タニノエポレット(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
タニノエポレット
写真一覧
抹消  鹿毛 2007年2月6日生
調教師村山明(栗東)
馬主谷水 雄三
生産者カントリー牧場
生産地新ひだか町
戦績48戦[6-1-9-32]
総賞金18,461万円
収得賞金3,550万円
英字表記Tanino Epaulette
血統 ダンスインザダーク
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ダンシングキイ
タニノカリス
血統 ][ 産駒 ]
ジェネラス
タニノクリスタル
兄弟 シュヴァリエラタンドレス
前走 2015/02/21 ダイヤモンドS G3
次走予定

タニノエポレットの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
15/02/21 東京 11 ダイヤモンド G3 芝3400 162434.2118** 牡8 56.0 三浦皇成村山明506(-2)3.34.0 2.136.6⑫⑫⑫⑬フェイムゲーム
15/01/31 東京 11 白富士S OP 芝2000 143336.41014** 牡8 57.0 三浦皇成村山明508(+2)2.03.5 2.737.7⑦⑦⑦アズマシャトル
14/05/04 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 1859169.4135** 牡7 58.0 和田竜二村山明506(-2)3.15.4 0.334.1⑮⑭⑮⑫フェノーメノ
14/04/13 阪神 10 大―ハンC OP 芝2400 181117.771** 牡7 55.0 福永祐一村山明508(0)2.24.2 -0.034.0⑨⑩⑪⑩マジェスティハーツ
14/02/22 東京 11 ダイヤモンド G3 芝3400 118103.933** 牡7 55.0 岩田康誠村山明508(-6)3.30.5 0.335.8⑧⑧⑩⑧フェイムゲーム
14/01/06 京都 11 万葉S OP 芝3000 108102.911** 牡7 53.0 岩田康誠村山明514(+2)3.07.0 -0.634.3ラブラドライト
13/12/08 阪神 10 オリオンS 1600万下 芝2400 102219.784** 牡6 56.0 幸英明村山明512(+2)2.27.8 0.634.8⑧⑧⑧⑧アドマイヤフライト
13/10/19 京都 10 古都S 1600万下 芝2200 153573.1116** 牡6 56.0 松山弘平村山明510(0)2.15.9 0.433.5⑥⑥⑦⑨エディン
13/06/23 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 1122244.5119** 牡6 58.0 浜中俊村山明510(+2)2.15.4 2.236.7⑨⑨⑨⑩ゴールドシップ
13/06/02 阪神 11 垂水S 1600万下 芝1800 1471244.297** 牡6 57.0 松山弘平村山明508(+2)1.45.9 1.434.8⑫⑫カレンミロティック
13/05/04 東京 10 緑風S 1600万下 芝2400 1881848.11310** 牡6 56.0 大庭和弥村山明506(-4)2.25.0 0.333.9⑯⑰⑯⑯コスモロビン
13/03/09 中山 10 サンシャイン 1600万下 芝2500 1681623.8811** 牡6 57.0 石橋脩村山明510(-4)2.34.6 0.636.0④④クリールカイザー
13/02/23 阪神 10 御堂筋S 1600万下 芝2400 135616.669** 牡6 57.0 四位洋文村山明514(-6)2.29.1 1.034.0⑬⑬⑬⑨アドマイヤフライト
13/01/06 京都 10 万葉S OP 芝3000 15585.322** 牡6 53.0 岩田康誠村山明520(+12)3.08.0 0.034.9⑫⑨⑥⑦デスペラード
12/12/24 中山 10 クリスカップ 1600万下 芝2200 165911.773** 牡5 57.0 丸田恭介村山明508(-4)2.13.4 0.036.5⑭⑭⑬⑦サトノアポロ
12/12/09 阪神 10 オリオンS 1600万下 芝2400 141121.183** 牡5 56.0 秋山真一村山明512(+8)2.27.3 0.136.0⑦⑧⑥⑤エーシンミラージュ
12/11/10 京都 10 比叡S 1600万下 芝2200 125668.495** 牡5 57.0 酒井学村山明504(-4)2.14.3 0.333.6⑦⑦⑦⑦エアソミュール
12/08/04 札幌 11 札幌日経OP OP 芝2600 116620.8710** 牡5 55.0 松田大作村山明508(+4)2.40.9 2.136.8⑨⑧ルルーシュ
12/07/07 函館 11 五稜郭S 1600万下 芝2000 153414.0511** 牡5 56.0 松田大作村山明504(-2)2.01.8 1.235.9⑬⑫⑫⑪レインボーダリア
12/05/20 京都 9 烏丸S 1600万下 芝2400 145710.443** 牡5 56.0 安藤勝己村山明506(+10)2.24.3 0.333.8⑪⑪⑩⑨ダコール

⇒もっと見る


タニノエポレットの関連ニュース

 大阪-ハンブルクCを勝って挑むタニノエポレットはCWコース。直線でダノンレジェンド(OP)と併せる形になり、3馬身突き放した。タイムは6ハロン82秒3-12秒4。

 「馬場が重かったので無理しない程度に伸ばしたが、シャープだった」。2週続けて追い切りに乗った和田騎手が好感触を伝える。1月に芝3000メートルの万葉Sを勝ったステイヤーで「切れる馬ではないから上がりのかかるレースになってくれれば」とジョッキーはスタミナ勝負をのぞんでいる。

★天皇賞・春の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

【天皇賞・春】タニノエポレット好状態キープ2014年4月30日(水) 11:50

 タニノエポレットは栗東CWコースで併せ馬。直線で追いついてきたダノンレジェンドを、馬なりで再度4馬身突き放した。快勝した大阪-ハンブルクCから中2週になるが、いい状態をキープできている。

 ◆和田騎手「重い馬場も苦にせずシャープに伸びていた。スタミナはありそう。できれば時計がかかってほしい」(夕刊フジ)

★天皇賞・春の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

【大阪ハンブルクC】タニノエポレットG前強襲V 2014年4月13日() 15:14

 13日の阪神10R大阪-ハンブルクカップ(4歳上オープン、芝2400メートル)は、福永祐一騎手騎乗の7番人気タニノエポレット(牡7歳、栗東・村山明厩舎)がゴール寸前で差し切り、オープン2勝目を飾った。タイムは2分24秒2(良)。

 内からメイショウサミットが出ムチを入れての先行策。サトノシュレンがこれに続き、断然人気のバンデは3番手に控える競馬となった。さらにミッキーパンプキンも加わった4頭はやや速いペースで飛ばし、馬群は縦長でバラける展開。直線に向くとバンデの鞍上シュタルケ騎手がゴーサインを出すものの、やや反応は鈍く、外から伸びるマジェスティハーツが頭ひとつ前に出る。そのまま差が詰まらず、マジェスティハーツが押し切るかと思われたところに、馬群の中から鋭く伸びてきたのがタニノエポレット。万葉S1着、ダイヤモンドS3着と7歳にして本格化ムードのベテランホースが、ゴール前できっちりとかわして2度目のオープン勝ちを決めた。アタマ差2着が4番人気のマジェスティハーツ。単勝1.6倍の人気に推されたバンデは、2着とクビ差の3着に終わった。

 タニノエポレットは、父ダンスインザダーク、母タニノカリス、母の父ジェネラスという血統。通算成績は45戦6勝となった。

 福永騎手は「外に出すと闘志をなくすとのことだったので、馬群のなかに入れて運びましたが、直線でもうまく前があきました。具合も良さそうでしたし、いいときに乗せてもらいました」と会心のレースをにこやかに振り返っていた。

★13日阪神10R「大阪ハンブルクC」の着順・払戻金はこちら

[もっと見る]

【万葉S】タニノエポレット雪辱V 2014年1月7日(火) 05:04

 万葉ステークス(6日、京都11R、4歳上オープン国際、ハンデ、芝・外3000メートル、1着本賞金2200万円=出走10頭 岩田康誠騎乗のタニノエポレット(栗・村山、牡7、父ダンスインザダーク)が、1600万下からの格上挑戦ながら快勝。1番人気に応え、昨年2着のリベンジを果たした。タイム3分7秒0(良)。2着は2番人気ラブラドライト、3着は4番人気グッドカフェ。7度目の参戦で4年ぶり3度目のVを目指した“年男”の12歳馬トウカイトリックは4着だった。

 淀を舞台にした新春恒例のマラソンレース。明け7歳のタニノエポレットが、いてつく寒さを吹き飛ばす快走を見せた。2着馬に3馬身半差をつける完勝。昨年(2着)以来のコンビを組んだ岩田騎手は、雪辱を果たして満足げだった。

 「思ったよりも前に行けた。ロスなく運べて、ハンデも53キロですから。手応えよく行けました」

 大外〔8〕枠(10)番から、スムーズに内に入れて好位をキープ。3、4番手のインで脚をため、上がり3ハロン34秒3とメンバー最速の末脚で突き抜けた。2011年11月の八瀬特別(1000万下)以来、約2年2カ月ぶりの勝利だ。「昨年とは道中の行きっぷりが違う。馬に走る気があるね」。鞍上が目を細めた。

 次走は京都記念(2月16日、京都、GII、芝2200メートル)を視野に入れており、今春は天皇賞・春(5月4日、京都、GI、芝3200メートル)が最大目標になりそう。

 村山調教師は「年のせいか、ズブさが出てきたけど、長いところで(好)結果を出していますから」と、ベテラン馬のさらなる飛躍に胸を膨らませる。(鈴木康之)

[もっと見る]

【万葉S】昨年の雪辱!エポレットOP初勝利 2014年1月6日(月) 16:01

 6日の京都11R万葉ステークス(4歳上オープン、芝3000メートル)は、岩田康誠騎手騎乗の1番人気タニノエポレット(牡7歳、栗東・村山明厩舎)が直線インから抜け出してV。昨年に続く格上挑戦でオープン初勝利を手にした。タイムは3分7秒0(良)。

 ラブラドライトが予想通り先手を取り、同じ50キロのグッドカフェが2番手へ。人気のタニノエポレットは3番手からレースを進めた。流れは遅く、サイモントルナーレオースミイチバン、さらにファイヤーなどが道中で押し上げるシーンも見られたが、先頭、2番手の2頭は変わらないまま2周目の勝負どころへ。瞬発力勝負の争いになり、粘るラブラドライトグッドカフェが迫るが、直線で内に進路を取ったタニノエポレットが最内から鮮やかに突き抜けて完勝。昨年はクビ差2着に泣いた淀の長丁場で、見事に雪辱を果たした。3馬身1/2差の2着が2番人気のラブラドライト。さらに1馬身1/4差の3着が5番人気のグッドカフェで、1600万下、1000万下、1000万下の各馬で決着した。注目された3番人気の12歳馬トウカイトリックは、不向きな瞬発力勝負に泣いて3着からクビ差の4着に終わっている。

 タニノエポレットは、父ダンスインザダーク、母タニノカリス、母の父ジェネラスという血統。通算成績は43戦5勝となった。

 岩田騎手は「去年とは行きっぷりが違ったし、思ったよりも前で運べました。道中の手応えも良かったし、53キロでロスのない競馬ができました」と3馬身半差の完勝を振り返っていた。

★6日京都11R「万葉S」の着順・払戻金はこちら

[もっと見る]

【宝塚記念】データスペシャル(4)2013年6月20日(木) 10:30

 サンスポ予想王TVでは5日間にわたって、宝塚記念出走各馬をデータ面から検証している。過去10年の傾向をリサーチして、減点法で採点。最後に残った馬が勝ち馬に最も近い存在となる。本日は連載4回目。

★データ(7)年明けのローテ

 過去10年の出走馬のうち、年明けに4戦以上消化していた馬は41頭いて【2・0・0・39】。連対率は4.9%にとどまる。例外の2頭はエイシンデピュティドリームジャーニーだが、やはり使いすぎの心配は否めない。年明け5戦以上は連対例なし。

《減点》→シルポートタニノエポレットダノンバラードヒットザターゲットローゼンケーニッヒ

★データ(8)レース間隔

 過去10年の連対馬20頭のうち、19頭までが中3~8週での出走。これ以外の馬は【1・0・4・36】で連対率2.4%とかなり苦戦している。例外はスイープトウショウ安田記念からの中2週というローテだったが、中9週以上の間隔で臨んだ馬は15頭いて3着が最高。かつてのゼンノロブロイシンボリクリスエスのように人気を裏切った馬もいるだけに、注視すべきデータだ。

《減点》→ジェンティルドンナシルポートスマートギアタニノエポレットダノンバラードナカヤマナイトローゼンケーニッヒ

[もっと見る]

⇒もっと見る

タニノエポレットの関連コラム

関連コラムはありません。

タニノエポレットの口コミ


口コミ一覧
閲覧 125ビュー コメント 2 ナイス 7

【G1天皇賞・春】
過去10年で、1番人気で勝ったのはディープインパクト一頭だけ。オルフェーヴルとゴールドシップが各々単勝1.3倍で馬群に沈んでいます。
1番人気確実のキズナは大丈夫か?
昨年完敗したゴールドシップの復活はあるのか?
昨年の優勝馬フェノーメノの連覇はあるのか?
G1・2着3回3着1回のウインバリアシオンは初G1奪取なるか?
がテーマ。

■血統的考察■
母父が重要。2400mの国際G1(凱旋門賞、日英ダービー、キングジョージ)を自身か産駒が勝っていることが好走ポイント。
メイショウサムソンの母父はダンシングブレーヴ、ヒルノダムールの母父ラムタラ、ビートブラックの母父はナリタブライアンの父ブライアンズタイム、リンカーンの母父はトニービン、レッドカドーの母父がパントセレブル。

このデータは僕TERAMAGAZINEの「JRA全重賞完全データ攻略2014」 http://www.amazon.co.jp/dp/4864365725/
に詳しく書いてあります。

今年当てはまるのは、母父トニービンのアドマイヤフライト、母父トニービンのサトノノブレス、母父パントセレブルのレッドカドー、母父ダンシングブレーヴのホッコーブレーヴ、母父ジェネラスのタニノエボレット、母父エリシオのアドマイヤラクティ。
ちなみにアドマイヤラクティの父ハーツクライの母父がトニービンなので、本馬には2頭の凱旋門賞馬の血が、タニノエポレットの父ダンスインザダークの母父が英3冠馬ニジンスキー、祖母の仔がダービー馬タニノギムレットで本馬には日英ダービー馬3頭の血が入っています。

良血で言えばキズナとラストインパクト。
キズナの姉はG1・3勝のファレノプシス。祖母パシフィックプリンセスの娘パシィフィカス(ラストインパクトの母)の仔はG1・3勝ビワハヤヒデ&G1・4勝ナリタブライアン兄弟。

■ローテ的考察■
大阪杯【2・3・2】。阪神大賞典【3・0・3】。日経賞【2・5・2】
この3つのレースで約75%を占めています。
(注・大阪ハンブルグC【1・1・1】)
キズナ、ゴールドシップ、アドマイヤラクティ、サトノノブレス、ウインバリアシオン、ホッコーブレーヴ、注タニノエポレット

■結論■
◎キズナは距離を不安視されている上に勝てない1番人気。脚質も後方一気のため高速馬場の京都では届かない可能性もあり不安、データ的には勝つのは至難だが、ロンシャンのタフな2400mの凱旋門賞4着好走の馬が京都3200mが持たないはずもなく、ディープの遺伝子を一番伝えられている特別な馬。ズバリ頭で勝負。

京都の高速馬場は苦手が常識の○ゴールドシップは阪神大賞典で先行して3馬身半圧勝。ウィリアムズなら手綱をがっちり抑えて先行出来る。今年は昨年とは違う。

オルフェーヴルがいなくなり(オルフェのダービー2着、菊花賞2着、有馬記念2着)、日経賞快勝の一昨年3着馬▲ウインバリアシオン
昨年の3着馬(香港ヴァーズ→ドバイワールドカップは昨年と同じローテ)注レッドカドー
内枠を生かして先行出来る母父トニービンの爆サトノノブレス。京都【2・1・0・0】

日経賞2着で母父ダンシングブレーヴの△ホッコーブレーヴ
好走率の高い大阪ハンブルグC1着△タニノエポレット
母父トニービンの△アドマイヤフライト。京都【2・2・1・0】
馬体重減で日経賞を負けて調子落ちの△フェノーメノだが昨年の覇者
エリシオ、トニービンと2頭の凱旋門賞馬の血が入っている△アドマイヤラクティ

ステイヤーズSを勝つような馬は高速化した最近の天皇賞春ではスピードが足りないので、デスペラードは消し。

タニノエポレットの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

タニノエポレットの写真

タニノエポレット

タニノエポレットの厩舎情報 VIP

2015年2月21日ダイヤモンドS G38着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

タニノエポレットの取材メモ VIP

2015年2月21日 ダイヤモンドS G3 8着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。