エピファネイア(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
エピファネイア
写真一覧
抹消  鹿毛 2010年2月11日生
調教師角居勝彦(栗東)
馬主有限会社 キャロットファーム
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績14戦[6-2-1-5]
総賞金68,779万円
収得賞金20,950万円
英字表記Epiphaneia
血統 シンボリクリスエス
血統 ][ 産駒 ]
Kris S.
Tee Kay
シーザリオ
血統 ][ 産駒 ]
スペシャルウィーク
キロフプリミエール
兄弟 サートゥルナーリアリオンディーズ
前走 2015/03/28 ドバイワールドカップ G1
次走予定

エピファネイアの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
15/03/28 アラ 9 ドバイWC G1 ダ2000 9--------9** 牡5 57.0 C.スミヨ角居勝彦--0000 ------プリンスビショップ
14/12/28 中山 10 有馬記念 G1 芝2500 167134.025** 牡4 57.0 川田将雅角居勝彦494(+2)2.35.5 0.234.6ジェンティルドンナ
14/11/30 東京 11 ジャパンC G1 芝2400 18248.941** 牡4 57.0 C.スミヨ角居勝彦492(+2)2.23.1 -0.735.0ジャスタウェイ
14/11/02 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 18358.046** 牡4 58.0 福永祐一角居勝彦490(+7)1.59.9 0.234.1⑨⑩⑨スピルバーグ
14/04/27 香港 8 QE2世C G1 芝2000 10--------4** 牡4 57.0 福永祐一角居勝彦483(--)2.01.7 0.7----DESIGNS ON ROME
14/04/06 阪神 11 産経大阪杯 G2 芝2000 8441.913** 牡4 58.0 福永祐一角居勝彦484(-2)2.00.6 0.334.4⑥⑥⑥⑤キズナ
13/10/20 京都 11 菊花賞 G1 芝3000 18231.611** 牡3 57.0 福永祐一角居勝彦486(+6)3.05.2 -0.835.9サトノノブレス
13/09/22 阪神 11 神戸新聞杯 G2 芝2400 185101.411** 牡3 56.0 福永祐一角居勝彦480(+2)2.24.8 -0.434.3⑧⑧⑨④マジェスティハーツ
13/05/26 東京 10 東京優駿 G1 芝2400 18596.132** 牡3 57.0 福永祐一角居勝彦478(-8)2.24.4 0.133.9⑨⑨⑩⑩キズナ
13/04/14 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 187143.922** 牡3 57.0 福永祐一角居勝彦486(-8)1.58.1 0.135.6⑦⑦⑤ロゴタイプ
13/03/03 中山 11 報知杯弥生賞 G2 芝2000 128122.314** 牡3 56.0 W.ビュイ角居勝彦494(+8)2.01.1 0.135.3カミノタサハラ
12/12/22 阪神 11 ラジNIK杯 G3 芝2000 7771.911** 牡2 55.0 福永祐一角居勝彦486(-2)2.05.4 -0.134.4バッドボーイ
12/11/24 京都 9 京都2歳S OP 芝2000 10111.211** 牡2 55.0 福永祐一角居勝彦488(-2)2.03.0 -0.333.7ダンツアトラス
12/10/21 京都 5 2歳新馬 芝1800 14222.911** 牡2 55.0 福永祐一角居勝彦490(--)1.48.9 -0.533.5⑧⑨レッドジゼル

エピファネイアの関連ニュース

 10月14日の東京4R・2歳新馬(芝1600メートル、牝馬)は、川田将雅騎手騎乗の2番人気フェルミスフィア(美浦・木村哲也厩舎)が3番手追走から直線はインを突いて抜け出し快勝した。タイムは1分35秒7(良)。

 クビ差の2着には後方から脚を伸ばしたピーエムピンコ(5番人気)、さらに1馬身3/4差遅れた3着にカーテンコール(1番人気)が続いた。

 フェルミスフィアは、父が新種牡馬のエピファネイアで、母フェルミオン、母の父アグネスタキオンという血統。

 ◆川田将雅騎手(1着 フェルミスフィア)「上手にレースの流れに乗って、直線もしっかり自分の脚を使ってくれました。着差はわずかだったけど、いい内容で勝てました」



★14日東京4R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

【産経賞オールカマー&神戸新聞杯】レースの注目点 2019年9月19日(木) 11:21

★連覇を狙うレイデオロが始動 帰国初戦となるウインブライトも登録/産経賞オールカマー



 2017年のダービー馬レイデオロ(牡5歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が、産経賞オールカマー連覇を狙う。同馬は、昨年秋にはオールカマー→天皇賞・秋を連勝し、有馬記念では2着に入った。レイデオロは、今年に入ってからドバイシーマクラシック6着、宝塚記念5着と白星がないが、昨年に続きオールカマーを制して、秋のGI戦線へ向け弾みをつけることができるだろうか。なお、同馬には“テン乗り”となる福永祐一騎手が騎乗予定。



 また、香港のクイーンエリザベス2世Cを制し、GI初制覇を海外で遂げたウインブライト(牡5歳、美浦・畠山吉宏厩舎)は、オールカマーが帰国初戦となる。ウインブライトは中山で8戦5勝、2着2回(勝率.625、連対率875)という好成績を残しているが、海外GIを制した実力を日本のファンに示すことができるか。なお、同馬には引き続き松岡正海騎手が騎乗予定となっている。



★JRA重賞通算50勝まであと「1」の内田博幸騎手はクレッシェンドラヴに騎乗予定/産経賞オールカマー



 内田博幸騎手は9月17日現在、JRAで重賞49勝を挙げており、史上33人目のJRA重賞通算50勝まであと1勝に迫っている。内田騎手はオールカマークレッシェンドラヴ(牡5歳、美浦・林徹厩舎)に騎乗予定だが、節目の重賞勝利を挙げることができるか。Vなら、同馬を管理する林調教師は、開業2年目でJRA重賞初制覇となる。



 なお、内田騎手は過去5年の中山芝2200m戦における騎手別勝利数でトップタイの6勝を挙げており、クレッシェンドラヴとのコンビでは前走の七夕賞で2着に入るなど、通算9戦4勝、2着3回(勝率.444、連対率.778)という成績を残してる。



 また、今年のオールカマーには、クレッシェンドラヴの他にウインブライト(牡5歳、美浦・畠山吉宏厩舎)、ショウナンバッハ(牡8歳、美浦・上原博之厩舎)、スティッフェリオ(牡5歳、栗東・音無秀孝厩舎)と計4頭のステイゴールド産駒が登録している。ステイゴールドは、過去5年の中山芝2200m戦における種牡馬別勝利数でトップの13勝を挙げているが、4頭の産駒が登録するオールカマーでも好成績を挙げることができるだろうか。



皐月賞馬のサートゥルナーリアが登場! 兄エピファネイアは2013年の優勝馬/神戸新聞杯



 皐月賞サートゥルナーリア(牡、栗東・角居勝彦厩舎)は、神戸新聞杯が秋初戦となる。同馬は、デビューから無敗で皐月賞を制し、ダービーでも単勝支持率49.6%と高い支持を集めたが、4着に終わり、初の敗戦を喫した。皐月賞馬は神戸新聞杯で14戦6勝、2着3回(勝率.429、連対率.643)の成績を残しているが、サートゥルナーリア皐月賞馬の実力を示し、秋のGI戦線へ向け好スタートを切ることができるか。同馬には神戸新聞杯で3戦全勝のC.ルメール騎手が騎乗する予定。



 また、サートゥルナーリアは父ロードカナロア、母シーザリオという血統で、2013年の神戸新聞杯優勝馬エピファネイアの弟にあたる。Vなら、母オリエンタルアート産駒のドリームジャーニー(2007年優勝)、オルフェーヴル(2011年優勝)以来、2組目の神戸新聞杯きょうだい制覇となる。



皐月賞2着&タービー3着のヴェロックスサートゥルナーリアと3度目の対戦/神戸新聞杯



 16日に実施された菊花賞トライアルセントライト記念は、ダービー15着のリオンリオンが勝ち、皐月賞14着、ダービー17着のサトノルークスが2着に入って、“春のクラシック出走馬”がワンツーフィニッシュを決めた。神戸新聞杯には皐月賞馬のサートゥルナーリア(牡、栗東・角居勝彦厩舎)を筆頭に、皐月賞2着、ダービー3着のヴェロックス(牡、栗東・中内田充正厩舎)、ダービー8着のレッドジェニアル(牡、栗東・高橋義忠厩舎)、ダービー14着のヴィント(牡、栗東・千田輝彦厩舎)が登録してるが、今週も“春のクラシック出走馬”は菊花賞トライアルを制すことができるか。なお、“春のクラシック出走馬”は過去10年の神戸新聞杯で8勝を挙げている。



 また、サートゥルナーリアヴェロックスは、今回が3度目の対戦。皐月賞ではサートゥルナーリアがアタマ差先着し、ダービーではヴェロックスが半馬身先着したが、今回はどちらに軍配があがるのか。なお、ヴェロックスに騎乗予定の川田将雅騎手は、今年のJRA重賞で自己最多の13勝。騎手のJRA重賞年間最多勝記録は武豊騎手が2005年に記録した23勝だが、川田騎手はこの記録にどこまで迫れるか注目だ。



★4年連続で神戸新聞杯優勝馬の産駒がV 今年はワールドプレミアなど3頭が登録/神戸新聞杯



 神戸新聞杯は、2015年のリアファル(父ゼンノロブロイ)から昨年のワグネリアン(父ディープインパクト)まで、神戸新聞杯優勝馬の産駒が4年連続で勝っている。今年は、2004年優勝馬キングカメハメハ産駒のレッドジェニアル(牡、栗東・高橋義忠厩舎)、2005年優勝馬ディープインパクト産駒のワールドプレミア(牡、栗東・友道康夫厩舎)、2010年優勝馬口ーズキングダム産駒のジョウショームード(牡、栗東・服部利之厩舎)が登録しているが、今年も神戸新聞杯の父子制覇となるだろうか。なお、ジョウショームードが勝てば、祖父キングカメハメハ、父口ーズキングダムに続く父子3代神戸新聞杯制覇となる。



 また、ワールドプレミアはここまで4戦2勝という成績で、レース史上最少キャリアでの優勝がかかる。同馬は2016年のセレクトセール(当歳)において、2億4000万円(税抜)という高額で落札されたが、神戸新聞杯で重賞初制覇を飾り、GI戦線に名乗りをあげることができるだろうか。



産経賞オールカマーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載★神戸新聞杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【神戸新聞杯】レース展望 2019年9月17日(火) 19:10

 阪神の日曜メインは神戸新聞杯(22日、GII、芝2400メートル)。16日のセントライト記念に続く3着までに菊花賞(10月20日、京都、GI、芝3000メートル)の優先出走権が与えられるトライアルだ。

 2007年に400メートル延びて2400メートルになってから本番との関連はより深くなり、11年オルフェーヴル、12年ゴールドシップ、13年エピファネイア、16年サトノダイヤモンドがこのレースと菊花賞を連勝している。今年も大いに注目したい。

 中心になるのは前述のエピファネイアの半弟で皐月賞馬のサートゥルナーリア(栗東・角居勝彦厩舎、牡)だ。4戦全勝で臨んだダービーは4着に敗れたが、出遅れて流れに乗れなかったのが痛かった。それでも上がり3ハロンはメンバー最速の34秒1で、能力の高さは証明した。

 その後は休養し、8月下旬から時計を出し始め、1週前追い切りはCWコースで6ハロン82秒8-11秒3を切れのある動きでマーク。騎乗停止のためダービーで乗れなかったルメール騎手に戻るのも好材料になる。阪神芝外回りも新馬戦を楽勝した舞台。世代トップの実力を改めてアピールする。

 ヴェロックス(栗東・中内田充正厩舎、牡)は重賞未勝利ながら、皐月賞2着、ダービー3着と春2冠で善戦。この馬もダービー以来だが、9月に入ってから調教のピッチも上がって順調に仕上がりつつある。阪神芝も内回りながら若葉Sを勝っているので問題ないだろう。好勝負必至だ。

 ワールドプレミア(栗東・友道康夫厩舎、牡)は若葉S2着以来の出走になるが、1週前追い切りでは合格点の動きを見せている。安定感があるタイプなので上位争いが期待できる。

 レッドジェニアル(栗東・高橋義忠厩舎、牡)は2走前の京都新聞杯で次走でダービーを勝つロジャーバローズに首差勝ちしている。ダービーは出遅れが響いて8着に敗れたが、五分のスタートで流れに乗れていれば上位に入れたはず。見直したい存在だ。

 他には500万下(1勝クラス)、2勝クラスと連勝しているシフルマン(栗東・中尾秀正厩舎、牡)やユニコーンライオン(栗東・矢作芳人厩舎、牡)をマークしたい。

神戸新聞杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【2歳新馬】函館5R エピファネイア産駒が初勝利、スマートカーリーが逃走V 2019年6月29日() 12:28

 6月29日の函館5R・2歳新馬(芝1200メートル)は、武豊騎手騎乗の3番人気スマートカーリー(牝、栗東・須貝尚介厩舎)が逃げ切り勝ち。タイムは1分10秒2(良)。

 クビ差の2着には中団追走から脚を伸ばしたナリタブレード(6番人気)、さらにハナ差遅れた3着に外めを追い込んだマイルポスト(1番人気)。

 スマートカーリーは、父エピファネイア、母レティセントガール、母の父フォーティナイナーという血統。父は今年の新種牡馬で、スマートカーリーがJRAでの勝ち馬第1号。

 ◆武豊騎手(1着 スマートカーリー)「スタートが速かったし、素直さを生かすことができました。他の馬がもたついている間にリードも広げられました。距離はもつと思います」

★29日函館5R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【日本ダービー】サートゥルナーリア、無敗2冠へ 2019年5月20日(月) 05:09

 さあダービーウイークだ!! 日本ダービー(GI、芝2400メートル)が26日、東京競馬場で行われる。4戦4勝の皐月賞馬サートゥルナーリアを管理する角居勝彦調教師(55)=栗東=に、競馬リポーターの大恵陽子が直撃インタビュー。史上7頭目となる無敗の2冠馬へ-。厩舎ゆかりの血統馬で臨む思いなど、2007年にウオッカでダービーを制した名トレーナーの胸中に迫った。

 大恵 皐月賞は、最後の直線で内にヨレながらも勝利しました。

 角居 (約3カ月ぶりで)不安はありましたが、いい状態でした。ただ、これまで仕上がっている馬と叩き合いになることがなかったので、精神的なものでヨレたのかもしれません。

 大恵 年明け初戦が皐月賞というローテーションはダービーを見据えてのものですか。

 角居 そうですね。(オーナーサイドと)ダービーを必勝でいくのであれば、そこまでに2回も輸送するのはどうかとなったので。

 大恵 母のシーザリオ(※1)、その子供も管理されています。

 角居 シーザリオは種馬のいいところを出すお母さんで、きょうだいで似ているのは、新馬戦を勝って自分でちゃんとクラシックに乗るところ。あまり調教師を必要としていない(笑)。

 大恵 いえいえ。サートゥルはロードカナロアが出ていると。

 角居 そうですね。スピードがあって、アーモンドアイのように距離の融通も利く感じです。

 大恵 兄のエピファネイア(※2)とはタイプが違いますか。

 角居 全然、力みがないですからね。そのあたりで距離はもつんじゃないかと思います。

 大恵 先ほど、馬房を見せてもらったときもおとなしかったです。

 角居 追い切り後は目が血走っている子もいるんですが、穏やかですね。全ての競走馬がこうはいきませんけどね。調教に出て行くときだけはうれしそうで、元気よく出て行きます。

 大恵 規格外の速さを持っていますね。

 角居 完歩(歩幅)が大きくて、普段の調教のラップも計算が狂ってくるようなフォーム。見ていてそう思うくらいだから、乗っている側はもっとそうでしょう。

 大恵 他に強さの秘けつは。

 角居 体幹がしっかりしていて、あまり痛いところが出てこない。バランスが崩れると、ミスステップひとつでどこかを傷めてきますから。

 大恵 ルメール騎手が騎乗停止。レーン騎手に乗り替わります。

 角居 (25歳と)若いのにうまいと思います。こちらからは、オーストラリアは1200メートルのレースが多いので、普段の倍走りますよ、と(笑)。

 大恵 10年に皐月賞を勝って臨んだヴィクトワールピサ(3着)に続く1番人気馬での出走になりそうですね。

 角居 プレッシャーだけです(笑)。最後のバトンを受け継いだ者として、重責を感じています。(ヴィクトワールピサは)1番人気で取りに行きたい気持ちが強かったような気がしますね。平常心で戦えるように頑張ります。

 大恵 勝てば、無敗のダービー馬です。

 角居 負けずにここまできて、ワクワクするようなパフォーマンスを見せてきての、ダービーへのチャレンジ。応援に来ていただければ、うれしいです。

 大恵 角居調教師にとって、ダービーとは。

 角居 ホースマンなら誰もが憧れて目指すレースです。華やかで、緊張感が漂うパドックを経験するとゾクゾクしますね。あのステージに馬を立たせるのはホースマンの名誉だと思います。

 大恵 海外のビッグレースとはまた違うものですか。

 角居 海外は何を負かせばいいというのはなくて、自分との戦い、馬作りを極めるという部分。ダービーは対戦相手も、生産者も、厩務員さんから助手さんまで顔が見えますから、うれしいような苦しいようなところがあります。だからこそ、より勝ちたいのかもしれないし、そこに重みも出てくると思います。

 大恵 角居厩舎のダービーといえば2007年に勝ったウオッカです。牝馬で64年ぶりの快挙でした。当時の心境は。

 角居 本来、ダービーというのは種馬を選定するレース。周りからは「牝馬は種馬になれないぞ」と言われていましたから。(最後の直線で)集団から飛び出したときには、これでみんなに合わせる顔があるなあと思いましたね。

 大恵 サートゥルナーリアとの夢や目標はありますか。

 角居 けがをさせないようにして、ちゃんと繁殖にかえすことだと思っています。もうGIタイトルを2つ取っていますからね。

 大恵 凱旋門賞(10月6日、パリロンシャン、仏GI、芝2400メートル)も登録済みです。

 角居 ダービーで勝ち負けすればチャンスのある1頭になるかなと思います。



 ※1シーザリオ 2004年12月にデビュー。05年にオークスとアメリカンオークスを制覇し、同年の最優秀3歳牝馬などを受賞した。通算6戦5勝。

 ※2エピファネイア シーザリオの3番仔で、父はシンボリクリスエス。2013年は皐月賞2着、日本ダービー2着で、菊花賞でGI初制覇。14年ジャパンCも制した。通算14戦6勝。

[もっと見る]

【皐月賞】サートゥル、ディープ以来14年ぶり無傷V確信 2019年4月11日(木) 05:07

 牡馬クラシック第1弾となる皐月賞(14日、中山、GI、芝2000メートル)の追い切りが10日、滋賀・栗東トレセンで行われ、3戦3勝のサートゥルナーリア(栗東・角居勝彦厩舎、牡3歳)はCWコースでGII連勝中の6歳馬シャケトラを含む3頭併せを行い、馬なりで最先着。調教評価は最高の『S』となった。初コンビを組むクリストフ・ルメール騎手(39)は「皐月賞、ダービーを勝てる」と早くも2冠宣言。14年ぶりとなる無敗の皐月賞馬へ、一歩近づいた。

 土砂降りの中でも、走りは軽やかだった。サートゥルナーリアが、抑えきれない手応えでGII連勝中の年長馬シャケトラ(OP)を馬なりで圧倒。手綱を取ったルメール騎手の口調は、いつも以上になめらかだった。

 「すごくいい感じで先週は時計が出ました。きょうは少し軽い追い切りだったけど、手応えはすごくよかった。コンディションは良さそうです」

 前夜から降り続く雨の影響で重たくなった朝一番のCWコース。前にレッドウィズダム(1600万下)、後ろにシャケトラを置いた実戦さながらの形でスタートした。馬なりでリズムに乗っていき、4コーナーで早くも先頭に。最後は後ろから迫るシャケトラと“一騎打ち”。仕掛けられた相手に対して、最後まで楽な手応えのまま。古馬重賞ウイナーに余裕の走りで半馬身先着した。

 6ハロン87秒2と、全体時計は遅めだが、重馬場でのラスト1ハロン11秒8は上出来。改めて能力の高さをアピールした。初コンビとなるルメール騎手は2週続けて騎乗して手応えをつかみ、「(乗ることが決まって)うれしかった。今年のクラシックはこの馬で皐月賞、ダービーを勝てると思います」と早くも2冠宣言だ。

 昨年末、同舞台のGIホープフルSを制し、世代トップクラスのポテンシャルの高さを見せつけた。今回は中106日という異例のローテーションが鍵となるが、名手は「(中111日の)グランアレグリアで(先週の)桜花賞を勝つことができた。自信を持って乗りたい」と実績を強調。「コンディションはいいと思います」と自信をにじませた。

 厩舎側も期待に応えるべく、調整には万全を期してきた。この日の3頭併せについて、辻野助手は「競馬では少し(ハミを)かむところがあるので、より刺激のある追い切りにして、ジョッキーに感触を確かめてもらうつもりでした」と意図を説明。「シルエットがシャープになって、中身もしっかりしてきました。ホープフルSより、馬の状態はできている」と仕上がりに胸を張った。

 無敗での戴冠となれば、2005年のディープインパクト以来14年ぶり。エピファネイアリオンディーズと、のちにGI馬となった兄でさえつかめなかった皐月賞のタイトルへ、一歩近づいた。 (山口大輝)

皐月賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載



★ルメールの有言実行VTR

 昨年の桜花賞アーモンドアイに騎乗し、直線一気の末脚でV。レース後、「すごい脚だったね。(オークスも)勝てると思います。トリプルクラウンを考えられます」と牝馬3冠を“予言”。続くオークスは道中6番手の先行策からV。秋華賞は4コーナー12番手から差し切り、有言実行の牝馬3冠を達成した。

★クラシック完全制覇だ

 JRAのクラシック5競走(皐月賞日本ダービー菊花賞桜花賞オークス)で、ルメール騎手は4競走で7勝。完全制覇へ残すは皐月賞だけとなっており、「ぜひ勝ちたい。今年はベストチャンスだと思います」と燃えている。

 クラシック完全制覇を達成した騎手は栗田勝、保田隆芳、菅原泰夫、★武豊河内洋、★池添謙一、★岩田康誠、★川田将雅の8人(★印は現役)。同じく完全Vへ皐月賞のみの福永騎手(ブレイキングドーン騎乗)とともに、今年の皐月賞で史上9人目、現役5人目の快挙なるか注目だ。

★母も兄もGI馬

 サートゥルナーリアの母シーザリオ(父スペシャルウィーク)は、2005年のオークス馬。兄エピファネイア(父シンボリクリスエス)は13年の菊花賞を勝ち、14年にジャパンCも制覇している。また兄リオンディーズ(父キングカメハメハ)も朝日杯FSをデビュー2戦目で制しており、皐月賞は5着だった。これまでJRAで母子&きょうだいでクラシックを制覇したのは、母アグネスフローラ桜花賞)、子アグネスフライト(ダービー)、子アグネスタキオン皐月賞)の1例だけ。

[もっと見る]

⇒もっと見る

エピファネイアの関連コラム

閲覧 1,318ビュー コメント 0 ナイス 0

香港クイーンエリザベス2世カップ(以下、QE2)に遠征する日本のエース、ネオリアリズムの前に香港のトップ調教師、大摩ことジョン・ムーア調教師配下の香港馬王(年度代表馬)デザインズオンローム、ワーザーの2頭が立ちはだかっている。デザインズオンロームが2014年以来の復活を目指せば、ワーザーは連覇に意欲を見せる。今年、管理するラッパードラゴンで香港競馬史上初の4歳クラシック三冠を果たし、香港競馬史に再び新たな1ページを開いた。歴代最多勝、最多賞金獲得……新たな勲章がまた加わり、今シーズン絶好調のムーア師にネオリアリズムを迎え撃つ自信のほどを直撃した。(取材・文/甘粕代三)


――ドバイでは隣のテーブルでしたね。お久しぶりです。

ジョン・ムーア(以下、ムーア) ドバイではゆっくり話できなかったね。お互いレースに忙しくて。ヴィブロスは本当に強かった。お友達のオーナー、ミスター・ササキにお祝いを伝えてくれ。あの馬、香港に来たりしないよね?

――秋のローテーションは未定のようですが、年末の香港カップは選択肢の一つには入っていると聞いていますよ。

ムーア 香港カップに出走してきたら、それは手ごわいなあ。

――それよりもQE2は年度代表馬2頭出しじゃないですか?

ムーア おかげさまで2頭も選ばれて光栄なことだよ。

――それでは個別に伺います。まずはワーザーから。昨年のこのレースは圧勝でした。

ムーア 得意の道悪ということもあったけれども、あそこまで差をつけて勝ってくれるとは正直言ってびっくりしたよ。前走の香港ダービーで力をはっきり示してくれてはいたけど、日本から強い馬が3頭も来ていたじゃないか。

――あのレースで破ったサトノクラウンは12月の香港ヴァーズでハイランドリールに勝ってますからね。

ムーア この馬の力を証明してくれたと言えるんじゃないかな。

――しかし、その12月の香港国際競走には、その姿がありませんでした。

ムーア 脚部不安で間に合わなかったんだよ。あのモーリスと対戦させたかったなあ。決して引けは取らなかったはずだ。

――そして、年明けに復帰。2戦目の香港ゴールドカップを勝って復活の狼煙を上げました。

ムーア 嬉しかったね。しっかりと復調してくれた。

――ただ、休み明け3戦は1勝のみ。前走も勝てていませんが。

ムーア この馬は昨年の4歳三冠でも1600mのクラシックマイル、1800mのクラシックカップとも2着。2000mに距離が伸びた香港ダービーではしっかりと借りを返しているように、2000mがピッタリなんだよ。だから、ここを大目標に仕上げてきたんだ。

――3戦1勝、ここまでのステップは想定内、予定通りということですね。

ムーア そうだね。

――前走の後、状態はどうですか。

ムーア インプルービング! 上向いているよ。トップフォーム(最高のコンディションの意)だよ。

――ほう、それは頼もしい。ネオリアリズムにとっては恐ろしい(笑)。それではデザインズオンロームについて伺いましょう。2014年のこのレースでは後にジャパンカップを勝つエピファネイアを子供扱いにしました。

ムーア 実にいいレースだった。

――エピファネイアに騎乗した福永祐一騎手が、あの馬は化け物だ、とレース後に言ってましたよ。

ムーア それは嬉しいねえ。そんなこと言ってくれたのか。確かに福永騎手の言うとおりだよ。怪物級の馬だ。

――2014年は香港カップも勝って、正に怪物ぶりを証明してくれたんですが、翌年のドバイシーマクラシック遠征以来、怪物ぶりが鳴りを潜めたように思えてならないんですが。

ムーア ドバイ遠征は気温差など馬に与える負担が大きい。それで調子を崩していたことは認める。しかし、2016年には香港ゴールドカップを勝って復調してるじゃないか。

――既に7歳、年齢的な衰えを指摘する声も聞こえてきますが。

ムーア 馬だって人だって歳を取る。それは仕方のないことだけど、この年齢なり、この馬なりにいい状態にある。こちらもトップフォームだよ。そう馬鹿にしないで貰いたいな。

――さて日本馬、ネオリアリズムですが、どうご覧になりますか?

ムーア あのモーリスに勝ってるんだってね。

――そうです。去年の札幌記念です。

ムーア それに前走は、ドバイターフを勝ったあの牝馬、ヴィブロスにも勝ってるんだろ。それは大した馬だ。それに今回はモレイラが騎乗するんだろ。ヴィブロスのレースをドバイでこの目で見てるだけに、これは警戒せざるを得ないな。

――2頭の香港馬王との比較ですが。

ムーア 香港でレースをする以上、2頭とも恥ずかしい競馬はさせない。これだけはしっかりと日本のファンに伝えて貰いたい。

――香港初の4歳クラシック三冠馬、ラッパードラゴンのことも聞かせて下さい。ラッパーは翌週のチャンピオンズマイルに回りましたが、これはワーザーとの使い分けで両方頂くという作戦ですか?

ムーア 馬ファースト、距離適性から判断しただけのことだ。ラッパーは三冠を達成したが、根本的にはマイラー。ここよりもチャンピオンズマイルに適性がある。それだけのことだ。

――史上初の4歳クラシック三冠にチャンピオンズマイルとなれば、ワーザーに続いて今年の香港馬王ですね。

ムーア そう行けばいうことなしだね。

――そして、その後は安田記念ですか?

ムーア 厳しいレースが続いたのでチャンピオンズマイルを今シーズンのラストランにする。安田記念は来年行ってみたい。

――ムーア厩舎の日本遠征は2007年のジョイフルウィナー以来じゃないですか?

ムーア 日本は餌やら水やらレギュレーションがやたら煩いんで暫く気が向かなかったんだよ。でも、ジョッキークラブが安田記念に行ったらどうかってしきりと勧めてくるんで、久しぶりに来年は行ってみようかと考えている。

――そうですか、来年の安田記念まで楽しみになってきました。ありがとうございました。

【甘粕代三の目】
2頭の香港馬王にいずれも「トップフォーム」と強気のコメントを嫌味もなくジェントルマン風に語るのはムーア流。その真贋を見極めなければならないが、ワーザーに関しては全くの掛値なし!ムーア師口調からは歯牙にもかけないという感触を得たが、モレイラ騎乗にはこちらも掛値のない警戒感を感じた。ワーザーとネオリアリズムとの一騎打ちであることは今からでも明々白々。最終的には当日までの状態、最後はパドックで判断するしかないが……。一方のデザインはトップフォームとは言うものの近走を見る限り馬王復活の道は遠い。ただ、3連単のヒモとしては決して無視はできないだろう。それと翌週のチャンピオンズマイルだが、今季の馬王に当選確実のラッパーがどこまで強い勝ち方を見せてくれるのか、来年の安田記念ともども今から楽しみになった。

ジョン・ムーア調教師
オーストラリア人。67歳。1556勝と香港歴代最多勝、最多獲得賞金を誇るトップ調教師。「千勝爺」との異名も。父、ジョージ・ムーア調教師の下で調教助手を務め1985年開業。2007年にはヴィヴァパタカでクイーンエリザベス2世カップを、エイブルワンでチャンピオンズマイルの2大競走を制覇。3年後にもこの2頭で2レースを制覇する快挙を達成。現在、前記2頭の香港馬王ばかりか、マイル王のエイブルフレンドを加えた3頭を擁し、春、12月の国際競走にムーア厩舎の管理馬は欠かせないばかりか、滅法強いことは香港競馬ファンの共通認識になっている。


★3/26ドバイターフで3連単162,710円を見事的中させた”日本と香港を股にかけて活躍する”海外プロ甘粕代三プロが、海外馬券販売レースの香港クイーンエリザベス2世カップの予想提供をいたします。当日の予想にご期待ください。

甘粕代三(あまかす・だいぞう)プロフィール
1960年、東京生まれ。高校時代から競馬にのめりこむ。
早稲田大学第一文学部卒。在学中に中国政府官費留学生。卒業後、東京新聞記者、テレビ朝日記者、同ディレクター、同台北開設支局長などを務める。
中国留学中に香港競馬を初観戦、94年ミッドナイトベット香港カップ制覇に立ち会ったことから香港の競馬にものめりこみ、2010年、売文業に転じた後は軸足を日本から香港に。
香港の競馬新聞『新報馬簿』『新報馬経』に執筆、テレビの競馬番組にも出演。現在、新報馬業(『新報馬簿』『新報馬経』)駐日代表、北京市馬術運動協会高級顧問を務める。


登録済みの方はこちらからログイン

2016年3月4日(金) 19:10 みんなの競馬コラム
【報知杯弥生賞】血統考察 byうまカレ
閲覧 1,644ビュー コメント 0 ナイス 7

学生団体「うまカレ」副代表の金沢ユウダイです。今週もよろしくお願いします。
先週の中山記念では、昨年の二冠馬ドゥラメンテが貫禄勝ち。皐月賞でもダービーでも4コーナーでは逆手前で走っていましたが、今回もそこは改善されず(^^;)しかし、コラムでも書いたように、やはり左手前での伸び脚の方が良いと思いますので、左回りで直線の長いドバイシーマクラシックでは、直線のどこで左手前に替えるのか(替えないかもしれませんが)注目して見てみたいと思います。普通に走れば勝てるでしょう。
2着アンビシャスと3着リアルスティールも例年の中山記念であれば楽に勝てていたパフォーマンスだったと思います。僕は「4歳四天王」などと呼んでいますが、サトノクラウンを加えた4頭はとてつもないハイレベル。今年の競馬が楽しみになる1戦だったと思います。コラムでは『「得意の左手前を活かせる右回りで器勝負のドゥラメンテvsコース適性+距離抜群のリアルスティール」という構図。続いて中山はベストではないが、能力ならドゥラメンテリアルスティールサトノクラウンと並んで4歳四天王といえるアンビシャス』と、最初に名前を挙げた3頭での決着。良かったです。(中山記念のコラムはこちら

さて今週からいよいよクラシックのトライアルがスタート。
近年の弥生賞は、エピファネイアキズナといった後のGIホースが馬券圏外となったり、アダムスピークシャイニングレイといった1番人気馬も敗れるなど波乱も起こりやすいレースとなっています。しかし、今年のクラシック世代は現4歳世代に負けず劣らずの超ハイレベルだと思っていて、波乱は考えにくいというのが結論です。

●器の違いで
リオンディーズはNureyev≒Sadler’s Wells4×3、Buckpasser6×6などパワー寄りのクロスを持っており500キロ近いガチッとした馬体ですが、母父スペシャルウィーク、父キングカメハメハの持つMill ReefやNijinskyで3代母父Habitatの血を増幅させているので、やはり母シーザリオ、兄エピファネイアのように雄大なフットワークから末脚を繰り出します。パワー型でダート馬に出てもおかしくないであろう配合から、こういうタイプを輩出できる母シーザリオの、更に突き詰めれば3代母父Habitatの遺伝力の強さを感じます。完全なエアスピネルの勝ちパターンを、能力だけで差し切った朝日杯は後世に語り継がれるであろう衝撃のパフォーマンスでした。
また、朝日杯は右手前1本で差し切ってしまったということも驚きです。もしリオンディーズが、ドゥラメンテとは反対に右手前が得意ということであれば、道中右手前を温存できる左回り(ダービー)ではどれほどのパフォーマンスを出して来るのか。想像すると恐ろしささえ覚えます。
ここは2000mへの距離延長は大歓迎、一歩が大きな馬なので、内回りという点で他のコーナリングの上手い馬とのハンデはありますが、それは先週のドゥラメンテも同じでした。能力の違いで差し切ってくれるのではないかと思っています。

●何でもできる万能性
マカヒキは柔らかさを伝えるディープインパクトに対して、パワーとRoyal Cherger(≒Nasrullah)、Princequilloを供給できるという点から成功しているディープインパクト×フレンチデピュティという配合。母母父Rainbow Coner→母父フレンチデピュティ→ディープインパクトと3代に渡りNasrullahとPrincequilloを継続して配合されており、走って当然といえる配合です。また、サトノダイヤモンドと同じくサザンヘイローを通じるHaloのクロスを持っているため、コーナリングもスムーズで競馬が上手というのが長所。リオンディーズを「距離A」「コース適性B」とするならば、マカヒキは「距離A」「コース適性A」で、器で挑むリオンディーズに対してこちらは万能性で挑むといったイメージです。弥生賞とは直接関係ありませんが、内目有利の馬場状態となることが多いダービーを考えると、マカヒキのような器用さは武器になりますよね。

コディーノのように
エアスピネルはBold RulerやTudor Minstrelのスピードを伝えるアイドリームドアドリームの牝系で、この牝系は器用さがあるのでエアシャカール皐月賞)やエアメサイア秋華賞)やエアシェイディ有馬記念2年連続3着など)、エアアンセム(ホープフルS)など内回りでの好走が目立ちます。本馬も小刻みなピッチ走法で走るのでコーナリングは抜群に巧く、外回り<内回りであることは間違いないでしょう。(距離は合っていたとはいえ、コーナリングの上手さを活かせない外回りのマイル戦だった朝日杯で3着以下を6馬身離したパフォーマンスを見ると、もし中山マイルの朝日杯だったら楽勝だったはずなのです。それを距離不足ながら右手前一本で差し切るリオンディーズはどれほどの馬なのでしょうか。)
いかにもコディーノとイメージが被り、弥生賞や皐月賞は完成度と立ち回りの巧さで好走は可能、しかし距離が若干長いので勝ち切るのは厳しいといったところでしょうか。「距離B」「コース適性A」というイメージです。

●パワー&スタミナ
寒竹賞を制したタイセイサミットは、先週の阪急杯に出走していたミッキーラブソング(母コウイタ)やオメガヴェンデッタ(母ビハインドザマスク)らと同じ3代母ヴァインゴールドの牝系。この牝系は短距離を走るためのパワーを伝える牝系ですが、ドクターデヴィアスを経由すると、叔父ベールドインパクトのようにスタミナも受け継ぐ馬も出現しています。本馬がダイワメジャー×エンドスウィープという字面ながら2000mの500万を勝利したというのはこのスタミナが伝わっているからでしょう。分かりやすい言葉を使えば「バテない」、「長く良い脚を使える」タイプで、エアスピネルのスタミナが尽きたところにチョコッと差して3着、そんなイメージがあります。エアレーションで差しが決まりやすい馬場状態も合っているでしょう。

●珍しいクロスで、舞台は合っている
イマジンザットは、共同通信杯を制したショウナンアルバの半弟で、父がディープインパクトなのでQueen’s Hussar5×4という珍しいクロスができます。Queen’s HussarはFair Trial3×3、Fair Trialは優れたスピードや曲飛を伝えるので中山2000m替わりは歓迎でしょう。能力的には3強に及びませんが、コースは合っています。

●完成度の高さで
連闘で挑むアドマイヤエイカンは、フサイチエアデールライラプスフサイチエアデールなど早期から活躍できるパワーを伝えるラスティックベルの牝系で、本馬も2歳夏に重賞を制しました。好枠を引きましたし、この時期のレースでの「完成度」は侮れません。

【まとめ】
やはり、「中山はベストではないものの、器で勝負」のリオンディーズと、「器用で何でもできる」マカヒキの一騎打ちが濃厚。そこに距離は不安も、コーナリングが抜群に巧いエアスピネルと、タイセイサミットイマジンザットの2頭がどこまで加われるか。



----------

「うまカレ」とは、競馬の魅力を同世代を中心に発信していこう、競馬界を若い力で持ち上げようと、関東の競馬を愛する大学生が集まり6年前に結成された学生団体です。テレビ出演や、フリーペーパー制作など様々な活動をしています。詳しくは以下のブログやSNSをご覧ください。

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
Twitter  https://twitter.com/derby6_1
ブログ http://derby6-1.hatenablog.com/


執筆者:うまカレ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

2016年3月2日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 ~第341話弥生賞(謎解き編)
閲覧 1,532ビュー コメント 0 ナイス 5

第341話 「弥生賞」


11年 36.3-50.0-34.7 =2.01.0 ▼4▼6△5 瞬発戦
12年 36.2-52.3-35.4 =2.03.9 ▼4▼4△5 平坦戦 稍重
13年 36.5-49.3-35.2 =2.01.0 ▼1▼2△8 平坦戦
14年 35.6-49.4-36.4 =2.01.4 △4▼4△3 平坦戦
15年 36.2-49.2-36.4 =2.01.8 ±0▼2△5 平坦戦 稍重

近年は平坦戦がスタンダードになってきた弥生賞。
しかし、やはりトライアルではあるので本番に向けてダメージは残したくない。
なので前半はゆったり流れて後半の1000mでレースをする、というイメージの内容でいいと思います。
過去5年では前半1000mが後半1000mよりも1~2秒程度遅くなっています。
(ちなみに皐月賞ではもちろん年よって違いますが平均すれば前半の方が速くなっています)
つまり、このレースでは瞬発力よりは先行力と小回り適性が重要になってくると思われます。
2着3着になると差し馬も十分届きますが過去5年の勝ち馬は4コーナー5番以内のポジションにいました。
但し、予想する上で問題となるのは今まで差し馬だったからといって今回も差しとは限らないということ。
実際、サダムパテックカミノタサハラサトノクラウンの勝ち馬は前走では差しでのポジションでした。
前半スローで流れる分、前に行こうと思えば行けるのもポイントでしょう。

過去5年の連対馬を並べてみます。

1着馬
サダムパテック  【瞬2平1消0】
コスモオオゾラ  【瞬3平0消0】
カミノタサハラ  【瞬2平0消0】
トゥザワールド  【瞬2平2消0】
サトノクラウン  【瞬2平0消0】
2着馬
プレイ      【瞬4平1消0】
トリップ     【瞬2平0消0】
ミヤジタイガ   【瞬1平1消0】
ワンアンドオンリー【瞬4平0消0】
ブライトエンブレム【瞬1平1消0】

そして4着以下に敗退した馬には
ウインバリアシオン【瞬1平1消0】
フェノーメノ   【瞬2平0消0】
エピファネイア  【瞬2平1消0】
キズナ      【瞬2平0消0】
などがいます。
トゥザワールドワンアンドオンリーといった馬もいますがその後春のクラシック(特にダービーで)馬券になりそうな馬は弥生賞では敗退しやすいと思った方がいいかもしれません。

今年ははっきりいって3強のレース。
これで他のレースに流れた有力馬も多いんじゃないでしょうか?
それほど3強とその他では現状差があるメンバー構成だと思います。

エアスピネル
先行力と瞬発力を兼ね備えた馬。
抜け出す時の脚はかなりのモノで前走朝日杯FSリオンディーズに負けはしましたが3着馬には4馬身離しての2着で悲観する内容ではなかったでしょう。
最後で差されたのは馬の強さもあるかもしれませんが適性の差ということも十分考えられます。
エアスピネルは母エアメサイヤ、母母がエアデジャヴーで本質的には小回り向きと思えます。
舞台は中山となればここはリオンディーズと着順が逆になるかも。

マカヒキ
2戦2勝のディープ産駒でノーステッキでまだ本気度100%の走りをしたことがない大器。
相手強化、京都以外は初めて、と課題はあるものの難なく突破出来る可能性は十分あります。
中山も問題ないと思いますがどちらかといえばダービー向きの馬なので上記の傾向からすればここは負けてもOKかも。
ディープ産駒は弥生賞では1-0-2-8(複勝率27.3%)とデータ的にはイマイチです。
とはいえここで賞金加算出来なかったらダービーに出走出来なくなる可能性もあるので春盛り上がるためにもここは上位を期待したいところ。
それよりこの馬の最大の問題は本番で騎乗する騎手が決まっていないことでしょうね。

リオンディーズ
エピファネイアに負けず劣らずダイナミックな素質馬。
前走朝日杯FSはミルコらしい豪快な差し切りで2戦2勝でGⅠ奪取。
但し、同じ中山2000mでも皐月賞>弥生賞という適性で前走後方一気というレース内容も弥生賞に限ってはマイナス材料。
成長力とは馬の調子などは不明ですが昨秋に中山2000mでレースをすればエアスピネルより着順は下だったと思います。
適性とはそういうことですから。

日曜雨予報で馬場次第ではタイセイサミットが一角と崩す可能性もありますがとりあえずやっぱりこの3頭で。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
エアスピネルマカヒキリオンディーズ

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2015年12月16日(水) 20:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 ~第335話朝日杯FS(謎解き編)
閲覧 1,731ビュー コメント 0 ナイス 3

第335話 「朝日杯FS


14年 34.9-24.9-36.1 =1.35.9 ▼3▼9△13 瞬発戦 稍重

朝日杯FSが阪神芝1600mコースで開催されるのは今年で2回目。
昨年は稍重で時計が掛かる馬場コンディション。
テン速めで中団は脚を溜めて▼3▼9の加速が生じた瞬発戦となっています。
上りが36.1秒と掛かったこともありどちらかといえば差し馬有利の展開だったと思われます。
その中で逃げたアクティブミノルは5着と踏ん張り、中団前めのクラリティスカイは3着と健闘。
この2頭以外は8着までが3コーナー10番手以下の馬だった、という展開の有利差はあったでしょう。
ちなみにアクティブミノルはその後1400m以下のレースでは1-1-0-1で流石にスプリンターズSでは9着と敗退しましたが重賞で穴を開ける活躍をみせています。
クラリティスカイNHKマイルを勝利してGⅠ馬になりました。
では昨年の1~3着馬のラップギアを見てみましょう。

ダノンプラチナ  【瞬3平0消0】▼5▼1△9 ▼15▼3△3 ▼5▼5±0
アルマワイオリ  【瞬2平0消0】▼2▼6△2 ▼ 5▼7△2
クラリティスカイ 【瞬3平0消0】▼8±0△4 ▼ 5▼3△2 △1▼8△4

瞬発戦実績、連続加速実績の2つが上位3頭にはありました。
あとの共通点は
・500万下以上クラスの瞬発戦で勝利経験あり
・前走1600m戦出走
ぐらいでしょうか。
昨年の1レースのみで傾向を決め付けるのは危険かもしれませんが…。
今年の登録馬では
エアスピネルシュウジ
の2頭が該当します。

シュウジは1600mの中京2歳Sで圧勝しながら適性があると言って出走した1200mの小倉2歳Sでも圧勝。
前走は再度1600mに戻ってのデイリー杯は2着にはなったがエアスピネルには3馬身半も引き離されてしまいました。
そのデイリー杯は逃げたのがシュウジでスローの瞬発戦で前有利の展開。
今回は舞台が急坂のある阪神1600mコースに変わるので距離適性を考えるとエアスピネルシュウジの差は更に広がる気がします。

ではエアスピネルに対抗可能な馬は?というと筆頭はイモータルでしょう。
前走のサウジアラビアロイヤルCではハナ差届かず2着でしたが追い出しのところがスムーズなら逆転していた可能性も十分あります。
ムーアJに乗り替わりの予定でしたが騎乗停止で乗れない可能性もあってそこが不安でしょうか。
もう1頭はエピファネイアの半弟リオンディーズ
京都芝2000mコースを▼10▼7▼1で完勝。
エピファネイアは1800mの新馬戦以降は全て2000m以上のレースに出走しました。
リオンディーズは父がキンカメに変わりましたが距離適性はそれほど大きくは変わらないのではないかと思っているので1600mという距離が今回は課題になると思われます。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
エアスピネルイモータルリオンディーズ
う~む、これといった穴馬が見つからず…。

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2015年5月27日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 ~第320話日本ダービー(謎解き編)
閲覧 543ビュー コメント 0 ナイス 5

第320話 「日本ダービー


10年 36.1-39.0-38.4-33.4 =2.26.9 ▼11▼8△5 瞬発戦
11年 36.8-38.6-38.6-36.5 =2.30.5 ▼ 3▼1▼2 平坦戦 不良
12年 35.6-35.2-36.9-36.1 =2.23.8 ▼ 6△3△4 瞬発戦
13年 35.0-37.2-36.9-35.2 =2.24.3 ▼ 3△1△2 平坦戦
14年 34.9-36.8-36.8-34.4 =2.24.6 ▼ 6▼5△6 瞬発戦

コース適性【瞬8平2消0】の瞬発コースといえど過去5年で2回も平坦戦となっています。
距離が2400mもあると騎手の思惑一つでどうにでもなるし馬が引っ掛かってハイペースということも考えられます。
ましてや競馬界での最高峰日本ダービーです。
人気薄でも逃げれば何とか目があるかもと思っても不思議はないでしょう。
と考えると10年のドスロー瞬発戦は例外中の例外かもしれません。
ラップ的に共通してるのは直線に入って最大加速が生じていること。
525.9mの直線勝負。これが日本ダービーです。
なので何が一番重要かと言われれば「やっぱり瞬発力」ということになります。
レースでの上り別成績は

1位  2-1-0 -3 勝率33.3% 連対率50.0% 複勝率50.0%
2位  2-1-0- 1 勝率50.0% 連対率75.0% 複勝率75.0%
3位  0-2-0- 7 勝率 0.0% 連対率22.2% 複勝率22.2%
~5位 0-0-3- 6 勝率 0.0% 連対率 0.0% 複勝率33.3%
6位~ 1-1-2-54 勝率 1.7% 連対率 3.4% 複勝率 6.9%

となっていてやはり上り上位の馬=着順上位の馬という結果になっています。
上り4位以下で連対した馬は過去5年ではディープブリランテイスラボニータの2頭だけ。
皐月賞で先行して3着以内という実績があった馬でした。
ちなみに皐月賞で先行して3着以内だった馬は過去10年でみても
メイショウサムソンサンツェッペリンディープブリランテエピファネイアトゥザワールドイスラボニータ
の6頭でダービーでも勝ち負けした馬が多いです。
それだけ皐月賞で先行して馬券になるということは馬に力があるという証拠でしょう。
では過去5年の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
エイシンフラッシュ 【瞬3平0消0】▼ 2▼10± 0 ▼ 8▼ 7△ 4
オルフェーヴル   【瞬3平2消0】▼ 9▼ 1△ 1 ▼10▼12△ 9
ディープブリランテ 【瞬3平1消0】▼12△ 1△ 7 ▼10▼ 7△ 7
キズナ       【瞬2平2消0】▼ 1▼ 8▼ 1 ▼ 7▼ 5▼ 2
ワンアンドオンリー 【瞬4平1消0】▼ 9± 0△ 5 ▼10▼10△10
2着馬
ローズキングダム  【瞬3平0消0】± 0▼ 6▼ 1 ▼13▼ 2△ 6
ウインバリアシオン 【瞬2平1消0】▼ 8▼ 2△ 6 ▼ 9▼16△11
フェノーメノ    【瞬3平0消0】▼ 5▼ 4△ 9 ▼13▼ 5△ 3
エピファネイア   【瞬2平2消0】▼ 5▼ 5△10 ▼10▼ 3▼ 2
イスラボニータ   【瞬4平2消0】▼ 4△ 1△13 ▼18▼ 9△ 5

昨年のコラムでも指摘していますが瞬発力がポイントのレースになるので
・瞬発戦実績
・▼10以上の加速実績
・1800m以上の距離での重賞勝利経験
・近年は平坦戦実績もあった方がベター
のファクターが重要です。
1800m以上の重賞勝利経験は馬の格とある程度のスタミナという点が挙げられます。

今年の登録メンバーで全ての条件をクリアしているのは
サトノクラウンドゥラメンテリアルスティール
の3頭です。
次点では
キタサンブラックサトノラーゼンベルラップミュゼエイリアンレーヴミストラル
辺りか。
まぁ、やっぱりその3頭なのねという印象。

これらに食い込みそうな穴馬はやっぱり
1~2枠の内枠の馬でしょう。
過去5年で6番人気以下の人気薄で馬券になったのは6頭いますがそのうちの4頭は1~2枠の馬でした。
基本人気馬が中心となるレースですが上記に挙げた中で内枠を引いた馬が穴候補になるかと思われます。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
リアルスティールドゥラメンテサトノクラウン
枠順が分からない段階ではこう打ちます。
平坦戦だった皐月賞ドゥラメンテの圧勝でしたが舞台は東京に替わってギアチェンジ能力がポイントになるはず。
今回スロー気味に流れればリアルスティールが再逆転すると思います。
さぁ、ユーイチ!そろそろ出番だぞ!

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2014年12月30日(火) 15:45 【ウマニティ】
先週の回顧~サウスプロが週末回収率195%、収支プラス44万の爆勝!
閲覧 426ビュー コメント 0 ナイス 11

先週は、28(日)に中山競馬場でG1有馬記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
GI有馬記念ゴールドシップが3.5倍で1番人気、2番人気がエピファネイアで4.0倍、3番人気ジャスタウェイ4.6倍、4番人気ジェンティルドンナ8.7倍とここまでが10倍を切って上位人気を形成しました。
 
注目のスタートはメイショウマンボがやや立ち遅れる中、内から押しながらヴィルシーナがハナを主張します。直後にジェンティルドンナ、外からはエピファネイアも顔を覗かせます。続いてラキシストゥザワールドトーセンラーと先行集団を形成。中団からはゴールドシップワンアンドオンリーフェノーメノジャスタウェイラストインパクトサトノノブレスと追走。後方からはウインバリアシオンオーシャンブルーデニムアンドルビーと追走して、最後方にメイショウマンボといった態勢。
 
各馬折り合いながらホームストレッチを通過し、前半の1000m通過は1分3秒0(参考タイム)のゆったりとした流れ。各馬大きな動きもなく向こう上面から3コーナーへ差し掛かります。ここで人気の一角、ゴールドシップが外から動き出すと続いてウインバリアシオンジャスタウェイと後方グループが動き出し、4コーナーで馬群がひと塊となって直線コースへ入ります。
 
ここで2番手を追走していたエピファネイアが先頭に躍り出てリードは1馬身、続いて中からジェンティルドンナラキシス、外からはゴールドシップウインバリアシオンが追い込んできます。残り200mを通過するとジェンティルドンナエピファネイアに並びかけ、2頭の激しい叩き合いに。ここでウインバリアシオンは後退し、外からはゴールドシップ、ようやくエンジンかかったジャスタウェイも脚を伸ばしてきます。ラスト100m過ぎ、エピファネイアを競り負かしたジェンティルドンナが先頭に立つと内で脚を溜めていたトゥザワールドが強襲、外からはゴールドシップジャスタウェイも猛追しますが、2着争いまで。ジェンティルドンナが2着トゥザワールドに3/4馬身差をつけて見事、ラストランを有終の美で飾りました!勝ちタイムは2分35秒3。2着トゥザワールドからハナ差の3着にはゴールドシップが入っています。
  
公認プロ予想家の中では、山崎エリカプロ、蒼馬久一郎プロが的中しています。
  
☆☆☆注目プロ →サウスプロ
28(日)阪神3Rで◎ブロウユアマインドから馬連3点勝負!201.7倍を3300円的中させ、66万5610円を払い戻しました!この他にも27(土)中山11Rで◎マスクトヒーローノースショアビーチの馬連10.7倍を的中させ、10万7000円を払い戻しました!週末トータル回収率195%、収支プラス44万8280円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →きいいろプロ
27(土)中山7Rで▲○の馬連81.1倍を3000円的中させ、24万3300円を払い戻し!28(日)阪神12Rでも◎コーリンベリーニシケンモノノフの馬連を的中させ、16万5300円を払い戻し!週末トータル回収率124%、収支プラス11万7100円の好成績を収めました。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
28(日)中山9RホープフルステークスGIIで『今年の2歳新馬戦で最もインパクトのある勝ち方をしたのはこの馬』と評した◎シャイニングレイからの単勝、馬連、ワイドを的中させ、7万6740円を払い戻しました。この他にも27(土)阪神12Rでの◎△○の本線的中!この他のレースでもコンスタントに的中を重ね、週末トータル的中率39%、回収率119%、収支プラス4万2750円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →河内一秀プロ
28(日)中山2Rで◎△○の本線的中!単勝6倍を1700円、3連複609.1倍を200円的中させ、13万2020円を払い戻しました。週末トータル的中率31%、回収率112%を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →kmプロ
27(土)中山7Rで単勝32.5倍の伏兵◎ハタノヴォラーレを本命に抜擢!単勝1万円を1点買いで的中させ、32万5000円のスマッシュヒットとなりました!
 
この他にもシムーンプロ(125%)、馬っしぐらプロ(116%)、dream1002プロ(102%)が週末トータル100%超えの活躍を見せています。
 
※全レースの結果速報はこちら
  
今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

エピファネイアの口コミ


口コミ一覧
閲覧 161ビュー コメント 0 ナイス 22

先週の日曜のメインから毎日王冠を回顧。
勝ったのは、ダノンキングリーでした。
スタートで後手を踏み後方からの競馬。
それでも鞍上の戸崎騎手は慌てることなく、じっくりと周りを見ながらの競馬でした。
直線を向いてもまだ後方でしたが、追い出されるとこれまで溜めていた力を爆発させるべく
前との差を一気に縮め、アエロリットとインディチャンプを捕らえると
突き放しました。着差は1馬身1/4差の完勝でした。
レコードに迫るタイムで勝ちでしたが、勝利ジョッキーインタビューでも
戸崎騎手は反省の弁を述べていましたね。
天皇賞秋の事を考えると今日の騎乗はどうかなと感じました。
天皇賞秋であのレースをすると勝てないと思います。
アーモンドアイ、サートゥルナーリア相手に出遅れて勝てるとは想像し難いですね。
それとパドックでの馬体の作りがギリギリの作りにも見えました。
プラス体重での出走かと思いましたが、プラスマイナス0でした。
本番に向けて少しでも体を増やして出走してほしいですね。
それでも東京二千はベストに近い条件なので良い状態で出走してほしいですね。


さて、今日の本題に入りたいと思います。今回は、凱旋門賞の結果を受けて。
先週の日曜日に凱旋門賞が行われました。
果敢に挑戦した日本馬の結果は
・キセキ;7着
・ブラストワンピース:11着
・フィエールマン:12着
でした。
キセキはスタートで後手を踏み本来の先行力が生かせませんでした。
ブラストワンピース、フィエールマンに至っては、
よそ行きの競馬(凱旋門賞用の)をしていた感じでしたね。
普段より2・3列前で競馬をしては最後の失速も致し方ないと思います。
(おそらく馬場を考慮しての位置取りだったとは思います)
結果は結果としてお疲れ様でした、と言いたいですね。
まずは無事に帰国してゆっくり休んで英気を養って元気な姿で、次走出走してほしいですね。
凱旋門賞に関するネットのコメントで
”どうせ負けるならダート馬を連れていったらどうだ”というのを見かけました。
欧州の力のいる芝(今回はかなり水分を含んだ芝でしたが)のことでの発言だとは思います。
そのコメントを見て以前、私が日記で、ルヴァンスレーヴについて
欧州の芝のレースで見てみたいと書いたのを思い出しました。
ただ距離は二千前後ででしたが・・・。
個人的には、シンボリクリスエス産駒なら可能性はなくもないと思います。
ダートで活躍する産駒もいますし、芝でもエピファネイアが芝のGⅠを勝っています。
エピファネイアが勝ったジャパンカップは強い内容でしたし。
もしかしたら洋芝適性があったかもしれませんね。
それでも今の日本の馬場の高速化とよりスピードと瞬発力に特化した
配合の産駒が主流の日本競馬では凱旋門賞を勝つのは厳しいかもしれませんね。


最後に、秋華賞について。現時点での私の注目馬は、コントラチェックですね。
(台風の影響で馬場の悪化具合にもよりますが・・・。)
前走のオークスは逃げず、番手の競馬で失速してしまいました。
持ち味が生かせない感じでした。乗り替わったレーン騎手が逃げが得意でなかったのかもしれませんね。
今回は、ルメール騎手(騎乗予定)に戻るのはプラスだと思います。
フラワーカップのようにマイペースで逃げることができれば
スピードを持続できると思います。
京都内回りコースなのもプラスだと思います。
あとは当日の馬体とパドックでの落ち着き具合だと思います。

 藤沢雄二 2019年6月23日() 00:25
残り4枠、埋まっちゃいました♪~第4回開札~
閲覧 95ビュー コメント 0 ナイス 18

第3回の開札が終わった時点で指名枠が4つ余っていて「埋めるにはまだまだ時間がかかりそう」とか言っていたのに、舌の根の乾かぬうちに翌週にはその4つが埋まっているのですから、一体どの口が?って話ですねw

まず1枠目の入札方針は「まだ残っている大駒候補」狙い。
16頭を確保した時点で関西馬の方が明らかに多い布陣になってきていたので、さしあたり藤沢和・堀・国枝といった美浦のビッグネームの残り物探しに着手したものの、情報的に飛びつきにくい馬ばかり。
ならば今度はベタに再度ディープインパクト産駒の洗い出しを…というところで引っ掛かったのがビジュアルショックの2017。
なんと中内田厩舎のディープインパクト牝馬が残っているではないか!

・ビジュアルショックの2017(牝・栗東/中内田)
競走馬名:(レッドルピナス)
父:ディープインパクト
母の父:Kingmambo
馬主:東京サラブレッドクラブ
生産牧場:社台F

近況を調べると「北海道の社台ファームで15-15までは乗っているが、背中に小さな腫瘤ができたためにペースダウン」と若干のネガティブな情報が出たところ。

スペシャルワールドでの入札を考えると進軍ラッパが吹かれたタイミングよりは多少のマイナス面が出ている時の方がむしろ好機だと思ったし、ペース的にも秋の京都1800mぐらいになりそうな進捗状況なら当方の補強方針にも合致する。
なので敢えての先制入札。ちゃんと情報をチェックしていれば、追いかけて入札するには難しいタイミングだし、手拍子で追い掛けるならそれはそのプレーヤーの主体性の無さが浮き彫りになるだけなので“リトマス試験紙”にはちょうどいい。

他のプレーヤーがそこまで考えてやっているかは知らんけど、結果的にディープインパクト産駒の牝馬を単独入札で確保できたのは良かったですね。
とりあえず全姉のブラックスビーチのようにスイートピーSぐらいに手が届けばと思っております。


そして金曜日の朝に入札したのが以下の3頭。
いずれも単独入札で確保できました。

・ライクザウインドの2017(牝・美浦/金成)
競走馬名:フランジヴェント
父:キンシャサノキセキ
母の父:Danehill
馬主:吉田勝己
生産牧場:ノーザンF

まずはライクザウインドの2017。
血統的には2週目の入札で落札できなかったハワイアンウインドの2017の叔母になります。

実はキンシャサノキセキ産駒の獲得賞金上位馬って、上位10頭は全て牡馬で20位まで広げても牝馬は3頭だけという牡馬偏重種牡馬なんですね。思っていたイメージとはだいぶ違う感じがします(^^;)
それでもなお牝馬のこの馬を指名したのはというと、実のところ1週前はこの馬の入札をスルーしていたんです。
というのも6月13日に函館入厩で29日の1200mだと急仕上げっぽい感じがしていたから。

ところが「30日の1200mをルメールで」という話が出てきたから様相一辺。
19日のウッドチップの追い切りも
67.5-52.3-38.3-12.7 馬なり
といい感じの時計が出ているので、これは新馬戦を勝つようなら函館2歳Sが見込めそうで、事前にそんな話は出ていないけどそこに賭ける価値はありそうかと。

来週の入札まで待っていたら争奪戦になっていたでしょうからいいタイミングで動けたかと思います。


・ヒストリックレディの2017(牡・美浦/厩舎未定)
競走馬名:(プチジュラシック)
父:エピファネイア
母の父:ネオユニヴァース
馬主:(不明)
生産牧場:ノーザンF

エピファネイア産駒をチェックしていた時にリストアップはしていたのだが、いかんせん情報不足で保留していたところ、上記フランジヴェントのゲート試験合格の日付を調べていた時に「6月7日に美浦でゲート試験に合格」していることに気がついて入札w
厩舎と馬主さんを把握していませんが、とにかくゲート試験に合格しているなら細かい話は抜きだ。おそらく馬主さんは吉田和美さんのような気はするが。

魅力的なのはやはり血統で、アンティックバリューの一族は“賞味期限”があるので早くから動けることが指名の絶対条件。体質の弱い馬が多いのでなかなか競走馬として形になるところまで辿り着けないケースが多いのだが、無事にデビューできればハープスターのような存在もいるわけで。だから6月7日にゲート試験に合格というのはかなりポジティブな材料。

あとはSadler's Wells≒Fairy King 4×4が底力につながってくれれば…というところですね。


・プライムアクトレスの2017(牝・美浦/戸田)
競走馬名:ステージアクトレス
父:ハービンジャー
母の父:エルコンドルパサー
馬主:大谷正嗣
生産牧場:社台F

20頭目はハービンジャー産駒の牝馬をチョイス。
どうやら札幌デビューを目標にしていて、名牝系の一つであるモデルスポートの一族というのも惹かれた一因ですね。
馬主が大谷さんなので、やはり大谷翔平選手が活躍すればサイン馬券のおこぼれにあずかれるかもという邪な考え方も少々w


紆余曲折を経て今シーズンの20頭が決まりました。この先は余程のことがない限りは入れ替えはいたしません。
この20頭を得るのに39頭に入札したことになるのですが、半数を弾かれた(他のプレーヤーに持っていかれて)のは却ってよかったんじゃないかというデータもあって、もし今週(6月4週目)までにデビューした馬をスムーズに取れていれば【1-0-1-4】という数字だっただけでなくデビュー予定が先延ばしになった馬が3頭もいて、もしそうなっていたらかなり頭を抱える展開になっていたと思われます。
そう思えば現状は【0-0-0-2】ですが、まだ先々に楽しみが残っているので精神的には明るいですw

来週の中京開催からはデビューが続くので、そこでそれなりのスコアメイクができますように。

[もっと見る]

 ムーンシュタイナー 2019年6月16日() 08:26
19-20 POG 備忘(人気馬、獲れなかった馬評価)⑩
閲覧 227ビュー コメント 0 ナイス 6

■ルリアン(キズナ×フレンチバレリーナ)
牡馬 リストアップせず。
キズナ産駒はかなり筋肉質に出るタイプが多く、
極端な話、リアルインパクト産駒に近いイメージ。
米血中心だと短距離か下手をするとダート馬のイメージで
欧州血統との組み合わせの方が中距離走れるかと。
この馬は母母はバレークイーンなので問題ないと思うけど
母父のフレンチデピュティが強く出ている気もして
今年はこのタイプは様子見としてみた。
悪い雰囲気はない。

■パイネ(ディープインパクト×ミスアンコール)
牝馬 リストアップせず
ワグネリアンの下で育成は出来はいいよと。
ただどうしても馬体の無さはしょうがないみたいで
大きくならないとも。
それでも指名すす価値はありますが、
競合するのにこのサイズは割に合わないかなという感覚。

■アルムブラスト(リアルインパクト×ヴァンフレーシュ)
牡馬 一次リストアップ
色々なPOGで人気の高かった一頭。
元々見栄えのする馬体だが、ここにきて一段と良化。
調教もよく、当然走ってくると思う。
リアルインパクトは新種牡馬の中でも速攻系として
注目してみたものの、縁がなかった。

■クラヴェル(エピファネイア×ディアデラマドレ)
牝馬 リストアップせず
新種牡馬ではエピファネイアを一番注目していたが、
ロベルト系であることを考えて牝馬は軽視した。
この馬は初仔でもあり、遅そうな情報もあったので
リストアップせず。

■ソードライン(ジャスタウェイ×メジロジェニファー)
牡馬 一次リストアップ
セリの際にジャスタウェイ産駒では最高の馬体、と
呼び声高かったが、そのまま成長して馬格もしっかり。
金子さんの馬でもあり、今年はどこでも人気していた。
ただ食いが悪く、腹が上がり目。
そのあたりを探ってみると、やはり苦労しているそう。
堀厩舎ということもあり、このタイプは一戦必勝、
滅茶苦茶上手くいって重賞勝ち含む3戦3勝という感じか。
リスクが多い割には競合が多くなるとみて、
最終リストアップせず。

■エレガントチャーム(ルーラー×オリエントチャーム)
牝馬 リストアップせず
魅力的な配合であるものの、あまり良い話は聞かず。
馬体・気性的なもの、どちらもやや不安は抱えている。
様子見したいが、すでに入厩しているし一発あるか。

[もっと見る]

⇒もっと見る

エピファネイアの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

エピファネイアの写真

エピファネイア

エピファネイアの厩舎情報 VIP

2014年12月28日有馬記念 G15着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

エピファネイアの取材メモ VIP

2014年12月28日 有馬記念 G1 5着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。