サンライズノヴァ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
サンライズノヴァ
サンライズノヴァ
サンライズノヴァ
サンライズノヴァ
サンライズノヴァ
写真一覧
現役 牡4 栗毛 2014年4月9日生
調教師音無秀孝(栗東)
馬主松岡 隆雄
生産者ヤナガワ牧場
生産地日高町
戦績19戦[7-5-1-6]
総賞金22,476万円
収得賞金6,600万円
英字表記Sunrise Nova
血統 ゴールドアリュール
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ニキーヤ
ブライトサファイヤ
血統 ][ 産駒 ]
サンダーガルチ
リアルサファイヤ
兄弟 マイヨヴェールサイモンリッター
前走 2018/12/02 チャンピオンズカップ G1
次走予定

サンライズノヴァの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/12/02 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 154710.056** 牡4 57.0 戸崎圭太音無秀孝538(+4)1.51.2 1.135.8⑬⑬⑬⑬ルヴァンスレーヴ
18/11/10 東京 11 武蔵野S G3 ダ1600 16242.911** 牡4 56.0 戸崎圭太音無秀孝534(0)1.34.7 -0.234.8⑭⑫クインズサターン
18/10/08 東京 11 グリーンCC OP ダ1400 16471.611** 牡4 57.0 戸崎圭太音無秀孝534(+4)1.23.4 -0.135.4⑮⑭ナムラミラクル
18/06/09 東京 11 アハルテケS OP ダ1600 16482.111** 牡4 57.5 戸崎圭太音無秀孝530(-6)1.35.3 -0.135.6⑫⑫サンライズメジャー
18/05/26 東京 11 欅ステークス OP ダ1400 16231.812** 牡4 58.0 戸崎圭太音無秀孝536(+10)1.24.1 0.334.4⑮⑭ドリームキラリ
18/04/21 東京 11 オアシスS OP ダ1600 16231.812** 牡4 58.0 戸崎圭太音無秀孝526(-10)1.36.7 0.035.2⑬⑪ルグランフリソン
18/02/18 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 168167.134** 牡4 57.0 戸崎圭太音無秀孝536(+4)1.36.6 0.637.0⑨⑧ノンコノユメ
18/01/28 東京 11 根岸S G3 ダ1400 14583.012** 牡4 56.0 戸崎圭太音無秀孝532(0)1.21.5 0.034.6⑩⑩ノンコノユメ
17/12/09 中山 11 師走S OP ダ1800 16125.022** 牡3 56.0 戸崎圭太音無秀孝532(+12)1.52.7 0.737.2⑧⑥⑪④ディアデルレイ
17/11/11 東京 11 武蔵野S G3 ダ1600 16363.1112** 牡3 56.0 戸崎圭太音無秀孝520(-6)1.36.8 1.336.1⑨⑩インカンテーション
17/10/09 東京 11 グリーンCC OP ダ1400 167133.321** 牡3 54.0 内田博幸音無秀孝526(-3)1.22.2 -0.234.7⑪⑪ラインシュナイダー
17/07/12 大井 11 ジャパンDD G1 ダ2000 14--------6** 牡3 56.0 戸崎圭太音無秀孝529(--)2.06.8 1.0----ヒガシウィルウィン
17/06/18 東京 11 ユニコーンS G3 ダ1600 16484.921** 牡3 56.0 戸崎圭太音無秀孝526(+2)1.35.9 -0.735.4⑨⑩ハルクンノテソーロ
17/05/21 京都 10 鳳雛S OP ダ1800 10112.114** 牡3 56.0 松若風馬音無秀孝524(-8)1.52.0 0.138.5ローズプリンスダム
17/04/02 中山 10 伏竜S OP ダ1800 10442.622** 牡3 56.0 松若風馬音無秀孝532(-4)1.53.3 0.737.5⑤⑤⑤④リゾネーター
17/03/18 阪神 11 若葉S OP 芝2000 112214.376** 牡3 56.0 松若風馬音無秀孝536(-4)2.01.1 0.836.2⑤④④④アダムバローズ
17/01/05 京都 3 3歳500万下 ダ1800 13693.511** 牡3 56.0 松若風馬音無秀孝540(-8)1.52.5 -0.137.1⑦⑦⑤タガノディグオ
16/12/17 阪神 9 樅の木賞 500万下 ダ1800 118113.123** 牡2 55.0 松若風馬音無秀孝548(+2)1.54.1 0.337.3⑥⑦⑥④サンライズソア
16/11/26 東京 6 2歳新馬 ダ1600 165101.511** 牡2 55.0 戸崎圭太音無秀孝546(--)1.37.4 -0.236.3⑤⑤ショウブニデル

サンライズノヴァの関連ニュース

 ★チャンピオンズC3着サンライズソア(栗・河内、牡4)は、名古屋大賞典(3月14日、名古屋、交流GIII、ダ1900メートル)を視野に入れる。6着サンライズノヴァ(栗・音無、牡4)は、根岸S(1月27日、東京、GIII、ダ1400メートル)からフェブラリーS(2月17日、東京、GI、ダ1600メートル)に向かう。

サンライズソアの競走成績はこちら

【チャンピオン】レースを終えて…関係者談話2018年12月3日(月) 05:05

 ◆横山典騎手(アンジュデジール4着) 「いいペースでいけたし、このぐらいは走ってもおかしくはない。頑張ってくれたし、言うことはありません」

 ◆C・デムーロ騎手(オメガパフューム5着) 「道中も折り合いがついて走れていた。ただ、今までより相手が強かった」

 ◆戸崎騎手(サンライズノヴァ6着) 「ゲートで待たされて少し出が遅かった。自分のリズムでいこうと思ったし、しっかり伸びてはいるんですが…」

 ◆内田騎手(ノンコノユメ7着) 「同じような脚質の馬がいて、それより外を回らされた。伸びてはいるけど、やめるようなところが出た」

 ◆松山騎手(ミツバ8着) 「しっかり真面目に走ってくれた。3、4コーナーの勝負どころでズブくなって、外に押し出される形になってしまいました」

 ◆四位騎手(ヒラボクラターシュ9着) 「もまれたことがなかったんですが、いい形でいけました。最後は止まってしまったけど、いい経験になった」

 ◆太宰騎手(アスカノロマン10着) 「直線でオッと思ったけど、最後は脚が上がりました」

 ◆吉田隼騎手(センチュリオン12着) 「周りが速かったですね。内で脚をためたけど、みんな止まっていなかったし、メンバーも強かった」

 ◆三浦騎手(インカンテーション13着) 「ゲートを上手に出たんですが、3コーナーから馬の気持ちをつなげられなかった。その辺でムラが出ましたね」

 ◆小牧騎手(アポロケンタッキー14着) 「スタートが今ひとつで…。前に行きたかったけどね。ひと脚使うと思ったけど、馬が嫌気がさしましたね」

 ◆グティエレス騎手(パヴェル15着) 「スタートが良く好位につけて運べた。4コーナーでスパートしたけど、包まれて集中力を失い、伸びませんでした」

★2日中京11R「チャンピオンズC」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【馬場の有利不利、教えます!】チャンピオンズカップ 前年よりも力の要るコンディション!内~中枠からロスなく回ってくる馬が有利!2018年12月2日() 11:05

前年同週ならびに土曜日の中京ダートのレース結果、近年のチャンピオンズカップの結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。


週中は水曜日に少量の降雨があったが、その後は好天に恵まれ、土曜日のダートコースは終日良馬場でレースが行われた。とはいえ、気温と湿度は例年と比較するとやや高め。そのぶん、乾燥度も低い。加えて、今夏の中京ダートで高速決着が続いていたことを考慮すると、時計の速いコンディションを想像するのが当然だ。

ところが、ダート1800mで行われた1R・2歳未勝利戦の決着時計は1分56秒1(前年初日1分55秒7)。8R・若手騎手限定戦の勝ちタイムは1分53秒5(前年初日1分52秒7)。ともに前年よりも時計を要している。ダート1400mの最終R・3歳以上500万下の勝ち時計も1分24秒9という塩梅。前年の4回中京開幕週に行われた2歳500万下・寒椿賞(ダート1400m)の決着時計が1分24秒3だったことを踏まえると、もはや疑う余地なし。前年開幕週ならびに今夏よりも、時計を少し要するコンディションであることは間違いない。

日曜日は降雨の心配をしなくてもよさそう。風もそれほど強くなりそうにない様子。従って、土曜日の傾向を踏襲する可能性は高い。枠順に関しては内~中枠がやや優勢。G1のハイレベル戦だけに、内~中をロス少なく回ってくる馬の利はより大きくなるはずだ。脚質についてはペースにも左右されるが、基本的に先行・差し互角とみるべきだろう。

血統面については、土曜日の結果を振り返ると、距離全般でキングマンボ系種牡馬を父あるいは母父に持つ馬の活躍が顕著。ほかでは、サンデーサイレンス系種牡馬や米国型ノーザンダンサー系種牡馬を父あるいは母父に持つ馬の好走が目立つ。やや傾向が偏りがちなので、その点については注意を払いたい。

また、現行条件に生まれ変わった2014年以降のチャンピオンズカップの結果を検証すると、父あるいは母父にヴァイスリージェント系(米国型ノーザンダンサー系)種牡馬を持つ馬が好調。父もしくは母父にサンデーサイレンス系種牡馬を持つ馬も毎年上位を賑わせている。サンデーサイレンス系の場合は、米国型のノーザンダンサー系種牡馬あるいはミスプロ系種牡馬と組み合わせた馬の好走例が多い。条件を満たす馬には相応の警戒が必要だ。

土曜日ならびに近年の当レースの傾向をまとめると、キングマンボ系種牡馬を父あるいは母父に持つ馬、父あるいは母父にヴァイスリージェント系種牡馬を持つ馬、サンデーサイレンス系×米国型配合馬(逆もあり)の3パターンが有望。今年の出走馬で、血統面および先述した馬場傾向の要点(内~中枠)を満たしているのは、①アンジュデジール、⑤ノンコノユメ、⑦サンライズノヴァ。この3頭のうち、最低1頭は馬券に絡むという前提で、フォーメーションを組んでみるのも面白いかもしれない。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】チャンピオンズカップ 大魔神、マー君ほか多士済々!競馬大好き芸能人・著名人がガチ予想!2018年12月2日() 09:37

※当欄ではチャンピオンズカップについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。




【佐々木主浩(大魔神)】
◎②ルヴァンスレーヴ
3連単フォーメーション
②→⑦⑧→⑤⑦⑧⑨⑪
複勝
サンライズノヴァ

【田中将大(マー君・NYヤンキース)】
◎②ルヴァンスレーヴ
○⑨サンライズソア
▲⑧ケイティブレイブ
☆⑮インカンテーション
△①アンジュデジール
△⑪オメガパフューム
3連単1頭軸流しマルチ
②→①⑧⑨⑪⑮

【岩瀬仁紀(中日ドラゴンズ・今季限りで引退)】
◎⑨サンライズソア

【山本昌(山本昌広・元プロ野球選手)】
◎⑨サンライズソア

【小嶋陽菜(こじはる)】
3連単ボックス
アンジュデジール
ルヴァンスレーヴ
ケイティブレイブ
サンライズソア
オメガパフューム

【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑮インカンテーション
○②ルヴァンスレーヴ
▲⑧ケイティブレイブ
△③パヴェル
△⑦サンライズノヴァ
△⑨サンライズソア
△⑪オメガパフューム
馬連1頭軸流し・3連単1頭軸流しマルチ
⑮→②③⑦⑧⑨⑪

【DAIGO】
◎②ルヴァンスレーヴ
ワイド
②→⑨

【徳光和夫】
3連単ボックス
ルヴァンスレーヴ
サンライズノヴァ
ケイティブレイブ
オメガパフューム
ミツバ
ワイド1頭軸流し
サンライズソア→①②③⑤⑦⑧⑬⑭

【杉本清】
◎⑧ケイティブレイブ

【林修】
注目馬
ルヴァンスレーヴ

【松田丈志(オリンピック競泳メダリスト)】
◎⑧ケイティブレイブ

【池田美優(みちょぱ)】
◎⑧ケイティブレイブ
馬連
⑧→②
⑧→⑪

【さゆりんご(松村沙友理・乃木坂46)】
◎⑧ケイティブレイブ

【松村香織(かおたん・SKE48)】
◎②ルヴァンスレーヴ
○⑧ケイティブレイブ
▲⑪オメガパフューム
△⑦サンライズノヴァ
△⑨サンライズソア
△⑫ウェスタールンド
3連単フォーメーション
②⑧⑪→②⑦⑧⑨⑪⑫→②⑦⑧⑨⑪⑫

【稲富菜穂】
◎②ルヴァンスレーヴ
○⑨サンライズソア
▲⑧ケイティブレイブ
△⑪オメガパフューム
△⑬ミツバ
△⑤ノンコノユメ

【やべきょうすけ】
◎②ルヴァンスレーヴ
○⑪オメガパフューム
▲⑧ケイティブレイブ
△①アンジュデジール
△⑤ノンコノユメ
△⑦サンライズノヴァ
△⑨サンライズソア

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎⑥アスカノロマン
単勝


【キャプテン渡辺】
◎⑤ノンコノユメ
馬単・馬連
⑤→②

【土屋伸之(ナイツ)】
◎⑨サンライズソア
○②ルヴァンスレーヴ
▲⑧ケイティブレイブ
△①アンジュデジール
△③パヴェル
△⑫ウェスタールンド
△⑬ミツバ

【安田和博(デンジャラス)】
◎①アンジュデジール
○⑧ケイティブレイブ
▲⑦サンライズノヴァ
△②ルヴァンスレーヴ
△⑤ノンコノユメ
△⑨サンライズソア
△⑪オメガパフューム
3連単フォーメーション
②⑦⑧→②⑤⑦⑧⑨⑪→①
3連複2頭軸流し
①→⑧→②⑤⑦⑨⑪

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎⑦サンライズノヴァ
○②ルヴァンスレーヴ
▲⑤ノンコノユメ
△④アポロケンタッキー
△⑧ケイティブレイブ
△⑨サンライズソア
△⑪オメガパフューム
△⑭ヒラボクラターシュ
3連単2頭軸流しマルチ
⑦→②→④⑤⑥⑧⑨⑪⑫⑭

【土井よしお(ワンダラーズ)】
◎⑧ケイティブレイブ
○⑨サンライズソア
▲②ルヴァンスレーヴ
△⑤ノンコノユメ
△⑦サンライズノヴァ
△⑪オメガパフューム
△⑮インカンテーション

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎⑧ケイティブレイブ
3連単2頭軸流しマルチ
⑧→⑦→①②⑤⑨⑪⑫⑬⑭⑮
⑧→⑨→①②⑤⑦⑪⑫⑬⑭⑮

【こいで(シャンプーハット)】
◎⑦サンライズノヴァ
3連単フォーメーション
⑦⑤→⑦⑤→②③⑧⑨⑪⑫

【てつじ(シャンプーハット)】
◎⑦サンライズノヴァ
3連単2頭軸流しマルチ
⑦→⑨→②③⑧⑪

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑨サンライズソア

【今井りか】
◎②ルヴァンスレーヴ

【祥子】
◎⑧ケイティブレイブ
○②ルヴァンスレーヴ
▲⑤ノンコノユメ
△⑨サンライズソア
△⑪オメガパフューム
△⑭ヒラボクラターシュ
馬連1頭軸流し
⑧→②⑤
3連単フォーメーション
⑧→②⑤⑪→②⑤⑨⑪⑭
3連複ボックス
②⑤⑧⑨⑪⑭

【上村彩子】
◎②ルヴァンスレーヴ

【目黒貴子】
◎⑧ケイティブレイブ

【天童なこ】
◎⑫ウェスタールンド



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【斬って捨てる!】チャンピオンズカップ 前走5着以内が好走の必須条件!複勝圏外続きの馬は期待薄!2018年12月2日() 09:27

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、チャンピオンズカップの近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
外国調教馬の好走例はゼロ(ジャパンカップダート時を含む、2008年以降)

パヴェル

8歳以上馬の好走例は皆無(2008年以降)

インカンテーション

G1(Jpn1含む)2着以内の経験がある馬を除くと、3歳馬の連対例はみられない(2008年以降)

ヒラボクラターシュ

長期休養明けをひと叩きしたダートG1(交流G1を除く)勝利経験のある馬を除くと、前走6着以下敗退馬の連対例はゼロ(2008年以降)

パヴェル
アスカノロマン
センチュリオン
ウェスタールンド
ミツバ
インカンテーション

ダートG1(中央に限る)勝利経験のある馬を除くと、前走で武蔵野Sに出走、かつ2着以下に敗れていた馬の好走例は皆無(2008年以降)

ウェスタールンド
インカンテーション

近2走とも6着以下に敗れていた馬の好走例はなし(2008年以降)

アスカノロマン

近3走(国内のレースに限る)とも4着以下に敗れていた馬の連対例はゼロ(2008年以降)

ノンコノユメ
アスカノロマン

前走で海外のレースに出走していた馬の好走例は皆無(2008年以降)

パヴェル

同年の帝王賞で2着以内に入っていた馬の連対例はみられない(2008年以降)

ケイティブレイブ

ダート重賞未勝利馬の連対例はゼロ(2008年以降)

ウェスタールンド
ヒラボクラターシュ

【人気】
前走で国内のレースに出走、かつ前走の単勝人気が7番人気以下だった馬の連対例はゼロ(2008年以降)

アスカノロマン
センチュリオン

【脚質】
前走で上がり3ハロン1位の末脚を繰り出しながら、2着以下に敗れていた馬の好走例は皆無(2008年以降)

ノンコノユメ

【枠順】
前走G1/Jpn1で3着以内だった馬を除くと、3枠の連対例はゼロ(2008年以降)

アポロケンタッキー
ノンコノユメ

馬番枠7番、11番、15番の好走例は皆無(2008年以降)

サンライズノヴァ
オメガパフューム
インカンテーション

馬番枠6番の連対例はゼロ(2008年以降)

アスカノロマン

前走1着馬を除くと、6~8枠の連対例は皆無(中京開催の2014年以降)

センチュリオン
オメガパフューム
ウェスタールンド
ミツバ
インカンテーション

【血統】
グレイソヴリン系以外のナスルーラ系種牡馬を父に持つ馬の好走例はゼロ(2008年以降)

インカンテーション


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
アンジュデジール
ルヴァンスレーヴ
サンライズソア



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【チャンピオン】最新ナマ情報2018年12月2日() 05:07

◆体にハリが出た〔1〕アンジュデジール

 坂路で4ハロン75秒5-17秒8。リラックスして雰囲気は良さそうだ。佐藤調教厩務員は「体調はいいし、前走から短い期間でも成長して体にハリが出ている。枠も恵まれているし、崩れることのない馬だからね」と期待を込めた。

◆快挙へ態勢着々〔2〕ルヴァンスレーヴ

 前売り1番人気馬はノンコノユメと同じ馬運車で午前10時54分に中京競馬場に到着。萩原調教師は「輸送は通常通り到着しました。到着してからも特に変わりはないです」と淡々。前身のジャパンCダートを含めて、4頭目となる3歳馬のVへ態勢は整った。

◆内枠ついてない〔4〕アポロケンタッキー

 浦和記念から中8日での参戦となる巨漢馬は坂路で4ハロン68秒1-16秒3。富岡助手は「状態は変わらずですね。もまれない位置を取らないと力が出せないから、内枠はついていないね」と思案顔だった。

◆最高枠から激走〔6〕アスカノロマン

 メンバー最多のキャリア41戦を誇る古豪は、角馬場で調整した。「枠も一番いいところをもらったし、あとは乗り役に任せます。状態が上がっているぶん楽しみですね」と川村調教師。

◆覚悟の後方一気〔7〕サンライズノヴァ

 3連勝中のゴールドアリュール産駒は、坂路で4ハロン64秒0-16秒1。「変わりなく順調です。これまでいろいろ試してきたけど、今の競馬のパターンが一番いい。戸崎騎手も開き直って乗ってくれているからね」と音無調教師。強敵に相手に後方一気を決めるか。

◆調整に太鼓判!!〔9〕サンライズソア

 CWコースを1周。きびきびとした動きが目を引いた。「前走は直前が軽かったのもあったのか、少し体が重かったかも。今回は思ったように調整できているし、今までで一番順調に来ているんじゃないかな」と河内調教師は楽しみなようすだった。

◆陣営デキに笑顔〔11〕オメガパフューム

 GI初制覇を狙う3歳馬は、坂路でラスト1ハロン15秒0(4ハロン67秒1)と軽くしまいを伸ばした。安田翔調教師は「当日に影響ないようにという指示で、集中力を保たせるようにしました。馬体に丸みが出て、中身が充実していますね」と笑みを浮かべた。

◆京都より中京合う〔10〕センチュリオン

 関東馬で一番乗りの午前10時46分に到着した。「スムーズで馬運車の中でも落ち着いていました。(前走の)京都よりこちらの方が合うんじゃないかと思っています」と堀江助手はコース適性に望みを託した。

◆後は鞍上に託す〔12〕ウェスタールンド

 坂路を軽快なキャンターで4ハロン73秒6をマーク。佐々木調教師は「今朝は軽く乗ってという指示。走るフォームがいいよね。スムーズにいってくれればいいし、後はジョッキーに頑張ってもらいます」と期待を込めた。

◆予定通りに来た〔14〕ヒラボクラターシュ

 上り調子の3歳馬はCWコースで軽快なキャンター調整。大久保調教師は「予定通りにここまで来られました。もまれるともろいところがあるので、枠はこの馬にとってはいいでしょう。好位から運べれば」とスムーズな展開を願っていた。

◆勝ち負けできる〔15〕インカンテーション

 GI初制覇を狙う8歳馬は、坂路で4ハロン65秒2と元気いっぱいに駆け上がった。長谷川助手は「中京は合わないことはないし、楽しみな状態で持っていけますね。勝ち負けできる一頭だと思っています」と力を込めた。

◆変わり身に期待〔13〕ミツバ

 角馬場の運動のみで最終調整。蓮見助手は「状態は悪くないと思う。去年も差のない6着だったし、真面目に走って全能力を出し切ってくれれば」と変わり身に期待を寄せた。

◆さらに良化〔3〕パヴェル

 唯一の外国馬は、中京競馬場のダートコースで軽めの調整。ダクとキャンターで約2周して最終調整を終えた。モラ調教師は「馬の状態は金曜よりさらに良化しています」と好感触。馬場を歩いたグティエレス騎手は「思ったほど馬場は深くはなく、チャンピオンズCの前にもレースに乗るので、それを生かしたい」とやる気を見せた。

★チャンピオンズCの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

サンライズノヴァの関連コラム

閲覧 934ビュー コメント 0 ナイス 3

ダートの頂上決戦、チャンピオンズカップは、断然人気のルヴァンスレーヴがまざまざとその力を見せつけた。前週のアーモンドアイに引き続き、ダート界にも新星誕生と言って良いだろう。

実は同馬に対しては、少々懸念していることがあった。それは、スタートである。

ジャパンダートダービーでは内枠を引き、出遅れてダッシュが付かず後方からの競馬になった。最終的には圧倒的能力によって事なきを得たが、今回は古馬と初対戦の舞台。多頭数のダート戦での出遅れは致命傷になりかねない。

だが、杞憂であった。夏を越した成長もあるのだろう。懸念されていたゲートを無難に出ると、Mデムーロに促されスッと先行し、最初のコーナーでは早くも好位の2番手を確保。この時点でほぼ勝負あり。直線はポッカリ空いたスペースに持ち出し、あとは突き放すだけだった。

2馬身差の完勝。アーモンドアイと同様、たった一度2着に敗れただけ…という、準パーフェクトな戦績を刻んだ王者の誕生である。

余談であるが、キャリアの浅い時期に一度だけ2着に敗れその後頂点まで上り詰めた馬といえば、あのレジェンドホースを思い出す。1997年、3歳にしてマイルCSとスプリンターズSを制し、その後ジャックルマロワ賞など海外のタイトルも手にしたタイキシャトルである。

路線こそ違えど、ルヴァンスレーヴには是非とも歴史的名馬の域を目指して、今後のキャリアを重ねて行ってほしいものである。


~ゲートセンスの高い種牡馬はロードカナロアと…

さて、ルヴァンスレーヴのゲートを懸念したと述べたが、スタートの巧拙は馬自身の個性もさることながら、実は才能でもある。その目安の一つが、血統である。

このことは来週金曜日に発売される新著『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』でも触れているので是非ご一読いただきたいが、例えば最近スタートが上手い種牡馬として真っ先に思い出されるのは、ロードカナロアである。

アーモンドアイステルヴィオといったトップクラスの馬はともかくとして、下級条件や新馬戦などを見ていても、同産駒はゲートでのミスが少ない。

このアドバンテージは、頭数が増える大一番になるととりわけ大きなものとなる。先週のチャンピオンズカップを例に見ても、毎回出遅れるサンライズノヴァは、勝つときは派手で強いが、負けるときは案外アッサリ流れに乗れず終わってしまう。

陣営もさすがに察して近走は東京コース以外使わなくなっているが、久々の非東京戦では、やはりモロさを露呈してしまった。こちらはフェブラリーSでの巻き返しに期待したいところだ。

ちなみに、ロードカナロアともう一頭、最近スタートが上手いなと感じる種牡馬は、ダンカークである。先週シークレットランがなかなか味のある競馬で葉牡丹賞を制したが、未勝利や新馬などでは持ち味のスタートの良さを生かしての好走が目につく。見つけたら是非チェックしてみてほしい。


~スタート力から考える穴馬は?

さて、今週からは2歳G1が続く。まずは阪神ジュベナイルフィリーズだ。

恐らく人気はシェーングランツダノンファンタジーの2頭が分け合う形となりそうだが、スタートの安定感という点ではダノンファンタジーが一枚上だろう。デビュー以来ゲートに問題はなく、自在に流れに乗れる強みがある。

対するシェーングランツは、ゲートこそ無難に出るもののそこからの加速がまだ付かない印象だ。末脚は非凡なので、前半の位置取りに頓着せず、思い切った後方待機になるかもしれない。買う側には道中多少冷や冷やさせられる、相応の覚悟が必要だろう。

現状、安心感ならダノンファンタジーという気もするが、そこら辺は週末の馬場を見て判断したいと考えている。

上記2頭の一角を崩すとすれば、福永騎手のビーチサンバではないか。センスの良い走りは多頭数でこそ生きそうだし、福永騎手は昔から牝馬のレースやマイル戦は得意中の得意。思えば初めてのG1制覇も牝馬のマイル戦・桜花賞だった。

もっと穴を狙うならば、ウインゼノビアが面白そうだ。こちらは小回り向きの先行タイプだが、とにかくスタートが上手く、デビュー戦を除く3戦ではいずれも明らかに他馬を上回るロケットスタートを決めている。

今回は18頭立ての多頭数となるだけに、ゲートから良い位置を取れるアドバンテージは大きい。立ち回り能力が生きるような競馬になれば、侮れない存在になりそうだ。ゲートが開いて半歩飛び出しているような、非凡なスタート能力にも是非注目してほしい。

※最終結論はブログ『TAROの競馬』で無料公開します。
 

○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。


登録済みの方はこちらからログイン

2018年12月5日(水) 18:35 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(12/1~12/2)G1チャンピオンズCをサラマッポプロ○◎▲、豚ミンCプロ▲○◎的中!
閲覧 497ビュー コメント 0 ナイス 6



先週は、2(日)に中京競馬場でG1チャンピオンズCが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1チャンピオンズCは、前走の南部杯でゴールドドリーム(チャンピオンズCは登録→回避)を撃破した3歳馬ルヴァンスレーヴが人気の中心で単勝1.9倍の1番人気。以下、2番人気にケイティブレイブ(単勝5.0倍)、3番人気にサンライズソア(同8.2倍)、4番人気にオメガパフューム(同9.2倍)、5番人気にサンライズノヴァ(同10.0倍)と続き上位人気を形成。
スタートでは、1番人気ルヴァンスレーヴの内からアンジュデジールが出ていき先頭へ。外からヒラボクラターシュが競りかけ2番手につけると、ルヴァンスレーヴは3番手のインで1コーナーに突入。ケイティブレイブは中団、サンライズソアは好位の5番手あたりにつけ、一団は向こう正面へ。
逃げるアンジュデジールの2~3馬身ほど後方の2番手にルヴァンスレーヴが続き、以下はヒラボクラターシュインカンテーションパヴェルサンライズソアミツバアスカノロマンケイティブレイブオメガパフュームといった中団にかけての位置取り。後方には、センチュリオンアポロケンタッキーサンライズノヴァノンコノユメの追走となって、離れて最後方にポツンとウェスタールンドの態勢で前半1000mを通過していきます。
マイペースの逃げとなったアンジュデジールを目がけて、3コーナー過ぎから各馬が差を詰めに掛かると、徐々に横に広がって直線入り口へと突入。逃げるアンジュデジールヒラボクラターシュの間を突いて追い出しを開始するルヴァンスレーヴに、この日は好位5番手あたりから外を回して直線を迎えたサンライズソアが一気にアンジュデジールに襲い掛かる展開。そして、4コーナー最後方から内ラチ沿いを突いて脚を伸ばすウェスタールンドもあっという間にその直後まで進出し迫ります。残り200mを過ぎてアンジュデジールルヴァンスレーヴサンライズソアと横並びになり、一時は叩き合いに持ち込まれるかにみえた瞬間、ここから1段階上のギアを披露して突き放したルヴァンスレーヴ。結局、最後は2馬身1/2差までその差を広げる完勝の内容で、JRA・G1初制覇を飾っています。2着にはルヴァンスレーヴが抜け出した後を通って浮上した8番人気ウェスタールンドが入り、そこからクビ差の3着にサンライズソアが入っています。
公認プロ予想家では、☆まんでがんプロサラマッポプロシムーンプロサウスプロ豚ミンCプロ西野圭吾プロ他、計8名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
先週は、1(土)中山10R、2(日)中山5Rなどの的中を記録すると、G1チャンピオンズCでは◎ウェスタールンド(単勝32.1倍)から○◎▲的中計71,450円払戻しのファインプレー予想を披露!2日間トータルで回収率119%をマークし、3週連続週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →豚ミンCプロ
1(土)中京5Rでの◎▲○的中、2(日)中山8Rの◎○的中、勝負予想中京9Rトライン(単勝11.4倍)、阪神11Rカフェブリッツ(単勝20.2倍)、中山11Rダイメイフジ(単勝8.0倍)、G1チャンピオンズC▲○◎的中など随所に好調予想をマークした先週は、土日トータル回収率トップの187%、収支11万7,040円の大幅プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
1(土)は中山1Rでの◎○的中、阪神10Rでの◎○的中、G3チャレンジCの◎○的中、阪神12Rの△◎○的中などを筆頭に、大幅プラスを達成。2(日)にも勝負予想中京12Rなどで好調をアピールした先週は、トータル回収率136%、収支17万190円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
1(土)は中京4R(◎○▲的中)や中山9Rなどで的中をマーク。2(日)も阪神7R中山10R中京12Rなどの的中で活躍を披露しました。週末のトータル回収率は103%を記録し、2週連続の週末プラスを達成しています。
 
 
この他にも、馬っしぐらプロ(176%←5週連続週末プラス)、dream1002プロ(166%)、伊吹雅也プロ(158%)、ジョアプロ(104%←2週連続週末プラス)、おかべプロ(104%←4週連続週末プラス)、またJRDBから期間限定参戦中の金子京介プロ(106%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2018年11月27日(火) 16:00 覆面ドクター・英
チャンピオンズカップ2018
閲覧 1,568ビュー コメント 0 ナイス 9

ジャパンCのアーモンドアイは強いのは分かり切っていましたが、それにしても異常なレコード勝ちで本当に強かったですね。この馬自身は後ろから行って、前が止まらない流れを期待していたのですが、先行している時点で「参りました」という感じですね。ロードカナロア自身は安田厩舎だったのでスプリンターになっただけで、産駒の中距離馬はこれからもたくさん出てくると思います。予想のほうは、2着以下もだいたい予想通りだったのですが、馬券的には残念な結果に。まあ、単勝1.4倍の馬を本命にしたくなくてシュヴァルグランに本命を打って散ったわけで、納得もしているところですが......。
さて、気持ちを切り替えてチャンピオンズカップ。昨年のチャンピオンズカップは、気ムラな面も手伝ってか、なぜか世間評価は上がって来なかった8番人気ゴールドドリームが、栗東坂路で動けていて鞍上はR.ムーア騎手ということで本命で狙い打ち。2着テイエムジンソク、3着コパノリッキーも含め気持ちよく3連単15万馬券を的中出来たレース。私にとっては、夏休みのハワイツアー資金調達に貢献してくれた縁起の良いレースでもありますので、今年もドカンと当てたいと思っています。

それでは恒例の全頭診断を。


<全頭診断>

1番人気想定 ルヴァンスレーヴ:7戦6勝とスローからの上がり勝負でドンフォルティスをかわせなかった伏竜S以外は全部勝ち切っており、当然有力。

2番人気想定 ゴールドドリーム:休み明けの前走はルヴァンスレーヴに完敗したが、マイルはちょっと忙しい感じになってきていて、1800mで斤量差1kgなら逆転があってもいい。

3番人気想定 ケイティブレイブ:逃げ・差し自在で、今年はダイオライト記念、日本テレビ盃、JBCクラシックを勝ち、帝王賞は2着とダート路線の主役に君臨しており、当然やれていい。

4番人気想定 オメガパフューム:ダートは強いと評判の3歳世代No.2で、7戦4勝2着2回3着1回とすべて馬券になっている馬。前有利な中京が微妙にしても、好勝負可能だろう。

5番人気想定 サンライズノヴァ:ハラハラさせながらもしっかり差し切ってという競馬で3連勝中だが、勝ち切るには中京はあまり向いていない感じもする。

6番人気想定 サンライズソア:今年は名古屋大賞典、平安S勝ちにJBCクラシック3着と、伸び盛りの時期だけにここでも好走を十分期待できる。

7番人気想定 ノンコノユメ:今年は1月に根岸Sで復活の勝利をあげ、その勢いのままにフェブラリーSも勝ったが、以降は3戦連続4着といまひとつな状況。昨年9着、一昨年6着とあまり中京1800mは向いていないようで、東京マイルあたりが一番いいのだろうが、人気が無いならヒモにはありか。

8番人気想定 インカンテーション:8歳の暮れだが、衰え少なく長く活躍してきた。ただ、前走の内容を見るとはさすがにちょっと衰えてきたかなあという印象。そこそこ人気だろうし、消して妙味か。

9番人気想定 アンジュデジール:JBCレディスクラシックを鋭く差して勝ったが、牡馬相手には通用しておらず買えない。

10番人気以下想定 

センチュリオン:3月にオープン特別とマーチSを連勝し、秋も白山大賞典で2着したが、JBCクラシックでは11着と惨敗。今回、人気を落としそうだが3着ならあるかも。

パヴェル:アメリカのダートG1馬で、G1では他にも2着、3着各1回に4着3回と強い馬なのだろうが、アメリカと日本の砂質は違いあまり買いたくない。

アポロケンタッキー:+16kgで惨敗したJBCクラシックだったが、1月の川崎記念ではさらに1kg重い575kgでも2着と走っており、そこだけに原因を求める訳にはいかないか。巨漢馬のこのくらいの馬体重変動はそれほど問題ではないのかもしれない。以前ステロイド使用が問題になった馬でもあり、さらに増えるのはさすがに良くないのだろうが。今回は一気に人気を落としそうだが、このレースは昨年取り消し、一昨年5着とそこそこやれてもいい。

ウェスタールンド:夏にオープン入りしてすぐシリウスS2着の後、前走の武蔵野Sでは接触の不利もあって3番人気7着と負けたが、巻き返しは十分にあるとみている。ヒモ候補。

クインズサターン:昨秋にオープン入りして以降、今年は重賞で2着2回3着2回と結構強い相手に人気以上に走っており、ヒモに入れる手はありか。

アスカノロマン:一昨年のこのレースの3着馬で前走のJBCクラシックでも6着と意外にまだ衰えは小さいようで、3連単の3着あたりには入れてもいいのかも。

ヒラボクラターシュオメガパフュームのところでも触れた、豊作と言われる今年の3歳牡馬ダート路線。この馬もそれを証明するように古馬を相手に、9月、11月にオープン特別を勝っていて、その前の同世代相手のレパードSではグリムの2着に好走の実績あり。ヒモに加えるのはありか。

チュウワウィザード:6戦4勝の戦歴で、3歳暮れで既にこの舞台まで駆け上がってきた。来年あたりは主役になっているかも。先物買いでヒモに入れるかどうか。

ミツバ:追い込んだり、派手な大逃げを打ったりと気難しい馬で、ここ2戦は1番人気を裏切り、かつ前走の白山大賞典は11着と惨敗でもあり人気落とすだろうが、要は気持ちが乗れば走れていい。昨年も12番人気6着とそこそこやれており、穴としてヒモには加えたい。

メイショウスミトモ:遅咲きダートステイヤーで昨年9月にシリウスS(2000m)、12月には交流重賞の名古屋GP(2500m)を制したが、今年はさすがに衰えてきていて買えない。

ダノングッド:1600万下クラスに上がって以降は1200~1400mが主戦場で、短距離の追い込み馬となっている現状では、この舞台は合わない。


<まとめ>あまり消せる馬がおらず、特に3着は手広くいく予定。

有力:ルヴァンスレーヴゴールドドリームケイティブレイブオメガパフュームサンライズノヴァ

ヒモに:サンライズソアノンコノユメセンチュリオンアポロケンタッキー

穴に(3着なら):ウェスタールンドクインズサターンアスカノロマンヒラボクラターシュチュウワウィザードミツバ

[もっと見る]

2018年7月10日(火) 13:20 山崎エリカ
【山崎エリカのダートグレード攻略】~ジャパンダートダービー2018~
閲覧 1,466ビュー コメント 0 ナイス 13

 3歳馬のダートチャンピオンを決めるジャパンダートダービー。このレースは、南関東馬にとっては羽田盃、東京ダービーから続く、3歳クラシックの最終関門です。東京ダービーと同距離コースで行われることや、中央馬は8月のレパードSを目標にしていることも多いため、意外と南関東馬の活躍が目立っているのが特徴。

 過去10年で南関東馬が優勝したのは、昨年のヒガシウィルウィンと2010年マグニフィカ。2014年にはハッピースプリントが2着したのみですが、中央馬が圧倒的なダートグレードの傾向を考えると、十分がんばれていると言えるでしょう。2007年には中央の強豪を抑えて、南関東のフリオーソ、アンパサンドがワン、ツーを決めたこともありました。これらの共通項は、マグニフィカを除いては前走の東京ダービーで2着以内ということ。マグ二フィカは東京ダービーの3着馬でした。

 しかし、マグニフィカが優勝した2010年は、東京ダービーの優勝馬マカニビスティーが主催元のルールにひっかかり出走叶わず、さらに東京ダービーの2着馬ガナールは枠順決定後に疾病で発走除外。2010年は東京ダービーの1,2着馬でしたから、基本的に南関東馬は、「東京ダービー2着以内なら、チャンスがある」と考えたほうが良さそうです。

 逆に中央馬は、どのような馬が有力かというと、当たり前だと言われてしまいそうですが、デビューからこれまでのダート戦で連対を外したことがない馬です。しかし、地方馬よりもキャリアが浅い中央馬は、例年そのタイプが何頭か出走しています。例えばダートで2戦2勝だったとしても、G1のこの舞台でオープン勝ちの実績さえもない馬を本命にするのはさすがに危険でしょう。

 しかし、「デビューからダートの連対率100%で、一度は中央のダ1800mのオープン勝ち」という条件を加えると、対象馬はかなり絞れます。前記の該当馬の過去10年のこのレースでの成績は【4・0・0・1】。1着の該当馬は2013年クリソライト、2012年ハタノヴァンクール、2011年グレープブランデー、2008年サクセスブロッケン。遡れば2006年のフレンドシップもこのパターンで優勝しています。

 唯一の4着以下馬は、昨年のストロングバローズでこのレースでは7着に凡退しました。前記した勝ち馬との大きな違いは、前走ユニコーンSに出走して連対したこと。重賞レースを大目標とし、そこで好走すれば当然、疲れが出るもの。確かに2015年のノンコノユメのように、ユニコーンSの勝ち馬でありながら、このレースで強い勝ち方をする場合もあります。

 しかし、その半面で昨年のサンライズノヴァ、2016年のゴールドドリーム、2013年ベストウォーリア、2012年のストローハット、2010年のバーディバーディは、ユニコーンSの優勝馬でありながら、このレースでは大きく人気を裏切りました。サンライズノヴァは7着、ゴールドドリームは3着、ベストウォーリアは5着、ストローハットは7着、バーディバーディは6着です。

 これまでダ1600m路線を中心に使われている馬は、おおむねユニコーンSが目標。ダ1800m路線を中心に使われている馬は、おおむねジャパンダートダービーが目標。ノンコノユメのように両方勝つには、その世代において断然の実力馬である必要性があります。ユニコーンSの勝ち馬は毎年人気になりますが、意外と人気に応えることができず、それらがぶっ飛ぶことで、波乱の結果になっている年もあります。

 実はこのレースのもっとも手堅い狙い方は、中央のダ1800m路線を中心に使われて来た馬を本命馬にすること。特にダ1800mのオープンを含むダ1800m以上で3勝以上をあげた馬のこのレースでの成績は、過去10年で過去10年で【5・1・0・2】。1着の該当馬は、2016年のキョウエイギア、2014年のカゼノコ、2013年のクリソライト、2012年のハタノヴァンクール、2011年のグレープブランデー。2着の該当馬は、2015年のクロスクリーガーです。

 4着以下に敗れたのは、昨年のリゾネーターと2010年のトーセンアレスですが、リゾネーターは、休養明けでオープンの伏流Sを勝利した後の一戦で、二走ボケを起こしたもの。また、トーセンアレスは皐月賞日本ダービーに出走してズルズルの競馬をした後の一戦でした。要するに休養明けでオープン勝利後か、芝のクラシックを使われた馬でなければ信頼できることになります。


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 ・デビューからダートの連対率100%で、一度は中央のダ1800mのオープン勝ちを含む馬。
  (前走ユニコーンS出走馬を除く)
 ・一度は中央のダ1800mのオープンを含む、ダ1800m以上で3勝以上をあげた馬。
  (休養明けの前走でオープンやグレードレースを優勝した馬や、前走で芝のクラシックに出走していた馬を除く)

 ●穴馬候補
 ・東京ダービーで2着以内だった馬。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!

[もっと見る]

2018年6月8日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2018年06月08日
閲覧 1,180ビュー コメント 0 ナイス 4

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2018年6月9日()の凄馬!>
超凄馬
東京3R 3歳未勝利
ダンスメーカー(+3.7)

超凄馬
東京1R 3歳未勝利
レガロデルソル(+3.2)

超凄馬
東京6R 3歳未勝利
ラストマイア(+2.4)

超凄馬
阪神2R 3歳未勝利
スピリットワンベル(+2.3)

超凄馬
東京11R アハルテケステークス
サンライズノヴァ(+2.1)

超凄馬
東京2R 3歳未勝利
ロトヴィグラス(+2.0)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率69%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2018年6月10日、集計数:32,014レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください

[もっと見る]

2018年4月20日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2018年04月20日
閲覧 1,003ビュー コメント 0 ナイス 2

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2018年4月21日()の凄馬!>
極凄馬
東京5R 3歳未勝利
サクラレイメイ(+4.8)

極凄馬
京都4R 3歳未勝利
アンリミット(+4.5)

超凄馬
東京3R 3歳未勝利
ディアバビアナ(+3.2)

超凄馬
福島6R 4歳以上500万以下
ダノンプレシャス(+2.3)

超凄馬
東京7R 4歳以上500万以下
クインズラミントン(+2.3)

超凄馬
東京11R オアシスステークス
サンライズノヴァ(+2.2)

超凄馬
東京2R 3歳未勝利
モダンジャイブ(+2.0)

超凄馬
京都3R 3歳未勝利
クルスデルスール(+2.0)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率69%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2018年4月22日、集計数:31,577レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください

[もっと見る]

⇒もっと見る

サンライズノヴァの口コミ


口コミ一覧
閲覧 25ビュー コメント 2 ナイス 0

完璧な騎乗、お見事と言うしかありません。

二着クロノジェネシス
北村友一の悲願はならなかった。

三着ビーチサンバ
福永のバースデイVはならなかった。

四着シェーングランツ
追い込み届きませんでした・・・・・・・・
ま良くやった方です。
そだね~

レッドアモネスは何やってんの?
何であの位置?前に押し上げられない訳、戸崎のバカだよ・・・・・・・
頭おかしいよこいつ競馬知ってんの?
だからサンライズノヴァも勝てないんだよ、エポカドーロも菊花賞勝てないんだよ。
だから中日新聞杯ギベオン下ろされんだよ。
何でお前が阪神にいるの?
お前は中山にいろよ、だんだん菜七子に追い抜かれるんじゃない?
菜七子がレッドアモネスに乗った方が勝ち負けなったんじゃね?
内田に乗らせた方がマシでしたね。
だいたい他の若手よりコイツ下手もう騎乗しない方いいよ、レース感ないしどんなイメージで競馬してるのか聞いてみたいよ。
もうJRAなんかやめて南関に帰れ!!!!
森泰斗とトレードしろ。


来週の朝日杯が予想しやすくなった。

 tntn 2018年12月3日(月) 00:20
ミルコ。秋の1冠目。 
閲覧 166ビュー コメント 39 ナイス 202

****************************
ジャパンCダートの位置づけ、チャンピオンズカップ。

昨年の覇者ゴーリドドリームの回避で。
突然騎乗馬を失ったクリストフルメール。秋だけでG1を5勝。

一方、昨年、G1複勝転がしが話題になったミルコデムーロ。
秋は無冠、巡ってきた最大のチャンス。騎乗馬は3歳馬ルヴァンスレーヴ。
単勝1.9倍。。。競馬ファンも後押し!
----------
最内枠から逃げる典さんアンジュデジール。
スタートよく先団につけるルヴァンスレーヴ2番手!
8枠2頭が外につけて、2馬身空いて逃げるかと思われたサンライズソア。
そのまた2馬身後ろにケイティブレイブ。。。
後方サンライズノヴァ。さらに後ろに切れた位置にウェスタールンド。

直線向いて、粘り込み図るアンジュデジール。
にピタリと付けて追うルヴァンスレーヴ。
そとから、サンライズソアが差す。
他は外で伸びあぐねている中、ただ1頭、内を突っ込むウェスタールンド。
残り100でこの4頭に絞られる!

抜けるルヴァンスレーヴ。
内粘るアンジュデジールを外捉えるサンライズソア。。。
その間を猛追ウェスタールンド。

リードが広がり3馬身!ルヴァンスレーヴ1着ゴールイン!
2着鬼脚ウェスタールンド。3着差しで応えたサンライズソア。

----------
優勝した3歳馬ルヴァンスレーヴは、
ジャパンDDと南部杯とG1③連勝、計4個目の獲得となりました。
何せミルコが乗れば負けないんですから。。。

先週に引き続き3歳馬の優勝。古馬を蹴散らした。

笑顔満点のインタビューで。。。
ようやく秋の1冠目となったミルコも喜びを隠さない。
クリストフと2人で?「ダートのアーモンドアイ」と評した。

管理する荻原調教師は、中央の重賞19勝ですが、その他地方交流重賞を13勝。
ダート路線、地方交流に目をむけて取り組んで来たことが、
このルヴァンスレーヴを作ったのだ考えられます。

関係者の皆様、おめでとうございま~す!🎊

ようやく平成ラストの秋。
ミルコのG1スイッチが入ったのかもしれない。
気をつけよー。ヾ(ーー )

*********** 

今週の重賞まとめ~U指数と人気~49

https://umanity.jp/home/view_diary.php?id=1aa8d7d69c&owner_id=4a85df85ef

**********************************

[もっと見る]

 fedo_love 2018年12月2日() 22:06
チャンピオンズカップ備忘録
閲覧 83ビュー コメント 0 ナイス 8

【予想】
◎8ケイティブレイブ×福永
〇2ルヴァンスレーヴ×M.デムーロ
▲9サンライズソア×モレイラ
△5ノンコノユメ×内田
 7サンライズノヴァ×戸崎
 11オメガパフューム×C.デムーロ
 12ウェスタールンド×藤岡佑
→単勝8、馬連2-8,9、8-9,11、3連複2,8軸に5組

【結果】
①ルヴァンスレーヴ
②ウェスタールンド
③サンライズソア
⑤オメガパフューム
⑥サンライズノヴァ
⑦ノンコノユメ
⑪ケイティブレイブ…

【的中】
なし。。。

【振返り】
ケイティブレイブに賭けて先週のサトノダイヤモンドと同じような結末に。。追切が少なかったとのことと馬体重が10kg増、嫌な予感がしたけど修正に踏み切れませんでした。レース後の福永騎手のコメント『西日を嫌って気難しい面が出た』。。。確かに運転中の西日イヤだもんな…、って納得できるようなできないような。。ウェスタールンド、最後方から2着まですっ飛んできてビックリ!保険の馬連も吹っ飛ばされました。3連複もルヴァンスレーヴのみ軸にしとけば視点が変わってたかな。。モレイラを考えればSソアだったかな。。。馬の選択はいいとこいってるんだけどな。。。
グルグルグルグル、イジイジイジイジ。M-1見て笑って忘れたかったけど、ムリみたいです。ミキが好きだったんだけどな。グチだらけの日記で失礼しました。

[もっと見る]

⇒もっと見る

サンライズノヴァの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

サンライズノヴァの写真

サンライズノヴァの厩舎情報 VIP

2018年12月2日チャンピオンズカップ G16着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

サンライズノヴァの取材メモ VIP

2018年12月2日 チャンピオンズカップ G1 6着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。