ディープインパクト(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ディープインパクト
ディープインパクト
写真一覧
抹消  鹿毛 2002年3月25日生
調教師池江泰郎(栗東)
馬主金子真人ホールディングス 株式会社
生産者ノーザンファーム
生産地早来町
戦績14戦[12-1-0-1]
総賞金145,455万円
収得賞金47,175万円
英字表記Deep Impact
血統 サンデーサイレンス
血統 ][ 産駒 ]
Halo
Wishing Well
ウインドインハーヘア
血統 ][ 産駒 ]
Alzao
Burghclere
兄弟 ブラックタイドトーセンソレイユ
前走 2006/12/24 有馬記念 G1
次走予定

ディープインパクトの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
06/12/24 中山 9 有馬記念 G1 芝2500 14341.211** 牡4 57.0 武豊池江泰郎438(+2)2.31.9 -0.533.8⑫⑫⑪⑩ポップロック
06/11/26 東京 10 ジャパンC G1 芝2400 11661.311** 牡4 57.0 武豊池江泰郎436(--)2.25.1 -0.333.5⑪⑪⑪⑦ドリームパスポート
06/10/01 フラ 7 凱旋門賞 G1 芝2400 8--------** 牡4 59.5 武豊池江泰郎---- ------RAIL LINK
06/06/25 京都 11 宝塚記念 G1 芝2200 13681.111** 牡4 58.0 武豊池江泰郎442(+4)2.13.0 -0.734.9⑫⑫⑨⑦ナリタセンチュリー
06/04/30 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 17471.111** 牡4 58.0 武豊池江泰郎438(-4)3.13.4 -0.633.5⑭⑭④リンカーン
06/03/19 阪神 11 阪神大賞典 G2 芝3000 9221.111** 牡4 58.0 武豊池江泰郎442(+2)3.08.8 -0.636.8⑥⑥④トウカイトリック
05/12/25 中山 9 有馬記念 G1 芝2500 16361.312** 牡3 55.0 武豊池江泰郎440(-4)2.32.0 0.134.6⑪⑩⑧⑥ハーツクライ
05/10/23 京都 11 菊花賞 G1 芝3000 16471.011** 牡3 57.0 武豊池江泰郎444(-4)3.04.6 -0.333.3⑦⑦⑦⑦アドマイヤジャパン
05/09/25 阪神 11 神戸新聞杯 G2 芝2000 13691.111** 牡3 56.0 武豊池江泰郎448(0)1.58.4 -0.434.1⑫⑫⑪⑤シックスセンス
05/05/29 東京 10 東京優駿 G1 芝2400 18351.111** 牡3 57.0 武豊池江泰郎448(+4)2.23.3 -0.833.4⑮⑬⑫⑩インティライミ
05/04/17 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 187141.311** 牡3 57.0 武豊池江泰郎444(-2)1.59.2 -0.434.0⑮⑯⑨⑨シックスセンス
05/03/06 中山 11 報知杯弥生賞 G2 芝2000 108101.211** 牡3 56.0 武豊池江泰郎446(-4)2.02.2 -0.034.1⑧⑦⑦アドマイヤジャパン
05/01/22 京都 10 若駒S OP 芝2000 7441.111** 牡3 56.0 武豊池江泰郎450(-2)2.00.8 -0.933.6⑦⑦⑥⑥ケイアイヘネシー
04/12/19 阪神 5 2歳新馬 芝2000 9441.111** 牡2 55.0 武豊池江泰郎452(--)2.03.8 -0.733.1④⑤コンゴウリキシオー

ディープインパクトの関連ニュース

 4月18日に中山競馬場で行われる「第81回皐月賞」(GI、中山11R、3歳オープン、牡馬・牝馬、定量、芝2000メートル、1着賞金1億1000万円)の枠順が15日に確定した。



 2019年サートゥルナーリア、2020年コントレイルに続く史上19頭目の無敗制覇を目指すエフフォーリア(牡、美浦・鹿戸雄一厩舎)は4枠7番、昨年の2歳王者で、今年初戦の弥生賞ディープインパクト記念3着からの巻き返しを図るダノンザキッド(牡、栗東・安田隆行厩舎)は4枠8番、フジテレビ賞スプリングSの覇者で、“池添兄弟”コンビで初のGI制覇を狙うヴィクティファルス(牡、栗東・池添学厩舎)は3枠5番、新馬戦、京成杯と連勝中で最少キャリア制覇がかかるグラティアス(牡、美浦・加藤征弘厩舎)は8枠15番に決定。



 そのほか、弥生賞ディープインパクト記念でダノンザキッドなどを破ったタイトルホルダー(牡、美浦・栗田徹厩舎)は7枠13番、若葉Sを3馬身差で完勝したアドマイヤハダル(牡、栗東・大久保龍志厩舎)は1枠1番、11年連続の皐月賞参戦となる池江泰寿調教師が送り出すディープモンスター(牡、栗東・池江泰寿厩舎)は6枠11番、きさらぎ賞の勝ち馬ラーゴム(牡、栗東・斉藤崇史厩舎)は5枠9番からスタートする。



 無敗馬か2歳王者か、それとも…混戦模様の牡馬クラシック第1弾・皐月賞は18日、中山競馬場(11R)で午後3時40分にスタートが切られる。



皐月賞の枠順はこちら

【私のチェックポイント】GI“タイトル”奪取あるぞ 2021年4月15日(木) 05:00

 日替わりでGI出走馬の気になる点を鋭く取材する「俺…もとい『私のチェックポイント』」。皐月賞の3日目は東京サンスポの三浦なぎさ記者が、弥生賞ディープインパクト記念の勝ち馬タイトルホルダーに焦点を当て、「最終追い切りの動き」「道悪の対応力」「戦法」の3項目を確認、分析した。

 ◇

 初めてこのコーナーを担当することになり、タイトルも今回は特別に「俺の」から「私の」に変更してもらいました。その私が注目したのは、弥生賞ディープインパクト記念を勝ったタイトルホルダー。分析した項目は3つあります。

 まずは、2010年のヴィクトワールピサ以来となる弥生賞組のVなるか、最終追い切りの動きを確認しました。美浦Wコースで田辺騎手を背に、5ハロン67秒2-12秒6を単走馬なりで計時。見届けた栗田調教師によると「先週、しっかりと負荷をかけられたので、今週は整える程度」だったそうですが、馬なりでも迫力のある動きで、元気いっぱいにグングンと進んでいました。

 前走時は「皐月賞の権利を取るために、しっかり仕上げた」(トレーナー)ところ、レース週の火曜に疝痛を発症し、最終追い切りが水曜から木曜にスライドした経緯があります。つまり、スケジュール通りにいかない中での勝利。今回はそういった不安もなく、順調に調整されており、状態面は申し分ないでしょう。

 2つ目は馬場。中山芝2000メートル適性は前走で示しましたが、心配なのは雨予報による週末の馬場状態です。過去4戦全てが良馬場で道悪は未知数…ですが、母メーヴェ、半姉メロディーレーン(父オルフェーヴル)が芝2600メートルで勝ったように、ステイヤーの資質が備わった血統。ドゥラメンテ産駒のこの馬も母系から豊富なスタミナを譲り受け、馬場が悪化したときの体力勝負にも対応できるとみます。

 3つ目のポイントは戦法。過去2勝はともに逃げ切りでしたが「気性面から逃げになるわけではなく、ゲート(の出)が速いうえに二の脚も利くから自然とそう(逃げに)なる」と栗田調教師。特に逃げにこだわりはない口ぶり。同型が手薄で今回も逃げの手になりそうですが、戦法に幅があるのは強みです。それに今回、手綱を取る田辺騎手は自身、JRA重賞35勝のうち13勝が初コンビによるもの。“テン乗り”実績は十分で、心配は無用です。

 最終的な結論は枠順なども見て出したいですが、ノーマークには絶対しません。(三浦なぎさ)

皐月賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【皐月賞】無敗馬か!2歳王者か?混戦模様の牡馬クラシック第1弾の注目点はこちら!! 2021年4月13日(火) 12:52

★今年初戦の弥生賞ディープインパクト記念は3着 巻き返しを狙う2歳王者ダノンザキッド



 昨年の2歳王者ダノンザキッド(牡、栗東・安田隆行厩舎)が、皐月賞で巻き返しを図る。同馬は、今年初戦となった前走の弥生賞ディープインパクト記念では3着に敗れたが、昨年は新馬→東京スポーツ杯2歳SホープフルSと3連勝を決め、JRA賞最優秀2歳牡馬を受賞した。2020年の皐月賞では、前年の最優秀2歳牡馬コントレイルが勝利を収めたが、ダノンザキッドは初黒星を喫した前走から巻き返して、GI2勝目を挙げることができるかどうか。Vなら、最優秀2歳牡馬の勝利は史上8頭目となる。



★クラシック初勝利を目指す安田隆行調教師 “騎手&調教師”双方での皐月賞Vなるか



 ダノンザキッドを管理する安田隆行調教師には、クラシック初勝利がかかる。同調教師はJRA・GI13勝を挙げているが、クラシックでは勝利経験がなく、2001年、2013年の桜花賞2着が最高成績となっている。安田隆行調教師は、騎手時代の1991年にトウカイテイオーとのコンビで皐月賞を制しているが、調教師としても皐月賞のタイトルを手にすることができるかどうか。なお、“騎手&調教師”双方で皐月賞を勝てば、保田隆芳氏以来、史上2人目のこととなる。



 また、ダノンザキッドを所有する(株)ダノックスにもクラシック初勝利がかかる。同馬主は昨年のホープフルSダノンザキッド)、今年の高松宮記念ダノンスマッシュ)とJRA・GI出走機会2連勝中だが、皐月賞で初のクラシックタイトルを獲得することができるかどうか。なお、ダノンザキッドには川田将雅騎手が騎乗する予定。



弥生賞ディープインパクト記念で逃げ切り勝ち 田辺裕信騎手との新コンビで挑むタイトルホルダー



 タイトルホルダー(牡、美浦・栗田徹厩舎)は、通算4戦2勝という成績だが、2勝はいずれも逃げ切り勝ちで挙げており、前走の弥生賞ディープインパクト記念でも積極的にレース序盤から逃げて勝利を収めている。皐月賞では2008年のキャプテントゥーレを最後に逃げ切り勝ちはないが、タイトルホルダー皐月賞でどのような戦法をとるだろうか。



 今回、タイトルホルダーには“テン乗り”となる田辺裕信騎手が騎乗する予定。4月12日現在、同騎手はJRA重賞で35勝をマークしているが、そのうちの13勝を“テン乗り”の馬で挙げており、自身初のJRA・GI制覇となった2014年のフェブラリーSでも“テン乗り”のコパノリッキーとのコンビで勝利を挙げている。



スプリングSを制しだヴィクティファルスで参戦 “池添兄弟コンビ”初のGI制覇なるか



 スプリングSを制したヴィクティファルス(牡、栗東・池添学厩舎)には、池添学調教師の兄・池添謙一騎手が騎乗する予定。スプリングSでは“池添兄弟”コンビとして11度目のJRA重賞挑戦で初勝利となったが、トライアルに続いて皐月賞も制し、コンビ初のJRA・GI制覇を遂げることができるかどうか。Vなら、池添学調教師はJRA・GI初制覇となる。



★中118日で参戦するレッドベルオーブ 最長間隔勝利記録の更新なるか



 朝日杯FS3着のレッドベルオーブ(牡、栗東・藤原英昭厩舎)は、皐月賞が今年初戦となる。同馬は昨年8月8日の新馬戦では2着に敗れたが、未勝利戦→デイリー杯2歳Sをいずれも2歳コースレコードを更新して連勝し、朝日杯FSでは3着に入った。レッドベルオーブは前走から中118日での参戦となり、昨年コントレイルが樹立した皐月賞における前走からの最長間隔勝利記録(中112日)の更新がかかるが、今年初戦の皐月賞でどのような走りを見せるだろうか。Vなら、同馬に騎乗予定の福永祐一騎手は皐月賞連覇となる。



★連勝中のエフフォーリアグラティアスに注目 今年も“無敗の皐月賞馬”誕生なるか



 皐月賞では、2019年サートゥルナーリア、2020年コントレイルと目下2年連続で無敗馬が勝利を挙げている。今年の皐月賞には3戦3勝のエフフォーリア(牡、美浦・鹿戸雄一厩舎)、2戦2勝のグラティアス(牡、美浦・加藤征弘厩舎)が登録しているが、史上19頭目の“無敗の皐月賞馬”が誕生するだろうか。



 エフフォーリアは前走の共同通信杯1着の後、トライアル競走には出走せず、皐月賞に直行してきた。近年の皐月賞では、“共同通信杯組”の活躍が目立っており、過去10年で4勝を挙げている。エフフォーリアにはデビューからの3戦すべてで横山武史騎手が騎乗しており、皐月賞でも同騎手が手綱をとる予定だが、デビューからの連勝を伸ばすことができるかどうか。なお、横山武史騎手の父・横山典弘騎手は1998年の皐月賞を制しており、史上3組目の皐月賞父子制覇がかかる。エフフォーリアが勝てば、同馬を管理する鹿戸雄一調教師は2008年のジャパンCスクリーンヒーロー)以来、13年ぶりのJRA・GI制覇となる。



★最少キャリア制覇がかかるグラティアス 鞍上は皐月賞最多勝のM.デムーロ騎手



 2戦2勝のグラティアス(牡、美浦・加藤征弘厩舎)には、2歳戦が実施されるようになった1946年以降の皐月賞最少キャリア優勝記録がかかる。同馬は父ハーツクライ、母マラコスタムブラダという血統で、2019年のセレクトセール(1歳)において2億3000万円(税抜)という高額で取引された。グラティアスは昨年10月24日に東京の新馬戦を勝ち上がると、続く京成杯も制し、今回は同レース以来3力月ぶりの出走となる。グレード制が導入された1984年以降、キャリア2戦の馬の最高成績は1993年シクレノンシェリフの3着だが、グラティアスは3戦目で皐月賞を制すことができるかどうか。なお、同馬には皐月賞で歴代最多の4勝を挙げているM.デムーロ騎手が騎乗する予定。



★11年連続参戦となる池江泰寿調教師 すみれSを制したディープモンスターを登録



 池江泰寿調教師は、これまで皐月賞に20頭の管理馬を出走させており、現役調教師で最多の皐月賞出走回数を誇る。同調教師は2011年から毎年皐月賞に管理馬を出走させており、11年連続の参戦となる今年の皐月賞にはすみれS勝ち馬ディープモンスターを登録している。池江泰寿調教師は2011年オルフェーヴル、2017年アルアイン皐月賞を制しているが、現役単独トップとなる皐月賞3勝目を挙げることができるかどうか。なお、ディープモンスターには戸崎圭太騎手が騎乗する予定。また、同馬の生産牧場である矢野牧場には、2002年の桜花賞アローキャリー)以来、19年ぶりのJRA・GI制覇がかかる。



ヨーホーレイクに騎乗予定の岩田望来騎手 皐月賞史上最年少での勝利なるか



 騎手の皐月賞最年少優勝記録は、1999年の皐月賞テイエムオペラオーで制した和田竜二騎手の「21歳9力月27日」。今年の皐月賞に参戦予定の騎手では、ヨーホーレイク(牡、栗東・友道康夫厩舎)に騎乗予定の岩田望来騎手が、レース当日の年齢「20歳10力月19日」で、同記録の更新がかかる。岩田望来騎手は皐月賞初騎乗となるが、デビュー3年目でクラシックのタイトルを手にすることができるかどうか。なお、ヨーホーレイクは、新馬戦→紫菊賞を連勝した後は、ホープフルS3着、きさらぎ賞2着と重賞で上位に入っている。



 また、騎手の皐月賞最年長優勝記録は保田隆芳元騎手(1968年)の「48歳2力月2日」で、今年の皐月賞に参戦予定の騎手では、イルーシヴパンサー(牡、美浦・久保田貴士厩舎)に騎乗予定の横山典弘騎手が、レース当日の年齢「53歳1力月27日」で同記録の更新、並びに安藤勝己元騎手がもつクラシック競走での最年長優勝記録(51歳0力月14日)の更新がかかる。同騎手は、今回が歴代単独最多となる30回目の皐月賞騎乗となるが、1998年セイウンスカイ以来、23年ぶりの勝利を挙げることができるかどうか。



★追加登録料を支払っての参戦 父子3代皐月賞制覇に挑むアサマノイタズラ



 アサマノイタズラ(牡、美浦・手塚貴久厩舎)は、追加登録料200万円を支払っての参戦となる。同馬は通算4戦1勝という成績だが、前走のスプリングSで2着に入り、皐月賞の優先出走権を獲得した。追加登録馬が皐月賞を勝てば、1999年テイエムオペラオー以来22年ぶり、1勝馬が皐月賞を勝てば、2004年ダイワメジャー以来17年ぶりとなるが、アサマノイタズラは、追加登録料を支払って参戦する執念を実らせることができるかどうか。なお、同馬にはGI初騎乗となる嶋田純次騎手が騎乗する予定。また、アサマノイタズラの祖父ネオユニヴァースは2003年、父ヴィクトワールピサは2010年に皐月賞を制しており、アサマノイタズラには史上初の父子3代皐月賞制覇がかかる。



皐月賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載★【皐月賞】レース展望

[もっと見る]

【皐月賞】レース展望 2021年4月12日(月) 16:28

 桜花賞は無敗の2歳女王ソダシがレコードタイムで優勝した。牡馬はどうなるか。中山の日曜メインの皐月賞(18日、GI、芝2000メートル)は無敗の2歳王者ダノンザキッドが前哨戦で負けたため、一転して混戦ムードになってきた。

 そのダノンザキッド(栗東・安田隆行厩舎、牡)は最重要トライアルの弥生賞ディープインパクト記念で3着。初めての敗北を味わった。以前から若さが目立つ走りだったが、2歳時は能力の違いで圧倒してきた。3歳初戦でもやはり若さが出て道中は力んだ走り。好位で我慢させたが、スローペースで先行馬を捕えることができなかった。レース後、川田騎手は「予想通りテンションが高くて、レースも力みながらでした。だからこそ前哨戦を使いました。これで(力みが)抜けてくると思います」と話し、敗戦が本番に生きてくるとみている。併せ馬で行われた7日の1週前追い切りは栗東のCWコースで6ハロン80秒3、3ハロン36秒8-11秒7。併入だったが、かなり後ろから追走したもので、馬なりで豪快に追い上げた内容は文句ない。セレクトセールで1億円の大台で競り落とされた逸材。巻き返しの態勢は整っているだろう。



ダノンザキッドの1週前追い切り(競馬予想ツール「Deep」より)



 関東馬ではエフフォーリア(美浦・鹿戸雄一厩舎、牡)が最も注目される。デビュー戦は8月の札幌芝2000メートル戦。1・4倍の断然人気に応えて勝ち上がると、休養を挟んで11月の百日草特別へ。スローペースで道中はやや力んだが、ラスト3ハロン33秒4の脚を使って快勝した。再度、休養して2月の共同通信杯に出走。3、4番手で折り合うと、直線は後続が追い上げてくると逆に突き放してしまった。レースを重ねるたび着差が開いていき、共同通信杯の2、3着馬が後に重賞を勝っていることからも奥が深いことが分かる。好位で立ち回れるセンスと、追い出してからの反応の良さ。ここまでの内容は隙がない。札幌の内容を見ると、初めての中山にも対応はできるはず。無敗のまま1冠奪取を狙う。

 ヴィクティファルス(栗東・池添学厩舎、牡)はスプリングSの勝ち馬。その前の共同通信杯では自ら動いてエフフォーリアを捕えにいって逆に突き放されたが、新馬戦を勝った直後だったことを思えば内容は悪くなかった。スプリングSは中団で折り合いをつけて直線は豪快な伸び脚を披露。先に動いたアサマノイタズラをきっちり捕えきった。レースを経験しながら強さを増し、道悪にも対応できたのは大きい。兄・池添謙一騎手と弟・学調教師のコンビで初のGIタイトルを取れるかということも見どころになる。

 新馬戦、京成杯と連勝したグラティアス(美浦・加藤征弘厩舎、牡)も注目の存在。セレクトセールで2億4840万円(税込み)の高値が付いた評判馬だ。新馬戦は逃げる形になって物見する若さがあったが、最後まで他馬に付け入る隙を与えない楽勝。京成杯は好位で控える競馬をして、あいた内から抜け出してみせた。使うごとの上積みが大きそうだが、今回は間隔があいてのGI。最終追い切りの動きは特にチェックしておきたい。

 弥生賞ディープインパクト記念でダノンザキッドなどを破ったのがタイトルホルダー(美浦・栗田徹厩舎、牡)。ダノンとの対戦では東京スポーツ杯2歳Sで2着、ホープフルSで4着に敗れていたが、“三度目の正直”で勝ってみせた。とにかくパワフルな走りと先行力が魅力。弥生賞はスローの逃げに持ち込んで、後続の末脚を封じ込める横山武史騎手(皐月賞田辺裕信騎手)の好騎乗もあったが、馬自身も力をつけている。

 アドマイヤハダル(栗東・大久保龍志厩舎、牡)は若葉Sが強い競馬だった。好位3番手から上がり3ハロン33秒7の脚を使って3馬身差をつける完勝。阪神で2勝しているように、直線の急坂は苦にしないタイプ。初の中山で、初の一線級との対戦だが、侮れない存在だ。

 ディープモンスター(栗東・池江泰寿厩舎、牡)は梅花賞とすみれSを連勝中。その前のエリカ賞ではアドマイヤハダルの2着に敗れたが、当時は4コーナーで不利を受けており、それにもかかわらず半馬身差まで迫ってきた。まだ底を見せていないだけに、強敵相手でどんな走りを見せるか注目だ。

 きさらぎ賞勝ちのラーゴム(栗東・斉藤崇史厩舎、牡)、朝日杯フューチュリティS3着のレッドベルオーブ(栗東・藤原英昭厩舎、牡)、ホープフルS3着など安定感があるヨーホーレイク(栗東・友道康夫厩舎、牡)、朝日杯FS2着の実績があるステラヴェローチェ(栗東・須貝尚介厩舎、牡)なども上位争いが十分可能だ。



皐月賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【桜花賞】金子オーナー入魂の血統!奇跡の白毛ソダシ桜満開 2021年4月12日(月) 04:59

 桜花賞が11日、阪神競馬場で行われ、最優秀2歳牝馬ソダシが先行策から力強く抜け出し、無傷の5連勝。希少な白毛で、初のクラシック制覇を成し遂げた。金子真人オーナー(76)=現在の名義は金子真人ホールディングス株式会社=は、2010年のアパパネ以来の2勝目。所有する繁殖馬に、現役時代に所有した種牡馬を何代も掛け合わせる、ホースマンの執念が結実した。

 ゴールが早く来てくれ! 3冠馬ディープインパクトなどで数々のGIタイトルを手にしてきた金子オーナーですら、この勝利には興奮を隠し切れなかった。純白の輝きを放つソダシ阪神JFに続いてサトノレイナスの猛追を振り切り、5戦5勝で1冠奪取。白毛馬で初の桜花賞制覇だ。

 「すごいね。信じられない、この時計は。レコードだよ!! 速かった。強かった。早めに抜け出してからは(最後まで)ハラハラした。ゴールの瞬間はほっとしたよ。うれしいね」

 Vタイムの1分31秒1は、従来の記録(2017年米子S・ブラックムーンの1分31秒9)を0秒8も更新する、阪神芝1600メートルのコースレコード。大激戦を制し、最後に検量室前に引き揚げてきた愛馬をいとおしそうに見つめ、鼻づらをなでた金子オーナーはJRA・GI29勝目。JRA重賞99勝目で、節目の100勝に王手をかけた。

 ソダシの祖母シラユキヒメは突然変異で生まれた白毛馬。金子オーナーはその祖母の代から、この白毛一族を所有してきた。シラユキヒメに、現役時代に所有し、種牡馬となったキングカメハメハを掛け合わせ、珍しいぶち柄白毛のブチコが誕生。そのブチコに、これまた現役時代に所有馬だったクロフネを交配してソダシが生まれた。そんな“金子ブランド”の結晶が成し遂げたクラシック制覇の大仕事。感慨深いはずだ。

 表彰式ではただひとりで登壇し、スタンドに向けて両手を大きく上げて喜びを表現。抽選でチケットを手に入れた2789人のファンと、“特別な桜花賞制覇”の余韻を共有した。

 今後については、日本ダービーにもクラシック登録をしているが「たぶんオークスになると思う」と明かした。純白のヒロインはどこまで強くなっていくのか。1カ月半後には、無敗2冠の真っ白な花を咲かせる。



■金子真人(かねこ・まこと) 1945(昭和20)年3月15日生まれ、76歳。製品設計・開発を支援するITシステムの開発などを手がける株式会社図研の創業者で、代表取締役会長。馬主としては無敗3冠を含むGI7勝のディープインパクト、変則2冠馬キングカメハメハ、芝&ダートGI馬クロフネなど種牡馬でも活躍した馬をはじめ、牝馬3冠馬アパパネなど、多数の活躍馬を保有してきた。



★ぬいぐるみも“1番人気”!?…このほど商品化されたソダシのぬいぐるみが11日、阪神競馬場内のターフィーショップで販売され、用意された在庫は、午前8時45分の開門から15分ほどでなくなった。

 ひと足先に、9日午後5時に販売されたオンラインショップでも、数分で完売。“白いオトメ”の人気はとどまるところを知らない。

★11日阪神11R「桜花賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【桜花賞】桜の女王の座に輝くのは?牝馬クラシック第1弾の注目点はこちら! 2021年4月6日(火) 11:55

★4戦4勝、白毛の2歳女王ソダシ 今年も無敗の“桜の女王”誕生なるか



 4戦4勝で昨年のJRA賞最優秀2歳牝馬を受賞したソダシ(栗東・須貝尚介厩舎)が、史上8頭目となる無敗での桜花賞制覇に挑む。同馬は7月12日の函館でデビュー勝ちをおさめると、札幌2歳SアルテミスS阪神JFと連勝を伸ばし、白毛馬として初のJRA・GI制覇を遂げた。ソダシ阪神JF以来、約4力月ぶりの出走となるが、無傷の5連勝で“桜の女王”の座に就くことができるかどうか。Vなら、無敗での桜花賞制覇は昨年のデアリングタクトに続き2年連続8頭目、最優秀2歳牝馬の勝利は2010年アパパネ以来11年ぶり10頭目となる。なお、ソダシ桜花賞に出走すれば、白毛馬初のクラシック競走出走となる。



ソダシの過去4走(競馬予想ツール「Deep」より)



阪神JF1・2着馬は桜花賞が今年初戦 前走からの最長間隔V記録の更新なるか



 昨年の阪神JF1着のソダシ(栗東・須貝尚介厩舎)、2着のサトノレイナス(美浦・国枝栄厩舎)は、いずれも同レース以来中118日の出走で、桜花賞が今年初戦となる。阪神JFでの2頭の着差はハナ差だったが、2度目の対戦はどちらに軍配があがるだろうか。ちなみに、阪神JFがハナ差で決着したのは2013年以来のことだったが、同年の阪神JF1着馬レッドリヴェール、2着馬ハープスター桜花賞でも接戦を繰り広げ、ハープスターがクビ差でレッドリヴェールを破り、阪神JFのリベンジを果たしている。また、歴代の桜花賞馬で前走からの間隔が最も長かったのは、2019年グランアレグリアの「中111日」で、ソダシサトノレイナスにはこの記録の更新がかかる。



 ソダシに騎乗予定の吉田隼人騎手には、クラシック競走初制覇がかかる。同騎手は2015年以来、6年ぶり5回目の桜花賞参戦となるが、デビュー戦からすべてのレースで手綱をとり、4戦4勝の成績を誇るソダシとのコンビでクラシック初勝利を挙げることができるかどうか。



桜花賞3勝目を狙う国枝栄調教師 サトノレイナスアカイトリノムスメを登録



 国枝栄調教師(美浦)には、現役単独トップの桜花賞3勝目がかかる。同調教師は2010年のアパパネ、2018年のアーモンドアイと、その後牝馬3冠馬となる2頭で桜花賞を制している。国枝調教師は阪神JF2着のサトノレイナス、自身が管理した牝馬3冠馬アパパネを母にもつクイーンC勝ち馬アカイトリノムスメの2頭を登録しているが、3度目の桜花賞制覇を果たすことができるかどうか。Vなら、同調教師はグレード制が導入された1984年以降で4人目のJRA・GI通算20勝となる。なお、桜花賞では1948年に増本勇元調教師、1988年に庄野穂積元調教師が1・2着独占を決めている。



★両親ともに3冠馬のアカイトリノムスメ 桜花賞史上初の母子制覇なるか



 クイーンC勝ち馬アカイトリノムスメ(美浦・国枝栄厩舎)は、父が2005年の3冠馬ディープインパクト、母が2010年の牝馬3冠馬アパパネという血統。同馬は昨年8月2日の新馬戦(新潟)こそ7着に敗れたが、その後は未勝利戦→赤松賞→クイーンCと3連勝で桜花賞に駒を進めてきた。アカイトリノムスメには桜花賞史上初の母子制覇がかかるが、母アパパネに続いて“桜の女王”の座に就くことができるかどうか、なお、ディープインパクト産駒はこれまでにクラシック競走で22勝を挙げており、桜花賞を勝てば、種牡馬のクラシック勝利数で歴代トップのサンデーサイレンス(23勝)に並ぶ。



アカイトリノムスメの馬情報(競馬予想ツール「Deep」より)



★父、母、母の父もすべて自身の所有馬 金子真人HD(株)所有馬は重賞勝ち馬2頭が登録



 桜花賞に登録しているアカイトリノムスメ(美浦・国枝栄厩舎)、ソダシ(栗東・須貝尚介厩舎)は、どちらも金子真人ホールディングス(株)の所有馬。アカイトリノムスメは父ディープインパクト、母アパパネ、母の父キングカメハメハソダシは父クロフネ、母ブチコ、母の父キングカメハメハという血統で、両馬の父、母、母の父も同馬主が所有していた。(馬主名「金子真人氏」も含む)。アカイトリノムスメは前走でクイーンCを勝ち、ソダシはデビューから4連勝で阪神JFなど重賞3勝を挙げているが、金子真人ホールディングス(株)の所有馬は2010年アパパネ以来、11年ぶり2回目の桜花賞制覇を果たすことができるかどうか。



★8大競走完全制覇を狙う横山典弘騎手 “テン乗り”メイケイエール桜花賞初Vなるか



 桜花賞初制覇を目指す横山典弘騎手は、“テン乗り”となる重賞3勝馬メイケイエール(栗東・武英智厩舎)とのコンビで参戦する予定。同騎手は8大競走のうち桜花賞のみ未勝利で、勝てば、保田隆芳元騎手、武豊騎手、C.ルメール騎手に続く史上4人目の8大競走完全制覇、並びに史上12人目のクラシック完全制覇となるが、15度目の挑戦で桜花賞初勝利を挙げることができるかどうか。なお、横山典弘騎手のレース当日の年齢は53歳1力月20日で、桜花賞を勝てば、安藤勝己元騎手が2011年桜花賞で記録したクラシック競走での最年長優勝記録(51歳0力月14日)を更新する。



★Kingman産駒のエリザベスタワー 史上初、外国産馬の桜花賞制覇なるか



 今年のチューリップ賞は、メイケイエール(栗東・武英智厩舎)、エリザベスタワー(栗東・高野友和厩舎)がJRA重賞では2年ぶりの1着同着となった。過去10年の桜花賞を見ると、“チューリップ賞組”は5勝、2着7回と連対馬の過半数を占めているが、同レースの勝ち馬は2014年のハープスターを最後に、桜花賞で勝利を挙げていない。果たして、今年の勝ち馬2頭は7年ぶりに桜花賞制覇を遂げることができるかどうか。



 メイケイエールは昨年、産駒がデビューした新種牡馬のミッキーアイル産駒。新種牡馬の産駒は過去10年の桜花賞で4勝を挙げているが、メイケイエールは父にクラシックのタイトルを贈ることができるかどうか。なお、同産駒はミニーアイル(栗東・武幸四郎厩舎)も登録している。



 また、エリザベスタワーはKingman産駒の英国産馬で、外国産馬初の桜花賞制覇がかかる。同馬は阪神・芝1600メートル戦で2戦2勝という成績を残しているが、2007年のオークスローブデコルテ以来、史上2頭目の外国産馬によるクラシック制覇を成し遂げることができるかどうか。なお、外国産馬エリザベスタワーには前走に続き川田将雅騎手が騎乗する予定。



★姉シゲルピンクダイヤは2019年の桜花賞2着馬 フィリーズRを制したシゲルピンクルビー



 フィリーズRを制したシゲルピンクルビー(栗東・渡辺薫彦厩舎)は、父モーリス、母ムーンライトペイという血統で、2019年の桜花賞2着馬シゲルピンクダイヤの妹にあたる。フィリーズRの勝ち馬が桜花賞を勝てば、2005年ラインクラフト以来、16年ぶり10頭目となるが、シゲルピンクルビーは2着に敗れた姉の雪辱を果たし、桜花賞を制すことができるかどうか。



 また、シゲルピンクルピーに騎乗予定の和田竜二騎手は、同馬の姉シゲルピンクダイヤの主戦騎手も務めており、2019年の桜花賞2着、秋華賞3着といった成績を残している。同騎手にはテイエムオペラオーで制した1999年皐月賞以来のクラシック制覇がかかるが、久しぶりにクラシック競走で勝利を挙げることができるかどうか。なお、Vなら、同馬を管理する渡辺薫彦調教師はJRA・GI初制覇となる。



★フィリーズR2着の熊本産馬ヨカヨカ 九州産馬初のクラシック制覇なるか



 フィリーズR2着のヨカヨカ(栗東・谷潔厩舎)は、熊本県・本田土寿氏の生産馬。同馬は新馬戦→フェニックス賞→ひまわり賞とデビューから3連勝を飾った後は重賞に出走を続け、ファンタジーS5着、阪神JF5着、フィリーズR2着という成績を残している。ヨカヨカ桜花賞を勝てば、九州産馬初のクラシック制覇となるが、歴史的な勝利を挙げることができるかどうか。同馬には幸英明騎手が騎乗予定。なお、北海道以外で生産された馬が桜花賞を勝てば、1971年のナスノカオリ(栃木県・那須野牧場生産)以来、50年ぶりとなる。



★“テン乗り”の馬で桜花賞2勝の池添謙一騎手 紅梅Sを制したソングラインに騎乗予定



 池添謙一騎手は、2002年にアローキャリー、2017年にレーヌミノル桜花賞を制しているが、2頭はいずれも“テン乗り”の馬だった。同騎手は今年の桜花賞で“テン乗り”のソングライン(美浦・林徹厩舎)に騎乗する予定だが、今回も勝利に導くことができるかどうか。なお、ソングラインは未勝利戦→紅梅Sをいずれも2着馬に3馬身差をつけて2連勝中。



 また、未勝利戦→フェアリーSを連勝したファインルージュ(美浦・木村哲也厩舎)には、福永祐一騎手が“テン乗り”で騎乗する予定。福永騎手が“テン乗り”の馬で桜花賞に参戦するのは 2010年エーシンリターンズ、2015年テンダリーヴォイスに続く3回目で、エーシンリターンズでは11番人気で3着と好走している。果たして、福永騎手は2005年ラインクラフト以来の桜花賞3勝目を挙げることができるかどうか。なお、ソングラインファインルージュはいずれもキズナの産駒で、Vなら、同産駒はJRA・GI初制覇となる。



★3戦目での桜花賞制覇狙うアールドヴィーヴル 昨年Vのデアリングタクトに続くか



 新馬戦1着→クイーンC2着のアールドヴィーヴル(栗東・今野貞一厩舎)には、デビュー3戦目での桜花賞制覇がかかる。2歳戦が実施されるようになった1946年以降、デビュー3戦目で桜花賞を制したのは1948年ハマカゼ、1980年ハギノトップレディ、2020年デアリングタクトの3頭だけで、アールドヴィーヴルが勝てば、3頭と並ぶ桜花賞最少キャリア優勝記録となる。同馬にはM.デムーロ騎手が騎乗する予定だが、デビュー3戦目で桜花賞のタイトルを手にすることができるかどうか。なお、アールドヴィーヴルは、3日にJRA通算2000勝を達成したキングカメハメハの産駒で、同産駒には2010年アパパネ、2015年レッツゴードンキに続く桜花賞3勝目がかかる。



 また、エリザベスタワー(栗東・高野友和厩舎)に騎乗予定の川田将雅騎手は、高松宮記念ダノンスマッシュ)→大阪杯レイパパレ)と2週連続でJRA・GIを制している。同騎手にはグレード制が導入された1984年以降で3人目(5回目)の3週連続JRA・G1制覇がかかるが、今週もGI制覇を遂げることができるかどうか。なお、エリザベスタワーを管理する高野友和調教師は、大阪杯勝ち馬レイパパレの管理調教師。同一“調教師&騎手”が2週連続でJRA・GIを勝てば、2017年にオークス→ダービーを連勝した“藤沢和雄調教師&C.ルメール騎手”以来、グレード制が導入された1984年以降で2組目となる。



ヨカヨカオパールムーンの2頭が登録 JRAブリーズアップセール取引馬初のクラシックVなるか



 桜花賞はフルゲート18頭で実施されるが、4月5日現在の出走馬決定順を見ると、16頭までは優先出走権獲得馬と収得賞金上位馬で決まっており、残る2頭の出走馬は収得員金1000万円のオパールムーン(栗東・昆貢厩舎)、ククナ(美浦・栗田徹厩舎)、ゴールドチャリス(栗東・武幸四郎厩舎)、ブルーバード(美浦・高橋祥泰厩舎)から抽選で決定する。果たして、「4分の2」の抽選を突破して、クラシックの舞台に立つのはどの馬だろうか。



 オパールムーンは、昨年のJRAブリーズアップセールにおいて1110万円(税抜)で取引された。今年の桜花賞登録馬では、ヨカヨカ(栗東・谷潔厩舎)も同セールにおいて1020万円(税抜)で取引されており、JRAブリーズアップセール取引馬初のクラシック勝ち馬が誕生するか注目される。



 また、オパールムーンには横山和生騎手が騎乗する予定。桜花賞では、同騎手の父、横山典弘騎手がメイケイエール(栗東・武英智厩舎)、弟・横山武史騎手がアカイトリノムスメ(美浦・国枝栄厩舎)に騎乗予定で、オパールムーンが抽選を突破すれば、横山親子3人揃ってのGI挑戦となる見込み。なお、親子騎手3人による同一JRA・GI騎乗となればグレード制が導入された1984年以降で初めてのこととなる。



桜花賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載★【桜花賞】レース展望

[もっと見る]

⇒もっと見る

ディープインパクトの関連コラム

閲覧 1,834ビュー コメント 0 ナイス 3



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、伏竜ステークス・名鉄杯・毎日杯日経賞・六甲ステークス・マーチステークス高松宮記念の7レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2021年03月27日(土) 中山10R 伏竜ステークス
【前走の馬体重別成績(2017年以降)】
●480kg未満 [0-0-1-10](3着内率9.1%)
●480kg以上 [4-4-3-16](3着内率40.7%)
→今年は馬格が明暗を分けそう。2017年以降の伏竜ステークスで3着以内となった馬の大半は、前走の馬体重が480kg以上でした。


▼2021年03月27日(土) 中京11R 名鉄杯
【前走の4コーナー通過順別成績(2020年)】
●4番手以内 [0-1-1-1](3着内率66.7%)
●5~9番手 [1-0-0-3](3着内率25.0%)
●10番手以下 [0-0-0-7](3着内率0.0%)
→ほぼ同じ条件で施行された昨年の名鉄杯は、先行力の高い馬が上位を占める結果に。今年も同様の決着を警戒しておくべきでしょう。


▼2021年03月27日(土) 阪神11R 毎日杯
【血統別成績(2011年以降)】
●父がディープインパクト [4-6-6-15](3着内率51.6%)
●父がディープインパクト以外の種牡馬 [6-4-4-79](3着内率15.1%)
ディープインパクト直仔は堅実。特別登録を行った馬のうち、父がディープインパクトなのは、シャフリヤールプログノーシスグレートマジシャンの3頭だけです。


▼2021年03月27日(土) 中山11R 日経賞

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2021年3月17日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2021年03月17日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(245)
閲覧 1,709ビュー コメント 0 ナイス 5



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、ファルコンS・若葉S・フラワーカップ・千葉S・名古屋城S・阪神大賞典スプリングSの7レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2021年03月20日(土) 中京11R 中日スポーツ賞ファルコンステークス
【前走の条件別成績(2016年以降)】
●JRAの重賞・地方のダートグレード競走 [3-3-4-13](3着内率43.5%)
●JRAの重賞・地方のダートグレード競走以外 [2-2-1-55](3着内率8.3%)
→重賞から直行してきた馬は堅実。一方、前走の条件がJRAの重賞・地方のダートグレード競走以外だったにもかかわらず3着以内となった5頭は、いずれも前走の着順が1着、かつ前走の2位入線馬とのタイム差が0.2秒以上でした。


▼2021年03月20日(土) 阪神11R 若葉ステークス
【“JRA、かつ1700~2000mのレース”において“着順が2着以内、かつ4コーナー通過順が2番手以内”となった経験の有無別成績(2017年以降)】
●あり [4-2-4-16](3着内率38.5%)
●なし [0-2-0-17](3着内率10.5%)
→脚質に注目したい一戦。先行策やマクリの競馬で連対を果たしたことのある馬は高く評価できます。


▼2021年03月20日(土) 中山11R フラワーカップ
【血統別成績(2018年以降)】
●父か母の父がディープインパクト系種牡馬 [3-2-1-8](3着内率42.9%)
●父も母の父もディープインパクト系以外の種牡馬 [0-1-2-23](3着内率11.5%)
→近年は父か母の父にディープインパクト系種牡馬を持つ馬が優勢。なお、父も母の父もディープインパクト系以外の種牡馬、かつ“中山・阪神、かつ1勝クラス以上のレース”において1着となった経験のない馬は2018年以降[0-0-0-23](3着内率0.0%)と上位に食い込めていません。

<<さらにプラス1!>>
【『血統偏差値』要注目種牡馬】
中山芝1800m内×キズナ×前走4着以内
→3着内率50.0%、複勝回収率222%


▼2021年03月21日(日) 中山10R 千葉ステークス

[もっと見る]

2021年3月5日(金) 22:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 報知杯弥生賞ディープインパクト記念 2021
閲覧 1,143ビュー コメント 0 ナイス 4



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


3月7日(日) 中山11R 第58回報知杯弥生賞ディープインパクト記念(3歳G2・芝2000m)

ダノンザキッド(B)中9週
この中間もCWを中心に長めから追われていて2週前、1週前と追われるごと反応は良くなっている感じ。1週前追い切りでは終い軽く追われただけで併走相手を一気に突き放して先着と、トライアル戦とはいえ仕上がりは良さそう。

タイムトゥヘヴン(C)中6週
新馬戦以外は中2週で使われてきた馬で、今回は中6週と間隔に余裕があって2週前、1週前と南Wで強めに追われている。動きを見ると南Wではモタモタするような感じもあり、併走相手の手応えと比べても動きは物足りないように見える。

タイトルホルダー(A)中9週
ホープフルSからの中9週でこの中間は乗り込み量も豊富。坂路、南Wとともに好時計をマークしている。1週前の動きを見ても素軽さがあり、楽に先着していて仕上がり良好。

シュネルマイスター(B)中10週
休み明けの前走時は、+14キロでも太いというよりはまだ緩いといった印象。この中間も間隔が空いたが、1週前に強めに追われて楽に先着しており、これで馬体が締まってくればさらに良くなりそう。

ワンデイモア(A)中8週
大きな馬でこの中間も1ヶ月ほどの入念な乗り込み。終いの脚に見どころのあるタイプで、1週前の併せ馬での動きも力強く順調な仕上がりに映る。

ゴールデンシロップ(B)中2週
前走時が休み明けでかなり入念に乗り込まれていた一方、1週前、最終追い切りと強めに追われていたこともあってか、かなりテンションが高くレースでもかなり行きたがっていた。それでも直線先頭で押し切るのだから能力は相当だが、今回距離延長で同じようにイレ込むとスタミナ切れが心配。この中間は間隔も詰まることから、日曜日に坂路で強めに追われ速い時計を出してきているが、直前はソフトに仕上げたいところ。

ソーヴァリアント(B)中5週
3走前に1位入線も失格で予定は狂ったところもあるとは思うが、前走で勝ち上り能力のあるところは見せた。この中間も、1週前に併せ馬で先着と、間隔が詰まっていた前走時よりは順調な内容。

タイセイドリーマー(C)中5週
前2走時のパドックでは、まだ緩さのある馬体でこれから良くなっていく途上といった感。この中間も坂路で乗り込まれ、使われるごとに速い時計も出るようになってはいるもののガラッと良くなったという印象はまだない。

テンバガー(C)中6週
前走時の追い切りもそうだったが、1週前の動きを見てもまだフワフワした走りをしていて力強さがない。速い時計は出る馬なので、そのあたりが変わってくればもっと上でもやれそうだが。

ホウオウサンデー(D)中9週
新馬戦以来の出走で、この中間も坂路で乗り込まれ速い時計をマークしてきている。ただ、併せ馬を行った1週前追い切りの動きを見ると終いもうひと伸びがほしい感じ。一気の相手強化に対応できるか不安が残る。


このコラムからの推奨馬はワンデイモアタイトルホルダーダノンザキッドの3頭をあげておきます。


◇今回は報知杯弥生賞ディープインパクト記念編でした。
3月に入り今週から新人騎手がデビューします。今年デビューの騎手たちは、3年前の競馬学校の説明会に参加した時に1年生だった子たち。実際に会って質疑応答に応えてくれたこともあり、個人的には親近感がとてもあります。その時のことは、以前コラムでも触れたように、想像以上にみんな夢や希望に満ち溢れていて、目標のある人間というのは年齢に関係なく素晴らしくて見習わなくてはと思うほど関心したものでした。ちなみにその時の学校説明会で質問に答えてくれた子たちは4名だったのですが、今年デビューする騎手の名前のなかにその4名全員の名前がありました。
人を見る目があるかどうかはいざ知らず、あの時感じた情熱はたしかなものだったのだと思います。そして何より、みんな頑張って乗り越えてここまでたどりつけたのだと拍手を送りたいと思っています。彼らにとってはまだスタート地点に立ったばかりだと思いますが、存在感があって華のある、彼らを見てジョッキーになりたいと思われるような、そんなジョッキーになってもらいたいものです。
怪我には気をつけて、それぞれの大きな目標に向かって頑張って下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=rOvROSWCOMc&list=PLhZFZK9xnQ3-kXfrDPkD1MKVCSaZaL78m

それでは次回、フジテレビ賞スプリングS編でお会いしましょう。


弥生賞ディープインパクト記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2021年3月5日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】【買い方を考える】高配当は”当てる”ってより”当たる”ことが多い/弥生賞ディープインパクト記念の伏兵
閲覧 1,531ビュー コメント 0 ナイス 2

今週もさらに引き続き馬券の話をしようと思う。

先週オッズに目が眩むとロクなことがないという話を、フェブラリーSの馬券の反省とともにしたが、その教訓を少しだけ生かせたのが土曜の中山メイン・幕張ステークスだった。ココはクラス上位&最内枠のウインカーネリアン軸はスンナリ決まったが、相手候補が悩ましかった。普通に考えればルメール騎手のオールイズウェル、安定感あるサクラトゥジュール、重賞実績もあるウイングレイテスト…などなどが有力と考えられたが、開幕週の中山芝1600m、それもフルゲートの一戦であまりまともに買うのもなぁ、と考えた。

そこで上記の馬を評価しつつ、少し手広く勝負。あとは野となれ山となれではないが、「競馬ノート」での予想配信の中にも「堅いかもしれないが多少ズレに期待して」と書いた通りだ。

~3頭をビシッと当てるのは現実的ではない

馬券、とりわけ3連複や3連単などの『3頭馬券』は基本的に思い通りに行かないのが常。1頭くらいは不確定要素が介在する余地があるし、場合によっては2頭くらい伏兵が突っ込むこともある。昨年のジャパンカップではアーモンドアイコントレイルデアリングタクトの3強が綺麗にワンツースリーを決めたが、むしろあのようなことは稀で、だいたい1頭はおかしな馬が突っ込んで来る、それが競馬だ。

ただ、穴馬を一本釣りするのはなかなか難しい。高配当をビシッと仕留められればカッコいいが、現実はなかなかそうはいかないものだ。馬券は理想も大事だが、現実はもっと大事だ。別に狙って取らなくても良い。過去の高配当的中を振り返ってみてほしい。果たしてそれは、どれだけ狙いすましたものだっただろうか? 案外、「当たってしまった」あるいは、「高めの部分が転がり込んだ」ケースが多いのではないだろうか。そう、3連系馬券は多少の運も必要で、その運や不確定要素に賭けることも大事なのである。思い通りにはいかない。

というわけで、幕張ステークスでは3番人気の◎ウインカーネリアンから、○サクラトゥジュール、▲ウイングレイテストという上位人気に固めた一見するとつまらない予想だったが、そこにさらにエイムアンドエンドやムガールカルムを入れて手広く攻める作戦にした。

そして結果は、◎ウインカーネリアンが勝利。ただ、ヒモには○サクラトゥジュールも、▲ウイングレイテストも馬券に絡めなかったが、それが功を奏し、3連複は4万近い高配当が”当たった”。



特に波乱度が上がる多頭数の競馬などは、この”当たる”という感覚が大事になる。多頭数の競馬を3頭ビシッと仕留めるなど、1年を通じてもそうそうあるものではない。叶いもしない理想を掲げて馬券を買っても無駄なので、それならば多少のズレに期待して、現実的な買い目を構築することが大事になる。

したがって言葉は悪いが、荒れそうなレースを見つけたら手広く買ってみることも大事だ。個人的には3連複は30点くらいまでなら十分勝負できると思う。10点で100倍を当てるより、30点で500倍を当てる方が難易度は低いかもしれない。

弥生賞ディープインパクト記念展望

さて、今週末は皐月賞に向けて重要なトライアル・弥生賞ディープインパクト記念が行われる。とはいえこのレースに関しては、上述のようなおかしな波乱の馬券にはなりづらいかもしれない。頭数自体が多くないし、人気もかなり偏りそうだ。

軸候補はダノンザキッドで良いだろう。超大物というタイプではないが、レースぶりには安定感があり不発が少ない印象。むしろ問題は相手だろうか。ルメール騎手が騎乗するシュネルマイスターはキングマン産駒。今回はクラシックを目指して距離を延ばして来るが、レースぶりを見ていても、また血統的にもいかにもマイル前後がベストという感じで、この距離だと不安も大きい。

軸のダノンザキッドから、少し薄めに狙ってみる、というのが現実的かもしれない。そこで相手候補となる伏兵馬をココでは1頭挙げてみたい。

タイムトゥヘヴン

伏兵と言えるほど人気薄でもないかもしれないが、レースぶりはセンスに溢れスローに強いタイプ。いかにもトライアル向きのタイプで、単調なレースになりがちな弥生賞には合いそうだ。本番よりはココで狙いたい。

弥生賞ディープインパクト記念の本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2021年2月28日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2021年02月28日号】特選重賞データ分析編(243)~2021年弥生賞ディープインパクト記念
閲覧 2,018ビュー コメント 0 ナイス 8



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 報知杯 弥生賞ディープインパクト記念 2021年03月07日(日) 中山芝2000m内


<ピックアップデータ>

【前走の条件が“JRAのレース”だった馬の、前走の上がり3ハロンタイム順位別成績(2016年以降)】
○4位以内 [5-5-4-22](3着内率38.9%)
×5位以下 [0-0-1-17](3着内率5.6%)

 直近のパフォーマンスを素直に評価したい一戦。2016年以降の3着以内馬15頭中14頭は、前走の上がり3ハロンタイム順位が4位以内でした。大敗直後の馬はもちろん、先行力の高さを活かしたいタイプも過信禁物と見るべきでしょう。

主な「○」該当馬→ダノンザキッドテンバガーワンデイモア
主な「×」該当馬→タイセイドリーマータイトルホルダータイムトゥヘヴン


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“JRA、かつ1勝クラス以上のレース”において2着以内となった経験がある」馬は2016年以降[4-4-5-15](3着内率46.4%)
主な該当馬→タイトルホルダータイムトゥヘヴンダノンザキッドワンデイモア

[もっと見る]

2020年12月25日(金) 16:00 覆面ドクター・英
有馬記念・2020
閲覧 2,349ビュー コメント 0 ナイス 10

先週の朝日杯FSは、グレナディアガーズがフランケル産駒らしく高い潜在能力を見せて、川田騎手が内から巧く差してきて勝利。コラムでも書いたように「大駆けのある馬」とは思っていましたが、頭での馬券は狙えず。もうちょっと強気に行ければなあと思っています。

今年は、この後、入れ替え戦にまわることになりそうですが、最後までやれることをやって結果を残したいと思っています。約6年に渡るプロからずり落ちても、いちウマニティ会員として、競馬好き飲み会参加などを目標に頑張っていきます。個人的には、ホッカイドウ競馬(道営競馬)の小論文を突破して委員となり、地方から中央競馬発展のために尽力したいというのがこの先の夢です。

最終回なので、プロになった時の話を少ししようと思います。プロテストでは、当時失格者が出ての繰り上がり補欠合格でした。3連単でホームランをかっ飛ばすいっくんプロも北海道出身で同期でもあり、リスペクトしている予想家の一人です。北海道から飛行機で銀座まで行って、面接を受けてのデビューでしたが、補欠合格だったぶん、数ヶ月遅れでした(笑)プロ活動期間は調子のいい時も悪い時も含めて楽しかったですよ。是非、この先、やる気のあふれている人はプロを目指して頑張って欲しいです。ネット上でも当たれば神、外れれば詐欺師、と言われる立場ですが、最近はすっかり興味を失われて良いコメントも悪いコメントも無くなりました(笑)まだ地方プロと香港プロは残っているので、そこでも頑張りつつ、再度勝ち上がってこれるよう実力アップを図りたいと思っています(最近、ロジックを変えて大きいのがまた当たるようになってきたので、正直、入れ替え戦でのヒリヒリするような勝負が楽しみでなりません)。

自身の活動としては、北海道に移住してくれる人が増えてくれたらいいなあ、というのが根底にありましたので、テレワークの時代になり、是非そのような流れになっていけばと願っています。食べ物は美味しいし、家賃は高くないし、「密」とは正反対の「疎」の世界だけに、コロナ禍の状態では、「あり」だと思います。これまで、ご愛読いただきありがとうございました。入れ替え戦で勝ち残れたら、その時はまたフェブラリーSでお会いしましょう!


<全頭診断>
クロノジェネシス:強い牝馬の時代を象徴するような形で宝塚記念を圧勝。今年は、牡馬と一緒でも安定して上位に来ており、スタミナも豊富で当然有力。

フィエールマン菊花賞馬で天皇賞(春)を連覇しており、ステイヤーと思われがちだが、前走の天皇賞(秋)でも高く評価したように、中距離適性も十分あって鋭い末脚も使える馬。母がフランスの良血繁殖牝馬であるディープインパクト産駒だけに、ここを勝って、ディープインパクトの正当な後継種牡馬として世界に向けた種牡馬になってほしい。ノーザンFとして、年に1頭しか産めない牝馬より、勝ってこの馬の種牡馬としての価値を高めたいという願望が、ルメール騎手配備に現れているのでは。

ラッキーライラック桜花賞で1番人気ながらアーモンドアイに負け、ショックだったのか(笑)そこからやや低迷期間続いた。そして、スミヨン騎手の騎乗でスイッチが入った(?)か、オルフェーヴル譲りの成長力(?)か、いずれにせよ古馬になって活躍を続けるようになって、いよいよここが引退レースとなる。フィエールマンにルメール騎手をとられてしまったが、福永騎手を用意してもらった。ただ、先週の朝日杯FSでレッドベルオーブが口を割って暴走したように、ソフトタイプの福永騎手が合わないという可能性はありそう。

カレンブーケドール:コンビで活躍してきた津村騎手が下ろされて、大一番に強い池添騎手へのスイッチとなった。ちょっと気の毒だが、津村騎手はG1実績が少ないだけに仕方ないのだろう。JCでも思ったより後ろから差してきたように、3強に食らいついており、ここでも好勝負可能。ディープインパクト×2歳、3歳チリ女王という配合で、瞬発力はそうでもないが底力あり。

ワールドプレミアワールドエースヴェルトライゼンデの下で、昨年の菊花賞馬。11ヶ月ぶりの前走JCでも調教の動きがよく、間に合ったと思い印を打ったが、0.8秒差の6着。三強の壁は厚かったが、使った反動が出ずに良化がみられるここは、好走可能。

オーソリティ:母母シーザリオだけありスタミナ十分で、青葉賞勝ちの後は骨折で半年開いた前走アルゼンチン共和国杯を勝った。近年はアルゼンチン共和国杯からここにつながったりもするのだが、正直今年は......。低レベルなレースだった印象で、ここではまだ厳しいのでは。

キセキ:前走は浜中騎手が抑えるのを諦めたような超ハイペースな大逃げだったが、好レースとなった影の功労者なのかも。ただ、さすがに大暴走後のここは狙いにくい。

ブラストワンピース:一昨年の有馬記念馬なのだが、今年はうまくかみ合わないレースが続き低迷。不器用な巨漢馬だが、若手のホープの横山武騎手がどんな騎乗みせるかは楽しみ。馬券的には買わない予定ではあるのが。

ラヴズオンリーユー:前走あたりは結構ハード調教を積んでいたので、そろそろ状態下降かなともみていたのだが引き続き動きは良い。ただ中山自体初めてで、前走の阪神でも坂で鈍っていた。あまり向く舞台ではないとの印象。前走で凡騎乗のデムーロ騎手も、ちょっとピークを過ぎた感が強くなってきた。

バビット菊花賞では3番人気10着と凡走したが、このコラムでもふれたように、割と予測しやすかった凡走では。ローカル中距離重賞で逃げてしぶとく稼ぐサイレントハンターみたいなタイプ(といっても例えが古すぎるか)で、G1でどうこういう馬でないのでは。

サラキア:府中牝馬S勝ち直後に、とうとうG1エリザベス女王杯でも2着と5歳秋にして今がピークなのかもしれない。ただ中山2500m向きではない印象。

ユーキャンスマイル:春は阪神大賞典勝ちもあり天皇賞(春)もそこそこだった。ただ秋になり1番人気でアルゼンチン共和国杯で4着、JC12着とパッとしない状況。年齢的にまだやれていい5歳の暮れだが、狙いにくい。

ペルシアンナイト:母がゴールドアリュールの全妹で、ハービンジャー産駒だけに、マイル寄りでの活躍から最近は中距離シフトしてきているのかもしれない。ただ、ズブくなってきたからこの距離で、という相手関係ではなく厳しい。

クレッシェンドラヴ:福島が得意な馬で昨年の福島記念、今年の七夕賞勝ちがあるだけに、似た要素のある中山金杯あたりが良いのでは。

モズベッロ宝塚記念では12番人気ながら3着と好走し、このレースと同舞台の日経賞ミッキースワローの2着。激走の下地はありそうで、少額穴で狙うにはいい馬ではないだろうか。

オセアグレイト:今年はダイヤモンドS3着、ステイヤーズS勝ちと数少ない3000m超のレースで好走するステイヤー。中山2500m自体はいい条件なのだろうが、相手関係が厳しい。


<まとめ>
有力:フィエールマンクロノジェネシスラッキーライラック

ヒモに:ワールドプレミアカレンブーケドール

穴で:モズベッロ

[もっと見る]

⇒もっと見る

ディープインパクトの口コミ


口コミ一覧
閲覧 147ビュー コメント 4 ナイス 34

先週の日曜のメインから桜花賞を回顧。
勝ったのは、ソダシでした。
絶好のスタートから好位に付けました。
道中も流れに乗り好位追走。
勝負所でペースを上げて直線へ。
直線では、早めに並びかけて残り200M手前では先頭に立ちそのまま押し切りました。
完璧な内容での勝利でした。
速い流れにも対応しましたしレコードタイムで駆け抜けたわけですから
時計勝負にも対応しました。
このレースをされると他の馬は厳しくなりますね。
次走もどんなレースをしてくれるか楽しみですね。


さて、今日の本題に入りたいと思います。今回は、ソダシの人気について。
桜花賞をレコードで勝ったソダシでしたが、ずっと1番人気でしたが
最終的には2番人気に・・・。
無敗でGⅠを含めて重賞3連勝中。しかも希少な白毛馬・・・と
圧倒的な人気になってもおかしくない状況でも
2番人気になってしまいました。
その要因は何なのか。
馬自体はかなりの人気だと思います。
ぬいぐるみの発売がされれば即完売だったとか。
そうなると残るは
血統と騎手。
個人的な見方では
血統:2
騎手;8
といったところでしょうか。
吉田隼人騎手には申し訳ありませんが
正直、GⅠというよりローカルで活躍しているイメージが強い騎手。
これが人気に大きく影響したように思います。
勝利ジョッキーインタビューでも見返したいという言葉を言っていましたが
自分に対する評価も見返したかったのかもしれませんね。
血統的な背景をいえば、どうしてもダート血統のイメージは抜けませんね。
この部分は仕方のない部分かもしれませんね。
自身の走りで払拭していくしかないですね。
これで無敗のままクラシックを制覇しました。
次走で1番人気になるか注目したいですね。


最後に、皐月賞について。現時点での私の注目馬は、ダノンザキッドですね。
前走の弥生賞ディープインパクト記念は3着でした。
ちょっと不可解な敗戦ではありましたが
前哨戦ということもあり、8分のデキだったと思えば良い調整レースだったかもしれませんね。
気になったのが、先週のBS11のうまなびイレブンの中で
競馬ブックの吉岡氏が、ダノンザキッドに関して
ホープフルステークスより確実に成長していると言っていた点。
ホープフルステークスは、手前を変えずに押し切って勝ってしまったが
弥生賞ディープインパクト記念では、3着になりましたが手前を変えて走っていた。
と言っていた点。
これが本番に生きるとのことでした。
皐月賞でちゃんと手前を変えて走れるかは注目したいですね。
そうすればスムーズな加速ができるはずで、勝てる可能性は増すと思います。

 元【穴党専者】愛飢男 2021年4月12日(月) 04:11
第81回 皐月賞 GⅠ ディープインパクトの最高傑作 ◉ディー...
閲覧 234ビュー コメント 0 ナイス 5

(母内)デキシィーランドバンド➤ノーザンダンサー系の肌に父ディープインパクト

母内ノーザンダンサーを呼び水に、

↓↓↓

母内デキシィーランドバンドのBMSとして、デルタブルース(菊花賞、メルボルンカップ)やらサウンズオブアース(菊花賞、有馬記念、ジャパンカップターフのシルバーコレクターが輩出されている。狙いは、この世の馬とは思えないディープインパクトの最高傑作◉ディープモンスターだ✧︎( ̄▽+ ̄*)🤞

[もっと見る]

 競馬が大好き(複勝男 2021年4月7日(水) 23:17
阪神牝馬ステークス
閲覧 54ビュー コメント 0 ナイス 8

阪神牝馬ステークス

4月10日 土曜日 阪神競馬場 右回り 
芝1600M GⅡ 4歳以上牝馬別定 Bコース

過去5年
サンデーサイレンス系   5-5-5

今のところ100%サンデーサイレンス系
もうそろそろ違う系統が来そうな予感はしてます。

ディープインパクト    4-2-2
ダイワメジャー      1-1-0
ステイゴールド      0-1-2
ヴィクトワールピサ    0-1-0
ハーツクライ       0-0-1

ディープインパクト産駒を信頼ですね。

このレースの傾向として(競馬ブック参考)
過去10年からなので1400Mの時期も含む

〇 前走から ・重賞で1.0秒以内 ・OPで馬券内 ・準OP勝利のどれか
〇 3勝以上
〇 過去実績 ・OP馬券内(例外2頭)
〇 阪神コースで馬券内アリ(例外5頭でそのうち初阪神だったのが3頭)
〇 1800M以上で勝利あり、それがない場合はマイルOP以上の勝利があるかどうか、1400M以下経験2回以内
〇 牡馬混合レースの重賞で馬券内かOP勝利ありか

登録馬の個人的な評価

マジックキャッスル
(去年の秋から成績は安定していて、良馬場なら崩れてない馬。輸送は問題ないし力もつけた。距離短縮でどうかだけかな)

リアアメリア
(能力は高いと思うけど、右回りで今一つで道悪も良くない。ただ内枠で良馬場なら魅力はあると思うので、距離は問題ないし今までの経験値では高いので侮れない)

デゼル
(まだキャリアが浅いし、伸びしろがある馬と思う。課題は距離短縮と差し追い込みが多いので展開が向かない可能性が高いことかな)

イベリス
(前走の勢いがあればここもチャンスはありそう。距離延長と直線が長い分いかに前半楽に進めることが出来るか)

ギルデッドミラー
(前走の京都牝馬S2着で復活の兆しが出てきたので、相手強化ですがこの馬も能力は高いので、課題は距離延長で折り合いが難しくなるかなと思います。)

ブランノワール
(距離延長で相手強化でどうなるか?差しが多いから展開が向くことを願うだけですが、前哨戦なので難しいかも)

エーポス
(休み明けで1年ぶりでどうなってるかわかりません。いきなりはしんどいかなと)

プールヴィル
(休み明けで距離延長で実績がないので、去年7着で0.5秒差で安定感と少しは強くなっているので、穴馬候補かなと)

メイショウグロッケ
(叩き2走目で前走の六甲Sより相手強化なのでどうかなと、この距離だと先行出来るので、展開が向けば粘り込めるかな)

[もっと見る]

⇒もっと見る

ディープインパクトの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ディープインパクトの写真

ディープインパクト
ディープインパクト

ディープインパクトの厩舎情報 VIP

厩舎情報はありません。

ディープインパクトの取材メモ VIP

2006年12月24日 有馬記念 G1 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。