会員登録はこちら
中山記念 G2   日程:2020年3月1日()  中山/芝1800m

中山記念のニュース&コラム

ウインブライト、中山記念から海外GI予定
 最優秀4歳以上牡馬に輝いたウインブライト(美・畠山、牡6)の春の出走プランが8日、分かった。 3連覇のかかる中山記念(3月1日、中山、GII、芝1800メートル)の後は、連覇のかかる香港のクイーンエリザベスIIC(4月26日、シャティン、GI、芝2000メートル)、登録を済ませたドバイターフ(3月28日、メイダン、GI、芝1800メートル)、招待が見込まれているオーストラリアのクイーンエリザベスS(4月11日、ランドウィック、GI、芝2000メートル)の3競走から決められる。 畠山調教師は、「中山記念の結果待ち」と明言を避けているが、ウインの岡田義広代表は、「悩んでいる。今のところその3つが選択肢にある」と話した。同馬は現在、茨城・ビッグレッドファーム鉾田で調整中で、20日過ぎに美浦に帰厩する。★ウインブライトの競走成績はこちら
2020年1月9日(木) 05:03

 311

【古馬次走報】サウンドキアラ、京都牝馬Sへ
 ★京都金杯を制したサウンドキアラ(栗・安達、牝5)、引き続き松山騎手で京都牝馬S(2月22日、京都、GIII、芝1400メートル)へ。今春はヴィクトリアM(5月17日、東京、GI、芝1600メートル)が最大目標。7着ドーヴァー(美・伊藤圭、牡7)は、東京新聞杯(2月9日、東京、GIII、芝1600メートル)を視野に。14着マルターズアポジー(美・堀井、牡8)は中山記念(3月1日、中山、GII、芝1800メートル)へ。16着メイショウショウブ(栗・池添兼、牝4)も京都牝馬Sへ。 ★中山金杯を勝ったトリオンフ(栗・須貝、セン6)は、中山記念(3月1日、中山、GII、芝1800メートル)が有力。2着ウインイクシード(美・鈴木伸、牡6)は、小倉大賞典(2月23日、小倉、GIII、芝1800メートル)、金鯱賞(3月15日、中京、GII、芝2000メートル)などを視野に。5着マイネルハニー(美・栗田、牡7)は、白富士S(2月1日、東京、L、芝2000メートル)へ。9着アンノートル(美・田中博、牡6)、15着タニノフランケル(栗・角居、牡5)は、小倉大賞典へ。 ★チャンピオンズC14着ワイドファラオ(栗・角居、牡4)は、根岸S(2月2日、東京、GIII、ダ1400メートル)からフェブラリーS(2月23日、東京、GI、ダ1600メートル)。僚馬でオクトーバーS7着サトノワルキューレ(牝5)は白富士Sへ。 ★南部杯2着後放牧へ出ているアルクトス(美・栗田、牡5)は来週帰厩し、フェブラリーSに向かう。 ★フェアウェルSを勝ったジャスパープリンス(栗・森、牡5)は、ドバイゴールデンシャヒーン(3月28日、メイダン、GI、ダ1200メートル)に登録する。
2020年1月9日(木) 05:00

 259

【古馬次走報】トリオンフは中山記念へ
 中山金杯を勝ったトリオンフは中山記念(3月1日、中山、GII、芝1800メートル)に向かうことが有力だ。須貝調教師は「脚元は大丈夫。小倉大賞典だと斤量を背負うからね。距離が1ハロン短くなっても問題ない」と語った。★トリオンフの競走成績はこちら
2020年1月8日(水) 10:44

 580

【古馬次走報】タニノフランケル、中山記念へ
 ★チャレンジC6着ブラックスピネル(栗・音無、牡6)は中山金杯(1月5日、中山、GIII、芝2000メートル)が有力も、京都金杯(1月5日、京都、GIII、芝1600メートル)にも登録する。 ★中日新聞杯6着ランドネ(栗・角居、牝4)は愛知杯(1月18日、小倉、GIII、芝2000メートル)あたりを視野。同14着の僚馬タニノフランケル(牡4)は中山記念(3月1日、中山、GII、芝1800メートル)へ向かう。★タニノフランケルの競走成績はこちら
2019年12月13日(金) 05:00

 287

中山記念のニュースをもっと見る >

ただ今の時間は追い切り情報はありません。

※更新時間の目安は水曜日05:00頃となります。
(年始やG1レースで異なる場合があります)

まだコラムはありません。
予想家コラムは
レース開催週の月曜日より順次公開されます

中山記念過去10年の結果

2019年2月24日() 中山競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
1着 ウインブライト 松岡正海 1:45.5 7.0倍 102.6
2着 ラッキーライラック 石橋脩 クビ 8.6倍 102.6
3着 ステルヴィオ 丸山元気 アタマ 4.6倍 102.6
2018年2月25日() 中山競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
1着 ウインブライト 松岡正海 1:47.6 5.3倍 99.8
2着 アエロリット 横山典弘 クビ 7.4倍 99.8
3着 マルターズアポジー 柴田善臣 アタマ 14.1倍 99.8
2017年2月26日() 中山競馬場/芝1800m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

中山記念のデータ分析とレース傾向

コース図中山芝1800m

近年はドバイ、香港、および大阪杯へと向かう実績馬の始動戦としての位置付けが強まっており、前走G1出走馬(海外を含む)が2008年以降7勝、2着5回、3着4回。2013~2017年は5連勝を達成している。前走着順は問わず、2013年ナカヤマナイトは有馬記念7着、2017年ネオリアリズムは香港マイル9着からの臨戦だった。一方、前走非G1組では2012年1着フェデラリスト(中山芝2戦2勝)、2017年2着サクラアンプルール(同4戦3勝)、2018年着ウインブライト(同5戦4連対)、2019年1着ウインブライト(同7戦6連対)など中山巧者が活躍している。また、このウインブライトのほか、カンパニー(2008年、2009年連覇)、シルポート(2012年2着、2013年3着)、ロゴタイプ(2014年3着、2015年2着、2017年3着)など、リピーターの活躍も目立つレースでもある。舞台となる中山芝1800mは、直線の急坂途中にゲートが置かれるため前半のペースが速くなりにくく、また小回りのコーナーを4度回るとあって枠順、脚質によるバイアスが発生しやすい設計となっている。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

中山記念の歴史と概要


2011年の優勝馬ヴィクトワールピサ

国内外のビッグレースのステップとして一線級が多く参戦する注目度抜群のG2。古くはハイセイコーやクシロキングなど、往年の名馬が勝利を収めている。第69回(1995年)の覇者フジヤマケンザンは、同年の暮れに香港国際カップに勝ち、日本馬による36年ぶりの海外重賞制覇を達成。第70回(1996年)を制したサクラローレルは、次走の天皇賞(春)で3冠馬のナリタブライアンを撃破してみせた。第82~83回(2008~2009年)はカンパニーが連覇を達成。第85回(2011年)の勝ち馬ヴィクトワールピサは、後日訪れる東日本大震災で日本中が悲しみにくれるなか、次走のドバイワールドカップを制して希望の光を日本に届けた。

歴史と概要をもっと見る >

中山記念昨年のBIGヒット予想家

去年の中山記念を見事的中させた予想家です。
今年もBIGヒットが期待される予想家の無料予想を枠順確定から発走直前まで続々と公開します!
無料予想は 会員登録(無料)するだけでご覧頂けます。

今すぐ会員登録(無料)する!

2019年02月24日(日) 15:43更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
 

22,810円
3,260円
977,600円
Lv 91 
22,810円 364,960円
Lv 102 

22,810円
720円
349,350円
Lv 91 
22,810円 228,100円
Lv 91 
22,810円 182,480円
Lv 83 

22,810円
3,260円
130,350円
Lv 91 

22,810円
3,260円
117,310円
Lv 100 
3,260円 107,580円
Lv 117 

22,810円
4,670円
101,120円
Lv 106 

22,810円
4,670円
100,090円
 
3,260円 91,280円
Lv 120 
22,810円 91,240円
Lv 81 

2,470円
720円
85,400円
Lv 100 
2,470円 74,100円
Lv 106 
2,470円 74,100円
Lv 88 
720円 72,000円
Lv 108 
720円 72,000円
Lv 110 
710円 71,000円
Lv 106 

22,810円
190円
70,330円
Lv 111 
700円 70,000円

中山記念の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2020年1月26日(
アメリカジョッキーC  G2
東海テレビ杯東海S  G2

競馬番組表

2020年1月25日(
1回中山8日目
1回京都8日目
1回小倉3日目
2020年1月26日(
1回中山9日目
1回京都9日目
1回小倉4日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
90,211万円
2 スワーヴリチャード 牡6
89,132万円
3 オジュウチョウサン 牡9
66,681万円
4 マカヒキ 牡7
56,210万円
5 キセキ 牡6
55,914万円
6 ブラストワンピース 牡5
50,950万円
7 ワグネリアン 牡5
49,274万円
8 サートゥルナーリア 牡4
43,273万円
9 フィエールマン 牡5
42,004万円
10 サングレーザー 牡6
41,309万円
» もっと見る

3歳
1 サリオス 牡3
11,145万円
2 コントレイル 牡3
11,127万円
3 レシステンシア 牝3
10,271万円
4 タイセイビジョン 牡3
8,586万円
5 サンクテュエール 牝3
5,746万円
6 マイラプソディ 牡3
5,646万円
7 マイネルグリット 牡3
5,467万円
8 ビアンフェ 牡3
5,447万円
9 プリンスリターン 牡3
5,311万円
10 スマイルカナ 牝3
5,281万円
» もっと見る