アイコンテーラー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
アイコンテーラー
アイコンテーラー
アイコンテーラー
アイコンテーラー
アイコンテーラー
写真一覧
現役 牝6 栗毛 2018年5月2日生
調教師河内洋(栗東)
馬主中西 浩一
生産者畠山牧場
生産地新ひだか町
戦績23戦[6-2-3-12]
総賞金13,373万円
収得賞金8,300万円
英字表記Icon Tailor
血統 ドゥラメンテ
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
アドマイヤグルーヴ
ボイルトウショウ
血統 ][ 産駒 ]
ケイムホーム
ミッドナイトオアシス
兄弟 キョウエイディーズライブリボイル
市場価格
前走 2023/12/03 チャンピオンズカップ G1
次走 2024/02/24 仁川ステークス (L)

アイコンテーラーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
23/12/03 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 1581418.3714** 牝5 56.0 J.モレイ河内洋 484
(+7)
1.54.1 3.540.2⑩⑩⑩⑪レモンポップ
23/11/03 大井 9 JBCレディ G1 ダ1800 12--------1** 牝5 55.0 松山弘平河内洋 477
(--)
1.52.9 -0.8----グランブリッジ
23/09/30 阪神 11 シリウスS G3 ダ2000 14575.222** 牝5 55.5 団野大成河内洋 474
(0)
2.04.6 0.237.6ハギノアレグリアス
23/08/26 新潟 11 BSN賞 (L) ダ1800 1381220.781** 牝5 54.0 菱田裕二河内洋 474
(0)
1.50.8 -0.336.9ブルベアイリーデ
23/05/20 東京 11 メイS OP 芝1800 183514.8612** 牝5 54.0 菱田裕二河内洋 474
(-6)
1.45.9 1.234.9④④⑤サクラトゥジュール
23/01/14 中京 11 愛知杯 G3 芝2000 1571314.972** 牝5 53.0 菱田裕二河内洋 480
(+4)
2.03.4 0.334.5アートハウス
22/12/10 中京 11 中日新聞杯 G3 芝2000 185929.3103** 牝4 52.0 菱田裕二河内洋 476
(+2)
1.59.5 0.134.9キラーアビリティ
22/11/19 阪神 11 アンドロメダ (L) 芝2000 117811.265** 牝4 52.0 和田竜二河内洋 474
(+10)
1.59.9 0.635.9マテンロウレオ
22/10/23 新潟 11 新潟牝馬S OP 芝2200 146105.739** 牝4 54.0 亀田温心河内洋 464
(-6)
2.15.2 0.735.3⑧⑩⑨⑤ホウオウエミーズ
22/06/19 阪神 11 マーメイドS G3 芝2000 1651013.9911** 牝4 53.0 亀田温心河内洋 470
(+4)
1.59.7 1.435.9⑥⑥⑦⑩ウインマイティー
22/05/08 新潟 11 新潟大賞典 G3 芝2000 15224.919** 牝4 52.0 亀田温心河内洋 466
(-6)
1.58.4 0.735.6④④レッドガラン
22/03/06 阪神 11 大阪城S (L) 芝1800 12566.543** 牝4 52.0 亀田温心河内洋 472
(0)
1.45.0 0.234.4アルサトワ
22/02/06 小倉 11 関門橋S OP 芝2000 12225.033** 牝4 53.0 亀田温心河内洋 472
(-2)
2.00.8 0.834.7⑥⑤⑦⑥ダブルシャープ
22/01/15 中京 11 愛知杯 G3 芝2000 164827.995** 牝4 51.0 亀田温心河内洋 474
(+10)
2.01.3 0.335.1ルビーカサブランカ
21/10/30 新潟 11 魚沼S 3勝クラス 芝2000 9442.211** 牝3 53.0 亀田温心河内洋 464
(0)
1.59.7 -0.234.5ミスミルドレッド
21/10/09 新潟 11 村上特別 2勝クラス 芝1800 9553.231** 牝3 53.0 亀田温心河内洋 464
(+6)
1.47.5 -0.333.2フローズンスタイル
21/09/19 中京 11 ローズS G2 芝2000 1823126.1178** 牝3 54.0 亀田温心河内洋 458
(0)
2.00.7 0.734.7④④アンドヴァラナウト
21/07/04 福島 11 ラジNIK賞 G3 芝1800 1661238.7138** 牝3 51.0 亀田温心河内洋 458
(+2)
1.49.0 1.035.9⑤⑥④⑤ヴァイスメテオール
21/05/22 新潟 10 早苗賞 1勝クラス 芝1800 98810.951** 牝3 54.0 亀田温心河内洋 456
(0)
1.49.3 -0.337.5バガン
21/05/09 新潟 5 3歳未勝利 芝2000 126747.691** 牝3 53☆ 亀田温心河内洋 456
(-12)
2.04.6 -0.337.2④④⑤⑤マテンロウアレス

⇒もっと見る


アイコンテーラーの関連ニュース

チャンピオンズC14着アイコンテーラー(栗・河内、牝6)は、武豊騎手との初コンビで仁川S(2月24日、阪神、L、ダ2000メートル)に向かう。東海S5着オーロイプラータ(栗・宮本、牡4)も同レースへ。

天皇賞・秋10着ノースブリッジ(美・奥村武、牡6)は、カタールGⅠロンジン・アミールトロフィー(2月17日、アルライヤン、芝2400メートル)の招待を受諾した。

スプリンターズS3着ナムラクレア(栗・長谷川、牝5)は、京都牝馬S(2月17日、京都、GⅢ、芝1400メートル)で年明け初戦を迎える。

AJCC2着ボッケリーニ(栗・池江、牡8)は、日経賞(3月23日、中山、GⅡ、芝2500メートル)か、大阪杯(3月31日、GⅠ、芝2000メートル)を目指す。

東海S6着ペプチドナイル(栗・武英、牡6)は、フェブラリーS(2月18日、東京、GⅠ、ダ1600メートル)に登録する。16着バビット(栗・浜田、牡7)は、洛陽S(2月10日、京都、L、芝1600メートル)か、京都記念(2月11日、京都、GⅡ、芝2200メートル)に向かう。

京阪杯12着モズメイメイ(栗・音無、牝4)は、京都牝馬Sで田口騎手と初コンビを組む。

★羅生門Sを勝ち、OP入りを決めたゼットレヨン(栗・吉田、牡5)は、大和S(2月18日、京都、OP、ダ1200メートル)を視野に入れる。

★豊前Sを勝ってOP入りしたサンライズアリオン(栗・平田、牡5)は、フェブラリーSに登録する。

【血統アナリシス】中日新聞杯2023 ステイゴールド産駒を中心にノーザンテーストの血を引く人気薄が激走 2023年12月8日(金) 12:00


ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は中日新聞杯2023・血統予想をお届けします!


2017年から施行時期を12月に移して開催されているハンデキャップ競走。2021年にはキングズベスト産駒の8番人気ショウナンバルディが逃げ切るほか、2着にはステイゴールド産駒の17番人気アフリカンゴールド、3着にはダイワメジャー産駒の10番人気シゲルピンクダイヤが入線し、3連単は236万馬券の大波乱となった。ステイゴールドは直仔ショウナンバッハも2017年が9番人気4着、2018年が12番人気2着、2019年が10番人気4着と人気薄ながら毎年上位を賑わせていただけに、今後は後継種牡馬も含めて動向を注視していきたい。

ほか、急坂を2度もこなさなければならないコース形態から、ノーザンテーストやRoberto、デインヒル、Sadler's Wellsといったパワーや底力に長けた血脈を評価しやすい。ちなみに、10番人気以下で3着以内に好走した、2018年2着ショウナンバッハ、2021年2着アフリカンゴールド、2021年3着シゲルピンクダイヤ、2022年3着アイコンテーラーの4頭は、いずれもノーザンテーストの血脈を持つことで共通している。

マイネルファンロンは、父ステイゴールド×母マイネテレジア(母の父ロージズインメイ)。今回のメンバーでは唯一となるステイゴールドの直系(直仔)。レース傾向からも穴馬として一考したい血統だが、本馬自身も21年新潟記念を12番人気で制するなど、重賞では過剰不人気馬として何度も波乱を演出してきた実績を持つ。父ステイゴールドが息の長い活躍をしたことを鑑みれば、むしろ8歳という年齢にも円熟味を増した魅力がある。

ワンダフルタウンは、父ルーラーシップ×母シーオブラブ(母の父ディープインパクト)。昨年の中日新聞杯では15番人気で8着、勝ち馬から0秒4差と健闘していたが、勝負所でスムーズにさばけなかった不利を考えれば内容は濃かった。名牝ダイナカールを介してノーザンテーストの血を引くことも強調しやすく、キングカメハメハ、トニービン、ガーサント、サンデーサイレンスなどを併せ持つ配合も、20年1着ボッケリーニを想起させる。

スパイダーゴールドは、父ダイワメジャー×母シュガーショック(母の父Candy Ride)。同産駒は、前述したシゲルピンクダイヤが20年9番人気2着、21年10番人気3着と2年連続人気薄でリピート好走するほか、17年ロードヴァンドールも5番人気3着と善戦。中京芝2000mは半兄ラーゴムが21年きさらぎ賞を勝った舞台であり、2走前の新潟大賞典では1番人気に推されていたことを考えても、きっかけさえつかめれば一変して不思議ない。


【血統予想からの注目馬】
マイネルファンロン ⑰ワンダフルタウン ⑯スパイダーゴールド

[もっと見る]

【チャンピオンズC】レースを終えて…関係者談話 2023年12月4日(月) 04:55

◆松山騎手(テーオーケインズ4着)「理想的なこの馬のパターンの競馬ができました。最後は苦しくなりましたが、精いっぱい走ってくれました。勝てなくて悔しいです」

◆浜中騎手(メイショウハリオ5着)「ポジションはもう少し取りたかった。最後は伸びていますが、勝った馬は総合力が高かったですね」

◆岩田望騎手(ハギノアレグリアス6着)「理想のポジションが取れました。最後まで頑張ってくれましたが、外を回った分もあったかもしれません」

◆幸騎手(メイクアリープ7着)「競馬が上手で最後も伸びていた。控える競馬もできてきているので、これからが楽しみです」

◆松若騎手(ノットゥルノ8着)「ゲートで脚を滑らせました。もう少し前で競馬をしたかったです」

◆横山武騎手(アーテルアストレア9着)「馬のリズムを優先して乗りました。思ったより前が止まらなかったですね。能力は出し切ってくれました」

◆川田騎手(クラウンプライド11着)「パドックを出てから、気持ちが後ろ向きな瞬間が多く、いつもと全く違う競馬になりました。気持ちが入らないままレースが終わってしまいました」

◆藤懸騎手(ケイアイシェルビー12着)「思い描いたレースはできました。勝ち馬と同じ位置で頑張ってはいるんですが、力の差を感じました」

◆ルメール騎手(グロリアムンディ13着)「いいポジションだったけど、3、4コーナーで手応えがなくなってしまった」

◆モレイラ騎手(アイコンテーラー14着)「初めて砂をかぶる経験をして、やる気をなくしてしまった。力を出し切れなかった」

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】チャンピオンズC2023 大久保先生、ジャンポケ・斉藤さん、徳光和夫さんほか多数!競馬大好き芸能人・著名人が真剣予想! 2023年12月3日() 05:30


※当欄ではチャンピオンズCについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑮レモンポップ
○⑨クラウンプライド
▲④テーオーケインズ
△⑧アーテルアストレア
△⑭アイコンテーラー

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎⑪ハギノアレグリアス
単勝


【徳光和夫】
◎⑮レモンポップ
3連単1頭軸流しマルチ
⑮→①④⑥⑨⑩
ワイド流し
⑮-④⑧

【DAIGO】
注目馬
レモンポップ

【林修】
注目馬
レモンポップ

【あの】
注目馬
レモンポップ

【クールポコ。】
注目馬
アイコンテーラー

【篠原梨菜】
◎④テーオーケインズ

【小沢光葵】
◎⑭アイコンテーラー

【佐野瑞樹】
注目馬
レモンポップ

【キャプテン渡辺】
◎②メイショウハリオ
単勝

馬連・ワイド
②-⑮レモンポップ
3連複2頭軸流し
②-④-①⑦⑧⑬

【お兄ちゃん(ビタミンS)】
◎⑨クラウンプライド
3連単フォーメーション
⑨→④⑪⑭→①④⑥⑧⑪⑫⑭⑮
⑨→①④⑥⑧⑪⑫⑭⑮→④⑪⑭

【林健(ギャロップ)】
◎⑮レモンポップ
3連単フォーメーション
⑮→⑨⑫→②⑤⑨⑪⑫⑭
⑨⑫→⑮→⑨⑫

【恋さん(シャンプーハット)】
◎⑪ハギノアレグリアス
3連単2頭軸流しマルチ
⑪→⑮→①②④⑤⑥⑨⑫⑭

【てつじ(シャンプーハット)】
◎⑤ドゥラエレーデ
馬連
⑤-⑨クラウンプライド
3連単2頭軸流しマルチ
⑤→⑨→①②④⑥⑪⑫⑭⑮

【浅越ゴエ】
◎⑨クラウンプライド
馬連
⑨-⑪ハギノアレグリアス
馬単流し
⑨→⑤⑥
ワイド流し
⑨-⑤⑥⑪
3連単1頭軸流しマルチ
⑨→②④⑤⑥⑪

【月亭八光】
◎⑨クラウンプライド
3連複
④-⑨-⑪

【岩部彰(ミサイルマン)】
◎④テーオーケインズ
ワイド流し
④-⑨⑪

【西代洋(ミサイルマン)】
◎①メイクアリープ
3連単2頭軸流しマルチ
①→⑨→②④⑥⑧⑪⑫⑭⑮

【浜田順平(カベポスター)】
◎⑨クラウンプライド
馬連フォーメーション
④⑨⑪-①②④⑥⑨⑪⑫⑭⑮
3連複フォーメーション
⑨-②④⑪-①②③④⑥⑦⑧⑪⑫⑭⑮

【永見大吾(カベポスター)】
◎⑪ハギノアレグリアス
馬連流し
⑪-②④⑮

【長岡一也】
◎⑪ハギノアレグリアス
○⑨クラウンプライド
▲⑫セラフィックコール
△②メイショウハリオ
△④テーオーケインズ
△⑭アイコンテーラー
△⑮レモンポップ

【原奈津子】
◎⑨クラウンプライド
○⑮レモンポップ
▲②メイショウハリオ

【鈴木淑子】
◎⑫セラフィックコール
馬連BOX
クラウンプライド
セラフィックコール
アイコンテーラー
レモンポップ
複勝
ドゥラエレーデ

【舩山陽司】
◎⑨クラウンプライド
3連単フォーメーション
⑨→②④⑪⑭→①②④⑥⑧⑪⑫⑭⑮

【皆藤愛子】
◎⑭アイコンテーラー

【高田秋】
◎④テーオーケインズ

【ゴルゴ松本(TIM)】
◎⑨クラウンプライド
ワイド
③-⑨
①-⑨
⑦-⑨
⑧-⑨
⑨-⑪

【レッド吉田(TIM)】
◎⑫セラフィックコール
単勝・複勝


【杉本清】
◎⑮レモンポップ

【土屋伸之(ナイツ)】
注目馬
ドゥラエレーデ

【小木茂光】
◎⑨クラウンプライド
3連単フォーメーション
②④⑨→①②④⑥⑨⑪⑫⑭⑮→②④⑨

【守永真彩】
◎⑤ドゥラエレーデ
単勝

馬連BOX
テーオーケインズ
ドゥラエレーデ
グロリアムンディ
ハギノアレグリアス
レモンポップ

【福原直英】
注目馬
ジオグリフ

【三代目 中村福之助】
◎⑪ハギノアレグリアス

【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑪ハギノアレグリアス

【吉田稔(元地方競馬騎手)】
◎⑨クラウンプライド

【中村均(元JRA調教師)】
◎⑨クラウンプライド

【細江純子(元JRA騎手)】
◎⑪ハギノアレグリアス

【田原成貴(元JRA調教師)】
◎⑫セラフィックコール

【大西直宏(元JRA騎手)】
◎⑮レモンポップ

【橋本マナミ】
◎⑫セラフィックコール

【酒井一圭(純烈)】
◎⑫セラフィックコール

【成瀬琴】
注目馬
レモンポップ

【旭堂南鷹】
◎⑧アーテルアストレア

【やべきょうすけ】
◎⑫セラフィックコール
○⑮レモンポップ
▲⑪ハギノアレグリアス
△④テーオーケインズ
△⑤ドゥラエレーデ
△⑥グロリアムンディ
△⑭アイコンテーラー

【稲富菜穂】
◎④テーオーケインズ

【川島明(麒麟)】
注目馬
セラフィックコール

【津田麻莉奈】
◎④テーオーケインズ

【ノブ(千鳥)】
注目馬
クラウンプライド

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑨クラウンプライド
○⑭アイコンテーラー
▲④テーオーケインズ
△②メイショウハリオ
△⑪ハギノアレグリアス
△⑫セラフィックコール
△⑮レモンポップ

【Lynn(声優)】
注目馬
セラフィックコール

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎⑨クラウンプライド
○⑪ハギノアレグリアス
▲④テーオーケインズ
△⑥グロリアムンディ
△⑦ウィルソンテソーロ
△⑧アーテルアストレア
△⑫セラフィックコール

【中野雷太】
◎⑨クラウンプライド

【土井よしお(ワンダラーズ)】
◎⑮レモンポップ
○⑨クラウンプライド
▲②メイショウハリオ
△①メイクアリープ
△④テーオーケインズ
△⑪ハギノアレグリアス
△⑫セラフィックコール

【清水久嗣】
◎⑧アーテルアストレア

【岡野陽一】
◎⑮レモンポップ
○②メイショウハリオ
▲④テーオーケインズ
△③ジオグリフ
△⑨クラウンプライド
△⑪ハギノアレグリアス
△⑫セラフィックコール

【小塚歩】
注目馬
◎⑨クラウンプライド

【米田元気】
◎⑨クラウンプライド

【藤原菜々花】
注目馬
レモンポップ
ジオグリフ

【三谷紬】
注目馬
メイクアリープ
ウィルソンテソーロ

【小泉恵未】
注目馬
ドゥラエレーデ
クラウンプライド

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑤ドゥラエレーデ

【大島麻衣】
◎⑮レモンポップ

【熊崎晴香(SKE48)】
◎⑨クラウンプライド

【栗林さみ】
注目馬
グロリアムンディ
クラウンプライド

【ほのか】
◎⑪ハギノアレグリアス

【目黒貴子】
◎⑫セラフィックコール

【天童なこ】
◎⑨クラウンプライド
○⑮レモンポップ
▲④テーオーケインズ
☆⑪ハギノアレグリアス
△⑤ドゥラエレーデ
△⑥グロリアムンディ
△⑫セラフィックコール
△⑭アイコンテーラー



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【チャンピオンズC】前走後の談話 2023年12月3日() 04:47

メイクアリープ「勝った馬は強かったですが、自分の馬もしっかり走ってくれています」(幸騎手=みやこS2着)

メイショウハリオ「休み明けで本来の走りではなかった」(浜中騎手=JBCクラシック4着)

ジオグリフ「個人的には芝の方がいいと思う」(岩田望騎手=南部杯9着)

テーオーケインズ「いいレースをしてくれたけど、結果を出せなかった」(松山騎手=JBCクラシック3着)

ドゥラエレーデ「直線に向いたときは反応できたが、最後に苦しくなってしまった」(坂井騎手=セントライト記念8着)

ウィルソンテソーロ「ペースが上がったときについていけなかった」(菅原明騎手=JBCクラシック5着)

アーテルアストレア「最後は思ったより伸びなかった」(M・デムーロ騎手=JBCレディスクラシック3着)

ノットゥルノ「マイペースで行けたし、最後は差し返す根性も見せてくれた」(森泰斗騎手=JBCクラシック2着)

ハギノアレグリアス「すごく状態も良かった。もっともっとパワーアップすると思う」(岩田望騎手=シリウスS1着)

セラフィックコール「すごく瞬発力があって、最後も思っていたよりも楽だった」(M・デムーロ騎手=みやこS1着)

ケイアイシェルビー「やりたい競馬はできた」(藤懸騎手=武蔵野S4着)

アイコンテーラー「スムーズに運べたし、道中の手応えも良かった」(松山騎手=JBCレディスクラシック1着)

レモンポップフェブラリーSと同じような雰囲気で、状態はすごくいいと思った。一緒にレースを楽しんでいた」(坂井騎手=南部杯1着)

[もっと見る]

【逃げ馬の作る展開から勝ち馬を見極める】チャンピオンズC2023 逃げ馬プロミストウォリア回避!混戦を断つのはどの馬か? 2023年12月2日() 17:00

中京ダート1800mで施行されるG1。

年に二度しか組まれないダートG1らしく、豪華なメンバーが集まった。

なかでも、注目はデビューから5連勝中のセラフィックコールか。ここを勝ち切る3歳馬は怪物級の印象で、どのような走りをするか非常に楽しみ。

当記事の趣旨的には、プロミストウォリアの回避が悩ましいところ。データは中京に移った2014年からの9年分を使用したい。

逃げた馬の成績は【0-0-3-7】。内訳は2017年9番人気3着コパノリッキー、2019年3番人気3着インティ、2020年10番人気3着インティ

2020年のインティは、4コーナーへ向かう途中、逃げ馬を交わす形になったがカウントさたようで、実質番手からの競馬。

コパノリッキーは1000m通過61秒6と楽な流れ、2019年のインティは1000m通過60秒8、しまった流れを作り、上位3頭で決まる実力決着を演出した。

位置取りとペースの関係から、大まかに前半1000m61秒後半くらいかかると、前々で決まりやすくなる。

中京ダート1800mのスタートは、スタンド前直線の坂の途中。初めのコーナーまでは300mほど。向こう正面までの4ハロンはじりじり上っていく形になる。

残り1000m付近からは一気の下りで、この間に3、4コーナーが含まれる。加速しながらのコーナーリングだから、当然馬群の外を回る馬は遠心力による強い負荷を受ける。

中京で外を回すのをご法度のように言うのは、独特の形状を踏まえると頷ける。

最後の直線は1.8mの急坂を含む410m。なかなかタフなコースだ。

逃げ馬に注目すると、プロミストウォリアが回避してしまった。

明確な逃げ馬は不在ながら、前に位置を取りたい馬は多く、さらにテンの速い馬も多い。

先行した馬はおおよそになるが、テン1ハロンの最速値を、上位馬のみ並べてみる。

メイクアリープ   12秒0
クラウンプライド  12秒0
ドゥラエレーデ   12秒0(芝)
ノットゥルノ    12秒1
レモンポップ    12秒1(芝発送)
アイコンテーラー  12秒1(芝)
ウィルソンテソーロ 12秒3(芝発送)

これだけ揃うと、逃げ馬がいなくとも、そこそこ流れそうな気はしてくる。

内に入ったのは、メイクアリープドゥラエレーデで、この2頭は行く気次第でハナに立てる。

クラウンプライドはこれまでの傾向から、レモンポップは距離不安から、無理をしてまで出していかなはず。

競り合うなら控える、譲り合うなら行くという、鞍上の判断に加え、操縦性の高さもモノを言いそう。

クラウンプライド。昨年のチャンピオンズCは、前半をかかり気味に入りながら、道中番手で落ち着き、直線は早め先頭。最後は瞬発力の差で惜敗も、古馬相手の2着は立派。

今年の帝王賞は前にきつい流れを好位から2着。折り合い面に進境も見られた。

対戦比較上、上位を争える力をもち、逃げ馬不在でも流れそうなので我慢も利きそう。川田騎手3戦連続騎乗で頂点へ。

馬券は◎の単複。3連複を④⑤⑥⑪⑫⑭へ。

(文・垣本大樹)

[もっと見る]

⇒もっと見る

アイコンテーラーの関連コラム

関連コラムはありません。

アイコンテーラーの口コミ


口コミ一覧
閲覧 123ビュー コメント 0 ナイス 3

おはようございます!(=^・^=)
いつも訪問される方々、ありがとうございます。

本年も押し詰まってまいりました。
ただ、早くも真冬並みの寒波襲来!?

我が懐も、寒波に襲われ始めて、このまま停滞するのか??
心配です…。 ^_^;

<寒波(カンパ)とは?>
寒波は、主として冬期、広い地域に2〜3日、またはそれ以上にわたって顕著な気温の低下をもたらすような寒気が到来すること。

【2023週間スケジュール】

一週間の基本的な更新スケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : 今週末 土、日曜の重賞(日刊馬番コンピ指数 等)
火曜日 : 先週末 土、日曜の重賞回顧(日刊馬番コンピ指数 等)
水曜日 : 先週末 土、日曜の重賞回顧(血 統 等)
木曜日 : 先週末 土、日曜の重賞回顧(日記)等
金曜日 : 検討中??
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(当日07時ごろ更新予定)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧(当日19時ごろ更新予定)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(当日07時ごろ更新予定)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧(当日19時ごろ更新予定)

noteのアドレス: https://note.com/haya00  

宜しくお願い致します。

【重賞レース予想 第11期 途中経過】
第12期(12月02日~12月28日)9日間(ステイヤーズS~ホープフルS)11戦

週末競馬は、当てる事ができたのか!?

2日(土)ステイヤーズS(G2)では10番シルブロンを推奨!
ワイド(10-1,4,7) 
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

2日(土)ステイヤーズS(G2)で推奨馬シルブロン(5人気)は、スタートが若干悪く行き脚なく後方14,13番手追走から少し押し上げながら直線で一気に突き抜け優勝…のはずが?? 追い出されて伸びてはいるが先団に届かず7着…残念。

レースは、2番手から1周目3コーナーから先頭に立って大逃げに持ち込んだアイアンバローズ(8人気)が、中団から脚を伸ばしたテーオーロイヤル(2人気)に2.1/2馬身差をつけ優勝。さらにクビ差の3着にマイネルウィルトス(3人気)が入り、中波乱決着!?

当然ながら、馬券はハズレ…(ノД`)・゜・。

反省点として、軸馬選択の失敗!? 最近、データで導き出した馬から選択も、レース後の検証で馬券の買い方(流し→BOX)を変えれば当たっている…残念。では何故?? アイアンバローズは優勝できたのか?? 同馬は、2周目からハナを奪い先頭へ。他馬を引き離して逃げ、早めに並ばれるも、直線で突き放して優勝。3度目の正直で重賞初制覇!! 勝利に導いた石橋脩騎手の好判断もあり、理想的なペースに結びついた。ただ、展開が嵌った感が強く、次走は狙いづらい。

2日(土)チャレンジカップ(G3)では6番ガイアフォースを推奨!
単勝(6番ガイアフォース) 
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

2日(土)チャレンジカップ(G3)で推奨馬ガイアフォース(1人気)は、スタート良く先行3番手追走のまま直線で一気に突き抜け優勝…のはずが?? 追い出されても反応無く馬群へと沈み込んで6着…残念。

レースは、中団から脚を伸ばした横山和生騎手騎乗のベラジオオペラ(3人気)が、中団から最内を突いて伸びたボッケリーニ(2人気)との大接戦を制し、ハナ差をつけ優勝。さらに1.1/4馬身差の3着にイズジョーノキセキ(9人気)が入り、ほぼ本命決着!?

当然ながら、馬券はハズレ…(ノД`)・゜・。

反省点として、軸馬選択の失敗!? 当レースのデータの一つ「馬齢3歳[4-0-2-5]複勝率54.5%」を軽視していた…残念。では何故?? ベラジオオペラは優勝できたのか?? 同馬は、好スタートから、中団馬群に控えて折り合いもスムーズ。直線で労せず進路を確保して、1ハロン標過ぎに抜け出すも内から詰め寄られるも、押し切って優勝。ダービー以降、秋に向けて立ち上げる段階で思うように体調が戻らず、その復帰は12月まで長引いた。現状は適性距離18~2000㍍あたり、瞬発力より持続力勝負に強いタイプだけに、次走(中山金杯、中山記念)も内目の枠が取れた時が狙い目か!?

3日(日)チャンピオンズC(G1)では4番テーオーケインズを推奨!
単勝(4番テーオーケインズ)/ ワイド(4-3,5,6,14) 
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

3日(日)チャンピオンズC(G1)で推奨馬テーオーケインズ(4人気)は、スタート良く先行3、4番手追走から直線で一気に突き抜け優勝…のはずが?? 想定外の展開がスローでは、最後の伸びを欠き4着…残念。

レースは、先手を取ったレモンポップ(1人気)が、そのままゴールまで逃げ切り、直線外から猛然と追い上げたウィルソンテソーロ(12人気)に1.1/4馬身差をつけ優勝。さらにクビ差の3着にドゥラエレーデ(9人気)が入り、ヒモ荒れの大波乱決着!?

当然ながら、馬券はハズレ…(ノД`)・゜・。

反省点として、軸馬選択の失敗!? 展開(逃げ馬を軽視)を見誤った…残念。では何故?? レモンポップは優勝できたのか?? 同馬は、大外からダッシュ良くハナへ。リズム良く逃げて、直線に入り坂を上がって後続を振り切り、そのまま押し切って優勝。初距離も難なく克服して、JRAダートG1春秋制覇を達成し、ダート路線に新たなスターが誕生!! 来年のフェブラリーSは、抜けた存在だけに要注目!!

【短 評】
週末、3戦3敗…完敗みたいな感じ。なかでも、G1チャンピオンズカップでの逃げ馬レモンポップを軽視したのが間違い?? アーモンドアイが天皇賞秋(芝2000㍍)に挑戦し、優勝した時を思い出した。状況は、芝とダートの違いだけで、まったく同じ!! で、あの時も馬券を外した事を思い出した…反省。完全に今期も出遅れ!? ただ、まだ始まったばかりだけに、焦る必要はないはず!! 今週末(中日新聞杯、カペラS、阪神ジュベナイルF)3レースもあるだけに、十分巻き返せる。頑張ります。

【先週重賞レースの馬番コンピ 回顧篇】
(ステイヤーズS)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数3位"
11番テーオーロイヤルが該当=結果2着的中!(複勝220円)

(チャレンジカップ)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数1位"
6番ガイアフォースが該当=結果6着ハズレ…(ノД`)・゜・。

(チャンピオンズC)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数4位"
15番レモンポップが該当=結果1着的中!(複勝210円)


【今週末重賞レースの馬番コンピポイント篇】

(中日新聞杯)
注目(複勝)したのは、”日刊馬番コンピ9位”

*無条件
過去10年内(1-2-1-6/10)
勝率10%/連対率30%/複勝率40%/単勝回収値140/複勝回収値244
近5年 (1-2-1-1/5)
勝率20%/連対率60%/複勝率80%/単勝回収値280/複勝回収値488

昨年は、中団でレースを進めたキラーアビリティ(5人気)が、直線で間を割って追い込み、先に抜け出したマテンロウレオ(4人気)をゴール前で差し切って、クビ差優勝。さらにクビ差の3着にアイコンテーラー(10人気)が入り、中波乱決着!?

【1着=5人気=指数3位
        ⇒2着=4人気=指数2位 ⇒ 3着=10人気=指数15位】

過去10年の優勝馬中9頭は芝2000㍍の勝利歴があり、また2000㍍の複勝率は8頭が50%以上。2000㍍戦初出走の20年ボッケリーニも1800㍍戦で3勝2着3回の実績。ただし、前走2000㍍戦を走っていた馬は1勝のみだけに、別の距離からの参戦を重視。

推薦推し指数9位は、昨年(13着)外れているだけに、今年こそ期待大!?


(カペラS)
注目(複勝)したのは、”日刊馬番コンピ1位”

*無条件
過去10年内(1-3-4-2/10)
勝率10%/連対率40%/複勝率80%/単勝回収値34/複勝回収値134
近5年 (1-3-1-0/5)
勝率20%/連対率80%/複勝率100%/単勝回収値68/複勝回収値166

昨年は、後方からとなったリメイク(2人気)が、直線で一気に各馬を差し切り、最後は2着のリュウノユキナ(1人気)に4馬身差をつけ優勝。さらにアタマ差の3着にジャスティン(7人気)が入り、本命決着!?

【1着=2人気=指数2位
         ⇒2着=1人気=指数1位 ⇒ 3着=7人気=指数5位】

過去10年の連対馬20頭中18頭がダート複勝率50%以上だけに、ダート複勝率50%以下の馬は要注意?? 08年2人気に推されたカルナバリート[6-0-0-7]複勝率46%=13着敗退。15年2人気に推されたサウンドガガ[8-2-1-13]複勝率42%=11着敗退。近年では、21年1人気に推されたモズスパーフレア(ダート未勝利)=4着敗退。

推薦推し指数1位は、昨年(2着)馬券に絡んでいるが、今年も期待大!?


(阪神ジュベナイルF)
注目(複勝)したのは、”日刊馬番コンピ2位”

*無条件
過去10年内(1-4-2-3/10)
勝率10%/連対率50%/複勝率70%/単勝回収値41/複勝回収値115
近5年 (0-2-2-1/5)
勝率0%/連対率40%/複勝率80%/単勝回収値0/複勝回収値144

昨年は、中団に付けたリバティアイランド(1人気)が、直線で外から各馬を差し切り、内から伸びたシンリョクカ(12人気)に2.1/2馬身差をつけ優勝。さらにクビ差の3着にドゥアイズ(10人気)が入り、中波乱決着!?
【1着=1人気=指数1位
        ⇒2着=12人気=指数9位 ⇒ 3着=10人気=指数10位】

生誕(生まれ月)について過去32年で最多13勝(3月以内33頭)の4月生まれだが、過去10年ではわずか1勝(3着以内7頭)…近年低迷。2&3月生まれが4勝ずつで要マーク!? 複勝率27%、複勝回収率77%の2月生まれに妙味あり??
推薦推し指数2位は、昨年(11着)外れているだけに、今年こそ期待大!?


詳細は、noteまで訪問して下さい。
noteのアドレス: https://note.com/haya00  
宜しくお願い致します。

 あっぷあんどかまー 2023年12月3日() 17:58
さらにですか
閲覧 96ビュー コメント 0 ナイス 2

JBCの逆!

って事でテーオーケインズとアーテルアストレアを狙ってたんやけど、

さらに後ろのウィルソンテソーロかなぁ

JBCの時川田が乗ってまぁまぁ人気してたのに、原くんに乗り替わりでこの人気ならね

ドゥラエレーデも余程ムルザバさんと手が合うんやろなぁ
逆にアイコンテーラーとモレイラは全く手が合ってなかったね

でも人生何回やり直してもレモンポップ買ってないやろうなぁ

とは言え、メディアで絶対来ない!来たら坊主にするくらいのなんて事言い出すと来るんよなぁ

競馬に絶対はないとはまさに。

あのレモンポップが2人気で買える時点で
枠順、距離がどうあれ買うべき馬。

1、2人気を嫌って3.4.5人気から買うって
皆が思ったからレモンポップがこんな人気なんやし

正しい少数派を狙ったつもりが、
正しくない少数派になってもたんやな

とは言えJBCの逆!は間違ってない
一年後の俺!JBCの逆やで

来週からは2歳戦かぁ難しい

[もっと見る]

 ジュン☆彡 2023年12月3日() 16:46
チャンピオンズカップ(G1)サイン馬券予想・結果・・・詰めが甘か... 
閲覧 169ビュー コメント 0 ナイス 9

    ↑土偶のパレード❔↑

2023年12月3日(日)15:30
中京11R
チャンピオンズカップ
ダート1800m 15頭
🎠レース結果🐎
https://umanity.jp/sp/racedata/race_21.php?code=2023120307040211
①メイクアリープ
②メイショウハリオ
③ジオグリフ
④テーオーケインズ
⑤ドゥラエレーデ
⑥グロリアムンディ
⑦ウィルソンテソーロ
⑧アーテルアストレア
⑨クラウンプライド
⑩ノットゥルノ
⑪ハギノアレグリアス
⑫セラフィックコール
⑬ケイアイシェルビー
⑭アイコンテーラー
⑮レモンポップ

🐴💬
【前日記・参照】
チャンピオンズカップ
(G1)サイン馬券予想📝https://umanity.jp/sp/home/view_diary.php?id=1095944516&owner_id=35f92588d5

(3)の『パレード』馬券
 改め『レード』馬券
 ⑮ 「レ」モンポップ 
 ④テ「ー」オ「ー」ケインズ
 ⑤「ド」ゥラエレーデの
⑮-④-⑤と
(4)の『土偶(ドグウ)』馬券
 (ダート=土やし(笑))
 ⑤「ド」ゥラエレーデ
 ⑥「グ」ロリアムンディ
 ⑦「ウ」ィルソンテソーロの
⑤-⑥-⑦をサイン馬券合体して
⑮-④-⑤+⑤-⑥-⑦=
④-⑤-⑥-⑦-⑮の
三連複BOX10点買いでもしとけば
3連複⑤ - ⑦ - ⑮
469,320円(316番人気)
的中🎯してたかも~😁
・・・無理かぁ~😔🙍😨
『パレード』馬券の出来損ないの
『レード』馬券を
ワイド買い推奨にしとけば
⑤ - ⑮4,720円(40番人気)的中🎯、
そして『土偶(ドグウ)』馬券も
ワイド買い推奨しとけば
⑤ - ⑦29,790円(84番人気)
的中🎯だったなぁ~┓( ̄∇ ̄;)┏
欲出し過ぎたらアカンなぁ~(°∇°;)
マジ土偶に『レモン🍋ポップ🎵📻』
お供えしとけばウハウハやった~🙏
   

[もっと見る]

⇒もっと見る

アイコンテーラーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

アイコンテーラーの写真

アイコンテーラーの厩舎情報 VIP

2023年12月3日チャンピオンズカップ G114着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

アイコンテーラーの取材メモ VIP

2023年12月3日 チャンピオンズカップ G1 14着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。