会員登録はこちら
日経賞 G2   日程:2020年3月28日() 15:45 中山/芝2500m

レース結果

日経賞 G2

2020年3月28日() 中山/芝2500m/14頭

本賞金:6,700万 2,700万 1,700万 1,000万 670万


レコード:2分29秒5
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 8 14

ミッキースワロー

牡6 56.0 横山典弘  菊沢隆徳 478(-4) 2.32.9 3.4 1
2 6 10

モズベッロ

牡4 56.0 池添謙一  森田直行 472(-6) 2.33.1 1 1/4 5.0 2
3 7 12

スティッフェリオ

牡6 57.0 田辺裕信  音無秀孝 448(-6) 2.33.1 クビ 19.4 9
ラップタイム 6.9 - 11.2 - 11.7 - 12.9 - 12.6 - 13.2 - 12.7 - 12.0 - 11.3 - 11.8 - 12.4 - 11.7 - 12.5
前半 6.9 - 18.1 - 29.8 - 42.7 - 55.3
後半 59.7 - 48.4 - 36.6 - 24.2 - 12.5

■払戻金

単勝 14 340円 1番人気
複勝 14 150円 1番人気
10 210円 3番人気
12 530円 9番人気
枠連 6-8 1,090円 3番人気
馬連 10-14 1,270円 2番人気
ワイド 10-14 520円 3番人気
12-14 1,440円 24番人気
10-12 2,200円 30番人気
馬単 14-10 2,410円 4番人気
3連複 10-12-14 7,980円 33番人気
3連単 14-10-12 33,160円 121番人気

日経賞-厩舎の話


 ◆ウインイクシード・鈴木伸師 「早めに入厩させて好仕上がり。中山は合うし引っ掛からないので距離もこなす」

 ◆エタリオウ・安田助手 「輸送を控えているので、当週は調整程度。しっかりと仕上がっています」

 ◆サトノクロニクル・池江師 「いい動き。前回は長休明けで攻めも動かなかったが、5着で能力はあるなと感じた」

 ◆サンアップルトン・柴田善騎手 「予定通り。初めて乗ったときより背中からトモ(後肢)の感じは良くなっている。現状でどれだけ走れるか」

 ◆スティッフェリオ・音無師 「遅れはしたけど、調教は動かないタイプだからね。動きは十分。好位差しの形で運びたい」

 ◆ソウルスターリング・藤沢和師 「順調にきている。オークス馬だし、この距離も得意だろう。引退レースで頑張ってくれると思う」

 ◆ポンデザール・森助手 「帰厩して10日で使った前走と比べ、今回はしっかり乗り込めた。毛づやが良く、体調も良さそう」

 ◆ミッキースワロー・菊沢師 「無理なく楽に動けていたし、終わってからもケロッとしている。状態に関してはいい意味での平行線」

 ◆モズベッロ・森田師 「先週と日曜(22日)にしっかりとやっている。肩のバランスの悪いところがあったが、徐々にましになってきている」

 ◆レッドレオン・小滝助手 「坂路でサラッと。体つきは変わっていませんが、しっかりと調教はできています」

日経賞の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

プロ予想家の的中情報


日経賞の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

3月28日 15:43更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv122 
150円 150円
Lv113 
7,980円 31,920円
Lv112 
520円 10,400円
Lv109 
1,270円 63,500円
Lv108 
7,980円 7,980円

的中情報をもっと見る >

日経賞過去10年の結果

2019年3月23日() 中山競馬場/芝2500m 天候: 馬場:稍重
1着 メイショウテッコン 武豊 2:34.2 4.9倍 102.1
2着 エタリオウ M.デムーロ 1 1/4 2.1倍 101.2
3着 サクラアンプルール 横山典弘 1 1/4 8.2倍 100.3
2018年3月24日() 中山競馬場/芝2500m 天候: 馬場:
2017年3月25日() 中山競馬場/芝2500m 天候: 馬場:
1着 シャケトラ 田辺裕信 2:32.8 7.3倍 103.6
2着 ミライヘノツバサ 藤岡佑介 3/4 34.9倍 103.1
3着 アドマイヤデウス 岩田康誠 アタマ 24.5倍 103.1

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

日経賞のデータ分析とレース傾向

コース図中山芝2500m

有馬記念と同じ中山芝2500mで施行される古馬G2。2008年以降、前走レース別では同コースの有馬記念出走馬が【3.4.2.7】と高相性であり、2016年には上位3着を独占している。有馬記念組以外ではAJCC、日経新春杯、京都記念といった前走G2組に良績が集中。2018年に1600万下を勝ったばかりの2頭がワンツーを決めたが、昇級馬を含む前走が非重賞だった馬は全体的に苦戦を強いられているので、上がり馬タイプより実績馬が強いレースと覚えておきたい。中山芝2500mは3コーナーの外回りコースからスタートし、最初のコーナーまで200m弱しかなく、また1周で5.3mの高低差を擁するコース。このトリッキーな形態が時に大きな波乱を招いている。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

日経賞の歴史と概要


2013年の優勝馬フェノーメノ

ハクチカラ、スピードシンボリ、グリーングラス、ホウヨウボーイ、シンボリルドルフミホシンザンらの名馬が制している格式高い重賞レースで、現在は関東圏における春の天皇賞の主要前哨戦として定着している。近年では第61回(2013年)の勝ち馬フェノーメノが、連勝で春の盾を手中に収めた。また、第41回(1993年)のライスシャワー、第47回(1999年)のセイウンスカイなど、チャンピオンクラスが貫禄勝ちを収めることがある一方、断然人気が敗れて大波乱になる年も多い。第46回(1998年)は障害帰りで12頭立て最低人気のテンジンショウグンがまさかの勝利を収めたことにより、重賞における馬連、枠連の当時の最高配当が誕生した。

歴史と概要をもっと見る >

日経賞の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2020年7月12日(
七夕賞  G3
プロキオンステークス  G3

競馬番組表

2020年7月11日(
2回函館3日目
2回福島3日目
4回阪神3日目
2020年7月12日(
2回函館4日目
2回福島4日目
4回阪神4日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
106,381万円
2 オジュウチョウサン 牡9
77,453万円
3 キセキ 牡6
62,022万円
4 フィエールマン 牡5
57,306万円
5 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
6 ラッキーライラック 牝5
56,552万円
7 マカヒキ 牡7
56,210万円
8 クロノジェネシス 牝4
53,166万円
9 サートゥルナーリア 牡4
52,359万円
10 ワグネリアン 牡5
50,624万円
» もっと見る

3歳
1 コントレイル 牡3
47,260万円
2 デアリングタクト 牝3
29,389万円
3 サリオス 牡3
25,012万円
4 レシステンシア 牝3
20,813万円
5 ラウダシオン 牡3
17,541万円
6 タイセイビジョン 牡3
14,031万円
7 ヴェルトライゼンデ 牡3
12,845万円
8 ウインマリリン 牝3
12,321万円
9 スマイルカナ 牝3
10,778万円
10 オーソリティ 牡3
9,951万円
» もっと見る