インディチャンプ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
インディチャンプ
インディチャンプ
インディチャンプ
インディチャンプ
インディチャンプ
インディチャンプ
インディチャンプ
インディチャンプ
インディチャンプ
インディチャンプ
インディチャンプ
インディチャンプ
写真一覧
現役 牡6 鹿毛 2015年2月21日生
調教師音無秀孝(栗東)
馬主有限会社 シルクレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績22戦[8-2-5-7]
総賞金61,504万円
収得賞金20,900万円
英字表記Indy Champ
血統 ステイゴールド
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
ウィルパワー
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
トキオリアリティー
兄弟 アウィルアウェイラキエータ
前走 2021/11/21 マイルチャンピオンS G1
次走予定

インディチャンプの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
21/11/21 阪神 11 マイルCS G1 芝1600 164716.764** 牡6 57.0 福永祐一音無秀孝 484
(0)
1.32.8 0.233.2⑤⑤グランアレグリア
21/06/06 東京 11 安田記念 G1 芝1600 14587.024** 牡6 58.0 福永祐一音無秀孝 484
(+6)
1.31.9 0.233.5⑤⑤ダノンキングリー
21/03/28 中京 11 高松宮記念 G1 芝1200 18596.333** 牡6 57.0 福永祐一音無秀孝 478
(-6)
1.09.3 0.134.5⑪⑨ダノンスマッシュ
21/02/28 阪神 11 阪急杯 G3 芝1400 175103.534** 牡6 57.0 福永祐一音無秀孝 484
(+2)
1.19.6 0.433.8⑨⑦レシステンシア
20/12/26 阪神 11 阪神カップ G2 芝1400 166121.513** 牡5 57.0 福永祐一音無秀孝 482
(+10)
1.20.1 0.434.0⑪⑪ダノンファンタジー
20/11/22 阪神 11 マイルCS G1 芝1600 17488.832** 牡5 57.0 福永祐一音無秀孝 472
(-8)
1.32.1 0.133.2⑦⑤グランアレグリア
20/06/07 東京 11 安田記念 G1 芝1600 14467.023** 牡5 58.0 福永祐一音無秀孝 480
(+4)
1.32.1 0.534.1⑨⑦グランアレグリア
20/04/26 京都 11 マイラーズC G2 芝1600 12111.611** 牡5 58.0 福永祐一音無秀孝 476
(-2)
1.32.4 -0.333.0ベステンダンク
20/03/01 中山 11 中山記念 G2 芝1800 9115.444** 牡5 58.0 福永祐一音無秀孝 478
(+16)
1.46.7 0.434.1⑥⑤⑤⑥ダノンキングリー
19/12/08 香港 7 香港マイル G1 芝1600 10--------7** 牡4 57.0 D.レーン音無秀孝 462
(--)
1.33.7 0.5----アドマイヤマーズ
19/11/17 京都 11 マイルCS G1 芝1600 17356.431** 牡4 57.0 池添謙一音無秀孝 472
(-4)
1.33.0 -0.233.9④⑤ダノンプレミアム
19/10/06 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 10445.033** 牡4 58.0 福永祐一音無秀孝 476
(+6)
1.44.8 0.434.4ダノンキングリー
19/06/02 東京 11 安田記念 G1 芝1600 163519.241** 牡4 58.0 福永祐一音無秀孝 470
(0)
1.30.9 -0.032.9④⑤アエロリット
19/04/21 京都 11 マイラーズC G2 芝1600 10334.724** 牡4 56.0 福永祐一音無秀孝 470
(+10)
1.32.8 0.232.1ダノンプレミアム
19/02/03 東京 11 東京新聞杯 G3 芝1600 15222.711** 牡4 56.0 福永祐一音無秀孝 460
(0)
1.31.9 -0.133.5⑦⑥レッドオルガ
18/12/16 阪神 10 元町S 1600万下 芝1600 11331.811** 牡3 56.0 福永祐一音無秀孝 460
(+8)
1.34.6 -0.533.2⑨⑨メサルティム
18/07/08 中京 10 有松特別 1000万下 芝1600 14111.511** 牡3 54.0 福永祐一音無秀孝 452
(-8)
1.34.2 -0.335.2⑤⑤クリアザトラック
18/06/16 阪神 9 小豆島特別 1000万下 芝1600 9881.912** 牡3 54.0 福永祐一音無秀孝 460
(+6)
1.32.0 0.033.2⑥④エイシンティンクル
18/04/14 阪神 11 アーリントン G3 芝1600 13223.524** 牡3 56.0 岩田康誠音無秀孝 454
(-6)
1.33.6 0.234.7タワーオブロンドン
18/03/24 阪神 11 毎日杯 G3 芝1800 10335.133** 牡3 56.0 岩田康誠音無秀孝 460
(-4)
1.46.8 0.333.6⑩⑩ブラストワンピース

⇒もっと見る


インディチャンプの関連ニュース

 香港マイルに出走予定のインディチャンプ(栗東・音無秀孝厩舎、牡6歳)が、このレースを最後に引退、種牡馬入りすることが明らかになった。1日、所有するシルクホースクラブが発表した。繋養先などは調整中。同馬は2019年の安田記念マイルCSを勝ってJRA賞の最優秀短距離馬に選出された。

12・12香港GI4レースの馬券を発売 引退レースのラヴズオンリーユーら12頭参戦 2021年11月26日(金) 16:50

 JRAは26日、12月12日に香港・シャティン競馬場で行われる香港国際競走の馬券発売を発表した。対象は香港ヴァーズ香港スプリント香港マイル香港カップのGI4レース。

 発売は、即PAT、A-PAT会員が当日の午前7時から開始から発走予定時刻の2分前まで。UMACA投票は各競馬場・ウインズなどの発売開始時刻から発走予定時刻の2分前まで。ただし、レース映像などの提供を行っていない競馬場やウインズでは、営業終了時刻の原則17時までの発売となる。

 発売式別は、単勝、複勝、馬連、ワイド、馬単、3連複、3連単で、枠連とWIN5は発売しない。独立プール方式で日本国内独自のオッズとなる。

 【香港国際競走の招待受諾馬=日本馬12頭】◎香港ヴァーズ(GI、芝2400メートル、日本時間15時発走)グローリーヴェイズ(牡6歳、美浦・尾関知人厩舎)、ステイフーリッシュ(牡6歳、栗東・矢作芳人厩舎)

香港スプリント(GI、芝1200メートル、日本時間15時40分発走)

ダノンスマッシュ(牡6歳、栗東・安田隆行厩舎)、ピクシーナイト(牡3歳、栗東・音無秀孝厩舎)、レシステンシア(牝4歳、栗東・松下武士厩舎)

香港マイル(GI、芝1600メートル、日本時間16時50分発走)インディチャンプ(牡6歳、栗東・音無秀孝厩舎)、ヴァンドギャルド(牡5歳、栗東・藤原英昭厩舎)、サリオス(牡4歳、美浦・堀宣行厩舎)、ダノンキングリー(牡5歳、美浦・萩原清厩舎)

香港カップ(GI、右2000メートル、日本時間17時30分発走)ヒシイグアス(牡5歳、美浦・堀宣行厩舎)、ラヴズオンリーユー(牝5歳、栗東・矢作芳人厩舎)、レイパパレ(牝4歳、栗東・高野友和厩舎)

[もっと見る]

【古馬次走報】ヴァンドギャルドはティータンで香港マイルへ 2021年11月26日(金) 04:49

 ★ブリーダーズCマイル12着のヴァンドギャルド(栗・藤原英、牡5)は、香港マイル(12月12日、シャティン、GI、芝1600メートル)でティータン騎手とコンビを組む。同レースに参戦するインディチャンプ(栗・音無、牡6)は引き続き福永騎手が手綱を取る。

 ★新潟記念5着ラインベック(栗・友道、牡4)はディセンバーS(12月19日、中山、L、芝1800メートル)に向かう。

 ★武蔵野S11着スマッシャー(栗・吉岡、牡3)は東海S(1月23日、中京、GII、ダ1800メートル)を予定。

 ★新潟牝馬Sを勝ったマリアエレーナ(栗・吉田、牝3)は愛知杯(1月15日、中京、GIII、芝2000メートル)を目指す。

 ★キャピタルSを回避したレイエンダ(美・藤沢和、セン6)は中日新聞杯(12月11日、中京、GIII、芝2000メートル)へ。

 ★京阪杯を除外になったアクアミラビリス(栗・吉村、牝5)はラピスラズリS(12月5日、中山、L、芝1200メートル)か、タンザナイトS(12月18日、阪神、OP、芝1200メートル)を予定。京王杯スプリングC11着グルーヴィット(栗・松永幹、牡5)もタンザナイトSへ。

 ★アンドロメダS9着ベレヌス(栗・杉山晴、牡4)はリゲルS(12月11日、阪神、L、芝1600メートル)に向かう。

 ★セラピア(栗・藤岡、牝5)は右前肢に繋靭帯炎を発症。引退して今後は繁殖牝馬となる予定。

[もっと見る]

JRAが香港国際競走の招待受諾馬を発表 ラヴズオンリーユーら12頭 2021年11月24日(水) 18:22

 JRAは24日、香港国際競走(12月12日、シャティン、GI)の招待受諾馬を発表した。受諾した競走馬は下記の通り。

 ◆カップ・芝2000メートル=ヒシイグアス(牡5歳、美浦・堀宣行厩舎)、ラヴズオンリーユー(牝5歳、栗東・矢作芳人厩舎)、レイパパレ(牝4歳、栗東・高野友和厩舎)

 ◆マイル・芝1600メートル=インディチャンプ(牡6歳、栗東・音無秀孝厩舎)、ヴァンドギャルド(牡5歳、栗東・藤原英昭厩舎)、サリオス(牡4歳、美浦・堀宣行厩舎)、ダノンキングリー (牡5歳、美浦・萩原清厩舎)

 ◆スプリント・芝1200メートル=ダノンスマッシュ(牡6歳、栗東・安田隆行厩舎)、ピクシーナイト(牡3歳、栗東・音無秀孝厩舎)、レシステンシア(牝4歳、栗東・松下武士厩舎)

 ◆ヴァーズ・芝2400メートル=グローリーヴェイズ(牡6歳、美浦・尾関知人厩舎)、ステイフーリッシュ(牡6歳、栗東・矢作芳人厩舎)

[もっと見る]

【古馬次走報】インディチャンプは香港マイルに参戦 2021年11月24日(水) 04:50

 ★マイルCS4着インディチャンプ(栗・音無、牡6)は、予定通り香港マイル(12月12日、シャティン、GI、芝1600メートル)に参戦する。

 ★栗東・矢作厩舎のオープン馬の動向は以下のとおり。マイルCS5着ホウオウアマゾン(牡3)は、状態が良ければ阪神C(12月25日、阪神、GII、芝1400メートル)へ。福島記念1着パンサラッサ(牡4)は、有馬記念(12月26日、中山、GI、芝2500メートル)を目指すが、除外されたときは中山金杯(1月5日、中山、GIII、芝2000メートル)に切り替える。仏GI・フォレ賞3着エントシャイデン(牡6)は、京都金杯(1月5日、中京、GIII、芝1600メートル)を使う。

 ★天皇賞・秋14着カイザーミノル(栗・北出、牡5)は京都金杯へ。

 ★アンドロメダS1着ラーゴム(栗・斉藤崇、牡3)、同2着ボッケリーニ(栗・池江、牡5)、カシオペアS3着アドマイヤビルゴ(栗・友道、牡4)は、中日新聞杯(12月11日、中京、GIII、芝2000メートル)に向かう。

 

[もっと見る]

【マイルCS】ダノンザキッド負けてなお強しの3着 2021年11月22日(月) 04:57

 昨年の2歳王者が復活の兆しをみせた。5番人気のダノンザキッドは、2度目のマイル戦でGI挑戦ながら3着を確保。ゴール前はインディチャンプを外からハナ差かわしてゴール板を駆け抜けた。川田騎手は「素晴らしい内容で走ってくれました。負けはしましたが、改めて能力の高さを示してくれましたね。来年が、楽しみになりました」と負けてなお強しを強調。安田隆調教師も「よく頑張ってくれました。2000メートルまで距離はもってほしいところですが、これでレースの選択肢も広がりました」と前向きに話した。

★21日阪神11R「マイルCS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

インディチャンプの関連コラム

閲覧 1,122ビュー コメント 0 ナイス 3



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


11月21日(日)阪神11R 第38回マイルチャンピオンシップ(3歳以上G1・芝1600m)


【登録頭数:18頭】(フルゲート:18頭)

グランアレグリア(A)中2週
安田記念時は、レース後10日目からだった乗り出し(坂路)、今回は5日後からと早めの立ち上げで、それだけ回復が早いのではないかと思う。1週前は軽めの調整も、動きを見ると気負うことなく集中してゆっくりと走れていた。このままいけば、良い状態で出走できそう。

インディチャンプ(B)5ヶ月半
休み明けで乗り込み量は豊富。2週前の動きを見ると終いの伸び脚が良い。1週前、最終追い切りになるとオーバーワークにならないように調整してくるので抑え気味になるところもあると思うが、2週前の軽快な走りを見ると調子は良さそう。

シュネルマイスター(A)中5週
1週前追い切りでは、ラストで追い出されると一気に突き離し、出来はかなり良さそう。毎日王冠のパドックではお腹のあたりにまだ余裕がある感じだったあたりからも、叩き2戦目での上積みが感じられる。

サリオス(B)5ヶ月半
休み明けで、1週前の動きを見ると終いの伸び脚は良いが仕掛けられてからの反応は少し鈍い感じにも見えた。かなり大きな馬なので、馬体に余裕がまだあるかもしれない。

ケイデンスコール(C)中5週
追い切りでは速い時計の出る馬。叩き2戦目となるが、1週前の坂路での動きを見るに走りに勢いがなく迫力を感じない。

サウンドキアラ(D)中2週
この中間は中2週と間隔が詰まり、1週前は日曜日に坂路で速い時計をマーク。昨年もスワンSからのローテーションで、1週前の水曜に速い時計を出していたことを思うと、今年は回復が遅いのかもしれない。間隔が空いているほうが成績は良く、休み明け2戦目は5戦して3着までが最高とあまり良い材料がない。

ダノンザキッド(C)中3週
長期休養明けの前走は、+22キロで0.5秒差の4着。この中間、1週前追い切りの動きを見るに前走時のような気合い乗りや迫力が感じられず、上積みよりは反動のほうが気になるところ。

グレナディアガーズ(B)中9週
この中間は2週前、1週前とCWで速い時計が出ている。1週前はジョッキー騎乗で強めに追われて先着を果たし、順調な仕上がりが窺える。

カテドラル(D)中9週
この中間は、乗り込まれてはいるもののこの馬としては終いの時計がかかっている感じ。1週前追い切りで見せた動きも、追われている割に伸びきれていない。

ロータスランド(B)中3週
前走は少し間隔が空いて馬体に余裕があったかもしれない。この中間も、乗り込み豊富で坂路では好時計が出ている。阪神の外回りコースで這い上がってきた馬なので、ここは変わり身もあるかもしれない。

サトノウィザード(-)中3週※出走回避
脚元に張りが出たため、大事を取って出走を取り止め。

クリノガウディー(D)中2週
坂路で速いタイムをマークしてくる馬だが、この中間はこの馬らしい時計を出しておらず坂路で軽く乗られているだけ。この秋は馬体に締まりがない感じで、春と比べると出来自体に問題がありそう。

ホウオウアマゾン(B)中2週
休み明けの前走時は、追い切りでは直前でやっと好時計が出たくらいでパドックでも明らかに太め残りと分かる馬体で、仕上り途上だった。この中間も1週前追い切りではまだ重たい感じの動きで、レースまでにもうひと絞りほしい印象を受ける。

リプレーザ(D)中2週
坂路では好時計の出る馬。叩き2戦目となるが、1週前追い切りでは終いの時計がかかっていて大きな上積みは期待できそうにない。芝でこのメンバーに入ると見劣りしてしまう。

クリノプレミアム(D)3ヶ月
休み明けも乗り込み本数少なく、1週前追い切りでも馬場の5分どころを回り、時計も伸び脚もそれほど目立たず。連勝中の勢いは感じられない。

レインボーフラッグ(B)中6週
追い切りでは速い時計の出る馬で、今回も1週前追い切りは硬さは覗かせたものの重心の低い走りで大きく先着を果たしている。レースでは勝ち星から遠ざかっているが、出来は良さそう。

ダーリントンホール(A)中3週
休み明けの前走時も乗り込み豊富で、大きな馬だがパドックでも気合い乗り抜群、好馬体をアピールと仕上りは良かった。今回1週前追い切りでは、抑えきれないくらいの気合い乗りで直線の伸び脚もしっかり。上積みに期待がもて、デキ前走以上か。

サウンドカナロア(D)中1週
この中間は間隔が詰まっていて軽めの調整。中1週での叩き2戦目も、前走時の調教内容が特に良かった訳でもなく大敗後の巻き返しは厳しそう。


※このコラムからの推奨馬は、グランアレグリアシュネルマイスターダーリントンホールインディチャンプの4頭をあげておきます。



◇今回は、マイルチャンピオンシップ編でした。
マイルチャンピオンシップで思い出すのが、オグリキャップが勝った1989年。直線に向いて武豊騎手騎乗のバンブーメモリーが抜け出して突き離した時には、誰もが勝利を確信したと思いますが、そこに内から差を詰めてきた南井克己騎手騎乗のオグリキャップとの追い比べは非常に見ごたえがありました(言葉で表現するよりも映像を観てもらった方がその凄さが分かると思いますので、よろしければこちら↓をどうぞ)。



2走前の毎日王冠でも、イナリワンとの大接戦をハナ差制していて勝負根性という言葉はオグリキャップのためにあるようなもの。強い馬が圧勝する競馬は安心して観ることができますが、大接戦の競馬もハラハラドキドキがあってまたそれも競馬の楽しみだと、オグリキャップには教えてもらったような気がします。


マイルチャンピオンシップ出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2021年11月14日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2021年11月14日号】特選重賞データ分析編(280)~2021年マイルチャンピオンシップ
閲覧 1,603ビュー コメント 0 ナイス 3



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 マイルチャンピオンシップ 2021年11月21日(日) 阪神芝1600m外


<ピックアップデータ>

【出走数別成績(2015年以降)】
○20戦以下 [6-6-6-48](3着内率27.3%)
×21戦以上 [0-0-0-40](3着内率0.0%)

 キャリアの浅い馬が中心。2020年の1~3着馬も、それぞれ出走数は16戦以下でした。たとえ実績上位であっても、キャリアが豊富過ぎる馬は過信禁物と見るべきでしょう。

主な「○」該当馬→カテドラルケイデンスコールロータスランド
主な「×」該当馬→インディチャンプサウンドキアラ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“同年6月以降、かつJRA、かつ出走頭数が13頭以上、かつG1・G2のレース”において3着以内となった経験がある」馬は2015年以降[5-3-4-14](3着内率46.2%)
主な該当馬→サウンドキアラ

[もっと見る]

2021年4月2日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】際立つコントレイルの”操縦性の高さ”/大阪杯展望
閲覧 1,209ビュー コメント 0 ナイス 2



高松宮記念ダノンスマッシュが外から抜け出して勝利。最終的に本命にした◎インディチャンプは、内から抜けてきた瞬間はやったかと思ったが、最後は外の2頭に屈してしまった。それでも力のある馬同士の見応えのあるレースだった。

ダノンスマッシュは6歳にしてようやく完成の域。以前はトモの甘さがあったが、それが抜けてすっかりパワーがついた。結果としてタフな馬場や急坂を苦にせず、ある程度出して行っても良い脚を使えるようになった。負けたとはいえ2着のレシステンシアも首が太くパワーあふれる走りで、急坂や荒れ馬場も苦にせず1200mに対応して見せた。

~近年の名馬に共通する操縦性の高さ

さて、今週は注目の大阪杯、いよいよコントレイルが始動する。コントレイルは無敗の3冠を達成、ジャパンカップではアーモンドアイの2着と初めて土がついたが、それでも安定した走りは今回の出走馬の中でも一枚抜けているだろう。

コントレイルの安定感の秘訣は、その操縦性の高さにある。神戸新聞杯ではインの渋滞に巻き込まれそうなところから、難なくスペースを抜けて来て勝利。2歳時のホープフルSでも、初の2ケタ頭数、初の内枠というシチュエーションでも難なく抜け出して来た。大外を回って豪快な脚を武器にした父ディープインパクトとは異なり、レースセンスの良さを感じさせる。

思えば近年の名馬は基本的に操縦性が高くレースセンスがある。キタサンブラック然り、アーモンドアイ然り、海外に目を転じても、日本馬の前に幾度となく立ちはだかったハイランドリールやエネイブルといった馬たちも、例外なくスッと先行して好位を取れるような安定感があった。

折り合いがつき、位置を自由に取れ、馬群を一瞬で抜ける脚がある。こういった馬は基本的にどんな条件でもそうそう崩れない。古馬になって初戦でどうか…といった懸念もあるが、コントレイルは今回も安定したレースぶりを見せてくれる可能性が高いと考えている。

大阪杯展望

というわけで、軸はコントレイルで良いというのが今年の大阪杯の結論(たぶん、一応最終結論は土曜夜に)。

相手筆頭はサリオス。急坂を苦にしないパワーがあり、前走は結果的に大外枠で流れに乗れなかったのも痛かった。

グランアレグリアは週末の雨が懸念材料。距離にもやはり不安があり、キセキギベオンがいなくなったのも不安点。折り合い面から気づけばハナ…なんてシーンもあるのでは。少々危ない面もある。

馬券的には3頭で決まらないことを願って買うのもアリかもしれない。

大阪杯の本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2021年4月2日(金) 10:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(3/27~3/28) マカロニスタンダーズプロが土日完勝、トータル回収率148%でトップに!
閲覧 281ビュー コメント 0 ナイス 2



28(日)に行われたG1高松宮記念ほか様々な的中がマークされた先週。
好成績を収めた注目プロ予想家をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →マカロニスタンダーズプロ
27(土)に中山12R4歳以上2勝クラスで◎▲○11万5450円払戻し(1,924%回収)、阪神12R4歳以上1勝クラスで○▲◎539%回収などの的中をマーク! 翌28(日)にも、中山6R3歳1勝クラスでの14万4600円払戻し(2,410%回収)、中山10R春興Sでの8万6300円払戻し(1,438%回収)などで活躍をアピールし、土日2日間トータルで回収率148%、収支20万8580円プラスのトップ成績をマークしました。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
28(日)G3マーチSで、「アメリカンシードは、血統的にも人気で買いにくく、ダートの上級レースの壁は見た目以上に厚く感じる」として軽視し、▲レピアーウィットヒストリーメイカーメモリーコウ的中を記録。馬単・馬連・3連複計115,560円(1,650%回収)のスマッシュヒットを披露しています。この日は他にも阪神1R3歳未勝利等の的中、さらに27(土)にも阪神6R3歳未勝利、勝負予想G3毎日などで活躍を見せた先週は、週間トータル回収率101%をマークしています。3週連続週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →伊吹雅也プロ
G1高松宮記念を、◎レシステンシアインディチャンプから3連複2200円分的中とし5万2800円の払戻し。27(土)のG3毎日もきっちりと◎○×で仕留めた先週は、週間回収率105%を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →あおまるプロ
27(土)中京4R3歳未勝利で34万6900円払戻しのビッグヒットを披露。さらに28(日)にも中京12R四日市特別でも11万5460円の払戻しを披露するなどで、2日連続週末プラスを達成(週間回収率141%)。これで5開催日連続の負けなしとし、3週連続週末プラスを記録しています。
 
 
 
この他にも、金子京介プロ(108%←2週連続週末プラス)、新参者プロ(107%)、暴君アッキープロ(103%←4週連続週末プラス)らが回収率100%超をマークしています。
 
 
 
今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2021年3月26日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】今は内枠有利が顕著な中京芝千二/高松宮記念展望
閲覧 1,528ビュー コメント 0 ナイス 1



先週の日曜は各場とも雨の影響を大いに受ける中での開催となった。

阪神大賞典は結果として超スタミナ競馬となり、気合が武器の和田騎手が騎乗したディープボンドが抜け出し勝利。アリストテレスはガス欠を起こし伸び切れず、1.3倍の断然人気を裏切る形となり、2~3着には後方待機のユーキャンスマイル、そして伏兵のナムラドノヴァンが突っ込んで来る波乱。

スプリングSもタフな馬場となり、8枠14番のヴィクティファルスが外からの差し切りを決めた。最内枠のランドオブリバティは見せ場なく惨敗。

雨が降ってタフな芝になればスタミナを問われ、通常よりは外が伸びるようになるのは当然といえば当然なのだが…。

~近年の高松宮記念は内枠勢が大活躍

そんなセオリーに反するのが最近の中京芝。先週の日曜は中京も例外ではなく雨の影響を受けたが、結果外が伸びたかといえばそうではなかった。むしろ土曜よりもインがよく粘った印象すらあり、特に短距離はイン有利が顕著。9レースの芝千二では1枠2番のワンダーカタリナが6番人気2着、1枠1番のショウナンバービーが5番人気3着。最終レースの芝千四では11番人気のビオグラフィーがサッと先手を取ると逃げ切り、2着には2枠2番のムーンライトが5番人気で2着。3着に4番枠、4着に3番枠の馬が入線した。

考えてみれば高松宮記念も最近は内枠有利傾向。過去5年はいずれも18頭立てだったが、1~3着馬の馬番は以下の通り。

2016年 4番→6番→8番
2017年 6番→3番→7番
2018年 9番→8番→7番
2019年 3番→4番→7番
2020年 16番→8番→3番

ご覧の通り2ケタ馬番で馬券に絡んだのはたった一頭だけ、それもラチ沿いを逃げたモズスーパーフレアだ。もちろん昨年は11番枠のクリノガウディーが好位から抜け出して勝利してはいるが、それでもトータルで考えれば内枠~中枠が有利で、外枠不利というのが顕著な傾向として出ている。

中京芝千二全体のデータを見ても、やはり内枠が有利で、2020年から先週終了時点までを見ても、1~2枠の馬をベタ買いするだけで複勝はプラス収支になる。その他は、5枠が71%で幾分マシだが、あとはすべて50%以下という散々な成績だ。

もちろん所詮データに過ぎないし、私はこういった数字を扱うときはむしろ最近の流れに注意しているが、いずれにしても控え目に言って外がやや不利というのは間違いない。今週は週明け段階の予報ではあるが、再び日曜の天気が怪しい模様。雨での馬場悪化時もこの傾向は特に変わらないので、予想する際はいつも以上に枠順を考慮したい。

高松宮記念展望

というわけで、今週末からスタートする春G1戦線。昨年の高松宮記念は◎クリノガウディーで天国から地獄…を味わったので、今年は1年前の忘れ物を取りに行きたい。

というわけで、穴馬を2頭挙げてみたい。

ミッキーブリランテ

別に昨年の悔しさを晴らしてくれ! というような期待を和田騎手に背負わせているわけではなく、単純に近走の内容を評価してのこと。前走は千四への距離短縮だったが掛かるくらいのスピードを見せ、最後は馬群を割って伸びて来た。とにかくパワーがあるので急坂コースも荒れ馬場も問題ないし、多頭数の混戦になれば根性で馬群を割れる和田騎手は頼もしい存在だ。ゴール前冷静さを失わずに、今度こその気持ち(って結局ちょっと去年のリベンジ期待してるじゃん。笑)。

インディチャンプ

こちらは穴ってこともないだろうが、ピッチ走法でとにかくタフな馬場は上手いと思うので雨が降れば追い風。千二は初になるが千四でも掛かるスピードがあるので短縮は問題ないだろう。馬群を割って一瞬で脚を使えるので、とにかく枠順が重要になる。かつては内枠ばかり引く超ラッキーホースだったが、ココ2走は12番、10番と枠順に恵まれていない。なんとか8番より内寄りの枠を引いて、馬群で溜める形でチャンスをうかがいたい(※枠順確定前執筆)。

高松宮記念の本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2020年12月25日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2020年12月25日
閲覧 1,616ビュー コメント 0 ナイス 1

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2020年12月26日()の凄馬!>
超凄馬
中山1R 2歳未勝利
シュアーヴアリア(+3.0)

超凄馬
中山11R ホープフルステークス G1
ダノンザキッド(+2.4)

超凄馬
阪神11R 阪神カップ G2
インディチャンプ(+2.1)

超凄馬
阪神2R 2歳未勝利
メイショウストーム(+2.0)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率69%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2020年12月27日、集計数:40,064レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は、ウマニティ会員登録(無料) することで受信できます。
凄馬メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<凄馬メール受信設定の仕方>
こちら から、ウマニティ会員登録を行ってください。
仮登録メール受信→確認リンク押下→登録完了メール受信、の手順で会員登録は完了です。
②ウマニティにログインし、各種メール設定 より、凄馬メール受信をオンに設定する。

日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

[もっと見る]

⇒もっと見る

インディチャンプの口コミ


口コミ一覧
閲覧 34ビュー コメント 0 ナイス 3

ダノンスマッシュは香港スプリントがラストラン!

インディチャンプは香港マイルがラストラン!

日に日に引退のニュースが届きますね~

もう見れなくなる寂しさと次への仕事に送り出したい楽しみとの気持ちが揺らいでしまいます~

とはいえ最後まで無事に♪という気持ちが第一なんですけどね!

頑張って☆

 覆面ドクター・英 2021年11月25日(木) 21:35
ジャパンカップ・2021
閲覧 859ビュー コメント 0 ナイス 25

まずはマイルCSの回顧から。グランアレグリアは勝つだろうなあと思って本命打って勝ってくれましたが、3着に早熟で妙味無しと買わなかったダノンザキッドが来て、接戦4着のインディチャンプを三強と厚く買っていたので、1着2着4着馬券じゃどうもならないのですが、2週連続実馬券は、土日プラスだったので、まあ良しとしましょう。勝負レースは1点1000円の12点、どうでもいいレースは1点100円とメリハリつけた方が勝ちやすいようです。(ただ登録予想は同額なのもありイマイチな結果でプロ再受験ちょっと今週の結果だと厳しくなりました)。

ジャパンカップの話ですが、昔は強い外国馬に日本馬が挑戦して勝ったら、泣けてくるレベルでしたが、日本馬が強くなって、海外からあんまり来なくなって、日本馬同士の賞金奪い合い状態が近年つづいています。今年は海外馬券発売もあって、なじみのあるBCターフ勝ちのブルームや、ジャパンといったガリレオ系の産駒2騎も来ますが、高速馬場向けではないでしょうね。もう一頭のグランドグローリーの方が血統的には日本適性高いかもしれないし、Cデムーロというのも楽しみです。あと大事なのは、日曜の東京12レースだということです(15時40分だけど11レースではありません!!)

<全頭診断>
1番人気想定 コントレイル:昨年の三冠馬で菊花賞まではデビューから怒涛の7連勝だった。昨年のJCではアーモンドアイの2着と、古馬になったらどんなに活躍するのだろう、と思われた、今年の大阪杯は重馬場にも泣き3着、秋の天皇賞もエフフォーリアに競り負けの2着と、ちょっとあれ??という結果。今回で引退となるレースでは、福永騎手のコメントみると応援したくなるが、なんせ断然人気となりそうで、また、距離も正直2400Mよりは2000Mの前走の方がより適性高かったと思われ、人気ほどは抜けていないか。

2番人気想定 シャフリヤール:ディープインパクト産駒らしく瞬発力自慢なだけに、毎日杯からダービー直行というローテで、エフフォーリアを差して、ダービー馬となった(私は本命打っていました)。神戸新聞杯4着は馬場のこともあり、得意の条件に戻って、川田騎手にも戻って、コントレイル徹底マークだと、また瞬発力で差し切りという場面もありそう。

3番人気想定 オーソリティ:今年もアルゼンチン共和国杯を制して、しかも昨年の54kgでなく今年は57.5kgだったので、今回と近い条件では強い馬と言える。昔はアルゼンチン共和国杯は、かなりレベルの落ちるレースだったが近年は結構レベルが上がっており、前走の完勝とルメール騎手騎乗で楽しみな一頭。

4番人気想定 ユーバーレーベン:今年のオークス馬だが前走の秋華賞13着は、距離不足というより脚元があんまりよくない感じで、ここも前走よりは調教マシだが、それほど上昇描いておらず、人気サイドでは消しに近い評価。

5番人気想定 アリストテレス:昨年の菊花賞でコントレイルに迫った時には今後が楽しみな一頭と思われたが、AJCC勝った後は、どうもイマイチな近況。前走の京都大賞典は2着とはいえ、1着マカヒキ、3着キセキということを考えると、レースレベルが低かった可能性高そう。4歳秋でまだまだ調教は元気で、気持ちひとつな部分もありそうで、横山武騎手に乗り替わって、一変あるかもしれないが。

6番人気想定 ブルーム:サドラー系のいかにもという外国馬だけに三角あたりからの大まくりなどで瞬発力不足をカバーする乗り方などを見てみたい。

7番人気想定 カレンブーケドール:脚部不安で回避。アンカツさんが、穴馬として楽しみにしてただけに、残念がるコメント出してました。

8番人気想定 ジャパン:これまたサドラー系のいかにもな外国馬で武豊騎手騎乗なだけに今後の海外でのレースへの鍛錬の場となれば。

9番人気想定 キセキ:7歳秋となり長く走っているがさすがに衰え隠せない。京都大賞典で久々に3着と馬券になったのもレースレベルが低かっただけに評価できない。

10番人気以下想定
マカヒキ:ダービー馬が8歳でG2勝ちを久々に飾るという前走だったが、いかんせんレースレベルが高くなかった京都大賞典組だけに・・。

グランドグローリー:デインヒル系の父で、リファールやミスプロの血がみられるようにゴツ過ぎない牝馬で、外国馬の中では、ちょっと楽しみにしている一頭。Cデムーロも兄よりずっと上手い(笑)

サンレイポケット:左回りの長い直線でグイグイ伸びてくる、いかにもトニービン系と言える脚をみせるし、6歳だが元気で穴に少し買おうかと思っている一頭。

ワグネリアン:ダービー馬ながら6歳秋でもまだ成績さっぱりでも、元気に走っている。マカヒキみたいに長くやってると、弱い相手にもう一花咲かせるかもしれないが、それはここではないだろう。

シャドウディーヴァ:府中牝馬Sは直線一気に勝ち切った。ハーツクライ産駒とはいえ、この距離は正直あんまり向いてない印象で、前走みたいな末脚は使えないのでは。

モズベッロ:道悪G1要員で、重い馬場で厳しい流れで浮上してくるタイプ。今後、海外遠征してみたら案外いいのでは。

ユーキャンスマイル:阪神大賞典でのみ2連連続好走しているが、ステイヤー色が年齢とともに濃くなり、この東京2400Mは向かない。

ロードマイウェイ:一昨年のこの時期のチャレンジCを勝った時は5連勝の勢いあったが、その後は、さっぱりで、騎手もG1でさっぱりな三浦騎手だけに、要らない。

ムイトオブリガード:これまた一昨年のこの時期のアルゼンチン共和国杯勝ち以降はさっぱりな現況で、7歳秋だけに一変は無さそう。G1で柴田善騎手を見られるのはオールドファンには楽しみといえるが(笑)

ウインドジャマー:スピルバーグ産駒で藤澤和厩舎だけに、ずっと芝を使われて勝ち上がれず、ダートに路線変更して、そこから4勝積み上げてオープンまで上がってきたが、芝0勝馬がJCで激走は無いだろう。母父アフリートが色濃く出てダート寄り適性なのだろう。

<まとめ>
有力:コントレイル、シャフリヤール

ヒモに:オーソリティ、アリストテレス

穴で:グランドグローリー、サンレイポケット

[もっと見る]

 競馬戦略研究所所長 2021年11月24日(水) 21:52
重賞回顧 マイルチャンピオンシップ
閲覧 40ビュー コメント 0 ナイス 3

見た目以上の強さでグランアレグリアが引退レースを勝ち、有終の美を飾りました。

スタートで遅れてもジッと構えて騎乗するルメール騎手はただただ、相手よりも馬を気分良く走らせることに専念していた感じがします。馬場もよいところを選択して外目を回り、コーナーでは近くにいる馬を圧で内外に弾くかのような走り。坂を上ってもしっかり伸びて、終わってみれば昨年同様の圧勝。これで引退となりますが今から次世代が楽しみで仕方がありません。

2着には3歳マイルチャンピオンのシュネルマイスター。横山武騎手も完ぺきに近い騎乗をしましたが、この馬の力を知るルメール騎手がグランアレグリアに騎乗では分が悪かったか。それでも初遠征でこの結果なら前途洋々。次走からは距離さえ間違わなければ連を外すことは当分ない気がします。

 3着ダノンザキッドは前走の効果がうまく出て良いとこの走りが戻ってきました。

 4着は所長◎のインディチャンプ。直線を向いたところの手ごたえでは「勝った」と正直思いました。それでも力は出し切ってくれただけに次走の香港で馬券の借りを返してもらいたいと思います(^^)/

[もっと見る]

⇒もっと見る

インディチャンプの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
8:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年11月21日() 00:14:57
jac、◉サ○グ▲レ△イ穴ペ
7:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年11月21日() 00:04:52
水、ローテ順調さ欠く、叩き良化型にとってマイナス、坂?、平坦で好走実績、血統は高速適正
6:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年11月19日(木) 22:02:09
関係、相変わらず調教は動く、1度使えなかった分坂路で乗り込み。

⇒もっと見る

インディチャンプの写真

インディチャンプの厩舎情報 VIP

2021年11月21日マイルチャンピオンS G14着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

インディチャンプの取材メモ VIP

2021年11月21日 マイルチャンピオンS G1 4着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。