会員登録はこちら
宝塚記念 G1   日程:2018年6月24日()  阪神/芝2200m

宝塚記念のニュース&コラム

【宝塚記念】ヴィブロス、ダービー制した黄金コンビで上半期GP奪取
 24日に阪神競馬場で行われる、上半期を締めくくる“サマーGP”「第59回宝塚記念」(GI、芝2200メートル)が、いよいよあと3日に迫った。実績上位馬が近走不振で混戦模様となっているなか、ドバイ帰りも順調に仕上がっているのがヴィブロスだ。友道康夫調教師(54)も手応え十分に決戦のときを待ち構えている。 --昨年は中山記念5着からドバイターフを勝ち、そのあと春は全休。しかし今年は宝塚記念を狙ってきた 友道康夫調教師「昨年は初めてのドバイ遠征だったので、帰ってきてからの疲れがどんなものか分からなかった。それで春は休ませたんだけど、実際のところ、ダメージはそれほどなかった。今年はそれを踏まえて、宝塚記念を使うローテーションを組んだ。去年よりダメージは少なかったし、予定どおりに使うことができる」 --順調な調整ぶり。福永騎手が乗った先週のCWコースは3頭併せでしっかり追われて、6F80秒9、ラスト1F11秒3で最先着した 「帰国したあとの検疫明けから、馬体はふっくらしていた。先週の動きは見ていてもいい感じだったし、福永騎手も秋華賞を勝ったとき以来の騎乗だったけど、『別馬のように成長していたし、気持ち良く走っていた』と話してくれた」 --そして今週水曜は強い雨のなか、坂路馬なりで仕上げた 「馬場も悪かったので負荷をかけなかった。気持ちを競馬モードに入れる感じの内容だ」 --年を追うごとに成長してきている 「お姉さんのヴィルシーナは、年齢を重ねるに従い馬体に幅が出てきたけど、妹は脚が伸びて背が高くなっていった。生まれたときから、姉とはかなり違っていた。姉はどちらかといえば気持ちで走るタイプだけど、妹はフットワークが柔らかくて、すごくいいフォームをしていた」 --梅雨のまっただ中で、土曜まで雨予報が出ている 「馬場コンディションがいいのに越したことはないけど、去年のドバイのときがこんな天候続きだったから。雨は大丈夫だと思う」 --阪神内回りの2200メートルは初めて 「初めてのドバイで勝っているし、どの競馬場でも問題ない。2200メートルはエリザベス女王杯で負けているけど、克服できると思っている」 --鞍上は今年のダービーを僚馬のワグネリアンで勝った福永騎手にスイッチする 「これまで3回乗ってもらって、2勝・2着1回。最も相性がいいジョッキーだからね。もちろんダービージョッキーとして乗ってもらえるわけだし、期待している」 --姉のヴィルシーナは4年前のこのレースでゴールドシップの3着 「姉が勝てなかったので妹で勝ちたい思いもあるし、この馬自身ドバイでは(1)(2)着と好成績を収めているけど、国内ではあまりいい競馬ができていない。何とか、国内GIを勝ちたいね」
2018年6月21日(木) 15:14 NEW!

 903

【宝塚記念】サトノダイヤモンドは2枠3番! 枠順確定
 阪神開催は最終週を迎え、日曜メインに上半期最後のGI宝塚記念(24日、芝2200メートル)が行われる。香港のワーザーを含むGI馬5頭が参戦するが、いずれも近況がひと息で、馬券的には非常に難解な一戦となりそうだ。 21日、宝塚記念の枠順が確定。ファン投票1位のサトノダイヤモンド(栗東・池江泰寿厩舎、牡5歳)は2枠3番、連覇がかかるサトノクラウン(美浦・堀宣行厩舎、牡6歳)は5枠9番、ドバイ帰り(ドバイターフ2着)のヴィブロス(栗東・友道康夫厩舎、牝5歳)は5枠10番、香港から参戦するワーザー(香港=ジョン・ムーア厩舎、セン7歳)は7枠13番、近2走が案外の菊花賞馬キセキ(栗東・角居勝彦厩舎、牡4歳)は8枠16番に決まった。 ほかでは、過去10年で5勝と相性抜群のステイゴールド産駒パフォーマプロミス(栗東・藤原英昭厩舎、牡6歳)は4枠7番、鳴尾記念で重賞初Vを飾ったストロングタイタン(栗東・池江泰寿厩舎、牡5歳)が3枠5番、GI2着3回のステファノス(牡7歳)が1枠1番、天皇賞・春で4着と復調の兆しを見せたミッキーロケット(栗東・音無秀孝厩舎、牡5歳)が2枠4番からのスタートとなった。 宝塚記念は24日、阪神競馬場(11R)で、午後3時40分にスタートが切られる。★宝塚記念の枠順はこちら 調教タイムも掲載
2018年6月21日(木) 14:21 NEW!

 1,008

【宝塚記念】ワーザー気配上々 香港から「大物」参戦
 15/16シーズンの香港年度代表馬ワーザーは、一昨年のクイーンエリザベス2世Cで、ラブリーデイ、ヌーヴォレコルト、サトノクラウンなどを撃破。日本勢にとっては手ごわい相手だ。 最終追いは阪神競馬場の芝コース。ゴール前からキャンターに下ろし、7Fあたりから徐々にペースアップし、最後まで馬なりのままだった。重馬場でかなり水分を含んだ馬場でもノメるところはなかったし、チークピーシズを着けていたものの集中して走れていた。気配は悪くなさそうだ。 三木ホースランドパークから移動してきたのが昨日。「馬運車のなかでもリラックスして、とても落ち着いていた。カイ食いも良く、体重減の心配はないだろう」とクラブルール助手。過去に外国馬の出走は豪州のセトステイヤー(97年9着)1頭だけ。大物の参戦に注目度が高まる。(夕刊フジ)★宝塚記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年6月21日(木) 12:27 NEW!

 1,379

【宝塚記念】厩舎の話
 アルバート・森助手「距離は守備範囲で道悪も苦にしない。坂のあるコースで走っているし、阪神に苦手意識はない」 ヴィブロス・福永騎手「秋華賞よりパワーアップ。2000メートルでGI勝ち。あと200メートルの延長は大丈夫だと思う」 キセキ・辻野助手「男らしい体になり、前ほどカリカリしなくなった。雨は大丈夫。もちろん良馬場でもいい」 サイモンラムセス・梅田調教師「普段と違う調整をしても仕方がない。ハナに行かないと前2戦が何だったのかとなる」 サトノクラウン・堀調教師「グンと上向き。心拍数など数値は昨年の宝塚記念より落ちるが、秋の天皇賞と同じぐらい」 サトノダイヤモンド・池江調教師「状態が悪いわけではない。硬い馬場は嫌だが、跳びが大きいので良馬場がいい」 ステファノス・田代助手「前走は久々で調教量も足りず。しっかり乗り込み、体の張りも違ってきた。状態は前走以上」 ストロングタイタン・池江調教師「鳴尾記念はメンコとチークの効果が大きかった。どこまで馬場が回復するか」 スマートレイアー・松山騎手「しまい重点で動きは良かった。乗りやすいし、どこからでも競馬ができそうだ」 ゼーヴィント・木村調教師「いいころの動きに戻ってきた。距離やコースは大丈夫。参加しても恥ずかしい馬ではない」 タツゴウゲキ・鮫島調教師「馬場が悪いなか、動きは良かった。いい感じの仕上がりで前走からの上積みが見込めそう」 ダンビュライト・音無調教師「動きは上々。香港で体が減ったのは調教をやりすぎたせい。480キロ前後で出せる」
2018年6月21日(木) 12:24 NEW!

 1,643

宝塚記念のニュースをもっと見る >

【宝塚記念】ワーザー気配上々 香港から「大物」参戦
 15/16シーズンの香港年度代表馬ワーザーは、一昨年のクイーンエリザベス2世Cで、ラブリーデイ、ヌーヴォレコルト、サトノクラウンなどを撃破。日本勢にとっては手ごわい相手だ。 最終追いは阪神競馬場の芝コース。ゴール前からキャンターに下ろし、7Fあたりから徐々にペースアップし、最後まで馬なりのままだった。重馬場でかなり水分を含んだ馬場でもノメるところはなかったし、チークピーシズを着けていたものの集中して走れていた。気配は悪くなさそうだ。 三木ホースランドパークから移動してきたのが昨日。「馬運車のなかでもリラックスして、とても落ち着いていた。カイ食いも良く、体重減の心配はないだろう」とクラブルール助手。過去に外国馬の出走は豪州のセトステイヤー(97年9着)1頭だけ。大物の参戦に注目度が高まる。(夕刊フジ)★宝塚記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年6月21日(木) 12:27 NEW!

 1,379

【宝塚記念】厩舎の話
 アルバート・森助手「距離は守備範囲で道悪も苦にしない。坂のあるコースで走っているし、阪神に苦手意識はない」 ヴィブロス・福永騎手「秋華賞よりパワーアップ。2000メートルでGI勝ち。あと200メートルの延長は大丈夫だと思う」 キセキ・辻野助手「男らしい体になり、前ほどカリカリしなくなった。雨は大丈夫。もちろん良馬場でもいい」 サイモンラムセス・梅田調教師「普段と違う調整をしても仕方がない。ハナに行かないと前2戦が何だったのかとなる」 サトノクラウン・堀調教師「グンと上向き。心拍数など数値は昨年の宝塚記念より落ちるが、秋の天皇賞と同じぐらい」 サトノダイヤモンド・池江調教師「状態が悪いわけではない。硬い馬場は嫌だが、跳びが大きいので良馬場がいい」 ステファノス・田代助手「前走は久々で調教量も足りず。しっかり乗り込み、体の張りも違ってきた。状態は前走以上」 ストロングタイタン・池江調教師「鳴尾記念はメンコとチークの効果が大きかった。どこまで馬場が回復するか」 スマートレイアー・松山騎手「しまい重点で動きは良かった。乗りやすいし、どこからでも競馬ができそうだ」 ゼーヴィント・木村調教師「いいころの動きに戻ってきた。距離やコースは大丈夫。参加しても恥ずかしい馬ではない」 タツゴウゲキ・鮫島調教師「馬場が悪いなか、動きは良かった。いい感じの仕上がりで前走からの上積みが見込めそう」 ダンビュライト・音無調教師「動きは上々。香港で体が減ったのは調教をやりすぎたせい。480キロ前後で出せる」
2018年6月21日(木) 12:24 NEW!

 1,643

【調教ズームイン】正木ホレた!ヴィブロス気配抜群
★宝塚記念 3月の国際GI・ドバイターフ2着以来、約3カ月ぶりとなるヴィブロスは、海外遠征帰り初戦となるが、調教はもちろん、馬体、気配ともケチのつけようがない。 朝8時前の坂路は大雨が1時間近く降った直後で、最も馬場が重い時間帯だった。時計こそ平凡だが、1週前にCWコースでの3頭併せで瞬時に相手を突き放す切れ味を見せ、実質的な追い切りは完了。この日は予定どおりの馬なり調整だ。 むしろ、ウッドチップが水分を含んで重みを増し、走りにくい馬場でも四肢がよく伸び、全身から満ちあふれるような前進気勢が伝わってきた。5歳牝馬だが、ここにきて背丈が伸びて筋肉量が増し、一段と体を大きく見せているのも、海外遠征帰りの調整がうまくいった証拠だろう。同じ休み明けで、ドバイへの叩き台だった2走前の中山記念当時とは気配が雲泥の差。並みいる強力牡馬を一蹴するシーンを期待できそうだ。★宝塚記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年6月21日(木) 11:58 NEW!

 1,156

【宝塚記念】ダイヤ3頭併せ最先着!池江師「戻ってきた」
 上半期を締めくくるグランプリ・宝塚記念の追い切りが20日、東西トレセンで行われた。栗東では雨の中、ファン投票1位のサトノダイヤモンドがCWコースでの3頭併せ馬で最先着。GI3勝目へ態勢を整えた。美浦では、昨年の勝ち馬サトノクラウンが、Wコースで3頭併せ。しっかりと負荷をかけられた。栗東坂路で好時計をマークしたミッキーロケットがサンケイスポーツ調教評価『S』となった。ワーザーはきょう追い切られる。 春のグランプリで完全復活を遂げる。サトノダイヤモンドがCWコースでラスト1ハロン11秒6の切れ味を披露。手綱を取ったルメール騎手が胸を張った。 「とてもよかったです。状態は大丈夫そう。直線での反応も、とてもよかった。すごくいい追い切りができました。サトノダイヤモンドで、もう一度GIを取りたい。馬がよかったら絶対勝てると思います」 冷たい雨のなか、3頭併せの真ん中でシロニイ(1000万)を前に置きながら、リズムを刻んだ。直線ではクライムメジャー(1600万下)を半馬身おさえて、シロニイは4馬身半突き放した。タイムは5ハロン68秒1、3ハロン38秒3-11秒6。水分をたっぷり含んだ重い馬場だけに上々だ。「リードホース(先行馬)のペースが遅すぎたけど、しっかりとハミを取りました。そこがいいポイント」と、鞍上は好反応にうなずいた。 3歳時に菊花賞、有馬記念とGI2勝も、昨年3月の阪神大賞典以来、1年以上白星から遠ざかっている。陣営は中間、ほとんど使っていなかった坂路を調整メニューに加えた。2週前追いを含め、坂路で4本の速い時計を消化。池江調教師は「刺激を与えるため。調教もマンネリ化していましたから。いい刺激になって(いいときに)戻ってきたんじゃないかと思う。近づきつつあることは確か」と手応えをつかんだ。 ファン投票で6万3599票を獲得。有馬記念を含め、初めて1位に輝いた。昨年末でキタサンブラックが引退し、主役は不在。“キタサンブラックを破った馬”への期待は大きい。 「光栄ですし、責任を感じます。2歳時から多くのファンの支持を受けていました。お便りも多くいただきました、その人たちの期待を裏切り続けているので、なんとか応えたい」 指揮官は力を込めた。GI馬4頭が集結した春の総決算。“1番人気”はすでに証明した。あとは実力で、雑音を吹き飛ばすだけだ。 (山口大輝)★宝塚記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年6月21日(木) 05:08

 1,879

宝塚記念の直前追い切り情報をもっと見る >

宝塚記念過去10年の結果

2017年6月25日() 阪神競馬場/芝2200m 天候: 馬場:稍重
2016年6月26日() 阪神競馬場/芝2200m 天候: 馬場:稍重
1着 マリアライト 蛯名正義 2:12.8 25.1倍 103.9
2着 ドゥラメンテ M.デムーロ クビ 1.9倍 103.9
3着 キタサンブラック 武豊 ハナ 5.0倍 103.9
2015年6月28日() 阪神競馬場/芝2200m 天候: 馬場:
1着 ラブリーデイ 川田将雅 2:14.4 14.2倍 102.0
2着 デニムアンドルビー 浜中俊 クビ 31.3倍 102.0
3着 ショウナンパンドラ 池添謙一 1 1/4 99.2倍 100.9

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

宝塚記念のデータ分析とレース傾向

コース図阪神芝2200m

上半期の総決算であるグランプリレース・宝塚記念。前走ローテに関しては、2008年以降、4勝を含む7連対の天皇賞(春)が最有力ステップ。ただし、天皇賞(春)の1~2着馬は【0.1.2.11】という低調な成績に終わっている。3200m→2200mと距離が大きく短縮されることに加え、京都外回り→阪神内回りとコース形態も様変わりするため、天皇賞(春)と宝塚記念を続けて好走するのは至難の業なのだ。むしろ同組では、3着以下に敗れた実力馬の巻き返しのほうに期待が持てる。舞台となる阪神2200mは最初のコーナーまでの距離が約520mと長く、枠順による有利不利は小さめ。それよりも急坂を2回上ることによるスタミナ消費や、内回り適性の有無などが重要となるコースである。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

宝塚記念ステップレース

2018年6月3日() 東京競馬場/芝1600m
天候: 馬場:
1着 10 モズアスコット C.ルメール 1:31.3 15.7倍 107.1
2着 4 アエロリット 戸崎圭太 クビ 10.7倍 107.1
3着 1 スワーヴリチャード M.デムーロ 3/4 2.8倍 106.3
4着 2 サトノアレス 蛯名正義 1/2 14.5倍 105.6
5着 15 サングレーザー 福永祐一 クビ 6.4倍 105.6
2018年6月2日() 阪神競馬場/芝2000m
天候: 馬場:
1着 8 ストロングタイタン M.デムーロ 1:57.2 5.9倍 105.9
2着 2 トリオンフ C.ルメール 1/2 2.8倍 105.3
3着 5 トリコロールブルー 岩田康誠 2 1/2 3.8倍 102.9
4着 6 マルターズアポジー 武豊 5.1倍 101.7
5着 11 サトノノブレス 川田将雅 ハナ 12.6倍 101.7
2018年5月27日() 東京競馬場/芝2500m
天候: 馬場:
1着 3 ウインテンダネス 内田博幸 2:29.7 17.7倍 102.8
2着 4 ノーブルマーズ 高倉稜 3/4 28.8倍 102.3
3着 8 パフォーマプロミス M.デムーロ アタマ 3.9倍 102.3
4着 16 ポポカテペトル 川田将雅 クビ 10.7倍 101.9
5着 11 ソールインパクト 福永祐一 1/2 14.7倍 101.4
2018年5月27日() 東京競馬場/芝2400m
天候: 馬場:
1着 17 ワグネリアン 福永祐一 2:23.6 12.5倍 97.8
2着 12 エポカドーロ 戸崎圭太 1/2 10.5倍 97.3
3着 7 コズミックフォース 石橋脩 クビ 223.7倍⑯ 96.8
4着 14 エタリオウ H.ボウマン ハナ 99.1倍 96.8
5着 8 ブラストワンピース 池添謙一 ハナ 4.6倍 96.8
2018年4月29日() 京都競馬場/芝3200m
天候: 馬場:
1着 12 レインボーライン 岩田康誠 3:16.2 6.0倍 103.8
2着 11 シュヴァルグラン H.ボウマン クビ 3.0倍 103.8
3着 8 クリンチャー 三浦皇成 1/2 8.0倍 103.4
4着 1 ミッキーロケット 和田竜二 クビ 38.5倍 103.0
5着 2 チェスナットコート 蛯名正義 3/4 11.4倍 102.7

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

宝塚記念の歴史と概要


2013、14年の優勝馬ゴールドシップ

上半期の中央競馬を締めくくるグランプリレースで、長距離路線、マイル中距離路線を戦ってきたトップホースが一堂に会す。古くはシンザン、スピードシンボリ、ハイセイコー、トウショウボーイなど、優勝馬の欄には往年の名馬の名前がズラリ。第29回(1988年)は昭和から平成にかけてオグリキャップとともに“芦毛対決”で競馬シーンを盛り上げたタマモクロスが勝ち、第31回(1990年)にはそのライバルだったオグリキャップが単勝1.2倍の断然人気を背負いながらまさかの2着に敗れる“事件”が起きた。また、第32~34回(1991~1993年)にかけては、メジロライアンメジロパーマーメジロマックイーンと異なるメジロ勢が3連覇するという珍しい記録が生まれている。第39回(1998年)は絶頂期のサイレンススズカが逃げきって待望のG1タイトルを獲得。第42回(2001年)は、ずっと後塵を拝してきた宿敵テイエムオペラオーメイショウドトウが初めて撃破したことで、おおいに盛り上がった。第47回(2006年)はディープインパクト、第53回(2012年)はオルフェーヴルと、3冠馬が貫禄の勝利。そしてゴールドシップが、第54~55回(2013~2014年)と史上初の連覇を達成した。

▼2013年のゴールドシップは天皇賞敗戦からの見事な復活劇を遂げた。

歴史と概要をもっと見る >

宝塚記念昨年のBIGヒット予想家

去年の宝塚記念を見事的中させた予想家です。
今年もBIGヒットが期待される予想家の無料予想を枠順確定から発走直前まで続々と公開します!
無料予想は 会員登録(無料)するだけでご覧頂けます。

今すぐ会員登録(無料)する!

2017年06月25日(日) 15:39更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv 103 

70,420円
70,420円
704,200円
Lv 115 
70,420円 352,100円
Lv 101 
70,420円 352,100円
Lv 97 
70,420円 281,680円
Lv 91 
70,420円 281,680円
Lv 88 
10,670円 213,400円
Lv 85 
70,420円 211,260円
Lv 91 
5,250円 168,000円
Lv 92 

10,670円
5,250円
159,200円
 

10,670円
5,250円
159,200円
Lv 94 
5,250円 157,500円
Lv 91 

70,420円
10,670円
143,410円
Lv 87 

5,250円
1,500円
137,250円
Lv 111 
10,670円 106,700円
Lv 86 
10,670円 106,700円
Lv 80 
10,670円 106,700円
Lv 100 
5,250円 105,000円
Lv 99 
5,250円 105,000円
Lv 86 

70,420円
1,500円
94,370円
Lv 112 
900円 90,000円

宝塚記念の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年6月24日(
宝塚記念 G1

競馬番組表

2018年6月23日(
1回函館3日目
3回東京7日目
3回阪神7日目
2018年6月24日(
1回函館4日目
3回東京8日目
3回阪神8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る