ヒュミドール(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ヒュミドール
ヒュミドール
ヒュミドール
ヒュミドール
ヒュミドール
写真一覧
現役 セ6 鹿毛 2016年3月26日生
調教師小手川準(美浦)
馬主有限会社 サンライズ
生産者宮内牧場
生産地浦河町
戦績27戦[4-2-0-21]
総賞金10,748万円
収得賞金4,000万円
英字表記Humidor
血統 オルフェーヴル
血統 ][ 産駒 ]
ステイゴールド
オリエンタルアート
アヴェクトワ
血統 ][ 産駒 ]
チチカステナンゴ
キストゥヘヴン
兄弟 ビックハートダンツテリオス
市場価格1,782万円(2017北海道セレクションセール)
前走 2022/11/19 アンドロメダS (L)
次走予定

ヒュミドールの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
22/11/19 阪神 11 アンドロメダ (L) 芝2000 1181024.9810** セ6 56.0 幸英明小手川準 462
(-14)
2.01.0 1.736.3⑦⑦⑧⑥マテンロウレオ
22/08/14 小倉 11 小倉記念 G3 芝2000 1681615.279** セ6 56.0 藤岡康太小手川準 476
(+4)
1.59.1 1.736.0⑧⑨⑧⑫マリアエレーナ
22/07/10 福島 11 七夕賞 G3 芝2000 16236.635** セ6 56.0 M.デムー小手川準 472
(+6)
1.58.8 1.035.2⑥⑥⑦⑧エヒト
22/04/03 阪神 11 大阪杯 G1 芝2000 1623182.31415** セ6 57.0 M.デムー小手川準 466
(-6)
2.00.3 1.936.8⑦⑧⑨⑨ポタジェ
22/02/27 中山 11 中山記念 G2 芝1800 162413.356** セ6 56.0 M.デムー小手川準 472
(+4)
1.47.7 1.336.5⑬⑭⑬⑬パンサラッサ
21/11/14 福島 11 福島記念 G3 芝2000 166129.162** セ5 55.0 吉田豊小手川準 468
(+10)
1.59.8 0.635.6⑥⑥⑥⑥パンサラッサ
21/10/10 阪神 11 京都大賞典 G2 芝2400 144613.9710** セ5 56.0 幸英明小手川準 458
(-10)
2.25.3 0.836.7⑤⑥⑦⑦マカヒキ
21/08/15 小倉 11 小倉記念 G3 芝2000 10777.152** セ5 55.0 幸英明小手川準 468
(+6)
1.59.8 0.135.4⑥⑥④⑤モズナガレボシ
21/06/13 東京 11 エプソムC G3 芝1800 183631.6116** セ5 56.0 吉田豊小手川準 462
(-12)
1.45.6 0.534.4⑩⑯⑯ザダル
21/05/09 新潟 11 新潟大賞典 G3 芝2000 14466.8411** セ5 55.0 吉田豊小手川準 474
(+8)
2.00.4 1.137.6⑩⑩サンレイポケット
21/03/27 中山 11 日経賞 G2 芝2500 151127.484** セ5 56.0 吉田豊小手川準 466
(+2)
2.33.9 0.634.7⑨⑩⑨⑦ウインマリリン
21/02/20 東京 11 ダイヤモンド G3 芝3400 16247.635** セ5 55.0 吉田豊小手川準 464
(+2)
3.32.3 1.135.9グロンディオーズ
20/12/05 中山 11 ステイヤーズ G2 芝3600 155910.865** セ4 56.0 吉田豊小手川準 462
(0)
3.52.6 0.634.9⑦⑦⑦⑤オセアグレイト
20/11/07 東京 10 ノベンバーS 3勝クラス 芝1800 1561147.2121** セ4 57.0 吉田豊小手川準 462
(0)
1.46.7 -0.333.4⑨⑩⑬レッドベルローズ
20/08/22 新潟 11 日本海S 3勝クラス 芝2200 1651012.676** セ4 57.0 武藤雅小手川準 462
(0)
2.14.5 0.937.1⑤⑤④⑤ソロフレーズ
20/07/19 福島 9 信夫山特別 2勝クラス 芝2600 163528.3101** セ4 54.0 吉田豊小手川準 462
(-4)
2.40.6 -0.336.2⑧⑧⑥⑥エフェクトオン
20/06/14 東京 9 八王子特別 2勝クラス ダ2100 161222.498** セ4 57.0 田辺裕信小手川準 466
(-6)
2.10.5 1.336.9⑨⑧⑨⑧ヴィーヴァバッカス
20/05/24 東京 12 是政特別 2勝クラス ダ2100 1671340.194** セ4 57.0 松山弘平小手川準 472
(+6)
2.13.7 0.837.5⑤⑤④ネオブレイブ
20/03/14 中山 12 4歳以上2勝クラス ダ2400 1681520.678** セ4 56.0 L.ヒュー武幸四郎 466
(-4)
2.33.8 1.238.7④⑦ヴィジョンオブラヴ
20/02/16 小倉 9 4歳以上1勝クラス ダ1700 148146.451** セ4 56.0 菱田裕二武幸四郎 470
(-2)
1.44.9 -0.037.4⑦⑨⑨④シーオブセレニティ

⇒もっと見る


ヒュミドールの関連ニュース




マイルCS8着ロータスランド(栗・辻野、牝5)は、阪神C(12月24日、阪神、GⅡ、芝1400メートル)を視野に入れる。12着ウインカーネリアン(美・鹿戸、牡5)は、ゲート再審査をクリアすれば、京都金杯(1月5日、中京、GⅢ、芝1600メートル)を視野。

アルゼンチン共和国杯8着キラーアビリティ(栗・斉藤崇、牡3)は、中日新聞杯(12月10日、中京、GⅢ、芝2000メートル)を目標にする。

★甲斐路Sを勝って放牧に出ていたラーグルフ(美・宗像、牡3)は22日に帰厩。中山金杯(1月5日、中山、GⅢ、芝2000メートル)に向けて調整していく。アンドロメダS10着ヒュミドール(美・小手川、騸6)も同レースを視野。

★霜月S3着ディアセオリー(美・高木、牡5)は、師走S(12月10日、中山、L、ダ1800メートル)などを視野。8着ベイビーボス(美・矢野、牡5)は、カペラS(12月11日、中山、GⅢ、ダ1200メートル)などが候補。

★福島民友C4着ワーケア(美・手塚、牡5)は、師走Sなどを視野に入れる。6着ディパッセ(栗・高柳大、牡3)は、門司S(1月15日、小倉、OP、ダ1700メートル)を視野。

【血統アナリシス】福島記念2022 3年連続でキングカメハメハ直系とステイゴールド直系のワンツー決着 2022年11月12日() 12:00


ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は福島記念2022・血統予想をお届けします!


昨年は1000m通過57秒3というハイペースを刻んだロードカナロア産駒のパンサラッサが、まさに肉を切らせて骨を断つ逃げで後続に4馬身差を付ける快勝。キングカメハメハの直系という観点でいえば、15年ヤマカツエース以来の勝利となるが、17年2着スズカデヴィアス、20年2着ヴァンケドミンゴ、21年3着アラタ、と近年は同系統に該当する馬が定期的に好走している。

一方、17~19年はウインブライトスティッフェリオクレッシェンドラヴ、とステイゴールドの直仔が3連覇を飾っており、20年も後継種牡馬の産駒であるバイオスパーク(父オルフェーヴル)が勝利。昨年においても2着にはオルフェーヴル産駒のヒュミドールが入線していたため、同系統が5年連続で連対していることも念頭に置くべきだろう。

ゴールドスミスは、父ステイゴールド×母ザミリア(母の父Cape Cross)。同産駒は過去に4頭が勝ち馬として名を連ねているが、18年1着スティッフェリオにおいては本馬の甥にあたる間柄でもあるので、血統構成の3/4が一致していることになる。同馬も6歳にして天皇賞(春)で2着になるなど躍進を遂げていたが、この父系らしい晩成傾向は本馬にも通じる部分がありそうだ。本馬は8歳とはいえキャリアが浅く、伸びしろも十分だろう。

フォワードアゲンは、父ローズキングダム×母エーシンシャイナー(母の父グラスワンダー)。父はキングカメハメハの直仔となるが、同系統で母の父にグラスワンダーが配された血統構成は、15年の勝ち馬ヤマカツエースを想起させる。総じて同産駒は道悪を得意とする馬が多く、同じ福島芝2000mで施行された21年七夕賞ではロザムールが2着。本馬自身も稍重と不良で1勝ずつ挙げているように、時計のかかる馬場では警戒しておきたい。

アラタは、父キングカメハメハ×母サンシャイン(母の父ハーツクライ)。同産駒は好調ぶりが目に留まるが、本馬自身も昨年は上がり3F最速となる末脚を駆使して3着に好走。また、ルーラーシップアドマイヤベガなど、トニービン内包種牡馬の血を引く馬も毎年のように上位を賑わせているため、母の父を介して同血脈を保持することも強調しやすい。前走札幌記念では4着と復調気配を示しているだけに、リピーターとして要注意な存在だろう。


【血統予想からの注目馬】
ゴールドスミス ⑥フォワードアゲン ①アラタ

[もっと見る]

【3歳上次走報】シャマルは9・21テレ玉杯オーバルスプリントへ 2022年9月1日(木) 04:50

サマーチャンピオンで重賞2勝目を挙げたシャマル(栗・松下、牡4)は、テレ玉杯オーバルスプリント(21日、浦和、JpnⅢ、ダ1400メートル)へ。3着サクセスエナジー(栗・北出、牡8)、5着の僚馬レディバグ(牝4)も同レースへ。

キーンランドC2着ウインマーベル(美・深山、牡3)、10着レイハリア(美・田島、牝4)はスプリンターズS(10月2日、中山、GⅠ、芝1200メートル)へ。5着オパールシャルム(美・武藤、牝5)はテレ玉杯オーバルスプリントを予定。

日本ダービー10着ビーアストニッシド(栗・飯田雄、牡3)は神戸新聞杯(25日、中京、GⅡ、芝2200メートル)に向かう。12着アスクワイルドモア(栗・藤原、牡3)も同レースへ。

天皇賞・春14着以来休養していたクレッシェンドラヴ(美・林、牡8)は産経賞オールカマー(25日、中山、GⅡ、芝2200メートル)で復帰する。日本海S勝ちの僚馬ロバートソンキー(牡5)も同レースを視野に入れる。

★欅S勝ちのレモンポップ(美・田中博、牡4)は9月中に放牧から帰厩し、ペルセウスS(10月30日、東京、OP、ダ1400メートル)か、武蔵野S(11月12日、東京、GⅢ、ダ1600メートル)で復帰。

★大沼S9着ヴァニラアイス(栗・高柳大、牝6)はエニフS(10日、中京、L、ダ1400メートル)に向かう。

キーンランドC14着ビリーバー(美・石毛、牝7)と朱鷺S16着トキメキ(美・斎藤誠、牝5)はルミエールAD(10月30日、新潟、L、芝直線1000メートル)で巻き返しを図る。

小倉記念9着ヒュミドール(美・小手川、騸6)は京都大賞典を見送り、アルゼンチン共和国杯(11月6日、東京、GⅢ、芝2500メートル)などが視野に。

★小倉日経OP4着ナイママ(美・武藤、牡6)、6着コスモカレンドゥラ(美・田中博、牡6)はケフェウスS(17日、中京、OP、芝2000メートル)に向かう。

★小倉日経OP3着ヴァリアメンテ(栗・中内田、牡4)はポートアイランドS(10月2日、中京、L、芝1800メートル)や、カシオペアS(10月30日、阪神、L、芝1800メートル)を視野に入れる。

★BSN賞5着ゴールドレガシー(栗・平田、牡4)は太秦S(10月15日、阪神、OP、ダ1800メートル)を予定。6着ホウオウエミーズ(美・池上、牝5)はラジオ日本賞(18日、中山、OP、ダ1800メートル)を視野に入れる。9着の僚馬ペルセウスシチー(牡5)はシリウスS(10月1日、中京、GⅢ、ダ1900メートル)へ。

[もっと見る]

【3歳以上次走報】ドゥラドーレスは菊花賞を視野に 2022年8月18日(木) 04:45

★藻岩山特別を快勝したドゥラドーレス(美・宮田、牡3)は菊花賞(10月23日、阪神、GⅠ、芝3000メートル)を視野に入れる。トライアルを使うかは検討中。クラスターC4着の僚馬ダンシングプリンス(牡6)はJBCスプリント(11月3日、盛岡、JpnⅠ、ダ1200メートル)へ。

高松宮記念4着トゥラヴェスーラ(栗・高橋康、牡7)は、スプリンターズS(10月2日、中山、GI、芝1200メートル)に直行する。

★UHB賞を勝ったロードマックス(栗・藤原、牡4)は、キーンランドC(28日、GⅢ、札幌、芝1200メートル)に向かう。4着ミニオンペール(美・小手川、牝6)、6着マイネルジェロディ(栗・西園正、牡4)も同レースへ。10着ヴィズサクセス(美・奥村武、牡5)は、夕刊フジ杯オパールS(10月9日、阪神、L、芝1200メートル)へ。

★TVh賞快勝のオセアダイナスティ(美・加藤征、牡4)、阿蘇S7着エマージングロール(栗・橋口、牡4)は福島民友C(11月20日、福島、L、ダ1700メートル)を視野に入れる。

ブリーダーズGC3着テリオスベル(美・田島、牝5)は、レディスプレリュード(10月6日、大井、JpnⅡ、ダ1800メートル)を予定。

★稲妻Sを勝ったトミケンルーア(美・竹内、騸6)は、ルミエールオータムダッシュ(10月30日、新潟、L、芝直1000メートル)を予定。

★札幌日経OP6着アドマイヤアルバ(美・堀内、騸7)は丹頂S(9月4日、札幌、OP、芝2600メートル)へ。

★東風S12着後に去勢手術を受けたルフトシュトローム(美・堀、騸5)は京成杯AH(9月11日、中山、GⅢ、芝1600メートル)で復帰へ。

小倉記念9着ヒュミドール(美・小手川、騸6)は、放牧を挟んで秋は京都大賞典(10月10日、阪神、GⅡ、芝2400メートル)などが視野。14着シフルマン(栗・中尾、牡6)は福島記念(11月13日、福島、GⅢ、芝2000メートル)が次走の候補。12着ショウナンバルディ(栗・松下、牡6)は、ケフェウスS(9月17日、中京、OP、芝2000メートル)へ。

関屋記念7着ワールドバローズ(栗・石坂、牡4)は、ポートアイランドS(10月2日、中京、L、芝1600メートル)へ。

★アハルテケS9着コラルノクターン(栗・藤原、牡5)は、エニフS(9月10日、中京、L、ダ1400メートル)へ。

★阿蘇S11着ダノングリスター(栗・寺島、騸6)は、グリーンチャンネルC(10月10日、東京、L、ダ1600メートル)を予定。

エルムS12着アメリカンシード(栗・藤岡、牡5)は、BSN賞(27日、新潟、L、ダ1800メートル)に向かう。

[もっと見る]

【小倉記念】レースを終えて…関係者談話 2022年8月15日(月) 04:50

◆団野騎手(カテドラル4着)「2000メートルでも折り合いはスムーズで、位置も取りに行けました。直線でさばくのにロスがありました」

◆松本騎手(ピースオブエイト5着)「ゲートをしっかり出て、3、4コーナーまでは思った競馬ができましたが、直線で伸ばし切れなかったです」

◆横山典騎手(ムジカ6着)「勝ち馬のポジションが欲しかったけど、ひとつ隣だった。2番手の馬が下がってきてゴチャついたけど、よく頑張っている」

◆中井騎手(アーデントリー8着)「狙いたいポジションを取れて、100点に近い競馬をしてくれたと思います」

◆藤岡康騎手(ヒュミドール9着)「3、4コーナーで手応えが怪しくなった」

◆幸騎手(ダブルシャープ10着)「長くいい脚を使うので、外に出して早めに仕掛けたけど、伸び切れなかった」

◆北村友騎手(タガノディアマンテ11着)「馬が行く気になって折り合いを欠くところがあった」

◆松若騎手(ショウナンバルディ12着)「早くに手応えがなくなってしまいました」

荻野極騎手(モズナガレボシ13着)「最後は脚があがった」

◆西村淳騎手(シフルマン14着)「勝ち馬が強くて、早めにかわされてしまいました」

◆川須騎手(スーパーフェザー15着)「最後は伸びませんでした」

[もっと見る]

【馬場の有利不利、教えます!】小倉記念2022 土曜日は上がり上位馬が活躍!流れや立ち回り次第で差し馬も間に合う馬場状態! 2022年8月14日() 09:31


ウマニティ重賞攻略チームが、毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は小倉記念・馬場の有利不利、教えます! をお届けします!


4回小倉開催開幕週の芝はAコースを使用。木曜日と金曜日に少量の雨を記録したが、馬場に影響を及ぼすほどではなく、土曜日の芝コースは終日良馬場(JRA発表)でレースが行われた。

ちなみに3回開催を終えたあと、今開催が始まるまでのインターバルの間に、凹凸の補正だけでなく、エアレーションも施している。作業の効果もあって、前開催における最終日朝のJRA測定クッション値が9.6(やや標準)だったのに対し、土曜日朝のJRA測定クッション値は9.5。中2週の間隔をとった割に、馬場は硬い方向に推移していない。その点は頭に入れておいたほうがいいだろう。

土曜日の芝平地競走における勝ち馬の最終4角通過順位は1、1、2、3、4、6番手。一見すると前で運んだ馬が優位のように思えるが、中団に位置した馬たちもそれなりに脚を伸ばしている。流れや立ち回り次第で差し馬も間に合う馬場とみて差し支えない。

事実、勝ち馬6頭の上がり3ハロン順位はいずれも4位以内で、3着以内馬18頭中17頭が該当。また、上がり3ハロン最速馬(タイを含む)も【4.1.0.2】と勢力を強めている。そのあたりを踏まえれば前有利と決め付けるのは早計。メンバー上位の上がりを出せる馬が優位という捉え方が、もっとも適切のように思える。

日曜日開催中の降水確率は20%前後(14日8時の時点)。雨が降らず馬場の含水率低下が進めば、内枠勢や経済コースを通る馬の優位性が増す可能性はある。とはいえ、一気に状況が逆戻りするとも思えない。従って、無理なく加速可能な位置を確保できそうな馬を上手に狙いたいところだ。

枠順については判断するに悩ましいが、前開催の最終日や前日のレースを見る限り、馬場の3分どころから外寄りを通る馬の伸びが増しつつある。その状況を踏まえると、外めの枠が優位に働くこともおおいにあり得るだろう。従って、6~8枠に対する警戒を強めたほうがいいかもしれない。

血統的には過去5年の小倉記念を参考にすると、サンデーサイレンス系×ノーザンダンサー系の配合(逆を含む)馬や、トニービン内包馬が堅調。これらのパターンに該当する馬で、3着以内15頭中12頭を占めている。条件を満たす馬は今回も要注目といえよう。

今年の出走馬で、血統面と先述した馬場傾向(6~8枠)の要点をともにクリアしているのは、⑫ヒンドゥタイムズ、⑭カテドラル、⑮スーパーフェザー、⑯ヒュミドール。いずれも単勝10倍以上(14日8時の時点)の伏兵で、配当妙味は十分にある。この4頭のうち、最低1頭は馬券に絡むという前提で、フォーメーションを組んでみるのもひとつの手だ。


【馬場予想からの注目馬】
ヒンドゥタイムズ ⑭カテドラル ⑮スーパーフェザー ⑯ヒュミドール

[もっと見る]

⇒もっと見る

ヒュミドールの関連コラム

閲覧 1,601ビュー コメント 0 ナイス 7



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


4月3日(日) 阪神11R 第66回大阪杯(4歳以上G1・芝2000m)


【登録馬:18頭】(フルゲート:16頭)


<前走:香港C、有馬記念 出走馬>(3ヶ月半)

ヒシイグアス(前走:香港C2着、485kg(-3kg))<C>
香港Cからの休み明け。1週前には南Wでかなり速い時計がでているが、これまでの休み明けと比べると追い切り本数が少なく息切れが心配。

エフフォーリア(前走:有馬記念1着、516kg(+2kg))<B>
この中間も牧場から帰ってきての追い切り内容は、ここ2戦と同じような内容。かなり良かった天皇賞(秋)当時とまではいかないが、有馬記念時とほぼ似た内容で出来に関しては問題なさそう。




<前走:金鯱賞 出走馬>(中2週)

ジャックドール(1着、506kg(-2kg))<B>【優先出走馬】
間隔を空けて使われてきた馬。前走は相手も一気に強くなることもあってか、しっかり仕上げられていたところがあり、そこから今回は中2週。近走とは違う調整となる。能力が高いことは間違いないが、それも状態が良いことが大前提であり、前走時のパドックでは少しカリカリしているところも窺えた。最終追い切りの動きを、これまで以上に気をつけて見たい一頭。

レイパパレ(2着、430kg(-4kg))<C>
前走時のパドックではかなりトモが寂しく映り、馬体面の成長がない。昨年の勝ち馬ではあるが、今年はこれまで経験したことのない中2週での参戦。これまでのように馬体の回復に必要な時間が少なく、前走以上の出来での出走は厳しいのではないか。

アカイイト(3着、512kg(-4kg))<B>
パドックでは大きな馬の割にトモが寂しく映るタイプ。エリザベス女王杯当時のように、重心が低くドッシリとして見せている時のほうが良い。前走マイナス体重で今回、中2週で迎えることになるが、1週前に坂路で強めに追われ好時計と上積みが期待できそう。

ポタジェ(4着、466kg(-8kg))<C>
叩き3戦目となるこの中間は、1週前に馬なりでの調整。大きな変わり身は感じられない。

ショウナンバルディ(6着、454kg(-4kg))<A>
休み明けを3戦したが、前走時のパドックでも好馬体披露、この中間も1週前には坂路で好時計をマーク。出来は良さそう。

ステラリア(11着、498kg(+8kg))<B>
休み明けの前走時は、長めから本数も多く追われていて、馬体こそ増えていたもののパドックでは好馬体を見せていて出来も悪くなさそうだった。この中間1週前も金曜日に長めから好時計が出ていて、叩き2戦目での上積みが感じられる。




<前走:京都記念 出走馬>(中6週)

アフリカンゴールド(1着、468kg(±0kg))<B>
この中間もCWを長めから追い切られていて、1週前は計測不能も動きを見ると集中した走りで、出来は引き続き良さそう。

ジェラルディーナ(4着、454kg(+6kg))<A>【除外対象馬】
追い切りでは行きたがる面を見せるところがあり、この中間も折り合い重視の内容にはなるが終いはしっかりと伸びて、CWで外めを回って3週連続好時計。叩き2戦目での上積みが見受けられる。

マカヒキ(3着、512kg(+4kg))<D>
トレセンで多く本数を追われてきた馬だが、前走時はこの馬としてはそれほど多くは乗り込んまれていなかった。この中間も中6週ある割に速い時計は1週前のみと、これまでとの比較で乗り込み量が少なすぎる。

レッドジェネシス(13着、502kg(+8kg))<C>
同厩舎のマカヒキと同じ京都記念からの中6週だが、この馬はかなり本数を乗られていて入念な調整。前走時は休み明けで馬体に緩さがあったので、馬体が締まってくればというところだろう。ただ、1週前追い切りでは、ビッシリ追われていながら併走馬を突き離せなかったりと、まだ大きな変わり身までは見込めずか。




<前走:小倉大賞典 出走馬>(中5週)

アリーヴォ(1着、502kg(+2kg))<A>
小倉の未勝利勝ちに始まり、同競馬場に関していえば5戦負けなしで前走重賞制覇。休み明けを2連勝中で、この中間も1週前にはCWで3頭併せの外を、全身を使った走りで力強く先着。連勝中の勢いそのままに、引き続き出来に関しては良好。

スカーフェイス(5着、462kg(-2kg))<B>
坂路で好時計の出る馬だが、この中間も変わりなく坂路で好時計が出ている。使い詰めだが出来は悪くなさそう。




<前走:中山記念 出走馬>(中4週)

アドマイヤハダル(3着、488kg(+2kg))<B>【除外対象馬】
休み明けを使われてきて、前走時のパドックでは好馬体だった。この中間も、これまで通り1週前にはCWを長めから追われ終い好時計をマークできており、引き続き出来良好な様子。

ヒュミドール(6着、472kg(+4kg))<B>
この中間も南Wで好時計が出ている。今回は輸送があるので、日曜日に強めに追われているが、そこも好タイムでまとめている。好状態とみられる。




<前走:その他のレース出走馬>

ウインマリリン(前走:エリザベス女王杯16着、472kg(-4kg)、4ヶ月半)<C>
長めから本数も多くメニューをこなしてきているので、前走より出来に関しては良さそう。エリザベス女王杯からの休み明け直行、先週の日経賞にも使いたかった様子などからも窺える通り、目標がここという訳ではない感じで次の目標への叩き台とみられるが。

キングオブコージ(前走:AJCC1着、496kg(-8kg)、中9週)<A>
骨折明けから数戦使われてきて、前走時の追い切りでは直線の伸び脚がバネのある走りに変わり良化していた。この中間も入念な乗り込みで坂路、CWと好時計が出ていて、前走以上に良くなっている感じ。





※今回このコラムでの推奨馬は、ジェラルディーナキングオブコージアリーヴォエフフォーリアの4頭をあげておきます。



◇今回は、大阪杯編でした。
大阪杯で思い出すのがメジロマックイーンの勝った1993年( https://youtu.be/Fxr5gOsVe3c )。前年の天皇賞(春)トウカイテイオーとの直接対決を制してから脚部不安を発症し、それ以来のレース。春の天皇賞3連覇に向けて調整されていたものの、阪神大賞典には間に合わず何とか大阪杯での復帰に間に合ったといった感じでした。当時はメジロマックイーンが強すぎたため、ステップレースになると頭数が揃わないことがほとんどでした。それが、93年大阪杯(当時は「G2産経大阪杯」)では珍しく多頭数になっているところをみても、自身が何とかこのレースに間に合ったという面と、長期休み明けのマックイーンなら負けせるかもしれないとの他陣営の思惑などが伝わってきます。しかし、ご存知結果はそんな不安も何のその。好スタートから積極的なレースで直線も持ったまま突き放す圧倒的な強さを見せてくれました。戦前にたちこめていた不安が嘘のように、晴れやかな気分になったのを今でも思い出します。ちなみにその年の有馬記念では、トウカイテイオーが1年ぶりのレースで勝利しており、この2頭の対決が1度しか実現しなかったことだけが心残りではありますが。

大阪杯出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2022年2月20日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2022年02月20日号】特選重賞データ分析編(294)~2022年中山記念
閲覧 2,240ビュー コメント 0 ナイス 5



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 中山記念 2022年02月27日(日) 中山芝1800m内


<ピックアップデータ>

【前走のコースが国内だった馬の、前走の4コーナー通過順別成績(2014年以降)】
×1番手 [0-0-1-7](3着内率12.5%)
○2~10番手 [7-7-6-39](3着内率33.9%)
×11番手以下 [0-0-0-16](3着内率0.0%)

 脚質が明暗を分けそう。前走の4コーナー通過順が1番手や11番手以下だった馬はあまり上位に食い込めていません。極端な競馬をしたばかりの馬は過信禁物と見るべきでしょう。

主な「○」該当馬→アドマイヤハダルダノンザキッドヒュミドールマルターズディオサ
主な「×」該当馬→カラテパンサラッサ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の着順が2着以内」だった馬は2014年以降[6-4-3-11](3着内率54.2%)
主な該当馬→アドマイヤハダルヒュミドール

[もっと見る]

2021年8月20日(金) 10:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(8/14~8/15) 金子京介プロがG3小倉記念◎→○→▲パーフェクト的中で16万オーバー!
閲覧 645ビュー コメント 0 ナイス 0



15(日)に行われたG3小倉記念ほか様々な的中がマークされた先週。
好成績を収めた注目プロ予想家をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →金子京介プロ
15(日)のG3小倉記念を「トモの張りかなり良く、相当良いのでは」◎モズナガレボシ、「ようやく適距離。乾かずに渋った状況が続くなら」○ヒュミドール、「瞬発力ひと息で扱いにくい馬に、武豊騎手が騎乗するのは加点大」▲スーパーフェザーで◎→○→▲パーフェクト的中、計16万2970円を払戻し。他、14(土)にも新潟4R3歳未勝利で○キャニオニング(単勝83.3倍)からの馬単727.5倍含む計27万450円払戻しのスマッシュヒットなどを披露。土日2日間トータルでは回収率213%、収支31万650円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →ジャンヌプロ
14(土)の小倉2R2歳未勝利では◎ミミグッド(単勝97.6倍)を仕留め、58万3000円払戻しのビッグヒットをマーク。15(日)の札幌9R3歳以上2勝クラスゼンノアンジュ的中、G3小倉記念ヒュミドール的中なども含め、週末2日間トータル回収率159%とし、収支は全予想家中トップの36万5580円プラスで終えています。
 
☆☆☆注目プロ →真田理プロ
14(土)を、札幌2R3歳未勝利札幌8R3歳以上1勝クラス的中で完勝とすると、続く15(日)も新潟4R3歳未勝利小倉6R3歳未勝利的中などで回収率200%超えを達成。週末トータル回収率は260%で全予想家中トップ、収支は13万7310円プラスとしています。
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
14(土)を、小倉2R2歳未勝利札幌12R札幌道新スポーツ賞などでプラスで折り返すと、15(日)には小倉6R3歳未勝利G3小倉記念といった予想を披露し、こちらも連日のプラス収支を達成。土日2日間トータル回収率は215%、収支は11万5850円プラスを記録しました。
 
 
 
この他にも、あおまるプロ(164%)、蒼馬久一郎プロ(156%)、ジョアプロ(133%)、山口吉野プロ(131%)、豚ミンCプロ(123%←2週連続週末プラス)、シムーンプロ(123%←2週連続週末プラス)、イレコンデルパサープロ(122%)、きいいろプロ(119%)、暴君アッキープロ(101%←8週連続週末プラス)が回収率100%超をマークしています。
 
 
今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2020年11月13日(金) 17:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(11/7~11/8) 佐藤洋一郎プロがノベンバーS ◎ヒュミドールから3複的中! 週間回収率トップはサラマッポプロ
閲覧 728ビュー コメント 0 ナイス 2



7(土)に行われたG2京王杯2歳S、G3ファンタジーS、8(日)に行われたG2アルゼンチン共和国杯、G3みやこSほか、様々な的中がマークされた先週。
好成績を収めた注目プロ予想家や、その的中の数々をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
先週は、7(土)の阪神8R3歳以上2勝クラスの◎ソングオブザハート(「胸が深くスタミナ豊富。距離短縮歓迎」)的中計10万5300円払戻し(1,755%回収)を筆頭に、同阪神7R3歳以上1勝クラスG3ファンタジーS、8(日)東京1R2歳未勝利などの活躍を披露。土日2日間トータル回収率トップの166%、収支9万2450円プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
7(土)大波乱決着となった東京10RノベンバーSでは、◎ヒュミドール(単勝47.2倍)から単勝&3連複を的中! 67万9070円払戻しのビッグヒットを達成しています。週末トータル回収率144%、収支28万2710円プラスを記録し、2週連続週末プラスとしています。
 
☆☆☆注目プロ →伊吹雅也プロ
8(日)のG3みやこSでは、◎エイコーン(単勝56.9倍)から▲×◎3連複的中をはたし計9万7440円を払戻し。前日7(土)の福島11R河北新報杯的中とあわせ、週間トータル回収率142%で終えています。
 
 
この他にも、イレコンデルパサープロ(162%)、岡村信将プロ(137%)、シムーンプロ(135%)、スガダイプロ(133%)、マカロニスタンダーズプロ(132%)、夢月プロ(128%)、田口啄麻プロ(118%←2週連続週末プラス)、ジョアプロ(114%)、ジャンヌプロ(104%)、蒼馬久一郎プロ(100%←2週連続週末プラス)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

ヒュミドールの口コミ


口コミ一覧

恥ずかしい馬予想2022.08.14[結果]

 DEEB 2022年8月14日() 17:11

閲覧 150ビュー コメント 0 ナイス 5

新潟11R 関屋記念 GⅢ 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 7 スカイグルーヴ…4着
○12 ウインカーネリアン…1着
▲ 3 ゴールデンシロップ…14着
△ 8 ダノンザキッド…3着
× 1 ☆イルーシヴパンサー…11着
× 9 ☆エンデュミオン…10着
× 4 ☆ザダル…8着
[結果:ハズレ×]

新潟12R 3歳以上1勝クラス(混合)(特指)
◎ 8 ★カトルショセット…6着
○ 4 ヨール…1着
▲10 ブルメンダール…9着
△14 コズミックフロスト…2着
× 5 グラヴィル…12着
× 3 カールスモーキー…3着
[結果:ハズレ×]

小倉 8R 3歳以上1勝クラス(混合)
◎ 3 ゴーウィズフェイス…3着
○11 レベルタウン…11着
▲ 7 ナツイロノオトメ…6着
△13 サエールフェイス…1着
× 2 ☆ユウグロスファクタ…5着
☆12 グッドステージ…14着
[結果:ハズレ×]

小倉 9R 筑紫特別 3歳以上1勝クラス(混合)
◎ 7 ヨシノイースター…7着
○13 アキバ…3着
☆12 プラウドルック…6着
[結果:ハズレ×]

小倉11R 農林水産省賞典 小倉記念 GⅢ 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 4 ジェラルディーナ…3着
○ 2 ☆マリアエレーナ…1着
▲ 3 ムジカ…6着
△16 ヒュミドール…9着
× 9 シフルマン…14着
[結果:アタリ△ 複勝 170円]

札幌11R UHB賞 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 5 マイネルジェロディ…6着
○12 ヴィズサクセス…10着
× 9 ☆アルピニズム…14着
[結果:ハズレ×]

[今日の結果:6戦0勝5敗1分]
340円だけでした。
0円でなくて良かったのか。

 シュペルミエール 2022年8月14日() 10:03
小倉記念 2022 血統指数 
閲覧 152ビュー コメント 0 ナイス 0



指数1位 08 プリマヴィスタ 330
指数2位 14 カテドラル 220
指数3位 13 モズナガレボシ 110
指数4位 01 アーデントリー 80

以下、16 ヒュミドール、 10 カデナ、 15 スーパーフェザーと続きます。

予想はブログで公開しているので
よろしくお願いします。

https://note.com/keibadangi/n/n49e01160623e

[もっと見る]

 赤萬坊 2022年8月14日() 09:59
関屋記念 & 小倉記念 おおざっぱ予想
閲覧 263ビュー コメント 0 ナイス 2

【関屋記念】
◎8 ダノンザキッド
◯12 ウインカーネリアン
▲11 ディヴィーナ
△4 ザダル
△5 リアアメリア
△7 スカイグルーヴ

単勝8 三連複8軸流し→4.5.7.11.12

ダノンザキッドで良いんじゃないの(´・ω・`)と単純に
相手に左巧者のザダルにリアアメリアにディヴィーナあたりが来てくれると嬉しい、ウインとスカイはまあ抑えておきます

【小倉記念】
◎2 マリアエレーナ
◯4 ジェラルディーナ
▲3 ムジカ
△6 タガノディアマンテ
△9 シフルマン
△16 ヒュミドール

単勝2
三連複2軸流し→3.4.6.9.16
三連複4軸流し→2.3.6.9.16

マリアとジェラルどっち本命でも良いのですが
オッズ妙味的にマリアエレーナに◎
三連複はどちらも軸にして流します
年頃のお嬢さん達に中年おじさん達が追いかけるという
人間に置き換えるとセクハラまがいの馬券です(*´ω`*)
おじさん達は決して変な気持ちで走ってないと思うけど
たまにパドックから馬っけ出してるやつもいるしなー
しかしまあここはアダルトで(`・ω・´)キリッとしたおじさん馬でありますよーに願ってますよ

[もっと見る]

⇒もっと見る

ヒュミドールの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
2:
  HELPRO   フォロワー:0人 2022年7月10日() 16:01:20
小手川さん、ミルコでダメならお手上げ。
1:
  fc0703d559   フォロワー:6人 2020年8月21日(金) 22:38:17
ラボ水、抑え

ヒュミドールの写真

ヒュミドールの厩舎情報 VIP

2022年11月19日アンドロメダS (L)10着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ヒュミドールの取材メモ VIP

2022年8月14日 小倉記念 G3 9着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。