ディープインパクト(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ディープインパクト
ディープインパクト
写真一覧
抹消  鹿毛 2002年3月25日生
調教師池江泰郎(栗東)
馬主金子真人ホールディングス 株式会社
生産者ノーザンファーム
生産地早来町
戦績14戦[12-1-0-1]
総賞金145,455万円
収得賞金47,175万円
英字表記Deep Impact
血統 サンデーサイレンス
血統 ][ 産駒 ]
Halo
Wishing Well
ウインドインハーヘア
血統 ][ 産駒 ]
Alzao
Burghclere
兄弟 ブラックタイドトーセンソレイユ
前走 2006/12/24 有馬記念 G1
次走予定

ディープインパクトの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
06/12/24 中山 9 有馬記念 G1 芝2500 14341.211** 牡4 57.0 武豊池江泰郎438(+2)2.31.9 -0.533.8⑫⑫⑪⑩ポップロック
06/11/26 東京 10 ジャパンC G1 芝2400 11661.311** 牡4 57.0 武豊池江泰郎436(--)2.25.1 -0.333.5⑪⑪⑪⑦ドリームパスポート
06/10/01 フラ 7 凱旋門賞 G1 芝2400 8--------** 牡4 59.5 武豊池江泰郎---- ------RAIL LINK
06/06/25 京都 11 宝塚記念 G1 芝2200 13681.111** 牡4 58.0 武豊池江泰郎442(+4)2.13.0 -0.734.9⑫⑫⑨⑦ナリタセンチュリー
06/04/30 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 17471.111** 牡4 58.0 武豊池江泰郎438(-4)3.13.4 -0.633.5⑭⑭④リンカーン
06/03/19 阪神 11 阪神大賞典 G2 芝3000 9221.111** 牡4 58.0 武豊池江泰郎442(+2)3.08.8 -0.636.8⑥⑥④トウカイトリック
05/12/25 中山 9 有馬記念 G1 芝2500 16361.312** 牡3 55.0 武豊池江泰郎440(-4)2.32.0 0.134.6⑪⑩⑧⑥ハーツクライ
05/10/23 京都 11 菊花賞 G1 芝3000 16471.011** 牡3 57.0 武豊池江泰郎444(-4)3.04.6 -0.333.3⑦⑦⑦⑦アドマイヤジャパン
05/09/25 阪神 11 神戸新聞杯 G2 芝2000 13691.111** 牡3 56.0 武豊池江泰郎448(0)1.58.4 -0.434.1⑫⑫⑪⑤シックスセンス
05/05/29 東京 10 東京優駿 G1 芝2400 18351.111** 牡3 57.0 武豊池江泰郎448(+4)2.23.3 -0.833.4⑮⑬⑫⑩インティライミ
05/04/17 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 187141.311** 牡3 57.0 武豊池江泰郎444(-2)1.59.2 -0.434.0⑮⑯⑨⑨シックスセンス
05/03/06 中山 11 報知杯弥生賞 G2 芝2000 108101.211** 牡3 56.0 武豊池江泰郎446(-4)2.02.2 -0.034.1⑧⑦⑦アドマイヤジャパン
05/01/22 京都 10 若駒S OP 芝2000 7441.111** 牡3 56.0 武豊池江泰郎450(-2)2.00.8 -0.933.6⑦⑦⑥⑥ケイアイヘネシー
04/12/19 阪神 5 2歳新馬 芝2000 9441.111** 牡2 55.0 武豊池江泰郎452(--)2.03.8 -0.733.1④⑤コンゴウリキシオー

ディープインパクトの関連ニュース

ウマニティ重賞攻略チームが、毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はアメリカジョッキークラブカップ・馬場の有利不利、教えます! をお届けします!


前年度第5回~今年度第1回中山開催の芝のレース結果、過去のアメリカジョッキークラブカップAJCC)の結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。

土曜日の中山競馬場は朝から雨に見舞われ、終日降り続いた。馬場の重さがこたえたのか、内めを進んだ逃げ・先行馬が最後まで脚が続かない場面が続出。好位~中団で立ち回る馬に有利な状況と化した。

日曜日もあいにくの雨模様。さらにタフなコンディションになることは疑いようがない。また、内めの禿げた洋芝の下にある野芝部分や、路盤にも悪影響を及ぼし、内と中~外の状態差が拡大する可能性もある。

となれば、良好な部分を先んじてキープする馬の優位性が増してくるはず。枠順については、真ん中より外の5~8枠あたりが幅を利かせやすい馬場に推移していくのではないだろうか。

加えて、重たくなる馬場をこなすことが好走の最低条件となるため、過去の道悪実績を気に留めておく必要がある。稍重~不良(JRA発表)での勝利歴や重賞3着以内の経験がある馬は、忘れずにチェックしておきたい。

血統面については、前年12月以降の中山開催における芝2200mの結果を検証すると、ディープインパクトステイゴールドの系統産駒が好調。父ロベルト系の奮闘も目につく。この3系統が優勢の状況とみていいだろう。

また、近5年のAJCCの好走馬をみると、父サンデーサイレンス系が優勢。ほかでは、ロベルト系や欧州ノーザンダンサー系、キングマンボ系といったパワーと持続力に優れたタイプの種牡馬を父あるいは母の父に持つ馬の上位進出も目立つ。

直近の中山開催と近年の当レースの傾向を合わせて考えると、シンプルにディープインパクトステイゴールドの系統産駒、父ロベルト系が優位といえそう。そのなかでも、中山の芝2200・2500mの重賞で好走歴(3着以内)がある馬を重視したい。

今回の出走馬で、血統面と先述した馬場傾向(5~8枠+道悪実績)をともに満たしているのは、⑩モズベッロ、⑫ステイフーリッシュ、⑯ジェネラーレウーノ。従って当欄では、この3頭を注目株として推奨する。


【馬場予想からの注目馬】
モズベッロ ステイフーリッシュ ジェネラーレウーノ

【AJCC】チャージ完了!サトノフラッグ鉄砲V 2021年1月23日() 11:34

 3カ月の休養でチャージ完了! サトノフラッグが鉄砲Vを飾る。

 昨年は弥生賞ディープインパクト記念を完勝。父に続くクラシック制覇を期待されたが、「どのレースでも真面目に走るから、筋肉痛が出たりして体にこたえてしまう」と鈴木助手。春は皐月賞5着→日本ダービー11着と尻すぼみになり、秋もセントライト記念2着から、菊花賞では3着と一歩後退してしまった。逆に、これまで中6週以上の間隔を空けて臨んだ場合は【2・1・0・0】。休養明けの今回こそが絶好の狙い目と言える。

 ’21初戦に向けての調整もバッチリだ。暮れから乗り込みを開始し、3週連続で坂路4F51秒台の好時計。しかも、すべて馬なりと過度な負荷をかけることなく態勢を整えてきた。動きに重さを感じさせる同期のライバルには、仕上がりでも先んじている。

 「追い切りに行く前からずいぶんと雰囲気が良かった。昨秋の2戦よりさらにしっかりして全体的に良くなった」と、最終追いに跨がった戸崎騎手は声を弾ませた。戸崎騎手と国枝厩舎のコンビといえば、同じ明け4歳のディープインパクト産駒マジックキャッスルで16日の愛知杯をV。2週連続重賞制覇へ、視界は良好だ。

 国枝調教師が「本質的にステイヤーではない」と語るだけに、2200メートルへの短縮は望むところ。弥生賞を重馬場で制したことを考えれば、週末の雨もプラスに働くはずだ。当時と同じ〔1〕枠(1)番から久々の白星を手にする。

 “究極の3連単”はフラッグを1着に固定。完調手前でも菊花賞クビ差2着の実績から馬券圏内は外さないアリストテレスを2、3着に据えた12点で勝負だ!(夕刊フジ)

AJCCの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【注目この新馬】エスコーラ 2021年1月22日(金) 04:53

 半兄にGI馬サリオスがいるエスコーラが、日曜(24日)の中京6R新馬戦(芝1600メートル)で初陣を迎える。ディープインパクト産駒の血統馬で、陣営は期待を寄せている。

 ◇

 ディープインパクト産駒のエスコーラは、母が独オークス馬のサロミナ。全姉に昨年の有馬記念エリザベス女王杯2着のサラキアがおり、半兄には朝日杯FSを制して、皐月賞日本ダービーで2着のサリオス(父ハーツクライ)。きょうだいに活躍馬が並ぶ好素材で、片山助手は「緩さの残るなかでも調教では水準以上の動きを見せていますし、血統面からも期待の大きな馬。どういう競馬をしてくれるか楽しみにしています」と話した。

[もっと見る]

【AJCC】サトノフラッグ成長証明追い 2021年1月21日(木) 04:53

 アメリカジョッキークラブCの追い切りが20日、東西トレセンで行われた。美浦では、菊花賞3着馬サトノフラッグが坂路で4ハロン51秒7の好タイムを馬なりでマーク。明け4歳を迎えての成長をアピールしており、弥生賞ディープインパクト記念以来の重賞制覇に期待が高まる。アルゼンチン共和国杯2着のラストドラフトはPコースで鋭い伸びを見せ、最高の『S』評価となった。

 ◇

 500キロ近い大型のディープインパクト産駒が、美浦坂路をパワフルに駆け上がった。サトノフラッグが4ハロン51秒7-12秒4を馬なりでマークし、僚馬オウケンムーン(OP)と併入。手綱を取った戸崎騎手は、4歳を迎えてひと皮むけたパートナーを感じていた。

 「追い切りに行く前からずいぶんと雰囲気が良かった。昨秋の2戦よりさらにしっかりして、(馬体も気性も)全体的に良くなった」

 全体時計はさることながら、鞍上の目立ったアクションがなくとも、ラスト2ハロンを12秒4-12秒4でまとめた脚力はさすが。久々に最終追い切りが坂路になったのも、重賞初制覇を飾った弥生賞ディープインパクト記念と同じなら問題ない。

 2017年のセレクトセールで1億6500万円(税抜)の評価を得た良血の真価を今年こそは示したい。昨年は破竹の3連勝で弥生賞を制し、クラシックの主役候補に躍り出たが、皐月賞5着、ダービー11着と大一番で失速。戸崎騎手とコンビ復活となった秋はセントライト記念2着、菊花賞3着と復調気配こそ見せたものの、この馬の素質からすれば、決して満足できるものではない。

 国枝調教師は、ここにきて気性面の変化を感じ取っている。「牡馬はボスになりたがるところがあって、わがまま放題になったりするけど、それが競馬でいい方に向けば、爆発力になる。フラッグは人がいいような面があったけど、最近は我の強さ、威張り出しているところが見られる。いい傾向かも」。もともと馬体の迫力はピカイチ。闘争心が芽生えた今なら、さらなる飛躍が望めていい。トレーナーも期待の言葉をかける。

 「期待していた昨年は(GIで)菊花賞の3着が最高着順。今年はもう少しいいところまでいってほしいね」

 先週の愛知杯を勝ったマジックキャッスルと『厩舎+鞍上+父ディープ+4歳馬』という共通項もそろうサトノフラッグ。まずは重賞初制覇を飾った中山で、勝利の味を思い出す。(板津雄志)

AJCCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【血統アナリシス】アメリカジョッキークラブカップ2021 ルーラーシップやジャングルポケットなど、トニービン内包馬の持続力が活きやすい 2021年1月18日(月) 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はアメリカジョッキークラブカップ2021・血統予想をお届けします!


中山競馬場の外回りコースで施行されることからロングスパート勝負になりやすく、トニービンを筆頭に欧州血脈の持続力が活きやすい。また、2200mという非根幹距離、トリッキーな小回りコースであることからネヴァブション(09年1着、10年1着、11年3着)やトウショウシロッコ(09年3着、10年3着)のようなリピート好走も目立ち、18年ダンビュライトにおいては12年ルーラーシップとの父仔制覇を果たしている。これら4頭からはMill ReefまたはRiverman(どちらも父Never Bend×母の父Princequillo系)も強調できそうで、昨年の1~3着(ブラストワンピースステイフーリッシュラストドラフト)もラストタイクーン経由でMill Reefの血を引いていた。

アリストテレスは、父エピファネイア×母ブルーダイアモンド(母の父ディープインパクト)。リンカーンヴィクトリーの甥にあたる血統で、牝系はフサイチコンコルドアンライバルドが出たバレークイーンに遡る。父系も母系も晩成傾向の強い血統で、本馬も菊花賞-G1では同世代最強と謳われるコントレイルを追い詰めるほどに成長していた。父トニービン×母の父Sadler's Wellsの 2代母グレースアドマイヤもレース傾向から強調しやすく、中山に良績が集まる近親の成績を踏まえても不動の中心と見るべきだろう。

サトノフラッグは、父ディープインパクト×母バラダセール(母の父Not for Sale)。母は11年に亜1000ギニー-亜G1、亜オークス-亜G1を制したアルゼンチン3歳牝馬チャンピオンで、全妹サトノレイナスは20年阪神ジュベナイルフィリーズ-G1でハナ差2着の惜敗。本馬は持続力を活かしたいタイプなので休み明けに一抹の不安を残すが、中山では惚れ惚れするような立ち回りを見せる。なお、父の産駒は本競走で2勝を挙げるほか、初出走となった12年から8年連続で掲示板を確保していた(昨年は不出走)。

ラストドラフトは、父ノヴェリスト×母マルセリーナ(母の父ディープインパクト)。グランデッツァの甥にあたる血統で、母は11年桜花賞-G1と13年マーメイドS-G3の勝ち馬。本馬は昨年に不利がありながらも3着に好走しており、1・2着馬が内々を立ち回っていたことを考慮すれば、大外から末脚を伸ばしていた内容にも目を見張るものがあった。非根幹距離では「1-1-1-0」と底を見せていない魅力もあり、リピーターの活躍が目立つ傾向からも注目しておきたい。

(文・シンヤカズヒロ)


【血統予想からの注目馬】
アリストテレス サトノフラッグ ラストドラフト

[もっと見る]

【馬場の有利不利、教えます!】京成杯2021 前週最終日とほぼ同水準の馬場状態!風向きによる傾向変化に注意! 2021年1月17日() 09:19

ウマニティ重賞攻略チームが、毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は京成杯・馬場の有利不利、教えます! をお届けします!


前週ならびに土曜日の中山芝のレース結果、過去の京成杯の結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。

火曜日に1ミリ程度の雨が降ったものの、その後の雨量はゼロ。土曜日の芝コースは終日良馬場(JRA発表)でレースが行われた。ちなみに、土曜日朝のクッション値(JRA発表)は10.4。3日連続開催最終日の11日朝が10.8だったので、前週とほぼ同水準のコンディションとみてとれる。

土曜日の結果を振り返ると、枠順は中~外、馬番も大きめの数字が安定している印象。特に道中でペースが緩むことが少ない1600m以下、内が混雑しやすい多頭数のレースでは、直線で馬場の中~外を通る馬の上位進出が多くなってきている。

ただし、前日までの傾向が、翌日に一転することも珍しくない中山芝コース。事実、前週は日曜日が中~外に進路をとる差し馬が優勢の一方、月曜日は内~中を通る先行・好位差し勢が頑張っていた。

今週は3日連続開催後のダメージもあるため、前週のような一変までは考えづらい。だが、土曜日は南寄りの風(最後の直線は追い風気味)が強く、普段よりも差し馬に優位な状況だったことは頭に入れておくべきだ。

日曜日は気温が下がり、風向きが真逆の北寄りに変わるため、前日と比べて外を回る待機勢には負荷がかかりやすくなる。加えて、京成杯はフルゲートを下回る12頭立て。ゆえに道中の距離ロスが少ない、真ん中より内めの馬番(1~6番あたり)に対する警戒を強めたほうがいいだろう。

血統面については、土曜日の芝競走5鞍を検証すると、父サンデーサイレンス系とキングカメハメハの系統産駒が堅調。連対馬10頭のうち9頭を占めている。主流2系統が優勢の状況にあるとみて差し支えない。

また、近5年の京成杯の1~3着馬を見直すと、キングカメハメハもしくはディープインパクトの血を引く馬が好調。ほかでは、欧州系種牡馬の産駒の活躍が目につく。

まとめると、キングカメハメハ、あるいはディープインパクトの血を引く馬が優位といえそう。そのなかでも、近5年の京成杯連対馬すべてに共通する、前走オープンクラス5着以内、または前走が条件以下のクラスで2着以内だった馬に的を絞りたい。

今回の出走メンバーで血統面と先述した馬場傾向(1~6番)の要点をともに満たしているのは、①タイムトゥヘヴン、⑤ヴァイスメテオール。よって当欄では、この2頭を狙いどころとして推奨する。


【馬場予想からの注目馬】
タイムトゥヘヴン ヴァイスメテオール

[もっと見る]

⇒もっと見る

ディープインパクトの関連コラム

有馬記念・2020

2020年12月25日(金) 16:00

覆面ドクター・英

閲覧 2,159ビュー コメント 0 ナイス 8

先週の朝日杯FSは、グレナディアガーズがフランケル産駒らしく高い潜在能力を見せて、川田騎手が内から巧く差してきて勝利。コラムでも書いたように「大駆けのある馬」とは思っていましたが、頭での馬券は狙えず。もうちょっと強気に行ければなあと思っています。

今年は、この後、入れ替え戦にまわることになりそうですが、最後までやれることをやって結果を残したいと思っています。約6年に渡るプロからずり落ちても、いちウマニティ会員として、競馬好き飲み会参加などを目標に頑張っていきます。個人的には、ホッカイドウ競馬(道営競馬)の小論文を突破して委員となり、地方から中央競馬発展のために尽力したいというのがこの先の夢です。

最終回なので、プロになった時の話を少ししようと思います。プロテストでは、当時失格者が出ての繰り上がり補欠合格でした。3連単でホームランをかっ飛ばすいっくんプロも北海道出身で同期でもあり、リスペクトしている予想家の一人です。北海道から飛行機で銀座まで行って、面接を受けてのデビューでしたが、補欠合格だったぶん、数ヶ月遅れでした(笑)プロ活動期間は調子のいい時も悪い時も含めて楽しかったですよ。是非、この先、やる気のあふれている人はプロを目指して頑張って欲しいです。ネット上でも当たれば神、外れれば詐欺師、と言われる立場ですが、最近はすっかり興味を失われて良いコメントも悪いコメントも無くなりました(笑)まだ地方プロと香港プロは残っているので、そこでも頑張りつつ、再度勝ち上がってこれるよう実力アップを図りたいと思っています(最近、ロジックを変えて大きいのがまた当たるようになってきたので、正直、入れ替え戦でのヒリヒリするような勝負が楽しみでなりません)。

自身の活動としては、北海道に移住してくれる人が増えてくれたらいいなあ、というのが根底にありましたので、テレワークの時代になり、是非そのような流れになっていけばと願っています。食べ物は美味しいし、家賃は高くないし、「密」とは正反対の「疎」の世界だけに、コロナ禍の状態では、「あり」だと思います。これまで、ご愛読いただきありがとうございました。入れ替え戦で勝ち残れたら、その時はまたフェブラリーSでお会いしましょう!


<全頭診断>
クロノジェネシス:強い牝馬の時代を象徴するような形で宝塚記念を圧勝。今年は、牡馬と一緒でも安定して上位に来ており、スタミナも豊富で当然有力。

フィエールマン菊花賞馬で天皇賞(春)を連覇しており、ステイヤーと思われがちだが、前走の天皇賞(秋)でも高く評価したように、中距離適性も十分あって鋭い末脚も使える馬。母がフランスの良血繁殖牝馬であるディープインパクト産駒だけに、ここを勝って、ディープインパクトの正当な後継種牡馬として世界に向けた種牡馬になってほしい。ノーザンFとして、年に1頭しか産めない牝馬より、勝ってこの馬の種牡馬としての価値を高めたいという願望が、ルメール騎手配備に現れているのでは。

ラッキーライラック桜花賞で1番人気ながらアーモンドアイに負け、ショックだったのか(笑)そこからやや低迷期間続いた。そして、スミヨン騎手の騎乗でスイッチが入った(?)か、オルフェーヴル譲りの成長力(?)か、いずれにせよ古馬になって活躍を続けるようになって、いよいよここが引退レースとなる。フィエールマンにルメール騎手をとられてしまったが、福永騎手を用意してもらった。ただ、先週の朝日杯FSでレッドベルオーブが口を割って暴走したように、ソフトタイプの福永騎手が合わないという可能性はありそう。

カレンブーケドール:コンビで活躍してきた津村騎手が下ろされて、大一番に強い池添騎手へのスイッチとなった。ちょっと気の毒だが、津村騎手はG1実績が少ないだけに仕方ないのだろう。JCでも思ったより後ろから差してきたように、3強に食らいついており、ここでも好勝負可能。ディープインパクト×2歳、3歳チリ女王という配合で、瞬発力はそうでもないが底力あり。

ワールドプレミアワールドエースヴェルトライゼンデの下で、昨年の菊花賞馬。11ヶ月ぶりの前走JCでも調教の動きがよく、間に合ったと思い印を打ったが、0.8秒差の6着。三強の壁は厚かったが、使った反動が出ずに良化がみられるここは、好走可能。

オーソリティ:母母シーザリオだけありスタミナ十分で、青葉賞勝ちの後は骨折で半年開いた前走アルゼンチン共和国杯を勝った。近年はアルゼンチン共和国杯からここにつながったりもするのだが、正直今年は......。低レベルなレースだった印象で、ここではまだ厳しいのでは。

キセキ:前走は浜中騎手が抑えるのを諦めたような超ハイペースな大逃げだったが、好レースとなった影の功労者なのかも。ただ、さすがに大暴走後のここは狙いにくい。

ブラストワンピース:一昨年の有馬記念馬なのだが、今年はうまくかみ合わないレースが続き低迷。不器用な巨漢馬だが、若手のホープの横山武騎手がどんな騎乗みせるかは楽しみ。馬券的には買わない予定ではあるのが。

ラヴズオンリーユー:前走あたりは結構ハード調教を積んでいたので、そろそろ状態下降かなともみていたのだが引き続き動きは良い。ただ中山自体初めてで、前走の阪神でも坂で鈍っていた。あまり向く舞台ではないとの印象。前走で凡騎乗のデムーロ騎手も、ちょっとピークを過ぎた感が強くなってきた。

バビット菊花賞では3番人気10着と凡走したが、このコラムでもふれたように、割と予測しやすかった凡走では。ローカル中距離重賞で逃げてしぶとく稼ぐサイレントハンターみたいなタイプ(といっても例えが古すぎるか)で、G1でどうこういう馬でないのでは。

サラキア:府中牝馬S勝ち直後に、とうとうG1エリザベス女王杯でも2着と5歳秋にして今がピークなのかもしれない。ただ中山2500m向きではない印象。

ユーキャンスマイル:春は阪神大賞典勝ちもあり天皇賞(春)もそこそこだった。ただ秋になり1番人気でアルゼンチン共和国杯で4着、JC12着とパッとしない状況。年齢的にまだやれていい5歳の暮れだが、狙いにくい。

ペルシアンナイト:母がゴールドアリュールの全妹で、ハービンジャー産駒だけに、マイル寄りでの活躍から最近は中距離シフトしてきているのかもしれない。ただ、ズブくなってきたからこの距離で、という相手関係ではなく厳しい。

クレッシェンドラヴ:福島が得意な馬で昨年の福島記念、今年の七夕賞勝ちがあるだけに、似た要素のある中山金杯あたりが良いのでは。

モズベッロ宝塚記念では12番人気ながら3着と好走し、このレースと同舞台の日経賞ミッキースワローの2着。激走の下地はありそうで、少額穴で狙うにはいい馬ではないだろうか。

オセアグレイト:今年はダイヤモンドS3着、ステイヤーズS勝ちと数少ない3000m超のレースで好走するステイヤー。中山2500m自体はいい条件なのだろうが、相手関係が厳しい。


<まとめ>
有力:フィエールマンクロノジェネシスラッキーライラック

ヒモに:ワールドプレミアカレンブーケドール

穴で:モズベッロ


登録済みの方はこちらからログイン

2020年12月25日(金) 11:00 覆面ドクター・英
ホープフルS・2020
閲覧 868ビュー コメント 0 ナイス 5

今週は有馬記念前日の土曜にもG1があるという楽しい週末です。
やはり最後は有馬記念というのが競馬ファンには良い日程だと思います。当然、有馬記念の後のレースも、29日(火)東京大賞典も買いますけどね(笑)

ホープフルSというレースは、まだ数戦しか使ってない馬同士の状況なので、持ち時計等より、スケール・将来性重視で馬券を買っていいと思います。


<全頭診断>
1番人気想定 ダノンザキッド:新馬戦で3馬身差で勝ったワンダフルタウンが、京都2歳Sを制したようにハイレベルな新馬勝ち。そして、5ヶ月空いた前走東スポ杯2歳Sを24kg増で勝利と、ここまで2戦2勝のジャスタウェイ産駒。前走も結構イレこみ気味だっただけに、マイルくらいがベストか。距離が延びるのも中山になるのも、実はあまり良くない可能性はありそう。ただ現時点での完成度は高い。

2番人気想定 オーソクレースエリザベス女王杯宝塚記念を勝ったマリアライトの仔で、エピファネイア産駒だけにスタミナは豊富そう。ただ2戦ともに出遅れており、中山だと挽回しにくかったりする。母母クリソプレーズだけに、ダートでも見てみたい馬。

3番人気想定 ヨーホーレイク:母母クロカミからは活躍馬多数である、金子さん所有のディープインパクト産駒。ただ2連勝とはいえ、相手が弱く、やや晩成傾向な感じもあり。ここでは、思い切って消したほうが良いと思っている馬。

4番人気想定 ランドオブリバティ:3頭のディープインパクト産駒の中では、もっとも楽しみのある一頭で、三浦騎手悲願のG1制覇という点においても恐らく本人かなり楽しみにしている馬ではないだろうか。前走の芙蓉Sは、相手がそう強くないとはいえ3馬身半差の楽勝で、疲れは残らず、そこから約3ヶ月空いて調整もしやすかったはず。半姉のオープンで活躍中のリバティハイツ(父キングカメハメハ)よりも器が大きく、ディープ産駒だけにクラシック路線でも上位を狙えるはず。一発あるとしたらこの馬では。

5番人気想定 タイトルホルダー:東スポ杯2歳Sでは、ここで人気のダノンザキッドに競り負けたが、0.2秒差と少差。母がサドラー系で、半姉も小柄なステイヤーのメロディーレーンだけに、距離が延びてこそのタイプ。

6番人気想定 シュヴァリエローズ:3戦2勝のディープインパクト産駒で、負けた新潟2歳SはM.デムーロ騎手と全く合わず、出遅れ、道中もケンカしっぱなしでノーカウント。それなりに上位に来れるだけの存在。

7番人気想定 アドマイヤザーゲ:2戦2勝だが友道厩舎らしく、ゆったり育成という感じで現段階での完成度は高くない。ロジユニヴァースの下になるが、菊花賞あたりに向けてゆっくり上昇していくのではないだろうか。

8番人気想定 マカオンドール:(ここから下の馬たちは、正直今回は厳しそうな連中でアッサリめに......)既に5戦を使っているが、ゴールドシップ産駒だけに使いながらが良いのかもしれない。ただ1勝クラスでも3着だったように、ジリジリしか伸びない。

9番人気想定 アオイショー:母がシンボリクリスエス×ダンスインザダークという重い配合だけに、ロードカナロア産駒ながら2000mの新馬戦を使い勝利。好内容だったが、さすがに2戦目がここというのは厳しい。

10番人気以下想定
ヴィゴーレ:次第に先行できるようになってきているが、1勝クラスで3着だったように、世代トップレベルのここでは厳しい。

バニシングポイント:藤沢厩舎のマル外、タピット産駒で芝2000mの新馬戦で逃げて7馬身差の大楽勝、2戦目は若さを見せて物見をしたり手前を何度も替えたりと落ち着きなく惨敗。3戦目は血統的に向くであろうダートで1番人気に推されるも12着惨敗と、気難しさを見せた。少頭数のレース狙いや、去勢などが必要か。

テンカハルルージュバックの下という良血馬(父キングカメハメハ)だが、葉牡丹賞で11着に負けての参戦だけに、ここは厳しそう。

モリデンアロー:ホッカイドウ競馬から6戦4勝でやってきたが、ダート短距離が得意なエスポワールシチー産駒だけに出番はないか。

ホールシバン:パイロ産駒らしくダートで3回走って2勝。初芝がここというのは厳しい。

セイハロートゥユー:近親にマンハッタンカフェらがいる良血なのだが、4戦目でようやく未勝利勝っての中1週だけに期待薄。


<まとめ>
有力:ランドオブリバティダノンザキッド

ヒモに:オーソクレースタイトルホルダーシュヴァリエローズ

穴で;あまり候補おらず

[もっと見る]

2020年12月20日() 09:15 覆面ドクター・英
朝日杯FS・2020
閲覧 1,245ビュー コメント 0 ナイス 5

先週の阪神JFは結局、戦前の二強というのが正しかったんでしょうね。サトノレイナスは、出遅れ癖があるだけに外を回して届かない、というのを期待していたのですが......。ディープインパクト産駒らしく鋭い差し脚で、しかも内から差してきて、一時は勝ったかというところまで来られてしまいました。それでも最後は、直線で前が詰まりながらも伸びてみせたソダシの勝負根性が上回った感じでしたね。
阪神JF当日の日曜は、G1は3着抜けでイマイチでしたが、それ以外のレースでは大爆発で、久々に土日収支でプロ予想家トップに立つことができました。自分用PCに、娘達がフォートナイトをやるのに欲しがっていたゲーミングPC、ゲーミングチェア2台、それにゲーム対応モニター2台も買ってしまいました。ちなみに私は負けず嫌いなので、負けるのでゲームはしません(笑)
今年はイマイチな成績が続き、恐らく入れ替え戦にまわる立場だけに、年末調子を上げていきたいところです。12月に入ってロジックを変えた結果が出始めたつもりでいますが、この好調が続いてほしいものです。


<全頭診断>
レッドベルオーブ:新馬戦は踏み遅れて届かずの2着だったが、未勝利勝ち、デイリー杯2歳S勝ちと連勝してきた。下した相手も、ここに出てくるホウオウアマゾンスーパーホープカイザーノヴァなどで、内容は濃い。速い時計だっただけに疲れが出たようだが、1ヶ月間できっちり立て直してきている印象で、調教の動きは鋭く、ここも主役級。

モントライゼ:父ダイワメジャーとよく似たマッチョで先行してかなりしぶといタイプ。スパっとキレないぶん、見栄えしない面もあるがマイルでも問題なさそう。未勝利勝ちが後続に1.7秒もの大差をつけての勝利で、小倉2歳Sで2着、京王杯2歳S勝ちと着実に成績をのばしてきた。ただ今年は、京王杯2歳Sが2~4着が9→5→7番人気と荒れたレースで、正直レベルはイマイチだった。ルメール騎手だけに余計に人気になりそうで、妙味はないが消せない、という存在。

ステラヴェローチェ:初戦は道中でハナに立っての逃げ切り勝ち、前走のサウジアラビアRCは横山典騎手らしい後方から運んで3馬身差の突き抜けと派手な勝利。前走はバゴ産駒だけに道悪が良かったのはあるにしても、たまに大物を出すバゴであり、母父はディープインパクト。加えて、ノーザンFの馬でもありここも当然有力。

ドゥラモンド:新馬と1勝クラスを連勝してきた。父似の名前だけに、種牡馬価値をあげる父親孝行な馬。着差は大きくないが目一杯でなく、割と楽に勝ち切ってきたので、まだまだ能力を秘めていそうで楽しみ。

ホウオウアマゾン:父キングカメハメハで母がアグネスタキオン×エーピーインディと、この先ダート路線に進んだほうが良さそうな配合。瞬発力が芝だといまひとつな感はあるが、野路菊Sで逃げ切り、デイリー杯2歳Sでも2番手から最後まで競り合って2着と、健闘を続けている。レッドベルオーブには競り負けたが並んでしぶとい感があり、頭はないまでもここでも十分にやれるのでは。

ショックアクション:ゴドルフィン軍団にしては、早い時期から新潟で未勝利と新潟2歳Sを連勝と活躍している。サドラーズウェルズ系×デインヒル系というやや重そうな配合だけに、3ヶ月半空いての成長力も期待できるか。

グレナディアガーズ:能力は高いが、気難しくなり始めると手がつけられないフランケル産駒(フランケル自体が、上で出てきたガリレオ(サドラー系)×デインヒル系)。中内田厩舎と川田騎手だけに、人気過剰にもなりそうではあるが、さすがに未勝利勝ち直後だけに人気そこそこでおさまっているのだろうか。調教の動きが鋭く、やる気さえ出せば大仕事を成し遂げても不思議ないスケール自体はあると思っている。

バスラットレオンソダシの勝った札幌2歳Sで、1番人気に推された(結果は3着)キズナ産駒。20kg増の前走京都2歳Sで、私は本命を打ったのが6着と惨敗に終わった。ただ、叩いての上積みがありそうで、人気ほど差はないのではないか。

ロードマックス:藤原英厩舎のディープインパクト産駒で、新馬勝ち、新潟2歳S7着に敗れた後の京王杯2歳Sで、鋭く差して2着と良血馬らしい上昇がみられる。正直、レベルの高くなかった一戦だったのだとは思うが、血統的にもまだまだ上積みがあっておかしくない。

アスコルターレ:3戦2勝で父ドゥラメンテ、母母リッスンで血統的なスケールもあり。前走は地味なもみじS勝ちといえど、3戦2勝。関西だと特に巧い北村友騎手ともども、激走があってもおかしくないノーザンF生産馬。

ジュンブルースカイ:近親にマカヒキら活躍馬のいる牝系で父がドゥラメンテと、人気はなくとも大駆けがあって不思議ない、これまたノーザンF生産馬。

スーパーホーププールヴィルの下で、キズナ×フランス良血繁殖牝馬という、この馬も人気はないが激走するだけの下地はありそうな存在。未勝利勝ちまで4戦を要したが、その直後の前走では重賞初挑戦でレッドベルオーブの3着まで鋭く差してきた。人気ほどの差は感じない。

カイザーノヴァ:POGで指名した馬で頑張ってほしいが、函館と札幌の洋芝で新馬とオープン勝ち後の、前走デイリー杯2歳Sでは速い脚を使えず。何度も手前を替えたり幼い面を見せており、良くなるのはまだ先か。

ブルースピリット:中内田厩舎の2戦2勝のマル外だが、正直あまり強くない相手を下しての連勝であり、瞬発力が問われるここ向きではなさそう。

テーオーダヴィンチ:ダートで活躍するサトノラファールの下で、その上も地方での活躍馬が多く、母はダート向きなのだろう。未勝利勝ちでの臨戦で、さすがに今回は要らないのでは。調教の動きは良く、まだまだ伸びしろはありそうだが。


<まとめ>
最有力:レッドベルオーブ

有力:ステラヴェローチェドゥラモンドホウオウアマゾン

ヒモに:大勢おり取捨選択難しい(下位人気馬も結構な血統でノーザンF生産だったり、能力は秘めてそうな連中であとはお好みで・・)

[もっと見る]

2020年10月31日() 08:00 覆面ドクター・英
天皇賞(秋)・2020
閲覧 2,862ビュー コメント 0 ナイス 14

菊花賞。無敗三冠馬コントレイルの誕生は、アリストテレスに思ったより食い下がられましたが、予想通りでもありました。ただ、ヒモに関しては、妙味がないとみたサトノフラッグ(数百円しか持っていない)が3着、ディープボンド(こちらを厚く持っていた)が4着となって大儲けとはならず。ただ、最終オッズをみると3着4着の順が逆でも意外にも配当の差があまりなく、これにはショックでした。良血サトノをわざわざ軽視して、穴馬ディープボンド捻りだしたつもりだったのですが(笑)
WIN5はまた4つ止まりで、スワーヴアラミス1点で失敗しました。年内に大きいのを当てたいものです。
菊花賞当日予想コメントを読んでない方向けに再掲しますが、「育成や調整技術が進んで、力量最上位馬が故障したり、体調を崩さずにクラシック路線を完走できるようになってきました。余分な前哨戦を使わなくてもよくなった分、体調管理も逆にしやすくなった、ということではないでしょうか。来年以降も、案外ポンポンと三冠馬が出現するようになるのかもしれません(笑) 晩成血統が排除されてきた結果、秋になって上昇することも無い、早い時期からの力関係が、そのまま持続するのかもしれません。某大手グループ由来の血統とはいえ、牡牝ともに、違う牧場から活躍馬が出るのはいいことですよね」。

さて、秋の天皇賞はアーモンドアイが出てくるからか、たった12頭の登録と、私が30年近く競馬をやってきて最少頭数の登録ではないかと思われます。



<全頭診断>
1番人気想定 アーモンドアイ:昨年同様、グループ馬が最内の一番いいところを開けてくれるのかもしれないが、そろそろ闘争心が衰えて繁殖向きになってくる時期でもありそう。また、グループ的にも繁殖牝馬は毎年一頭しか産めないだけに、ディープインパクト良血牡馬に勝って欲しいという采配もあるかも。

2番人気想定 クロノジェネシス:渋った宝塚記念を圧勝したため「重馬場の馬」みたいに言われていて、競馬雑誌とかでは「アーモンドアイとは適性真逆で一緒には来ない」というような論調が多いが、そんなことは無く、良馬場でも鋭く差し込んでこれるはず。それより、掛かったり出遅れたりのほうが心配な我の強い馬。

3番人気想定 フィエールマン菊花賞と、春の天皇賞連覇で、すっかり実績としてはステイヤーなのだが、福島でのラジオNIKKEI賞で鋭く差してきたように本質的には中距離のほうが良いと個人的には思っている馬。体調が整えばトップレベルでやれるし、種牡馬としてもディープインパクトの正統派後継としてやれる馬。牝馬の強い時代に一発風穴を開けるとしたらこの馬では。

4番人気想定 ダノンキングリー:昨年は皐月賞3着、ダービー2着、毎日王冠勝ちと活躍したが、今年は大阪杯で3着、安田記念で7着と安定していた馬が崩れだした。叩いたマイルCSが、今秋最大の勝負どころか。

5番人気想定 キセキ:差せるようになってきて宝塚記念2着、京都大賞典2着と復活してきた。ただスピード勝負の東京2000mが向いているかというと微妙。

6番人気想定 ダノンプレミアム;昨秋は秋の天皇賞2着、マイルCS2着と活躍したが、安田記念で13着と期待を大きく裏切った。スピードを生かせるここは向く舞台なのだろうが、尻すぼみになっていく中内田厩舎だけに……。

7番人気想定 ブラストワンピース:一昨年の有馬記念馬だが、不器用すぎて買いどころが難しい馬。東京2000mのスピード勝負は、正直向いていないとの印象。

8番人気想定 ダイワキャグニー:去勢して秋の初戦の毎日王冠では2着と好走した。ただ昔と違って、前哨戦をあまり使わなくなり、毎日王冠は勝ったサリオスから2着が3馬身ちぎられている。秋の天皇賞ではあまり要らないのでは。

9番人気想定 スカーレットカラー:昨秋は府中牝馬Sを勝ったように勢いあったが、5歳秋の牝馬で昨年までの勢いがみられず。

10番人気以下想定
ウインブライト:中山が得意で、香港でも結果を出したように、東京の瞬発力勝負はあまり向かない。間隔が空き過ぎの騎手も馬もプラスではない。

ジナンボーディープインパクト×アパパネという、絵にかいたような良血配合。オープンで好勝負できるようになってきただけで立派で、G1でどうこういうほどでない。

カデナ:2月の小倉大賞典では鋭く末脚を伸ばして久々の勝利も、その後馬券になれず。相手が強いここは要らない。


<まとめ>
有力:フィエールマンアーモンドアイクロノジェネシス

[もっと見る]

2020年10月30日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】90%以上の人が負けるのが馬券なのだから、面倒でもアタマを使うしかない/天皇賞(秋)展望
閲覧 1,933ビュー コメント 0 ナイス 10



菊花賞コントレイルが無敗の3冠を達成。15年前、ディープインパクトの際はもの凄い大歓声が飛び交う現地で観ていたが、今回は自宅でのテレビ観戦。コロナ禍での競馬となり歓声も最低限のものだったが、決して楽なレースとは言えないながらも地力で競り合いを制した姿は想像を超えるものだった。

3冠を、それも無敗で達成できた最大の要因はコントレイルの能力はもちろんのこと、器用さやレースセンスを兼ね備えている点が大きい。レースセンスにおいては、大跳びで基本的に馬群の外を回す以外選択の余地がなかった父ディープインパクト以上かもしれない。菊花賞でも馬群の中でジッと我慢、折り合いを欠きつつもギリギリのところで我慢できたことで、最後の競り合いに勝つことができた。細かい危機を上手く回避して運んだ福永騎手の冷静な手綱も光った。

2着アリストテレスは大健闘。外から終始コントレイルにプレッシャーを与えつつ、自身の持ち味である長くいい脚を最大限に引き出した。ルメール騎手は完璧に乗ったが、今回はコントレイルの底力が一枚上だった。3冠馬のクラシックにおける2着馬は出世しないと言われているが、アリストテレスはまだまだ先を感じさせる内容だった。今から来年の天皇賞(春)を楽しみにしたい。

なお、馬券的には◎コントレイルから、○ディープボンド、▲アリストテレスで勝負。直線はほぼ的中を確信したが、最後の最後でサトノフラッグに交わされてしまった。



~自分自身を知ることが回収率向上の第一歩

ところで前回多点買いについて書いたが、多点買いをするには予算が…という方は、まず券種選びを精査することをオススメしたい。馬券で成果を出すために券種選びはかなり重要で、券種選びのもとになるのは”予算”である。

具体的に言うと、例えば1レースの予算が500円という方が3連複や3連単をメインで買うのは”無謀”に近い。これは、連敗耐久力をかなり問われるようになるためで、極論すれば20連敗や30連敗をしても平気なメンタルを保ち同じような買い方を続けられるならばそれもアリだが、実際はそうはいかない人がほとんどだからだ。

テレビで見ていると、実は予想も馬券も上手な芸人のキャプテン渡辺さんは、連敗をいくらしようとも変わらず少点数での勝負を貫いている。もちろんテレビ的な事情や見栄えなども考慮していると思われるので一概には言えないが、あの姿勢を貫けるメンタルがないと厳しい。

使える予算が少ない場合は3連系ではなく、ワイドなど、比較的当たりやすい馬券に切り替えるべきである。ちなみに前回のコラムで書いた、

『1~5~9頭のフォーメーション30点買い』

を、ワイドに転化すると、

『1~5の部分のワイド5点買い』

ということになる。

これは3連複の3列目、つまり9頭の部分を省略した形だ。ワイドと3連複の関係性は、ワイドで2頭当てた上で、残りのひと枠を当てに行くのが3連複、当てに行かないのがワイドだ。ワイドは3頭目の外れリスクがない分、高配当のボーナスを狙わないという選択なので、どちらにせよそれはトレードオフの関係性になる。

高配当を狙える分、3列目が抜けてゼロになるリスクを甘んじて受け入れるか、あるいはそこを狙わない分確実に的中し、一方で3頭目で大穴が引っ掛かった場合の配当上振れの可能性を放棄するか…ということ。これはどちらが正しいということではなく、自分がどちらを選んでいるか、あるいは自分の予算の中でどちらを選ぶ方が適切かの判断である。大事なことは、自分自身の状況を把握し、自分が何を選択し、どういうゲーム(どれくらい負け続けられるのか、あるいはどれくらいの頻度で当たれば良いのか)をしているかということを理解していることだ。

なぜ理解していることが大事かというと、自分自身でどんなゲームをしているか理解していないと、負けが続いたときに心が折れたり、ブレたりするからである。例えば的中率1割でも勝てる方法を選んでいる場合、1回ごとの試行が的中率1割しかないので普通に20連敗くらいの可能性は考慮しなくてはいけないと思うが、その場合20連敗してもそういうゲームを行っているのだという理解がないとブレてしまう。ブレると本来当たるべき時に弱気になってしまい、結局リスクだけを背負い、大事なリターンを得られない→負け確定になってしまうからだ。

このようなことを考えて馬券を買うのは面倒かもしれないが、馬券は90%以上の人が負けるギャンブルであるし、控除率25%と考えるならば、他者の平均より133%勝たないとプラスにはならない遊びなのである。これは数字にするとイマイチ実感を持てないが、野球でいえばチーム打率.250のチームで、打率.325打つことに等しい。

そのような圧倒的な成績を目指すためには当然のことながら面倒くさいことを受け入れるほかないのではないか。もちろん、余程の天才や強運の持ち主であればこの限りではないが…。

天皇賞(秋)展望&強力牝馬2頭に割って入る可能性のある伏兵候補

さて、今週は天皇賞(秋)。今回はアーモンドアイの史上最多G1・8勝目なるかに注目が集まる。

そのアーモンドアイにとって、東京芝2000mはベストに近い舞台だろう。マイルもこなすとはいえ、前走のように差し遅れるリスクを考えると、追走が楽になる2000mの方がレースはしやすく、広い東京コースで不利を受ける可能性も限りなく低くなる。今回は前哨戦を圧勝したサリオス京都大賞典を制したグローリーヴェイズ札幌記念を制したノームコア、昨年人気を分け合ったサートゥルナーリアなどのライバルは不在で、順当に好走を決める可能性が高そうだ。

もっとも勝つかといわれると半信半疑の面もある。というのも安田記念の内容がいかに間隔が詰まっていたにしても、少々物足りないものだったからだ。圧倒的な脚を見せて3着だった昨年と比べると、今年は2着がやっとという内容。取りこぼしはあるのでは?

だとすれば逆転候補筆頭はベタだがクロノジェネシスだろう。東京の決め手比べは合うだろうし、上昇度ならアーモンドアイより上だ。

ココではアーモンドアイ、そして宝塚記念圧勝のクロノジェネシス以外から、伏兵候補を一頭挙げてみたい。

ダノンキングリー

昨年は毎日王冠を完勝した後、天皇賞(秋)を回避しマイルCSへ向かったが、中距離路線を経験したあとのマイル参戦で難しい面があった。今年も中山記念完勝→大阪杯3着から挑んだ安田記念ではペースの違いに戸惑った印象が強かった。今回は1年越しのベストと思える天皇賞(秋)参戦。直行でのローテも予定通りで、前述の2強に迫る可能性が最も高いのは本馬とみる。

※週末の重賞の結論は、『TAROの競馬』にて一部無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2020年10月16日(金) 21:20 覆面ドクター・英
秋華賞・2020
閲覧 2,895ビュー コメント 0 ナイス 13

まずは前回のG1回顧から。土曜段階で、逃げ不利、外差し馬場となっていてモズスーパーフレア向きでないとは感じていたのですが(実際予想コメントにも記載)、グランアレグリアに変更して失敗したら後悔するかな――と思い返し、結局逃げ粘りに期待した今年のスプリンターズS。散々ごねて発走を遅らせた挙句に、執拗に絡んできた最下位ビアンフェの一件もあり、最悪な展開となってしまいました。
若い頃は「変更しないで失敗すると後悔する」と思ってたのですが、歳をとると保守的になってくるのか、「変更して失敗したら後悔する」と思うようになってしまいました(笑) 流れを読んで、大胆にいかないとなりませんね・・・。


<全頭診断>
1番人気想定 デアリングタクト:無敗の二冠馬で、ぶっつけとなったが調教の動きは鋭く、ある程度位置をとる競馬も可能とみる。小回り云々を言われているが、無敗での三冠は濃厚では。

2番人気想定 リアアメリア:昨秋アルテミスSで強い勝ち方をみせて以降は、やや低迷気味だったが、前哨戦のローズSでは再びの横綱相撲。成長力に乏しいと揶揄されることのある中内田厩舎の痩せ気味仕上げではあるが、この馬に関してはそういうわけでもなさそう。ただ、前哨戦がやたら強い厩舎とも言える(笑)

3番人気想定 ウインマリリン:春はフローラS勝ち、オークスでも2着と活躍したが、秋になり肝心の動きがいまひとつに感じる。

4番人気想定 マルターズディオサチューリップ賞を勝つも桜花賞オークスはイマイチ。調教の動きなど、それほど良くは見せていなかった中で紫苑Sを勝ち、動きが良くなってきたここは楽しみ。

5番人気想定 ウインマイティー:忘れな草賞を勝ち、オークスでも13番人気ながら3着と激走した。秋初戦の紫苑Sは、展開向かず追い込んできての6着止まりでここを迎える。ただ、立ち回りの巧さを求められるここでなく、広々して距離がもっとある舞台が活躍の場では。

6番人気想定 クラヴァシュドール:2歳時はサウジアラビアロイヤルC2着、阪神JF3着と世代トップレベルだったが、3歳になってチューリップ賞2着以降は馬券にならず。ひと叩きで良くなるだろうが、ものすごく変わった感じもしない。

7番人気想定 ミヤマザクラ:母ミスパスカリの晩成型兄弟の多いディープインパクト産駒で、秋になり成長が見込める血統。ただ、厩舎的にも人気になりやすく妙味はあまり無いか。

8番人気想定 マジックキャッスルディープインパクト×ソーマジックといういかにもPOGなどで人気になりそうな馬だが、馬体が小さく成長力いまひとつか。

9番人気想定:パラスアテナ:春は桜花賞オークスに参戦できなかったが、紫苑S2着とじわじわ力をつけてきて、再度上位入線のある馬では。

10番人気以下想定
ホウオウピースフルブラストワンピースの下だが気難しいようで戦意喪失しやすく、紫苑Sも13着と惨敗。フローラSで2着好走させたレーン騎手あたりが乗れるのであれば買いたいがそうもいかず……。

ソフトフルート:前走2勝クラスを4馬身で完勝してきた。ディープインパクト産駒でゴドルフィン軍団らしく母も良血馬。ここも通用の能力はある。

サンクテュエール:昨年の今頃はアルテミスSでリアアメリアの2着、年明けのシンザン記念を勝ったところまでは良かったのだが、桜花賞6着、オークス13着と尻すぼみな結果。今回の距離短縮はいいのだろうが、2000mでも長いかも。

ミスニューヨーク:キングズベスト産駒らしく重馬場や、瞬発力を問われないほうがいいタイプ。今回は要らないのでは。

アブレイズ:3月のフラワーCは藤井騎手が激走させて12番人気で勝利するも、オークス17着、ローズS12着と実力が足りない。

オーマイダーリン:連闘でローズS3着と権利は取ったが、鞍上が硬さをコメントしていた。ただ調教の動きはよく、案外やれそうな穴候補。

フィオリキアリ:ローズSでの7番人気8着を見るに、トップグループとは少し差がある印象。

ムジカ:ローズSは14番人気ながら2着と秋山騎手らしい激走を見せた。ただ乗り難しいようだし、勢いよく追い込んできて最後止まるという使える脚の短さも抱える。二重の難しさがあっては、連続好走は難しいのでは。

ダンツエリーゼ:ダート実績しかない馬だが、前走は最後方近くからものすごい脚での追い込み勝利で、血統もキズナ×アグネスデジタルで芝でやれていい配合と、穴馬として面白い。ただ横山典騎手から太宰騎手というのは……。


<まとめ>
有力:デアリングタクト

ヒモに:リアアメリアマルターズディオサオーマイダーリン

穴で:ダンツエリーゼソフトフルートパラスアテナ

[もっと見る]

⇒もっと見る

ディープインパクトの口コミ


口コミ一覧
閲覧 58ビュー コメント 0 ナイス 19

 20年の部門別リーディングが発表された。総合リーディングサイヤーは9年連続でディープインパクト。無敗で3冠を達成したコントレイル、天皇賞・春を制したフィエールマンなど今年もコンスタントに活躍した。昨年7月に急死したが産駒は22年デビューの世代まで残されており、天下は続く見込み。2歳リーディングもディープインパクトがキープしたが、2位ドゥラメンテ、3位モーリスと現2歳が初世代となる新種牡馬が活躍し、今後の活躍が楽しみだ。ブルードメアサイヤー(母の父)はキングカメハメハが初めての首位。昨年まで14年連続首位を堅持したサンデーサイレンスをついに逆転した。

 馬主はサンデーレーシングが4年連続の首位。クロノジェネシスが有馬記念を制すなどJRAのG1・9勝を挙げた。生産者はノーザンファームが10年連続首位と独壇場になっている。

画像・文章ともに、スポニチ

 はたと止まる 2020年12月20日() 10:20
自由なディープインパクト 
閲覧 53ビュー コメント 0 ナイス 7

 これが正門にある

[もっと見る]

 藤沢雄二 2020年11月20日(金) 08:05
ジャパンカップの思惑
閲覧 389ビュー コメント 0 ナイス 21

今年のジャパンカップは無敗の牡牝の三冠馬同士の直接対決に加えて絶対女王・アーモンドアイの参戦もあって、有馬記念が前倒しになった感じがします。

無敗牝馬三冠馬vs無敗牡馬三冠vs初の芝GⅠ8勝馬とあれば、そりゃ盛り上がらないわけがない。

ファンが「どの馬が強い」ということでワクワクするのはいいことだと思いますが、メディアが“記録”の面で煽るのはどうなのか?と思うところもあります。

もちろんどの馬もGⅠをたくさん勝っているのは素晴らしいですし、一口出資をされている方だけでなくPOGだけでも1勝することが大変なのを痛感していると思うのでスゴいというのを前提とした上で、記録についての精査をすると、まずデアリングタクトの無敗三冠というのは最短距離を突き進んだ結果なのでマユツバな点はあると思います。
その線でいけばシンプルに7戦7勝のコントレイルの方がスゴいと言えるわけで、実際、コントレイルの無敗の方が価値は高いと考えています。

一方、アーモンドアイの芝GⅠ8勝の件ですけど、(古馬)牝馬限定のヴィクトリアマイルをカウントするのは「GⅠの出走機会」の点でフェアじゃないと思っているので、GⅠの勝利数でどの馬が強いという議論を進めるのは不毛な気がします。
そういう話をし始めたら、やはり個人的には、バブルガムフェローをねじ伏せたエアグルーヴの1997年の秋の天皇賞がなければ21世紀における牝馬隆盛の時代は来なかったと思っているし、あの時の「ここでエアグルーヴが勝たなかったら芝の中距離GⅠでこの先牝馬が牡馬と互角に渡り合えることはない」というヒリついた空気を現地で肌で感じていたので、エアグルーヴこそ最強牝馬という気を曲げるつもりはサラサラありません。
返す返すもエアグルーヴが殿堂入りできなかったことは痛恨の極みで、今からでも顕彰馬に選ばれる権利を復活させる為の審理を請求したいくらいです。

閑話休題。

とにもかくにも、3頭がそれぞれの秋の目標をクリアしたからこそ今回のジャパンカップがドリームマッチとなり得たワケで、その点は各馬の関係者の皆様に大いに感謝いたします。

でもジャパンカップは3頭立てではないんだよね。
今回、ボクが楽しみにしているのはまさに馬券のこと。
お宝を前に舌なめずりしているルパン三世のような心境でありますw

せっかくウマニティが公式の動画を配信しているのですから、それをなぞる形でジャパンカップの注目馬を3頭挙げていきます。

◎グローリーヴェイズ
〇サートゥルナーリア
▲アーモンドアイ

印は打っちゃいましたけどねw

端的に言ってしまえば、デアリングタクトもコントレイルもアーモンドアイも「祭りのあと」なんですよ。

《デアリングタクトとコントレイルを注目馬に入れなかった理由》
特にデアリングタクトとコントレイルには、無敗という看板をスムーズに下ろせる絶好の機会だと思っています。

要は「ジャパンカップと有馬記念なら負けても大多数のファンは納得する」というのはあると思うんですよ。

もし仮に、コントレイルが来年の春のドバイの裏の大阪杯で初黒星を喫したとか、デアリングタクトがヴィクトリアマイルで初黒星を喫したとかいうシーンを考えてみてください。
ほぼ単勝1倍台前半での敗戦になるでしょうし、そうなれば非難囂々ですよ。

それではやはり馬への印象も良くないでしょうし、関係者のメンタルにも悪影響を及ぼしかねません。

もちろんジャパンカップでわざと負けるとは思いませんけど、無敗が途切れたとしてもデメリットにならないのは結構な魅力だと思いますよ。
あ、言っておきますけど、あくまでもこれはボクの推測であって妄想でもあります。

でも実際問題、デアリングタクトはマイラーだと思っているので、古馬相手の2400mでは食指は動かないです。
「オークス勝ってるじゃない」
という声はごもっともですが、3歳春の牝馬同士の2400mなんて能力差でいくらでもカバーできるんです。

これまでのデアリングタクトのレースで一番インパクトがあったのはエルフィンSですし、次いで桜花賞になると思います。
三冠牝馬といえどもまだキャリアは5戦で未知な部分も多いです。
まあコントレイルとデアリングタクトではどちらが先着するだろう?という問いには、コントレイルと即答する用意はあるので、ここはデアリングタクトはバッサリ切るつもりです。

そのコントレイルですが、無敗三冠の先達のシンボリルドルフもディープインパクトも菊花賞の次で負けているんですよ。
なので単純に「菊花賞の次」=今回のジャパンカップで勝つことはないと思っています。
コントレイルは確かに強いですけど、シンボリルドルフやディープインパクトのようなオーラ(華)があるようには思えないのもあります。

シンボリルドルフ…ジャパンカップ3着
ディープインパクト…有馬記念2着

これを考えるとコントレイルが複勝圏を外すとは考えにくいですから、印の扱いは連下筆頭になるのですが、かなりキツい競馬になった菊花賞の反動は少なからずあると思っています。

それにダービー→神戸新聞杯→菊花賞は同馬主のディープボンドのアシストがあったことは見逃せません。
今回はそのディープボンドがいませんからね。
往年のメジロマックイーン&メジロパーマーを彷彿とさせるコンビプレーは見事でしたけど、今回こそそれをやる場面じゃないのか?という疑問はあるので。

《注目馬③・アーモンドアイ》
アーモンドアイには▲は打ちましたけど、WIN5を買う上では押さえておいた方がいいかな~という感じですね。
3連単や馬単のフォーメーションを買うのであれば1着欄には塗りたくない気持ちが強いです。

先日の天皇賞ではダノンプレミアムが前半1000mを60秒5のペースで逃げていたので、ゴールは1分58秒台だろうな~と思いながら中継を見ていたら1分57秒8で決着したので、フィーエールマンに詰め寄られたことから勝ち方の印象はあまりいいものではなかったですけど、アーモンドアイの能力が極端に減退しているようには感じられなかったです。
ただ、アーモンドアイにとってプラスとは言えない中3週のローテーションで短期放牧を挟んでの10日競馬というのは感心しないですね。

これも推測の範疇ですけど、香港国際競走との両睨みであったとは考えられるでしょう。
それなりに条件が整えば香港に舵を切ったでしょうけど、ブリーダーズカップの後は香港に向かうと言っていたクリストフ・スミヨンがコロナ陽性でブリーダーズカップは乗り替わりになってしまいましたし、クリスチャン・デムーロも陽性だったということで、12月の香港を考えた時に騎手の調整が難しくなった影響は多大にあると思います。
まあノーザンファームが今さら、好感度を考慮したとは思えませんが、アーモンドアイのラストランを考えた時に国内のレースでファンに別れを告げた方が海外でラストを迎えるよりはいいでしょう。
そうなると、天皇賞がラストだったというのは勝ち逃げみたいで印象が悪い。で、中山2500mと東京2400mではどちらがいいかとなれば、やはり後者の方がいいでしょう。

なので諸々の条件を天秤にかけたらジャパンカップ参戦がベターという選択になるのは自然なことだと思います。
そういう経過もあっての10日競馬だとは思うので、ある程度は予定の行動だと思うのですけど、それでも10日競馬でサクッと勝てるほどGⅠは甘くないかと。ましてやそれがジャパンカップだし。

先週の金曜日でしたっけ?国枝調教師が動画でジャパンカップ参戦を宣言したのは。
その話を聞いて、てっきり日曜日には美浦に入れると思ったのですよ。それで水曜日に1週前追い切りをやるんだろうな、と。
それがその水曜日の入厩での10日競馬ですからね。
なので勝てばアッサリだと思います。で、コントレイルとは逆に2着or3着はないんじゃないかというのがボクの読みですね。

《注目馬②・サートゥルナーリア》
ということで、“3強”のどの馬にも◎をはじめとして打たないのであれば、普通に浮上するのはサートゥルナーリアになります。この馬が4番人気というのは単純にオイシイ。

対コントレイルを考えた時に、立ちはだかったカツラギエースにハーツクライは1世代上の馬でしたから、やはり4歳馬に目がいきますし、GⅠレベルの牡馬というのであればサートゥルナーリアしかいないじゃないですか。

力量的には問題はないでしょう。
ただ不安があるなら秋初戦ということ。
「宝塚記念の疲れが残った」ということで秋の始動が遅れたワケですけど、宝塚記念を使った他馬との比較でそこまでハードなレースをしてた?という疑問はあるわけで、使い分けを理由にジャパンカップまで待たされたのであれば、本来はベストであろう2000mを使えなかったのは痛手なんじゃないかと。

それに、いくらジャパンカップが日本馬が強くなりすぎたあまりに海外から嫌われて「やたら賞金の高い普通の国内GⅠ」という存在になってしまったとはいえ、そしてGⅠへは直行ローテーションが主流になってきたとはいえ、ジャパンカップは秋初戦で勝てるレースではないと思うんですよね。
それは同じ4歳馬のワールドプレミアにも言えることで、こっちは年明け初戦ですから輪をかけてそうなるわけで。むしろコチラは有馬記念で買えるのか?というのが焦点になりそうだし。

だったらもう一捻りする余地はあるんじゃないか、ということです。

《注目馬①・グローリーヴェイズ》
そこで白羽の矢を立てたのがグローリーヴェイズ。
昨年暮れの香港ヴァーズでGⅠ勝ちは果たしているので実績に不足はありません。
それに秋初戦の京都大賞典を勝ってローテーションもいい。

えっ、関東馬なのに東京コースが初めてなのがどうかって?
いや人気薄なんだからネガティブなところは目を瞑ればいいんですw

血統的にも3代母が元祖・牝馬三冠のメジロラモーヌですから、デアリングタクトとアーモンドアイの牝馬三冠対決に割って入る資格は十分にあるでしょう。
時代が違うといっても、本番だけでなく三冠のトライアルも根こそぎ勝ったそのタフさが30数年の時を超えて、現在の直行ローテーションの馬たちに喝を入れることになれば痛快でもあります。

《その他で気になる馬》
あとは印を回せそうなのがカレンブーケドールぐらいしかいないかと。
重賞勝ちがあれば頭まで考えるところですが、さすがにヒモまでの候補かと思います。
でも前走のオールカマーは仕上がり途上に感じていましたけど、勝ったかと思うようなレースぶりでしたから上積みは期待できそうです。


馬券の組み立てはまだ先ですが、とりあえずグローリーヴェイズの単勝を3000円ぐらいは買いたいですね。
あとは3連単で10万馬券になりそうなところを2点ぐらいは1000円買っておきたいw

欲を言えば、ジャパンカップを当たった時にその後の京阪杯で3連単5頭ボックスを1点500円ぐらいで買いたいんですよねw
余裕綽々でそれができるようにグローリーヴェイズには頑張ってほしいところです。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ディープインパクトの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ディープインパクトの写真

ディープインパクト
ディープインパクト

ディープインパクトの厩舎情報 VIP

厩舎情報はありません。

ディープインパクトの取材メモ VIP

2006年12月24日 有馬記念 G1 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。