ウインマーベル(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
ウインマーベル
ウインマーベル
ウインマーベル
写真一覧
現役 牡3 栗毛 2019年5月8日生
調教師深山雅史(美浦)
馬主株式会社 ウイン
生産者コスモヴューファーム
生産地新冠町
戦績13戦[4-3-3-3]
総賞金18,032万円
収得賞金8,450万円
英字表記Win Marvel
血統 アイルハヴアナザー
血統 ][ 産駒 ]
Flower Alley
Arch's Gal Edith
コスモマーベラス
血統 ][ 産駒 ]
フジキセキ
ロモーラ
兄弟 ウインアイルビータウインジェルベーラ
市場価格
前走 2022/10/02 スプリンターズS G1
次走予定

ウインマーベルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
22/10/02 中山 11 スプリンター G1 芝1200 164720.072** 牡3 55.0 松山弘平深山雅史B 468
(0)
1.07.8 0.034.1⑧⑨ジャンダルム
22/08/28 札幌 11 キーンランド G3 芝1200 16356.022** 牡3 54.0 松山弘平深山雅史B 468
(+4)
1.09.2 0.134.5ヴェントヴォーチェ
22/05/28 中京 11 葵ステークス G3 芝1200 17474.611** 牡3 57.0 松山弘平深山雅史B 464
(-2)
1.08.2 -0.434.4⑧⑧コムストックロード
22/05/08 中京 10 橘ステークス (L) 芝1400 1081015.951** 牡3 56.0 和田竜二深山雅史B 466
(0)
1.19.3 -0.333.9ジャスパークローネ
22/03/19 中京 11 ファルコンS G3 芝1400 1871542.21015** 牡3 56.0 松岡正海深山雅史B 466
(-2)
1.23.2 2.338.3⑤⑦プルパレイ
21/12/18 中京 10 中京2歳S OP 芝1200 9332.812** 牡2 56.0 松岡正海深山雅史B 468
(+4)
1.09.0 0.634.8⑤⑤ジャングロ
21/11/14 福島 10 福島2歳S OP 芝1200 1681517.651** 牡2 55.0 松岡正海深山雅史B 464
(+8)
1.09.5 -0.235.6ニシノレバンテ
21/10/17 新潟 2 2歳未勝利 芝1200 13698.141** 牡2 55.0 丹内祐次深山雅史B 456
(-2)
1.11.0 -0.436.1ルナエルモッサ
21/09/18 中山 2 2歳未勝利 ダ1800 10444.735** 牡2 54.0 丹内祐次深山雅史 458
(-6)
1.54.8 2.639.7⑦⑦⑦⑦アトラクティーボ
21/09/05 札幌 2 2歳未勝利 芝1500 13699.045** 牡2 54.0 丹内祐次深山雅史 464
(+6)
1.32.8 0.435.9⑥⑤⑤ナバロン
21/07/18 函館 1 2歳未勝利 芝1200 12674.933** 牡2 54.0 丹内祐次深山雅史 458
(+6)
1.10.6 0.835.1アウトパフォーム
21/07/04 函館 1 2歳未勝利 芝1200 12445.733** 牡2 54.0 丹内祐次深山雅史 452
(+4)
1.10.5 0.135.1⑨⑨エーティーマクフィ
21/06/20 札幌 5 2歳新馬 芝1200 162416.563** 牡2 54.0 丹内祐次深山雅史 448
(--)
1.09.8 0.334.7④④グランアプロウソ

ウインマーベルの関連ニュース

★ダート路線の王者となるのはどの馬? 今年は18頭登録

12月4日、中京ではチャンピオンズC(GⅠ)が実施される。チャンピオンズCは、2013年までジャパンCダートとして実施されてきたが、14年に改称され、舞台を中京に移して実施されている。今年のチャンピオンズCには、連覇を狙うテーオーケインズ(牡5歳、栗東・高柳大輔厩舎)、19年の南部杯勝ち馬で、登録馬中最年長となるサンライズノヴァ(牡8歳、栗東・音無秀孝厩舎)、今年のジャパンダートダービーの覇者ノットゥルノ(牡3歳、栗東・音無秀孝厩舎)のGI勝ち馬3頭を含む18頭が登録している。チャンピオンズCでは、舞台を中京に移した14年以降、GI勝ち馬が8年連続で1着となっているが、ダート路線のチャンピオンの座に君臨するのはどの馬だろうか。なお、今年のチャンピオンズCには3歳から8歳まで6世代の馬が登録しているが、3歳限定戦を除いた今年のJRAダート重賞11レースの年齢別勝利数を見ると、5歳が8勝を挙げており、他の世代を大きくリードしている。

★今秋のJRA・GⅠで2勝2着2回の3歳馬は3頭登録

この秋のJRA・GⅠでは3歳馬の活躍が目立っており、スプリンターズSではウインマーベルが2着、天皇賞・秋ではイクイノックスが1着、エリザベス女王杯ではライラックが2着同着、マイルCSではセリフォスが1着と4レースで3歳馬が連対している(※11月29日現在)。チャンピオンズCには、ジャパンダートダービーの覇者ノットゥルノ(牡、栗東・音無秀孝厩舎)、UAEダービー勝ち馬のクラウンプライド(牡、栗東・新谷功一厩舎)、古馬と対戦したシリウスS(GⅢ)で2着、みやこS(GⅢ)で4着のハピ(牡、栗東・大久保龍志厩舎)と3頭の3歳馬が登録しているが、このレースでも歴戦の古馬を相手に好走することができるだろうか。なお、チャンピオンズCで3歳馬が勝てば、2019年クリソベリル以来3年ぶり6頭目となる。

★2年連続JRAダート戦のリーディングサイヤー ヘニーヒューズ産駒は2頭が出走予定

種牡馬へニーヒューズは、2020年、21年と2年連続でJRAダート戦でのリーディングサイヤーとなっており、今年のJRAダート戦種牡馬成績でも2位のロードカナロアに5億円以上の大差をつけて1位となっている(※11月21日現在)。今年のチャンピオンズCには、スマッシングハーツ(牡6歳、栗東・新谷功一厩舎)、タガノビューティー(牡5歳、栗東・西園正都厩舎)と2頭のへニーヒューズ産駒が登録しているが、同レース初勝利を挙げることができるだろうか。

また、今年のJRAダート戦種牡馬成績2位のロードカナロア産駒は通算28戦目で初のダート戦出走となるレッドガラン(牡7歳、栗東・安田隆行厩舎)、3位のキズナ産駒はハピ(牡3歳、栗東・大久保龍志厩舎)、4位のキングカメハメハ産駒はグロリアムンディ(牡4歳、栗東・大久保龍志厩舎)とジュンライトボルト(牡5歳、栗東・友道康夫厩舎)、5位のシニスターミニスター産駒はテーオーケインズ(牡5歳、栗東・高柳大輔厩舎)が登録している。

【乗り替わり勝負度チェック!】秋華賞2022 勢いづくと止まらない血統背景の馬が絶好調ジョッキーを背に下剋上をもくろむ! 2022年10月15日() 12:00


当企画のコンセプトにつきましては、コチラにてご確認ください。今週も“勝ち逃げ馬券師”新良武志氏に、注目の乗り替わりをピックアップしてもらいます。
※データは2019年以降の結果をもとに集計


編集部(以下、編) さぁ、牝馬三冠のラストを飾る秋華賞です。

新良(以下、新) 春に二冠を制したスターズオンアースは、いずれも乗り替わりでの勝利。G1にしては珍しいパターンですが、その流れに乗っていきたいです。

編 今年は春の既成勢力の離脱がほとんどなく、楽しみなメンバー構成になりましたね。

新 有力馬が予定通りのローテで臨むことができたということもあって、上位人気が予想される面々はみな継続騎乗。ですので、当欄はおのずと穴を狙う方針になっていきますね。

編 確かに、スターズオンアースアートハウスナミュールスタニングローズと、上位人気確実の馬は揃いも揃って継続騎乗ですね。馬券に絡む乗り替わり馬を指名することができれば、それがすぐに好配当につながりますので、やりがいもあるんじゃないでしょうか。

新 気合いが入っていますよ。人気馬を蹴散らす馬、一角崩しをしてくれる馬を、なんとか見つけたいです。

編 では、結論をお聞かせください。新良さんはどの馬を指名しますか?

新 戸崎圭太騎手から松山弘平騎手に乗り替わる⑤ストーリアです。

編 おお、目下絶好調の松山騎手ですね。先週は毎日王冠京都大賞典と2日連続の重賞勝利。今いちばん乗っている騎手かもしれません。

新 その前も、ウインマーベルでのスプリンターズS2着や、ガイアフォースでのセントライト記念勝利など、ここ最近は活躍が目立っています。

編 好調がずっと続いていますね。果たして、今週も、ということになるのか……。

新 私がとくに評価しているのは、最近の松山騎手の騎乗ぶりです。ただ騎乗馬を上位に導いているだけでなく、ものすごく落ち着いているんですよ。無理をせず、運にも頼らず、最善の結果のみを求めてたんたんと乗っている印象を受けます。

編 具体的にどのあたりでしょう?

新 例えば、小倉2歳Sロンドンプランは、大きく出遅れながらも、慌てずに後方を追走して、直線の爆発につなげました。毎日王冠サリオスも、直線で進路を失うシーンがありながらも、前が開くまで待って、最後はしっかり届かせました。

編 不利やアクシデントにもまったく動じない騎乗を続けているわけですね。

新 そうなんです。冷静というレベルを通り越して、悟りの境地というか、異次元のメンタルの領域に入っている感じがあります。そういったことを考えると、今回のテン乗りもまったく心配はいらないでしょう。

編 阪神芝2000mという舞台は、プラスに働きそうですか?

新 松山騎手は2019年以降、14.5%というコース勝率を上げ、川田将雅騎手に次いで2位につけています。今年も、1着こそ少ないものの複勝率は66.7%。じつはメチャクチャ乗れているんです。

編 それは頼もしいですね。

新 ストーリアを管理する杉山晴紀調教師とは、デアリングタクトを通して信頼関係を築けていますから、期待度は倍増といっていいでしょう。

編 となると、問題は馬ですね。相手は一気に強くなりますが……。

新 強いメンバーが揃いましたが、ノーチャンスということはないと思います。兄のロードマイウェイが5連勝でチャレンジCを勝ったように、連勝し出すと勢いづく血統背景。ストーリアは現在3連勝中ですので、ひょっとするとという気配を漂わせています。初の左回りも、素質の高さでカバーしてくれるのではないでしょうか。

編 抽選を突破して出走にこぎつけたという運もありますしね。

新 おっしゃる通り、G1ではそういった運も大事になります。めぐってきたチャンスをぜひとも活かしてほしいですね。

編 人気はありませんので、来ればデカいです。

新 G1を制しての4連勝はさすがに欲張りすぎかもしれませんが、馬券圏内ならあってもおかしくありません。今の松山騎手なら、見せ場をつくってくれると思います。


★その他の注目乗り替わり★
阪神6R ⑥ディスケガウデーレ小崎綾也松山弘平
東京7R ④サイモンバロン三浦皇成田辺裕信
新潟12R ⑧メイショウグラニー藤岡康太今村聖奈


【プロフィール】
新良武志(しんら・たけし)
かつてはどこにでもいる競馬ファンの1人だったが、データベースソフト【TARGET】との出合いを経て、眠っていた馬券師としての素質が開花。騎手・種牡馬にウマニティU指数を組み合わせた独自のデータ活用術を考案し、常勝スタイルを確立させる。2015年秋にメディアデビュー。雑誌、WEBを中心に精力的に予想家活動を行っている。著書に『毎日コツコツ勝ち逃げリーマン馬券術』(ベストセラーズ)、『ジョッキー未来予測2019』(秀和システム)。

[もっと見る]

【3歳以上次走報】スプリンターズS2着ウインマーベルは年内休養 2022年10月5日(水) 04:54

スプリンターズS2着ウインマーベル(美・深山、牡3)は、近日中に北海道新冠町のコスモヴューファームに放牧。年内は休養する。3着ナランフレグ(美・宗像、牡6)は、香港スプリント(12月11日、シャティン、GⅠ、芝1200メートル)が視野に。9着シュネルマイスター(美・手塚、牡4)は、福島県のノーザンファーム天栄に放牧。予定通りマイルCS(11月20日、阪神、GⅠ、芝1600メートル)へ向かう。

★秋風S1着フィアスプライド(美・国枝、牝4)は、ターコイズS(12月17日、中山、GⅢ、芝1600メートル)が視野に。

★ポートアイランドS1着アルサトワ(栗・斉藤崇、牡5)は、状態が良ければ富士S(22日、東京、GⅡ、芝1600メートル)に向かう。

産経賞オールカマー11着クリスタルブラック(美・高橋文、牡5)は、キャピタルS(11月26日、東京、L、芝1600メートル)を予定。

シリウスS16着レーヌブランシュ(栗・橋口、牝5)は、JBCレディスクラシック(11月3日、盛岡、JPNⅠ、ダ1800メートル)へ。




[もっと見る]

【スプリンター】人馬ともにGⅠ初勝利!7歳馬ジャンダルムがレース史上初の母子制覇 2022年10月3日(月) 04:50

荻野極騎乗の8番人気ジャンダルムが、3番手から早め先頭で押し切り。人馬ともにGⅠ初勝利を挙げた。母ビリーヴが2002年の勝ち馬で、レース史上初、GⅠでは8例目の母子制覇も成し遂げた。2着に7番人気ウインマーベル、3着5番人気ナランフレグで3連単46万8950円の波乱。1番人気メイケイエールは好位追走も失速して14着だった。

先頭で目指すGⅠのゴール前。襲いかかる後続を振り切るように7歳の古豪と25歳の若武者の背中を押したのは、母の血の力だった。3番手でレースを進めたジャンダルムが、電撃の6ハロン戦を制覇。母ビリーヴが2002年に勝ったスプリンターズSで、レース史上初の母子制覇を果たした。 「いい枠でしたし、課題のスタートもこなしてくれて、スムーズに競馬ができました。最後も手応えどおり、しっかり伸びてくれて、力を発揮してくれました」

夢のGⅠのお立ち台で荻野極騎手が喜びを口にした。❶枠②番から好スタートを決めて道中は3番手。直線で早めに抜け出すと、2着ウインマーベルの追い上げをクビ差でしのいだ。

見守った池江調教師は「感無量です。史上初の母子制覇という物語の一役を担えたことを誇りに思います。デビュー前からビリーヴの息子ということでたくさんのファンに応援していただいたのですが、ようやく皆さんに恩返しできたかな」と感情を込めた。デビュー当初にデイリー杯2歳Sを制し、ホープフルSで2着。指揮官も「これはクラシックを目指さなきゃいけない」と、適距離ではないことを承知で皐月賞(9着)、日本ダービー(17着)に挑んだが結果が出なかった。その後は徐々に距離を短縮し、昨年4月の春雷Sでスプリント戦に初挑戦すると、母譲りの短距離適性が開花した。

エスコートした荻野極騎手は7年目にしてGⅠ初制覇だが、重賞初勝利もジャンダルムでの夕刊フジ賞オーシャンSだった。「すごくうれしいですし、ジャンダルムに感謝の気持ちでいっぱいです」と笑顔がはじける若き鞍上。次走は香港スプリント(12月11日、シャティン、GⅠ、芝1200メートル)が視野に。遅咲きの良血は世界も射程に入れている。

ジャンダルム 父キトゥンズジョイ、母ビリーヴ、母の父サンデーサイレンス。黒鹿毛の牡7歳。栗東・池江泰寿厩舎所属。米国産。馬主は前田幸治氏。戦績29戦7勝。獲得賞金4億1551万2000円。重賞は2017年GⅡデイリー杯2歳S、22年GⅢ夕刊フジ賞オーシャンSに次いで3勝目。スプリンターズS池江泰寿調教師、荻野極騎手ともに初勝利。馬名は「アルプス山脈の名峰アイガーの絶壁の名」。




★前田幸治氏も感慨深い勝利…オーナーの前田幸治さんは所用のため自宅でテレビ観戦。愛馬の完勝劇に拳を握った。「このところ弟の晋二名義の馬(キズナディープボンドコントレイル)が目立っていたので、久しぶりに兄貴の威厳を見せつけることができて、うれしい」と喜びを口にした。母のビリーヴは2002年のスプリンターズS勝ち馬。「ビリーヴは第1回セレクトセール出身の馬。忘れた人もいるだろうが、スプリンターズSは新潟開催だったね。日本ではなく米国で繁殖入り。信念を曲げずに続けてきたことが実を結んだことは喜ばしい限りです」と感慨深げに話した。




◆レースアラカルト◆

・母子制覇 母ビリーヴは2002年の優勝馬で、レース史上初の母子制覇となった。母子同一JRA・GⅠ制覇は21年に秋華賞を制したアカイトリノムスメ(母アパパネは10年の優勝馬)以来。

荻野極騎手 初騎乗で初勝利。JRA・GⅠは3回目の騎乗で初勝利。これまでの最高は本馬による今年の高松宮記念11着。JRA重賞は本馬による夕刊フジ賞オーシャンS以来で今年2勝目、通算2勝目。

池江泰寿調教師 管理馬延べ2頭の出走で初勝利。JRA・GⅠは19年大阪杯アルアイン)以来で通算21勝目。JRA重賞は鳴尾記念ヴェルトライゼンデ)以来で今年5勝目、通算88勝目。

・キトゥンズジョイ産駒 産駒延べ2頭の出走で初勝利。JRA・GⅠは産駒延べ8頭の出走で初勝利。JRA重賞は本馬によるオーシャンS以来で今年2勝目、通算4勝目。

・馬主前田幸治氏 02年(ビリーヴ)以来の通算2勝目。JRA・GⅠは14年日本ダービーワンアンドオンリー)以来で通算12勝目。JRA重賞は本馬によるオーシャンSに続く今年2勝目で、通算53勝目。

・7歳馬の勝利 06年(テイクオーバーターゲット)以来16年ぶりで通算2勝目。

・❶枠の勝利 15年(ストレイトガール)以来で通算3勝目。

・馬番②の勝利 15年(ストレイトガール)以来で通算2勝目。

・単勝8番人気の勝利 1990年のGⅠ昇格後は初めて。

・外国産馬の勝利 99年(ブラックホーク)以来23年ぶりで通算5勝目。

・払戻金 馬単②→⑦ 3万6640円は11年に記録した3万430円を更新し、本レースの式別最高払戻金額。

・売り上げ、入場者数 スプリンターズSの売り上げは149億8732万300円で前年比102・9%とアップ。入場者数は2万2920人(うち有料入場2万2166人)で同551・9%だった。

・ベストターンドアウト賞 スプリンターズSで実施された「ベストターンドアウト賞」は、ナムラクレアの疋田真志厩務員が受賞した。

[もっと見る]

【スプリンター】ウインマーベルのクビ差2着に陣営は「悔しい」 2022年10月3日(月) 04:48

猛追もクビ差届かなかった。3歳馬Vを狙った7番人気のウインマーベルは、早々と抜け出したジャンダルムをあきらめずに追い詰めたが、2着に涙をのんだ。

「陣営がいい状態で持ってきてくれ、馬も本当によく頑張ってくれた。着差が着差だけに悔しい」とうなだれる松山騎手。「もうひとつ前の位置が取れていたら」とインの先行馬有利な馬場での位置取りの差を悔やんだ。

「直線は腰が抜けそうになりました」。2度目のGⅠ挑戦で金星を逃した深山調教師は興奮を押し殺しながら「残念ですけど力があることは証明してくれた。まだまだ成長してくれると思うし、来年ですね」と今後に思いをはせた。

[もっと見る]

【スプリンターズS】3歳馬ウインマーベルが2着に健闘 松山「着差が着差だけに悔しい」 2022年10月2日() 18:01

10月2日の中山11Rで行われた第56回スプリンターズステークス(3歳以上オープン、定量、GI、芝1200メートル、16頭立て、1着賞金=1億7000万円)は、荻野極騎手の8番人気ジャンダルム(牡7歳、栗東・池江泰寿厩舎)が好位追走から早め抜け出しV。2002年の覇者ビリーヴとの母子制覇を達成した。タイムは1分7秒8(良)。

7番人気のウインマーベルは、昨年のピクシーナイトに続く3歳馬Vはならなかったが2着に健闘。中団追走から、直線で馬群をこじ開け抜け出したが、勝ち馬にわずかクビ差届かなかった。

松山弘平騎手「陣営がいい状態で持ってきてくれて、馬も本当によく頑張ってくれた。着差が着差だけに悔しい。もうひとつ前の位置が取れていたら」

[もっと見る]

⇒もっと見る

ウインマーベルの関連コラム

閲覧 1,401ビュー コメント 0 ナイス 2


先週は秋G1開幕戦、スプリンターズSが行われた。

スプリンターズSは枠順と馬場状態がカギになる一戦。2年前はグランアレグリアがものすごく強く見えたかもしれないが、同じくらい強い競馬をしたのは内枠から踏ん張ったダノンスマッシュグランアレグリア、3着アウィルアウェイは展開馬場がハマっての好走でもあった。

昨年は一転して内枠先行競馬。サッと好位インを奪ったピクシーナイトが抜け出し、3着には最内枠のシヴァージ

同じレースでもまったく対照的な内容だったのが直近2年だが、今年は昨年同様の内枠先行馬場。というわけで、最終結論は2番枠の◎ジャンダルム。当コラムでの推奨馬から変えて当たった場合は一切触れないというのを基本的なルールにしているが、今回の場合は推奨したウインマーベルも来たので例外ということにする。

なにはともあれ、勝ったジャンダルムは内枠先行馬場を生かしての快走、幸運を味方につけた面も大きかった。2着ウインマーベルは7番枠だったが、さすが松山騎手という立ち回りで持ってきた。

期待されたメイケイエールは、残念ながら14着と大敗。ただ、今回は結果的に13番枠という外枠に加えて、最もロスを被る形の先行策になってしまった。かといって控えて馬群に入れて差して来る…というのも現在の馬場ではなかなか厳しいので、隊列や枠が合わなかった=メイケイエールの日でなかった、というのが敗因といえば敗因なのかもしれない。

右回りとか、中2週とか、メンタルとか、敗因は探せば何でも出てくる(出すことができる)ものだが、競馬は必ずしもすべてに明確な理由があるわけではなく、枠や馬場が合わなければよほどの名馬でもない限り(いや、よほどの名馬でも!)、意外なほどアッサリ負けてしまうものでもある。

なので、今回のメイケイエールの大敗は、

「そういうこともある」

というくらいでいいのではないか。写真集も発売され注目を集めたタイミングだっただけに期待した多くのファンは落胆も大きかったかもしれないが、また順調に使えればその能力を発揮してくれるはずだ。個人的にはまたスプリント戦以外でも見てみたいなと思わされたレースぶりでもあった。

毎日王冠展望

では、いつも通り最後は週末の注目馬で締めたい。今週末は(特に嬉しくもないが)3日間開催。秋の東京開幕週恒例の毎日王冠が行われる。注目したいのはこの馬。

レイパパレ川田将雅騎手)

昨年の大阪杯を制して以降はやや迷走気味だが、不向きな条件を使われ続けている面もある。持久力を問われる2200mはそもそも合わず、前走のヴィクトリアマイルは外枠に加えてスタート直後に落馬寸前のアクシデントがありその後先行するまでに脚を使ってしまった。もともとスピードが武器で、本年も金鯱賞大阪杯ではキッチリ2着と好走しておりまだまだ衰える段階ではないだろう。開幕週の1800mは合うはず。久々に持ち味を発揮できる条件が揃った。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2022年9月30日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】長距離戦におけるバイアスの怖さ/スプリンターズS展望
閲覧 1,556ビュー コメント 0 ナイス 4


先週は東西で2200mのG1トライアルが開催された。

西の神戸新聞杯は内ラチ沿いを立ち回ったジャスティンパレスが抜け出し完勝。2着にも同じく内ラチ沿いを回って来たヤマニンゼストが突っ込んで3連複7万、3連単は45万の大波乱に。

一方、東のオールカマーもやはり内ラチ沿いを通った組の上位争いに。最終的に抜け出して来たのは2番枠のジェラルディーナ、2着には最内枠のロバートソンキー、3着に3番枠のウインキートス。3連複1-2-3で3万馬券、3連単2-1-3で24万馬券とこちらも大波乱となった。

ともに共通しているのは2200mという長距離戦で、かつ内ラチ沿いが有利になったこと。思い返すと、同じ2200m重賞では今回のような極端な決着がしばしば起こっている。

今回とは真逆の差し決着となったのが、オールカマーと同じ舞台で行われた年明けのAJCC。この時は逆にラチ沿いが不利な馬場状態になり、直線は外からの差しが決まった。勝ったキングオブコージは内枠から出遅れて外を回し差し切り、2着には大外枠の11番人気マイネルファンロンが突っ込んで3連複は7万、3連単は72万の大波乱。

今回と同様にラチ沿いの決着となったのは阪神芝2200mで行われた京都記念。逃げた12番人気アフリカンゴールドがそのまま押し切り、2着にはラチ沿いを追走した1番枠のタガノディアマンテが突っ込んで3連複7万、3連単は67万馬券の大波乱。

今年を振り返るだけでもこれだけ似たような形で大波乱が続くのは、長丁場のレース独特の傾向でもある。短距離は一瞬のロスが命取りになりそれはそれで難しいが、長距離戦の場合は小さなロスの蓄積がやがて大きなロスになり、そのまま大きな差になる。内と外の馬場の違いが大きいと、ダラダラと悪いところを通らされる不利はとてつもなく大きいということだ。

馬券戦略としては、長丁場のレースはほど枠や展開による決め打ちが有効になる。自身の狙う馬がどういうパターンで来るタイプなのか、それを認識した上で、相手にも同じようなタイプを持ってくると思わぬ高配当が引っ掛かるかもしれない。

神戸新聞杯展望

では、いつも通り最後は週末の注目馬で締めたい。今週末は秋のG1開幕戦、スプリンターズSが行われる。前哨戦を完勝のメイケイエールが断然の支持を集めそうだが、伏兵馬の中で注目したいのはこの馬。

ウインマーベル松山弘平騎手)

やや地味な印象もある本馬だが、スプリント戦では常に堅実で(3-2-3-0)とまだ一度も崩れていない。前走のキーンランドカップでは内枠から上手く立ち回り2着を確保。初の古馬対戦だったが持ち味のセンスの良さを生かした。立ち回りの上手さを生かしたいタイプなので枠順はカギになりそうだが、中山コースは合いそう。今年は有力どころに差し馬が多いので、上手く前々で勝負できれば一角崩しのチャンスもありそうだ。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2022年9月2日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】騎手の外伸び意識が逆にイン有利に作用したキーンランドC/新潟記念展望
閲覧 1,136ビュー コメント 0 ナイス 3

キーンランドカップはルメール騎手騎乗、ヴェントヴォーチェが勝利。

道中は馬群の中でジッと待機すると、4コーナーでは外に膨れた各馬を横目に見ながら、内から真ん中に持ち出して抜け出し。最後は内で粘るヴァトレニと外にヨレ気味に伸びたウインマーベルの間を突き抜けた。重賞でルメール騎手が騎乗する馬としてはかなり人気薄の部類になる6番人気の評価だったが、それを覆す完勝だった。

Cコース替わり2週目となったこの週末の札幌芝は、前週と比べると差しも届いており、外がよく伸びていた。同じ芝1200mで行われた同日9Rの小樽特別でも、各馬が内を空けるような隊列になっていた。それを意識した各馬が外に持ち出すのは当然だったが、結果的には2番手のオパールシャルム=江田照騎手が4コーナーで外に膨れ気味に持ち出したことで玉突き的に後続勢がさらに外に膨れ、その間隙を突く形で内~中を伸びて来た馬のワンツースリーという決着だった。

前週の北九州記念もそうだが、馬場は生き物。騎手の思惑やちょっとした動き一つで大きく結果が変わるから難しい。北九州記念も結果的には内枠決着になったが、それも2レース前に伏兵スノーテーラーが派手に大外一気を決めたことで、各騎手の意識がより外に向いたことと無関係ではなかっただろう。実際人気だったナムラクレアも当初は外に狙いを定めていたが、慌ててインに切り替えたように見えた。外伸び馬場は出始めを狙う、あるいは傾向を復習される前の土曜日に狙う…とは以前も書いたと思うが、何事も先手先手が大事だと痛感させられた週末だった。

騎手の思惑といえば新潟2歳Sの直線の攻防も面白かった。勝ったキタウイング=戸崎騎手はゲートで出遅れて開き直れたこともあったのかもしれないが、各馬が外に持ち出す中、馬場の真ん中、馬群で言えば内を選択した。それも2レース前、同じ芝1600mで最内枠のアトリビュートに騎乗し馬群の内から伸びて来て好走したことが伏線としてあったように思う。

1レース単体ではなく、土日の騎乗を線で見ていると騎手の思惑がよく見えるようになる。とりわけ馬場を考えて乗っている騎手ほど、その動きの意図がわかる。鮫島駿騎手や丹内騎手などは内伸びの馬場と判断すればとにかくインに持っていく意識が強いし、田辺騎手などはときに傾向と真逆のトライをしてくるのでそれはそれで面白い。また三浦騎手や内田騎手などはあまり馬場にこだわらず、我が道を行く傾向が強い。

今週末は各場最終週。馬場傾向が出やすく、結果にも直結するローカルの最終週なので、特に芝レースは騎手の思惑や意図を考えながら見ていると狙いが見えてくるかもしれない。

新潟記念展望

では、いつも通り最後は週末の注目馬で締めたい。今週末は新潟競馬場で新潟記念が行われる。注目馬はコチラ。

サンレイポケット鮫島克駿騎手)

新潟記念の注目はサンレイポケット=鮫島駿騎手。前走の函館記念はキツイコーナーに苦しみ持ち味を生かせずに終わったが、左回りの長い直線となる舞台はベスト。実際新潟外回り2000mには過去3度挑戦し(1-1-1-0)と一度も崩れておらず、いずれも人気以上の好走を果たしている。恐らく荒れ馬場での開催となるので枠順もカギになるが、極端な内枠さえ避けられれば有力だろう。陣営としては秋の大一番に向けての賞金を稼ぐ必要もある一戦、巻き返しに期待したい。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2022年5月13日(金) 10:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(5/7~5/8) 本年度回収率ここまでトップと好調のシムーンプロが5週連続Vを決める
閲覧 747ビュー コメント 0 ナイス 4



8(日)に行われたG1NHKマイルCほか様々な的中がマークされた先週。
好成績を収めた注目プロ予想家をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
7(土)のG2京都新聞杯では◎アスクワイルドモアの単勝一点勝負的中を決め1,780%回収を達成。この日は、東京11RプリンシパルSの◎キングズパレス(「3走前から強烈な末脚を披露し続けているが、それでもモタれながらでのものでまっすぐ走れば更に真価発揮しそう。本質的には左回りのここでこそかもしれない。」)的中などの活躍も披露しました。8(日)には、勝負予想中京2R3歳未勝利サンライズタイタン(「出入りの激しいレースになったぶん止まってしまった前走だが、行きっぷり良化。今後の展望は開けた内容」)的中、中京10R橘Sウインマーベル的中などで好調をアピール。土日2日間トータルでは、回収率111%とし、5週連続週末プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →豚ミンCプロ
先週は、7(土)勝負予想新潟10R大日岳特別で◎ワンスカイサイヤダンサーショウナンラスボス的中計5万6000円払戻し(2,074%回収)マークのほか、G2京都新聞杯アスクワイルドモア的中、8(日)中京10R橘S的中などの活躍を披露。週末トータルでは、回収率126%をマークし、4週連続週末プラスとしています。
 
☆☆☆注目プロ →ジャンヌプロ
7(土)中京3R3歳未勝利カフジエニアゴン(単26.8倍)的中計19万6200円払戻し、同中京4Rグローツラング(単18.7倍)的中、8(日)新潟9R咲花特別カナリキケン(単21.2倍)的中計12万8000円のスマッシュヒットなどをマーク。週末トータルでは回収率110%を達成しています。
 
 
 
この他にも、いっくんプロ(175%)、佐藤洋一郎プロ(155%)、織本一極プロ(134%)、夢月プロ(116%)、教授プロ(116%)、回収率予報官プロ(102%←2週連続週末プラス)、馬単マスタープロ(102%)、暴君アッキープロ(101%)が回収率100%超をマークしています。
 
今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2021年12月1日(水) 11:49 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2021) ~第9回各ワールド上位者の考察~
閲覧 3,062ビュー コメント 0 ナイス 2

 今週から12月に突入。いよいよ今年も年の瀬が近付いてきました。「ウマニティPOG 2021」は開幕からおよそ半年が経過。12月12日には阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳G1・阪神芝1600m外)が、12月19日には朝日杯フューチュリティステークス(2歳G1・阪神芝1600m外)が、12月28日にはホープフルステークス(2歳G1・中山芝2000m内)が施行される予定で、各ワールドのランキングも大きく変動しそうです。後半戦の勢力図が概ね固まる、中盤のクライマックスと言って良いでしょう。

 なお、皆さんもご存知の通り、この秋は10月9日から3開催連続で阪神競馬が行われています。つまり、阪神ジュベナイルフィリーズは開幕から10週目、朝日杯フューチュリティステークスは開幕から11週目の馬場で施行されるということ。天候などにもよるとはいえ、芝コースに蓄積されたダメージがレースの結果を左右してしまう可能性もありそうです。出走予定馬の追加指名を検討するなら、このあたりの事情も考慮した方が良いかもしれません。

 今回は11月28日終了時点における各ワールドの上位プレイヤーと、その指名馬をひと通りチェックしてみました。残念ながらシーズン序盤で思うような結果を残せず、既に心を折られてしまっている方も少なくないはず。しかし、スペシャル以外の各ワールドは最後の仮想オーナー募集枠解放(来週12月6日)を控えていますし、この「ウマニティPOG」には「仮想オーナー馬数 拡大アイテム」や「未出走馬返却券」を活用することで指名馬のラインナップを変更できますから、まだほとんどのプレイヤーに上位進出の目が残っています。今後の入札、もしくは来シーズン以降を見据えた戦略検討のヒントとしてご活用ください。

 なお“JRA、かつ2歳のレース”における競走馬ごとの本賞金額(11月28日終了時点)トップ20は下記の通りでした。

【1位】セリフォス(シーフロントの2019) 7600万円
【2位】ナムラクレア(サンクイーン2の2019) 6080万円
【3位】キングエルメス(ステラリードの2019) 4660万円
【4位】ウォーターナビレラ(シャイニングサヤカの2019) 4610万円
【5位】イクイノックスシャトーブランシュの2019) 4500万円
【6位】ジャスティンロック(フラワーロックの2019) 4090万円
【7位】コマンドライン(コンドコマンドの2019) 4000万円
【8位】ナムラリコリス(ナムラキッスの2019) 3890万円
【9位】ジオグリフアロマティコの2019) 3800万円
【10位】サークルオブライフ(シーブリーズライフの2019) 3590万円
【11位】ラブリイユアアイズ(オープンユアアイズの2019) 3250万円
【12位】トーセンヴァンノ(トーセンソニアの2019) 2860万円
【13位】コラリン(モルジアナの2019) 2790万円
【14位】オタルエバー(ルージュクールの2019) 2780万円
【15位】ウインマーベルコスモマーベラスの2019) 2652万円
【16位】カワキタレブリー(カフジビーナスの2019) 2520万円
【17位】アサヒ(ライクザウインドの2019) 2490万円
【18位】カジュフェイス(タイキアプローズの2019) 2441万円
【19位】ダノンスコーピオン(レキシールーの2019) 2400万円
【19位】ドウデュース(ダストアンドダイヤモンズの2019) 2400万円

 JRA重賞を2勝以上しているのは、8月29日の新潟2歳ステークス(2歳G3・新潟芝1600m外)と11月13日のデイリー杯2歳ステークス(2歳G2・阪神芝1600m外)を制したセリフォスのみ。JRA重賞で4着以内となった回数が2回以上なのも、前出のセリフォスを除くとナムラクレアだけです。シーズン序盤としては自然な流れですが、突出した成績を収めている馬がいない分、全体的な層の厚さを問われる展開と言えるでしょう。

 1頭1オーナー制のスペシャルワールドでトップに立っているのは長澤まさみさん。獲得ポイントは2億8870万円で、2位のムーンシュタイナーさんと熾烈なトップ争いを繰り広げています。
 現時点における長澤まさみさんの“稼ぎ頭”はキングエルメス。2021年11月06日の京王杯2歳ステークス(2歳G2・東京芝1400m)を、単勝オッズ16.4倍(8番人気)の低評価を覆して完勝しました。また、2021年11月20日にはイクイノックスが東京スポーツ杯2歳ステークス(3歳以上G3・東京芝1800m)を制覇。ムーンシュタイナーさんもセリフォスらを指名していて、一般的なPOGグループなら断然のトップでもおかしくない好成績を収めていらっしゃるのですが、全体的な層の厚さを武器に長澤まさみさんが攻勢をかけている状況です。このお二方は年明け以降もトップ争いをリードすることになりそう。3位以下のプレイヤーもここから獲得ポイントを伸ばしてくるでしょうし、今後の展開が楽しみで仕方ありません。

 複数のプレイヤーが同一馬を指名できるスペシャル以外のワールドは、基本的にどこも混戦模様。2歳G1競走がひと通り終わった後には、勢力図がガラッと変わっているでしょう。
 しかし、そんな中で圧倒的な存在感を見せているのが、G1ワールドのよ~じさん。獲得ポイントは3億5291万円で、現在2位の鉄板ママさんに1億4千ポイント超の大差をつけていました。
 よ~じさんは第1回入札でコマンドラインの指名に成功。ここで筆頭仮想オーナーとなったため、コマンドラインの獲得ポイントは通常の1.5倍になります。この後にビッグレースを勝つようだと、ボーナス部分だけでもかなりのアドバンテージになりそうです。
 さらに、現時点で指名している19頭のうち14頭が(獲得後に)勝ち上がりを果たすなど、他の手駒も豊富。逆転可能なラインナップを今から揃えるのはちょっと難しいかもしれませんね。究極に近い成功例として、皆さんもよ~じさんの指名戦略をチェックしてみてください。

 G2ワールドは現在のところ雅夢。さんが首位。本賞金額トップ20にランクインしている指名馬こそいないものの、筆頭仮想オーナーになっているベルクレスタ(ベルアリュール2の2019)やスリーパーダ(シンハリーズの2019)らが重賞戦線で健闘し、獲得ポイントが積み上がりました。雅夢。さんも指名馬の勝ち上がり率が優秀なので、ここから後続との差を広げてくる可能性もあるんじゃないでしょうか。

 G3ワールドは1位から7位までをセリフォスの仮想オーナーが占める展開。現在はコマンドラインらも指名しているたち777さんがトップに立っています。筆頭仮想オーナーになっている指名馬こそゼロですが、既に10頭がオープンクラスのレースで5着以内に好走を果たすなど、来春まで存分に楽しめそうなラインナップです。筆頭仮想オーナーになっていないということは、手頃な落札額で的確に戦力を揃えてきたことの裏返し。過去の入札履歴をじっくり観察し、コツを学んでおいた方が良いかもしれません。

 オープンワールドは、ナムラリコリスらを指名している銀の荼毘さんがトップ。ナムラリコリスを落札したのは第4回入札、すなわちデビュー戦で2着に敗れた直後でした。新たに仮想オーナー募集枠が開放される分、G1を狙えるような素質馬は来週以降の入札で壮絶な奪い合いになりそう。ただ、仮想オーナー募集枠が余っている馬の中にも、ナムラリコリスのような妙味ある存在がまだまだたくさん隠れていると思います。悔いのない戦略補強ができるよう、しっかり作戦を練って今後の入札に臨みましょう。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる血統大全 2019-2020』(ガイドワークス)、『ウルトラ回収率 2019-2020』(ガイドワークス)、『WIN5攻略全書 回収率150%超! "ミスターWIN5"のマインドセット』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全2018秋~2019』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、「ウマニティPOG 2014」では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

ウインマーベルの口コミ


口コミ一覧
閲覧 217ビュー コメント 0 ナイス 4

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

日増しに秋の深まりを感じる季節となりました。
週末ぐらいは晴れてほしいが、秋雨模様??

で、今週末は変則3日連続JRA開催!!
競馬ファンにとっては、嬉しい悲鳴!?

我が家は、懐が悲鳴をあげています!?

【週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数20年分)
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数分析篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ分析篇)
木曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
金曜日 : お休み
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

※引き続き「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【“総合分析”予想 第9期最終結果】
第9期(9月10日~10月2日)9日間(紫苑S~スプリンターズS)9戦

最終週末は、当てる事ができたのか!?

土曜、G3シリウスSでは、2番ハヤブサナンデクンに注目!
ワイド(2-9)・複勝(2番ハヤブサナンデクン) 
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「シリウスS」で注目したハヤブサナンデクン(1人気)は、先団内ラチ沿い5,6番手追走から直線で一気に突き抜けて優勝…のはずが、伸びを欠き馬群へと沈み込んで7着…残念。レースは、中団から進出したジュンライトボルト(4人気)が、直線に入って抜け出し、内を突いて追い込んだハピ(2人気)に3/4馬身差をつけ優勝。さらに1.3/4馬身差の3着にオーヴェルニュ(7人気)が入り、中波乱決着!? 当然ながら馬券はハズレ…(ノД`)・゜・。 反省点として、軸馬選択の失敗!? 過去の傾向に「内枠・先行馬」優勢があり、さらに、前走を同舞台で圧勝(6馬身差)等から選択…残念。レース後の検証で、独自の血統データで注目したキンカメ産駒=1着ジュンライトボルト、母父キンカメ=2着ハピ がワンツー!! そんな中、ナンデクンの名前が無い…反省。
 

日曜、G1スプリンターズSでは、9番ナムラクレアに注目!
ワイド(7-9)・複勝(9番ナムラクレア) 
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「スプリンターズS」で注目したナムラクレア(2人気)は、先団6、7番手を追走から直線で一気に突き抜けて優勝…のはずが、4角大外を回る大幅ロス?? 伸びてはいるが馬券に絡めず5着入線…残念。レースは、競り合う前2頭を見る3番手に付けたジャンダルム(8人気)が、直線で先頭に立って押し切り、間を割って追い込んだウインマーベル(7人気)にクビ差をつけ優勝。さらに3/4馬身差の3着にナランフレグ(5人気)が入り、大波乱決着?? 当然ながら馬券はハズレ…(ノД`)・゜・。 反省点として、軸馬選択の失敗!? ただ、前走を含むデータからも自信をもって推せた1頭…残念。さすがに、優勝したジャンダルム(牡7)は、想定外!? …反省。
 

【総 評】
先週末、2戦2敗…惨敗みたいな感じ。当たらない時は、何をしても当たらない!? 今回、2レース共に相手馬(シリウスS=ジュンライトボルト(4人気)1着、スプリンターズS=ウインマーベル(7人気)2着)が馬券に絡む快挙?? 仮に、軸馬として複勝で買っていたら、ジュンライトボルト(250円)、ウインマーベル(510円)だっただけに…残念。今期は、最後に巻き返しを図るも大失敗?? 当然ながら収支は大幅にマイナス収支!! 現実を目の当たりにして、流石に落ち込みます…反省。初心に戻り、儲けるより当てることに重視!! 来期 第10期(10月8日~30日)9日間(サウジアラビアRC~天皇賞秋)10戦で頑張ります。


【重賞レースの馬番コンピ 回 顧 篇】
(シリウスS)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数2位"
8番ハピが該当=結果2着的中!(複勝170円)

(スプリンターズS)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数12~13位"
12位3番メイショウミモザが該当=結果12着ハズレ…(ノД`)・゜・。
13位8番ファストフォースが該当=結果10着ハズレ…(ノД`)・゜・。

【重賞レースの馬番コンピポイント篇】
(サウジアラビアRC)
注目(複勝)したのは、
"日刊馬番コンピ指数1位"

*無条件
過去7年内(3-3-1-0/7)
勝率42.9%/連対率85.7%/複勝率100%/単勝回収値91/複勝回収値120
近5年内 (3-2-0-0/5)
勝率60%/連対率100%/複勝率100%/単勝回収値128/複勝回収値152

出走頭数が少数でも複勝率100%だけに、今年も期待大!?


(毎日王冠)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数3位"

*無条件
過去10年内(3-1-1-5/10)
勝率30%/連対率40%/複勝率50%/単勝回収値140/複勝回収値89
近5年内 (1-1-1-2/5)
勝率20%/連対率40%/複勝率60%/単勝回収値116/複勝回収値102

2年連続出現していないだけに、今年は期待大!?


(京都大賞典)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数3位"

*無条件
過去10年内(2-1-2-5/10)
勝率20%/連対率30%/複勝率50%/単勝回収値114/複勝回収値91
近5年内 (1-0-1-3/5)
勝率20%/連対率20%/複勝率40%/単勝回収値124/複勝回収値96

2年連続出現中だけに、今年は期待薄!?


詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

 競馬戦略研究所所長 2022年10月6日(木) 06:54
重賞回顧 スプリンターズS
閲覧 115ビュー コメント 0 ナイス 3

2022年10月02日 中山 11R スプリンターズS(G1)

◎:3枠 6番 ナランフレグ
◯:7枠 13番 メイケイエール
△:3枠 5番 エイティーンガール
△:7枠 14番 ラヴィングアンサー
△:8枠 15番 シュネルマイスター
-----------------------------------
馬券  :単勝
購入金額:3,000円
馬/組番:◎
◎ (6)
-----------------------------------
馬券  :単勝
購入金額:3,000円
馬/組番:◯
◯ (13)
-----------------------------------
馬券  :馬単
買い方 :1着ながし(マルチ)
購入金額:8,000円
1着:◎(6)
相手:◯, △(13, 5, 15, 14)
各1,000円(合計 8,000円)
-----------------------------------
馬券  :3連単
買い方 :ボックス
購入金額:6,000円
馬/組番:60組
◎, ◯, △(6, 13, 5, 15, 14)
各100円(合計 6,000円)



超の付く遅い展開、内枠、先行断然有利のバイアスで、騎手の心理戦の様なレースになりました。その中で先行馬2頭を前に見る絶好の展開で、直線早めに抜け出して突き抜けたジャンダルムが優勝。人馬共にG1初制覇となりました。これでこの馬の先方も決まったはずで、晩成血統がこれから開花することに期待したいと思います。

 2着には1頭分外を差してきたウインマーベル。斤量も味方したとは思いますが、充実ぶりは目覚ましいです。次走は人気の有無に限らず狙いたい馬です。

 3着には所長◎のナランフレグ。先行馬有利な中、馬の力を信じて追い込んできたレース内容は評価してよいと思います。展開には左右されますが、メンバーが落ちればG1以外ならいつでも勝てる力がついてきました。

[もっと見る]

 YASUの小心馬券 2022年10月3日(月) 20:07
YASUの小心馬券 【レースコメント・回顧】 スプリンタ...
閲覧 129ビュー コメント 0 ナイス 9

【回顧】

YASUの本命はナムラクレア、結果は5着でした。



5着 ◎ナムラクレア(浜中俊騎手)

「今日の中山はインが強く、並び的に内へ入るのが難しかったです。馬の感じは良かったですが、枠や展開に左右されるレースでした。まだ3才ですし、今後に期待できると思います」



YASU:四角でメイケイエールの外に出した時点で危ないと感じました・・・、浜中騎手に北九州記念でのトラウマがあったのかもしれません、安全な外を回してしまいましたね・・・、騎手のメンタルまで読み切れなかった事が予想の敗因でした。

インが強いのは騎手も判っていたはずなのに我慢がきかなかったのでしょう、それと坂の部分で脚勢が鈍った印象を持ったのですが、阪神での好走もあり坂路でも力強い登りをみせていただけに少し心配。

今後に関しては悲観はしていません、来年は更に強いナムラクレアを期待したいです。



1着 ×ジャンダルム(荻野極騎手)

非常に良い枠を確保することができて、課題だったスタートもこなしてくれました。道中、直線とすごくスムーズに運べました。(先行有利の傾向は)もちろん頭にありました。手応え通りしっかり伸びてくれましたし、ラストも凌いでくれたので、ジャンダルムの力を発揮できたなと思います。 

(池江泰寿調教師)

「元々スプリント能力は高いと思っていましたが、デイリー杯2歳Sを勝ってホープフルSも2着となり、これはクラシックを目指さなくてはいけないと考えました。距離が長かったようで、この馬には可哀そうな事をしてしまったと思っています。



YASU:好枠と好調教から複穴ならとは思っていましたが、まさか勝利するとは・・・驚きでした。

1分7秒8と時計が少し掛かったことも7歳の同馬には良かったのかもしれません。

内枠を活かしきった好騎乗、人気薄故の積極競馬が出来た事も勝因でしょう。



2着 △ウインマーベル(松山弘平騎手)

「良い状態で厩舎の方々が持ってきてくれて、よく頑張ってくれました。今後が楽しみです。ただ、着差が着差だけに悔しいです。レースとしてはもう1列前のポジションを取りたかったのですが、最後までよく頑張ってくれました」



YASU:内枠の利を活かしきった騎乗は見事でした、それと共に、瞬時に反応できる同馬のセンスの良さに感服です。

やや進路が詰まりましたが、それがなければ勝利まであったかもしれません、時計面や戦ってきた相手を考えて△印までの評価でしたが、

スプリント戦で必要なスピードの持続力には素晴らしいものがあります。まだ成長が見込める三歳馬、来年は主役級の評価をしてよいでしょう。



3着 ・・・ナランフレグ(丸田恭介騎手)
「スタートしてすぐにちょっと接触があって、思ったよりも1列後ろになりました。それでも進路を見つけて、グンと伸びてくれました。力のある所は見せてくれました」



YASU:右回りの不安は杞憂でした・・・、流石にGⅠ馬、力を見誤っていました。近走は距離が長かった安田記念以外は成績も安定、脚質や騎手を考えると買いにくさがありましたが、強さは本物、鞍上も完全に手の内に入れている感じで、7歳になる来年もスプリント戦では無用なマイナスファクターを見つけないように気をつけなくては。



4着 ダイアトニック(岩田康誠騎手)
「少しゲートを出過ぎた感じでした。結果的には、番手はそこで良かったのですが、内と外の差が少し出た感じでした。最後まで止まらず、よく伸びています」



YASU:枠順と好騎乗が功を奏しましたね、逆に全てが上手くいっての④着、

年齢を考えても今回の結果以上を望むのは酷。

今後は内枠からすんなり先行できそうな相手関係で紐、少しでも人気するなら消すというような御付き合いですね。



7着 ○トゥラヴェスーラ(鮫島克駿騎手)
「上位に入った馬の枠や通ったコースを考えると、極端にインが有利でした。そんな中でも、もう少し上手く立ち回りたかったです。この馬は力がありますし、捌きひとつだと思います」



内から伸びては来ましたが、前は狭く、なかなか追えませんでした。

この敗戦で評価を下げる事はありません、むしろ馬柱汚れて人気を落すようなら、再度積極的に狙いたい。



9着 ・・・シュネルマイスター(横山武史騎手)
「陣営も工夫して調整してくれましたし、返し馬でも工夫して、やるべきことはやりました。ですが、外枠、この距離は忙しい、前が止まらない等、条件が全てで良くありませんでした。直線の不利も痛かったです」



YASU:確かに条件悪すぎました・・、マイルCSで。



14着 ×メイケイエール(池添謙一騎手)
「急かさずにこの馬のスピードに任せて運びました。無理して出していってませんし、ムキになって走ってもいませんでした。

 それなのに、今日は前走ほどの反応がありませんでした。普段なら、残り500mくらいから加速していくのですが、それがありませんでした。中2週と間隔が詰まっていたくらいしか、敗因が見つかりません」



YASU:ここまでの敗戦は想像していませんでした、中2週ローテ、そして現状は左回りが良いのかもしれません。

アイドルホースだけに馬券的に妙味は今後も少なく、ピンかバーの戦績でもあるので、常に懐疑的に付き合うのが得策かもしれませんね。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ウインマーベルの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
2:
  HELPRO   フォロワー:0人 2022年8月28日() 15:39:35
深山は底浅い。遠からず厩舎の化けの皮が剥がれる!
1:
  HELPRO   フォロワー:0人 2021年9月18日() 12:41:27
地方でも満足に乗れない鞍上が中央で騎乗など論外。
クズは早く居なくなるべし!

ウインマーベルの写真

ウインマーベル
ウインマーベル
ウインマーベル

ウインマーベルの厩舎情報 VIP

2022年10月2日スプリンターズS G12着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ウインマーベルの取材メモ VIP

2022年10月2日 スプリンターズS G1 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。