今週の重賞レース

2020年10月31日( 毎日放送賞スワンS G2 アルテミスステークス G3
2020年11月1日( 天皇賞(秋) G1
毎日王冠 G2   日程:2020年10月11日() 15:45 東京/芝1800m



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気 上がり
3F
通過順
1 7 9

サリオス

牡3 54.0 C.ルメー  堀宣行 538(+10) 1.45.5 1.3 1 34.1 ④④④
2 5 5

ダイワキャグニー

セ6 56.0 内田博幸  菊沢隆徳 498(-2) 1.46.0 10.6 4 34.9 ③③③
3 6 7

サンレイポケット

牡5 56.0 荻野極  高橋義忠 472(-4) 1.46.0 ハナ 18.9 5 34.4 ⑤⑤⑤
4 8 10

カデナ

牡6 56.0 三浦皇成  中竹和也 476(0) 1.46.1 1/2 25.0 6 34.2 ⑧⑦⑦
5 4 4

ザダル

牡4 56.0 田辺裕信  大竹正博 492(-2) 1.46.2 クビ 8.5 3 34.5 ⑤⑥⑤
6 6 6

トーラスジェミニ

牡4 56.0 木幡育也  小桧山悟 480(+4) 1.46.6 2 1/2 47.4 8 36.5 ①①①
7 1 1

コントラチェック

牝4 54.0 丸山元気  藤沢和雄 470(-2) 1.46.8 1 1/2 35.4 7 36.4 ②②②
8 2 2

ワンダープチュック

牡6 56.0 柴田大知  河内洋 512(0) 1.47.1 1 3/4 132.7 10 34.8 ⑨⑨⑩
9 3 3

アイスストーム

牡5 56.0 石橋脩  吉村圭司 518(+2) 1.47.1 クビ 77.7 9 35.1 ⑦⑦⑧
10 7 8

サトノインプレッサ

牡3 54.0 戸崎圭太  矢作芳人 484(+2) 1.47.2 クビ 8.2 2 35.1 ⑨⑨⑨
11 8 11

カイザーメランジェ

牡5 56.0 武藤雅  中野栄治 488(+18) 1.50.0 大差 328.3 11 37.6 ⑪⑪⑪
ラップタイム 12.5 - 10.7 - 11.3 - 11.7 - 11.8 - 12.1 - 11.8 - 11.9 - 11.7
前半 12.5 - 23.2 - 34.5 - 46.2 - 58.0
後半 59.3 - 47.5 - 35.4 - 23.6 - 11.7

■払戻金

単勝 9 130円 1番人気
複勝 9 110円 1番人気
5 180円 5番人気
7 170円 3番人気
枠連 5-7 500円 3番人気
馬連 5-9 580円 3番人気
ワイド 5-9 280円 3番人気
7-9 300円 4番人気
5-7 900円 14番人気
馬単 9-5 680円 3番人気
3連複 5-7-9 1,690円 6番人気
3連単 9-5-7 3,430円 9番人気

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

 ウマニティの会員数:293,818人(10月29日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

馬場
予想

【毎日王冠2020予想】枠順の有利不利が少ないコンディション!状況に合わせて柔軟に対応するのが吉!

土曜日の東京芝のレース結果、近年の毎日王冠の結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。

金曜日から降り続く雨の影響で、土曜日の芝コースは終日不良(JRA発表)でレースが行われた。11R・サウジアラビアRC(2歳G3・芝1600m)の勝ちタイムは1分39秒6。例年の開幕週よりも、かなり力を要する状態だったと推察される。

土曜日の結果を振り返ると、枠順の有利不利が比較的少ないコンディションだった。脚質についても同様で、一見すると中団に位置した待機勢が優位のように思えるが、9R・山中湖特別(2勝クラス・芝2000m)では4角3番手以内の馬が上位を独占している。展開次第で先行勢も踏ん張りが利く馬場とみて差し支えない。

ただし、日曜日の天気は不安定。降雨なく馬場の乾きが進めば、内の優位性が増す可能性もある一方で、雨量次第では路盤の緩みが進み、内を通る馬には厳しい馬場と化すことも考えられる。判断に悩ましいが、脚質や枠順に捉われることなく、その時の状況に合わせて、柔軟に対応するのが正解ではないか。

血統面に関しては、近年の毎日王冠の1~3着馬を検証すると、父サンデーサイレンス系×母の父ノーザンダンサー系の配合(逆を含む)馬が攻勢。近5年の1~2着馬延べ10頭のうち7頭を占めている。なかでも、重賞既勝馬の上位入線が多く、該当する馬は人気の有無にかかわらずチェックしておきたい。

今年の出走メンバーで条件を満たしているのは、⑨サリオス、⑩カデナ。従って当欄では、この2頭を狙いどころとして推奨する。

【馬場予想からの注目馬】
サリオス カデナ
プロ
予想

【毎日王冠2020予想】予想神「スガダイ」とラップ理論の新鋭「安井涼太」の特注馬大公開!

13開催連続プラス収支を達成した予想神『スガダイ』の重賞展望をお届け!
完全収支公開のガチンコ勝負を勝ち抜いた本気予想は必見です!

出演:スガダイ(予想神) キムラヨウヘイ(競馬プロファイラー) 安井涼太(ラップ理論の新鋭)

スガダイなどプロ予想家の予想を見る

調教
予想

【毎日王冠2020予想】目を引く動き示したサリオスが堂々のトップ-追い切りチェック(最終版)

日曜日に予定されている毎日王冠の出走馬の追い切りについて、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

①コントラチェック【B】
美浦南W併走。僚馬に後ろから突っつかれながらも、気負うところなく自分のリズムを保ち、体勢有利でゴールした。調教巧者なので過度の評価はできないが、気配自体は決して悪くない。要警戒の1頭だ。

②ワンダープチュック【C】
栗東坂路単走。首のアクションが悪く、前肢の出もやや窮屈で走りの見映えは今ひとつ。体重がありそうな乗り手を差し引いても物足りない感を受ける。評価は上げづらい。

③アイスストーム【B】
栗東CW単走。直線で最後まで手前が替わらなかったことはマイナスの反面、首を使ってリズム良く駆けているし、脚元の動きも力強い。及第点のデキにある。

④ザダル【C】
美浦南W併走。優勢の形でゴールしたのはいいのだが、四肢の可動域が狭く発汗も多め。活気があるというよりは、気負い過ぎの印象を受ける。展開や馬場など何らかの助けがないと、折り合い面で苦労するかもしれない。

⑤ダイワキャグニー【A
美浦坂路単走。やや右に張る仕草を出したが、集中を切らすことなく加速ラップをマークした。この馬とすれば落ち着きがあり、そのぶん最後までしっかりと脚を使えている。好仕上がり。

⑥トーラスジェミニ【C】
美浦坂路単走。四肢の動きは悪くないのだが、手前の替え方が下手なせいか、つまずいてバランスを崩すシーンも。坂路駆けしない馬とはいえ、心許ない内容であるのは確か。期待よりも不安のほうが先立つ。

⑦サンレイポケット【B】
栗東坂路単走。余裕ある手応えでテンポ良く駆け上がった。馬場状態の良い時間帯とはいえ、2ハロン目から12秒台のラップを持続的に刻んだ点は評価できる。好調キープとみていいのではないか。

⑧サトノインプレッサ【B】
栗東CW単走。体を持て余し気味の動きで、キレは感じないものの、最後までしぶとく脚を伸ばしており、自身の持ち味は出せている印象。この馬なりに順調だろう。

⑨サリオス【A
美浦芝併走。前を行く僚馬に行きっぷり良く並びかけ、手応えを十分に残したまま、同入の形でフィニッシュした。低い重心から繰り出す力強いフットワークは見応え十分。力を出せる仕上がりと判断したい。

⑩カデナ【B】
栗東坂路単走。右手前に替えた際の動きがぎごちなく映るが、それはいつものこと。首を効果的に使った走りをみるに、状態は悪くなさそう。あとは、実戦で上手くタメを作れるかどうか。そのあたりが焦点となる。

⑪カイザーメランジェ【C】
美浦坂路併走。懸命にシゴかれる僚馬を尻目に、悠々と先着を果たした。ただし、この程度の走りは常に見せる馬。長休明け、なおかつ別定G2の中距離戦で、好戦できる状態にあるかといえば疑問符が付く。

【調教予想からの注目馬】
A判定は2頭。トップ評価は⑨サリオスとする。行きっぷりの良さと力強い脚さばきは目を引くものがあった。乗り込み量の不足もなく、秋初戦とすれば理想的な仕上がり具合ではないか。

2番手は⑤ダイワキャグニー。南Wで行われた1週前追いでは軽快なフットワークで及第点のタイムをマーク。今週の坂路追いでは4ハロン自己ベストを記録した。去勢手術明けだが、帰厩後の攻め過程は至って順調。動ける態勢とみたい。

<注目馬>
サリオス ダイワキャグニー

追い切りニュース

追い切りニュースをもっと見る

 ウマニティの会員数:293,818人(10月29日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

厩舎
の話

【毎日王冠2020予想】サトノインプレッサ「いい感じで筋肉ついた」 ダイワキャグニー「去勢で体つきシャープに」

 ◆アイスストーム・吉村師「ここ目標に調整。3走前にメイSで勝っているように、東京芝1800メートルはベスト」

 ◆カイザーメランジェ・中野師「右前脚の剥離骨折明けだが、力を出せる仕上がり。距離は大丈夫」

 ◆カデナ・中竹師「時計はあんなものでしょう。しっかりできたし、仕上がりはいい」

 ◆コントラチェック・藤沢和師「前走のクイーンS(10着)は難しい競馬になった。きっかけをつかんでほしい」

 ◆ザダル・大竹師「先週、しっかり追って上向いています。今後のことは考えずにここを目標にやってきた。強い相手にどんな競馬をしてくれるか」

 ◆サトノインプレッサ・矢作師「背も伸びて、筋肉がいい感じでついてきた。相手が強いここでどういうレースをできるか楽しみ」

 ◆サンレイポケット・高橋忠師「前走後も元気いっぱい。テンションを考えて来週に使うよりここに前倒し」

 ◆ダイワキャグニー・菊沢師「(去勢して)体つきがシャープになった。馬房での落ち着き具合は以前とはまるで別の馬みたい」

 ◆トーラスジェミニ・木幡育騎手「自分の競馬ができれば、いい走りをしてくれる。東京でも上位の成績を残しているし、楽しみです」

 ◆ワンダープチュック・河内師「動きはよかった。時計がかかるのはいい」

毎日王冠の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

データ
予想

【毎日王冠2020予想】減点ナシは、トップ評価のサリオスとあの2頭!

【前走レース格】

2010年以降の2着以内延べ20頭は、例外なく前走で重賞に出走していた。ただし、重賞であれば何でもいいわけではなく、前走でハンデ重賞を使用していた馬が2着連対圏に入ったケースはゼロ。その点には注意したい。

【前走着順】

前走の着順についてはG1ならば不問だが、G2は8着、G3ならば7着が最低ライン。2010年以降の2着以内全馬がこの条件を満たしていた。

【重賞実績】

2010年以降の1~2着延べ20頭には、いずれも重賞で2着以内の好走経験があった。重賞連対実績がない馬は、ことごとく3着以下に敗れている。

【データ予想からの注目馬】
上記3項目で減点がないのは、サトノインプレッササリオスダイワキャグニーの3頭。最上位にはサリオスを推す。2010年以降、前走日本ダービー出走馬は【2.2.0.4】と合格点レベルの成績。昨年の毎日王冠日本ダービー2着からの臨戦だった、ダノンキングリーが勝利を収めていることも追い風になりそうだ。

同じく前走日本ダービー組のサトノインプレッサを2番手に。東京でキャリア全8勝を挙げ、当該コースでも【5.0.0.3】の良績を残しているダイワキャグニーも上位評価に値する。

<注目馬>
サリオス サトノインプレッサ ダイワキャグニー

このレースの傾向やデータをもっと見る

U指数
予想

【毎日王冠2020予想】古馬初対戦の3歳馬ながら指数上位のサリオスが不動の軸!

このレースは例年、頭数があまり多くならないことに加え、実績断然のG1馬や、G1タイトル獲得が視野に入る実力馬の参戦が頻繁に見られることも手伝って、大きな波乱が起こることはほとんどない。U指数に目を向ける前に、過去5年間の2着以内馬の10頭すべてが、5番人気以内という点を押さえておくべきだろう。すなわち、指数も人気も上位の馬には、無理に逆らわないほうがいいということである。


また、低い指数ながらも好走するのは、人気を集めている古馬初対戦の3歳馬とたいてい相場が決まっている。2018年2着のステルヴィオ(8位、3番人気)、2019年1着のダノンキングリー(7位、1番人気)などはまさにその典型的なパターン。春のクラシック路線でしのぎを削るなど、目立つ戦績を有する3歳馬であれば、多少指数が低くても軽く扱ってはいけない。

以上の傾向を鑑みると、古馬初対戦の3歳馬ながらもU指数3位に付けているサリオス(98.2)には、別格の評価を与える必要があるだろう。1番人気必至で馬券妙味はなくても、逆らないほうが賢明と判断する。以下、指数1位の重賞3勝馬カデナ(98.7)、最下位11位も上位人気が予想される3歳馬のサトノインプレッサ(91.9)、無類の東京巧者で4位のダイワキャグニー(98.1)をマークしておきたい。

出走予定馬のU指数をチェックする

 ウマニティの会員数:293,818人(10月29日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

血統
予想

【毎日王冠2020予想】ディープインパクト産駒が3勝・2着4回、特に母の父Storm Catは圧巻の成績

東京芝1800mは父ディープインパクト×母の父Storm Catが存在感を放つコースで、本競走においても「3-1-0-0」と申し分のない成績を残している。なお、17年においては同配合のリアルスティールとサトノアラジンで1・2着となっているため、2着の実績も決して取りこぼしているわけではない。ただし、逆説的に母の父Storm Cat以外のディープインパクト産駒は「0-3-3-26」と勝ちあぐねている傾向も気になるところ。

また、Storm Catに注目すれば、18年2着のステルヴィオも父ロードカナロア経由で抱えており、10年8番人気2着・11年10番人気4着と人気薄ながら2年連続で健闘したエイシンアポロンもStorm Cat直仔のGiant's Causeway産駒だ。

サトノインプレッサは、父ディープインパクト×母サプレザ(母の父Sahm)。母は09~11年にサンチャリオットS-英G1を3連覇しており、同年にマイルチャンピオンシップ(09年3着・10年4着・11年3着)で来日歴もある。本馬は体質的な弱さを抱えながらも3連勝で20年毎日杯-G3を制覇。前走日本ダービー-G1も進路を探しながら4着まで押し上げていた競馬は評価できる内容で、ひと夏を越して成長した姿を見せられれば一強に待ったをかけるだけの素質を秘めている。

サリオスは、父ハーツクライ×母サロミナ(母の父Lomitas)。母は12年独オークス-独G1の勝ち馬で、日本ではブエナビスタやマンハッタンカフェ、ソウルスターリングなどを出したドイツの名牝Schwarzgoldに遡る牝系。なお、父の産駒はジャスタウェイが12年12番人気2着・13年6番人気2着と人気薄ながら2年連続で好走している。デビューからマイル戦で3連勝、しかも2歳レコードを出すなど、字面のイメージと乖離している戦歴であることは否めないが、それがポテンシャルの違いによるものであれば、今後の飛躍に期待が持てるタイプと言えるかもしれない。

アイスストームは、父ストーミングホーム×母デザートチル(母の父Red Ransom)。いとこにOrder of St Georgeやミッドサマーフェアがいる血統で、2代母ストームソングは96年BCジュヴェナイルフィリーズ‐米G1など重賞を3勝(うちG1を2勝)。本馬は道悪や時計のかかる馬場はサッパリだが、対照的に高速馬場は得意としている。芝1800mも3勝を挙げる適距離なので、馬場次第では一考の余地が大いにありそうだ。なお、2代母の父Summer SquallがStorm Catと相似な血統構成であることも強調しやすい。

(文・シンヤカズヒロ)

【血統予想からの注目馬】
サトノインプレッサ サリオス アイスストーム

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

過去10年の結果

【毎日王冠2020予想】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2019年10月6日() 東京/芝1800m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 9 ダノンキングリー 戸崎圭太 1:44.4 1.6 1 33.4 102.6
2 3 アエロリット 津村明秀 1:44.6 1 1/4 4.0 2 34.5 101.3
3 4 インディチャンプ 福永祐一 1:44.8 1 1/4 5.0 3 34.4 99.9
4 6 ペルシアンナイト A.シュタルケ 1:44.9 1/2 13.0 4 34.3 99.3
5 5 ランフォザローゼス 北村宏司 1:45.0 1/2 98.4 8 34.2 98.6
2018年10月7日() 東京/芝1800m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 9 アエロリット J.モレイラ 1:44.5 2.3 1 33.8 103.7
2 5 ステルヴィオ C.ルメール 1:44.7 1 1/4 5.3 3 33.2 102.4
3 1 キセキ 川田将雅 1:44.7 クビ 15.8 6 33.9 102.4
4 3 ステファノス 福永祐一 1:44.7 ハナ 38.4 8 33.7 102.4
5 2 ケイアイノーテック 藤岡佑介 1:44.9 7.5 4 33.6 101.0
2017年10月8日() 東京/芝1800m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 8 リアルスティール M.デムーロ 1:45.6 5.8 3 32.8 99.8
2 12 サトノアラジン 川田将雅 1:45.6 クビ 8.7 5 32.6 99.8
3 7 グレーターロンドン 田辺裕信 1:45.8 1 1/2 6.9 4 32.6 98.4
4 3 ダイワキャグニー 北村宏司 1:45.8 ハナ 27.7 7 33.7 98.4
5 9 ヤングマンパワー 石橋脩 1:45.9 クビ 58.7 8 33.7 97.8

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【毎日王冠2020予想】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2013年の優勝馬エイシンフラッシュ

G1実績を持つ好メンバーが毎年のように集まるため、名勝負や話題の一戦には事欠かないレース。なかでも、オグリキャップイナリワンによる壮絶な叩き合いとなり、オグリがハナ差勝利した1989年の第40回は、日本競馬史上最高のレースのひとつに数えられる歴史的一戦として後世に語り継がれている。第49回(1998年)は断然人気のサイレンススズカが、エルコンドルパサーグラスワンダーという4歳(現3歳)2強を寄せ付けず圧勝劇を演じた。ほか、第50回(1999年)のグラスワンダー、第57回(2006年)のダイワメジャー、第64回(2013年)のエイシンフラッシュなど、G1勝ち馬の勝利多数。

歴史と概要をもっと見る

毎日王冠特集 バックナンバー