ゴールドドリーム(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ゴールドドリーム
ゴールドドリーム
ゴールドドリーム
ゴールドドリーム
ゴールドドリーム
ゴールドドリーム
写真一覧
現役 牡5 鹿毛 2013年4月19日生
調教師平田修(栗東)
馬主吉田 勝己
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績17戦[8-4-1-4]
総賞金32,513万円
収得賞金18,150万円
英字表記Gold Dream
血統 ゴールドアリュール
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ニキーヤ
モンヴェール
血統 ][ 産駒 ]
フレンチデピュティ
スペシャルジェイド
兄弟 グリューネヴォッヘペルランヴェール
前走 2018/10/08 MCS南部杯 G1
次走予定

ゴールドドリームの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/10/08 盛岡 11 MCS南部杯 G1 ダ1600 14--------2** 牡5 57.0 C.ルメー平田修525(--)1.35.5 0.2----ルヴァンスレーヴ
18/06/27 大井 11 帝王賞 G1 ダ2000 15--------1** 牡5 57.0 C.ルメー平田修526(--)2.04.2 -0.1----ケイティブレイブ
18/05/02 船橋 11 かしわ記念 G1 ダ1600 12--------1** 牡5 57.0 C.ルメー平田修514(--)1.39.2 -0.2----オールブラッシュ
18/02/18 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 167142.112** 牡5 57.0 R.ムーア平田修524(-14)1.36.0 0.036.4⑩⑧ノンコノユメ
17/12/03 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 165913.081** 牡4 57.0 R.ムーア平田修538(+14)1.50.1 -0.035.2⑨⑩⑪⑪テイエムジンソク
17/10/09 盛岡 11 MCS南部杯 G1 ダ1600 16--------5** 牡4 57.0 川田将雅平田修524(--)1.35.8 0.9----コパノリッキー
17/06/28 大井 11 帝王賞 G1 ダ2000 16--------7** 牡4 57.0 M.デムー平田修517(--)2.06.2 1.8----ケイティブレイブ
17/03/25 アラ 9 ドバイWC G1 ダ2000 14--------14** 牡4 57.0 J.モレイ平田修--0000 ------アロゲート
17/02/19 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 16235.021** 牡4 57.0 M.デムー平田修520(+4)1.35.1 -0.035.6⑨⑧ベストウォーリア
16/12/04 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 157125.7212** 牡3 56.0 M.デムー平田修516(+2)1.51.4 1.338.5⑥⑥⑤⑤サウンドトゥルー
16/11/12 東京 11 武蔵野S G3 ダ1600 16483.422** 牡3 56.0 M.デムー平田修514(-4)1.34.0 0.234.9⑨⑧タガノトネール
16/07/13 大井 11 ジャパンDD G1 ダ2000 12--------3** 牡3 56.0 川田将雅平田修518(--)2.06.9 1.2----キョウエイギア
16/06/19 東京 11 ユニコーンS G3 ダ1600 166122.921** 牡3 56.0 川田将雅平田修512(-5)1.35.8 -0.035.9ストロングバローズ
16/05/04 園田 10 兵庫CS G2 ダ1870 12--------2** 牡3 56.0 川田将雅平田修517(--)2.01.4 1.2----ケイティブレイブ
16/02/21 東京 9 ヒヤシンスS OP ダ1600 14577.351** 牡3 56.0 田辺裕信平田修516(-8)1.35.4 -0.335.5⑧⑥ストロングバローズ
16/01/05 京都 3 3歳500万下 ダ1800 147122.511** 牡3 56.0 川田将雅平田修524(-2)1.52.3 -0.136.9⑤⑤⑤スーパーライナー
15/12/13 阪神 6 2歳新馬 ダ1800 16124.531** 牡2 55.0 川田将雅平田修526(--)1.54.0 -0.436.3⑫⑫⑨④フォンターナリーリ

ゴールドドリームの関連ニュース

 12月29日(土)に大井競馬場で行われる東京大賞典の選定馬16頭が10日、TCK特別区競馬組合から発表された。

 「第64回東京大賞典」(大井競馬場、交流GI、3歳以上オープン、定量、ダート・右2000メートル、1着賞金8000万円)

【JRA所属】7頭=※は騎手未定アポロケンタッキー(牡6歳、栗東・山内研二厩舎、※)オメガパフューム (牡3歳、栗東・安田翔伍厩舎、M.デムーロ騎手)クリソライト   (牡8歳、栗東・音無秀孝厩舎、戸崎圭太騎手)ケイティブレイブ (牡5歳、栗東・杉山晴紀厩舎、福永祐一騎手)ゴールドドリーム (牡5歳、栗東・平田修厩舎、C.ルメール騎手)スマートレイアー (牝8歳、栗東・大久保龍志厩舎、※)リーゼントロック (牡7歳、栗東・矢作芳人厩舎、※)

【地方競馬所属】9頭=すべて騎手未定クリスタルシルバー(牡3歳、大井・村上頼章厩舎)グルームアイランド(牡7歳、大井・渡辺和雄厩舎)サウンドトゥルー (セン8歳、船橋・佐藤裕太厩舎)スーパーステション(牡4歳、北海道・角川秀樹厩舎)トロヴァオ    (牡5歳、大井・荒山勝徳厩舎)ヒガシウィルウィン(牡4歳、船橋・佐藤賢二厩舎)モジアナフレイバー(牡3歳、大井・福永敏厩舎)リコーワルサー  (牡3歳、大井・荒山勝徳厩舎)リッカルド    (セン7歳、船橋・佐藤裕太厩舎)

【東京大賞典】JRA出走申込馬10頭を発表2018年12月9日() 17:20

 12月29日(土)に大井競馬場で行われる東京大賞典のJRA所属の出走申込馬10頭が9日、発表された。JRA所属出走予定馬は12月10日(月)の特別区競馬組合主催の出走馬選定委員会にて発表される。

 「第64回東京大賞典」(大井競馬場、交流GI、3歳以上オープン、定量、ダート・右2000メートル)

【JRA所属の出走申込馬】10頭=「出走決定賞金順」ケイティブレイブ(牡5歳、栗東・杉山晴紀厩舎、福永祐一騎手)ゴールドドリーム(牡5歳、栗東・平田修厩舎、C.ルメール騎手)アポロケンタッキー(牡6歳、栗東・山内研二厩舎、騎手未定)クリソライト(牡8歳、栗東・音無秀孝厩舎、戸崎圭太騎手)スマートレイアー(牝8歳、栗東・大久保龍志厩舎、騎手未定)オメガパフューム(牡3歳、栗東・安田翔伍厩舎、M.デムーロ騎手)リーゼントロック(牡7歳、栗東・矢作芳人厩舎、騎手未定)エイコーン(牡3歳、栗東・吉田直弘厩舎、騎手未定)コスモカナディアン(牡5歳、美浦・金成貴史厩舎、騎手未定)アングライフェン(牡6歳、栗東・安田隆行厩舎、騎手未定)

[もっと見る]

ゴールドドリーム、東京大賞典出走OK 2018年12月6日(木) 05:01

 右肩筋肉痛のため、チャンピオンズCを回避したゴールドドリーム(栗・平田、牡5)は東京大賞典(29日、大井、交流GI、ダ2000メートル)に向かうことが5日、決まった。現在はノーザンファームしがらきに滞在中で、回復は順調。「今週の金曜日に帰厩して、予定通り東京大賞典に向かう」と平田調教師はコメントした。

ゴールドドリームの競走成績はこちら

[もっと見る]

【チャンピオン】また3歳!ダート界はルヴァン時代 2018年12月3日(月) 05:07

 第19回チャンピオンズカップ(2日、中京11R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、ダ1800メートル、1着本賞金1億円 =出走15頭)単勝1・9倍と断然の1番人気に支持されたルヴァンスレーヴが、レースレコードタイの1分50秒1でV。JRA・GI初制覇で、3歳馬としては前身のジャパンCダート時代の2006年アロンダイト以来、12年ぶりの勝利となった。ミルコ・デムーロ騎手(39)は、前日のチャレンジC(エアウィンザー)に続く2日連続重賞V。大阪杯以来の今年GI2勝目に喜びを爆発させた。

 ダート界でも世代交代の風が吹き荒れた。前週のジャパンCを3歳牝馬アーモンドアイが制したのに続き、下半期のダート王決定戦も3歳馬!! 圧倒的な1番人気を背負ったルヴァンスレーヴが、国内外のGI馬5頭を従えて2馬身半差の快勝だ。

 「素晴らしい。クリストフ(ルメール騎手)が(ルヴァンスは)ダートのアーモンドアイと言ってくれたけど、本当にその通りだと思います」

 M・デムーロ騎手は装鞍所に引き上げてくると白い歯を見せて両手を突き上げた。

 これまでスタートが安定しなかったが一転、ポンと五分に出ると楽に2、3番手のインを確保。前にかぶせられるリスクもあった〔2〕枠(2)番を、たちまち好枠に変えた。楽な手応えのまま、ラスト1ハロンで先頭に立つと、あとは後続を突き放すのみ。最後は鞍上が流す余裕さえみせた。昨年の勝ち馬ゴールドドリームが不在だったとはいえ、新・砂王の風格が漂う完勝だ。

 「スタートがだいぶ、よくなってきた。ずっと馬なりだったし、抜け出したときは、素晴らしい走りをしてくれた」

 これまでは出遅れ癖があり、後方からの競馬が多かった。だが、今回は先行策から抜け出す横綱相撲。「初めて乗ったときから素晴らしいと思っていたけど、まだ3歳。夢はいっぱいあります」とジョッキーは頬を緩めた。

 M・デムーロ騎手にとっても、4月の大阪杯(スワーヴリチャード)以来のGI制覇。今秋はハナ差の菊花賞(エタリオウ)やアタマ差のマイルCS(ペルシアンナイト)など、悔しい2着も多かった。「僕の性格的に、1着がないのは苦しかった。1つ勝てて本当にうれしい」。レース後は、久々に浴びる大歓声を味わうかのように、ファンの前でゆっくりウイニングラン。喜びの大きい1勝だった。

 これでGI3連勝(4勝目)となり、通算8戦7勝、2着1回。準パーフェクトの戦績からも、砂の絶対王者となれる素材だ。「トモ(後肢)に力がついてバランスがよくなった。それがスタートダッシュの要因。ただ、まだまだ心身両面ともにレベルアップできるポイントはあります」と管理する萩原調教師の期待も大きい。今後のターゲットはオーナーサイドと協議しながら決められるが、ダートの本場・米国などの海外を含め、夢はふくらむばかりだ。

 仏語で「風立ちぬ」を意味する『Le Vent Se Leve』。中京の直線を吹き抜けた新たな“風”は間違いなく、日本のダート界を背負う存在となる。 (山口大輝)

★2日中京11R「チャンピオンズC」の着順&払戻金はこちら

★入場&売り上げ

 2日の中京競馬場の入場人員は3万2498人で前年比93.8%とダウンしたが、チャンピオンズCの売り上げは146億1430万8400円で同103.1%とアップした。JBC3レースを除く今年の平地GI20レース中、フェブラリーS、大阪杯、皐月賞、天皇賞・春、宝塚記念、天皇賞・秋、エリザベス女王杯、ジャパンC以外の12レースの売り上げが前年を上回っている。

★アラカルト

 ◆3歳馬 2000年創設のジャパンCダートから通じて4勝目だが、08年に11月から12月開催に替わったのに伴い、4歳以上との斤量差が2キロから1キロに縮まってからは初勝利。

 ◆ミルコ・デムーロ騎手 JRA・GIは大阪杯(スワーヴリチャード)に次ぐ今年2勝目で通算26勝目。これは75勝の武豊、31勝の岡部幸雄(引退)、27勝の横山典弘(今年のJpnIJBCレディスクラシック含む)に次ぐ蛯名正義と並ぶ歴代4位。

 ◆シンボリクリスエス産駒 延べ8頭の出走で初勝利。JRA・GIは09年フェブラリーS(サクセスブロッケン)、11年朝日杯FS(アルフレード)、12年安田記念(ストロングリターン)、13年菊花賞(エピファネイア)、14年ジャパンC(同)に次ぐ6勝目。

[もっと見る]

【みんなの反省会】ダート界で完全にトップに立ったルヴァンスレーヴ 2018年12月2日() 20:09

デスク チャンピオンズCは3歳馬ルヴァンスレーヴが快勝しました。前走のマイルCS南部杯で昨年の最優秀ダートホース、ゴールドドリームに完勝していますし、強い馬ですねえ。

仲和弘TM ええ。ゴールドドリームに対してきっちり答えを出していますし、(4月の伏竜Sで)ドンフォルティスに敗れてはいますけど、完全にダート界のトップに立ちました。今後の進路は分かりませんが、海外に行っても楽しみな馬です。

デスク 今回は2番枠。スタートに不安がある馬ですから、出遅れた場合は包まれて力を出し切れないのではないかという見方もありましたけど、問題なかったですね。無難にスタートを切って、2~3番手でレースを進めました。

仲TM (1000メートル通過が61秒9と)ペースは緩め。2着には、道中最後方にいたウェスタールンド(8番人気)が入りましたけど、基本的に前残りの競馬でしたよね。ルヴァンスレーヴがあのポジションを取れたのは大きかったです。

デスク ミルコ・デムーロ騎手は「ずっといい手応えで、馬なりで(レースを)進められた」と話していました。引っ掛かってもいなかったですね。

仲TM そういう(引っ掛かる)ところはなかったですね。ただ、(3番人気で3着だったサンライズソアの)モレイラ騎手が、もっと積極的な競馬をするのではないかなと思っていました。

デスク サンライズソアはここ3戦で逃げるか、2番手につける競馬をしていましたけど、今回は5~6番手。

仲TM モレイラ騎手がペースを作れなかったことが、流れが遅くなる鍵となったと思います。(その点からも)勝ち馬の位置取りは良かったですね。

デスク そのサンライズソアは直線で一旦、勝ち馬に迫りました。

仲TM 最後に盛り返していますし、いい位置を取っていたらもっと抵抗できたと思います。もったいないですね。

デスク 2着のウェスタールンドは、素晴らしい末脚を見せましたね。

仲TM ええ。上がり3ハロンは(メンバー最速の)34秒4で、芝並み。1頭だけ違い脚いろでした。

デスク 勝ち馬は2位の35秒6。

仲TM ウェスタールンドは4コーナーでは離れた最後方でした。でも、中団や後方にいた馬が外に出していく中で、内のスペースを突いたことでロスなく運べましたね。

デスク 残り400メートルでもう6~7番手に浮上していましたね。

仲TM 結果オーライかもしれないですけど、自分の競馬に徹したことで結果を出したということです。

デスク 前走の武蔵野Sは道中で他馬と何度も接触して7着。佐々木昌三調教師は「参考外」と語っていました。今回と同じく最後方から2着に食い込んだ2走前のシリウスSが、本来の走りなんでしょうね。

仲TM 前にいた馬とは違い、届かずに惜しいレースでした。でも、(強烈な末脚という)武器を持っている馬ですから、どこかできっと(ビッグタイトル獲得という)結果を出しますよ。

デスク JBCレディスクラシックを制しているアンジュデジールは今回、9番人気でしたが、逃げて4着と健闘しました。

仲TM 作戦成功でしょう。しぶとく粘りましたよね。

デスク 上位人気馬のうち、2番人気だったケイティブレイブは中団から4コーナーで外へ。伸びを欠いて11着でした。仲TMの本命でしたね。

仲TM そうなんですよ。なぜ脚(末脚)を使えなかったのか。不可解です。

デスク 馬体重は10キロ増で528キロ。過去最高でした。

仲TM そのことも含めて、敗因が分かりづらい。乗り役さんに聞かないと…。

デスク その他に気になった馬はいますか。

仲TM 後ろから行った馬は(4コーナーで)外を回しているんですけど、(後方2番手から7着に終わった)ノンコノユメはむちゃくちゃ外に出していました。(流れ次第という)他力本願の馬は仕方ないですけどね。

デスク まあ、今回はルヴァンスレーヴの強さが際立ったレースでした。まずは、来年のフェブラリーSで秋春のJRAダートGI制覇に挑むようですから、期待しましょう。



★【チャンピオンズC】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【チャンピオン】3歳馬ルヴァンスレーヴが正攻法で砂の王者へ 2018年12月2日() 15:42

 12月2日の中京11Rで行われた第19回チャンピオンズカップ(3歳以上オープン、GI、ダート1800メートル、定量、15頭立て、1着賞金=1億円)は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗のルヴァンスレーヴ(牡3歳、美浦・萩原清厩舎)が好位抜け出しの正攻法の競馬で単勝1.9倍の人気に応え、ダート界の頂点に立った。3歳馬の優勝は前身のジャパンCダート時代の2001年クロフネ、05年カネヒキリ、06年アロンダイトに次ぐ4頭目。タイムは1分50秒1(良)で、開催地が阪神から中京に変更された14年以降では16年のサウンドトゥルー、17年のゴールドドリームと並ぶレースレコード。

 ルヴァンスレーヴは2番枠から2、3番手を追走。逃げたアンジュデジールを直線で力強くかわすと、後続に付け入る隙を与えることなくゴールに飛び込んだ。最後方から内を突いて一気に末脚を伸ばしたウェスタールンド(8番人気)が、2馬身1/2差の2着。6番手につけていたサンライズソア(3番人気)が、さらにクビ差の3着に入った。道中、中団にいた2番人気ケイティブレイブは11着。

 ルヴァンスレーヴは、父シンボリクリスエス、母マエストラーレ、母の父ネオユニヴァースという血統。北海道白老町・(有)社台コーポレーション白老ファームの生産馬で、(株)G1レーシングの所有馬。通算成績は8戦7勝(うち地方3戦3勝)。重賞は17年全日本2歳優駿・交流GI、18年ユニコーンS・GIII、ジャパンダートダービー・交流GI、マイルチャンピオンシップ南部杯・交流GIに次いで5勝目。チャンピオンズCは、萩原清調教師は初勝利。ミルコ・デムーロ騎手は15年サンビスタに次いで2勝目。

 ◆ミルコ・デムーロ騎手「とてもうれしいです。素晴らしい馬ですね。イレ込んでいたのはいつも通り。前はスタートが良くなかったですけど、今は自信を持っていて良くなっています。スタートでいい位置につけることができて、馬なりでレースを進められましたし、ずっといい手応えでした。(8戦7勝の3歳馬で今後も)夢がいっぱいありますね」



★【チャンピオンズC】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ゴールドドリームの関連コラム

閲覧 491ビュー コメント 1 ナイス 6



先週は、2(日)に中京競馬場でG1チャンピオンズCが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1チャンピオンズCは、前走の南部杯でゴールドドリーム(チャンピオンズCは登録→回避)を撃破した3歳馬ルヴァンスレーヴが人気の中心で単勝1.9倍の1番人気。以下、2番人気にケイティブレイブ(単勝5.0倍)、3番人気にサンライズソア(同8.2倍)、4番人気にオメガパフューム(同9.2倍)、5番人気にサンライズノヴァ(同10.0倍)と続き上位人気を形成。
スタートでは、1番人気ルヴァンスレーヴの内からアンジュデジールが出ていき先頭へ。外からヒラボクラターシュが競りかけ2番手につけると、ルヴァンスレーヴは3番手のインで1コーナーに突入。ケイティブレイブは中団、サンライズソアは好位の5番手あたりにつけ、一団は向こう正面へ。
逃げるアンジュデジールの2~3馬身ほど後方の2番手にルヴァンスレーヴが続き、以下はヒラボクラターシュインカンテーションパヴェルサンライズソアミツバアスカノロマンケイティブレイブオメガパフュームといった中団にかけての位置取り。後方には、センチュリオンアポロケンタッキーサンライズノヴァノンコノユメの追走となって、離れて最後方にポツンとウェスタールンドの態勢で前半1000mを通過していきます。
マイペースの逃げとなったアンジュデジールを目がけて、3コーナー過ぎから各馬が差を詰めに掛かると、徐々に横に広がって直線入り口へと突入。逃げるアンジュデジールヒラボクラターシュの間を突いて追い出しを開始するルヴァンスレーヴに、この日は好位5番手あたりから外を回して直線を迎えたサンライズソアが一気にアンジュデジールに襲い掛かる展開。そして、4コーナー最後方から内ラチ沿いを突いて脚を伸ばすウェスタールンドもあっという間にその直後まで進出し迫ります。残り200mを過ぎてアンジュデジールルヴァンスレーヴサンライズソアと横並びになり、一時は叩き合いに持ち込まれるかにみえた瞬間、ここから1段階上のギアを披露して突き放したルヴァンスレーヴ。結局、最後は2馬身1/2差までその差を広げる完勝の内容で、JRA・G1初制覇を飾っています。2着にはルヴァンスレーヴが抜け出した後を通って浮上した8番人気ウェスタールンドが入り、そこからクビ差の3着にサンライズソアが入っています。
公認プロ予想家では、☆まんでがんプロサラマッポプロシムーンプロサウスプロ豚ミンCプロ西野圭吾プロ他、計8名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
先週は、1(土)中山10R、2(日)中山5Rなどの的中を記録すると、G1チャンピオンズCでは◎ウェスタールンド(単勝32.1倍)から○◎▲的中計71,450円払戻しのファインプレー予想を披露!2日間トータルで回収率119%をマークし、3週連続週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →豚ミンCプロ
1(土)中京5Rでの◎▲○的中、2(日)中山8Rの◎○的中、勝負予想中京9Rトライン(単勝11.4倍)、阪神11Rカフェブリッツ(単勝20.2倍)、中山11Rダイメイフジ(単勝8.0倍)、G1チャンピオンズC▲○◎的中など随所に好調予想をマークした先週は、土日トータル回収率トップの187%、収支11万7,040円の大幅プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
1(土)は中山1Rでの◎○的中、阪神10Rでの◎○的中、G3チャレンジCの◎○的中、阪神12Rの△◎○的中などを筆頭に、大幅プラスを達成。2(日)にも勝負予想中京12Rなどで好調をアピールした先週は、トータル回収率136%、収支17万190円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
1(土)は中京4R(◎○▲的中)や中山9Rなどで的中をマーク。2(日)も阪神7R中山10R中京12Rなどの的中で活躍を披露しました。週末のトータル回収率は103%を記録し、2週連続の週末プラスを達成しています。
 
 
この他にも、馬っしぐらプロ(176%←5週連続週末プラス)、dream1002プロ(166%)、伊吹雅也プロ(158%)、ジョアプロ(104%←2週連続週末プラス)、おかべプロ(104%←4週連続週末プラス)、またJRDBから期間限定参戦中の金子京介プロ(106%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2018年12月5日(水) 12:30 覆面ドクター・英
阪神JF2018
閲覧 773ビュー コメント 0 ナイス 9

チャンピオンズCは、本当は本命を打つつもりだったゴールドドリームが取り消し。結果、本命にすることになった3歳馬ルヴァンスレーヴが、あっさり勝利してしまいましたね。先々週のJCといい、育成技術が上がったりということもあり、3歳馬でももう完成に近いところまで来ているんでしょうね。データから3歳不利などと決めつけてしまうと良くないのかもしれませんね。時代の流れに乗れないと馬券は勝てませんからね。また○○○○×とWIN4止まりで悔しい思いをした先週ですが、今週こそ仕留められるようまずはG1阪神JFの考察をまとめていきたいと思います。

では、恒例の全頭診断を。

1番人気想定 ダノンファンタジー:新馬戦で負けたグランアレグリアは次週の朝日杯FSに向かってくれたので、ここでは当然主役となる。ファンタジーSも今回のマイルを意識した乗り方をした――とは川田騎手のレース後コメント。1億円近くしたディープインパクト産駒の本格派で、今年もダノン軍団はいい馬を選んだなという印象の馬。

2番人気想定 シェーングランツソウルスターリングの下で父がディープインパクトという良血馬。札幌で未勝利戦を2馬身差をつけて圧勝した際に騎乗していたルメール騎手が2000~2400mまでいけると発言していたたように本質的にはオークス向きなのかもしれないが、マイルでも前走6番人気とあまり評価されていない中でのV。レースでは、序盤もたつきつつも直線で外に出すと豪快に伸びた。マイルは少し忙しいのかもしれないが、能力でやれるのでは。

3番人気想定 ビーチサンバフサイチリシャールの全妹。母フサイチエアデールにはやはりクロフネやフレンチデピュティが合うのだろう。この馬も新馬戦勝ち後に臨んだアルテミスSで、前記シェーングランツの豪脚に屈しはしたものの2戦目としては十分すぎる走りでの2着。3戦目ということで更に上積みありそうな点も強み。

4番人気想定 クロノジェネシス:バゴ×クロフネという一見地味めな血統だが、ノーザンF生産でサンデーレーシング所有という馬。新馬、オープンと2戦2勝の戦績で、前走のアイビーSはスローから上がり32.5秒の末脚を繰り出しての2馬身差快勝。産駒は多くはないが、底力を秘めたバゴ産駒だけに、大一番での大仕事もあり得るのでは。

5番人気想定 レッドアネモス:新馬と500万下を連勝し2戦2勝。前走は中山マイルを逃げてしぶとく押し切ってのVで、ヴィクトワールピサ産駒でもあり瞬発力勝負となる阪神マイル向きではないのではという印象。

6番人気想定 タニノミッションウオッカの仔で、父がインヴィンシブルスピリットにかわり半兄たちのようにズブい感じは無い。ただ、前走で直線でヨレていたようにまだ幼いレースぶりで、それでいて血統から人気になりそう。消して妙味では。

7番人気想定 メイショウショウブ:デイリー杯2歳Sは、現在3連勝中の牡馬の大物アドマイヤマーズを相手に叩き合いで差し返され2着。勝ち上がりはダートで6番人気と評価されていない中での勝利だったが、ここも楽しみな存在。人気にもあまりならないようでヒモにぴったり。

8番人気想定 ジョディーダイワメジャー×Monsunという血統構成で、逃げて2勝をあげている。東京での2勝が示す通り、上り自体は速く、阪神マイルでも走れる。人気はなさそうで楽しみな一頭。

9番人気想定 グレイシア:2連勝で臨んだ前走アルテミスSは1番人気で11着と惨敗した。2連勝は荒削りな感じはしたものの好内容で、今回巻き返しがあっても良い。

10番人気以下想定
エールヴォアヴィクトワールピサ産駒で前走アルテミスSで3着。とはいえ上位2頭とはちょっと差のある感じで、速い上りを要求される阪神マイルはあまり向いていないのでは。

ウインゼノビア:夏の札幌でオープンのクローバー賞を3馬身差で勝ったが、アルテミスSは4番人気4着に終わった。成長力もいまひとつで、一線級とはちょっと差がある印象。

トロシュナ:1戦1勝でここに出てこれるかは微妙だが、新潟マイルの新馬戦を3馬身差であっさり勝ってきたように軽視禁物の存在。出走が叶えばヒモにはありか。

ラブミーファイン:夏の函館で新馬を勝ち、函館2歳Sで2着したコパさんの馬だが、その後の成長力いまひとつのようで、買い要素は見当たらず。

ベルスール:全姉にオープンの短距離路線で頑張っているベルルミエールがいる血統で、この馬も能力は高そう。新馬勝ち直後のファンタジーSで2着と能力を示した。人気がないならヒモには是非入れたい一頭。

プールヴィル:未勝利、500万下と連勝してきた社台Fのマル外で、昔だったらもっと人気になっただろうというタイプ。ヒモならありでは。

ローゼンクリーガー:前走の秋明菊賞(500万下)はCデムーロ騎手の腕でクビ差勝ち切ったが、G1で通用するほどのインパクトはなかったというのが正直なところ。

アフランシール:7/15にいち早く新馬戦を勝ちあがったが、その後はイマイチでここでは厳しそう。

メイショウケイメイ:新馬、500万下と2戦2勝なのだがともに1200m戦だったように、ここでは厳しそう。

スタークォーツ:未勝利勝ちはダートだったが、前走で東京芝1400mを勝ち、様々な条件でやれそう。ただ、ここではまだ厳しいか。

レディードリー:4戦目でやっと勝ち上がり、前走の500万下でやっと掲示板に載る程度ではさすがに苦しく、ここでは要らなそう。

サヴォワールエメ:1戦1勝の新馬勝ちのみで特に光るものはなく、いきなりここで通用という感じはしない。

コルデトゥリーニ:2戦目で未勝利戦を勝ち上がったが、いきなりここは厳しい。

エイシンゾーン:新馬勝ち後に中京2歳Sで2着した実績こそあるものの、前走の白菊賞(500万下)でも5着と成長力がいまひとつなようで、ここは厳しそう。


<まとめ>
有力:ダノンファンタジーシェーングランツビーチサンバクロノジェネシス

ヒモに:メイショウショウブジョディーグレイシア

穴で:トロシュナベルスールプールヴィル

人気で消し:レッドアネモスタニノミッション

[もっと見る]

2018年11月30日(金) 13:30 TARO
【TAROの競馬研究室】チャンピオンズCのポイントはテイエムジンソク=古川騎手不在
閲覧 619ビュー コメント 0 ナイス 4

先週のジャパンカップは、断然人気に支持されたアーモンドアイの完勝…いや、圧勝だった。

2分20秒6という時計も去ることながら、何より特筆すべきは隙の無いレースぶりだ。思えばシンザン記念桜花賞の頃は、マイルという距離があったにせよ豪快な末脚が際立っていた。それは秋華賞においても同様で、普通なら届かない大外を回しての堂々の差し切り勝ち。それは、派手さと同時に危うさも多少は感じさせるものだった。

ところが、距離が延びればキッチリ前に付けて折り合えるのがこの馬の素晴らしいところ。ジャパンカップでは楽々と2~3番手を追走し、直線入り口ではもうキセキを交わすだけという手応え。その後の直線でのパフォーマンスは、もはや説明不要だろう。

現代競馬のスターホースの条件の一つとして、”器用さ”が挙げられる。キタサンブラックにしてもスタートを決めてスッと位置を取れる安定感こそが最大の武器だった。それは海外に目を転じても同様で、凱旋門賞連覇のエネイブルも、スタートを決めて好位にスッと付けて行ける立ち回りの上手さが、多頭数レースでも崩れない強みになっている。

エネイブルは現役続行、凱旋門賞3連覇を目指す。アーモンドアイも来年は海外が視野に入るだろう。秋のロンシャンで、もしこの最強牝馬2頭が激突となれば、それは世紀の対決として世界中の注目を集めることになりそうだ。

~ポイントはテイエムジンソク=古川騎手不在

さて、国内の競馬はいよいよ最後の開催が訪れる。今週末はダート王決定戦、チャンピオンズカップ。細分化されている芝路線とは異なり、ダートは限られた中央G1に上位馬が挙って使ってくるために、ハイレベルな一戦になりやすい。今年もゴールドドリームの直前回避こそあったが、現状のトップクラスが集い好メンバーになりそうだ。

その中で、注目しているのは展開が向きそうなサンライズソア。振り返れば、今年のダート路線はテイエムジンソク=古川騎手に大いに翻弄された一年だったように思う。年明けのフェブラリーSでは、暴走気味の逃げを打ち、人気のゴールドドリームが抜け出したところを、最後にノンコノユメが差し切り勝利。久々に追い込みが炸裂したが、そのお膳立てをしたのはテイエムジンソクの古川騎手だった。

そうかと思えば、平安ステークスでは一転控える競馬でサンライズソアの逃げ切りを許す。続く帝王賞では再び暴走気味に逃げてゴールドドリーム以下差し馬勢の台頭を許し、日本テレビ杯では溜め逃げで、持ち味を生かせずに終わった。

極め付けは前走のJBCクラシック。いったん控えたものの、もはや制御が利かず、途中から先頭集団に絡んでいく競馬。この煽りをモロに受けたのが内枠から先行したサンライズソアだった。

~前走負けて強しのサンライズソア

マクリの動きに対して、最も影響を受けるのは内の先行馬である。同じ先行馬でもテーオーエナジーは外枠だった分、上手く溜めを作ることができたが、内のサンライズソアにとっては引くに引けない状況だった。それでも直線一旦は突き放す脚を見せ、最後に捕まったとは言え3着に粘ったことは大いに評価できるもの。

そして、今回はテイエムジンソク=古川騎手がいない。となれば、ようやくサンライズソア向きの展開になるのではないか。鞍上はモレイラ。ダートでは芝ほどの信頼度はないが、なんだかんだ3年前のサンビスタ=デムーロ、昨年のゴールドドリーム=ムーアと、大一番では芝が得意な外国人ジョッキーの一発がある。

いつもなら最終結論はブログで…というところだが、今週に関してはあまり迷いはない。十中八九、サンライズソアに、自信の本命を打つつもりである。


※最終結論はブログ『TAROの競馬』で無料公開します。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。

[もっと見る]

2018年11月28日(水) 14:00 競馬プロ予想MAX
最速プロ予想『シューナカ☆』Vol.60・チャンピオンズC2018 ――今週も3歳馬旋風が吹き荒れるか?それとも古馬勢の壁が立ちはだかるのか?!
閲覧 2,212ビュー コメント 0 ナイス 10



前回の~ジャパンC編~では、「古馬相手でも能力的に上の印象で、人気になりそうでも馬券的には中心視せざるをえない」(サラマッポプロ)、「今年のジャパンCは素直にアーモンドアイの相手探しと割り切ったほうがベター」(スガダイプロ)といったアーモンドアイへの見立てや、4番人気2着好走のキセキへの「キセキの天皇賞(秋)の走破タイム1分57秒0は、2008年に逃げて天皇賞(秋)を2着に粘ったダイワスカーレットに比肩する好時計。また、今年の天皇賞(秋)の決着タイム自体も史上2番目の高速決着だった」(岡村信将プロ)、「スローの溜め逃げではダメだが、前走同様早目のスパートなら、逃げ切れる可能性も。アーモンドアイを負かすとすればこの馬」(スガダイプロ)、2番人気3着スワーヴリチャードへの「前走は物足りない調整で状態面に疑問。今回の1週前追い切りの動きも首が上がって自分から前にグッと伸びる感じがなくガラッと良くなったという印象はなく......」(くりーくプロ)といった見解などを掲載した当コラム。今週も人気プロ予想家たちの週半ば見解に潜む的中へのヒントや、人気馬の評価ポイントなどをぜひお役立て下さい。
○コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。⇒ http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7125

本日のターゲットは、11/25(日)チャンピオンズカップ
今回は、ウマニティ公認プロ予想家のサラマッポ伊吹雅也岡村信将くりーくの4人にアノ注目馬を中心に、その他の特注馬も含め見解を直撃!
※見解は全て11/26(月)時点のものです。
※本稿掲載馬ゴールドドリームは、公開直前の11/28昼過ぎ回避が発表されております。馬自体の適性、次走以降への参考情報として本稿ではそのまま掲載しておりますが、チャンピオンズCへの出走はありませんので予めご了承願います。


●今回のプロ予想家陣
サラマッポプロ・・・独自の馬体・走法分析から未知の適性を見抜き、厳選したレース&穴馬を狙い撃ちするスタイルで毎年プラス収支をマーク(近11年中9年で年間プラス達成!今年も9/23終了時点で年回収率102%とプラス継続中)。
伊吹雅也プロ・・・競馬評論家。JRA(日本中央競馬会)の公式ホームページ内「今週の注目レース」にて“データ分析”のコーナーを担当しているほか、さまざまなメディアを舞台に活動。主な著作に『WIN5攻略全書 回収率150%超! "ミスターWIN5"のマインドセット』、『コース別 本当に儲かる騎手大全』シリーズ(いずれもガイドワークス)など。ウマニティにおいてはコラム「伊吹雅也のピックアップ競馬データ」(毎週月曜、水曜、木曜公開)を連載中。
岡村信将プロ・・・フリーランス競馬ライター。『ラップギア』と『瞬発指数』を構築し、2008年には単行本『タイム理論の新革命・ラップギア』の発刊に至る。ウマニティでは創設当初の2007年より公認プロ予想家初期メンバーとして活躍中。
くりーくプロ・・・調教中心に予想を展開。関西の新馬戦+重賞が主戦場で、全頭調教評価コメントにも定評。


●各馬へのコメント
ルヴァンスレーヴ
 くりーく これまで伏竜Sで2着に敗れた以外は、1600mから2000mまで中央・地方のいろいろな競馬場で勝ってきている馬で、前走の南部杯もかなり強い競馬だったと思います。調教では抜けて良い時計が出る馬ではないのですが、この中間も2週前、1週前と坂路で十分好時計の内容。1週前追い切りの動きを見ても、重心が低い走りで気になるところはなく、この相手でも強い競馬を見せてくれるのではないかとみています。
 サラマッポ 前走は古馬の一線級を相手に完勝の内容でした。現在、ダート馬No.1の力量と考えて良さそうです。胸が深くスタミナも豊富で、距離延長はむしろプラスに働くと思われます。おそらく1番人気ですが、馬券的には中心視せざるを得ない印象ですね。
 岡村信将 売り出し中の3歳馬ですね。実はこのチャンピオンズCというレースは面白いところがありまして、施行日が12月1日より前なら3歳馬の斤量が55kg、それ以降だと56kgになるんです(牝馬は2kg減)。過去にジャパンカップダートだった時代も含めて、このレースを勝った3歳馬3頭はすべて55kgの斤量。55kg組の21戦3勝(勝率14%)に対して、56kg組は22戦0勝という成績になっています。今年は12月2日の施行、ルヴァンスレーヴをはじめとした3歳勢は1日の差で56kgを背負うことになります。同様に去年、今年と3歳馬の斤量的不利を説いたマイルCSでは、2年連続で3歳馬に勝たれているのは秘密ということで(笑)
 伊吹雅也 岡村さんの“V3”にも注目ですね(笑) ですが、やはり傾向からこのレースは若い馬があまり信頼できませんよね。中京ダ1800mで施行されるようになった2014年以降は、4歳以下の馬が[1-1-0-20](複勝率9.1%)。ちなみに、2011~2013年も[0-0-2-13](複勝率13.3%)でした。もっとも、2014年以降のチャンピオンズCで3着以内となった4歳以下の2頭は、いずれも同年にJRAや地方のG1を勝っていた馬。ルヴァンスレーヴも既に古馬相手のレースでも結果を残しているわけですし、大きく評価を下げる必要はないというのが今のところの私の見立てですが。


ゴールドドリーム(※11/28昼過ぎに回避発表)
 くりーく 昨年の勝ち馬で今年は国内戦に集中していることもあって、かしわ記念、帝王賞のJpn1・2勝と充実した成績。ただこれまで坂路中心の調整だったものが、この中間からCWを長めからの調教に変えてきていて、その点は今回気になるところ。帝王賞の時もCWでの追い切りが2本あっても+12kgだったので、この中間も馬体が太いという点を意識しての調整内容の変更と思われ、特に距離を意識してというものではないとみています。動きに関しても、調教駆けする馬にしては動きが鈍い印象の1週前追い切りでしたし、最終追い切りをどのコースで行い、どんな動きを見せるかというのは好走の大きなポイントになってくるとみています。
 伊吹雅也 私は素直に中心視するつもりです。2014年以降の3着以内馬12頭は、いずれも“同年のフェブラリーS”において3着以内となった経験があるか、前走の着順が3着以内だった馬。さらに、馬齢が5~6歳だった馬も2014年以降[3-3-3-19](複勝率32.1%)と比較的安定しています。ただ1点。枠番が6~8枠だった馬は2014年以降[0-1-1-21](複勝率8.7%)と人気を裏切りがちです。この馬に限った話ではありませんが、仮に外寄りの枠に入るようなことでもあれば過信禁物と見るべきでしょう。
 岡村信将 脚質的なイメージはまったく違いますが、過去に『現代のコパノリッキーにもなれる』と評した馬です・・・

[もっと見る]

2018年11月27日(火) 16:00 覆面ドクター・英
チャンピオンズカップ2018
閲覧 1,565ビュー コメント 0 ナイス 9

ジャパンCのアーモンドアイは強いのは分かり切っていましたが、それにしても異常なレコード勝ちで本当に強かったですね。この馬自身は後ろから行って、前が止まらない流れを期待していたのですが、先行している時点で「参りました」という感じですね。ロードカナロア自身は安田厩舎だったのでスプリンターになっただけで、産駒の中距離馬はこれからもたくさん出てくると思います。予想のほうは、2着以下もだいたい予想通りだったのですが、馬券的には残念な結果に。まあ、単勝1.4倍の馬を本命にしたくなくてシュヴァルグランに本命を打って散ったわけで、納得もしているところですが......。
さて、気持ちを切り替えてチャンピオンズカップ。昨年のチャンピオンズカップは、気ムラな面も手伝ってか、なぜか世間評価は上がって来なかった8番人気ゴールドドリームが、栗東坂路で動けていて鞍上はR.ムーア騎手ということで本命で狙い打ち。2着テイエムジンソク、3着コパノリッキーも含め気持ちよく3連単15万馬券を的中出来たレース。私にとっては、夏休みのハワイツアー資金調達に貢献してくれた縁起の良いレースでもありますので、今年もドカンと当てたいと思っています。

それでは恒例の全頭診断を。


<全頭診断>

1番人気想定 ルヴァンスレーヴ:7戦6勝とスローからの上がり勝負でドンフォルティスをかわせなかった伏竜S以外は全部勝ち切っており、当然有力。

2番人気想定 ゴールドドリーム:休み明けの前走はルヴァンスレーヴに完敗したが、マイルはちょっと忙しい感じになってきていて、1800mで斤量差1kgなら逆転があってもいい。

3番人気想定 ケイティブレイブ:逃げ・差し自在で、今年はダイオライト記念、日本テレビ盃、JBCクラシックを勝ち、帝王賞は2着とダート路線の主役に君臨しており、当然やれていい。

4番人気想定 オメガパフューム:ダートは強いと評判の3歳世代No.2で、7戦4勝2着2回3着1回とすべて馬券になっている馬。前有利な中京が微妙にしても、好勝負可能だろう。

5番人気想定 サンライズノヴァ:ハラハラさせながらもしっかり差し切ってという競馬で3連勝中だが、勝ち切るには中京はあまり向いていない感じもする。

6番人気想定 サンライズソア:今年は名古屋大賞典、平安S勝ちにJBCクラシック3着と、伸び盛りの時期だけにここでも好走を十分期待できる。

7番人気想定 ノンコノユメ:今年は1月に根岸Sで復活の勝利をあげ、その勢いのままにフェブラリーSも勝ったが、以降は3戦連続4着といまひとつな状況。昨年9着、一昨年6着とあまり中京1800mは向いていないようで、東京マイルあたりが一番いいのだろうが、人気が無いならヒモにはありか。

8番人気想定 インカンテーション:8歳の暮れだが、衰え少なく長く活躍してきた。ただ、前走の内容を見るとはさすがにちょっと衰えてきたかなあという印象。そこそこ人気だろうし、消して妙味か。

9番人気想定 アンジュデジール:JBCレディスクラシックを鋭く差して勝ったが、牡馬相手には通用しておらず買えない。

10番人気以下想定 

センチュリオン:3月にオープン特別とマーチSを連勝し、秋も白山大賞典で2着したが、JBCクラシックでは11着と惨敗。今回、人気を落としそうだが3着ならあるかも。

パヴェル:アメリカのダートG1馬で、G1では他にも2着、3着各1回に4着3回と強い馬なのだろうが、アメリカと日本の砂質は違いあまり買いたくない。

アポロケンタッキー:+16kgで惨敗したJBCクラシックだったが、1月の川崎記念ではさらに1kg重い575kgでも2着と走っており、そこだけに原因を求める訳にはいかないか。巨漢馬のこのくらいの馬体重変動はそれほど問題ではないのかもしれない。以前ステロイド使用が問題になった馬でもあり、さらに増えるのはさすがに良くないのだろうが。今回は一気に人気を落としそうだが、このレースは昨年取り消し、一昨年5着とそこそこやれてもいい。

ウェスタールンド:夏にオープン入りしてすぐシリウスS2着の後、前走の武蔵野Sでは接触の不利もあって3番人気7着と負けたが、巻き返しは十分にあるとみている。ヒモ候補。

クインズサターン:昨秋にオープン入りして以降、今年は重賞で2着2回3着2回と結構強い相手に人気以上に走っており、ヒモに入れる手はありか。

アスカノロマン:一昨年のこのレースの3着馬で前走のJBCクラシックでも6着と意外にまだ衰えは小さいようで、3連単の3着あたりには入れてもいいのかも。

ヒラボクラターシュオメガパフュームのところでも触れた、豊作と言われる今年の3歳牡馬ダート路線。この馬もそれを証明するように古馬を相手に、9月、11月にオープン特別を勝っていて、その前の同世代相手のレパードSではグリムの2着に好走の実績あり。ヒモに加えるのはありか。

チュウワウィザード:6戦4勝の戦歴で、3歳暮れで既にこの舞台まで駆け上がってきた。来年あたりは主役になっているかも。先物買いでヒモに入れるかどうか。

ミツバ:追い込んだり、派手な大逃げを打ったりと気難しい馬で、ここ2戦は1番人気を裏切り、かつ前走の白山大賞典は11着と惨敗でもあり人気落とすだろうが、要は気持ちが乗れば走れていい。昨年も12番人気6着とそこそこやれており、穴としてヒモには加えたい。

メイショウスミトモ:遅咲きダートステイヤーで昨年9月にシリウスS(2000m)、12月には交流重賞の名古屋GP(2500m)を制したが、今年はさすがに衰えてきていて買えない。

ダノングッド:1600万下クラスに上がって以降は1200~1400mが主戦場で、短距離の追い込み馬となっている現状では、この舞台は合わない。


<まとめ>あまり消せる馬がおらず、特に3着は手広くいく予定。

有力:ルヴァンスレーヴゴールドドリームケイティブレイブオメガパフュームサンライズノヴァ

ヒモに:サンライズソアノンコノユメセンチュリオンアポロケンタッキー

穴に(3着なら):ウェスタールンドクインズサターンアスカノロマンヒラボクラターシュチュウワウィザードミツバ

[もっと見る]

2018年11月25日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2018年11月25日号】特選重賞データ分析編(126)~2018年チャンピオンズカップ~
閲覧 1,724ビュー コメント 0 ナイス 5



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 チャンピオンズカップ 2018年12月02日(日) 中京ダ1800m


<ピックアップデータ>

【枠番別成績(2014年以降)】
○1~5枠 [4-3-3-29](複勝率25.6%)
×6~8枠 [0-1-1-21](複勝率8.7%)

 中京ダ1800mで施行されるようになった2014年以降は、外寄りの枠に入った馬が不振。枠番が6~8枠だったにもかかわらず3着以内となったのは2014年3着のローマンレジェンド、2017年2着のテイエムジンソクだけです。なお、この2頭はいずれも前走の4コーナー通過順が2番手以内。先行力がそれほど高くない馬にとってはより厳しい条件であると推測できます。人気を裏切ってしまった例も少なくないので、該当馬は思い切って評価を下げましょう。

主な「○」該当馬→未定
主な「×」該当馬→未定


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「馬齢が5~6歳」だった馬は2014年以降[3-3-3-19](複勝率32.1%)
主な該当馬→ゴールドドリームノンコノユメ

[もっと見る]

⇒もっと見る

ゴールドドリームの口コミ


口コミ一覧
閲覧 191ビュー コメント 4 ナイス 21

 先週のチャンピオンズカップで、勝ったのは
またまた、3歳馬のルヴァンスレーヴでした。レース前から、ゴールドドリームの回避で
かなりの確率で勝つのでは、と思っていましたが、ここまでとは・・・・。
スタートに難がありましたが、ジャパンカップのアーモンドアイと同様、好スタートを切ると
これまでと違い、好位で競馬を進めていました。この時点で勝負アリって感じでしたね。
タイムも優秀で、1分50秒1は、チャンピオンズカップとなって中京で開催されるようになってから
一昨年の勝ち馬サウンドトゥルー、昨年の勝ち馬ゴールドドリームと同じタイムでした。
3歳にしてすでに、古馬トップレベルにあるということになります。
どこまで強くなるのかも見てみたいので、どうか無事で来年を迎えて欲しいですね。
個人的には、以前も書きましたが、シンボリクリスエス産駒ということもあり
欧州の芝で走るのを見てみたい気はしています。(凱旋門賞ではなく、マイルから二千あたりで。)

 さて、本題に入る前にもう一つ。
既にご存知だと思いますが、12月に入り、3歳馬の古馬との斤量差が
変わりました。11月までは、2キロ差だったのが、12月より、1キロ差になっています。
チャンピオンズカップでいうと、ルヴァンスレーヴは56kgでしたが、先月開催なら、55kgだったということです。今後の予想の一つのポイントになるかもしれません。
前置きはそのくらいにして本題に。
チャンピオンズカップでルヴァンスレーヴが勝ったことで俄然面白くなってきたのが
最優秀3歳牡馬の行方です。この話題は既にネットでも取り上げられていますが・・・。
最優秀3歳牡馬の候補は
・ダービー馬ワグネリアン
 (ダービー1着。神戸新聞杯1着)
・皐月賞馬エポカドーロ
 (皐月賞1着、ダービー2着)
・チャンピオンズカップ馬ルヴァンスレーヴ
 (ジャパンダートダービー1着、南部杯1着、チャンピオンズカップ1着、ユニコーンステークス1着)
・マイルチャンピオンシップ馬ステルヴィオ
 (マイルチャンピオンシップ1着、スプリングステークス1着)
このあたりが候補だと思います。
例年なら、クラシックの中でも格式が高いダービー馬ワグネリアンになるのでしょう。
秋の神戸新聞杯で、同世代の有力馬をまとめて負かしているので、ほぼ決まりだと思います。
ただ、今年はちょっとそうはいかない感じがします。
それが、砂の化け物ルヴァンスレーヴの存在です。
ワグネリアンは神戸新聞杯の後は、天皇賞秋を回避で、レースに出ていない状況に対して
ルヴァンスレーヴは南部杯で昨年のダートチャンピオンホースのゴールドドリーム以下を撃破し
続くチャンピオンズカップも並み居る強豪古馬を撃破しました。
秋以降のレースぶりと勢いは完全にルヴァンスレーヴに分があると私は見ています。
あとは記者の方の考え方だと思います。(格式をとるかインパクトをとるか)
こういう機会はなかなかないので、興味深く楽しみにしたですね。


最後に、阪神ジュベナイルフィリーズについて
これこそ分かりません。(^^;
ただPOG馬のシェーングランツが出走予定なので応援はしたいとは思っています。
POG馬に肩入れして予想するとろくなことがないので、そこはフラットにして予想したいと思っています。
(先週のチャレンジカップの(元POG馬)レイエンダで撃沈しました。(>_

 宮下あつ 2018年12月2日() 15:56
チャンピオンズカップ
閲覧 46ビュー コメント 0 ナイス 4

ルヴァンスレーヴ、化物だわ。
ゴールドドリームでてても圧勝されただろう。
馬券はルヴァンスレーヴからJBCクラシックのワンツーをヒモにしたのでハズレ。
サンライズソアくるならケイティブレイブかオメガパフュームがその前にいると思ったんだけどなぁ。
ウェスタールンドはおさえてたのになぁ。
残念。

[もっと見る]

 ちびざる 2018年12月2日() 13:12
【GⅠ】チャンピオンズカップの予想
閲覧 245ビュー コメント 0 ナイス 4

◎:②ルヴァンスレーヴ
〇:⑧ケイティブレイブ
▲:⑨サンライズソア
△:⑦サンライズノヴァ
×:③パヴェル
×:⑤ノンコノユメ
×:⑫ウェスタールンド


【買い目】
※オッズ等により、変更する可能性アリ

馬連流し
②→⑨⑦③⑤⑫
⑧→⑨⑦③⑤⑫
3連複流し
⑧→②⑨⑦③⑤⑫




 ◎は②ルヴァンスレーヴにしました。
 指数1位。 
前走の南部杯の内容が圧巻でした。
ゴールドドリーム以下を撃破したことが高く評価できると思います。
斤量も前走と同じもかえってプラスだと思います。
スタートがカギを握りそうです。
内枠が気になりますが、レース中のアクシデントが無い限り問題はないと思います。
ミルコ・デムーロ騎手にも大きなチャンスだと思います。


 ○は⑧ケイティブレイブにしました。
 指数2位。某スポーツ紙調教評価1位
 前走のJBCクラシックは京都開催でのレースで完勝でした。
このレースに向けて弾みがついたと思います。
ただ、このレースには、ゴールドドリームやルヴァンスレーヴは出ておらず
南部杯に比べてレースレベルが低かったの感は否めないのも事実です。
ただ、ワンターンのコースよりコーナー4つのコースのが向いていると思います。
年齢を重ねるごとに自在性が出てきている点はプラス。
前走のようなレースが出来ればかなり有力だと思います。


 ▲は⑨サンライズソアにしました。
  指数4位。
この馬は、スタートでハナを切れるかどうか。
ハナを切れれば力を発揮すると思います。
あとはペース次第。この辺りは。他馬との関係になりますが
⑧ケイティブレイブがカギを握りそうですが、前に行く感じではなさそうなので
ペースは落ち着きそうですね。
あとは、モレイラ騎手がどうこの馬をコントロールするか。注目しています。


 △以下では、③パヴェル注目です。
米国のGⅠ馬の参戦なので、どうしても注目せざるをないですね。
遠征競馬なので、状態がどうかは気になりますね。
アウェイの不利はありますが、米国のGⅠ馬の底力は侮れない気がします。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ゴールドドリームの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
2:
  当たる馬券は何処?   フォロワー:1人 2018年2月19日(月) 18:27:39
ゴールドドリーム連覇の夢はシルバードリームになってしまいました。平田調教師がノンコノユメの強さは認めながら敗因は騎手が早く動き過ぎたとコメント。日本人騎手ならば名指し出来ても、世界の名手では遠慮するとは。
1:
  b8e6e121c2   フォロワー:0人 2016年12月5日(月) 22:19:35
タガノエトワールの処置を、ゴールドドリーム見てたんじゃ無いのかな?覇気が無かった

ゴールドドリームの写真

ゴールドドリームの厩舎情報 VIP

2018年2月18日フェブラリーS G12着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ゴールドドリームの取材メモ VIP

2018年2月18日 フェブラリーS G1 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。