メイケイエール(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
メイケイエール
メイケイエール
メイケイエール
メイケイエール
メイケイエール
メイケイエール
メイケイエール
メイケイエール
写真一覧
抹消  鹿毛 2018年2月23日生
調教師武英智(栗東)
馬主名古屋競馬 株式会社
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績20戦[7-0-0-13]
総賞金33,006万円
収得賞金14,150万円
英字表記Meikei Yell
血統 ミッキーアイル
血統 ][ 産駒 ]
ディープインパクト
スターアイル
シロインジャー
血統 ][ 産駒 ]
ハービンジャー
ユキチャン
兄弟 チャレンジャーソロモン
市場価格2,808万円(2019セレクトセール)
前走 2024/03/24 高松宮記念 G1
次走予定

メイケイエールの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
24/03/24 中京 11 高松宮記念 G1 芝1200 1861121.9109** 牝6 56.0 池添謙一武英智 486
(-8)
1.10.0 1.134.7⑥⑤マッドクール
24/02/17 京都 11 京都牝馬S G3 芝1400 187137.6310** 牝6 56.0 池添謙一武英智 494
(--)
1.20.9 0.634.6⑦⑦ソーダズリング
23/11/04 アメ 5 BCF&Mス G1 ダ1400 9--------9** 牝5 56.0 池添謙一武英智 --0000 ------グッドナイトオリーブ
23/10/01 中山 11 スプリンター G1 芝1200 164812.455** 牝5 56.0 池添謙一武英智 486
(+6)
1.08.4 0.434.8⑤④ママコチャ
23/06/04 東京 11 安田記念 G1 芝1600 181237.01215** 牝5 56.0 池添謙一武英智 480
(-6)
1.32.7 1.334.4⑨⑨ソングライン
23/03/26 中京 11 高松宮記念 G1 芝1200 18354.5112** 牝5 56.0 池添謙一武英智 486
(+9)
1.12.6 1.136.6⑤⑤ファストフォース
22/12/11 香港 5 香港スプリン G1 芝1200 14--------5** 牝4 55.5 J.マクド武英智 477
(--)
1.09.0 0.3----ウェリントン
22/10/02 中山 11 スプリンター G1 芝1200 167132.5114** 牝4 55.0 池添謙一武英智 482
(-2)
1.08.7 0.935.4④④ジャンダルム
22/09/11 中京 11 セントウルS G2 芝1200 13451.711** 牝4 55.0 池添謙一武英智 484
(+14)
1.06.2 -0.432.9⑤⑤ファストフォース
22/05/14 東京 11 京王杯SC G2 芝1400 128123.111** 牝4 54.0 池添謙一武英智 470
(+2)
1.20.2 -0.133.6⑥⑤スカイグルーヴ
22/03/27 中京 11 高松宮記念 G1 芝1200 188175.225** 牝4 55.0 池添謙一武英智 468
(-4)
1.08.4 0.134.4⑦⑧ナランフレグ
22/01/30 中京 11 シルクロード G3 芝1200 18234.021** 牝4 55.0 池添謙一武英智 472
(+2)
1.08.1 -0.134.2シャインガーネット
21/10/03 中山 11 スプリンター G1 芝1200 163624.974** 牝3 53.0 池添謙一武英智 470
(-8)
1.07.8 0.733.5⑦⑦ピクシーナイト
21/08/29 札幌 11 キーンランド G3 芝1200 16352.817** 牝3 52.0 武豊武英智 478
(+20)
1.09.4 0.335.4レイハリア
21/04/11 阪神 11 桜花賞 G1 芝1600 18486.4318** 牝3 55.0 横山典弘武英智 458
(-4)
1.34.0 2.937.2ソダシ
21/03/06 阪神 11 チューリップ G2 芝1600 12111.611** 牝3 54.0 武豊武英智 462
(+4)
1.33.8 -0.034.8エリザベスタワー
20/12/13 阪神 11 阪神JF G1 芝1600 188184.734** 牝2 54.0 武豊武英智 458
(0)
1.33.3 0.234.0⑫⑧ソダシ
20/11/07 阪神 11 ファンタジー G3 芝1400 127102.511** 牝2 54.0 武豊武英智 458
(-2)
1.20.1 -0.134.5④④オパールムーン
20/09/06 小倉 11 小倉2歳S G3 芝1200 10786.321** 牝2 54.0 武豊武英智 460
(-2)
1.09.6 -0.235.1⑤④モントライゼ
20/08/22 小倉 5 2歳新馬 芝1200 17111.911** 牝2 54.0 福永祐一武英智 462
(--)
1.09.4 -0.835.3ペガサスウイング

メイケイエールの関連ニュース

4月4日(木)の美浦トレセンでは、2歳馬7頭がゲート試験に合格。デビューへの関門を突破した。

コウソクグルーヴ(母ソニックグルーヴ、牝、中舘英)=祖母エアグルーヴは1997年天皇賞(秋)などGⅠ・2勝

ソレイケドンチャン(母イルミナティ、牝、岩戸孝)

ソロモン(母シロインジャー、牡、堀宣)=全姉メイケイエールは2021年チューリップ賞・GⅡなど重賞6勝

アルベルティーヌの2022(牡、栗田徹)=母の半弟ソールオリエンスは2023年の皐月賞

インクレセントの2022(牝、岩戸孝)

リアリサトリスの2022(牡、堀宣)=母の半兄Rouvresは2002年ジャンプラ賞・仏GⅠの勝ち馬

リバースシンキングの2022(牝、中舘英)

メイケイエールが栗東トレセンを退厩 武英智調教師「終わりではなくて、物語の始まりであってくれたら」 2024年3月27日(水) 15:56

24日の高松宮記念9着がラストランとなったメイケイエール(栗・武英、牝6)が27日、栗東トレセンを退厩した。

快晴の下、武英調教師や厩舎スタッフらに見送られて、馬運車で栗東トレセンを後にした。トレーナーは「無事に終わってお母さんとして送り出せて、使命は果たせたかなと思います。これが終わりではなくて、物語の始まりであってくれたら。つながっていってほしいですね」と話した。

引退式後もファンからのメッセージが厩舎に届き、改めて人気の高さを感じたという。調教の合間に駆け付けた主戦の池添騎手も馬房で記念撮影し「こうやって見送るのは初めてですね」と別れを惜しんだ。

今後は北海道安平町のノーザンファームで繁殖牝馬になる。ジョッキーは「機会があれば会いに行きたい。次の仕事がありますが、ひとまずゆっくり過ごしてもらいたいですね」とねぎらった。

この日、競走馬登録も抹消された。通算20戦7勝(うち海外2戦0勝)、総獲得賞金3億4305万7200円(うち海外1299万7200円)。JRA重賞は2022年産経賞セントウルSなど6勝。

[もっと見る]

【大阪杯2024】霧プロのキーホース診断 昨年の勢いで壁を越えるか? G1制覇目指すローシャムパークの適性を考える 2024年3月27日(水) 15:00


ウマニティプロ予想家・が、今週の重賞出走馬の中から、特に的中への鍵を握りそうな1頭にフォーカス。指数・血統・調教を中心とした“予想的イマジネーション”で掘り下げていきます。



ローシャムパーク
G1馬になるということ。それは競走馬として一つの到達点だ。
G2やG3をいくつ制していても、G1を勝つのと勝たないのとでは、記録の残り方、引退後の馬生、ファンの記憶や評価などなど、本当に色々な部分が変わってくる。中には日曜日に引退したメイケイエールのように、G1勝ちがなくとも絶大な人気を誇る馬もいるが、そんな存在は稀だ。過去に名馬と言われた多くの馬はG1を制し、その勲章に恥じない活躍を見せてそれぞれ伝説になっている。
だが、そんなステージに到れる馬もまた、ほんのわずかだ。
とりわけ、”初めてのG1制覇”という壁は特に分厚い。確かな能力や適性に加えて運の要素にも恵まれなければ、これを乗り越えることはできないのだ。

今週のメイン・大阪杯に出走する馬の中にも、この壁に挑む馬が複数頭いる。中でも上位人気の一角を担うことになりそうなローシャムパークはその筆頭と言えるだろう。
昨年、夏から秋にかけて函館記念オールカマーを完勝。当時騎乗していたルメール騎手をして「絶対にG1レベルになれる」と評された素質馬だが、ここでの悲願達成はなるのだろうか。いつも通りに各要素から掘り下げていきたい。

まず指数面だが、前述の函館記念オールカマーで急激に数字を伸ばしており、それぞれのレースにおける過去の勝ち馬たちと比較しても、本馬が刻んだ指数は優秀な部類。単純な数字の見た目だけならば、G1も意識できるレベルにまで到達しているように思える。
前走の香港カップで大きく数字を落としているのは気になるが、この時はスタートで遅れた上に、道中最後方にいながら力み気味に追走するという最悪の形。そのまま勝負所では大きく外を回ることになり、考えうる全てのロスが一度に襲いかかったような内容だった。状態面も万全でなかったのは明らかで、このレースは度外視していいかもしれない。

ただ引っ掛かるのは、高指数を記録しているのが”函館記念”と”オールカマー”という点だ。
近10年の両レースにおいて本馬が刻んだものに近い指数を記録しているのは、函館記念だとハヤヤッコトーセンスーリヤ、アドマイヤジャスタ、マイネルミラノダービーフィズオールカマーだとジェラルディーナウインマリリンスティッフェリオあたり。
少し昔の馬も多いのでピンとこない方も多いかもしれないが、ここに挙げた函館記念の勝ち馬の中で、後にG1を獲った馬はゼロ。好走と言える結果を残した馬すらいない。オールカマーの方はさすがにレースの格も上なだけあって、ジェラルディーナエリザベス女王杯を、ウインマリリン香港ヴァーズをそれぞれ制し、スティッフェリオ天皇賞(春)で2着に入っている。
こうして並べてみると、函館記念に関しては高指数が全くアテにならないということが明白だし、オールカマーで高指数を記録したのはやや長めの距離のG1好走馬ばかりだ。大阪杯のような、高次元のスピードと瞬発力も同時に要する王道の2000m戦とは、求められる適性がズレているように感じるのだ。

血統を見ても、父がハービンジャーで、母系を遡るとダイナカールエアグルーヴと繋がる日本有数の名牝系の出身。血統全体の質は高いものの、スピードや瞬発力というよりは、スタミナやいい脚を長く使う持続力に秀でたイメージ。大阪杯よりも、その後に控える宝塚記念や年末の大一番・有馬記念のような舞台のほうがしっくり来るのだ。大跳びの走法でも函館、中山で強さを見せてきたように、阪神内回りという小回りのコース設定自体はこなすだろうが、コンスタントに速い上がりを使える有力馬と比べると、末脚の威力という点では分が悪いかもしれない。

調教面においては、普段通りの見栄えの良い時計を連発しており、体調には問題がなさそう。少なくとも前走の香港の時とは比べ物にならない状態に仕上がりそうだが、意外にも関西への遠征が初めてという点は懸念材料。最終的な評価を定めるのは、大きな体重変動やテンションの高さなどがないかチェックしてからでも遅くないだろう。想定通りならば全体のオッズにも大きな影響を与える1頭なだけに、慎重に取捨を考えたい。こちらのイメージをズラし返すような走りを見せてくるかどうか、お手並み拝見だ。

[もっと見る]

【4歳以上次走報】引退、繁殖入りのメイケイエールは27日に退厩 2024年3月26日(火) 22:31

高松宮記念9着を最後に引退、繁殖入りのメイケイエール(栗・武英、牝6)は、27日に退厩する。

日経賞3着マイネルウィルトス(栗・宮、牡8)は、目黒記念(5月26日、東京、GⅡ、芝2500メートル)へ。

★千葉Sを勝ったケイアイロベージ(栗・野中、騸6)は、京葉S(4月7日、中山、L、ダ1200メートル)へ向かう。

京都記念3着バビット(栗・浜田、牡7)は大阪杯が除外なら、永島騎手で福島民報杯(4月14日、福島、L、芝2000メートル)を予定。

マーチS5着ラインオブソウル(栗・音無、牡5)は、アンタレスS(4月14日、阪神、GⅢ、ダ1800メートル)に向かう。

★洛陽S9着サヴァ(栗・上村、牡6)は、岩田康騎手でアンタレスSへ。名古屋城S11着トウセツ(栗・杉山佳、牡5)も同レースへ。

★大阪城S6着アリストテレス(栗・上村、牡7)は、マイラーズC(4月21日、京都、GⅡ、芝1600メートル)へ。

高松宮記念4着ウインカーネリアン(美・鹿戸、牡7)は、安田記念(6月2日、東京、GⅠ、芝160メートル)を目指す。

大阪杯に登録のあるモリアーナ(美・武藤、牝4)は、除外ならサンスポ杯阪神牝馬S(4月6日、阪神、GⅡ、芝1600メートル)に向かう。

★洛陽S2着トランキリテ(栗・松永幹、牡5)は、マイラーズC(4月21日、京都、GⅡ、芝1600メートル)を目標にする。

[もっと見る]

メイケイエールの引退式を中京競馬場で実施 武英調教師「すべてが思い出です」 2024年3月25日(月) 09:56

中京競馬場で24日、最終レース終了後に高松宮記念9着がラストランとなったメイケイエール(栗・武英、牝6)の引退式が行われた。

小雨の中、芝コースに入場。大勢のファンがスタンドに残り「ありがとう」と声をかけた。

武英調教師は「出会ってから4年間、大変なことばかりでしたけど、よく頑張ってくれた。レースの度に出る課題をスタッフなどと相談しながらやってきたことすべてが思い出です」と振り返った。池添騎手は「次の仕事があるので、無事に終えられてよかったです」と胸をなでおろした。

さらに池添騎手は、引退式に出席できなかった武豊騎手からのメッセージを披露。「常にメイケイエールに乗っているときは悩んでいました。勝ったときも負けたときも無事に終わってほっとする自分がいました」と代弁すると、スタンドから拍手が起こった。

今後は北海道安平町のノーザンファームで繁殖入りする予定。

[もっと見る]

【高松宮記念】レースを終えて…関係者談話 2024年3月25日(月) 04:50

◆三浦騎手(ウインカーネリアン4着)「ゲートもいつも通りいい出方をして、楽に番手を取れていいリズムで運べました。初のスプリント戦でよく走ってくれました」

◆岩田康騎手(ロータスランド5着)「デキはすごく良かったです。うまくもぐり込むことができたし、この馬場もこなして、よく走ってくれました」

◆ルメール騎手(トウシンマカオ6着)「すごくいい競馬をしてくれましたが、緩い馬場で、いつもの走りができませんでした」

◆吉田隼騎手(ビッグシーザー7着)「イメージ通り、勝ち馬の真後ろで運びました。強い相手によく頑張っていますし、これから力をつけてくれば」

◆川田騎手(ママコチャ8着)「4コーナーまでスムーズな競馬ができましたが、暖かくなってこないと本来の走りができないのかなという印象です」

◆池添騎手(メイケイエール9着)「落ち着いてゲート裏まで行けましたし、ゲートも何とかぎりぎり我慢してくれました。いい感じで4コーナーの手応えも残っていましたが、きれいな走りをするので、欲を言えば良馬場でやりたかったです」

◆M・デムーロ騎手(ディヴィーナ11着)「状態はすごく良かった。手応えもすごく良かったし、外に出しましたが、伸びませんでした」

◆松山騎手(ウインマーベル12着)「スタートを五分に出ましたが、ノメって行き脚がつきませんでした。枠も含めて条件が向きませんでした」

◆大野騎手(シュバルツカイザー13着)「状態は良かったです。道中はいいリズムで、ポジションを上げていくことができました。枠順の差が出ました」

武豊騎手(ソーダズリング14着)「距離よりも馬場ですかね。ノメって走っていました。こういう馬場は初めてで、嫌気をさしている感じでした」

◆藤岡佑騎手(モズメイメイ15着)「スタートを出たなりのレースをしようと思っていましたが、接触してもまれる形になりました。慣れていない形でもラストはしっかりしていました」

◆横山典騎手(マテンロウオリオン16着)「よく頑張っています」

◆富田騎手(テイエムスパーダ18着)「スタートがすべてです。馬場に脚をとられて滑りました」

[もっと見る]

⇒もっと見る

メイケイエールの関連コラム

閲覧 1,401ビュー コメント 0 ナイス 1


先週は秋G1開幕戦、スプリンターズS。制したのは好位追走、川田騎手騎乗のママコチャだった。Cコース2週目、最終週だったが馬場状態も良く、2着以下も軒並みイン有利先行有利。これでスプリンターズSは3年連続でイン有利の決着となった。

負けた中でキラリと光ったのは5着のメイケイエール。今回は折り返し手綱も使用せずに臨んだ一戦だったが、ロスが多少ありながらもラストまで良く脚を使えていた。気は早いが来春の高松宮記念が楽しみになる好内容だった。

さて、先週は人気を集めてもそれ以上に走らせている川田騎手の話をしたが、今回はルーキーの田口貫太騎手の話。

田口騎手も実はデビュー以来、人気馬でほぼ崩れていない。例えば単勝4倍未満の馬での騎乗成績は以下の通り。

~3.9倍(10-4-2-0)勝率 62.5% 3着内率 100%

なんと、一度も馬券圏内を外していないのだ。もともと折り合うのが上手く、差せるルーキー騎手のイメージが強いが、レースぶりを見ていても非常に巧み。先週は外が伸びていた阪神ダート1400mで2勝。まだ世間にはそこまで知られていないが、3キロ減の今のうちに、まだまだ狙う機会がありそうなので覚えておきたい。

それでは最後に先週からの狙い馬と、今週末の注目馬を。

【次走狙い馬】 10/1(日)中山5R リアレスト 2番人気4着

完全な内枠先行決着を外から力強い末脚で差して来る。中山1800mのスローは合わなかったが、それでも見せ場十分。距離延長や東京替わりになれば順当に勝ち負けになる。

~今週末の注目馬~

今週は京都大賞典から。

プラダリア池添謙一騎手)

注目はプラダリア池添謙一騎手。
前走の新潟記念はインを通った組が有利な競馬で、外枠の不利が大きかった上に距離不足も響いた。宝塚記念では見せ場を作れており、能力的にはココに入れば上位。立ち回りの上手さとそこそこの決め手も秘めるディープ産駒で、初の京都もプラスになる。多少人気も落ちそうなこのタイミングで狙いたい。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

栃木県出身、競馬予想家。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。『競馬記者では絶対に書けない騎手の取扱説明書』(ガイドワークス)など著書多数。最新刊は『馬券力の正体 収支の8割は予想力以外で決まる』(オーパーツ・パブリッシング)。


登録済みの方はこちらからログイン

2023年5月7日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2023年05月07日号】特選重賞データ分析編(357)~2023年ヴィクトリアマイル
閲覧 2,074ビュー コメント 0 ナイス 5



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 ヴィクトリアマイル 2023年05月14日(日) 東京芝1600m


<ピックアップデータ>

【前走の出走頭数別成績(2017年以降)】
×12頭以下 [0-0-1-23](3着内率4.2%)
○13頭以上 [6-6-5-64](3着内率21.0%)

 少頭数のレースを経由してきた馬は過信禁物。2017年以降の3着以内馬18頭中17頭は、前走の出走頭数が13頭以上でした。今年は主要な前哨戦のひとつである阪神牝馬ステークスが12頭立てだったので、この組の扱いに注意しましょう。

主な「○」該当馬→スターズオンアースソダシメイケイエール
主な「×」該当馬→イズジョーノキセキサウンドビバーチェソングライン


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「生産者がノーザンファーム」の馬は2017年以降[5-3-3-27](3着内率28.9%)
主な該当馬→ソダシソングラインメイケイエール

[もっと見る]

2023年3月23日(木) 10:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 高松宮記念2023
閲覧 1,351ビュー コメント 0 ナイス 5



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


3月26日(日)中京11R 第53回高松宮記念 (4歳以上G1・芝1200m)



【登録頭数:20頭】(フルゲート:18頭)


<前走:阪急杯出走馬>(中2週)

アグリ(2着、496㎏(+2㎏))<A><優先出走馬>
中2週での出走は初めてとなるが、この中間プールと坂路でほぼ毎日調整されていて、1週前の坂路でも迫力満点の走りを披露と、元気一杯。

ダディーズビビッド(2着、514㎏(-12㎏))<C>
この中間はCWで2週前、1週前と時計をマーク。1週前追い切りは、重心が高い走りで終いの伸びも甘く映った。

グレナディアガーズ(7着、474㎏(+4㎏))<B>
休み明け3戦目となるが、この中間は1週前にCWを単走で追われ時計は優秀。中2週での出走は初だが、終いの伸びは良く上積みはありそう。

ホープフルサイン(14着、510㎏(±0㎏))<D><除外対象馬>
骨折休養明け3戦目で、この中間坂路で速い時計は1本。前走時のパドックではまだ余裕がある馬体だったにもかかわらず、この中間もビッシリ追われていないあたり、疲れが抜け切れていないのかもしれない。




<前走:オーシャンS出走馬>(中2週)

ヴェントヴォーチェ(1着、514㎏(-4㎏))<A><優先出走馬>
大きな馬だが、休み明けの前走時は太め感なく好仕上り。中2週となる今回、1週前は馬なりでの調整も重心が低く手応え抜群の走りを披露してきた。良い状態をキープできている感じ。

ディヴィナシオン(2着、472㎏(-4㎏))<C>
使い詰めできていて、前走から中2週でこの中間1週前は軽めの調整。上積みは感じられない。

ナランフレグ(9着、498㎏(+15㎏))<B>
休み明けの前走時は、追い切りでは重さをのぞかせパドックでは緩さが感じられた。叩き2戦目となるこの中間、時計が出すぎないように助手騎乗で追い切られた1週前追い切りだったが、叩かれての上積みに期待がもてる内容を見せた。

オパールシャルム(15着、486㎏(+10㎏))<D>
速い時計の出る馬だが、1週前追い切りでは終いが甘く前走からの上積みは薄い。




<前走:シルクロードS出走馬>(中7週)

ナムラクレア(1着、472㎏(+6㎏))<A>
休み明けの前走時は、追い切りでもパドックでもやや余裕を感じさせていたが、この中間2週前、1週前と浜中騎手騎乗で長めから好時計。さらなる上積みが見込めるデキ。

ファストフォース(2着、526㎏(-12㎏))<B>
大型馬でこの中間もプールと坂路でかなり乗り込まれている。もともと調教では速い時計の出る馬だが、時計も優秀で調子は良さそう。

トウシンマカオ(4着、466㎏(+2㎏))<A>
この中間は、2週前、1週前と南Wで近走の中では一番の好時計をマーク。動きを見ても、追い出されてからの伸びが抜群で今回は出来が違う。

ウインマーベル(7着、480㎏(+12㎏))<C>
この中間も乗り込み豊富で、1週前追い切りの併せ馬でも先着。突き抜けるほどではないが、出来自体は良さそう。

キルロード(12着、508㎏(+2㎏))<D>
昨年の3着馬。これまで骨折が2度、ケガもあったりと大きな馬の割に使い込めないところがある。この中間も良い時計は出ているが、間隔が空いている割に本数は少なく、追われてからの反応も鈍い感じあり。




<前走:京都牝馬S出走馬>(中4週)

ロータスランド(3着、478㎏(-2㎏))<B>
昨年の2着馬。この中間も乗り込み豊富。1週前追い切りでは気合乗り良く、楽に先着していて引き続き出来良好に映る。

ボンボヤージ(12着、446㎏(+4㎏))<D>
1週前はPコースを単走で追われているが、前半はスピード感のある走りも後半は脚が鈍る感じで、時計ほど良くは見えない。

ウォーターナビレラ(14着、486㎏(+18㎏))<C>
叩き2戦目で前走時と比べると多少良くなっている感はあるが、首が高い走りで集中力に欠ける面が見られる。




<前走:その他のレース出走馬>

メイケイエール('22香港スプリント:5着、477㎏(-5㎏) 3ヶ月半)<C>
香港スプリントからの休み明けで乗り込み量は豊富。土曜日に速い時計を出す厩舎で良い時計も出ているが、1週前追い切りの動きを見るとこの馬としては大人しい走りとの印象。

ピクシーナイト('21香港スプリント:中止、528㎏(-10㎏) 1年3ヶ月)<D>
長期休養明けで、1週前はフラつき気味で良い時と比べるとまだまだの動き。この馬としては時計面でも物足りない。

トゥラヴェスーラ(阪神C:8着、496㎏(+4㎏) 3ヶ月)<B>
1週前追い切りでの動きを見るに、スピード感はあるが終いの伸びが甘いといった感触。差のない競馬が続いているが、決め手に欠ける感じ。

レディバランタイン(アクアマリンS:1着、472㎏(-2㎏) 中1週)<C><除外対象馬>
前走を勝って中1週で、軽めの調整。前走の追い切りでの時計もそれほど目立つものではなく、一気の相手強化は厳しい。


※今回このコラムでの中間の状態からの推奨馬は、アグリヴェントヴォーチェナムラクレアトウシンマカオの4頭をあげておきます。



◇今回は、高松宮記念編でした。
高松宮記念が行われる中京競馬場は、私の自宅から一番近くにある競馬場です。昔は車で3、4時間かかっていたのが今では交通の便がかなり良くなったことで、早ければ1時間半で着くことが可能になりました。昼まで予想していてもメインレースを競馬場で観戦できるほどで、距離は変わっていなくとも昔よりもさらに身近に感じる競馬場になりました。そんな中京競馬場も今年で70周年。オペックホースミホノブルボントウカイテイオーワグネリアンと4頭のダービー馬が、この競馬場からデビューしその他にも数多くの名勝負が繰り広げられてきました。今後も訪れる機会は多くなると思います。目の前で馬が走る身近な競馬場として、数多くの名馬に出会えることを期待したいと思います。


高松宮記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2023年3月17日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】芝はイン、ダートは外、通常運転の中京開幕週/阪神大賞典展望
閲覧 1,324ビュー コメント 0 ナイス 2

先週末から春の中京開催がスタート。3週目には高松宮記念が控えている。

開幕週を飾る金鯱賞は、外からプログノーシスが豪快に差し切り勝ち。不完全燃焼だった中日新聞杯4着から見事に巻き返した。2着以下は内を通った組が有利な流れ。逃げたフェーングロッテンが2着、最内枠からラチ沿いを追走したアラタが3着。

2年前にはギベオンが圧倒的人気のデアリングタクトを振り切って逃げ切るなど、春の中京開催の芝コースは内有利が定番化している。それもそのはずで、前開催のラスト2週はBコース使用。温存されていたAコースがこの開催では復活するとあって、やはり荒れていないインを通れる組が有利になる。昨年の高松宮記念では1枠2番を生かし馬群を捌いて差して来たナランフレグが勝利。外を回らされた人気のメイケイエールグレナディアガーズは馬券にすら絡むことができなかった。今年も枠順には大いに注目したい。そういう意味では、運に左右される開催となる。

一方ダートは、最近の傾向通り外の伸びが良かった。これは以前のコラムでも書いたが、2022年あたりから中京ダートは特に乾くと外有利、差し有利になるケースが増えている。先週は差し有利とまでは言えなかったが、先行勢でも外を通る組が有利。

例えば2022年以降の中京良馬場ダートでの最内枠と大外枠の馬の成績を比べてみても顕著な違いがある。

・2022年~先週末終了時点

中京ダート良馬場&最内枠 勝率7.6% 複勝率19.2% 複勝回収値56円
中京ダート良馬場&大外枠 勝率11.8% 複勝率28.1% 複勝回収値95円

ご覧の通り明らかに最内枠よりも大外枠の方が良いことがわかる。データはデータで万能なものではないが、大まかな傾向として覚えておきたい。

今年は早くもソメイヨシノの開花の便りが届き、3月は好天が続きそうな気配で、そこまで大きな傾向の変化はなさそうだ。中京芝とダートの傾向を覚えておけば有利な戦いができるはず。1カ月後のコラムで自慢できるくらい、私自身も頑張りたいと思う。

~今週末の注目馬~

今週末は4重賞。その中でも今年は頭数が揃いそうな阪神大賞典を取り上げたい。注目馬はこの馬。

ジャスティンパレス(ルメール騎手)

注目はジャスティンパレス&ルメール騎手。近走は鮫島駿騎手が主戦だったが前走はマーカンド騎手、そして今回がルメール騎手の騎乗となる。率直に言って前回のマーカンド騎手はやや強引な面がありあまり手が合う印象はなかったが、今回のルメール騎手とは間違いなく手が合いそう。実際これまで2度手綱を取りいずれも勝利を挙げている。芝の長丁場にも滅法強い騎手でもあり、相性的にはピッタリだ。人気にはなるだろうが、素直に信頼していいと考えている。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

栃木県出身、競馬予想家。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。『競馬記者では絶対に書けない騎手の取扱説明書』(ガイドワークス)など著書多数。最新刊は『馬券力の正体 収支の8割は予想力以外で決まる』(オーパーツ・パブリッシング)。

[もっと見る]

2023年2月3日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】シルクロードSはハイレベルも中京芝千二は枠次第の面/東京新聞杯展望
閲覧 1,349ビュー コメント 0 ナイス 2


シルクロードSは高松宮記念に向けて好メンバーが揃った一戦だったが、その中で接戦を制したのはナムラクレア北九州記念は不利、スプリンターズSではやや強引な仕掛けでラストの伸びが鈍ったが、今回は内枠で脚を溜めてタイミングよく抜け出すことができた。2着ファストフォースは持ち味のパワフルなフットワークでタフな中京芝を駆け上がり、昨年のセントウルSに続いて中京で穴激走。3着マッドクールはスンナリ先手を取り粘り込んだ。

高松宮記念を展望する上では敗戦組にも注目。大外枠から流れに乗れず4着に終わったトウシンマカオ、同じ外枠からスタートで後手を踏み流れに乗れなかった7着ウインマーベルは、立ち回り一つで上位との着順は詰まる、あるいはひっくり返すことも可能だろう。今のスプリント路線は昨年の高松宮記念スプリンターズSがともに大波乱になったように、枠順や馬場次第で大きく順番がひっくり返ることも多い。シルクロードSは好メンバーが揃ってはいたが、その順番は本番へ向けてまだ大きく変わる余地を残していそうだ。

もうひとつ、舞台となる中京芝1200mの傾向も改めて確認しておきたい。中京芝1200mは、2012年の開設当初は外からの差しが届くコースとして知られていた。ところが、年を経るごとに外枠の有利さがなくなっていき、近年はむしろ内枠の方がかなり有利になっている。

例えば、同舞台で7~8枠に入った馬の成績を見比べてみたい。2012年~の改装当初は明らかに好成績だが、近年はむしろ壊滅的な数字になっている。

・中京芝1200mの7~8枠の成績(※2023年は1回中京終了時点)

2012~2013年 勝率 8.9% 複勝率 25.5% 複勝回収率 102%
2020~2023年 勝率 4.9% 複勝率 13.2% 複勝回収率 36%

ご覧の通り、勝率複勝率はほぼ半減、複勝回収率に至っては3分の1近くまで落ち込んでいる。これを見れば、昨年8枠17番に入ったメイケイエールがいかに不利な条件だったかおわかりだろう。

同じコースでも時代が変われば傾向はまったく異なる。現時点ではトウシンマカオウインマーベルの巻き返しに期待したいが、最終的にはやはり当週の枠順発表を待つことになる。

~今週末の注目馬~

というわけで、最後は週末の注目馬で締めたい。今回は東京新聞杯を取り上げる。現時点での狙いはコチラ。

ピンハイ坂井瑠星騎手)

ピンハイに注目。昨年のクラシック戦線では桜花賞で不利がなければあわやの5着、明らかに距離が長いと思われたオークスでも4着と大健闘。秋華賞は無念の賞金不足となってしまったが、G1戦線を大いに賑わせた。前走のエリザベス女王杯は外が伸びるタフな馬場になってしまい見せ場を作れずに終わってしまったが、本来の持ち場であるマイルならば本領発揮だろう。久々の分、人気面でも多少甘くなりそうで、今回は絶好の狙いどころとみる。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

栃木県出身、競馬予想家。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。『競馬記者では絶対に書けない騎手の取扱説明書』(ガイドワークス)など著書多数。最新刊は『馬券力の正体 収支の8割は予想力以外で決まる』(オーパーツ・パブリッシング)。

[もっと見る]

2022年12月8日(木) 12:00 甘粕代三
【香港国際競走2022】レース展望②<香港スプリント>日本馬ではG1未勝利ながらメイケイエールを最上位に
閲覧 1,497ビュー コメント 0 ナイス 1

香港スプリント(シャティン芝1200m)
あのロードカナロアが世界最強の香港スプリンター陣の牙城、香港スプリントの厚い壁を破って日本馬として初の凱歌を上げてから10年が経ちました。そのカナロアが連覇し、一昨年にはダノンスマッシュが鬨の声を上げて10年で3勝と日本のスプリンターも世界に通用することを証明しました。今年は何と、何と日本から史上最多の4頭が名乗りを上げています。

昨年このレース2着と涙を飲んだレシステンシア(牝5・松下武士厩舎)が雪辱にかけ、気性難を克服したメイケイエール(牝4・武英智厩舎)は初のG1に虎視眈々。今年の高松宮記念であっといわせたナランフレグ(牡6・宗像義忠厩舎)がもう一発を狙えば、あの名牝馬ビリーヴの子にして前走スプリンターズSで母子2代制覇を橋とげたジャンダルム(牡7・池江泰寿厩舎)は母の成し遂げられなかったこのレース制覇に狙いを付けました。頭数は史上最多、質的にも史上最高といって差し支えありません。

しかし、競馬は相手あってのもの。世界最強の香港スプリンター陣は、というとエアロベロシティ、ミスタースタニングなど世界レベルの強豪が引退し、世代交代の端境期の真っただ中にあります。香港勢の総大将格はチェアマンズスプリントプライズ一昨季、昨季と連覇したウェリントン(セ6・R.ギブソン厩舎)なのですが、今季は使い始めのプレミアム・ボウル(G2・シャティン芝1200m)では135ポンド極量を背負いながら圧勝し、その力を見せつけましたが、トライアルのジョッキークラブ・スプリント(G2・シャティン芝1200m)は1.9倍と圧倒的な一番人気に押されながら直線伸びを欠いて6着。謎の敗退にジョッキークラブは馬体検査を行いましたが何の異常は求められませんでした。本番までの間にどれだけ復調してこられるのか? 若干の心配を感じざるを得ません。

これに昨年のこのレースで単勝22倍の大穴をあけたスカイフィールド(セ6・C.ファウンズ厩舎)はその後勝ち星を上げられず、前走トライアルもいいところなしの8着。横綱、大関が不振とは我が国の大相撲もいいところですが、層の厚い香港スプリンター陣には必ず新星が現れます

それがトライアルを快勝したラッキースワイニーズ(セ4・K.マン厩舎)。芳紀まさに4歳と新星にふさわしく、昨季デビュー以来、シャティン1200mだけ使われて10戦7勝2着2回3着1回と着外なしの好成績。今季クラス1を快勝してプレミアム・ボウルでウェリントンの1馬身差2着、トライアルを快勝して香港スプリント制覇に大手をかけました。本番でも香港現地1番人気は必至でしょうが、モレイラなき後の香港リーディングジョッキー、Z.パートンが引き続き手綱をとる以上、恥ずかしい競馬のあろうはずもなし。この馬が中心と見ています。

この2頭以下は端境期らしく帯に短し襷に長し。トライアル上位の2頭、ラッキーパッチ(セ6)とデュークワイ(セ7)は今季新規開業の新人調教師、P.ングの管理馬。P.ングは私がかねてから親しかったPはPでもピエールではなくピーター・ング元調教師の子息で、父親によれば自信満々。父が果たせ勝ったG1制覇を叶えてくれる、とのこと。2頭は決して若馬ではありませんが、調教師の新星にも大いに期待したいところです。

このレースは日本馬対ウェリントン、ラッキースワイニーズ、ラッキーパッチ、デュークワイの対立構図は極めて拮抗している、と見ています。電撃の6ハロン故、枠の内外と一瞬の判断でレース結果は大きく変動します。枠順が決まってから最終的な判断をしますが、日本馬の中ではG1未勝利ながらメイケイエールを最上位と見ます。

7日現地から入った極秘情報では、あの気性難のメイケイが豪州の盟主、J.マクドナルドを背に全く難しいところを見せず馬場入り、軽快にキャンターを見せたとのこと。骨折のために香港渡航が出来なかった池添謙一騎手にはきつい言い方になりますが、彼とマクドナルドの間には3馬身以上の技量差があります。気性難さえ出さなければ、あのソダシの近親はソダシ以上の実力を発揮できるはず。頭すら霞んで見えてきます。日本馬グランドスラムの可能性、と前回書いたのは、この馬の存在があるからです。それも内外の有利不利が大きいシャティン芝1200m、枠順抽選会の結果が待たれるばかりです。

★”日本と香港を股にかけて活躍する”海外プロ甘粕代三プロが、海外馬券販売レースの香港国際競走4レースの予想提供をいたします。当日の予想にご期待ください。

 
甘粕代三(あまかす・だいぞう)プロフィール
1960年、東京生まれ。高校時代から競馬にのめりこむ。
早稲田大学第一文学部卒。在学中に中国政府官費留学生。卒業後、東京新聞記者、テレビ朝日記者、同ディレクター、同台北開設支局長などを務める。
中国留学中に香港競馬を初観戦、94年ミッドナイトベット香港カップ制覇に立ち会ったことから香港の競馬にものめりこみ、2010年、売文業に転じた後は軸足を日本から香港に。
香港の競馬新聞『新報馬簿』『新報馬経』に執筆、テレビの競馬番組にも出演。現在、香港アップルデイリー日本特約記者、北京市馬術運動協会高級顧問を務める。

[もっと見る]

⇒もっと見る

メイケイエールの口コミ


口コミ一覧

恥ずかしい馬予想2024.03.24[結果]

 DEEB 2024年3月24日() 17:38

閲覧 81ビュー コメント 0 ナイス 5

中山 4R 障害4歳以上未勝利(混合)
◎12 ファルコニア…1着
○ 4 アースブレイブ…7着
× 6 ☆オメガリッチマン…4着
[結果:ハズレ×]

中山10R 春興ステークス 4歳以上3勝クラス(混合)[指定]
◎ 7 コントラポスト…2着
○12 サイルーン…1着
▲ 8 シュタールヴィント…11着
△ 9 リサリサ…10着
[結果:アタリ△ 馬連 7-12 410円]

中山11R マーチステークス GⅢ 4歳以上オープン(国際)(指定)
◎12 ブライアンセンス…6着
○14 ペイシャエス…3着
▲ 7 ゴールドハイアー…8着
△ 4 ☆ウェルカムニュース…13着
× 1 ヴァルツァーシャル…1着
[結果:ハズレ×]

阪神 8R 4歳以上2勝クラス(混合)(特指)
◎ 7 バリアントバイオ…1着
○ 5 メジェド…7着
▲ 9 ダイメイセブン…6着
△ 2 ☆マテンロウガイ…9着
×10 ソリダリティ…8着
[結果:ハズレ×]

阪神10R 御堂筋ステークス 4歳以上3勝クラス(混合)(特指)
◎ 4 スマートファントム…1着
○ 3 エンドウノハナ…3着
▲ 1 ビューティーウェイ…2着
[結果:アタリ○ 馬連 1-4 2,330円、ワイド 1-4 570円・1-3 860円]

阪神11R 六甲ステークス (L) 4歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 1 ビーアストニッシド…12着
○ 5 トゥードジボン…11着
▲ 9 オニャンコポン…9着
△ 3 グレイイングリーン…8着
× 6 ノースザワールド…6着
[結果:ハズレ×]

中京 4R 3歳未勝利[指定]
◎ 9 ★アスクカムオンモア…1着
○ 4 ルクスマーベリック…2着
▲ 1 コスモカノア…6着
△16 マイファミリー…5着
×13 リンドバーグ…11着
[結果:アタリ△ 単勝 9 170円、複勝 9 110円、馬連 4-9 490円]

中京11R 高松宮記念 GⅠ 4歳以上オープン(国際)(指定)
◎11 ★メイケイエール…9着
○ 6 ルガル…10着
▲ 3 ナムラクレア…2着
△ 5 トウシンマカオ…6着
× 2 マッドクール…1着
× 1 ビッグシーザー…7着
☆17 マテンロウオリオン…16着
[結果:ハズレ×]

中京12R 鈴鹿特別 4歳以上2勝クラス(混合)[指定]
◎13 ヴィヴァン…3着
○ 6 ロードフォンス…1着
×14 カイカノキセキ…14着
× 4 ☆ミルトハンター…5着
[結果:ハズレ×]

[今日の結果:9戦1勝6敗2分]
もう一つの結果でした。

 軸うまおやじ 2024年3月24日() 15:23
お疲れ様~♬ #高松宮記念  やばいかも? 
閲覧 93ビュー コメント 0 ナイス 5

お疲れ様~♬ #高松宮記念  やばいかも?
直前のデーターが。。。あまり良くない結果が。。
ごめんなさい。。G1ですが。。パスします。。
高松宮記念3頭に3着内の高い数値が出ております!
危ないです。。危険なサインが?
【8~10番人気】
11番 メイケイエール
16番 ウインマーベル
1番  ビッグシーザー

春のG1~桜吹雪か~♬

おやじは堅実派なので。
悔しいですがパスします。

[もっと見る]

 DEEB 2024年3月24日() 11:15
恥ずかしい馬予想2024.03.24
閲覧 139ビュー コメント 0 ナイス 4

趣味が競馬です。へたくそです。当たりません…。
恥ずかしい予想を…記録用に書きます。
今日も競馬を楽しみましょう。

中山 4R 障害4歳以上未勝利(混合)
◎12 ファルコニア
○ 4 アースブレイブ
× 6 ☆オメガリッチマン

中山10R 春興ステークス 4歳以上3勝クラス(混合)[指定]
◎ 7 コントラポスト
○12 サイルーン
▲ 8 シュタールヴィント
△ 9 リサリサ

中山11R マーチステークス GⅢ 4歳以上オープン(国際)(指定)
◎12 ブライアンセンス
○14 ペイシャエス
▲ 7 ゴールドハイアー
△ 4 ☆ウェルカムニュース
× 1 ヴァルツァーシャル

阪神 8R 4歳以上2勝クラス(混合)(特指)
◎ 7 バリアントバイオ
○ 5 メジェド
▲ 9 ダイメイセブン
△ 2 ☆マテンロウガイ
×10 ソリダリティ

阪神10R 御堂筋ステークス 4歳以上3勝クラス(混合)(特指)
◎ 4 スマートファントム
○ 3 エンドウノハナ
▲ 1 ビューティーウェイ

阪神11R 六甲ステークス (L) 4歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 1 ビーアストニッシド
○ 5 トゥードジボン
▲ 9 オニャンコポン
△ 3 グレイイングリーン
× 6 ノースザワールド

中京 4R 3歳未勝利[指定]
◎ 9 ★アスクカムオンモア
○ 4 ルクスマーベリック
▲ 1 コスモカノア
△16 マイファミリー
×13 リンドバーグ

中京11R 高松宮記念 GⅠ 4歳以上オープン(国際)(指定)
◎11 ★メイケイエール
○ 6 ルガル
▲ 3 ナムラクレア
△ 5 トウシンマカオ
× 2 マッドクール
× 1 ビッグシーザー
☆17 マテンロウオリオン

中京12R 鈴鹿特別 4歳以上2勝クラス(混合)[指定]
◎13 ヴィヴァン
○ 6 ロードフォンス
×14 カイカノキセキ
× 4 ☆ミルトハンター

今日は、高松宮記念ですね。
私は、メイケイエールさんのラストランを応援します。

[もっと見る]

⇒もっと見る

メイケイエールの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
9:
  HELPRO   フォロワー:2人 2024年2月17日() 15:41:37
池添、おまえ騎手辞めな。まともに発馬も出来ないのに馬に負担を掛ける鞍上など騎手とは言わない。親の縁故のバカ面が鞍上名乗る資格なし。○○!
8:
  HELPRO   フォロワー:2人 2022年10月2日() 15:50:07
池添は責任を取って腹を切れ。クズが鞍上を名乗るべきではない。調教師も一緒に腹を切れ。お前たちが育成に携わるのが間違い。特に池添、弟と親父の分まで腹切って詫びろ。こんな鞍上に乗られたオルフェーブルが最大の不幸。池添謙一は腹切って詫びろ!
7:
  HELPRO   フォロワー:2人 2022年5月14日() 16:02:06
これが馬の実力も武厩舎ではG1は厳しい事を証明。やっと手の合う鞍上を得てもこの厩舎はJRAの子飼いなのでG1には勝てない運命なのが憐れ。

⇒もっと見る

メイケイエールの写真

メイケイエールの厩舎情報 VIP

2024年3月24日高松宮記念 G19着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

メイケイエールの取材メモ VIP

2024年3月24日 高松宮記念 G1 9着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。