1週前追い切りは併せ馬で遅れたものの前脚の捌きが良くなり、走りに柔らかさが感じられる。前走以上の良い状態で出走できそう。


【以下、賞金上位馬】

フィエールマン(A)4ヶ月半
今年は有馬記念からの休み明けでの参戦となるが、この中間はこれまでのような3頭併せでの追い切りがなく、トレセンでの追い切り本数も多くなっていて、調整方法の変化を感じる内容。ただ、今年は左回りでの追い切りとなった1週前追い切り内容を見ると、昨年のような勢いのある動きを見せている。有馬記念時の追い切りでの動きと比べれば、断然今回のほうが良い動きに見える。

キセキ(C)中5週
この中間は久しぶりにジョッキー騎乗で2週前、1週前と追い切られて、休み明けの前走時と比べると多少良くなった感あり。ただ、2年前の秋のような前に伸びる感じの走りはまだ見られず。

スティッフェリオ(D)中4週
この中間はこれまで一度も追い切られたことのない、(軽めの調整はあるが)CWでの1週前追い切りを敢行。坂路の馬場があまり良くないからという理由のようではあるものの、負荷をかけるなら悪い馬場のほうが良さそうに感じるのだが……。同厩舎のダンビュライトはいつも通り坂路で追い切られているので、なぜこの馬だけという疑念がやはり残る。ここまで28戦してきてここで調教方法を変える必要はあるのか? 他に理由があるのかもしれないが、何にせよここで調教内容を変えることはプラスにはならないと個人的には思うのだが。

モズベッロ(C)中4週
これまでゆったりとしたローテーションで使われてきている馬で、デビューから長期の休養がない中での臨戦。前走時点で、の追い切りの動きからは疲れが出てきているように感じていて、実際に1週前追い切りも馬場状態の違いはあるにしても時計が掛かっていた。最終追い切りで2走前のような動きが見られれば、京都コースは成績が良いだけに期待したいところだが。

エタリオウ(A)中4週
この中間は中3週で、2週前、1週前と3頭併せで一杯に追われて好時計で先着。映像がないので動きは分からないが、時計的に見て近走の中では最も充実した調教内容と感じる。

ダンビュライト(B)5ヶ月半
ジャパンカップからの休み明けで、この中間は2週前がサンライズノヴァ、1週前がインディチャンプとG1馬相手に併せ馬で追い切られている。時計もしっかり出ており、順調な仕上がり。休み明けでの好走がある馬で、この内容なら期待が持てそう。

トーセンカンビーナ(A)中5週
角居厩舎王道の調教方法で調整されている馬で、この中間もCWを併せ馬で追い切られて順調そのものといった感じ。大き過ぎない馬体でいかにも京都が向きそうなディープ産駒といった走りをする点も含め、前走の阪神でのレース以上の走りというのも期待できそう。

ミライヘノツバサ(B)中9週
京都でのレースでは実績はないが、この中間も乗り込み量は豊富で前走以上に調教内容は良い。1週前追い切りでも併走馬を突き放し先着と、引き続き良い状態をキープできている感じ。

メイショウテンゲン(A)中5週
昨秋はまだ物足りない面があったが、近走は使われる毎に調教の動きも良くなっていてこの中間も2週前、1週目と強めに追われて順調な内容を見せている。1週前追い切りでは、追い出されると終いでグッと伸びて動きも前走以上。

シルヴァンシャー(F)7ヶ月
この中間も前走同様の長期休養明け。好走した前走時はCWで追い切られていたが、この中間は坂路での調整で、1週前追い切りの動きを見ても明らかに重たい動き。CWでの追い切りがない時点で、仕上りに不安があると思ったほうが良い。

ハッピーグリン(E)4ヶ月
近走は長距離、中距離、マイル戦と使われていて、どこの路線が向いているのか試しているというよりはどの路線でも頭打ちといった感じ。この中間の調教内容を見ても、これまで坂路で調整されてきていた馬がCW、DPコースと変えてきていて、いろいろと迷いが感じられる。

メロディーレーン(E)中4週
基本的に小柄な牝馬は、距離に関係なく好走する例は少ない。特にこの馬は小柄と言われる馬よりもさらに50キロ以上小さく、これだけの成績を残していることが奇跡的といって良い。話題にはなるが、現実は調教では特に目立つ時計も出せておらず、今回56キロとこれまでで最も重い斤量を背負わなくてはならず、負担はかなりかかると思う。



◇今回は天皇賞(春)編でした。
私が競馬を観るようになった頃に活躍していたオグリキャップスーパークリークイナリワンの3強たち。揃って引退し、入れ替わるかのように現れたのがメジロマックイーンでした。私にとってスーパークリークは競馬の世界に導いてくれた馬であり、メジロマックイーンは競馬を教わった馬。この2頭がいなかったら30年近く競馬を観続けることはなかったのではないかと思います。
そんなメジロマックイーンも、春の天皇賞には3度出走して、それぞれの年にドラマがありました。最初に挑戦した年は親子3代の天皇賞制覇、2年目がトウカイテイオーとの対決を制し連覇達成、骨折から復活しての3連覇目前まで迫るもライスシャワーに敗れた3年目――と、春の天皇賞だけでこれだけのドラマがあった馬は、他にそうそういないのではないかと思います。古馬になってからは常に主役であり続けた馬で、そんな名馬を20歳前の時期にオンタイムで観られたことは自分にとって大きな財産となっています。
今は過去の映像などが手に入りやすい時代でもあります。緊急事態宣言で外出できないこの時期に、過去の名馬や皆さんが競馬を始めるキッカケとなった好きな馬の映像など見返して観るのもの良いのではないでしょうか。

それでは次回、オークス編でお会いしましょう。


天皇賞(春)出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2020年4月17日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】皐月賞展望
閲覧 2,557ビュー コメント 0 ナイス 5

雨の中での無観客開催となった先週末の桜花賞だったが、レースはなかなか見どころのあるものだった。

勝ったのは無敗で挑んだ松山騎手騎乗のデアリングタクト。直線の伸びは際立っており、人気のレシステンシアを力でねじ伏せる強い内容だった。2着レシステンシアも正攻法で挑んで、最後は差されたものの改めて能力上位を示した。

松山騎手は2020年に入り早くも重賞6勝目。前日にはサウンドキアラ阪神牝馬Sを制しており、土日連続での重賞制覇となった。松山騎手といえば以前は積極的な逃げ先行を武器にしているイメージがあったものの、最近は差す競馬も増えている。フェブラリーSではサンライズノヴァでキッチリ3着を確保したし、きさらぎ賞を制したコルテジアでも控える競馬で結果を出している。


〜差す競馬で結果を出せるかが生き残りのカギ

今週発売となった『競馬記者では絶対に書けない騎手の取扱説明書』では、JRA所属のすべての騎手を取り上げているが、その中で改めて感じたのは、騎手はキャリアの中で変化しなくてはならないということだ。

もう少し具体的に説明しよう。若手騎手は減量特典があるため、基本的には前に行けばある程度の結果を出せる。したがってデビューから数年間は、戦略として積極策を武器にするのは正しい選択だ。

一方で、減量がなくなり、中堅の域に入ってくると騎手は変化を求められる。これまでの積極策だけだと、減量を武器にした新たな若手に乗ってもらえばいいわけで、やはり差す競馬でも結果を出すことが求められるし、騎乗をする中で馬を作っていくような技術も問われるようになる。

騎手の成績を見ていると、3年目くらいまでに勝ち星をそれなりに積み重ねたにもかかわらず、その後伸び悩むパターンが多い。それは、若いころの武器を使えなくなり低迷していくパターンの典型だ。

例えば関西の川須騎手は、デビュー2年目の2011年に91勝、3年目に69勝。しかし、そこから徐々に勝ち星を減らしていき、2016年以降は10勝台に留まっている。その一番の理由は、昔からスタイルがあまり変わらないからだろう。

2019年から今年の2回開催終了時点まで、同騎手は24勝を挙げているが、そのうち10勝までが逃げ切り勝ち。そして先行策で12勝、差し追い込みでは2勝しか挙げていない。もちろん、勝ち星の多くが逃げ先行で占められるのは、そもそも競馬は前にいた方が有利だから当然なのだが、それにしてもこの数字は他の騎手と比べても極端なのである。

その点、松山騎手は明らかに変化してきている。新著にも「差し馬での活躍も増えて来ている」と書いた通り、以前より幅が広がっており、積極策を武器にしながらも溜める競馬でも結果を出せている。一方でまだまだネームバリューはそこまで上がっておらず、馬券的には買いの状況が続きそうだ。


〜◎ディメンシオン松田大作騎手の腕が生きた

もうひとつ、執筆の中で気づいたことは、「なんだかんだで腕のある中堅〜ベテラン騎手」の存在だ。例えば古川騎手や松田大作騎手のような、地味で目立たないが毎年一定の結果を出している騎手たちといえばわかりやすいか。

先週の阪神牝馬Sで11番人気3着のディメンシオンに本命を打てたのも、松田大作騎手が騎乗していたというのも大きな理由だ。これらの騎手は基本的に人気にならないので、それなりの馬に乗っているときは常に警戒が必要になる。事実、松田騎手は春の阪神開催ではフィリーズレビューでのナイントゥファイブ(12番人気3着)に次ぐ2度目の激走となった。



どの騎手がそういった存在になるか、また具体的な狙いどころなどは書籍を実際に読んでほしいが、いずれにしても騎手の重要度について改めて気づかされる週末になった。


〜混戦模様、皐月賞展望

さて、今週末は皐月賞。主役は3戦3勝で臨むコントレイルということになるかもしれないが、朝日杯王者のサリオスや、ディープインパクト記念弥生賞を制したサトノフラッグなど、有力馬は未対戦も多く、予想する側としては腕を問われる一戦になりそうだ。

現時点での注目馬はヴェルトライゼンデ。前走のスプリングSでは断然人気を集めながらも2着に敗れたが、勝ちに行き受けて立つ競馬をした分だけ差された感じで、今回再び人気が落ちて気楽な立場で臨めるのは大きなプラス材料だろう。もともとドリームジャーニー産駒は小回りに強く、大舞台で独特の嗅覚、勝負勘のある池添騎手が引き続き乗れるのも良いだろう。荒れ馬場は問題なさそうなので、立ち回りひとつでチャンスがありそうだ。

あとは、展開面でのカギを握るキメラヴェリテのレースぶりにも注目したい。もともと差す競馬が上手い藤岡康太騎手だが、最近は積極策も目立つようになっている。スワーヴアラミスでは位置を取りに行ってマーチSを制し、先週の阪神牝馬Sではトロワゼトワルに騎乗し、何が何でもといった感じで強気に先手を奪っていた。もともとダートで走っていただけあって荒れ馬場は歓迎のタイプ。自身の一発はもちろん、レース全体の流れを読む意味でも出方に注目したい。

今回、キメラヴェリテは7枠14番と外枠に入った。同馬が外から先手を奪いに行くこと、また週末雨予報が出ていることなどを考えると、あまり内よりの枠は良くないかもしれない。先週に引き続き今週も雨予報が出ており、馬場状態の変化にも注意したい週末。皐月賞の最終結論は、以下にリンクしたブログでも見られるので是非ご覧ください。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2020年2月20日(木) 10:10 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2020フェブラリーS  
閲覧 1,552ビュー コメント 0 ナイス 6



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



2月23日(日) 東京11R 第37回フェブラリーステークス(G1、4歳以上、ダート1600m)

【フルゲート:16頭】

<優先出走馬>

モズアスコット(B)中2週
休み明けの前走時は、入厩後からすぐに3週連続好時計を出していて牧場での仕上げができていた感じ。この中間はレース翌週の木曜日から軽めに乗られ、1週前は金曜日に坂路で速い時計と、大きな疲れはなさそう。前走時も馬体が減っているくらい仕上がっていたので、直前は馬なりで終いの時計が出ているようなら引き続き良い状態で出走できそう。


<賞金上位馬>

ケイティブレイブ(E)中3週
この中間は川崎記念から中3週での出走。時計を出し始めたのが14日で、1週前追い切りもなく16日に軽めの調整と、疲れが残っているような感じ。

ノンコノユメ(C)中7週
東京大賞典2着から、中7週で久しぶりにJRAのレースに出走。この中間、これまでと比べると調教の時計がかかっていて、この馬としては物足りなく感じる。

インティ(A)中3週
<1週前追い切り>
栗東坂路単走。重心が低い走りで伸び脚良く、昨年の最終追い切りよりも良い動きに見えた。

ブルドッグボス(D)中8週
<1週前追い切り>
栗東坂路併せ馬。前半はスピードのある走りも、終い脚が上がった感じで伸び脚物足りず。

サンライズノヴァ(A)3ヶ月半
<1週前追い切り>
栗東坂路併せ馬。いつもはもっと重い感じに見える馬だが、今回は1週前から重め感のない走りで終いしっかり伸びた。休み明けでの好走実績があり、併せ馬で先着している点も良い。

ヴェンジェンス(D)中3週
<1週前追い切り>
栗東坂路単走。軽い動きだが重心が高く力強さがない。

アルクトス(D)4ヵ月半
<1週前追い切り>
南W3頭併せの中。休み明けでまだ重い感じで伸び脚が物足りず。調教ではもっと時計の出る馬なので、好条件ではあるものの状態面に関しては不満が残る。

デルマルーヴル(B)中3週
<1週前追い切り>
美浦Pコース併せ馬の内。馬なりで相手に併せる内容。使い込まれているが、スピード感のある走りで勢いあり。

ワイドファラオ(A)中2週
栗東坂路単走。中2週と間隔が詰まっているが、1週前に坂路で終い強めに追われて好時計と上積みがありそう。

キングズガード(C)中3週
<1週前追い切り>
CW併せ馬の外。時計は出ているが、追い比べで終い遅れる。

ワンダーリーデル(B)中2週
休み明けの前走時は、しっかり乗り込まれていて追い切りの動きも良く見えたが、この馬にしては終いの時計が少しかかっていた。中2週のこの中間は、1週前の金曜日に坂路で強めに追われて前走時と同じような時計をマーク。最終追い切りで、終いの時計が出てくるようなら上積みがありそう。

モジアナフレイバー(A)中7週
昨秋も3戦と無理のないローテーションで、今回も東京大賞典からの中7週。3週連続で速い時計が出ていて、16日には強めに追われていつも通りの調教内容を披露している。仕上りは前走時と同じかそれ以上。

ミッキーワイルド(B)中2週
<1週前追い切り>
栗東坂路単走。前走時の最終追い切りと同じような時計は出ているが、今回の方が手応えに余裕があり、一度使われての上積みがありそう。

ミューチャリー(C)中3週
休み明けの前走時にしっかり乗り込まれていて、この中間も1週前に強めに追われ終いの時計も出た。上積みがありそう。

タイムフライヤー(C)3ヶ月
チャンピオンズCプからの休み明け。2週前、1週前とCWを長めから追われて好時計が出ていて調教内容は悪くない。ただ、休み明けの好走実績がなく、これまでもこのぐらいの時計は出ていて、特に今回が特別に良いという感じでもない。


<以下、除外対象馬>

ダノンフェイス(A)中2週
前走時は叩き2戦目で追い切りの動きもかなり良かった。馬体も減っていたがパドックではまだ絞れそうな感じにも見えて、この中間は中2週でも1週前に坂路で速い時計を出してきた。叩き3戦目で、さらに上積みが期待できそう。

ドリームキラリ(E)中2週
前走は休み明け、マイナス体重でパドックでもトモが寂しく見えた。調教での時計も平凡だったので出来自体が良くなかった感じ。この中間も、1週前の金曜日に坂路で軽めの調整で時計平凡と、変わり身は感じられない。

テーオージーニアス(B)中2週※大和Sに登録あり
休み明けの前走を使われて、この中間も1週前にいつも通りCWを長めから速い時計を出してきており、叩き2戦目での上積みがありそう。ただ1600m戦にはこれまで出走したことがない。

ヨシオ(C)中2週※大和Sに登録あり
根岸Sから中2週。14日(金)に坂路を馬なりで速い時計が出ていて、疲れはなさそう。

クリノガウディー阪急杯に出走予定

ラプタス(F)連闘
先週出走していて1番人気で8着。ダートは1400m戦を使われてきており、出走できてもさすがに厳しい。

スマートアヴァロン(D)中2週
昨秋から使い込まれていて、この中間も軽めの調整のみ。1週前も速い時計は出しておらず、状態面での上積みは期待できそうもない。

ロードグラディオ(F)連闘
2月に2戦していてさらに連闘となるので出走はなさそう。



◇今回はフェブラリーS編でした。早くも今年最初のJRAG1のフェブラリーSが行われますが、今年からはサウジアラビアでも2月に国際競走が行われるようになります。3月にはドバイワールドカップデーもあり、ともにアメリカからもヨーロッパからも馬が集まってきます。現在の中東情勢のなか、このようにサウジアラビアとドバイで競馬が普通に開催されるというのはある意味不思議な感じもしますが、何より競馬が開催出来るということは平和なこと。日本でも新型コロナウイルスが猛威を振るい、今後の競馬開催に対してもどのように影響が出てくるか心配な面もあります。近年は地震などの自然災害による被害も多く、競馬が普通に開催されていくことは本当に平和なことだと心のどこかにいつも思って競馬を楽しんでいきたいものです。

それでは次回、弥生賞編でお会いしましょう。

フェブラリーS出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

⇒もっと見る

サンライズノヴァの口コミ


口コミ一覧
閲覧 347ビュー コメント 12 ナイス 106

嵐 なのか ARASHI なのかは知らないけれど
12/31で活動休止なんだとか・・・
20年間アイドルを続けるのも大変なこと

20年以上競馬をやっていますが、
勝負事で、負ける事がとにかく嫌いな性格なんです。
だから、大きな配当の馬券を当てることよりも、
予想したレースが全部当たることを目指しています。
的中しなければ始まらないので、「トリガミ上等」の強気で予想しています

【ステイヤーズSのJRAのHP結果】
ポンデザール3着、ボスジラ6着、メイショウテンゲン14着、アルバート13着
シルヴァンシャー 9着、ダンビュライト 回避、タイセイトレイル4着、リッジマン6着
1着オセアグレイト、2着タガノディアマンテ は掲載がありませんでした。

オセアグレイト、タガノディアマンテを持っていながら、
本命ボスジラ、対抗シルヴァンシャーでドボン
ボスジラとポンデザールは、夏の札幌日経オープン(L)の1・2着馬
1番人気だから切ったボンデザールにやられました(泣)

【チャレンジカップのJRAのHP結果】
ブラヴァス2着、レイパパレ1着、ヒンドゥタイムズ3着、ロードクエスト8着 
ジェネラーレウーノ5着、サトノクロニクル4着、ナイママ6着 
1~3着の掲載がありました
的中!! しかしJRAって無敗好きだなぁ~と感じるガチガチ馬券でした。

【チャンピオンズカップのJRAのHP結果】
クリソベリル4着、チュウワウィザード1着、クリンチャー11着、ゴールドドリーム2着
カフェファラオ6着、エアアルマス10着、サンライズノヴァ12着、モズアスコット5着
1・2着の掲載はありましたが、3着インティがありませんでした。

1~4着までの馬は昨年と一緒で、1着と4着を入れ替えた決着でした。
1着馬チュウワウィザードの同枠には、フェブラリーS勝ち馬のモズアスコットがいたので
対抗にしましたが、クリソベリルが本命でドボン。
安易に1番人気の乗ってやられました(泣)

的中率は、50%を超えていますが、先週は、トリガミの嵐でした(汗)
ダメですねぇ(笑)


では

 DEEB 2020年12月6日() 16:53
恥ずかしい馬予想2020.12.06[結果]
閲覧 108ビュー コメント 0 ナイス 3

中山 7R 2歳1勝クラス(混合)(特指)
◎14 タガノペカ…7着
○ 3 スペクタクル…1着
× 4 ☆クールシャワー…9着
[結果:ハズレ×]

中山10R 市川ステークス 3歳以上3勝クラス(混合)(特指)
◎ 9 ★アガラス…4着
○ 1 アドマイヤスコール…2着
▲11 ロフティフレーズ…1着
△10 ハーモニーマゼラン…3着
× 8 ☆レノーア…5着
[結果:アタリ△ ワイド 1-11 720円・1-10 510円]

中山11R ラピスラズリステークス (L) 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎14 ケープコッド…3着
○ 6 アマルフィコースト…7着
▲ 8 ジョーマンデリン…9着
△10 ヒロイックアゲン…6着
×11 ☆ニシオボヌール…2着
☆ 7 トウショウピスト…5着
[結果:アタリ○ 複勝 11 810円、ワイド 11-14 1,660円]

阪神11R りんくうステークス 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 1 ジェネティクス…1着
○14 レシプロケイト…2着
× 5 ☆サトノラファール…16着
[結果:アタリ○ 馬連 1-14 900円]

中京 3R 3歳以上1勝クラス牝[指定]
◎ 2 アドマイヤメティス…5着
○ 5 ヘライア…8着
▲ 4 ☆シェーン…3着
[結果:アタリ△ 複勝 4 290円]

中京 7R 3歳以上1勝クラス[指定]
◎ 8 カフェキング…8着
○12 ☆メラーキ…2着
▲15 マイネルミュトス…7着
△ 3 タイミングハート…3着
×13 シェドゥーヴル…10着
× 7 アルディエンテ…1着
[結果:アタリ△ 複勝 12 150円]

中京 9R こうやまき賞 2歳1勝クラス(混合)(特指)
◎ 5 ストゥーティ…3着
○ 2 ☆シティレインボー…2着
▲ 7 アンブレラデート…6着
× 3 ☆ジャンカズマ…5着
[結果:アタリ△ 複勝 2 190円、ワイド 2-5 390円]

中京11R チャンピオンズカップ GⅠ 3歳以上オープン(国際)(指定)
◎15 クリソベリル…4着
○ 5 クリンチャー…11着
▲ 8 サンライズノヴァ…12着
△ 4 エアアルマス…10着
× 2 ゴールドドリーム…2着
☆ 1 タイムフライヤー…8着
☆13 インティ…3着
[結果:アタリ△ 複勝 13 1,490円]

はやぶさ2、お帰りなさい。
これから、日の出前ウオーキングに行ってきます。

[今日の結果:8戦2勝1敗5分]
なぜなのか、分かりませんが、プラス終了です。
インティさんのおかげでしょう。

[もっと見る]

 ブルースワン 2020年12月6日() 13:50
チャンピオンズカップ 予想
閲覧 330ビュー コメント 0 ナイス 11

◎15クリソベリル
○11チュウワウィザード
▲6エアスピネル

△2ゴールドドリーム
△8サンライズノヴァ
△10アナザートゥルース
△12モズアスコット

✳️16サトノティターン

人気馬は牽制しあうので

乱戦にはなりにくいと思いますが

差し馬に注目します。

中京は先行馬が有利ですが・・・😱

忘れた頃のサトノティターンあるかな😅

万が一のエアスピネルからのワイドをおさえます。

[もっと見る]

⇒もっと見る

サンライズノヴァの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
5:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年7月12日() 05:24:47
着予 データ 穴
4:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年7月12日() 02:06:53
くるw5デ①
3:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年7月12日() 01:50:48
Ameブw5

⇒もっと見る

サンライズノヴァの写真

サンライズノヴァの厩舎情報 VIP

2020年12月6日チャンピオンズカップ G112着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

サンライズノヴァの取材メモ VIP

2020年12月6日 チャンピオンズカップ G1 12着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。