2018年4月29日()シャティン競馬場 芝2000m

最新出走予定馬情報 ~クイーンエリザベス2世カップ 2018~

 日本で馬券が発売される香港GIクイーンエリザベス2世C(29日、シャティン、芝2000メートル)に出走するアルアイン(栗・池江、牡4)、ダンビュライト(栗・音無、牡4)と、同チェアマンズスプリントプライズ(同、芝1200メートル、馬券発売なし)に出走するファインニードル(栗・高橋忠、牡5)の3頭が、19日午後に出国し、香港国際空港に到着した。クイーンエリザベス2世Cの発走時刻は17時40分(現地時間16時40分)に決定した。



アルアインの競走成績はこちら

アルアインら日本馬2頭が参戦のクイーンエリザベス2世カップは17時40分発走04月19日(木) 19:00

JRAは19日、現地時間4月29日(日曜)に香港のシャティン競馬場で行われるクイーンエリザベス2世カップ(G1)の発走予定時刻が17時40分(現地時間16時40分)に決まったことを発表した。

[もっと見る]

【QE2世C】アルアイン鋭伸11秒8 国内最終追い04月19日(木) 12:01

 香港GI・クイーンエリザベスIIC(29日、シャティン、芝2000メートル)に挑むアルアイン(栗・池江、牡4)が18日、栗東トレセンで国内最終追い切りを行った。

 雨が降り続くCWコースで単走。ゴール前はしっかり追われ、ラスト1ハロン11秒8(5ハロン67秒5)と鋭い反応をみせた。池江調教師は「これが(実質的)最終追い。シャープな伸びで、よかったですね」と好調を伝えた。

 同レースに参戦するダンビュライト(栗・音無、牡4)と、GI・チェアマンズスプリントプライズ(同、芝1200メートル)のファインニードル(栗・高橋忠、牡5)とともに、きょう19日に出国する。

[もっと見る]

【香港QE2世C】ダンビュライト坂路単走12秒504月18日(水) 12:02

 香港のクイーンエリザベスIIC(29日、シャティン、GI、芝2000メートル)に参戦するダンビュライト(栗・音無、牡4)と、チェアマンズスプリントプライズ(同、芝1200メートル)に挑むファインニードル(栗・高橋忠、牡5)が17日、栗東トレセンの坂路で国内最終追い切りを行った。

 ダンビュライトは残り1ハロンくらいから仕掛けられ、4ハロン52秒6-12秒5をマーク。「単走でしっかりやりました。しまいもまとまっているし、動きも問題ないですね。向こうの環境の変化に対応できれば」と小林助手。

 ファインニードルも単走で、同55秒2-12秒3で登坂。高橋忠調教師は「しまいだけやりました。輸送も問題ないと思います」と話した。

ダンビュライトの競走成績はこちら

[もっと見る]

【QE2世C】アルアインはC・デムーロ04月13日(金) 05:02

 国内で馬券が発売される香港GIクイーンエリザベス2世C(29日、シャティン、芝2000メートル)に出走する日本馬の騎手が決まった。アルアイン(栗・池江、牡4)はクリスチャン・デムーロ騎手(25)=イタリア出身、フランス拠点、ダンビュライト(栗・音無、牡4)はトミー・ベリー騎手(27)=豪州=が騎乗する。2頭を所有するサンデーサラブレッドクラブが12日にホームページで発表した。

 また、馬券発売が実施されない29日のGIチェアマンズスプリントプライズ(芝1200メートル)のファインニードル(栗・高橋忠、牡5)もT・ベリー騎手が騎乗。3頭は19日に出国する。



アルアインの競走成績はこちら

[もっと見る]

29日香港GI・QE2世C、JRAで馬券発売04月12日(木) 05:00

 JRAは11日、香港GIクイーンエリザベス2世カップ(29日、シャティン、芝2000メートル)の勝馬投票券を発売すると発表した。インターネット投票限定で、A-PAT会員および即PAT会員が対象。従来の海外馬券と同様に7式別の馬券が発売され、枠連とWIN5は発売されない。日本国内独自のオッズとなる。発売開始は29日7時。締め切りは発走予定時刻(未定)の4分前。

 香港ジョッキークラブは同日、出走予定馬を発表し、QE2世Cにはアルアイン(栗・池江、牡4)とダンビュライト(栗・音無、牡4)の2頭が参戦する。同日のGIチェアマンズスプリントプライズ(芝1200メートル)には高松宮記念勝ち馬ファインニードル(栗・高橋忠、牡5)が挑むが、馬券は発売されない。

[もっと見る]

【クイーンエリザベス2世カップ】29日の香港G1にファインニードルなど日本馬3頭が選出04月11日(水) 17:50

 4月29日に香港・シャティン競馬場で行われるGI・3レース、オーデマピゲ・クイーンエリザベス2世カップ(芝2000メートル)、チャンピオンズマイル(芝1600メートル)、チェアマンズ・スプリントプライズ(芝1200メートル)の選出馬を、4月11日、香港ジョッキークラブが発表した。選出された日本馬3頭は以下の通り。

◎クイーンエリザベス2世C(11頭)アルアイン(牡4歳、栗東・池江泰寿厩舎)ダンビュライト(牡4歳栗東・音無秀孝厩舎)

◎チェアマンズスプリントプライズ(12頭)ファインニードル(牡5歳、栗東・高橋義忠厩舎)

 同日にJRAがクイーンエリザベス2世カップの勝馬投票券を発売すると発表した。インターネット投票限定で、A-PAT会員および即PAT会員が対象。従来の海外馬券と同様に7式別の馬券が発売され、枠連とWIN5は発売されない。日本国内独自のオッズとなる。発売は4月29日午前7時から。締め切りは発走予定時刻(未定)の4分前。

 チャンピオンズマイルとチェアマンズ・スプリントプライズは発売しない。

 

[もっと見る]

ダンビュライト、クイーンエリザベス2世Cの招待受諾04月09日(月) 05:00

 クイーンエリザベス2世C(29日、香港・シャティン、GI、芝2000メートル)に選出されていたダンビュライト(栗・音無、牡4)が招待を受諾することが8日、所属のサンデーサラブレッドクラブのホームページで発表された。

ダンビュライトの競走成績はこちら

[もっと見る]

【クイーンエリザベス2世カップ】アルアインなど3頭に香港から招待状04月05日(木) 05:00

 昨年の皐月賞馬で、大阪杯で3着に敗れたアルアイン(栗・池江、牡4)は、クイーンエリザベス2世C(4月29日、香港・シャティン、GI、芝2000メートル)の招待を受諾して出走を目指すことが4日、分かった。所属するサンデーサラブレッドクラブのホームページで発表された。騎手は未定。

 大阪杯4着のヤマカツエース(栗・池添兼、牡6)もクイーンエリザベス2世Cの招待を受諾した。池添兼調教師が明かしたもので、池添騎手とのコンビで挑む。

 サンスポ杯阪神牝馬Sに出走を予定しているアドマイヤリード(栗・須貝、牝5)は、チャンピオンズマイル(同、芝1600メートル)に招待されたが、須貝調教師は「受諾するかは、今回の結果と内容を見て判断したい」と話すにとどめた。





アルアインの競走成績はこちら

[もっと見る]

ステファノス、クイーンエリザベス2世C辞退03月31日() 05:00

 クイーンエリザベス2世C(4月29日、シャティン、香港GI、芝2000メートル)に選出されていたステファノス(栗・藤原英、牡7)は、招待を辞退して、予定通り新潟大賞典(5月6日、新潟、GIII、芝2000メートル)を目指すことになった。

ステファノスの競走成績はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

出馬表 ~クイーンエリザベス2世カップ 2018~

  • 出走予定馬
  • 出馬表
  • レース結果
馬名 性齢 負担重量
(kg)
調教師 戦績 予想オッズ
人気
ピンハイスター セ4 57.0 J.サイズ 4-2-0-1 2.6倍
タイムワープ セ5 57.0 A.クルーズ 10-3-4-9 3.0倍
アルアイン 牡4 57.0 池江泰寿 4-2-1-3 6.0倍
パキスタンスター セ5 57.0 A.クルーズ 7-2-2-7 6.0倍
ゴールドマウント セ5 57.0 A.クルーズ 7-2-2-7 11.0倍
ダンビュライト 牡4 57.0 音無秀孝 3-1-3-5 13.0倍
イーグルウェイ セ5 57.0 J.ムーア 4-3-2-11 19.0倍
ディノーゾ セ5 57.0 J.サイズ 6-4-5-8 21.0倍

※予想オッズはブックメーカーのオッズを表示しています。
最終更新日時:4月20日 17:04

過去10年の結果 ~クイーンエリザベス2世カップ 2018~

開催日 勝ち馬 性齢 調教国 タイム 騎手 調教師
2017/04/30 ネオリアリズム 牡6 日本 2:04.59 J.モレイラ 堀宣行
2016/04/24 ワーザー セ4 香港 2:01.3 H.ボウマン J.ムーア
2015/04/26 Blazing Speed セ6 香港 2.02.9 N.Callan A.Cruz
2014/04/27 Designs on Rome セ4 香港 2.01.1 T.Berry J.Moore
2013/04/28 Military Attack セ5 香港 2.02.1 T.Berry J.Moore
2012/04/29 ルーラーシップ 牡5 日本 2.02.4 U.リスポリ 角居勝彦
2011/05/01 Ambitious Dragon セ4 香港 2.02.2 D.Whyte A.Millard
2010/04/25 Viva Pataca セ8 香港 2.05.0 W.Marwing J.Moore
2009/04/26 Presvis セ5 イギリス 2.03.0 R.Moore L.Cumani
2008/04/27 Archipenko 牡4 南アフリカ 2.00.8 K.Shea M.de Kock

歴史・概要 ~クイーンエリザベス2世カップ 2018~

クイーンエリザベス2世カップは1975年に芝1575mで施行されたのが始まり。1995年から国際競走となり、1997年に現行条件の芝2000mに変更された。2000年に国際GII、2001年に国際GIに格付けされている。

前年の香港国際競走4競走のうちいずれかの勝馬が本競走に勝利した場合、その馬主に100万香港ドル(約1300万円)のボーナスが交付される。

出走条件はサラ系3歳以上で北半球産3歳馬51.25キロ、牝馬1.75kg減、南半球産3歳馬54キロ、南半球産3歳牝馬52キロと定められている。

日本調教馬では1995年にフジヤマケンザンが初挑戦したのを皮切りに頻繁に日本馬が出走。2002年には福永祐一騎乗のエイシンプレストンが日本馬として初勝利、2着にも同じく日本馬のアグネスデジタルが入り、日本馬初の海外重賞ワンツーの偉業を達成した。エイシンプレストンは翌年の2003年も同レースを勝ち、連覇を果たした。近年では2012年にルーラーシップが優勝し、初GI制覇を飾った。2017年にはネオリアリズムが制覇している。

レースレコードは1999年にジムアンドトニック(フランス)がマークした2分0秒1。

過去の優勝馬にはシルヴァーノ、エイシンプレストン、リバーダンサー、ヴェンジャンスオブレイン、ヴィヴァパタカ、アーチペンコ、プレスヴィ、アンビシャスドラゴン、ルーラーシップ、ミリタリーアタック、ネオリアリズムなどが名を連ねる。

挑戦した日本馬 ~クイーンエリザベス2世カップ 2018~

エイシンプレストン 1着(2001年)
血統
父:Green Dancer
母:Warranty Applied(Monteverdi)
成績
32戦10勝
4億9106万円+2460万香港ドル
主な勝ち鞍
香港マイル(GI)
クイーンエリザベスC(GI)
朝日杯FS(GI)
香港で掴んだ栄光

 デビューから引退まですべて主戦である福永祐一が騎乗し、1999年の朝日杯3歳Sを制して最優秀3歳牡馬に輝き、のちに香港競馬でGI3勝をあげたエイシンプレストン。
 デビュー戦こそ2着に敗れたが、折り返しの新馬戦を勝利すると朝日杯3歳ステークス(GI)へ直行し、地方の雄レジェンドハンターを差し切って優勝。その年の最優秀牡馬に選出された。
 翌年もアーリントンC(GIII)、NZT4歳S(GII)と連勝を飾り、NHKマイルカップ(GI)最有力候補に挙がっていたが、骨折が判明し戦線から離脱。復帰後の成績は奮わずスランプ状態に陥ったが、陣営の懸命の努力が実り、米子Sで実に1年2ヶ月ぶりの勝利を飾ると、続く北九州記念(GIII)で重賞を制覇した。
 完全に復活を果たしたエイシンプレストンは毎日王冠(GII)も勝利し、マイルCS(GI)で2着となると香港マイル(GI)に挑戦。現地での評価は低かったが、レースでは直線で外に持ち出されると一気に突き抜ける圧勝劇。1993年のホクセイシプレーの初挑戦以来、8年目にして日本馬の香港マイル(GI)初制覇を見事に飾った。その後は、日本では勝ち星は挙げられなかったものの香港ではクイーンエリザベスC(GI)を連覇するなど、香港GI3勝。とにかく香港競馬に絶対なる適性を持った名馬であった。

施行年馬名性齢騎手調教師着順
1995年フジヤマケンザン牡7蛯名正義森秀行10着
1997年ダンスパートナー牝5四位洋文白井寿昭8着
マイネルブリッジ牡5坂本勝美伊藤正徳9着
2002年エイシンプレストン牡5福永祐一北橋修二1着
アグネスデジタル牡5四位洋文白井寿昭2着
2003年エイシンプレストン牡6福永祐一北橋修二1着
2007年アドマイヤムーン牡4武豊松田博資3着
2008年マツリダゴッホ牡5蛯名正義国枝栄6着
2010年ネヴァブション牡7後藤浩輝伊藤正徳4着
2012年ルーラーシップ牡5U.リスポリ角居勝彦1着
2013年エイシンフラッシュ牡6M.デムーロ藤原英昭3着
2014年エピファネイア牡4福永祐一角居勝彦4着
アンコイルド牡5K.ティータン矢作芳人10着
2016年ラブリーデイ牡6J.モレイラ池江泰寿4着
ヌーヴォレコルト牝5K.ティータン斎藤誠6着
サトノクラウン牡4Z.パートン堀宣行12着
2017年ネオリアリズム牡6J.モレイラ堀宣行1着