ラッキーライラック(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ラッキーライラック
ラッキーライラック
ラッキーライラック
ラッキーライラック
ラッキーライラック
ラッキーライラック
ラッキーライラック
ラッキーライラック
ラッキーライラック
ラッキーライラック
ラッキーライラック
ラッキーライラック
ラッキーライラック
ラッキーライラック
ラッキーライラック
ラッキーライラック
写真一覧
現役 牝5 栗毛 2015年4月3日生
調教師松永幹夫(栗東)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績15戦[6-4-2-3]
総賞金56,552万円
収得賞金27,480万円
英字表記Lucky Lilac
血統 オルフェーヴル
血統 ][ 産駒 ]
ステイゴールド
オリエンタルアート
ライラックスアンドレース
血統 ][ 産駒 ]
Flower Alley
Refinement
兄弟 ラルクライル
前走 2020/04/05 大阪杯 G1
次走予定

ラッキーライラックの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/04/05 阪神 11 大阪杯 G1 芝2000 12554.121** 牝5 55.0 M.デムー松永幹夫520(+2)1.58.4 -0.033.9クロノジェネシス
20/03/01 中山 11 中山記念 G2 芝1800 9773.022** 牝5 55.0 M.デムー松永幹夫518(+11)1.46.6 0.334.2④④④ダノンキングリー
19/12/08 香港 4 香港ヴァーズ G1 芝2400 14--------2** 牝4 55.5 C.スミヨ松永幹夫507(--)2.25.3 0.6----グローリーヴェイズ
19/11/10 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 18125.431** 牝4 56.0 C.スミヨ松永幹夫518(-4)2.14.1 -0.232.8⑦⑧⑧⑧クロコスミア
19/10/14 東京 11 府中牝馬S G2 芝1800 168153.923** 牝4 54.0 石橋脩松永幹夫522(+16)1.44.8 0.334.3⑥④スカーレットカラー
19/05/12 東京 11 ヴィクトリア G1 芝1600 18364.314** 牝4 55.0 石橋脩松永幹夫506(-4)1.30.6 0.133.5⑤⑤ノームコア
19/04/06 阪神 11 阪神牝馬S G2 芝1600 14341.518** 牝4 54.0 石橋脩松永幹夫510(-2)1.33.8 0.233.2⑨⑦ミッキーチャーム
19/02/24 中山 11 中山記念 G2 芝1800 11338.662** 牝4 53.0 石橋脩松永幹夫512(+2)1.45.5 0.034.9ウインブライト
18/10/14 京都 11 秋華賞 G1 芝2000 18477.329** 牝3 55.0 北村友一松永幹夫510(+18)1.59.3 0.834.8⑥⑥⑦⑥アーモンドアイ
18/05/20 東京 11 優駿牝馬 G1 芝2400 18124.123** 牝3 55.0 石橋脩松永幹夫492(+4)2.24.4 0.633.9④⑤④⑤アーモンドアイ
18/04/08 阪神 11 桜花賞 G1 芝1600 18111.812** 牝3 55.0 石橋脩松永幹夫488(-6)1.33.4 0.334.5アーモンドアイ
18/03/03 阪神 11 チューリップ G2 芝1600 10551.811** 牝3 54.0 石橋脩松永幹夫494(+10)1.33.4 -0.333.3マウレア
17/12/10 阪神 11 阪神JF G1 芝1600 186114.121** 牝2 54.0 石橋脩松永幹夫484(-2)1.34.3 -0.133.7⑧⑧リリーノーブル
17/10/28 東京 11 アルテミスS G3 芝1600 157134.421** 牝2 54.0 石橋脩松永幹夫486(+6)1.34.9 -0.134.7サヤカチャン
17/08/20 新潟 5 2歳新馬 芝1600 18484.321** 牝2 54.0 石橋脩松永幹夫480(--)1.36.4 -0.233.1⑤④ラヴァクール

ラッキーライラックの関連ニュース

 桜花賞に向けてクラヴァシュドールが9日、栗東トレセンのCWコースで追い切られた。馬なりの単走で4ハロン50秒9-12秒1と軽めながら、軽快なフットワークを披露。追い切り日を延ばす誤算はあったが、臨戦態勢に問題はない。枠順は〔6〕枠(11)番に決まった。

 朝日を全身に浴びながら、黒光りした体をしならせた。クラヴァシュドールが大一番に向けて上々のリハーサル。CWコースを軽やかに駆けた。

 「調教はとても良かった。フレッシュな感じ。前走を使って、馬がすごくハッピーです。もうすぐ競馬なのを分かっている。楽しみです」

 M・デムーロ騎手が笑顔で切り出した。ゆったりとスタートして、リズムを守りながらゴールを目指す。直線に入ってもも脚取りは乱れず、馬なりでラスト1ハロン12秒1(4ハロン50秒9)。ソフトに仕上げられたが、馬体、気配は申し分ない。

 7日に軽い挫石があり、水曜追いをスライドさせたが、柔らかなフォームを見れば問題があるとは到底、思えない。中内田調教師も「十分。予定していた追い切りができました。状態は良好です」と胸を張る。

 新馬を勝ったあとサウジアラビアRC(GIII)2着、阪神JF(GI)3着、チューリップ賞(GII)2着。コース、流れを問わずに堅実に駆けてきた。前走も接戦の2着で、師は「休み明け、強いメンバー相手に一生懸命走ってくれました。思っていた競馬ができた」と内容に納得している。さらにレースに向けては「競馬に行って上手に走ってくれる。ずっと惜しいレースが続いている。再度、チャレンジですね」と力を込めた。

 午後に発表された枠順は〔6〕枠(11)番で、片山助手は「与えられた枠で競馬をするだけ」とコメント。1勝馬だが、近10年ではアユサン(2013年)、レッツゴードンキ(15年)、ジュエラー(16年)と3頭が優勝しており気後れすることはない。大阪杯ラッキーライラック)に次ぐ、2週連続GI勝ちに闘志を燃やすM・デムーロ騎手の手綱さばきに期待がかかる。(宇恵英志)

桜花賞の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

【東西トレセンけいこ総見】桜花賞 2020年4月9日(木) 04:54

 正木 先週の大阪杯は川端がラッキーライラック、俺がクロノジェネシスと、ここで推奨した牝馬2頭でワンツー! 今週の桜花賞も読者に好調教馬をお届けしたいな。

 川端 自慢話はそのへんで、今週の追い切りですわ。栗東ではレシステンシアの坂路一番時計の動きが飛び抜けていましたが、それは“頭原稿”に任せて、2週連続で松山騎手が騎乗したデアリングタクトの坂路調教はよかったですね。

 正木 馬なりで4ハロン53秒9-12秒6か。

 川端 気分よく真っすぐに力強い登坂。ジョッキーも「先週にあった気負いが今週はかなり解消されていました」と、2週連続で志願の騎乗に好感触を得た様子でした。

 正木 オレはチューリップ賞を快勝してから、栗東に滞在している関東馬マルターズディオサのCW追いがよかった。日を追うごとに環境にも慣れ、バランスよく四肢がよく伸びて掻き込みも鋭い。馬なりで6ハロン82秒2-12秒7の数字以上の切れも感じた。

 片岡 美浦からは、マジックキャッスルが良かった。Wコースで2頭を追いかけて、直線は最内から馬なりで併入。1週前にウッドで5ハロン62秒3の猛時計で今週は余力残しで十分。脚さばきがしなやかで雰囲気はいい。坂路で先着したサンクテュエールシンザン記念V以来でも、久々を感じさせない動き。

 川端 正木さん、もうひと声、ないっすか?

 正木 坂路併せ馬のミヤマザクラは1馬身遅れたが、あくまで前のマジカルスペルを目標に追走しただけ。沈み込むようなフットワークで、余力十分に4ハロン52秒8-12秒0なら時計的にも十分に合格点や。

桜花賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【次は買い】大阪杯4着カデナ 2020年4月6日(月) 10:57

  ★大阪杯・11番人気4着

 《レース》道中はしんがり。直線でスルスルとインを突き、ラスト300メートルあたりで一瞬前が詰まりそうになったが、それでもインをキープして、最後まで上位に迫る目立つ脚勢を見せた。

 《次走ポイント》「いい手応えで良く伸びてくれただけに惜しかった。今週からBコースになってインが伸びていたので、外は回りたくなかった」と、内にこだわった鮫島駿騎手。上がり3F33秒5は最速で、次位のラッキーライラックより0秒4速かった。12キロの馬体増は成長の証しで、2月の小倉大賞典Vも含め6歳にして本格化か。宝塚記念(6月28日、阪神、GI、芝2200メートル)でも楽しめそうだ。 (水谷)

★5日阪神11R【大阪杯】の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

ラッキーライラック一夜明けて 「疲れた感じはないですね」 2020年4月6日(月) 09:36

 大阪杯でGI3勝目を挙げたラッキーライラック(栗・松永幹、牝5)は一夜明けた6日、栗東トレセンの自厩舎で元気な姿をみせた。丸内助手は「きのう、帰ってきてからは『ごはんが食べたい』って感じでした。今朝も確認した歩様は大丈夫で、疲れた感じはないですね」と安どの表情で語った。

 牡馬を蹴散らしてオルフェーヴルとの父子制覇を達成。同助手は「これまで牡馬には勝てなかったけど、香港ヴァーズ(2着)でやれるんだというのが分かった。早くからここが目標だと聞いていたので、いい準備ができました。GI3勝はなかなかできませんからね。2、3歳のときの危うさが抜けて、やっと完成したなという感じ」と目を細めた。次走は未定で近日中に放牧に出る。



★5日阪神11R【大阪杯】の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【大阪杯】ラッキーライラック、牡馬蹴散らしV! 2020年4月6日(月) 05:04

 大阪杯は、2番人気のラッキーライラックが好位から直線で内めをこじ開けて差し切り、GI3勝目をマークした。M・デムーロ騎手の好騎乗で牡馬混合のGIで初勝利を飾り、今後は中距離路線の王道を歩む。2着には4番人気のクロノジェネシス。GI昇格後4年目で牝馬が初勝利を飾り、12頭中2頭だけの牝馬が1、2位を占めた。

 自らの力で勝利の道をこじ開けた。無観客のなかラッキーライラックが馬群から抜け出し、GI3勝目。初めて牡馬混合戦で勝利を飾り、地力強化を高らかにアピールした。

 「GIを勝つのはやっぱりうれしいですね。いい勝ち方。強かった。今回は、仕上がっていたし、集中して走れていましたね」

 前走の中山記念(2着)に次ぐ2回目の騎乗で答えを出したM・デムーロ騎手が胸を張る。抜群のスタートから、ラチ沿いの3番手を確保。前半1000メートルが60秒4というスローな流れのなか、3コーナーでは、一気にペースが上がり、馬群が一団になった。直線では前がなかなか開かなかったが、ラスト1ハロンあたりで一瞬の隙をついて抜け出し、クロノジェネシスを振り切りトップゴールに飛び込んだ。

 「運がよかったですね。手応えは抜群だった」とジョッキーは、昨年のオークスラヴズオンリーユー)以来、約1年ぶりのGI制覇を喜んだ。また大阪杯はGI昇格後4回目だが、2年前のスワーヴリチャードに次ぐ2勝目になった。

 母国イタリアでは、新型コロナウイルスの感染者が10万人を超え、死者も1万人を超えている。この件については「しんどいですね。家族もだし、友達もだし、みんな心配。とにかく頑張ってほしい」とエールを送った。

 ラッキーライラックは2歳時に阪神JFを制したが、同期にアーモンドアイがおり、牝馬3冠は無冠だった。そこで昨秋から中距離にターゲットを絞り、エリザベス女王杯で約1年8カ月ぶりの白星を挙げるなど、再び花を咲かせた。松永幹調教師は「以前なら、馬群をこじ開けるような感じじゃなかった。精神的に強くなりましたね」と目を細める。デビュー時に480キロだった馬体重も520キロまでに成長。心身ともにたくましくなったのは何よりの強みだ。

 今後は未定だが「これぐらいの距離を走らせたいですね」と師は中距離路線の継続を示唆。撃破すべき強敵は多いが、現役最強馬の座がはっきりとみえてきた。 (山口大輝)★5日阪神11R【大阪杯】の着順&払戻金はこちら

★アラカルト

 ◆松永幹夫調教師は、騎手&調教師でV 松永幹調教師は2014年(フラガラッハ6着)に次ぐ、2回目の出走でV。騎手時代は1995年(インターマイウェイ)に勝っており、内藤繁春、池江泰郎、高橋成忠(いずれも元調教師)に続いて4人目の騎手、調教師両方での大阪杯優勝となった。

 ◆M・デムーロ騎手 2018年(スワーヴリチャード)以来、2年ぶり3勝目。JRA・GIは2019年オークスラヴズオンリーユー)以来で通算31勝目。JRA重賞は東京新聞杯プリモシーン)に次ぐ今年3勝目で、通算94勝目。

★入場&売り上げ

 大阪杯の売り上げは、120億1269万7800円で前年比78・8%。2週連続で無観客でGI開催となったが、前年比増(100・4%)だった前週の高松宮記念とは一転した。

ラッキーライラック 父オルフェーヴル、母ライラックスアンドレース、母の父フラワーアリー。栗毛の牝5歳。栗東・松永幹夫厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)サンデーレーシング。戦績15戦6勝(うち海外1戦0勝)。獲得賞金6億2726万4700円(うち海外6174万1700円)。重賞は2017年GIIIアルテミスS、GI阪神ジュベナイルフィリーズ、18年GIIチューリップ賞、19年GIエリザベス女王杯に次いで5勝目。大阪杯松永幹夫調教師が初勝利。ミルコ・デムーロ騎手は04年ネオユニヴァース、18年スワーヴリチャードに次いで3勝目。馬名は「五弁のライラックの花(幸運のシンボル)」。

[もっと見る]

【大阪杯】生産者ノーザンFが3連覇!中島場長TV観戦「強かった」 2020年4月6日(月) 05:03

 大阪杯は、2番人気のラッキーライラックが好位から直線で内めをこじ開けて差し切り、GI3勝目をマークした。M・デムーロ騎手の好騎乗で牡馬混合のGIで初勝利を飾り、今後は中距離路線の王道を歩む。2着には4番人気のクロノジェネシス。GI昇格後4年目で牝馬が初勝利を飾り、12頭中2頭だけの牝馬が1、2位を占めた。

 生産者のノーザンファームは、18年スワーヴリチャード、19年アルアインに続く3連覇。北海道の同ファームでTV観戦した中島文彦場長は「強かったですね。いい位置で競馬ができたし、直線で抜け出してきたときには勝ったかなと思いました」と振り返った。2着も同ファーム生産のクロノジェネシスで、「牝馬がこのレベルの牡馬と互角にやれるんですから、たいしたものです。これからがますます楽しみになりました」と、あらためて喜びを口にした。

 本馬の半弟グランメテオール(牡2、父ダイワメジャー)は、今週中にも姉と同じ松永幹厩舎に入厩予定。1歳は全妹で、母のライラックスアンドレースは近日中にも全きょうだいにあたるオルフェーヴルの子を出産する予定だ。

★5日阪神11R【大阪杯】の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

ラッキーライラックの関連コラム

閲覧 398ビュー コメント 0 ナイス 1

先週末の大阪杯では、「今年は前に行けそうなブラストワンピース」と書いたが、今読み返すと恥ずかしいような的外れな結末になってしまった。

ブラストワンピースはスタートから押して位置を取りたかったが取り切れず、結果的に流れにまったく乗れなかった時点で万事休す。勝ったラッキーライラックは好位にスッとつけた時点で勝負アリ。クロノジェネシスは外枠だったことで難しいレースにはなったが、北村友騎手が上手く先行して、最高に力を引き出した。

終わってみれば牝馬のワンツーとなったが、立ち回り能力やスピードを問われるレースになれば、牝馬にむしろ優位性があるのが現代競馬。やや機動力に欠ける面のあるブラストワンピースにとっては厳しい流れになってしまった。一方で、昨年や一昨年の有馬記念のようにスタミナと持久力を問われると、昨年はアーモンドアイが惨敗を喫し、一昨年はブラストワンピースが勝利したように牝馬の優位性がなくなり、牡馬に優位性が出る。今回はスピードとセンスを問われた結果、ある意味で現代競馬を象徴するような大阪杯だった。


クルーガー好走で改めて確認できた、石橋騎手の明確な狙いどころとは?

さて、先週もうひとつ注目したいのはクルーガーが制したダービー卿チャレンジT。個人的にも◎クルーガーを本命にして見事に的中…と言いたいところだが残念ながらヒモ抜け。したがって自慢をしたいわけではなくむしろ反省しかないのだが、予想はちょっと脇に置いて今回は石橋騎手の特徴について少し触れたい。

まずは、当日配信した予想をご覧いただきたい。

「既に8歳になるが前走は好スタートから粘り込み健在ぶりをアピール。昨年の札幌記念でもそれなりに差を詰めて来ており、海外での走りを見てもまだ能力を維持しているとみて良さそう。ココは前走ハマった感あるプリモシーン以外は手薄なメンバー構成で、この距離にしては控える組が多く流れも落ち着きそうなので内から前に行けるのは有利だろう。パワーある大型馬だけにテン乗りの石橋騎手とも手が合いそうで、現状の荒れ馬場を苦にしないのも強み。好位から粘る」

注目していただきたいのは、

”パワーある大型馬だけにテン乗りの石橋騎手とも手が合いそう”

というところである。実は石橋騎手は大型馬や気難しいタイプの操縦が上手い。これは来週火曜に発売となる『競馬記者では絶対に書けない騎手の取扱説明書』の執筆時に調べていて改めて強く感じたことなのだが、実際レースぶりを見返していても、随所で扱いの上手さが光っている。代表的なのはシャケトラサトノティターンとのコンビだろう。ともに折り合いや気性に難しさがあるタイプながら、石橋騎手は実に上手くコントロールして結果を出していた。クルーガー自身も割とコントロールが難しく、ダービー卿チャレンジT当日には530キロにも到達したほどの超大型馬だけに、石橋騎手には合っていたのだ。

同騎手の詳細な狙いどころや騎手としての現在地などは是非書籍の方をチェックしていただくとよりクリアになり、また馬券にも生かせると思うが、今回ココに書いたことだけでも覚えておくと十分予想のアシストになるはず。本書を通して、騎手の特徴や馬との相性などを理解できれば、より精度の高い予想をできるようになるはずだ。


〜大波乱はなくとも中波乱は必至!? 桜花賞展望

さて、今週末は桜花賞。今年はなかなか粒揃いで好メンバーが揃った印象があり、先週の大阪杯は「堅い」と書いて、実際堅い決着だったが、今週は少し波乱の期待もできそうだ。

もっとも、未知なる2ケタ人気馬が激走を果たすというよりは、上位人気7〜8頭の混戦模様という感じで、そういう点でいえば大波乱を望むよりも中波乱程度を望む方が現実的だろうか。

その中で主役を担うのは阪神JFとチューリップ賞組だろう。阪神JFは2戦2勝のリアアメリアが人気を集めたが、終わってみればレシステンシアが圧勝、2着にマルターズディオサ、3着にクラヴァシュドールの決着。この3頭が揃って出走したチューリップ賞では、今度はレシステンシアが断然人気を集めたが、マルターズディオサクラヴァシュドールとの叩き合いを制し勝利、レシステンシアは3着に敗れている。他方、リアアメリアは阪神JFで惨敗を喫したのち、今回は桜花賞直行のローテを選択してきた。まずはこれらの馬たちの比較が重要になる。

そして別路線組としては、2戦2勝で未知なる魅力たっぷりのデアリングタクト、前走マイル初参戦ながら好位から鮮やかに抜け出したミヤマザクラ、近年は特に牝馬の出世レースになりつつあるシンザン記念からの直行となるサンクテュエールなどが控えている。

チューリップ賞以外のトライアルレースでもあるフィリーズレビュー、アネモネS組は正直なところメンバーレベルに疑問が残る。基本的には主要路線である阪神JF〜チューリップ賞組と、未知の魅力を秘める非トライアル経由の直行組を軸とする上位争いになると考えている。穴馬を探す場合も、下手に別のトライアルから探すよりは、チューリップ賞で負けた組の方が面白そうだ。

最終結論はもう少し週末の馬場や人気を見て迷いたいところだが、現時点での注目はチューリップ賞の1〜2着馬、マルターズディオサクラヴァシュドール。やはり主要路線で崩れず走っていることは評価できるもので、何より逃げのレシステンシアと比べると自在性があるのは大いなる強みだろう。人気面で考えても(恐らくだが)再度レシステンシアより下になりそうな点も、馬券を買う立場としては良いシチュエーションだ。

いずれにしても混戦模様で頭を悩ませそうな一戦。そういう意味で予想者としては腕の見せ所となるので、気合が入る一戦だ。現在のわが国はコロナウイルスと戦っている最中だが、こうして競馬を無事開催できる喜びをかみしめ、今週末も家でのんびり競馬を観ようと思う。

桜花賞の最終結論は、以下にリンクしたブログでも見られるので是非ご覧ください。

桜花賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2020年4月10日(金) 13:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(4/4~4/5) nigeプロが勝負予想3連勝で週間回収率348%をマーク!
閲覧 97ビュー コメント 0 ナイス 2



5(日)行われたG1大阪杯ほか、様々な的中がマークされた先週。
好成績を収めた注目プロ予想家や、その的中の数々をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →nigeプロ
4(土)の勝負予想指定阪神11RコーラルSでは、馬連2点勝負で◎レッドルゼルサクセスエナジー的中GET。5(日)はさらに調子を上げ、阪神5R3歳1勝クラスをきっちり単勝1点で仕留めると、勝負予想指定の中山11R春風Sでは、「時計の出る馬場が理想。その点で、良馬場でも時計が出ている今の馬場は合う。相手関係的にも前走と比べたらかなり楽。」と狙った◎ルッジェーロから計14万5690円のスマッシュヒットを披露。さらに、勝負予想指定阪神12R鳴門S○◎△的中でダメ押しと絶好調。週間トータル回収率348%、収支はトップの20万8020円プラスのハイアベレージを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
4(土)は中山5R3歳未勝利中山7R3歳1勝クラス阪神12R4歳上2勝クラスなどで活躍をアピール。5(日)にも中山1R3歳未勝利中山10R浅草特別などの予想を披露し、的中率90%、回収率101%を達成しています。週間トータルでは回収率228%、収支9万450円をマークし、2週連続週末プラスとしています。
 
☆☆☆注目プロ →ジャンヌプロ
5(日)G1大阪では、「前走は明らかにたたき台。ダノンキングリーがどうしても大阪内回りが合うはずもなく、適性の差を考えると十分逆転は可能」とした◎ラッキーライラックから、○クロノジェネシスへの馬連、ワイド含むパーフェクト的中を披露! 4(土)のG3ダービー卿チャレンジトロフィーでは、▲クルーガーの単複で仕留めプラス的中。他にも、5(日)中山3R3歳未勝利での◎○▲パーフェクト的中などを披露しています。
 
 
 
この他にも、【U指数】馬単マスタープロ(479%)、奥野憲一プロ(141%←2週連続週末プラス)、ろいすプロ(120%)、サラマッポプロ(118%)、蒼馬久一郎プロ(112%)、山崎エリカプロ(107%)、スガダイプロ(106%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
 
今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2020年4月2日(木) 14:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2020大阪杯
閲覧 1,129ビュー コメント 0 ナイス 3



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はAA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


4月5日(日) 阪神11R 第64回大阪杯(4歳以上G1、芝2000m)


【優先出走馬】

ダノンキングリー(C)中4週
<1週前追い切り>
南W併せ馬の内。前走時と同じように追われている割に、伸び脚はそれほどでもない。ここを強く追われて、最終追い切りで馬なりでグイグイ伸びる動きに変わってくれば良いが……。


【以下、賞金順】

ブラストワンピース(A)中9週
<1週前追い切り>
南W併せ馬の内。前走時の力みが抜けて折り合いもしっかりついていて、一度使われての上積みがありそう。

ラッキーライラック(D)中4週
<1週前追い切り>
CW単走。もともと(映像から伝わってくる)こういった走りの馬だが、力強さがなく時計ほどの伸び脚はない。

クロノジェネシス(AA)中4週
<1週前追い切り>
CW併せ馬の内。抜群の手応えで直線一気に伸び、併走馬を並ぶ間もなく抜き去り、大外を走っていた他厩舎の馬をもパス。

ワグネリアン(C)4ヶ月半
<1週前追い切り>
DPコース3頭併せの内。もともとこのコースでは良い動きは見せないが、前を走る2頭が速く追い抜けず。休み明けでまだ物足りなさが残る走り。

ヴェロックス※出走回避

ロードマイウェイ(B)中2週
<1週前追い切り>
坂路単走。前走時はおとなしく折り合いもついていたが、今回は押さえるのに苦労するくらい気合いが乗っている感じ。この気合いが良いほうに出れば。

マカヒキ(D)4ヶ月半
<1週前追い切り>
CW併せ馬の内。時計は出ているが動きに力強さがなく、伸び脚もイマイチ。

ステイフーリッシュ(C)中6週
<1週前追い切り>
坂路単走。手応えの割に終いの伸び脚がイマイチ。

クレッシェンドラヴ※出走回避

カデナ(C)中4週
<1週前追い切り>
坂路単走。勢いよく駆け上がってきたが、脚の回転の速さの割に伸びきれず。

レッドジェニアル(B)中10週
<1週前追い切り>
CW併せ馬の内。押さえたままでも、最後まで抜かせず先着。

サトノソルタス(C)中2週
<1週前追い切り>
映像なし。中2週と間隔が詰まっていて、水、木、金、土、日と坂路で軽く乗られているが、追い切りと言えるのは日曜日の坂路くらい。ただそれも、終いの時計が少し出ている程度。

ジナンボー(B)中5週
<1週前追い切り>
南W3頭併せの内。終いもうひと伸びがほしい感じも、休み明けを一度使われての上積みはありそう。



◇今回は大阪杯編でした。
海外ではドバイワールドカップが中止になるなど、コロナウイルスの影響は日に日に増すばかり。このような状況下では、競馬開催中止という最悪の事態を避けるため(競馬関係者から感染者出てしまったら自粛しなくてはならないかもしれない)にも、観客を入れての競馬開催はなかなかできそうもなく、無観客競馬は長引くのではないかと思います。普段、競馬場で馬券を買っていてネット投票の術を持たない方もいると思いますが、このような人たちでも馬券が買えるように、これからはコンビニでも馬券を買えるようなシステムを考えたほうが良いのではないかと思います。実は、25年くらい前に私が東京で一人暮らしをしている時にコンビニを使った電話投票を試験的に行っていたことがあり、たまたま私が住んでいる家の近くのコンビニで会員を募集していたので申し込み、コンビニで馬券を買っていたことがありました。システムは、専用銀行口座を作りお金を入金しておき、コンビニに置かれている専用マークシートを塗り投票するとレシートが出てくる、とこんな感じだったと記憶しています。試験的だったので半年か1年で終わってしまいましたが、その後この“コンビニ投票システム”の話すら出てこないまま今に至っています。
現在、競馬場では『UMACA』というキャッシュレスで馬券が買えるシステムが出来上がっています。それを有効活用して、全国のコンビニに『UMACA投票機』を置くようにしたらどうかと思います。競馬場に毎週のようにきている年配の方たちで、『電話投票』は持っていないけど『UMACA』なら持っているという人たちもたくさんいると思います(競馬場を歩いていると、首から『UMACA』をぶら下げて歩いている年配の方たちを見かけることが思いの外多い感じがしています)。全国すべてのコンビニとはいかなくても、一つの市や町で3店舗(セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンで1店ずつ、駅前のコンビニに投票機を置くとか)ぐらいあれば、競馬場まで足を運ぶことを考えれば近いものだと思います。
誰もが予想しなかったこのような事態が今後も起こる可能性はいくらでもあると思いますし、その時にコンビニで馬券が買えるようになっていれば、今回カバーできない層の売り上げを伸ばすことができるかもしれません。何よりも、昔から競馬場で馬券を買って日本の競馬を支えてきてくれた年配の方々も、引き続き競馬を楽しめるのではないかと思っています。スポーツくじがコンビニで買えるなら、馬券もコンビニで!なんとか農林水産省の方々には頑張ってもらいたいものです。もっとも、最良はこのような事態が収束し、今後起こらず、普通に競馬場で観戦できる平和で健康に生活できる日が続いていくことなのでしょうが(そして、“頼み”の(?)コンビニですら発症者が出ていたりするくらいの昨今ですしね^^;)。

それでは次回、桜花賞編でお会いしましょう。


大阪杯出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2020年3月30日(月) 18:00 覆面ドクター・英
大阪杯・2020
閲覧 1,491ビュー コメント 0 ナイス 9

高松宮記念は難しかったですね...。降着のクリノガウディーはG1になると張り切るんでしょうか。雨の後の内から乾くパターンともなると、栗東坂路48秒台という猛時計仕上げのモズスーパーフレアあたりも怖いなぁとは感じていましたが、コラムで要らないと記した手前もあって思い切れませんでした。まあ、常に逃げ馬というのは激走する可能性が高いわけで....。前にも書いたように、もし自分が騎手だったら、最短距離をある程度主導権を握って走れるので、逃げられる限り逃げの手を選ぶと思いますしね。

さて、大阪杯はフルゲートとならなそうですがG1馬が多数と上り馬が加わり楽しみな一戦です。阪神の内回り2000mというのはアンカツ騎手が得意としていたように、勝ちに行くと勝てないという難しいコースで、騎手の力量も結果にかなり関わってきそうです。


<全頭診断>
1番人気想定 ダノンキングリー:8戦5勝で前走の中山記念も快勝してきた。勝つ時はかなり強く見える勝ち方をするので、人気になりやすいタイプ。距離はもっと短い方が良いと思われ、前走でのその見た目のアピール度十分な勝ちっぷりを披露してしまっているぶん妙味は無く、ヒモ扱いが良いのではと考えている。

2番人気想定 ブラストワンピース新潟記念は相手が弱かったので大外というか外ラチ沿いをズコーンと差してきたが、基本的には直線は長くないほうが良い様子。距離的にもこのくらいが絶好の舞台では。メンタル的に海外は向かないと最初から思っていたので、凱旋門賞の惨敗はノーカウント。前走のAJCCも快勝したし、主役を張れる存在だろう。

3番人気想定 ラッキーライラック:昨秋はスミヨン騎手に乗り替わって迎えたエリザベス女王杯で、チューリップ賞以来となる勝ち星をあげた。香港でも2着して、中山記念でも2着と早熟というわけでなく、能力を高く維持し、好調を保ち続けてきているここまで。やや渋り気味な馬場も味方しそうで、好走は十分可能。

4番人気想定 クロノジェネシス:前走は相手がそれほどでなかったとはいえ、2馬身半差の完勝でまだまだ強くなってきている感じはある。馬場が渋っても平気で、ここもやれるのでは。

5番人気想定 ワグネリアン:昨秋のJCで3着と、本来長いであろう距離を友道厩舎の育成力でこなして好走した。距離はここの方が断然良く、5歳春という充実期間で頭まであるとみている一頭。

6番人気想定 ヴェロックス:昨年はクラシックで2着、3着、3着と好走したが、世代の王道路線の馬が、前走で小倉のハンデ戦G3小倉大賞典を使ってきたあたりで私としては「???」。そしてそこで1番人気9着と敗れ、成長力、状態に問題がある現状ではないだろうか。→回避予定のよう

7番人気想定 ロードマイウェイ:5連勝で昨年11月末のチャレンジCを制したが、休み明けの金鯱賞は2番人気10着と惨敗した。ひと叩きしたからといってここで通用はしないだろう。

8番人気想定 マカヒキ:3年前も昨年もこのレースでは4着と、そこそこやれる下地あるのだが……。瞬発力を生かす東京でも差し切れない現状で、7歳という年齢だけに上積みも期待できず、要らないとみる。

9番人気想定 ステイフーリッシュ:瞬発力は無いが先行してしぶといタイプで、G1の厳しい流れはいいのかもしれない。前に行って、もたせるのが得意なオーストラリア仕込みの坂井騎手が、自厩舎の馬で張り切って頑張るシーンに期待も。

10番人気以下想定
カデナ:前走の小倉大賞典での勝利が約3年ぶりとなるが、完勝でここに来ての本格化もあり得る。穴で狙う価値はありそう。5戦3勝で弥生賞を制したように、当時は世代トップレベルと目されていた馬の復活で、色々とかみ合わずに低迷が続いたが、ここでもやれるだけの器だと思うのだが。

サトノソルタス:ゆっくり強くなってきて昨秋に準オープン勝ち、前走金鯱賞サートゥルナーリアの2着と頑張っている。ただ2馬身差をつけられたように、まだトップレベルとは差があるのでは。

レッドジェニアル:昨春の京都新聞杯勝ちの後は結果を出せていないように、ここで激走というタイプではないか。

ジナンボーディープインパクト×アパパネという良血馬だが、まだ小倉大賞典で3着止まりというように力が足りないだろう。

クレッシェンドラヴ:もう6歳で、G3の福島ならやれるが、という馬でG1でどうこういう感じではないのでは。


<まとめ>
有力:ブラストワンピース

ヒモに:ダノンキングリーラッキーライラック

穴で:ステイフーリッシュカデナ

[もっと見る]

2020年3月29日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年03月29日号】特選重賞データ分析編(196)~2020年大阪杯~
閲覧 1,919ビュー コメント 0 ナイス 2



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 大阪杯 2020年04月05日(日) 阪神芝2000m内


<ピックアップデータ>

【前走の馬体重別成績(2017年以降)】
○500kg未満 [0-2-1-22](3着内率12.0%)
×500kg以上 [3-1-2-13](3着内率31.6%)

 G2として施行されていた2016年以前を含め、どちらかと言えば大型馬が強いレース。なお、前走の馬体重が500kg未満、かつ馬番が6~16番だった馬は2017年以降[0-0-0-16](3着内率0.0%)とさらに苦戦していました。もともとやや内枠有利なレースでもありますし、馬格がないうえに内寄りの枠を引けなかった馬は評価を下げるべきでしょう。

主な「○」該当馬→ブラストワンピースマカヒキラッキーライラック
主な「×」該当馬→クロノジェネシスサトノソルタスダノンキングリー


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“前年以降、かつJRA、かつG1のレース”において4着以内となった経験がある」馬は2017年以降[3-3-3-13](3着内率40.9%)
主な該当馬→マカヒキラッキーライラック

[もっと見る]

2020年2月23日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年02月23日号】特選重賞データ分析編(191)~2020年中山記念~
閲覧 2,153ビュー コメント 0 ナイス 6



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 中山記念 2020年03月01日(日) 中山芝1800m内


<ピックアップデータ>

【出走数別成績(2014年以降)】
○17戦以内 [6-6-4-16](3着内率50.0%)
×18戦以上 [0-0-2-35](3着内率5.4%)

 キャリア17戦以内の馬は非常に堅実。一方、出走数が18戦以上だった馬は苦戦していました。高齢馬など、キャリアが豊富過ぎる馬は過信禁物と見るべきでしょう。

主な「○」該当馬→インディチャンプダノンキングリーラッキーライラック
主な「×」該当馬→ウインブライトブレスジャーニーマルターズアポジー


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“前年以降、かつJRA、かつ2000m以下、かつG1のレース”において12着以内となった経験がある」馬は2014年以降[6-4-6-20](3着内率44.4%)
主な該当馬→ダノンキングリーラッキーライラック

[もっと見る]

⇒もっと見る

ラッキーライラックの口コミ


口コミ一覧
閲覧 143ビュー コメント 0 ナイス 1

最近レースでの勝つイメージを想像しましょう
有馬記念 アロエリット逃げて、リスグラシューが9番手で我慢、直線ビューンと
大阪杯 ダノンキングリーが逃げて、ラッキーライラックが後ろから直線ビューンと
牝馬は内で我慢し、最後の直線ビューンとやっくる

桜花賞ではどうでしょう
3ハロンのタイムでは、競馬場の違い、馬場差などで比較するのは困難ですよね
各レースでの3ハロン順位で検討すればビューンとくるのがイメージできます。
過去のレースで必ず1位にビューンやってきた馬は
ビューン率   単勝予想(発売前)
9番、デアリングタクト 100% 4.5倍
13番、マジックキャッスル 75% 21.8倍
4番、サンクテュエール 67% 4.9倍
8番、リアアメリア 67% 6.4倍
10番フィオリキアリ 67% 518.2倍

デアリングタクトは外せませんね
超大穴、フィオリキアリ 内で我慢して、最後の直線ビューンとやってこい

 競馬場の神様 2020年4月9日(木) 16:27
第64回 大阪杯回顧 
閲覧 41ビュー コメント 0 ナイス 2

 
 
 
 見事、今年の大阪杯を制したのは、馬名の意味がであるサンデーレーシング所有のラッキーライラックだった。

 

 ―<沖縄史(中世)>――――――――――――――――――――――――――――
  ①三山時代 = 南山・中山・北山
  ②尚巴志が統一 = 琉球王国(1429)
   ↳ 王府 = 首里
   ↳ 貿易港 = 五弁のライラックの「花(はな)」=「那覇(なは)」/ 中継貿易
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 なるほど、だから今年の大阪杯は、サンデーR所有の牝馬によるワンツーだったのか!
1.3/29施行の宮記念を制したモズスーパーフレア = 音無厩舎の管理馬
2.今年の大阪杯の1・2着馬 = サンデーレーシングの所有馬(バカ殿、両手に花で良かったですね)
3.「音無」厩舎 = 「サ」イ「レン」ト = 「サン」デー「レ」ーシング = 連鎖。コロナの蔓延が終息し、再び世界が騒がしくありますように…


 サイレント〔silent=無言の〕①“無”声映画。↔ トーキー ②…
 こえ【声】①〔人や動物が〕発音器官を使ったりして、それぞれ独特の方法で出す“音”。…。②~⑤…

[もっと見る]

 Haya 2020年4月9日(木) 07:00
【~術はある~】(2020.4.9.)(ニュージーランドT、阪神牝... 
閲覧 109ビュー コメント 0 ナイス 2

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

桜が満開になり、やっと春が来た!? ただ、今年だけは例年と違う!?
コロナウイルスが早く終息を迎える事を願うばかりです。

毎年、楽しみにいているのは、自宅前の公園に桜の木が1本あり、今が満開!! 
我が家にも、春が来た感じです。

【リニューアル週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数分析篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ分析篇)
木曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
金曜日 : 週末の重賞(有力馬ラップ分析篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

*各曜日の予想を週末の重賞レース“総合分析”予想のみに絞り込みます。
木曜インパクトデータを止めて重賞レース回顧(日記)へ変更
金曜重賞レース回顧(日記)から有力馬ラップ分析へ変更
ハイブリッド指数予想を止めて重賞レース“総合分析”予想へ変更

※引き続き「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【“総合分析”予想 途中経過】
第4期(3月28~4月19日)8日間(日経賞~皐月賞:全12戦)

週末は、当てる事ができたのか!?

土曜、G3ダービー卿CTでは、3番ジャンダルム軸で勝負!
ワイド(3 - 6,7,12,15,16)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

土曜「ダービー卿CT」の軸馬ジャンダルムは、痛恨の出遅れ!? 一気に巻き返し先行集団追走から直線で弾けて優勝…のはずがズルズル後退!? 10着入線…残念。反省点として、軸馬の選択?? 相手馬も、イマイチの結果だけに見直し!? ポイントは、2着入線馬ボンセルヴィーソ。今年1月の京都金杯でダイアトニックに続いて3着。3歳時には中山マイルでニュージーランドT3着の実績があり、完全に想定外。ただ、今回先行馬(推定前半3ハロン5傑)から2頭が1、2着を独占しているだけに、典型的な逃げ馬がいないレースだったことを考慮すべきだった…反省。



日曜、G1大阪杯では、3番ブラストワンピース軸で勝負!
ワイド(3 - 2,7)馬連(3 - 5,8,12)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「大阪杯」の軸馬ブラストワンピースは、スタートダッシュ出来ず中団後方追走。直線で弾けて優勝…のはずが伸びず後退7着入線。反省点として、軸馬選択の失敗?? ある程度の絞り込みで、4頭(ブラストワンピース、ラッキーライラック、ダノンキングリー、クロノジェネシス)の争いと予想!? ここまでは良かったのだが、結果は軸馬が抜けた縦目の決着…残念。追記として、2回阪神は、前2日はAコース、後6日目はBコースを使用する。つまり、大阪杯はBコース替わり2日目ということになり、内側の先行馬が有利になる。

久々にボウズ!! 0勝2敗の完敗。G3ダービー卿CTは、もう少し攻めた馬選択をすべきで、中途半端な狙い方だった…反省。G1大阪杯は、最悪でも当てて元返しで終わりたかっただけに、残念な結果。心機一転!! 地道に当ててく事だけに集中!? 結果は、後から追いついてくる。


過去10年のレース傾向(1番人気の信頼度)
ニュージーランドT=中山(芝)1600=B(76)外枠不利
阪神牝馬S=阪神(芝)1600=B(76)近年は先行馬有利
桜花賞=阪神(芝)1600=B(76)近年は先行馬有利

【ラップ分析試行錯誤中】
一応、先週までで終わったのですが、追記としてカキコ。

【上がり3ハロン最速馬を選ぶポイント】
①マクリタイプの追い込み馬
マクリというのは基本的に能力差のある馬&実力馬が使える戦法。(※ただし能力不足な馬も含む)
また、速い上がりを使えたとしても、後方からじゃないと速い上がりを使えない馬は能力不足な場合もあり、常にリスクが付き纏うため過信は禁物!?

②逃げ先行馬
先行馬は前が詰まる心配がなく、よほどハイペースにならない限り凡走する確率は低いので、上がり3ハロン最速馬は常にマーク!!

【今週末の重賞レースの馬番コンピ指数ポイント篇】

(ニュージーランドT)
注目したのは、"馬番コンピ指数値70台"

条件として馬番一桁(1~9)の場合のみ該当
ちなみに、昨年指数値70台2頭内1頭(馬3番)該当で2着(複勝190円)
過去10年内6回該当(複勝) 的中率100%/回収率170%


(阪神牝馬S)
注目したのは、"馬番コンピ指数値53"

条件として指数 7位 or 8位 のみ。
過去10年5回該当、的中率80%/回収率532%
ちなみに、昨年指数7位53(馬12番)に該当、複勝1230円でした。


(桜花賞)
注目したのは、"馬番コンピ指数3位"

過去10年(2-1-1-6/10)勝率20%/連対率30%/複勝率40%
近5年 (2-1-1-1/5)勝率40%/連対率60%/複勝率80%

現在、4年連続で馬券に絡んでいる。
昨年は、グランアレグリアが優勝。(複勝170円)
ちなみに、18年140円/17年240円/16年240円 でした。
ここは、複勝で1点勝負!!


詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ラッキーライラックの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ラッキーライラックの写真

ラッキーライラックの厩舎情報 VIP

2020年4月5日大阪杯 G11着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ラッキーライラックの取材メモ VIP

2020年4月5日 大阪杯 G1 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。