シロニイ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
シロニイ
シロニイ
シロニイ
写真一覧
現役 牡7 白毛 2014年2月13日生
調教師池江泰寿(栗東)
馬主金子真人ホールディングス 株式会社
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績37戦[4-6-3-24]
総賞金11,052万円
収得賞金1,350万円
英字表記Shironii
血統 キングカメハメハ
血統 ][ 産駒 ]
Kingmambo
マンファス
シラユキヒメ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウェイブウインド
兄弟 ブチコホワイトベッセル
前走 2021/06/27 宝塚記念 G1
次走予定

シロニイの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
21/06/27 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 1356195.31113** 牡7 58.0 松若風馬池江泰寿B 510
(+8)
2.13.6 2.736.7⑧⑥⑥⑨クロノジェネシス
21/05/02 阪神 11 天皇賞(春) G1 芝3200 1724182.31716** 牡7 58.0 松若風馬池江泰寿B 502
(-4)
3.18.4 3.740.3④⑤⑤⑦ワールドプレミア
21/03/21 阪神 11 阪神大賞典 G2 芝3000 133379.3124** 牡7 56.0 松若風馬池江泰寿B 506
(+2)
3.08.9 1.638.9ディープボンド
21/02/27 阪神 9 松籟S 3勝クラス 芝3200 141138.684** 牡7 56.0 幸英明池江泰寿B 504
(-6)
3.15.6 0.736.4④④⑥ディアスティマ
21/01/11 中山 10 迎春S 3勝クラス 芝2200 165934.1811** 牡7 57.0 石川裕紀池江泰寿B 510
(+6)
2.17.4 0.735.3⑭⑬⑦⑧ブラックマジック
20/12/26 中山 12 グレイトフル 3勝クラス 芝2500 144543.8114** 牡6 56.0 石川裕紀池江泰寿B 504
(-4)
2.38.0 0.635.8ジャコマル
20/11/22 阪神 10 西宮S 3勝クラス 芝2400 164825.479** 牡6 56.0 藤岡康太池江泰寿B 508
(+8)
2.26.6 0.734.9⑩⑨⑨⑧ゴースト
20/10/11 東京 9 六社S 3勝クラス 芝2400 1681658.2122** 牡6 57.0 石川裕紀池江泰寿B 500
(-6)
2.26.5 0.135.4グロンディオーズ
20/08/02 新潟 10 柳都S 3勝クラス ダ1800 152220.8811** 牡6 57.0 幸英明池江泰寿 506
(-8)
1.52.6 1.938.0⑭⑭⑭⑭ブランクエンド
20/03/20 阪神 11 尼崎S 3勝クラス 芝2200 10810----** 牡6 55.0 幸英明池江泰寿 ---- ------ミスディレクション
20/02/29 中山 11 サンシャイン 3勝クラス 芝2500 132224.585** 牡6 57.0 石川裕紀池江泰寿 514
(0)
2.34.5 0.436.5サンアップルトン
19/12/21 阪神 10 摩耶S 3勝クラス ダ1800 1661114.846** 牡5 55.0 C.ルメー池江泰寿 514
(0)
1.52.3 0.737.5⑫⑫⑬⑫ヒストリーメイカー
19/12/08 阪神 10 堺ステークス 3勝クラス ダ1800 125611.155** 牡5 57.0 藤岡康太池江泰寿 514
(0)
1.53.2 0.537.7⑦⑦⑦⑥ビルジキール
19/11/17 東京 10 晩秋S 3勝クラス ダ2100 163519.178** 牡5 55.0 石橋脩池江泰寿 514
(+12)
2.11.0 1.239.1アポロテネシー
19/05/19 東京 12 丹沢S 1600万下 ダ2100 162412.164** 牡5 55.0 川田将雅池江泰寿B 502
(+6)
2.11.9 0.337.4カラクプア
19/04/27 東京 10 春光S 1600万下 ダ2100 13448.846** 牡5 57.0 B.アヴド池江泰寿B 496
(-8)
2.12.2 1.238.4⑧⑥サノサマー
19/04/07 阪神 12 梅田S 1600万下 ダ1800 147117.737** 牡5 57.0 浜中俊池江泰寿 504
(-6)
1.54.0 0.736.7リテラルフォース
19/01/20 京都 10 舞鶴S 1600万下 ダ1800 117815.562** 牡5 57.0 浜中俊池江泰寿 510
(+2)
1.52.7 0.336.0タイキフェルヴール
18/12/28 中山 10 立志S 1600万下 ダ1800 1671325.4810** 牡4 57.0 内田博幸池江泰寿 508
(-4)
1.54.2 1.040.1⑤⑫アンデスクイーン
18/12/08 阪神 8 3歳以上1000万下 ダ2000 7772.111** 牡4 57.0 J.モレイ池江泰寿 512
(0)
2.07.8 -0.236.9ジョーダンキング

⇒もっと見る


シロニイの関連ニュース

 ◆戸崎騎手(カレンブーケドール4着)「もう1列前のイメージでしたが、外からキセキが行ったので。4コーナーでもう少し我慢したかったけど、外から来られたので、(アクセルを)踏んでいきました。内枠が欲しかったですね」

 ◆福永騎手(キセキ5着)「早めに動いていきたかったのですが、コーナーで頭が上がって、加速がもたもたする感じになりました。直線では盛り返してくれています」

 ◆岩田望騎手(ミスマンマミーア6着)「3~4コーナーでカデナに先に行かれましたが、焦らず馬のリズムで運びました。坂を上がってもうひと伸びしてくれましたし、この相手によく頑張っています」

 ◆浜中騎手(カデナ7着)「いつものこの馬のレースで、前半は進みませんでしたが、強いメンバー相手に最後はよく伸びています」

 ◆池添騎手(モズベッロ8着)「前回よりいい手応えで行けましたが、展開が遅くて、3コーナーから自分で動いていきました。動いているぶん、内にいる馬に有利に働きました」

 ◆武豊騎手(アリストテレス9着)「狙ったポジションは取れましたが、4コーナー手前の、馬場がボコボコしているところで一気に手応えが悪くなりました。きれいな馬場の方がいいですね」

 ◆和田竜騎手(ワイプティアーズ10着)「いいスタートを切って、やりたい競馬はできました。距離は少し長い印象です」

 ◆幸騎手(メロディーレーン11着)「もう少し馬場が悪くなったほうが良かったですね。最後までよく走ってくれています」

 ◆酒井騎手(アドマイヤアルバ12着)「前走のようにもう少し前の位置を取りたかったけど、進んでいきませんでした。58キロを背負ってこのメンバーでしたし、ずっとワンペースの感じでした」

 ◆松若騎手(シロニイ13着)「道中は内を回ってきましたが、ペースが上がったときについていけませんでした」



★27日阪神11R「宝塚記念」の着順&払戻金はこちら

【有名人の予想に乗ろう!】宝塚記念2021 徳光和夫さん、見取り図など多士済々!競馬大好き芸能人・著名人がファイナルジャッジ! 2021年6月27日() 05:30


※当欄では宝塚記念について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【徳光和夫】
3連複ボックス
ユニコーンライオン
レイパパレ
シロニイ
クロノジェネシス
アリストテレス
モズベッロ
ワイド流し
①-④⑥⑦⑨⑩⑪⑫⑬

【盛山晋太郎(見取り図)】
◎⑬キセキ
3連単2頭軸流しマルチ
⑬→⑦→①②⑧⑩⑪
ワイド流し
⑬-②⑧⑩⑪

【リリー(見取り図)】
◎⑦クロノジェネシス
3連単フォーメーション
⑦→②⑨⑩→①②⑧⑨⑩⑪⑫⑬

【DAIGO】
◎②レイパパレ
ワイド
②-⑦
②-⑬
②-⑧

【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑨アリストテレス
○⑦クロノジェネシス
▲②レイパパレ
△⑪モズベッロ
△⑧カデナ
△⑫ミスマンマミーア
△①ユニコーンライオン
3連単1頭軸流しマルチ
⑨→①②⑦⑧⑪⑫

【杉本清】
◎②レイパパレ
○⑦クロノジェネシス
▲⑩カレンブーケドール
☆⑨アリストテレス
△⑪モズベッロ
△⑬キセキ

【ゴルゴ松本(TIM)】
◎⑩カレンブーケドール
○①ユニコーンライオン
▲⑨アリストテレス
△②レイパパレ
ワイド流し
⑩-①⑨

【松田丈志(オリンピック競泳メダリスト)】
◎②レイパパレ

【林修】
注目馬
レイパパレ

【田中将大(マー君・東北楽天ゴールデンイーグルス投手)】
◎⑦クロノジェネシス
○⑩カレンブーケドール
▲⑬キセキ
△⑨アリストテレス
△⑪モズベッロ

【棚橋弘至(プロレスラー)】
◎⑬キセキ
○②レイパパレ
▲⑪モズベッロ
△⑥シロニイ

【オカダ・カズチカ(プロレスラー)】
◎⑦クロノジェネシス
○②レイパパレ
▲⑩カレンブーケドール
△⑬キセキ

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑦クロノジェネシス
○⑩カレンブーケドール
▲②レイパパレ
△⑨アリストテレス
△⑪モズベッロ
△⑬キセキ

【増沢末夫(元JRA調教師)】
◎⑦クロノジェネシス

【中村均(元JRA調教師)】
◎⑦クロノジェネシス
○②レイパパレ
△⑬キセキ
△⑩カレンブーケドール
△⑪モズベッロ
△⑨アリストテレス

【小原伊佐美(元JRA調教師)】
◎⑦クロノジェネシス

【田原成貴(元JRA調教師)】
◎⑦クロノジェネシス
○②レイパパレ
▲⑬キセキ
△⑩カレンブーケドール
△⑪モズベッロ
△⑨アリストテレス

【細江純子(元JRA騎手)】
注目馬
アリストテレス
クロノジェネシス
ユニコーンライオン

【谷中公一(元JRA調教助手)】
◎⑦クロノジェネシス

【東信二(元JRA騎手)】
◎②レイパパレ

【吉沢宗一(元JRA騎手)】
◎⑦クロノジェネシス

【橋本マナミ】
◎⑦クロノジェネシス
○②レイパパレ
▲⑬キセキ
△⑪モズベッロ
△①ユニコーンライオン
△⑨アリストテレス
△⑩カレンブーケドール

【横山ルリカ】
◎⑦クロノジェネシス

【黒澤ゆりか】
◎②レイパパレ
○⑦クロノジェネシス
▲⑩カレンブーケドール
△⑪モズベッロ
△⑨アリストテレス

【神部美咲】
◎②レイパパレ
3連単2頭軸流しマルチ
②→⑦→①⑧⑪⑬

【旭堂南鷹】
◎①ユニコーンライオン
○⑦クロノジェネシス
▲⑬キセキ
△⑨アリストテレス
△⑪モズベッロ

【佐野遥】
◎②レイパパレ
単勝

馬単
②→⑩
②→⑦
⑦→②
3連単
②→⑩→⑦
3連単ボックス
②⑦⑩

【稲富菜穂】
◎⑦クロノジェネシス
○⑩カレンブーケドール
▲⑬キセキ
△②レイパパレ
△⑪モズベッロ

【やべきょうすけ】
◎②レイパパレ
○⑨アリストテレス
▲⑦クロノジェネシス
△①ユニコーンライオン
△⑩カレンブーケドール
△⑪モズベッロ
△⑬キセキ

【小木茂光】
◎⑨アリストテレス
3連単フォーメーション
⑦⑧⑨→②⑦⑧⑨⑩⑪⑬→⑦⑧⑨

【津田麻莉奈】
◎⑩カレンブーケドール

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎②レイパパレ
馬単
②→⑦クロノジェネシス

【キャプテン渡辺】
◎⑪モズベッロ
単勝

馬単・馬連流し
⑪→⑦⑩
3連複
⑦-⑩-⑪
3連単フォーメーション
⑪→⑦⑩→⑦⑩

【小籔千豊】
◎⑦クロノジェネシス
3連単
⑦→⑬→⑪
3連単ボックス
②⑦⑩
3連単2頭軸流しマルチ
⑦→⑬→②⑨⑩⑪

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑬キセキ
○⑦クロノジェネシス
▲⑪モズベッロ
△②レイパパレ
△⑩カレンブーケドール
△⑨アリストテレス

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎⑦クロノジェネシス
○①ユニコーンライオン
▲⑪モズベッロ
☆⑩カレンブーケドール
△②レイパパレ
△⑬キセキ

【土井よしお(ワンダラーズ)】
◎⑨アリストテレス
○⑦クロノジェネシス
▲②レイパパレ
△⑧カデナ
△⑩カレンブーケドール
△⑪モズベッロ
△⑬キセキ

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎⑩カレンブーケドール
3連単2頭軸流しマルチ
⑩→⑦→①②⑧⑨⑪⑫⑬
⑩→⑪→①②⑦⑧⑨⑫⑬
3連単フォーメーション
⑦⑩→⑦⑩⑪→②⑦⑨⑩⑪⑬
⑦⑩→②⑦⑨⑩⑪⑬→⑦⑩⑪

【ギャロップ林】
◎①ユニコーンライオン
単勝

3連単フォーメーション
②→①→⑦⑧⑨⑩⑪⑬
②→⑦⑧⑨⑩⑪⑬→①

【こいで(シャンプーハット)】
◎⑬キセキ
3連単フォーメーション
②⑦→②⑦⑨⑩⑪→⑬

【てつじ(シャンプーハット)】
◎②レイパパレ
3連単フォーメーション
②→⑦⑩→⑦⑩⑪⑬

【浅越ゴエ】
◎⑬キセキ
3連単2頭軸流しマルチ
⑬→⑦→⑨⑩
3連単ボックス
⑨⑩⑬
3連単フォーメーション
⑦→⑬→⑨⑩
⑦→⑨⑩→⑬

【岩部彰(ミサイルマン)】
◎⑫ミスマンマミーア
3連単2頭軸流しマルチ
⑫→⑦→①②⑤⑧⑨⑩⑪⑬
3連単ボックス
①⑨③
③⑤⑩

【西代洋(ミサイルマン)】
◎①ユニコーンライオン
3連単1頭軸流しマルチ
①→②⑤⑦⑨⑩⑪⑬

【岡野陽一】
◎②レイパパレ
○⑦クロノジェネシス
▲⑫ミスマンマミーア
△⑨アリストテレス
△⑩カレンブーケドール
△⑪モズベッロ
△⑬キセキ

【船山陽司】
◎⑬キセキ

【上村彩子】
◎⑦クロノジェネシス

【篠原梨菜】
◎⑦クロノジェネシス

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑩カレンブーケドール

【大島麻衣】
◎⑦クロノジェネシス
○②レイパパレ
▲⑨アリストテレス
☆⑬キセキ
△⑩カレンブーケドール
△⑪モズベッロ

【熊崎晴香(SKE48)】
◎②レイパパレ
○⑦クロノジェネシス
▲⑪モズベッロ
△①ユニコーンライオン
△⑩カレンブーケドール
△⑬キセキ

【高見奈央】
◎⑨アリストテレス
○⑦クロノジェネシス
▲②レイパパレ
△⑬キセキ
☆⑫ミスマンマミーア

【柴田阿弥】
◎⑬キセキ

【高田秋】
◎⑨アリストテレス

【原奈津子】
◎②レイパパレ
○⑪モズベッロ
▲①ユニコーンライオン
△⑦クロノジェネシス

【神谷由香】
◎⑦クロノジェネシス
○⑨アリストテレス
▲②レイパパレ
△⑪モズベッロ
☆⑬キセキ

【森咲智美】
◎⑬キセキ
○⑩カレンブーケドール
▲②レイパパレ
☆⑪モズベッロ
△⑦クロノジェネシス
△⑨アリストテレス
△⑫ミスマンマミーア

【ほのか】
◎⑪モズベッロ
○⑫ミスマンマミーア
▲②レイパパレ
☆③メロディーレーン
△①ユニコーンライオン
△⑨アリストテレス
△⑩カレンブーケドール

【守永真彩】
◎②レイパパレ
3連複2頭軸流し
②-⑬-①③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫

【天童なこ】
◎⑨アリストテレス
○⑬キセキ
▲⑦クロノジェネシス
△①ユニコーンライオン
△②レイパパレ
△⑧カデナ
△⑩カレンブーケドール
△⑪モズベッロ

【目黒貴子】
◎⑦クロノジェネシス



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【宝塚記念】直前気配 2021年6月27日() 04:53

 <栗東トレセン>

 2019年の秋華賞、昨年の宝塚記念有馬記念でGI3勝を挙げているクロノジェネシスは、角馬場で入念に運動した後、坂路で4ハロン65秒7-15秒2をマーク。素軽いフットワークで駆け上がった。斉藤崇調教師は「落ち着いています。1週間前より良くなっていますね」と好気配を伝えた。宝塚記念連覇となればゴールドシップ(2013、14年)以来2頭目。グランプリ3連覇ならスピードシンボリ(69、70年有馬記念、70年宝塚記念)、グラスワンダー(98、99年有馬記念、99年宝塚記念)に続く3頭目で、牝馬では史上初の快挙となる。「ファン投票1位として、恥ずかしい競馬はできないですね。どんな馬場でも大丈夫ですし、本番までスムーズにいってほしいです」と指揮官は結んだ。

 デビューから6連勝でGI・大阪杯を制したレイパパレは、角馬場で体をほぐしてから坂路へ。力強い走りで4ハロン68秒8-15秒7を計時した。高野調教師は「順調にここまできています。ひと安心ですし、最近は穏やかになってきています。天気はどっちでもいいですが、この馬自身は良(馬場)の方が走りやすいと思うので、きれいな馬場でやりたいですね」と話した。クロノジェネシスとの直接対決を制し、GI連勝を飾るか注目だ。

 天皇賞4着から挑むアリストテレスは坂路で調整。4ハロン64秒6-15秒5で軽快に駆け上がった。生野助手は「順調です。あとは武豊騎手にお任せします。強い牝馬がいますが、頑張ってほしい」と期待を寄せた。

 近2年連続2着のキセキは角馬場から坂路へ。素軽いフットワークで、4ハロン63秒1-14秒9を計時した。辻野調教師は「いい意味でピリッとして、毛ヅヤも良く、研ぎ澄まされた状態。ある程度のポジションにつければ」と好位からの競馬をイメージする。

 ユニコーンライオンは4ハロン64秒9-14秒8で登坂。安藤助手は「いつも通り集中してできました。強いメンバー相手にどこまで頑張れるかな」と語った。

 ミスマンマミーアは坂路で4ハロン66秒1-14秒8。「ある程度気合が入りながらも、落ち着きがある。後ろから届く展開になれば」と寺島調教師。

 カデナは角馬場から坂路へ向かい、4ハロン65秒6-15秒3で駆け上がった。柴田助手は「いい雰囲気ですよ。距離は延びても大丈夫です」と話した。

 大阪杯2着のモズベッロは、坂路でラスト1ハロン13秒9(4ハロン64秒7)。「実力はあるので良馬場でやりたいね。(昨年の)日経新春杯(1着)のような瞬発力を見せられたら」と森田調教師は願いを込めた。

 僚馬メロディーレーンは4ハロン71秒5-16秒2で登坂。森田調教師は「中1週なので疲労回復に努めた。距離が短いので、前にいってどこまで粘れるかだね」と語った。

 白毛馬シロニイは角馬場から坂路で4ハロン65秒2-15秒8。「距離はもう少し長い方がいいですが、スタミナを生かす展開になれば」と兼武助手。

 ワイプティアーズは4ハロン67秒7-16秒7で登坂。加用調教師は「メンバーのレベルが上がるからね。道悪は嫌なので、雨が降らなければいいですね」と空模様を気にしていた。

 <阪神競馬場>

 カレンブーケドールは午後1時47分に決戦の地へ足を踏み入れた。「馬場はいいに越したことはないが少しくらいなら渋っても大丈夫。56キロも気にならない。そろそろ順番が回ってくるんじゃないかな」と国枝調教師は待望の金メダルを狙う。

 アドマイヤアルバは午後1時50分に到着。以前は関西馬だったため慣れた場所だ。高梨助手は「ひと雨くるといいですね。この馬が雨歓迎というわけではないですけど、地力勝負はどうかと思うので」と、時計のかかる馬場を望んでいた。



宝塚記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【宝塚記念】前走後の談話 2021年6月27日() 04:52

 〔1〕ユニコーンライオン「瞬発力勝負では分が悪いので、3~4コーナーから早めに動いた」(鳴尾記念1着=坂井騎手)

 〔2〕レイパパレ「馬場的にも、周りの馬的なこともあり、スムーズにハナまで行こうと思いました」(大阪杯1着=川田騎手)

 〔4〕ワイプティアーズ「ペースが遅くて、前につけることができた」(鳴尾記念5着=松若騎手)

 〔5〕アドマイヤアルバ「ブリンカーが良かったのかも」(目黒記念3着=北村宏騎手)

 〔6〕シロニイ「向こう正面から手が動き、力尽きた」(天皇賞・春16着=松若騎手)

 〔7〕クロノジェネシス「3コーナーからいい感じで流れに乗れたが、そこから反応できず、最後は疲れてしまった」(ドバイシーマクラシック2着=北村友騎手)

 〔8〕カデナ「自分のレースに徹して、最後はいい伸びだった」(安田記念6着=武豊騎手)

 〔9〕アリストテレス「エンジンがかかるまでに時間がかかってしまった」(天皇賞・春4着=ルメール騎手)

 〔10〕カレンブーケドール「やりたいレースはできた。毎回、堅実に走ってくれる」(天皇賞・春3着=戸崎騎手)

 〔11〕モズベッロ「道中のリズムは良く、最後もよく伸びている」(大阪杯2着=池添騎手)

 〔12〕ミスマンマミーア「大胆に攻められなかった」(目黒記念12着=福永騎手)

 〔13〕キセキ「ペースがスローで展開が向かなかった」(クイーンエリザベスIIC4着=スコフィールド騎手)



宝塚記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【重賞データ分析】宝塚記念2021 あの人気馬たちは消えて... 筆頭候補アリストテレス含めオールクリアは3頭のみ 2021年6月26日() 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は宝塚記念・データ分析 をお届けします!


【馬齢】
2011年以降の3着以内30頭の馬齢をみると、4歳から7歳の間で収まっている。ただし、7歳の好走は香港から参戦したワーザー(2018年2着)の1例だけ。高齢の日本調教馬に手を出すのはリスクが高い。

(減点対象馬)
シロニイ ⑧カデナ ⑬キセキ

【前走馬体重】
前走(前走が未計量の場合は2走前)の馬体重については、牡・せん馬なら450キロ以上、牝馬であれば430キロ以上がひとつの目安。2011年以降の3着以内全馬がこの条件を満たしていた。

(減点対象馬)
レイパパレ ③メロディーレーン

【近走成績】
2011年以降、近4走とも国内の1600~2400m戦に出走し、いずれも敗れていた馬の連対例は皆無。加えて、近3走とも同年の2400m以上戦を使用していた馬は、その3走内にG1 2着内歴がある馬を除くと連対ゼロ。該当馬は評価を控えめにしたい。

(減点対象馬)
メロディーレーン ④ワイプティアーズ ⑤アドマイヤアルバ ⑥シロニイ ⑧カデナ ⑫ミスマンマミーア

【近走人気】
2011年以降、近2走続けて国内戦に出走し、ともに8番人気以下だった馬の好走例はなし。また、前走が国内戦で2ケタ人気だった馬も連対ゼロと、今ひとつの結果に終わっている。

(減点対象馬)
ワイプティアーズ ⑤アドマイヤアルバ ⑥シロニイ ⑧カデナ  

【G1・G2実績】
2011年以降の2着以内全馬にG1もしくはG2での優勝経験があった。G3より下のクラスに勝ち星が偏っている馬は苦戦が続いている。

(減点対象馬)
ユニコーンライオン ③メロディーレーン ④ワイプティアーズ ⑤アドマイヤアルバ ⑥シロニイ ⑩カレンブーケドール ⑫ミスマンマミーア


【データ予想からの注目馬】
上記5項目で減点がないのは、⑦クロノジェネシス、⑨アリストテレス、⑪モズベッロの3頭。最上位には⑨アリストテレスを推す。2011年以降、天皇賞(春)4着以下から臨む栗東所属馬は【4.2.1.13】という上々の成績。そのうち、勝ち馬とのタイム差が0秒5以内だった馬に絞ると【2.0.0.1】の好パフォーマンスを示している。距離短縮のここで、本領発揮の場面があっても驚けない。

差のない2番手に⑦クロノジェネシス。近10回、前走ドバイ組が未勝利である点はネックの一方、前年の有馬記念勝ち馬は【2.0.0.0】の好相性を誇っている。安易に評価を下げることはできない。⑪モズベッロも怖い存在だ。前年3着という舞台適性の高さはもちろん、G1昇格後の大阪組は2着馬が【1.1.0.0】の良績を挙げている。引き続き警戒が必要だろう。

<注目馬>
アリストテレス ⑦クロノジェネシス ⑪モズベッロ

[もっと見る]

【宝塚記念】金曜日の陣営 2021年6月26日() 04:57

 <栗東トレセン>

 クロノジェネシスは角馬場で運動後、坂路を4ハロン64秒8-15秒3で軽やかに駆け上がった。斉藤崇調教師は「いつも通りで、変わらないですよ。体は同じか増えてるぐらい。馬場は何でもこなせるし、後はジョッキーに任せます」と語った。

 レイパパレは坂路を4ハロン70秒2-16秒0でゆったりと駆け上がった。高野調教師は「順調です。馬は急激に良くなっています。競馬はプラス10キロぐらいで出せそうです。枠も偶数で良かったですし、距離もこなせると信じています」と話した。

 天皇賞・春4着から挑むアリストテレスは4ハロン64秒5-15秒7と軽快な脚さばきで登坂した。「特に問題なくきている。枠順(〔6〕枠(9)番)もいいし、内を見ながら競馬ができるので、いいと思う」と音無調教師。

 香港GI・クイーンエリザベスIIC4着から帰国初戦となるキセキは、角馬場から坂路に向かい、ラスト1ハロン14秒0(4ハロン60秒5)と力強く脚を伸ばした。辻野調教師は「いい意味で、ピリッとしてきました。申し分ない状態で出せます」と、過去2年連続2着と相性のいいレースを前に自信。

 モズベッロはプール調整を行い、ゲートもチェック。「コースを問わず、どこでも走るからね。歩様がいいし、前(脚)の出もいい。あとは無事に走ってくれれば」と森田調教師。

 ユニコーンライオンは坂路を4ハロン62秒5-14秒8で力強く駆け上がった。安藤助手は「追い切った後も変わらない姿をみせてくれていますよ。(馬体重も)ちょうどいいと思います」とうなずいた。

 カデナは角馬場で調整。中竹調教師は「いい感じで、悪いところはない。馬体重も(480キロの前走と)同じくらいで出せそう。2200メートルも、掛かることもないし、何の問題もない。雨でも辛抱するし、枠は内でも外でも関係ないよ」と楽しみにする。

 ミスマンマミーアは寺島調教師を背にBコースを軽快に1周。「落ち着きがあるし、追い切り後のキャンターも気合が入っていい感じ。ごちゃごちゃしない外枠(〔8〕枠(12)番)で良かった」と指揮官。

 メロディーレーンはゲート練習とプールで軽めに調整した。「(〔3〕枠(3)番の枠順は)気にしていない。いけるかわからないけど、ゲートを出して前めで粘ってくれれば。良なら分が悪いので、雨が降ってほしい」と森田調教師。

 天皇賞・春16着のシロニイは角馬場で体をほぐし、坂路で4ハロン64秒6-15秒2と小気味のいいフットワークを見せた。岩崎助手は「追い切ったあとも雰囲気はいいですね。雨で馬場がしぶってくれれば」と道悪を願った。

 ワイプティアーズは、4ハロン69秒3-16秒3で登坂。活気のある動きをみせた。加用調教師は「(馬体重は)気にしていない。大きな馬だからね。ゲート練習もして、スムーズにおとなしく出ていました」と力を込めた。

 <美浦トレセン>

 7度目の挑戦で悲願のGIタイトルを狙うカレンブーケドールは、南の角馬場からWコースをキャンターで1周。軽快な脚取りが目についた。「どっしり構えているし、順調だね。13頭だし、枠順はどこでも良かったけど、前走の競馬なら3番手ぐらいかな。まあ、(戸崎)圭太が考えるだろう。スムーズな競馬をしてほしいね」と国枝調教師は自然体。

 目黒記念3着アドマイヤアルバは、北の角馬場で体をほぐして坂路へ。単走で4ハロン70秒7とゆっくり駆け上がった。「何も変わりなく順調にきました」と高梨助手。



宝塚記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

シロニイの関連コラム

閲覧 1,107ビュー コメント 0 ナイス 3



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


6月27日(日) 阪神11R 第62回宝塚記念(3歳以上G1・芝2200m)

クロノジェネシス(A)3ヶ月
海外遠征後の休み明けとなるが、2週前が福永騎手、1週前はルメール騎手騎乗での追い切りを消化し、重め感はなく伸び脚もシッカリしていて仕上がりは良さそう。

レイパパレ(A)3ヶ月
この中間もこれまでと同じように、日曜、水曜、日曜と坂路で追われている。1週前追い切りでは、前走時同様に終いグッと前に伸びる推進力を見せていて、引き続き好状態。

カレンブーケドール(A)中7週
この中間は坂路調整で乗り込み量は豊富。1週前の動きも内めを回ったとはいえ手応え抜群で、終いも力強く伸びていて前走以上の動きを披露している。

キセキ(B)中8週
香港遠征以来の休み明け。動きに関しては終いの伸びが物足りなく映ったが、時計的にはここ2戦と比べてもかなり良く、出来自体は悪くなさそう。

アリストテレス(B)中7週
この中間は前走時よりも好時計が出ていて状態は悪くなさそう。ただ、1週前追い切りの動きを見ると、先着こそ果たしたもののもう少し力強さがほしい印象も。

モズベッロ(A)3ヶ月
前走時に追い切りの動きが良くなっていたこの馬だが、この中間も好時計が出せている。1週前追い切りは、終い重心が低くしっかりと伸びていて、この馬の良いときの状態をキープといった感じ。

メロディーレーン(F)中1週
小柄な牝馬でほぼ月一ペースで使われていて今回は中1週。この中間に速い時計もなく、疲れがない訳がないとは思うが。

ヨシオ※回避予定(D)中5週
ジャパンC以来の芝のレース。その間もダートG1、障害、ダート短距離と、何でもかんでも使えば良いというものでもないとは思うが・・・。

カデナ(B)中2週
勝ち馬からコンマ5秒と差のない競馬をみせた安田記念から中2週。前走時点で調教の動きも良く、この中間も1週前の金曜日に坂路で速い時計をマークしており、引き続き状態は良さそう。

シロニイ(D)中7週
この中間も乗り込み量は豊富で、時計も前走時と変わらない感じ。ただ動きを見ると、終い首が上がりかなり耳を絞って嫌がりながら走っていて、気持ち的に疲れがあるのかもしれない。

ユニコーンライオン(B)中2週
大型馬で連勝中と勢いあり。1週前追い切りの映像がないので動きに関しては何とも言えないが、最終追い切りで前走時のような重心の低い走りで終い伸びていれば、さらなる上積みも期待できそう。

ミスマンマミーア(C)中3週
この中間も2週前にCW、1週前にDPコースと、外めを走って速い時計が出ていて調子落ちはみられない。ただ、全体的に重心が高い動きになっていて高評価はどうか。加えて今回は、56キロと近走と比べて過酷な斤量で走らなくてはならずプラス材料が少ない。

ワイプティアーズ(D)中2週
オープン勝ちもなく、1週前追い切りの動きを見ても力強さや迫力、勢いを感じない。

キングニミッツ※回避予定(E)中5週
この中間は、18日に坂路でやっと時計になる程度のものしかマークしておらず、軽めの調整が続く。G1への出走態勢という感じはない。

アドマイヤアルバ(D)中3週
前走は、京都新聞杯2着以来の重賞好走を果たすも、大きく馬体が減っていた。今回は関西輸送も控えていることから、馬体を維持するだけでもギリギリだろう。上積みは期待できそうもない。


※このコラムからの推奨馬はレイパパレカレンブーケドールモズベッロクロノジェネシスの4頭をあげておきます。



◇今回は宝塚記念編でした。
近年牝馬が活躍している宝塚記念ですが、今年も主役候補に牝馬が揃い、その勢いは止まりそうもありません。
レイパパレのような小柄な牝馬が、あの大阪杯での力の要る馬場をものともせずに勝ち切ったあたりは、調教技術の進歩や血統の改良であったりと、これまで積み重ねてきた日本競馬関係者の努力の賜物でしょう。このレースには秋の凱旋門賞にも登録している馬も何頭か出走してきますし、1番人気になりそうな馬も日本生れのディープインパクト産駒の3歳牝馬。これだけ勢いのある馬たちがたくさんいるのなら、日本牝馬の強さを秋のパリロンシャン競馬場で見せつけてもらいたいものです。

宝塚記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2021年6月20日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2021年06月20日号】特選重賞データ分析編(259)~2021年宝塚記念
閲覧 2,710ビュー コメント 0 ナイス 7



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 宝塚記念 2021年06月27日(日) 阪神芝2200m内


<ピックアップデータ>

【“同年、かつJRA、かつG1・G2のレース”において4着以内となった経験の有無別成績(2012年以降)】
○あり [9-6-7-50](3着内率30.6%)
×なし [0-3-2-52](3着内率8.8%)

 年明け以降の戦績を素直に評価したい一戦。キセキクロノジェネシスのように国外のビッグレースで善戦してきた馬ならともかく、大敗続きの馬、G3やオープン特別のレースを主戦場としてきた馬は強調できません。

主な「○」該当馬→カレンブーケドールシロニイミスマンマミーアレイパパレ
主な「×」該当馬→キセキユニコーンライオン


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“前年の有馬記念”において9着以内となった経験がある」馬は2012年以降[4-6-2-12](3着内率50.0%)
主な該当馬→カレンブーケドール

[もっと見る]

2021年4月28日(水) 19:05 くりーく
くりーくの中間調教チェック 天皇賞(春)2021 
閲覧 1,744ビュー コメント 0 ナイス 7



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


5月2日(日) 阪神11R 第163回天皇賞(春)(4歳以上G1・芝3200m)

【登録頭数:17頭】(フルゲート:18頭)


<優先出走馬>

ウインマリリン(C)中4週 阪神芝0.0.0.1
前走時は追い切りの動きも素軽く、馬体も絞れて好仕上がりだった。今回は輸送もあり、これ以上馬体は減らしたくない中でのやや控えめな調整。1週前追い切りでは併走相手に手応えで見劣っており、前走からの上積みまでは期待できないか。

ディープボンド(A)中5週 阪神芝1.1.0.0
跳びが大きく、終い首が高くなりがちな馬だが、1週前追い切りでは今回も好時計で先着。これまで以上に力強く前に伸びる感じで、かなり良い動きを披露してきた。パドックでテンションが上がるタイプなので、無観客で行われることはプラスになりそう。


<賞金上位馬>

カレンブーケドール(D)中4週 阪神芝0.0.0.0
前走時は久しぶりに南Wで調整されていたが、この中間は坂路での調整に戻ってしまった。南Wで調整されている時のほうが好成績に結びついているイメージがあり、この中間の坂路時計を見ても自身としては平凡レベルの内容で、良かった頃の勢いは感じられない。

アリストテレス(A)中5週 阪神芝0.3.0.1
前走時も追い切りの動きは悪くなかったが、ルメール騎手が追い切りに騎乗していなかったためか、レースで集中力を欠くところが多かった。直接的に結果に影響したかは分からないが、気になった部分であることは事実。この中間は、ルメール騎手が2週前、1週前と追い切りに跨り、動きを見ても集中力のある走りを見せている。長距離戦に向けての調整として、良い内容。

オーソリティ(B)中9週 阪神芝0.0.0.0
走りを見ると左回りのほうがスムーズな印象があり右回りは気になるが、初の関西への長距離輸送を克服できれば。1週前追い切りの動きからも、直線の伸び脚良好で出来の良さが伝わってくる。

ワールドプレミア(B)中4週 阪神芝0.1.1.0
長期休養明けを使われつつ出来は良くなっている感じ。1週前はまだ重いという感触は残すものの、初騎乗の福永騎手を背に折り合いがついた動きを見せていて悪い印象はない。ここ2戦はパドックでも落ち着いていて、無観客で行われる点はこの馬にもプラスに。

ユーキャンスマイル(A)中5週 阪神芝1.2.0.1
長距離実績があり、阪神内回りでは3戦して3連対でこのコースが最も向いている馬。1週前追い切りでは、いつもより内目を回っているので時計も速くなっているが、ビッシリ追われて終いしっかり先着と、直前リハを控えての動きとしては文句なし。

マカヒキ(D)5ヶ月 阪神芝0.0.0.4
1週前は、先着こそ果たしているが、終いに首が上がり脚も上がり気味で出来自体物足りず。それ以前に、ジャパンCからの休み明けで、芝3200m戦は普通に考えて厳しい。

オセアグレイト(A)中4週 阪神芝0.0.0.0
休み明けの前走を使われて状態は上向き。1週前追い切りでは、外ラチ沿いを抜群の伸び脚で駆け抜け、内の併走馬2頭とは動きが違った。

ディアスティマ(C)中8週 阪神芝1.0.1.0
この中間も前走同様に坂路で追われて時計も優秀。ただ、1週前の動きを見ると終いの伸び脚がもう少しほしい感じ。

ゴースト(C)中5週 阪神芝2.0.0.2
乗り込み豊富で1週前に長めから強めに追われている。ただ、動きはやや重めで少し物足りない感じ。

ナムラドノヴァン(B)中5週 阪神芝0.0.1.2
この中間、1週前追い切りでは併せて遅れているものの動き自体は悪くない。近走3000m級で差のない競馬が続いており、最終追い切りでの動きが軽くなれば好勝負が期待できそう。

メイショウテンゲン(B)中5週 阪神芝1.0.2.2
前走時の追い切りでは動きが良くなっていて、ここにきて状態が上がってきている。1週前追い切りからも、首を使った走りに戻ってきている様が見てとれ、出来引き続き良好。

ジャコマル(C)中4週 阪神芝0.0.0.2
この中間も追い切りの時計は良くも悪くも変わらず。状態は特に悪くなさそうではあるが、走りが硬く、そのあたりが変わってこないともうひとつ上のステージでは厳しいか。

ディバインフォース(B)中1週 阪神芝2.2.0.1
阪神は向いているが、今回中1週でこの中間は軽めの調整。近走は詰めて使われていて、前走時のパドックでは馬体が仕上がっていた印象を受けた。どれだけ今の状態をキープできるかが鍵になってくる。

メロディーレーン(E)中2週 阪神芝2.0.1.6
かなり小柄な牝馬で、(そのキャラもあって)人気先行する馬。中2週で臨む今年は、前走時のパドックでイレ込んでいた点も含め、特にプラスになる材料はない。

シロニイ(C)中5週 阪神芝0.0.0.4
併せ馬では遅れることの多い馬。動きを見ると、白い馬なのでバネがあるように感じてしまうが、終いに首が上がり気味で伸び脚は物足りない。


このコラムからの推奨馬はディープボンドユーキャンスマイルアリストテレスオセアグレイトの4頭をあげておきます。


◇今回は天皇賞(春)編でした。
毎年のように当コラムで、近年の天皇賞(春)菊花賞は長距離戦とはいえスタミナよりも折り合いが重要ということを書いてきました。それは、3コーナーに下り坂のある独特のコース形態の京都競馬場で行われるが故の見解。
そして、周知の通り、今年は阪神競馬場に舞台を移して行われます。阪神競馬場で行われるとなれば、当然話は少し変わってきます。阪神芝3200mに最も近い条件で行われている阪神大賞典のレース内容を見ていると、大前提として折り合いはもちろんのこと、スタミナもかなり重要になっている印象があります。そういった意味からすると、今年の天皇賞(春)は、ステイヤーにとってビワハヤヒデの勝利した1994年以来およそ四半世紀ぶりに訪れる、またとないG1制覇のチャンスなのかもしれません。


天皇賞(春)出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2017年2月24日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2017年02月24日
閲覧 1,194ビュー コメント 0 ナイス 1

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2017年2月25日()の凄馬!>
極凄馬
小倉3R 3歳未勝利
ペプチドリリー(+5.3)

極凄馬
阪神5R 3歳未勝利
スティッフェリオ(+4.2)

超凄馬
小倉12R 合馬特別
ライトフェアリー(+3.3)

超凄馬
中山8R 4歳以上500万以下
プレシャスエース(+2.9)

超凄馬
阪神2R 3歳未勝利
テイエムグッドマン(+2.6)

超凄馬
小倉8R 4歳以上500万以下
ナムラエルサ(+2.5)

超凄馬
中山9R 水仙賞
ワンダープチュック(+2.4)

超凄馬
小倉10R くすのき賞
シロニイ(+2.4)

超凄馬
中山2R 3歳未勝利
サウンドストリート(+2.3)

超凄馬
中山3R 3歳未勝利
プレゼンス(+2.3)

超凄馬
中山7R 3歳500万以下
シンボリバーグ(+2.0)

超凄馬
小倉2R 3歳未勝利
ウイナーズロード(+2.0)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率68%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2017年2月26日、集計数:27,858レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください

[もっと見る]

2016年12月7日(水) 12:15 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2016) ~第8回 U指数で見る条件別高パフォーマンス馬
閲覧 4,191ビュー コメント 0 ナイス 2

 2016年の2歳戦もいよいよ大詰め。12月11日には阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳GⅠ・阪神芝1600m外)が、12月18日には朝日杯フューチュリティステークス(2歳GⅠ・阪神芝1600m外)が施行される予定で、既に両レースとも特別登録馬が発表されました。朝日杯フューチュリティステークスを牝馬(ビーカーリーミスエルテ)が勝たない限り、おそらくJRA賞最優秀2歳牡馬やJRA賞最優秀2歳牝馬のタイトルは両GⅠの優勝馬が受賞することになるでしょう。出馬投票後の抽選を含め、POGプレイヤーの多くが指名馬の動向に一喜一憂する時期ですね。ウマニティPOG2016の参加者にとってはシーズンB(9月10日~12月25日)の最終盤であり、向こう3週のレース結果はシーズン表彰争いにも大きく係わってきます。

 もちろん「GⅠの2鞍に登録した馬がいない」「ランキングの上位にいるわけでもない」という皆さんは寂しい思いをしていらっしゃるでしょうが、そうした方々にも逆転のチャンスがないわけではありません。GI、GII、GIII、オープンの各ワールドは12月5日に今シーズン最後の仮想オーナー募集枠開放が行われ、既にデビューした馬を含むすべての2歳馬が入札可能な状態となりました。指名枠がまだ残っており、なおかつ他のプレイヤーよりも高いポイントを入札すれば、阪神ジュベナイルフィリーズ朝日杯フューチュリティステークスの有力候補を自身のラインナップに加えることができるのです。そもそも、2016-2017シーズン全体からすると、この時期はまだ中盤戦。最終順位に影響してくるようなビッグレースはだいぶ先ですから、年明け以降の重賞で活躍してくれそうな馬を今のうちに確保しておくという手もあります。

 今回はそんなプレイヤーのニーズに応えるべく、ウマニティ独自のスピード指数「U指数(結果U指数)」を参考に、過去のレースで見せたパフォーマンスを順位付けしてみました。なお、以前の当コラムでも指摘した通り、「U指数」は新馬のレースがもっとも高い数値になりにくく、格の高いレースほど高い数値が出やすい指標です。こうした特性や施行レース数を考慮し、今回は「新馬/芝1400m以下」「新馬/芝1500m以上」「新馬/ダート」「未勝利/芝1400m以下」「未勝利/芝1500m以上」「未勝利/ダート」「500万下から上のクラス/芝1400m以下」「500万下から上のクラス/芝1500m以上」「500万下から上のクラス/ダート」の9カテゴリーについて、「U指数」ベスト10のランキングを作成。集計対象は2016年11月27日までに施行されたJRA、かつ2歳限定のレースとしています。


<新馬/芝1400m以下>

●8月7日 小倉06R レーヌミノル 84.7
●9月17日 阪神05R アグネスジュレップ 84.6
●6月25日 函館05R ロイヤルメジャー 84.3
●10月1日 中山05R マイネルアムニス 83.9
●6月19日 東京06R アエロリット 82.8
●8月14日 小倉05R メイソンジュニア 82.6
●6月5日 阪神05R アンジュシャルマン 82.6
●11月20日 京都06R サリネロ 82.5
●6月5日 阪神05R マイネルパラディ 81.7
●10月23日 東京04R ジョーストリクトリ 81.6


<新馬/芝1500m以上>

●11月26日 京都05R ミリッサ 86.1
●11月26日 京都05R パンサーバローズ 84.6
●11月26日 東京05R バリングラ 83.8
●11月19日 東京05R サーベラージュ 83.7
●11月20日 東京06R ハナレイムーン 83.6
●10月23日 新潟05R リカビトス 83.3
●11月6日 東京05R ダイワキャグニー 83.0
●11月5日 京都07R クリアザトラック 82.5
●11月26日 京都05R マイスタイル 82.4
●11月6日 東京05R パルフェクォーツ 82.3


<新馬/ダート>

●10月29日 京都04R ヒップホップスワン 87.7
●10月29日 京都04R スーパーモリオン 87.7
●11月5日 京都06R アップビート 85.5
●11月26日 京都06R ラビットラン 85.5
●11月6日 東京04R オールドベイリー 84.3
●11月6日 東京04R アースオブフェイム 84.3
●11月26日 東京06R サンライズノヴァ 84.2
●10月1日 阪神06R アイアンテーラー 83.4
●11月26日 東京06R ショウブニデル 83.2
●6月18日 阪神05R ディオスコリダー 83.1


<未勝利/芝1400m以下>

●8月28日 新潟02R レジーナフォルテ 91.6
●11月5日 京都03R アリンナ 87.7
●11月19日 京都02R イリスファルコン 87.1
●10月16日 新潟03R サンバダンサー 86.9
●10月15日 新潟05R ディアドラ 86.7
●11月19日 福島03R ファンタジーボール 86.6
●7月24日 福島01R ダイイチターミナル 86.6
●8月21日 新潟01R ディバインコード 86.5
●11月27日 東京01R トリリオネア 86.3
●10月9日 東京03R ドウディ 86.3


<未勝利/芝1500m以上>

●10月29日 京都03R ピスカデーラ 86.6
●11月12日 京都03R ヒロシゲグローリー 86.5
●11月12日 福島04R エンドゲーム 86.2
●9月3日 小倉02R ナムラライラ 86.1
●10月8日 京都03R プラチナヴォイス 86.0
●10月29日 京都03R スピリットソウル 85.9
●8月13日 小倉02R アダムバローズ 85.6
●10月16日 京都03R ハムレット 85.6
●11月13日 東京01R アルミレーナ 85.0
●11月6日 京都04R ソーグリッタリング 84.9


<未勝利/ダート>

●11月26日 京都02R ローズストリート 90.5
●11月6日 福島01R キンシノクリーン 88.9
●11月6日 福島01R サンタアズライト 88.9
●8月27日 札幌01R ハシルキセキ 88.5
●8月13日 札幌01R ハヤブサナンデダロ 87.6
●11月19日 福島01R サンタアズライト 87.6
●11月26日 京都02R ブルベアラクーン 87.2
●10月29日 京都01R メイショウジーク 86.7
●11月13日 福島01R スーパーモリオン 86.2
●11月12日 京都02R サトノクリエション 86.2
●11月12日 京都02R タガノディグオ 86.2


<500万下から上のクラス/芝1400m以下>

●9月4日 小倉11R 小倉2歳S レーヌミノル 99.0
●11月13日 福島10R 福島2歳S メイソンジュニア 97.0
●11月13日 福島10R 福島2歳S マイネルバールマン 94.9
●11月5日 東京11R 京王杯2歳S モンドキャンノ 94.0
●11月5日 東京11R 京王杯2歳S レーヌミノル 93.1
●11月20日 京都09R 秋明菊賞 アリンナ 91.9
●7月24日 函館11R 函館2歳S レヴァンテライオン 90.9
●11月13日 福島10R 福島2歳S ウランゲル 90.8
●10月1日 中山09R カンナS タイムトリップ 90.4
●10月30日 京都06R ビーカーリー 90.2


<500万下から上のクラス/芝1500m以上>

●11月12日 京都11R デイリー杯2歳S ジューヌエコール 94.5
●11月12日 京都11R デイリー杯2歳S ボンセルヴィーソ 94.5
●11月12日 京都11R デイリー杯2歳S サングレーザー 93.7
●11月12日 京都11R デイリー杯2歳S ディーパワンサ 93.7
●10月8日 東京11R サウジアラビアRC ブレスジャーニー 93.4
●11月12日 京都11R デイリー杯2歳S ベルカプリ 93.0
●10月8日 東京11R サウジアラビアRC ダンビュライト 91.9
●10月29日 東京11R アルテミスS リスグラシュー 91.6
●10月22日 東京09R アイビーS ソウルスターリング 91.4
●11月27日 京都09R 白菊賞 ゴールドケープ 91.2


<500万下から上のクラス/ダート>

●10月23日 京都08R なでしこ賞 ハングリーベン 90.5
●10月15日 東京09R プラタナス賞 エピカリス 89.0
●11月12日 東京09R オキザリス賞 シゲルコング 89.0
●11月12日 東京09R オキザリス賞 シゲルベンガルトラ 89.0
●11月12日 東京09R オキザリス賞 レッドオーガー 89.0
●10月23日 京都08R なでしこ賞 ゲキリン 88.8
●10月23日 京都08R なでしこ賞 シゲルベンガルトラ 88.8
●11月12日 東京09R オキザリス賞 グッドヒューマー 88.4
●11月12日 東京09R オキザリス賞 サザンボルケーノ 87.9
●11月19日 京都09R もちの木賞 ブルベアバブーン 87.8
●11月19日 京都09R もちの木賞 シロニイ 87.8


 各馬の指名(入札)状況はワールドごとに異なるため、「募集馬を探す」のページからご確認ください。人気の盲点になっている素質馬を見つけられれば、残り半年のシーズンで大きな戦力となってくれるはずです。

※今シーズンのPOGコラムは今回が最終更新となります。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。主な著作に『コース別 本当に儲かる血統大全』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

シロニイの口コミ


口コミ一覧
閲覧 76ビュー コメント 0 ナイス 5

★宝塚記念

過去10年のデータから

★※A……G1勝ち実績あり◎(7/7/7/33)なし(3/3/3/82)→無しのうち○G2勝ちあり
(3/3/2/45)×なし(0/0/1/37)※ただし同年のG1の勝ち馬は(0/1/2/8)と未勝利
⇒◎2レイパパレ、7クロノジェネシス、13キセキ、※ただし2番は勝てない
 ○8カデナ、9アリストテレス、11モズベッロ、
 ×1,3,4,5,6,10,12番

★B……15年以降1人気(0/2/0/4)6人気以下の3着以内馬10/18頭、特に10人気以下の
5頭とも15年以降
⇒前売り1人気7番
 ▲6人以下=11,1,12,8番
  10人以下=3,6,5,4番

★★C……前走G1(6/5/6/53)G2(2/0/1/25)G3(1/2/1/19)海外G1(1/2/2/13)
※G2,3の6/7頭は6人気以下
⇒○2,6,8,9,10,11番
 ▲1,4,5,12番
 ☆7,13番

※D……勝ち馬の枠順は8枠(7/0/2/13)13年以降の勝ち馬の枠順は、18年以外は8枠
⇒○8枠12ミスマンマミーア、13キセキ

:E……前走春天組4着以下(4/3/1/17)3着以内(0/0/2/14)※3着以内馬10頭中
8頭はG1連対あり
⇒○9アリストテレス、6シロニイ
 △10カレンブーケドール
 ※9,10番

★F……前走大阪杯組(2/1/0/9)好走3頭は3人気以内
⇒○2番
 ×11番

★G……ノーザンファーム生産馬で前走4着以内(5/4/3/21)5着以下(1/1/1/29)
⇒○2番、5番、7番、9番、

★★H……○5才(6/5/4/36)▲4才(3/1/6/34)※6才(1/3/0/22)7才以上(0/1/0/22)
※2着1頭は香港馬で、日本馬は全滅。2桁人気で3着以内は香港馬以外は4,5才
⇒○1,3,7,10,11番
 ▲2,9番
 ※4,5,12番(連対した4頭は6,9,5,6人気)

★I……牝馬(3/2/4/11)3着以内馬8/9頭がG1馬で、9頭とも3才時G1を3着以内
実績有り
⇒◎7番、
 ○10番
 ×2,3,12番

★※J……上がり36秒以上掛かった(最遅)レースで勝った経験の有る3着以内馬
20年2着キセキ6人気菊花賞レース40秒(自身39.6)3着モズベッロ12人1勝級37.3(36.0)
18年1着ミキーロケット7人日経新春杯36.4(36.0)3着ノーブルマーズ12人未勝利36.5(同)
17年2着ゴールドアクター5人未勝利36.7(35.8)3着ミッキークイーン4人未勝利36.6(36.1
16年1着マリアライト8人エリ女36.3(34.7)
⇒1番なし
 2番大阪杯36.8(同)
 3番2勝級38.3(37.7)
 4番千万36.6(36.2)
 5番1勝級36.6(35.7)
 6番未勝利38.5(38.3)
 7番京都記念36.9(35.8)
 8番なし
 9番AJCC37.9(37.4)
 10番なし
 11番1勝級37.3(36.0)
 12番2勝級36.9(36.2)
 13番菊花賞40.0(39.6)

※K……ルメール騎乗、2人気ー8着、4-4,2-4,1-6,2-5,1-4
⇒△7番

★※L……近10年で馬連10倍台以下の11,12,19年は、2分10秒台の高速馬場で
勝ち時計が遅くなるほど波乱度が増し、2分13秒5以上に遅い14,15年は、三連単が
大波乱


クロノジェネシス
有馬記念37.0-62.2-36.6(36.2)1着   後傾0.4差 5着カレンブーケドール(36.8)
秋天  36.5-60.5-33.6(32.8)3着0.1差 後傾2.9差
宝塚記念34.6-60.0-36.3(36.3)1着    前傾1.7差
大阪杯 36.9-60.4-34.2(34.0)2着0.0差 後傾2.7差
京都記念36.8-61.1-36.9(35.8)1着    前傾0.1差 2着カレンブーケドール(35.9)
エリ女 37.6-62.8-34.6(33.3)5着0.3差 後傾3.0差
秋華賞 34.6-58.3-36.4(36.1)1着   前傾1.8差2着カレンブーケドール(36.2)1.59.9
オークス35.1-59.1-35.3 (35.4)3着0.4差 前傾0.2差2着カレンブーケドール(35.1)2.22.8※
桜花賞 35.4-59.4-33.3(32.9)3着0.4差 後傾2.1差
クイーン36.1-60.4-33.8 (33.1) 1着   後傾2.3差 
阪神JF34.8-59.1-35.0 (33.9) 2着0.1差 前傾0.2差
※オークスはレースレコード 

7番は、重賞において前傾ラップでは3勝2着1回3着1回、2着は0.2差、3着は0.2差
でレースレコードのオークスで時計が早かった
一方、後傾ラップでは、2勝2着1回3着2回5着1回で、2勝が0.4差、2.3差に対して
2着は2.7差、3着2.9差、2.1差で5着3.0差と対称的
つまりハイペースなら上がりが掛かるので上がり35秒以上で勝てるが、
Sペースだと上がりが早くなって34秒切ると差し負けて取りこぼす
高速馬場もどちらかというと不得手

昨年は例年通り3回阪神最終日で更に稍重と時計の掛かる馬場にもってきて
Hペースの前傾ラップで7番にもってこいの馬場と展開になって圧勝だったが、
今年は京都コース改修で、他場振り替えの為、阪神は2月から12週連続開催で
芝は相当傷んだが、中6週空けて芝も回復生長、今開催も4日目で芝は内ラチ多少
傷んではいるが例年ほど酷くなく、当日も雨量次第では良馬場から悪化しても稍重までか

13頭立て少頭数でハナを切りそうなのは1ユニコーンライオンか2番で、
どちらが逃げてもSペースの後傾ラップ必至で7番にとっては黄色信号
内枠先行有利になれば、中団後方からの追い込みは厳しい、

道悪の前傾ラップで差し込んだ昨年の宝塚3着、今年大阪杯2着の11番は、逆に
時計と上がりが早い後傾ラップでは届かず辛い

ならば内枠から楽逃げ出来そうな1番は、連勝で前走鳴尾記念勝っているが、前走G3組で
3着以内馬は、過去4頭いて全馬G2勝ち実績があり、それのない1番は辛い

三冠馬コントレイルに菊花賞でクビ差迫った9番だが、二千二百Mで2勝と得意距離
ながら、長丁場春天で同タイムの10番が良馬場で上がりが早い展開なら時計と実績で
上回る
ならばそのコントレイルを重馬場とはいえ圧倒し無敗の6連勝を果たした2番は、
後傾ラップで上がりの早いレースでも完勝していて、唯一二千M超えが未経験だけが
死角ではあるが、その伸びしろに逆転の可能性は十分あり得る

後は福永が敢えて逃げた時の13番

天気が微妙だが、10Rまで良馬場で行けたなら小波乱はあり得る

馬連2→9,10各五百円 2→7、千円
三連複2=7-9,10、13各五百円 2=(9,10)ー13各三百円計6点
三連単2→(7,9,10)→(7,9,10,13)各二百円9点
複勝勝負は、難解で迷いお勧め出来無いが、敢えてリスクを取って買うなら
2番へいつもの半分だが、むしろ単勝が妙味あるかも
想定を超えて馬場悪化ならば7番の単勝に切り替えが賢明か
≫≫7-1-2
1番を消している時点で馬券は負け(ー'`ー;)
35.1-47.5-60.0-46.2-34.7=2.10.9
ギリ2分10秒台で4F比較で1.3差の後傾ラップなら内枠先行有利
結果的には2番川田が1番をかわいがりすぎて、直線向いた時点で先頭に
出ているべきだったが、杞憂の通り最後の1Fが長かった故直線で1番を交わした後に
伸びを欠いて差し返された
3才時にクラシック無縁の遅咲き故強い相手が前走初で、道悪で実績馬が能力そがれた分
モズベッロが2着に来るレースであって参考外だったのかも
やはりクラシック揉まれ経験が必要だった
3F比較では0.4差と前後半それほど差が無かったのは有馬記念同様7番には
絶好の展開となった、これなら鬼門のルメールでも最高のパフォーマンスが引き出せて
結果0.4差の完勝
例年との開催の違いが8枠優位、上がり遅い馬優位を無くし、内枠先行優位と
上がり遅くない1番を連対させた要因となった
10番は春天組の呪いだが、5才にかけての成長力の差が勝ち味の遅さを導いてる
13番はやはり7才では無理だったか中途半端な先行より途中でもハナを奪うべきだったか
9番は押さえたが、時計が早くなって上がり勝負ではやはり見劣りする
6人気以下で穴を探す、これが宝塚記念の命題

 ネアルコとハイペリオ 2021年6月27日() 13:16
3週連続的中がかかる宝塚記念。本命はユニコーンライオンで
閲覧 345ビュー コメント 0 ナイス 4

降水確率100%と数日前言われていたのに現実は曇りの阪神競馬場。不良馬場ならメロディーレーンを本命にするところでしたが大幅に予想を変えるはめになりました

◎ユニコーンライオン
○レイパパレ
▲モズベッロ

クロノジェネシスは良馬場だといまいち勝ち切れないレースが多い。有馬記念もたしか雨降っててやや重に近い良馬場だった記憶があります。海外帰りだしテン乗りだしルメールは宝塚記念0.0.0.6と全て馬券圏外らしいので保険で2.3着って感じです

ウマニティだと上限一万ですが、リアル馬券は
ユニコーンライオン単勝1000円
ユニコーンライオン→レイパパレ馬単1000円
ユニコーンライオンレイパパレ馬連1000円
ウマニティと同じ三連単フォーメーション84点100円ずつ
ウマニティと同じ三連単フォーメーション8点200円ずつ計1600円
メロディーレーン単勝100円
ユニコーンライオン複勝5000円

計18100円で勝負です

ユニコーンライオン→モズベッロ→シロニイ、メロディーレーンで来れば大爆発です

[もっと見る]

 ビター ティー 2021年6月27日() 09:07
牝馬の勢いを取り戻せるか? 今年のG1の牡・牝対決、上半期...
閲覧 237ビュー コメント 0 ナイス 7

 昨年のJRA芝平地牡・牝馬混合GⅠの優勝は、『9頭:1頭』の比率で牝馬が牡馬を圧倒しました。今年はそれほどの勢いが見られませんが『夏は牝馬』の格言もあり、上半期総決算『宝塚記念』をこの観点から予想してみたいと思います。
(世代限定の2歳GⅠや3歳GⅠ、及び牝馬G1はカウントしていません。)


それでは、まず昨年のGⅠの結果を振り返ってみましょう。

①上半期   4:1
②下半期   5:0
③年間通算  9:1

  高松宮記念   モズスーパーフレア  1:0 (8/18)
  大阪杯     ラッキーライラック  2:0 (2/12)
  天皇賞(春)   フィエールマン    2:1 (1/14)
  安田記念    グランアレグリア   3:1 (3/14)
  宝塚記念    クロノジェネシス   4:1 (2/18)

ここまでが上半期(経過順に勝利数を積み上げています)

  スプリングS  グランアレグリア   1:0 (7/16)
  天皇賞(秋)   アーモンドアイ    2:0 (3/12)
  マイルCS   グランアレグリア   3:0 (5/17)
  ジャパンC   アーモンドアイ    4:0 (3/13)
  有馬記念    クロノジェネシス   5:0 (5/18)

ここまでが下半期

この数値を年間で通算すると        9:1

次に、今年上半期のこれまでの結果を示して昨年と比較してみます。

①上半期   1:3

  高松宮記念   ダノンスマッシュ ※0:1 (7/18)← →モズスーパーフレア  1:0 (8/18)
  大阪杯     レイパパレ     1:1 (2/13)← →ラッキーライラック  2:0 (2/12)
  天皇賞(春)   ワールドプレミア ※1:2 (2/17)← →フィエールマン    2:1 (1/14)
  安田記念    ダノンキングリー ※1:3 (1/14)← →グランアレグリア   3:1 (3/14)
  宝塚記念    (   ?   ) ?:? (5/13)← →クロノジェネシス   4:1 (2/18)

 安田記念終了時点で優勝馬の比率は、今年と昨年では正反対の1:3(昨年3:1)です。牝馬がかなり引き放された感があるように思われますが、※印のレースに関しては牝馬もそれほど差のない2着または3着に健闘しているので、展開のアヤで昨年並みの牝馬の活躍した年になっていたかもしれません。

【今年上半期のGⅠで上位入賞した牝馬】
  高松宮記念 2着レシステンシア   クビ差 ※
  天皇賞(春) 3着カレンブーケドール 0.5秒 ※
  安田記念  2着グランアレグリア  アタマ差※

 出走馬に対する牝馬の出走率は、今年が19.4%(12/62)。昨年は21.2%(14/66)と、ほぼ同じ割合で牝馬が出走しているものの出走率が若干下がっていることと牝馬の勝率の低下に関係があるのでしょうか。

 もし関係があったとしても、今回の『宝塚記念』では13頭中5頭も牝馬が出走し、牝馬出走率は38.5%。量(出走数)でも質(G1馬3頭)でも牝馬が巻き返し必至ではないかと思われます。

 昨年、牝馬が9勝を挙げた内、複数のレースで勝利したのがアーモンドアイ2勝、グランアレグリアが3勝、クロノジェネシスも2勝です。

 アーモンドアイは引退しましたが、既にGⅠ馬となったレイパパレがその穴を埋めるだけの期待を持たせる存在になりつつあると思います。ですから、年間では牝馬の巻き返しが可能と考え、『宝塚記念』がそのきっかけになり得るかを検証しながら予想を進めたいと思います。


 過去10年間の上位入賞馬の傾向をまとめてみます。(詳しくは日記の末尾に掲載している資料でご確認ください。)

【過去10年間】

前年有馬記念出走馬   4-6-3-28
前年JC出走馬     1-4-5-25
その他前年GⅠ出走馬  5-3-2-41
前年GⅠ不出走馬    1-1-2-33

年明けレース 0~1R 0-0-0-5 →有馬・JC出走 0-0-0-1  不出走 0-0-0-4
年明けレース 2~3R 8-6-6-59 →有馬・JC出走 4-4-5-30  不出走 4-2-1-29
年明けレース 4R以上 2-4-4-50 →有馬・JC出走 0-2-1-12  不出走 2-2-3-38


 宝塚記念が今年の2戦目~3戦目の馬が8勝で、今年4戦目以上が2勝。今年の初レースだった馬や今年1戦を挟んだだけで出走してきた馬は、複勝圏内に1頭も入っていないことが分かります。

 8勝を挙げている『2~3戦目組』の丁度半分が、前年の有馬記念やJCに出走するか、今年の国内GⅠまたは海外のGⅠに出走している格の高いのが『グランプリGI宝塚記念』です。

 8勝を挙げている『2~3戦目組』の残り半分が、前年の有馬記念にもJCにも出走していませんが、前年のGⅠに出走しています。

 不思議なことに、4勝を挙げている『前年の有馬記念・JCに出走組』で、両レースへの出走馬は2着以下に敗れています。唯1頭、ゴールドシップだけがリーピーターとして前年の有馬記念・JC2レースに出走し、連覇を果たしています。

 もちろん、ゴールドシップも宝塚記念で初優勝した時は、有馬記念にしか出走していません。そして偶然にも宝塚記念の前走は天皇賞春で7着になっています。

 クロノジェネシスも連覇を狙っていますが、昨年は『前年の有馬記念・JCの不出走組』で、今年はJCに出走して1着になっていることと、前走が海外遠征であることが懸念材料です。

 昨年のクロノジェネシスは前走大阪杯2着で年明け3戦目での出走、今年の前走はドバイシーマクラシック2着で年明け2戦目で宝塚記念に出走します。昨年末から前走までのレース後の負荷、疲労の蓄積による影響が昨年より大きく、レース結果に響くのではないかという思いが懸念されるのです。 

 今年の出走は13頭中『前年の有馬記念・JCの不出走組』が9頭と大多数です。その内6頭が昨年のGⅠにも出走していないので、この6頭の中で今年G1に出走し1着になったレイパパレが本命サイドになります。

残りの5頭は穴馬として印を打てるのか選択する対象となります。いわゆる『上がり馬』として複勝候補に残せるのは宝塚記念の前走として相性の良い『鳴尾記念組(1勝・2着2回・3着1回)』からユニコーンライオンを選ぶことになります。

 ユニコーンライオンは、宝塚記念で2勝を挙げている『今年4戦目以上組』の1頭で、この組からカデナ、アリストテレス、モズベッロと合わせて4頭が連下候補になります。

 『今年2~3戦目組』からは、対抗候補としてカレンブーケドールとキセキの2頭を選びます。

 以上を総合的に判断して最終的に予想を


△1.ユニコーンライオン 鳴尾記念1着  4戦目 不出走 不出走  不出走
◎2.レイパパレ     大阪杯1着   2戦目 不出走 不出走  不出走
 3.メロディーレーン  ジューンS10着 6戦目 不出走 不出走  不出走
 4.ワイプティアーズ  鳴尾記念5着  3戦目 不出走 不出走  不出走
 5.アドマイヤアルバム 目黒記念3着  5戦目 不出走 不出走  宝塚記念14着
 6.シロニイ      天皇賞春16着  5戦目 不出走 不出走  不出走
○7.クロノジェネシス  ドバイシ2着  2戦目 1着  不出走  天皇賞秋3着、宝塚記念1着、大阪杯2着
×8.カデナ       安田記念6着  5戦目 不出走 不出走  天皇賞秋8着、宝塚記念12着、大阪杯4着
×9.アリストテレス   天皇賞春4着  4戦目 不出走 不出走  菊花賞GⅠ2着
▲10.カレンブーケドール 天皇賞春3着  3戦目 5着  4着   
△11.モズベッロ     大阪杯2着   4戦目 15着  不出走  宝塚記念3着、天皇賞春7着
 12.ミスマンマミーア  目黒記念12着  5戦目 不出走 不出走  不出走
△13.キセキ       QE2世C4着  3戦目 12着  8着   天皇賞秋5着、宝塚記念2着


 データを信じるか信じないかは自分次第!

これでなんとか的中しますよう 幸運を祈ります。


宝塚記念過去10年間の上位入賞馬とレース分析のために拾い出した各年のデータは、資料として最後に示しました。このデータを根拠に予想を立てました。興味のある方は参考にご覧ください。



2020年
   馬名       前走   今年R数 前年有馬 前年JC その他前年GⅠ

1着クロノジェネシス 大阪杯2着  3戦目 不出走 不出走  エリ女5着、秋華賞1着、オークス3着、桜花賞3着
2着キセキ      天皇賞春5着 3戦目 12着  8着   天皇賞秋5着
3着モズベッロ    天皇賞春7着 4戦目 不出走 不出走  不出走

前年有馬記念出走馬   0-1-0-2
前年JC出走馬     0-1-0-2
その他前年GⅠ出走馬  1-0-0-8
前年GⅠ不出走馬    0-0-1-4

年明けレース 0~1R 0-0-0-1 →有馬・JC出走 0-0-0-0  不出走 0-0-0-1
年明けレース 2~3R 1-1-0-7 →有馬・JC出走 0-1-0-3  不出走 1-0-0-4
年明けレース 4R以上 0-0-1-7 →有馬・JC出走 0-0-0-1  不出走 0-0-1-6

2019年

1着リスグラシュー  QE2世C3着 3戦目 不出走 不出走  香港ヴァ2着、エリ女1着、ヴィクトリアM2着
2着キセキ      大阪杯2着  2戦目 5着  2着   天皇賞秋3着
3着スワーヴリチャードドバイシ3着 3戦目 不出走 3着   天皇賞秋10着、安田記念3着、大阪杯1着

前年有馬記念出走馬   0-1-0-3
前年JC出走馬     0-1-1-1
その他前年GⅠ出走馬  1-0-0-3
前年GⅠ不出走馬    0-0-0-2

年明けレース 0~1R 0-0-0-1 →有馬・JC出走 0-0-0-0  不出走 0-0-0-1
年明けレース 2~3R 1-1-1-6 →有馬・JC出走 0-1-1-3  不出走 1-0-0-3
年明けレース 4R以上 0-0-0-2 →有馬・JC出走 0-0-0-1  不出走 0-0-0-1

2018年
 
1着ミッキーロケット 天皇賞春5着 4戦目 不出走 不出走  天皇賞秋12着、宝塚記念6着、大阪杯7着
2着ワーザー     香港ライオン⑥4戦目 不出走 不出走  香港ゴールド2着、香港スチュワ3着、香港C2着
3着ノーブルマーズ  目黒記念2着 6戦目 不出走 不出走  不出走

前年有馬記念出走馬   0-0-0-1
前年JC出走馬     0-0-0-1
その他前年GⅠ出走馬  1-1-0-7
前年GⅠ不出走馬    0-0-1-5

年明けレース 0~1R 0-0-0-0 →有馬・JC出走 0-0-0-0  不出走 0-0-0-0
年明けレース 2~3R 0-0-0-11 →有馬・JC出走 0-0-0-1  不出走 0-0-0-10
年明けレース 4R以上 1-1-1-2 →有馬・JC出走 0-0-0-0  不出走 1-1-1-2

2017年

1着サトノクラウン  大阪杯6着  3戦目 不出走 不出走  香港ヴァース1着、天皇賞秋14着、宝塚記念6着
2着ゴールドアクター 天皇賞春7着 3戦目 3着  4着   天皇賞春12着
3着ミッキークイーン ヴィクトM7着3戦目 5着  不出走  エリ女3着、ヴィクトリアM2着

前年有馬記念出走馬   0-0-1-3
前年JC出走馬     0-0-0-4
その他前年GⅠ出走馬  1-1-0-1
前年GⅠ不出走馬    0-0-0-3

年明けレース 0~1R 0-0-0-0 →有馬・JC出走 0-0-0-0  不出走 0-0-0-0
年明けレース 2~3R 1-1-1-4 →有馬・JC出走 0-0-1-4  不出走 1-1-0-0
年明けレース 4R以上 0-0-0-4 →有馬・JC出走 0-0-0-0  不出走 0-0-0-4

2016年
  
1着マリアライト   目黒記念2着 3戦目 4着  不出走  エリ女1着
2着ドゥラメンテ   ドバイシー2着3戦目 不出走 不出走  ダービー1着、皐月賞1着
3着キタサンブラック 天皇賞春1着 3戦目 2着  1着   宝塚記念3着、天皇賞春1着

前年有馬記念出走馬   1-0-1-4
前年JC出走馬     0-0-1-5
その他前年GⅠ出走馬  0-1-0-6
前年GⅠ不出走馬    0-0-0-3

年明けレース 0~1R 0-0-0-0 →有馬・JC出走 0-0-0-0  不出走 0-0-0-0
年明けレース 2~3R 1-1-1-10 →有馬・JC出走 1-0-1-5  不出走 0-1-0-5
年明けレース 4R以上 0-0-0-4 →有馬・JC出走 0-0-0-0  不出走 0-0-0-4


2015年

1着ラブリーデイ   鳴尾記念1着 6戦目 不出走 不出走  不出走
2着デニムアンドルビー天皇賞春10着 3戦目 9着  11着   天皇賞秋7着、宝塚記念5着ヴィクトリアM7着
3着ショウナンパンドラヴィクトM2着 3戦目 不出走 不出走  エリ女6着、秋華賞1着

前年有馬記念出走馬   0-1-0-4
前年JC出走馬     0-1-0-1
その他前年GⅠ出走馬  0-0-1-5
前年GⅠ不出走馬    1-0-0-4

年明けレース 0~1R 0-0-0-1 →有馬・JC出走 0-0-0-0  不出走 0-0-0-1
年明けレース 2~3R 0-1-1-7 →有馬・JC出走 0-1-0-3  不出走 0-0-1-4
年明けレース 4R以上 1-0-0-5 →有馬・JC出走 0-0-0-2  不出走 1-0-0-3


2014年
  
1着ゴールドシップ  天皇賞春7着 3戦目 3着  15着   宝塚記念1着、天皇賞春5着
2着カレンミロティック鳴尾記念4着 4戦目 6着  不出走  不出走
3着ヴィルシーナ   ヴィクトM1着4戦目 不出走 7着   エリ女10着、安田記念8着、ヴィクトリアM1着

前年有馬記念出走馬   1-1-0-3
前年JC出走馬     1-0-1-5
その他前年GⅠ出走馬  0-0-0-2
前年GⅠ不出走馬    0-0-0-0

年明けレース 0~1R 0-0-0-0 →有馬・JC出走 0-0-0-0  不出走 0-0-0-0
年明けレース 2~3R 1-0-0-7 →有馬・JC出走 1-0-0-6  不出走 0-0-0-1
年明けレース 4R以上 0-1-1-2 →有馬・JC出走 0-1-1-1  不出走 0-0-0-1


2013年
  
1着ゴールドシップ  天皇賞春7着 3戦目 1着  不出走  菊花賞1着、ダービー5着、皐月賞1着
2着ダノンバラード  鳴尾記念3着 5戦目 不出走 不出走  不出走
3着ジェンティルドンナドバイシ2着 2戦目 不出走 1着   秋華賞1着、オークス1着、桜花賞1着

前年有馬記念出走馬   1-0-0-1
前年JC出走馬     0-0-1-1
その他前年GⅠ出走馬  0-0-0-1
前年GⅠ不出走馬    0-1-0-4

年明けレース 0~1R 0-0-0-0 →有馬・JC出走 0-0-0-0  不出走 0-0-0-0
年明けレース 2~3R 1-0-1-2 →有馬・JC出走 1-0-1-1  不出走 0-0-0-1
年明けレース 4R以上 0-1-0-5 →有馬・JC出走 0-0-0-1  不出走 0-1-0-4


2012年
  
1着オルフェーヴル  天皇賞春11着 3戦目 1着  不出走  菊花賞1着、ダービー1着、皐月賞1着
2着ルーラーシップ  QE2世C1着  4戦目 4着  不出走  宝塚記念5着、ドバイシーマ6着
3着ショウナンマイティ鳴尾記念2着 4戦目 不出走 不出走  菊花賞8着

前年有馬記念出走馬   1-1-0-3
前年JC出走馬     0-0-0-3
その他前年GⅠ出走馬  0-0-1-4
前年GⅠ不出走馬    0-0-0-5

年明けレース 0~1R 0-0-0-0 →有馬・JC出走 0-0-0-0  不出走 0-0-0-0
年明けレース 2~3R 1-0-0-3 →有馬・JC出走 1-0-0-2  不出走 0-0-0-1
年明けレース 4R以上 0-1-1-10 →有馬・JC出走 0-1-0-2  不出走 0-0-1-8


2011年
 
1着アーネストリー  金鯱賞3着  2戦目 不出走 不出走  天皇賞秋3着、宝塚記念3着
2着ブエナビスタ   ヴィクM2着 3戦目 2着  2着   天皇賞秋4着、宝塚記念2着、ヴィクトリアM2着
3着エイシンフラッシュ天皇賞春2着 3戦目 7着  8着  ダービー1着、皐月賞3着

前年有馬記念出走馬   0-1-1-4
前年JC出走馬     0-1-1-2
その他前年GⅠ出走馬  1-0-0-4
前年GⅠ不出走馬    0-0-0-3

年明けレース 0~1R 0-0-0-2 →有馬・JC出走 0-0-0-1  不出走 0-0-0-1
年明けレース 2~3R 1-1-1-2 →有馬・JC出走 0-1-1-2  不出走 1-0-0-0
年明けレース 4R以上 0-0-0-9 →有馬・JC出走 0-0-0-4  不出走 0-0-0-5


【過去10年間】

前年有馬記念出走馬   4-6-3-28
前年JC出走馬     1-4-5-25
その他前年GⅠ出走馬  5-3-2-41
前年GⅠ不出走馬    1-1-2-33

年明けレース 0~1R 0-0-0-5 →有馬・JC出走 0-0-0-1  不出走 0-0-0-4
年明けレース 2~3R 8-6-6-59 →有馬・JC出走 4-4-5-30  不出走 4-2-1-29
年明けレース 4R以上 2-4-4-50 →有馬・JC出走 0-2-1-12  不出走 2-2-3-38

[もっと見る]

⇒もっと見る

シロニイの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  利根川枯芒   フォロワー:2人 2016年9月5日(月) 18:19:24
次走に期待します、頑張れシロ二イ

シロニイの写真

シロニイ
シロニイ
シロニイ

シロニイの厩舎情報 VIP

2021年6月27日宝塚記念 G113着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

シロニイの取材メモ VIP

2021年6月27日 宝塚記念 G1 13着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。