ワールドプレミア(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
ワールドプレミア
ワールドプレミア
写真一覧
現役 牡3 黒鹿毛 2016年2月1日生
調教師友道康夫(栗東)
馬主大塚 亮一
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 4戦[2-1-1-0]
総賞金3,361万円
収得賞金900万円
英字表記World Premiere
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
マンデラ
血統 ][ 産駒 ]
Acatenango
Mandellicht
兄弟 ワールドエースマンハイム
前走 2019/03/16 若葉ステークス OP
次走予定

ワールドプレミアの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/03/16 阪神 11 若葉S OP 芝2000 10443.222** 牡3 56.0 武豊友道康夫474(-2)2.02.6 0.535.2⑦⑦⑦⑦ヴェロックス
19/02/16 京都 9 つばき賞 500万下 芝1800 8114.521** 牡3 56.0 武豊友道康夫476(+12)1.47.3 -0.236.1ユニコーンライオン
18/11/24 京都 11 京都2歳S G3 芝2000 9223.423** 牡2 55.0 武豊友道康夫464(-8)2.02.2 0.734.5⑥⑥⑦⑧クラージュゲリエ
18/10/21 京都 5 2歳新馬 芝1800 13691.811** 牡2 55.0 武豊友道康夫472(--)1.48.0 -0.034.9⑧⑦メイショウテンゲン

ワールドプレミアの関連ニュース

 ★スプリングS2着ファンタジスト(栗・梅田、牡)は引き続き武豊騎手で皐月賞(4月14日、中山、GI、芝2000メートル)へ。10着ニシノカツナリ(美・水野、牡)はアーリントンC(同13日、阪神、GIII、芝1600メートル)が選択肢のひとつだが、東京開催(同20日~)まで待機する可能性も。

 ★若葉S2着ワールドプレミア(栗・友道、牡)は優先出走権を得た皐月賞には向かわず、青葉賞(4月27日、東京、GII、芝2400メートル)へ。8着ミッキーブラック(栗・音無、牡)はニュージーランドT(同6日、中山、GII、芝1600メートル)に進む。

 

若葉S2着のワールドプレミア、次走は青葉賞へ 2019年3月19日(火) 10:56

 若葉S2着のワールドプレミア(栗、友道)は皐月賞をパスして、青葉賞(4月27日、東京、G2、芝2400メートル)へ向かう。



ワールドプレミアの競走成績はこちら

[もっと見る]

【若葉S】ヴェロックス皐月切符!圧巻の3馬身差V 2019年3月17日() 05:07

 皐月賞トライアル・若葉Sが16日、阪神競馬場で10頭によって行われ、川田騎乗で単勝オッズ1・5倍と断然の1番人気に支持されたヴェロックス(父ジャスタウェイ)が3馬身差で快勝。2番人気で2着のワールドプレミアとともに、皐月賞(4月14日、中山、GI、芝2000メートル)の優先出走権を獲得した。

 仁川から、皐月賞への道がつながった。素質馬ヴェロックスが断然の人気に応えて、3馬身差の楽勝。相棒をクラシック路線に乗せた川田騎手が力強くうなずいた。

 「無事にクリアすることができました。いい雰囲気でしたし、リズム良く、何も問題がなかったですね」

 前半はうまくなだめながら、3番手を追走。手応え良く4コーナーを回ると、ラスト1ハロン過ぎに先頭に立って、後続を突き放した。余力十分に、メンバー最速の上がり3ハロン35秒1をマーク。圧巻のレースぶりだった。「まだもうちょっと動ききれないところがあるので、次に向けていい刺激になってくれればと思います」と鞍上は先を見据える。

 中内田調教師も「リズム重視できょうは走ってくれて、次につながるかな、と思います。ここを使って皐月賞に行く予定でしたからね。いい形で行けるかな」と納得の表情。続けて「間隔をあけて使っているので、一戦ごとに良くなってくれています」と目を細めた。

 これでリステッドレースを連勝。勢いに乗ってGIのステージに立つ。「全体的に素晴らしい馬です。無事に本番を迎えられれば、と思います」と川田騎手の期待は大きい。2歳女王で桜花賞の最有力候補となっているダノンファンタジーと同じ中内田厩舎と川田騎手のコンビが、クラシックを席巻する。 (山口大輝)

[もっと見る]

【若葉S】ワールドプレミア、末脚伸ばし2着2019年3月17日() 05:06

 2番人気のワールドプレミアが2着を確保。勝ち馬には3馬身差の完敗だったが、中団やや後方から鋭く末脚を伸ばし、皐月賞の優先出走権を獲得した。武豊騎手は「イレ込みはましになっていたけれど、相変わらず3コーナーからズブくなった。素質はあるけれど、まだ改善しないといけないところがあるね」と、今後への課題を口にした。

[もっと見る]

【若葉S】1番人気ヴェロックスが楽々抜け出し皐月TRを快勝! 2019年3月16日() 15:42

 3月16日の阪神11Rで行われた若葉ステークス(リステッド、3歳オープン、芝2000メートル、10頭立て、1着賞金=2000万円)は、川田将雅騎手騎乗の1番人気ヴェロックス(牡、栗東・中内田充正厩舎)が、道中3番手から直線に入ると危なげなく抜け出して快勝した。タイムは2分02秒1(稍重)。

 3馬身差の2着には武豊騎乗で2番人気のワールドプレミアが入り、この上位2頭が皐月賞(4月14日、中山競馬場、GI、芝2000メートル)の優先出走権を獲得した。

 2着馬からさらに3/4馬身差遅れた3着はシフルマン(3番人気)。

 若葉Sを勝ったヴェロックスは、父ジャスタウェイ、母セルキス、母の父モンズンという血統。通算成績は5戦3勝。

 ◆川田将雅騎手(1着 ヴェロックス)「無事にクリアすることができました。いい雰囲気でしたし、リズムよく、なにも問題がなかったですね。無事に本番を迎えられれば、と思います」



★【若葉ステークス】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【若葉ステークス】入線速報(阪神競馬場)2019年3月16日() 15:38

阪神11R・若葉ステークス(1回阪神7日目 阪神競馬場  芝・右2000m サラ系3歳オープン)は、1番手8番ヴェロックス(単勝1.5倍/1番人気)、2番手4番ワールドプレミア(単勝3.2倍/2番人気)、3番手6番シフルマン(単勝12.5倍/3番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連4-8(2.0倍) 馬単8-4(2.8倍) 3連複4-6-8(5.3倍) 3連単8-4-6(10.2倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2019031609010711
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

⇒もっと見る

ワールドプレミアの関連コラム

閲覧 2,160ビュー コメント 0 ナイス 7



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、キャピタルステークス、京都2歳ステークス、オータムリーフステークス、ジャパンカップ京阪杯の5レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2018年11月24日(土) 東京11R キャピタルステークス
【前走の条件別成績(2015年以降)】
●“JRAの重賞” [3-3-2-19](複勝率29.6%)
●“JRAの重賞”以外 [0-0-1-23](複勝率4.2%)
→2014年以前と違い、近年は前走で重賞を使っていた馬が優勢。オープン特別や条件クラスのレースを経由してきた馬は過信禁物と見るべきでしょう。


▼2018年11月24日(土) 京都11R ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス
【“JRA、かつ500万下から上のクラスのレース”において連対経験がなかった馬の、出走数別成績(2014年以降)】
●1戦 [2-1-1-4](複勝率50.0%)
●2戦以上 [0-0-1-13](複勝率7.1%)
→実績馬とキャリア1戦の馬か中心。特別登録を行った馬のうち、“JRA、かつ500万下から上のクラスのレース”において連対経験があるのはミッキーブラックだけ、出走数が1戦なのはショウリュウイクゾブレイキングドーンラヴズオンリーユーワールドプレミアの4頭だけです。

<<さらにプラス1!>>

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2018年11月21日(水) 12:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2018ジャパンカップ&京都2歳S
閲覧 1,487ビュー コメント 0 ナイス 8



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。



11月24日(土) 京都11R 第5回ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス(G3、2歳、芝2000m)

【登録頭数:11頭】(フルゲート:18頭)


ミッキーブラック(B)
新馬、芙蓉Sと2連勝中。無理のないローテーションで使われているので、この中間も乗り込み量は豊富。ただこれまでCWを長めから併せ馬で追い切られていた1週前追い切りが、この中間は坂路で一杯に切替えてきたところは気になる。時計的には凄く良い時計を出す馬ではなく、最終追い切りの動きで判断したいところ。

クラージュゲリエ(C)
札幌で2戦して1着、3着と前走は重賞の札幌2歳Sでも好走していて、その勝ち馬のニシノデイジーが先週の東京スポーツ杯2歳Sを勝利し、この馬にも注目が集まりそう。ただこの中間に関しては、CWを中心に乗り込まれ1週前に3頭併せの内に併せて外2頭に遅れていて、これまで併せ馬で遅れたことがなかった馬なのでその辺りは気になる。

ショウリュウイクゾ(E)
6月の新馬戦(◎1着)以来約半年ぶりのレースとなる。1週前には浜中騎手騎乗でCWを長めから一杯に追われて先着もこの中間の坂路での時計が物足りなく感じる。新馬戦では最後に抜け出してきたが終始モタモタしていて、この中間の調教を見るとそのモタモタしたところが前走以上に出てしまいそうな内容。相手が強くなる今回はかなりのマイナスになるのではないか。

スズカカナロア(D)
休み明けの前走は+16kgキロでも見た目は太く感じなかったので、成長分も少しはあると思う。間隔が詰まっていて1週前は強めに追われておらず、最終追い切り待ち。

セイカヤマノ(E)
関東馬。前走未勝利勝ちも美浦ではそれほど目立つ時計が出る馬ではなく、この中間も1週前に併せ馬で遅れた。デビューから休みなく使われてきているので、疲れはあるハズ。

ブレイキングドーン (C)
もともとガッチリした馬だが、休み明けの前走は+18kgでパドックでもかなりうるさく落ち着きがなかった。その後放馬で競走除外。レースは走らなかったが放馬でたくさん走ったので良い運動にはなったと思う。この中間は1週前に一杯に追われているが、時計も含め新馬戦時から大きく変わった感じはない。

ペルソナデザイン (A)
関東馬で輸送もあるため1週前に併せ馬で強めに追われてかなりの好時計。間隔の割にしっかり乗り込まれていて調教内容はこれまでで一番良い。

ミヤケ(D)
7月のデビューから休みなく使われてきて、前回は門別まで輸送しての競馬。疲れがない訳がないくらい使い詰めなので、使ってきても前走以上は厳しそう。

ヤマカツシシマル (C)
前走は人気薄での逃げ切り勝ち。人気馬がモタモタしている間にもうひと伸びしてそのまま押し切った感じで、今回はさすがにマークがきつくなるだろうし楽な競馬はさせてもらえないと思う。1週前は坂路で一杯に追われるも時計は平凡で上積みはなさそう。

ラヴズオンリーユー(B)
デビュー戦の前走時は、まだ馬体に余裕がある感じもロスなく走って新馬勝ち。前走時にそれほど多くは乗り込まれていなかったので、今回の1週前追い切りでも長めから一杯に追われている。上積みはありそう。

ワールドプレミア(B)
デビュー戦の前走時は、パドックでは周りを気にする感じで馬体もまだ緩く映った。レースでも直線を向いてグッと伸びるも抜け出してから気を抜いたようなところもあり、まだ素質だけで走っているといった印象。この中間は1週前に坂路で一杯、日曜日にCWを長めから併せ馬で時計を出してときており、順調に調整されている。



11月25日(日) 東京11R 第38回ジャパンカップ(3歳以上G1、芝2400m)

【登録頭数:16頭】(フルゲート:18頭)


シュヴァルグラン(A)
休み明けの京都大賞典は、昨年と比べると調教の動きが物足りない印象だった。この中間は、間隔が空いていることもあるが乗り込み量が豊富で1週前追い切りの動きを見ても前走時とは力強さが違う感じ。前走を一度使われての上積みが期待できそう。

サトノクラウン(B)
宝塚記念以来5ヶ月ぶりのレースとなる今回。当初は天皇賞(秋)からの始動予定だったが、状態が整わずここまで待つことに。この中間はいつもと違い単走のみでの調整。1週前追い切りの動きを見ると首が上がり気味で物足りない内容も、昨年の宝塚記念(1着)の時もこんな感じで、意外と悪く見えるくらいの時のほうが走る馬なので注意したい1頭。

サトノダイヤモンド(B)
前走時の追い切りでは、首をグッと下げた走りで復活が期待できそうなこの馬らしい動きを見せていた。この中間はCWを長めから入念に乗り込まれていて、1週前追い切りではモレイラ騎手騎乗で追い切られている。ただ、前走時よりは首が高くなった走りで前走時のほうが良く映った。

ミッキーロケット※出走回避

サウンズオブアース(E)
1週前追い切りの映像はなかったが、2週前のヒーズインラブとの併せ馬の映像を見ると先行して直線で一気に突き放されてしまい、年齢的な衰えを感じさせる内容だった。いくら相手が調教駆けする馬とはいえ、この馬自身はこれまで併せ馬で遅れるということがほとんどなかった馬。近走の調教内容を含め、強気には推せない。

マカヒキ※出走回避

ガンコ(D)
秋2戦ともに、どこか春のような勢いがない感じ。ここが悪い、というものではないが調教の動き全般に勢いがなく、この中間は間隔も詰って1週前に速い時計を出せていない。

ウインテンダネス(B)
秋2戦は逃げるレースが続くが、前走はハンデ戦でも直線一度突き放して粘り込んで差のない競馬。使われて良くなるタイプの馬で、今回は鞍上が4戦3連対の内田博騎手に戻る点でも不気味な存在。いずれにせよ、展開の鍵を握る1頭であることには間違いないところ。

ノーブルマーズ(C)
こちらも使われて良くなっていくタイプ。休み明けの前走は、最後に斤量差と仕上がりの差が出て伸びきれなかったが、内容としては悪くなかった。ただ、今回はまだ叩き2戦目で相手が強く、大きな上積みがないと厳しい戦いとなりそう。

ミッキースワロー(B)
札幌記念時は、休み明けで馬体にも余裕がある感じだった。レースでも直線で前が狭くなって無理せず追われていなかった。この中間も休み明けだが、2週前、1週前と併せて先着しており状態は悪くなさそう。

ハッピーグリン(D)
何度もJRAのレースに出走していてオープン特別くらいなら勝てる力はあると思うが、このクラスまでくると今の時点ではまだ力が足りないように思う。札幌や函館のレースならまだしも、北海道から東京まで輸送してきての競馬という点も(この馬自身何度も経験しているとはいえ)大きなハンデになるだろう。

<外国馬>
外国馬2頭に関しては、直前の追い切りの動きを見て判断したい(以下は調教以外に関するコメントを記載)。

カプリ(D)
愛ダービー、英セントレジャーの勝ち馬ということで実績的にはかなり能力のある馬だと思うが、フォア賞、凱旋門賞の成績を見てもジャパンカップを勝てるイメージは湧かない。ただR.ムーア騎手が騎乗するので、その点には注意が必要。

サンダリングブルー(E)
カプリには見劣る戦績のこの馬。昔のジャパンカップでは、実績のない外国馬のほうが好走していたこともあったが今は外国馬自体が掲示板にくるのがやっと。厳しいだろう。


※なおアーモンドアイスワーヴリチャードキセキの3頭はシューナカコラムでコメントしているのでそちらをご覧下さい。



◇今回はジャパンカップ&京都2歳S編でした。
今週の京都2歳Sが終わると次の2歳重賞はG1レースが続くことになります。この後の条件戦を使って参戦してくる馬もいるとは思いますが、3つのレースにどの馬が使ってくるのかも徐々に見えてきています。古馬G1と違って2歳G1は細かく見ていないとここで初めて知るという馬が多くなってしまうので、レースが近くなってから予想を始めると古馬G1レースの何倍も時間がかかってしまい大変、という方も多いのではないでしょうか。新馬戦から予想しているとそのような負担も減り、これまで時間をかけてきたぶん予想がはかどり、楽しいものになります。逆にこだわりが強く出てしまって失敗することもありますが、そのあたりの課題は来年に向けて修正していけばいいかなと楽観的にとらえています。難しいレースを予想する際には土台をしっかりと、――これがいちばん大事なのではないかと思っています。

それでは次回、阪神ジュベナイルフィリーズ編(予定)でお会いしましょう。


ジャパンカップ、京都2歳S出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

ワールドプレミアの口コミ


口コミ一覧

取り返された5,000円

 正義の魂 2019年4月9日(火) 22:24

閲覧 113ビュー コメント 0 ナイス 5

先日の日記で、私が競馬友達との、
若葉ステークスでヴェロックスと
ワールドプレミアのどちらが先着するか
5,000円賭け、私が勝ち、5,000円を頂いた、
という内容を書いた。

しかし今日、私がその同じ友達に、
5,000円を支払わねばならなくなった。

どういう賭けをしたかというと、
今日、大井競馬場で行われた、
ブリリアントカップ競走において、

①クリスタルシルバーが、ヒガシウィルウィンと
サウンドトゥルーとの両方に先着した場合、
友達の勝ち

②ヒガシウィルウィンとサウンドトゥルーのうち、
1頭のみがクリスタルシルバーに先着した場合、
引き分け

③ヒガシウィルウィンとサウンドトゥルーとが、
2頭ともクリスタルシルバーに先着した場合、
私の勝ち

なるものであった。

結果は、①の友達側が賭けた通りになってしまい、
先日とは逆に、私がその競馬友達に負け、
5,000円を払うことと相成った。

少なくとも私が負けることは、この賭けの
条件なら、天地逆となってもない、と確信し、
友達の賭けを受けたのであったが、
私の考えが甘かった。

まあ、この負けの分まで、今週末の皐月賞で、
ヴェロックスで取り戻させてもらおうか。

 正義の魂 2019年3月17日() 16:57
今日マイナスも今週プラス
閲覧 36ビュー コメント 0 ナイス 4

今日3月17日(日)、私の買った馬券は、
ファンタジストの複勝でなく単勝に
してしまったこと、シャケトラの単勝でなく
リッジマンとのワイドにしてしまったこと等、
面白いように裏目に出た。

中山最終にしても、枠連3-7にするか
枠連4-7にするか迷い、枠連3-7本線に
してしまった(枠連4-7も押さえには買ったが)。

ただ、昨日土曜日の大幅プラス分が
あったので、今週はトータルでなんとか
プラスを守ることができた。

今日をもって、皐月賞トライアルレースが、
終了したわけであるが、皐月賞を勝つのは、
当然ヴェロックスであるが、2着以下は
混戦であるという感じである。

世界最強の騎手は、少しでも着順を
上げたいのであれば、ワールドプレミアを捨て、
今日2着であったファンタジスト、または
クラージュゲリエに騎乗すべきである。

とにかく、今年の春のクラシック4レースは、
川田騎手-中内田師のパーフェクトウィンが
見られることになるであろう。

[もっと見る]

 ユウキ先生 2019年3月16日() 22:51
☆やはりズブさが出たかぁ☆
閲覧 54ビュー コメント 0 ナイス 8

今日の若葉S~(*^^*)

人気通りにヴェロックスが快勝しましたね~☆

MY POG馬だったワールドプレミアは2着~~

やはり言われていたズブさが出てしまいました(´・ω・`)

直線は伸びるんですけどね~

皐月賞よりダービー向きかな!?

でも応援し続けます~(*^^*)

[もっと見る]

⇒もっと見る

ワールドプレミアの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ワールドプレミアの写真

ワールドプレミア
ワールドプレミア

ワールドプレミアの厩舎情報 VIP

2019年3月16日若葉ステークス2着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ワールドプレミアの取材メモ VIP

2019年3月16日 若葉ステークス 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。