会員登録はこちら
アルテミスステークス G3   日程:2019年10月26日() 15:45 東京/芝1600m

レース結果

アルテミスステークス G3

2019年10月26日() 東京/芝1600m/9頭

本賞金:2,900万 1,200万 730万 440万 290万


レコード:1分32秒7
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 8 9

リアアメリア

牝2 54.0 川田将雅  中内田充 482(+20) 1.34.3 1.3 1
2 8 8

サンクテュエール

牝2 54.0 C.ルメー  藤沢和雄 454(+12) 1.34.4 3/4 5.2 2
3 5 5

ビッククインバイオ

牝2 54.0 大野拓弥  牧光二 476(-2) 1.34.5 1/2 23.5 5
ラップタイム 12.8 - 11.5 - 12.0 - 12.1 - 12.2 - 11.4 - 11.0 - 11.3
前半 12.8 - 24.3 - 36.3 - 48.4 - 60.6
後半 58.0 - 45.9 - 33.7 - 22.3 - 11.3

■払戻金

単勝 9 130円 1番人気
複勝 9 110円 1番人気
8 110円 2番人気
5 170円 5番人気
枠連 8-8 260円 1番人気
馬連 8-9 260円 1番人気
ワイド 8-9 140円 1番人気
5-9 320円 4番人気
5-8 580円 8番人気
馬単 9-8 300円 1番人気
3連複 5-8-9 990円 4番人気
3連単 9-8-5 2,020円 5番人気

アルテミスステークスのニュース&コラム

【アルテミスS】レースを終えて…関係者談話
 ◆ルメール騎手(サンクテュエール2着)「最後まで一生懸命に走ってくれたが、勝ち馬の目標にもなったので…」 ◆大野騎手(ビッククインバイオ3着)「状態は上がっていた。前半で少し力んでいたが、直線はいい反応を見せて頑張ってくれた」 ◆M・デムーロ騎手(ラインオブダンス4着)「いい位置で競馬ができたが、思ったほど伸びなかった」 ◆石橋騎手(オータムレッド5着)「いい位置に収まり、左回りも1600メートルも上手にこなせた。直線も一生懸命に走ってくれた」 ◆池添騎手(ルーチェデラヴィタ6着)「スタートがよくなく、その後に挟まれた」★26日東京11R「アルテミスS」の着順&払戻金はこちら
2019年10月27日() 05:05

 370

【アルテミスS】アーモンド級!リアアメリア衝撃V
 アルテミスS(芝1600メートル)が26日、東京競馬場で9頭によって争われ、川田騎乗で圧倒的1番人気に推されたリアアメリアが差し切り勝ち。久々で大幅に馬体重が増え、道中で折り合いを欠きながらも無傷のV2を飾った。次走の阪神JF(12月8日、阪神、GI、芝1600メートル)で2歳女王を狙う。2着は2番人気のサンクテュエールだった。 規格外のニューヒロインが誕生だ。リアアメリアがデビュー2連勝で、来春の桜候補に名乗りを上げた。 「どうしても進みすぎてしまうところがありますが、遅いペースでもよく辛抱できていました。思ったよりも着差(3/4馬身)はつきませんでしたが、現状では十分な競馬ができたと思います」 川田騎手は普段通りのクールな口調で振り返ったが、大きく出遅れた初戦に続いてファンは肝を冷やしたに違いない。体重が20キロ増だったうえに道中は口を割り、頭を上げるなど力みっぱなし。直線に向いてもまだ最後方だったが、残り1ハロンからの右ステッキ3発でアッという間に他馬を抜き去った。ゴール前で流す余裕を見せながら、ラスト3ハロンはレース史上最速の33秒0。完成すればどこまで強くなるのか-。空恐ろしささえ感じさせる勝ちっぷりだった。 中内田調教師は「まだ若くて走りに目いっぱいになるところがありますが、そのうち収まってくるのでは。これからの成長が楽しみです」と将来に思いをはせる。次走はもちろん、2歳女王決定戦の阪神JF。経験のない多頭数の競馬になるはずだが、「違うタスク(課題)が出てきてもこなしてくれれば」と指揮官は信頼を寄せる。昨年のダノンファンタジーに続き、中内田厩舎&川田のディープインパクト牝馬が世代の頂点へ突き進む。 (漆山貴禎)リアアメリア 父ディープインパクト、母リアアントニア、母の父ロックポートハーバー。黒鹿毛の牝2歳。栗東・中内田充正厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)シルクレーシング。戦績2戦2勝。獲得賞金3632万2000円。重賞初勝利。アルテミスSは中内田充正調教師、川田将雅騎手ともに初勝利。馬名は「母名の一部+『愛されるもの』を意味する女性名」。★26日東京11R「アルテミスS」の着順&払戻金はこちら
2019年10月27日() 05:05

 899

【アルテミスS】ディープ娘リアアメリアが無敗の重賞制覇で来春に弾み!
 10月26日の東京11Rで行われた第8回アルテミスステークス(2歳オープン、GIII、芝1600メートル、牝馬、別定、9頭立て、1着賞金=2900万円)は、川田将雅騎手騎乗の1番人気リアアメリア(栗東・中内田充正厩舎)が後方2番手でやや折り合いを欠きながらも、直線に入ると大外からパワフルな伸び脚を発揮、ゴール前は手綱を押さえる余裕の内容で完勝。デビュー戦から連勝で重賞初制覇を果たした。タイムは1分34秒3(良)。 1馬身差の2着にはサンクテュエール(2番人気)、さらにクビ差遅れた3着にビッククインバイオ(5番人気)が続いた。 アルテミスSを勝ったリアアメリアは、父ディープインパクト、母リアアントニア、母の父ロックポートハーバーという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)シルクレーシング。通算成績は2戦2勝。アルテミスSは、中内田充正調教師、川田将雅騎手ともに初優勝。 ◆川田将雅騎手(1着 リアアメリア)「きょうは色々と経験できました。直線、思っていたほど着差がつきませんでしたが、内容としては十分。プラス20キロはすべて成長分ですし、これで次はもっと動きは良くなってくれると思います」★アルテミスS払い戻し確定!! 全着順も掲載
2019年10月26日() 16:18

 657

【アルテミスステークス】入線速報(東京競馬場)
東京11R・アルテミスステークス(4回東京8日目 東京競馬場  芝・左1600m サラ系2歳オープン)は、1番手9番リアアメリア(単勝1.3倍/1番人気)、2番手8番サンクテュエール(単勝5.2倍/2番人気)、3番手5番ビッククインバイオ(単勝23.5倍/5番人気)で入線しています。 想定オッズは以下の通り。 馬連8-9(2.6倍) 馬単9-8(3.0倍) 3連複5-8-9(9.9倍) 3連単9-8-5(20.2倍) 更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2019102605040811 ※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。 (注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)
2019年10月26日() 15:47

 302

アルテミスステークスのニュースをもっと見る >

【アルテミスS】追って一言
 ◆オムニプレゼンス・国枝師 「北村宏(騎手)に乗ってもらって、感触は悪くない。東京替わりもいい」 ◆オータムレッド・石橋騎手 「しまいの感触を確かめる程度。いい反応だったし、楽しみはある」 ◆カイアワセ・星野師 「順調に調整ができた。この相手でどこまで頑張れるか」 ◆サンクテュエール・ルメール騎手 「すごくいい追い切り。新馬では物見をしていたけど、2回目で反応も良くなると思う」 ◆ショウナンハレルヤ・矢野師 「ひ弱な面を残しており強い稽古は控えているが、順調にきている。能力は高い」 ◆ビッククインバイオ・牧師 「仕上がりはいい。逃げにはこだわらないし、流れに乗れれば」 ◆ラインオブダンス・宮内助手 「予定通りの時計。ここ2走が右にモタれて走っていたので、東京の左回りはいい」 ◆ルーチェデラヴィタ・池添騎手 「直線に向いてサッと伸ばす感じ。動き、息遣いともよかった。前走はイレ込んでいたが勝負強かった」★ アルテミスSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年10月24日(木) 05:05

 928

【アルテミスS】リアアメリア、芝ラスト11秒9
 デビュー戦を8馬身差で圧勝したリアアメリアは、約5カ月ぶりの実戦に向けて川田騎手を背に芝コース追い。先週にCWでしっかり追われており、今週は馬なりでもスピード感十分に5ハロン68秒3-11秒9。体もいい意味で大きく見せており、最上級のS評価となった。「今で486キロ(前走時462キロ)。ひと回り大きくなっていい感じに成長しています。初戦のパフォーマンスは素晴らしく、まだまだ伸びしろのある素材。スムーズな競馬なら」と、猿橋助手は自信を隠さない。★ アルテミスSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年10月24日(木) 05:05

 602

プロ予想家の的中情報


アルテミスステークスの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

10月26日 15:44更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv121 
300円 300円
Lv114 
140円 14,000円
Lv114 
990円 9,900円
Lv112 
260円 2,600円
Lv112 
170円 17,000円

的中情報をもっと見る >

アルテミスステークス過去10年の結果

2018年10月27日() 東京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 シェーングランツ 武豊 1:33.7 13.6倍 87.1
2着 ビーチサンバ 藤岡康太 1/2 10.5倍 86.3
3着 エールヴォア 浜中俊 1 1/4 4.3倍 84.8
2017年10月28日() 東京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
2016年10月29日() 東京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

アルテミスステークスのデータ分析とレース傾向

コース図東京芝1600m

2012年に新設された牝馬限定の2歳重賞。関東での阪神ジュベナイルフィリーズへのステップとしては、2009年にアパパネが勝った東京芝1600mの牝馬限定500万特別の赤松賞が定着していたが、現在は本番と適度にレース間隔のあるこのレース経由が主流となっている。過去の連対馬で2勝馬は2013年1着のマーブルカテドラルと2015年2着のメジャーエンブレムの2頭を数えるのみで、中心は1勝馬。2017年はキャリア1戦のラッキーライラックが勝利を収めたが、全体的に見ると前走新馬勝ちは不振で、2戦以上を経験しているほうが望ましい。舞台は力勝負になりやすい東京芝1600mだけに、スピードのみならずマイル以上での勝利経験や牡馬相手での好走歴が重要になってくる。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

アルテミスステークスの歴史と概要


2017年の優勝馬ラッキーライラック

2012年に新設された2歳牝馬限定重賞。第3回(2014年)のココロノアイ、第4回(2015年)のデンコウアンジュ、第5回(2016年)のリスグラシュー、第6回(2017年)のラッキーライラックと、短い歴史のなかで4頭の勝ち馬がのちにG1で馬券圏内に入る好走を見せており、早くも出世レースとして認識されるようになってきている。

歴史と概要をもっと見る >

アルテミスステークスの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年12月7日(
中日新聞杯  G3
2019年12月8日(
カペラステークス  G3
阪神ジュベナイルF  G1

競馬番組表

2019年12月7日(
5回中山3日目
4回中京3日目
5回阪神3日目
2019年12月8日(
5回中山4日目
4回中京4日目
5回阪神4日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 アーモンドアイ 牝4
90,211万円
3 スワーヴリチャード 牡5
89,132万円
4 レイデオロ 牡5
88,155万円
5 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 マカヒキ 牡6
56,210万円
8 キセキ 牡5
52,914万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 サートゥルナーリア 牡3
31,176万円
2 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
3 クロノジェネシス 牝3
26,043万円
4 カレンブーケドール 牝3
25,685万円
5 ダノンキングリー 牡3
25,281万円
6 ダノンファンタジー 牝3
23,621万円
7 ヴェロックス 牡3
21,907万円
8 ラヴズオンリーユー 牝3
19,950万円
9 グランアレグリア 牝3
19,878万円
10 ワールドプレミア 牡3
19,473万円
» もっと見る