会員登録はこちら
京都牝馬ステークス G3   日程:2019年2月16日() 15:35 京都/芝1400m

レース結果

京都牝馬ステークス G3

2019年2月16日() 京都/芝1400m/18頭

本賞金:3,600万 1,400万 900万 540万 360万


レコード:1分19秒0
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 5 10

デアレガーロ

牝5 54.0 池添謙一  大竹正博 486(+32) 1.21.0 36.2 9
2 7 15

リナーテ

牝5 54.0 武豊  須貝尚介 490(+10) 1.21.1 1/2 13.2 7
3 7 13

アマルフィコースト

牝4 53.0 坂井瑠星  牧田和弥 466(-8) 1.21.1 クビ 65.8 13
ラップタイム 12.2 - 11.2 - 11.3 - 11.6 - 11.8 - 11.0 - 11.9
前半 12.2 - 23.4 - 34.7 - 46.3 - 58.1
後半 57.6 - 46.3 - 34.7 - 22.9 - 11.9

■払戻金

単勝 10 3,620円 9番人気
複勝 10 1,000円 10番人気
15 460円 7番人気
13 1,300円 11番人気
枠連 5-7 1,020円 4番人気
馬連 10-15 20,300円 48番人気
ワイド 10-15 5,760円 50番人気
10-13 16,540円 80番人気
13-15 6,880円 58番人気
馬単 10-15 43,090円 100番人気
3連複 10-13-15 284,790円 331番人気
3連単 10-15-13 1,536,660円 1,732番人気

京都牝馬ステークスのニュース&コラム

【京都牝馬S】9番人気デアレガーロ重賞初V
 第54回京都牝馬ステークス(16日、京都11R、GIII、4歳上牝馬オープン国際、別定、芝・外1400メートル、1着本賞金3600万円 =出走17頭)池添謙一騎乗で9番人気のデアレガーロが、中団追走から鋭く伸びて重賞初勝利。32キロの馬体増で昨年2着の雪辱を果たした。池添騎手と大竹正博調教師のコンビは有馬記念のブラストワンピースに続く重賞V。タイム1分21秒0(良)。1/2馬身差2着は7番人気リナーテで、1番人気ミスパンテールは5着に終わった。 半馬身届かず2着に終わった昨年とは違う。デアレガーロが直線の外めからはじけるように伸び、今年は2着に半馬身差をつけ、先頭で駆け抜けた。6度目の挑戦での重賞初制覇。自身、今年の重賞初Vとなった池添騎手が笑みを浮かべた。 「きょう(の勝因)は折り合いが一番。去年は惜しい2着でしたし、今年はしっかり去年の借りを返せたと思います」 発馬を決め、道中は中団の馬群で追走。直線に向くと一気にギアを上げて伸びた。昨年、ブラストワンピースで有馬記念を制した池添騎手&大竹調教師のタッグが、検量室前でガッツポーズをつくり、喜びを分かち合った。 3カ月半ぶりの出走で自己最重量の486キロ。32キロもの馬体増による平地重賞Vは2002年札幌記念のテイエムオーシャン(38キロ増)に次ぐ快挙だ。「(前々走から)8キロ減、8キロ減ときていたので数字ほどは(太くなかった)ね。むしろ、このくらいあってもいいのかもしれませんね」と白い歯を見せた大竹師だが、今後については思案顔を浮かべた。 「ヴィクトリアマイル(昨年16着)は駄目でしたからね。1400メートルのGIがあればいいんですけど…」 それでも賞金を加算し、春の選択肢が広がったのは大きい。短距離界に舞い降りた遅咲きの新星。今後の動向に注目が集まる。 (渡部陽之助)★レースを終えて… ◆武豊騎手(リナーテ2着) 「スムーズなレースができたし、最後もよく伸びている。1400メートルが合うね」 ◆坂井騎手(アマルフィコースト3着) 「気分よく走らせることを心掛けました。いい手応えで走れていました」 ◆ルメール騎手(アルーシャ4着) 「休み明けで短い距離でしたが、いい競馬ができました。次はよくなる」 ◆横山典騎手(ミスパンテール5着) 「スムーズな競馬はできたかな。残念だったね。よく頑張ってくれた。また次だね」 ◆M・デムーロ騎手(ワントゥワン6着) 「頑張ってくれている。でも、本当はもっと瞬発力のある馬なんだけど…」 ◆松山騎手(カラクレナイ8着) 「枠((17)番)が厳しかったです。内枠で脚をためる競馬がしたかったです」 ◆北村友騎手(リバティハイツ9着) 「一歩目がそこまで出ていけない競馬が続いています。下り坂も上手ではなかったですね」 ◆和田騎手(エイシンティンクル10着) 「スタートが決まらなかった」 ◆松田騎手(レーヌミノル11着) 「一瞬、いい感じで伸びかけました」 ◆川田騎手(ベルーガ12着) 「調教や返し馬はよかったのですが、競馬につながっていません」 ◆四位騎手(カイザーバル13着) 「(18)番枠だから(中団になったのは)仕方ないね」 ◆酒井騎手(ライトフェアリー14着) 「ちょっとデキが戻っていないのかな」 ◆柴田善騎手(ハーレムライン15着) 「突っ張ったような走りになっていた」 ◆藤岡佑騎手(クリーンファンキー16着) 「平坦の小回りコースが合っていそうです」 ◆荻野極騎手(オールポッシブル17着) 「リズムよく逃げてはいましたが、最後は止まってしまいました」デアレガーロ 父マンハッタンカフェ、母スーヴェニアギフト、母の父スーヴェニアコピー。鹿毛の牝5歳。美浦・大竹正博厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)サンデーレーシング。戦績14戦6勝。獲得賞金1億2342万7000円。重賞初勝利。京都牝馬Sは大竹正博調教師、池添謙一騎手ともに初勝利。馬名は「女神の贈り物(イタリア語)」。
2019年2月17日() 05:03

 396

【京都牝馬S】リナーテが2着善戦 武豊「1400mが合っています」
 2月16日の京都11Rで行われた第54回京都牝馬S(GIII、芝・外1400メートル、4歳以上オープン、別定、牝馬、18頭立てのところディメンシオンが取り消して17頭立て、1着賞金=3600万円)は、池添謙一騎手騎乗の9番人気デアレガーロ(牝5歳、美浦・大竹正博厩舎)が中位追走から直線は馬場の真ん中を伸びて重賞初制覇。タイムは1分21秒0(良)。 初騎乗となった武豊騎手とのコンビで挑んだリナーテ(7番人気)が、中団追走から上がり3ハロン33秒9の末脚で追い込み2着に善戦した。 武豊騎手「スムーズなレースができ、最後もいい伸び。1400メートルが合っています」★【京都牝馬S】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2019年2月16日() 19:15

 677

【京都牝馬S】アマルフィコーストが3着激走 坂井瑠「気分良く走らせることを心掛けた」
 2月16日の京都11Rで行われた第54回京都牝馬S(GIII、芝・外1400メートル、4歳以上オープン、別定、牝馬、18頭立てのところディメンシオンが取り消して17頭立て、1着賞金=3600万円)は、池添謙一騎手騎乗の9番人気デアレガーロ(牝5歳、美浦・大竹正博厩舎)が中位追走から直線は馬場の真ん中を伸びて重賞初制覇。タイムは1分21秒0(良)。 近走は勝ち切れないレースが続いており、準オープンから格上挑戦の形となったアマルフィコースト(13番人気)が、2番手追走から直線入口で先頭に立つと、そのまま渋太く粘り3着に残った。 坂井瑠星騎手「気分良く走らせることを心掛けました。いい手応えでしたし、最後までよく走ってくれました」★【京都牝馬S】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2019年2月16日() 19:14

 461

【京都牝馬S】アルーシャは4着 ルメール「次は良くなります」
 2月16日の京都11Rで行われた第54回京都牝馬S(GIII、芝・外1400メートル、4歳以上オープン、別定、牝馬、18頭立てのところディメンシオンが取り消して17頭立て、1着賞金=3600万円)は、池添謙一騎手騎乗の9番人気デアレガーロ(牝5歳、美浦・大竹正博厩舎)が中位追走から直線は馬場の真ん中を伸びて重賞初制覇。タイムは1分21秒0(良)。 デビュー以来、オール3着以内と安定した成績を残してきたC.ルメール騎乗のアルーシャ(2番人気)は、道中は中団で待機すると、最後の直線で前を懸命に追ったものの4着まで。初めて複勝圏を外す結果となった。 C.ルメール騎手「休み明けで短い距離でしたが、いい競馬ができました。次は良くなります」★【京都牝馬S】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2019年2月16日() 19:13

 378

京都牝馬ステークスのニュースをもっと見る >

【調教ズームイン】ミスパンテール連覇へ仕上がり満点!
 前半をセーブして末を伸ばす。ミスパンテールが“理想的なラップ”を踏みながら、坂路の急勾配を駆け上がってきた。 最初の1ハロンを16秒7のスローペースで入り、13秒9-12秒2-12秒3の数字を刻んでフィニッシュ。ハロー掛け直後の走りやすい時間帯の馬場状態で、テンを抑える形ではあったが、ラスト2ハロンを12秒台前半でまとめる好内容の調教。単走追い、しかも馬なりの態勢で、目につく動きと反応の良さを見せつけた。 1週前に強い負荷(坂路4ハロン50秒5)をかけて、レース当週はサラッと流す。牝馬のセオリーともいうべき調整パターンにも好感が持てる。少し間隔は開いているが、仕上がりは満点に近い感じ。重賞連勝、連覇達成に向けて臨戦態勢は整っている。(宇恵)★京都牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年2月14日(木) 12:52

 1,189

【京都牝馬S】リナーテ、動き絶好!
 リナーテは絶好の動きで坂路4ハロン50秒4-12秒0をマーク。ハロー掛け直後の時計の出やすい馬場状態とはいえ、牝馬ながら牡馬顔負けのタイムをたたき出すのだから、臨戦態勢は文句なしだ。須貝調教師は「けいこで楽に動いていたし、いい状態になっている。1400メートルの距離はいいと思うよ。メンバー次第、立ち回り次第じゃないかな」と前向きに話した。★京都牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年2月14日(木) 05:03

 1,077

【京都牝馬S】追って一言
 ◆アルーシャ・藤沢和師 「落ち着いて走れていたし順調」 ◆エイシンティンクル・坂口則師 「前々でスムーズな競馬ができるようなら」 ◆オールポッシブル・高橋亮師 「前回よりも馬はいい。ここまで順調にきている」 ◆カイザーバル・辻野助手 「短期放牧を挟みましたが、中身はできています。条件はベスト」 ◆カラクレナイ・松下師 「状態は維持できています。しまい勝負の形で。今の京都の馬場は合いそう」 ◆クリーンファンキー・鈴木伸師 「1400メートルの方が脚がたまって走りやすいと思う。調子はいい」 ◆デアレガーロ・池添騎手 「硬い面もそれほど目立たなかったし、フットワークも良かった」 ◆ディメンシオン・藤原助手 「中間も調整はしっかりとやれている。力を出せる」 ◆ハーレムライン・田中清師 「2週続けてしっかりやった。単走追いは予定通り。1400メートルでも問題ないと思う」 ◆ベルーガ・猿橋助手 「先週、いい時計が出ているし、けさの雰囲気も良かった」 ◆ミスパンテール・昆師 「先週の段階で体はできているので今週はサッとやった。牝馬同士ならトップクラス」 ◆ライトフェアリー・石毛師 「状態は平行線。この距離でも以前勝っている」 ◆リバティハイツ・北村騎手 「先週もけさも動きは良かった。1400メートルはベストと思う」 ◆ワントゥワン・藤岡師 「相手を追いかけたぶん、遅れただけで問題はない」★京都牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年2月14日(木) 05:03

 1,278

プロ予想家の的中情報


京都牝馬ステークスの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

2月16日 15:34更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv120 
43,090円 430,900円
Lv113 
20,300円 101,500円
Lv111 
460円 4,600円
Lv110 
3,620円 72,400円
Lv104 
6,880円 20,640円

的中情報をもっと見る >

京都牝馬ステークス過去10年の結果

2018年2月17日() 京都競馬場/芝1400m 天候: 馬場:
1着 ミスパンテール 横山典弘 1:23.0 3.1倍 98.1
2着 デアレガーロ 池添謙一 1/2 5.2倍 97.2
3着 エスティタート 武豊 クビ 10.7倍 97.2
2017年2月18日() 京都競馬場/芝1400m 天候: 馬場:稍重
1着 レッツゴードンキ 岩田康誠 1:22.5 3.0倍 99.5
2着 ワンスインナムーン 石橋脩 1 3/4 19.8倍 96.9
3着 スナッチマインド 浜中俊 アタマ 7.8倍 96.9
2016年2月20日() 京都競馬場/芝1400m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

京都牝馬ステークスのデータ分析とレース傾向

コース図京都芝1400m

京都牝馬ステークスは2016年から2回京都開催に移設。距離も1600mから1400mに1ハロン短縮されたが、傾向に大きな変化はない。2008年以降の好走馬を振り返ると、マイル以上で勝利経験がなかったのは2011年の3着馬サングレアズールと2018年の3着馬エスティタートの2頭だけ。1400m以下の勝利経験しかない馬は厳しい戦いを強いられている。また、2008年以降の1~3着馬33頭中26頭は重賞5着以内の実績があった。勝ち馬に限ると例外はなく、重賞好走歴のある馬を重視しなければならない一戦である。舞台となる京都外回り1400mは最初のコーナーまでの長い直線でペースが速くなりやすく、逃げ馬は苦しくなることが多い。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

京都牝馬ステークスの歴史と概要


2016年の優勝馬クイーンズリング

マイル前後を主戦場とする牝馬トップクラスがその年の始動戦として臨むケースの多い一戦で、ビッグネームが参戦することも珍しくない。第26回(1991年)のダイイチルビー、第29回(1994年)のノースフライト、第33回(1998年)のビワハイジ、第35回(2000年)のスティンガー、第48回(2013年)のハナズゴール、第51回(2016年)のクイーンズリング、第52回(2017年)のレッツゴードンキなど、歴代勝ち馬にはG1ホースの名前がズラリ。第28回(1993年)のヌエボトウショウ、第30回(1995年)のシスティーナ、第37回(2002年)のビハインドザマスク、第43回(2008年)のアドマイヤキッスのように、その時代を彩ったトップホースが現役最終戦となるこのレースに勝利し、有終の美を飾るシーンもたびたび見られる。

歴史と概要をもっと見る >

京都牝馬ステークスの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年10月26日(
毎日放送賞スワンS  G2
アルテミスステークス  G3
2019年10月27日(
天皇賞(秋)  G1

競馬番組表

2019年10月26日(
3回新潟5日目
4回東京8日目
4回京都8日目
2019年10月27日(
3回新潟6日目
4回東京9日目
4回京都9日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
88,155万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 サートゥルナーリア 牡3
31,176万円
2 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
3 クロノジェネシス 牝3
24,993万円
4 ダノンキングリー 牡3
24,181万円
5 ダノンファンタジー 牝3
23,621万円
6 ヴェロックス 牡3
21,907万円
7 グランアレグリア 牝3
19,878万円
8 ワールドプレミア 牡3
19,473万円
9 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
10 リオンリオン 牡3
13,748万円
» もっと見る