今週の重賞レース

2024年2月25日() 中山記念 G2 阪急杯 G3

京都牝馬S G3

日程:2024年2月17日() 15:35 京都/芝1400m
ウマニティ会員登録(無料)



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 B タイム 着差 オッズ 人気 上がり
3F
通過順
1 7 15

ソーダズリング

牝4 55.0 武豊  音無秀孝 472(+4) 1.20.3 3.8 2 33.9 ⑨⑦
2 6 12

ナムラクレア

牝5 56.0 浜中俊  長谷川浩 478(+10) 1.20.3 クビ 2.8 1 33.6 ⑭⑩
3 5 9

コムストックロード

牝5 55.0 B.ムルザ  中野栄治 454(-6) 1.20.5 269.0 16 33.5 ⑯⑭
4 4 8

スマートリアン

牝7 55.0 角田大河  石橋守 482(+2) 1.20.5 クビ 106.5 14 33.8 ⑬⑭
5 3 6

シングザットソング

牝4 57.0 鮫島克駿  高野友和 450(+4) 1.20.5 ハナ 59.1 11 34.0 ⑨⑩
6 8 18

ロータスランド

牝7 55.0 松山弘平  辻野泰之 492(-6) 1.20.6 1/2 10.3 5 33.3 ⑱⑱
7 2 4

テンハッピーローズ

牝6 55.0 津村明秀  高柳大輔 462(+8) 1.20.6 クビ 29.4 8 33.6 ⑯⑭
8 6 11

モズゴールドバレル

牝5 55.0 団野大成  藤岡健一 448(-10) 1.20.7 1/2 11.6 6 34.6 ④④
9 2 3

ドロップオブライト

牝5 55.0 小沢大仁  松永昌博 444(+6) 1.20.8 1/2 46.8 10 34.4 ⑦⑦
10 7 13

メイケイエール

牝6 56.0 池添謙一  武英智 494(--) 1.20.9 アタマ 7.6 3 34.6 ⑦⑦
11 5 10

プレサージュリフト

牝5 55.0 R.キング  木村哲也 486(+2) 1.21.1 1 1/2 8.5 4 35.2 ②②
12 8 16

モズメイメイ

牝4 57.0 田口貫太  音無秀孝 466(+10) 1.21.2 1/2 86.5 12 35.4 ①①
13 1 1

ムーンプローブ

牝4 55.0 A.ルメー  上村洋行 472(+2) 1.21.2 ハナ 278.2 17 34.6 ⑪⑩
14 8 17

ボンボヤージ

牝7 55.0 川須栄彦  梅田智之 448(-2) 1.21.3 1/2 350.8 18 34.7 ⑪⑩
15 1 2

アルーリングウェイ

牝5 55.0 M.デムー  藤岡健一 480(+2) 1.21.3 アタマ 87.8 13 34.3 ⑭⑰
16 7 14

ジューンオレンジ

牝4 55.0 和田竜二  長谷川浩 462(-6) 1.21.4 1/2 45.5 9 35.5 ②②
17 4 7

スリーパーダ

牝5 55.0 岩田望来  斉藤崇史 438(+4) 1.21.5 クビ 161.3 15 35.4 ④④
18 3 5

ウインシャーロット

牝6 55.0 石川裕紀  和田正一 512(0) 1.22.7 14.4 7 36.6 ④④
ラップタイム 12.1 - 11.2 - 11.2 - 11.3 - 11.6 - 11.5 - 11.4
前半 12.1 - 23.3 - 34.5 - 45.8 - 57.4
後半 57.0 - 45.8 - 34.5 - 22.9 - 11.4

■払戻金

単勝 15 380円 2番人気
複勝 15 150円 2番人気
12 130円 1番人気
9 2,900円 17番人気
枠連 6-7 350円 1番人気
馬連 12-15 650円 1番人気
ワイド 12-15 330円 1番人気
9-15 18,310円 87番人気
9-12 11,180円 72番人気
馬単 15-12 1,240円 1番人気
3連複 9-12-15 55,140円 129番人気
3連単 15-12-9 179,650円 489番人気

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:364,164人(02月23日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

厩舎
の話

【京都牝馬S2024特集】ナムラクレア「現状、衰えは感じない」 メイケイエール「なんとか復活してほしい」

【京都牝馬S2024特集】ナムラクレア「現状、衰えは感じない」 メイケイエール「なんとか復活してほしい」

アルーリングウェイ・藤岡師「今の馬場がどうかも、直線が平坦なのは良さそう」

ウインシャーロット・和田郎師「久々でもしっかり動けています」

コムストックロード・中野師「順調。距離はいいし上手に運べれば」

ジューンオレンジ・長谷川師「上積みがある中でレースに行ける」

シングザットソング・高野師「1ハロン延びてリズムよく運べれば」

スマートリアン・石橋師「折り合ってどこまでしまいを伸ばせるか」

スリーパーダ・斉藤崇師「折り合いがポイントですが、ワンペースなところがあるので合うかもしれません」

ソーダズリング・音無師「1400メートルは未知数だが、前走は展開が向かなかった」

テンハッピーローズ・高柳大師「体調は良さそうです。距離も合っている」

ドロップオブライト・小沢騎手「今の馬場は合うと思います」

ナムラクレア・長谷川師「現状、やっている中で衰えは感じません」

プレサージュリフト・太田助手「舞台が(直線)平坦に替わるのはいいと思いますが、1400メートルに対応できるかどうか」

ボンボヤージ・梅田師「きれいな馬場でやれるといいんですが」

ムーンプローブ・上村師「競馬にいって気持ちの面がどうか。そこだけですね」

メイケイエール・武英師「なんとか復活してほしい。年齢的な衰えは感じません」

モズゴールドバレル・藤岡師「調教を見る限り、状態は良さそう。条件もいいでしょうね」

モズメイメイ・音無師「1400メートルで新味が出てほしい。道悪になっても気にならない」

ロータスランド・辻野師「競馬モードに入ってきていると思います」

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

データ
予想

【京都牝馬S2024特集】5項目で絞られた有力候補は、1番手プレサージュリフト含む3頭のみ

【馬齢】

距離が1600mから1400mに1ハロン短縮された、2016年以降(2021~2023年は阪神で施行)の1~3着馬延べ24頭の馬齢を確認すると、4歳から6歳までの間。ただし、6歳の最高着順は3着止まりとなっている。押さえておきたい傾向といえよう。

(減点対象馬)
④テンハッピーローズ ⑤ウインシャーロット ⑧スマートリアン ⑬メイケイエール ⑰ボンボヤージ ⑱ロータスランド

【前走場所】

2016年以降(過去8年)の3着以内馬延べ24頭の前走使用競馬場を検証すると、東京、中山、京都、阪神の4場に絞られる。中央主要4場以外からの臨戦馬は、上位候補として推奨しづらい。

(減点対象馬)
③ドロップオブライト ④テンハッピーローズ ⑬メイケイエール

【前走距離】

2016年以降の1~3着馬延べ24頭のうち、23頭が1400m以上のレースからの参戦馬。例外の1頭は、連勝中の馬だった。近2走内に敗退歴があった距離延長の臨戦馬は、劣勢を強いられている。

(減点対象馬)
①ムーンプローブ ③ドロップオブライト ⑥シングザットソング ⑦スリーパーダ ⑧スマートリアン ⑨コムストックロード ⑫ナムラクレア ⑭ジューンオレンジ ⑯モズメイメイ ⑰ボンボヤージ

【前走着順】

前走の着順に関しては、重賞なら8着以内、OP特別は2着以内、条件クラスの場合は1着がひとつの目安。2016年以降の1~2着馬延べ16頭中14頭が該当する。例外の2頭はともに、牡牝混合重賞で2着以内の連対経験があった。相応の実績を欠くうえに、先述の前走着順をクリアしていない馬は、評価を控えめにしたい。

(減点対象馬)
①ムーンプローブ ②アルーリングウェイ ⑥シングザットソング ⑧スマートリアン ⑭ジューンオレンジ

【距離実績】

1400mの重賞ながらマイル以上の実績も要求される一戦。2016年以降の2着以内馬延べ16頭のうち、15頭に1600m以上での1着経験があった。例外は2020年2着のプールヴィルだけ。同馬は芝1400mで連対率100%(2020年の当レース出走直前の段階)の好成績を残していた。相応の1400m実績がないうえに、マイル以上のレースで1着歴がない馬の過信は禁物だ。

(減点対象馬)
③ドロップオブライト ④テンハッピーローズ ⑦スリーパーダ ⑨コムストックロード ⑭ジューンオレンジ ⑰ボンボヤージ

【データ予想からの注目馬】
上記5項目で減点がないのは、⑩プレサージュリフト、⑪モズゴールドバレル、⑮ソーダズリングの3頭。

プレサージュリフトを1番手に挙げたい。2016年以降、OP特別2着以内からの参戦馬は【2.1.0.1】と少数精鋭の活躍を見せている。ここでも、それ相当の評価が必要だろう。

これに次ぐのが、過去8年【0.4.4.12】の前走3勝クラス(旧1600万下)組に該当する、⑪モズゴールドバレル。残る1頭、⑮ソーダズリングに対するケアも怠れない。

<注目馬>
プレサージュリフト ⑪モズゴールドバレル ⑮ソーダズリング

このレースの傾向やデータをもっと見る

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:364,164人(02月23日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

U指数
予想

【京都牝馬S2024特集】実績断然で“淒馬”に評価されたナムラクレアを素直に中心視!

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

1400mに距離が短縮された2016年以降は1番人気が4勝。直近3年は3→5→2番人気馬が勝利しており、勝ち馬に関しては堅い傾向が続いている。そして、2022年はU指数1位で1番人気のスカイグルーヴが2着、2023年は3位で1番人気のウインシャーロットが2着だった。よって、指数がともなっている上位人気馬を中心に据える作戦が推奨される。そのうえで、2019年1着のデアレガーロ(4位、9番人気)のような配当妙味のある馬をうまくピックアップしたいところだ。

一番手に取り上げるのは、2位以下に3.1以上の指数差を付けて“淒馬”の評価を獲得している⑫ナムラクレア(101.8)。近走実績は1200mに偏っているが、1400mでは重賞で2度2着に入っており、距離に対する不安はない。G1以外ではほとんど崩れておらず、ここも能力の高さを見せつけてくれるだろう。

有力な相手候補になるのは、一昨年の勝ち馬で昨年も3着に入っている2位⑱ロータスランド(98.7)と、G1以外では8戦7勝と無類の強さを誇る3位⑬メイケイエール(98.6)。そしてもう1頭、指数上位ながらも好配当が見込める4位タイ⑧スマートリアン(97.0)を穴候補として挙げておきたい。

【U指数予想からの注目馬】
ナムラクレア ⑱ロータスランド ⑬メイケイエール ⑧スマートリアン

出走予定馬のU指数をチェックする

血統
予想

【京都牝馬S2024特集】異彩を放つマンハッタンカフェ、複穴傾向にあるKrisの血脈にも要注意

【京都牝馬S2024特集】異彩を放つマンハッタンカフェ、複穴傾向にあるKrisの血脈にも要注意

京都芝1400mの開催時に目を引くのがマンハッタンカフェの血脈で、2016年1着クイーンズリング、2018年2着&2019年1着デアレガーロと直仔が【2.1.0.1】と少数精鋭の活躍をみせており、2020年には同血脈を母の父に配されたメイショウグロッケが13番人気3着とヒモ荒れを演出。前述したデアレガーロも9番人気で勝利をつかんでいるため、マンハッタンカフェの血を引く人気薄がいる際には迷わず馬券の買い目に組み込みたい。

ほか、2016年2着マジックタイムは6番人気、2017年2着ワンスインナムーンは7番人気、2019年3着アマルフィコーストは13番人気とKrisの血脈を持つ馬が複穴傾向にあることも念頭に置くべきだろう(ただし、今年はマンハッタンカフェおよびKrisの血を引く馬がいないため、過去の勝ち馬や当該コースで直近に施行されたレースを参考に注目馬を取り上げている)。

コムストックロードは、父シルバーステート×母ニシノムーンライト(母の父Diesis)。まず注目したいのが母の父に配されたDiesisの血脈で、同馬は好相性を示すKrisと全兄弟の血縁関係にある。本馬自身もムラ駆けするタイプであることから人気をあてにしづらいが、レース傾向からも穴馬としての資質があることを気に留めておきたい。芝1400mは全2勝を挙げている得意距離でもあり、師が定年間近とあれば仕上げにも抜かりはなさそうだ。

プレサージュリフトは、父ハービンジャー×母シュプリームギフト(母の父ディープインパクト)。18年が4番人気で2着、19年が9番人気で1着、と京都牝馬Sでリピート好走したデアレガーロの姪にあたる血統。本馬は京都自体が初めてとなるものの、父も母の父も相性の良さが際立つ競馬場であり、母も12年京阪杯で12番人気3着と波乱を演出するなど牝系の適性にも一目置けるものがある。寒い季節に良績が集まることからも侮れない。

メイケイエールは、父ミッキーアイル×母シロインジャー(母の父ハービンジャー)。近親にソダシやママコチャがいる一族で、後者は京都牝馬Sと同じコースで施行された23年安土城Sでも後続に3馬身差を付ける圧巻のパフォーマンスを披露。一方、本馬の父も16年マイルCSなど、京都競馬場で全8勝のうち4勝を挙げた巧者だった。本馬自身も芝1400mは2戦2勝と底を見せていないため、この距離で見直す余地はじゅうぶんにある。

【血統予想からの注目馬】
コムストックロード ⑩プレサージュリフト ⑬メイケイエール

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

過去10年の結果

【京都牝馬S2024特集】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2023年2月18日() 阪神/芝1400m
天候:曇 馬場:
京都牝馬ステークス2023
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 5 ララクリスティーヌ 菅原明良 1:20.4 5.1 2 33.5 96.7
2 13 ウインシャーロット 石川裕紀人 1:20.4 ハナ 4.1 1 33.9 96.7
3 18 ロータスランド 岩田康誠 1:20.6 1 1/4 6.0 3 32.8 94.9
4 3 フェルミスフィア 杉原誠人 1:20.6 クビ 92.9 14 33.3 94.9
5 4 メイショウミモザ 池添謙一 1:20.7 クビ 93.4 15 34.0 94.1
2022年2月19日() 阪神/芝1400m
天候:小雨 馬場:
京都牝馬ステークス2022
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 7 ロータスランド 岩田望来 1:19.7 6.9 5 33.8 101.4
2 2 スカイグルーヴ C.ルメール 1:19.8 1/2 5.2 1 33.7 100.5
3 15 タンタラス 川田将雅 1:19.9 5.6 2 33.9 99.7
4 8 シゲルピンクルビー 和田竜二 1:20.1 3/4 6.2 4 33.9 97.9
5 1 サンクテュエール 藤井勘一郎 1:20.4 39.8 10 34.1 95.3
2021年2月20日() 阪神/芝1400m
天候:晴 馬場:
京都牝馬ステークス2021
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 4 イベリス 酒井学 1:20.0 5.5 3 34.3 100.9
2 15 ギルデッドミラー 福永祐一 1:20.3 1 1/2 10.0 5 33.9 98.3
3 14 ブランノワール 団野大成 1:20.3 クビ 16.1 9 33.7 98.3
4 7 アイラブテーラー 岩田康誠 1:20.4 1/2 8.3 4 33.6 97.4
5 12 シャインガーネット 田辺裕信 1:20.5 クビ 4.8 2 34.4 96.5

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【京都牝馬S2024特集】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2023年の優勝馬ララクリスティーヌ
2023年の優勝馬ララクリスティーヌ

マイル前後を主戦場とする牝馬トップクラスが、その年の始動戦として臨むケースの多い一戦。ビッグネームが参戦することも往々にしてあり、第33回(1998年)のビワハイジ、第35回(2000年)のスティンガー、第52回(2017年)のレッツゴードンキなど、歴代勝ち馬にはすでにG1で勝利実績のあった馬の名前も並ぶ。また、第28回(1993年)のヌエボトウショウ、第30回(1995年)のシスティーナ、第37回(2002年)のビハインドザマスク、第43回(2008年)のアドマイヤキッスのように、その時代を彩ったトップホースが、現役最終戦として有終の美を飾るシーンもたびたび見られる。

歴史と概要をもっと見る

京都牝馬S特集 バックナンバー

トップへ