会員登録はこちら
中山記念 G2   日程:2019年2月24日() 15:45 中山/芝1800m

レース結果

中山記念 G2

2019年2月24日() 中山/芝1800m/11頭

本賞金:6,200万 2,500万 1,600万 930万 620万


レコード:1分44秒9
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 1 1

ウインブライト

牡5 57.0 松岡正海  畠山吉宏 492(+2) 1.45.5 7.0 5
2 3 3

ラッキーライラック

牝4 53.0 石橋脩  松永幹夫 512(+2) 1.45.5 クビ 8.6 6
3 6 7

ステルヴィオ

牡4 57.0 丸山元気  木村哲也 490(+12) 1.45.5 アタマ 4.6 2
ラップタイム 12.4 - 11.1 - 11.5 - 11.7 - 11.5 - 11.7 - 12.1 - 11.6 - 11.9
前半 12.4 - 23.5 - 35.0 - 46.7 - 58.2
後半 58.8 - 47.3 - 35.6 - 23.5 - 11.9

■払戻金

単勝 1 700円 5番人気
複勝 1 190円 4番人気
3 240円 6番人気
7 160円 2番人気
枠連 1-3 2,450円 14番人気
馬連 1-3 2,470円 14番人気
ワイド 1-3 720円 14番人気
1-7 420円 6番人気
3-7 710円 13番人気
馬単 1-3 4,670円 27番人気
3連複 1-3-7 3,260円 18番人気
3連単 1-3-7 22,810円 110番人気

中山記念のニュース&コラム

【古馬次走報】ディアドラ、ドバイターフへ
 ★中山記念6着ディアドラ(栗・橋田、牝5)は予定通り、モレイラ騎手との新コンビでドバイターフ(3月30日、メイダン、GI、芝1800メートル)へ。5着エポカドーロ(栗・藤原英、牡4)は大阪杯(同31日、阪神、GI、芝2000メートル)に進む。 ★中山記念7着マルターズアポジー(美・堀井、牡7)は「1800メートルを超える距離は使わない」(堀井師)として次走を検討中。同厩で10着シベリアンスパーブ(牡10)は東風S(3月10日、中山、OP、芝1600メートル)などが視野に。8着ハッピーグリン(ホッカイドウ・田中淳、牡4)は日経賞(同23日、中山、GII、芝2500メートル)を目指す。騎手は未定。9着マイネルサージュ(美・鹿戸、牡7)は福島民報杯(4月14日、福島、OP、芝2000メートル)。 ★阪急杯を制したスマートオーディン(栗・池江、牡6)は京王杯スプリングC(5月11日、東京、GII、芝1400メートル)から安田記念(6月2日、東京、GI、芝1600メートル)の予定。2着レッツゴードンキ(栗・梅田、牝7)、7着ミスターメロディ(栗・藤原英、牡4)、8着ラインスピリット(栗・松永昌、牡8)は高松宮記念(3月24日、中京、GI、芝1200メートル)の予定。 ★阪急杯4着ロードクエスト(美・小島、牡6)はダービー卿チャレンジT(3月30日、中山、GIII、芝1600メートル)が選択肢の一つ。11着タイムトリップ(美・菊川、牡5)は京王杯SCが目標で、その前に春雷S(4月7日、中山、OP、芝1200メートル)を使う予定。 ★伊丹Sを勝ってオープン入りしたロードゴラッソ(栗・藤岡、牡4)はマーチS(3月24日、中山、GIII、ダ1800メートル)へ。
2019年2月27日(水) 05:01

 651

【次は買い】中山記念2着・ラッキーライラック
★中山記念・6番人気2着 《レース》マルターズアポジーがハイラップを刻むなか、離れた2番手。積極的に行き、残り300メートルで先頭へ。坂を上がってからもしぶとい二枚腰で踏ん張った。 《次走ポイント》「あと少しでした。中山が得意な馬に差されたけど、力のあるところを見せた」と石橋騎手。ぶっつけの秋華賞は7着だったが、本調子で適距離なら牡馬相手でも十分に戦える。ベストは8~9Fで、ヴィクトリアマイル(5月12日、東京、GI、芝1600メートル)では主役級になりそうだ。 (東京サンスポ・漆山)★24日中山11R「中山記念」の着順&払戻金はこちら
2019年2月25日(月) 11:23

 1,098

【村瀬プレイバック】◎スワーヴ機動力不発
 中山記念の◎スワーヴリチャードは4着。直線で一瞬グッと差を詰めたが、そこからギアが上がらぬままゴールを迎えてしまった。ベストよりやや短い9Fに加え、プラス14キロでの休み明け。機動力を発揮するには流れも厳しすぎた印象だ。 一方、阪急杯の◎レッツゴードンキは2着。勝ち馬の激走は想定外で、力は十分に示した。高松宮記念でも当然マークは怠れない。(夕刊フジ)★24日中山11R「中山記念」の着順&払戻金はこちら★24日阪神11R「阪急杯」の着順&払戻金はこちら
2019年2月25日(月) 11:22

 830

【中山記念】ウインブライト連覇!GI馬5頭撃破
 第93回中山記念(24日、中山11R、GII、4歳上オープン国際(指)、別定、芝・内1800メートル、1着本賞金6200万円、1着馬に大阪杯の優先出走権 =出走11頭)GI馬5頭が出走した伝統のGIIは、松岡正海騎乗で5番人気のウインブライトが連覇を果たした。タイム1分45秒5(良)。このあとは芝2000メートルのGI路線で、大阪杯(3月31日、阪神)、香港のクイーンエリザベス2世C(4月28日、シャティン)が視野に入る。GI馬5頭の最先着は2着のラッキーライラック。1番人気のディアドラは6着に敗れた。 もう本物だ。GI馬5頭がそろった伝統のGIIは、ウインブライトがタイトルホルダーたちを撃破して連覇。引き揚げてきた松岡騎手も馬上で何度も両手を突き上げた。 「思っていた展開で、エポカドーロの後ろのいいところでレースができました。テン良し、中良し、しまい良し。馬が成長していたし、自信を持っていました」 マルターズアポジーが飛ばす縦長の隊列を4番手で追走した。後続も息を入れにくい流れの中、3~4コーナーで追われつつ直線は外めへ。後続の追い上げを受け止めながら力強く脚を伸ばすと、先に抜け出したラッキーライラックをゴール寸前にクビ差とらえた。 これで中山1800メートルで4戦全勝と舞台巧者ぶりもさすがだが、レースレコードに0秒6差の1分45秒5も優秀。「完成度が上がり、スピード勝負にも対応してくれました」。パートナーをたたえた主戦ジョッキーは、ブライトで制した中山金杯の翌日に中山で右尺骨を骨折。1カ月のスピード復帰で2週前追いから調整を施してきただけに、喜びはひとしおだ。 「外から正攻法の競馬で勝てたのは大きい。やっと大きいところに行けるのかな、と。GIに入っても負けないようにやっていきたい…そう思える自信はつきました」 デビュー時から40キロ超もビルドアップし、過去最高馬体重の492キロ。畠山調教師が愛馬の充実ぶりに大きな手応えをつかめば、オーナーでクラブ法人ウインの岡田義広代表も「GI馬のような脚を使ってくれました。強くなっていますね。ステイゴールドの成長力はすごい」と舌を巻いた。 いよいよGI取りへ。馬の状態を見つつ、大阪杯、香港のクイーンエリザベス2世Cの両方、もしくはいずれかを見据える。「この馬でGIを勝ちたい、と思ってやってきました。今は申し分ない。乗っていてすごい楽」。デビュー前から松岡騎手に素質を磨き上げられてきたウインブライト。その黄金の輝きを、大舞台でも放つ。 (千葉智春)ウインブライト 父ステイゴールド、母サマーエタニティ、母の父アドマイヤコジーン。芦毛の牡5歳。美浦・畠山吉宏厩舎所属。北海道新冠町・コスモヴューファームの生産馬。馬主は(株)ウイン。戦績17戦7勝。獲得賞金2億9952万3000円。重賞は2017年GIIフジテレビ賞スプリングステークス、GIII福島記念、18年GII中山記念、19年GIII中山金杯に次いで5勝目。中山記念は畠山吉宏調教師、松岡正海騎手とも昨年に次いで2勝目。馬名は「冠名+輝かしい」。★24日中山11R「中山記念」の着順&払戻金はこちら
2019年2月25日(月) 05:09

 1,337

中山記念のニュースをもっと見る >

【中山記念】キーマンズトーク・松永幹夫調教師
 春の中山の開幕を飾る「第93回中山記念」は例年、GIホースが始動戦として選択している。条件的にも馬券的にも興味を惹かれるのが一昨年の2歳女王ラッキーライラック。松永幹夫調教師(51)も期待感十分だ。 --昨年の3冠は(2)(3)(9)着。秋華賞で初めて馬券圏を外してしまった 松永幹夫調教師「3冠最終戦はレースに合わせて調整していく形になり、中身が伴わず、気持ちの面でも集中できていなかった。走っていないのに、レース後に息が入らなかったからね」 --そのあと休養して今回は4カ月半ぶり 「一から立て直してきた。レースを考えず、馬に合わせて調整。やれば動く馬で、1週前のCWコースでの動きも良かったし、ゲート練習もしっかりとできている」 --今週の坂路併せ馬では3馬身先着 「サッと伸ばすようにと指示したが、しっかり時計も出ていた。動きに関しては申し分ない。今度は中身が違うよ」 --一線級が相手 「中山9Fは合うと思うし53キロはいい。力を出せる条件だ。春の目標はヴィクトリアマイル(5月12日、東京、GI、芝1600メートル)になると思うが、それもここで結果が出れば。次につながるレースをしてほしい」(夕刊フジ)★中山記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年2月21日(木) 11:18

 2,299

【中山記念】厩舎の話
 ウインブライト・松岡騎手「追い切りは申し分ない内容。肩回りや腰に筋肉がついてきた」 エポカドーロ・藤原英調教師「秋の疲れが取れ動きが変わった。(前へ)行けたら一番いい」 ステルヴィオ・木村調教師「週ごとに良くなればと思ってやってきたことをクリアできた」 スワーヴリチャード・庄野調教師「活気が出てきた。ドバイへのステップだとは考えていない」 ディアドラ・橋田調教師「今週はジョッキーに感触を確かめてもらう程度。体調はすごくいい」 トルークマクト・尾関調教師「けいこはしっかりやれた。いい雰囲気」 ハッピーグリン・田中淳調教師「前走で地力強化を感じた。見せ場は作れると思う」 マイネルサージュ・鹿戸調教師「前走は折り合いが難しかった。前が流れてくれれば…」(夕刊フジ)★中山記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年2月21日(木) 11:14

 2,398

【中山記念】スワーヴリチャード「完成形」ド迫力追い!
 レース史上最多のGIホース5頭が参戦する中山記念(24日、中山競馬場、GII、芝1800メートル)の追い切りが20日に行われた。昨年の大阪杯の覇者スワーヴリチャード(栗東・庄野靖志厩舎、牡5歳)は、滋賀・栗東トレセンのCWコースで迫力ある動きを披露。先にドバイ遠征が控えているが、この一戦に全力投球で挑む。 コース一面が真っ白なもやに覆われるなかでも、迫力は際立っていた。朝一番の栗東で、栗毛の馬体が躍動。ジャパンC3着以来となるスワーヴリチャードが好仕上がりをアピールした。 「目標を前に置いて折り合いをつけながら、終始、馬なりで。併せ馬だったし、走る気が前面に出ていた」 庄野調教師が、力強くうなずいた。開門直後のCWコースに登場し、ドンアルゴス(1000万下)を3馬身追走してスタート。折り合いを確認しながらリズムよく僚馬の後ろを進むと、4コーナーで内から並びかけた。直線では最後まで馬なりながら6ハロン83秒3、3ハロン38秒4-12秒0。鞍上が抑えきれないほどの手応えで併入した。 昨秋の天皇賞は、スタート直後に挟まれて馬の気持ちが切れてしまい、見せ場なしの10着。続くジャパンCでは世界レコード決着の3着と力は示したが「秋に2回使わせてもらって、グンと上向いた感じがなかった」(庄野師)ことで、有馬記念には向かわず休養した。休ませた効果は、絶大だった。 「リフレッシュして充電できた。筋肉にメリハリが出て、普段の調教でも行きたがるそぶりが出ている。秋は普段の調教からおとなし過ぎたけど、今はいい意味で“らしさ”がある」と指揮官が笑みを浮かべれば、世話役の久保淳助手も「少し体も大きくなったし、今がちょうど完成形くらいになったと思う」と充実ぶりを伝えた。 この後はドバイシーマクラシック(3月30日、メイダン、GI、芝2410メートル)で初めて世界に挑戦するが、トレーナーの頭に“叩き台”の意識など全くない。 「“ドバイありき”とは思っていない。豪華メンバーで簡単にはいかないけど、いい形で今年のスタートを切りたい」 1984年のグレード制導入後、中山記念史上最多のGI馬5頭がそろう一戦。春競馬の開幕を告げる豪華な舞台でも、主役の座は譲らない。 (斉藤弘樹)★“特別”レースに 今年は天皇陛下御在位30年を祝して「天皇陛下御在位30年慶祝 中山記念」として行われる。春のGIの重要なステップレースで、1着馬には大阪杯の優先出走権が与えられる。これまでGI馬の最多出走頭数は2014年の4頭で、15年から4年連続で3頭だった。★中山記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年2月21日(木) 05:09

 3,771

【中山記念】スワーヴリチャード・ミルコトーク
 --14日の1週前追い切りに騎乗した 「先週に乗った感じは良かった。いい時と変わらない動きでした」 --昨秋の天皇賞は10着に敗れた 「春の安田記念で暑さで馬がバテて、その後もダメージが大きかった。天皇賞も体が戻らず、あまり体調も良くなかったのもあったと思う」 --ジャパンCは3着 「よく頑張ったけど、相手も強かったですね」 --今回の舞台設定は 「中山の1800メートルは、スタートが一番大事。枠順も大事です」 --レースのイメージは 「大阪杯は長く脚を使ったけど、アルゼンチン共和国杯は瞬発力がすごかったし、少し難しい馬。ペース次第だと思うし、ゲートを出てからですね」★中山記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年2月21日(木) 05:08

 2,972

中山記念の直前追い切り情報をもっと見る >

プロ予想家の的中情報


中山記念の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

2月24日 15:43更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv125 
160円 160円
Lv112 
700円 14,000円
Lv110 
160円 8,000円
Lv109 
420円 1,680円
Lv106 
3,260円 16,300円

的中情報をもっと見る >

中山記念過去10年の結果

2018年2月25日() 中山競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
1着 ウインブライト 松岡正海 1:47.6 5.3倍 99.8
2着 アエロリット 横山典弘 クビ 7.4倍 99.8
3着 マルターズアポジー 柴田善臣 アタマ 14.1倍 99.8
2017年2月26日() 中山競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
2016年2月28日() 中山競馬場/芝1800m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

中山記念のデータ分析とレース傾向

コース図中山芝1800m

近年はドバイ、香港、および大阪杯へと向かう実績馬の始動戦としての位置付けが強まっており、前走G1出走馬(海外を含む)が2008年以降7勝、2着4回、3着3回。2013~2017年は5連勝を達成している。前走着順は問わず、2013年ナカヤマナイトは有馬記念7着、2017年ネオリアリズムは香港マイル9着からの臨戦だった。一方、前走非G1組では2012年1着フェデラリスト(中山芝2戦2勝)、2017年2着サクラアンプルール(同4戦3勝)、ウインブライト(同5戦4連対)など中山巧者が活躍している。また、カンパニー(2008年、2009年連覇)、シルポート(2012年2着、2013年3着)、ロゴタイプ(2014年3着、2015年2着、2017年3着)など、リピーターの活躍も目立つレースでもある。舞台となる中山芝1800mは、直線の急坂途中にゲートが置かれるため前半のペースが速くなりにくく、また小回りのコーナーを4度回るとあって枠順、脚質によるバイアスが発生しやすい設計となっている。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

中山記念の歴史と概要


2011年の優勝馬ヴィクトワールピサ

国内外のビッグレースのステップとして一線級が多く参戦する注目度抜群のG2。古くはハイセイコーやクシロキングなど、往年の名馬が勝利を収めている。第69回(1995年)の覇者フジヤマケンザンは、同年の暮れに香港国際カップに勝ち、日本馬による36年ぶりの海外重賞制覇を達成。第70回(1996年)を制したサクラローレルは、次走の天皇賞(春)で3冠馬のナリタブライアンを撃破してみせた。第82~83回(2008~2009年)はカンパニーが連覇を達成。第85回(2011年)の勝ち馬ヴィクトワールピサは、後日訪れる東日本大震災で日本中が悲しみにくれるなか、次走のドバイワールドカップを制して希望の光を日本に届けた。

歴史と概要をもっと見る >

中山記念の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年9月22日(
産経賞オールカマー  G2
神戸新聞杯  G2

競馬番組表

2019年9月21日(
4回中山6日目
4回阪神6日目
2019年9月22日(
4回中山7日目
4回阪神7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
87,155万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
2 サートゥルナーリア 牡3
25,716万円
3 ダノンファンタジー 牝3
23,621万円
4 グランアレグリア 牝3
19,878万円
5 ダノンキングリー 牡3
17,411万円
6 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
7 ヴェロックス 牡3
16,304万円
8 クロノジェネシス 牝3
14,611万円
9 リオンリオン 牡3
13,748万円
10 ファンタジスト 牡3
13,439万円
» もっと見る