2021年11月7日()デルマー競馬場 芝2200m

ブリーダーズカップフィリー&メアターフ 特集

レース結果 ~ブリーダーズカップフィリー&メアターフ 2021~

  • 出走予定馬
  • 出馬表
  • レース結果



馬名 性齢 負担重量
(kg)
騎手 調教師 オッズ 人気
1 8 8    ラヴズオンリーユー 牝5 56.0 川田将雅 矢作芳人 2.6 1
2 9 9    マイシスターナット 牝6 56.0 J.オルティス C.ブラウン 42.2 8
3 7 7    ウォーライクゴッデス 牝4 56.0 J.ルパルー W.モット 3.7 2
4 6 6    ラブ 牝4 56.0 R.ムーア A.オブライエン 5.1 3
5 12 12    アウダーリャ 牝5 56.0 W.ビュイック J.ファンショー 12.5 5
6 10 10    オーシャンロード 牝3 54.5 O.マーフィー H.パーマー 70.1 11
7 4 4    ルジール 牝3 54.5 M.ギュイヨン C.ロッシ 16.4 6
8 2 2    ポケットスクエア 牝4 56.0 I.オルティスJr. C.ブラウン 22.9 7
9 3 3    アカネラ 牝3 54.5 C.キーン G.リヨン 59.6 10
10 11 11    ドッグタグ 牝5 56.0 F.プラ R.マンデラ 51.0 9
11 1 1    ゴーイングトゥベガス 牝4 56.0 U.リスポリ R.バルタス 7.1 4
12 5 5    クイーンスプリーム 牝5 56.0 J.ドイル A.ボールディング 103.1 12

■払戻金

単勝8 260円
複勝8 120円
9 770円
7 150円
馬連8-9 7,260円
ワイド8-9 2,370円
7-8 320円
7-9 1,480円
馬単8-9 9,350円
3連複7-8-9 5,720円
3連単8-9-7 41,410円

予想一覧を見る

会員登録(無料)すると予想を登録して予想コロシアム(予想大会)に参加できます。

※レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。

最新出走予定馬情報 ~ブリーダーズカップフィリー&メアターフ 2021~

11月6日(土曜)にアメリカのデルマー競馬場で行われるブリーダーズカップフィリー&メアターフに出走予定の日本馬の調教状況および関係者のコメントは以下の通り。


ラヴズオンリーユー
○現地時間11月5日(金曜)の調教状況
デルマー競馬場
ダートコース(軽めのキャンター)
吉田 一成調教助手 騎乗(準備運動時)
岡 勇策調教助手 騎乗(ダートコース調教時)

○矢作 芳人調教師のコメント
直前ですので、軽めのキャンターで調整しました。太めかと心配になるくらい馬体が充実しています。とても調子が良く、力関係では上位だと思いますので、レースが楽しみです。

(JRA発表)

過去10年の結果 ~ブリーダーズカップフィリー&メアターフ 2021~

開催日 勝ち馬 性齢 調教国 タイム 騎手 調教師
2020/11/7 アウダーリャ 牝4 イギリス 1.52.72 P.ブドー J.ファンショー
2019/11/2 イリデッサ 牝3 アイルランド 1.57.77 W.ローダン J.オブライエン
2018/11/3 シスターチャーリー 牝4 アメリカ 2.20.96 J.ヴェラスケス C.ブラウン
2017/11/4 ウハイダ 牝3 イギリス 1.47.91 W.ビュイック C.アップルビー
2016/11/5 クイーンズトラスト 牝3 イギリス 1.57.75 L.デットーリ M.スタウト
2015/10/31 ステファニーズキトゥン 牝6 アメリカ 1.56.22 I.オルティスJr. C.ブラウン
2014/11/1 デイアットザスパ 牝5 アメリカ 2.01.12 J.カステリャーノ C.ブラウン
2013/11/2 ダンク 牝4 イギリス 1.58.73 R.ムーア M.スタウト
2012/11/3 ザゴラ 牝5 アメリカ 1.59.70 J.カステリャーノ C.ブラウン
2011/11/5 パーフェクトシール 牝4 カナダ 2.18.62 J.ヴェラスケス R.アトフィールド

歴史・概要 ~ブリーダーズカップフィリー&メアターフ 2021~

ブリーダーズカップ・フィリー&メアターフはアメリカ競馬の祭典であるブリーダーズカップ・ワールド・サラブレッド・チャンピオンシップで行われる3歳以上の牝馬限定の競走。年により施行される競馬場が変更されるため、施行距離も競馬場により異なる。1999年に創設され、アメリカ競馬の芝の牝馬路線の1年を締め括る最高峰の競走として位置付けられる。
フランスのオペラ賞の参戦馬や、既にアメリカに遠征しているヨーロッパの牝馬が多く出走する。
日本馬では過去にマルターズスパーブ(2000年・13着)、レッドディザイア(2010年・4着)、ヌーヴォレコルト(2016年・11着)が出走した。

挑戦した日本馬 ~ブリーダーズカップフィリー&メアターフ 2021~

レッドディザイア 4着/2010年
血統
父:マンハッタンカフェ
母:グレイトサンライズ(Caerleon)
成績
14戦4勝
3億2811万
主な勝ち鞍
秋華賞 GI
マクトゥームチャレンジラウンド3 GII
国内外で魅せた豪脚

 桜花賞、オークス、秋華賞ではブエナビスタと歴史に残る激闘を繰り広げ、マクトゥームチャレンジラウンド3(G2)では海外の強豪たちを大外からまとめて差し切るなど数多くの印象的なレースでファンを魅了した名牝レッドディザイア。国内外問わず結果を残してきた実績やアメリカ競馬では鼻出血予防薬の使用が認められている事(宝塚記念出走を鼻出血で回避)を踏まえ、4歳秋に陣営はブリーダーズカップフィリー&メアターフへの出走を表明した。前哨戦として選んだフラワーボウルインビテーショナルステークスでは道中ロスなく立ち回り、いったん先頭に立つ見せ場十分の内容で3着入線。レース後、管理する松永幹調教師は『休み明け、長距離輸送、アメリカでの初戦といったことを総合的に判断すれば、合格点が与えられます』と本番へ期待を膨らませた。そして迎えたレース当日、調教の動きも抜群だったこともあり、3番人気に支持されるなど有力馬の一角として注目を浴びた。レースでは道中を好位でスムーズに追走、4コーナーで大外に持ち出されたがいつもの伸びは見られず、4着に敗退した。レース後、鞍上のK・デザーモは『気分よく走らせることはできたが、残念』、松永幹調教師は『やはり世界の壁は厚かったという感じです。結果は残念で、満足していませんが頑張って走ってくれたと思います』とコメントした。

施行年馬名性齢騎手調教師着順
2000年マルターズスパーブ牝3武豊堀井雅広13着
2010年レッドディザイア牝6K.デザーモ松永幹夫4着
2016年ヌーヴォレコルト牝5武豊斎藤誠11 着