会員登録はこちら
毎日王冠 G2   日程:2019年10月6日() 15:45 東京/芝1800m

レース結果

毎日王冠 G2

2019年10月6日() 東京/芝1800m/10頭

本賞金:6,700万 2,700万 1,700万 1,000万 670万


レコード:1分44秒2
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 8 9

ダノンキングリー

牡3 54.0 戸崎圭太  萩原清 454(0) 1.44.4 1.6 1
2 3 3

アエロリット

牝5 55.0 津村明秀  菊沢隆徳 516(0) 1.44.6 1 1/4 4.0 2
3 4 4

インディチャンプ

牡4 58.0 福永祐一  音無秀孝 476(+6) 1.44.8 1 1/4 5.0 3
ラップタイム 12.9 - 11.3 - 11.3 - 11.5 - 11.5 - 11.6 - 11.2 - 11.3 - 11.8
前半 12.9 - 24.2 - 35.5 - 47.0 - 58.5
後半 57.4 - 45.9 - 34.3 - 23.1 - 11.8

■払戻金

単勝 9 160円 1番人気
複勝 9 110円 1番人気
3 120円 2番人気
4 130円 3番人気
枠連 3-8 290円 1番人気
馬連 3-9 300円 1番人気
ワイド 3-9 140円 1番人気
4-9 180円 2番人気
3-4 260円 3番人気
馬単 9-3 420円 1番人気
3連複 3-4-9 360円 1番人気
3連単 9-3-4 1,000円 1番人気

毎日王冠のニュース&コラム

【毎日王冠】ダノンキングリー、GI馬5頭撃破!
 毎日王冠が6日、東京競馬場で10頭によって争われ、1番人気の3歳馬ダノンキングリーが出遅れて道中最後方の位置取りから差し切り、重賞2勝目を挙げた。次走は優先出走権を得た天皇賞・秋ではなくマイルCS(11月17日、京都、GI、芝1600メートル)に向かう。 スタート直後のスタンドの悲鳴が、直線では大歓声に変わった。出遅れを挽回して、1番人気の3歳馬ダノンキングリーが年長のGIホース5頭を一蹴。秋初戦で素質の高さをアピールした。 「きょうは馬の力で勝たせてもらいました」 まさかの出遅れで冷や汗をかいた戸崎騎手が、馬の能力をたたえた。昨年の覇者アエロリットがマイペースで逃げる流れを、最後方で追走。直線に入るとアエロリットとインディチャンプのGI馬2頭が叩き合いを繰り広げるなか、外からグイグイと追い上げ、最後は余裕の手応えで差し切り。まさに完勝だった。 「馬場がいいし、時計も速いから、いいところにつけていきたかったんですが、後手に回ってしまって…。そこからはリズムよく運んで手応えもあったし、この馬の切れ味を出せました」 デビューから手綱を取り続けている馬で、「大きなタイトルを」と話していた鞍上も喜びを隠せない。春は皐月賞3着、日本ダービー2着と惜しいところで取れなかったGIの勲章だが、「夏を越えて心身とも成長したと感じましたし、GIでも活躍してくれると思います」と改めて手応えを得ていた。 これが節目のJRA通算600勝となった萩原調教師は「出遅れてしまったりしましたが、強い勝ち方をしてくれました」と胸をなで下ろし、馬主が同じダノンプレミアムがいる天皇賞・秋ではなく「この後はマイルCSを考えています」と見通しを語った。 春に取り損ねたぶんを取り返す秋が“開幕”。「僕もわくわくしていますよ」と戸崎騎手が話すダノンキングリーが、頂点に立つ日は近い。 (柴田章利)ダノンキングリー 父ディープインパクト、母マイグッドネス、母の父ストームキャット。黒鹿毛の牡3歳。美浦・萩原清厩舎所属。北海道浦河町・三嶋牧場の生産馬。馬主は(株)ダノックス。戦績6戦4勝。獲得賞金2億4181万2000円。重賞は2019年GIII共同通信杯に次いで2勝目。毎日王冠は萩原清調教師が初勝利。戸崎圭太騎手は16年ルージュバックに次いで2勝目。馬名は「冠名+王にふさわしい。王位に君臨することを願って」。★6日東京11R「毎日王冠」の着順&払戻金はこちら
2019年10月7日(月) 05:07

 1,277

【毎日王冠】インディチャンプ、好スタートも最後に後退3着
 今年の安田記念の覇者インディチャンプは伸びきれず3着。アエロリットをマークする形で追走し、直線では一旦先頭に立ったが、残り1ハロン過ぎから苦しくなって後退した。 福永騎手は「普段のゲート練習の成果でいいスタートが切れた。2番手でもムキにならず、折り合いもスムーズでリラックスできていた。あと200メートルで脚いろが鈍ったのは距離なのか、斤量(58キロ)なのかは断定できない」と振り返った。次走はマイルCSを予定。★6日東京11R「毎日王冠」の着順&払戻金はこちら
2019年10月7日(月) 05:06

 400

【毎日王冠】アエロリット、必勝パターンに持ち込むも2着
 連覇を狙ったアエロリットは1馬身1/4差の2着。先手を取って1000メートル通過が58秒5というよどみない流れをつくり、直線ではインディチャンプを競り落として必勝パターンに持ち込んだが、最後は外から追い込んだダノンキングリーの切れ味に屈した。 「ちょうどいいペースで“これなら”と思ったのですが…。勝ち馬の切れ味に及びませんでしたが、最後も差し返して2着と力のあるところは見せた。せっかくもらったチャンスで勝てなかったのが悔しい」と津村騎手は唇をかんだ。次は天皇賞・秋(27日、東京、GI、芝2000メートル)に進む予定だ。★6日東京11R「毎日王冠」の着順&払戻金はこちら
2019年10月7日(月) 05:06

 398

【毎日王冠】レースを終えて…関係者談話
 ◆シュタルケ騎手(ペルシアンナイト4着)「勝ち馬は強かった。この馬には少し緩い馬場だったが、よく走っている」 ◆北村宏騎手(ランフォザローゼス5着)「集中力を切らさないようにレースを運んだ。最後も差を詰めてきたし、頑張っている」 ◆内田騎手(モズアスコット6着)「休み明けで距離も1800メートルだったのでじっくりと進めた。しまいはしっかりと脚を伸ばしているし、これを使って良くなるでしょう」 ◆岩田望騎手(ギベオン7着)「道中の隊列が厳しくて流れも速かった。そのなかでも一生懸命走っています」 ◆服部茂騎手(ハッピーグリン8着)「距離が短くなって少し戸惑ったのか、反応が鈍かった」 ◆幸騎手(ケイアイノーテック9着)「積極的な競馬をしたが、これまでのようにためる形の方がいいのかも」 ◆柴田大騎手(マイネルファンロン10着)「コーナー4つの2000メートルぐらいが競馬がしやすいと思う」★6日東京11R「毎日王冠」の着順&払戻金はこちら
2019年10月7日(月) 05:05

 549

毎日王冠のニュースをもっと見る >

【毎日王冠】厩舎の話
 アエロリット・菊沢調教師「いい感じ。去年は重い感じがしたが、今年は久々としては十分」 インディチャンプ・生野助手「まだ緩さを感じる。安田記念のときのデキにあれば1800メートルはこなせると思うが…」 ギベオン・藤原英調教師「前走で力を示した。リフレッシュし、その前走より良くなっている」 ケイアイノーテック・平田調教師「先週CWでしっかりやったので坂路で。動きは良かった」 ダノンキングリー・萩原調教師「動きは良く、順調。秋初戦としては仕上がりは悪くない」 ハッピーグリン・田中淳調教師「動きにパワーアップが認められる。今季一番の状態で臨める」 ペルシアンナイト・池江調教師「前走は小回りで窮屈な競馬。ワンターンの東京千八はいい」 マイネルファンロン・平塚助手「単走だったが、動きは良かった。この相手でどこまで」 モズアスコット・矢作調教師「やるごとに動きは良くなっている。春の使い出しよりいい」 ランフォザローゼス・北村宏騎手「動きは問題ない。東京の1800メートルにも対応できると思う」(夕刊フジ)★毎日王冠の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年10月3日(木) 10:40

 2,228

【毎日王冠】インディチャンプ、仕上がり絶好
 毎日王冠の追い切りが2日、東西トレセンなどで行われた。栗東では、安田記念を制したインディチャンプが、坂路の併せ馬で4ハロン51秒1。力強い走りで1馬身半先着し調教評価『S』となった。4カ月ぶりの始動戦に向けて、仕上がりは上々だ。 前夜の雷雨で湿ったウッドチップを力強く蹴り上げた。春のマイル王・インディチャンプが、4カ月ぶりの復帰戦に向けて確かな伸び。動きを見届けた音無調教師は満足げに切り出した。 「予定通りの併せ馬で速い時計を出して、これでできたんじゃないかな。このひと追いと輸送で前回からプラス2、4キロくらいで出せそう」 京都大賞典に出走するダンビュライトと、2週続けて併せ馬を敢行。先行する形でパワフルに駆け上がっていく。ゴール前で軽く仕掛けられるともうひと伸びしてフィニッシュ。余力残しで4ハロン51秒1-12秒3をマークして、1馬身半先着した。調教評価はただ1頭、最高評価の『S』。目一杯の仕上げではないが、しっかり負荷をかけて態勢を整えてきた。 昨春の毎日杯3着以来の1800メートル戦ながら、舞台設定はいい。東京コースでは2戦2勝、左回りでは3戦3勝と無類の強さを発揮する“サウスポー”。福永騎手は「左回りでは走りがよりスムーズ」とうなずく。また、春の始動戦(マイラーズC4着)に比べて精神面の成長があるのも心強い。担当の内徳厩務員は「マイラーズCは帰厩時からうるさくて、それをレースまで引きずっていた。今回は落ち着いているよ」と違いを証言する。 音無調教師は「距離は少し長い気がするけど、やってみないと分からない。ここで走れれば今後の幅が広がる」と結んだ。春秋マイルGI制覇を狙う今シーズン初戦。得意の舞台で王冠を勝ち取り、大一番に駒を進める。(川端亮平)★ 毎日王冠の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年10月3日(木) 05:07

 1,880

【毎日王冠】アエロリット、坂路併せ順調
 アエロリットは、坂路で4ハロン51秒6-13秒1。前を行く他厩舎の併せ馬を目標に加速して馬なりで好時計を出した。菊沢調教師は「ちょうどいい感じ。去年は重い感じがしたので、意識的に負荷をかけていた。今年は休み明けとしては十分」と納得の表情だ。 オグリキャップ(1988&89年)以来、史上2頭目の連覇に向けては、「ジョッキーと馬がコミュニケーションを取りながら進んで、最後に踏ん張れるように」と初コンビの津村騎手に期待を寄せていた。★ 毎日王冠の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年10月3日(木) 05:06

 1,060

【毎日王冠】ダノンキングリー、態勢万全
 日本ダービー2着のダノンキングリーは、Pコースで併せ馬。5ハロン66秒0-12秒2を馬なりでマークし、ゴール前で仕掛けられる相手と同時入線。萩原調教師は「動きはよかったと思うし、順調。秋初戦として仕上がりは悪くない」と態勢が整ったことを強調した。 2週前に騎乗して感触を確かめている戸崎騎手は「芯がしっかりして、いい感じで夏を越したなと感じましたね。年長馬が相手でもやれると思うし、デビューから乗っている馬で、春は惜しい競馬が続いたから、大きなタイトルを取らせてあげたい。まずは秋初戦をいい形で」とやる気を見せた。★ 毎日王冠の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年10月3日(木) 05:06

 1,192

毎日王冠の直前追い切り情報をもっと見る >

プロ予想家の的中情報


毎日王冠の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

10月6日 15:44更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv116 
1,000円 35,000円
Lv114 
140円 14,000円
Lv114 
300円 3,300円
Lv112 
360円 720円
Lv112 
110円 440円

的中情報をもっと見る >

毎日王冠過去10年の結果

2018年10月7日() 東京競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
1着 アエロリット J.モレイラ 1:44.5 2.3倍 103.7
2着 ステルヴィオ C.ルメール 1 1/4 5.3倍 102.4
3着 キセキ 川田将雅 クビ 15.8倍 102.4
2017年10月8日() 東京競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
2016年10月9日() 東京競馬場/芝1800m 天候: 馬場:稍重
1着 ルージュバック 戸崎圭太 1:46.6 3.3倍 104.1
2着 アンビシャス C.ルメール クビ 4.5倍 104.1
3着 ヒストリカル 横山典弘 75.3倍 100.7

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

毎日王冠のデータ分析とレース傾向

コース図東京芝1800m

1950年創設で秋の天皇賞が距離短縮された1984年からは1800mで行われているG2レース。有力馬がここをステップに秋のG1シリーズへ向かうこともあり、出走メンバーのレベルは高くなりがち。特に逃げ切って5連勝中のサイレンススズカに、無敗の3歳馬エルコンドルパサーとグラスワンダーの2頭がぶつかった1998年は“史上最高のG2”として語り継がれている。舞台の東京芝1800mは2コーナー寄りのポケットからスタートし、緩やかに向正面に入ると3コーナーまでは約750m。“府中の千八展開要らず”の格言があるように、比較的展開や枠順に左右されにくい。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

毎日王冠の歴史と概要


2013年の優勝馬エイシンフラッシュ

G1実績を持つ好メンバーが毎年のように集まるため、名勝負や話題の一戦には事欠かないレース。なかでも、オグリキャップイナリワンによる壮絶な叩き合いとなり、オグリがハナ差勝利した1989年の第40回は、日本競馬史上最高のレースのひとつに数えられる歴史的一戦として後世に語り継がれている。第49回(1998年)は断然人気のサイレンススズカが、エルコンドルパサーグラスワンダーという4歳(現3歳)2強を寄せ付けず圧勝劇を演じた。ほか、第50回(1999年)のグラスワンダー、第57回(2006年)のダイワメジャー、第64回(2013年)のエイシンフラッシュなど、G1勝ち馬の勝利多数。

歴史と概要をもっと見る >

毎日王冠の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年12月14日(
ターコイズステークス  G3
2019年12月15日(
朝日フューチュリティ  G1

競馬番組表

2019年12月14日(
5回中山5日目
4回中京5日目
5回阪神5日目
2019年12月15日(
5回中山6日目
4回中京6日目
5回阪神6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 アーモンドアイ 牝4
90,211万円
3 スワーヴリチャード 牡5
89,132万円
4 レイデオロ 牡5
88,155万円
5 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 マカヒキ 牡6
56,210万円
8 キセキ 牡5
52,914万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 サートゥルナーリア 牡3
31,176万円
2 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
3 クロノジェネシス 牝3
26,043万円
4 カレンブーケドール 牝3
25,685万円
5 ダノンキングリー 牡3
25,281万円
6 ダノンファンタジー 牝3
23,621万円
7 ヴェロックス 牡3
21,907万円
8 ラヴズオンリーユー 牝3
19,950万円
9 グランアレグリア 牝3
19,878万円
10 ワールドプレミア 牡3
19,473万円
» もっと見る