会員登録はこちら
日経賞 G2   日程:2019年3月23日() 15:45 中山/芝2500m

レース結果

日経賞 G2

2019年3月23日() 中山/芝2500m/12頭

本賞金:6,700万 2,700万 1,700万 1,000万 670万


レコード:2分29秒5
天候:
馬場:稍重



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 1 1

メイショウテッコン

牡4 55.0 武豊  高橋義忠 510(+2) 2.34.2 4.9 3
2 6 7

エタリオウ

牡4 55.0 M.デムー  友道康夫 466(-6) 2.34.4 1 1/4 2.1 1
3 4 4

サクラアンプルール

牡8 56.0 横山典弘  金成貴史 484(-4) 2.34.6 1 1/4 8.2 4
ラップタイム 7.0 - 11.8 - 12.5 - 12.3 - 12.6 - 13.1 - 12.9 - 13.1 - 11.9 - 11.6 - 11.8 - 11.6 - 12.0
前半 7.0 - 18.8 - 31.3 - 43.6 - 56.2
後半 58.9 - 47.0 - 35.4 - 23.6 - 12.0

■払戻金

単勝 1 490円 3番人気
複勝 1 160円 3番人気
7 110円 1番人気
4 180円 4番人気
枠連 1-6 610円 2番人気
馬連 1-7 610円 2番人気
ワイド 1-7 300円 2番人気
1-4 540円 6番人気
4-7 370円 4番人気
馬単 1-7 1,330円 4番人気
3連複 1-4-7 1,390円 3番人気
3連単 1-7-4 6,940円 14番人気

日経賞のニュース&コラム

日経賞を制したメイショウテッコンは天皇賞・春に挑戦
 日経賞を逃げ切って重賞2勝目を挙げたメイショウテッコン(栗・高橋忠、牡4)は、天皇賞・春(4月28日、京都、GI、芝3200メートル)に挑戦する。鞍上は未定。★メイショウテッコンの競走成績はこちら
2019年3月26日(火) 13:43

 1,320

【日経賞】武、50歳重賞初V!テッコン復活させた
 日経賞が23日、中山競馬場で12頭によって争われ、武豊騎乗で3番人気のメイショウテッコンが逃げ切って2度目の重賞V。武豊騎手は50歳になって初の重賞勝ちを飾った。次走は天皇賞・春(4月28日、京都、GI、芝3200メートル)になる見込み。1番人気エタリオウは1馬身1/4届かず、キャリア10戦で7度目の2着となった。 競馬界の“生ける伝説”はまだまだ現役だ。寒の戻りの中山で4000勝男・武豊に導かれたメイショウテッコンが完璧な逃走劇を披露。圧倒的1番人気のエタリオウを封じ、鮮やかに昨夏のラジオNIKKEI賞以来となる重賞Vを飾った。 「厩舎でしっかりやってくれたおかげで、課題のスタートをうまく出てくれた。エタリオウが来たところで一緒にペースを上げたけど、本当に終始、手応えが良かった」 15日に50歳の大台に到達した鞍上が表彰台で穏やかな笑みを浮かべる。先日、引退を発表した米大リーグ・マリナーズのイチロー外野手とは定期的に顔を合わせる間柄。「本当に尊敬している。試合を見られないのは寂しいけど、たくさん勇気をもらったからね」とたたえつつ、「僕は伸び盛り。60代までいくよ」と力強く生涯現役を宣言。「明日(高松宮記念=モズスーパーフレア)も人気だと思うし頑張らないと」と貪欲に50代最初のGIとなる尾張の地へ向かった。 菊花賞(14着)、日経新春杯(9着)と本来の粘りを見せなかった愛馬の復活劇に、高橋忠調教師も達成感を漂わせる。 「これまでは自信の持てない状態でレースに使うこともあったけれど、ようやく精神面と体の成長のバランスが整ってきた。今回はレースに向かう過程が全てうまくいって、このコンディションなら休み明けの馬には負けないと思っていました」 伝統のGIIで本来のしぶとさを取り戻した4歳の実力派。今後は天皇賞・春を視野に入れて、調整される。 (内海裕介) ◆金成師(サクラアンプルール3着) 「スタートが良く、ロスなく流れに乗って競馬ができた。逃げ切られる展開で負けたけど、馬は気分良く走れていた」 ◆服部茂騎手(ハッピーグリン4着) 「出たなりで運べた。2000メートルから2500メートルぐらいが合う」 ◆石橋騎手(ゴーフォザサミット5着) 「まくりの競馬にもうまく対応してくれた。甘くなったのは久々と馬場のぶんかも」 ◆戸崎騎手(ルックトゥワイス6着) 「きょうは普段と違って、道中からノメるような走りだった」★23日中山11R「日経賞」の着順&払戻金はこちらメイショウテッコン 父マンハッタンカフェ、母エーシンベロシティ、母の父レモンドロップキッド。青鹿毛の牡4歳。栗東・高橋義忠厩舎所属。北海道新ひだか町・下屋敷牧場の生産馬。馬主は松本好雄氏。戦績11戦5勝。獲得賞金1億6228万円。重賞は2018年GIIIラジオNIKKEI賞に次いで2勝目。日経賞は高橋義忠調教師、武豊騎手ともに初勝利。馬名は「冠名+鉄魂」
2019年3月24日() 05:03

 1,305

【日経賞】エタリオウまたも2着
 前半、中団を進んだ1番人気エタリオウは向こう正面で一気に上昇してメイショウテッコンに並びかけたが、直線で相手の粘りに屈し、重賞で4度目の2着。M・デムーロ騎手は「残念。少しずつ上がっていったけど、坂を上がって苦しくなった。久々のぶんもあったと思う」と肩を落とした。 友道調教師は「真面目に走らない馬なので馬具を工夫してきたが、成長したのか、今日は真剣に走りすぎた。動いたのも馬具が影響。天皇賞・春へは調教から馬具も含めて工夫していきたい」と大一番を見据えた。★23日中山11R「日経賞」の着順&払戻金はこちら
2019年3月24日() 05:02

 482

【日経賞】エタリオウは7度目の2着 Mデムーロ「坂を上がって苦しくなった」 
 3月23日の中山11Rで行われた第67回日経賞(GII、4歳以上オープン、芝2500メートル、別定、12頭立て、1着賞金=6700万円)は、武豊騎手騎乗の3番人気メイショウテッコン(牡4歳、栗東・高橋義忠厩舎)がスタート良く飛び出してマイペースに持ち込み、向こう正面から2番手追走に出た1番人気のエタリオウを最後まで抜かせずV。天皇賞・春(4月28日、京都、GI、芝3200メートル)の優先出走権を獲得した。タイムは2分34秒2(稍重)。 菊花賞以来5カ月ぶりの出走となったエタリオウは、折り合いを付けて中団を追走し、2周目3コーナーあたりで2番手まで上げて、勝ち馬に迫るも差はなかなか縮まらず1馬身1/4差の2着。これで3戦連続7度目の2着となった。 M.デムーロ騎手「残念。少しずつ上がっていったけど、坂を上がって苦しくなった。久々のぶんもあったと思う」★【日経賞】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2019年3月23日() 19:26

 771

日経賞のニュースをもっと見る >

【日経賞】追って一言
 ◆アクションスター・和田勇師 「状態は変わりない。今回も相手が強い」 ◆エタリオウ・友道師 「最後まで集中して走れていた。具合はいいが、中山のコース形態と休み明けがどうか」 ◆カフェブリッツ・池江師 「悪くは見えないし、格好はつけてくれるんじゃないかな」 ◆グランアルマダ・西園師 「動きは良かった。一時期に比べて前向きさが出てきた」 ◆クリンチャー・三浦騎手 「柔らかみがあって、去年と比べてしっかりしてきた」 ◆ゴーフォザサミット・藤沢和師 「時間をかけて順調に乗り込んだ。仕上がりはいい」 ◆サクラアンプルール・金成師 「体調が悪かった昨年(3着)とは比べものにならない」 ◆チェスナットコート・坂井騎手 「最後は強め。久々なのである程度やりたかった。先週やっている分、多少素軽くなってきた」 ◆ブラックバゴ・斎藤誠師 「先週びっしり追ったのでしまいだけ伸ばした。この距離は初めても、合うイメージ」 ◆ルックトゥワイス・藤原英師 「前走は最後もいい脚。右回りでも走れるし、精神的に大人になった」★日経賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年3月21日(木) 05:06

 2,035

【日経賞】メイショウテッコン、坂路自己ベスト!4ハロン51秒2
 メイショウテッコンは坂路単走で一杯に追われ、4ハロン51秒2-11秒8の自己ベスト。ラストを鋭く伸ばし、調教評価は最高の『S』となった。高橋忠調教師は「先週はジョッキーに乗ってもらってしっかりやりました。輸送もあるのできょうはテンションを上げないようにしたが、これだけの時計が出ているし、十分。不安なく臨めます」と納得の表情だ。★日経賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年3月21日(木) 05:06

 1,190

【日経賞】エタリオウ、CWクビ差先着
 《栗東》昨年の菊花賞2着以来となるエタリオウ(友道、牡4)は、CWコースの併せ馬で6ハロン81秒1-12秒3。4馬身先行して、最後はクビ差の先着だった。「早めに入厩させて乗り込み、フレッシュな状態。心得たジョッキー(M・デムーロ騎手)だし、春の天皇賞につながるレースをしてほしい」と友道調教師は語った。
2019年3月15日(金) 05:06

 705

【古馬次走報】エアウィンザー、大阪杯へ
 ★金鯱賞3着エアウィンザー(栗・角居、牡5)は浜中騎手で大阪杯(31日、阪神、GI、芝2000メートル)へ。9着モズカッチャン(栗・鮫島、牝5)は和田騎手で同レースへ向かう。また、8着スズカデヴィアス(栗・橋田、牡8)は、昨年勝った新潟大賞典(4月29日、新潟、GIII、芝2000メートル)に向かう。さらに11着サトノワルキューレ(栗・角居、牝4)は、サンスポ杯阪神牝馬S(4月6日、阪神、GII、芝1600メートル)へ。東京新聞杯2着レッドオルガ(栗・藤原英、牝5)も同レースを目指す。 ★昨年の有馬記念15着以来となるクリンチャー(栗・宮本、牡5)は三浦騎手で日経賞(23日、中山、GII、芝2500メートル)に参戦する。 ★根岸S10着ケイアイノーテック(栗・平田、牡4)は、芝に戻してシュタルケ騎手でマイラーズC(4月21日、京都、GII、芝1600メートル)に向かう。
2019年3月14日(木) 05:00

 823

日経賞の直前追い切り情報をもっと見る >

プロ予想家の的中情報


日経賞の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

3月23日 15:49更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv122 

6,940円
1,330円
13,590円
Lv113 
610円 36,600円
Lv112 
1,390円 6,950円
Lv108 
110円 110円
Lv108 
610円 6,100円

的中情報をもっと見る >

日経賞過去10年の結果

2018年3月24日() 中山競馬場/芝2500m 天候: 馬場:
2017年3月25日() 中山競馬場/芝2500m 天候: 馬場:
1着 シャケトラ 田辺裕信 2:32.8 7.3倍 103.6
2着 ミライヘノツバサ 藤岡佑介 3/4 34.9倍 103.1
3着 アドマイヤデウス 岩田康誠 アタマ 24.5倍 103.1
2016年3月26日() 中山競馬場/芝2500m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

日経賞のデータ分析とレース傾向

コース図中山芝2500m

有馬記念と同じ中山芝2500mで施行される古馬G2。2008年以降、前走レース別では同コースの有馬記念出走馬が【3.4.2.6】と高相性であり、2016年には上位3着を独占している。有馬記念組以外ではAJCC、日経新春杯、京都記念といった前走G2組に良績が集中。2018年に1600万下を勝ったばかりの2頭がワンツーを決めたが、昇級馬を含む前走が非重賞だった馬は全体的に苦戦を強いられているので、上がり馬タイプより実績馬が強いレースと覚えておきたい。中山芝2500mは3コーナーの外回りコースからスタートし、最初のコーナーまで200m弱しかなく、また1周で5.3mの高低差を擁するコース。このトリッキーな形態が時に大きな波乱を招いている。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

日経賞の歴史と概要


2013年の優勝馬フェノーメノ

ハクチカラ、スピードシンボリ、グリーングラス、ホウヨウボーイ、シンボリルドルフミホシンザンらの名馬が制している格式高い重賞レースで、現在は関東圏における春の天皇賞の主要前哨戦として定着している。近年では第61回(2013年)の勝ち馬フェノーメノが、連勝で春の盾を手中に収めた。また、第41回(1993年)のライスシャワー、第47回(1999年)のセイウンスカイなど、チャンピオンクラスが貫禄勝ちを収めることがある一方、断然人気が敗れて大波乱になる年も多い。第46回(1998年)は障害帰りで12頭立て最低人気のテンジンショウグンがまさかの勝利を収めたことにより、重賞における馬連、枠連の当時の最高配当が誕生した。

歴史と概要をもっと見る >

日経賞の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年9月22日(
産経賞オールカマー  G2
神戸新聞杯  G2

競馬番組表

2019年9月21日(
4回中山6日目
4回阪神6日目
2019年9月22日(
4回中山7日目
4回阪神7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
87,155万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
2 サートゥルナーリア 牡3
25,716万円
3 ダノンファンタジー 牝3
23,621万円
4 グランアレグリア 牝3
19,878万円
5 ダノンキングリー 牡3
17,411万円
6 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
7 ヴェロックス 牡3
16,304万円
8 クロノジェネシス 牝3
14,611万円
9 リオンリオン 牡3
13,748万円
10 ファンタジスト 牡3
13,439万円
» もっと見る