会員登録はこちら
毎日王冠 G2   日程:2018年10月7日() 15:45 東京/芝1800m

レース結果

毎日王冠 G2

2018年10月7日() 東京/芝1800m/13頭

本賞金:6,700万 2,700万 1,700万 1,000万 670万


レコード:1分44秒2
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 6 9

アエロリット

牝4 55.0 J.モレイ  菊沢隆徳 508(+6) 1.44.5 2.3 1
2 4 5

ステルヴィオ

牡3 55.0 C.ルメー  木村哲也 468(+6) 1.44.7 1 1/4 5.3 3
3 1 1

キセキ

牡4 58.0 川田将雅  中竹和也 504(+10) 1.44.7 クビ 15.8 6
ラップタイム 12.8 - 11.0 - 11.5 - 12.0 - 11.7 - 11.7 - 10.9 - 11.2 - 11.7
前半 12.8 - 23.8 - 35.3 - 47.3 - 59.0
後半 57.2 - 45.5 - 33.8 - 22.9 - 11.7

■払戻金

単勝 9 230円 1番人気
複勝 9 130円 1番人気
5 180円 3番人気
1 360円 6番人気
枠連 4-6 290円 1番人気
馬連 5-9 670円 2番人気
ワイド 5-9 310円 2番人気
1-9 780円 10番人気
1-5 1,270円 16番人気
馬単 9-5 1,060円 2番人気
3連複 1-5-9 3,250円 10番人気
3連単 9-5-1 10,170円 26番人気

毎日王冠のニュース&コラム

毎日王冠2着ステルヴィオ、マイルCSへ
 毎日王冠2着のステルヴィオ(美・木村、牡3)は、福島・ノーザンファーム天栄への短期放牧を挟んでマイルCS(11月18日、京都、GI、芝1600メートル)を目指すことが分かった。同馬が所属するサンデーサラブレッドクラブのホームページ上で10日に発表された。★ステルヴィオの競走成績はこちら
2018年10月11日(木) 05:00

 489

【毎日王冠】アエロ、盤石V!影をも踏ませぬ逃走
 第69回毎日王冠(7日、東京11R、GII、3歳上オープン国際(指)、別定、芝1800メートル、1着本賞金6700万円、1着馬に天皇賞・秋の優先出走権=出走13頭)ジョアン・モレイラ騎乗で1番人気のアエロリットが先手を奪ってそのまま押し切り、3度目の重賞V。レコードに0秒3差と迫る1分44秒5(良)の好タイムだった。優先出走権を獲得した天皇賞・秋への出走は流動的。1馬身1/4差の2着は3番人気のステルヴィオで、さらにクビ差の3着が6番人気のキセキだった。 夏に逆戻りしたような陽気のもと、芦毛の紅一点が“マジックマン”に導かれて躍動した。モレイラ騎手が手綱をとったアエロリットが、タフな東京芝1800メートルで影をも踏ませぬ独壇場。華麗な逃亡劇で押し切った。 「初めて日本でGIIを勝てて本当にうれしい。僕にとってアエロリットは特別な馬になりました」 1年半ぶりに訪れた東京であっさりと自身初のJRA・GII勝ちを決めた殊勲の鞍上が、優勝インタビューで“スペシャルフィリー(特別な牝馬)”という言葉を並べる。前日の9Rで日本で初めての騎乗停止処分を受けたが、集中力は途切れず、レースでは素晴らしいロケットスタート。「正直、先行する予定はなかった」と打ち明けたが、ペースを判断してアドバンテージを奪い、開幕週の絶好馬場でそれを生かし切った。 「馬体も、ファイティングスピリットも素晴らしく、間違いなくまたGIを取れる馬だと思います。僕自身、日本で長く乗れるよう努力しているところで、木曜日の(騎手免許1次試験の)合格発表が待ち遠しい」 相棒の頑張りとポテンシャルをたたえつつ、自身の奮闘ぶりも笑顔でアピールした。強豪牡馬を向こうに回しての1番人気に見事に応え、菊沢調教師もひと安心だ。 「直線が本当に長く感じました。今まで携わってくれた人たちのおかげで、本当にいい方向に成長してくれた。今日はモレイラ騎手と気分良さそうに走ってくれました」 春はGIで2戦続けて落鉄のアクシデント。そこで今回は前脚にエクイロックス(接着装蹄)を施す特別仕様で登場した。「今日は落鉄も大丈夫でしたね。もう完成の域にあると思うし、あとはとにかく無事にいってくれれば」。完成期を迎えた頼もしい愛馬を誇らしげに見つめた。 名手も太鼓判を押す次走のGI挑戦はマイルCS(11月18日、京都、GI、芝1600メートル)が濃厚。鞍上は未定だが、一段と輝きを増したモノクロームの男勝りが、秋のターフを熱く盛り上げることは間違いなさそうだ。(内海裕介)★7日東京11R「毎日王冠」の着順&払戻金はこちらアエロリット 父クロフネ、母アステリックス、母の父ネオユニヴァース。芦毛の牝4歳。美浦・菊沢隆徳厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)サンデーレーシング。戦績12戦4勝。獲得賞金3億3802万円。重賞は2017年GI・NHKマイル、GIIIクイーンSに次いで3勝目。毎日王冠は菊沢隆徳調教師、ジョアン・モレイラ騎手ともに初勝利。馬名は「隕石(フランス語)」。
2018年10月8日(月) 05:03

 612

【毎日王冠】キセキ、スランプ脱した3着
 第69回毎日王冠(7日、東京11R、GII、3歳上オープン国際(指)、別定、芝1800メートル、1着本賞金6700万円、1着馬に天皇賞・秋の優先出走権=出走13頭)6番人気のキセキは逃げたアエロリットをピタリとマーク。最後は突き放されたものの、しぶとく踏ん張って3着を確保した。菊花賞以来のVはかなわなかったが、スランプを脱して今後に光明の差す内容だった。 「早めに動かしてスタミナを生かす競馬をしようと思っていました。メンバーがそろっていて1頭だけ58キロを背負っていたことを思えば、すごくいい内容でした」と川田騎手は合格点を与えた。★7日東京11R「毎日王冠」の着順&払戻金はこちら
2018年10月8日(月) 05:02

 497

【毎日王冠】ステルヴィオ、力示した2着
 第69回毎日王冠(7日、東京11R、GII、3歳上オープン国際(指)、別定、芝1800メートル、1着本賞金6700万円、1着馬に天皇賞・秋の優先出走権=出走13頭)ステルヴィオは課題のスタートを決めて中団につけると、メンバー中最速となる上がり3ハロン33秒2の鋭い脚を発揮。激しい2着争いを制して、実力の一端を示した。 「いい競馬でした。休んでリフレッシュしたことで、速い脚を使ってくれた。勝った馬は強かったので仕方ない。この馬もGIレベルです」と、ルメール騎手は相棒の能力を再認識していた。木村調教師は「よく頑張ったと思います」と語るにとどめ、次走は未定。★7日東京11R「毎日王冠」の着順&払戻金はこちら
2018年10月8日(月) 05:02

 304

毎日王冠のニュースをもっと見る >

【毎日王冠】厩舎の話
 アエロリット・菊沢調教師「以前より落ち着きが出て調教をハードにやってこれた。いい筋肉がつき、すごい成長ぶり」 カツジ・松山騎手「オーバーワークにならないように気をつけた。位置取りを気にせず、リズム良く行きたい」 キセキ・辻野助手「リフレッシュ効果か、精神面で大人になった。叩いたらさらに良くなる感じで、もう少しシャープになれば理想的かな」 ケイアイノーテック・藤岡佑騎手「今週になって前向きさが出てきて、しっかり動けた。先々が楽しみになるレースを」 サウンズオブアース・藤岡調教師「距離を縮めるので、直前の追い切りはビシッとやった。札幌記念を使って状態は良化している」 サトノアーサー・池江調教師「サラッと順調に仕上がった。重馬場で勝っているが、エプソムCが良ならもっと弾けた」 サンマルティン・国枝調教師「今週のひと追いでデキは上がってくると思う。ハミを替えて乗りやすくなった」 スズカデヴィアス・児玉助手「追い切りはしっかり動けた。東京では結果が出ているし、期待」 ステファノス・福永騎手「相変わらず乗りやすいね。年齢的なものは感じなかった」 ステルヴィオ・木村調教師「動きは先週より良くなっているかな。体重は増えても、太めが残るタイプではない」 ダイワキャグニー・菊沢調教師「前走の一番の敗因は道悪。少しボーッとしてる感じもあったけど、今はフレッシュ」(夕刊フジ)★毎日王冠の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年10月4日(木) 11:52

 1,974

【毎日王冠】坂路で猛烈!アエロ、一番時計50秒5
 毎日王冠の追い切りが3日、東西トレセンで行われた。美浦では、安田記念2着以来となるアエロリットが、坂路でこの日の一番時計をマーク。自己ベストも更新するもので、サンケイスポーツ調教評価は最高の『S』となった。4カ月半ぶりも臨戦態勢は整っている。栗東ではケイアイノーテック、サトノアーサーが好追い切りを見せた。 収穫の秋へ待ったなし。鞍上にモレイラ騎手を迎える安田記念2着以来のアエロリットが、坂路の自己ベストを更新する豪快デモで、好発進へ力強くアピールした。 穏やかな秋空のもと、坂路を単走で加速。先週26日にWコースで併せ馬(4ハロン51秒8)を消化しており、リズムを重視した内容だったが、4歳秋の充実ぶりが力強いフットワークに表れる。最後も十分に余力を残しながら、4ハロン50秒5-12秒1の強烈フィニッシュだ。 「けさはウチの2歳未勝利で(4ハロン)53秒くらいで動けている。それだけ馬場状態がいいんでしょう」 全休日明けののんびりしたムードを一変させた衝撃走を、自ら手綱を取った菊沢調教師が平然と受け止める。とはいえ、次位のタイムに比べて1秒以上速い一番時計での自己ベスト越えは、さらなる進化を十二分に予感させるアクション。トレーナーも「この秋、一番違うのは以前より落ち着きが出たこと。テンションが上がらないから調教をハードにやってきたし、馬体も太め感がなく全体にいい筋肉がついている。すごい成長ぶりです」と、充実期を迎えた愛馬の変化に目を細める。 ヴィクトリアマイルで左前脚を、安田記念を右前脚を落鉄と、春はレースでのアクシデントにも泣かされた。蹄鉄(ていてつ)の種類を替えて万全の構えで臨む秋初戦は、モレイラ騎手とのコンビも実現する。 2日にJRA騎手免許1次試験を終えた名手は、昨年6月4日以来の東京参戦に「直線の長いフェアなコース。強い馬が活躍できるし、世界の競馬場のなかでも特に好きなコース」と気合十分で「アエロリットのレースはVTRで確認した。非常に能力のあるスペシャルな馬」と相棒の可能性にも手応えを隠さない。 毎日王冠後にはBCマイル(11月3日、米チャーチルダウンズ、GI、芝1600メートル)挑戦プランも浮上している。“世界基準”の名手と、まずは得意の府中でV発進を決める。 (内海裕介)★毎日王冠の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年10月4日(木) 05:12

 2,127

【毎日王冠】ダイワキャグニーに菊沢師納得「いい調教」
 エプソムC14着以来のダイワキャグニーは、Wコースで併せ馬。4ハロン51秒8、ラスト1ハロン12秒7でインテンスライト(2歳未勝利)に半馬身遅れたが「もっと遅くても良かったくらい。いい調教ができた」と菊沢調教師は納得。「前走の一番の敗因は道悪だけど、(2走前のメイSを)目いっぱい走ったあとで、少しボーッとしてる感じもあった。今はフレッシュだから」と巻き返しを意識している。★毎日王冠の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年10月4日(木) 05:10

 1,455

【毎日王冠】サトノアーサー、3馬身半先着
 サトノアーサーは、CWコースでの併せ馬で抜群の伸びを披露した。抑えきれないくらいの手応えで直線に向くと、先行したスプマンテ(1000万下)を内からあっという間にパス。馬なりで5ハロン66秒6、3ハロン38秒8-12秒0を計時し、悠々と3馬身半先着した。 水口騎手(実戦は戸崎騎手)は「調子のよさを感じた前走と同じくらいで、乗り心地がよくて成長も感じますね。パワーがすごいけど、以前ほど引っ掛からなくなって操縦性は上がっています」と充実ぶりを証言した。★毎日王冠の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年10月4日(木) 05:10

 1,388

毎日王冠の直前追い切り情報をもっと見る >

プロ予想家の的中情報


毎日王冠の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

10月7日 15:44更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv115 
230円 23,000円
Lv112 

10,170円
290円
32,250円
Lv111 
10,170円 10,170円
Lv110 
130円 390円
Lv110 
230円 2,300円

的中情報をもっと見る >

毎日王冠過去10年の結果

2017年10月8日() 東京競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
2016年10月9日() 東京競馬場/芝1800m 天候: 馬場:稍重
1着 ルージュバック 戸崎圭太 1:46.6 3.3倍 104.2
2着 アンビシャス C.ルメール クビ 4.5倍 104.2
3着 ヒストリカル 横山典弘 75.3倍 100.8
2015年10月11日() 東京競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
1着 エイシンヒカリ 武豊 1:45.6 4.9倍 102.8
2着 ディサイファ 四位洋文 1 1/4 6.7倍 101.4
3着 イスラボニータ 蛯名正義 クビ 9.2倍 101.4

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

毎日王冠のデータ分析とレース傾向

コース図東京芝1800m

1950年創設で秋の天皇賞が距離短縮された1984年からは1800mで行われているG2レース。有力馬がここをステップに秋のG1シリーズへ向かうこともあり、出走メンバーのレベルは高くなりがち。特に逃げ切って5連勝中のサイレンススズカに、無敗の3歳馬エルコンドルパサーとグラスワンダーの2頭がぶつかった1998年は“史上最高のG2”として語り継がれている。舞台の東京芝1800mは2コーナー寄りのポケットからスタートし、緩やかに向正面に入ると3コーナーまでは約750m。“府中の千八展開要らず”の格言があるように、比較的展開や枠順に左右されにくい。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

毎日王冠の歴史と概要


2013年の優勝馬エイシンフラッシュ

G1実績を持つ好メンバーが毎年のように集まるため、名勝負や話題の一戦には事欠かないレース。なかでも、オグリキャップイナリワンによる壮絶な叩き合いとなり、オグリがハナ差勝利した1989年の第40回は、日本競馬史上最高のレースのひとつに数えられる歴史的一戦として後世に語り継がれている。第49回(1998年)は断然人気のサイレンススズカが、エルコンドルパサーグラスワンダーという4歳(現3歳)2強を寄せ付けず圧勝劇を演じた。ほか、第50回(1999年)のグラスワンダー、第57回(2006年)のダイワメジャー、第64回(2013年)のエイシンフラッシュなど、G1勝ち馬の勝利多数。

歴史と概要をもっと見る >

毎日王冠の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年12月15日(
ターコイズステークス  G3
2018年12月16日(
朝日フューチュリティ  G1

競馬番組表

2018年12月15日(
5回中山5日目
4回中京5日目
5回阪神5日目
2018年12月16日(
5回中山6日目
4回中京6日目
5回阪神6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
92,522万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
86,512万円
3 レイデオロ 牡4
73,559万円
4 オジュウチョウサン 牡7
55,899万円
5 スワーヴリチャード 牡4
54,047万円
6 マカヒキ 牡5
48,298万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 ファインニードル 牡5
47,828万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
72,022万円
2 ワグネリアン 牡3
36,086万円
3 ステルヴィオ 牡3
27,773万円
4 エポカドーロ 牡3
27,016万円
5 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
6 フィエールマン 牡3
17,886万円
7 ケイアイノーテック 牡3
17,668万円
8 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
9 ルヴァンスレーヴ 牡3
16,344万円
10 エタリオウ 牡3
14,754万円
» もっと見る