シュネルマイスター(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
シュネルマイスター
シュネルマイスター
写真一覧
現役 牡3 鹿毛 2018年3月23日生
調教師手塚貴久(美浦)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者Northern Farm
生産地
戦績 2戦[2-0-0-0]
総賞金1,735万円
収得賞金900万円
英字表記Schnell Meister
血統 Kingman
血統 ][ 産駒 ]
Invincible Spirit
Zenda
Serienholde
血統 ][ 産駒 ]
Soldier Hollow
Saldenehre
兄弟
前走 2020/12/19 ひいらぎ賞
次走予定

シュネルマイスターの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/12/19 中山 9 ひいらぎ賞 1勝クラス 芝1600 12561.911** 牡2 55.0 C.ルメー手塚貴久474(+14)1.35.8 -0.535.4⑤⑥④ワザモノ
20/09/05 札幌 5 2歳新馬 芝1500 14692.111** 牡2 54.0 横山武史手塚貴久460(--)1.30.5 -0.134.7⑦④テンウォークライ

シュネルマイスターの関連ニュース

 ★ホープフルS2着オーソクレース(美・久保田、牡)は、近日中に福島・ノーザンファーム天栄へ放牧に出される。次走は未定だが「ダービーが最大目標。そこでベストにもっていくローテになると思う」と久保田師は話しており、皐月賞(4月18日、中山、GI、芝2000メートル)直行の可能性もある。

 ★ひいらぎ賞1着シュネルマイスター(美・手塚、牡)は、皐月賞TRの弥生賞(3月7日、中山、GII、芝2000メートル)かスプリングS(同21日、中山、GII、芝1800メートル)へ。

 ★12月27日の中山未勝利戦(ダ1800メートル)1着オンザライン(美・大和田、牡)は、京成杯(17日、中山、GIII、芝2000メートル)へ。

 ★葉牡丹賞1着ノースブリッジ(美・奥村武、牡)は、共同通信杯(2月14日、東京、GIII、芝1800メートル)へ。同レースには、朝日杯FS8着カイザーノヴァ(栗・矢作、牡)も参戦予定。

 ★12月20日の中山未勝利戦(芝2000メートル)1着ロードトゥフェイム(美・尾形、牡)は、若竹賞(24日、中山、1勝クラス、芝1800メートル)へ。

 ★12月27日阪神の未勝利戦(芝1200メートル)を勝ったナリタエール(栗・宮本、牝)は、萌黄賞(23日、小倉、1勝クラス、芝1200メートル)に進む。

【ひいらぎ賞】シュネルマイスターがデビュー2連勝 2020年12月20日() 04:45

 19日の中山9Rひいらぎ賞(2歳1勝クラス、芝1600メートル)は、1番人気のシュネルマイスター(美・手塚、牡、父キングマン)が中団から直線で鋭い決め手を繰り出し、新馬戦からの連勝を決めた。ルメール騎手は「冷静に走れていたし、いい瞬発力で最後も余裕があった。能力は高いですね」と絶賛した。次走は未定。

[もっと見る]

【ひいらぎ賞】1番人気シュネルマイスターが中団から差して2連勝 2020年12月19日() 15:45

 12月19日の中山9R・ひいらぎ賞(2歳1勝クラス、芝・外1600メートル)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の1番人気シュネルマイスター(牡、美浦・手塚貴久厩舎)が中団待機から徐々にポジションを上げ、直線の坂を上がってからグンと伸びてデビュー2連勝を飾った。タイムは1分35秒8(良)。

 3馬身差の2着にはワザモノ(6番人気)、さらに3/4馬身差遅れた3着にアラビアンナイト(2番人気)が続いた。

 ひいらぎ賞を勝ったシュネルマイスターは、父キングマン、母セリエンホルデ、母の父ソルジャーホロウという血統のドイツ産馬。

 ◆クリストフ・ルメール騎手(1着 シュネルマイスター)「冷静に走れていたし、いい瞬発力で最後も余裕があった。能力は高いですね」

★19日中山9R「ひいらぎ賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【俺のチェックポイント】ドゥラモンドに手塚師自信 2020年12月17日(木) 05:00

 現場記者が日替わりで、朝日杯FS出走馬の気になる点を関係者に迫る『俺のチェックポイント』。最終追い切りが行われた3日目は、東京サンスポの板津雄志記者が美浦トレセンでデビュー連勝中のドゥラモンドに注目。スピード決着への適応力、追い切りの動き、ゲート内の駐立について陣営を直撃した。

 ◇

 関東馬が少数で、美浦で取材する身としては寂しいが、メンバー的には侮れない。特にドゥラモンドはデビュー2戦2勝で、前走のアスター賞も鮮やかな勝ちっぷり。出負けして後方からの競馬になったが、仕掛けられてからの反応が抜群で、あっという間に先頭に立った。瞬発力はかなりのものがある。

 ただ、ひとつ気になるのは、デビュー2戦ともに稍重馬場で走破時計の裏付けがないこと。同じマイル戦の前走が1分37秒1。もちろん舞台は中山と阪神で異なるが、単純に先週の阪神JFの決着タイム(1分33秒1)に当てはめると4秒もの時計短縮が求められる。

 「時計は詰められるよ。運動神経もいいし、(しまいの)切れもある。むしろ良馬場の方がいいと思っている」

 私の質問に、手塚調教師からはあっさり“大丈夫”との答えが返ってきた。改めて前走を見ると、肩ムチを入れた程度で余裕を残してのV。まだまだ能力を隠していそうで、血統的にも父ドゥラメンテ日本ダービーを当時のレースレコードで勝ったのだから、心配することなんてないのかもしれない。

 最終追い切りの動きも脚取りは軽快だ。美浦Wコースで僚馬シュネルマイスター(2歳1勝クラス)を先導する形で進み、馬なりのまま5ハロン69秒0-12秒7で併入した。調整役の平塚助手は「輸送もあるので、先行して気合を入れすぎない程度にしまいだけ。新馬から前走の間でも良くなっていたけど、今回もさらに走りのバランスが良くなって、テンションの面でも落ち着きが出ている」と確かな上積みを強調した。

 スタートを五分に出るかは別として、ゲート内の駐立に関しては、入念に練習の効果で我慢できているとのこと。一戦ごとに顕著な進化を見せるドゥラモンドは、やはり要チェックな存在だ。(板津雄志)



朝日杯FSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【2歳新馬】札幌5R シュネルマイスターが好発進 2020年9月6日() 04:45

 中団から追い上げた1番人気のドイツ産馬シュネルマイスター(美・手塚、牡、父キングマン)が、直線できっちり抜け出した。母セリエンホルデは2016年のドイツオークス馬。「調教でも返し馬でも緩いなと感じていました。直線で突き放せなかったのも、そのあたりの緩さだと思います。気持ちの面とか課題はありますが、いい馬です」と横山武騎手。次走は未定。

[もっと見る]

【札幌5R・新馬】ドイツ産馬シュネルマイスターが人気に応えて快勝 2020年9月5日() 13:21

 9月5日の札幌5R・2歳新馬(芝1500メートル)は、横山武史騎手騎乗の1番人気シュネルマイスター(牡、美浦・手塚貴久厩舎)が中団から徐々にポジションを上げ、4コーナー外から一気に前団をかわして初陣を飾った。タイムは1分30秒5(良)。

 3/4馬身差の2着にはテンウォークライ(8番人気)、さらに1馬身半差遅れた3着にファジェス(3番人気)が続いた。

 シュネルマイスターは、父キングマン、母セリエンホルデ、母の父ソルジャーホロウという血統のドイツ産馬。

 ◆横山武史騎手(1着 シュネルマイスター)「調教でも返し馬でも緩いなと感じていました。直線で突き放せなかったのも、その辺りの緩さだと思います。気持ちの面とか課題はありますが、いい馬です」

★5日札幌5R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

シュネルマイスターの関連コラム

閲覧 2,038ビュー コメント 0 ナイス 6

 今年も残すところあと3か月。今週末からは4回東京・4回京都・4回新潟が開幕します。
 9月中旬から10月中旬までの間に施行されるJRAの2歳限定重賞は、今週末10月10日のサウジアラビアロイヤルカップ(2歳G3・東京芝1600m)のみ。G1シーズンのスタートと重なっていることもあり、一時的にPOGへの関心を失っている方が多いんじゃないでしょうか。しかし、スペシャル以外の各ワールドでは現在も仮想オーナー募集枠を順次解放中。これまでの入札と比べて多少なりとも競争率が下がるようならば、手駒を揃える絶好のチャンスかもしれません。

 今回は注目POG馬ランキング(2020/10/07 12:00更新)の上位100頭を対象として、各馬の近況をまとめてみました。10月下旬以降の重賞戦線に向けた現状分析や、今後の入札を検討するうえでの参考資料としてご活躍ください。

 既に勝ち上がりを果たしている馬は37頭。ただし、このうち注目POG馬ランキングでベスト10入りを果たしている馬は3頭だけです。今シーズンは、いわゆる「POG本」などで大きく取り上げられた評判馬の多くが出遅れている印象。意外な展開に戸惑っているプレイヤーが多いのではないかと思います。

●1位 レガトゥスアドマイヤセプターの2018) 2戦1勝
●6位 サトノレイナス(バラダセールの2018) 2戦2勝
●8位 ヴィルヘルム(カイゼリンの2018) 2戦1勝
●11位 モンファボリ(フォエヴァーダーリングの2018) 2戦1勝
●13位 ステラヴェローチェ(オーマイベイビーの2018) 1戦1勝
●14位 モントライゼ(ムーングロウの2018) 3戦1勝
●15位 ダノンザキッド(エピックラヴの2018) 1戦1勝
●16位 ヨーホーレイク(クロウキャニオンの2018) 1戦1勝
●20位 ドゥラモンド(シーズインクルーデッドの2018) 2戦2勝
●22位 オーソクレースマリアライトの2018) 1戦1勝
●25位 ジャカランダレーンウリウリの2018) 2戦1勝
●32位 ラピカズマ(レイズアンドコールの2018) 4戦1勝
●34位 アスコルターレ(アスコルティの2018) 2戦1勝
●35位 ノックオンウッド(トゥアーニーの2018) 2戦1勝
●36位 リフレイム(Careless Jewelの2018) 1戦1勝
●40位 ダノンシュネラ(ラッドルチェンドの2018) 2戦1勝
●43位 ブルメンダールブルーメンブラットの2018) 1戦1勝
●44位 ワンダフルタウン(シーオブラブの2018) 2戦1勝
●48位 ホウオウアマゾンヒカルアマランサスの2018) 3戦2勝
●52位 バニシングポイント(Unrivaled Belleの2018) 1戦1勝
●59位 テネラメンテ(スターアイルの2018) 2戦1勝
●60位 グランデフィオーレ(グランデアモーレの2018) 4戦1勝
●63位 レッドベルオーブ(レッドファンタジアの2018) 2戦1勝
●66位 ドナウエレンドナウブルーの2018) 3戦1勝
●69位 シュヴァリエローズ(ヴィアンローズの2018) 2戦1勝
●70位 ソダシ(ブチコの2018) 2戦2勝
●76位 アドマイヤザーゲ(アコースティクスの2018) 1戦1勝
●78位 ミルウ(エルダンジュの2018) 2戦1勝
●79位 シュネルマイスター(Serienholdeの2018) 1戦1勝
●82位 タウゼントシェーン(ターフローズの2018) 2戦1勝
●84位 フラーズダルムクーデグレイスの2018) 3戦1勝
●93位 ヨカヨカ(ハニーダンサーの2018) 3戦3勝
●94位 ショックアクション(Reset In Blueの2018) 3戦2勝
●95位 ゾディアックサイン(レネットグルーヴの2018) 2戦1勝
●96位 リンゴアメ(マイネデセールの2018) 2戦2勝
●98位 ユーバーレーベン(マイネテレジアの2018) 2戦1勝
●99位 キングストンボーイダイワパッションの2018) 1戦1勝

 ちなみに、本賞金額はソダシ(ブチコの2018)とリンゴアメ(マイネデセールの2018)がトップタイ(各3800万円)、ショックアクション(Reset In Blueの2018)が単独3位(3790万円)、ヨカヨカ(ハニーダンサーの2018)が単独4位(3700万円)。これらの馬に関しては「ここからどれだけポイントを上積みできるか」という観点で獲得を検討すべきでしょう。

 デビュー済み、かつ未勝利の馬は30頭。デビュー戦で期待を裏切ってしまった評判馬は、心理的に指名しづらいかもしれません。もっとも、入札における人気がガタ落ちした馬もいますから、あえてこの辺りを狙ってみるのもひとつの手です。

●2位 スワーヴエルメアイムユアーズの2018) 1戦0勝
●3位 ルペルカーリアシーザリオの2018) 1戦0勝
●4位 セブンサミットシンハライトの2018) 2戦0勝
●5位 アークライト(ヒストリックスターの2018) 2戦0勝
●9位 ブエナベントゥーラブエナビスタの2018) 1戦0勝
●17位 レッドジェネシス(リュズキナの2018) 2戦0勝
●18位 ジュリオ(ヒストリックレディの2018) 1戦0勝
●19位 カランドゥーラ(ラストグルーヴの2018) 3戦0勝
●21位 サヴァニャン(サマーハの2018) 1戦0勝
●23位 グレナディアガーズ(ウェイヴェルアベニューの2018) 2戦0勝
●24位 トレデマンド(コンドコマンドの2018) 1戦0勝
●27位 ディアマンテール(ダイヤモンドディーバの2018) 2戦0勝
●28位 アカイトリノムスメアパパネの2018) 1戦0勝
●29位 リュラネブラ(リュラの2018) 2戦0勝
●30位 グランメテオール(ライラックスアンドレースの2018) 1戦0勝
●31位 サトノスカイターフ(シーヴの2018) 1戦0勝
●33位 パタゴニア(ライフフォーセールの2018) 1戦0勝
●38位 マオノジーナス(デアリングバードの2018) 1戦0勝
●42位 ヴェルナー(アディクティドの2018) 2戦0勝
●51位 ジェラルディーナジェンティルドンナの2018) 2戦0勝
●53位 トーセンアラン(アドマイヤキラメキの2018) 2戦0勝
●58位 サンデージャック(ホットチャチャの2018) 2戦0勝
●62位 グアドループ(マンビアの2018) 2戦0勝
●64位 ダノンランディ(インディアナギャルの2018) 1戦0勝
●68位 ジネストラハッピーパスの2018) 2戦0勝
●71位 ロジモーリス(メチャコルタの2018) 1戦0勝
●73位 バッソプロフォンド(レディオブオペラの2018) 1戦0勝
●86位 サンデーアーサー(シンハディーパの2018) 1戦0勝
●89位 ステラリア(ポリネイターの2018) 2戦0勝
●92位 ポルトヴェッキオ(ポルトフィーノの2018) 1戦0勝

 残る33頭は現時点で未出走。ただし、JRA-VANによると下記の13頭は10月6日時点で入厩済みとなっていました。おそらく近日中にデビューするでしょうし、指名を検討する価値は高いと思います。

●10位 アルマドラード(ラドラーダの2018) 0戦0勝
●26位 シテフローラル(ジョコンダ2の2018) 0戦0勝
●41位 グラティアス(マラコスタムブラダの2018) 0戦0勝
●46位 クリーンスイープスイープトウショウの2018) 0戦0勝
●47位 シャフリヤール(ドバイマジェスティの2018) 0戦0勝
●56位 テイクバイストーム(マザーウェルの2018) 0戦0勝
●74位 ロックユー(シャンロッサの2018) 0戦0勝
●83位 クイーンズキトゥン(ステファニーズキトゥンの2018) 0戦0勝
●87位 ミスフィガロ(ミスアンコールの2018) 0戦0勝
●88位 ルリオウ(デヴェロッペの2018) 0戦0勝
●91位 クライミングリリー(コンテスティッドの2018) 0戦0勝
●97位 ピエトラサンタ(マーゴットディドの2018) 0戦0勝
●100位 リエヴェメンテ(ヒルダズパッションの2018) 0戦0勝

 未出走、かつまだ入厩していない注目POG馬ランキング上位馬は下記の通り。

●7位 ディヴィーナヴィルシーナの2018) 0戦0勝
●12位 ザレストノーウェア(ミュージカルウェイの2018) 0戦0勝
●37位 ルナベイル(ピラミマの2018) 0戦0勝
●39位 グランワルツバウンスシャッセの2018) 0戦0勝
●45位 グラヴィル(アブソリュートレディの2018) 0戦0勝
●49位 リバースレー(モシーンの2018) 0戦0勝
●50位 ミッキーセレスタ(セレスタの2018) 0戦0勝
●54位 クルーク(クロノロジストの2018) 0戦0勝
●55位 ビッグリボン(ブリッツフィナーレの2018) 0戦0勝
●57位 フェットデメールディアデラマドレの2018) 0戦0勝
●61位 ディオスバリエンテディアデラノビアの2018) 0戦0勝
●65位 ギルティブラック(インナーレルムの2018) 0戦0勝
●67位 ローウェル(アンティフォナの2018) 0戦0勝
●72位 スレイマン(ドナブリーニの2018) 0戦0勝
●75位 ガルフォート(ポロンナルワの2018) 0戦0勝
●77位 アスクピーターパン(Straight Girlの2018) 0戦0勝
●80位 イシュタル(モヒニの2018) 0戦0勝
●81位 エスコーラ(サロミナの2018) 0戦0勝
●85位 クローヴィス(リリサイドの2018) 0戦0勝
●90位 ミッキープリティ(エクシードリミッツの2018) 0戦0勝

 なお、このうちまだ競走馬としてJRAに登録されていないのはクルーク(クロノロジストの2018)だけです。近況を逐一チェックするのは難しいかもしれませんが、その分だけ入札におけるマークは甘くなるはず。気になる馬は今のうちに確保しておくべきかもしれませんね。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる血統大全 2019-2020』(ガイドワークス)、『ウルトラ回収率 2019-2020』(ガイドワークス)、『WIN5攻略全書 回収率150%超! "ミスターWIN5"のマインドセット』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全2018秋~2019』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、「ウマニティPOG 2014」では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。


登録済みの方はこちらからログイン

シュネルマイスターの口コミ


口コミ一覧
閲覧 34ビュー コメント 0 ナイス 3

例年どおり、たけぼうの逃げ、それも大逃げで進んできた20-21POGも折り返し。ddb1…もいい感じの追走でこの2頭を追いかけないと行った行ったになる展開。ダノンザキッドに救われ、2頭の直後を追走できる形に。

残念ながら今年は層は薄く、ラーゴム、シュネルマイスターあたりは重賞勝ちの可能性を残すものの、他はそうだなぁ、1勝のヴィアルークス、年明け出走のエスコーラのディープ2頭はわずかに期待しているものの、駒は少ない。牝馬は残念ながらクラシック戦線は諦めなあかん。カトルショセットあたりは本来もう少し距離伸ばして欲しいのだが、あの調教師では難しいか。結局のところダノンザキッドにすべてかかっているかもしれん。優勝争いは7ー8億ぐらいを予想。ちょっと厳しいなぁ。

今年の2歳馬は昨年より厳しいレースが多くて、いい感じに鍛えられそうな予感。特にホープフルの上位3頭はまだまだ伸びしろが大きくて今後も中心になるだろうし、血統的にはステラヴェローチェ、レッドベルオ―ヴ、ワンダフルタウンを加えて中距離牡馬路線は上位拮抗、今後の成長が楽しみ。ラーゴムもここに割って入って欲しいところ。

馬体的にダノンザキッドは素晴らしいものがあるし、ジャスタウェイ産駒らしく前受けタイプで川田騎手にピッタリ。怪我無いことを祈る。

 Mr.A- 2020年12月19日() 14:12
中山 9R
閲覧 25ビュー コメント 0 ナイス 1

中山
9R
ひいらぎ賞
2020年12月19日(土) 5回中山5日目 14:15発走

芝 1600m 馬齢
◎ 6 シュネルマイスター 【82.7】
○ 5 アラビアンナイト 【153.5】
▲ 2 ワザモノ 【191.8】
△ 3 アヴァノス 【317.5】
× 4 コスモアシュラ 【357.6】
注 12 ウインミニヨン 【492.9】

[もっと見る]

 ブルー☆ギラヴァンツ 2020年12月18日(金) 23:01
12/19 単複王 No. 130 ターコイズステークス
閲覧 95ビュー コメント 0 ナイス 5

こんばんは 明日12/19単複王です
No.851 阪神 9レース 北摂特別(2勝クラス)  芝 1200m ◎ エグレムニ ◯ ビップウインク
No.852 阪神 10レース 再度山特別(2勝クラス)  芝 1800m ◎ ラヴユーライヴ ◯ クリデュクール
No.853 阪神 11レース タンザナイトS(OP)  芝 1200m ◎ ジョーアラビカ ◯ ケイアイサクソニー
No.854 中山 9レース ひいらぎ賞(1勝クラス)  芝 1600m ◎ シュネルマイスター ◯ ウインミニヨン
No.855 中山 10レース 仲冬S(3勝クラス)  ダート 1800m ◎ バンクオブクラウズ ◯ ゼノヴァース
No.856 中山 11レース ターコイズS(G3)  芝 1600m ◎ スマイルカナ ◯ インターミッション
No.857 中京 10レース 中京2歳S(OP)  芝 1200m ◎ ニシノアジャスト ◯ ピンクカメハメハ
No.858 中京 11レース 有松特別(2勝クラス)  芝 1400m ◎ アカノニジュウイチ ◯ ミニオンペール
No.859 中京 12レース 大須特別(2勝クラス)  ダート 1400m ◎ シホノレジーナ ◯ ファイヴレター
続いて
No.130 ターコイズステークス ◎ スマイルカナ ○ インターミッション ▲ ドナウデルタ ☆ モルフェオルフェ シーズンズギフト
明日12/19のメインレースは
阪神 11レース タンザナイトS(OP) 芝 1200m
中山 11レース ターコイズS(G3) 芝 1600m
中京 11レース 有松特別(2勝クラス) 芝 1400m
タンザナイトS(OP) ◎ ジョーアラビカ ○ ケイアイサクソニー ▲ アンヴァル ☆ アユツリオヤジ ラヴィングアンサー
ターコイズS(G3) ◎ スマイルカナ ○ インターミッション ▲ ドナウデルタ ☆ モルフェオルフェ シーズンズギフト
有松特別(2勝クラス) ◎ アカノニジュウイチ ○ ミニオンペール ▲ ペコリーノロマーノ ☆ ディアボレット メイショウドウドウ
よろしくお願いします

[もっと見る]

⇒もっと見る

シュネルマイスターの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  おかき   フォロワー:0人 2020年12月19日() 14:19:14
つえーなあ

シュネルマイスターの写真

シュネルマイスター
シュネルマイスター

シュネルマイスターの厩舎情報 VIP

2020年12月19日ひいらぎ賞1着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

シュネルマイスターの取材メモ VIP

2020年12月19日 ひいらぎ賞 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。