サウンドキアラ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
サウンドキアラ
サウンドキアラ
サウンドキアラ
写真一覧
現役 牝5 鹿毛 2015年3月31日生
調教師安達昭夫(栗東)
馬主増田 雄一
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績16戦[6-3-4-3]
総賞金16,013万円
収得賞金6,250万円
英字表記Sound Chiara
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
サウンドバリアー
血統 ][ 産駒 ]
アグネスデジタル
スリーピングインシアトル
兄弟 サウンドラブリーサウンドレベッカ
前走 2020/02/22 京都牝馬ステークス G3
次走 2020/04/11 サンスポ杯阪神牝馬S G2

サウンドキアラの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/02/22 京都 11 京都牝馬S G3 芝1400 178174.311** 牝5 55.0 松山弘平安達昭夫460(+2)1.23.2 -0.234.5④⑦プールヴィル
20/01/05 京都 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 18235.531** 牝5 53.0 松山弘平安達昭夫458(+2)1.34.0 -0.234.6④⑤ダイアトニック
19/12/07 阪神 11 リゲルS (L) 芝1600 168162.513** 牝4 54.0 武豊安達昭夫456(+4)1.33.3 0.034.3⑪⑨ストロングタイタン
19/10/05 京都 11 長岡京S 3勝クラス 芝1600 108101.811** 牝4 53.0 福永祐一安達昭夫452(+4)1.33.1 -0.133.8ミッキーブリランテ
19/05/12 東京 11 ヴィクトリア G1 芝1600 1881794.7157** 牝4 55.0 田辺裕信安達昭夫448(0)1.31.2 0.733.5⑬⑫ノームコア
19/04/20 京都 10 六波羅特別 1000万下 芝1600 7441.411** 牝4 55.0 武豊安達昭夫448(-2)1.32.8 -0.233.2ドラグーンシチー
19/03/23 阪神 10 天神橋特別 1000万下 芝1600 12222.922** 牝4 54.0 福永祐一安達昭夫450(-6)1.33.7 0.434.1エアアルマス
19/02/23 阪神 12 4歳以上1000万下 芝1600 118106.632** 牝4 55.0 武豊安達昭夫456(-4)1.34.7 0.233.7メイショウオーパス
19/02/02 中京 11 中京スポーツ 1000万下 芝1600 10332.723** 牝4 55.0 武豊安達昭夫460(0)1.35.2 0.033.5アナザープラネット
19/01/12 京都 12 4歳以上1000万下 芝1600 137106.022** 牝4 54.0 武豊安達昭夫460(+20)1.35.2 0.135.2クライムメジャー
18/07/08 中京 10 有松特別 1000万下 芝1600 14711----** 牝3 51.0 武豊安達昭夫440(0)-- ------インディチャンプ
18/06/16 阪神 9 小豆島特別 1000万下 芝1600 92215.653** 牝3 52.0 松若風馬安達昭夫440(0)1.32.3 0.333.6エイシンティンクル
18/05/13 京都 6 3歳500万下 芝1600 9773.421** 牝3 54.0 松山弘平安達昭夫440(+8)1.37.2 -0.435.1⑤⑤ダンツクレイオー
18/02/03 東京 9 春菜賞 500万下 芝1400 158149.954** 牝3 54.0 戸崎圭太安達昭夫432(-12)1.22.6 0.434.3⑦⑥アルモニカ
18/01/13 京都 6 3歳500万下 芝1600 10552.614** 牝3 54.0 武豊安達昭夫444(+6)1.37.6 0.434.9④④インディチャンプ
17/12/16 中京 10 つわぶき賞 500万下 芝1400 168151.713** 牝2 54.0 武豊安達昭夫438(0)1.23.1 0.334.1⑧⑧アンコールプリュ
17/11/05 京都 6 2歳新馬 芝1400 14576.131** 牝2 54.0 武豊安達昭夫438(--)1.22.2 -0.334.4⑤⑤エアアルマス

サウンドキアラの関連ニュース

【阪神牝馬S】追って一言

2020年4月9日(木) 04:51

 ◆サウンドキアラ・安達師 「馬に任せた調教。いい意味でふっくらしていて雰囲気は上々です」

 ◆スカーレットカラー高橋亮師 「体調が戻っていて、長めを乗ることができた。久々としては悪くない」

 ◆ダノンファンタジー・片山助手 「ここを目標に調整。体は増えているが成長分です」

 ◆トロワゼトワル・安田隆師 「動きは悪くないが、本当に良くなるのは夏じゃないかな」

 ◆ビーチサンバ・友道師 「直前はサラッとした。状態は引き続きいいし、距離が延びるのも歓迎だね」

 ◆プールヴィル・庄野師 「変わりなく順調にきている。距離延長もプラス」

サンスポ杯阪神牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【阪神牝馬S】レース展望 2020年4月6日(月) 17:28

 阪神競馬場では桜花賞前日の11日、同じ芝・外回り1600メートルを舞台にGIIサンケイスポーツ杯阪神牝馬Sが行われる。1着馬にヴィクトリアマイル(5月17日、東京、GI、芝1600メートル)の優先出走権が与えられる重要なステップレースだ。

 サウンドキアラ(栗東・安達昭夫厩舎、5歳)は昨年10月の復帰後4戦3勝、3着1回で、京都金杯→京都牝馬Sと重賞を連勝中。馬体重も1走ごとに増えており、充実著しい。1日の1週前追い切りでは坂路4ハロン51秒2(ラスト1ハロン12秒6)の自己ベストを叩き出した。「テンションを上げないように気をつけて調整。京都でしか勝っていないので、阪神がどうか」と安達調教師は慎重だが、当地も【0・2・2・0】と堅実。重賞3連勝を飾れば、いよいよビッグタイトルが見えてくる。

 2歳女王ダノンファンタジー(栗東・中内田充正厩舎、4歳)は昨年の牝馬3冠で4、5、8着と尻すぼみの結果に終わった。秋華賞後は約半年の充電期間を置き、阪神ジュベナイルフィリーズ優勝など【4・0・0・1】の良績を残す阪神で再スタートを切る。2日にCWコースで6ハロン80秒7-12秒2(G前仕掛け)と、相変わらず動きは絶好だ。「休んだおかげで馬体はふっくら。精神的にも安定している」と片山裕也調教助手は心身両面での成長をアピール。2ハロン短縮も味方に巻き返すか。

 スカーレットカラー(栗東・高橋亮厩舎、5歳)はエリザベス女王杯7着→有馬記念15着とGIで苦戦したが、距離も微妙に長かったか。900メートル短縮で牝馬限定戦なら、上がり3ハロン33秒2の豪脚でぶち抜いた府中牝馬Sの再現があっていい。帰厩後にCWコースで6ハロンからの追い切りをすでに4本消化し、臨戦態勢は整っている。

 シゲルピンクダイヤ(栗東・渡辺薫彦厩舎、4歳)は京都牝馬Sで7着に終わったが、重馬場で切れ味を生かせなかったうえに1400メートルも忙しかったか。阪神マイルはチューリップ賞桜花賞と連続で2着した得意の舞台。先週の大阪杯を制して勢いに乗るミルコ・デムーロ騎手との新コンビで念願の重賞初Vを狙う。

 シャドウディーヴァ(美浦・斎藤誠厩舎、4歳)はマイル初挑戦の東京新聞杯で0秒1差2着と好走。当時3着のクリノガウディー高松宮記念で1位入線(4着降着)、5着のクルーガーダービー卿チャレンジT優勝とレベルも高かった。牝馬同士なら引き続き好勝負必至だろう。

 ビーチサンバ(栗東・友道康夫厩舎、4歳)はいまだ1勝馬だが、重賞で2着3回の実力派。前走・京都牝馬Sも内枠勢が軒並み苦戦する中、2番枠ながら後方からメンバー最速の上がり3ハロン34秒4で5着まで追い上げてきた。デビューVを飾った思い出の舞台で2勝目ゲットといきたい。

 トロワゼトワル(栗東・安田隆行厩舎、5歳)は2走前に京成杯オータムHを世界レコードで逃げ切った快速。2番手から進んだ前走・ターコイズSは最下位に終わったが、ここはすんなり先手を奪えそうな組み合わせだ。Bコースに替わった先週の阪神芝は前残りが目立っただけに、粘り込みに警戒したい。



サンスポ杯阪神牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【阪神牝馬S】重賞連勝中!完成期に向かうサウンドキアラ 2020年4月6日(月) 10:54

 阪神では11日、ヴィクトリアマイルにつながる「第63回サンスポ杯阪神牝馬S」が行われる。混戦ムードが漂うが、勢いで他を圧倒しているのがサウンドキアラだ。京都金杯→京都牝馬Sと重賞を連勝中で、さらなる快進撃が期待される。

 デビューから堅実な走りを続け、昨春の1000万下V直後にヴィクトリアMに挑戦。18頭立て15番人気ながらも末脚を伸ばして0秒7差7着と健闘し、キラリと高素質をのぞかせた。

 そのあとは(1)(3)(1)(1)着の充実ぶりで、今年のヴィクトリアMに主役級として臨むべく、ここも通過点としたい。先週は時計のかかる坂路で4F51秒6、ラスト1F12秒6と申し分のない時計をマークした。

 「テンションを上げないように気をつけて調整している。1週前の坂路での動きも良かったし、状態面はいい。あとは阪神で勝っていないことくらいかな」と、安達調教師は仕上がりに自信を持っている。阪神は未勝利とはいえ【0・2・2・0】と決して苦手ではない。完成期に向かうディープインパクト産駒がGI獲りへまた一歩近づく。(夕刊フジ)

サンスポ杯阪神牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス】特別登録馬 2020年4月5日() 17:30

[もっと見る]

【古馬次走報】ミライヘノツバサ、放牧を挟んで天皇賞・春 2020年2月26日(水) 05:01

 ★ダイヤモンドSで重賞初制覇を飾ったミライヘノツバサ(美・伊藤大、牡7)は放牧を挟んで天皇賞・春(5月3日、京都、GI、芝3200メートル)を目指す。3着オセアグレイト(美・菊川、牡4)も天皇賞・春が目標だが、除外の場合はメトロポリタンS(5月9日、東京、L、芝2400メートル)に向かう公算が高い。

 ★京都牝馬Sを制したサウンドキアラ(栗・安達、牝5)は、26日に放牧に出て、ヴィクトリアマイル(5月17日、東京、GI、芝1600メートル)に直行するか、間に1走挟むか検討される。4着アマルフィコースト(栗・牧田、牝5)、7着シゲルピンクダイヤ(栗・渡辺、牝4)は、サンスポ杯阪神牝馬S(4月11日、阪神、GII、芝1600メートル)へ。

 ★フェブラリーS6着キングズガード(栗・寺島、牡9)は、アンタレスS(4月19日、阪神、GIII、ダ1800メートル)に駒を進める。

 ★大和Sを制したスズカコーズライン(栗・木原、牡6)は、天王山S(5月2日、京都、OP、ダ1200メートル)を視野に入れる。

セイウンコウセイの競走成績はこちら

[もっと見る]

【京都牝馬S】サウンドキアラ決めた重賞連勝! 2020年2月23日() 05:05

 京都牝馬S(芝1400メートル)が22日、京都競馬場で17頭によって争われ、松山騎乗で1番人気のサウンドキアラが鮮やかに差し切って快勝。京都金杯に続く重賞V2を飾った。1馬身1/4差の2着は6番人気プールヴィル。3着には13番人気のメイショウグロッケが入った。

 まさに末脚一閃だ。ずらりと各馬が横に広がった直線の攻防を、サウンドキアラが外から一気に差し切った。京都金杯での重賞初制覇に続き、返す刀で連勝だ。

 「重馬場もこなせる馬なので(荒れた馬場も)気にしていませんでした。最終週で“外も伸びるな”と思っていたので問題なかったですね」

 2月にして早くも自身最多の年間重賞4勝目となった松山騎手が笑みを浮かべた。約2年ぶりの7ハロン戦だったが、スタートから流れに乗り、中団前めをキープ。昼過ぎまで降った雨の影響で重馬場まで悪化した芝も気にせず、リズムよく進む。直線で先頭に立ってからは後続を突き放し、1馬身1/4差の快勝だ。

 京都芝は8戦6勝と無類の強さ。ただ、鞍上は「相性の良さもあると思いますが、馬も成長しているなと感じました」と充実ぶりを強調し、安達調教師も「今なら他の競馬場でも走ってほしいですね」と目を細めた。

 直行か、前哨戦を挟むかは様子を見て決められるが、今後はヴィクトリアマイル(5月17日、東京、GI、芝1600メートル)が最大目標。格上挑戦ながら7着に健闘した昨年より、ひと回りもふた回りも成長した今年は、胸を張って大舞台へ向かう。 (山口大輝)

★22日京都11R「京都牝馬S」の着順&払戻金はこちら

サウンドキアラ 父ディープインパクト、母サウンドバリアー、母の父アグネスデジタル。鹿毛の牝5歳。栗東・安達昭夫厩舎所属。北海道千歳市・社台ファームの生産馬。馬主は増田雄一氏。戦績16戦6勝。獲得賞金1億6013万5000円。重賞は2020年GIII京都金杯に次いで2勝目。京都牝馬S安達昭夫調教師、松山弘平騎手ともに初勝利。馬名は「冠名+『輝く』の意味を持つ人名より」。

[もっと見る]

⇒もっと見る

サウンドキアラの関連コラム

閲覧 1,409ビュー コメント 1 ナイス 5

東西金杯からスタートした2020年の中央競馬は、中山金杯をトリオンフが、京都金杯をサウンドキアラが制した。中山金杯はトリオンフ以下、2着は先行したウインイクシード、3着には最内枠の11番人気テリトーリアルが入線し3連複は2万馬券。京都金杯も2着には内枠のダイアトニック、3着には2番手から粘った14番人気のボンセルヴィーソが入線し、3連複は2万馬券。東西ともに内枠先行有利の決着での幕開けとなった。

現代競馬における定番ともなっているイン有利の先行決着だが、昨年はとりわけ中山競馬場でその形が増えていた。有馬記念こそ厳しい流れになり差しが届いたが、それ以外の重賞レースでは軒並み内枠勢が活躍。2019年の中山芝重賞における1枠(白帽子)の馬の3着内率は実に35.3%と3回に1回は馬券に絡んでおり、単複ともに回収率は100%を超えていた。

実は中山芝自体は2014年の馬場改修以降、むしろ外が有利になるケースが増えていた。だが昨年はその傾向が一転し、再びかつてのように内有利の決着が目立った。ちなみに1枠が活躍した一方、昨年の中山芝重賞における8枠の馬の3着内率は14.6%、複勝回収率も48%と低調だった。

現状の中山芝は迷ったらインを買え…が長期的に見れば正解となる。中山金杯の決着もそれを証明するものだった。


~クラシックでも注目したい今週末の出走馬

さて、今週末は年明け早々の3日間開催。重賞は日曜日にシンザン記念、月曜日にフェアリーSと、注目の3歳重賞が2レース行われる。

シンザン記念は、かつてはまだ裏路線のイメージも強かったが、近年は様相が一変。2012年にはジェンティルドンナシンザン記念制覇をキッカケに牝馬3冠に輝いたほか、なんといっても一昨年はアーモンドアイが勝利。その後桜花賞に直行し牝馬3冠、さらに現役最強馬へと上り詰めた。トライアルを使って本番…という常識が覆されつつある昨今の傾向からも、より一層シンザン記念の注目度は増してきている。

今年の注目馬はサンクテュエールルーツドールの牝馬2頭。ともにスケールは重賞級で、ココの内容次第では上記の2頭同様に大舞台での活躍も期待できそうだ。器用さと立ち回りならサンクテュエール、不器用だがスケールに溢れるのがルーツドールという感じなので、あとは週末の馬場を見て見極めたい。

一方、フェアリーSはトリッキーな中山マイルが舞台。こちらは今でもやや裏街道のイメージも強いが、今年は注目の素質馬が出走してきた。その馬こそ、アヌラーダプラ。デビューから2戦2勝、昨年の当コラムでも名前を挙げたことがあるがとにかく折り合いやレースセンス、そして追っての良さともに申し分なく、その実力は阪神ジュベナイルフィリーズ出走馬を凌ぐ可能性もある。ココでの内容次第では桜花賞の主役へと浮上するかもしれないので、レースぶりに注目したい。もっとも枠順次第で難しい競馬になりかねない舞台なので、馬券的な扱いは枠順が出ないと何とも言えないが、本馬の走り次第では、フェアリーSの価値も今後は大きく向上するかもしれない。

いずれにしても3日間は長いので、あまり焦らず、勝負どころを見極めて臨みたい。今さら言うまでもないが、競馬は毎週やって来る。したがってあれもこれもと目の前のレースを思い付きで買うのではなく、ある程度事前に計画を立てて、しっかり予想して臨むことが大事になる。

というわけで、今年も競馬の予想や回顧のみならず競馬にまつわる様々な事象を取り上げて行きたいと思うので、1年間よろしくお願いいたします。

※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2020年1月10日(金) 12:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(1/5~1/6)KOMプロが東西金杯を◎テリトーリアル、◎ボンセルヴィーソでゲット! nigeプロは5週連続、スガダイプロは開催8日間連続プラスを記録
閲覧 725ビュー コメント 0 ナイス 4


 
5(日)に行われたG3中山金杯、G3京都金杯ほか、様々なスマッシュヒットが記録された先週。
好成績を収めた注目プロ予想家や、その的中の数々をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →KOMプロ
中山1R3歳未勝利でいきなりの◎トーレスデルパイネ(複勝5760円)的中、11万5200円払戻しの好発進を決めた2020年初日、その勢いのままに両メイン的中を達成。まず、G3中山金杯を「相手なりに走れるタイプ。人気を落とした今回、狙い目」の◎テリトーリアルから計6万8950円払戻しとすると、G3京都金杯は「3歳時には、G1含む重賞で上位の馬。スピード上位で馬場が味方」とした◎ボンセルヴィーソから計11万3600円のスマッシュヒット。6(月)も京都1R3歳未勝利での7万1100円払戻しなどをマークし、2日間トータルで回収率152%、収支17万8700円(提供計38R)のハイパフォーマンスを披露しています。
 
☆☆☆注目プロ →nigeプロ
5(日)京都8R4歳上2勝クラスでの◎△○で挨拶代わりの的中スタートを決めると、立て続けに中山9R招福S○◎、京都10R門松S○▲△的中のダート3連勝を決め、初日から大幅プラス発進!翌6(月)には中山10RジュニアC的中などを披露し、週末トータル回収率は、前週ほぼ同水準の254%をマークしトップに。これで5週連続週末プラスとしています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
6(月)中山4R3歳新馬での○◎▲的中、中山5R3歳未勝利での▲◎○的中、中山8R4歳上1勝クラスでの○◎▲的中等、高精度予想を多数披露した先週は、トータル回収率133%を達成。2週連続週末プラスとしています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
5(日)中山10RサンライズSの◎○▲パーフェクト的中、G3京都金杯サウンドキアラ的中、京都12R4歳上2勝クラス○◎▲的中などで初日プラスを記録すると、6(月)は序盤に京都1R3歳未勝利などを含む5連続的中をマーク!好調モードを継続させ、週間トータル回収率125%で終えています。これで、昨年12/8(日)から続く連続開催日プラスを「8」に伸ばし、4週連続週末プラスとしています。
 
 
 
この他にも、金子京介プロ(121%←2週連続週末プラス)、豚ミンCプロ(106%)、馬っしぐらプロ(103%)、サラマッポプロ(102%)、織本一極プロ(101%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2019年12月28日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2019年12月28日号】特選重賞データ分析編(183)~2020年京都金杯~
閲覧 2,938ビュー コメント 0 ナイス 3



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 スポーツニッポン賞京都金杯 2020年01月05日(日) 京都芝1600m外


<ピックアップデータ>

【前走との間隔別成績(2015年以降)】
○中4週以内 [4-3-5-35](3着内率25.5%)
×中5週以上 [1-2-0-33](3着内率8.3%)

 臨戦過程が明暗を分けそう。好走馬の大半は前走との間隔が中4週以内でした。ちなみに、前走との間隔が中5週以上、かつ“京都芝1600m外、かつ重賞のレース”において優勝経験のない馬は2015年以降[0-0-0-28](3着内率0.0%)と、まったく上位に食い込めていません。

主な「○」該当馬→オールフォーラヴサウンドキアラモズダディー
主な「×」該当馬→ソーグリッタリングダイアトニックドーヴァー


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の着順が1着、もしくは前走の1位入線馬とのタイム差が0.4秒以内」だった馬は2015年以降[4-3-5-23](3着内率34.3%)
主な該当馬→サウンドキアラドーヴァー

[もっと見る]

2019年5月16日(木) 17:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(5/11~5/12)好調サラマッポプロが回収率トップ&3週連続プラスをマーク!!
閲覧 1,051ビュー コメント 0 ナイス 8



先週は、12(日)に東京競馬場でG1ヴィクトリアマイルが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1ヴィクトリアマイルは、1番人気に単勝4.3倍でラッキーライラック、2番人気アエロリット(単勝5.8倍)、3番人気レッドオルガ(同6.1倍)、4番人気プリモシーン(同6.4倍)、5番人気ノームコア(同9.4倍)、6番人気ミッキーチャーム(同9.7倍)と、6頭が単勝4~10倍内にひしめく大混戦様相。
スタートは速くなく押して出していった2番人気アエロリットが、内の4頭ほどを交わしてハナへ。軽快に飛ばしていくアエロリットに、アマルフィコーストミッキーチャームと続き、クロコスミアソウルスターリングラッキーライラックレッドオルガカンタービレノームコアフロンテアクイーンプリモシーンメイショウオワラデンコウアンジュサウンドキアラミエノサクシードレッツゴードンキサトノワルキューレと続き、最後方にポツンとワントゥワンの態勢で全18頭が3コーナーへ。
高速馬場とはいえ、それを差し引いても軽快なペースで後続に3馬身ほどの差をつけるアエロリットは、ここからほとんど緩めないまま直線を迎えるペースで運び、タイトな流れを演出。
2、3番手のミッキーチャームアマルフィコーストが追撃を開始しますが、前を行くアエロリットよりも先に苦しくなる展開。代わって、馬場の3分どころからラッキーライラックが鋭伸し、直後の外を通ってはノームコアも伸びて迫ります。残り1Fでさすがに先頭キープが苦しくなったアエロリットを、ラッキーライラックノームコアに、さらに大外からはプリモシーンも加わって一気に交わしていくと、内を盛り返してはクロコスミアも迫るゴール手前50m。決着時計は1分30秒台に突入するという、この超高速決着を、ラスト半馬身ほど抜け出して制したのは、D.レーン騎手騎乗のノームコアでした。上がり最速で迫った、クビ差2着プリモシーン以下を競り下し、G1初制覇を飾っています。また鞍上のD.レーン騎手にとっても、嬉しいJRA初G1タイトル奪取となっています。プリモシーンから、1/2馬身差の3着には11番人気クロコスミアが入っています。
公認プロ予想家では、覆面ドクター・英プロnigeプロスガダイプロシムーンプロ馬っしぐらプロら計6名が的中をマークしています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
11(土)は新潟11Rで▲◎○的中を披露。また、12(日)は東京2Rベルゲンハーバー京都4Rでの◎○△的中などで、大幅プラスを達成。週間トータルでは、回収率トップの180%をマーク!3週連続プラス収支を記録しています。また、最新の予想家ランキングでは、不動の首位スガダイプロから1位の座を奪い、こちらもトップに立っています。
 
☆☆☆注目プロ →はははふほほほプロ
11(土)は京都6R10Rでの5レース連続的中など、好調予想を連発し大幅プラスを記録。12(日)には新潟6Rトラストシンゲン(単勝36.3倍)、新潟9Rモンアムール(単勝102.8倍)などの本命的中を披露し、連日のプラス収支を達成しました。週間トータル回収率135%、収支はトップの25万8,970円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
11(土)新潟10Rでの◎ファストアズエバー的中、12(日)京都11Rの◎ノボバカラ的中などで、先週もプラス収支をマーク。5週連続週末プラスを達成しています。
 
 
 
この他にも、奥野憲一プロ(158%)、金子京介プロ(126%)、ろいすプロ(120%)、ジョアプロ(115%)、くりーくプロ(111%)らが、週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2019年5月9日(木) 13:30 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2019ヴィクトリアマイル
閲覧 1,910ビュー コメント 0 ナイス 11



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。

5月12日(日) 東京11R 第14回ヴィクトリアマイル(4歳以上G1・牝馬・芝1600m)

【登録頭数:19頭】(フルゲート:18頭)


<優先出走馬>

デンコウアンジュ(C)中2週
前走で久しぶりの重賞勝ち。パドックでは落ち着きもありドッシリとした感じで、かなり出来は良さそうだった。今回は中2週となり間隔も詰っているので軽めの調整だが、前走時の感じからは大きく調子を落とすということはなさそう。

ミッキーチャーム(B)中4週
休み明けの中山牝馬Sではパドックでウルサイ面を見せていたが、前走時は落ち着きもあり馬体重も増えていて良い状態だったのではないかと思う。今回は、休み明け3戦目で前走時にほぼ馬もできていたので、無理にビシビシやる必要はなさそう。関東への輸送もあるので、最終追い切りは馬なりでテンションを上げないような調整が理想的。


<以下、賞金上位馬>

レッツゴードンキ(B)中6週
この中間もいつも通り乗り込まれていて2週前、1週前と坂路で好時計。1週前にはいつものように岩田騎手が追い切りに騎乗して好時計を出していて、引き続き調子は良さそう。

クロコスミア(B)中4週
中山牝馬S、阪神牝馬Sと休み明けの2戦ともにパドックでは良く見せており、この中間も1週前に坂路で好時計が出ていて調子は良さそう。最終追い切りも馬なりで良い動きなら、十分力は出せそう。

ソウルスターリング(C)7ヶ月
休養明けでのレースとなり、2ヶ月ほど前から乗り込まれてきているが、1週前追い切りの動きを見ると馬が小さく見えて、物足りない動きに見えた。牧場である程度仕上げて来る時代だが、トップクラスの藤沢厩舎がどんな感じで仕上げてくるか、最終追い切りの動きには注目したい。

フロンテアクイーン(A)中8週
前走の中山牝馬Sの時にも◎にしたくらい、調教の動きが良かった馬。この中間もしっかりと乗り込まれていて、1週前には南Wを三浦皇成騎手騎乗で追い切られ、内めを回ったとはいえ手応え良く馬なりで先着。パドックでテンションが高くなる馬なので、馬なりで楽に先着できたことはプラスになりそう。

カンタービレ(A)中4週
休み明けの前走時は、追い切りでは併走馬を突き放して先着とかなり仕上がりは良かった。この中間も、1週前追い切りでは楽に先着していて、一度使われての上積みがありそう。

ワントゥワン(C)中4週
昨夏の良い頃に比べると、調教での時計が物足りない印象で、1週前追い切りでもビッシリ追われてわずかに先着と、この辺りにも動きが重い感じを残す。

ノームコア(A)中8週
ここ2戦と比べても坂路、南Wでの時計が出ていて1週前追い切りでは楽に併走相手を突き放し調子は良さそう。1週前に併せ馬で強く追っているので、直前はそんなに強くやらなくても良さそう。

レッドオルガ(C)中4週
いつもと同じで1週前にジョッキーが騎乗して併せ馬で強めに追われている。ただ、走りやすそうな馬場の割に重心が高く、併走相手の手応えと比べても物足りない動きに見えた。

ミエノサクシード(D)中4週
前走時は中間の坂路、CWで好時計が出ていたが、この中間は間の日曜坂路での時計が物足りず、前走ほどの出来ではなさそう。

キャナルストリート(B)3ヶ月
この中間はいつもの1週前追い切りと比べるとかなり良い時計が出ていて、休み明けにしては仕上がりは良さそう。ただこのレースは回避して、土曜の京王杯SCに出走予定。

メイショウオワラ(E)中2週
今回は間隔も詰っているので軽めの調整だが、良い時は坂路で好時計が出ており今回は物足りず。

サトノワルキューレ(C)中4週
休み明けを2回使われているが、その2回ともに1週前追い切りのコースが違っていて、今回も前回とは違いCWを併せ馬で調整。併走相手の手応えがかなり良かったので目立たないが、それでも休み明けを2度使われて前走時よりは良くなっている様子がうかがえる。

アマルフィコースト(D)中4週
この2戦人気薄で好走しているが、坂路でかなり良い時計が出ていたので調子自体が良かったと思う。今回は、1週前追い切りをCWに変えてきた点は気になる。


<以下、除外対象馬>

サウンドキアラ(D)中2週
1月から5戦使われてきていて、今回は中2週で1週前の速い時計は無し。これまでペースの緩いレースばかりが多く、一気の相手強化で厳しいレースになるとどうか。


※なお、ラッキーライラックアエロリットプリモシーンの3頭に関してはプロ予想最前線ニュースにてコメントしておりますのでそちらの公開をお待ち下さい(金曜夜公開予定)。


◇今回はヴィクトリアマイル編でした。
JRAのレースも、毎週予想をしていると運が味方してくれる時と、ソッポを向いてしまう時があるもの。特に運が味方してくれない時というのは、印象に残ることが多いものです。
先行している馬が粘って粘って最後差されることもあれば、凄い勢いで追い込んできたと思ったら差し届かず。2頭の首の上げ下げになればハナ差競り負けと、長く競馬をしているとこのようなことが続くなんてシーンにもしばしば遭遇します。個人的に、そんな時はどうしようもないと諦めるしかないと思っているのですが、ただ私の場合は地方競馬も予想するので、そちらに救いの手があったりもします( ^^) 
JRAの調子が悪いと平日の地方競馬が調子良かったり、またその逆パターンも。今は海外競馬の馬券も発売するようになっていますし、ウマニティでは香港競馬の予想もすることができます。同じ競馬であってもそれぞれ違う視点で予想するため、自分の中でモードを切り替えてそれぞれの予想をしているようなところがあって、引きずっているとモードが切り替わらないので気持ちの切り替えはかなり早い方だと思っています。
それでもどうしてもJRAがメインになってしまいますが、平日の1Rから地方競馬で配当は安くても予想した馬が予想通り走ってくれれば嬉しいものですし、ナイター競馬の最終Rで高配当が当たれば何か得した気分にもなります。先日の香港クイーンエリザベス2世カップでも、その日のJRAの予想が振るわなかったなかでの最後の最後に予想通りの的中と、しっかり予想していればどこかの女神が微笑んでくれるものだなぁと痛感してしまいました。
負けている時こそ勉強できる時だと思っているので、その時に何をしたかが何日後であったり何週間後の的中を呼び込む力になるのだと思います。

それでは次回、オークス編でお会いしましょう。


ヴィクトリアマイル出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2019年5月9日(木) 10:00 覆面ドクター・英
ヴィクトリアマイル2019
閲覧 2,257ビュー コメント 0 ナイス 12



GWは、10連出勤も早めに帰れるので、遠出は出来ませんでしたが(したくない・・・^^;)、競馬もやれたし、子供たちとも外で遊べて、いい時間が過ごせました。NHKマイルCは、グランアレグリアの前が開かずに外に外に行った挙句に、直線でよれて接触もあり、正直ルメール騎手らしからぬ残念騎乗でした。多少ハイペースでも、内から早めスパートの形が外から差すより良かったと思いますが......。割と人気薄に本命を打っての2着続きから、人気馬に本命打って凡走ときていますので、今週末は巻き返したいところです。日本での馬券発売もあったケンタッキーダービーは、本命を打った1番人気馬が降着になりましたが、どっちみちヒモ抜けだったので、運を使い果たさず逆にラッキーくらいに割り切っています(笑)

ヴィクトリアマイルも14回目になるというのに、やはりいまいちG1としてピンときていないのは、安田記念と違って、道中スロー気味だったりして前が残って荒れたりもあり、難しく、大儲けした思い出が無いからかもしれませんね。そろそろ大当たりしないと。

それでは恒例の全頭診断へ。


<全頭診断>
1番人気想定 ラッキーライラック中山記念では古馬の牡馬と一緒に2着と好走したこともあり、前哨戦の阪神牝馬Sで1番人気の支持を集めたが結果は8着と裏切った。アーモンドアイが居なければ5連勝で桜花賞馬となっていたであろう馬だが、瞬発力はイマイチで直線の長いコースは正直あまり向かなそう。人気考えると消して妙味か。今後活躍の場はローカル牝馬中距離重賞では(馬格があって、母方はダート血統でもあり、ダートの鬼の可能性もあるが)。

2番人気想定 アエロリット:東京1600~1800mが最も得意な条件で、海外帰りの疲れも無さそう。今年もそれなりにやれて良い。横山典騎手に戻るのも良さそう。ただ瞬発力は無く、スローからの瞬発力勝負になると分が悪い。自らが鍵を握る道中の流れひとつか。

3番人気想定 ミッキーチャーム:昨秋は逃げて秋華賞2着、そして前哨戦の阪神牝馬Sは先行からの勝利と、逃げても、逃げなくても勝負強いタイプだが、輸送が苦手で中山牝馬Sでは入れ込んで惨敗した。関東圏のこのレースも消して妙味か(先週、同じ理由で軽視のカテドラルは、苦手な輸送を克服してしまったが)。

4番人気想定 レッドオルガ:2月の東京新聞杯で今回と同条件の東京マイルで2着し、母エリモピクシーの仔は皆この条件得意と良いのだが、今回それなりに人気もしそうで妙味はあまり無いか。

5番人気想定 プリモシーン:中山マイルのダービー卿CTでは2着だったが、昨夏の関屋記念を鋭く差し切っており、左回りで直線長いマイル戦ならここでも頭まである楽しみな一頭。

6番人気想定 ソウルスターリング:6戦5勝でオークスを制したあたりまでがピークで、秋に毎日王冠で暴走逃げで沈没して以降、気持ちが切れたのか能力を出せなくなった。もう繁殖で期待でいいのでは。

7番人気想定 ノームコア:前がドン詰まりで1番人気7着だった中山牝馬Sからの参戦だが、人気落とすここは逆に狙い目かも。昨秋のエリザベス女王杯で2番人気だったように実力はある馬。

8番人気想定 デンコウアンジュ:福島牝馬Sを制して6歳でも元気。同じメイショウサムソン産駒フロンテアクイーンとともに、春の直線の短い福島と中山の牝馬重賞Vと活躍。ただ両頭ともに、直線の長い東京でもそれなりにやれるタイプで、ヒモにはありなタイプ。

9番人気想定 カンタービレ:昨秋の秋華賞で3着の後はエリザベス女王杯6着、前哨戦ともいえる阪神牝馬S6着と結果が出ていない。成長力がいまひとつなのかもしれないが、着順ほど内容は悪くなく、それなりにやれても良い。

10番人気以下想定
レッツゴードンキヴィクトリアマイルに4度目の出場となるこの馬だが、10着、11着、6着と結果は出ていない。力は落ちていないがもっとスプリント路線に絞って使った方がいいのでは。

フロンテアクイーン:一昨年の年末から牝馬重賞でずっと活躍してきている馬で、中山牝馬S勝ちでの臨戦となる。昨秋の府中牝馬Sで3着と、東京マイルも平気で、ヒモにはありか。

アマルフィコースト:準オープンで2~3着4回の後に、牝馬重賞でも3着、2着と人気薄で頑張り、しかも前走の2着は実績の乏しかったマイルの阪神牝馬Sでのもので更に前進をみせている。こちらも、ヒモにはありなタイプでは。

クロコスミア:一昨年秋の府中牝馬Sで、今回と同条件の東京マイル勝ちの後は勝ち星は無いが、そう力は落ちておらず、ヒモにはありでは。

サトノワルキューレ:昨年のこの時期はフローラSを豪快な末脚で差し切って、オークスでも3番人気に推されたが、3月の金鯱賞も阪神牝馬Sも惨敗。成長力がいまひとつなのか、体調がすぐれないのか、狙いにくい。

サウンドキアラ:1000万下での5回の2着、3着の後にようやく勝ち上がってきたが、こういう惜敗タイプは強い相手にも食らいつける可能性もある。ただ、まだ一線級とは差があるのでは。

ミエノサクシード:6歳牝馬だが能力はあまり下がっていないようで、今年はマイルのG3とG2で人気薄で3着と頑張っている。頭は無くてもヒモにはありなタイプか。

ワントゥワン:昨秋は3戦連続G3で2着と活躍したが、力がさすがに落ちてきたのか前走はビリ。そろそろ繁殖入りの時期なのでは。

キャナルストリート:牝馬重賞で活躍したブロードストリートの半妹。1400m実績ばかりで、非根幹距離向きのマンハッタンカフェ産駒だけに、東京マイルで激走というのはいまひとつピンと来ない。

メイショウオワラ:11頭立ての10番人気で準オープンを勝ち上がったが、オープンでは2戦ともに通用せず掲示板外。それまでも人気薄での勝ち星が多いのだが、さすがにここでの大金星は無いのでは。


<まとめ>
有力:プリモシーンアエロリット

人気で危険:ラッキーライラックミッキーチャームレッドオルガソウルスターリング

ヒモ穴に:ノームコアデンコウアンジュカンタービレフロンテアクイーンアマルフィコーストクロコスミアミエノサクシード

[もっと見る]

⇒もっと見る

サウンドキアラの口コミ


口コミ一覧
閲覧 58ビュー コメント 0 ナイス 4

競走馬や騎手の移動に制限は付いたがとりあえず開催継続でホッとしました

後は関係者に感染者が出ない事を祈るだけ

まだ、枠順が決まらないので最終的な買い目にはならないが、土曜日の阪神牝馬ステークスとニュージーランドトロフィーの現時点での予想をしてみた

阪神牝馬ステークスはサウンドキアラ、ビーチサンバあたりか

ニュージーランドトロフィーは混戦模様だが、シーズンズギフト、ルフトシュトロームか

詳しくは

https://blue0220.xyz

を読んでみて下さい

 ゴーゴートッシー 2020年4月8日(水) 19:46
阪神牝馬ステークス
閲覧 21ビュー コメント 0 ナイス 4

阪神牝馬ステークスの予想
サウンドキアラ
ダノンファンタジー
シャドーディーヴァ
スカーレットカラー
シゲルピンクダイヤ

ビーチサンバも捨てがたいが・・・・・

牝馬のレースは荒れるんだよね・・・・・
枠が決まって参考レースを見てから最終結論に。

[もっと見る]

 あらこん 2020年4月8日(水) 10:31
阪神牝馬Sは☆彡
閲覧 68ビュー コメント 4 ナイス 41

☆阪神牝馬S☆
ダノンファンタジー→川田
サウンドキアラ→松山
シゲルピンクダイヤ→デムーロ
上位人気が予想される3頭
騎手で選ぶならサウンドかシゲルか
ダノン軍団前哨戦は強いから、最近重賞勝ってない川田Jが勝つか

[もっと見る]

⇒もっと見る

サウンドキアラの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

サウンドキアラの写真

サウンドキアラ
サウンドキアラ
サウンドキアラ

サウンドキアラの厩舎情報 VIP

2020年2月22日京都牝馬ステークス G31着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

サウンドキアラの取材メモ VIP

2020年2月22日 京都牝馬ステークス G3 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。