会員登録はこちら
マイルチャンピオンシップ G1   日程:2019年11月17日() 15:40 京都/芝1600m

レース結果

マイルチャンピオンS G1

2019年11月17日() 京都/芝1600m/17頭

本賞金:11,000万 4,400万 2,800万 1,700万 1,100万


レコード:1分31秒3
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 3 5

インディチャンプ

牡4 57.0 池添謙一  音無秀孝 472(-4) 1.33.0 6.4 3
2 7 14

ダノンプレミアム

牡4 57.0 川田将雅  中内田充 506(-2) 1.33.2 1 1/2 2.4 1
3 4 7

ペルシアンナイト

牡5 57.0 O.マーフ  池江泰寿 498(+6) 1.33.3 クビ 17.6 6
ラップタイム 12.5 - 11.2 - 11.6 - 11.9 - 11.6 - 11.5 - 11.0 - 11.7
前半 12.5 - 23.7 - 35.3 - 47.2 - 58.8
後半 57.7 - 45.8 - 34.2 - 22.7 - 11.7

■払戻金

単勝 5 640円 3番人気
複勝 5 190円 3番人気
14 130円 1番人気
7 290円 5番人気
枠連 3-7 860円 2番人気
馬連 5-14 840円 2番人気
ワイド 5-14 370円 2番人気
5-7 1,090円 12番人気
7-14 570円 5番人気
馬単 5-14 2,040円 5番人気
3連複 5-7-14 3,200円 7番人気
3連単 5-14-7 16,580円 39番人気

マイルチャンピオンSのニュース&コラム

香港マイルでインディはレーン、マーズがスミヨン
 マイルCSで春秋マイルGIを制したインディチャンプ(栗・音無、牡4)が香港マイル(12月8日、シャティン、GI、芝1600メートル)でダミアン・レーン騎手(25)=豪州=と初コンビを組むことを19日、所有するシルクレーシングがホームページで発表。香港ヴァーズ(同、芝2400メートル)に臨むグローリーヴェイズ(美・尾関、牡4)がジョアン・モレイラ騎手(36)=ブラジル出身、香港拠点=とコンビを組むことも発表した。 アドマイヤマーズ(栗・友道、牡3)は、香港マイルでクリストフ・スミヨン騎手(38)=ベルギー出身、フランス拠点=と新コンビを組むことを友道調教師が明らかにした。マイルCS3着のペルシアンナイト(栗・池江、牡5)は、引き続きオイシン・マーフィー騎手(24)=アイルランド出身、英国拠点=で香港マイルへ。
2019年11月20日(水) 05:01

 148

【マイルCS】インディ、史上7頭目の春秋チャンプや!
 マイルチャンピオンシップが17日、京都競馬場で17頭によって争われ、3番人気のインディチャンプが好位から抜け出してV。安田記念に次ぐ、史上7頭目の同一年春秋マイルGI制覇を達成した。騎乗停止中の福永騎手に替わって初めてコンビを組んだ池添謙一騎手(40)=栗・フリー=は同レース単独最多の4勝目。次は香港マイル(12月8日、シャティン、GI、芝1600メートル)を目指す。1番人気ダノンプレミアムが1馬身半差の2着だった。 春を制した底力を見せつけた。今年の安田記念の優勝馬・インディチャンプが、鋭い決め脚を発揮してマイルチャンピオンシップを制覇。史上7頭目の同一年春秋マイルGIVの快挙を達成だ。 「強かったです。少しゲートが不安定と聞いていたけど、しっかり出てくれました。左斜め前にダノンプレミアムがいたので、見ながらのいいポジション。直線で追い出したら、すごくいい反応をしてくれました。これで、真のマイルのチャンピオンになったと思います」 単独最多4勝目の池添騎手が、パートナーをたたえる。好位の内を追走し、直線に向いても、1番人気馬が追われるのを尻目に手綱は持ったまま。「外のダノンプレミアムよりも手応えに余裕があるように見えたし、ソラを使う(気を抜く)前に一気にかわそうと思いました」とジョッキーは回顧。その後、残り1ハロンでゴーサインが出されると、瞬時に1馬身半抜け出した。 主戦の福永騎手が9日の東京で騎乗停止となり、巡ってきた代打。福永騎手に不安定なゲート、気を抜く癖のアドバイスをもらい、13日の追い切りで初めてコンタクトを取った。 「またがった瞬間、すごく雰囲気がありました」。あとは責任を果たすだけと臨んで完璧なリード。昨年の有馬記念(ブラストワンピース)以来となる歴代7位タイのGI25勝目になったが、「馬が頑張ってくれました。役目を果たせてホッとしています。福永先輩にもお礼を言いたいです」と謙虚に話した。 「デキは今年で一番でしたからね。自信があったし、うれしい」 このレース2位の3勝目となった音無調教師も、仕上がりに胸を張った。 次に見据えるのは香港マイル。「香港にはビューティージェネレーションという強い馬がいる。どこまでやれるか」とトレーナーは期待を寄せる。昨年12月のオープン入りから一気にマイル界を統一したインディチャンプ。勢いそのままに、世界制圧も成し遂げてしまうかもしれない。 (千葉智春)★17日京都11R「マイルCS」の着順&払戻金はこちら★入場&売り上げ マイルCSの売り上げは153億5863万2500円で、前年比98・6%で売り上げ減となった。今年の平地GIは18レースを終了し、売り上げ減は8レース目。入場者の方は好天に恵まれたこともあって、3万6272人で前年比109・5%のにぎわいだった。インディチャンプ 父ステイゴールド、母ウィルパワー、母の父キングカメハメハ。鹿毛の牡4歳。栗東・音無秀孝厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)シルクレーシング。戦績12戦7勝。獲得賞金3億6179万円。重賞は2019年GIII東京新聞杯、GI安田記念に次いで3勝目。マイルCSは音無秀孝調教師が2009年カンパニー、16年ミッキーアイルに次いで3勝目、池添謙一騎手は4勝目。馬名は「インディカーの年間王者に輝いた、母親と同名のレーサーにちなんで」。
2019年11月18日(月) 05:07

 1,103

【マイルCS】シルクR米本代表「あらためて力があるところ証明できました」
 インディチャンプの春秋マイルGI制覇に、生産者であるノーザンファームの吉田勝己代表(70)は、「ステイゴールド産駒で、いいスピードがある。本当に良かった」と喜びをかみしめた。 オーナーの(有)シルクレーシングにとって、マイルCSは初制覇。米本昌史代表(44)「安田記念が(アーモンドアイとダノンプレミアムに大きな不利があって)あの勝ち方でしたし、今回このメンバーに勝って、あらためて力があるところを証明できました」と笑みが弾ける。 なお1歳の半妹(父ダイワメジャー)は現在ノーザンファーム早来で順調に調教が進められており、すでに栗東・池添学厩舎に入厩が決まっている。当歳はキンシャサノキセキ産駒の牝馬で、母ウィルパワーのおなかにはジャスタウェイ産駒が受胎中だ。★17日京都11R「マイルCS」の着順&払戻金はこちら
2019年11月18日(月) 05:06

 548

【マイルCS】ダノンプレミアム2着…直線勝負屈す
 1番人気のダノンプレミアムは3、4番手の好位から正攻法。直線に向き、満を持して追い出されたが、直後でピタリとマークしていた勝ち馬の末脚に屈して1馬身半差の2着となった。川田騎手は「予定していた通りの競馬はできましたし、いい内容で走っています。勝つという結果が出なかったことだけが申し訳なかったです」と語った。中内田調教師は「プレミアムの競馬をして、しっかり走っています。それだけに2着は悔しいですね」と肩を落とした。★17日京都11R「マイルCS」の着順&払戻金はこちら
2019年11月18日(月) 05:05

 841

マイルチャンピオンSのニュースをもっと見る >

【マイルCS】厩舎の話
 アルアイン・池江調教師「小回りでコーナー4つの2000メートルがベストだが、マイルもこなす」 インディチャンプ・生野助手「並んでから抜け出す脚が速く、使って一段と状態は良くなった」 エメラルファイト・相沢調教師「動きは良かった。直線に坂のない京都も合うイメージ」 カテドラル・池添学調教師「ゲートを五分に出て折り合い、リズム良く走ることができれば」 グァンチャーレ・亀田騎手「折り合いもついてしまいも動けた。衰えを感じないし、若々しい」 クリノガウディー・藤岡佑騎手「ポジションは流れ次第。どこにつけてもしっかりためること」 ダイアトニック・安田隆調教師「順調で馬が硬くならなくなった。動きはひと皮むけた印象だ」 タイムトリップ・菊川調教師「寒い時季は得意で調子は上向き。距離と相手強化がカギになる」 ダノンキングリー・萩原調教師「スタートは練習しているので心配ないし、マイル適性は高い」 ダノンプレミアム・猿橋助手「問題なくきている。マイルに実績も残しているし、心配はない」 フィアーノロマーノ・高野調教師「ダービー卿CTのように、もまれず2番手からの競馬で」 プリモシーン・木村調教師「今までと違った調教を課した。アグレッシブに走ってほしい」 ペルシアンナイト・池江調教師「叩いて上向いた。2年前に勝ったときとは体つきは違う」 マイスタイル・昆助手「秋はこのレースと考えていたし、速い時計にも対応はできるはず」 モズアスコット・玉井助手「いい動きだった。最近は調教でテンションが上がらなくなった」 レイエンダ・藤沢和調教師「右回りは問題ないし、改めてGIでどんな走りをするか楽しみだ」 レッドオルガ・藤原英調教師「思いどおりにきた。左回りのほうがいいが、工夫はしてきた」(夕刊フジ)★マイルCSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年11月14日(木) 10:32

 5,106

【マイルCS】今年も3歳馬だ!キングリー猛時計
 マイルCSの追い切りが13日、東西トレセンで行われた。美浦では、今年の日本ダービー2着ダノンキングリーがポリトラック(P)コースで5ハロン64秒0の一番時計をマーク。ラスト1ハロンも11秒9の伸びで、調教評価は最高の『S』となった。過去2戦2勝と高い適性を持つマイル戦で、念願のGI初制覇へばく進する。 黒光りする馬体が躍動した。ダノンキングリーが、Pコースで堂々の一番時計。萩原調教師は満足そうに切り出した。 「非常にいい動きだったと思います。元気がいいですね。順調にメニューを消化できています」 先導役を務めたネイビーアッシュ(1勝クラス)に直線入り口で追いつくと、馬体を併せてフィニッシュ。ゴール後は一気に突き放し、搭載エンジンの違いを誇示した。馬なりで叩き出した5ハロン64秒0(ラスト1ハロン11秒9)はこの日、同コースで追い切った70頭で最速。調教評価『S』と文句なしの仕上がりだ。 皐月賞3着、日本ダービー2着とクラシックで善戦したが、秋は菊花賞に向かわず中距離路線へ。毎日王冠は出遅れて最後方から、上がり3ハロン33秒4の豪脚で年長のGIウイナー5頭を差し切った。「これまでと違うスタイルでしたが、能力を全開にできた。スタートはタイミングの問題。その後も練習しているので心配していません」と指揮官。毎日王冠の勝ち馬は同年のマイルCSで【5・2・1・3】の好成績。戴冠へ最短距離にいる。 落馬負傷した戸崎騎手に替わり、今回は横山典騎手が騎乗。先週8日の調教で感触を確かめ、「良かったですよ。あとはこちらもきっちりやるだけ」。2週連続重賞Vと好調な51歳は、短い言葉に決意を込めた。萩原厩舎とのタッグでは2009年日本ダービー(ロジユニヴァース)など重賞6勝。師は「いろいろと以前から(この馬の)話をしてきました。信頼できるジョッキーです」と固い絆を強調する。 芝1600メートルでは2戦2勝。ひいらぎ賞の走破タイム1分33秒7(良)は2歳コースレコードに0秒3差と迫る優秀なもので、萩原師も「マイルの適性は非常に高いと思っています」と断言した。2年連続で3歳馬が優勝している秋のマイル王決定戦。今年はキングリーが世代交代を高らかに告げる。 (漆山貴禎)★マイルCSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年11月14日(木) 05:10

 3,708

【東西現場記者走る】インディ、春秋マイル王へ5馬身ちぎった
 密着取材でGI勝ち馬を探る連載『東西現場記者走る』。マイルCSを担当する東京サンスポの千葉智春記者(35)は3日目、栗東トレセンでインディチャンプの追い切りに注目した。主戦の福永騎手が騎乗停止になったため、池添騎手が代打騎乗。初コンタクトの感触や意気込み、毎日王冠3着からの巻き返しはあるのか-。陣営の手応えを探った。 水曜はジャパンCの1週前追いもあり、さすがのにぎわい。マイルCS出走馬も坂路を次々と駆け上がる中、インディチャンプの姿を発見。ペンを持つ手に力が入った。 春の安田記念でGI初制覇。人気馬の不利もあったが、レースレコードVは力がなければできない。主戦の福永騎手が先週土曜の東京で騎乗停止となり、注目されていた鞍上も、火曜に池添騎手と発表。追い切りで初コンタクトを取ると聞き、動きを見届けたかった。 アメリカズカップ(5歳OP)を1馬身追走し、残り300メートルで内から併せると、鋭く加速した。ラスト1ハロンから追われ、最後は5馬身先着。1週前に自己ベストタイの4ハロン50秒3をマークしたうえで、4ハロン52秒9-12秒2と上々の時計で駆け抜けた。 池添騎手は「指名いただき感謝しています」と謝意を示したうえ「馬場が荒れている時間でも脚取りはしっかり。最後の1ハロンもいい反応で、状態の良さを感じました」と笑顔を見せる。併せた馬に騎乗した生野助手も「抜け出す脚が速かったです。上向いていると思います」と、休み明けを使っての良化を伝えた。 前走の毎日王冠は3着に敗れたが、実績のない9ハロンで0秒4差。音無調教師も「馬体が絞れず、距離も長く、スタートが良すぎて前めになった。それで3着やしな」と前向きだった。前走時と違い、今回は短期放牧から帰厩時で体が絞れ、「きょうで480キロ。あとは輸送で絞れそう」。前走時が自身最高馬体重の476キロで、プラス体重の次戦は【3・0・1・0】。2009年カンパニー、16年ミッキーアイルで制している音無厩舎の仕上げに抜かりはなさそうだ。 課題として、生野助手は「久々の右回り」と挙げたが、そこは頼りになる鞍上。2003、04年デュランダル、11年エイシンアポロンで最多タイ3勝のジョッキーは「坂を下ってコーナーを迎える独特のコース。まずは流れに乗せること。早めに抜け出すとソラを使う(気を抜く)癖があるそうなので、頭に入れなければ」と見据える。 ソラを使う癖も、池添騎手は福永騎手と意見を交換。「先輩の方から言ってくれました。本人が一番乗りたかったと思います。先輩が悔しがるような、いい結果を出したい」と意欲を燃やす。春秋マイルGI制覇へ、好ムードを感じた。 (千葉智春)★マイルCSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年11月14日(木) 05:09

 3,471

【マイルCS】プレミアム、坂路ラスト12秒3
 天皇賞・秋2着のダノンプレミアムが、坂路のチップを蹴散らして力強い走りをみせた。 「見た感じ、馬も(自ら)走っていたし、フレッシュ感がありながら、いいリズムで走れていたと思います」 見守った中内田調教師が共同会見で胸を張った。CWコースを半周して脚慣らしをしてから、坂路へ。走ることに集中し、折り合いもぴったり。勾配がきつくなる最後の1ハロンでもグイッと加速し、4ハロン53秒4-12秒3と鋭く伸びた。 デビュー以来、大事に使われ、これまでの最短レース間隔は中5週。中2週は初めてとなるが、指揮官は「状態はいいので、馬の力は出せると思います」とキッパリ。一昨年の朝日杯FS以来となるGI2勝目へ、準備は整った。 マイル戦は4戦3勝。京都芝1600メートルも春のマイラーズCで圧勝を飾っており、不安はない。すこぶる順調な調整過程に絶好の舞台。絶対王者不在のマイル路線を“プレミアム”な走りで制圧する。 (山口大輝)★マイルCSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年11月14日(木) 05:08

 1,465

マイルチャンピオンSの直前追い切り情報をもっと見る >

プロ予想家の的中情報


マイルチャンピオンSの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

11月17日 15:39更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv115 
840円 8,400円
Lv114 
190円 1,900円
Lv113 
640円 64,000円
Lv113 

640円
370円
25,550円
Lv111 
3,200円 16,000円

的中情報をもっと見る >

マイルチャンピオンS過去10年の結果

2018年11月18日() 京都競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 ステルヴィオ W.ビュイック 1:33.3 8.7倍 102.2
2着 ペルシアンナイト M.デムーロ アタマ 6.5倍 102.2
3着 アルアイン 川田将雅 1 1/4 6.6倍 100.7
2017年11月19日() 京都競馬場/芝1600m 天候: 馬場:稍重
2016年11月20日() 京都競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 ミッキーアイル 浜中俊 1:33.1 5.9倍 103.5
2着 イスラボニータ C.ルメール アタマ 4.8倍 103.5
3着 ネオリアリズム R.ムーア 3/4 14.0倍 102.8

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

マイルチャンピオンSのデータ分析とレース傾向

コース図京都芝1600m

秋のマイル王者を決める一戦。上位人気同士で順当な結果に終わることが多い半面、中距離路線組とマイル・スプリント路線組が絡み合うため、時に荒れて大波乱が起こることもある。年齢別では、4~5歳馬の活躍が顕著。2007年以降の3着以内36頭中27頭を占める圧倒ぶりだ。6歳以上の馬もそれなりに頑張っているが、3着以内5頭のうち1頭は海外からの参戦馬。残り4頭は前走天皇賞(秋)優勝馬と前年の当レースで3着内に好走した馬。相当の実績がなければ好走は難しい。レースが行われる京都外回り1600mは、向正面から3コーナーにかけて上り、4コーナーにかけて下るという特殊な形状。ここでの立ち回りが勝負の大きなカギを握る。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

マイルチャンピオンSステップレース

2019年10月27日() 東京競馬場/芝2000m
天候: 馬場:
1着 2 アーモンドアイ C.ルメール 1:56.2 1.6倍 106.4
2着 9 ダノンプレミアム 川田将雅 9.5倍 103.4
3着 5 アエロリット 戸崎圭太 クビ 20.0倍 103.4
4着 6 ユーキャンスマイル 岩田康誠 クビ 40.6倍 102.8
5着 14 ワグネリアン 福永祐一 クビ 18.7倍 102.8
2019年10月26日() 京都競馬場/芝1400m
天候: 馬場:稍重
1着 17 ダイアトニック C.スミヨン 1:21.3 2.9倍 106.0
2着 10 モズアスコット 岩田康誠 ハナ 4.4倍 106.0
3着 8 マイスタイル 田中勝春 クビ 12.3倍 106.0
4着 14 タイムトリップ 藤岡康太 3 1/2 144.7倍⑯ 100.8
5着 7 グァンチャーレ 松岡正海 ハナ 6.0倍 100.8
2019年10月19日() 東京競馬場/芝1600m
天候: 馬場:稍重
1着 16 ノームコア C.ルメール 1:33.0 4.8倍 101.1
2着 9 レイエンダ C.スミヨン 1/2 8.9倍 100.3
3着 2 レッドオルガ 福永祐一 アタマ 10.2倍 100.3
4着 17 クリノガウディー 戸崎圭太 1 1/4 11.7倍 98.8
5着 10 カテドラル A.シュタルケ 3/4 14.9倍 98.0
2019年10月6日() 東京競馬場/芝1800m
天候: 馬場:
1着 9 ダノンキングリー 戸崎圭太 1:44.4 1.6倍 102.6
2着 3 アエロリット 津村明秀 1 1/4 4.0倍 101.3
3着 4 インディチャンプ 福永祐一 1 1/4 5.0倍 99.9
4着 6 ペルシアンナイト A.シュタルケ 1/2 13.0倍 99.3
5着 5 ランフォザローゼス 北村宏司 1/2 98.4倍 98.6
2019年9月29日() 中山競馬場/芝1200m
天候: 馬場:
1着 8 タワーオブロンドン C.ルメール 1:07.1 2.9倍 106.0
2着 7 モズスーパーフレア 松若風馬 1/2 6.2倍 105.0
3着 2 ダノンスマッシュ 川田将雅 クビ 2.8倍 105.0
4着 13 ミスターメロディ 福永祐一 15.7倍 102.9
5着 5 レッツゴードンキ 岩田康誠 1/2 47.0倍 101.9
2019年9月8日() 中山競馬場/芝1600m
天候: 馬場:
1着 10 トロワゼトワル 横山典弘 1:30.3 7.2倍 107.2
2着 11 ディメンシオン 北村宏司 3 1/2 9.4倍 102.7
3着 2 ジャンダルム 藤井勘一郎 クビ 28.2倍 102.7
4着 3 カルヴァリオ 黛弘人 1/2 276.2倍⑮ 101.9
5着 1 プロディガルサン 三浦皇成 アタマ 6.8倍 101.9

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

マイルチャンピオンSの歴史と概要


2006、07年の優勝馬ダイワメジャー

秋のチャンピオンマイラーを決める一戦。逆転はとうてい不可能と思われる位置からバンブーメモリーを捕らえ切った第6回(1989年)におけるオグリキャップの追撃は、競馬ファンの心に永遠に刻み込まれている。過去、同年の安田記念と併せて勝利し「春秋マイル統一王座」を獲得した馬はニホンピロウイナー(第2回)、ノースフライト(第11回)、タイキシャトル(第15回)、エアジハード(第16回)、ダイワメジャー(第24回)、モーリス(第32回)の6頭。錚々たる名が並ぶ。2年連続で道中で掛かり気味に先頭に立ちながらそのまま押し切ったダイタクヘリオス(第8、9回)や、鮮烈な追い込みを決めたデュランダル(第20、21回)など、勝ち馬には個性派も多い。

▼デュランダルは豪快な末脚を武器に2003、2004年と同レース連覇を達成した。

歴史と概要をもっと見る >

マイルチャンピオンSの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年11月23日(
ラジオN杯京都2歳S  G3
2019年11月24日(
ジャパンカップ  G1
京阪杯  G3

競馬番組表

2019年11月23日(
5回東京7日目
5回京都7日目
2019年11月24日(
5回東京8日目
5回京都8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 アーモンドアイ 牝4
90,211万円
3 レイデオロ 牡5
88,155万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 サートゥルナーリア 牡3
31,176万円
2 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
3 クロノジェネシス 牝3
26,043万円
4 ダノンキングリー 牡3
25,281万円
5 ダノンファンタジー 牝3
23,621万円
6 ヴェロックス 牡3
21,907万円
7 ラヴズオンリーユー 牝3
19,950万円
8 グランアレグリア 牝3
19,878万円
9 ワールドプレミア 牡3
19,473万円
10 リオンリオン 牡3
13,748万円
» もっと見る