会員登録はこちら
チャンピオンズカップ G1   日程:2019年12月1日()  中京/ダート1800m

チャンピオンズカップのニュース&コラム

ディアドラ、次走凱旋門賞も選択肢
 14日の愛チャンピオンSで4着に終わったディアドラ(栗・橋田、牝5)について、帯同している橋田助手が欧州競馬メディアの取材に対応。今後の選択肢として凱旋門賞(10月6日、仏パリロンシャン、GI、芝2400メートル)、英チャンピオンS(同19日、アスコット、GI、芝1990メートル)、同日の英フィリーズ&メアズS(アスコット、GI、芝2390メートル)の3レースを挙げた。 凱旋門賞については、「オーナーにとって大きな決断になる」として、追加登録料12万ユーロ(約1416万円)が必要なことを指摘したが、「週末にパリロンシャンの馬場を視察するかもしれない」と言及。フィエールマン、ブラストワンピース、キセキとともに、日本馬4頭が出走する可能性も十分に出てきた。★ディアドラの競走成績はこちら
2019年9月18日(水) 05:01

 517

【アイリッシュチャンピオンS】ディアドラ馬番3!チャンピオンS枠順確定
 国内で馬券発売が行われるアイリッシュチャンピオンS(14日、レパーズタウン、GI、芝2000メートル)の枠順が12日、発表された。8頭立てで、日本馬で初めて参戦するディアドラ(栗・橋田、牝5)は(6)番ゲート(馬番[3])に決まった。 英国ブックメーカー・ウィリアムヒル社の単勝オッズは、マジカルが1番人気で2・75倍。ディアドラは5番人気で11倍。
2019年9月13日(金) 05:03

 376

【オーナー直撃】ディアドラの森田和豊オーナー代理、お金より夢
 「オーナー直撃」の第2回は、今週末のアイリッシュチャンピオンS(14日午後4時15分=日本時間15日午前0時15分発走、レパーズタウン、GI、芝2000メートル)で海外GI連勝を狙うディアドラ(栗・橋田、牝5)の森田和豊オーナー代理=森田屋食品株式会社取締役=を直撃した。森田藤治(とうじ)オーナーの孫で、海外GIを初制覇したナッソーSを現地で観戦。海外に腰を据えて挑戦を続ける信念、世界へ広がる夢の“続き”について聞いた。 (取材・構成=渡部陽之助) --ナッソーSで海外GI初制覇(注1) 「現地のスタンドの関係者席で見ていましたが、位置的にゴール前しか見えなかったんです。だから“来てるのかな?”と。勝つとまでは思っていなかったので、驚きました。改めて映像を見て興奮しましたね」 --愛チャンピオンSでGI連勝を狙う 「プリンスオブウェールズS(注2)と似たメンバーになると思います。あのときは馬場が悪くて消化不良でしたから。馬場が良ければどれだけやれるかのかな、という感じ。どこまで直線で脚が通用するか。もちろん現地で見届けます」 --引き続きマーフィー騎手で臨む 「前走は、前日に外した仮柵の所を通って(伸びて)きました。グッドウッド競馬場をよく知るジョッキーということで依頼しましたし、そのあたり(の好判断)も大きかったと思います」 --海外で連続出走。費用がかさむのでは 「採算は特に考えていないんです。今年、香港(クイーンエリザベスIIC6着)へ行ったときにアスコットの関係者が来ていて『ぜひハービンジャーの子どもをイギリスで見たい』と言われました。王室主催で伝統のあるレースですし、お誘い頂けるのは光栄。『じゃあ、行きましょう』と。最初から(プリンスオブウェールズSに)行く計画ではなかったんです」 --英ニューマーケットに腰を据えて調整 「携わっている込山さん(調教助手)、先生(橋田調教師)の息子の宜長さん(調教助手)、娘の聖子さんのおかげ。感謝の気持ちしかありません。聖子さんは語学も堪能ですし、英国の競馬関係者とコンタクトを取れる人が代理人でなく、身内にいるのは大きい。馬の写真なんかも送ってもらっています」 --馬名の由来は『ケルト神話(アイルランドなどに居住するケルト民族の伝承)の女性名』 「その関係の本を読んでいて、つけました。去年(アイルランドトロフィー)府中牝馬Sを勝ったときにアイルランド大使が『ディアドラという名前の身内がいるので、単勝をたくさん買いました』と言っていました。『ぜひアイルランドに来て』とも。社交辞令だと思ってましたが、本当に走ることになるとは…。縁がありましたね」 --次の展望は 「まずはレースを終えてから。90日間の検疫もありますし、中途半端に日本に戻ってくるより、次も海外のレースになるんじゃないですか」 --凱旋門賞は 「マーフィー騎手が『今年のロンシャンは馬場が悪い』と言っていました。追加登録料(注3)もあるし、優先度は低いですね。来年(の挑戦)は選択肢としてあると思います」 --改めて、海外挑戦の意義とは 「行くことによって得られるものは大きい。それは単に賞金(が高い)とかではないです。人脈も広がるし、マイナスになることはないですね」 【注1】 英国の牝馬GI・ナッソーS(8月1日、グッドウッド、芝1980メートル)で後方のイン追走からマーフィー騎手が直線で最内を突いて差し切り、海外GI初V。日本調教馬2度目の英GI制覇となった。 【注2】 英国王室主催のロイヤルアスコット開催で、プリンスオブウェールズS(6月19日、アスコット、GI、芝1990メートル)に武豊騎手とのコンビで出走。大雨で稍重馬場のなか、3~4番手で進めたが伸びを欠き、6着。1着はクリスタルオーシャン、2着はマジカル(ともに今回のレースに登録)だった。 【注3】 凱旋門賞の追加登録は10月2日が締め切りで、追加登録料は12万ユーロ(約1416万円)。★国内で馬券発売 愛チャンピオンSは国内で馬券発売が行われる。対象はインターネット投票(即PAT会員、A-PAT会員)とUMACA投票(JRA10競馬場とウインズ)で、発売時間などはJRAホームページを参照。★繁殖に…想定外の大活躍 森田藤治オーナーは地方、中央で馬主歴は40年超。“トーコー”の冠名などで知られ、過去には1997年のラジオたんぱ杯3歳S3着のモーリサバイバル、98年新潟記念3着のファーストソニアなどを所有した。近年もセレクトセールで数千万円で購入した馬を賞金の安い地方で積極的に走らせているが、「昔から地方で走らせていましたからね。単にセールでの馬の価格が上がっただけです」という和豊さんに、採算にこだわる様子はない。 ディアドラも「繁殖にするために」2015年のセレクトセール1歳で2100万円で購入。母系の良血ぶりは魅力も、馬体が小さかっただけに「1つ2つ、勝ってくれればいいかなと…。いい意味で期待を裏切ってくれました」。GI2勝を含む重賞5勝の孝行ぶりに、笑みを浮かべた。森田 和豊(もりた・かずとよ) 1973(昭和48)年6月11日生まれ、46歳。大阪府出身。森田屋食品株式会社取締役。ディアドラの森田藤治オーナーの孫で、オーナー代理。趣味は国内外問わず、訪れたことのない場所に行くこと。
2019年9月10日(火) 05:02

 471

【新潟記念&小倉2歳S&札幌2歳S】レースの注目点
★サマー2000シリーズ最終戦 逆転でチャンピオンの座を狙う2頭に注目/新潟記念 9月1日、新潟ではサマー2000シリーズ最終戦の新潟記念が実施される。今年の新潟記念には、同シリーズでポイント5位以内の馬の登録はなく、シリーズチャンピオンの可能性があるのは小倉記念2着のカデナ(牡5歳、栗東・中竹和也厩舎)、七夕賞4着のゴールドサーベラス(牡7歳、美浦・清水英克厩舎)。いずれも新潟記念1着がシリーズチャンピオンへの条件で、両馬が条件を満たさなければチャンピオンは該当馬なしとなるが、果たして、シリーズ最終戦を制してチャンピオンの称号を得ることができるだろうか。なお、カデナには武藤雅騎手、ゴールドサーベラスには藤田菜七子騎手が騎乗する予定で、両騎手ともに自身初のJRA重賞制覇がかかる。 また、藤田菜七子騎手は8月26日現在、今年のJRA競走で27勝を挙げており、自身が昨年記録した女性騎手のJRA年問最多勝記録に並んでいる。藤田騎手は今年JRAで挙げた27勝のうち11勝を新潟で挙げており、今年の新潟競馬騎手成績でトップとなっているが、今週の開催で自身の持つ女性騎手のJRA年間最多勝記録を更新できるだろうか。★父も母も三冠馬のジナンボーが重賞初挑戦 Vなら堀宣行調教師はJRA全10場重賞制覇/新潟記念 ジューンS(3勝クラス)を勝ってオープン入りを果たしたジナンボー(牡4歳、美浦・堀宣行厩舎)が、新潟記念に登録している。同馬は父が2005年の三冠馬ディープインパクト、母が2010年の牝馬三冠馬アパパネという血統で、両馬の馬主だった金子真人ホールディングス(株)の所有馬。ジナンボーは今回が初の重賞挑戦となるが、重賞タイトルを手にして秋のGI戦線に名乗りをあげることができるだろうか。 また、ジナンボーを管理する堀宣行調教師は2003年の開業以来、新潟を除く9場でJRA重賞52勝を挙げている。同調教師は、新潟の重賞では2011年関屋記念、2012年レパードSでの3着が最高成績だが、新潟重賞初勝利を挙げて、史上7人目のJRA全10場重賞制覇を決めることができるだろうか。★川田将雅騎手はカイルアコナに騎乗予定 JRA重賞騎乗機会5連勝なるか/小倉2歳S 川田将雅騎手は、クイーンS(ミッキーチャーム)、小倉記念(メールドグラース)、札幌記念(ブラストワンピース)、キーンランドC(ダノンスマッシュ)と目下JRA重賞騎乗機会4連勝中で、先週実施された「2019ワールドオールスタージョッキーズ」では初優勝を飾った。川田騎手は小倉2歳Sではカイルアコナ(牝、栗東・高橋義忠厩舎)に騎乗予定だが、連勝を伸ばすことができるだろうか。なお、JRA重賞における騎乗機会最多連勝は、1998年9月27日(ローズS)~10月25日(秋華賞)に武豊騎手が記録した「6」。 また、今年デビューのルーキー・岩田望来騎手は、小倉2歳Sでヒメサマ(牝、栗東・梅田智之厩舎)に騎乗する予定。同騎手はデビュー戦からヒメサマの鞍上を務めており、前走のフェニックス賞では3着に入っている。岩田望来騎手のJRA重賞騎乗は今回が2回目となるが、デビュー1年目から重賞制覇を遂げることができるだろうか。なお、新人騎手がJRA重賞を勝てば、2008年の三浦皇成騎手以来、11年ぶりとなる。★ゴールドシップ産駒がJRA重賞初挑戦 2頭出しで挑む木村哲也調教師にも注目/札幌2歳S 札幌2歳Sに、新種牡馬ゴールドシップ産駒のサトノゴールド(牡、栗東・須貝尚介厩舎)、ブラックホール(牡、美浦・相沢郁厩舎)が登録しており、出走すれば同産駒初のJRA重賞挑戦となる。ゴールドシップは現役時代、皐月賞、菊花賞のクラシック競走に加え、史上初の宝塚記念連覇を遂げるなどGI6勝を挙げた。ゴールドシップは2011年の札幌2歳Sで2着に敗れているが、2頭の産駒は父の雪辱を果たし、ゴールドシップ産駒初のJRA重賞制覇を成し遂げることができるだろうか。なお、サトノゴールドを管理する須貝尚介調教師は、父ゴールドシップの管理調教師で、札幌2歳Sでは通算7戦2勝、2着1回、3着1回(勝率.286、3着内率.571)という成績を残している。 また、木村哲也調教師は、新馬→重賞の連勝を狙うダーリントンホール(牡)、7月27日の札幌1Rで札幌芝1800メートルの2歳コースレコード(1分48秒3)を記録したゴルコンダ(牡)の2頭を登録している。木村調教師はこれまでにJRA重賞8勝を挙げているが、2歳重賞での勝利はなく、今回勝てば自身初の2歳重賞制覇となる。木村調教師は、今年の札幌競馬で6戦3勝、3着2回(勝率.500、3着内率.833)と好成績を挙げているが、今年の北海道シリーズ最後の重賞となる札幌2歳Sを制すことができるだろうか。★今週でフィナーレを迎える夏競馬 新潟、小倉の開催リーディング争いは接戦 今週は札幌、新潟、小倉の3場で、夏開催の最終週を迎える。1・2回札幌競馬の騎手成績を見ると、C.ルメール騎手が25勝を挙げ、18勝差をつけて2位以下を大きく引き離しており、開催リーディング獲得がほぼ確実となっている。なお、ルメール騎手は5年連続のJRA年間100勝達成まであと3勝に迫っており、札幌2歳Sではゴルコンダ(牡、美浦・木村哲也厩舎)に騎乗予定となっている。 2回新潟競馬のリーディングジョッキー争いは、10勝の田辺裕信騎手、9勝のM.デムー口騎手、8勝の戸崎圭太騎手、丸山元気騎手が上位となっており、最終日まで目が離せない展開となりそうだ。なお、最終日の新潟記念では、田辺騎手がクリンチャー(牡5歳、栗東・宮本博厩舎)、デムーロ騎手がジナンボー(牡4歳、美浦・堀宣行厩舎)、戸崎騎手がフランツ(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)、丸山騎手がアクート(牡6歳、美浦・宗像義忠厩舎)に騎乗予定。 また、2回小倉競馬の騎手成績では、松山弘平騎手が14勝を挙げてトップに立っており、福永祐一騎手が12勝、松若風馬騎手が11勝で追っている。夏の小倉リーディングジョッキーを松山騎手、松若騎手が獲得すれば自身初、福永騎手が獲得すれば9年ぶり5回目となるが、接戦を制して開催リーディングの座に就くのはどの騎手だろうか。★新潟記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載★小倉2歳Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載★札幌2歳Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年8月28日(水) 14:58

 1,889

チャンピオンズカップのニュースをもっと見る >

ただ今の時間は追い切り情報はありません。

※更新時間の目安は水曜日05:00頃となります。
(年始やG1レースで異なる場合があります)

まだコラムはありません。
予想家コラムは
レース開催週の月曜日より順次公開されます

チャンピオンズカップ過去10年の結果

2018年12月2日() 中京競馬場/ダ1800m 天候: 馬場:
2017年12月3日() 中京競馬場/ダ1800m 天候: 馬場:
2016年12月4日() 中京競馬場/ダ1800m 天候: 馬場:
1着 サウンドトゥルー 大野拓弥 1:50.1 15.9倍 104.9
2着 アウォーディー 武豊 クビ 2.2倍 104.9
3着 アスカノロマン 和田竜二 1/2 40.4倍 104.5

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

チャンピオンズカップのデータ分析とレース傾向

コース図中京ダート1800m

東京→阪神→中京と施行場所がコロコロ変わっているが、一貫しているのは「前走凡走馬の一変は難しい」ということ。2007年以降、前走掲示板を外して連対を果たした馬は2008年1着のカネヒキリと、2018年2着のウェスタールンドのみ。ただし、前者は前走が約2年4カ月ぶりの実戦のうえ、それまでにG1を4勝していた別格の馬であり、後者は前走の3角で致命的な不利を受けるアクシデントがあった。あくまでもイレギュラーとみるべきだろう。基本的に前走で掲示板を外している馬は「紛れて3着まで」と考えて差しつかえない。レースが行われる中京ダート1800mは最初のコーナーから向正面にある上り坂が影響するためかペースが緩みやすく、先行勢は比較的有利に競馬を進めることができる。しかし、直線には急坂があり距離も約410mと長く、激しい追い比べにもなりやすいため、ゴール直前で二転三転する展開も珍しくない。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

チャンピオンズカップステップレース

2019年11月9日() 東京競馬場/ダ1600m
2019年11月3日() 京都競馬場/ダ1800m
2019年9月28日() 阪神競馬場/ダ2000m
あと8日

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

チャンピオンズカップの歴史と概要


2001年の優勝馬クロフネ

砂の走りに覚えのある強者が初冬の尾張で覇を競う。レース名称がジャパンカップダート時代の第2回(2001年)はクロフネが衝撃のマクリを見せて圧勝。世界最高峰のダート競走・ドバイワールドカップ制覇に向けて夢が広がったが、屈腱炎を患い、結果的にこのレースがラストランとなった。第6回(2005年)、「砂のディープインパクト」の異名そのままに、3歳にして古馬を力でねじ伏せたのはカネヒキリ。その後は故障に見舞われ、2年4カ月もの休養を余儀なくされるも、前哨戦を一叩きされて臨んだ第9回(2008年)は3~4コーナーで内に潜り込んで直線入口で壁をさばく「大人なレース」で快勝。「復活」どころか、挫折を経てさらなる成長を遂げていることを見せつけた。第11、12回(2010、2011年)はトランセンドが2年連続の逃げ切りを見せて連覇を達成。トランセンドはのちにドバイワールドカップでも逃げの手に出て2着に粘り、勝ち馬ヴィクトワールピサと日本調教馬によるワンツーフィニッシュ。クロフネで見た夢の結実を演出した。

▼2011年はトランセンドが2年連続の逃げ切りを見せて連覇を達成。

歴史と概要をもっと見る >

チャンピオンズカップ昨年のBIGヒット予想家

去年のチャンピオンズカップを見事的中させた予想家です。
今年もBIGヒットが期待される予想家の無料予想を枠順確定から発走直前まで続々と公開します!
無料予想は 会員登録(無料)するだけでご覧頂けます。

今すぐ会員登録(無料)する!

2018年12月02日(日) 15:32更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv 95 
27,310円 273,100円
Lv 102 

27,310円
27,310円
224,760円
Lv 104 

27,310円
6,090円
197,450円
Lv 96 

3,000円
930円
196,500円
Lv 99 

27,310円
27,310円
191,170円
Lv 96 
6,090円 170,520円
Lv 105 
3,000円 150,000円
Lv 91 
27,310円 136,550円
Lv 120 

27,310円
27,310円
136,550円
Lv 101 
27,310円 136,550円
Lv 117 
6,090円 121,800円
Lv 97 
6,090円 121,800円
Lv 98 
27,310円 109,240円
Lv 94 
27,310円 109,240円
Lv 99 

27,310円
6,090円
106,270円
Lv 93 

27,310円
6,090円
100,200円
Lv 84 
930円 93,000円
Lv 97 
3,000円 90,000円
Lv 101 

3,000円
930円
87,900円
Lv 110 

27,310円
3,000円
84,620円

チャンピオンズカップの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年9月22日(
産経賞オールカマー  G2
神戸新聞杯  G2

競馬番組表

2019年9月21日(
4回中山6日目
4回阪神6日目
2019年9月22日(
4回中山7日目
4回阪神7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
87,155万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
2 サートゥルナーリア 牡3
25,716万円
3 ダノンファンタジー 牝3
23,621万円
4 グランアレグリア 牝3
19,878万円
5 ダノンキングリー 牡3
17,411万円
6 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
7 ヴェロックス 牡3
16,304万円
8 クロノジェネシス 牝3
14,611万円
9 リオンリオン 牡3
13,748万円
10 ファンタジスト 牡3
13,439万円
» もっと見る