グランアレグリア(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
グランアレグリア
グランアレグリア
グランアレグリア
グランアレグリア
グランアレグリア
グランアレグリア
グランアレグリア
グランアレグリア
グランアレグリア
グランアレグリア
グランアレグリア
グランアレグリア
グランアレグリア
グランアレグリア
グランアレグリア
グランアレグリア
写真一覧
現役 牝5 鹿毛 2016年1月24日生
調教師藤沢和雄(美浦)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績13戦[8-2-1-2]
総賞金90,188万円
収得賞金40,600万円
英字表記Gran Alegria
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
タピッツフライ
血統 ][ 産駒 ]
Tapit
Flying Marlin
兄弟 ブルトガング
前走 2021/06/06 安田記念 G1
次走予定

グランアレグリアの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
21/06/06 東京 11 安田記念 G1 芝1600 14451.512** 牝5 56.0 C.ルメー藤沢和雄 502
(+4)
1.31.7 0.032.9⑪⑪ダノンキングリー
21/05/16 東京 11 ヴィクトリア G1 芝1600 18361.311** 牝5 55.0 C.ルメー藤沢和雄 498
(+2)
1.31.0 -0.732.6⑨⑩ランブリングアレー
21/04/04 阪神 11 大阪杯 G1 芝2000 138122.824** 牝5 55.0 C.ルメー藤沢和雄 496
(-6)
2.02.5 0.937.4⑤⑤⑤レイパパレ
20/11/22 阪神 11 マイルCS G1 芝1600 17241.611** 牝4 55.0 C.ルメー藤沢和雄 502
(-2)
1.32.0 -0.133.2⑤⑤インディチャンプ
20/10/04 中山 11 スプリンター G1 芝1200 165102.211** 牝4 55.0 C.ルメー藤沢和雄 504
(+12)
1.08.3 -0.333.6⑮⑮ダノンスマッシュ
20/06/07 東京 11 安田記念 G1 芝1600 1471112.031** 牝4 56.0 池添謙一藤沢和雄 492
(+6)
1.31.6 -0.433.7⑧⑦アーモンドアイ
20/03/29 中京 11 高松宮記念 G1 芝1200 18484.122** 牝4 55.0 池添謙一藤沢和雄 486
(+12)
1.08.7 0.033.1⑬⑫モズスーパーフレア
19/12/21 阪神 11 阪神カップ G2 芝1400 18352.111** 牝3 54.0 C.ルメー藤沢和雄 474
(0)
1.19.4 -0.833.5⑧⑧フィアーノロマーノ
19/05/05 東京 11 NHKマイル G1 芝1600 18471.515** 牝3 55.0 C.ルメー藤沢和雄 474
(-2)
1.32.7 0.334.3④⑥アドマイヤマーズ
19/04/07 阪神 11 桜花賞 G1 芝1600 18483.421** 牝3 55.0 C.ルメー藤沢和雄 476
(-6)
1.32.7 -0.433.3シゲルピンクダイヤ
18/12/16 阪神 11 朝日杯FS G1 芝1600 15221.513** 牝2 54.0 C.ルメー藤沢和雄 482
(+6)
1.34.3 0.434.6アドマイヤマーズ
18/10/06 東京 11 サウジRC G3 芝1600 8441.311** 牝2 54.0 C.ルメー藤沢和雄 476
(+18)
1.34.0 -0.634.0ドゴール
18/06/03 東京 5 2歳新馬 芝1600 158141.811** 牝2 54.0 C.ルメー藤沢和雄 458
(--)
1.33.6 -0.333.5ダノンファンタジー

グランアレグリアの関連ニュース

 女傑が再び連勝街道を歩み出す。GIIなら、レイパパレで負けられない。

 前走・宝塚記念でデビューからの無傷連勝が“6”でストップ。クロノジェネシスに抵抗できずあっさりとかわされ、いったんは抜いたはずのユニコーンライオンにも差し返されての3着。コントレイルグランアレグリアをまったく寄せ付けなかった大阪杯の内容からすれば物足りなさが残った。

 それでも陣営は極めて前向きだ。「前走はスローの番手でもよく我慢できていた。GIで3着ですし、(距離は)十分こなしていると思います」と高野調教師。同じ芝2200メートルでも、GIIなら力が違うと言わんばかりだ。15年ショウナンパンドラ、昨年のセンテリュオと同じディープインパクト牝馬でこのレースを制している厩舎のノウハウも頼もしい。同距離のエリザベス女王杯に堂々と向かうためにも、ここできっちりと勝ち切ることが重要だ。

 充実の4歳秋を迎えての成長も大きい。「体質がしっかりして乗り込み量も増えている。カイ食いがいいし、馬体は10キロくらい大きくなっています。シルエットも良くなりました」と指揮官は胸を張る。

 これまでは坂路で単走のけいこが多かったが、15日、22日とOPライトウォーリアとみっちり併せ馬を消化できたのも体質強化の表れだろう。破竹のデビュー6連勝が本格化手前のものだったとすれば、どれだけ強くなるのか空恐ろしいほど。好天続きで時計の出やすい中山の馬場もプラスに出るはずで、本来のスピードを見せつければまず負けることはない。

 “究極の3連単”はレイパパレを1着に固定。最内枠からロスなく運べる牝馬のウインマリリンを2、3着に据えた12点で勝負する。(夕刊フジ)

産経賞オールカマーの枠順はこちら 調教タイムも掲載

【血統アナリシス】オールカマー2021 ディープインパクト牝駒が存在感を示す、ステイゴールドに所縁ある血統にも注目 NEW!2021年9月25日() 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はオールカマー2021・血統予想をお届けします!


昨年はディープインパクト産駒の5番人気センテリュオが勝利し、5歳にして重賞初制覇を達成。2着にも同産駒のカレンブーケドールが入線しており、勝ち馬とはハナ差の接戦だった。なお、ディープインパクト産駒は牡馬よりも牝馬の活躍が目立つ傾向にあり、昨年の1・2着馬ほか、15年にもショウナンパンドラが同種牡馬の牝駒として勝利している。

また、ステイゴールド系も毎年のように上位を賑わせており、12年ナカヤマナイト、19年スティッフェリオの直仔2頭が勝ち馬として名を連ねるだけでなく、前記ショウナンパンドラステイゴールドの姪にあたる続柄だった。

レイパパレは、父ディープインパクト×母シェルズレイ(母の父クロフネ)。今春にデビューから無傷の6連勝でG1の大阪杯を制しており、道悪馬場の巧拙の差が出たとはいえコントレイルグランアレグリアに4馬身以上の着差を付けているのだから価値が高い。母シェルズレイは06年にチューリップ賞とローズSで2着歴があり、マイラー気質な母系のスピードが本馬の楽に先行できる脚質にも表れている。前傾ラップの大阪杯を完勝しているように、持続力を問われるタフな展開も望むところだろう。

ランブリングアレーは、父ディープインパクト×母ブルーミングアレー(母の父シンボリクリスエス)。年明け緒戦の愛知杯で2着と好走すると、続く中山牝馬Sで宿願となっていた重賞制覇を果たしてみせた。G1初挑戦となった前走ヴィクトリアマイルでも10番人気2着と健闘しており、5歳になってからの躍進ぶりには目を見張るものがある。2200m以上の距離には初出走となるが、重賞勝ち含めて1800mでは「4-0-1-0」と底を見せていないことから非根幹距離適性の高さには気を配りたい。

ステイフーリッシュは、父ステイゴールド×母カウアイレーン(母の父キングカメハメハ)。本馬は昨年の3着馬となるが、近親グレイルも19年オールカマーで3着の実績を持つ。中山競馬場は勝利こそ挙げられていないものの、重賞ばかりを5戦して「0-2-2-1-0-0」と安定した成績を残している。また、芝2200mも「1-3-2-1-0-0」と最も得意とする距離。前走札幌記念は心房細動を発症したために競走中止となってしまったが、幸い一過性のものとのこと。高齢まで息の長い活躍をする父の産駒だけに前走の敗戦だけでは見限れない。


【血統予想からの注目馬】
レイパパレ ⑥ランブリングアレー ⑯ステイフーリッシュ

[もっと見る]

【血統アナリシス】神戸新聞杯2021 昨年はルーラーシップ産駒の伏兵が激走、上位人気のディープインパクト産駒も堅実 NEW!2021年9月25日() 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は神戸新聞杯2021・血統予想をお届けします!


今年は京都競馬場整備工事に伴う開催日割の変更があり、昨年に引き続き神戸新聞杯は中京芝2200mを舞台に行われる。直近3年以内の同コースにおける種牡馬成績は13勝を挙げるディープインパクトがトップとなるものの、好走率の観点からはルーラーシップハーツクライエピファネイアも引けを取らない。

なお、代替開催された昨年はディープインパクト産駒のコントレイルが1番人気に応えて後続に2馬身差をつける快勝。2着にはドリームジャーニー産駒の3番人気ヴェルトライゼンデ、3着にはルーラーシップ産駒の14番人気ローバートソンキーが入線するヒモ荒れの結果となっていた。ほか、神戸新聞杯東京優駿日本ダービー)と直結傾向にあるため、その世代の血統傾向を反映しやすいレースとも言えるだろう。

シャフリヤールは、父ディープインパクト×母ドバイマジェスティ(母の父Essence of Dubai)。17年皐月賞、19年大阪杯とG1を2勝したアルアインの全弟。本馬はアルアインと比較すると馬体重は70kg近く小柄となるが、その反面で全兄よりも瞬発力に秀でていることが特徴のひとつ。また、母の父は持続力に富むSeattle Slew系ということもあり、高速馬場でスピードを維持する力にも長けている。なお、父ディープインパクト×母の父A.P. Indy系という血統構成からはグランアレグリアも出ており、成長力にも期待できる血統と言えるだろう。

ワンダフルタウンは、父ルーラーシップ×母シーオブラブ(母の父ディープインパクト)。16年紫苑Sの勝ち馬ビッシュの甥にあたる血統。ルーラーシップディープインパクト、Acatenango、Bering、Tennyson、代々配されている種牡馬は中・長距離馬ばかりだが、それでいて未勝利をレコード勝ちしたスピードを持ち合わせていることが強みとなっている。なお、この父と母の父の配合からは17年菊花賞を制したキセキが出ており、やはり本馬もスタミナ勝負になったほうが持ち味を存分に活かせそうだ。


【血統予想からの注目馬】
シャフリヤール ②ワンダフルタウン

[もっと見る]

皐月賞馬エフフォーリアが来週中に美浦トレセン帰厩へ 2021年9月23日(木) 04:46

 皐月賞馬で日本ダービー2着のエフフォーリア(美・鹿戸、牡3)は、放牧先のノーザンファーム天栄から来週中に、GI5勝馬のグランアレグリア(美・藤沢和、牝5)も同牧場から29日に美浦トレセンへ帰厩。ともに天皇賞・秋(10月31日、東京、GI、芝2000メートル)に備える。

[もっと見る]

【オールカマー】ランブリングアレー持ったまま12秒0 2021年9月22日(水) 10:20

 栗東CWコースで単走。馬場の内めを回り、6ハロン82秒4、ラスト1ハロン12秒0を持ったままでマークした。中山牝馬Sを制し、続くヴィクトリアマイルグランアレグリアの2着。牡馬相手でも侮れない。

 ◆友道調教師「輸送もあるのでサッと。距離はこれくらいあったほうがいい。夏を越してひと回り体は大きくなった。いい競馬をしてエリザベス女王杯へ向かいたい」(夕刊フジ)



産経賞オールカマーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

世界ランク発表!グランアレグリアが牝馬最高11位タイ 2021年9月11日() 04:50

 10日、IFHA(国際競馬統括機関連盟)が「ロンジンワールドベストレースホースランキング」を発表。今年1月1日から9月5日までの世界の主要レースが対象で、1位は127ポンドでアダイヤー(英=C・アップルビー、牡3)、セントマークスバシリカ(愛=A・オブライエン、牡3)、ミシュリフ(英=J・ゴスデン、牡4)の3頭。日本馬の掲載は5頭で、グランアレグリア(美・藤沢和、牝5)が121ポンドで牝馬最高の11位タイ。詳細はIFHAホームページで。

[もっと見る]

⇒もっと見る

グランアレグリアの関連コラム

閲覧 1,174ビュー コメント 0 ナイス 1



安田記念オークス~ダービー週に引き続き外が伸びる馬場の中で行われ、外枠から折り合って運んだ伏兵・ダノンキングリーが差し切り勝ち。断然の支持を集めたグランアレグリアは僅かに及ばず2着に敗れた。枠順の差が明暗を分けた形だ。

期待した◎シュネルマイスターは外から伸びたものの3着まで。あと一歩だったが、3歳勢の中でも決して突出した存在ではなかった同馬がグランアレグリアなどチャンピオン級と接戦に持ち込んだことは、改めて3歳馬有利を証明したとも言えそうだ。来年以降、さらに3歳馬の挑戦が増えることを期待したい。

~狙いは東京芝短距離戦

さて、先週は週末に向けての準備の大事さを書いたが、私にとって最大の準備は「週末の狙いどころを定めること」であり、もう少し具体的に書くと「狙うべき競馬場・コースを定めること」である。

今週末は札幌競馬が開幕するが、東京&中京は引き続き続戦。そこで、馬場が読めそうな東京芝を今週も狙いたい。

東京芝は日本ダービー週にCコースになったが、外有利が続いている。展開により外先行、外差しと様々だが、基本的に内枠の先行馬は厳しい。もちろん例外もあるが、頭数が揃えばやはり外が有利。馬場が全面的に荒れて来ると外も荒れて来るため結局インが有利…のようなケースもあるのだが、まだその段階には至っていない。

こういった馬場の場合、特にコーナー2回コースの方が馬場の影響を受けやすく、向こう正面を走る距離が短い舞台の方が、より顕著な傾向が出る。東京芝コースで言えば、芝1800mよりも1600mや1400mの方が狙いやすい。

というわけで、今週末も東京芝1400m~1600mを引き続き狙いたい。該当レースは下記の通り。

土曜東京5R 芝1400m
土曜東京8R 芝1600m
土曜東京10R 芝1600m
日曜東京4R 芝1400m
日曜東京6R 芝1600m
日曜東京12R 芝1600m

以上6レースの中から、狙いを定めて行くつもりだ。

エプソムカップの注目馬

今週末はG1ひと休み、東京競馬場ではエプソムカップが行われる。前述通り今の荒れて来ている馬場状態もポイントになりそうだ。ココでは注目馬を一頭挙げておきたい。

ザダル

今季初戦となるが昨年の毎日王冠では5着とまずまずの結果を残した。もともと重賞でも通用する素質を秘めた馬で、本質的には2000mの方が良さそうだが、今の荒れて来て差しが届く状況なら1800mも問題ないだろう。5歳馬だがキャリアは浅く、これから本格化していく馬。久々でも初戦から狙っていきたい。


エプソムカップの最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2021年6月11日(金) 10:10 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(6/5~6/6) G1安田記念 シムーンプロが◎ダノンキングリー的中で142,800円払戻し! ジャンヌプロは◎▲○的中!
閲覧 481ビュー コメント 0 ナイス 0



6(日)に行われたG1安田記念ほか、様々な的中がマークされた先週。
好成績を収めた注目プロ予想家をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
6(日)の中京4R3歳未勝利で◎▲○的中33万900円払戻しのスマッシュヒットをマークすると、東京6R2歳新馬では◎×○の印で798,300円払戻しのビッグヒットを記録。土日2日間トータルでは、回収率248%、収支71万1460円プラスでいずれもトップに立っています。
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
6(日)G1安田記念では、◎ダノンキングリー(単勝47.6倍)の単勝1点勝負的中で142,800円払戻しを達成。他にも、5(土)中京3R3歳未勝利での◎ニホンピロラブリー(単勝299.9倍)、6(日)の勝負予想中京2R3歳未勝利、同東京2R3歳未勝利などで活躍をアピールしました。週間トータルでは、回収率186%、収支12万5670円の大幅プラスとしています。
 
☆☆☆注目プロ →ジャンヌプロ
6(日)G1安田記念を、◎ダノンキングリーグランアレグリアシュネルマイスターの完璧な予想で仕留め、単勝・馬連・3連複計7万380円を払戻し。勝負予想の東京10R麦秋S中京8R3歳以上1勝クラスなどでも好調予想を披露しています。
 
 
 
この他にも、山口吉野プロ(142%)、岡村信将プロ(140%)、金子京介プロ(132%)、霧プロ(125%)、豚ミンCプロ(108%)、田口啄麻プロ(107%)、マカロニスタンダーズプロ(106%)、暴君アッキープロ(104%)、ジョアプロ(104%←2週連続週末プラス)が回収率100%超をマークしています。
 
 
今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2021年6月4日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】予想よりも大事かもしれない週末へ向けての準備/安田記念展望
閲覧 1,853ビュー コメント 0 ナイス 3



先週の当コラムで日本ダービーは内枠有利になりやすい…といういわゆる当たり前のことを書いたのだが、予想に反して馬場は外有利傾向。土日に東京競馬場で行われた芝11レースでは、逃げ馬(0-0-0-11)と壊滅。外からの差し馬の活躍が目立った。

日本ダービーもやはりその馬場の影響を受け、内枠から外に持ち出して来たエフフォーリアを、最後鋭く差したのはシャフリヤール。例年だともう少し内が良い…となる10番枠も、今年の馬場においてはむしろプラスだった。

3着ステラヴェローチェ、4着グレートマジシャンともに2ケタ馬番の差し馬で、例年とは全く異なる傾向。ダービー以外のレースもほぼ同様だったので、「ダービー週の東京芝は外有利」と覚えておけば今後の馬券に活用できそうだ。

~外が伸びたCコースの東京芝

さて、今週末は安田記念が開催されるが、引き続きCコース開催。先週の馬場傾向が継続するとみる。

競馬において重要なことは当然目の前のレースの予想…なのだが、だからこそ事前の準備がより大事になる。なんとなく週末を迎え、なんとなく新聞を眺めて買い出し、本来意図しないレースばかりに手を出してしまうなんてことは、競馬ファンあるあるだろう。

デスクワークであれば身の回りを整理して仕事をしやすい環境を作ることは必須だろうし、営業職であればやはり大事な顧客のところに出向く前には身なりを整えて頭を整理して行くことが必須だろう。競馬も同様で、週末の戦いに挑む前に、どういう狙いをするのか、どのレースを買うのか、といった準備が肝要となる。

今週に関していえば、先週の傾向を引き継ぐとみているので、”東京芝”を狙いとして臨みたい。

安田記念の注目馬

というわけで、今週も安田記念の注目馬を一頭を挙げておきたい。

シュネルマイスター

大本命のグランアレグリアに挑む馬…という意味でシュネルマイスターに注目したい。前走のNHKマイルカップはゴール前で何とか差し切ったというレースだったが、勢いでは完全に上回っておりまだまだ余力があったように思えた。デビュー以来マイルでは3戦3勝と負け知らず。古馬との初対戦がカギになるが、必ずしも3歳トップではなかったリアルインパクトでも通用したのがこのレースで、出走数こそ少ないが斤量恩恵のある3歳馬が有利になる可能性は十分にある。外枠もプラスになる。

安田記念の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2021年5月30日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2021年05月30日号】特選重賞データ分析編(256)~2021年安田記念
閲覧 2,193ビュー コメント 0 ナイス 4



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 農林水産省賞典 安田記念 2021年06月06日(日) 東京芝1600m


<ピックアップデータ>

【“東京、かつ重賞のレース”において“着順が1着、かつ2位入線馬とのタイム差が0.1秒以上”となった経験の有無別成績(2017年以降)】
○あり [3-4-4-15](3着内率42.3%)
×なし [1-0-0-37](3着内率2.6%)

 コース適性に注目したい一戦。東京の重賞を勝ち切ったことがない馬はもちろん、タイム差なしでの優勝経験しかなかった馬も信頼できません。“東京巧者”と判定する基準を高めに設定しましょう。

主な「○」該当馬→グランアレグリアサリオスダノンキングリーダノンプレミアム
主な「×」該当馬→カラテケイデンスコール


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の条件が“国内のレース”、かつ前走の着順が1着・前走の1位入線馬とのタイム差が0.4秒以内」だった馬は2017年以降[4-4-3-29](3着内率27.5%)
主な該当馬→カラテグランアレグリアケイデンスコール

[もっと見る]

2021年5月21日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】近年は非桜花賞組の健闘が目立つ/オークス展望
閲覧 1,865ビュー コメント 0 ナイス 3



ヴィクトリアマイルは断然の支持を集めたグランアレグリアが圧勝。直線ただ一頭違う手応えで突き抜けた。次走は順調なら安田記念に向かうようだが、秋には改めて天皇賞(秋)で2000mに挑んでほしい。

2着には今週末ソダシに騎乗する吉田隼人騎手のランブリングアレーが入り、ヒモ荒れの決着。ローカルの帝王(って帝王っぽい雰囲気じゃないので、ローカルの王子様?)の印象もあった近年の吉田隼人騎手だが、そこからさらにひと皮むけて大舞台での活躍も目立つようになってきた。

桜花賞組断然有利が過去のものとなりつつあるオークス

さて、今週末はオークスソダシが2年連続無敗の女王に輝くがに注目が集まる。

オークスといえばかつては、

桜花賞組を買え」

というのがベタながら、かなり使える必勝法だった。だが、最近は有力馬の使い方の変化とともに、傾向も変わりつつある。

過去20年のオークスにおける桜花賞組の成績を見ると、その変化が顕著に見て取れる。

◆前走桜花賞組のオークス成績

2001~2010年 (8-7-5-55)単勝回収率75% 複勝回収率121%
2011~2020年 (7-4-5-63)単勝回収率65% 複勝回収率 38%

2001年からの10年間は、桜花賞組を買うだけで複勝はプラス収支。2004年や2008年は、前走桜花賞組が1~3着までを独占し波乱の決着となっている。

だが、その後の10年で大きく変化。2018年にはアーモンドアイ以下桜花賞組の上位独占があったものの、1→4→2番人気の決着。一昨年は桜花賞3着のクロノジェネシスオークスで2番人気3着。昨年は桜花賞を勝ったデアリングタクトオークスを制覇。つまり人気馬しか走らなくなり、回収率はかなり低くなっている。

そこで前走桜花賞組、かつオークスで5番人気以下の馬に限定すると、

2001~2010年(2-4-3-38)
2011~2020年(1-0-1-49)

かつては桜花賞組を人気薄で狙えたが、近年のオークスにおいて前走桜花賞組はほとんど人気馬しか来ない…という顕著な傾向が見られる。

桜花賞組がイマイチな分、最近のトレンドは非桜花賞組の健闘。昨年はデアリングタクトが無敗で2冠を達成したものの、フローラS勝ちのウインマリリンが7番人気2着。忘れな草賞勝ちのウインマイティーが13番人気3着。

一昨年はラヴズオンリーユーが忘れな草賞からの直行で1番人気の支持を集め勝利。12番人気で2着したカレンブーケドールはスイートピーSを勝っての参戦だった。

今思えば、

カレンブーケドールが12番人気!?」

と驚くかもしれないが、スイートピーS組が微妙というイメージもあり、現状は傾向の変化に人気が追い付いていない。カレンブーケドールは人気薄での激走だったが、弱かったわけではなく、恵まれたわけでもなく、ただ気づかれていなかったということ。直行ローテや使い分けが顕著になり、素質馬の多くが桜花賞オークスというステップを刻む時代は終わったのである。

…と書いているからと言って、自分自身がカレンブーケドールを狙えたわけではないのが悲しいところなのだが、第2のカレンブーケドールウインマリリン(のような気づかれていない実力馬)を見つけることが、オークスを攻略するカギになる。

今年でいえばそれがステラリアであり、クールキャットであり、もしかしたらタガノパッションなのかもしれない。

オークスの注目馬

というわけで、今週末はオークス。今週も注目馬を一頭を挙げておきたい。

アールドヴィーヴル

散々非桜花賞組が近年で優勢と書いておきながら推奨は桜花賞組なのか…と思われるかもしれないが、それはそれ。アールドヴィーヴルの素質には大いに期待している。デビュー戦は逃げ先行馬が押し切り態勢に入っていたが、外から猛然と伸びて差し切り勝ち。長く脚を使える走りはいかにも東京向きで、とりわけオークスには合いそうだ。また、今年はクイーンCのレベルが高かった印象があり、6着ステラリアが忘れな草賞を制覇、10着スライリーフローラSで2着した他、惨敗馬も軒並みその後巻き返している。当時キャリア1戦で2着のアールドヴィーヴルはその戦績の字面だけでも評価できるもので、桜花賞から距離が延び、主戦の松山騎手に戻る今回は狙い目と考えている。

オークスの最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2021年5月21日(金) 11:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(5/15~5/16) シムーンプロが日曜東京7R◎ディーグランデ的中などで4週連続週末プラス!
閲覧 386ビュー コメント 0 ナイス 0

16(日)に行われたG1ヴィクトリアマイルのほか様々な的中がマークされた先週。
好成績を収めた注目プロ予想家をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
先週は、16(日)東京7R4歳以上1勝クラスディーグランデ(単勝45.5倍)的中を筆頭に、15(土)東京8R4歳以上1勝クラスダルムシュタット(単勝37.5倍)的中、16(日)中京6R3歳1勝クラス新潟7R4歳以上1勝クラス等で活躍をアピール。土日2日間トータルでは、回収率106%をマークし、これで4週連続週末プラスとしています。
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
15(土)東京8R4歳以上2勝クラスで◎アオイクレアトールレッドライデン本線的中を披露すると、この日は新潟11R弥彦SG1ヴィクトリアマイル(◎グランアレグリアランブリングアレー)、新潟12R中ノ岳特別と3連続的中フィニッシュを決めました。週間トータル回収率143%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →“帰ってきた”凄馬勝子プロ
16(日)の新潟4R障害未勝利東京10R青竜S、15(土)の中京5R3歳未勝利などのスマッシュヒットを披露し、週間トータル回収率171%、収支51万4540円の大幅プラスを計上しています。
 
 
 
この他にも、導師嵐山プロ(138%)、夢月プロ(119%←3週連続週末プラス)、伊吹雅也プロ(115%)、霧プロ(111%←2週連続週末プラス)、あおまるプロ(106%)、nigeプロ(101%←2週連続週末プラス)らが回収率100%超をマークしています。
 
 
今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

グランアレグリアの口コミ


口コミ一覧
閲覧 121ビュー コメント 0 ナイス 25

先週の日曜のメインから新潟記念を回顧。
勝ったのは、マイネルファンロンでした。
五分のスタートから、道中は後方2番手からの競馬
道中も後方を追走。
勝負所でペースを上げ直線へ。
直線では、大外に持ち出し外ラチ沿いから鋭い末脚を発揮して見事差し切りました。
これまで好位からの競馬をしていたマイネルファンロンを躓いたとはいえ後方待機策で
勝利に導いたミルコ・デムーロ騎手の手腕は、お見事でしたね。
最後の直線も距離ロスを覚悟で外ラチ沿いまで持っていく判断もなかなか出来ないですね。
馬自体も元々、能力はあると言われていた馬でしたからね。
鞍上が替わって能力を発揮できたことは良かったと思います。
この競馬が出来れば次走も楽しみですね。
(継続騎乗が条件につくかもしれませんね。)


さて、今日の本題に入りたいと思います。今回は、アークライト号について。
先週で3歳未勝利戦が終了しましたが、その中にアークライトがいました。
アークライト号は、日曜日の札幌3レース(ダート1700M)に出走して13着でした。
いろいろな距離(1200M~1800M)、芝・ダートと使われました。
結局、適性なところが見つからなかったって感じですね。
前にも日記でも欠きましたが、昨年の5月くらいでは、かなりの前評判で、クラシックの有力候補と目されていました。
POGでもかなりの争奪戦だったと思います。
蓋を開けてみれば、未勝利のままここまで来てしまいました。
(ただ、個人的には、一度で良かったので、芝のレースでハープスターのような位置どりで見てみたかったですね。)
POGに関していえば、アークライトに多くを学ばせてもらいました。
そういう意味では、ありがとうと言いたいですね。
今後どういう形になるかはわかりませんが、これで一区切りでしょうか。
最後のレースの内容では、ダートでも厳しい感じなので地方で・・・・って感じでもなさそうです。


最後に、セントウルステークスについて。現時点での私の注目はレシステンシアですね。
前走のヴィクトリアマイルは、6着でした。
その前走は2番手追走から直線で抜け出すもグランアレグリアの末脚に屈しての6着でした。
ハナを切って持ち前のスピードを生かして後続に脚を使わせる展開が理想な気がします。
ただ、今回はマイル戦ではないので、ハナは切れないかもしれませんが、前に付けて持ち味を生かしてもらいたいですね。
鞍上がルメール騎手(予定)に替わりますが、この乗り替わりがポイントになりそう。
そつなく乗って馬券圏内って感じになりそう。
この馬には思い切りのよい騎手のがあっていそうな気がします。

 スモーマン 2021年8月19日(木) 09:51
ソダシ
閲覧 278ビュー コメント 0 ナイス 12

少ないデータから推測する。

オークスの時に桜花賞馬の成績を検討したが、ソダシと似た先行タイプの桜花賞馬は、阪神改修後では5頭いた。
このうち、オークスで勝ったのはアパパネだけ、オークス不出走がダイワスカーレットとグランアレグリア、残りの2頭は、13着レーヌミノルと、10着レッツゴードンキ。

グランアレグリア、レーヌミノル、レッツゴードンキ。いずれも桜花賞後の主戦場は1600以下。
アパパネは桜花賞は先行したが、オークスは中団より後ろから上がり一位で差して来た。オークスも先行したソダシとは脚質の幅が違う。
ダイワスカーレットは、道中殆どを1、2番手でねじ伏せてきた歴史的名牝。不利があったとはいえ、オークスを8着で負けた馬と並べる訳にはいかないだろう。

視点を変えて、3歳時に札幌記念を使った桜花賞馬は、オークス馬のブエナビスタが2着。オークス2着のハープスターが優勝。
いずれも札幌記念では中団以降から速い上がりを長く使って差す競馬

ソダシとはイメージが全く合わない。

ここで吉田隼人が溜めて差してくる競馬に転換するなら…なかなかそうとは思えず、カットだと思う。

[もっと見る]

 OTASAM 2021年8月18日(水) 00:07
札幌記念21'レース展望 - ラスト1ハロンNEO
閲覧 243ビュー コメント 0 ナイス 8

GI馬の脚力➾ラヴズオンリーユー
VS神速一閃ソダシ(クロフネ×ブチコ)

注目馬Pickup
ラヴズオンリーユー
ドバイシーマC3着はミシュリフ・クロノジェネシスに続いてのもので、クイーンエリザベス2世Cでは、デアリングタクトやグローリーヴェイズといった強豪相手に完勝とここでは格が違いすぎる。地力勝負の定量G2なら最有力です────。
ソダシ
前走オークスは、かかり気味に先行する形で絶望的な展開でした。今回は強豪古馬相手ですが得意の洋芝で斤量52キロはアドバンテージ。Aコース仕様の馬場でセオリー通り先行有利の展開なら条件は好転です。2000メートルの舞台設定も札幌芝1800メートルの2歳レコードホルダーなんで1ハロン延長も問題なさそう。とはいっても2歳レベルの話ですが...。

トーラスジェミニ
シリーズ初戦七夕賞のチャンピオンで上昇度ならこの馬。特に2走前の安田記念では2番手先行から、グランアレグリア、シュネルマイスターら現役トップマイラー相手に0.4差と極上の粘り腰。ここも早めのロングスパートで後続に脚を使わせない競馬をしてきそう────。

ブラストワンピース
札幌は2年前の当レースVで得意なレース。札幌記念のハービンジャー産駒の上位入線馬は昨年はノームコアとペルシアンナイトのワンツーで19年もブラストワンピースと既に結果を出しているので、血統面での信頼度は高まります。ただ今年は最初の開催の時計が速く馬場コンディションがどうか。ある程度パワーのいる馬場なら期待も高まるが────。

以下目黒記念の覇者ウインキートス、GIIクラスの常連ステイフーリッシュ、重賞3勝馬ユーキャンスマイル。穴なら函館記念組からバイオスパーク・昨年2着ペルシアンナイト・ルメール腕撫フランケル牝馬サトノセシル。デキの良さ次第で穴に一考。

ひと波乱あるかもですが、定量戦だしそこまで荒れるとはおもってません。それではまた週末に♪by otasam────☆

札幌記念予想ベースはコチラ
ブログ記事➾http://blog.livedoor.jp/otasam0305/archives/58364260.html

[もっと見る]

⇒もっと見る

グランアレグリアの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
14:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年11月21日() 21:20:42
指数、
凄馬度→2.0
13:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年11月21日() 00:15:11
jac、◉サ○グ▲レ△イ穴ペ
12:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年11月21日() 00:11:14
全レ、◉グラン○インディ▲レシス

⇒もっと見る

グランアレグリアの写真

グランアレグリアの厩舎情報 VIP

2021年6月6日安田記念 G12着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

グランアレグリアの取材メモ VIP

2021年6月6日 安田記念 G1 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。