スカイグルーヴ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
スカイグルーヴ
スカイグルーヴ
写真一覧
現役 牝3 栗毛 2017年1月23日生
調教師木村哲也(美浦)
馬主有限会社 シルクレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 3戦[1-1-0-1]
総賞金2,733万円
収得賞金1,150万円
英字表記Sky Groove
血統 エピファネイア
血統 ][ 産駒 ]
シンボリクリスエス
シーザリオ
アドマイヤセプター
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
アドマイヤグルーヴ
兄弟 ラディアントパレスレガトゥス
前走 2020/04/26 サンスポ賞フローラS G2
次走予定

スカイグルーヴの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/04/26 東京 11 フローラS G2 芝2000 17592.115** 牝3 54.0 C.ルメー木村哲也430(-14)1.59.3 0.635.8⑦⑦⑦ウインマリリン
20/01/19 中山 11 京成杯 G3 芝2000 128122.112** 牝3 54.0 C.ルメー木村哲也444(+4)2.02.2 0.136.2クリスタルブラック
19/11/03 東京 5 2歳新馬 芝2000 11111.411** 牝2 54.0 C.ルメー木村哲也440(--)2.01.4 -0.934.1ナンヨーユウヤク

スカイグルーヴの関連ニュース

 26日に東京競馬場で行われたオークスTR「第55回サンケイスポーツ賞フローラS」(GII、芝2000メートル)は、4番人気ウインマリリンが好位から抜け出し重賞初Vを飾った。同じく重賞初制覇となった横山武史騎手(21)は横山典弘騎手(52)の三男で、父子制覇(90年キョウエイタップ、10年サンテミリオン)も達成。手塚貴久調教師(55)はフィエールマンで臨む天皇賞・春へ弾みをつけた。2着ホウオウピースフルまでが優先出走権を獲得、1番人気スカイグルーヴは5着に敗れた。

 ウインマリリン(1着)横山武騎手=重賞を勝つのはよりいっそううれしい。理想は逃げ馬の後ろでしたが、そこは父に取られてしまった。それでも手応えが良かったのでペースは気にしなくていいかと。直線でのムチの落下は恥ずかしいけど、馬の力で勝てた。距離は延びても大丈夫。

 手塚調教師=ウチにはいい3歳牝馬が多いけど、そのなかでも遜色ないと思っていた(マルターズディオサインターミッションとのオークス3頭出しが濃厚)。

 ホウオウピースフル(2着)レーン騎手=惜しかった。道中はずっと行きたがっていて、最後は伸び切れなかった。

 スカイグルーヴ(5着)ルメール騎手=折り合いがつきポジションも良かったが、坂を上がってから疲れた。スタミナ面がもうひとつかな。(夕刊フジ)

★26日東京11R「サンスポ賞フローラS」の着順&払戻金はこちら

【フローラS】マリリンでやった~!横山武が重賞初V 2020年4月27日(月) 04:59

 サンケイスポーツ賞フローラステークスが26日、東京競馬場で17頭によって争われ、4番人気のウインマリリンが好位から抜け出し、鞍上の横山武史騎手(21)=美・鈴木伸=とともに重賞初制覇を飾った。2番人気でクビ差2着のホウオウピースフルまでがオークス(5月24日、東京、GI、芝2400メートル)の優先出走権を獲得。1番人気スカイグルーヴは5着に敗れた。

 ◇

 無観客でも、重賞初Vの重みに変わりはなかった。4年目の横山武騎手がウインマリリンでV。オークス切符をつかみ取り、ガッツポーズだ。

 「どんなレースでも勝つのはうれしいですが、重賞はよりいっそううれしいです」。17度の重賞挑戦で3着が最高だったが、騎乗フォームの改造など努力が実った。絶好の(3)番枠を生かして先行。1000メートル通過が58秒6の速い流れにも、4番手のインで対応した。

 「理想は逃げ馬の後ろでしたが、そこは(父の横山)典弘騎手に取られてしまったので。それでもいい位置で競馬ができたし、手応えが良かったのでペースは気にしなくていいかと」。直線では馬の間を割って先頭へ。強風で砂ぼこりが舞い、残り300メートル付近でムチを落としたが、懸命に追って後続を振り切った。

 「(ムチの落下は)恥ずかしいですが、馬の力で勝てました。人の指示に従う馬なので、距離は延びても大丈夫」と意欲を見せた。厩舎からマルターズディオサインターミッションなどに続くオークス出走候補に、手塚調教師は「うちにはいい3歳牝馬が多いけど、その中でも遜色ないと思っていた。2400メートルになるのは、もっといい」と自信をのぞかせる。

 GIは昨年の日本ダービーリオンリオン15着)に騎乗している横山武騎手だが、「あのときは(騎乗停止の父の)代打で騎乗。今回は自分で権利を取ったので、より気を引き締めて臨みたい」。この日は10R(13番人気)、11R(4番人気)、12R(12番人気)と怒濤の3連勝で締めた。新時代を担うホープが、ウインマリリンとともにオークスで新風を吹き込む。(柴田章利)

ウインマリリン 父スクリーンヒーロー、母コスモチェーロ、母の父フサイチペガサス。栗毛の牝3歳。美浦・手塚貴久厩舎所属。北海道新冠町・コスモヴューファームの生産馬。馬主は(株)ウイン。戦績4戦3勝。獲得賞金7162万9000円。重賞は初勝利。サンスポ賞フローラS手塚貴久調教師、横山武史騎手ともに初勝利。馬名は「冠名+女性名」。

横山武史(よこやま・たけし) 1998(平成10)年12月22日生まれ、21歳。茨城県出身。2017年3月にデビュー。同年13勝、18年に35勝、19年には54勝と着実に勝ち星を伸ばしている。今年は25勝で関東リーディングトップ(短期免許が終了し、帰国したマーフィーの27勝を除く)。横山典弘騎手の三男で、長兄は横山和生騎手。祖父は横山富雄元騎手。JRA通算127勝(26日現在)。

★26日東京11R「サンスポ賞フローラS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【フローラS】5着グルーヴ伸び切れず… 2020年4月27日(月) 04:57

 1番人気のスカイグルーヴは5着。中団の前めから残り300メートルまで馬なりで先団を射程に入れていたが、追われてから伸び切れなかった。

 「折り合いがつき、ポジションも良く行けたけど、直線で坂を上がってから疲れてしまった。スタミナの面でもうひとつなのかも」とルメール騎手。新馬戦で勝っている舞台だが、初めて経験したハイペースが影響したのかしれない。

★26日東京11R「サンスポ賞フローラS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【フローラS】フアナ3着で樫切符獲得ならず ヒューイットソン「直線で詰まったのは自分のミス」 2020年4月26日() 20:01

 4月26日の東京11Rで行われた第55回サンケイスポーツ賞フローラステークス(GII、3歳オープン、芝2000メートル、牝馬、17頭立て、1着賞金=5200万円)は、横山武史騎手騎乗の4番人気ウインマリリン(美浦・手塚貴久厩舎)が重賞初制覇。タイムは1分58秒7(良)。



 3月に未勝利戦を勝利したばかりのフアナは、16番の外枠からスタートするとすぐに内に入れて後方を追走。直線、鞍上の豪快なアクションに応えて懸命に脚を伸ばすもクビ+クビ差届かず悔しい3着。1、2着馬に与えられるオークスの優先出走権を逃がした。



 L.ヒューイットソン騎手「ゲートを普通に出て、スカイグルーヴを見ながら進めました。直線で詰まったのは自分のミス。差し切れていたかもしれないので痛恨でした。ただ、馬は進化しているし、今後が楽しみ」



★【フローラS】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【フローラS】良血スカイグルーヴは伸びを欠き5着 ルメール「スタミナ面がもうひとつなのかも」 2020年4月26日() 19:59

 4月26日の東京11Rで行われた第55回サンケイスポーツ賞フローラステークス(GII、3歳オープン、芝2000メートル、牝馬、17頭立て、1着賞金=5200万円)は、横山武史騎手騎乗の4番人気ウインマリリン(美浦・手塚貴久厩舎)が重賞初制覇。タイムは1分58秒7(良)。



 會祖母が1996年のオークスエアグルーヴの良血スカイグルーヴは、1番人気の支持に応えられず5着。道中は中団の位置につけると直線、満を持して追い上げを開始するも伸びを欠いてしまった。



 C.ルメール騎手「折り合いがついて、ポジションも良く、いいレースができましたが、坂を上がってから疲れてしまい、伸び切れませんでした。スタミナ面がもうひとつなのかもしれません」



★【フローラS】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【フローラS】ウインマリリンが混戦を制して樫の切符を獲得!横山武騎手は嬉しい重賞初制覇! 2020年4月26日() 16:06

 4月26日の東京11Rで行われた第55回サンケイスポーツ賞フローラステークス(GII、3歳オープン、芝2000メートル、牝馬、17頭立て、1着賞金=5200万円)は、横山武史騎手騎乗の4番人気ウインマリリン(美浦・手塚貴久厩舎)が好位の内から直線抜け出し、そのまま後続を寄せ付けず勝利。タイムは1分58秒7(良)。横山武史騎手は嬉しい重賞初制覇を飾った。



 クビ馬差の2着には中団から馬群を捌いて抜け出したホウオウピースフル(2番人気)、さらにクビ馬差3着に後方待機から直線外から追い込んだフアナ(5番人気)が入線。1番人気に支持されたスカイグルーヴは5着に敗れた。

 なお、上位2頭がオークス(5月24日、東京競馬場、GI、芝2400メートル、牝馬)の優先出走権を獲得した。



 フローラSを勝ったウインマリリンは、父スクリーンヒーロー、母コスモチェーロ、母の父Fusaichi Pegasusという血統。北海道新冠町・コスモヴューファームの生産馬で、馬主は(株)ウイン。通算成績は4戦3勝。重賞初制覇。フローラSは、管理する手塚貴久調教師、騎乗した横山武史騎手ともに初優勝。



 ◆横山武史騎手(1着 ウインマリリン)「ペースは流れているかなと思いましたが、この馬もいい手応えだったので、気にしなくていいかなと。ダートコースから砂ぼこりが飛んできて、外から差す馬には厳しい状況だったし、前々で残すことができましたね。恥ずかしいことに残り300メートルぐらいでムチを落としてしまいましたが、馬の力で勝てました。指示に柔軟に対応してくれる馬だし、距離が延びても大丈夫だと思います」



★【フローラS】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

スカイグルーヴの関連コラム

閲覧 2,007ビュー コメント 0 ナイス 4



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 サンケイスポーツ賞 フローラステークス 2020年04月26日(日) 東京芝2000m


<ピックアップデータ>

【前走の馬体重別成績(2015年以降)】
○450kg未満 [0-2-0-31](3着内率6.1%)
×450kg以上 [5-3-5-41](3着内率24.1%)

 今年は馬格が明暗を分けそうなメンバー構成。前走の馬体重が450kg未満だった馬は期待を裏切りがちでした。該当馬はたとえ実績上位でも評価を下げるべきでしょう。

主な「○」該当馬→ウインマリリンクロスセルショウナンハレルヤ
主な「×」該当馬→アカノニジュウイチスカイグルーヴレッドルレーヴ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“同年2月以降、かつJRA、かつ1600m以上、かつ1勝クラス以上のレース”において3着以内となった経験がある」馬は2015年以降[5-4-4-24](3着内率35.1%)
主な該当馬→クロスセルレッドルレーヴ

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2020年1月24日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】馬場読みのポイント~今週末は天候悪化の可能性大~
閲覧 991ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は東で京成杯が、西では日経新春杯が行われた。

京成杯は新馬戦を圧勝した牝馬スカイグルーヴに注目が集まったが、そのスカイグルーヴを差し切ったのは同じ1戦1勝のクリスタルブラック。道中は後方待機策となったが、直線鋭く伸びて差し切り勝ち。スローペースになったことでキャリアよりも決め手が生きた形だが、現状はまだ粗削りな面があり派手なパフォーマンスの一方で課題も多そうだ。このあとは皐月賞へ直行となるようだが、キャリアの浅さや多頭数競馬をどう克服するか。恐らく目標はダービーとなるだろうし、現時点では危険な人気馬になる予感がする。

一方、日経新春杯はまだ条件馬の身ながら強気に参戦してきたモズベッロが、直線鮮やかに抜け出して勝利。最後は後続に2馬身半差をつける完勝だった。今回はG2としてはかなり手薄な相手関係や内枠、またハンデに恵まれた面もあり大一番で戦うには課題も多いだろうが、明け4歳ということでさらなる成長に期待したい。


~決め打ちがハマった開幕週の愛知杯

さて、たまには馬券の話を。先週の当コラムで、「開幕週は特に馬場傾向の読みが重要となる」というお話をしたが、その開幕週となった小倉競馬の初日に行われた愛知杯は、馬場読みと展開読みが見事にハマってくれた。

当日の小倉競馬場では昼前から雨が降り始めたが、前半の競馬を見ても極端ではないにせよインの馬場状態が良く、ひと雨程度で極端に変化する状況ではなかった。そこで狙ったのは愛知杯の◎アルメリアブルーム。6番枠と内寄りの絶好枠で、上手く脚を溜められるという判断だった。

レースでは◎アルメリアブルームが上手くインで溜めて伸びて来た。穴で2列目に組み込んでいた5番枠デンコウアンジュ、さらに押さえで入れていた3番枠の11番人気レイホーロマンスが突っ込んで来てくれたおかげで、3連複は9万馬券。年明けから小さな的中こそあれどもイマイチ爆発しない状況が続いていたが、ようやく2020年最初のホームランとなった。



小回りのローカル競馬で多頭数ともなれば、ちょっとしたことで能力が無意味になるようなバイアスが生じる。今回の愛知杯はまさにそういった結果で、馬群を捌ける差し馬が上位を独占した。

ちなみに馬場を読む上での目安になるのは、ひとつは同じ芝レースの結果や伸びどころを見ること。これは当然として、もう一つは芝の塊がどれだけ飛び散っているかが目安になる。冬の小倉初日でいえば、一昨年の最初の芝レースと今年の最初の芝レースを見比べると、今年の方が特に4コーナーでの芝の塊の飛び散る量が多いように見て取れた。そう考えると同じイン有利でも一昨年は超イン有利、今年はややイン有利くらいだったのは納得の結果だ。先週、そして今週の雨の影響があれば2週目以降の小倉芝はむしろタフな差し馬場になる可能性がある。

いずれにしても、特にローカル競馬において馬場を読むことの重要性が伝われば幸いである。

~今の馬場なら田辺スタイルがハマりそうなニシノデイジー

さて、今週末は東西でG1へと続くG2レースが行われる。

東海ステークスは昨年の覇者でフェブラリーSも制したインティが連覇を目指して出走してくる。もっともその他にもなかなかのメンバーが揃った印象だ。一応能力上位はインティだろうが、今開催の京都ダートは週によってかなり傾向が異なっており、今週末のダートの傾向をまずは見たい。具体的には2週目の3日間開催の1~2日は極端に外が良く、先週末に関しては京都らしく先行インも残る馬場になっていた。今週末はどのような馬場になるか? 現状雨予報も出ており、いつも以上に馬場には注意を払いたい。

一方東のAJCCは、凱旋門賞以来となるブラストワンピース、この路線の常連といえるミッキースワローステイフーリッシュなどが出走する。こちらの注目はニシノデイジー。今回は田辺騎手が初騎乗となるが、本馬に関していえば結果こそ出ていないが中山は合うはずで、週末の雨予報で馬場が悪化すればいわゆる”田辺流”の追い出しを待つスタイルがハマるのではないか。出して行くような指示が出ていると良くないが、田辺スタイルで自由に乗ることができるようなら、近走のうっ憤を晴らす走りを見ることができそうだ。

いずれにしても今週末はかなり天気が悪くなりそうなので、小倉も含めて3場の天気&馬場状態について、いつも以上に気に掛けておきたい。


※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2020年1月17日(金) 14:00 ター坊
【TAROの競馬研究室】年明けから1枠が大活躍/開幕週のルーティン
閲覧 1,380ビュー コメント 0 ナイス 2

3日間開催となった先週の中央競馬は3歳限定のマイル重賞が東西で行われ、シンザン記念サンクテュエールが、フェアリーSスマイルカナが勝利。ともに最内枠を生かしての立ち回り戦を制し、断然人気に支持されたルーツドールアヌラーダプラはともに掲示板にすら載れない惨敗となった。

中山金杯でも最内枠のテリトーリアルが波乱を演出したように、東西の重賞で年明けから内枠勢の活躍が目立っている。昨年秋以降概ね天候に恵まれ、暖冬傾向により雪による馬場の悪化もないことが背景にありそうだが、いずれにしても今後も現状の馬場が続くようならば、内枠勢には注意を払う必要がありそうだ。

それともう一つ、無敗の断然人気馬の惨敗は忘れないでおきたい。というのも今週末の京成杯には、やはり1戦1勝で未知の魅力に溢れるスカイグルーヴが人気を集め出走する。果たして引き続き危険な人気馬となるのか、あるいは今度こそ期待に応えるのか。スカイグルーヴ自身の新馬戦は文句なしの好内容だっただけに、今後のクラシックを占う上でも注目したい。


~注目したい小倉芝の傾向

さて、今週末は前述の京成杯に加えて、土曜日には小倉開催となる愛知杯が、日曜日には日経新春杯が行われる。ともに馬券的にはなかなか面白そうな一戦だ。

愛知杯は、小倉の開幕週での施行となる。変則開催で1月の小倉は久々だが、冬場の小倉の開幕週はかなり極端な傾向が出るケースがある。顕著だったのは一昨年の小倉開催で、開幕日の土曜日はインが断然有利だった。

2018年の2月10日(土)、この日に小倉芝では7レースが行われたが、実に1~2枠の馬が7レース中4勝の大活躍。下記の通り、明らかに内枠に偏りが出ていた。

1~2枠 (4-3-5-13) 複勝率 48.0%
3~8枠 (3-4-1-79) 複勝率 9.2%

実はこの傾向を期待して昨年の小倉開幕週に臨んだのだが、昨年の同日は1~2枠の馬が全7レース中2勝のみ、レースを観ていても前年とは異なり外からの伸びも見られていた。

開幕週は特に馬場傾向の読みが重要となるので、今回のみならず芝レースの傾向チェックはルーティンとして行っておきたい。明日、土曜日の小倉では3・4・5レースに芝が組まれている。

一方、日経新春杯はハンデ重賞ながら昨年はグローリーヴェイズがココで重賞初制覇を飾り、天皇賞(春)2着、暮れの香港ヴァーズ1着と飛躍したほか、3年前にも後のG1馬ミッキーロケットが初の重賞制覇を飾っている注目の一戦。今年はやや手薄な印象もあるが、馬券的には面白そうだ。

現時点での注目はモズベッロ。前走は内断然有利の中山の馬場で、しかもレースは完全な逃げ先行の立ち回り戦だった。その中でしぶとく伸びて来たモズベッロの伸びは目立っていただけに、得意の京都外回りに戻り、52キロならば重賞でも侮れないとみている。

同じレースに出走していたマスターコードも、前走は伸び切れなかったが中山よりは京都外回り向き。立ち回り次第ではチャンスがあるかもしれない。

※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2019年12月6日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】2歳G1のポイント/阪神JFは来春を見据える重要な一戦
閲覧 1,489ビュー コメント 0 ナイス 3

チャンピオンズカップは、無敗のクリソベリルが馬群を割って抜け出し、見事に古馬を一蹴した。”ポイントは展開”と先週の当コラムで書いたが、インティが内枠を引いたことによりスンナリ隊列が決まりスローペース。結果として力のある好位勢が順当に上位を占めた。

ダート競馬は基本的に先行有利。実際、ダートのチャンピオンと言われる馬の大半は先行馬で、だからこそ今回のように一線級が集い、かつペースが落ち着けば波乱の可能性は低くなる。

もっとも、この結果が東京大賞典にまで結びつくかは微妙なところ。勝ったクリソベリルは早々に回避が発表されたが、2着以下の馬たちの着順も次走で入れ替わる可能性は十分にある。その中でも4着チュウワウィザード、6着オメガパフュームの巻き返しには大いに注目したい。ともに今回は脚を余した印象が強く、大井のダート2000mの方が力を発揮できるだろう。


~2歳G1のポイントは人気=実力とならないこと

さて、今週末は阪神ジュベナイルフィリーズ(以下、阪神JF)。ココから年末まで、有馬記念を除く3つのJRA・G1はすべて2歳戦となるので、今回は2歳戦のポイントも含めて展望していきたい。

2歳G1というとキャリアの浅い馬たちの争いになるため、馬券的には敬遠されがちだ。よくわからないから…という理由で買わないという選択も確かにアリだが、少々それではもったいないと考えている。

というのも、キャリアが浅いからこそ、能力=人気とはならないケースが多々あるためだ。本来なら力のある馬でも何らかの事情により人気にならないことも多く、もしその馬の能力を見抜くことができれば、本来なら強い馬を人気薄で買えるという古馬戦ではなかなか見られないシチュエーションが訪れる。

例えばもう10年前になるが3冠牝馬のアパパネ阪神JFを制しているが、人気は2番目だった。では、当時の1番人気馬は? と問われて、即答できるファンはなかなかいないだろう。答えは、シンメイフジ。その後の成績を見れば明らかにアパパネの方が能力上位だったが、新潟2歳Sの派手なパフォーマンスが評価され、ファンの期待が大きかったのはシンメイフジの方だった。

こんな話を書くと、今年の上位人気勢はあまりアテにならないのかと思われそうだが、今週に関していえば無敗のリアアメリアウーマンズハートを筆頭に粒揃いの好メンバーが揃った印象が強く、波乱の可能性は低いように思う。そもそも、当レースは出走メンバーのレベルが高ければ波乱度は下がる。過去5年で見ても、6番人気以下で馬券に絡んだのは2015年のウインファビュラスただ一頭。近年は牝馬のレベルが上がっている上に外回りコースでの一戦だけに、伏兵馬が突如として走るケースは多くない。

ただ、リアアメリアウーマンズハートはほぼ互角。新馬戦の勝ちっぷりでいえばむしろウーマンズハートの方が上と言える内容で、リアアメリアの方が引き離して1番人気になるとすれば、この2頭の優劣は少なくとも人気ほどの差はないので、妙味はウーマンズハートということになる。

基本的には穴を探すレースではないとはいえ、人気薄の中で注目馬を挙げるならばロータスランドには可能性を感じる。初戦の内容からもレースセンスが高く、前走は1400mで敗れたがマイル向きの印象が強い。上手く先行できれば、一発があるかもしれない。

いずれにしても素質馬が多い今年の2歳牝馬戦線。今回のメンバーに加えて、出走して来なかったが素質的には互角以上のアヌラーダプラ、さらには1戦1勝のスカイグルーヴあたりが順調に成長して来春を迎えれば、クラシック戦線が楽しみになる。クラシックを見据える意味でも注目したい一戦だ。

阪神JFの結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2019年10月2日(水) 11:32 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2019) ~第9回注目馬ランキング100の近況~
閲覧 2,463ビュー コメント 0 ナイス 4

9月中旬から10月中旬の間に施行されるJRAの2歳限定重賞は、今週末10月5日のサウジアラビアロイヤルカップ(2歳G3・東京芝1600m)のみ。大量のポイントを獲得するのは難しく、順位が変動しにくい時期です。ただ、10月下旬以降は10月26日のアルテミスステークス(2歳G3・東京芝1600m)を皮切りとして毎週のように2歳限定重賞が施行されます。そもそも、年末の2歳G1を狙うならばさすがに勝ち上がっていないと厳しいタイミングですし、年明け以降のビッグレースに照準を合わせているような馬も、そろそろデビューや勝ち上がりの目途をつけてほしいところ。将来的な順位を左右するような争いが水面下で繰り広げられる、地味ながらも重要なシーズンと言えるでしょう。

 今回は注目POG馬ランキング(2019/10/01 16:00更新)の上位100頭を対象として、各馬の近況をまとめてみました。10月下旬以降の重賞戦線に向けた現状分析や、今後の入札を検討するうえでの参考資料としてご活躍ください。

 既に勝ち上がりを果たしている馬は34頭。ちなみに、注目POG馬ランキング40位以内の馬に限ると、過半数の21頭が勝ち上がっています。スペシャル以外のワールドでは引き続き仮想オーナー募集枠が順次開放されるものの、これらの馬は激しい争奪戦になることを覚悟しておかなければなりません。

●1位 アブソルティスモ(ラドラーダの2017) 2戦1勝
●3位 リアアメリア(リアアントニアの2017) 1戦1勝
●4位 ブルトガング(タピッツフライの2017) 1戦1勝
●5位 ラインベックアパパネの2017) 2戦2勝
●6位 サリオス(サロミナの2017) 1戦1勝
●13位 ポタジェ(ジンジャーパンチの2017) 1戦1勝
●15位 モーベットアイムユアーズの2017) 2戦1勝
●17位 ヴェルトライゼンデ(マンデラの2017) 1戦1勝
●18位 マイラプソディ(テディーズプロミスの2017) 2戦2勝
●19位 ワーケア(チェリーコレクトの2017) 1戦1勝
●20位 アルジャンナ(コンドコマンドの2017) 1戦1勝
●21位 カトゥルスフェリス(ステファニーズキトゥンの2017) 1戦1勝
●22位 ビアンフェ(ルシュクルの2017) 3戦2勝
●23位 ジュンライトボルト(スペシャルグルーヴの2017) 2戦1勝
●25位 ライティア(シンハリーズの2017) 1戦1勝
●27位 エカテリンブルク(ファイナルスコアの2017) 1戦1勝
●28位 ギルデッドミラー(タイタンクイーンの2017) 2戦1勝
●31位 アルファウェーブ(Wavebandの2017) 3戦1勝
●35位 タイセイビジョン(ソムニアの2017) 2戦1勝
●36位 サクセッション(アディクティドの2017) 2戦2勝
●38位 ミッキーメテオ(メテオーリカの2017) 1戦1勝
●43位 フェアレストアイル(スターアイルの2017) 1戦1勝
●44位 サトノゴールド(マイジェンの2017) 2戦1勝
●57位 ウーマンズハート(レディオブパーシャの2017) 2戦2勝
●61位 ゴルコンダ(ゴレラの2017) 3戦1勝
●62位 オーソリティ(ロザリンドの2017) 2戦2勝
●69位 ホウオウピースフル(ツルマルワンピースの2017) 1戦1勝
●70位 アルムブラスト(ヴァンフレーシュの2017) 3戦2勝
●72位 レッドヴェイパー(レジェンドトレイルの2017) 2戦1勝
●74位 サンクテュエール(ヒルダズパッションの2017) 1戦1勝
●80位 レッドベルジュール(レッドファンタジアの2017) 1戦1勝
●87位 ブルーミングスカイブルーミンバーの2017) 2戦1勝
●91位 レインカルナティオ(リビングプルーフの2017) 3戦1勝
●93位 ダーリントンホール(Miss Kentonの2017) 2戦1勝

 デビュー済み、かつ未勝利の馬は23頭。こちらも新馬や未勝利で惜敗したことのある馬はそれなりに人気を集めそうですが、勝ち上がりを果たした馬よりは指名しやすいはずです。獲得のチャンスがありそうな素質馬を見逃さないよう、これまでのレースぶりや人気の度合いをひと通りチェックしておきましょう。

●7位 リメンバーメモリー(フィオドラの2017) 3戦0勝
●9位 シルヴェリオ(シルヴァースカヤの2017) 2戦0勝
●26位 レーヴドゥロワレーヴディソールの2017) 1戦0勝
●34位 クロスキー(リッチダンサーの2017) 1戦0勝
●37位 アドマイヤミモザ(キラモサの2017) 1戦0勝
●39位 ゴールドティア(ヒストリックスターの2017) 1戦0勝
●41位 バトーデュシエル(エルダンジュの2017) 1戦0勝
●42位 ヴェルテックスシーイズトウショウの2017) 1戦0勝
●45位 ミレニアムクロス(アドマイヤテレサの2017) 1戦0勝
●50位 ヴィクターバローズ(モスカートローザの2017) 2戦0勝
●53位 チェルヴィーノ(スネガエクスプレスの2017) 1戦0勝
●55位 ルリアン(フレンチバレリーナの2017) 1戦0勝
●58位 ロジアイリッシュ(クイーンビー2の2017) 3戦0勝
●59位 アブルハウル(Kitten's Dumplingsの2017) 1戦0勝
●63位 セントオブゴールド(キューティゴールドの2017) 1戦0勝
●66位 ファートゥアアロマティコの2017) 3戦0勝
●76位 エレガントチャーム(オリエントチャームの2017) 1戦0勝
●78位 レッドブロンクス(レッドソンブレロの2017) 3戦0勝
●83位 ラヴィンフォール(クロフォードの2017) 1戦0勝
●84位 アンティシペイト(アンチュラスの2017) 2戦0勝
●89位 アイアンバローズ(パレスルーマーの2017) 1戦0勝
●97位 マイルポスト(アンプレヴーの2017) 2戦0勝
●99位 キングサーガ(ディアマイベイビーの2017) 1戦0勝

 残る43頭は現時点で未出走。ただし、JRA-VANによると下記の20頭は10月1日時点で入厩済みとなっていました。おそらく近日中にデビューする予定でしょうし、これから「ウマニティPOG」に参加する方や、手持ちのPOGポイントにあまり余裕がない方は、まずこのあたりを入札候補として検討するのが得策だと思います。

●2位 リリレフア(リリサイドの2017) 0戦0勝
●8位 サトノエスペランサフサイチパンドラの2017) 0戦0勝
●12位 ディアスティマ(スウィートリーズンの2017) 0戦0勝
●16位 サトノフラッグ(バラダセールの2017) 0戦0勝
●30位 ダブルアンコール(ドナブリーニの2017) 0戦0勝
●40位 ルナシオン(ピラミマの2017) 0戦0勝
●46位 スパングルドスター(スタセリタの2017) 0戦0勝
●47位 カイザーラインアヴェンチュラの2017) 0戦0勝
●54位 クロミナンス(イリュミナンスの2017) 0戦0勝
●60位 オールザワールド(エピックラヴの2017) 0戦0勝
●71位 パイネ(ミスアンコールの2017) 0戦0勝
●73位 ダノングロワール(ソーメニーウェイズの2017) 0戦0勝
●79位 エボカシオン(カルディーンの2017) 0戦0勝
●85位 エブリワンブラック(シュガーハートの2017) 0戦0勝
●86位 レッドルレーヴ(ラストグルーヴの2017) 0戦0勝
●90位 タイミングハート(リッスンの2017) 0戦0勝
●92位 リンドブラッド(ゴールデンドックエーの2017) 0戦0勝
●94位 ストーンリッジ(クロウキャニオンの2017) 0戦0勝
●95位 フィリオアレグロ(ジョコンダ2の2017) 0戦0勝
●100位 ヒュッゲ(ムーンライトダンスの2017) 0戦0勝

 未出走、かつまだ入厩していない注目POG馬ランキング上位馬は下記の通り。一発逆転狙いの指名候補としては魅力的な存在ですが、近況やデビューの目途に関する情報を可能な限りチェックしておきたいところです。

●10位 ルリエーヴル(ライラックスアンドレースの2017) 0戦0勝
●11位 レヴィオーサヴィルシーナの2017) 0戦0勝
●14位 プラトン(ロベルタの2017) 0戦0勝
●24位 リズムオブラヴ(ミュージカルウェイの2017) 0戦0勝
●29位 ファーストフォリオシーザリオの2017) 0戦0勝
●32位 ヴァンタブラック(プチノワールの2017) 0戦0勝
●33位 ゴルトベルク(グルヴェイグの2017) 0戦0勝
●48位 アドマイヤベネラ(ライフフォーセールの2017) 0戦0勝
●49位 ダノンレガーロ(キングスローズの2017) 0戦0勝
●51位 モシーンの2017 0戦0勝
●52位 ヴァーダイト(クリソプレーズの2017) 0戦0勝
●56位 アドマイヤビルゴ(イルーシヴウェーヴの2017) 0戦0勝
●64位 インディアナギャルの2017 0戦0勝
●65位 ラスティングソングの2017 0戦0勝
●67位 ヒメノカリス(ドバイマジェスティの2017) 0戦0勝
●68位 クラヴェルディアデラマドレの2017) 0戦0勝
●75位 シルヴィスラキシスの2017) 0戦0勝
●77位 メジロジェニファーの2017 0戦0勝
●81位 ダーヌビウスドナウブルーの2017) 0戦0勝
●82位 ヒートオンビートマルセリーナの2017) 0戦0勝
●88位 スカイグルーヴアドマイヤセプターの2017) 0戦0勝
●96位 レジネッタの2017 0戦0勝
●98位 アドマイヤヴェラ(コズミックショアの2017) 0戦0勝

 ルリエーヴル(ライラックスアンドレースの2017)は9月の段階で一旦入厩し、ゲート試験に合格。現在はノーザンファームしがらきへ放牧に出ているとのことですが、デビューはそう遠くないと見て良いんじゃないでしょうか。
 プラトン(ロベルタの2017)も一旦は厩舎で調整が進められたものの、晩成血統ということもあり放牧に出された模様。デビューの時期は気になりますが、獲得するならば今がチャンスなのかもしれません。
 リズムオブラヴ(ミュージカルウェイの2017)は残念ながら夏に骨折が判明。デビューはかなり遅れてしまうものと思われます。
 ファーストフォリオシーザリオの2017)は9月のゲート試験に合格して放牧中。態勢が整えば帰厩してきそうです。

 注目POG馬ランキングで101位以下となっている馬の中にも、今後の重賞戦線を賑わせるような馬は必ずいるはず。じっくり検討してみてください。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる血統大全 2019-2020』(ガイドワークス)、『ウルトラ回収率 2019-2020』(ガイドワークス)、『WIN5攻略全書 回収率150%超! "ミスターWIN5"のマインドセット』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全2018秋~2019』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、「ウマニティPOG 2014」では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

スカイグルーヴの口コミ


口コミ一覧
閲覧 72ビュー コメント 0 ナイス 7

毎度のことですが、備忘録として投稿しておきます。


宝塚記念。皆さんはいかがだったでしょうか。
私は、◎が出遅れスタート直後にレース終了w

結構攻めたコメントを記載しましたので、
ど派手に外しておりますが、コロシアムの予想張っておきます。

https://umanity.jp/coliseum/coliseum_view.php?user_id=9a61000ac5&race_id=2020062809030811

函館SSの払戻し46000円に4000円を追加して、5万円ベットして・・・一瞬で溶けました。
上期のプラスを考えれば、必要経費と考えることにしたいと思います。

では、結果一覧です。
エクセルのコピペなので見にくいところがあるかもしれませんがご容赦ください。

2020上期

レース名 本命馬 人気 結果(着) 単勝 複勝
京都金杯 ダイアトニック 2 人気 2 着 単 0 複 210
京成杯 スカイグルーヴ 1 人気 2 着 単 0 複 150
日経新春杯 モズベッロ 2 人気 1 着 単 490 複 210
AJCC ミッキースワロー 2 人気 4 着 単 0 複 0
根岸S ミッキーワイルド 2 人気 11 着 単 0 複 0
シルクロードS ナランフレグ 8 人気 3 着 単 0 複 530
東京新聞杯 レッドヴェイロン 1 人気 9 着 単 0 複 0
きさらぎ賞 アルジャンナ 1 人気 3 着 単 0 複 110
デイリー杯クイーンC アカノニジュウイチ 5 人気 4 着 単 0 複 0
京都牝馬ステークス サウンドキアラ 1 人気 1 着 単 430 複 210
フェブラリーS インティ 2 人気 14 着 単 0 複 0
中山記念 ダノンキングリー 1 人気 1 着 単 250 複 120
阪急杯 ダイアトニック 1 人気 3 着 単 0 複 150
フィリーズレビュー ヤマカツマーメイド 2 人気 2 着 単 0 複 170
阪神大賞典 キセキ 1 人気 8 着 単 0 複 0
高松宮記念 グランアレグリア 2 人気 2 着 単 0 複 210
マーチS スワーヴアラミス 1 人気 1 着 単 270 複 140
大阪杯 ワグネリアン 4 人気 5 着 単 0 複 0
ニュージーランドT シーズンスギフト 5 人気 2 着 単 0 複 230
阪神牝馬S サウンドキアラ 1 人気 1 着 単 320 複 160
桜花賞 ミヤマザクラ 7 人気 5 着 単 0 複 0
アンタレスS ベストタッチダウン 1 人気 14 着 単 0 複 0
皐月賞 サリオス 2 人気 2 着 単 0 複 170
フローラS スカイグルーヴ 1 人気 5 着 単 0 複 0
マイラーズC ヴァンドギャルド 2 人気 3 着 単 0 複 120
青葉賞 オーソリティ 3 人気 1 着 単 430 複 150
スイートピーS L アカノニジュウイチ 4 人気 3 着 単 0 複 230
天皇賞 春 フィエールマン 1 人気 1 着 単 200 複 130
NHKマイル タイセイビジョン 3 人気 4 着 単 0 複 0
ヴィクトリアマイル アーモンドアイ 1 人気 1 着 単 140 複 110
平安S ロードレガリス 1 人気 10 着 単 0 複 0
オークス デアリングタクト 1 人気 1 着 単 160 複 130
ダービー サリオス 2 人気 2 着 単 0 複 140
安田記念 アーモンドアイ 1 人気 2 着 単 0 複 110
マーメイドS サマーセント 7 人気 1 着 単 1470 複 430
エプソムC ピースワンパラディ 1 人気 7 着 単 0 複 0
函館SS ジョーマンデリン 3 人気 3 着 単 0 複 230
ユニコーンS カフェファラオ 1 人気 1 着 単 200 複 120
宝塚記念 グローリーヴェイズ 5 人気 16 着 単 複

的中率は64%
単勝回収率112%
複勝回収率120%

京成杯はワイド1点買いで1000%
◎が圧倒的人気のアーモンドアイだったヴィクトリアマイルと安田記念も
3連複できっちり仕留めて大幅プラスを回収していますので、
見た目ほど地味な回収でもなかったのが救いです。

単勝回収率150%を目指す買い方もできるのですが、どうしても的中率が下がります。
逆に、的中率を80%にあげると回収率が下がります。

上期は転がしで利殖を試みていた関係で、連敗が少なく複勝回収率が110%以上を
着実に確保することを目標に掲げていましたので、
ノルマは達成できたかと思います。コロガシの場合は馬場が読めていることや、
得意の競馬場であることなどの要素が合致した場合にのみ勝負しています。

上期これ以上の結果を出されている方もいらっしゃることと思いますが、
瞬間風速でなく、プラス収支を継続し続けることが難しいのです。
何度も方針変更の誘惑にも駆られました。


一定期間で区切って100%を超え続けることは、想定以上に難しいことです。
振り返ることが嫌になるくらいの結果が表面化するので、
この手の投稿はほとんど見かけないと思います。


これ以前の結果は前回の日記でご確認いただけます。
https://umanity.jp/home/view_diary.php?id=14b7ef5625&owner_id=9a61000ac5

(かなりの長文なので、ご容赦ください)


気が向いたら下期も継続するかも・・・謎

 正義の魂 2020年6月14日() 00:09
単勝厳選1頭 2020年6月14日(日)
閲覧 58ビュー コメント 0 ナイス 1

東京5R 2歳新馬

6枠8番 レガトゥス

一つ上の姉スカイグルーヴが、
新馬戦を圧勝した。

おそらくレガトゥスも、
強いレースをしてくれるであろう。

[もっと見る]

 ForeignerX 2020年6月6日() 22:16
2020/06/07(日) 2歳戦の調教で気になる馬+α
閲覧 153ビュー コメント 0 ナイス 4

※当方大穴党のためよっぽどのことが無い限り人気馬よりも穴馬にしては調教がいい馬を優先します。
※予想にのる(馬券を買う)場合は自己責任で。

東京6R 2歳新馬 ☆オオシマサフィール☆
東京5R 2歳新馬 モンキーポッド
京都5R 2歳新馬 テーオードナテロ

+α
阪神12R 3歳上1勝C オヌシナニモノ
東京11R 安田記念   アドマイヤマーズ
東京3R  3歳未勝利  フィーバス 
阪神2R  3歳未勝利  メイショウセイフウ


東京6R 2歳新馬 メイクデビュー 芝1400m

☆9番 オオシマサフィール☆

実は怪物かも(全然違ったらごめんなさい)。
現2歳馬において平地・坂路共別格級に調教が良くとりあえず☆マークをつけてみた次第。
4月中には美浦坂路4F58秒台計時やゲート試験合格、5月13日には坂路4F53.0計時とそもそも2歳馬の中で最も調整が順調な馬だった一頭。それ以降もウッドで好時計をマークする等トントン拍子で調整が進められていてこの時点で本命に近かったが・・・、
最終追切美浦坂路4F「51.3-37.6-24.9-12.8」
衝撃。2歳の6月でこれは・・・。
衝撃に至った理由はもう一つ。現3歳を含めたエピファネイア産駒のほとんどが坂路で速い時計を出せない。デアリングタクトであれば出そうと思えば出せるのかもしれないが、シーズンズギフトやメイショウボサツ、スカイグルーヴ等も速い時計は出せていない。
ここまで平均的に速いスピードが出せる馬は珍しく、本当に怪物なのかもしれないし、そうでなくても産駒では珍しいスプリンターなのかもしれない。(近親にカルストンライトオがいるような血統なので)
いずれにせよニュータイプ。走ってもらわないとどちらが本当なのかは分からないがとりあえずここは突破してもらいたい。
この馬以外のメンバーは全体的に粒揃いでヒモを選ぶのは難しい。単勝勝負で。



東京5R 2歳新馬 メイクデビュー 芝1600m

1番 モンキーポッド

普通はサトノレイナスとヨウコウザクラ(と、アップリバーもなかなか)でいいが、1と2番人気だと思うのでもう一頭。
先週5月27日の美浦南ウッドは本来比較的終いが出にくい馬場だった。(サトノレイナスやヨウコウザクラはその点数字以上の価値がある)
内々を回ってだが2歳のこの時期に「助手が乗って」美浦南ウッドを5F65.8、終いも12.5でまとられめたのはそれなりに評価出来ると思う。
人気が出ないならヒモに入れておくのも手かと。
自分は思い切って軸に据えてワイド、馬連でサトノレイナス・ヨウコウザクラへ流そうと思います。ワイドだけアップリバーにも。



阪神5R 2歳新馬 メイクデビュー 芝1600m

9番 テーオードナテロ

調教だけ、という観点で1頭選ぶならカスティーリャやアスコルターレよりもパイロ産駒のテーオードナテロ。
目立つのは5月28日の栗東坂路。助手を乗せてそれなりの全体タイム(53.0)で加速ラップを踏めている。好感。現時点の2歳馬ベスト坂路調教3傑を選ぶとしたら入れて良さそうな内容。(残る2頭はオオシマサフィールとインヴァリアンス)
それ以外でも時計を出している際は加速ラップを踏めていることが多く、ちゃんと追えば反応しそうという点も良い。
不安点はやはり芝という点だが、パイロ産駒阪神芝1400mは複勝率が18%、全く走らないというほどではない。人気しないようならヒモで一考しても?今回凡走してもダート替わりの際は勿論即買い。



+α①
阪神12R 3歳以上1勝クラス ダート1400m

12番 オヌシナニモノ

最終追い切りが際立って良い(栗東坂路を馬なりで52.2-37.4-24.2-12.0)。恐らく1番人気だが逆らえない。



+α②
東京11R 安田記念 芝1600m

9番 アドマイヤマーズ

5月7日、5月14日、5月21日、5月27日、5月31日、6月3日。これら全ての調教内容が良くてべた褒めしたい。よくぞここまで成長しました!G1馬のダイワメジャー産駒は早枯れの例が多いのを気にしていたのが申し訳なくなる。このスーパー激強メンバーなので調教通りにいくかは不明だが、どれくらいやれるかという点では本当に楽しみ。


+α③
東京3R 3歳未勝利 ダート1400m

12番 フィーバス

直線でレースをやめる面があって精神面に問題がある馬だが、この中間に坂路自己ベストを2.8秒も更新。精神面が大きく良化した可能性がある。
元々未勝利突破は見込める程度の脚力はある馬で、好走を警戒。


+α④
阪神2R 3歳未勝利 芝1600m

12番 メイショウセイフウ

時計は全く目立たないし強度も強くない。のだが。
注目すべきは入厩以降全体60秒未満の坂路を8本消化するというかなーーーーーーーり入念な調整。
非常に意図を感じる中間で、ヒモに入れてみるのも一考。

[もっと見る]

⇒もっと見る

スカイグルーヴの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

スカイグルーヴの写真

スカイグルーヴ
スカイグルーヴ

スカイグルーヴの厩舎情報 VIP

2020年4月26日サンスポ賞フローラS G25着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

スカイグルーヴの取材メモ VIP

2020年4月26日 サンスポ賞フローラS G2 5着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。