今週の重賞レース

2020年12月5日( ステイヤーズS G2 チャレンジカップ G3
2020年12月6日( チャンピオンズカップ G1
マイルチャンピオンシップ G1   日程:2020年11月22日() 15:40 阪神/芝1600m



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気 上がり
3F
通過順
1 2 4

グランアレグリア

牝4 55.0 C.ルメー  藤沢和雄 502(-2) 1.32.0 1.6 1 33.2 ⑤⑤
2 4 8

インディチャンプ

牡5 57.0 福永祐一  音無秀孝 472(-8) 1.32.1 3/4 8.8 3 33.2 ⑦⑤
3 4 7

アドマイヤマーズ

牡4 57.0 川田将雅  友道康夫 484(+2) 1.32.2 クビ 11.1 5 33.6 ③②
4 6 11

スカーレットカラー

牝5 55.0 岩田康誠  高橋亮 490(+2) 1.32.4 187.8 13 33.3 ⑧⑧
5 8 17

サリオス

牡3 56.0 M.デムー  堀宣行 538(0) 1.32.4 クビ 4.1 2 33.1 ⑬⑬
6 8 16

ヴァンドギャルド

牡4 57.0 戸崎圭太  藤原英昭 474(+6) 1.32.5 1/2 68.6 8 33.3 ⑪⑪
7 8 15

ペルシアンナイト

牡6 57.0 大野拓弥  池江泰寿 500(+10) 1.32.6 3/4 165.8 11 33.2 ⑯⑮
8 1 2

レシステンシア

牝3 54.0 北村友一  松下武士 500(+24) 1.32.8 9.9 4 34.3 ①①
9 1 1

ベステンダンク

牡8 57.0 藤岡佑介  安達昭夫 520(-4) 1.32.8 クビ 526.4 16 34.0 ③⑤
10 7 14

サウンドキアラ

牝5 55.0 松山弘平  安達昭夫 456(-2) 1.32.9 1/2 55.0 7 33.7 ⑪⑪
11 3 5

メイケイダイハード

牡5 57.0 酒井学  中竹和也 550(+10) 1.33.0 3/4 466.9 15 33.9 ⑧⑧
12 6 12

アウィルアウェイ

牝4 55.0 藤岡康太  高野友和 488(+10) 1.33.2 3/4 289.0 14 33.9 ⑬⑬
13 2 3

ケイアイノーテック

牡5 57.0 津村明秀  平田修 480(+8) 1.33.2 ハナ 157.7 10 33.6 ⑰⑯
14 7 13

タイセイビジョン

牡3 56.0 石橋脩  西村真幸 468(0) 1.33.2 アタマ 182.4 12 34.2 ⑧⑧
15 3 6

ラウダシオン

牡3 56.0 武豊  斉藤崇史 512(+2) 1.33.2 アタマ 32.6 6 34.6 ②②
16 5 10

ブラックムーン

牡8 57.0 幸英明  西浦勝一 498(-12) 1.33.4 1 1/4 648.8 17 33.9 ⑮⑯
17 5 9

カツジ

牡5 57.0 池添謙一  池添兼雄 500(0) 1.34.3 133.7 9 35.6 ⑤④
ラップタイム 12.5 - 11.0 - 11.4 - 12.0 - 11.6 - 11.0 - 10.8 - 11.7
前半 12.5 - 23.5 - 34.9 - 46.9 - 58.5
後半 57.1 - 45.1 - 33.5 - 22.5 - 11.7

■払戻金

単勝 4 160円 1番人気
複勝 4 110円 1番人気
8 190円 3番人気
7 200円 4番人気
枠連 2-4 370円 2番人気
馬連 4-8 620円 2番人気
ワイド 4-8 280円 2番人気
4-7 320円 3番人気
7-8 830円 9番人気
馬単 4-8 790円 2番人気
3連複 4-7-8 1,610円 4番人気
3連単 4-8-7 4,480円 10番人気

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

 ウマニティの会員数:297,345人(12月04日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

馬場
予想

【マイルチャンピオンシップ2020予想】差し優勢!末脚の要求度が高いコンディション!

5回阪神第1~2週ならびに土曜日の阪神芝のレース結果、過去のマイルCSの結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。

金曜日に2ミリの降雨があったが、馬場にダメージを与えるほどのものではなく、土曜日の芝コースは終日良馬場(JRA発表)でレースが行われた。メインレース・アンドロメダS(OPクラス・芝内回り2000m)の決着タイムは1分58秒8。依然、速い時計が出やすい状態にある

土曜日の結果を振り返ると、脚質的には差し優勢。その一方、内ラチ付近から前めで運ぶ馬の旗色が徐々に悪くなってきている。道中は内め~中、直線で中~外に進路をとる馬が優位である点に変わりはないが、外々を回る馬が徐々に攻勢を強めていることは頭に入れておいたほうがいい。

ただし、外枠有利と決め付けるのは早計。スムーズに加速可能な位置を確保できるか否かが肝なので、枠順自体を過度に意識する必要はない。それよりも、速い上がりを出せるかどうかのほうが重要だ。

となれば、頼りになるのは近走でメンバー上位の上がり3ハロンタイムを記録している馬。そのなかでも、近2走ともに上がり3ハロン上位(3位以内)という、確かな末脚を持つタイプが有利とみるべきだろう。

血統面については、5回阪神開催における芝1600m戦5クラの結果を検証すると、ディープインパクトやキングカメハメハの血を引く馬が堅調。この2血脈から10頭の3着以内馬が出現している。条件を満たす馬に対する警戒は怠れない。

また、G1連対歴もしくは芝マイルの勝利経験、なおかつ同年のG1・G2で5着内歴のある馬が存在感を発揮しているのも、近年におけるマイルCSの大きな特徴。血統面と合わせて押さえておきたいポイントだ。

今回の出走馬で、血統面と先述した馬場傾向(近2走ともに上がり3ハロン上位)の要点をともに満たしているのは、③ケイアイノーテック、④グランアレグリア。よって当欄では、この2頭を注目株として推奨する。

【馬場予想からの注目馬】
ケイアイノーテック グランアレグリア
プロ
予想

【マイルチャンピオンシップ2020予想】人気決着濃厚!? 予想神「スガダイ」とカリスマブロガー「TARO」が特注馬を大公開!

13開催連続プラス収支を達成した予想神『スガダイ』の重賞展望をお届け!
完全収支公開のガチンコ勝負を勝ち抜いた本気予想は必見です!

出演:スガダイ(予想神) TARO(カリスマブロガー) 岡田大(ウマニティ編集長)

スガダイなどプロ予想家の予想を見る

調教
予想

【マイルチャンピオンシップ2020予想】A判定2頭からグランアレグリアをトップ評価-追い切りチェック(最終版)

日曜日に行われるマイルチャンピオンシップの出走馬の追い切りについて、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

①ベステンダンク【C】
栗東坂路単走。後肢が外を回る完歩が多く、前後のバランスが今ひとつ。時計ほどのスピードは感じられなかった。それなりのデキにはありそうだが、相手強化のG1で大望まではどうか。

②レシステンシア【B】
栗東坂路単走。加速がつくと右に流れる傾向が強い馬。ゆえに進行方向をまっすぐ保っている点は好印象。しまいに手前を替えて減速したが、許容範囲の部類だろう。仕上がりは悪くなく、あとは実戦で気分を損ねず運べるかどうか。それが焦点となる。

③ケイアイノーテック【B】
栗東坂路単走。しまいを伸ばす程度の内容ながら、この馬らしい掻き込み鋭いフットワークを披露した。鞍上の仕掛けに対する返しが遅れ気味の点は気がかりも、きちんと加速ラップを刻んだところは評価できる。及第点の仕上がりだろう。

④グランアレグリア【
美浦芝併走。ほとんど馬任せで僚馬に追いつき、そこで折り合いをつけると、余力を残したまま相手に合わせる形でゴールした。適度な活気があり、鞍上の合図に対する反応も至ってスムーズ。弾力性に富んだフォームは見映えがする。好気配。

⑤メイケイダイハード【C】
栗東坂路単走。手前と頭の位置が合わず、アンバランスな走りになる場面も。なんとか堪えて加速ラップを記録したことは評価できるが、実戦で制御できるかどうかについては疑問符が付く。

⑥ラウダシオン【B】
栗東CW併走。徐々にピッチを上げ、しまいまでしっかりと脚を伸ばした。前肢の出が少し硬いものの、全体的に見ればキビキビと走れている印象。この馬なりに動ける態勢にある。

⑦アドマイヤマーズ【B】
栗東CW単走。遊びが多く、尾に力が入っているところは割引材料も、首をしっかり使って最後まで脚をしぶとく伸ばしていた点は評価できる。雰囲気は決して悪くなく、この馬なりに順調だろう。

⑧インディチャンプ【
栗東坂路併走。しまい重点の内容ながらも、右手前に替えるとスムーズに加速。僚馬をあっさりと突き放した。道中のテンポ良い走りと、スピードに乗ってからの回転鋭いフットワークは目を引くものがある。いいムードでレースに臨めそうだ。

⑨カツジ【B】
栗東CW単走。馬場の外めを深く入り、ラストまで集中を切らすことなく駆け抜けた。以前と比べて、やや完歩が狭いようにも映るが、そのぶんギアチェンジが楽になっていると捉えることもできる。いい仕上がり具合ではないか。

⑩ブラックムーン【D】
栗東CW併走。マズマズのラップを踏んだものの、首の動きが安定せず、走りの見映えはイマイチ。そのせいもあってか、弾けそうで弾けきれない印象。復調途上の感は否めず、今回も厳しい戦いになりそうだ。

⑪スカーレットカラー【C】
栗東CW併走。僚馬を気にしたのか、いつもと比べて首のアクションが小さく、リズムに乗り切れない走り。それなりの時計を刻んだとはいえ、常に稽古で良く見せる馬とすれば、物足りなさを感じてしまう。一変を望むのは難しいかもしれない。

⑫アウィルアウェイ【C】
栗東坂路単走。頭が高く首のアクションも硬め。追われてからの反応も薄く、動きに鋭さは感じられなかった。こんな様子でも結果を出す馬ではあるが、前回より2ハロンの距離延長、なおかつ相手関係を考えると、期待よりも不安のほうが大きい。

⑬タイセイビジョン【C】
栗東CW単走。鞍上の指示に対しては従順。その一方で、頭の位置が高く、ハミ受けが浅いところは相変わらず。脚元の動き自体は悪くないので、展開に恵まれれば、という条件付きの狙いとなろう。

⑭サウンドキアラ【B】
栗東坂路単走。序盤こそ頭が高く四肢主体の走りだったが、中盤以降の伸び脚には光るものがあった。実戦を叩いて、調子が上向いているのは間違いない。あとは、他馬がいる場合に我慢やタメが利くか否か。そのあたりが好凡走のカギを握る。

⑮ペルシアンナイト【C】
栗東CW併走。前膝を効果的に使った力強い走りは健在だが、追われてからスピードに乗るまでに時間を要する点は、これまでと同様。今回の舞台で上位争いに食い込むには、展開や馬場など何らかの恩恵がほしい。

⑯ヴァンドギャルド【B】
栗東芝単走。ほぼ馬任せの格好で進め、直線半ばあたりまで右手前のままだったが、鞍上が促すと左手前に替わって再び加速。鋭い伸び脚を見せた。調教巧者なので過大評価はできないものの、漂う気配は上質の部類。要警戒の1頭といえよう。

⑰サリオス【B】
美浦南W併走。行きっぷり良く追走先着を果たした。やや単調な走りではあるものの、脚さばきは力強く、前後のバランスもとれている。中間の調整過程に狂いが生じたため、過度の評価はしづらい反面、ひと追いごとに良くなっているのも確かだ。

【調教予想からの注目馬】
A判定は2頭。トップ評価は④グランアレグリアとする。南W中心に調整を積み、1週前追いでは3頭併せの後ろにつけて折り合いに専念。直線~ゴール板、ゴール板を過ぎてからしばらくの間と、かなり長く一定のリズムを保っていた点は目を引いた。その効果もあってか、今週の併せ馬ではテンポ良くスムーズな走りを披露。無駄な動きや気負いは見られず、ここ目標に準備はきっちり整った感を受ける。

2番手は⑧インディチャンプ。1週前の坂路追いでは、後日に武蔵野Sを制したサンライズノヴァを余力残しで一蹴。今週の坂路追いでも上々の動きを見せた。CW追いを取り入れるなど、中間の調整パターンを変えたことが功を奏したのか、走りに力強さだけでなく柔軟性も伴ってきた印象。久々とすれば優に合格点のデキにある。

<注目馬>
グランアレグリア インディチャンプ

追い切りニュース

追い切りニュースをもっと見る

 ウマニティの会員数:297,345人(12月04日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

厩舎
の話

【マイルチャンピオンシップ2020予想】グランアレグリア「穏やかで力みがなくなった」 サリオス「いい勝負になる」

 アウィルアウェイ・高野調教師「マイルは未知だが、前走でもゲートを出てから進まないので、いいかもしれない」

 アドマイヤマーズ・友道調教師「1回使って良化。阪神へのコース替わりはいい。速めに流れて叩き合いのほうがいい」

 インディチャンプ・音無調教師「これだけやれば十分と思えるだけの調教を積んできた。昨年のような瞬発力勝負なら」

 ヴァンドギャルド・藤原英調教師「夏場の放牧でリフレッシュ。体が楽になり、精神面も安定して結果につながった」

 カツジ・池添騎手「背中が良くて、柔らかい。前走できっかけをつかんだようなので、自分の競馬でどこまでやれるか」

 グランアレグリア・藤沢和調教師「穏やかで力みがなくなり、古馬らしくなった。阪神で何度か勝っているし、楽しみ」

 ケイアイノーテック・平田調教師「今週はしまいだけ。前走を使って調子は上がっている。すべてが噛み合えば」

 サリオス・森助手「疲労度は春と比べていい。マイルはこの馬のパフォーマンスを発揮できる距離。いい勝負になる」

 スカーレットカラー高橋亮調教師「前走はコンディションが良かったから、距離とメンバーが敗因。時計がかかれば」

 タイセイビジョン・余田助手「追い切りはスムーズでいい感じだった。この馬のキャリアで一番のデキじゃないかな」

 ブラックムーン・西浦調教師「仕上がり良好。ただ、若いころのようにレースでグッとくるところがなくなっている」

 ベステンダンク・安達調教師「動きは変わりなくいい。相手は強くなるが、叩いた上積みでどこまでやれるか」

 ペルシアンナイト・池江調教師「年齢的なものか、トップギアに入ったときの爆発力がなくなってきた」

 メイケイダイハード・中竹調教師「放牧を挟んでフレッシュな状態。阪神は得意。どこまで突っ込んでくるか」

 ラウダシオン・斉藤崇調教師「右回りも問題ないと思うが、今回の舞台の朝日杯FSで走っていないのが気になる」

 レシステンシア・松下調教師「ピリッとしていた春と違い、間隔が空いた分、落ち着いている。楽しみの持てるデキだ」(夕刊フジ)

マイルCSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

データ
予想

【マイルチャンピオンシップ2020予想】4つのデータから3歳馬サリオスを最上位評価

【馬齢】

2010年以降(すべて京都開催)の日本調教馬3着以内延べ29頭の馬齢をみると、3歳から6歳の範囲。ただし、6歳の好走は前年の当レースで複勝圏を確保していた馬のみ。3歳の2着連対圏入りは牡馬クラシックで4着内歴があった馬に限られる。押さえておきたいポイントのひとつだ。

【前走着順】

前走の着順に関しては、G1・G2ならば8着以内、G3の場合は7着以内がマスト。2010年以降、これ以外のステップで臨んだ馬は、例外なく4着以下に敗れている。

【前走人気】

前走の人気については、G1であれば10番人気、それ以外ならば4番人気がボーダーライン。2010年以降、この条件を満たしていなかった馬は、2着連対圏に届いていない。

【距離実績】

2010年以降の2着以内延べ20頭のうち、19頭に芝1600mでの勝利歴があった。例外の1頭はG1 2着以内経験馬。芝マイルで未勝利、なおかつG1連対実績がない馬は疑ってかかるべきだろう。

【データ予想からの注目馬】
上記4項目で減点がないのは、アドマイヤマーズインディチャンプグランアレグリアサリオスの4頭。最上位にはサリオスを推す。2010年以降、春の牡馬クラシックで4着内歴がある菊花賞未出走の3歳馬は【2.0.0.1】。本馬自身、芝1600mで朝日杯FS優勝を含む3戦3勝の良績を挙げていることも好印象だ。

差のない2番手にグランアレグリア。近10回、牝馬の成績が芳しくない点はネックの一方、芝のマイル重賞で2勝以上の実績を持つ同年の安田記念優勝馬は、4歳に限ると【2.0.0.0】の好パフォーマンスを示している。安易に評価を下げることはできないだろう。残りの2頭、インディチャンプアドマイヤマーズも、これまでの戦績を思えばマークを怠れない。

<注目馬>
サリオス グランアレグリア インディチャンプ アドマイヤマーズ

このレースの傾向やデータをもっと見る

U指数
予想

【マイルチャンピオンシップ2020予想】上位人気が予想される面々が指数も上位で順当決着濃厚!

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

時に人気も指数も低いダークホースが3着に激走するケースはあるが、2着連対となるとハードルはグッと上がり、相応の人気と指数が求められる。過去5年間の2着以内馬は、古馬であればU指数5位以内かつ5番人気以内、指数の出にくい3歳馬であれば指数順位にかかわらず5番人気以内、という条件を全馬がクリアしている。古馬は指数実績十分の上位人気馬を、3歳馬は古馬と互角に渡り合えるという評価を受けている馬を、狙っていけば的中に近付けると考えていい。穴馬券にはあまり固執しないほうがいいだろう。
 
結論から言うと、今年のマイルCSは順当決着の可能性が高いとみる。別格の強さで安田記念とスプリンターズSを連勝した1位のグランアレグリア(105.1)、前年覇者にして国内のマイル戦では大きく崩れたことのない2位のインディチャンプ(103.0)、3歳馬ながらに3位にランクされているサリオス(101.5)の3頭は、評価を下げる要素が見当たらない。上位人気確実で配当妙味はなくとも、絶対に押さえておくべき存在だ。もう1頭、3着の穴候補としてまだまだ伸びしろのありそうな3歳馬のラウダシオン(9位、98.8)の名前を挙げておく。

出走予定馬のU指数をチェックする

 ウマニティの会員数:297,345人(12月04日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

血統
予想

【マイルチャンピオンシップ2020予想】ディープインパクトのコース&高速馬場適性か、Sadler's Wellsの大レースで真価を発揮する底力か

今年は京都競馬場整備工事に伴う開催日割の変更があり、マイルチャンピオンシップ-G1は阪神芝1600mを舞台に行われる。2歳限定戦ではあるものの、先週に同コースで行われたデイリー杯2歳S-G2では、ディープインパクト産駒のレッドベルオーブが従来の2歳コースレコードを0秒3更新しており、同産駒は改めてコース適性の高さを証明してみせた。

なお、例年であれば、NureyevやSadler's Wells、Fairy King(いずれも父系がNorthern Dancerかつ牝系がSpecial)といった欧州血脈の底力を求められる傾向にある。これらの血統は単純にコース適性の有無だけでなく、厳しいG1の舞台でこそ真価を発揮する傾向にあるため、競馬場が変わったとしても注目しておきたい。

アドマイヤマーズは、父ダイワメジャー×母ヴィアメディチ(母の父Medicean)。母は10年リウレイ賞‐仏G3の勝ち馬で、牝系を遡れば6代母RossellinaがRibotの全妹にあたる血統馬。なお、父は06・07年とマイルチャンピオンシップ連覇の実績を持つ。また、2代母の父SingspielがSadler's Wellsの直系でもある。本馬は全6勝を芝1600mで挙げるマイラーで、昨年は3歳ながらに19年香港マイル‐香G1制覇の偉業も達成してみせた。休み明けを叩かれて調子が上向くタイプでもあり、大レースの厳しい展開になってこそ持ち前の底力も活きてくる。

ラウダシオンは、父リアルインパクト×母アンティフォナ(母の父Songandaprayer)。スナッチマインドの甥にあたる血統で、TapizarやUntapable、パイロが出たCarols Christmasに遡る牝系。父は昨年の勝ち馬インディチャンプの叔父にあたり、父ディープインパクト系×母の父Unbridled's Song系という血統構成はコントレイル、ダノンプラチナほか、レッドベルオーブなどにも通ずる。本馬は今年のNHKマイルC-G1勝ち馬でもあり、前走も展開や斤量の不利があったことを思えば及第点以上の評価を与えられる2着だろう。

グランアレグリアは、父ディープインパクト×母タピッツフライ(母の父Tapit)。ベッラレイアやワイルドラズベリーが出たPink Doveに遡る牝系で、母タピッツフライは12年ジャストアゲイムS-米G1など重賞を3勝。本馬は戦歴や脚質からも03・04年とマイルチャンピオンシップ連覇を果たしたデュランダルを彷彿とさせるが、上がり3F最速を出した馬がスプリンターズS-G1を制するのも同馬以来17年ぶりのことだった。良くも悪くも母の父らしい加速の仕方をするので、やはり大味な競馬の方が嵌りやすいタイプに思える。

(文・シンヤカズヒロ)

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

ステップ
レース

【マイルチャンピオンシップ2020予想】前哨戦での各馬のパフォーマンス&U指数評価は?

2020年11月1日() 東京/芝2000m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 9 アーモンドアイ C.ルメール 1:57.8 1.4 1 33.1 107.5
2 6 フィエールマン 福永祐一 1:57.9 1/2 17.4 5 32.7 106.9
3 7 クロノジェネシス 北村友一 1:57.9 クビ 4.4 2 32.8 106.9
4 11 ダノンプレミアム 川田将雅 1:58.2 21.6 6 34.0 105.1
5 8 キセキ 武豊 1:58.6 2 1/2 16.7 4 34.1 102.7
2020年10月31日() 京都/芝1400m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 4 カツジ 岩田康誠 1:21.2 143.7 11 34.3 102.3
2 16 ステルヴィオ 池添謙一 1:21.4 5.0 3 34.3 100.6
3 2 アドマイヤマーズ 川田将雅 1:21.5 1/2 2.8 2 34.5 99.7
4 14 アルーシャ 武豊 1:21.5 クビ 15.8 4 34.0 99.7
5 6 シヴァージ 藤岡佑介 1:21.5 ハナ 17.5 5 33.4 99.7
2020年10月24日() 東京/芝1600m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 5 ヴァンドギャルド 福永祐一 1:33.4 6.2 5 34.6 103.5
2 11 ラウダシオン M.デムーロ 1:33.6 1 1/4 6.2 3 35.2 101.9
3 9 ケイアイノーテック 津村明秀 1:33.8 1 1/4 10.3 6 34.7 100.4
4 10 ペルシアンナイト 大野拓弥 1:33.9 クビ 13.1 9 35.2 99.6
5 2 タイセイビジョン 石橋脩 1:34.0 3/4 6.2 4 35.4 98.9
2020年10月11日() 東京/芝1800m
天候: 馬場:稍重
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 9 サリオス C.ルメール 1:45.5 1.3 1 34.1 106.5
2 5 ダイワキャグニー 内田博幸 1:46.0 10.6 4 34.9 103.2
3 7 サンレイポケット 荻野極 1:46.0 ハナ 18.9 5 34.4 103.2
4 10 カデナ 三浦皇成 1:46.1 1/2 25.0 6 34.2 102.5
5 4 ザダル 田辺裕信 1:46.2 クビ 8.5 3 34.5 101.8
2020年10月4日() 中山/芝1200m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 10 グランアレグリア C.ルメール 1:08.3 2.2 1 33.6 105.4
2 3 ダノンスマッシュ 川田将雅 1:08.6 5.1 3 35.0 102.3
3 16 アウィルアウェイ 松山弘平 1:08.7 1/2 60.9 10 33.7 101.3
4 7 ミスターメロディ 福永祐一 1:08.8 1/2 23.7 7 35.0 100.2
5 15 クリノガウディー 三浦皇成 1:09.0 46.1 9 34.6 98.2
2020年9月13日() 中山/芝1600m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 10 トロワゼトワル 横山典弘 1:33.9 7.2 4 35.3 102.1
2 16 スマイルカナ 柴田大知 1:33.9 ハナ 5.4 3 35.6 102.1
3 2 ボンセルヴィーソ 木幡巧也 1:33.9 ハナ 45.1 13 35.2 102.1
4 7 ジャンダルム 藤井勘一郎 1:34.1 1 1/4 33.3 11 35.3 100.6
5 8 シゲルピンクダイヤ 和田竜二 1:34.2 1/2 8.7 5 35.2 99.8
過去10年の結果

【マイルチャンピオンシップ2020予想】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2019年11月17日() 京都/芝1600m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 5 インディチャンプ 池添謙一 1:33.0 6.4 3 33.9 106.3
2 14 ダノンプレミアム 川田将雅 1:33.2 1 1/2 2.4 1 34.2 104.8
3 7 ペルシアンナイト O.マーフィー 1:33.3 クビ 17.6 6 33.7 104.0
4 3 マイスタイル 田中勝春 1:33.4 1/2 46.8 10 34.6 103.3
5 1 ダノンキングリー 横山典弘 1:33.4 クビ 3.9 2 34.1 103.3
2018年11月18日() 京都/芝1600m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 1 ステルヴィオ W.ビュイック 1:33.3 8.7 5 34.1 102.2
2 2 ペルシアンナイト M.デムーロ 1:33.3 アタマ 6.5 3 33.9 102.2
3 3 アルアイン 川田将雅 1:33.5 1 1/4 6.6 4 34.5 100.7
4 16 カツジ 松山弘平 1:33.5 アタマ 231.1 16 33.4 100.7
5 10 ミッキーグローリー 戸崎圭太 1:33.5 クビ 18.4 8 33.4 100.7
2017年11月19日() 京都/芝1600m
天候: 馬場:稍重
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 18 ペルシアンナイト M.デムーロ 1:33.8 8.8 4 33.9 104.1
2 11 エアスピネル R.ムーア 1:33.8 ハナ 4.2 2 34.6 104.1
3 4 サングレーザー 福永祐一 1:33.9 1/2 15.0 7 34.4 103.3
4 9 レーヌミノル 和田竜二 1:34.0 3/4 46.5 10 35.0 102.6
5 12 イスラボニータ C.ルメール 1:34.1 クビ 3.9 1 34.5 101.8

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【マイルチャンピオンシップ2020予想】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2006、07年の優勝馬ダイワメジャー

秋のチャンピオンマイラーを決める一戦。逆転はとうてい不可能と思われる位置からバンブーメモリーを捕らえ切った第6回(1989年)におけるオグリキャップの追撃は、競馬ファンの心に永遠に刻み込まれている。過去、同年の安田記念と併せて勝利し「春秋マイル統一王座」を獲得した馬はニホンピロウイナー(第2回)、ノースフライト(第11回)、タイキシャトル(第15回)、エアジハード(第16回)、ダイワメジャー(第24回)、モーリス(第32回)の6頭。錚々たる名が並ぶ。2年連続で道中で掛かり気味に先頭に立ちながらそのまま押し切ったダイタクヘリオス(第8、9回)や、鮮烈な追い込みを決めたデュランダル(第20、21回)など、勝ち馬には個性派も多い。

▼デュランダルは豪快な末脚を武器に2003、2004年と同レース連覇を達成した。

歴史と概要をもっと見る

マイルチャンピオンS特集 バックナンバー