会員登録はこちら
ヴィクトリアマイル G1   日程:2018年5月13日() 15:40 東京/芝1600m

レース結果

ヴィクトリアマイル G1

2018年5月13日() 東京/芝1600m/18頭

本賞金:10,500万 4,200万 2,600万 1,600万 1,050万


レコード:1分31秒3
天候:
馬場:稍重



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 2 4

ジュールポレール

牝5 55.0 幸英明  西園正都 460(-6) 1.32.3 19.4 8
2 8 16

リスグラシュー

牝4 55.0 武豊  矢作芳人 450(-2) 1.32.3 ハナ 4.3 1
3 3 6

レッドアヴァンセ

牝5 55.0 北村友一  音無秀孝 448(+4) 1.32.3 クビ 12.1 7
ラップタイム 12.4 - 11.3 - 11.5 - 11.6 - 11.5 - 11.1 - 11.2 - 11.7
前半 12.4 - 23.7 - 35.2 - 46.8 - 58.3
後半 57.1 - 45.5 - 34.0 - 22.9 - 11.7

■払戻金

単勝 4 1,940円 8番人気
複勝 4 400円 7番人気
16 170円 1番人気
6 350円 5番人気
枠連 2-8 2,780円 12番人気
馬連 4-16 4,090円 17番人気
ワイド 4-16 1,320円 14番人気
4-6 1,330円 15番人気
6-16 870円 5番人気
馬単 4-16 11,730円 41番人気
3連複 4-6-16 8,850円 23番人気
3連単 4-16-6 63,640円 193番人気

ヴィクトリアマイルのニュース&コラム

ヴィクトリアマイルVのジュールポレール、安田記念回避
 ヴィクトリアマイルでGI初制覇を飾ったジュールポレール(栗・西園、牝5)は、視野に入れていた安田記念を使わず、秋競馬に備えることになった。「安田記念は中2週になるので使わないことにしました」と西園調教師。同馬は18日、宮城・山元トレセンを経由して北海道・追分ファームリリーバレーに放牧に出される。秋は府中牝馬S(10月13日、東京、GII、芝1800メートル)をステップにマイルCS(11月18日、京都、GI、芝1600メートル)を目指す。★ジュールポレールの競走成績はこちら
2018年5月18日(金) 05:00

 610

【ヴィクトリア】ジュールポレール、重賞初VがGI初制覇!
 第13回ヴィクトリアマイル(13日、東京11R、GI、4歳上牝馬オープン国際(指)、定量、芝1600メートル、1着本賞金1億500万円 =出走18頭)幸英明騎乗で8番人気のジュールポレールが、ゴール前の大激戦を制した。昨年の3着馬で、重賞初制覇がGIとなった。タイム1分32秒3(稍重)。この後は安田記念(6月3日、東京、GI、芝1600メートル)が視野に入る。2着は1番人気のリスグラシュー、3着は7番人気のレッドアヴァンセ。連覇を狙ったアドマイヤリードは8着に敗れた。 大きな大きなハナ差だった。熾烈(しれつ)を極めた雨中での大接戦。ジュールポレールは先に抜け出したレッドアヴァンセを捕らえたものの、外からリスグラシューの急追を受け、鼻面をそろえてゴールした。 「はっきりいって、どっちが勝ったかわかりませんでした」 幸騎手はレース直後、半信半疑だったが、写真判定の結果、見事に昨年3着の雪辱を果たした。重賞挑戦5度目でつかんだ初Vはうれしい女王の座。「チャンスが何回かありながら、なかなか勝たせることができませんでした。GIを勝ててうれしいです」と喜びをかみしめた。 行き脚がつかず道中は8番手。想定よりやや後ろの位置にも「最後はいい脚を使ってくれるのがわかっていた」とジョッキーは冷静だった。じっと脚を温存し、抜群の手応えで直線へ。馬場のいい外めを通って一気の伸びを見せた。 前走のサンケイスポーツ杯阪神牝馬S(5着)で賞金加算に失敗した。賞金面での除外も心配されたが、登録はフルゲートにぴったりの18頭とツイていた。14戦中12戦でコンビを組んでいる幸騎手は「もともと能力は高く、少しかみ合えば大きいところを取れると思っていました。ちょうどいいくらいの雨も降って、きょうはすべてがかみ合いましたね」と“強運”を喜んだ。 西園調教師にとっては、半兄のサダムパテック(2012年マイルCS)以来のGI制覇。「最初から大きい仕事をしてくれると期待していましたが、脚部不安がなくなってしっかり仕上げられた。やっとお兄ちゃんの域に達したかな。これからもっと大きなレースに挑んでいきたい」と、ゆかりの血統での勝利に喜びもひとしおだった。 今後は安田記念が視野に入っている。フランス語で白夜という意味のジュールポレールが、明るい未来への第一歩を踏み出した。(斉藤弘樹)★13日東京11R「ヴィクトリアM」の着順&払戻金はこちら★アラカルト ◆きょうだいによるGI制覇 ジュールポレールは半兄サダムパテック(父フジキセキ、2012年マイルCS)に次ぐきょうだいでのGI制覇となった。きょうだい馬でのJRA・GI制覇は最近では姉ラキシス(14年エリザベス女王杯)、弟サトノアラジン(17年安田記念)=ともに父ディープインパクト=の例がある。 ◆幸英明騎手 JRA・GIは03年牝馬3冠(いずれもスティルインラブ)、08年高松宮記念(ファイングレイン)、14年チャンピオンズC(ホッコータルマエ)、17年高松宮記念(セイウンコウセイ)に次ぐ7勝目。 ◆西園正都調教師 JRA・GIは01年阪神JF(タムロチェリー)、10年マイルCS(エーシンフォワード)、12年マイルCS(サダムパテック)に次ぐ4勝目で、全てマイル戦。 ◆ディープインパクト産駒 13、14年ヴィルシーナに次ぐ3勝目。JRA・GIは42勝目。 ◆関西馬 6連勝での9勝目。関東馬は4勝。
2018年5月14日(月) 05:09

 1,115

【ヴィクトリア】またまた届かず…リス2着
 第13回ヴィクトリアマイル(13日、東京11R、GI、4歳上牝馬オープン国際(指)、定量、芝1600メートル、1着本賞金1億500万円 =出走18頭)またしても戴冠は成らず。1番人気リスグラシューは、中団後ろから上がり3ハロン最速の32秒9を繰り出したが、ハナ差届かず、GI4度目の2着に泣いた。 武豊騎手は「あそこまでいったら、勝ちたかった」と唇をかむ。「外枠でね。クリストフ(ルメール騎手=ソウルスターリング)の位置で競馬ができたらよかったんだけど…。枠の差が出たかな」と(16)番枠を嘆いた。 矢作調教師は「GI級の力があるのに、勝たせられないのは私の力不足。でも、馬はよく頑張った。まだ4歳春のハーツクライ産駒。もっと良くなる」と前を向く。この後は安田記念を視野。「牡馬相手でも勝負になる」と逆襲を誓った。★13日東京11R「ヴィクトリアM」の着順&払戻金はこちら
2018年5月14日(月) 05:06

 980

【ヴィクトリア】アドマイヤリード、連覇夢散8着
 第13回ヴィクトリアマイル(13日、東京11R、GI、4歳上牝馬オープン国際(指)、定量、芝1600メートル、1着本賞金1億500万円 =出走18頭)史上3頭目の連覇を狙った2番人気アドマイヤリードは8着。中団の内で勝ち馬を斜め前方に見ながらレースを進めたが、直線で追い出すと雨でぬかるむ馬場に苦しめられて、持ち味の瞬発力が生かせなかった。 「直線は思ったよりも伸びなかった。渋った馬場でもこなせると思ったが、きょうは馬場を気にしていた」とM・デムーロ騎手は肩を落とした。★13日東京11R「ヴィクトリアM」の着順&払戻金はこちら
2018年5月14日(月) 05:05

 755

ヴィクトリアマイルのニュースをもっと見る >

【ヴィクトリア】アエロリット坂路軽快!得意舞台でGI2勝目へ
 考え抜かれた木曜追いだ。GI2勝目を狙うアエロリットが、美浦坂路を軽やかに駆け上がった。 芦毛の才女は午前6時の開門直後に馬場入り。スタートの1Fを14秒3で入ると、外ラチ沿いを徐々にペースアップしていった。火曜、水曜と降りしきった雨の影響で馬場コンディションはかなり重くなっていたが、最後まで脚取りは乱れずに4F53秒9をマーク。馬なりながら、さすがのパワーを見せつけた。 「気持ち良く、涼しげに走っていました。リラックスしていたし、道中もいいフォームでした」と、自ら手綱を取った菊沢調教師は納得の表情。木曜追いにした理由は悪天候だけではなく、「古馬になってからの(調教後の)ダメージの戻りを判断して、ちょうどいいと思ったから」。最善を尽くそうとする意欲の表れだ。 舞台はNHKマイルCを勝っている東京芝1600メートル。「アエロリットにとってはだいぶプラスに働くはず。4歳になって思った以上に成長しているので楽しみ」。2番手から押し切った昨春同様、後続を完封するか。(夕刊フジ)★ヴィクトリアマイルの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年5月10日(木) 11:18

 1,488

【ヴィクトリア】厩舎の話
 アドマイヤリード・須貝調教師「去年よりデキはいいかもしれない。精神面も強くなってきた」 エテルナミノル・本田調教師「状態は変わりない。要はゲート。少しでも速く出てほしい」 カワキタエンカ・浜田調教師「間隔が詰まるので、気持ちを抜くイメージで調整している」 クインズミラーグロ・藤岡康騎手「ゲートが課題だが、動きは良かった。前走より上向き」 ジュールポレール・西園調教師「速い時計が出たのは好調の証し。去年からの成長を感じる」 ソウルスターリング・ルメール騎手「パワーアップ。折り合いを考えると後ろからがいいかも」 デアレガーロ・大竹調教師「いい状態。東京では地下馬道でイレ込んだが、成長した今なら」 デンコウアンジュ・加納助手「オーバーワークにならないよう調整。直線で外に出せれば」 ミスパンテール・昆調教師「左回りの調教では行きっぷりがいい。カチカチの良馬場が理想」 メイズオブオナー・福永騎手「折り合いは大丈夫。長く脚を使うので馬場は渋ったほうがいい」 ラビットラン・前川助手「もう少し距離があったほうがいいか。長い直線で末脚を生かしたい」 リエノテソーロ・吉田隼騎手「単走でサラッと。ここ数戦も力は出し切っていると思うが…」 リスグラシュー・矢作調教師「1週前に速い時計で負荷をかけた。昨秋から春の目標はここ」 レッツゴードンキ・梅田調教師「メンタル面を重視してソフト仕上げ。体はふっくらしている」 レッドアヴァンセ・北村友騎手「追い切りはすごく良かった。ベストの左回りのマイルなら」 レーヌミノル・本田調教師「叩き良化型で良くなっている。距離延長の影響は考えなくていい」 ワントゥワン・藤岡調教師「脚質的に展開ひとつ。最後はいい脚を使うので流れてほしい」(夕刊フジ)★ヴィクトリアマイルの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年5月10日(木) 11:17

 2,438

【ヴィクトリア】リスグラシューに武太鼓判!
 マイル女王を決めるヴィクトリアマイルの追い切りが9日、東西トレセンで行われた。滋賀・栗東トレセンでは、リスグラシュー(栗東・矢作厩舎、牝4歳)が、坂路での併せ馬で確かな伸びを見せ、体調の良さを誇示。悲願のGIタイトル奪取に向け、騎乗停止から3週ぶりに復帰する武豊騎手も手応え十分だ。 雨が上がった朝一番の栗東坂路を、リスグラシューが余力十分に駆け上がった。頂点に立つためにあえて力を温存。矢作調教師は納得の表情で切り出した。 「折り合い面を考えて馬の後ろで。折り合いは問題なかった。予定通り、指示通りにできた。以前に比べて明らかにトモ(後肢)が良くなっている」 僚馬エンパイアガール(500万下)の真後ろにつけて、序盤は折り合いに専念。うなるような手応えで直線に向くと、内から徐々に馬体を併せていく。雨の影響で水分をたっぷり含んだ不良馬場をものともせず、馬なりで加速して僚馬にクビ差先着でフィニッシュ。 長距離輸送とイレ込みやすい気性面を考慮して4ハロン54秒4-12秒2と全体時計は抑えめだが、理想的な右肩上がりのラップを刻んだ。1週前追い切りで4ハロン49秒9と2日の栗東坂路の一番時計をマークしていて、仕上がりは問題ない。調整役の岡助手は「やり過ぎず、やらなさ過ぎず、いい感じで気持ちが乗っています」と好気配を伝えた。 心強いパートナーも、戻ってくる。4月22日の京都競馬で斜行し、騎乗停止中だった武豊騎手が、今週末から復帰。「ワクワクしています」と笑顔の名手は、1週前追い切りにまたがり好感触をつかんでいる。「昨年の今ごろと比べると、力強くなってパワーアップした。もともと調教は動くタイプだけど、さらに動いている。先週はすごくいい動きで気持ちよさそうに走っていた」と成長ぶりに目を細めた。 前走のサンケイスポーツ杯阪神牝馬Sは、超スローペースに泣いたが、ラストはしっかり伸びて、勝ち馬とタイム差なしの3着。前哨戦として悲観することはなく、ひと叩きして筋肉の張りや毛づやが良くなった。東京マイル戦は、2歳時のアルテミスS、今年2月の東京新聞杯と、重賞を2勝した得意舞台だ。 武豊騎手は「昨年は惜しいレースが続いたので、今度こそという思いはある。このレースが一番、GIを勝つチャンスがある。力を出してGIウイナーにしてあげたい」と締めくくった。
2018年5月10日(木) 05:10

 2,430

【ヴィクトリア】リスグラシュー・武豊トーク
 --騎乗停止から3週ぶりに復帰する 「レースは見ていましたよ。乗れないのは悔しかったですけど、(1日で)36レースをじっくりとみる機会はなかなかないですからね」 --1週前追い切りに騎乗した感触は 「いい走りをしていて、タイムも思った以上に出ましたね。今週は乗っていないけど、調子はいいと思います」 --東京のマイル戦ではアルテミスS、東京新聞杯と重賞2勝している 「いろんな距離を走っているけど、マイルが一番合っていると思います。東京に行くとよりイレ込むけど、結果が出ていますからね」 --レースぶりも進化している 「スタートは相変わらず不安定ですけどね。3歳春は馬混みで少し体を硬くするところがあるけど、今年の2戦はそんなところがないですね」★ヴィクトリアマイルの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年5月10日(木) 05:09

 1,950

ヴィクトリアマイルの直前追い切り情報をもっと見る >

ヴィクトリアマイルの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

5月13日 15:38更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv115 
170円 1,700円
Lv112 
1,330円 66,500円
Lv107 
170円 17,000円
Lv106 
350円 5,250円
Lv105 

8,850円
4,090円
53,840円

的中情報をもっと見る >

ヴィクトリアマイル過去10年の結果

2017年5月14日() 東京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:稍重
2016年5月15日() 東京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
2015年5月17日() 東京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 ストレイトガール 戸崎圭太 1:31.9 14.1倍 104.1
2着 ケイアイエレガント 吉田豊 アタマ 47.4倍 104.1
3着 ミナレット 江田照男 1 3/4 291.8倍⑱ 101.8

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

ヴィクトリアマイルのデータ分析とレース傾向

コース図東京芝1600m

春のマイル女王決定戦であるヴィクトリアマイル。2013~2014年のヴィルシーナ、2016~2017年のストレイトガール(2015年3着で3年連続馬券圏内)と、2頭が連覇を達成。ほか、ウオッカ、ブエナビスタ、ホエールキャプチャなども複数回好走している。リピーターの出現率が高いレースであり、過去に当レースで好走経験があれば、それだけで有力な軸馬候補となる。年齢別では2008年以降、6勝を含む13連対の4歳勢が圧倒的に有利。連対を外した年は2015年の一度だけで、「リピーターVS4歳勢」の構図が強い一戦となっている。舞台となる東京1600mは長い直線が大きな特徴。半面、高速馬場になることも多く、その場合はスピードとキレのある瞬発力を併せ持つ馬が台頭する。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

ヴィクトリアマイルステップレース

2018年4月22日() 京都競馬場/芝1600m
天候: 馬場:
1着 5 サングレーザー 福永祐一 1:31.3 6.8倍 108.1
2着 9 モズアスコット C.ルメール 1 1/4 3.5倍 106.6
3着 4 エアスピネル 武豊 1/2 2.9倍 105.9
4着 2 ガリバルディ 和田竜二 152.6倍⑪ 102.1
5着 3 ベルキャニオン 藤岡佑介 クビ 113.0倍⑩ 101.3
2018年4月21日() 福島競馬場/芝1800m
天候: 馬場:
1着 7 キンショーユキヒメ 秋山真一郎 1:46.8 16.3倍 102.2
2着 4 カワキタエンカ 池添謙一 クビ 2.8倍 102.2
3着 12 デンコウアンジュ 蛯名正義 クビ 7.7倍 101.5
4着 5 トーセンビクトリー 田辺裕信 2 1/2 3.9倍 98.9
5着 3 レイホーロマンス 岩崎翼 3/4 5.7倍 98.2
2018年4月7日() 阪神競馬場/芝1600m
天候: 馬場:
1着 11 ミスパンテール 横山典弘 1:34.8 8.4倍 101.9
2着 10 レッドアヴァンセ 北村友一 アタマ 55.6倍 101.9
3着 3 リスグラシュー 武豊 クビ 2.4倍 101.9
4着 2 アドマイヤリード M.デムーロ クビ 6.6倍 101.2
5着 1 ジュールポレール 幸英明 1/2 12.0倍 100.4
2018年3月10日() 中山競馬場/芝1800m
天候: 馬場:稍重
1着 14 カワキタエンカ 池添謙一 1:49.0 8.2倍 101.1
2着 6 フロンテアクイーン 北村宏司 1/2 5.5倍 100.5
3着 10 レイホーロマンス 岩崎翼 1 1/2 18.8倍 99.2
4着 2 トーセンビクトリー 田辺裕信 アタマ 6.6倍 99.2
5着 12 ブラックオニキス 松岡正海 クビ 77.8倍 98.5

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

ヴィクトリアマイルの歴史と概要


2015、16年の優勝馬ストレイトガール

4歳以上牝馬の春の女王を決める一戦である。かつては古馬牝馬にとっての春の大目標がなかったが、このレースが誕生したことにより状況が一変。ローテーションの核ができあがった。記念すべき第1回(2006年)は、2年前の桜花賞ダンスインザムードがそのとき以来の勝利を挙げ復活。第4回(2009年)はウオッカ、第5回(2010年)はブエナビスタと、歴史的名牝に数えられる馬たちが力の違いを示し、第6回(2011年)は前年に“牝馬3冠”を獲得したアパパネが貫禄勝ち。G1の看板に恥じないレースに成長していった。リピーターが多いのも特徴で、第8~9回(2013~2014年)はヴィルシーナが、第10~11回(2015~2016年)はストレイトガールが、それぞれ連覇を達成。また、第2回(2007年)1着のコイウタ(12番人気)、第4回(2009年)2着のブラボーデイジー(11番人気)、第5回(2010年)3着のニシノブルームーン(11番人気)、第8回(2013年)2着のホエールキャプチャ(12番人気)、第9回(2014年)1着のヴィルシーナ(11番人気)、第10回(2015年)2着のケイアイエレガント(12番人気)、3着のミナレット(18番人気)、第12回(2017年)2着のデンコウアンジュ(11番人気)と、毎年のように2桁人気の伏兵が馬券に絡んでおり、「とにかく荒れるレース」と広く認知されている。

▼2014年はヴィルシーナが逃げ切って史上初の連覇を達成した。

歴史と概要をもっと見る >

ヴィクトリアマイルの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年8月19日(
札幌記念 G2
TV西日本北九州記念 G3

競馬番組表

2018年8月18日(
2回札幌1日目
2回新潟7日目
2回小倉7日目
2018年8月19日(
2回札幌2日目
2回新潟8日目
2回小倉8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る