会員登録はこちら
京都牝馬ステークス G3   日程:2020年2月22日() 15:35 京都/芝1400m

レース結果

京都牝馬ステークス G3

2020年2月22日() 京都/芝1400m/17頭

本賞金:3,600万 1,400万 900万 540万 360万


レコード:1分19秒0
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 8 17

サウンドキアラ

牝5 55.0 松山弘平  安達昭夫 460(+2) 1.23.2 4.3 1
2 5 9

プールヴィル

牝4 55.0 岩田康誠  庄野靖志 446(+24) 1.23.4 1 1/4 12.9 6
3 3 6

メイショウグロッケ

牝6 54.0 大野拓弥  荒川義之 468(+8) 1.23.6 1 1/4 48.6 13
ラップタイム 12.5 - 11.8 - 11.7 - 12.4 - 11.5 - 11.4 - 11.9
前半 12.5 - 24.3 - 36.0 - 48.4 - 59.9
後半 58.9 - 47.2 - 34.8 - 23.3 - 11.9

■払戻金

単勝 17 430円 1番人気
複勝 17 210円 2番人気
9 350円 6番人気
6 750円 10番人気
枠連 5-8 2,160円 8番人気
馬連 9-17 3,200円 13番人気
ワイド 9-17 1,280円 13番人気
6-17 3,030円 34番人気
6-9 4,690円 51番人気
馬単 17-9 5,300円 22番人気
3連複 6-9-17 41,730円 130番人気
3連単 17-9-6 145,450円 439番人気

京都牝馬ステークス-厩舎の話


 ◆アマルフィコースト・牧田師 「動きはいいし、昨年3着のレースで舞台も合う」

 ◆アルーシャ・藤沢和師 「前走は大外枠からでも良く伸びていた。精神的にも良くなっている」

 ◆サウンドキアラ・安達師 「変わりなく順調。久々の1400メートルに馬が戸惑わなければ」

 ◆シゲルピンクダイヤ・渡辺師 「坂路で切れのある動き。初の1400メートルでも外回りなら」

 ◆ディメンシオン・松田騎手 「動き、反応とも良くて乗りやすい」

 ◆ドナウデルタ・北村友騎手 「時計が速くても余裕がある感じ。すごく力もつけている」

 ◆ノーワン・笹田師 「今週は全体時計もラストもよかった。牝馬同士ならチャンスはある」

 ◆ビーチサンバ・大江助手 「しまい重点に気分よく動けていた。この距離も守備範囲」

 ◆プリディカメント・吉村師 「攻めは馬なりでも好時計が出て具合はいい。切れ味勝負なら」

 ◆プールヴィル・庄野師 「動きは良く、間隔があいても走れるタイプ。この距離はベスト」 

京都牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

京都牝馬ステークスのニュース&コラム

プロ予想家の的中情報


京都牝馬ステークスの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

2月22日 15:34更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv112 
350円 17,500円
Lv110 
430円 5,160円
Lv108 
430円 2,150円
Lv108 
350円 35,000円
Lv107 
430円 12,900円

的中情報をもっと見る >

京都牝馬ステークス過去10年の結果

2019年2月16日() 京都競馬場/芝1400m 天候: 馬場:
1着 デアレガーロ 池添謙一 1:21.0 36.2倍 102.0
2着 リナーテ 武豊 1/2 13.2倍 101.1
3着 アマルフィコースト 坂井瑠星 クビ 65.8倍 101.1
2018年2月17日() 京都競馬場/芝1400m 天候: 馬場:
1着 ミスパンテール 横山典弘 1:23.0 3.1倍 98.1
2着 デアレガーロ 池添謙一 1/2 5.2倍 97.2
3着 エスティタート 武豊 クビ 10.7倍 97.2
2017年2月18日() 京都競馬場/芝1400m 天候: 馬場:稍重
1着 レッツゴードンキ 岩田康誠 1:22.5 3.0倍 99.5
2着 ワンスインナムーン 石橋脩 1 3/4 19.8倍 96.9
3着 スナッチマインド 浜中俊 アタマ 7.8倍 96.9

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

京都牝馬ステークスのデータ分析とレース傾向

コース図京都芝1400m

京都牝馬ステークスは2016年から2回京都開催に移設。距離も1600mから1400mに1ハロン短縮されたが、傾向に大きな変化はない。2008年以降の好走馬を振り返ると、マイル以上で勝利経験がなかったのは2011年の3着馬サングレアズールと2018年の3着馬エスティタートの2頭だけ。1400m以下の勝利経験しかない馬は厳しい戦いを強いられている。また、2008年以降の1~3着馬36頭中30頭は重賞5着以内の実績があった。勝ち馬に限ると例外はなく、重賞好走歴のある馬を重視しなければならない一戦である。舞台となる京都外回り1400mは最初のコーナーまでの長い直線でペースが速くなりやすく、逃げ馬は苦しくなることが多い。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

京都牝馬ステークスの歴史と概要


2016年の優勝馬クイーンズリング

マイル前後を主戦場とする牝馬トップクラスがその年の始動戦として臨むケースの多い一戦で、ビッグネームが参戦することも珍しくない。第26回(1991年)のダイイチルビー、第29回(1994年)のノースフライト、第33回(1998年)のビワハイジ、第35回(2000年)のスティンガー、第48回(2013年)のハナズゴール、第51回(2016年)のクイーンズリング、第52回(2017年)のレッツゴードンキなど、歴代勝ち馬にはG1ホースの名前がズラリ。第28回(1993年)のヌエボトウショウ、第30回(1995年)のシスティーナ、第37回(2002年)のビハインドザマスク、第43回(2008年)のアドマイヤキッスのように、その時代を彩ったトップホースが現役最終戦となるこのレースに勝利し、有終の美を飾るシーンもたびたび見られる。

歴史と概要をもっと見る >

京都牝馬ステークスの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2020年11月28日(
ラジオN杯京都2歳S  G3
2020年11月29日(
ジャパンカップ  G1
京阪杯  G3

競馬番組表

2020年11月28日(
5回東京8日目
5回阪神8日目
2020年11月29日(
5回東京9日目
5回阪神9日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
121,633万円
2 オジュウチョウサン 牡9
78,186万円
3 グランアレグリア 牝4
72,022万円
4 ラッキーライラック 牝5
69,247万円
5 キセキ 牡6
66,256万円
6 フィエールマン 牡5
63,378万円
7 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
8 クロノジェネシス 牝4
57,002万円
9 マカヒキ 牡7
56,210万円
10 サートゥルナーリア 牡4
52,359万円
» もっと見る

3歳
1 コントレイル 牡3
67,519万円
2 デアリングタクト 牝3
39,771万円
3 サリオス 牡3
33,089万円
4 レシステンシア 牝3
20,813万円
5 ラウダシオン 牡3
19,965万円
6 オーソリティ 牡3
15,779万円
7 ヴェルトライゼンデ 牡3
15,081万円
8 タイセイビジョン 牡3
14,621万円
9 ウインマリリン 牝3
13,921万円
10 サトノフラッグ 牡3
13,424万円
» もっと見る