会員登録はこちら
中山記念 G2   日程:2020年3月1日() 15:45 中山/芝1800m

レース結果

中山記念 G2

2020年3月1日() 中山/芝1800m/9頭

本賞金:6,700万 2,700万 1,700万 1,000万 670万


レコード:1分44秒9
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 3 3

ダノンキングリー

牡4 56.0 横山典弘  萩原清 458(+6) 1.46.3 2.5 1
2 7 7

ラッキーライラック

牝5 55.0 M.デムー  松永幹夫 518(+11) 1.46.6 1 3/4 3.0 2
3 4 4

ソウルスターリング

牝6 54.0 北村宏司  藤沢和雄 512(+18) 1.46.6 クビ 38.6 6
ラップタイム 12.4 - 11.8 - 11.8 - 11.8 - 11.5 - 11.7 - 11.9 - 11.3 - 12.1
前半 12.4 - 24.2 - 36.0 - 47.8 - 59.3
後半 58.5 - 47.0 - 35.3 - 23.4 - 12.1

■払戻金

単勝 3 250円 1番人気
複勝 3 120円 2番人気
7 120円 1番人気
4 420円 6番人気
枠連 3-7 360円 1番人気
馬連 3-7 360円 1番人気
ワイド 3-7 190円 1番人気
3-4 1,280円 12番人気
4-7 1,100円 11番人気
馬単 3-7 700円 1番人気
3連複 3-4-7 3,220円 11番人気
3連単 3-7-4 12,020円 46番人気

中山記念の馬場予想


前年同時期の中山開催ならびに土曜日の中山芝のレース結果、近年の中山記念の結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。


2回中山開催は、1回中山開催で使用したCコースからAコースに変更。前年12月のAコース開催日に雨が少なかったことや、1回中山開催が例年よりも1週多かった日程面を踏まえると、外の状態が悪く、内めの枠が優位になると考えるのが自然。だが、土曜日の結果を見る限り、内枠有利という傾向は見受けられなかった。

また、昨年の2回開幕時は雨予報を危惧し、当該週の散水は控えめだったが、予報に反して週末の降雨はゼロ。中山記念当日は高速馬場が出現した。それに対し、今回は昨年の結果に加え暖冬もあってか、火曜日と水曜日に少量の雨が降ったにもかかわらず、木曜日に散水作業を実施している。

さらには、1回東京開催期間中にエアレーション作業を施した効果も重なり、全般的にソフトなコンディションになっている印象。事実、芝1800mで行われた富里特別の勝ち時計は1分48秒1(前年1分47秒2)。高速馬場とは言い難いものがある。昨年の同時期とは異なるコンディションとみたほうがいいだろう。

日曜日の開催中は晴れの予報。ただ、昨晩から明け方にかけての雨、そこに朝露も加わり、良馬場(JRA発表)ながらも含水高めの状況。判断に悩ましいところだが、天候回復および気温の上昇を加味しても急激に傾向が変わることは考えづらい。

従って、流れや立ち回り次第で、どの脚質でも上位進出が可能なコンディションと捉えたほうが無難。枠順に関しても同様で、こだわりを持たず柔軟なスタンスで構えるのが正解かもしれない。

血統面については、土曜日に行われた芝1600m以上の結果を見直すと、父方ではステイゴールドの系統産駒を中心としたサンデーサイレンス系が堅調。ほかでは、父キングマンボ系や母父にノーザンダンサー系種牡馬を擁する馬の上位入線も多い。いずれにせよ、持続力に富んだ馬の台頭が特徴的。その点には注意を払いたい。

一方、近5年の中山記念の2着以内馬を検証すると、いずれもサンデーサイレンス系種牡馬を父か母父に配していた。とりわけ、ノーザンダンサー系統馬のクロス(5代内)を保有し、なおかつサドラーズウェルズまたはノーザンテーストを内包(5代内)していた馬の好走が目につく。該当馬には相応の評価が必要だ。

土曜日の中山開催ならびに近年の中山記念の傾向を合わせて考えると、近年の当レースの傾向に沿うのが効率的か。そのなかでも、毎年のように上位を賑わせている前走G1出走馬を重視したい。

今回の出走メンバーで条件を満たしているのは、⑦ラッキーライラック、⑧ウインブライト。よって当欄では、この2頭を注目株として推奨する。



ウマニティ重賞攻略チーム

プロ予想家の中山記念予想動画

13開催連続プラス収支を達成した予想神『スガダイ』の重賞展望をお届け!
完全収支公開のガチンコ勝負を勝ち抜いた本気予想は必見です!

中山記念-厩舎の話


 ◆インディチャンプ・福永騎手 「休み明けとして十分な仕上がり。そんなに不器用じゃないので、コーナー4つのコースも対応できそう」

 ◆ウインブライト・ミナリク騎手 「先週にしっかり併せ馬でやって動きも精神面もいいので、状態をキープする感じ。馬はリラックスしてハッピーな状態。自信を持ってレースを迎えられる」

 ◆エンジニア・大野騎手 「余力のある走りで動きは問題ない。ブリンカーを着けた効果なのか、ハミ掛かりも良かった」

 ◆ゴールドサーベラス・清水英師 「追い切りは単走だったが、1週前にしっかりやっている。この時期はいいし、展開が向けば…」

 ◆ソウルスターリング・藤沢和師 「いい動き。入厩当初は気負っていたが、いいペースで走れている。久々はハンディだが、頑張ってほしい」

 ◆ダノンキングリー・萩原師 「順調にきて、今週の動きも良かった。現段階で秋に比べて体重は増えている。中山コースも問題ないと思う」

 ◆ペルシアンナイト・池江師 「ラスト重点で動きは良かった。体は初戦としてはちょうどいい。使って良くなるタイプでどんな競馬になるか」

 ◆マルターズアポジー・武士沢騎手 「先週、いい時計を出しているので調整程度。メンバーはそろうが、自分の競馬をするだけです」

 ◆ラッキーライラック・松永幹師 「余裕がある中でそれなりの時計も出ていて、いい状態。ジョッキーもいい感触をつかんでくれた」

中山記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

中山記念のニュース&コラム

プロ予想家の的中情報


中山記念の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

3月1日 15:43更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv129 
120円 120円
Lv120 
3,220円 12,880円
Lv118 
250円 25,000円
Lv115 
250円 7,500円
Lv114 
3,220円 6,440円

的中情報をもっと見る >

中山記念過去10年の結果

2019年2月24日() 中山競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
1着 ウインブライト 松岡正海 1:45.5 7.0倍 102.6
2着 ラッキーライラック 石橋脩 クビ 8.6倍 102.6
3着 ステルヴィオ 丸山元気 アタマ 4.6倍 102.6
2018年2月25日() 中山競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
1着 ウインブライト 松岡正海 1:47.6 5.3倍 99.8
2着 アエロリット 横山典弘 クビ 7.4倍 99.8
3着 マルターズアポジー 柴田善臣 アタマ 14.1倍 99.8
2017年2月26日() 中山競馬場/芝1800m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

中山記念のデータ分析とレース傾向

コース図中山芝1800m

近年はドバイ、香港、および大阪杯へと向かう実績馬の始動戦としての位置付けが強まっており、前走G1出走馬(海外を含む)が2008年以降7勝、2着5回、3着4回。2013~2017年は5連勝を達成している。前走着順は問わず、2013年ナカヤマナイトは有馬記念7着、2017年ネオリアリズムは香港マイル9着からの臨戦だった。一方、前走非G1組では2012年1着フェデラリスト(中山芝2戦2勝)、2017年2着サクラアンプルール(同4戦3勝)、2018年着ウインブライト(同5戦4連対)、2019年1着ウインブライト(同7戦6連対)など中山巧者が活躍している。また、このウインブライトのほか、カンパニー(2008年、2009年連覇)、シルポート(2012年2着、2013年3着)、ロゴタイプ(2014年3着、2015年2着、2017年3着)など、リピーターの活躍も目立つレースでもある。舞台となる中山芝1800mは、直線の急坂途中にゲートが置かれるため前半のペースが速くなりにくく、また小回りのコーナーを4度回るとあって枠順、脚質によるバイアスが発生しやすい設計となっている。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

中山記念の歴史と概要


2011年の優勝馬ヴィクトワールピサ

国内外のビッグレースのステップとして一線級が多く参戦する注目度抜群のG2。古くはハイセイコーやクシロキングなど、往年の名馬が勝利を収めている。第69回(1995年)の覇者フジヤマケンザンは、同年の暮れに香港国際カップに勝ち、日本馬による36年ぶりの海外重賞制覇を達成。第70回(1996年)を制したサクラローレルは、次走の天皇賞(春)で3冠馬のナリタブライアンを撃破してみせた。第82~83回(2008~2009年)はカンパニーが連覇を達成。第85回(2011年)の勝ち馬ヴィクトワールピサは、後日訪れる東日本大震災で日本中が悲しみにくれるなか、次走のドバイワールドカップを制して希望の光を日本に届けた。

歴史と概要をもっと見る >

中山記念の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2020年12月5日(
ステイヤーズS  G2
チャレンジカップ  G3
2020年12月6日(
チャンピオンズカップ  G1

競馬番組表

2020年12月5日(
5回中山1日目
3回中京1日目
6回阪神1日目
2020年12月6日(
5回中山2日目
3回中京2日目
6回阪神2日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
151,956万円
2 オジュウチョウサン 牡9
78,186万円
3 グランアレグリア 牝4
72,022万円
4 ラッキーライラック 牝5
69,247万円
5 キセキ 牡6
66,256万円
6 フィエールマン 牡5
63,378万円
7 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
8 クロノジェネシス 牝4
57,002万円
9 マカヒキ 牡7
56,210万円
10 サートゥルナーリア 牡4
52,359万円
» もっと見る

3歳
1 コントレイル 牡3
79,611万円
2 デアリングタクト 牝3
47,318万円
3 サリオス 牡3
33,089万円
4 レシステンシア 牝3
20,813万円
5 ラウダシオン 牡3
19,965万円
6 オーソリティ 牡3
15,779万円
7 ヴェルトライゼンデ 牡3
15,081万円
8 タイセイビジョン 牡3
14,621万円
9 ウインマリリン 牝3
13,921万円
10 サトノフラッグ 牡3
13,424万円
» もっと見る