クィーンスプマンテ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
クィーンスプマンテ
写真一覧
抹消  栗毛 2004年4月9日生
調教師小島茂之(美浦)
馬主株式会社 グリーンファーム
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績22戦[6-1-4-11]
総賞金17,340万円
収得賞金7,200万円
英字表記Queen Spumante
血統 ジャングルポケット
血統 ][ 産駒 ]
トニービン
ダンスチャーマー
センボンザクラ
血統 ][ 産駒 ]
サクラユタカオー
ダイナフランダース
兄弟 ナリタカービンクイーンズシアター
前走 2009/12/13 香港カップ G1
次走予定

クィーンスプマンテの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
09/12/13 香港 8 香港カップ G1 芝2000 10--------10** 牝5 55.5 田中博康小島茂之446(--)2.03.4 1.6----VISION D’ETAT
09/11/15 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 184777.1111** 牝5 56.0 田中博康小島茂之454(0)2.13.6 -0.236.8テイエムプリキュア
09/10/11 京都 11 京都大賞典 G2 芝2400 144551.7119** 牝5 55.0 田中博康小島茂之454(0)2.25.3 1.037.7オウケンブルースリ
09/08/08 札幌 9 みなみ北海道 OP 芝2600 1371112.961** 牝5 49.0 荻野琢真小島茂之454(+8)2.39.1 -0.637.8グラスボンバー
09/05/24 中京 9 パールS 1600万下 芝1800 13454.628** 牝5 55.0 藤岡佑介小島茂之446(-4)1.46.7 0.734.7⑦⑦⑥⑥ウェディングフジコ
09/05/02 東京 10 府中S 1600万下 芝2000 1751033.9139** 牝5 52.0 武士沢友小島茂之450(-2)1.59.8 0.735.9ニシノブルームーン
09/03/28 阪神 11 4歳以上1000万下 芝2000 10774.231** 牝5 55.0 藤岡佑介小島茂之452(+2)2.03.3 -0.234.9ステイトリーデイズ
09/02/28 小倉 11 皿倉山特別 1000万下 芝2600 16236.649** 牝5 54.0 浜中俊小島茂之450(+2)2.40.9 1.037.5シャローム
08/10/19 京都 9 堀川特別 1000万下 芝1800 1661223.992** 牝4 55.0 浜中俊小島茂之448(0)1.45.3 0.135.0マルティンスターク
08/10/05 阪神 9 兵庫特別 1000万下 芝2400 13568.454** 牝4 53.0 浜中俊小島茂之448(-2)2.29.5 0.435.8⑤⑤⑥⑤アグネススターチ
08/06/21 函館 10 八甲田山特別 500万下 芝2600 13333.311** 牝4 55.0 藤岡佑介小島茂之450(0)2.42.0 -0.036.6マイネルメロス
08/05/24 新潟 11 赤倉特別 1000万下 芝2000 16484.3111** 牝4 53.0 中舘英二小島茂之450(-2)1.59.2 0.734.0⑨⑨ホーマンアラシ
08/04/27 京都 9 糺の森特別 1000万下 芝2000 108910.453** 牝4 55.0 藤岡佑介小島茂之452(+2)2.00.8 0.434.5セラフィックロンプ
08/04/12 阪神 8 4歳以上1000万下 芝1800 137116.233** 牝4 55.0 藤岡佑介小島茂之450(+4)1.48.2 0.234.8ヴィクトリアアイ
07/11/24 東京 10 オリエンタル 1000万下 芝2000 1381212.368** 牝3 52.0 田中勝春小島茂之446(-2)2.01.4 0.534.6⑦⑦⑥エーシンピーシー
07/10/14 京都 11 秋華賞 G1 芝2000 18715201.61512** 牝3 55.0 鮫島良太小島茂之448(+4)2.00.1 1.033.2⑱⑱⑱⑰ダイワスカーレット
07/09/08 中山 11 紫苑S OP 芝2000 164817.5810** 牝3 54.0 松岡正海小島茂之444(-8)2.00.2 0.636.3④⑤アルコセニョーラ
07/08/26 新潟 9 鳥屋野特別 500万下 芝1800 188179.661** 牝3 52.0 田中勝春小島茂之452(+8)1.46.7 -0.233.7アスクデピュティ
07/06/02 中京 9 白藤賞 500万下 芝1800 142213.153** 牝3 54.0 藤岡佑介小島茂之444(+2)1.47.9 0.235.3⑤⑤ファーストレイター
07/04/29 東京 11 スイートピー OP 芝1800 1871328.51017** 牝3 54.0 千田輝彦小島茂之442(-4)1.49.3 2.236.8⑤④スマートカスタム

⇒もっと見る


クィーンスプマンテの関連ニュース

 現役最年少、32歳の田中博康調教師が、いよいよ開業を迎えた。新品の青いスタッフジャンパーに身を包みほほ笑む姿は、まだジョッキー時代の面影が濃い。

 「ビジョンは自分が掲げて、それをおのおので考えていけるような厩舎にしていきたいですね」

 年上の厩舎スタッフも多い船出。しかし、気を使うというより、年齢に関係なく話し合って厩舎を作り上げていこうという気持ちがにじみ出る。

 “タナパク”の愛称でジョッキーとして2006年にデビュー。09年には11番人気のクィーンスプマンテエリザベス女王杯を逃げ切る波乱を演じた。あくなき向上心を持ち、栗東やフランスなどに飛び出す行動力もある。こうと決めたら実行するタイプだ。「調教師試験を受けるからには、一発で合格する」と一念発起。昨年、見事にその決意を実現した。

 厩舎は美浦トレセンの南A-1。かつてクィーンスプマンテがいた小島茂厩舎があった場所で、そのスプマンテを母に持つ2歳牡馬(父オルフェーヴル)を預かることも決定している。「同じ馬房に入れたいけど、どこだか忘れちゃったので、小島先生に聞いておきます」と笑うタナパク師。今週は出走馬がなく、本格始動は来週以降だが、洋々と開ける田中博厩舎の前途に注目だ。 (柴田章利)

【東西現場記者走る】穴マキシマム!波乱開幕の予感 2017年11月10日(金) 05:04

 1週間の密着取材で勝ち馬を探し出すGI企画「東西現場記者走る」。エリザベス女王杯は昨年、3連単15万8930円を◎○▲の大本線で的中させた大阪サンスポの山口大輝記者(26)が担当する。連載4日目は、毎年のように波乱の立役者となる先行勢から、マキシマムドパリに注目した。秋華賞3着の実績がある京都で、激走の可能性に迫った。

 密着取材は後半戦に突入したが、連日、早朝から駆け回っているせいか、この日もしっかりと8時間睡眠。すっきりと目覚めることができた。

 ここまでは人気サイドを取り上げてきたが、密着4日目は穴気配が漂うマキシマムドパリに白羽の矢を立てた。今年は愛知杯マーメイドSと重賞2勝を挙げて、充実ぶりが目立つ。

 「もともと、使ってからの方がいい馬ですからね。気が入ってきています」

 直撃した吉田助手の口ぶりから、秋初戦の京都大賞典9着を使っての上昇は間違いなさそうだ。

 昨年の3連単15万8930円の波乱は、先行策から2着に粘り込んだ12番人気シングウィズジョイの激走が要因。2009年は、逃げた11番人気のクィーンスプマンテ、2番手を進んだ12番人気のテイエムプリキュアがワンツーを決め、3着が1番人気のブエナビスタでも3連単154万5760円の波乱となった。

 マキシマムドパリは、クィーンスプマンテと同じ京都大賞典9着からの参戦で、馬主も同じ(株)グリーンファーム。持ち前の先行力も含め、期待せずにいられない。

 「前走の内容は悪くなかったですよ。これまで前に行けないレースもあったけど、前走は自分の形でいけましたから」。2番手を進みながら失速したが、吉田助手は自分の形で競馬ができたことを評価する。藤岡佑騎手も「行き脚がついたし、使ってどこまで粘りが増すか。メンバー的に楽に前にいけそうだし、内枠が欲しいね」と色気たっぷり。波乱の立役者になっても不思議ではない。

 昨年のこのレースは本格化する前で、先行策も取れなかったため9着に敗れたが、今年は違う。「近い場所への輸送などに、変な力を使わなくなりました。落ち着きが出て、カイ食いも安定。調教で攻められるようになってきました」と吉田助手は教えてくれた。

 馬房をのぞくと、すらっとした芦毛の馬体で、きれいな立ち姿だった。醸し出される大人の女性の雰囲気。2年前の秋華賞ミッキークイーンの3着だった素質馬は、完成の域を迎えた。結論まであとわずか。今夜は、睡眠時間を削って頭を悩ませようか…。 (山口大輝)



エリザベス女王杯の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【エ女王杯】小島茂師、今年はプロヴィ 2010年11月10日(水) 05:05

 昨年の女王杯をクィーンスプマンテであっと言わせた小島茂厩舎が、今年はプロヴィナージュを送り込む。約1年前からこのレースに向けて計画を立て、実戦と調教を積んできた。この中間はパワー増強をはかるべく、運動量を倍にした。万全の態勢で女王の座をつかみに行く。

 2度あることは3度ある。08年秋華賞(11番人気ブラックエンブレム)が3連単1098万馬券、09年エリザベス女王杯(11番人気クィーンスプマンテ)が3連単154万馬券と秋の京都で大波乱を演じている小島茂厩舎が、今年はプロヴィナージュで主役を狙っている。

 「中間は調教をアレンジしながら進めています。スタミナがすごくついていると思いますよ。元気一杯ですね。馬がうなっています」

 斉藤調教助手が状態の良さに目を細めた。9日朝は坂路2本のあと、Eコースでハッキングと水曜の追い切りに向けて、きっちり調整を行った。

 前走後は坂路を1本から2本に増やし、体力増強につとめた。「回復力も馬の能力のひとつ。カイバを残したことがないんです」と斉藤助手が話す牝馬らしからぬタフネスぶりで、調教量の増えた苦しい期間を乗り越えた。小島茂調教師も「坂路を2本乗ることで、普段から強い負荷をかけてきました。いいところまできています」と胸を張った。

 昨年12月26日の元町S(1600万下)を勝ったときから目標に定めてきたレース。陣営と佐藤哲騎手が意見を出し合いながら、切れ味を磨き、折り合いの上達をはかってきた。前走の京都大賞典(3着)も目的意識を持っての参戦。よどみない流れの中、勝負どころから動く厳しい競馬をあえて行った。「あの苦しい形が今回に生きてくると思います」。トレーナーに悲観の色はない。

 先輩2頭も栗東滞在のパターンからGIを奪取。また、京都大賞典から女王杯に向かうローテーションはクィーンスプマンテと同じだ。「調教やレースを経験するたびにキャパシティー(器)が広がってきたんです。こういう馬はそんなにいない。相手は強いですが、楽しみです」と小島茂調教師も期待する。

 約1年をかけて着実に上がってきた女王への階段。“最上段”はもうすぐそこだ。(宇恵英志)

[もっと見る]

エ女王杯馬クィーンスプマンテ引退 繁殖入り2009年12月25日(金) 17:02

 JRAは25日、09年のエリザベス女王杯(GI)を制したクィーンスプマンテ(牝5歳、美浦・小島茂之厩舎)が22日付で競走馬登録を抹消したと発表した。今後は北海道・千歳にある社台ファームで、繁殖牝馬となる予定。

 クィーンスプマンテは11月15日に行われたGIエリザベス女王杯で単勝11番人気と人気薄ながら、2冠牝馬ブエナビスタ(3着)の猛追を抑えて逃げ切り勝ちを決めた。

 クィーンスプマンテは父ジャングルポケット、母センボンザクラ、母の父サクラユタカオーという血統で、通算成績は22戦6勝(うち海外1戦0勝)、獲得賞金は1億7340万円。重賞は09年のエリザベス女王杯の1勝で、GI香港C(10着)が最後のレースとなった。

[もっと見る]

ジャガーメイル、今年は4着…香港国際競走2009年12月14日(月) 05:01

 【香港13日=板津雄志、鈴木亨】香港国際GI競走が、シャティン競馬場で開催され、日本馬はヴァーズに参戦したジャガーメイル(美・堀、牡5)の4着が最高。スプリントのローレルゲレイロ(栗・昆、牡5)は13着、カップのクィーンスプマンテ(美・小島茂、牝5)は10着。

 【ヴァーズ】ジャガーメイルは4コーナーで前方を射程圏に入れ、内からスパニッシュムーンが抜け出すと、クリストフ・スミヨン騎手のゴーサインに反応し先頭に並び駆けた。最後は内にもたれ気味になり、昨年3着の雪辱を果たせず4着。「先頭には立ったけどタフな競馬になってしまった」とスミヨン。優勝したダリアカナ(父セルカーク)は産地・調教地ともフランスの栗毛の牝3歳。A・ドロワイエ・デュプレ厩舎所属で、馬主はアガ・カーン殿下。5戦5勝でGI初勝利。

 【カップ】クィーンスプマンテが引退レースで逃げに持ち込んだが、後続のマークが厳しく最下位の10着。「楽なリードが取れなかった。芝の室も日本と違った」と田中博康騎手。優勝は昨年の仏ダービー馬ヴィジオンデタ(父チチカステナンゴ)。産地、調教地ともフランスの鹿毛の牡4歳。E・リボー厩舎所属で、馬主はジャック・ドゥトレ氏。戦績13戦9勝。GIは08年仏ダービー、09年ガネー賞(仏)、プリンスオブウェールズS(英)に次ぐ4勝目で重賞は5勝目。

 【スプリント】ローレルゲレイロはスタートがひと息のうえ、直後に他馬に寄られる不利。最後の直線は力尽きた。「この時計(優勝馬1分9秒16)ならもう少し走ってほしかった」と藤田伸二騎手。優勝は香港のセイクリッドキングダム(父エンコスタデラゴ)。豪州産の鹿毛のせん6歳。P・イウ厩舎所属で、馬主はシン・カン・ユー氏。戦績21戦13勝。GIは一昨年の同レース以来2勝目。

 【マイル】地元香港のグッドババ(父リアファン)が史上初の同レース3連覇。米国産の鹿毛のせん7歳。香港のD・クルーズ厩舎所属で、馬主はジョン・イエン・シー・キット氏。GIは07~09年の香港マイル3連覇に加え、08チャンピオンズマイル(香)の4勝。

[もっと見る]

ジャガーメイル最終追い切り…香港国際競走 2009年12月12日() 05:01

 【香港11日=板津雄志】香港ヴァーズ(GI、芝2400メートル)に出走するジャガーメイル(美・堀、牡5)が11日、シャティン競馬場の芝コースで最終追い切りを行った。

 向こう正面で、先に追い切る外国馬に長く待たされたジャガーメイルは、首を上げ下げしてカッとする素振りを見せたが、走り出せば別。4ハロン57秒3-24秒4と時計は目立たないものの、力強い脚さばきを披露した。「きょうは競馬に向けて気を入れる調教でしたが、いい感じに気合が乗ってきた。前日(10日)の計量では482キロ。レースまでには470キロ後半まで減ってくると思う。それでも動きに重い感じはなく息遣いも悪くない」と渡辺雅典調教厩務員は笑顔。この後、ジャガーメイルはコースからパドックにかけて入念にスクリーング。僅差の3着だった昨年の借りを返せるデキにありそうだ。

 なお、スプリント(GI、芝1200メートル)のローレルゲレイロ(栗・昆、牡5)はオールウェザーでキャンター、カップ(GI、芝2000メートル)のクィーンスプマンテ(美・小島茂、牝5)は追い切り翌日ということで角馬場調整にとどめた。

★国際ハンディキャッパー評価会

 11日の調教終了後、世界14カ国17人(香港4人)のハンディキャッパーによるミーティングが行われた(1位12点、2位6点、3位4点)。カップは122点のヴィジオンデタ(仏)、104点のプレスヴィス(英)、100点のコレクション(香)の3頭が高評価で、8点のクィーンスプマンテは6位。この評価に小島茂之調教師は「これでマークが甘くなってくれるといいね」。ヴァーズは144点スパニッシュムーン、120点ユームザインと英国調教馬2頭の争いと見られ、ジャガーメイルは12点の5位。票が割れたスプリントは唯一の100点超えとなったオールサイレント(豪)がトップ(112点)でローレルゲレイロは8点で6位だった。日本馬の出走がないマイルは、3連覇がかかる地元香港のグッドババが150点と断トツの票を集めた。

[もっと見る]

⇒もっと見る

クィーンスプマンテの関連コラム

閲覧 247ビュー コメント 1 ナイス 19

久しぶりのウマニティ公式オフ会の開催日が日曜日に迫りました。今回も楽しい企画満載で行われる予定ですので、参加される皆さんはおおいに盛り上がってください。そして、馬券もしっかり当てましょう。本場の東京はもちろん、エリザベス女王杯も、WIN5も(笑)。参加された全員が笑顔でお帰りいただけるような、最高のオフ会にしたいですね。

さて、今週もメインのGⅠレースを攻略すべく、頼りになるウマニティ公認プロに見解を披露してもらおうと思います。今回登場してくれるのは、2年連続的中を記録しているあのプロと、3年前に超ド級の的中を決めたあのプロです。質問事項は以下の4つになります。

①このレースを得意としている理由(過去の的中根拠)
エリザベス女王杯の傾向・特徴
③今年の馬券攻略上のポイント
④注目馬・推奨馬(できれば穴馬)

例年、3歳馬と古馬の戦力比較に悩まされるこのレース。いったい今年はどんな結末を迎えるのでしょうか!?


過去2年間連続的中! いずれもスノーフェアリーに自信の◎!!
スガダイ



①昨年、一昨年はスノーフェアリーという抜けて強い馬がいたので予想は簡単でしたね。2009年のような例外もありますが、基本的には堅く収まるケースが多いです。レース傾向を踏まえ、奇をてらわず当てにいっているので、好結果が出ているのではないでしょうか。

②牝馬で2000mを超える距離を得意としている馬は少ないので、はっきりいって、あまりレベルの高いレースではありません。毎年、それなりに出走頭数は揃いますが、明らかに力不足や距離不向きでも出走してくる馬が多く、実質は4、5頭立てという年がほとんどです。それでも、極端な低配当になることはないので、適切に絞って、うまく馬券を組み立てれば、十分な利益を狙えるレースと言えます。

③今年は例年以上に手薄なメンバー構成で、過去最低と言っても過言ではないほどのレベルです。重賞以外からの臨戦馬が馬券に絡んだことはありませんが、今年は3着候補であれば、前走でオープン特別や条件戦を使われていた馬たちでも検討の余地はありそうです。

④穴党の方にはラシンティランテを推奨します。2歳時の白菊賞、前走の堀川特別がまったくの大楽勝で、まだ京都コースに限れば底は見せていません。これまでのレースぶりから距離は長いと思いますが、良血馬ですし、ルメール騎手ならなんとかしてしまうかもしれませんね。

3年前に◎テイエムプリキュア馬連10万馬券を5点で的中!!
山崎エリカ



①確かにエリザベス女王杯は3歳限定戦のときから相性がいいのですが、エルザベス女王杯が得意という意識はあまりないですね。クィーンスプマンテテイエムプリキュアの行った、行ったで決まった3年前のイメージが強いとするならば、どちらかというと逃げ馬が逃げ切るレースが得意なんじゃないかと思います。

テイエムオオタカが逃げて2着に粘った先々週のスワンSも当たりましたが、私は単純に、逃げ馬は字面の実績より強いと考えています(その理由は12月14日発売予定の新書に綴ってありますとしっかりPR)。エリザベス女王杯も、先々週のスワンSも、レースを引っ張ってハイレベルにする高指数の先行馬がいなかったというのが、逃げ馬を狙った根拠です。

3年前に先行馬のレッドディザイアが出走していたら、レースの結果は異なっていたと思いますが、再戦してもかなりの高確率で同じ結果になっていたと思います。なぜなら、あの時点でのブエナビスタは自分の力で動いていけるだけのスタミナがなかったからです。

ほかに相性のいい理由をあげるとすれば、エリザベス女王杯が牝馬限定戦だからかもしれません。牝馬は牡馬よりも、気の悪さを見せるなど激戦の疲れが露骨にレースに出るので、前走で無理しすぎてしまったような馬を未練なく切り捨てられますから(笑)。

②世間では「エリザベス女王杯は荒れる」というイメージが強いようですが、能力的な視点で言えば、あまり荒れるレースではありません。配当上の大波乱となった09年の勝ち馬クィーンスプマンテは同年のみなみ北海道Sで2着に3馬身半差引き離しての高指数での逃げ切り勝ちを決め、2着のテイエムプリキュアも同年日経賞勝ちの実績がありました。ただ、その逃げ切り勝ちがフロックとして取り扱われていただけなのです。

能力的な視点で荒れるパターンをしぼり出すとすれば、08年の勝ち馬リトルアマポーラのように、夏の休養中に成長していたパターンです。秋華賞は休養明けだったので能力全開とまではいかず、エリザベス女王杯の舞台で変わり身を見せました。

③とくに今年は能力上位馬と、そうではない馬の色分けがしっかりしています。ちなみにジェンティルドンナが出走していないということで注目を集めているヴィルシーナは、上位拮抗の能力値3位です。

④穴馬はピクシープリンセスです。ピクシープリンセスは前走で1000万下を勝っただけの馬ですが、1000万下の水準指数を0.4秒上回っての勝利でした。秋華賞に出走していたとするならば、3着に該当します。もう一押しがあれば通用しそうです。

ピクシープリンセスの前走はパワーポイント指数で-18。このあたりまでの指数をマークしている馬が有力馬で、これ以下の指数しかない馬はいわゆる有力ではない馬です。ピクシープリンセスまでが能力面で通用する最低ボーダーラインと考えてもらうと馬券が取りやすくなると思います。


ピックアップした推奨穴馬は異なるものの、ともに前走1000万条件組に注目している点が、なかなか興味深いところです。おふたりとも「基本的に荒れないレース」と分析していますが、ちょっと狂えばひと波乱ありそうな雰囲気ですね。ぜひとも参考に。スガダイさん山崎エリカさんの最終結論を知りたい方は、レース当日のプロ予想MAXをチェックしてください!


登録済みの方はこちらからログイン

2011年11月11日(金) 19:00 ウマニティ編集長
予想のメキキ ~2011年 エリザベス女王杯~
閲覧 210ビュー コメント 0 ナイス 11

豪華メンバーが揃った今年のエリザベス女王杯。今回はウマニティ公認プロ予想家の紅一点、山崎エリカさんに登場してもらいます。エリ女、そしてエリカさんと言えば……そう、大波乱となった一昨年を大的中させたことが、皆さんの記憶にも新しいと思います。予想界の女王様は今年の女王杯をどのようにみているのか? 金曜日時点での見解に注目しましょう!

■このレースの印象・思い出などはありますか?
最近だとクィーンスプマンテが逃げ切った一昨年のエリザベス女王杯ですね。そのときはブエナビスタが断然の1番人気でしたが、ブエナビスタは素質が覚醒する手前の段階でした。クィーンスプマンテや2着のテイエムプリキュアとほぼ互角の力関係だったんですよ。ほかの実力上位馬も追い込みタイプでしたから、「クィーンスプマンテテイエムプリキュアの行った行ったの決着も十分に考えられる」と思い、テイエムプリキュアに◎を打ったら、馬連5点で10万馬券が的中ました。

エリザベス女王杯が行われる京都の芝2200mは、下り坂となる3コーナーを過ぎたあたりでレースが動きます。そこから逃げ馬と後続勢の距離が一気に詰まります。でも、坂の頂上で逃げ馬が後続勢に10馬身差以上のリードがあれば、坂を下って後続勢との距離が詰まっても、チャンスのあるリードを保つことができるんです。一昨年のエリザベス女王杯は3コーナーで逃げたクィーンスプマンテ、2番手のテイエムプリキュアと後続勢の間に15馬身くらいの差はありました。つまり、3コーナーで既に決着がついたレースでした。

後日、その決着は「展開のアヤ」としてまとめられましたが、私は3コーナーで15馬身のリードを許さない強い先行馬が出走していなければ、もう一度戦っても同じような結果になったとみています。確かにブエナビスタが早めに仕掛けて3コーナー10馬身以内のところにつけたらチャンスはあったかもしれませんが、そうすると上がり32秒台の末脚は使えません。早仕掛けがたたって末脚を失っていたでしょうから、“配当上波乱の順当決着”になっていたはずです。近年は3コーナーで決着のつくような芝のGⅠレースがほとんどないので、そういった意味でも印象深いレースでした。

■ズバリ、今年のこのレースの鍵を握る馬は?
昨年の勝ち馬スノーフェアリーです。昨年のスノーフェアリーは2着以下に4馬身差をつける圧勝でした。私のパワーポイント指数も-28と高く、このレベルで走れる日本の現役牝馬はブエナビスタくらいしかいません。
しかし、昨年はレース当日に散水されたようで、前日の土曜日と比較するとやたらと時計が掛かっていました。時計の掛かる馬場を得意とする英国のスノーフェアリーにとってはWelcome Dayだったのです。今年は迎え撃つ立場。同じ状況になるかどうかは「?」です。
また昨年は夏場を休養に充て、リフレッシュされた状態でこのレースに挑みました。しかし、今年は夏場からレースを使われて、強豪相手に善戦しています。そのあたりの疲れが出てしまうようだと、ほかの実力上位馬たちにもチャンスが巡ってくるでしょうね。

■堅く収まるか、それとも荒れると思いますか?
今年のメンバーに逃げ馬はいません。逃げて3コーナーで10馬身以上のリードを保てるほどスタミナがある馬もいませんから、おそらく展開はスローペースになるでしょう。穴をあけるとすれば、レースの前半で死んだふりをして、内回りとの合流地点で内側がポッカリと開いたところを強襲する馬ということになりそうですが、それでもある程度の決め手が必要とされます。
人気はファンが作り出すものなので終わってみないとわかりませんが、新聞に印がついていない馬で、2着まで持ってこられるような馬は見当たりません。堅く収まるか、荒れるかと聞かれれば、堅いと答えるしかないでしょう。

■とっておきの穴馬を1頭教えてください。
ひとつ前の質問でお答えしたように、穴をあけてくれそうな馬はいません。人気サイドのなかで、どれを切るかという緻密なテクニックが要求されるレースになると思います。

リアルでいくらくらい儲けることを目指しますか?
私より年上のシングルモルトウイスキー「山崎50年」が買えるくらいを目指してがんばりたいです(笑)。ちなみに「山崎50年」は100万円です♪

エリカさんはなんと「山崎50年」狙いですか(笑)。今年は150本限定発売だそうですが、勝負強いエリカさんなら……という気もしてきますよね。今回は丁寧に回答していただきありがとうございました。「エリ女と言えばエリカ」の最終結論は、日曜日のプロ予想DXでご確認ください!

今すぐ山崎エリカプロを注目予想家に登録する

[もっと見る]

2011年11月9日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 ~第153話エリザベス女王杯(謎解き編)~
閲覧 242ビュー コメント 0 ナイス 5

第153話 「エリザベス女王杯

06年 34.8-60.1-36.5 =2.11.4 △2▼15△5 瞬発戦
07年 36.2-61.6-34.1 =2.11.9 ▼8△3△2 瞬発戦
08年 35.1-61.8-35.2 =2.12.1 ▼9△5▼3 瞬発戦
09年 36.0-60.8-36.8 =2.13.6 ▼1△5△7 平坦戦
10年 36.2-60.0-36.3 =2.12.5 ▼1△9▼9 瞬発戦

近年のラップギアの増減を見ると若干イレギュラーなものが多いというのが第一印象。
08年10年はラスト1Fで加速が生じ、06年はラスト2F目の直線で▼15という大きな加速が生じている。
これは何を示しているかというと「4角先頭の馬がラスト1Fを待たずして脚が止まっている」ということ。
つまり、バテルのが早い→スタミナ&底力が問われるレース傾向ということでしょう。
大波乱となった09年は確かにブエナビスタ@安藤Jが前を見誤ったレースではありますがクィーンスプマンテテイエムプリキュアには牡馬混合の長距離戦での勝利経験があったという下地がありました。
長距離重賞の実績は結構重要だと思います。
レースの上がりもダイワスカーレットが勝利した07年こそ34秒台となっていますが35秒台が1回、36秒台が3回というのは単なる上がり勝負の競馬にはなりにくいという証。
外回りコースなので機動力などの小細工は通用しないため
・基本的に人気馬が強い
・リピーターが多い
というのはこのレースに適性のある馬は限られていると言えるでしょう。
近年非サンデーの馬が多く活躍しているのは先週のAR共和国杯と同じ傾向で、この2つは問われる要素が共通(底力&スタミナ)だからなのだと思います。
とはいえクィーンスプマンテ以外の勝ち馬は全て上がりが34秒台だったので底力&スタミナだけではなく京都向きの斬れも同時に必要でしょう。

リピーターが多いという傾向からすれば昨年の1着馬3着馬が今年も参戦予定で普通に有力とも思えますがどうやらそんな簡単ではない様子。
昨年異次元の末脚で勝利したのはスノーフェアリー
エリ女後の香港カップでGⅠ連勝しましたが今年に入っては5戦して未勝利。
但し、未勝利といっても2着3着が多く凱旋門賞3着という結果から見ても衰えはないと判断していいかもしれません。
最も不安なのは凱旋門賞後に中1週で1走している過密ローテ。
底力&スタミナを問われるレースだけに馬の状態は非常に重要だと思います。

馬の状態といえば昨年3着のアパパネ
いくら休養明けはイマイチの馬とはいえ前走の府中牝馬Sが14着の大敗というのは不安が大きい。
掲示板を外したのは1度(安田記念6着)というレース振りは安定した馬なのでこの結果をどう考えるか。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
ホエールキャプチャアヴェンチュラスノーフェアリー
レッドディザイア→○メイショウベルーガという自信の予想だったのですが…。
押し出される格好でホエールキャプチャが◎候補。
「一芸に秀でていないのでGⅠで勝ちきるのは困難」と評価していた同馬ですが常に頑張って走るこの子に最後神はご褒美をくれるのではないかと。

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

クィーンスプマンテの口コミ


口コミ一覧
閲覧 64ビュー コメント 0 ナイス 5

思い出に残るエリザベス女王杯と言ったら個人的には2009年☆

勝ったクィーンスプマンテと2着に入ったテイエムプリキュアの2頭の大逃げ~~~!!

最後の直線で圧倒的1番人気のブエナビスタの猛追~~~!!!

クィーンスプマンテは11番人気、テイエムプリキュアは12番人気!!

実況でもゴール前で大波乱を感じ「これが競馬の恐ろしさ!!!」と。

https://www.youtube.com/watch?v=vOSYW9WAB_o

こんなレース展開~~~久々に見たいな~~~(#^^#)

 やすの競馬総合病院 2015年6月17日(水) 20:30
POG2015-2016の新種牡馬ヴィクトワールピサ産駒...
閲覧 25ビュー コメント 0 ナイス 7

今週はPOG2015-2016シーズンの新種牡馬の産駒をチラ見しておりますが、今日は新種牡馬ヴィクトワールピサの産駒をチラチラっとチラ見していきます。


--------------------------------------------------------------------------------

新種牡馬ヴィクトワールピサ
(父ネオユニヴァース 母ホワイトウォーターアフェア )
2010年の皐月賞、有馬記念、2011年のドバイワールドカップの勝ち馬

近年で世代レベル的には最高クラスだと思う2010年クラシック組の皐月賞を勝ってる馬なんでそれだけでも期待できますけど、ドバイワールドカップも勝ってますからね~。
産駒がどんな活躍してくれるか楽しみです。

ネオユニヴァース産駒って中距離の持久力勝負に強い馬が多いイメージですけど、ヴィクトワールピサも持久力勝負になった方がさらに高いパフォーマンス出すタイプだったんで、父と同じく持久力勝負向きっぽい産駒を多く出したりするのかな?

それでは、子供達を少し紹介します。


--------------------------------------------------------------------------------

エアトゥーレの2013 須貝厩舎
(父ヴィクトワールピサ 母エアトゥーレ)

キャプテントゥーレ、アルティマトゥーレ、コンテッサトゥーレの半妹。

兄・姉がけっこう活躍してるけど、距離的に短い距離で強く、スタミナよりもスピードが持ち味やし、牝馬の場合は特に短距離向きっぽいから、父が変わったとはいえオークスだと距離長い可能性が十分ありますね~。

デビューは秋頃とかいう情報もあるんでまだ先かな?


--------------------------------------------------------------------------------

ダノンスパーク(スターアイルの2013) 音無厩舎
(父ヴィクトワールピサ 母スターアイル)

NHKマイルCを勝ったミッキーアイルの半弟でセレクトセールで1億3500万円で落札されました。

ミッキーアイルは短距離の逃げ・先行馬って感じでディープインパクト産駒らしい感じじゃなかったけど、父がディープインパクトからヴィクトワールピサに変わってどうなるでしょうか。

馬体が500kgを超えてて、兄のミッキーアイルよりもかなり大きいらしいので、兄とは全然タイプの違う馬かもしれませんね~。

9月頃に入厩予定ってことでデビューは少し先っぽいですね。


--------------------------------------------------------------------------------

ラグランジュ(サッカーマムの2013) 西園厩舎
(父ヴィクトワールピサ 母サッカーマム)

オークス8着・秋華賞3着馬のリラコサージュ、桜花賞7着のレディルージュの半妹ですが、父がブライアンズタイムからヴィクトワールピサに変わってサンデーの血が入ってさらにクラシック向きになったりするのかな?

噂によると、上品で非常に良い馬、切れる脚を使えそうな雰囲気だそうです。

母サッカーマムという名前がよくコメントをくださるマムさんと同じなので、なんか親近感ありますね(笑)


--------------------------------------------------------------------------------

他にも、
エリモエクセルの2013 伊藤大厩舎
(父ヴィクトワールピサ 母エリモエクセル)
母エリモエクセルはオークスの勝ち馬。

ディアスプマンテ(クィーンスプマンテの2013) 荒川厩舎
(父ヴィクトワールピサ 母クィーンスプマンテ)
母クィーンスプマンテはエリザベス女王杯の勝ち馬。

などなど、けっこうよさそうな馬いっぱいいますね~。


--------------------------------------------------------------------------------

☆おまけ☆
日本時間、6月18日0:20に、スピルバーグがスミヨン騎乗でプリンスオブウェールズS(アスコット 芝2000m 4歳以上GI)に出走しますね~。

初めて走る競馬場やし、アスコット競馬場はなんとなくタフそうなイメージあるけど、どこまでやってくれるかな~?
なかなか大変かもですが頑張ってほしいです。


--------------------------------------------------------------------------------

☆お知らせ☆
・みんなで達成WIN5企画
・やすの競馬総合病院 POG2015-2016大会
ともに参加者は誰でも大歓迎です。

ルールなど詳細は、右側メニュー欄の上部のリンクからどうぞ。


--------------------------------------------------------------------------------

☆お知らせ☆
このブログは、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」のバックアップ用として内容を転載しているだけなので、ブログ上の買い目、ブログ上の年間の収支、複勝ころがしなど、いろいろな記録については、このブログの転載元である、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」に書いてあるので、よろしかったらご覧ください。

アドレスは、http://blog.livedoor.jp/yasu05impact/です。
ツイッターは、https://twitter.com/です。

また、コメントなども本家ブログの方に書いていただけると返事が書きやすいのでありがたいです。

[もっと見る]

 TERAMAGAZI 2013年11月7日(木) 22:10
【エリ女杯】爆アナはクィーンスプマンテの香りがする逃げ馬... 
閲覧 85ビュー コメント 0 ナイス 1

鋭意執筆中!の馬券攻略本の告知でーす!!!

「JRA全重賞完全データ攻略2014」
JRAのG1・21レースを含む全重賞126レースのデータ完全攻略!!

2014年の新設重賞や条件変更のレースにも全て完全対応!

1レース当たり見開き2ページで、過去5年のレース結果、血統による傾向、コース適性による傾向、距離適性による傾向を図版、表で分かりやすく掲載し、秘伝のワンポイントアドバイスを語りました。
※実績として、JRA発行の万馬券的中証明書(10万円以上の払い戻し)も完全掲載します。


【エリザベス女王杯】
◆基本的にはクラシックを勝てなかった馬がG1初制覇するという性格のレース◆

03年勝ち馬のアドマイヤグルーヴは、桜花賞、オークス、秋華賞の全てで1番人気だったが、どれも勝てなかった。勝ったのは牝馬3冠のスティルインラブ。

アドマイヤグルーヴは4度目のG1対決で初めてスティルインラブに勝ち、G1馬になれた。

後に宝塚記念を勝つ名牝スイープトウショウでさえ、04年の3歳時には秋華賞を勝ち既にG1の勲章を手に入れていたから1番人気でありながら勝てなかった。

06年の勝ち馬フサイチパンドラは、桜花賞14着オークス2着、秋華賞3着。

08年の勝ち馬リトルアマポーラは、桜花賞5着、オークス7着、秋華賞6着。

だから牝馬クラシック全てで2着だったヴィルシーナは昨年勝たなくてはならなかった。
それをいくら重馬場であったにせよ、重賞どころかオープン勝ちすらないレンボーダリアに差し切られているようでは能力が足りないとしか言いようがない。

ヴィクトリアマイルでのG1勝ちはあるが、ディープインパクト産駒が1番パフォーマンスを発揮出来る舞台はマイル。
マルセリーナ、ジョワドヴィーヴル、アユサン、特に牝馬はその傾向が強い。

ジェンティルドンナは、能力がずば抜けているから2400mを勝てただけ。
実際、全姉ドナウブルーは重賞2勝馬だが、京都牝馬S、関屋記念ともにマイル。
ヴィルシーナは今年も勝てない。

06年に1位入線しながらも12着降着になったカワカミプリンセスは、オークス、秋華賞の2冠馬だったから、
エリ女を勝てない運命だったしか言いようがない。4歳時には2着止まり。5歳時には何と9着。
(現在の基準なら降着はなかった。完全にリズムを狂わされプライドを踏みにじられたカワカミプリンセスはその後、11戦して未勝利勝で引退。JRAの罪は重い)

秋華賞馬エアメサイアも3冠牝馬アパパネですら3歳でエリ女に勝てなかった。

クラシックホースで、3歳時に勝てたのは牝馬で史上初めて有馬記念を1番人気で勝った歴史的名牝ダイワスカーレットだけ。

メイショウマンボが、14戦8勝2着4回で、生涯連対を外したことのないダイワスカーレットクラスの馬では絶対ないので、勝つのは無理。

今年優勝のイメージに一番近いのは、オークス、秋華賞をともに1番人気で勝てなかったデニムアンドルビー。
そもそも、非根幹距離の2200mであるエリ女は、根幹距離であるクラシック(マイルの桜花賞、2400mのオークス、10ハロンの秋華賞)を勝てる馬では適性が合わないのだ。

◆前走は重賞でなくてはならない◆

過去10年の3着内馬30頭中、実に29頭の前走は重賞だった。

唯一の例外1頭は昨年3着のピクシープリンセス。
今回、人気になりそうなディープインパクト×ストームキャット(キズナ、アユサンと同じ配合)の連勝中のラキシス、06年に母ディアデラノビアが3着に入った連勝中のディアデラマドレは、来ても3着まで。

◆前走が府中牝馬S→【1・3・4・58】

勝ったのは、昨年のレインボーダリアだけ。
しかし本来はヴィルシーナが勝つべきレースなのをヴィルシーナの能力が足りなくて勝てたに過ぎない。

アロマティコ、ホエールキャプチャ、ハナズゴールは来ても2着まで。勝ちは無い。

マルセリーナは根幹距離を勝てる能力のあるクラシックホースなので(非根幹距離では3着以内すら無し)
エリ女に全く適性はなく3着にすらなれない。消し確定。

ホエールキャプチャに2200mは距離が長過ぎる。消し確定。

◆前走が京都大賞典→【1・2・0・1】

ブエナビスタが3着に負けて、3連単1,545,760円の大波乱だった09年の勝ち馬クィーンスプマンテ、2着テイエムプリキュア

クィーンスプマンテは、牡馬相手の2600mのオープン特別1着、テイエムプリキュアは2400mのG2日経新春杯1着という実績があった。(そもそも格上G2の日経新春杯を勝ってるテイエムプリキュアが12番人気というのは人気が無さ過ぎだろう)

10年2着のメイショウベルーガは京都大賞典の勝ち馬。

牡馬相手のレースで掲示板すらないヴィルシーナは3着もアヤシイかもしれない。

◆結論◆
勝つのはデニムアンドルビー

2着候補は、
2冠馬メイショウマンボ
全6勝中5勝が1800mという非根幹距離専用&牝馬限定戦専用ホースのオールザットジャズ
重馬場限定でレインボーダリア

3着候補は、
ラキシス、ディアデラマドレ、エディン、(一応ヴィルシーナもオサエで…)

爆アナは、エディン
京都外回り2200mを逃げて、上がり33秒5で快勝!
父ジャングルポケットはクィーンスプマンテと同じ!
逃げ馬というのも同じ!
アロマティコ、ハナズゴール2200mは距離が長過ぎる。
(アロマティコはオープン勝ちすらないのに府中牝馬Sの1番人気は元々が過剰人気だった)


僕のJRAと地方競馬の全レースの予想と買い目を公開しています
↓↓↓↓
【サンスポ・競馬エイト】】ウマニティ】予想コロシアムにて「中央競馬・全レース」買い目公開中
http://umanity.jp/coliseum/profile.php

【サンスポ・競馬エイト】【ウマニティ】予想コロシアムにて「地方競馬・全レース」買い目公開中
http://nar.umanity.jp/coliseum/profile.php?user_id=35fe1fee66

Twitterやってます。
https://twitter.com/tera_chaaaaan

【TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想!】で競馬の予想をしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/teramagazine

[もっと見る]

クィーンスプマンテの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  競馬予想男子   フォロワー:0人 2009年12月14日(月) 01:01:33
本当に香港カップおつかれさまでした。
無事に日本に帰ってきてください。

クィーンスプマンテの写真

クィーンスプマンテ

クィーンスプマンテの厩舎情報 VIP

2009年11月15日エリザベス女王杯 G11着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

クィーンスプマンテの取材メモ VIP

2009年11月15日 エリザベス女王杯 G1 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。