今週の重賞レース

2021年5月8日( 京都新聞杯 G2
2021年5月9日( 新潟大賞典 G3 NHKマイルカップ G1
日経賞 G2   日程:2021年3月27日() 15:45 中山/芝2500m



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気 上がり
3F
通過順
1 3 4

ウインマリリン

牝4 53.0 横山武史  手塚貴久 456(-8) 2.33.3 8.5 4 34.7 ③③③②
2 4 7

カレンブーケドール

牝5 54.0 松山弘平  国枝栄 478(0) 2.33.4 1/2 2.3 1 34.5 ⑤⑤⑤⑥
3 2 2

ワールドプレミア

牡5 57.0 石橋脩  友道康夫 488(+4) 2.33.4 クビ 5.0 2 34.5 ⑨⑨⑤④
4 1 1

ヒュミドール

セ5 56.0 吉田豊  小手川準 466(+2) 2.33.9 2 1/2 27.4 8 34.7 ⑨⑩⑨⑦
5 6 10

ジャコマル

牡7 56.0 田中勝春  松永幹夫 468(+4) 2.33.9 アタマ 74.0 13 35.5 ①①①①
6 5 8

オセアグレイト

牡5 57.0 横山典弘  菊川正達 496(+2) 2.33.9 クビ 9.9 5 35.2 ③③③④
7 5 9

ムイトオブリガード

牡7 56.0 北村宏司  角田晃一 500(-10) 2.34.2 1 3/4 68.7 12 35.1 ⑪⑪⑧⑦
8 7 13

ラストドラフト

牡5 56.0 三浦皇成  戸田博文 462(0) 2.34.2 ハナ 7.9 3 34.7 ⑬⑬⑬⑭
9 2 3

アールスター

牡6 56.0 長岡禎仁  杉山晴紀 506(0) 2.34.7 2 1/2 32.9 10 35.1 ⑬⑬⑬⑮
10 6 11

シークレットラン

牡5 56.0 田辺裕信  田村康仁 504(0) 2.34.8 27.5 9 35.1 ⑮⑮⑮⑩
11 8 14

ゴーフォザサミット

牡6 56.0 丸山元気  藤沢和雄 518(-2) 2.34.9 1/2 87.4 14 35.6 ⑧⑧⑨⑩
12 7 12

ダンビュライト

セ7 56.0 松若風馬  音無秀孝 492(-12) 2.34.9 ハナ 18.0 7 36.4 ②②②②
13 8 15

サトノルークス

牡5 56.0 大野拓弥  池江泰寿 484(-4) 2.35.0 1/2 38.8 11 35.7 ⑪⑪⑨⑩
14 3 5

ナイママ

牡5 56.0 柴田大知  武藤善則 474(-8) 2.35.2 1 1/2 158.3 15 36.3 ⑥⑥⑤⑦
15 4 6

ウインキートス

牝4 53.0 丹内祐次  宗像義忠 460(0) 2.35.2 ハナ 17.7 6 36.0 ⑥⑥⑨⑩
ラップタイム 7.1 - 11.6 - 12.3 - 13.0 - 12.5 - 12.8 - 12.8 - 12.5 - 11.7 - 12.1 - 11.8 - 11.3 - 11.8
前半 7.1 - 18.7 - 31.0 - 44.0 - 56.5
後半 58.7 - 47.0 - 34.9 - 23.1 - 11.8

■払戻金

単勝 4 850円 4番人気
複勝 4 230円 4番人気
7 120円 1番人気
2 160円 2番人気
枠連 3-4 930円 3番人気
馬連 4-7 1,000円 3番人気
ワイド 4-7 400円 3番人気
2-4 870円 9番人気
2-7 260円 1番人気
馬単 4-7 2,560円 8番人気
3連複 2-4-7 1,630円 2番人気
3連単 4-7-2 10,240円 15番人気

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

 ウマニティの会員数:311,490人(05月08日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

厩舎
の話

【日経賞2021予想】カレンブーケドール「稽古の動きいい」 ワールドプレミア「今回は不安材料がない」

 ◆アールスター・大久保助手「末脚を生かせる流れになれば」

 ◆ウインキートス・丹内騎手「中山では走るし、距離が延びるのもいい」

 ◆ウインマリリン・手塚師「前走も勝ちに行ってあの内容なら悪くない」

 ◆オセアグレイト・菊川師「久々でも仕上がりはいい」

 ◆カレンブーケドール・国枝師「稽古の動きはいいし、ここは頑張ってもらいたい」

 ◆ゴーフォザサミット・藤沢和師「距離は長くても大丈夫」

 ◆サトノルークス・池江師「今回の条件は合っています」

 ◆ジャコマル・松永幹師「できればハナに行ってもらえれば」

 ◆シークレットラン・田村師「前走は距離が短かった」

 ◆ダンビュライト・音無師「いつ走るか分からない馬。中山は実績がある」

 ◆ナイママ・武藤師「時計がかかる今の中山の馬場はぴったり」

 ◆ヒュミドール・小手川師「使われて良くなっている」

 ◆ムイトオブリガード・角田師「動きは良かったし、芝に戻して前進があれば」

 ◆ラストドラフト・斎藤助手「スタミナがあるし、折り合いも良くなっています」

 ◆ワールドプレミア・友道師「徐々に良くなってきています。今回は不安材料がない」



日経賞の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

データ
予想

【日経賞2021予想】ワールドプレミア、ステイフーリッシュ、オセアグレイト、ナイママが6項目のチェックで浮上

【馬齢】

中山競馬場で行われた、2012年以降の1~2着馬延べ18頭の馬齢をみると、4歳から7歳までの範囲。ただし、7歳の2着連対圏入りは前年度の日経賞勝ち馬のみ。その点には注意したい。

【前走着順】

前走の着順についてはG1ならば12着以内、G2は1ケタ、それ以外であれば1着がひとつの目安。2012年以降の3着以内延べ27頭のうち、26頭がこの条件を満たしていた。

【前走使用距離】

2012年以降の2着以内馬はいずれも、前走で2200m以上のレースに出走していた。前走の距離が2200m未満だった馬の最高着順は3着止まりとなっている。

【前走馬体重】

2012年以降の1~2着馬延べ18頭中14頭は、前走の馬体重が480キロ以上だった。例外の4頭はすべて前走連対馬。前走の馬体重が480キロ未満、なおかつ3着以下に敗れていた馬は強調できない。

【前走4角通過順位】

前走がG1だった馬の位置取りについては不問だが、それ以外の場合は話が変わってくる。2012年以降、前走でG2以下のクラスに出走、かつ当時の4角通過順位が10番手以降だった馬の好走例は皆無。該当馬は割引が必要だろう。

【レース間隔】
2012年以降の2着以内に入った馬の間隔を検証すると、いずれも中4週以上。中3週以内の臨戦馬は連対ゼロと低調な結果に終わっている。

【データ予想からの注目馬】
上記6項目で減点がないのは、オセアグレイトステイフーリッシュナイママワールドプレミアの4頭。最上位にはワールドプレミアを挙げたい。2012年以降、前走G1 5着以内からの臨戦馬は【3.2.1.4】。本馬自身、今回と同じ舞台の有馬記念で3、5着と大きく崩れていない点も強調材料となる。

G2・G3で【1.5.6.5】、中山芝では【0.2.2.1】という堅実な成績を残している、ステイフーリッシュを2番手に。以下は、オセアグレイトナイママの2頭横並びの評価としたい。

<注目馬>
ワールドプレミア ステイフーリッシュ オセアグレイト ナイママ

このレースの傾向やデータをもっと見る

U指数
予想

【日経賞2021予想】登録メンバー中2頭だけU指数100超えの実績馬を素直に信頼!

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

過去5年間の3着以内馬15頭はすべて一桁人気(勝ち馬は4番人気以内)という堅い傾向にあるレースで、U指数に関しても上位勢が安定した走りを見せている。昨年は2位で1番人気のミッキースワローが勝利。今年もある程度人気になることが予想されるU指数上位勢を中心に、大きく振り回さず、手堅く攻める戦術が推奨される。指数も人気も下位の馬はバッサリ切る姿勢で臨みたい。

主役となるのは、昨年のジャパンカップと有馬記念を強豪相手に上々の着でまとめた1位のワールドプレミア(101.5)と2位のカレンブーケドール(101.4)だろう。登録メンバー中、この2頭だけがU指数100超えと、指数的にも抜けている。人気馬が強いというこのレースの傾向にも合致する存在なので、ここは素直に信頼したい。

中山巧者としておなじみで、3位に付けているステイフーリッシュ(99.8)も侮れない1頭。G1以外では大崩れがなく、当然今回も上位争いに顔をのぞかせるはずだ。そして最後に1頭、人気以上の走りを見せているここ2戦の内容を評価できる4位のラストドラフト(99.3)を指名したい。

出走予定馬のU指数をチェックする

 ウマニティの会員数:311,490人(05月08日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

血統
予想

【日経賞2021予想】Nureyev、Sadler's Wells、Lt. StevensなどRough Shodに遡る血脈に注目

昨年はトーセンホマレボシ産駒の1番人気ミッキースワローが勝利し、2着にはディープブリランテ産駒の2番人気モズベッロが入線。2頭はディープインパクトの直系であるとともに、どちらもNureyevの血を引くことを血統的な共通点として挙げられる。直近4年の勝ち馬はNureyevまたはその甥にあたるSadler's Wellsの血脈を持っており、それらの牝祖Rough Shodに注目すれば、16年の勝ち馬ゴールドアクターも母の父キョウワアリシバ経由でLt. Stevens(=母Rough Shod)を抱えていた。

ほか、昨年も9番人気スティッフェリオ(父ステイゴールド)が低評価を覆す走りで3着に好走するなど、ステイゴールドの直系も毎年のように上位を賑わせている。


オセアグレイトは、父オルフェーヴル×母ブルーダヌーブ(母の父Bahri)。オルフェーヴルの産駒としても初出走を果たすことになるが、同種牡馬は好相性を示すステイゴールドの直仔であることに加えて、3代母グランマステイーヴンスがLt. Stevensの直仔ということを強調しやすい。また、本馬は2代母シンコウエルメス経由でSadler's Wellsを保持するため、父系と母系からRough Shodの血脈を持つことになる。急坂コースを得意とするファミリーでもあるので、中山競馬場では注目しておきたい存在だ。

ヒュミドールは、父オルフェーヴル×母アヴェクトワ(母の父チチカステナンゴ)。本馬もオルフェーヴルの直仔であることを強調しやすく、父系や母系、血統構成からはスタミナ勝負でこそ真価を発揮するイメージが描ける。前走ダイヤモンドSは休み明けで一息ということもあったかもしれないが、2代母キストゥヘヴンが06年フラワーC、08年京成杯オータムH、09年中山牝馬Sと中山の重賞を3勝した実績を鑑みれば、本馬も中山競馬場でパフォーマンスを上げる可能性は大いにありそうだ。

アールスターは、父ロードカナロア×母ウェーブクイーン(母の父サツカーボーイ)。母の父サツカーボーイは、ステイゴールドの母ゴールデンサッシュの全兄、つまりステイゴールドの伯父にあたる血統馬で、日経賞においてもマイネルキッツ(母の父サツカーボーイ)が09年2着、10年1着と2年連続で好走した実績を持つ。また、本馬は父系曽祖父Kingmambo経由でNureyevの血を引くことも強調しやすい。別定戦の重賞には初挑戦となるが、相手なりに走れる堅実さを活かせれば上位争い可能だろう。

【血統予想からの注目馬】
オセアグレイト ヒュミドール アールスター

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

過去10年の結果

【日経賞2021予想】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2020年3月28日() 中山/芝2500m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 14 ミッキースワロー 横山典弘 2:32.9 3.4 1 35.7 103.6
2 10 モズベッロ 池添謙一 2:33.1 1 1/4 5.0 2 35.6 102.7
3 12 スティッフェリオ 田辺裕信 2:33.1 クビ 19.4 9 36.1 102.7
4 11 サンアップルトン 柴田善臣 2:33.3 1 1/4 9.3 6 35.3 101.8
5 13 アイスバブル 津村明秀 2:33.5 1 1/4 60.4 11 35.7 100.8
2019年3月23日() 中山/芝2500m
天候: 馬場:稍重
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 1 メイショウテッコン 武豊 2:34.2 4.9 3 35.4 102.1
2 7 エタリオウ M.デムーロ 2:34.4 1 1/4 2.1 1 35.6 101.2
3 4 サクラアンプルール 横山典弘 2:34.6 1 1/4 8.2 4 35.2 100.3
4 10 ハッピーグリン 服部茂史 2:34.8 1 1/4 93.7 10 35.5 99.4
5 2 ゴーフォザサミット 石橋脩 2:34.9 クビ 19.6 6 35.9 98.9
2018年3月24日() 中山/芝2500m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 12 ガンコ 藤岡佑介 2:33.9 5.4 3 35.6 101.1
2 3 チェスナットコート 蛯名正義 2:34.0 3/4 20.6 7 34.8 100.6
3 11 サクラアンプルール 田辺裕信 2:34.1 3/4 12.3 6 34.6 100.2
4 4 ロードヴァンドール 横山典弘 2:34.1 アタマ 6.3 4 35.8 100.2
5 7 トーセンバジル M.デムーロ 2:34.3 3/4 3.5 2 35.3 99.2

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【日経賞2021予想】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2013年の優勝馬フェノーメノ

ハクチカラ、スピードシンボリ、グリーングラス、ホウヨウボーイ、シンボリルドルフミホシンザンらの名馬が制している格式高い重賞レースで、現在は関東圏における春の天皇賞の主要前哨戦として定着している。近年では第61回(2013年)の勝ち馬フェノーメノが、連勝で春の盾を手中に収めた。また、第41回(1993年)のライスシャワー、第47回(1999年)のセイウンスカイなど、チャンピオンクラスが貫禄勝ちを収めることがある一方、断然人気が敗れて大波乱になる年も多い。第46回(1998年)は障害帰りで12頭立て最低人気のテンジンショウグンがまさかの勝利を収めたことにより、重賞における馬連、枠連の当時の最高配当が誕生した。

歴史と概要をもっと見る

日経賞特集 バックナンバー