2024年2月25日()Kアブドゥルアジーズ競馬場 ダート1800m

出馬表 ~サウジカップ 2024~

  • 出走予定馬
  • 出馬表
  • レース結果


馬名 性齢 負担重量
(kg)
騎手 調教師 予想
オッズ
1 14    カーメルロード 牡4 57.0 C.オスピーナ A.アルバダ 26.0 (
10
)
2 6    クラウンプライド 牡5 57.0 J.モレイラ 新谷功一 34.0 (
13
)
3 9    ディファンデッド セ6 57.0 L.サエス A.ミシュレフ 19.0 (
8
)
4 13    デルマソトガケ 牡4 57.0 C.ルメール 音無秀孝 7.0 (
4
)
5 8    ホイストザゴールド 牡5 57.0 J.ヴェラスケス D.スチュアート 26.0 (
10
)
6 2    アイソレート 牡6 57.0 J.ロザリオ D.ワトソン 19.0 (
8
)
7 3    レモンポップ 牡6 57.0 坂井瑠星 田中博康 6.0 (
2
)
8 12    メイショウハリオ 牡7 57.0 浜中俊 岡田稲男
9 7    ナショナルトレジャー 牡4 57.0 F.プラ B.バファート 6.5 (
3
)
10 10    パワーインナンバーズ 牡4 57.0 A.アルファライディ A.モハムード 26.0 (
10
)
11 5    サウジクラウン 牡4 57.0 F.ジェルー B.コックス 15.0 (
6
)
12 4    セニョールバスカドール 牡6 57.0 J.アルバラード T.フィンチャー 17.0 (
7
)
13 11    ウシュバテソーロ 牡7 57.0 川田将雅 高木登 9.0 (
5
)
14 1    ホワイトアバリオ 牡5 57.0 I.オルティスJr. R.ダトローJr. 3.3 (
1
)
15 12    スコットランドヤード 牡5 57.0 L.モラレス M.アルムロワ 41.0 (
14
)

予想コロシアムに登録

予想一覧を見る

会員登録(無料)すると予想を登録して予想コロシアム(予想大会)に参加できます。

※予想オッズはブックメーカーのオッズを表示しています。
最終更新日時:2月22日 12:54

最新出走予定馬情報 ~サウジカップ 2024~

サウジCで出走取消となったメイショウハリオ(栗・岡田、牡7)は、歩様に違和感があったことが分かった。岡田調教師は「(現地に)到着してすぐにすくみ(筋肉痛)を発症し、すくみを解消するための治療をしながら調教を行って、極力出走する方向で調整を進めていました」と明かしたうえで、「歩様検査はパスしたものの、厩舎から出がけの歩様に違和感があり、その辺がなかなか解消されませんでした。サウジアラビアの獣医師よりリスクの高い競馬になる可能性もあるとの話もあり、リスク回避の決断をしました」と苦渋の選択を語った。

メイショウハリオに代わって、補欠馬のスコットランドヤード(サウジアラビア=M・アルムロワ、牡5)が繰り上がりで12番ゲートから出走する。鞍上はルイス・モラレス騎手。

また、期限までに補欠馬がいなくなったために、サウジCの馬券はインターネット投票に加えて、競馬場・ウインズ等のUMACA投票でも発売される。詳細はJRAホームページを参照。

【サウジC】レモンポップは3番ゲート 坂井瑠星騎手「外めの方がよかった」02月23日(金) 07:00

【リヤド(サウジアラビア)22日=綿越亮介】昨年のJRA賞最優秀ダートホースのレモンポップは内めの3番ゲートに決まった。周りにスタートの速い馬が多く、序盤のポジション取りが大きな鍵になりそうだ。坂井騎手は「外めのほうがよかったですが、与えられた枠でやるしかない。もまれた経験がないですし、かぶせられる形になってどうかですね」と率直な感想を口にした。

[もっと見る]

【サウジC】日本馬最大のライバルはホワイトアバリオ! 世界ランクはダート部門の現役馬でトップ02月23日(金) 05:00

【リヤド(サウジアラビア)22日=綿越亮介】日本国内で馬券発売が行われるサウジCの枠順が21日(日本時間同日深夜)に決定した。昨年のBCクラシックでデルマソトガケウシュバテソーロを破って優勝した米国のホワイトアバリオは1番ゲートに決定。陣営のムードも絶好で、日本馬の強力なライバルとなりそうだ。なお、メイショウハリオは出走取消となった。

日本が誇る〝砂のサムライ〟たちの前に、超難敵が立ちはだかる。米国のGⅠ3勝馬ホワイトアバリオだ。昨秋のBCクラシックではデルマソトガケ(2着)やウシュバテソーロ(5着)を破って優勝。BCクラシック勝ち馬がサウジCに参戦するのは初めてで、海外の主要ブックメーカーは上位人気に支持。日本馬との再戦に注目が集まるが、ダトローJr.調教師は自信満々だ。

「私たちは勝つためにここに来ています。デルマソトガケはBCクラシックでとてもいいレースをしましたが、脅威とはいえない。ホワイトアバリオほどのクラスの馬はいませんよ」

強気な発言を連発できるのは、それほど状態がいい証拠だろう。21日キングアブドゥルアジーズ競馬場のダートコースで軽快にキャンター。芦毛の馬体は白く輝き、弾むような脚取りに女性ライダーも終始笑みを浮かべていた。見守ったトレーナーは「輸送を乗り越えるために3日ほどかかりましたが、本当に良くなってきていますね。火曜はカイバもすごくよく食べていました。とても満足しています」と力強くうなずいた。

同日夜に行われた枠順抽選会で引き当てたのは最内の1番ゲート。くしくも昨年の勝ち馬パンサラッサと同じだ。「前回(BCクラシック)は2番枠でしたし、これが問題になるはずがありません。われわれには最高の騎手、最高の馬がいる。準備はできています」と指揮官は改めて勝利への意欲を口にした。

昨年、イクイノックスが年間1位を獲得した「ロンジンワールドベストレースホースランキング」で、ホワイトアバリオは10位タイにつけ、ダート部門では現役トップ。今、世界で最も強いダート馬といって間違いない。日本馬にとっては高いハードルだが、この馬を倒して先頭でゴールすれば1着賞金1000万米ドル(約15億円)とともに〝世界一〟の称号も手に入る。逆転か、はたまた返り討ちか―。世界の視線が中東の地に注がれる。

[もっと見る]

【サウジC】ウシュバテソーロは11番ゲート 高木師「枠はあまり関係ない」02月23日(金) 04:59

【リヤド(サウジアラビア)22日=綿越亮介】日本馬で最初に名前を呼ばれたウシュバテソーロは、馬主の了徳寺健二ホールディングス副社長・広瀬祥吾氏がくじを引き、14頭立ての11番ゲートと外めの枠が当たった。広瀬氏は壇上で笑顔を浮かべて「グッドゲート!」とひと言。高木調教師は「後ろから行く馬なので枠はあまり関係ないと思っていました。与えられたところで頑張りたいです」と力を込めた。

[もっと見る]

【サウジC】クラウンプライド6番ゲート デルマソトガケ13番ゲート02月23日(金) 04:57

クラウンプライド・松田助手「(6番ゲートは)めっちゃいいですね。狙っていたところ。脚質的にどの位置からでも競馬ができますし、競馬を組み立てやすい枠。願ったりかなったりです」

デルマソトガケ・田中助手「(13番ゲートについて)枠にはこだわっていなかった。ゲートのスクーリングもやっていますし、アメリカの競馬を経験してゲートも速くなりました」

[もっと見る]

【サウジC】メイショウハリオが出走取消02月22日(木) 22:59

24日のサウジCに出走を予定していたメイショウハリオ(栗・岡田、牡7)は出走取消となった。22日、主催者が発表した。それに伴い、補欠馬のスコットランドヤード(サウジアラビア=M・アルムロワ、牡5)が繰り上がりで出走可能となる。

[もっと見る]

【サウジカップ2024】日本馬の近況(2月22日(木曜))02月22日(木) 16:45

2月25日(日曜)にサウジアラビアのキングアブドゥルアジーズ競馬場で行われるサウジカップに出走予定の日本馬の調教状況および関係者のコメントは以下の通り。


ウシュバテソーロ
●本日の調教状況
厩舎内曳き運動
●枠順について:ゲート11番 高木 登調教師のコメント
後ろから行く馬なので枠はあまり関係ないと思っていました。与えられたところで頑張りたいです。

クラウンプライド
●本日の調教状況
調教馬場(乗り運動)
松田 全史調教助手 騎乗
●枠順について:ゲート6番 松田 全史調教助手のコメント
脚質的にどこからでも競馬は出来ますが、ベストの枠を引けたと思います。

デルマソトガケ
●本日の調教状況
厩舎内曳き運動
●枠順について:ゲート13番 音無 秀孝調教師のコメント
スタッフからは外枠で良かったと言われました。C.ルメール騎手も乗りやすいのではないかと思います。

メイショウハリオ
●本日の調教状況
調教馬場(乗り運動)
大林 篤史調教助手 騎乗
●枠順について:ゲート12番 岡田 稲男調教師のコメント
どこの枠でも良いと思っています。内枠でも外枠でも力が出せる状態です。

レモンポップ
●本日の調教状況
厩舎内曳き運動
●枠順について:ゲート3番 坂井 瑠星騎手のコメント
●外目の方がよかったと思っていましたが、与えられた枠でやるしかないと思います。

(JRA発表)

[もっと見る]

【サウジC】デルマソトガケ「状態ばっちり」 メイショウハリオ「本来の動きに戻った」 クラウンプライド「どこに行っても動じない」02月22日(木) 10:31

【リヤド(サウジアラビア)21日=綿越亮介】BCクラシック2着デルマソトガケはダートコースで単走。ルメール騎手を背にスピード感あふれる動きを見せた。「5ハロンからだんだんペースが上がって、直線ではよく伸びていました。すごくいい感じで、馬の状態はばっちりですね」と鞍上は好感触を伝えた。

JpnⅠ3勝のメイショウハリオはダートコースでネオムターフCに出走するスタッドリーと併せ馬を行い、1馬身遅れた。「輸送の疲れが見えたため少し休ませましたが、本来の動きに戻ったので追い切りました。程よく気合が乗ったと思います」と大林助手。

UAEダービー、コリアCと海外重賞2勝のクラウンプライドは20日にダートコースで6ハロンの追い切りを消化済み。「折り合いがついて問題なく終わりました。海外ではケンタッキーダービー(13着)以外安定していますし、どこに行っても動じないです」と松田助手。

[もっと見る]

【サウジC】レモンポップが迫力十分の追い切りを披露 坂井瑠星騎手「チャンスがあると思っている」02月22日(木) 10:30

【リヤド(サウジアラビア)21日=綿越亮介】昨年の最優秀ダートホースであるレモンポップはダートコースを単走。調教助手を背に迫力のある動きを披露し、好気配を振りまいた。間近でチェックした主戦の坂井騎手は「非常にコンディションは良さそうに見えました。順調にきていると陣営からも聞いています。距離自体の不安はありますけど、コース1周よりワンターンの方が適性がある。すごいメンバーが集まりましたけど、チャンスがあると思っているので頑張りたいです」と意気込んだ。

[もっと見る]

【サウジカップ2024】日本馬の近況(2月21日(水曜))02月22日(木) 10:30

2月25日(日曜)にサウジアラビアのキングアブドゥルアジーズ競馬場で行われるサウジカップに出走予定の日本馬の調教状況および関係者のコメントは以下の通り。


ウシュバテソーロ
●本日の調教状況
キャンター(ダートコース)→追い切り
川田 将雅騎手 騎乗
●高木 登調教師のコメント
これまで順調にきていて、変わらずいつも通りの雰囲気です。今日は感触を確かめる程度でしたが、最後はしっかり反応してくれました。
●川田 将雅騎手のコメント
始まりはいつも通り行きたくないと主張してきましたが、何とか出てくれた後はとても雰囲気良くここまで来れているなという内容で、問題なく追い切りを終えることができたと思います。

クラウンプライド
●本日の調教状況
調教馬場(乗り運動)
松田 全史調教助手 騎乗
●松田 全史調教助手のコメント
昨日追い切りましたが、変わらず順調です。
●昨日(2月20日(火曜))の調教状況
ダートコース単走(調教馬場でウォーミングアップ後)約1,200メートルをハロン15秒くらいで始めて最後は馬なり強めの追い切り
●松田 全史調教助手のコメント
ここまで順調にきています。この馬の強みであるストライドの大きさや、持続力のあるところを今日の調教でも見せてくれました。このままの状態でレースを迎えたいところです。

デルマソトガケ
●本日の調教状況
キャンター(ダートコース)→追い切り5ハロン
C.ルメール騎手 騎乗
●音無 秀孝調教師のコメント
調教は5ハロンで残りの2ハロンは強めの指示をしましたが、良い動きで満足していますし、昨年の馬場よりも今年の方がフィットしていると思います。
●C.ルメール騎手のコメント
状態はとても良いです。無理はしませんでしたが自分から動いていました。馬場も合うと思います。

メイショウハリオ
●本日の調教状況
調教馬場(乗り運動)→キャンター(ダートコース)→併せ追い切り6ハロン
大林 篤史調教助手 騎乗
●大林 篤史調教助手のコメント
輸送の疲れが見えたため少し休ませましたが、本来の動きに戻ったので本日追い切りを行い、程良く気合いが乗ったと思います。

レモンポップ
●本日の調教状況
キャンター(ダートコース)→追い切り5ハロン
穂苅 寿彦調教助手 騎乗
●穂苅 寿彦調教助手のコメント
動きについては、反応、バランスともに良く、さすがだなと感じられるものでした。また、乗り手に従順なところも確認できたと思います。

(JRA発表)

[もっと見る]

⇒もっと見る

過去10年の結果 ~サウジカップ 2024~

開催日 勝ち馬 性齢 調教国 タイム 騎手 調教師
2023/02/25 パンサラッサ 牡6 日本 1.50.80 吉田豊 矢作芳人
2022/02/26 エンブレムロード 牡4 サウジアラビア 1.50.52 W.ラモス M.アルムロワ
2021/02/20 ミシュリフ 牡4 イギリス 1.49.59 D.イーガン J.ゴスデン
2020/02/29 マキシマムセキュリティ 牡4 アメリカ 1.50:58 L.サエス B.バファート

歴史・概要 ~サウジカップ 2024~

サウジカップはサウジアラビアのキングアブドゥルアジーズ競馬場で行われる3歳以上のダート1800mの競走。2020年にサウジアラビアジョッキークラブによって創設され、賞金総額2000万米ドルの世界最高賞金競走である。
日本馬では2023年にパンサラッサが日本馬として初優勝した。

挑戦した日本馬 ~サウジカップ 2024~

施行年馬名性齢騎手調教師着順
2020年ゴールドドリーム牡7C.ルメール平田修6着
クリソベリル牡4C.スミヨン音無秀孝7着
2021年チュウワウィザード牡6戸崎圭太大久保龍志9着
2022年マルシュロレーヌ牝6C.スミヨン矢作芳人6着
テーオーケインズ牡5松山弘平高柳大輔8着
2023年パンサラッサ牡6吉田豊矢作芳人1着
カフェファラオ牡6J.モレイラ堀宣行3着
ジオグリフ牡4C.ルメール木村哲也4着
クラウンプライド牡4D.レーン新谷功一5着
ジュンライトボルト牡6R.ムーア友道康夫7着
ヴァンドギャルド牡7M.バルザローナ藤原英昭11着
会員登録(無料)でできること

今週の海外競馬G1

2月25日()
サウジC G1

特集
バックナンバー

サウジカップ2024