会員登録はこちら
宝塚記念 G1   日程:2020年6月28日()  阪神/芝2200m

宝塚記念のニュース&コラム

リス引退式で矢作師感慨深げ「これ以上の馬にはもう巡りあえないかも…」
 昨年、宝塚記念、コックスプレート、有馬記念とGI3連勝を飾り、年度代表馬に輝いたリスグラシュー(栗・矢作、牝6、父ハーツクライ、母リリサイド)の引退式が19日、京都競馬場で最終レース終了後に行われた。 一昨年のエリザベス女王杯を制したときのゼッケン「12」を身につけて馬場に登場。最後の雄姿を見ようと、レース後も約7000人のファンが残った。 「(引退するのは)もったいないし、さみしいですね。これ以上の馬にはもう巡り合えないかもしれないと思うくらい、5歳になって進化してましたし、何もいうことはありません」と矢作調教師は感慨深げ。今後は北海道のノーザンファームで繁殖生活に入る。発情の時期などもあって、最初に配合される種牡馬はまだ決まっていないが、ロードカナロア、レイデオロ、モーリスの3頭が候補に挙がっている。リスグラシュー 父ハーツクライ、母リリサイド、母の父アメリカンポスト。黒鹿毛の牝6歳。栗東・矢作芳人厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)キャロットファーム。戦績22戦7勝(うち海外3戦1勝)。獲得賞金12億1720万100円(うち海外3億2981万9100円)。重賞は2016年GIIIアルテミスS、18年GIII東京新聞杯、GIエリザベス女王杯、19年GI宝塚記念、豪GIコックスプレート、GI有馬記念の6勝。馬名は「優美な百合(仏語)。母名より連想」
2020年1月20日(月) 05:01

 276

リスグラシュー、年間GI3勝で年度代表馬!
 「2019年度JRA賞」の受賞馬選考委員会が7日、東京都港区のJRA本部で開かれ、年度代表馬にはリスグラシューが選ばれた。宝塚記念、有馬記念の春秋グランプリに加え、オーストラリアのGI・コックスプレートも制覇したことが評価され、前年の年度代表馬アーモンドアイを抑え、最優秀4歳以上牝馬とのダブル受賞を果たした。授賞式は27日に都内のホテルで行われる。 名牝の引退に、また一つ花を添えるタイトルだ。GI馬11頭の超豪華メンバーによる有馬記念を5馬身差で圧勝したリスグラシューが、2019年の競馬界の顔に選ばれた。 「このような栄誉ある賞をいただけて調教師として誇りに思いますし、リスグラシューに感謝しています」 管理馬初の栄誉に矢作調教師が感激のコメントを寄せた。昨年は宝塚記念を3馬身差で制してGI2勝目を挙げると、オーストラリアのコックスプレートで海外GIを初制覇。有馬記念で前年の年度代表馬アーモンドアイなどを破り、インパクト抜群のGI年間3勝を挙げた。満票とはならなかったが、274票中271票を集める圧倒的な得票。最優秀4歳以上牝馬でも同じ得票数でともに2位のアーモンドアイに大差をつけ、ダブルで勲章を手にした。 「引退することとなり別れは寂しいですが、将来の彼女の子供たちに期待しています。今まで応援ありがとうございます」と結んだ指揮官。ラストランの有馬記念で、関係者が口をそろえて引退を惜しむほどの圧勝。5歳シーズンで驚異的な成長を見せ、希代の名牝に上り詰めた。 同馬を所有するキャロットファームの秋田博章代表は「厩舎関係者、牧場関係者、すべての関係者の皆さまにお礼を申し上げたいと思います。ここまで成長するまで管理していただいた調教師や関係者の皆さまに感謝しています」と話した。 現在は福島・ノーザンファーム天栄に放牧中で、19日には一昨年のエリザベス女王杯でGI初勝利を挙げた思い出の京都競馬場で、引退式が行われる予定。“最後の栄冠”を手土産に、母親という新たなフィールドへ走り出す。 (山口大輝)★リスグラシューの競走成績はこちら★JRA賞 1954年に始まった表彰制度で、87年からJRA主催。競走馬部門の選考は中央競馬の報道に携わる新聞、放送記者クラブに3年以上在籍している記者と専門紙トラックマン(今回の有資格者は274人)の投票で、各部門の投票数の1/3以上の票(92票)を集めた最多得票馬から選出され、各部門の受賞馬の中から年度代表馬が選ばれる。「該当馬なし」が1/3以上の場合は、そのまま該当馬なしとなる。
2020年1月8日(水) 05:08

 638

ただ今の時間は追い切り情報はありません。

※更新時間の目安は水曜日05:00頃となります。
(年始やG1レースで異なる場合があります)

まだコラムはありません。
予想家コラムは
レース開催週の月曜日より順次公開されます

宝塚記念過去10年の結果

2019年6月23日() 阪神競馬場/芝2200m 天候: 馬場:
2018年6月24日() 阪神競馬場/芝2200m 天候: 馬場:稍重
1着 ミッキーロケット 和田竜二 2:11.6 13.1倍 106.6
2着 ワーザー H.ボウマン クビ 14.9倍 106.6
3着 ノーブルマーズ 高倉稜 40.0倍 104.0
2017年6月25日() 阪神競馬場/芝2200m 天候: 馬場:稍重

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

宝塚記念のデータ分析とレース傾向

コース図阪神芝2200m

上半期の総決算であるグランプリレース・宝塚記念。前走ローテに関しては、2008年以降、4勝を含む7連対の天皇賞(春)が最有力ステップ。ただし、天皇賞(春)の1~2着馬は【0.1.2.11】という低調な成績に終わっている。3200m→2200mと距離が大きく短縮されることに加え、京都外回り→阪神内回りとコース形態も様変わりするため、天皇賞(春)と宝塚記念を続けて好走するのは至難の業なのだ。むしろ同組では、3着以下に敗れた実力馬の巻き返しのほうに期待が持てる。舞台となる阪神2200mは最初のコーナーまでの距離が約520mと長く、枠順による有利不利は小さめ。それよりも急坂を2回上ることによるスタミナ消費や、内回り適性の有無などが重要となるコースである。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

宝塚記念ステップレース

2020年6月7日() 東京競馬場/芝1600m
2020年6月6日() 阪神競馬場/芝2000m
2020年5月31日() 東京競馬場/芝2500m
2020年5月3日() 京都競馬場/芝3200m

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

宝塚記念の歴史と概要


2013、14年の優勝馬ゴールドシップ

上半期の中央競馬を締めくくるグランプリレースで、長距離路線、マイル中距離路線を戦ってきたトップホースが一堂に会す。古くはシンザン、スピードシンボリ、ハイセイコー、トウショウボーイなど、優勝馬の欄には往年の名馬の名前がズラリ。第29回(1988年)は昭和から平成にかけてオグリキャップとともに“芦毛対決”で競馬シーンを盛り上げたタマモクロスが勝ち、第31回(1990年)にはそのライバルだったオグリキャップが単勝1.2倍の断然人気を背負いながらまさかの2着に敗れる“事件”が起きた。また、第32~34回(1991~1993年)にかけては、メジロライアンメジロパーマーメジロマックイーンと異なるメジロ勢が3連覇するという珍しい記録が生まれている。第39回(1998年)は絶頂期のサイレンススズカが逃げきって待望のG1タイトルを獲得。第42回(2001年)は、ずっと後塵を拝してきた宿敵テイエムオペラオーメイショウドトウが初めて撃破したことで、おおいに盛り上がった。第47回(2006年)はディープインパクト、第53回(2012年)はオルフェーヴルと、3冠馬が貫禄の勝利。そしてゴールドシップが、第54~55回(2013~2014年)と史上初の連覇を達成した。

▼2013年のゴールドシップは天皇賞敗戦からの見事な復活劇を遂げた。

歴史と概要をもっと見る >

宝塚記念昨年のBIGヒット予想家

去年の宝塚記念を見事的中させた予想家です。
今年もBIGヒットが期待される予想家の無料予想を枠順確定から発走直前まで続々と公開します!
無料予想は 会員登録(無料)するだけでご覧頂けます。

今すぐ会員登録(無料)する!

2019年06月23日(日) 15:39更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv 105 

14,560円
2,720円
148,320円
Lv 81 
14,560円 145,600円
Lv 99 
2,720円 81,600円
Lv 108 

2,210円
540円
76,600円
Lv 96 
14,560円 72,800円
Lv 101 
14,560円 72,800円
Lv 107 
14,560円 72,800円
Lv 80 
14,560円 72,800円
Lv 82 
2,720円 68,000円
Lv 96 

760円
540円
65,000円
Lv 82 
620円 62,000円
Lv 93 
14,560円 58,240円
Lv 84 
14,560円 58,240円
Lv 91 

14,560円
2,720円
56,290円
Lv 102 
2,720円 54,400円
Lv 118 
2,720円 54,400円
Lv 104 
540円 54,000円
Lv 105 
540円 54,000円
Lv 114 
540円 54,000円
Lv 84 
540円 54,000円

宝塚記念の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2020年2月2日(
根岸ステークス  G3
シルクロードS  G3

競馬番組表

2020年2月1日(
1回東京1日目
2回京都1日目
1回小倉5日目
2020年2月2日(
1回東京2日目
2回京都2日目
1回小倉6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
90,211万円
2 スワーヴリチャード 牡6
89,132万円
3 オジュウチョウサン 牡9
66,681万円
4 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
5 マカヒキ 牡7
56,210万円
6 キセキ 牡6
55,914万円
7 ワグネリアン 牡5
49,274万円
8 サートゥルナーリア 牡4
43,273万円
9 フィエールマン 牡5
42,004万円
10 サングレーザー 牡6
41,309万円
» もっと見る

3歳
1 サリオス 牡3
11,145万円
2 コントレイル 牡3
11,127万円
3 レシステンシア 牝3
10,271万円
4 タイセイビジョン 牡3
8,586万円
5 サンクテュエール 牝3
5,746万円
6 マイラプソディ 牡3
5,646万円
7 マイネルグリット 牡3
5,467万円
8 ビアンフェ 牡3
5,447万円
9 プリンスリターン 牡3
5,311万円
10 スマイルカナ 牝3
5,281万円
» もっと見る